クロスバイクを買っちゃうぞ!
初心者がクロスバイク乗りになるまでの軌跡
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱ自転車店をのぞかにゃいかん
ここまできて、考え方が変わった点があります。

それは“やっぱ自転車専門店を覗かにゃいかん”ということです。

では、今まで自転車店に行かずにどうやって手に入れるつもりだったのか?

実は通販で買うつもりでした。

なんとか検索していけば自分の好みのクロスバイクはわかるし、
通販だと結構値段もオフになっているのもある。
自転車は性能、素材、デザイン等がわかればどれも同じだろうと思っていたのです。

機種さえ特定してしまえば、あとはネットで便利にサラッと手に入れるつもりでした。

しかし、さすがにど素人がまったく実物を見ないで買うのは無謀だということを
自覚しました。
これだけ種類があると実際にお店に行って実物を見て決めたいと思うものそうですが、
自転車というのは、乗ってみて自分に合った自転車というものがわかるらしい。

私クラスの素人人間でそこまでやるかはわかりませんが、こだわりのある人は
自分の身長や足の長さにあわせて自転車を調節して組み立ててもらうらしい。

組み立て・・・こういったスポーツバイクは組み立ての技術がその自転車の
良し悪しを決める重要な要素になるらしいのです。

知らんかった。

自転車っていうのは、自動車のように工場で組み立てられたものが売られている
ものだと思ってました。

それともう一つ、お店で買う利点はメンテナンス
クロスバイクというヤツは定期的にメンテナンスを要するようなのです。

メンテ・・・今まで自分は自転車にどのようなメンテを施してきたか?
今までの人生の中での自転車との関わりを探ってみます。
自分が今まで乗った自転車は、三輪車とママチャリです。
三輪車はメンテを必要なほど関わりあえないままに適正年齢を過ぎたので除外。

ママチャリのメンテってなんだったかなぁ。・・・遠い目。

自転車といえば、自転車に高校指定のステッカーが貼ってあるために
高校卒業していい加減年数がたって自転車がボロくなっても盗まれる度に(計3回)
高校から連絡が来て、保管しておいてくれた親切な人のところに菓子折り持って
取りに行ったっけ。

・・・とたいして甘酸っぱくもない自転車との思い出を思い出しつつ
自分の自転車対するメンテナンスを考えますと・・・。

(1)パンクしたら自転車ショップでゴムを貼ってもらう(2~3年に1度くらい)
(2)チェーンが外れるたら自分で無理やり入れる
(3)2年に一度位、タイヤに空気を注入

以上。・・・オイオイ!それメンテって言えるのか?

自分でも突っ込みたくなるような感じの所業しか思いつきません。
メンテという他に言いようがないから不本意ながら「メンテ?」と認定。という感じです。

こんなありようなんで自転車に”メンテ”というものが必要だという
感覚すらありませんでした。

それでは、具体的にメンテとはどのようなことをするものだろうか?

それはクロスバイクど素人、もちろんメンテど素人の自分でもなんとかなるものなのだろうか?

よかったら応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ
人気ブログランキング

関連記事
スポンサーサイト
お店初体験
最近、天気が悪い日が多いですね。

今週末は比較的お天気が良かったので、とうとう行動らしきものをしてみました。

しかし自分の体力、気力の続く時間はウルトラマンの地球滞在時間のように短い・・・。
体力を要するお店めぐりは、取りあえずは様子見の感じで、
まったくお店の予備知識なく、飛び込みで1軒だけ行ってみることにしました。

入口には、燦然とロードバイクらしきものがスタンダップ、
文字通り立ててとめてあります。
「売り物かいな??」と思いきや、どうやらお客さんの自転車が駐車してあるらしい。

ちょっと店内を物色・・・。
うーん、なんに使われるのかは素人にはわからないような、
それでいて「いつかは自分もこんなお店で備品をえらんじゃうぞ!」的な
夢が膨らむ感じのパーツが並んでいます。

1階には自転車が一台も見当たりません。
どうやら自転車は、4階にあるようです。
大げさですが、相手のテリトリーに入る冒険家の気分です。

エレベーターに乗り、自転車売り場に着きましたが、
置いてある自転車のほとんどはドロップハンドル。
どうやらこのお店はロードバイク専門店のようです。

調べてこなかったのはやっぱりサクった。

とはいえ今日は雰囲気見。同じ自転車店だし雰囲気はそう変わるまい。

参考までにちょっとお値段を拝見・・・「900,000円」

・・・えーとゼロが5つできゅうじゅうまんえん??

万が一イリュージョンかなにかで0が一個消えたとしても、今の自分たちには
「清水寺からダーーイブっ」な感じだぞ。
しかしふと見回してもお値段が6桁のバイクばかり也・・・。

怖いよ。息を吐くのも怖いよ。

万が一息でこの自転車さんたちが倒れてしまったら・・・。
自転車さんたちにお怪我を負わせてしまったら!

店員さんと目が合いそうなのを必死で反らせて、急いで店を退散しました。ヘタレです。

いやーーびっくりしちゃったな。もう。

趣味のことにそんな考えは下世話だと思いつつ・・・
「軽自動車買えちゃうよね??」思わずにはいられない・・・。
小さいよ。自分。

いずれはそこまでの趣味人になれたらいいなと思ってはみますが、今の自分にはムリっす。
聞いてはいましたが、ロードバイクって高いんですね。

しかし、実際に専門店を見れたということは確実な一歩なのでは?
(どんだけハードル低いんだ)

この調子(?)でお店探しをがんばるぞ!!

よかったら応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ

人気ブログランキング

関連記事
基本メンテナンスとは?
さて、クロスバイクのメンテナンスとはどのようなものがあるのか?

果たして素人の自分にもできるようなものなのか??

①注油

これはさすがに自分でできるぞ。つうかできない人はいなかろう。
ママチャリでもなんとなくやってたしね。
・・・しかし注油する場所ってピンポイントで結構あるんですね。

②ホイールの着脱

・・・てちょっとまてや!
いきなりタイヤ着脱しちゃってるよ。
基本メンテナンス、その②でこのレベルを要求するの??

しかしこれができないと、パンクの修理他なにもできないらしい。

図解説明で簡単着脱なんて書いてあるけど、
確かに“脱”は比較的簡単そうに見えるけど
“着”は複雑そうに見えるのは気のせいか?取り越し苦労か?


③パンクの修理

ちょっと、まて。パンクって自転車屋さんに持っていくとなんか
チューブを水に漬けてパンク箇所を探ったりしてなかったっけ?
水なしでも、パンク修理ってできるの??

つうかパンク修理って自分でやるのーーーっ???

どうやらチューブごと交換するのが手っ取り早いらしい。
なーんだ。それなら水いらないじゃん。
・・・てそういう問題じゃないって。

繊細にペタッっと貼るにしても、大胆にチューブをガコッと交換するにしても
自分でやるのには変わりない。・・・できるのか?私に?
つーか“やれ”と書いてあるんですけどね。

④チェーン交換

伸びたチェーンはギアを傷めるので3,000Kを目安に交換するらしい。
チェーンて伸びるんだ。金属だから伸びるなんてことはないと思ってました。

じゃあママチャリでチェーンがよく外れるようになるのは、伸びた結果だったのか?
今更みょーに納得。

⑤ブレーキワイヤー&ブレーキシューの交換

ワイヤーは年数が経つと錆びたり、動きが鈍くなり、
最悪出先でぶっち切れる場合もあるらしい。
劣化したら交換するものらしいです。

ブレーキシューって何ぞや??
と思っていましたが、ブレーキをかけたときにタイヤをガコッと挟む
ゴムのことなのですね。
身を削って自転車を止めている為、当然年数と共に劣化。要交換。

この二つに何かあったらブレーキが利かなくなるんじゃないか?もしかして。
それはヤバイ。はげしくヤバイ。
難しいか、難しくないかは別として自分で交換することもできるでしょうが、
ブレーキ類の交換はやっぱ信じられない人間(自分)がやるのはどうかと思うしなぁ。


⑥シフトワイヤーの交換

こちらもブレーキワイヤーと一緒で年数が経つと劣化するので交換が必要。
出先で切れても、シフトギアが重くなるだけで、乗って帰れないことはないらしい。

万が一切れても緊急性がないのが救い。
こちらも自分でできないことはないらしいが・・・。
図解をみると結構複雑(そうに見える)

⑦洗車

・・・なにこの洗車模様?
図解を見るとガコッと外して、パーツを水と洗剤でゴシゴシ洗っちゃってるよ。
錆びたりしないのか?
「ちゃんと拭いておけば大丈夫」とはあるけど。
これじゃ自動車の洗車の方が数倍簡単じゃないか?

みなさんこんな大胆洗車をしてるのか??
少なくとも自転車をこんな風に洗っている風景にお目にかかったことが
ないのですが・・・。

取りあえずメンテナンスは主にこのようなものがあるそうです。

しかし、なんなんだこの①と②から先の差は?
あまりに深い河がありすぎではないのか?!

よかったら応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ

人気ブログランキング

【くろばいBの後日談】

クロスバイクのメンテナンスはあいかわらず苦手ですが、ちょっとしたことなら
なんとか自分でメンテナンスできるようになりました。
やはり自転車メンテナンスのマニュアル本は一冊持っておくと安心です。


わが家では、「自転車トラブル解決ブック」を購入しました。
クロスバイクだけでなくミニベロなどにも使えて、初心者にもわかりやすく解説されているので、
わが家でもパンク修理やタイヤ交換などいろいろなトラブルで役立っています。
サイズもコンパクトで持ち運びやすいのも重宝しています。

自転車トラブル解決ブック

自転車トラブル解決ブック

価格:1,029円(税込、送料別)


関連記事
通販購入は断念?
パンク直しすら専門家の聖域くらいに思っていた私には

基本メンテナンスの何たるかをみて、正直お手上げ感が漂っています。

しかし自転車って本当はこんなにメンテナンスをするものなのですね。

乱暴な話、今まで自転車と言うのはほぼ使い捨て、駄目になったら
買い替えだと思っていましたが、そうではなかったのね。

確かに数年乗ると、チェーンはなんか酸化バリバリの油で黒ずんでたし、
どこからともなく奇妙な音とかしてたけど、それが自転車というものだと思ってました。

「そうか・・・自転車って愛が必要なんだなぁ。」

手間などかけづともいつでも使えるものだと思っていた・・・。

「何も言わないでも分かり合っていると思っていた」
若き日の過ちです。

いかに自分が自転車に対して愛を持って接してこなかったか・・・。
慙愧の思いで一杯です。ごめんよ。歴代のママチャリ達。

今後はそのようなことがないようにメンテには努めようと思いますが、
注油以外、まったくノー技術というわけにはいかないじゃないの。

かなりの割合でメンテに分解がはいってくるので、物事は複雑な感じです。

本音を言えば②③もどこぞにお任せしたいが、パンク交換ぐらいは、
自分でやるのが自転車乗りとしての当然のたしなみらしい。

うーんめちゃくちゃ不安ではあるが、確かにクロスバイクはママチャリに
比べてパンクし易いらしいし、たしなみとあらば、いちバイカーとして当然
取得すべき事項であろう。

確かに、パンクというのは不測の事態。いつ起こるかわからない。
それはわかりますが・・・

“新品のチューブを携帯しましょう”って自転車に乗っている人は
いつも携帯チューブをもっているのか??
見た目かさばりそうだけど意外とコンパクト設計なのだろうか?

しかも携帯ポンプを持ち歩く・・・じゃなくて走る??
備えあれば憂いなしってことでみんなそうしているのか?

・・・まあ、パンクの問題は自分でなんとかするとして・・・

しかし④~⑥はできれば誰かにお任せしたい、マル投げしたい

世の中には、自転車を自分で分解して持ち運び、現地で組み立て、
更に分解して持ち帰るという猛者な御仁がいるようですが、

私なんぞが分解したら、その自転車は一生元の姿には戻らないでしょう。
せっかくここまでして手に入れた愛車も即部品に逆戻り。

おいおいは自分でメンテもやってみたいという野望は芽生えてはきましたが、
今まで家具や家電の修理を自分を信じてやってみて、

どれだけ「最初からプロに任せておけばよかった(泣)」

という教訓を得たことか・・・。

やる気が全てを解決するわけではありません。

今の私に全てのメンテを自分でやるということは小学生に大学受験を
させるようなものでは?

④~⑥をマル投げできるお店があるといいのですが・・・

メーカーごとに部品が違うこともあるでしょうし、やはり自分でできない以上、
購入したお店にやってもらうのがベストだとは思います。

そうなってくると、やはり通販購入よりお店購入にするのが
私には身の為に思えます。

いわゆる“なじみの店”で購入しメンテをお願いするパターンです。

問題はこの“なじみの店”が見つかるかどうか。

そして文字通り私がお店になじめるかどうかなのですが・・・。

よかったら応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ

人気ブログランキング

関連記事
なじみのお店を作りたい
どうやら通販で買うことは断念せざるおえないようです。

・・・となると当然サイクルショップで購入なのですが・・・

もともと何故私が通販にこだわったのか。


世の中には、なんで人間に生まれながら同じ人間が苦手な人間が存在するのか?
いや。全ての人間が苦手なんじゃない。初対面の人間が苦手なだけなんだ。

回転すし屋に行ってもいつまでも注文できないで乾いたお寿司を食べるタイプだし、
ファミレスではコーヒーカップも乾いたままです。

そう。いい年してようは人見知りなんです。
(堂々と宣言する話じゃないですが)

店員さんとはいえ、他人様と気軽に話せるタイプじゃないし。

デパートなんかで話しかけられると、どう切り返していいかわからず
「はぁ。」とか「そうですね。」と相手しているうちに
なんか特にほしくないのに買っちゃうって事がありませんか?

私はあります。よくありますとも。

特にお店は相手のテリトリー。

的確かつ、円滑に相槌を打ちつつ情報を得、不意のセールスを断りつつ、
速やかに適格な自転車を手に入れることができるのか?

例えば、行きつけの飲み屋で
「マスター聞いてよ。今日さあ・・・」とか、

マリンスポーツ専門店でその店の店長(?)と
「どうよ?最近?いいボードとか入ってる?」とか、

まるで友達のように話したりなんかする。・・・別世界です。

うーーん。そんな自分は想像できん。

でも、私がクロスバイクを手に入れ円滑にクロスバイクライフを楽しむためには、
やはりなじみの店(?)で購入し、メンテナンスをお願いするのがいいようです。

「どうよ○○ちゃん(店長)?いい感じに仕上がってる?この間○○行ってきちゃってさぁ。」
(イメージです。実際はあんまりこういう会話をしないかもしれませんが・・・。)

・・・できるのか?自分に?

・・・しかし、ある意味この試練(大げさ)はチャンスなのかもしれません。

こんな感じの人間なんで、自分達の交流範囲は決して広いものではありません。
このままでは、不吉にも「孤独死」なんて文字も見え隠れしてきます。

人とのかかわりを持たないと、新たな出会いも遠のいてきます。
人間は1人では生きていけません。
人見知っている場合じゃないって。

せっかくアウトドアをやるんだし、心をオープンにしようぜ!セニョリータ。
スペイン風に心を鼓舞してでもやるしかない。

・・・って自転車を購入しにお店に行くことをここまで期待と不安を胸に抱いていいんかい?

重い。・・・重いよ。

こんなヘビーな気持ちを抱いてお店に来ているとは店員さんも夢にも思うまい。

しかしっ!メンテに自信がない以上、快適クロスバイク生活を得るためには
自分のキャラを変えてでも「なじみの店」を作ったるで。

よしっ!ギラギラとした野望を抱いてお店を探しちゃうぞ!!

お店探しに向けて変なアドレナリンも出てきましたが、

いったいどこを探せばいいのか?どのような店がいいのでしょうか?

よかったら応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ

人気ブログランキング

関連記事
会津・那須漫遊記(前編)
日曜から昨日まで会津~那須に旅行に行ってきました。

ちょっと趣向は変わりますが、今回は旅日記を・・・。

今回の旅の目的は食!蛍!・・・ともう一つ。

季節は夏。そして高原。

・・・高原と言えば数多くのバイカーが都会の喧騒を離れ
マイナスイオンを浴びつつ、サイクリングをしているに違いない。

ひとさまの自転車をこれを機会に(人聞き悪いですが)盗み見るチャーンス!!
こっそりちゃっかり自転車選びの参考にさせてもらっちゃうぜ!

新緑サイクリング・・・かつてそういった風景を数多く見てきました。

クロスバイクなど知らない頃には、サイクリングなんて小学校の5年を
最後にしたことがなく・・・。

「なんで自動車で来ているのにわざわざ手動(?)
の自転車に乗り換えるのか??わけわからん。」と正直思っていました。

・・・すみません。すみません。すみません!!

今は反省しています。

1日目・・・天気はいいような悪いようなどうも中途半端な感じです。
まあ梅雨だしそれもしゃーないか。

程よく汚れた愛車Fで一路、会津に向かいます。

朝に弱い自分たちはのんびり10時ごろ出たのですが、
高速道路激すきのおかげで2時前には会津着です。

程よく腹も減ってきましたが、今日のお宿の楽しみは「食」なので
カフェで軽食で済ませることにします。

あらかじめオシャレなカフェを調べてきました。

猪苗代湖湖畔(というには若干距離がありましたが)のカフェです。

周りにあまりオシャレな外観のお店がないため(ありがちなドライブインとか)
独特なレトロな外観が微妙な状況になっていましたが
中に入るとレトロ×白を基調にした内装でとても落ち着ける雰囲気のカフェです。

テラス席に座ることができ(窓はありましたが)猪苗代湖を眺めながら
コーヒーを飲みました。

tarocafe


コーヒーがポットで来るのがうれしい。

和三盆でできたロールケーキ「タロール」です。
お店の名前をモジッた駄洒落です。
正直、オシャレカフェにこのネーミングはどうかと思う。

おお。早速バイカーの方が猪苗代湖をサイクリング中です。

20070712000530.jpg


・・・遠い。盗み見るにもよう見えん。
まあ旅も初日だし、あせることもなかろうて・・・。

のんびりと茶なんかをシバいていると
そろそろチェックイン可能の時間になりましたので宿に向かいます。

1日目の宿泊地は今回で2回目の宿泊のペンションです。

見かけは普通のペンションなんですが、実は中身も普通のペンションです。

・・・しかしあなどるなかれ。

この一見普通のペンションに見えるここは・・・

“食”のこだわりのペンションなのです。

いや。オーナーのあくなき食へのこだわり方は尋常じゃねぇ。

オリーブオイル(薀蓄)、生ハム(薀蓄)、肉(薀蓄)・・・
という具合に一つ一つに薀蓄あり。

なにせオリーブオイルは自分で輸入。
オリジナル記念ワインまで作っちゃってる始末。

よくあるペンション施設説明書の半分くらいはありとあらゆる
こだわり薀蓄で埋められています。
(牛肉薀蓄だけで3ページとかね)

薀蓄があるだけあって本当にどれもこれも美味しい。

前菜からなんつーか、いちいちもっとも本格的な味。
いや。マジ、トレビアン。

ワインに対する薀蓄もかなりありそうなのですが、
残念ながら私たちはワインがあまり得意ではないので
ここはビールを注文します。

このビールも当然こだわりのビール。

なにせ“樽生職人”
よくわかんないですが、研修を受けよいビールを常に提供する店に
与えられる称号らしい・・・。

このpresented by樽生職人のビール

イッツクリーミー!生クリームというより、メレンゲのような繊細さです。

通常モルツもまるで地ビールの味わい。

神田川俊郎風に言うなら“モルツちゃん、ちょっとの工夫でこのうまさ”

そして今回のお楽しみのは肉!!なんてったって牛肉!
この宿に来たら食さずにはいられない。

牛肉のお寿司と最高級肉「シャトーブリアン」
あまりお宿にリピートしない自分たちが、リピートしたのも
この肉があるからといっても過言ではありません。

牛肉寿司は寿司飯の上に生牛が乗っていてホントうまい。
まるでトロのようです。

そして・・・メインの「シャトーブリアン」

ほとんどレアです。レアって言うのも憚られるほど生。もうレアレア。

すげーーっ。うめーーっ。つーかほとんど生でもとろける感じです。

オーナー(これも)こだわりのコシヒカリとともに食す肉は本当に最高。

できればどんぶりで食いたい。
シャトーブリアンinどんぶりで食したい。

コース料理でしたが、ホント満腹中枢が破壊されるまで堪能しました。


食後、この宿のごく近くでも蛍が見れると聞き、蛍本番は明日の宿ですが、
せっかくだから見に行くことにしました。

人は「ホタル」を語るとき一度は田中那衛のモノまねを
したくなるんでしょう?

「ほ・・ほたるぅ・・・」

自信がないのか相方が小さい声で田中那衛のまねをしています。

ちっ。先を越されたか。

・・・とりあえず無視することにします。

宿から徒歩30秒、暗くてよくわかりませんが小さな川が流れていて

確かにいました。蛍。

かなり少人数で2~3匹でしたが・・・。

こんな小メンバーで繁殖大丈夫なのか??ここの蛍。

ちょっと時期的に早かったのかもしれません。

蛍も見たことだし、あとは風呂に入って寝るだけで。

オーナー(こちらも)こだわりの檜風呂に入って早めに寝ました。

次の日の朝食もいちいち美味しかったです。
(正直“回し者か?”って位褒めちぎりましたが)

天気も良かったので朝風呂を浴びてから即、出発しました。

・・・なんだか長くなってしまいました。

すみません。続きます。

よかったら応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ

人気ブログランキング

関連記事
会津・那須漫遊記(後編)
せっかく後頭部に直射日光を浴びて起床する程のいい天気だったので、
早めに出発、ご近所の五色沼見学に行くことにしました。

朝の弱い自分達としては9時前に宿を出るなんて奇跡です。

お土産にオーナーイチオシのオリーブオイルを買って帰ります。

いろいろレシピを教えてもらいました。
アイスクリームにかけても美味しいらしい。
なんならそのまま飲んでもよいらしい。それなんてイタリア健康法?

オリーブオイルをアイスにかけるという概念がなかったので、
どのような味になるか想像すらつきませんが、帰ったら試してみよう。

五色沼には9時ちょっと過ぎに到着しました。
こんな早くから駐車場とかやっているのか?と心配しましたが。

すでにバスツアーらしき(主にお年寄り)お客さんなんかで程ほどに賑わっています。
しかしこの人たちは何時に出てきてるんだ?

五色沼といってもいつもは一色、もっとも手前にある「毘沙門沼」で
あとの四色はなかったことにして見学を終えるのですが、
天気もいいし、新緑のマイナスイオンもビュービュー出ている感じなので
一番手前の「赤沼」まで行ってみることにします。

徒歩約1km。

微妙に整備されているような、そうでもないような道を行きます。

まあ若い(本日の五色沼平均年齢では)私たちでも大変な道なので、
お年寄りにはさぞかし大変だろうな。
・・・と思いきや、このかなりの勾配のある道ですれ違うがうのは
全てリタイヤしたかと思われるお年寄り。(普段日ってこともありますが)

なかには日傘をさしつつ、優雅にお歩きになっている方も・・・。
(こっちは全身使って泳ぐように階段を上がったりしてるのに)

正直すげーーっ。日本の高齢者社会も安泰に違いない。

赤沼までの1km、マイナスイオンがこれでもか、これでもか!!と降り注ぐ。

マイナスイオン


目に見えなくても肌でマイナスイオンをひしひしと感じます。

本当に大切なものは目に見えないんだね。(by星の王子)


体力のない私は、程ほどに疲れたころやっと赤沼に着きました。

人間は見返りを期待してしまう哀しい生き物。

山道をこんだけ歩いたんだから、その名のように美しいルビーの如き赤い水を
湛えた美しい沼であろうと思いきや・・・。

赤沼です。

赤沼


・・・赤くありません。
いや。よく見ると端っこの方が若干赤いような・・・。

・・・言いたいことは山ほどありますが、自然を相手に言ってもむなしいだけです。

取りあえず無言で「毘沙門沼」に戻ることとします。

天気がものすごく良いので湖面(沼面?)がありえない位キレイです。

毘沙門沼


あまりにありえない位キレイなので、普段ではありえない行動をとってしまいました。

ボート


inボートです
ボートなんてこれまた「いつぶりだよ?」って位前に乗ったきりです。
青春(死語)もとっくの昔に終わりを告げてますしね。


景色が良いせいか水の上は思いの他気持ちよく、30分はあっという間でした。
以前、たしか上野公園あたりで乗った時は寒いわ、混んでるわ、ぶつかるわで
とっとと陸に上がった記憶があるのですが・・・。

五色沼も満喫したことだし(あと3色あるのはおいておいて)
会津から那須に移動です。
せっかくだから田園風景を下道で行くことにしました。

田舎に住んでいたときは、田園風景なんてなんてことなかたのですが
(なんなら車で10分も行けばあるし)
まがりなりにも都内に住むことになって2年。
田園風景に飢えていたのかかなり目に気持ちいいです。

那須には2時頃着きました。
朝の会津とはうってかわって、南に行くほど曇りになり那須ではとうとう小雨
がパラパラと降ったり止んだりしてました。

お昼はこれまたカフェでお茶で済ますことに・・・

目の前は「林」のマイナスイオン浴び放題のカフェでした。
晴れてないのが残念。

那須ボリジ


3時過ぎにホテルにチェックイン。

今回このホテルを選んだ理由は「蛍ツアー」です。
なんでも夜にバスで蛍ポイントまで連れて行ってくれるらしい。
楽しみです。

蛍ツアーの時間まで温泉に入ったり、食事をしたりして過ごします。

温泉も源泉かけ流しでいいお湯でした。

食事はまたもやコース。昨日満腹中枢を破壊された為か意外とすんなり
入ります。(結構量は多かったんですけど)
いいんだか。悪いんだか。帰って体重計にのるのが恐怖です。

食事も終わり、とうとうお楽しみの蛍ツアーです。
待ち合わせ場所に集まると、私たちを除きほとんどが(おそらく)リタイア組み。
子供連れもいたはずなのに、あまり蛍に興味がないのかな?

・・・まあ虫ですしね。

バスで3~4分のところに蛍がいるそうです。

昨日も蛍を間近でみたものの。少数だったので期待と不安は高まります。

おろされたところは田んぼ。まさに普通の田んぼのど真ん中。
ちょろちょろと流れる泉・・・というより用水路。

こんなところに蛍がいるのか???

半信半疑でしたが、いました。蛍。
約10mぐらいの距離ではありますが、蛍が飛び交ったったりしています。

このような大量の蛍は、都心でビニールハウスのようなところでの養殖(?)蛍なら
見たことがあるのですが、野良(?)蛍ではなかなかないことです。

美しく幻想的な風景です。

蛍・・・実は昼間はただの昆虫。

昆虫が苦手の私としては、昼間出会ったら「なんじゃこりゃーー。」な感じでしょう。

なのに出会いのタイミングが夜というだけでここまで愛しく感じられるのか・・・。

なんなら「腕にとまれ~」とかやってるし。

出会いのタイミングというのはつくづく大切です。

「蛍と見る時間としては10分位が妥当だろう。」というホテルの配慮で
絶妙なタイミングでバスが迎えに来て、蛍ツアーは終りました。

これでこの旅の目的「食」「蛍」も果たせ・・・

・・・てちょっとまてーーっ。
昨日、会津で遠くに自転車を見てからぜんぜん自転車を見ていない。

夏の高原なんてサイクリングしている人が多く、
「なんなら展示場?」ってくらいに自転車が止めてあると思っていたのに・・・。
ちなみにこの日はたった1人のバイカーも見ていません。

梅雨のせいか、それもと普段日のせいか・・・。
(おそらく両方でしょう)

それだけは、かなりあてが外れました。・・・残念。

帰りは栃木に行った時のわが家のお約束「宇都宮餃子館」で餃子を食べて帰ってきました。

健太くん


キャラクターの健太くんです。
餃子なので「餃太くん」とかになぜしなかったのか?疑問です。
大人の事情でもあったのか?・・・余計なお世話ですね。

確かに「食」のフェスティバル的な今回の旅行は楽しかったのですが・・・。
臨界点を超え満腹中枢破壊まで食べ続けた報いで、家に帰ると体重は大幅増加。

最高体重を更新でーす。

こんな新記録うれしくないっ!!

やばい。激しくヤバイ。

早くクロスバイクを買って、ダイエットに励まねば・・・。

よかったら応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ

人気ブログランキング


関連記事
自転車選び再開
先週はついつい会津・那須漫遊なんぞしてクロスバイク探しが
お預けになってしまいました。

ほぼ「食のフェスティバル」と化したこの旅行。

伸びた胃袋、増加したまま戻る気配のない体重。

まあ体重はこの数年ジリジリと毎年最高体重を更新し続け今に至るわけですが・・・。

新陳代謝を放棄したような体。手近な楽しみが「食」しかない哀しい毎日。

早くなんとかしなければ・・・。

クロスバイクを買って楽しくサイクルダイエットに励まねば。

今週末こそは絶対自転車店を巡るぞ!!

・・・と決意も新たに本題に戻ります。

今までの人生で「なじみの店」を持ったことは今まで一度もありません。

店長及び店員さんとプライベートトークを繰り広げたことなど皆無。

おそらく暗にでも、うっすらとでも顔を覚えられたこともないでしょう。

そういえば自分って「隠密」とかに向いてるかも。

いや。そんなことはどうでもいい。
先日の盛り上がりはどこへやら・・・。途方にくれます。

スペイン風を装って(自分を)盛り上げてみたものの、

簡単にはキャラは変わりません。

変なアドレナリンもそうそう長時間噴出させることもできず、
所詮ラテンの血が一滴も入っていない身としては、情熱だけではお店が探せません。
(まあラテンの血が入っていても情熱だけで探せるかは謎ですが・・・)

メンテナンスを受ける分には近くの店がいいんだろうけど、
私の住んでいる街の5分以内で行けるような直近の店2件。

1件はママチャリ御用達のような店だし、
もう1件には、それっぽい自転車は売ってはいますが、
ジャイアント、ビアンキ、スペシャライズド、ルイガノなんて品は
残念ながら一点たりとも売ってませんでした。

やはり少し足を伸ばすしかなさそうです。

そもそもいったいどのようなお店がいいのか?

ここは日本人らしく(?)箇条書きにしてみます。

1.買おうとしているメーカーが売っているお店

2.できるだけ近いお店

3.メンテナンスをお願いできそうなお店

4.店員さんが話を聞いてくれそうなお店

こんなところでしょうか。

・・・箇条書きにするまでもない感じの当たり前さです。

1は当然だし。

2は直近のお店が期待できないので、電車で10分位のところまでは覚悟です。

3はやはり店員さんが組み立てをしているお店とかがいいんでしょうね。
(この辺当たり前の話かもしれませんが)

本によると、組み立ての良し悪しが自転車の良し悪しを決める・・・
等と書いてありましたが

素人の私には組み立ての上手い下手はわかりようもないので、
その点は運で。(運かよ!!)

4は個人的にはかなり重視したい点ではありますが、
今後通うにしても気楽に話せる人の方が通いやすいでしょうし・・・。

しかし、それは先方だけの問題じゃないしなぁ。

私自身も初対面の人が気軽に話せる雰囲気を醸し出しているかというと、そうでもなし。
初対面の方とあまり話しが弾む方ではないですしね。
しかしできるだけテンションをあげて懐に食い込むようにがんばる事とします。

えーい。グズグズ言っていてもはじまらん。

ここまで来たら、とにかく数件様子を見に行くことからはじめなければ・・・。

お店ごとに置いてあるメーカーが違うようだし、
こうなったらジャイアント、ビアンキ、スペシャライズド、ルイガノ
この4つのメーカー全てくまなく見てみたい。

メンテがいかに良くても、店員さんとの相性が良くても
まず売ってなければ話にならん。

まずはこの4つのメーカーが置いてあるお店を探すこととします。

よかったら応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ

人気ブログランキング

関連記事
サイクルショップめぐり(プロローグ)
4つのメーカーの(ジャイアント、ビアンキ、スペシャライズド、ルイガノ
の自転車はどこの店にあるのか?

ネットで検索します。

コメントでアドバイスいただいたように、メーカーによっては扱っているお店の
一覧表がホームページに載っているんですね。

ビアンキ取扱店一覧:http://www.cycleurope.co.jp/2005/shop/shop.htm

ジャイアント取扱店一覧:http://www.giant.co.jp/2005/shop_list/shoplist.html

ルイガノ販売店一覧:http://akiworld.co.jp/hanbaiten.php

スペシャライズドジャパンのホームページはまだ準備中のようです
http://www.specialized.com/bc/jp/

いい時代だぁ。これは便利。

できるだけ近場からせめていく事としますか。

朝スタートが遅くなる可能性がありますので、
1日目は取りあえずは2件くらい目安に回ります。

①A店・・・自宅からもっとも近そうな店。バスで5分位。   
      ビアンキが置いてある。

②B店・・・A店から更にバス移動。ルイガノが多く置いてあるという店。


運が良ければ一目ぼれとかして即決定。即購入ですが、
脳細胞の伝達能力が悪いのか、あまり(つうかほとんど)一目ぼれはしない方なので
これはあんま期待できない。

「いいなぁ」→「ほしい」→「絶対ほしい」と脳内で変わるまで凄く時間がかかるんです。

もう通常の3倍。

秋購入に向けて、夏の間はできうる限り決まるまで自転車店を回るつもりです。


思い出すのは数年前・・・。

結婚式をした時も式場めぐりで十数件・・・。
しかもほとんどの式場で料理を試食したので、2日続けてフルコースなんてのもあり、
吐きそうになったっけ。

ドレス探しに更に十数件、小物探しにこれまた十数件。

・・・あれも夏だったなぁ。(遠い目)

まあ、メーカーが絞れているだけあの時よりましだろ。

優柔不断の免疫力です。
決まるまでがんばって回りつづけるぞ!!



・・・という決心の元に、本日早速自転車店を回ってきました。

鬱陶しい雨でしたが、せっかくの3連休、今週を逃すわけにも行かん!
ということで・・・。

なんか台風来ているみたいですね。
今頃って台風の季節でしたっけ??

年々台風が来る回数が増えているような気がします。

ちっ。こんなときに限って・・・。と思わなくもない。(勝手な話ですが)

お店リポートはちょっと長くなりそうなので、また明日更新します。


(まだやるか)会津・那須漫遊記【番外編】

旅行記の後日談です。。

ペンションで購入した(オーナーこだわりの)オリーブオイル。
香りは普段のわが家の御用達、業務用スーパーのオリーブオイル(リッター700円)
とは明らかに異なり期待は高まります。

オススメのアイスクリームの上にかけて食してみました。

「・・・・・」

現代ストレス社会にもまれて味蕾が破壊されているのか、まったく味を感じません。

このままじゃアイスがちょっと緑になっただけです。(泣)

ティースプーン一杯と言われていましたが、こうなったら更にジョボっとかけてみます。

「・・・・・・・・」

アイスクリームにかける事による味覚的効果を問われると、
なんとお答えしてよいやらですが・・・まあ健康にはよさそうではあります。

鋭い味覚に自信のある方はぜひお試しください。

でもやはり良いオリーブだけあって他の料理に使ったら美味しかったです。

オリーブオイル


一見ワインのようなボトルのオリーブオイルです。
キッチンに置いておいてもなかなかオシャレですね。さすがイタリア!

オーナー談では、イタリア人は人と同じ事をするのがキライなので
デザインにも凝るとのこと・・・。

さすがビアンキブルーを生んだお国柄です。

よかったら応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ

人気ブログランキング


関連記事
サイクルショップめぐり episode 1(軒)
3連休初日です。

今日は張り切ってお店まわりいっちゃうぞーーっ!!

・・・って大雨だよ。なんてったって台風だよ。
まだ梅雨も明けてないのに、台風なんてどういうこと??

ことがサイクリングショップなだけ雨だとなんとなくテンション下がりまくりです。

ちっくしょう。ラニーニャめ!!

いや。実際はヤツは無関係かもしれませんが・・・。
夏前からの天気予報のネガティブキャンペーン(?)のせいか、ラニーニャに対しての
負のイメージが・・・。

マンションを出る時は適度に大雨、バス停に行くまでも適度に大雨
バスを降りても適度に大雨でした。

正直凹みます。
うっすらと「明日にしちゃおうかな」という甘えも芽生え・・・。

雨・・・たかが体が濡れるだけで、どうしてこんなにも人のやる気を奪うのか?

いや。せっかくの3連休。初めてのお店周り。

正しい大人は困難だと思っていてもやらなければならない時はやらねば。
根性で・・・というより、思考を殺してA店へと向かいます。


A店

ほしい自転車が売っている店では一番家から近いお店。
今回はバスで行きましたが、歩きでもなんとか行けそうです。

緊急修理の場合は、自転車を引いてでも来れそうですので、
その点便利。

都内とはいえ、端のほうなので店内が広いです。

クロスバイク専門店ではないけれど、ロードバイクもMTBも
すべてなんとなく網羅しているタイプのお店のようです。

ビアンキが置いてあるお店ということで行きましたが、
意外とジャイアントが充実。
期待のビアンキはあまり置いてませんでした。

でも初めて生ビアンキブルーをみれましたよ。
普通の青とは違う、ちょっと緑かかった感じの青がキレイです。
イタリアのエスプリを感じます。
エンブレムもいいですね。かなり好みです。

ジャイアントも生で初めてみましたが、このメーカーも
なかなかいいですね。
特に私はGIANT ESCAPE R DISCが気になりました。



カーボーンフォークディスクブレーキというのも
どこがどういいのかはわかりませんが、なんとなく良さそうな
感じがして惹かれます。

カーボンって個人的には高級なイメージがあり何故か惹かれるんですよね。
ゴルフクラブの呪いでしょうか。(笑)



GIANT ESCAPE R3もお値段的にも気軽に乗れる感じでいいですね。
色もゴールドとかあるし。

Dr.コパが言ったか言わなかったかはうろ覚えなんですが、
ゴールドはなんとなく金運によさそうなので好きな色なのです。(笑)

・・・しかし、ここまで見て、若干ふに落ちないことが・・・

このお店の店員さんは2名。
しかし店が広すぎる為か、そういうスタイルなのか店員さんがまったく
寄ってこない。

つうか無反応。

なんとなくオーバーアクションで聞きたいムードを満載に
していたつもりなんですが・・・。
いろいろ作業もあるらしく、まったくアウトオブ眼中。
これが教えてもらっていた一見への洗礼か???とも思いましたが、

他のお客さんにもまったく話しかける気配もないので
そいうスタイルなんでしょうね。恐らく。

・・・て納得してる場合じゃない。そうなると困ったぞ。

実際このお店で決められるかどうかわからないので、
呼んで作業を止めさせるのもなんとなくためらわれる・・・。

むこうからまったく話しかけられないなんて想定外の状況に
アドリブ性皆無の私はすっかり途方にくれます。

結局ヘタレたまま、単なる大声で話す変な客で終ってしまった。

こういう専門店に行くと戸惑うほど専門トークを繰り広げられる
と思い(思い込み)構えて出陣した私としてはかなり拍子抜け。
とんだ肩透かしです。(勝手に想像していてなんなんですが・・・)

私の思い描いていた自転車専門店(イメージ)とかなりギャップがあるぞ??

このお店だけなのだろうか?

(つづく)


よかったら応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログへ

人気ブログランキング

関連記事
サイクルショップめぐり episode 2(軒)
A店では予想外にもまったく相手にされず、一抹の寂しさをかかえ
すごすごとB店に向かいます。

「いや。もう盛り上がっちゃって大変。どう上手に引き下がろうか?」
位想像(妄想?)していたので・・・

そぼ降る雨も寂しさ倍増効果です。

水滴が体に付着するたびに、やる気を奪っていきます。

なんでだ?たかが水が体に付着するだけでこのテンションの下がり具合はなんだ?

酸性雨か?酸性雨のせいなのか??

これが環境破壊を続けた人間に対する自然の逆襲なのか??

・・・思考が妙な具合になってきたところで、B店に到着しました。


B店

A店からバスで移動すること20分。そこから徒歩10分。

直にくる時は電車で10分くらいのところにあるお店です。

緊急修理の場合は、どうすんだろ。

しかし緊急でない場合は、十分過ぎる程自転車でもこれる範囲です。

こちらはルイガノが多くあるとの事で来てみました。

結構狭いお店です。

1階はママチャリ販売兼ほとんど作業所、2階がクロスバイク販売です。
(とは言え2階も1/3以上は作業スペースですが・・・)

驚いたことに展示してある自転車のほとんど8割り方売約済み。

展示してあるというより単なる保管庫なのか?

売約済みというと既に人様のもの決定。倒したりしたら大変です。
触るのはもっての他ですが、ぶつからないように、
間違ってもツバなど飛ばないように、注意を払わねば。

確かにルイガノが多くあります。
ルイガノはカラフルでいいですね。ピンクなんかもあります。
実際生で見るとルイガノもいいなぁ。(萌)とか目移りしてしまいます。

ただ縦に吊ってある自転車も多く、右脳が発達していないタイプの人間には
全体像を掴むのが難しい。

ネットで調べていた時、相方はルイガノの“Gyokuro”が気になっているようでした。

“玉露”なんじゃそれ。ってまあ予想は付くけど・・・。
通販ページで見るとやはり予想を裏切らない緑のフォルム。



・・・みどりですよね。

その時は当然、私的には「・・・」でしたが。

し・か・し実物を見て驚き。

いい感じじゃないの!

写真で見ると、かなり緑。単なる緑。だったのですが、
実物はメタリックが入った渋い緑。

まさに高級感漂う“玉露”!!(「・・・」なんて言ってスマン)

・・・ただし、これも売約済みでしたが・・・。

実物はやっぱり見るべきなんですね。

このお店はビアンキも売っていて、
予算オーバー気味になりますがPASSO(パッソ)がいい感じです。



ただ白いサドルってどうなんだろ?汚れやすくはなかろうか?

・・・と考えてみたところで、こちらも売約済みですが・・・。

店員さんは4名だったのですが、4名とも整備に夢中で
まったく話しかけてくる気配なし。
つうか気のせいか“話しかけるな”オーラがジワリと出ている感じが・・・。

私たちが入ってから他にお客さんも2名程来ましたが
当然そちらも全く放置。

まあ。全員くまなく放置ならいいか。

しかしせっかく来たんだし、ただ自転車(売約済)だけ見てただ帰るわけにはいかん。

土産代わりに「自由にご覧ください」(つうか勝手に見やがれ的?)の
各社パンフレットをじっくり見て来ました。

我ながらセコイ土産です。

今回、スペシャライズドの自転車は見れなかったのですが、
パンフレットを見て、実物を見て見たい気持ちが高まりました。

しかし、画面で見るのと実際紙で比較するのとは違いますね。
私のような人生のほとんどをアナログですごした人間には
脳にビシッ届きます。(まあ。アナログ脳なんでしょうね。)

情けない話ですが、本日は2件で限界です。

なんか成果があったようななかったようなで幕を閉じた
お店めぐり初日でした。

バイタリティー力が限りなくゼロに近い私はこんなんでも結構な疲労感です。

・・・そこで

旅行後、体重の最高新記録樹立し、さすがに笑ってられない状態なので
夜は炭水化物を抜くダイエットを固い決意の元に始める事にしたのですが・・・。

しかし丁度最寄駅が「御徒町」だったので自分にご褒美(この程度で)
ということで、本日はヤバイ脂肪の事は記憶からも視界からも抹消して
寿司を食べていくことにしました。

固い決意じゃなかったんかい!!(まあだから太るんですが・・・)

御徒町にある寿司店“大江戸”・・・この店の前を通ると、いかにデッ腹であろうと、
金銭的に不自由な時であろうと暖簾をくぐらずにいられません。

まあ、いわゆる回転寿司屋なのですが、私の中で“お値ごろ感”最高値の寿司屋です。

お値段が高いお店なら、いいネタの店もあるでしょう。
また値段が抑え目なら、安くはあるが超薄切正長方形型マグロ(らしきもの)
という回転寿司屋も多々存在します。

ここの大江戸は値段もかなりお安い上に、ご飯も真四角じゃない!
目の前で職人さんが握ってくれます。
ネタも美味しくて、この値段なのにわさびが透けてない!!
なんか不自然な四角じゃない!!

私に権限があるなら「コストパフォーマンス賞」を授与したい位のお店です。

自転車を購入したらダイエットに励めばいいということで(まあ、駄目なヤツの言い訳なんですが)
寿司をたらふく食ってきました。

私のお気に入りはこの御徒町の“大江戸”なのですが、都内にチェーン店が
数件あるらしい。

自転車を買ったら、ダイエットもかねて“大江戸”全店食べ比べ自転車ツアー
とかもやりたい。

夢は膨らみます。

エナジーチャージしたところで、連休2日目もお店探しがんばるぞ!

よかったら応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログへ

人気ブログランキング

関連記事
サイクルショップめぐり episode 3(軒)
連休2日目です。

本日の行き先は、バスで15分くらいのお店C店と
更にそこから電車移動5分のD店です。

本日も台風の影響下で朝から雨です。

なんか台風とか帰ってくんないかなぁ。
と期待していましたが、やはりこっちにきやがるようです。

しかし、まだ4号なのに日本列島直撃とは最近の台風はつつしみがありませんね。

前は気が付いた時には台風10号くらいになって、1~9号は直撃前に奥ゆかしく
熱帯低気圧に変わったりしていたと思うのですが・・・。
「えっ?来てたの??1~9号」って感じで。

台風まで自己主張が強くなって、ホント困りものです。

朝っぱらから台風に毒づきつつぐずぐずしていると、
私の願い(愚痴)が届き天が哀れだと思ったのか、見苦しいと思ったのか、
なんか天候が好転してきて雨が小雨になってきました。

今だ。今しかない。

天気予報を見ると台風は東京にはかるような、かからないような進路のようですが、
まあ何とかなるでしょ。


バスでC店に向かいます。

C店のある所はバスで15分くらいのところですが、
自分たちのまったくテリトリー外です。

地図をうろ覚えに覚えてきたのですが、さすがうろ覚えなだけに
完全に迷ってしまいました。

雨は台風の為時々風が強くなります。

わが家には100円傘しか置いてないのですが、
チープな傘は手軽なんですが、風に弱くていけませんね。

ちょっと風が強くなると「私もう駄目なんです・・・」
とばかりにしなるし・・・。

結局傘をたたんで半濡れ状態でさ迷うこと20分。(本当はバス停から徒歩4分)

ようやくお店が見つかりました。
どうやら反対方向に進んでいたようです。(まあ、うろ覚えですしね)


C店
外観はかなり現代風なおしゃれな感じなのですが、
年配の方がやっている店のようです。

昔ながらのお店なのかな?

ウィンドウ越しに見てるだけでもなんか入りづらいっていうか恐縮しちゃうっていうか・・・。

へタレな私たちは入口の前で「なんなら帰っちゃう??」とアイコンタクト。

しかし折角雨、風の中迷いながらもここまできたんだし、手ぶらで帰るのもなぁ。
ウィンドウの前でモタモタしているのもかなり怪しい。

取りあえず入ってみることにしました。

気のせいかピーーーンと張り詰めた空気を感じる。

置いてある自転車は、ほどよく使用感のある自転車が多い(というかほとんど?)

中古車専門店???

・・・と思ったのですが、タグに名前が書いてあるところを見ると
どうやら整備の為、預かり中の自転車のようです。

知っているような自転車メーカーはあまりありません。

かろうじてビアンキのロードバイクがある感じ。
よく見るとほとんどがロードバイクです。

クロスバイクらしきものはほとんどなし。

「これはやっちゃったかな」感が漂っているのですが、苦労して来たお店
このまま引き下がるのも憚られる。

奥でなにやら作業をしている年配の店長(?)らしき人に声をかけてみます。
これ以上この沈黙の中いるのもいたたまれないし・・・。

まあ、ある意味ここまでクロスバイクが見当たらない方がかえって声をかけやすい。

「初心者なのですが、クロスバイクとかは扱ってますでしょうか?」

案の定、お店の方は困ったような顔をして、

「うーーん。クロスバイクに近いのは、そのオリジナル1点だけなんだよね。」

とロードバイクの山の中から1点だけクロスバイクを紹介してくれました。

まあそうだよね。置いてある自転車は殆ど(つうか90%以上)
ドロップハンドルだし。

「見てわかれ。」って感じですが・・・。

クロスバイクに近いというのは厳密にはクロスバイクではないのか?

クロスバイクの定義自体が曖昧のようなので、
限りなくロードよりなクロスバイクって事でしょうか?

確かにタイヤが細いような・・・。

しかし・・・さりげなく飾ってある(?)フレームには20数万円の文字。

整備待ちでお店に置いてある自転車も多数。

ああいう方が自転車職人なのでしょうか。

そういえばどことなくマエストロ的後光がさしていたような・・・。

この店の敷居をまたぐには、私たちはまだまだ青かったらしい。

最初になんとなく入りづらかったのは“玄人の香り”がしたからなんですね。


マエストロと私たちの距離はこのとき2m・・・。

しかしその間には“玄人”と“ド素人”という超えられない深くて暗い溝がある。

そんな玄人のマエストロとド素人丸出しの私たちとにこれ以上共通会話があるわけでもなく・・・。

妙の間が数十秒続いたあと、

「いつか自分の自転車を作るようになったらまた来てね。(微笑)」

と、とてもやさしく会話に終止符を打たれました。

でも自分でパーツを選んで自分だけの自転車を組み立ててもらうなんて
究極の趣味人って感じですね。

ちょっとサドルを変えるとか、サスペンションを付け替えちゃうとかは
あると思っていたのですが、まるっきり一からパーツを選んで組み立ててもらう
ていうのもあるんですかね。

メーカーごとにパーツが決まっていて、互換性がないとか思ってましたが
自転車はそうでもないのでしょうか?

たしかにフレームだけ売っていたりするんですが、メーカーとか気にせず
変えられるものなのかな?

そうなると自分のカスタマイズで無限大。

自転車の道は奥が深そうです。

いや。今は市販のもので十分なのでそこまで考えることないんですけどね。
(入口すら未だ踏み入れてないし)

もしいつか自分の自転車を作ることになったら是非お世話になりたいです。

市販のものを選ぶにもこんなトホホな状態なので、
そんな時がくるかわかりませんが・・・。(遠い目)

結局、C店では収穫がありませんでした。

地下鉄でD店へと向かいます。

(つづく)

よかったら応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログへ

人気ブログランキング

関連記事
サイクルショップめぐり episode 4(軒)
C店から地下鉄で約5分、D店の最寄り駅に着きました。

C店に行くときに散々迷ったためか(まあ、うろ覚えで行った自分が悪いですが・・・)

やばい。心のカラータイマーが(早くも)鳴っている。

取りあえず最寄り駅の「松坂屋」で軽くエナジーチャージすることにします。
最近リニューアルしたらしく、新しくカフェができてました。

なかなか寛げそうなカフェです。

ここのお店のケーキは大きめでかなり美味しそうなのですが、
昨日夕食に“大江戸”で炭水化物三昧をしたので、ケーキは血を吐く思いでガマン。

200707141614000.jpg


お茶だけにしました・・・トホホ。

相方がひと様のテーブルにケーキが来るたびに、ものほしそうな目で見ています。

これっ。見苦しいでしょ。大人なんだからガマンしなさい。

・・・て自分も見ちゃってるけど。

皆さんやっぱりケーキとか頼んじゃってるよ。
ブルーベリーケーキとかウマそうすぎる!

見ちゃいけません!と思っていてももう釘付け!

くっそーーっ。なんで自分達は太りやすいんだろ。

ああ、食べても食べても太らない体がほしい。
太らない体を手に入れられるなら3000万位は払っちゃうよ。
(まあ、そうなったら食材も手に入れるのも困難になりますが)


軽く拷問入ったカフェ休憩を終えD店へ向かいます。


D店

折りたたみ自転車がかなり充実しています。

折りたたみ自転車も侮れない、ピンキリですがなかなかいいお値段がするんですね。
しかもかなりオシャレなものも多い。

ビアンキもあります。ちゃんとビアンキブルーです。(当たり前か)

高原とかにはこういうの持って行ったらいいんだろうなぁ。


お客さんの出入りが結構多いお店で店員さんも忙しそうです。

希望のメーカーではジャイアント結構ありましたが、残念ながら他のメーカーは
あまりありませんでした。

今回もスペシャライズドの生シラスは見れなかったなぁ。がっかり。


それにしても・・・これまた売約済の自転車も結構あります。

なんでどこの自転車屋さんも売約済みが多いんだろ?
売約済みがこんなに置いてあったら商売になるのか??

それとも欲しい自転車は取り寄せてもらって購入するのが
デフォだったりするんだろうか?

・・・謎です。


小物が結構充実しているので小物を見てみます。

一時はそのためにクロスバイクの購入すら危ぶまれた“カゴ”・・・。

今考えると我ながらバカみたいです。

過去に戻れるなら「お前はバカか?」と言い放ちたい・・・。

アホな心配せずともいろいろあるんですね。



こんな感じのカゴが置いてあり。買い物以外の時は取り外しておけるし、
専用アダプターもそんなにクロスバイクの景観をそこねなう程でも
なさそうだし、いい感じです。



同じメーカでこんなのもあり。

犬・・・かわいいっす。
意外に7kgくらいの犬まで乗せられるそうですが大丈夫かなぁ。
うちの実家の犬(Mダックス♀)を乗せたいなぁ。

まあ、おとなしく乗っているような犬ではないんですが・・・。


4件を回り終え、私のうちの近くのめぼしいお店は大方回り終えました。

比較的小さめなお店が多かったのか、品揃えが少々少なめ目なお店が多かった
ような・・・。

この4件を巡り私も相方もまだ迷いはあるものの、
お互いに購入するメーカーが大方固まってきました。

この固まってきたものを更に強固にする為にも、
できれば色々な自転車を同時に見比べてみたいという欲求が沸いてきます。

やっぱり自転車がずらーーっと並んで見れるようなところは
大きなお店なのだろうか?

・・・というわけで、ここまできたら欲求に忠実に連休3日目は
品揃えが多そうな大型店に行ってみることにします。

わが家の周辺にはあまり自転車大型専門店がありません。

また都内の大型店で電車で行けるような駅近な店舗もあまりなく・・・。


駅近で大型(と思われる)お店E店が都内の西地区にあるので、
ここはかなーーり足を伸ばすことになりますが、
とりあえず連休3日目は東京西地区に行ってみることにします。

とうとう連休最終日です。

この最終日でいい加減メーカーくらいは決定したい。

つうかするぞ。

よかったら応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログへ

人気ブログランキング


関連記事
サイクルショップめぐり episode 5.0(軒)
3連休最終日は台風一過でいいお天気です。

クロスバイク(選択)日和。

直接関係はないですが、やはりアウトドアグッツ(?)を選ぶ時は
晴れているとモチベーションがUPします。

本日は都内西地区のE店と新宿にある東急ハンズに行ってみることとします。


東急ハンズ・・・雑貨、ホビー用品のチェーン店。

年末ともなればパーティ用盛り上げグッツを買い、ビンゴ用賞品グッツを購入する。

・・・とそういう活用しかしたことがなかったので、
そもそも自転車店が中に入っているなんて気づきませんでした。

しかも意外にも(失礼)スペシャライズドシラスが置いてあるらしい。

青い鳥は近くにいたんだね。(かもしれない)


・・・しかし、ここまできて想像(つうか妄想?)と現実にかなり
ギャップがあることに気づきました。

店員さんと一見フレンドリーに話しつつギラギラと情報を得たり、
常連ともなればマイク真木風の店長とプライベートトークを話したり、話されたり、
時には悩みも聞いてもらい・・・。

・・・ということは一切ない!

(まあ、4件だけなのでこの先あるかもしれませんが)

すべて私の妄想。

サヨナラ、ギラギラした私の野望。

思っていたような「なじみの店」計画はおそらく頓挫です。

まあ、話しかけられないというのは
ある意味じっくり自転車を見られていいですが・・・。

素人としては、ちょっとは話てほしいつうか
ちょっとは売りつけてほしいっていうか。

助かったような。残念なような。

ゆれる素人心です。

どのお店もそうかはわかりませんが、この4件のお店に関しては、
販売中心というより、組み立てなどの作業が仕事の中心で
組み立てている人がついでに販売もしているという感じです。

きっとこういうお店も多いのでしょうね。

まあ、メンテナンスをお願いするときは安心ではありそうです。


よく考えてみればわかることでした。

「組み立ての良い店で買おう」ってことは、店長とか店員さんが組立ててるって事で
だべってるだけの暇なんてそうそうないよなぁ。


もう一つ実物を見て思ったことがあります。

自転車というのは、洗車にしろ、整備にしろ、保管にしろ
なにかと手間がかかるようです。

そんな手間を惜しまずできるのはやはり愛

愛が重要!

確かに性能とか、コストパフォーマンスとかも重要なのですが、

いかに愛を注げる自転車であるかが最も重要な気がします。

私のような素人は性能はよくわかりませんし、性能だけで選んだところで
その性能の良さを活用しきれるかわかりません。

性能だけでなく、見かけや相性も大事かなと思いました。

自分のインスピレーションも大事かと・・・。

そういうことなら店員さんに依存をしなくても決定できるはず!!

変な妄想に苦悩していた時より成長したな・・・自分。

(まあ以前がレベル低すぎるんですが・・・)


・・・そんなことを思っているうちに都内西区に(ようやく)到着しました。


都内西地区・・・わが家からだと、ほとんど東京横断。電車でも約60分。

自転車だと・・・まあ・・・考えたくない。


わが家から電車を乗り換えること3回。

都内西地区にある最寄り駅から徒歩5分。E店に到着しました。

正直くるだけで、もうカラータイマー鳴りそうです。


E店

いきなり「いらっしゃいませーー」と店員さんに迎えられる。

へっ??

ひょっとして、今わたくしたちに声かけました??

違う・・・違うぞ!!今までのお店とは明らかに。

さすが大型店舗なだけに、店員さんが結構います。

中にはお客さんに熱心に説明している店員さんも・・・。


何より、今まで行ったとお店と明らかに違うのは、

店員さんが“整備>販売”という感じではなく、

なんか販売してるーーっ。

(いや、裏に回ると整備もされているかもしれませんが・・・。)


こっこれは??!!


私が思っていた想像(妄想)通りという訳にはいかないでしょうが、
今までのお店で一番思っていたイメージに近い感じです。

マイク真木とかプライベートトークとかはないでしょうが、
商品のことをかなりいろいろ教えててもらえそうです。


いきなり数行前の前言てっかーーーい。

強がっていました。私、強がってました。

本当は頼りたかった。依存しまくりたかった。

できるなら店員さんに自転車のことについて聞きまくりたかった。


初対面の人は店員さんでも苦手ーー。とか言ってたんですが、

今までのお店の放置プレイにさすがに業を煮やしてるっていうか、
相次ぐ予想外の展開にベクトルが変な方向に向いてキャラ変わっちゃったていうか、

ぜひぜひお願いウエルカム!

「なんなら自分からじゃんじゃん行っちゃうよ!」という気分です。

特にあの親切そうに接客している彼・・・のがしてなるものか!

彼にロックオン!!

(つづく)

よかったら応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログへ

人気ブログランキング



関連記事
サイクルショップめぐり episode 5.1(軒)
前方約5mでにこやかに接客をしている親切そうな男性店員。

実はひそやかにロックオンされていることを未だ彼は知る由もない。

まあ、あえて知る必要もないんですが・・・。

ここはじりじりと間合いを詰めながら、今話しているお客さんとの
話が終るのを待つ事とします。

なかなか終る気配がない・・・。

しかしそんな彼だからこそ選ばれた人なのです。

その間、私たちはぬかりなく自転車のことについて悩んでいることを全身でアピール。
(通じているかどうかは不明ですが)

「うーーん。」とか「どうなんだろうねぇ?」とかの疑問符を
自転車を指差しつつ言いまくります。

本当はルイガノTR-1“Gyokuro”が気になっているけど
残念ながらここにはないようです。

目の前にあるのはルイガノRSR-4の青。




ここはこの自転車を元に話を展開していくことにします。

ようやく接客が終ったようです。

チャーーンス!!

とすばやく声をかけました。

「あの・・・ルイガノはこの種類しかないんですか?」

店員さんがすかさず教えてくれます。

「RSR-4よりロードよりになりますが、部品はワンランク上で
RSR-2があります。こちらはカーボンフォークが使われ・・・。」

きたーーーっ。きました!カーボンフォーク。

先日、ジャイアントの時も出てきて、普通のフォークとどこが違うのか
謎だったもの。

ここぞとばかりに違いを聞いてみると、

カーボンフォークはアルミよりも振動を吸収してくれるので、
長時間乗っていると腕などの疲れが違うらしいです。

そうなんだ。さすがカーボン。
なんとなくヤツは凄いと思ってたんだよね。


あと気になるのは、やっぱりフロントサスペンション。

このように実物のクロスバイクを見ると、
付いていないのと付いているのがあります。

もう絶対必需品!ついてるのを買うぞっ!!

と鼻息も荒く、思い込んでおりましたが、本当に必要なのか?

ちなみにルイガノのTR-1はフロントサスペンションあり、
RSR-4はフロントサスペンションなし・・・

???もし必ず必要なら初めからついてるよなぁ。確かに。

・・・聞いてみました。

店員さんが言うには、フロントサスペンションは

必ずしも必要ないとのことでした。

フロントサスペンションがあると確かにクッション性があるので
歩道などを走る時の段差は楽ですが、逆にあるとその分車体も重くなるし、
坂道なんかで踏み込む時にフロントサスペンションが力を吸収してしまうらしい。

その為、初めフロントサスペンション付きの物を買っても次はなしのものを
買う人も結構いるらしい。

えーーっ。そうなの??

フロントサスペンション付きでも、不要な時はフロントサスペンションを
ロックできるタイプのクロスバイクもあるらしですが・・・。

必ずしも必要ないなら、できれば付いていない方が景観はいいよなぁ。

他にもここぞとばかりに、ド素人丸出しの質問を貪欲にしまくってしまいました。

たぶんガツガツしてる。今すげーー自分ガッツいてる。

と思ったのですが、もうどうにも止まりません。

でも・・・今までの疑問が次々(あっさり)解消されていく・・・
やっぱ、さすが店員さん。

ありがとう店員さん。ビバ店員さん!

・・・と盛り上がりったのもつかの間。

数秒後に事態は暗転することに・・・。


なんだかんだ言っても“玉露”が気になちゃってる感じぃーの相方。

売約済だの、ここにない商品はどのように手に入れればいいのか?

その謎も是非とも解明させていただきたい。

まあ、おそらくメーカーに取り寄せだと思いますが、念のため質問を・・・。

「でも、ここにはないルイガノのTR-1とかRSR-4の他の色を欲しい場合は
取り寄せをお願いすればいいんですか?」

それに答えて店員さん。

「今からですと、メーカーに在庫がほとんどないと思いますので
希望の色とかがあるなら2008年モデルを待ってもらう事になりますね。」

「・・・・・・。」

へっ??にせんはちねん?

今年って2007年だよね?2008年は来年だよね?

未だ梅雨も明けきれないのにもう来年の話ですか?

つーか欲しい型をメーカーに頼めば即納入してくれるんじゃないのーーっ??


春・・・人は苗を植え、夏を経て、実りの秋を迎える。

秋に収穫した米は貯蔵され、次の秋までの糧となる・・・。

そう・・・灼熱の夏はもっとも貯蔵が少なく厳しい季節。

・・・でクロスバイクもこのパターンと一緒なの??植物でもないのに?

店員さんがおっしゃるには、そろそろ2007年モデルの最終販売時期。

ゆえに在庫も枯渇。

人気の色、こだわりの一品などはすでに完売。ということも多々・・・。

もし色等にこだわりがあるなら、秋口から受注に入る2008年モデルに
賭けるしかない。

但し、2008年モデルだとまだカタログもできてないので、
注文を受けても運が良くて晩秋、悪ければ新年を迎える頃に納車となる
とのこと・・・。

・・つまり。

今クロスバイクが欲しければ、人気メーカーであればあるほど

妥協。もしくは。・・・見つけたもん勝ち。・・・らしい。


どうりで・・・。

ここで本当に“売約済”の謎が明らかになったような・・・。

サイクルショップに行っても“売約済”が結構多いので、
注文を受けてから取り寄せるのではないか?と勝手に想像してましたが、

そうではなく、もうないんですね。

思えば・・・自転車って(大幅モデルチェンジするかは別として)
毎年新型をだしているようだし、いつまでも2007年型作っているわけないよなぁ。
来年になれば型落ちになっちゃうんだし・・・。

なるほどね。・・・ってわかったところでどうすんだ??

特にルイガノは品薄らしいと聞いて相方がぼーぜんとしています。

そうだよね。B店でもルイガノはGyokuroとか結構売約済みだったし。


今ここにある青のルイガノもなかなか品薄らしい。

目の前の青のルイガノRSR-4

井森美幸のキャッチフレーズを借りるなら

“まだ誰のものでもありません”

ほしい。・・・迷う。

・・・でも即は買えないよね。優柔不断だし。ここ電車で60分だし。


しかし、このまま躊躇していたら下手すればクロスバイクを
手に入れられるのはクリスマスも除夜の鐘も越え、正月明け?

つーとねずみ年???(まあ干支はなんでもいいけど)

「どうする??どうするオレーーーー?!」

ルイガノを気に入っていた相方の表情が、
ラ○フカードのオダギリジョーのようになっています。

(つづく)

よかったら応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログへ

人気ブログランキング

関連記事
サイクルショップめぐり episode 5.2(軒)
欲しい自転車がすぐには手に入らない(かもしれない)という
想定外(?)の攻撃にHPの低い相方はあっさり石化。

今、相方の頭の中は「どうする???」のストームが吹き荒れてるに
ちがいない。

・・・相方よ。好きなだけ悩むがいいさ。(スマン、所詮ひと事だし)

悪いけど、カードも選ばん。Webにも行かん。

そんな相方を取りあえず放置しておいて・・・。


私が目に付いたのはビアンキです。

パッソが吊って(?)ありましたが、こちも売約済ではないようです。

色はあれです。もちろんチェレステです。

おお。あなたもまだ誰のものでもないのですか。


私がもの欲しそうに(?)ビアンキを見ていると

店員さんが「またいでみますか?」といってくださいました。

いーーんですか?????(歓喜)

店員さんが言うには、人それぞれ足の長さと腕の長さがあるので
実際にまたがってみなければ、その自転車を乗りこなせるか分からないとの事。






ビアンキでいうとチェーロ(上)よりもパッソ(下)の方がフレームが長いので
体が合わない人はかなり前傾姿勢になるので大変だと言ってました。

なるほど。そういうことなら是非是非またがせてやってみてください。

ここまできてクロスバイク初またぎ(?)です。

店員さんに押えてもらって乗ってみます。

・・・感想

「マジ、きついっす。」

サドルの位置を合わせる時は、サドルに座った形で両足のつま先が
つく位の位置にするらしいのですが、

この状態でサドルにまたがり止まっている時はキツイ。

もう、どうしていいやら状態です。

なんか定まらないっていうか、にっちもさっちも行かないっていうか

行くも地獄、戻るも地獄みたいな。

止まる時はお尻を前のフレームの位置に移動し、自転車を傾け
片足を付くようにする。

・・・らしいのですが、とっさにそんなことはできん。

ママチャリのあのグニャって曲がったフレームがいかにラクラク設計か
身をもってわかりました。

店員さんに押さえていてもらい、ペダルに両足を乗せ完全に乗ってみると、

これまたキツイ。

思いのほか・・・つうかママチャリしか乗ったことのない身としては
かなり前傾姿勢です。

こんなもんなんだろうか?
なにせ今まで乗ったことがないので図りかねる。

店員さんによると自転車のサイズは合ってるとの事・・・。

つーことは、乗るときはこの姿勢なんだ。

・・・猫背は直りそうです。

当然のことながらすべてにおいて乗り心地のみを追求したような
ラクラク設計のママチャリと違う。

・・・大丈夫かこれ?自分に乗りこなせるのか?

またへタレた情念が芽生えます。

いや、馴れだよ、馴れ!

なにも「虎になれ!」といわれているわけじゃなし、
クロスバイクに乗るくらいなんだっていうんだ?

ここまできて後戻りなんぞ絶対できん!

ほとばしる物欲のまま、クロスバイクを手に入れるんだーーっ。

そして一気に購入になだれこめ・・・ないよーーーっ。

ここ西だし、東京横断だし。


正直このお店は私もとても気に入りました。

メンテナンスもキチンと面倒みてもらえそうですし、
店員さんも感じがいい。

できればこのお店で購入したいんですが・・・

でも・・・ものすごーーく遠いんだよーーーーーっ。(慟哭)

このお店で購入した場合、メンテはやっぱ車かなぁ。
車だと渋滞を考慮して1時間ちょいくらいだろうか??

つうかまず自転車が載るのか?コンパクトファミリーカー愛車Fに。


す・・・すいません。考えさせてくださーーい。

後ろ髪引かれる思いでお店を後にしました。


お店までの距離を云々言うなら「じゃあなんで見に来たんだよ!」
とお思いになる方もいらっしゃると思いますが、

だって店員さんが相手をしてくれるなんて思わなかったんだよーーっ。(泣)

どうせ声をかけてくれないだろうし、
多くの自転車を一度に見せてもらえればいいかなぁ。・・・って。

あんなに親切に接客してくれたのに・・・。

なんて邪なヤツなんだ私ーーーっ。

すみません。ホント出来心でした。

・・・はぁ。しかし・・・どうしたもんかなぁ。


よかったら応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログへ

人気ブログランキング

関連記事
サイクルショップめぐり episode 6(軒)
私達の所にのみ(たぶん)吹き荒れる2007年(モデル)問題。

スマン、所詮他人事だし・・・とか余裕をかましていましたが、

考えてみれば2007年モデルがそろそろ枯渇ってのはどのメーカーにも
言えることだろうし・・・。

実は私もヤバイんじゃないか??(察し悪っ)

相方・・・いや相棒。正直すまんかった。
共に「秋までにはクロスバイクを買おう」と誓った仲。
これは2人の問題だ。2人で考えようじゃないか。

しかし・・・所詮2人ともラ○フカードinオダジョー状態です。

どうする?オレーーっ(達)!

といっても切れるカードはさほどなく・・・。

当初の目的のメンテナンスをお願いできる店としては、
やはりここは遠すぎる。
いいお店なんですけどね。

しかしルイガノGyokuroはこれ以上メーカーが生産しないとなれば、
ネットの完売状況を見てもおそらく絶望的・・・。

だとしたらルイガノのRSR-4(青)に変える事はやぶさかではないが、
こちらも(店員さんがいうには)品薄状態だと・・・。

しかしRSR-4(青)でもいいと思っていても丁度置いてある
このお店ではあまりに遠すぎて購入がためらわれる。

そうこうしている間にも地球は回り続け、
クロスバイクの2007年の在庫は確実に捌けてるんだろうなぁ。

あのお店のRSR-4(青)もすでに“売約済”の札が
貼られちゃってるかもしれない。

あせる。マジあせりまくり。

しかし今更あせったところで、メーカーから

「ないもんはない!」

と言われたらどうにもならんしなぁ。

いろいろな思いが錯綜し、なんかどうしてよいやら・・・

そろそろカラータイマーが・・・エナジーチャージをしなければ!


蒸し暑いし、ちょっと気分を変える為にもコーヒーを飲むことにしました。

実は、あらかじめコーヒーの飲めるお店を調べておきました。

休憩どころの確保もへタレな私達のなけなしのモチベーションを
あげるには大切な事項なのです。

三連休の最終日。2日目も出ずっぱり。

普段、超インドアな私は乳酸もでまくりあふれまくりです。

そんな時、騙し騙し自分を動かすにはやはり3大欲の一つ“食欲”

ようするに“エサで釣れ”

折角ほとんど降り立たない都内西地区にきたのですから

「普段は行けないお店でコーヒー&デザートを堪能」するぞ・・っと!


自転車を買う。この崇高な(?)志の前にはダイエットなどは
なんと小さいことでしょう?

・・・という訳で

駅前のあるラテン風なお店でコーヒー&デザートでエナジーチャージです。

どちらかというと飲み&食事中心のお店のようですが、コーヒーだけでも
OKとのこと・・・。

注文した品が届きました。

コーヒーのはずがなぜかビール



・・・てコーヒーじゃない!!

おかしい。おかしいぞ。たしかコーヒーを飲むはずだったのに

なぜかハーフ&ハーフがきているーーっ!!

これは陰謀だ。ラニーニャの陰謀だ。

台風一過でちょい蒸し暑くなったことによる不可抗力だ。

人間とは弱いものです・・・蒸し暑い中、東京横断したし、色々歩き回ったし、
気が付くと冷たいビールを頼んでいても仕方のないことではないでしょうか?

・・・いや、見苦しい(自分に)言い訳はこの辺で・・・

本当にビールが飲みたかった、ただとめどなく飲みたかった・・・。

アテ


さすがにビールだけでは気が引けるので、開き直りついでに
アテも頼みました。

一応、涙ぐましくお店の中のメニューを熟考し、カロリーが低そうな

アボカドのディップと温野菜サラダ(S)です。

しかしアボカドのディップは想定外にチップスが多く、
カロリーはあまり低そうではありませんでしたが・・・。

どちらも旨かったです。

ああ。ガッツリと食べたかった。

さすがにビールは(しぶしぶ)1杯でがまんして・・・。

ライオンコーヒー(コナコーヒーなのか?)


最後は当初の目的どおりコーヒーを飲みました。


1件回っただけで精神的に脆弱な私たちは、なんかいろいろあって
(あれしきで)活動脳細胞の30%を全て使い切った感じですが、
本日の目的は一つではないはず!

もうひとつの目的・・・生シラスを見る!

を果たすまで帰るに帰れん。

ガッツりエナジーチャージもしたことだし、その足で新宿に向かいます。

新宿高島屋横の東急ハンズ・・・。

年末には景品選びでよくお世話になったりしたんですが、

ところで自転車なんてあったけ?

ところが意外にも(失敬!)ありました。

しかも意外にも(失敬!)結構品数豊富。

ここにはルイガノのTR-1の黒と白がありました。

黒と白も素敵だと思うのですが、
相方はどうしてもカラフル系を欲っしているようです。

あとは先ほどのお店ではお目にかかれなかったのですが、
のカーボンフォークのRSR-2がありました。



こちらはちょっと本格的すぎるかなぁ。


そうそう、当初の目的スペシャライズドシラス



ここで初めて生シラスを拝むことができました。

できれば黒がみたかったんですが、ちょっとそれは置いてないようです。


・・・しかしさすが東急ハンズ、大体の自転車は

すべて定価。値引率0!

脱、デフレスパイラル!

今まで行ったお店は多少なりとも割引があったのですが、
このデフレ時代に気持ちのいいくらい定価です。

生シラスを見れたおかげで希望のメーカー4件を
全て網羅することができました。

本日の目的は果たせました。


いろいろな思いを錯綜させながら帰路につくこととします。

帰路に着きつつ・・・。

たいした働きもしないくせに食い意地だけは張った私たちの脳。

ここは新宿高島屋。ただ帰るなんてことはできません。


そう、高島屋→新宿駅に向かう途中に、
今話題のクリスピークリームドーナッツがあるのです。

クリスピークリームドーナッツはアメリカ生まれのドーナッツ店で
昨年12月に新宿にオープン。


ダイエットはどうした?と思わないでもないですが、
こんな脂肪はクロスバイクが来たらあっという間に燃焼するはず(?)

開店当時はニュースで見て「なんの祭りだ?」
と思ったほど並んでいたのですが、
あれから6ヶ月そろそろ行列も沈下しただろうさ。

・・・と思いきや。日本人の行列にかける情熱を侮っては
いけませんでした。

なんと夜も8時半なのに長蛇の列。
その行列は蛇行を繰り返し、どこが最後尾なんだ??

待ち時間は40分。

普段は私とて日本人。
並びたい。できればあの列の末席をよごしたい。

しかし、さすがに今日40分を並ぶ気力はありません。

口惜しくも挫折です。

トボトボと再び帰路につきます。

ドーナッツのことを考えたせいか、
急激に脳がブドウ糖を要求してきました。

脳の指令には逆らえず、クリスピークリームドーナッツと
新宿駅の間にある、宮崎アンテナショップ「KONNE」に寄って
結局、夕食を食べて帰ることにしました。

夕食は炭水化物は取らないんじゃなかったんかい!!

マジ、我ながらあきれかえる意思の薄弱さです。
自分でなければ決別したい・・・。

クロスバイクを買ったら・・・(略)

このお店、意外と若いお姉さんも1人で入っていたりするんですね。 

鶏南蛮定食と地鶏の炭火焼(単品)を注文。 

宮崎県アンテナショップの定食


さすがに両方定食にするのは憚られ・・・

1つのご飯を2人で分け合って食べました。

平成版“一杯のかけそば”です。

べつな意味でかなり惨めです。(涙)


この3連休でめぐったお店は6件。

そろそろいかにスーパー優柔不断な私たちでも欲しいクロスバイクが
ほぼ固まりました。(もう大体お分かりだと思いますが・・・)

よかったら応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログへ

人気ブログランキング


関連記事
やっとメーカー決定しました!
“時は金なり”“タイムイズマネー”昔の人はよく言ったものです。

クロスバイクを買おうと決めて早約3ヶ月・・・。

その間私たちはあまりに大切な時間を無駄に使ってきたのではないか?

吹き荒れる2007年問題を前に自己反省の嵐です。


しかし・・・ほんの数週間前までネットでルイガノGyokuro

「残りわずか」とはあったけれど、まだしっかり販売してました。

・・・いうことは・・・

とかなんとかいっちゃって実は在庫を抱えている店がまだあったり、
メーカーにはちゃっかり残っていたりするのではないか??

自転車店は何軒もあるし、そこのどこかには残ってんだろう。

完売の次に「入荷しました~」となることは良くあることだし。

どこにもなかったらかなり遠いけど西地区のお店って手もあるしね。


・・・とこの時の私たちはまだまだ見解甘く思っていたのです。


・・・のちに2007年問題の真の恐ろしさを

思い知ることになることも知らずに・・・。


まだまだ真の現実がなんたるかを知らずに、欲しいバイク(夢)は
なんだかんだ言って手に入るだろうと思っていた私たち・・・。

買い手にこそまだイニシアティブがあると思っていた。

もうそんな立場にはないことを理解せずに・・・。

そんなある意味、未だ幸せな夢多き私たち・・・。


ほぼ6件を見終え、見たいメーカーの全てのクロスバイクを見終え
お互い欲しいクロスバイクがほぼ決定しました。


相方の欲しいメーカーはルイガノです。

特にTR-1の“Gyokuro”ないとなるとよけい手にいれたくなるのが人情。

初心者の街走りとしてはやはりフロントサスペンションがあるのが
魅力の1つではある。

店員さんは必ずしも必要ないとのことでしたが、それはあくまで
自転車になれてからのことでしょうし、相方的には慣れるまでは
あった方が安心は安心かな。・・・と。

お値段もなかなか手ごろなのも魅力。

だがかなり枯渇状態に見受けられる。さすがにほぼ絶望的か??

もう一つ、都内西区のお店で見た“RSR4(青)”

それまでなんの候補にも入っていなかったが、

いきなり赤丸急上昇。ランクイン!
やっぱ実物を見ると違いますね。

TR-1より若干高いが、まだまだ予算の範囲内。

TR-1よりロードよりのクロスバイクです。

それだけあってフロントサスペンションはなし。

サスペンションなしの場合でも、
最初は腕をつっぱってしまうのでダイレクトに腕に衝撃がきてしまうが、
そのうち腹筋で乗るようになるので、フロントサスペンションはあってもなくても一緒になり、
それだったらない方がいいと思うようになるらしい。

問題は慣れるまでです。

まあ腕も問題ではありますが、更に難問は贅肉が大半を占めるお腹に
自転車に乗りこなすだけの腹筋が残されてるとも思えない。

それと・・・初心者からフロントサスペンションを必要としないのは、
少なくとも運動神経の悪くない人ではなかろうか??

まあでも慣れればフロントサスペンションなしの方が
重量はかなり違うらしいし(2kgくらい?)その方が快適かも。


ただしこのルイガノもかなり人気モデル。
相方が好きな寒色系の色となると・・・こちらもやはり品薄か?



私の方の欲しいメーカーはビアンキです。

正直、途中からあなたに決めてました!

ビアンキ・ブルーとかにやられてました!

イタリアデザイン好きとしては、やはりイタリアに抗えませんでした!

しかし、ビアンキも店員さんが言うには来期2008年モデルになると
色が今の色のままかどうかは分からない。
もしかしたらもう少し“緑”になってしまうとのこと・・・。


ビアンキのチェレステ・・・ビアンキ・ブルーといわれる緑に近い青色。

イタリアミラノの天空の色チェレステ(碧空、天空)・・・。

ミラノの空の色を見て現地職人が色の調整をするとも言われるので
毎年微妙に色が違うらしい・・・。

・・・ってそんな緑になってしまうとしたら、

今年のイタリアの空事情にいったいぜんたいなにがあったんだ???

いまでも十分緑が強めなのに。

このままじゃビアンキ・グリーンになりはしないか?

そんなのイヤだ。

そんなのまるで、なんかの戦隊の構成員の名前のようではないか!


これは由々しき事態です。

あくまでも私が気に入ったのは今年のビアンキ・ブルーです。

来年変らないかもしれませんが、変ってしまったらまさに

後の祭り。

2008年モデルに切り替わる前に

是が非でも2007年モデルを手に入れなければなりません。

うかうかしてなんからんないぞ。
(今まで散々うかうかしておいてなんですが・・・)

ビアンキの中でどれがいいのか?

やはり第一希望は“パッソ”

唯一乗ってみたからというのもありますが、

何が気に入ったって自転車のロゴの入れ方です。
「おめーそんなことで」・・・とお思いかもしませんか・・・)

青の中に白抜きでメーカーロゴが入っているところがいい。

但し、これは当初から言えばちょい(つーか備品を考えるとかなり)
予算オーバーなところが「・・・」ではあります。


第二希望は“チェーロ”です。

予算的のは理想なんですが、ちょっとロゴの入れ具合が
私的には“パッソ”の方が好みといいますか・・・。

椅子の感じはこっちの方が好みですが・・・。


第三希望は“ROME2”です。
(ここまでくるとビアンキのクロスバイクをほとんど希望してないか?)

こちらはフロントサスペンションが付いていないのが魅力。

確かに自転車を見慣れてくると、フロントサスペンションがない方が
個人的には景観がいいような気がするんですよね。

それに私的には、正直運動神経もなく、腹筋にも自信がないのですが、

「乗りなれてくるとサスペンションがない方が軽い」

といわれるとない方がいいのかなぁ。と。

万能調理器なんか買うと買っただけで、
もう万能調理人の気分になってしまう方なので、
なんかもう乗りこなした気分といいますか・・・(買ってもいないのに)

乗りこなした後のことを(図々しくも)考えちゃうっていうか。

腹筋が鍛えられるまでは、腕の上腕骨に泣いてもらい、
クロスバイク上達の為の糧になってもらうのもいた仕方ないかなぁ。
とも思います。

スマン、私の上腕骨その時はこらえてくれ。

骨密度はかなり低めだけど、よもや骨折することはあるまい。


フロントサスペンションで言えば“パッソ”と“チェーロ”は
     
Spinner Odesa サスペンションが使われていて、このフロントサスペンションは
必要な時以外はロックできるタイプのものなので、

街走りの時はフロントサスペンションon
サイクリングロードを走る時はフロントサスペンションoff

この2WAYなところが一粒で2度美味しいお徳感はある。

確かにそれは便利かもしれませんが、でもやっぱり重さと景観がなぁ。


ここまで決まれば、あとは絞り込むだけです。

素人とはいえ、お互いそれなりのこだわりを抱えて自分の愛車と
なるであろう自転車を選びました。

「よかったねーーー。自分達。」と喜び合う2人。

・・・しかしその裏で密かに相方がこの2WAYなお徳感に惹かれていようとは
この時の私は知る由もありませんでした。


よかったら応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログへ

人気ブログランキング


関連記事
クロスバイクを買っちゃったぞ!1/2
なかなかブログの記事が追いついていませんが、

取り急ぎご連絡です。

相方のクロスバイクを購入しました。

ルイガノRSR-4(ブルー)です。




この間いろいろ錯綜あり、希望の購入方法ではなかったのですが・・・。

先週末から本日までの急展開です。

届くのはちょっと先にはなりそうですが、

取り急ぎご報告まで・・・。


決定までの経緯はまたブログ記事の方でご報告します。

相変わらず無駄に長くなりそうですが^^;

お付き合いください。


よかったら応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログへ

人気ブログランキング

関連記事
サイクルショップめぐり episode7&8.0(軒)
3連休に、それまでまったく全然思っても考えてもいなかった

2007年問題にぶち当たり、あせりは感じていたものの・・・。

・・・とは言えまさか希望の商品がまったくメーカーにも枯渇している
なんて事はないだろう・・・

・・・とこの時の私達は、まだまだ甘く考えていました。


21日(土)、22日(日)の週末にお店を巡って、できれば購入までこぎつけたい。

次の週末とその次の週末が用事があり使えないので、
ここで購入に向けでひと段落つけておかないと大変なことになりそうです。

特に相方の希望のルイガノの在庫状況がどうやら芳しくないようなので、
先にルイガノを決めることにしました。

ルイガノはおそらく“Gyokuro”にしろ“RSR-4”にしろ
取り寄せてもらうことになるんだろうなぁ。

もともとお店で買う目的はメンテをお願いすることですから
どうせ取り寄せてもらうなら、近所のお店で購入するしかありません。

しかし近所のめぼしいお店はあらかた回ったし・・・。


・・・と思っていましたがここで盲点(?)が

私たちが住んでいる都内北地区は都内でもかなり端でして

車でちょこっと走ればそこは埼玉県です。

なんか都内ばかりで考えていましたが、

よくよく考えたら埼玉の方がだんぜん激近。

なんで思いつかなかっただろう??(我ながら視野せまっ!)

埼玉方面に向かう方で自転車店はないのだろうか?

都外に行けば大きめな自転車店もあるかもしれません。

そうだ!!埼玉(方面)へ行こう!!


早速調べてみると国道沿いに2件見つかりました。
2件とも結構大きそうな店舗の上に1件はチェーン展開をしている店です。

チェーン展開をしているってことはそこのお店になくても
他の店舗も探してくれるはず・・・。


・・・ということで、土曜日はこの2件のお店に行ってみることとします。

ちょっと電車では行きにくいところなので、車で移動することにしました。

まず、遠い方のF店に行ってみることにします。

駐車場が完備なところが都内中心部と違っていいところなんだよなぁ。

私は都外に住んでいたので都内のお店の駐車場のない、もしくは激狭い、
もしくは駐車料金を大量徴収の文化(?)になかなか慣れないのです。

実家の方だと駐車場が店舗の凡そン倍。3000台収容可能!

「どっからそんなに人来るんだよ!」突っ込みを入れたくなるような
大型駐車場のある店舗ばかりだったので・・・。


20分も走るとF店に(早くも到着しました)

着くなりちょっと違う感じです。

結構広い店舗だったのですが、店舗のほとんどがママチャリで
ルイガノはMTBが数台、クロスバイクはジャイアントが
数台置いてあるのみのようです。

ここは早々退散。


そこから10分のG店へ。

こちらのG店はチェーン展開をしているお店で、
自宅からだと車で10分位、自転車でもすぐに来れる範囲です。

中に入ると店舗は狭めですが、ルイガノが結構置いてあります。

残念ながらRSR-4はなく、TR-1も“Gyokuro”はありませんでしたが
黒はありました。

がっかりしつつもTR-1を見ていると、店員さんが寄ってきてくれました。

「このTR-1は他の色はないんですか?」

と質問すると、やはり店頭にはこの黒しかないとのこと・・・。

取り寄せてもらうしかないかなぁ。と考えていると店員さんが、

「気になるようなら乗ってみますか?

と(あっさり)言ってくれました。

急展開!

相方、急遽クロスバイク初またぎ!

いやぁ。意外と試乗させてくれるもんなんですね。

てっきり店の中でちょろっと乗る(つーか跨ぐ)ものだと思っていたら、
そのままそのクロスバイクと共に店外へ・・・。

えっ??試乗って本当に外に出て乗るの??

もとい。なんと!相方クロスバイク初乗り!

相方が緊張しつつもTR-1に乗ると、思いの他前傾姿勢じゃない感じです。

店員さんがいうには、どちらかというとTR-1はMTBよりで

RSR-4はロードよりの自転車になるそうです。

確かにTR-1のタイヤは若干太めのような気がします。

「じゃあ。その辺走ってみてください。」

へっ?走っていいの?つうか走らせちゃっていいの?

この人(相方)なんかふらついちゃってるんですけど・・・。

相方がふら~っと走り出し、よたよた~と10mくらいを走ります。

見ている方がかなりハラハラします。

なんかこの感覚デジャヴだぞ・・・。

そうだ!生まれたばかりの子牛が立つところを見守る感じだ!

なんか肉食動物が来たらやられちゃう感じだぞ。

私のハラハラ感をよそに、相方は結構快適に乗りこなしていた
つもりになっていたらしい。

あまつさえ「もうちょっとロードよりでもいいかな?」とか
考えていたそうだ・・・。

・・・妄想って怖い。

・・・あえて言うけど相方よ。

君の乗り方は正直かなりヤバかった。

まあ、どんなクロスバイクを買っても君の自由だけど、

クロスバイクを買ったら公道を走る前にお互い練習しような。


“Gyokuro”も“RSR-4”もお店にはないのでメーカーに
問い合わせてもらうことになりました。

店員さん「えーとご希望の品はRSR-4のブルーとTR-1の方のお色は・・・」

「抹茶で!」

って玉露だよ。玉露。(恥)

お茶の名前だとは思っていたので思わず・・・。
スマン、所詮はひとの自転車だったので真剣に覚えてなかったていうか。


試乗を終えての相方の心境はTR-1でもいいけど(無謀にも)
もうすこしロード寄りのRSRにぐぐっと心が動いているらしい。

ただ相方的にネックはやはりRSRにはフロントサスペンションが
ないことらしい。

確かにお店の人も街走り向きはTR-1だといっていたし・・・。

それとRSRの方は試乗していないというのがなぁ。
思い返すにE店で試乗をさせてもらわなかったのが悔やまれる。

肝心な時に石化してるからでしょ。もう。


おりしも本日は土曜日、メーカーは休みなので連絡は
月曜日になるとのこと・・・。

店頭にはないけれど、ビアンキも取り寄せ可能ということなので
ついでに聞いてもらうこととします。

うーん。店頭に置いていないお店は不安ではあるが、ルイガノを買うとしたら
やっぱ一緒のお店で買った方がいいでしょうし・・・。

なかなか店員さんの感じもいいし、ここのお店で買うのもいいか。


・・・ということで急遽私もこのお店で“パッソ”“チェーロ”

はたまた“ローマ2”を選ぶことになっちゃっいました。


・・・しかもカタログショップで・・・。

(つづく)


よかったら応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログへ

人気ブログランキング

関連記事
サイクルショップめぐり episode 8.1(軒)
ジャー○ネット~♪ジャ○ネット~♪

今、私の頭中のみで響き渡るこのメロディー・・・。

これから目の前の店員さんが持つカタログから

私の自転車を決めなければならない。


あっ。ジャ○ネットはテレビショップだっけ。

・・・てそんなことはどうでもよい

相方が頼んだルイガノがあれば
ここで今たのんだ商品を私も買うことになるだろう。

ここまで来たらできれば実物を見て決めたかったけど、
結局2次元決めかぁ。トホホ。

“パッソ”は見たことも試乗させてもらったこともあるけど
“チェーロ”“ローマ2”見たことすらありません。

(もしかして、最初の方のお店で見たかもしれませんが
“ビアンキ”の自転車としか認識してなかったのでイマイチ記憶が・・・)

第1希望は“パッソ”なんだけど予算的には“チェーロ”だし、

フロントサスペンションがないことでは“ローマ2”もよい。


こんな感じで第一希望は一応“パッソ”とは言え、頭の中では団子状態。

“パッソ”と“チェーロ”の違いはロゴ以外イマイチわからないのですが、
この2つと“ローマ2”の大きな違いはフロントサスペンションありなしです。
(ハンドル等も違いますが・・・)

そこを重点的に考えると・・・フロントサスペンションはありか?なしか?

悩んでいると相方が・・・

「フロントサスペンションがあったって、ロックできるわけだし、

両方の走りが楽しめるなんて便利だしお得だよ。」


そうか・・・お得かどうかはさておき、確かにその考えは一理ある。

街走りが中心となるんだしサスペンションはあれば便利だろう。

ロックすることで両方の走りを楽しめるんだから、まあいいか。
(2kg重くなるのはネックだけど・・・)


“パッソ”と“チェーロ”の2つに絞られました。

デザイン(というかペイント?)の他に
この2つにどんな違いがあるのか聞いてみました。


店員さんが言うには、細かくスペックを見ていくと
フレームとかギアとかのグレードが“パッソ”の方が少しずついいそうです。

その辺のグレードの違いは素人の私にはまったくわかりません。

しかし、逆にまったく分からないだけに「ちょっとずついいですよ。」

言われると良いほうを買っておきたくなるような・・・。

“パッソ”だったら乗ったこともあるし、

何よりデザインが気に入ってる。(まあ、ロゴの入れ方なんですけどね)

ここは・・・決めるか・・・・でも予算が・・・。


しかし・・・

私がこんな純粋な“趣味”にお金を使うのなんて何年ぶりだろう?

食欲や物欲にはそれなりには使用しましたが、

“趣味”にお金をかけた事なんてここ数年(下手すると十数年)皆無。

なにせ趣味がなかったんだから使いようないし。

多少の予算オーバーくらいなんだというんだ?

どうやら相方の方は無事に予算内に収まりそうだし・・・。(心の声)

まあ自分が多少予算をオーバーしても、なんとか補填は可能だろう。


・・・という葛藤の末“パッソ”に決めました。


ルイガノTR-1“Gyokuro”、RSR-4(ブルー)、ビアンキ“パッソ”の在庫確認をお願いして、
お店を後にしました。


・・・でも・・・

メーカー取り寄せもお願いしたし、これで大丈夫。

・・・と楽観視などできる状態ではないようです


ビアンキはさておき、ルイガノ・・・。

ルイガノの在庫を語る時に、店員さんからそこはかとなくにじみ出ていた、

“ありそうもない”感。

確認しないで無下に断れないんで(駄目だと思うが)一応聞いてみる

・・・みたいな空気。


最後に「メーカーになかったら、完売なので今期モデルはあきらめてくださいね。」

・・・となんとなく強く念を押された感じに言われたあの言葉。

むやみに期待させない為の予防線だったのではないか?


・・・やばい。

どうやらこのまま“のほほーーん”と月曜日まで待つわけにいかないぞ。

このG店に行って、更に危機感を募らせる結果になりました。


これはまたどうしたもんか・・・。

帰りの車の中で、今後の対策を練ります。

私「さっきの店員さんの態度からするとかなり期待薄そうだねぇ。
特に“Gyokuro”も“RSR-4のブルーも白とか黒に比べて
元からあんま作ってなさそうだし。」

相方「そうだね。厳しそうだねぇ。(困)
RSR-4は第2希望の黒だったらあるかもしれないけど・・・。」


???・・・て第2希望??

あれ?相方ってRSRにしろTR-1にしろカラー色じゃないと
ヤダって言ってなかったっけ?


丁度メーカー問い合わせの為の書類を書いてもらう時、
私はちょっと席をはずしてたので相方と店員さんのやり取りを
聞いてなかったのですが・・・。

いつの間に黒を第2に希望してたんだ?

てっきり「どーしてもカラー色がほしい」と思ってたんだけど、

いつの間にか日和ってたのか・・・。


私「ふーん。黒でもいいんだ。」

相方「よくないよ。(あっさり)」

・・・ちょっと待て。なんか日本語かみ合ってなくないか?

私「でも第2希望ってことはあったら買うんでしょ??」

相方「買わないよ。」

私「・・・・・・・」

・・・おかしくないですか?おかしいですよね?!

第2に希望してないのに第2希望とはこれいかに?????

私「じゃあなんで第2希望にしたの?」

相方「だって店員さんにRSR-4の第2希望は何色ですか?って聞かれたから」

私「でも希望してないし、買わないんでしょ。」

相方「うん。」

私「だったらなんで・・・(略)」

相方「だって店員さんに・・・(略)」

・・・以下エンドレス


なんだ?その卵が先か?ニワトリが先か?的な言い訳は。

もう!希望してないなら第2希望じゃないでしょ!!

嗚呼、天然。

・・・この人悪気は(たぶん)ないんです。許してやってください。


いつも思うのですが、同じ優柔不断な惰性人間でも

まだ私の方が幾分かマシじゃなかろうか?


クマノミ・・・熱帯さんご礁に生息する魚。

一つのイソギンチャクに複数のクマノミが生息し、
その中で一番大きな固体がメス、次に大きな固体がオスとなり、
その他の固体は繁殖しない。

もし、このメスに死んだ場合、オスだったクマノミがメスになり、
その他の固体の中から一番大きなクマノミがオスとなるという・・・。


もし私たちがクマノミだったとして、最後に相方と私残ったら、

その場合、メスになるのは私なのだとヒシヒシと感じる


相方に任せていてはいけない。

任せてたら秋までに絶対買えん!

この先はこの私が仕切らせてもらう。

(まあ今までもその傾向だったんですが)

時間を見ると、まだ2時ちょい。

車をマンションに置いてもう一軒
今までルイガノが一番多く置いてあったB店行ってみることにしました。

最初の頃だったので、店員さんに声もかけずにおずおずと
売約済みの自転車だけ見て帰ってきましたが、
もしかすると売れてないルイガノがあるかもしれないし・・・。

今回は作業中だろうがなんだろうが、声をかけさせてもらうぜ!

再びB店に向かいました。


よかったら応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログへ

人気ブログランキング


関連記事
驚愕の一言
B店・・・わが家からバスで30分。そこから徒歩10分。

今まで行ったお店の中で、一番ルイガノが多くあったお店。
(のような気がする)

最初にB店に行った時は、自転車店の勝手もわからず、

あまつさえ自転車店に対して、奇妙な妄想を抱えていた時。

自転車自体も良く決めていたなったので、“Gyokuro”(売約済)
があったのは覚えていますが、その他のRSR-4があったかどうかは不明です。

まあ、その店で見つかれば“パッソ”も置いてあったし(売約済だけど)

一緒の自転車店で買うことができる。



1週間ぶりのB店。


入口を入ると、女性店員さんが何やら作業をしています。

声をかけようと思ったのですが、

その女性店員さんに漂ういっぱいいっぱい感・・・。


・・・何やら(かなり)忙しそうなので、先に2階で自転車を見てみます。

やはりRSR-4は、ないようです。

先日見かけた“Gyokuro”もなく・・・買主さん(?)に引き取られたんだね。


・・・・・しかし相変わらず売約済みが多いなぁ。ほとんど売約済みです。

・・・あれっ??よく見ると多いどころか、
全ての自転車に売約済みを示す、名前の書かれて紙が張られるんじゃ??

丁度店員さんが、目の前の自転車を取りに来ました。

この店員さんもかな~り忙しそうですが、今を逃したらもう聞く機会が
永遠にこなさそうなので聞いてみます。

「売約済みじゃない自転車はないのですか?」

「うちの自転車は、全て注文をもらってからメーカーから取り寄せて
組み立てているので、ここにあるのは売り物じゃないんですよ。」


へっ?じゃあここって本当に保管庫だったの?

そういうことでしたか、だから全て売却済みだったわけだ・・・。


それにしてはお店に入るのは自由だし、お客さんが結構見に来ていたけど、

そのお客さんってもしかして、MY自転車の仕上がりとかを見に来てたの??


最初に来たときにまったく「販売」してこないわけですよ。
ぜーんぶひと様のものなんで売りようないですもんね。


そういうお店もあるんですね。

このお店はネットでも注文を受け付けているらしい・・・。

注文はお手軽通販。組み立ては近くのお店っていうのもいいかも。

・・・実際見たり乗ったりできないのはネックではありますけどね。


メーカーの在庫があれば販売してくれるらしいのですが・・・。

帰ったら早速HPで確認してみよう。

まあ、期待薄そうですが・・・。


ただし、組み立てが300台も詰まっているらしくて、
希望のクロスバイクがあったとしても結構待つらしい・・・。

300台待ち・・・。
クロスバイクを一台組み立てるのに、
いったいどれくらいの時間を要するかはわかりませんので、
それがどの程度のものなのかが謎ですが、

店員さんの様子から見るとかなり時間がかかるのではないだろうか?


うーん。そうするとどれくらい待つのかなぁ。

体育の日までには間に合うのだろうか?

まあ、あくまでもメーカーに在庫があればの話ですが・・・。

在庫はないし、組み立ては待つし、世の中密かに自転車ブームなのか?

それとも元からスポーツ自転車というのはそういうものなのか?

私は春にテレビ番組を見て天啓を受け、唐突に購入を決めたので、
自転車の世界のことはまったく分かりませんが、
季節がら受注が立て込んでいるのだろうか?

そりゃあ冬よりも春~夏の方が自転車が欲しくなるだろうしなぁ。

それとも・・・私の見た番組で、みなさん同じく天啓をうけたのか?


・・・疑問を抱えつつ、B店を後にします。


帰路に着く途中・・・ここは御徒町

あの「大江戸」がある場所。

前を通るとパブロフの犬状態。暖簾をくぐらずにはいられない。

今回はダイエットに加え、月末という2重苦ではあるが、

あの引力には逆らえない。

例えは悪いが、この時ばかりはホイホイに入るゴキの気持ちが分かるような気がする。



家に帰り早速ネットで確認。

B店のページを確認しましたが、やはり在庫はないようです。

楽○などで通販を見てみてもRSR-4(ブルー)ははなし。

しかも・・・メーカー在庫を反映させているページもあり・・・

・・・つまりそこにないということは・・・

やっぱりメーカーにもないってことだね。

これは引導渡されちゃった?

月曜日を待たずとも、もうネットで答えは出ています。

いやーーホント便利な世の中になったもんだ。

・・・と感心している場合じゃない。

ということは、やはり今自転車店に流通している分しか

“Gyokuro”もRSR-4もないわけです。


・・・・・・・・。


そうだ!・・・明日は都内西地区のE店に行こう!!


あのお店なら確実にRSR-4(ブルー)があったわけだし、
相方的にも昨日TR-1に乗ってから“Gyokuro”より
RSR-4を購入したいと思っているようだ。

なーんだ。もっと早くそうすればよかったんだよ。

あそこの店ならお店的にも気に入ってるし“パッソ”もあるし・・・。


そう、遠いたって同じ都内だし、何を迷っていたんだろう。

よく見るとこのお店には駐車場があるではないか。

整備してもらうときには車に乗せて行けば良いし。

愛車Fに入るかどうかは・・・考えない。考えない。

無理無理プラス方向に考えました。


思えばこの辺から私的には

RSR-4(ブルー)を手に入れられるならどんな方法でもよい。

という考えに変ってきました。もう相方そっちのけで。




次の日、日曜日の朝。

祈るような気持ちでE店に電話。


RSR-4(ブルー)は・・・・・・



なんと!



売れちゃってました・・・・祈り通じず。



2007年問題は、そんなに甘いもんじゃねぇ


・・・買おうか、どうしようか、迷っているうちに売り切れる。


これぞ優柔不断人間が、今まで数多くぶち当たってきた壁。


あの時決断していれば・・・悔やまれます。


ちくしょーーっ。自分達のバカーーーっ!!


・・・私が悔やんでいる横で、

なぜか相方が存外涼しい顔をしていたりします。


・・・理不尽な・・・。

自分のことでしょ。


私ばかりに悔やませてないで、自分も悔やみまくりなさい。


だいたいどうすんの?ろくに悔やみもしないで、君は!

今買えなかったら来期モデルまで待つんかね?


・・・しかし・・・次に相方の口から驚愕の言葉が・・・。


「ルイガノのRSR-4(ブルー)は駄目みたいだし、自分もビアンキにしようかな。」


・・・・・・・・・・・・。

なっ・・・なんだってーーーっ???!!!


よかったら応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログへ

人気ブログランキング



関連記事
お得好きにもほどがある!
ビアンキもいいよね。ビアンキ・ブルーなんかも良く見るといい感じ。」

確か以前は「ビアンキの色は自分的にはちょっと・・・」とか
言っていた相方・・・。

今、目の前でビアンキの“チェーロ”を見て嬉々としている。

・・・ここはA店、一番最初に来た家から最短のお店。


相方がビアンキを見たいというので、

E店に電話後、選挙(期日前)ついでに来てみたわけですが・・・。


選挙の週は都内に居ないので先に期日前投票をすませたんですが、

期日前投票は初めてだったのですが、なんか行ってみてビックリしました。

選挙委員(?)の方(おそらく公務員の方)が5人位いて
入いる時には「いらっしゃいませ~。」
投票を済ませて帰るときには「ありがとうございました~。」

・・・とか言うんですね。(うちの地区だけか?)

郵政も民営化されるし、お役所もアウトソーシングの波が押し寄せてると聞くし、

公務員のみなさんも大変なんですかね・・・。


この期日前投票の現場(?)が丁度うちとA店との中間地点なのです。


A店・・・最初に来た記念すべき(?)お店。


最初に来たときは、「初生ビアンキ・ブルーだー。」と舞い上がって
車種まで見る余裕も目利き感もなかったのですが、

改めて来て見るとクロスバイクは“チェーロ”のみが置いてあります。

店員さんは2人。この間より天気がいいだけ更に忙しそうです。

このお店はママチャリが店内の半分を占めているので、
ほとんどがそちらのお客さんのようですが・・・。



・・・解せない。

それにしても相方はなぜ急にビアンキにしようなどと言い出したのだ?


最初(というかさっき)相方から「自分もビアンキにしようかな。」と言われた時、

ちょっとまてやーー。予算はどうすんじゃーーーっ。

2人で“パッソ”にしたらかなりの予算オーバーやんけーー。

・・・と自己中な私は、心の中で激しくあせった訳ですが・・・。

しかし、なにかにつけ

「よく分からないけど、いい方にしたい」という私に対し、

相方は「よくわかんないなら、安いほうでいいや」というタイプ・・・。


今回もその考えに基づき、相方は“チェーロ”を選ぶ気らしい。

・・・まあ、それなら予算的にはクリアーだし、

問題ないちゃ、問題ないのだが・・・。


私的には「相方は“ルイガノ”に決まり!」と思っていたのに・・・


正直、この梯子の外されっぷりはなんとなく納得いかん。


試乗させてもらおうにも、ペダルが外されている状態で置いてあるので

とてもじゃないけど言い出すことも出来ず、

絶望的とはいえ、昨日行ったお店の連絡が明日入るので
(チェーン展開しているお店だから、もしかしたら他店に在庫があるかもしれんし)

それまでは待とうとういうことでA店は取りあえず出ました。



・・・やはり解せない。


その後、銀座に用事があり、銀座に向かう道すがら聞いてみました。



私「・・・でなんで急にビアンキに変えようと思ったわけ。」


相方「フロントサスペンションが2WAY使えてお得だから。(あっさり)


・・・・・・・・。

えーーーーーっ?それだけ???

・・・・・しかも、お得って・・・・・。

相方・・・またお前は・・・そんな理由で・・・。(脱力)


・・・そうなのです・・・。

相方は無類のお得好き


チョコレートはアーモンド入り(お得だから)

デザートは盛り合わせ(お得だから)

ピザはハーフ&ハーフ(お得だから)

クーポン券は必ず使用(お得だから)

福引は必ずやる(お得だから)

コミックガンボやフリー雑誌は必ずもらう(ただだから)

・・・という超お得大好き人間なのです。

単なるお得好きじゃないんです。

もうお得命。お得教。魂がお得。

今でこそ私もこのお得に理解を示しますが、
コミックガンボも読んでるうちに楽しみになってきたし・・・。

クーポン→使わない。
ポイント→貯めない、還元しない。
福引→したことない。

・・・という家庭に育ってきたので出会った頃のギャップは
すざまじかった。

もちろんお得は悪いことではないんですが、
当時はあまりのカルチャーショックで理解できないことが多々あり、

この「お得」のことで喧嘩になることもしばし・・・。

喧嘩の元が「お得」なだけに、
正直、思い出したくもない低次元な争いに発展することもかなりありました。

最近はお互いかなり影響し合い、融和されてきたとはいえ、

相方に“お得”を前面にだされると当時がフラッシュバックするっていうか
拒否反応おきるっていうか・・・。


なんか私、ムカムカしてきました。


趣味は“お得”なんかじゃねぇーーー!みたいな。
(今まで無趣味でいたくせになんですが・・・。)

大体自転車は愛だろうが!愛。


ルイガノに決めた!!といか言っていたのにあっさり

ビアンキに鞍替えするなんて・・・


しかも理由が「フロントサスペンションが2WAYでお得だから」
ってどういうこと??

フロントサスペンションの話を聞くまで

「ビアンキは色がちょっと・・・」なんて言ってたじゃんか。

「やっぱチェレステもいいよね。」って“Gyokuro”とも“RSR-4”とも

色の系列がまったく違うやん!


お得の前には己が色彩的美的感覚まで曲がっちゃうなんて。

そんなの「お得幻術」に惑わされているだけだ!!

そんなのお天道様と桃太郎侍が許しても私が許さん!!


だいたい本当それでいいのか?相方よ。

私は本当に欲しくてビアンキを買おうと思っているのに、

自分は日和ってビアンキを買っても本当に愛せるのか?

私も一番ほしいクロスバイクを買うように、

相方にも一番ほしいクロスバイクを手に入れて欲しいんだ!

その為なら来年まで待ってもいいじゃないか?


・・・それに来年を待つ前にまだ2007年。

枯渇しているからとはいえ、真剣に探せばルイガノもあるかもしれない。

諦めたり、日和ったりする前にやるべき事があるのではないか?

私が全面的に協力するからっ!!


・・・湧き上がる、拍手(脳内で)

感動(?)の同士愛(?)


・・・私の熱い説得に相方も分かってくれたようです。

(というかあまりの剣幕にうなずかざるおえなかったっていうか)


相方は再び本命はルイガノRSR-4(ブルー)一本に決めることにしました。


よかったら応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログへ

人気ブログランキング

関連記事
サイクルショップめぐり episode 9(軒)
私はギャンブルをやりません。


なぜなら熱くなるからです。


思い起こすに、あれは小学校の3年生の時・・・


お祭りでやった、豪華商品付のくじ引き。

3本の棒の中の1本にだけ5円玉が釣ってあり、
5円玉が釣ってある棒を当てるという極めてシンプルなくじです。

当然イカサマです。

しかし、当時の私は純真無垢だった。

まさかそんな陰謀があるとは思わず、
月の小遣いやお盆に親戚からもらったお金等、
今思うと結構な金額だと思うのですが、

気がついたら全てスっていました。

もう身包み全部

1回100円だったのですが、
完全熱くなっていた私は最終的にはかき集めて。

確かに私も大バカですが。

大人の世界ってえげつないですよね。

子供の小遣い銭を一銭のこらず毟り取るとは・・・。

私が初めて受けた大人の洗礼です。

今となってはホントいい勉強になりました。

己が良心を犠牲にして私に人の世の世知辛さを教えてくれた
イカサマのおっさんには感謝したいくらいです。


その後、3歳年上の鬼のような兄にもいろいろカモられたこともあり・・・。


中学生に上がる前にはすっかり賭け事をしなくなりました。

ありがとう兄。恨んでるけどね。



・・・という風に私は元は熱くなりやすい性格。


加えて私の場合、優柔不断の副作用というか、

決めるまでは優柔ですが、いったん決めると諦めが悪いのです。
(この辺、同じ優柔ですが相方は諦めがあっさりさっぱりしてるんですよね。)


この辺から私はルイガノ購入に向けて“完全に熱く”なっていました。



A店を出てすぐ銀座に向かうつもりでしたが、急遽予定変更


銀座に行く前に、バス移動の途中で見かけた
浅草方面の自転車店に行ってみることにしました。


浅草のお店H店、A店からバスで20分、バス停から徒歩5分。

この浅草のお店は、いつもバスの中から見かけるだけのお店なので
どのような商品を売っているかは分かりませんが、
見かけはかなりそれっぽいので、もしかしたら売っているかも・・・。

入ってみると、中はかなりアメリカン
店員さんも日本人ですが、アメリカン
もう空気がすでにアメリカン

店内に漂うワイルド感・・・なんていうかもうアメリカンっていう感じ。

アメリカンだけあって、自転車はスペシャライズドのシラスが結構ありました。
2007年モデルはもちろん2006年度モデルも・・・

このお店にルイガノの入る隙などなく・・・。

当然、売っていませんでした。


店を出た後、この辺で更に自転車店がないかと探しましたが、
あてもなく彷徨っていても、そうそう都合よく自転車店はみつかるわけもなく・・・。

ついには公衆電話にある電話帳を使い、近くの自転車店に連絡してみましたが、
「はあ???る・・いがの?ですか??」という感じのお店でした。

なんのあてもなく徘徊していることが無意味なことだと、
この辺で(やっと)気づき、取りあえず自転車のことは置いておいて、
銀座に向かうことにしました。


銀座に着き、即、エナジーチャージです。

ノア カフェ (NOA CAFE)


銀座にあるカフェなんですが、
ワッフルがオススメらしく、注文を受けてから焼くので
来るまでに時間がかかりました。

季節限定のベリーワッフルです。
味は超甘さ控えめで、美味しかったです。

一応、ダイエットの為に(まだ言うか?って感じですが)
1つだけを分け合います。

少しガマンするだけで、なんか大変がんばっちゃた気になっているところが
ダイエットが成功しない原因なのでしょう。
(まとめちゃってどうする)

結構、銀座も自転車で来ている人が多いので(かなり走りにくそうですが)

自分たちも自転車を買ったら、
「大江戸」都内全店制覇と同時に、自転車でカフェめぐりなんてのも行きたいなぁ。

・・・しかし「大江戸」はさておき、カフェめぐりになると服装とかどうすんだろ?

さすがにあんまぶっちゃけた格好とか出来なそうだし・・・。

その辺は街歩きもOK仕様のサイクリングファッションとかあるんだろうか?

・・・まあ、そういう願望はまず自転車を買ってからですね。


帰りはミキモト前を通りかかったのでお約束(?)の
ツリー(冬はともかくこの季節はなにツリーなんだ?)の撮影です。
風鈴がついていて、その風鈴の短冊(?)状のところに願い事が書かれてれてました。
(気持ちは分かるが、その使用法は正解なのか?)

ミキモトツリー(?)



下の影は魔法陣(?)のようになっているんですね。

ミキモトツリー(影)





・・・そして次の日(月曜日)


朝イチで私の携帯にG店より連絡が入りました。


“Gyokuro”も“RSR-4(ブルー)”も完売のようです。
ちなみに相方第2希望(笑)のRSR-4(黒)も売り切れでした。

・・・やっぱりね。

その上、ビアンキの“パッソ”も現段階ではメーカー在庫はなく、
9月から再生産に入るので、注文は9月分の生産からになるとのこと・・・。

しかも!その9月分の生産が私の分に来るかは保障できないので、
受け渡しはその後になるとのこと・・・。

なんだってーーーっ!


・・・と思いましたが、その時の私の頭にはビアンキの事を
深く考える余地はありませんでした。


そのとき私の頭の中は

“ルイガノRSR-4(ブルー)を何がなんでも手に入れたるで!”

という情念でいっぱいだったのです。


よかったら応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログへ

人気ブログランキング


関連記事


広告



カテゴリー

にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ
人気ブログランキング



プロフィール

くろばい

Author:くろばい
愛車ビアンキ・パッソ
【愛称:ビンちゃん】
愛車2ビアンキ・ミニベロ9
【愛称:ベロンチョ(ベロちゃん)】
激情にながされ1週間で購入に至る
愛車3ママチャリ
【愛称:ソルジャー・チャーリー】
現在自転車3台を所有。
あまりの自転車の増殖率に
恐れおののく日々。
これ以上、増えることはないと
思いつつも、自分が信じ切れない
今日この頃・・・。

相方(くろばいB)
愛車:RSR-4(ブルー)
【愛称:ルイちゃん】
愛車2:ラレー・RSW SPECIAL
【愛称:くろまるくん】
新たにミニベロを購入して、
自転車わが世の春を謳歌中。
自己開発のアンゴラダイエットの
お陰で(いまのところ)メタボリック
危険水域を脱出。
しかし現在、ポタ時はポタメシを
思いっきり解禁しているので、
リバウンドに王手か?



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

06 | 2007/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



月別アーカイブ



カウンター



ブログ内検索



RSSフィード

  • seo



おすすめの自転車本

わが家の自転車メンテナンスのバイブル!





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。