クロスバイクを買っちゃうぞ!
初心者がクロスバイク乗りになるまでの軌跡
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏ポタの秘密兵器(?)登場
ようやく実家のリフォームお片づけ地獄より生還いたしました。

いやーー。なんか絶望的に疲れました。

生きていくというのは選択の連続といいますが、
そう言った意味では、わが実家は絶えず「捨てる」ということに関しての
選択肢を誤ってきたような気がします。

今回整理した家中の収納スペースには、

「何十年前から陽の目を見ずにここに存在してるんだよ。」

というような物で溢れておりまして、老い先短い(本人談)の母は、
この機会にそんなお荷物達との人生とオサラバしようと、
今回のリフォームで収納庫が1つ減るついでに、大胆に物を捨てること決意したのです。

が、

この時期に母本人は都合よく残念ながら五十肩を患っていて戦線離脱、
急遽代打で不肖わたくしめが総合お片づけ係として任命される事になりました。

主に力仕事がメインなのにか弱い一人娘に全てを任せるなんて、

マジでひでーよ。父ちゃん、兄ちゃん。・゚・(ノД`;)・゚・

いや、嘆くまい。

家庭の用事に男性陣(相方含む)がまったく当てにならないのは、
代々続く、わが家の女性にかせられし呪われた運命なのです。

言いたいことは山ほどありましたが、うだうだ言っていても片付くわけでなないので、
心を無にしてお片づけを始めたわけですが、 
わが実家はどこぞの亜空間とでも繋がっているのか、
毎日すっきり捨てたと思ったら更に出てくるガラクタとの戦いの日々・・・

そして愛車Fにゴミを満載して、市内ゴミ処理場へGO!×3

で、やっと家中の押入れ及び物置がスッキリさわやか、リフォームへの準備万全、

リフォーム業者、ばっちこーい! L(゚□゚ L)

状態となり、本日総合お方付け係の任を解かれ、家に戻ってくることを許されたのですが、

心底、もうしばらく片付けとかしたくねーーーっ!

となっております。

もう、イタリアン風自転車部屋とか夏前に無理かも。(遠い目)

いつも実家に帰って帰りたいとか思ったことはないというか正直、皆無だったのですが、
さすがに今回は帰りたかったっすよ。腰とか痛いし。昼飯とか食いに連れてってもらえんし。(--;)

・・・とは言え、明日も両親が旅行の為に、結局しょう油の街市にお留守番にいかにゃならんのです。

そのままいれば面倒がなくて良かったのですが、明日は晴れと聞いて、
しょう油の街市に再帰還の前に、せめてに愛車に跨りたいと思い一旦戻ってきたわけでして・・・。

これで明日晴れなかったら泣きます。

そしてしょう油街市からの帰りの途中にレイクタウンに寄ってきたのですが、
そこである夏に大活躍間違いなし(?)の自転車グッズを購入してきました。

ところで、最近、自転車に乗っていても紫外線の強さを感じませんか?

私はヒシヒシと奴らの気配を感じます。

元々自転車を始める前は、生命維持に必要な最低動作以外に体を動かす事をまったくせず、

きのこや粘菌類に仲間認定されても致し方なし。

という位、外の日差しにもあたりませんでした。

そんな粘菌なわたくしが去年迎えた、わが家の自転車元年の初めての夏。

(わが家的には)高価な強力日焼け止めとかを投入したにもかかわらず、
腕には無残にも半袖くっきりのヒジカタ焼けの跡が・・・

年齢と共に新陳代謝がおさぼりがちなので、
この跡は今もこんがりと私の腕に刻まれています。

そしてその跡も消えぬのに、また紫外線の季節がやってきてしまいました。

このままでは、日焼けON日焼けじゃね?(゚∇゚ ;)

ホント、どんだけ細胞が無活性なんだよ。

と、自分の細胞の不甲斐なさを嘆いていても致し方なし・・・

これ以上、わが腕がダークなツートンカラーに変貌しない為にも、
今年はそれなりに対策を考え、秘密兵器を購入することにしました。

その秘密兵器とは・・・

こちら!

モンベルアームカバー

こう見ると「なんじゃこりゃー」な感じですが、
本日、モンベルで購入してきた“日焼け対策用アームカバー”(2,000円)です。

勿体つけた割には、独創性の欠片もないベタな対策ですみません。

いや、このアームカバーという代物、実は去年の夏に半端ない紫外線を感じてから
導入を検討していたのですが、なんていいますか・・・

世間様的にまだ若干普及率が低かったようなので、ひたすら自意識過剰な私は、
悪目立ちしたくないという一心で買うのを躊躇しているうちに、
夏が過ぎ去ってしまいました。

(年齢的に)取り返しのつかないこんがりな腕を残して・・・

今年はもう世間様のトレンドに付き合っている場合じゃない。

私も普及させる側の人間になったるで。

という覚悟で早々購入してまいりました。 

このアームカバーにはフル装備タイプ(手袋付き)、ハーフ装備タイプ(親指と手の甲まで隠れるタイプ)
アームオンリータイプがありましたが、

「手のひらまであると真夏はさすがにうっとうしいかなぁ?」

と思いまして、アームオンリータイプを購入してきました。

色はスタイリッシュなブルーブラックにしましたが、
写真では色がうすめに写っていますが、ぱっと見黒色に見え、 
なんか一昔前のお役所の人御用達の事務用のアームカバーのようです。

装着してみると更にそろばんとか筆記用具を持たなくてはならないような気分にさせられます。

モンベルアームカバー

うーん。灰色とかのもっと薄い色にしておいた方が装着時に目立たなかったかも。(--;)

ノースリーブだとカバーしきれませんが、半そでを着ればある程度はカバーしきれる長さがありました。

これを装着していれば確かに日焼けの心配はなさそうですが、
最大にして根本的な疑問は、

真夏にこんなのをして暑くないのか?

という事です。

暑い時に使う時用なので、速乾性のクール素材で作られていて、
確かに装着していると、気持ちひんやりとするような感じがしますが・・・。

さすがに真夏のくそ暑い時は、どうなんでしょう??

この秘密兵器の真価をはかるには、あと数ヶ月待たなければならないようです。

ブログランキングに参加中です。ポチッ☆とクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログへ   人気ブログランキング

スポンサーサイト
ゴールドライトを買っちゃうぞ?
今日もいかにもやばそうな天気ですねぇ~。

関東はこの後、お昼から降水確率50%だそうです。

が、

先日、貧脚さんよりゴールドライトの情報を教えていただき、
本日は入手の為、決死の覚悟(というほどか?)でお店まで行って来ようと思っています。

そのお店が土曜日お休みだったので、
金曜日の夕方にライトの在庫が残っているか確認の電話をしてみたのですが、
その時はまだ在庫があるとの事でした。

なにやらセール品のようだし、こういう時にお取り置きをお願いできるのか、
しばし悩みまして、悩んでいるうちに電話が切れちゃったので(切っちゃったとも言う)
結局、取り置きはお願いできていません。

こういう時に中年になってもモジモジ野郎の自分を呪ってしまいます。

最悪、売り切れちゃったと言う事もあるかもしれませんが、
入手できると信じて行ってきたいと思います。

しかしこの状況だと、確実に夜からは雨っぽいですね。

しかもなんかさらりととかも書いてね?気象庁の予報。

おそらく現地に着いたらついでに現地満喫しちゃうと思うので(所詮、愚か者どもだから)
帰ってきてからまた一からスプロケットを磨く覚悟で行ってきます。

ランキング参加中です。
この情報が役に立ったと思った方はクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログへ      人気ブログランキング

ゴールドライトをGETだぜっ!!
お陰さまで、無事・・・・

ゴールドライト


ゴールドライトをGETしてきました!


RPGの勇者のような試練を経て(って、大げさやな)、
途中、マジでくじけそうになりながらも、見事GETしてきました。

とばっちりで私と同じ痛い目にあった相方は、
少々気の毒なような気がしないでもないですが・・・私は幸せなので、まあ、いいか。

予想通り、いろいろ満喫しまして帰りが遅くなってしまったので、
取り付けは後日したいと思います。

ゴールドサイコンとの相性もばっちりなライトで、付けるのが楽しみです。

貧脚さん、いつも情報を本当にありがとうございます。m(__)m

お陰さまでゴールド計画がほぼ完遂することができました。(^^)/~

ランキング参加中です。
できればポチッ☆とクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログへ      人気ブログランキング

スタイリッシュの必需品(?)
今日は雨が降っちゃいましたね。

本日は相方が野暮用で一日おらんので、
1人でポタって来ようかと思っていたのですが・・・

以前、相方が1人ポタをした時の1,000円以下で盛りだくさんお得なB級グルメポタ、
という極めて相方らしいポタをしていたので、

今回わたくしはそれに対抗し、

「無駄いっぱいリッチポタ(あくまでもわが家比)
ちなみに自分でも何をやるかはまったく不明」

を慣行し、帰ってきてレシートを見た時の相方の阿鼻叫喚を
誘おうかと思っていたのに誠に残念です。

仕方がないので、本日は車で買い物でもして来ようかと思っております。

さて、話は変りまして・・・

スタイリッシュとは何ぞや。

そろそろ(主に金銭的事情により)終息の気配をみせているものの、
現在、スタイリッシュ熱に侵されている私は、日々このような事を考えているわけですが、
もともとスタイリッシュ才能もありそうもなく、
かと言ってスタイリッシュな場に身を置いた事もないので、
ネット検索に走ったりするわけです。

そしてネット上には、

スタイリッシュなお部屋でスタイリッシュな紅茶セットにて、スタイリッシュにお茶を飲み、
スタイリッシュな鍋でスタイリッシュに料理をして、スタイリッシュに盛り付け、
おまけにワインと共にスタイリッシュに食べる・・・と

世にはこんなにスタイリッシュにお暮らしの諸兄がいらっしゃるのか。

いや、マジ弟子入りさせてくれ。

という程のスタイリッシュに長けた方々がいらっしゃるわけすが、
そのスタイリッシュ生活を更に探るべく、しつこくしぶとく粘着的に検索した結果、
そのスタイリッシュ系(っていうのか?)の皆様のおよそ9割(私調べ)が、
あるアイテムを所有されている事に気づきました。

そのアイテムとは、

 キャンドル

サンタさんの風呂!

・・・ではなく“キャンドルホルダー”ってやつです。

つうかお前(サンタさん)まだいたんかいっ!

とお思いの方ももしかしたらいらっしゃると思いますが、
一昨年のクリスマス近辺ににチーズか何かのおまけに付いていたこのサンタさんと
寂れたスーパーで運命の出会いをし、クリスマスで一瞬ファイヤーしたものの、
情が移っていたのですぐさま消火、その後の余生をわが家のリビングの一角で過ごしております。

無料で手に入れた割にはやたら丈夫で、溶解することなく一度目の灼熱の夏を越え、
今年の夏で2度目の夏をつつがなく迎えちゃったりします。

まあ、こんなもの(すまん、サンタさん)を年がら年中飾っておいて、
スタイリッシュなんて片腹痛いような気がしますが、
それはそれとして・・・

どうやらスタイリッシュなお宅には、キャンドルが必須アイテムなようなので、
ここは後先は考えず、わが家も見切り発車でキャンドルホルダーを購入してみました。

参考資料を見ると、どうやらキャンドルは主にディナー時などに灯すようですが、
正直、私と相方はキャンドルを灯し合う関係でもキャラでもないし、
自分で言うのもがっかりですが、料理の盛り付けセンスもイマイチなので、
キャンドル様にお似合いになる料理を作れる気がしません。

このままキャンドルホルダーは、サンタさんの風呂になるのか?

と思っていた時、早々キャンドルホルダーが役に立つタイミングがありました。

実は先先週末の日曜日、“ふさかけ”を探しにホームセンターに行く前に、
ちょっくら「成田山新勝寺」にお参りに行ってきたのですが、
それというのもわが家は毎年、「佐野厄除け大師」と「成田山新勝寺」には
お参りに行っているのですが、今年はなんかタイミングが合わずに、
「成田山新勝寺」の方には行けていなかったのです。

そのせいだけとは云いませんが、グローバルな世界同時不況の影響が、
極東の片隅にひっそりと住むちっぽけなわが家をも直撃、

いや、マジ洒落んなんないんじゃないの?

という状況になりそうな、経済的ないやーん予感がそこはかとなく漂ってきたのです。

そこで思いついたのはやはり神頼み。

自分達の実力では到底乗り切る自信がないので、
その辺は本職である神仏にお願いしようと思ったのです。

まずは、こんなヤバイ時に毎年行っている「成田山」に行かないのは、
よろしくなかろうと言うことになりまして、
成田に比較的近い実家にいた事もあり、丁度実家に帰っていたこの日曜日は、
「成田山新勝寺」に行くことにしたのです。

そして成田山には新勝寺と場所をほぼ同じくして、
「出世稲荷」というお稲荷様があるのですが、
できれば出世したいと野望を抱いている(らしい)相方は、
当然出世を祈願し、この「出世稲荷」でもお参りしてきました。

出世稲荷

・・・いや、アメリカ発とかあまりにとてつもない規模の経済不況は、
私どもの力ではどうにもならんので神頼みもいたしかたないですが、
相方さん・・・結局、その辺も神頼みなんですね。(--;)マア、イイケド・・・

この「出世稲荷」はお稲荷さんだけあって、お揚げを奉納するのですが、

出世稲荷

「出世のため出来ることはなんでもしておこう(方向性は違うけど)」

ということで、相方もお揚げを奉納することにしました。

お稲荷さんの前にはお揚げ屋さんがあり、そこで200円でお揚げを購入すると、
ロウソクが付属されてきます。

出世稲荷

本来は1お揚げに対してロウソクは1本付属のようですが、
2名いると見たお店の方が2本におまけしてくれました。

お参りする時はお揚げをあげて、ロウソクを灯し、
このロウソクはお参りが終ったらロウソクは持ち帰るのですが、
このロウソクは家でなくなるまで灯すものらしい・・・

相方の出世のために進んで灯りを灯したい。

とは思ってはいるもののわが家にはロウソクを灯す場所がなかったので、
困っていたのですが、先日、スタイリッシュ熱に侵されて通販でポチッたものの一つ、
キャンドルホルダーが届いたので、これ幸いと出世ロウソクを灯してみました。

キャンドルホルダー的にはこういった使い方がOKなのかどうかは若干謎。

キャンドル

これは別に何かの宗教行事とかではありません。・・・たぶん。

でもロウソクだと意外と光が拡散して光的には美しいような気がします。

絵的にはちょっとあれですが・・・。

これで相方の出世も間違いなし!・・・のわきゃないか。

でもロウソクを見ていると

「この不況にできる限りの事はしているんだ」

という充実感でいっぱいになります。(現実逃避ともいう)

・・・そしてスタイリッシュ熱に侵されると、ついでにいろいろな物欲が刺激されまして、
愛車達にもスタイリッシュな小物が欲しいと思っておりました。

まず、現在欲しい小物の筆頭は「サドルバック」

やはり正しい自転車乗りになるためには、日々危機管理を忘れずに、
パンク修理セットぐらいは持ち歩きたいものですが、
このパンク修理セットというのも担ぐとなると結構な重量でして・・・

最初のうちは(相方が)まじめに持ち歩いていたのですが、
この「いつ起こるかわからない」という状況にダレてきまして、
危機管理能力は急激に低下、持ち歩かない状況が続いているのです。

そして先日のように不慮のパンクに見舞われた時に、
心の底から後悔する羽目になるのですが、そもそも!

今までのようにリュックに背負って持ち歩くというのが、
楽に流れやすいわが家には、無理な話ではないかと思うのです。

それならば、サドルバックに携帯した方が安定もよさそうだし走りやすそうだと思い、
以前から自転車に合うサドルバック購入を考えていたのですが、
「これだ!」と思うものになかなか出会えず・・・

私の愛車ベロンチョも相方の愛車くろまるくんも、
どちらかとクラシカルなデザインなので、

「素材的には、革製品が合いそうだなぁ。」

と思ってはいました。

思ってはいたのですが、積極的に探さなかったのは、
革製品だとなんとなくお値段が高い予感がしているからです。
(実際、ブルックスのサドルバックは高かったし・・・)

そんな中、昨日相方がネットをしていると、

“自転車用高級革製品のネットショップが開設された”

という記事を偶然見つけまして、
「高級」というフレーズに若干の引っかかりを感じたものの、
タイムリーな話題なので、ショップのHPまで行ってみました。

http://www.maware.net/

おしゃれな街横浜で職人さんが手作りされている商品だというこちらのお店、
どれもおしゃれで素敵な商品ばかりだし、
写真をみるだけで“しっかりした商品”だと言う事もわかります。

そして程なく、サドルバックとしての機能だけではなく、
そのままおしゃれなお出掛けバックとしても機能しそうな、
素敵なバックに目が釘付け、「これいいなぁ。」と身の程知らずに思ったのですが、

お値段は148,000円。(゚∇゚ ;)

・・・ひきつけを起こしそうになりました。

それを言っちゃおしまいですが、

うちの自転車達より高いがなーーーーーっ!!

その他にもレザーグリップ(27,000円)

あっ、でもうちのミニベロはドロップなんでグリップが使えないや。残念。

ライトカバー(36,000円)

・・・へぇ・・・ライトカバーなんてもんもあるですね。
ライトをくるんと革で巻くと、統一感があっておしゃれですもんね。ははは。

裾ベルト(37,000円)等もあり、

どれもスタイリッシュで美しい革小物の数々だったのですが、
見終わった後、わが家は酸欠状態になりまして、無言でページを閉じました。

スタイリッシュ熱に侵されても、いつも程なく正気に戻るのは、
結局、弾丸(現金ともいう)不足によるものではないかと気づき始めた今日この頃です。

実はスタイリッシュ生活の本当の必需品は、弾丸なのかも。(--;)ソレヲイッチャオシメーヨ

ブログのランキングに参加中です。できれば、ポチッ☆とクリックしてもらえるとうれしいです。
 にほんブログ村 自転車ブログへ  人気ブログランキング

ポタ時の新アイテム(暫定)
取りあえず使ってみて良かったら買い換えるつもりで
あくまで暫定的にデザイン等度外視で100円ショップで買ったら
それが意外に使い勝手が良く、買い替えられずに逆に困ったという事はありませんか?

デザイン等はさっぱり気に入らないが、
でもこの使い勝手は捨てがたい。

今、わたくしは、まさにそのような状況に立たされています。

私はポタの途中でやたらと写真を撮る方なのですが、
デジカメをカバンに入れてしまうとタイミングを逸する場合もありますし、
根がせっかちなのでポケットに入れておく場合が多いのです。

しかし冬は良かった。

私の冬ポタの愛用ジャケット、元値が安い上に底値で手に入れる事に成功した
ユニクロダウンジャケット(通称ユニジャケ)のポケットには、
まるでポタ用に計算されているように“チャック”という便利機能が付いておりまして、
自転車を漕いでいる時にも落す事なく、無事にそして手軽にカメラが収納できていたのです。

が、

春になりユニジャケとも別れの季節を迎え、
デジカメをジーンズのポケットにしまうしかなくなった途端に事件は起こったのです。

次の冬までユニジャケと別れを告げた直後のその日、
他にポケットがなかったので仕方なく、ジーンズの後ろポケットにデジカメを入れたのですが、
自転車を漕ぐという行為は、結構大きなアクションをとるようで、
デジカメを深く入れておいたつもりでも足の筋肉を動かすと
それがどうお尻の筋肉に影響を来たすのか、
ちょっとずつデジカメが上に押し出され、それがあるタイミングで、

ガチャーーーン Σ(゚д゚;)

と見事に落下しました。

その時、丁度、車道で自転車を漕いでおりまして推定速度は20km/h前後、
ある程度のスピード及び自転車の上から落下するという重力が加わり、
か弱いデジカメに与える衝撃はいかばかりか・・・。

考えるのが怖い。

この時ばかりは、物理、数学が苦手で計算できない自分をありがたいと思いました。

このデジカメは去年の5月に購入したばかりで、
この時はまだ1年間も経っていない時だったのですが、

完全に逝ったな。

と思いました。

このデジカメとの思い出が走馬灯のように流れる程の付き合いの長さでもなく、
私は現実から逃れる為に、ただただ呆然としていたのです。

それでも不幸中の幸いとでも申しましょうか、車の流れはさほどでもなかったので、
デジカメは、車に踏まれる等の二次災害は免れていましたが、
中のメモリカードも飛び出す程の大惨事。

後ろを走っていた相方が、デジカメとメモリカードを回収し、

「もう、こいつは駄目だろうな・・・」

と頭の中で新たなデジカメの予算をどこから捻出するかを高速で考えつつ、
このデジカメについては完全にお亡くなりになったものと
あきらめつつもそれでも試しに電源を入れたところ、

期待(?)に反して無事やがな。 (゚∇゚ ;)

アスファルトに飛び出たメモリカードもまったく無事だったようで、
何事もなかったように今まで撮った写真が映し出されますし、
カメラも少々傷は付きましたが、これまた無事のようで、これまで通り普通に撮影もできます。

あれ?カメラって結構精密機械じゃなかったけ??(゚∇゚ ;)それは昔の話?

ビバ、日本メーカーの技術力。

この時は一生キヤ○ンについて行こうかと思いました。

・・・と、そんな事があり、それからは仕方なくカメラはカバンに入れる事にしていたのですが、
やっぱりそれはそれで取り出しにくく、ストレスがたまる・・・

何かいい手はないものか。 (ーー;)

と思った時に思い出したのが、こちら。

ケース

ある会社の社名が思いっきり書いてあることでお分かりと思いますが、
こちらは、以前、相方がどこぞの展示会で無料で仕入れてきたもので以前、

「貰ってきたこれ、何のケースか知らんけど、
丁度デジカメとかしまうのにいいんじゃないの?使いなよ。^^」

と使用を勧められたのですが、その時は冬で使う必要がなかったし、
なにぶんデザインが主張しすぎとうか、ぶっちゃけ派手ですし、
モロ社名が書いてあるのも、いかにもタダで貰ったチックで
見栄っ張りな私としては、その辺もいささか抵抗があるといいますか・・・。

いや、本当にタダで頂いておいて、メーカーの方には申し訳ないのですが・・・(汗)

そんな事情でその時は相方の提案を冷酷に却下したのですが、
こんな風に日々デジカメの出し入れに不便を感じていると、

「これ・・・もしかして・・・使えるんじゃね?」

という迷いが生じてきたのです。

それでもいろいろ抵抗がないではなかったですが、
まあ、使ってみて便利なら即、かっちょいいデザインの物に買い換えればいいし、

取りあえず

「こういったカメラケース的なものが便利に使えるか試してみよう。」

という気持ちで、使ってみることにしました。

ジーンズのベルト通しに取り付けまして、腰の辺りにぶら下がる形になったのですが、

ケース 

鏡を見ると、私の場合ウエストポーチも使っているので、
なんか腰の辺りにやたらぶらぶらぶら下がっていて・・・カッコ悪っ!

やたらケースが目立つし・・・(--:)

いや、ここは使用感を試すだけだ。


と割り切り、このちょっち不恰好な状態でポタに出ましたが、これが意外と快適。

腰の辺りに絶えずぶら下がっているので邪魔かとも思ったのですが、
自転車を漕ぐ時も特に気になる事もなく、
この開閉部がマジックテープなチャチな作り・・・じゃなくて簡素な作りが
逆に手軽に出し入れが出来ていい感じです。

 

ケース

本当の用途は何のケースか不明という事ですが、
あつらえた様にうちのデジカメのサイズにぴったりフィット。

取り付けフックも簡単に引っ掛けるだけなので、その辺も便利ですし、

ケース

困ったことに使用感としては申し分ない感じです。

・・・デザインさえ除けば・・・ぼそっ。

よかったら好みのデザインのものに買い替えるつもりでいました。

が、

おしゃれな作りのケースに買い替えても

ここまでぴったりで使用感が快適なケースが購入できるだろうか?

とう疑問。

しかしこのデザイン・・・そしてなによりロゴ入り・・・

なまじ使用感がいいだけに悩ましいところです。(--;)

ランキング参加中です。できればポチッ★とクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキング



広告



カテゴリー

にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ
人気ブログランキング



プロフィール

くろばい

Author:くろばい
愛車ビアンキ・パッソ
【愛称:ビンちゃん】
愛車2ビアンキ・ミニベロ9
【愛称:ベロンチョ(ベロちゃん)】
激情にながされ1週間で購入に至る
愛車3ママチャリ
【愛称:ソルジャー・チャーリー】
現在自転車3台を所有。
あまりの自転車の増殖率に
恐れおののく日々。
これ以上、増えることはないと
思いつつも、自分が信じ切れない
今日この頃・・・。

相方(くろばいB)
愛車:RSR-4(ブルー)
【愛称:ルイちゃん】
愛車2:ラレー・RSW SPECIAL
【愛称:くろまるくん】
新たにミニベロを購入して、
自転車わが世の春を謳歌中。
自己開発のアンゴラダイエットの
お陰で(いまのところ)メタボリック
危険水域を脱出。
しかし現在、ポタ時はポタメシを
思いっきり解禁しているので、
リバウンドに王手か?



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



月別アーカイブ



カウンター



ブログ内検索



RSSフィード

  • seo



おすすめの自転車本

わが家の自転車メンテナンスのバイブル!





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。