クロスバイクを買っちゃうぞ!
初心者がクロスバイク乗りになるまでの軌跡
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クロスバイクの本を買っちゃうぞ!
高価でノーブルなクロスバイク「松子(仮)様」比較的安価で親しみやすい(我が家的には)クロスバイク「梅子(仮)ちゃん」どこが違うのか?
見かけ的には・・・強いて言えば「松子様」の方がどことなく本格的な雰囲気を漂わせているような気がしますが・・・素人の私には「ここだ!」というはっきりしたものがわかりません。
2台出てきて「さあ!松子様はどっち?」と言われても、気分は「なんでも鑑定団」言い当てる自信はまったくありません。
あまりに素人すぎるだろう。自分。自慢じゃありませんが、目利き感ゼロ。心の目で見ても見えんもんは見えません。このままじゃにっちもさっちもいかないぞ。

・・・私は最近はネット慣れしてきたとはいえ、子供の頃から青年期のほとんど情報を活字で吸収してきた活字世代です。ウインドウズが発売された時は青年期も黄昏時だったので「こんなすげーものが自分が生きてる時代に発売されるとは!今度生まれ変わるとしたら是非ともビルゲイツに生まれ変わりたいっ!!」と思うほどビックリしました。
とはいえ所詮はアナログ人間。普段はネットを使ってはいますが、イマイチ心を許しきれていないっていうか、染まりきれてないっていうか・・・。(いやビルには生まれ変わりたいんですけどね)「煮詰まったときはやっぱり活字」ということでクロスバイクの本を購入することにしました。

取りあえず近所の書店に行くと・・・ない。クロスバイクどころか自転車関連の本が一冊もありません。「まああまり大きな書店でもないしな・・・」と気を取り直して大きめな書店へと電車移動。そこにも・・・ない。先ほどの書店よりはちょっとは自転車関連の本があるものの、ロードバイク、MTBのものはあってもクロスバイクの本は置いてありません。更に更に大きな書店に移動。・・・ないよ。(泣)かくも世間は初心者クロバイカーには世知辛いものなのか?試練です。
しかし手ぶらで帰るのも悔しいので自転車総合(?)の本を買って帰ることにしました。
本の中身を見てみると、これがなかなかどうしてクロスバイク中心の本ではないものの「明日のために(その1)」的なレベルのものが必要な初心者には結構わかりやすい内容でした。

自転車総合の本だけあって、サイクリングコースの紹介なども入っています。ついでにパラパラとめくってみると、なんと!!私の住んでいる町が「おすすめサイクリングコース」に入っているではありませんか!しかもコースは徒歩5分弱くらいの場所です。(まあサイクリングコースに徒歩で行ってもしょうがないのですが)そんなコースがあるなんてホントぜんぜんまったく知りませんでした。引っ越して2年ちょい。そういえばアンニュイな休日の午後をすごすお気に入りの喫茶店もない、美味しいご近所洋菓子店も未だに知りません。己が地域への非密着ぶりに愕然とします。移動手段のない暮らしというのは視野をいかに狭めているのか・・・。

しかし偶然にもサイクリングコース極近に住んで、クロスバイクとの出会い(いや・・・正確にはまだ出会っているとは言いがたいのですが)これは、無趣味、無気力これからの人生「どうするかな」の私にやっぱり神様が与えてくれたチャンスに違いない。否がおうにも運命論が高まります。
実は調べれば調べる程「こんな自分にスポーツバイクの一翼であるクロスバイクが乗りこなせるのか?つうかまず乗れるのか?」と不安に思ってましたが、最後まで挫折しないでやりとげるぞーー!と決意も新たになりました。

秋のよく晴れた日はサイクリング日和とその本には書いてあります。秋・・・さわやかな風の中サイクリングコースを颯爽と走る自分。もってこいにもご近所にサイクリングコースも完備されています。・・・でも自転車ってトイレの確保も重要らしいぞ。確かに都心じゃ気軽に自転車を置いて用を足すなんて事はできないもんなぁ。なるほど。なるほど。
・・・って未来を夢想してる場合じゃないだろ。
この年になると4ヶ月先なんてあっという間、馬肥ゆる秋、体育の日なんてすぐそこです。
せめてその日までにはクロスバイクを買っちゃうぞ!計画「明日のために(その1)」です。

にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
人気ブログランキング

関連記事
スポンサーサイト
クロスバイクの値段の謎?
その本によりますと、自転車の価格の違いとは見かけではなく中身にあるようです。
あの一見同じように見えるフレーム(胴体)にもブレーキなどの基本コンポーネントまで「松」から「梅」上、中、下のようなグレードが存在するようです。
その素材やそのグレード、フレームの形で乗り心地や耐久性に違いがでるようです。
スポーツバイクにまたがったこともない私にとってどのように乗り心地がどのように違うのかは想像できませんが・・・。

例えば自転車の胴体であるフレーム・・・ネットでよく見かけた「クロモリ」というのは、日本で国産自転車の礎を築いた伝説の自転車技師「黒森さんが創設したブランド(創業明治○○年)」だと思っていましたが「クローム・モリブデン鋼」という鉄の種類だとはじめて知りました。(恥)
鉄より軽量なアルミ、軽量で変形しにくい路面からのショックの吸収性が良いカーボン、軽量で耐久性のあるチタンなど主なフレーム素材にはそのようなものがあるそうです。一般的に「クロモリよりアルミが硬い」と言われても種類も多く合金も違うため、一概にそうともいえず・・・。その素材の中にもそれぞれグレードがあり、素材にも一長一短がある。(クロモリはフレームを破損しても、破損した箇所だけを取替え溶接すれば全取替えせずに済むなど)この素材よりこの素材がいいとは個人の好みもあり、その素材ごとのグレードもあり、一概には言えないようです。
ただ一般的に言えることは、グレードが上がれば上がるほど長所が増えていくが値段も上がっていくそうです。

そのことを踏まえて再び検索していくと、激安自転車と高い自転車は確かにフレームの素材が違いあるような・・・。ある程度の値段になると、それなりにいろいろな素材も出てくるのですが、激安自転車のフレームはたいてい同じ種類の素材です。そうか。「松子様」と「激安梅子ちゃん」はここに違いがあったのか。納得。

にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
人気ブログランキング



関連記事
クロスバイクのご予算決定!
・・・納得はした。納得はしましたが・・・怖い。どこまでも上っていってしまいそうで怖いです。
若かりし苦い思い出がフラッシュバックします。
昔ゴルフをはじめた時のことです。自分はどうも形から入るところがあり「せっかくだから」とゴルフセットはカーボンシャフトの当時かなり高いタイプを購入。ゴルフウエアから手袋に揃えに揃えていざゴルフをはじめたのですが・・・むいてませんでした。
コースを1回周っただけであえなく挫折。ゴルフは辞めてもローンは残りました。(哀)
ゴルフバックは未だに負の遺産として実家で物置に静かに眠っています。
まあ当時から私はバリバリのインドア人間。ちょっと考えれば分かるんですけど、若かった私は自分というものを過信していました。

クロスバイクのように、いいものだと徐々に高くなる感じのヤツは正直ヤバイです。
「せっかくだから」とついつい高いタイプの物を購入し、食費どころか私の聖域である「小遣い」も削られることになるやもしれません。(晩酌のビール代はとある事情でとうの昔に削られていますし・・・。もう後がありません。)それだけは何卒避けたい。守りたい。その最終攻防ラインだけは!

クロスバイクの差がパーツによって決まってくるものであることは分かりました。
よいパーツの方がもちろん乗りやすいし、耐久性もあることも理解できます。
まさにただはお金は取りません。
そういった違いがあるなら私としてはいいものがほしい。やっぱできるだけほしい。
しかし現実は厳しく「身の丈にあったものが幸せなんだよ」と過ぎ去った日々も教えてくれます。
ここは逆に予算を決めて、その範囲内で収めることを目標にしようと思います。
わが家の限界予算を逆算すると「ダイエットに最適♪」と強がってられるのは、クロスバイクを走り出す形でMAX80,000円くらいまで。
その範囲内でできるだけ自分にあったものを買おうと思います。

では、その予算では実際にどんなメーカーのクロスバイクが自分にとってベストなのでしょうか??

にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
人気ブログランキング

関連記事
メーカーを決めちゃうぞ(仮)!
自転車選びの次なるハードルはメーカーです。どのメーカーのクロスバイクを買うか??
どの自転車メーカーが初心者(and資金がちょっと不自由)な自分にベストなクロスバイクなのか?
リンカーン風に言えば、初心者の初心者による初心者の為のクロスバイクはどこなのか??
(いや。初心者によるクロスバイクだとまずいな。これ。)

先日も自転車メーカーをみて驚きの声をあげたのですが、これがまた自転車メーカーというのが結構あります。
自転車メーカーというとブリヂストンとか、ヨコタサイクルとか日本のメーカしかしらなかった、自分はプチパニックです。「黒船来襲か?」というほど外国メーカーらしきものが多いです。
考えてみればもともと自転車は外国から来たんでしょうし、当然といえば当然です。
しかし日本メーカーだとなんとなくは、名前はわかるのですが、外国メーカーだとサッパリです。
でも・・・何か不思議なミラクルでもない限り、自動車は一生涯外国車には縁もゆかりもないと思われるので、自転車くらいは、外国車とういのもあこがれます。
堅実な(イメージ)日本車か?おしゃれな(イメージ)外国車か?どのメーカー選べばいいのか?
もーーーわけわからん。

・・・もうお分かりだと思いますが、私は物事を決めるのが大変苦手です。
縦のものを横にするのも「縦にした方が最善か?横にした方が最善?」考えた末に面倒になり放置・・・。という「ダメじゃん」な人間です。
おかげでカーテンがなかなか決められないために、新居にカーテンが付いたのは引っ越して1年後です。
窓に西日が当たる部屋なのに・・・(トホホ)夫婦は普通補い合うものですが、相手もこういうトホホな性格なので物事がまったく決まりません。わが家の数多い黒歴史の一つです。
選択肢が多ければ多いほど混乱・パニック・放置です。(放置してどうする)

しかし、こんな私にも決断の時はあります。
例えば、レストラン街で多くのレストランからお店を決めるとき、例えばファミレスメニューの中から一品を選ぶとき・・・。そう、ここは冷静にその時と同じ方式で決めればいいのです。

1.フロア全体を見て回る。→主要なメーカーを軽く検索
2.目ぼしいお店を数件に絞る→口コミなどで目ぼしいメーカーを数件に絞る
3.絞ったお店を更に詳しく見て回る→絞ったメーカーのバイクを更に詳しく検索
4.見て回ったお店を総合評価してあとは勝ち抜きトーナメント→絞ったバイクを総合的に評価あとはトーナメント
5.トーナメントの末、優勝車決定!

できる。やればできる!(そうなのです。食事をするだけでこんなことをやってるです。優柔不断×2名・・・負の相乗効果で決まらないこと林の如しです。(泣))

でもこの優柔不断決定法(仮名)なら大丈夫。(ほんとか?)
よしっ!この調子(?)でメーカーを決めちゃうぞ(仮)!!

にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
人気ブログランキング



関連記事
スーパーカーを買っちゃうの?
最近忙しくなってしまってなかなかクロスバイク購入道が進みません。
まだまだ6月(いや。すでに6月半ば過ぎ!?)気を取り直してがんばるぞ!

メーカーを決める・・・。これはある意味メインイベントっていうかクライマックスっていうか。正念場では?
これは心してかからねば。・・・無駄に気合十分です。
限界予算(それも低)がある以上「そのお値段にしてはなかなかいいじゃん。」的なものを見つけなければなりません。
メーカーを改めてざっと見てみると、案外自動車で有名なメーカーも多いです。

シボレー、プジョー、BMW、ランボルギーニーなんてのもあります。
なんかそうそうたるラインナップです。4輪だと一生縁がなさげなメーカーばかりですが、2輪だとなんとかなるかも。BMWのオーナー・・・うん。いいよ。いいよ。これは。
それにランボルギーニーってあのスーパーカーとか言っちゃってるカウンタックのですよね?
あの「庶民には絶対ムリ!」なガルウイングの。すでに高嶺の花なんてレベルじゃないヤツ。
縁のないメーカーと(2輪とはいえ)縁ができそうなのでちょっと有頂天です。
知っているメーカーの方が安心といえば安心ですし、まずは自動車メーカーブランドを中心に探してみようと思います。

BMW・・・高い。タイヤが2輪になったとしても高嶺の花です。
検索時間30秒でBMW車のオーナーという夢は潰えました。
庶民の夢とはいつも儚いものです。(泣)
まあBMWの夢は潰えたとしても、他のメーカーはなかなかお手頃なものもあり、予算以内で納まるのも結構あります。
なななんと!ランボルギーニが40,000円台からある!タイヤが2輪減って動力が人間になっただけでこの差はなに?(まあ大きな差ではありますが)

うーん。この中のメーカーではどれがいいのだろうか?
どれもさすがデザイン的にはなかなかグッドルッキングです。
ここはひとつネットの口コミで検索してみます。
交友関係狭く、人の意見のサンプルを多く取れない私のような人間が、人様の意見を気軽に聞けるようになったのもネットのお陰です。某少年ではありませんが、ネットは友達。
「ビルさまありがとう~♪僕に友達をくれて~♪」あらいぐま調で歌ってる場合じゃねぇ。orzリアル友人増やせよ。自分。

よかったら応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
人気ブログランキング

関連記事
スーパーカーよ、さようなら
スーパーカー(の自転車)を買っちゃうぞ!と浮かれてネットで調べていると、自動車メーカーの自転車についてちょっと気になる話が出てきました。

どうやら多くの自動車メーカーの自転車が自動車のメーカーで作られているわけではなく、ブランドの使用権を売っているのみらしいとの事です。
言われてみれば、自動車メーカーが自転車の設計とかフレームとかを作っているとは考えにくい。
つまり多くの自動車メーカーはライセンス売り、どこぞの自転車メーカーに委託して自転車を作っているのか?(プジョーのように元々は自転車メーカーだった自動車メーカーもあるようですが、今も自転車を自社で作っているかはちょっと不明)

そのような実情なのでブランド名のみの「ルック車」と呼ばれる自転車も存在するのも事実のようです。
確かにライセンス料を払っているということは、その分どこかが削られている可能性もあるってことで・・・。
もちろん委託して作られているとしても、自動車メーカーの自転車の中にはよい自転車もあるでしょうし、逆に単なるライセンスのみの自動車メーカーの自転車もあるでしょう。
でもその良し悪が自分に区別がつくだろうか?
「ルック車」とそうでないものの違いがつくだろうか?いや。即効否定でつくとは思えない。
私のような素人にはやはりコストパフォーマンス的にも自転車メーカーの自転車を探した方が無難なようです。

自動車メーカーの自転車もかなーり好みなんですけどね。やっぱエンブレムとかかっちょいいし。
しかし、自転車目利き力0の今の自分には太刀打ちできない代物。(まあ我ながらエンブレムがカッコイイとか言ってる時点であれですが)美しいバラには棘がある。ヤツに触ると火傷しそうです。
「いつか本当のキミを知ったとき、それでもほしいと思ったらキミを手に入れるよ。」と後ろ髪惹かれつつも心の中でフランスロマン風(イメージ)に別れを告げ、口コミを頼りにする上でも、限界予算の中でコストパフォーマンスを良くする上でもやっぱ「自転車メーカーの自転車」に絞った方がいいという結論に達しました。

では、自転車メーカーのクロスバイクはいったいどのようなものがあるのか?
国産メーカー以外メーカー的にはまったくわかんないぞ。困惑。

よかったら応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ
人気ブログランキング


関連記事
7割ルールで決めちゃうぞ!
自動車メーカーを除くと国産メーカー以外はまったく初耳のメーカーがほとんどです。
私の狭いインドア人生の中には存在しなかったジャンルなので、このままインドア人生をまっとうしていたら、まったく存じ上げないメーカーで終ったことでしょう。
この未知のメーカーの中から候補メーカーを選ばなければいけません。
うーん。困った。困った。

いや。ちょっと待てよ。まったく知らないというのはある意味、ニュートラルつうかこだわりがまったく無い分決めるのは逆に簡単じゃないの?
ここは7割ルールを発動したらいけるのではないだろうか?
7割ルールとは私が生きるうえである意味基盤となっているルールです。
どうするか迷った時、世間の動向を見、自分の今後の行動の指標とする。
要するに世の中の7割の人が始めたら自分もやり始めるというルールです。
世の中の人の7割が携帯を持ったら携帯を持つ。世の中の人の7割が食べたらティラミスを食べる。多分世の中の人7割がアフロにしたら自分もアフロにすることでしょう。
まあ「みんなが飛び込んじゃってますから」と言われると絶対に飛び込んじゃう日本人の典型なんですけどね。

今まで自動車を3度乗り換えて来ましたが、1台目は“カ”の付くバリバリの大衆車。
2台目はH社のその当時のカーオブザイヤーを受賞した車。もちろん当時すごい勢いで売れていて「売れているのが売りです」ってぐらいでした。“そんなに売れてるんなら”即効購入しました。
3台目は今度はH社以外の車にしようと思ってましたが、丁度買い替え時期にH社のFという車がまたまたカーオブザイヤーを受賞し、大衆魂が刺激され結局、即購入しました。
Fという車も気に入ってますし、街中でかなり走っている車なので(ショッピングセンターの駐車場では、他の人の車と間違えることがしょっちゅうです)「自分は大衆な人間ですから」(哀)と思いつつなんか安堵を感じます。
大衆埋没型人間の私には最も楽つーか生きやすいつーかの選択方法でもあります。

今回もこの大衆魂を信じて吉に違いない。(ような気がする)
そう、多くの人が乗っているメーカーは間違いがない!!(ような気がする)
多くの人が乗っているメーカー・・・それは多くの台数が出ているメーカーではないのでしょうか?
そう思い検索してみると多く出ているメーカーは次の数社に絞られそうです。
ジャイアント、スペシャライズド、ブリジストン、ルイガノ、ビアンキ、GTと言ったところでしょうか。
よしっ!この数社に絞って口コミなどを調べちゃうぞ!

よかったら応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ
人気ブログランキング
関連記事
候補を絞ってみたものの
ジャイアント、スペシャライズド、ブリジストン、ルイガノ、ビアンキ、GTこの6つのメーカーの中でいろいろ検索した結果、私が購入したいと思うメーカーは4つになりました。

ブリジストンは、もう子供の頃から存じ上げちゃってる日本の有名メーカーですが、子供の頃からママチャリでお世話になっているだけあって安心感はあるんですが、やっぱりこの機会に自転車ぐらいは外国のメーカーの自転車を乗ってみたーいという欲求に駆られます。
やはりここはそのささやかな欲求に忠実に外国メーカーで探してみようと思います。

口コミを見たりすると、かなり評判がいいのはジャイアントの自転車です。
コストパフォーマンスに優れていて初心者にも安心な自転車のようです。世界最大の台湾の自転車メーカーのようで、私は知らなかったのですが、台湾は結構自転車には定評があるようです。
実際、他のメーカーでも台湾や中国で作られているものも多いようですね。

あと気になるのはスペシャライズドのシラス。
自転車を検索していると「スペシャのシラス」とか書かれてましたが、ずっとシラスとは何ぞや??と疑問で自転車のいち部位かなとも思っていました。
スペシャライズドというメーカーのシラスというシリーズだったんですね。お恥ずかしい話この時点で初めて気づきましたです。
しかしよく知らない時から時々でてきた「シラス」はなんか肯定的な扱いをされていたような気がして、イメージが潜在意識に刷り込まれたつうか、やっと会えた(まあ自転車に一部位だと思っていたくせになんですが)「シラス」にあっさり愛着を持ってしまったっていうか。
「スペシャのシラス」という玄人的(?)な表現に憧れちゃったみたいな・・・。自分も言ってみたーい。みたいな。
でも値段は高めなようなのでその点と、最近代理店が変わったらしいことがちょっと不安。

あとはビアンキ。イタリアの自転車メーカーで世界で一番古い自転車メーカーらしいです。
デザインを見ると、やはりイタリア、奴らはすごいよ。伊達にルネッサンス発祥してないよ。て感じです。元々家具のデザインとかイタリアものが好きなので、デザイン的にはかなり惹かれます。特にこのビアンキ・ブルーと呼ばれているチェレステカラーがたまりません。
このメーカーの自転車を買うならこのブルーきゃないですね。

ルイガノもデザイン的にはいいですね。いろいろなタイプのデザインがあり、カラーバリエーションも豊富だし、可愛らしいデザインのものもある。価格も比較的安価ですし、1台はこのメーカーにしてみるのもいいかな。
元々はカナダのウェアーのメーカーで、自転車は日本のメーカーがデザイン、製作しているらしく日本人の体格にあった自転車なので乗りやすくもありそうです。

・・・しかし絞ったつもりが結局4社・・・。やはり所詮は優柔不断。ひとつやり遂げた感いっぱいでしたが、考えてみれば2社しか絞ってないじゃん。

でも2台買うので、それぞれの好みで違うメーカーを買ってもいいし、この4社の中からデザイン、コストパフォーマンスを総合的に考えて自分達に合った2台を購入しようと思います。

よかったら応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ
人気ブログランキング

関連記事
カゴがない?!
メーカーもなんとなく優柔不断決定法(仮名)の2まで決まり、クロスバイカーに一歩前進です。

検索を続けているうちに、なんとなくほしいバイクのイメージ沸いてきます。
「これなんかいいなぁ。(夢)」という好みな感じが数点出てきましたが・・・ちょっと違和感が・・・。
あれ??そー言えば、カ・・・カゴがないっ?!

「はぁ?当ったり前じゃーん」と思う方も多いと思うのですが、これは素人の私には盲点でした。
うちのマンションに駐輪場は2台・・・クロスバイクを2台買うのでママチャリを買い物用に更に1台購入することはできません。
部屋に置くにも部屋は狭し・・・。

ということは、クロスバイクにもママチャリの機能(?)の一片を背負ってもらわねばなりません。
カゴがなくっちゃ、図書館に行くのも引き続き徒歩??帰りはBooks子泣きジジイを抱えて歩く生活エンドレス?買い物の時とかの荷物はどこに置けばいいんだ?
まあ“今頃なにを?”なんですが、自転車はカゴがあって当たり前な生活だったんで、改めてカゴの存在なんて思いもしませんでした。
近すぎて見えないものってあるんだな。

なんてしみじみ思っている場合じゃない。
ピンーチ!?クロスバイカー計画頓挫??・・・よくよく検索していくと・・・確かにカゴが付くようになっているタイプのクロスバイクも存在します。(台付きみたいな)・・・でも自分としては、完全にない方の方がタイプだぞっ。
うーーん。実を取るか・・・趣味を取るか・・・。

・・・でもこういうバイクってどちらかというとカゴ付じゃない自転車の方が断然多いよな?
では、バイカーのみなさんは、出かけた時にちょっとジュースが飲みたい時とかどこから財布をだせばいいのでしょうか?
日焼け止めを塗りたい時はどこから?急に玉ねぎなんかを買いたくなった時はどうしたら?
ツーリングみやげの温泉まんじゅうとかはどこにしまえばいいのよ?ストイックじゃないとバイカーにはなれないのか???・・・素人には謎が深まります。

よかったら応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ
人気ブログランキング

関連記事
そんなカゴがあったのね
実を取るか・・・趣味を取るか・・・それが問題だ。

さすがに2台しか自転車がないのに、両方ともまったく荷物が載らないのは
「ありえなーーい」よね?
人間、全てが自分の思い通りに行くわけじゃないよ。
世知辛いのが人生だって。
サラリーマンin居酒屋のように自分を慰めつつ“実”をとることにします。

2台あれば1台はカゴ付きバイクにして、1台は好みのバイクにすればいいんですが
わが家はいい意味では絶対平等、悪い意味では足の引っ張り合い。
1人だけカゴ台(?)なしの好みのクロスバイクを買うことは絶対に許されない。
それがわが家の鉄の掟。強行突破で自分だけ買ったとしても後が怖い。

選べる道は、2人ともカゴ(台)ありクロスバイクのみ!!

うーーん。しかし、やっぱりなぁ。・・・と往生際悪く割り切れない気持ちで
カゴ装着機能付きバイクを検索してみます。
カゴが付くようにはなっていますが、当然のことながらカゴは別売りが多いようです。

そうだ!こうなったらカゴをかっこいい物にしてカゴも含めておしゃれっていうか
「メガネも顔の一部です」のようにすればいいのでは?と前向きに考えることにしました。
「自転車 カゴ」で検索してみます。結構あるでないの。これだけあれば
「こだわりの一品・クールな大人カゴ」が見つかるに違いないぞっ。と。

<暫し検索>・・・??いきなりまたもや謎のフレーズが「折りたたみ式かご」・・・なんじゃそりゃ。
ああ。折りたたみ式の自転車(カテゴリー特殊自転車)につけるやつね。そーだよね。
折りたたみ式につけるカゴは折りたたみ式じゃないと不便だよね~。
「着脱可能」そりゃ。そーだ。着脱可能じゃないと折りたたみ自転車には・・・

なにーーーっ??!!

着脱可能ってことは、もしやクロスバイクとかにも付けられたりしちゃうんじゃ?
そうか!これかーー!(天啓)トロい。トロ過ぎるよ。自分。
じっちゃん(誰?)謎が解けたよ。これなら温泉まんじゅうもノープロブレムだね。

走りたいだけの時はカゴは邪魔だし、かといって街走りの時には突発的に
「玉ねぎ買ってきて」なんてことも・・・
そんなときの為にやっぱこういった着脱可能なカゴが発明してあるんだ。
世の中頭のいい人はいるもんです。(私が頭が悪いだけ?)

こういう頭のいい人がいるお陰で、今の文明がなりたってるんだなぁ。
私クラスの(頭の)人間ばかりしか生まれなかったとすれば、人類はいまだ狩猟して
縄文土器を使っているに違いない。

話はかなり飛びましたが、つまりこういうカゴを買えば、好みの自転車選びたい放題ってこと
・・・だよね?
そうとわかれば、俄然やる気も増します。

振られてあきらめていた相手に「もう一度付き合ってもいい」と言われた気分です。

よかったら応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ
人気ブログランキング
関連記事
追加装備って
こういう話ならカゴは後回しです。
一つ(自分的には)重要な問題も片付いたものの、湧き上がる次なる疑問。
カゴすらないって事は、付属していなくて必要な装備は意外に多いのではないのか?

そういえばクロスバイクのフォルムって存外さっぱりしてらっしゃる・・・。

なんとなくここまで来て、追加部品をなめてはいけないということが
うっすらと分かってきました。

今まで「当然フル装備。購入即走り出しOK。」というママチャリしか購入したことがないので
追加装備として何を購入しなくてはいけないのか、何が必要なのかかが
まったくわかりません。

追加のパーツというのは、玄人のバイカーの方がより高い走りやすさ、
美しさを求め購入するもので、素人があまり手をだすものではない。
くらいのイメージがありましたが(自動車で言うところのエアロパーツみたいな)
どうやらそうでもないらしい・・・。
ご予算に直結するだけに、ここは軽く調べてみることにします。

前に予算はMAX80,000円くらいと決めましたが、
大体自分のほしい感じのクロスバイクを見るとどうやら60,000円位は余裕でしそうです。
・・・残りあと20,000円・・・。
必要装備をする為には、この予算は心もとあるのか?ないのか?

そうそう。
そう言えば、確かに今月初めに、なんか賞与というものがでたような気がします。
住宅費に、さりげなく上がっていた税金、自動車の維持費にその他モロモロの諸経費、
毎月の赤字補填、ほんのわずかなレジャー費、雀の涙ほどの万が一貯金。
あっちゅう間に右から左、ボーナスと呼べたものはキレイさっぱりなくなりました。

イッツマジカル!

「ボーナスなんてものはうちの辞書から抹消してしまえ!
初めから存在しないものと思え!
パラレルワールドの世界にのみ存在するものと思え!!」
がボーナス後のわが家の暗黙の了解、もう鼻血も出ないって感じです。
(大人になって思うとこれほどこの状況に適切な表現はないよなぁ。)

最悪、そのわずかな万が一貯金を切り崩すっていう話もありますが・・・。
それはあまりにデンジャラス。
そんな「ギリギリ、もうギリギリ」って感じなので、ちょっとした概算はやっぱり先に知りたい。

いったい私の望む“クロスバイク街走り仕様”には
どのような備品が更に必要なでしょうか?

よかったら応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ
人気ブログランキング
関連記事
追加装備の概算は
クロスバイクのすっきりしたフォルム・・・。
スピードを出す前提で軽量化の為、無駄なもんがそがれているんでしょうね。

しかし街を走る以上すっきりとばかりはしていられない。
街走りGO!の状態にもっていく為に最低限必要と思われる装備とは・・・。

①カゴ
前は普通のカゴしか思いつきませんでしたが、検索してみるといろいろあるようです。
布製のそのまま持ち運べるようなフロントバックがあったり、トートバッグもあったりする。
結構おしゃれなタイプもあり。
余裕ができたら、数種類を使い分けるのもいいかもしれない。
取りあえずほしいタイプの物は5,000円以下で購入可能。

②ライト
これも付いてないのね。
あの己が力のみで発電という作業を成し遂げる、すげー発明「ダイナモ」
ママチャリにはほぼ必ずと言っていいほど、当たり前に付く一品。
凄くはあるが、そんなもん付いてたら確かにスピード感台無し。
このライトは主に電源は電池らしい。
メーカー純正のものや、カラフルなものもあり。
値段は安いものだと1,000円台

③泥よけ
付いている製品もあるけれど、付いてないのもかなりあり。
特に泥道を走るわけではないし、雨の日は走らないつもりではあるが
世の中何があるか分からんし、一応つけておいたほうが良いと思われる。
ピンキリだとは思うけど、予想外の安さ。
1,000円台から購入可能。かかったとしても5,000円位かな。

④スタンド
えっ!!??これないの?という感じです。
そういえば、道にあるガードレールのようなところにくくりつけてある自転車を
見たことがあるけれど、スタンドなかったのか・・・。
街走りには必須アイテムだと個人的には思われる。
大体2,000円くらいで済みそう。

⑤鍵
まあ、これは付いてないだろうとは思っていました。
高価なものだと即盗まれる危険があるので2つ位つけると聞いたことがあります。
私の場合は一つで十分でしょう。
1,000円台で購入できそうです。

⑥ベル・反射板
コメントで教えて頂くまで、思いつきませんでした。
これ法律で装備が義務づけられてるんですね。知りませんでした。(恥)
両方で2,000円位で済みそうです。

(番外)サスペンション
正直この部品については気にとめたこともなかった。
段差などの衝撃を吸収するもので、あって当然と思っていたんで
ついていないものもあると聞いて、これも付いてないのーーっ??
しかも意外に高価じゃーーん。とかなりビビリましたが付いているやつも多い。
スピードを求める人には、軽量化の為に邪魔なものなんでしょうね。

私のほしいタイプはフロントサスペンション付が多いので
別会計にならなくて済みそうで、ひと安心です。
値段的には10,000円台から高いもので200,000円!
200,000円ってどんなサスペンションなんだ??どんだけの衝撃吸収率なんだ??
疑問は残るものの、別買いだと痛い存在なので付いているようなのでよかったです。
つうか付いてるもん買うぞっと。

あとは、メンテナンス用品ですが、空気入れと・・・
やっぱ工具は必要ですかね?まったくメンテ力には自信がないんですが・・・。
どの道、自身ですぐにメンテをやれる自信もないのでかるーい感じの
工具でいいかな。
こちらはホームセンターなんかで安価で買えるのではないかと・・・。

その他、ヘルメットやらスピードメーターやら、果てはペットボトルのフォルダー
やらありますが、その辺は好みでおいおいに・・・。

他にも出てくるかもしれませんし、ピンキリはあるでしょうが、
大体20,000円あればなんとかなりそうです。
思いのほか安価なものが多いので、ホッとしました。

・・・やっぱりちゃんとした自転車専門店を覗かにゃいかんなぁ。

よかったら応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ
人気ブログランキング


関連記事


広告



カテゴリー

にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ
人気ブログランキング



プロフィール

くろばい

Author:くろばい
愛車ビアンキ・パッソ
【愛称:ビンちゃん】
愛車2ビアンキ・ミニベロ9
【愛称:ベロンチョ(ベロちゃん)】
激情にながされ1週間で購入に至る
愛車3ママチャリ
【愛称:ソルジャー・チャーリー】
現在自転車3台を所有。
あまりの自転車の増殖率に
恐れおののく日々。
これ以上、増えることはないと
思いつつも、自分が信じ切れない
今日この頃・・・。

相方(くろばいB)
愛車:RSR-4(ブルー)
【愛称:ルイちゃん】
愛車2:ラレー・RSW SPECIAL
【愛称:くろまるくん】
新たにミニベロを購入して、
自転車わが世の春を謳歌中。
自己開発のアンゴラダイエットの
お陰で(いまのところ)メタボリック
危険水域を脱出。
しかし現在、ポタ時はポタメシを
思いっきり解禁しているので、
リバウンドに王手か?



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

05 | 2007/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



月別アーカイブ



カウンター



ブログ内検索



RSSフィード

  • seo



おすすめの自転車本

わが家の自転車メンテナンスのバイブル!





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。