クロスバイクを買っちゃうぞ!
初心者がクロスバイク乗りになるまでの軌跡
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日光紅葉の旅(ゆばもあるでよ)マジカルサイクルでGO!編
時間があいてしまいまいたが、「日光紅葉の旅」後半です。

またまた、長文になってしまいましたが、何卒ご容赦を・・・m(__)m


「日光紅葉の旅」2日目。

日光も朝からいい天気で、まさに自転車日和でした。

昨日は、くしくもパラドックスに嵌り、夜に到着でしたので、
中禅寺湖付近が、どの程度紅葉しているかが不明でしたが、
部屋から見える木を見てみると、かなり期待ができそうです。 

部屋より


せっかくのいい天気「こうしちゃおれん!」ということで、
早速、昨日入れなかった温泉に入り、朝食を(たらふく)食べ自転車を借りることに・・・。

温泉は、入ると「もう、硫黄!」っていう位、硫黄臭豊かな(?)温泉でした。

苦手な方は苦手かもしれませんが、私は硫黄の「体に効きまっせ。」という感じ
が好きなので、なかなかいい温泉でした。(個人的には後、乳白色の温泉が好き)


・・・さて、どこで自転車を借りるかということが問題ですが、
相方の裏情報によると、中禅寺湖付近にあるらしい。

・・・てオイ!

中禅寺湖・・・周囲約25キロ、最大水深163メートルの日光を代表する湖。

・・・と25キロもあるやんけ!

付近って言っても、レンタサイクルはどの辺りにあるんじゃい。

どうせ情報を仕入れるなら、ピンポイントで頼むよ。ピンポイントで。

相方の微妙な裏情報に、困惑を隠し切れないでいると、
ホテルの案内に有益な情報を発見。

“レンタサイクルありますので、気軽にお申しつけください”(訳文)

・・・とな。

フロントに確認すると、3時間500円とお値段もなかなかリーズナブル。

というわけで、速やかにホテルで借りることにしました。 


自転車を借りに行くと、ホテルの方がなぜか申し訳なさそうに、

「通常の自転車が今、1台しかなくて、もう1台は申し訳ないのですが、
マウンテンバイクになってしまうのですが・・・。」

へっ??通常の自転車(いわゆるママチャリ)>>マウンテンバイク

「なぜ?」と思いましたが、まあスポーツタイプの自転車に慣れていない人
の方が多いだろうし(私もですが)ママチャリの需要の方が多いのかな?

・・・と勝手に納得。(のちにそればかりとは言い切れないことが判明)

そういうことなら無問題。

私も、僭越ながら「クロスバイクを買っちゃうぞ」なんて言っている身。
(その実、未だママチャリ乗りですが・・・)

そういう事情なら、いっそのこと

「山田くん、マウンテンバイク2台もってきちゃって!」
(※ホテルマンの方は、山田さんではありません)

と2台ともマウンテンバイクにしてもらうことに・・・。


貸し自転車の駐輪場(?)まで行くと、
残りはママチャリ1台とマウンテンバイク3台 

残り台数わずか 計 4台。

レンタサイクル大人気!!やっぱり自転車人気到来?!

・・・それとも、あんま借りる人がいないので、単に台数が少ないのか?

中禅寺湖付近で、私らの他にレンタサイクルメイトらしき人と
会わなかった事を考えると、後者?・・・かも。(--;) 

何はともあれ、借りる予定のある方はお早めに。


実際、ママチャリとマウンテンバイクを見て思うに・・・。

先ほどホテルマンの方が、ママチャリ>マウンテンバイクだった
理由がうっすらとわかりました。

なんか、マウンテンバイクの方が全体的にボロい。(かるく錆びてるし) 

そして空気が甘かったらしく、なんかズコズコと入れているし・・・。 (い・・・今更?) 


こちら「レンタサイクル17号(仮名)」

レンタサイクル17号



・・・しかし、そんな事情を差し引いても余りあるほど、 

その時の私はときめいていたのでございます。


この目の前にあるマウンテンバイク(ルック車?)が
私にとってはじめてのスポーツ自転車。

多少、年季が入っていたからといってなんだっていうんです。


私が「レンタサイクル13号(仮名)」

相方が「レンタサイクル17号(仮名)」に乗り、 


中禅寺湖湖畔へGO!
です。


私の方は、ビアンキを跨いだことはあるものの、
実際フラットバーのハンドルのスポーツタイプの自転車を
公道で走らすのは、初めての行為です。 (実は)

感想「・・・正直、走りにくいっ。」

マウンテンバイクとは銘打っていますが、「本当にそうなのか?」
と怪しんでしまうこの自転車ですら、ママチャリしか乗ったことのない身としては
かなり走りずらかったです。

これはビアンキに乗るときはかなり覚悟だな。

・・・とか思いつつ、走りはじめると、 

相方が後方で

「この自転車変だよーーー。(泣)」

と叫んでいます。

??なんだよ。せっかく調子づいてきた時に。

と思いつつも、いったん自転車を降りることに・・・。


ここで(不本意ながら)ママチャリ乗りの私には、 
思わぬ落とし穴が・・・。

「足が引っかかって、降りられん!!」

前につんのめりそうになりながら

「自分の身に、何が起こったのか???」と思いましたが、

ママチャリの時の癖で、無理やり前から降りようとしたために、
フレームに足が引っ掛かって、下りるに降りられない状態に陥ったのです。

染み付いた癖は、なかなか取れないようで、この後も何度か
無意識に前から降りようとして、コケそうになりました。

この癖は意外に危険です。(無意識だからどうにもならんけど)


このレンタサイクルは、ギアが3×7で21段変速らしいのですが、
相方の「レンタ17号」は、ギアがすっかりバカになってしまって
変速不可状態に陥ってしまっているようです。

しかも、真ん中あたりで固定されていれば、まだいいのですが、
1と7のところで固定されているようで、
漕いでも、漕いでもすすまない模様。 


しかし、いまいち相方を信用していない私は、

また、相方の得意のどじっこネタで本当は変速できるんじゃないの?
(いや、30すぎのおっさん男がどじっこでも、けして可愛くないから。むしろ少しムカつく)

と思いつつ、かわって17号に乗ってみましたが、

ほんとだぁ。漕いでも漕いでもすすまないっす。

思いっきり漕ぎたくても、ペダルに(ギアに?)力が吸い取られ、
「その活動、意味なし」って感じで・・・。

なんすか?このマジカル感。

しかし・・・これは、確かに疲れます。

しかも絶えず、肩透かしを食らわせられているようで、精神的にも結構不愉快。
(擬音をつけると「スカ、スカ」と音がする感じです) 


ここで選択肢は2つ。

ホテルに戻って、自転車を借りなおすか?

このままこのマジカル自転車「レンタ17号」を乗りこなし、
精神的にも高みを目指すか。(そんな高みを目指してどうする)


もともと自転車というのは、軽くして回転数を上げた方が
いいと聞きます。

最初は乗りにくいけど、慣れてくるとこのマジカル感がたまらなく なるかも。 


・・・まあ、ようはホテルに戻るのが面倒くさかったわけです。

ちなみに私は、ちょっとの手間を惜しんで、どつぼに嵌るタイプです。


相方の場合、このレンタサイクルはサイズが合わない上に、
椅子を上げることもできず(錆び付いてて--;)
このレンタサイクルに乗るときの姿勢はほぼ直角。

スポーツタイプの自転車に乗る姿勢としては、
かなーり不自然な姿勢を強いられています。

その上、このマジカルは辛いかもしれん。 


・・・ので、この「レンタ17号」には、相方に代わって私が乗ることに・・・。

なんて、いいやつなんだ。私ってヤツは!

相方よ。この私の崇高さに、頭をたれ、感涙にむせび泣いてもかまわない。


独自のマジカル感にちょっと不快になりつつも、
今でにない前傾姿勢で、自転車をしばらく走らせていると、
自分の内から、なにか湧き上がってくるものが・・・ 


テンション?・・・いや、違う。

これは・・・朝食のウィンナー?(ばっちい話ですみません。)

前傾姿勢って、結構胃が圧迫されるもんなのですね。
(朝食でがっついたもんだから・・・)

クロスバイクに乗るようになったら、気をつけなければなりません。


自転車では、中禅寺湖付近を流しましたが、 
丁度紅葉が見ごろのようで、きれいでした。 

紅葉1

紅葉2

いつも車でしか巡ったことがなかったのですが、
自転車で巡ると、景色もゆっくりみることができていいものですね。 


しかし、午前中から行楽地で自転車漕いでるなんて、
以前の自分からしたら考えられないことです。
(旅行に行っても、チェックアウトぎりぎりまで寝てる派でしたし・・・) 


せっかくだから病の相方は、もともとこういう“旅の付加価値”
みたいなことは、やりたい派だったので(私に却下されていただけで) 

「これも自転車を始めたお陰だね。ありがたや。ありがたや。」


と自転車の神様に感謝することひとしお。

・・・しかし、自転車の神様。
もし、いらっしゃるなら、ビアンキをどうか一つお早めに・・・。


結局、2時間ほど、中禅寺湖付近をポタリングして自転車を
返却したわけですが、

最後に、一言だけ言わせていただくなら

「レンタサイクル17番には気をつけろ!」

いや、もどって取り替えなかったのが悪いんですけどね。


そ の後、車に乗り換え「戦場ヶ原」に行きました。

こちらも丁度、紅葉も見ごろでした。 

戦場ヶ原

「戦場ヶ原」には、紅葉が見ごろの頃にあまり来たことが
なかったのですが、黄色一色の紅葉で、なかなかよかったです。 


昔、子供の頃に「戦場ヶ原」に来たときは、

「こんな何にもないところ、何が面白いんだ?」

と思ったものですが、大人になると

「なにもないところがいい」と思えるものですね。

大人になるとはこういうことなんですね。(しんみり)
なんか階段を登っちまった感じです。 



相方調べでは、「旅の香り」という番組で芸人のヒロシさんのオススメだったという、
「餃子コロッケ」が「戦場ヶ原」に売っていたので、食べてみました。

餃子コロッケ


後日、「旅の香り」のホームページを確認しましたら、
ヒロシさんじゃなくて、Take2の深沢さんでした。
・・・て「ヒロシ、オススメ」じゃねぇじゃん!!
しかも「ヒロシも病みつきだって!」とかも言ってました。いったいどこのヒロシだよ。


コロッケの中に、餃子がごろっと入っているのですが、
これが、なかなか美味しかったです。


ついでに、名物の「ゆばカツ」も・・・。 

ゆばカツ

こちらはゆばを半ば強引に揚げた感じで、淡白な味でした。 



・・・ところで

この「戦場ヶ原」では、なんと、超有名人にも遭遇!!


梅宮辰夫さんです。 

梅宮辰夫さん


・・・すいません。ベタなウソをつきました。  


実は、「辰ちゃん漬け」の宣伝用(?)の人形です。 (わかるって)

しかし・・・遠くから見ると、ご本人に勘違いしてしまうことも・・・ないない。

売店には、なぜか「辰ちゃん漬け」が売ってました。 
日光の名物が「たまり漬け」のようなので、そのつながりでしょうか?


その後、ついでに「東照宮」を見て帰るつもりでいましたが、
「東照宮」の駐車場が思いの他混んでいたので、結局スルーすることに・・・。


しかし、さすが紅葉シーズンだけあり、月曜日だというのに 結構どこも混んでいます。


帰り道の途中は、東北方面に来たときのお約束、

宇都宮餃子です。

しかし今回は、毎度よる“スタミナ健太くん”のお店

スタミナ健太くん


・・・ではなく。(スマン、健太くん)


「正嗣」というお店です。

宇都宮の餃子店の中でも、有名なお店のようです。

宇都宮の方面に何軒かお店があるようですが、
駐車場に困らなそうな店舗に行ってみました。

カウンターしかないお店で、餃子も焼き餃子と水餃子のみ。

1人前170円と驚きの安さです。


ご飯等はおいてないようなので、焼き餃子と水餃子を2人前づつとりました。 

こちら焼き餃子
焼き餃子


こちら水餃子
水餃子

皮がぷりぷりしていて、中がジューシーでかなり美味しいです。 

さすが有名店。


1人前6個なので「1人頭12個は多いかな?」と思いましたが、
つるつると入る感じです。

美味しかったので、お土産に冷凍餃子を4人前ほど買ってきました。 

おみやげ餃子



そして「結婚関係記念日」旅行は終わりを告げたわけですが・・・。 


家に帰って鏡をみると、

なんか、顔が・・・顔が腫れてる!!

・・・て太っただけやんけ。現実を受け入れろって。

ブログランキングに参加中です。できれば、ポチッ☆とクリックしてもらえるとうれしいです。        
 
にほんブログ村 自転車ブログへ  人気ブログランキング


スポンサーサイト
伊豆旅行記【その3】
昨日の雪はどうでしたか?

先週のこともありますし「いつ降り出すのか?」とスタンバっていたのですが、
結局降りだしたのは夜でした。ちぇ。それなら出かけられたかも。

その上あまり降らなかったので、今雪らしきものはほとんど残っていません。

今日は久々に自分の自転車でポタってきます。(^^)/


以下、なんかいつ終るとも分からないカオス状態の「伊豆旅行記」です。

その1その2はこちらでございます。m(__)m

観光協会の方も来て、今回の愛車とご対面です。
これでレンタサイクルを借りるのは3回目になります。

今日の自転車に対して期待は高まるのですが、

  ・・・・・今までのことを考えると、過度の期待は禁物です。

まず、自転車の種類を選ぶのですが、

観光協会の方に

「ママチャリ、MTB、電動自転車とありますがどれにしますか?」

と聞かれました。

あるんだ・・・電動とか。

いや、私とてまがりなりにもスポーツ自転車を趣味としている身、

もちろんMTB!・・・と即効で答えたかったのですが、そこは、まあ・・・。

ここは伊豆だし、電動があるってことは「坂道多し」ってことかも。

念のためその辺を確認しておこうということで、「坂道が多いんですか?」
と聞いてみましたが、「それほどでもない」ということなので、
憂いなく“MTB”をお願いすることにしました。

いや、もちろん坂道が多くても、電動などではなくMTBをお願いしましたとも。

・・・本当です。

レンタル代は1日借りて1台 500円

保証金が1台につき1,000円かかりますが、これは自転車を返す時に返してくれます。

観光局の方が4時には帰ってしまうので、
それまでには返却しなければならないのですが、
500円というのは、なかなかリーズナブルです。

しかし手続きに観光局の方は戸惑っているようで、

「ああ、ここもレンタサイクルを借りる人がめったにいないんだな。」

とうっすらと思いました。

でも、このレンタル自転車は、小屋で保管してあるんで自転車の保存状態は
かなりいい感じでした。(登場機会があまりなさそうなのは同じなのに)

今まで3件レンタサイクルを借りましたが、他の2件は外置きのようだったので、
錆びがかなり来ていたのですが、小屋置きのお陰かここの自転車はそんなことがなかったです。

やっぱり自転車は部屋置きと外置きでは、コンディションに差がでるんですかね。


どの自転車も似たような感じだったので、端からMTBを2台選びました。

タイヤをさわってみると、2台、前輪後輪ともにありがちに空気圧0。

もうベコベコ。

やっぱり借りる人いなかったんだ。(ぼそっ)

観光局の方がズコズコと空気を入れてくれました。

こちらが今回の愛車、“伊豆のへそ号(仮)7号、8号”

伊豆のへそ号(仮)

7号は私、8号が相方です。(この辺はどうでもいいっすね。)

このMTBにはこんな注意書きが・・・。

注意書き

MTBなのに悪路走行禁止?!

そりゃーねだろー。

・・・おそらく(つうか確実に?)これもルック車というヤツかもしれませんが、
3×6段のギアもついているし、ギアの動きもよさそう。

今まで借りた“ギアポロリ?!”状態のハマチャリとか、

日光で借りた“1になったきり戻らず”(しかも1かよっ!)の
意味なしギアの自転車よりかなり走りやすそうで期待できそうです。

愛車も決まり、忘れちゃいけないのが、我がサイクルセット、
手袋、耳あて、覆面・・・じゃなくてマフラーの3点セット。

覆面・・・はするほどでもなかったのでしないで済んだのですが、
さすがに寒かったので手袋と耳あては持っていってよかったです。

あとお役立ちグッツ「モンベルリュック」も折りたたんで持って来ました。
こういう時に(も)このリュックはホント便利っす。


自転車も借りたし、さてどこに行くかですが、

季節は2月、どこの雑誌を見ても、観光局にあるチラシを見ても、

「さあ、狩れやーーー」といわんばかりのイチゴ狩りシーズンです。

ここはまあ、基本のイチゴ狩りと観光局のチラシではじめて知った
観光局の方オススメの“パン祖のパン祭り”その後、“足湯”に浸かって、
温泉まんじゅうを買って帰ってくるという

「今決めたんだろ」感でいっぱいの行き当たりばったりコースです。

全てのものが伊豆長岡方面に集中しているようなので、
とりあえず“伊豆長岡駅”をめざしてGO!です。

伊豆長岡までは、河沿いのサイクリングコースを行きます。

サイクリングコースに入るまでにちょっと迷いそうになったのですが、
ふと下を見ると石灰でサイクリングコースの道順を示すらしき白い矢印が・・・。

矢印

特に“サイクリングコースはこちら”とか書いていなかったのですが、
なんとなくあからさまな善意を感じましたので、
導かれるままに行ってみることにしました。

結果、これは思ったとおりサイクリングコースを示すもので、
要所要所で書いてあり助かりました。

河沿いのコースは走りやすくて、
のどかな景色をみながら走るのは気持ちよかったです。
サイクリングロード


とくにこのMTB。

偶然出会った割には、私の体型にぴったり。

なにせものすごい走りやすい。

ポジションもビアンキよりいいかも??

「どうせクロスバイクでもスピード出さないし、
もしかしてこの自転車でも遜色ないんじゃ??」
と思ってしまう位でした。

しかし、7号と8号は同じ26インチだったので、
私にぴったりということは、身長差約20cmある相方にはかなり小さく、
めっちゃ漕ぐ姿勢が良くなってます。

ママチャリ漕いでるのか?と見まごうほどのポジションです。

出発から20分程度で“千歳橋”に着き、この橋を渡り「伊豆長岡駅」に到着です。

千歳橋

「伊豆長岡駅」には着きましたが・・・

伊豆長岡駅

あれ?・・・予想以上に・・・さびれてる??

ここでもう一度地図を良く見てみると“千歳橋”を渡らず
“伊豆長岡駅”方面と逆方向に行ったところに“イチゴ狩り”も
“パン祖のパン祭り”会場もあるようです。

“千歳橋”をもう一度渡りなおし、まずイチゴ狩り・・・という予定ですが、

ところでこの「伊豆長岡駅」付近には数軒の八百屋さんがあります。

ここで鋭く目を光らせていたのが相方。

相方が密かにチェックしていたのは、もちろんイチゴの価格。

さて、今イチゴ狩りはハイシーズンらしく、1人1,500円。

街で見かけるイチゴは200円とかせいぜい450円。

ここでお得管財人の相方が

「(買えば200円なのに)1,500円はどうなの?」

とやんわりと探りを入れてきました。

きたよ。こういった因縁。相変わらずセコイなこいつ。

・・・とも思いましたが、

うーーん。そうだなぁ。自分で狩って食べるという付加価値はあるものの、

まあ、そんなにイチゴを一度に食べられるもんじゃないよなぁ。

えーと。200円パックとすると7パック食べないと元は取れない?!
450円としても、3パック?!

・・・この時点で、もうすでに私は相方のお得戦術の術に嵌っているのです。

確かにイチゴ狩りに行って相方に

「元をとるように」とゴーインに(見えない)プレッシャーを
かけられながら食べるのはイヤだなぁ。

とイチゴ狩りは(まんまと)断念。

「パン祖のパン祭」会場に急遽、進路を変更することになりました。

ところで、先ほどから普通に「パン祖のパン祭」と言っていますが、
「いったいそれはどんな祭りなんじゃい?」と皆様、思われませんか?

観光局の方も当たり前のように使っていたので逆に聞けなかったのですが、
いったいそれはどんな催しなのか?

いや、祭りというのは分かります。
しかし「パン祖」という部分はいったいなんなのか?

疑問を抱えたまま、約10分位で祭り会場に着きました。

パン祖のパン祭

祭り風景

この「パン祖のパン祭」はたまたまこの日(2月2日)と次の日(3日)
2日に渡って行われているパンの祭りのようです。

「具体的にどのようなことをするのか?」というと、
パンを食べたり、パンを買ったり、パンにまつわるゲームをしたりのようです。

で気になる「パンの祖」の部分ですが、説明によると

166年前、江川坦庵公という方が戦時の携帯食として、
兵糧パンを採用しなければならないと考え、第1回の試験焼きを行ったのが、
1842年4月12日ということで、毎月12日をパンの日と定めたそうです。

なるほど。

・・・て12日じゃねぇじゃん。

まあ、その辺はいろいろ大人の事情があったのでしょう。

このパン祖と呼ばれる江川坦庵公がこの地の出身の為、
「パン祖のパン祭」が行われるようになったそうです。

そしてそのパン祖とも言われる江川坦庵公とは、この方です。

江川坦庵公

こちらが祭りのチラシです。

チラシ

ちなみに写真の藤田弓子さんは、「伊豆の国市」在住で、今回のプロデューサーだそうです。

チラシ


・・・て2回目かよっ!

意外と浅いですね。歴史。江川坦庵公は結構昔の人なのに・・・。
でもまあ、歴史はこれから紡いでいくもんなんで・・・。

会場では伊豆のお店だけでなく、全国の有名なパン屋さんのパンが購入できます。

せっかくだからここでパンを買ってお昼ごはんにすることにしました。

何気なく行くことにした地元の祭り。

何気なく食べることにしたパン。

・・・まさかここで、感動の再会が待っていようとは思いもよりませんでした。


全国の有名パンの即売場に行ってみると、十数店のパン屋さんのパンが並んでいました。

関東の有名どころでは“ポンパドール”などもありましたが、
ここはせっかくだから、普段は買えない地元のお店のものにしようと見ていると、

なんと!あのパンがあったのです。

そのパンとは!私的には幻のパンだった、

“ヨーカンパン”です。

ヨーカンパン

取るものもとりあえずまずは一つ購入しました。

購入した後は、私の頭の中は「ヨーカンパン、ヨーカンパン」とヨーカンパン一色。

後は適当に相方にパンとコーヒーを見繕ってもらって、
いよいよ感動のヨーカンパン実食です。

ヨーカンパン

このブログを読んでくださった方の中で何人の方が
この“ヨーカンパン”をご存知なんでしょうか?

カタカナで書くとイマイチ分かりにくいかもしれませんが、

ヨーカン=羊羹

パンの表面にようかんエキスが塗ってあるパンです。

私が幼い頃に確かどこか大手のらしき(山○とか)パン屋で扱っていた
と記憶しているんですが、コッペパンみたいなものの表面に、
ようかんエキスが塗ってあるパンでした。

幼い私の大好物でしたが、(私の中では)大人気にもかかわらず、
なぜか、いつの間にか店頭から消えてました。

このヨーカンパンの事を私は忘れることができず、
相方にも再三このヨーカンパンの存在を訴えていたのですが、

「ヨーカンエキス?なにそれ?知らない。
シベリアと勘違いしてるんじゃないの?!」

・・・と取り合ってももらえず、哀しい思いをしました。

その後、相方もそんな風に言うし「ヨーカンパンは私が作り出した幻影?」
「全てはまぼろしだったんじゃ?」

と思いつめていましたが、やっぱり存在していたんです!!

私が食べていたものは、量産型(?)だったせいかスタイルは違いますが、
ようかんエキスがパンに塗ってあるところなど、そのもの!!

もの凄ーーーく感動しました。

自分の正しさが証明されて「勝訴」という感じです。

涙で肝心のヨーカンパンが見えないくらいです。

ホントこれだけで伊豆に来て良かった!(相方の誕生日はいったい・・・)

相方にこの感動(と今までの相方の態度に対する苦情)を訴えると

「所詮パンなんかどうだっていいじゃん。」と言わんばかりの態度をされました。

どうでもいいことあるかい!これは私のアイデンティティの問題じゃい!!

この態度、アメリカだったら離婚訴訟もんですよ。絶対。

ヨーカンパン離婚。日本でやったら伝説だな。(--;)


ヨーカンパンを開けてみると、なんとも羊羹な香り。(当然ですが)

この香りもまさに昔のヨーカンパン。

この上に乗っているちょっとインチキくさい生クリーム(?)は
昔のものは、コッペパンに挟まっていたような気がします。

食べてみると衝撃の新事実。
このヨーカンパンの中には餡が入っていました。
(昔のにはなかったなぁ。)

ヨーカンパン

・・・ここでものほしそうな目で見ているのは、
「せっかくだから病」の相方。

まあ、仕方ない。
本来ならヨーカンパンの存在を全否定していた相方には食べる資格はないかもしれんのですが、
寛大な私は、相方にも半分食べさせることに・・・。

心して食べたまへ。

食べてみると相方も「美味しい」と絶賛。

そうか。そうであろう。復活を願う私の気持ちも理解できるであろう。

・・・と思いきや。

お得好きの相方、

「ヨーカン、クリーム、餡と3種類、
すなわち2×2×2=8通りの食べ方が楽しめるんだよ。」

・・・とそのお得さが特に気に入ったようです。

勝手にいってやがれ。

この後、ヨーカンパンを2個追加購入、次なる目的「足湯」に向かうことにしました。

ヨーカンパンで熱くなりすぎて、またまた長くなりました。(汗)
いつまで続くのか、(無駄に長い)この伊豆旅行記・・・。
すみません。次で終る予定なのでもう少しお付き合いください。m(__)m

ブログランキングに参加中です。できればポチッ☆とクリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキング


伊豆旅行記【最終回】
昨日は雪の次の日とも思えないほど暖かかったです。

2週間ぶりに自分の自転車にも乗れ、なかなか楽しかったっす。

レンタサイクルのMTBにうつつを抜かしたりしましたが、

やっぱり自分の自転車はいい!!しかしやっぱりポジションはもうちょっと研究したいなぁ。

昨日は湯島の方の梅祭りに行ったのですが、

“梅の花観賞”というより、“梅の木鑑賞”でした。(汗)

まだ若干梅の花の観賞には早かったようです。

今日はまたまた晴れてますね。

せっかくだから荒サイをまたポタポタしてこようかな。と思ってます。

※以下、やっと最終回の「伊豆旅行記」です。
だらだらと長く続き、読みにくくて、すいませんでした。^^;

ちなみにその1その2その3はこちらです。


思いがけないヨーカンパンとの再会で我を失ってしまいましたが、

観光局の方が帰ってしまうのが4時。

気づけば、そろそろ時間も1時半。

いつまでもヨーカンパンとの懐かしい邂逅にひたってる場合ではありません。

1時半から藤田弓子さんのトークショーがあり、
「せっかくだから病」の相方は覗いてみたそうでしたが、
そこは引きずるようにして、会場を後にしました。

ところで、伊豆は結構(相方の大好物の)ただで楽しめる「足湯」があるようなのですが、

実はこの「パン祖のパン祭」の会場“アクシスかつらぎ”にもありました。

 

アクシスかつらぎ足湯

この足湯に浸かっても良かったのですが、
パン祭りが行われていたせいか、意外と混んでいたことと、
ここで足湯まで済ませてしまうと、せっかく自転車を借りたのに
「芸がない」とも思えましたので、他の足湯ポイントに行くことにしました。

再びMTBに乗り、自転車で向かうにはなかなかいい感じの距離にある、
足湯を楽しめる公園「湯らっくす公園」に向かいます。

行きたかった「温泉まんじゅう」の店が丁度、
公園に向かう途中にあったので、よることに・・・。

「柳月」というお店です。

柳月

この伊豆長岡には、十軒以上の温泉まんじゅう屋さんがあるそうですが、
その中でも一番の老舗だそうです。

・・・そういえば、道すがら何軒かの温泉まんじゅう屋さんを見かけましたが、
なぜかは不明ですが、「柳」という字が使われているお店が多かったような・・・。
「柳○」とか「○柳」とか・・・

いや、本当になぜだかわからないのですが・・・。

でも間違えて入りそうにはなりましたけどね。

ちなみにこの「柳月」のおまんじゅうは
「内閣総理大臣賞」を受賞しているらしいです。

いや、本当に美味しいというのでこのお店に来たのです。

権威なんてどうでもよいことです。・・・本当です。

この後、私の実家に直接行く予定だったので、
おみやげに箱のおまんじゅうとバラで数個購入。

柳月温泉まんじゅう

中身のまんじゅうは映像をとる前にすっかり食ってしまいましたが、
確かにうそ臭くない餡子で、美味しいおまんじゅうの味がしました。

さすが内閣総理大臣賞。・・・て権威どうでもいいんじゃなかったんかい。


このお店から更に十数分。

「湯らっくす公園」に到着しました。

湯らっくす公園

フットワークがいいところも自転車のいいところです。
観光地内をめぐるのは自転車最強ですね。

以前の車観光至上主義の私なら、相方がどんなに懇願しようが冷たく却下。
こんなにマメに観光地を巡ることは絶ーー対ナッシングでした。

なんか自転車のお陰で人生感かわったなぁ。(遠い目)

この公園は観光地の中心部からちょっと離れているので、
“アクシスかつらぎ”よりも空いている・・・と予想してきたのですが、
駐車場があり、車で来られるというのが反対に利点なのか、

予想に反して足湯も大混雑。

湯らっくす足湯

一見の観光客の私たちなんぞが、足を踏み入れる隙間もありませんでした。

・・・足湯だけにね。(ぼそっ)

とは言え、ここまで来てすごすごと引き下がるわけにはいきません。

彼の有名な先人も言っています。

「鳴かぬなら鳴くまで待とうホトトギス」

足湯の周りにある、小石の足つぼマッサージなどをしつつ、
足湯に足を突っ込むタイミングを虎視眈々と狙います。

まず、足つぼマッサージには「初心者コース」と「上級者コース」があり、
そのコース内も、徐々に小石の大きさが違ったりして、
きつくなって行く仕組みになっていました。

足つぼ

足つぼ

この敷き詰められた小石(しかも若干とがってます)の上を裸足で歩きます。
こういうことに弱い相方は「初心者コース」第3歩目で脱落。

軟弱者めっ!!

つうか実は、体ぼろぼろじゃないの?あんた。

私は初心者コースは、難なくクリア。

「こんなじゃ上級コースとやらもちょろいんじゃ?」

と思い、上級コースに一歩足を踏み入れると、

電流が全身を駆け抜けました。

・・・おかあさん。これは無理です。一歩も歩けません。

「初心者コース」も「上級者コース」も似たような石の配列に
見えたんですが、どこが違うんでしょう?

しかし、大人であの地獄を渡りきった猛者はいるのか??

ちなみにこちら針山・・・じゃなくて、石の山地獄で苦しむ相方です。

相方石の山地獄

将来(死後)こういう所で過ごす事のないように善行をつむんだぞ。

今のところ悪事さほどしていないと思うが(多分)、善行度はイマイチだ。

・・・と結構な時間遊んでいたのですが、結局、足湯ゾーンに隙間は空かず・・・。

観光局の人帰っちゃうので、そんなに待てないホトトギス。

すごすごと退散することにしました。

とは言え、イチゴ狩りもしなかったし足湯ぐらいはしたいというのが人情。

考えてみれば、同じように混んではいたものの“アクシスかつらぎ”の方が
ここよりも回転率が良かったような気がします。

というわけで“アクシスかつらぎ”にリターンGO!

・・・ちっ。素直に最初からそこに入っときゃ良かった。(--;)


そうして(足湯だけに)無駄足を踏みながら“アクシスかつらぎ”に再び戻ってくると、
やっぱり足湯は混雑、時間は3時近く。

まずい。このままじゃ観光局の人が帰宅してしまう。

「あきらめるか」・・・と思ったところであれよあれよと空き、
なんとか時間ギリギリで足湯に足を踏み入れることができました。

足湯

温度は高めで足を踏み入れた瞬間はかなり熱いですが、
でも入れている間にだんだん、さほど熱く感じなくなるんですね。

温泉施設で温泉のついでに足湯に入るっていうことはありましたが、
足湯だけメインに入ることは今までになかったのですが、
これはこれでなかなかいいもんですね。

時間も押し迫っているので5分程つかり(それでもかなりスッキリしました)
観光局の人に帰られてしまっては元も子もないので、
「伊豆のへそ」までダッシュで戻ることにしました。

帰りは道順ももと来た道を行けばいいので、更に快適です。

「時間も結構ギリギリなので、来た時より急いで漕いで帰るぞ!」

ということで、私は快調に自転車を漕いでいましたが、
なんか相方は遅れがち。

聞き覚えのある“シュルシュル”とした音が相方の自転車方面から聞こえてきます。

この音は・・・そうだ!思い出すのも忌々しい“ダイナモ”です。

ダイナモ・・・それは私が不遇のママチャリ時代にかなり苦しめられた発電システム。

でも、MTBなので特にダイナモはないはずなのですが、
このダイナモそっくりな異音は果たしてどこからくるのか?

相方の自転車を見てもブレーキがおかしくなっていそうでもないので、
おそらくどこかが接触して起こっているような気がするんですが、
気がするだけで、本当のところは不明。

相方が言うには、このダイナモ音、乗り始めた時からあったようですが、
来る時はかなりのんびり走っていたので、気にならない程度だったらしいのですが、
スピードを上げた途端大きくなってきたそうです。

音がダイナモそっくりなだけあって、ダイナモのように負荷があるらしく、
スピードを上げればその負荷も比例して上がるようで・・・。

なんか相方は汗だくになって走っています。

私は楽なのに・・・なんか可哀想。

とかは当然思わず、

「ダイナモの辛さがわかったよ。」

とか言ってますが、

いや、ダイナモ地獄はそんなもんじゃねぇから。 たー思い知ったか。

そうして、走る続けること約30分。

3時40分になんとか自転車を返却することができました。

私の方の7号は乗りやすくてホントお名残おしかったっす。

相方の方は擬似ダイナモが結構辛かったのか、もともと汗っかきだからなのか、
「伊豆のへそ」に着いた時には、相方のTシャツは汗びっしょり。
着替えが必要なほどでした。

しかし、この相方担当の自転車はいったいどこが悪かったのでしょう?

整備に詳しい方なら、すぐにわかったかもしれませんが、

【整備アイテム】

●ブレーキの片きき直し
●ワイヤーの初期伸び直し
●サドルをずらす
●空気を入れる→整備か?

整備レベル=雑魚キャラクラスのわが家では何がなんだかわからず・・・。

返す時にすっかり忘れて、観光局の人に言い忘れてしまいましたが、
こちらでレンタサイクルを借りる方は、8号には気をつけてくださいね。


さすがにのどが渇いたので、観光局に併設されている喫茶店で
「紅ほっぺ」ソフトを食べました。

紅ほっぺソフト

しっかりとイチゴの味がしました。

イチゴ狩りはできませんでしたが、これで良しとしましょう。 いいのか?

そう言えば、この旅のご当地グルメってこの「紅ほっぺソフト」だけかも。Σ(゚口゚;


帰りは留守番の為に伊豆から千葉県しょう油の街市まで一直線。

途中、またまた海老名(今度は上り)により、

たこ焼きとあげかまぼこを購入。
行きの時よりはなんか海老名っぽいです。

こちら、あげかまぼこ。なんか異様に美味しかった。

揚げかまぼこ

たこ焼きはせっかくだから病の相方が、
せっかくだから今まで頼んだパーターンじゃない“ネギマヨ”
を頼んだのですが、これが大失敗。

たこ焼きネギマヨ

なぜなら、ソースが入ってない。(T_T)

普通、ソースは必須アイテムで“ネギマヨ”と言えば、
ソース+ネギ+マヨネーズだと思うのですが、
必須であるはずのソースを選択性にするとは、な・・・なんて斬新な試み。

でも、保守派の私としては、

「ソースのないたこ焼きなんて、
クリープを入れないコーヒーみたいなもんだ!


・・・いや、うちはブラック党なんですが・・・。

たこ焼き自体が中身トロトロタイプでかなり美味しかっただけに、
ソースを掛けて食べたかったっす。


たこ焼きにソースが入っていなかった以外はさしたる大事件もなく、
おおむね順調に千葉県しょうゆの町市に着いたのですが、

その時は平和なしょう油の町市が、
12時間後には一面銀世界の陸の孤島と化すとは思いもよりませんでした。^^;

こうして相方のお誕生日旅行は終ったのですが、今年は波乱の年?!かも。

 ブログランキングに参加中です。できればポチッ☆とクリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキング


春の手賀沼沼畔のポタ【その1:レンタサイクルとご対面】

今日も暖かくていいお天気ですね。

ニュースでは日々桜の話題が取り上げられてますが、「あっ」という間に、
都内では桜がすでに5分咲き、ところによっては7分咲きになったようで、
気はあせりまくるばかりです。

最近の気候が一気に暖かくなるせいなのか、桜も昔より一気に咲くような気がします。

1分咲き→3分咲き→5分咲きと、

もう少々焦らしながら咲いてくれた方が長く楽しめていいのですが、

1分→即5分みたいな。下手すると朝と夜では状況は違う。みたいな。

おい、ちょっ待てよ!・・・みたいな。

人間社会だけでなく、桜までスピード化している時代なのでしょうか?

この調子では今週末は満開になりそうでわが家としても戦々恐々です。

週末のポタはなんとか詰め込めるだけ桜の名所を詰め込んで行きたいのですが、
わが家は根性が不足しているので、どこまで名所ツアーを盛り込めるか不安です。

そして自転車となると、不安材料がもう一つ、

今週末だけは、雨だけは降らないでくれーーー!

週末までは日々神頼みです。

さて、なかなか話題が追いつかないで、周回遅れだったブログですが、
おかげさまでやっと先週末の日曜日まで話題が追いつきましたです。


先週末の土日、私の両親が旅行の為にまたまた犬の世話をおおせつかりまして、
早朝に愛犬をマンションに落として行きました。

マンションでそのまま預かれば楽なのですが、そうはできない事情があり、
土曜日はそのまま実家のある、しょう油の街市まで移動しなければなりませんでした。

なぜ、そのままマンションにおれないのか?

その事情は愛犬の尾篭的な問題だったりするのです。

うちの愛犬、一生懸命教えたはず・・・なのに教え方が悪かったのか、
それともワンコ用のお手洗いがお気に召さなかったのか、
下の始末が悪いところがあり、外でしか用をたさない犬なのです。

・・・で、そんな彼女のお手洗いは、もっぱら実家の庭。

おかげでかつて母の自慢の一つだったお庭の芝生も枯れ果てました。

そんな愛犬なので雨の日のトイレも一苦労。

愛犬を傘で守りながら人間は雨に濡れつつ、
雨で濡れた地面にご機嫌斜めの愛犬がなさるのをじっと待つわけです。

そんな生活に嫌気がさした愛犬LOVEの父(夜の愛犬のトイレ係→愛犬のご指名)、
雨の時のお手洗い用に駐車場に屋根を付ける事を熱望
今回のリフォームで屋根付きカーポートも作成してもらうことになったのですが、

その総工費用70万円。

・・・高いワンコ用トイレだな。オイ。(--;)

先日このカーポート(つーか実はトイレ)が立派に完成しまして・・・
全体的にはコンクリートですが、愛犬がなさるように真ん中に白砂利が敷き詰められております。

これがなかなかオシャレなデザインで、誰もそんな用途だと思わないだろうなぁ。

・・・とまあ、そんな訳でして、土のないマンションではお手洗いには不適格でして、
彼女を連れて実家に戻らないわけに行かないのです。


土曜日は、すっきりと晴れた日でした。

愛犬的にはドライブでどこかに行きたいオーラー全開。
愛犬Mさん
愛犬Mさんは、こんな風に人が動くたびに「でかけるの?」という感じでそわそわしてました。

が、

人間様の方がなんとなーーく出かける気が沸きませんで、
結局マンション→しょう油の街市まで移動のみで終ったわけでございます。

しかし愛犬を預かって移動、そのまま泊まりとなると今週は愛車には乗れません。

そこで困るのが例のわが家の(中では)大記録「連続ポタ記録」

やり続けることに対していろいろ疑念が生まれるこの記録ですが(意味あんのか?とか)、
「継続することに意義がある」というような事をどっかの誰かも言ってます。

こんな時は自分の自転車を運ぶのが一番なんでしょうが、
輪行袋もないし、今週もやっぱりいつものレンタサイクルかなぁ。・・・と思っていると、

「このまま適当に分解して、クロスバイクを2台、

車に載せてっちゃおうよ。(^^)v」

と天然系相方、素の状態で狭い車にクロスバイクを重ねて載せるという荒業を提案。

・・・・・・・・・はぁ?(゜д゜;)

つうか、だまらっしゃい!

そんな事したらフレームにキズが付くかもしれんだろうがっ!

転んだ時ですら、自分<自転車だったのに、

そんなデンジャラスなことできるわけないだろうがっ。

この無謀な提案、本気でしているところが相方の怖いところです。

ルイガノに対しての愛つーもんが感じられんですよ。

当然、そんな提案は速攻却下。

今週のところは他に打つ手もないので、結局、レンタサイクルを借りることにしました。

しかしうちの両親は、月イチで旅行、長期休みにも旅行をする人なんで、
記録を更新し続けるためには、今後は輪行を考えた方がよさそうです。

まあ、レンタサイクルもいろいろな意味で楽しめるんですが、
行く場所が限られますし・・・。


土曜日は移動のみだったので、レンタサイクル決行は日曜日。

レンタサイクルが借りられて、実家から近場で手頃なところを検索すると、

手賀沼の沼畔(?)の道の駅「しょうなん」でレンタサイクルが借りられることが判明しました。

お値段は、1日借りて1台300円。・・・て、安っ。

しかも最近は、ご好評にお答えして・・・かどうかはわかりませんが、

新たにMTBも導入されたらしい。

これはマシン的にもなかなか期待ができるのでは?

いやいや、今までのことを考えると過度の期待は禁物。

そういえば、手賀沼というと実家から1時間くらいのところにあるのですが、
考えてみれば今まで近すぎて行ったことがありません。

どうやら沼をぐるっと自転車で巡れるらしい。

・・・でも手賀沼って私が子供の頃は、水質汚染とかで問題視されてなかったけ?

とかをちらっと思ったのですが、それは不確かな記憶なんで他の沼かもしれんし、

湖畔・・・つうか正確には沼畔ではありますが、
水辺を自転車で走るのは気持ちよさそうです。春ですしね。

なんか、いいかもーー。

近くにはミニSLが走っているところもあるらしいです。
それに咲いてないかもしれませんが、桜並木もあるらしい。

何?この盛りだくさん感。

せっかくだから病、特盛り大好きの相方も気に入られたようです。

・・・ということで、行き先はあっさり「手賀沼」に決定しました。


日曜日も朝から晴れてサイクリング日和。

かなり気合が入って起きたのは7時だったわけですが、
近場の安心感からかなぜか出発は11時過ぎてしまいました。

いったい4時間も何をやっていたのか?自分でも何がなにやら。

わが家にはこういう不思議なタイムラグがあります。

もしかして他の人と時間の進み方が違うのだろうか?(んなこたぁない)

カーナビでは1時間弱で着くような感じでしたが、
行楽日和の渋滞のためかもう少々かかりまして、手賀沼の道の駅に着いたのは、
1時過ぎになっていました。

沼というのでいまいちどんなもんかと思っていましたが、
「手賀沼」は案外広い感じです。

手賀沼

天気がいいせいか、沼畔は結構大盛況。

ジョギングの人、犬の散歩の人、釣りをしている人いろいろな人がいましたが、
ここで驚いたことが1つ、

「なんかレンタサイクルを乗っているらしき人が結構いる。」

ということです。

実際レンタサイクルを借りるところは、車の駐車場にあるのですが、
なんか残り少なくなっています。

よくよく見ると、最近も導入されたとされるMTBらしきものは2台しか残っていない。

「残り2台か・・・。」

うーん。でももう1時過ぎだし、これから借りる人もいないだろ。

と高をくくり、まず愛犬と軽く散歩しました。

周りにも犬を連れている人がかなりいたのですが、
わが家の愛犬、同属でありながら犬が大嫌いだったりするので、
テンションだだ下がり、

「まあ、犬がいるなんていやーね。」

という感じで始終ビクビクしやがりどうしで落ち着きません。

こういう時はいつもこう突っ込みたい。

「つうかお前も犬だろ。」

・・・という訳で早々散歩を切り上げ、自転車を借りようと思うと、

ない!(゜▽゜;) 2台あったはずのMTBが1台になっちゃっています。

がーーん。

仕方がないので、ママチャリ1台とMTB1台を借りました。

というわけで、こちらが本日の愛車、
「手賀沼1号(仮名)と手賀沼2号(仮名)」です。

手賀沼1号、2号

確かにMTBは新しそうな感じがします。

私がママチャリ、相方がMTBということになりました。

MTBどころかママチャリもギリギリ普通のを借りられましたが、
借りた後の車庫はこんな感じで、

車庫

すっかり閑さんとしています。

ママチャリすら後ろにお子さんを乗せるカゴ付きの微妙なものしか残っていません。
(あとは子供用)

もはや驚きを隠せない、私と相方。

何度かレンタサイクルを借りたりしましたが、

かつてここまでレンタサイクルが大盛況だったところがあっただろうか?

いや、ない!(はっきり言い切りますが)

すげーーー。手賀沼なんかすげーよ。と妙なところに感動。

さすが沼畔。人はなぜか水の周りを自転車で巡りたくなる生き物なのかもしれません。

それとも今までレンタサイクルを借りたときは季節的に悪かったんだろうか?

ここのレンタサイクルも冬はやっておらず、3月から再開したみたいですし、
やっぱり冬は需要が少ないんでしょうね。

・・・でも1箇所(日光)はもろオンシーズンの夏でしたけどね。そう言えば、湖畔だったし。


貸出し帳に住所を記載し、1台300円、計600円を払い借りる手続きは終りましたが、

返却時間を見るとなんと3時半。(3月は早かったみたいです)

この時は2時だったので、あと1時間半しか残っていません。

うーん。貸出し時間は9時からだったので、もっと早くこれなかったか?自分。

・・・とは思いましたが、どの道、犬を長く1人にはしておけないので、
この程度の時間が丁度いいのかもしれません。

・・・連続ポタ記録の規定の5kmはクリアできるでしょうし。(ぼそっ)

コースはぐるっと沼一周コースが20kmちょい。

地図

慣れない自転車だし、しかもママチャリだし1時間半で20kmはキツイ。

・・・つうかわが家の場合、クロスバイクでもキツイんじゃ?(--;)イイタカナイケド。

「そんなあなたの為に」か、橋をはさんで半周ずつできるようなので、

そちらの半周コースにすることにしました。

右のコースにするか左のコースにするかは大して思い入れもないので、
まあ、そこは適当に右のコースにしました。
・・・実はあとで「左にしておけばよかった。」と思う結果になるのですが・・・。


半周10kmちょい、タイムリミットは1時間半。

初めて乗るレンタサイクルなので不安ではありますが、
手賀沼1号(仮名)、2号(仮名)GO!です。

・・・すみません。長くなったので続きます。m(__)m

【追記】

「マックのコーヒーはお替り自由か?」の情報をお願いしたところ、

なんとマックのコーヒーは(一部の店舗を除き)お替りが自由(100円なのに)
らしいという情報を頂きました。

メニューにその旨は記載してあるらしいのですが、
先日行ったのお店の看板のメニューには書いていないような気がしましたが、
見落としていたかもしれません。(それとも一部の店舗だったのかも?)

情報ありがとうございました。 m(__)m

どうせ相方が「お得幻術」に惑わされているだけで、眉唾都市伝説だろ。

と思っていたのですが、事実でしたとは・・・スマンかった相方。信頼心0で。

しかしただでさえ100円のコーヒーをお替り自由なんて、
大丈夫なのか?マック?無理しすぎてやしないか?
デフレスパイラルに陥ってはいませんか?

余計なお世話ですが、ちょっとマックの行く末が心配です。

まあ、あそこはハンバーガー80円とかでやっていたわけだし、
無理しすぎがデフォなのかも。(--;)

・・・とは言え、見栄っ張りの私的には100円コーヒーしか頼まないのに、
その上、お替りをするのはなんとも気が引ける次第です。

相方は当然やる気満々になっております。

ブログランキングに参加してます。できればポチッ☆とクリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキング

春の手賀沼沼畔のポタ【その2:銅像紹介シリーズ第2弾】

今回内容は前日の続きになりますが、若干写真が多いのでご注意くださいませ。
・・・何をどう注意するんじゃい。って話なんですけど・・・^^;

相方が(おそらくなんちゃって)MTB、私がママチャリの手賀沼1号(仮名)、2号(仮名)を
借りいよいよ「手賀沼半周」のサイクリングに出かけることにしました。

10kmちょっとでタイムリミットは1時間半。

沼沿いに10km、サイクリングロード的なものがあるらしく、
ほぼ沼の半径=今回のサイクリング距離ということになるわけです。

サイクリングロードに立つと沼を大体見渡すことができるのですが、
目で一度に見ると10kmってかなり長いような気がします。

手賀沼

こんな距離があるもんなのだろうか?10km。

それとも10km以上あったりして・・・と多少不安に思いつつも、手賀沼大橋の袂から出発。 

出発地点

最初の方のサイクリングロードは新しい道って感じで、まっすぐで走りやすい道です。
自転車とサイクリングロード

こちらは自転車で走っている人も多く、ロードバイクの人も走っていたりしました。

ところで、このMTBの方はギアが3段と6段がついてます。

MTBギア

ハンドルのところでギアを操作するのは、
わが愛車2号(その実ほったらかしっぱなし)のママチャリ、ソルジャーチャーリーと
同じタイプなのですが、普通はギアは1→6は重→軽だと思うのですが、
このMTBは6→1は重→軽

前にママチャリ(チャーリー)を購入した時に数字の多い方が重いと勘違いをして、
「1は軽いなぁ。(実は最重)」とか脳神経から総勘違い、しかもブログに発表。

で、いい恥をかいた覚えがあるんですが、こういうギアもあったんですね。

(今回はさすがに勘違いじゃないはず)

ちなみに借りたママチャリも同じメーカーだったので、
ギアも数字が大きくなるほど重くなるタイプでした。

ちなみにママチャリのギアはこんな感じで、少々ちゃち・・・簡易形です。

ママチャリギア

ママチャリの方は、3段階のギアなのですが一番重くしておかないと全く進みません。(T_T)

それなりにペタルは重かったのすが、ずっと「3」に入れてました。

最近、20km位ではクロスバイクだと筋肉痛にならないのですが、
そんな「重っ!」状態だったので10km走ったので、あとで変なところが筋肉痛になってました。

そして走り出して10分。

相方、突如尻痛を訴える。

・・・相方の方も普段の自転車と違い、少々乗りにくかったみたいですが、

いくらなんでも早っ!

相方のケツは弱すぎやしないか?

ひ弱なボウヤすぎやしないのか?


と言うと、相方、

「ケツだけにデリケーツなんだよ!」

と、得意の必殺!オヤジギャク返し!!

もう、その逆切れオヤジギャグ、入賞。なんだかめんどくさいから入賞。

しかしこれしきの事で尻痛を訴えるとは、
今までの相方の尻痛は「ルイガノのサドルの方が悪いのかな?」
と、思っていたのですが、相方のお尻の側にも問題があったのかも。(--;)

半分までのコースは、片側が沼、反対側が田んぼ。
夏になると沼にも蓮の群生地があったり、田んぼの稲穂が実ったりで、
田園風景になり、更に気持ちがよさそうです。

視界で沼を見渡したときは、結構長距離に見えたのですが、
走ってみると意外に「あっ」という間に折り返し地点まで着ました。

大体の折り返し地点は「あけぼの橋」

あけぼの橋

橋の付近なんか大きな鳥もいました。

白鳥

「なんの鳥だろう?」とよく見ると・・・

白鳥

白鳥!?

紫外線もめっきり強くなった今日この頃。

あのー。北の国にお帰りにならなくてもよろしいんでしょうか?

見ていると地元少年が餌をくれにやってきました。

地元少年がくるとすかさずよっていく白鳥、すっかり地元少年になついている様子。

・・・夏もここで乗り切るつもりでしょうか?猛暑は辛いけど、がんばれよ。

「あけぼの橋」を過ぎると、道もガラッと変わります。

サイクリングロードというよりも“遊歩道”という感じになります。

途中桜並木もありましたが、こちらはまだぜんぜん咲いてませんでした。

桜並木

道が狭い上に、周りに木が植えてあるせいか根が道にもはり出ているらしく、
逆地盤沈下状態で、ところどころ盛り上がっています。

遊歩道

クロスバイクとかで走ったらパンクのリスクも高そうです。

先ほどのまっすぐな道では結構いたロード系の自転車の人もこちらの道では
ほとんどいませんでした。

走っているのはMTBかママチャリ系ばかりで・・・。

折り返し地点で引き返したのかな?

街頭もなく、「曲がりくねって、隣は沼」という感じの道になったりもしたので、
ナイトライドとかしていると、いきなり沼にIN!とかになりそうです。

暗い道でいきおいよく走っていたら即、沼落ちみたいな。

・・・まあ、ナイトライドのことを気にするなんて、わが家くらいのものなんですけどね。

半分はまっすぐで綺麗な道でしたが、ある意味単調。

半分からは細くて曲がりくねった道だけど、ある意味バラエティに飛んでいる道。

自転車(ママチャリ)の性能上あまりスピードも出ずに約1時間かけて走りました。

やっぱ意外に時間がかかったなぁ。

サイクリングコースも終わりに近づき、時間はあと30分くらいあるので、
最後に公園があったので、よってみることにしました。

公園と自転車です。

公園

・・・て、こんなにレンタサイクルを撮ってどうする。
自分の自転車の時は自転車+風景で写真を撮るのをすっかり忘れる時が多いのに・・・。

この公園に自転車を停めて川面つうか沼面を見ると、沼面には謎の人影が!

沼面の人影

手賀沼にて団体でお出迎えしてくれるのは、

かっぱ像

河童っす。

図らずも「かっぱ橋道具街の“かっぱの河太郎”像」に続き、
かっぱ像のご紹介シリーズ第2弾です。(いつからシリーズ化?!)

今回は“チーム河童”お名前は不明。

かっぱ河太郎

ちなみにかっぱの河太郎さん(台東区在住)はこちら。 

なんかよくわかんないですが、この手賀沼のイメージキャラも河童みたいです。
(そういえばところどころに河童のイラストがあったので)

説明文を見ると、河童像付近から噴水がでるみたいなですが、
諸事情があり、今は放水中止中とか・・・。残念。

そして公園内には建物があり、出発の時から向かいに見えて気になる建物ではあったのですが、
「のど渇いたし、お茶が飲めるかなぁ。」と思って行ってみました。

施設


外観が結構しゃれていたので、「もしかしてカフェとかあるかな?」とか思ったのですが、
中はバリバリ硬派の公共施設でした。

水に関する資料を展示したり、手賀沼に生息する生物を展示したり、
水をキレイに保つための啓蒙ビデオらしきものを放映していたり・・・という真面目な施設でした。

時間によってはプラネタリウムもやっているようで、
せっかくだから病の相方は予想通り見たがりましたが、
さすがにそこまでの時間はないのでこれは割愛。

施設の中を見学してみると、どうやら「手賀沼」というのは私の記憶にあったとおりに
昔は水質汚染ダントツNO.1の沼だったらしいのです。

それがこうして啓蒙活動をしたり、実際にがんばったりした結果、
水質汚染NO.1の汚名を返上し、今では沼汚染全国NO.5にも入らなくて済んでいるらしい。

実は、この公園自体が水質汚染を撲滅する拠点として作られたらしいです。

どうりで見たときに「水が多い公園だなぁ。」と思ったんですよね。
そういう意図が隠されていたんですね。(別に隠してないのかもしれませんが)

そういった公共の施設なんで、中にはカフェとかも当然なく、
あるのは自動販売機っす。(--;)

展望台に上れるようになっていたんで、展望台で自動販売機のお茶を飲みました。

4Fにある展望台からは手賀沼が一望できて、なかなか見晴らしがいいです。

展望台

結構この施設でゆっくりしてしまったので、返却時間ギリギリになってしまいました。

「やばーーーい」とばかりにスピードアップして、
なんとかタイムリミットの3時半のちょっと前に道の駅に戻り、自転車を返却。

車庫には返却された自転車がたくさんあり、実際はこんなに自転車があったみたいです。

車庫

ちなみに1時間半前。 

↓ ↓ ↓

車庫 

すげーー貸出率。

その後、車の中でお留守番をさせていた愛犬を再びお散歩させようと迎えに行くと、
愛犬爆睡中。

外に出してみましたが、やっぱり犬がいっぱいいるので散歩はしたがらず・・・。

乗り物(人間)に乗っていると安心できるようで・・・。

愛犬


本来ならサイクリング途中でおしゃれなカフェによろうと思っていたのですが、
(実際、相方は調べていたようです)来るのが遅くなったので、そんな暇もなく・・・。

そんな皮算用もあり、お昼を食べてこなかったのでかなり腹が減りました。

夜、うちの両親と夕食を食べる約束をさせられていたので、
この時間になるとあまりがっつりと食べるわけにもいかず、
道の駅内にあるレストランで軽食を食べることとしました。行きたかったなぁ。カフェ。(;_;)

なんか食べたいものを数点注文。

まず「サクラソフト」

サクラソフト

そこはかとなく桜餅の味がするソフトクリームです。

「オグラクロワッサン」

おぐらクロワッサン

ありそうで実際確実にあるでしょうが、
個人的にはあまり食べたことのなかったアイテムです。
特に上にかかる芥子の実が忠実にアンパンをリスペクトしていてなかなか斬新。

割ってみました

意外にも(?)あんこがなかなか美味しかったです。

そして、ありそうで多分本当になかった
アグレッシブな一品「モンブラン杏仁」

モンブラン杏仁

名前の通り、杏仁豆腐の上にモンブランを載せてあるものです。
特にまずくはないし、片方ずつ食べると美味しいのですが、
・・・今までなかった理由がなんとなーくわかる一品でした。

その後、道の駅の中で新鮮野菜を購入し、
両親との約束もあるのでしょうゆの街市までもどったのですが・・・。

これで自転車記録も更新されたし、なかなか手賀沼もよかった。
あと半周あるので、そのうちまた半周したいなぁ。・・・なんて考えていると・・・。

はっ(°口°;) !!そういえばミニSLはどうした?!

すっかり失念してました。(--;)
改めてコースを見てみると、回らなかった半周の方にある「手賀沼公園」にあったようです。

ああ、どの道思い入れがないのだから、あの時左側を回っときゃよかった。

前も道の駅「とみうら」でミニSL乗車会を見逃したので、
今回は見たかったんですけどね。ミニSL。(乗る勇気はもちろん皆無ですが)

でもこのミニSLは「とみうら」と違い3月~11月くらいまではやっているそうなんで、
今度またサイクリングに来た時に見に行こうと思います。

次の機会は自分の自転車で来たいっす。

ブログランキングに参加してます。できればポチッ☆とクリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキング




広告



カテゴリー

にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ
人気ブログランキング



プロフィール

くろばい

Author:くろばい
愛車ビアンキ・パッソ
【愛称:ビンちゃん】
愛車2ビアンキ・ミニベロ9
【愛称:ベロンチョ(ベロちゃん)】
激情にながされ1週間で購入に至る
愛車3ママチャリ
【愛称:ソルジャー・チャーリー】
現在自転車3台を所有。
あまりの自転車の増殖率に
恐れおののく日々。
これ以上、増えることはないと
思いつつも、自分が信じ切れない
今日この頃・・・。

相方(くろばいB)
愛車:RSR-4(ブルー)
【愛称:ルイちゃん】
愛車2:ラレー・RSW SPECIAL
【愛称:くろまるくん】
新たにミニベロを購入して、
自転車わが世の春を謳歌中。
自己開発のアンゴラダイエットの
お陰で(いまのところ)メタボリック
危険水域を脱出。
しかし現在、ポタ時はポタメシを
思いっきり解禁しているので、
リバウンドに王手か?



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



月別アーカイブ



カウンター



ブログ内検索



RSSフィード

  • seo



おすすめの自転車本

わが家の自転車メンテナンスのバイブル!





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。