クロスバイクを買っちゃうぞ!
初心者がクロスバイク乗りになるまでの軌跡
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪まつりに行こう!【ポタグルメで大満足!編】

昨日、ようやっと家に帰ってきました。

さすがに布団にすら寝られなかった3日間でかなり疲れました。

今回は1枚の掛け布団でもなく、連日連夜のこたつ寝でなんか心も煤けました。

昨日はベッドでかなりぐっすりです。

嗚呼。ベッドってすばらしい!!

さて、連日の犬話はじまりで申し訳ないですが、
昨日うちの犬が“食い意地がはっている”ということを書かせていただきました。

それを見て「ここは私の武勇伝をもっと作らねば」と思ったかどうかは不明ですが、
また1つ、うちの犬に(食い物関係の)武勇伝~そして伝説へ~が誕生しました。

それは昨日のことです。

実家のリフォームの手はとうとう居間にまで侵略を進め、
私と母、そして愛犬は居場所がなく、1日出かけることにしたのです。

まあ、いろいろと母の用事の為に回らされたのですが、
その時にちょっとコンビ二による機会があり、
名前はうろ覚えですが、ブルボンプチの“北海道ミルククッキー”というような
商品を購入したのです。

そのクッキーは購入後、運転席横のポケットのような場所におきました。

まさか私の軽率なこの行動があのような事態になるとは思わずに・・・。

途中、母と車を離れました。

離れた時間はおよそ5分。

車に帰ってみると、我が愛犬がなんか食ってるーーーーっ!!

大急ぎで見てみると、プチの袋が無残に引き千切られ、
愛犬がクッキーをあらかた食い終わっている時でした。
(ちなみに残りは3枚)

なんとか取り上げて、呆然としつつも、

「ああーーーっ。なんてことするの??
こんなに食べたら、あなたの体には悪いんだよぉーーーーー。」

と、叫ぶと、

いきなり怒り出し、怒りの舞を踊る愛犬。

逆切れかよっ!!

いや、私が悪いんです。
ああいいうところにうっかり食べ物を置いた飼い主が悪いけど・・・。

こいつ。私が来なかったら残り3枚のプチを食べ終わっていたに違いない。

私でもいっぺんに食べられるかどうかなのに、
おおよそ4.4kgの体重でプチ1袋のクッキー。

どんだけ食い意地はってんだよ。

以前に焼き鳥9本(私と母、父の夕食全本)

ワンコ用のジャーキー一袋(お徳用パック)

と、盗み食いされたことがありますが、また伝説が・・・。

どれだけ食べればこの犬に限界が訪れるのか??

本当に謎です。


そうしてその日の夕食。

かなり糖分をとったし、カロリーも摂取しちゃったので、
愛犬のご飯は、ダイエットタイプのドライフードだけにしました。

いつもはドライフードの上に缶入りのジューシータイプの
ものをのせるのですが・・・。

さて、愛犬は、(あんだけ食べておきながら)
夕食も食べる気満々でごはんを覗いたのですが、
なんと大好きなジューシー缶がのっていない!

それが気に入らない愛犬。

なんと!ごはんを入れる皿をいきなりひっくり返しました。

星一徹かよっ!!

どんだけ傍若無人なんだよ。愛犬。

そして、またわが家には愛犬の武勇伝が1つ生まれました。(--;)

前置きがまたまた長くなってしまいましたが、
以下、1月26日のポタリング日記の続きです。


神田雪まつり(本当は“神田雪だるまフェア”というらしいです)を
(比較的あっさり)見終わり、途中鍵のアクシデントもあった為か、
結構な時間になっていました。(つうかスタートが遅いんじゃ?)

このままじゃ、この日のポタメシ企画第1部

神田「近江屋洋菓子店」が閉まってしまう。

この日は土曜日だったので、お店は7時までの予定でしたが、
すでに5時半を回っていたので、あせりました。

この「近江屋洋菓子店」昔からあるケーキ屋さんらしいのですが、
中に喫茶スペースもあり、好きなケーキをお店で食べることもできるらしい。

前から行ってみたかったお店なので、神田に来たのが百年目。

見逃すわけには行きません。

お店は淡路町にあり、ちょっと分かりづらいところにありましたが、
匂いににつられて(?)行き着くことができます。

本当に近づくと洋菓子のいい匂がするんです!!

「これは近いぞ!!」と、見えない(食い意地という)糸に
引っ張られるようにお店に着きました。

魚だったら一番最初に食われるタイプですね。(--;)

でも、鼻が利く方は目をつぶっていてもたどり着けるかも。

こちら「近江屋洋菓子店」です。


近江屋洋菓子店

お店に入ると、ショウケースの中にはケーキ、ケーキ、ケーキ。

新進気鋭のパティシエのケーキ・・・という感じではないのですが、
派手さはなくとも昔ながらの素朴な感じの美味しそうなケーキが並んでいます。

ショウケースの中のケーキを好きに選んで、
ケーキ代+ドリンク代(飲み放題)を払い喫茶スペースで食べる。

・・・というシステムなのですが、

私たちが入った時には、喫茶スペースは満席。

かなりくつろげる感じのお店なので、スペースはいつ空くとも分からず・・・。

取りあえず、ケーキを選び、ドリンク代を払って、
席が空くまでスタンドで立ち食い、立ち飲みをしながら待ちました。

ケーキですが、お値段はかなりリーズナブル。

種類もいろいろあるのですが、特に苺ショートケーキはかなり種類があり、

角型ショートとか、丸ショートで中に桃入りとか、苺入りとか、
大きめとか小さめとか・・・。

中身と大きさによって値段もまちまちです。

かなり迷いましたが、ひとつは一般的なショートケーキをチョイス。
(本当は間に苺入りのものが良かったのですが、この時は売り切れてました(;_;))

苺ショート

もうひとつはチョコマロンケーキを選びました。

マロンチョコケーキ

苺ショートケーキは210円。
チョコマロンケーキは315円。
飲み物は525円×2

かなりお値段はリーズナブルです。

ケーキを選んで、コーヒーを飲んでいるうちに奇跡的に(?)席が空き、
喫茶スペースのカウンターに座ることができました。

これからが相方の本領発揮。

他称お得ハンター、お得の申し子の相方、
飲み放題(のドリンク)全種類制覇に向けて本格始動です。

もう誰も止められない、彼のお得に対する情熱。
相方がもっとも輝きをみせる瞬間。

飲み物はコーヒーの他にもフレッシュジュースが各種。

「ジュースは出来合いかな。」と思っていましたが、

みかん、キウイ、バナナミルク、ストロベリーもあり、
どれもこれもキチンとフルーツを使って作った味で本当に美味しい。

ちなみにこちらは「みかんジュース」。超フレッシュです。

フレッシュみかんジュース

飲み物の中には、なぜかロシアの香り漂う、
ボルシチなんてものもあり、これは冬にはありがたい。

味も結構本格的、食べ放題ともなると予算の関係もあるのか、
ベーコンとかのお店も多いと思いますが、
(それ以前に飲み放題にボルシチの店とかあまりないかも^^;)

ボルシチ

ここは本格肉。相方の大好物の肉。

結局、相方は2杯食べてました。

このお店、カップとかお皿は紙皿なのですが、味は本格的。

(ちなみにボルシチのカップは夜店のカキ氷のカップです)

チープな器と深い味わい。このギャップがアバンギャルドな感じで
逆にいい感じです。

逆にいやすさ倍増で、喫茶スペースのお客さんの回転率は悪いような・・・。


その後、ホットチョコレートも飲み、これも美味しかった。

・・・この飲みっぷりを見て(聞いて)

「こいつら本当に全制覇しなんじゃねぇの?」

・・・と、お思いでしょうが、いやいや、さすがにそこまでは。

あと紅茶とミルクもありましたが、相方的には優先順位が低かったらしく、
これは飲めませんでした。

・・・て、やっぱりほとんど制覇じゃん。

しかし飲み放題とかの時の無駄のなさは、いつもぼんやりやさんの相方とは思えません。

他の事にもこうだといいんだけどね。(--;)

結局、私たちは閉店寸前まで粘りまして・・・お店を出たのは7時でした。

私的にも大満足ですが、お得のソウルを持つ相方的には、

かなり大大大満足のお店だったらしく、

「また、来たいね。」と連発してました。

ポタメシ企画第一部(喫茶部門)を終え、さて夕食はどうするか?ということです。

「ついさっき、ボルシチ食べたじゃん。」と思われるかもしれませんが、

いいえ。あれは飲み物です。

外は寒いことだし、丁度いい感じの帰り道、上野にあるのは、
前に行きたくて、その日は休日だったために断念したラーメン店があります。

「冬来たりなば春遠からじ」

もたもたしていたら、冬は終ってしまいます。

冬が終わりを告げたら、このラーメン企画は来年まで休止せねばなりません。(なんで?)

冬前半戦のラーメンポタは、思いの他、場数的にはめぐれなかった。

ここは多少無理をしても、ラーメンポタを敢行しておくべきではないのか?

冬も後半戦に向け、怒涛の追い上げ「ラーメンポタ第5弾」決行です。

今回のお店は、湯島天神の近くにある

「らーめん天神下大喜」

日本テレビの企画の中で「らーめんベスト30」で
上位に選ばれたこともあるお店らしいです。


お店の前には2組くらいの並びがあり、
先に食券を買って待つことにしました。

運良くあまり待つこともなく、お店に入ることができました。

お店はカウンターと、数席のテーブル席があり、
こちらも運良くテーブル席に案内されました。

なんか3日分の運を使い切るほどの運の良さです。

相方も私も「らーめん味玉つき」を注文。

らーめん

細めん

味玉が半身で3個入っていて、「なんで?」と思いましたが、
どうやらもともと通常ラーメンで半身で1個は入っていて、
味玉付きと注文したので3個なんですね。

お値段はラーメン680円、味玉100円です。

スープは煮干とかかつおとか魚貝系でしょうゆ味。
麺が細めんでうまーーい。です。

上にカイワレがのっているのも珍しい感じですが、
お店によっては結構あるんでしょうか?

「神田雪まつり」ポタメシ第一部(近江屋洋菓子店)
ポタメシ第二部(らーめん大喜)

と大満足で終えました。

・・・肝心の「雪まつり」自体の流しっぷりはなんだったんだ?

というのはさて置き。(--;)

ラーメンポタも春を間近に控え順調にすすんでおります。


ところで、実は本日は相方の誕生日であります。
これから誕生日旅行を決行してきます。

自分の愛車を持っていけずに残念ですが、
天気と状況がよければ、レンタサイクルでも借りようかな。と目論んでおります。

では、行ってきます。(^^)/~

ブログランキングに参加中です。できればポチッ☆とクリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキング


関連記事
スポンサーサイト
伊豆から帰ってきました

旅行から帰ってきまして、直行で今、千葉県しょうゆの町市にいます。

今日は寒いですね。

先ほど外に出たら、雪とも雨ともいえない何かが降ってました。

昨日、今日と相方の誕生日旅行で伊豆の方に行って来たのですが、
今日、明日と私の両親が旅行に出たため、
愛犬もいることだし、お留守番を兼ね実家に帰ってきたわけです。

本日は相方も一緒に実家に帰ってきてるんで、相方も(当然)コタツ寝です。
食事もリフォーム中だしということで「出来あい」
誕生日の日(昨日)と誕生日の次の日(今日)とのギャップ。
まさに天国と地獄、人生の縮図です。

今日の伊豆は、なかなかいいお天気でした。

レンタサイクルを借りて、ポタポタ流してきました。

自分の自転車で走れないのが残念でしたが、
たまには違う種類の自転車に乗るのも新鮮ですね。

ちなみに本日の自転車はMTBのおそらくルック車というヤツです。^^;
・・・相方は乗り心地イマイチだったようですが、
私との相性はなかなかバッチリ。
かなり乗りやすいったらありゃしなかったです。

思えば、このMTB(風?)の自転車、
偶然ポジションが私にぴったり合っていたから漕ぎやすかったみたいで、
今更ですがポジションの大切さを体感したような・・・。

もう少しビアンキのポジションも考えてみようかなぁ。と改めて思いました。

今日の旅行では、思わぬ再会もあり(人でなく食べ物とですけど^^;)
私的にはかなり感動しました。

この旅行記は、また後ほどつづらせて頂きます。

ブログランキングに参加中です。できればポチッ☆とクリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキング


関連記事
雪ですね・・・

ですね。

我が実家は、陸の孤島と化しています。

金田一さんとかいたら、絶対ただではすまない状況です。

自転車どころか車すら乗れない状態になっております。

なめてました。完全に油断してました。

このところ暖冬で雪といっても、途中から雨にちゃっかり変ったりするので、
今回もぜんぜん積もらずに済むだろうと思っていました。

が。

朝、起きてみるとすでに一面の雪。

かなり動揺しましたが、

いや、待てよ。どうせ昼には雨に変るに違いない。

と、根拠なく思っていたのですが、ぜんぜんやまねぇ。(T_T)

・・・ところで我が実家には、相方がおります。

相方は明日仕事。

なんとか車で帰れないかと思案しましたが、どう考えても無理。

すでに車の上に雪が10cm近く積もっているしぃ。

往生際悪くも、車に積もった雪を除雪する途中で、

あまりの絶望感に心のベクトルが変な方向を向き、
テンション高く、車の上にある雪で雪だるまを作ってしまいました。

子供たちすら外に出ていないお外で、
雪だるま作りにふける中年二人・・・・・・。

かなり絵面的にはいただけない。

つうかご近所のうわさになるかもしれない。(そういう地区なので(--;))

そんな風にして作った雪だるまがこれです。

雪だるま

正直、思わぬ自信作だったので、

有頂天になりついブログに載せさせてもらいました次第です。

ちなみに“喜び庭駆け回る”はずの愛犬は、
庭駆け回ることすらせずに、早々と家に入りたがりました。

雪の中の愛犬 

根性のないところも飼い主そっくりです。

これから、相方は1人電車で帰ることになっております。

私は、この孤島に置いてきぼりです。

私は、いつ帰れるんだろう?(遠い目) 

ブログランキングに参加中です。できればポチッ☆とクリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキング


関連記事
新宿へGO!【その1:平均速度をあげちゃうぞ!】
昨日は、晴れていたので無事実家から家へ帰ってくることができました。

一昨日の雪の日は千葉方面はかなり積雪があったようで、
たまたま千葉方面に旅行をしていた両親は、渋滞、通行止め、迂回
繰り返し、同じ千葉なのに10時間かけて帰ってきました。

両親は無事帰ってきたものの、私の布団がない実家では私はコタツ寝。

さすがに雪の日のコタツ寝は、体にこたえるお年頃なのか、
昨日の夜はちょっと微熱がでてしまいましたが、
一晩自分のベッドで寝たら完全回復しました。

やっぱり布団がある暮らしって最高っす。

実家の駐車場は北側にあるので、ぜんぜん雪が残っていたのですが、
雪だるま作りに車の上の雪を使用していたお陰で、
車はスムーズに出すことができました。

残った雪は氷化していたので、除雪していなかったら大変だったかも。

ありがとう!雪だるま。

雪だるま作成途中は、自分の中の冷静な部分が

「ちょっとバカみたいかも」と思っていたのですが、

あの作業が役に立ちました。

傍目からみたら“奇妙な中年”以外の何者でもなかったのですが、
人生なにが幸いするかわからんもんですね。

ところで、その雪の日は節分でしたね。

相方は、雪の中ひとりトボトボと電車で帰りましたが、
私は、車があるため実家に足止めをされ、
今年はわが家の行事強化年間にもかかわらず、豆まきができませんでした。

恵方巻きだけは、節分の前の日に買ってきて、
実家で朝「南南東」を向きながらかぶりついたのですが、
その後、よくよくニュースを見ていると、
かぶりつく時間は本当はなんですね。

駄目ジャン。

かぶりつきが早すぎて、神様はスタンバイしていなかったかもしれません。

さて、この「恵方巻き」というのはいつから
当然のように節分にかぶりつくようになったのでしょう?

記憶が定かではないのですが、少なくとも関東は10年前にはなかったような・・・。

今、節分前にスーパーに行くと、どこも“恵方巻き”“恵方巻き”
クリスマスケーキのように「予約賜ります」というところもあります。

“大体世の中の7割の人が始めたら始める”という、
完全日本人型一般市民、7割ルールを持つわが家が始めたという事は
結構、この「恵方巻き」は浸透してきているような気がします。

・・・そうなると出てくる便乗商法。

何気に節分コーナーにありました。これ。

「ロングチョココロン」 (本名かぶりつきコロン)

 

かぶりつきチョココロン

本当に節分用なのかはわかりませんが、
「節分にまるかじりしろ」といわんばかりの立ち位置。

・・・一体、チョココロンをまるかじりしてなんになるのか?

恵方巻きの起源は、「昔の武将が太巻きを食べて戦いに出たら勝った」

というようなことだったような気がしますが、

太巻きは分かる。ご飯だし。なんとなく武将がまるかじりしそうな気もする。

でもコロネという菓子は当時存在してないんじゃ?

つうかまず太くないし、そこからして太巻きの定義に当てはまんないだろ。

共通項「巻きもの」

それだけで関連を主張するようなゴーインさ。

いや、脱帽。

思わず購買意欲は倍増、まんまと買っちゃいました。

他に(まるかじり)イチゴコロンと普通のコロンがありましたが、
残念ながら3つは購入する気にはなれませんでした。

しかし、わずかな共通点をたよりに便乗を試みる、
企業努力は本当に賞賛します。

ちなみに味は普通のコロンです。 

特に味も変えず、いつもの原材料のままで

「ひょっとしたら短く切らない分だけいつもよりも手間がかかってないんじゃ?」

と思えるところも秀逸です。

・・・またまた前置きが長くなってしまいました。(汗)

最近、実際時間とブログ時間が剥離をしていますが、
ポタ日記としては、実はまだ一週間の日曜日の話題が残ってまして・・・。

ネタ的な鮮度はイマイチですが、先にそちらの話を書かせてもらいます。
「今更~」で本当に申し訳ないです。


一週間ちょっと前の1月27日(日曜日)

前日の「神田雪まつり」でのナイトライドを受け、悪循環トコロテン式で
この日もギリギリ午前?という時間に起床しました。

先週のポタでバーゲンに行った事でバーゲン熱も多少再燃。

前日のポタで(だけではないかもしれませんが)体重も増加。

ということで、この日のポタ条件は、

「距離は多少あるけど時間はかかりすぎず、ついでにバーゲンを覗ける場所」

ということで、すべての条件を満たす新宿に行ってみることにしました。

新宿と言えば、そうです!クリスピークリームドーナツ!!

・・・て、このふりはもういいって(--;)

しかしこの新宿で「川口」「銀座(有楽町)」「新宿」と
クリスピークリームドーナツ3大拠点制覇ですね。

いや、「だからどうした?」という話なんですが・・・。

行き先は、起きて早々決まったものの、なかなか準備がはかどらないわが家。

すでに時間は午後になっているので、最終的にはあせって支度していました。

取りあえずもっと早く起きればいいんじゃ??

そんな中で、私の体に突然の異変がっ!!

コンタクトを入れたら急に視界がおかしくなったのです!

私は視力が悪いので、普段使い捨てのソフトコンタクトレンズを
使用してるんですが、そのコンタクトは2週間使い捨てタイプなので、
この日はコンタクトを新しいものに換えたのです。

片目に装着し終え、もう一つの目に装着すると視界がはっきりするはずが、

コンタクトを装着したと同時に

ありえないほど視界が“ぼやーーーん”としました。

えっ?!なにこれ!

あわててコンタクトをはずしました。

新品にもかかわらず、コンタクトが汚れているか?不良品なのか?

しかし、コンタクトを良く見ていても、なんとなーーく違和感はあるものの
キズとか汚れはありません。

もう一度、目に入れてみると、やっぱり入れた瞬間、視界は“ぼやーーーん”。

これは・・・・・コンタクトが合わない病気を突然発病??

とあせりましたが、冷静になって周りをみてみると、
コンタクトが入っているはずのもう片方の目も視界が戻っていません。

やっぱりコンタクトが合わない病気になったのかも。

相方を巻き込んで大騒ぎです。

取りあえず入っている方のコンタクトをはずそうと思いましたが、
指を入れてはずそうとしても、まったくはずれません。

あれ??コンタクトがない???

「消えたコンタクト」姉さん(誰?)事件です。

・・・でも、この辺りからなんとなく真相がわかってきました。

そういえば、さっきコンタクトを見たときの違和感。 なんかコンタクトが厚っこかったような・・・。

もう一度、コンタクトをよく見てみると、

なんと、2枚重なっていました。

・・・つまり、うっかり同じ目に2つ入れてしまったと。

・・・そりゃ見えねぇや。(--;)

イソノ家ファミリーのようなわが家。

ただし、サザエさんしかいないのが問題です。


出掛けにこんなまぬけな事件(?)も発生し、 家を出たのは3時近くになってしまいました。

自転車で新宿は今まで行ったことはなかったのですが、
先日行った神田まで行けば、あとは“靖国通り”をただ一直線でたどりつけるようです。

新宿とは遠いイメージがあったのですが、なんか意外と簡単。

途中、いつものようにポタポタ走っていると、相方がまた妙な動きをしだしてます。

なんだかよく分からない走法を開発することに命をかける(?)相方。

今回は「平均速度を上げる」努力をしだしました。

平均速度がイマイチなわが家。

街中は信号も多いので、信号待ちの間もカウントされてしまうので、
その分平均速度が遅くなっているのではないか?

・・・と以前は言い訳していましたが、
すみません。どうやら違うことが判明しました。

怖いもの見たさで(?)確認したところ、
一応信号待ちの時には、測定は止まっているようです。

いや、衝撃の事実。

リアルで単にノロいだけだったらしい。

このほろ苦い事実に、さすがに多少ショックを受けました。

まあ、「仕方ない」と私はあっさり開き直ったのですが、

相方は密かに、「少しでも平均速度を上げたい」と考えていた(らしい)。

さて、平均速度を上げるというとみなさまはどうされるでしょう?

ケイデンスを上げるとか、筋力をつけるとかされると思いますが、

この相方。そういった努力が大嫌い。

“努力をせずに平均速度を上げる”

というみみっちい努力(?)をする事にしたらしい。

普通もっと違う方向に行くだろ。(--;)

そこで相方が考案したのが、

“だらだら走りをやめる走法”

例えば、100m先の信号が明らかに間に合わないとか思うと、
どうせ止まるのだからとだらだらと低速で走ってしまいますよね。
(わが家だけかもしれませんが)

それをやめる。

走る時はきっちり走る。止まる時はきっちり止まる。

で、数秒の短縮GETっ!

・・・とお得好きならではの節約主婦的走法です。

まあ、こうやってチビチビ時間を稼いでいたのですが、
彼は気がついていたのだろうか?

おそらく、低平均の本当の敵は実は「手押し時間」

街中で混雑しているところは、手で押しているんですが、
意外とこの時間も結構長かったりします。

この手押し時間こそが、平均時速的には本当の敵ではないかと・・・。
(一応走ってるからサイコン止めてないし)

案の定、あれだけセコセコ稼いだものの、
平均速度的には、大して違いもなく、
苦労(?)の割には今回は残念な結果に終りました。

しかし、“楽する走法開発”にかける相方の情熱に終わりはありません。

正攻法から行かないのがミソですが、
「こんなやつもいるんだな。(笑)」ということで見逃してあげてください。(--;)

そうして新宿に向かう途中、この日絶好調な相方は、
密かに次なる走法を開発していたのです。

いや、とてもじゃないけど引っ張る内容ではないですが、
長くなりそうなんで、すみません。つづきます。 

ブログランキングに参加中です。できればポチッ☆とクリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキング


関連記事
新宿へGO!【その2:相方的坂道攻略走法】

昨日は、またまた雪が降りましたね。

友人と長電話(4時間)している時に、ザクザクと降ってきていて驚きました。

立春も済ませ、気分は「春に向かってGO!」なのに今更連続技で雪とか降られても・・・。

夕方天気予報を見ながら

「雪も1回見りゃ、もうお腹いっぱいなんだよね。」

などと身勝手なことつぶやいていると、

森田さんから衝撃の一言が、

「土曜日も雪の予報でこちらは積もるかもしれません。」

なんだってーーーーっ!

マジ、ききずてならん。なんでこんなにピンポイントで休日をねらってくるんだ?

自然とは人智の及ぶところではないもの。

とわかってはいますが、土日はまたまた実家に行く都合もあり、
ついでに千葉方面に行き菜の花とか、ミニSLとか見てこようと思ったのに・・・。

テンション下がるなぁ。

天気予報がはずれることを祈ります。


以下、1月27日(日曜日)の「新宿ポタ・その1」の続きになります。


突如考案した「平均速度を上げる走法」が意外と爆発的な効果は得られず、
がっかりな結果に終った相方ですが、
落ち込む暇もなく、実は次なるラクラク走法を編み出していました。

さて、うちの方面から新宿までの道は、靖国神社付近で大きな上り坂、
あとはなんとなくダラダラした上り坂が続く感じの道です。

私は坂道はかなり苦手なのですが、同じくヘタレで坂道大嫌いだったはずの
相方がこの日は、なぜか順調に坂道を上って行きます。

「また、宇宙と交信でもしているのか?」と思いましたが、

相方が得意気に言うには“坂道攻略走法”というのを考案したらしい。

「またうさんくさい走法かっ!」とお思いでしょうが、私も思いました。

この日の相方、変な方向に絶好調。

2つ目の考案です。

相方が言う「疲れない坂道攻略法」を要約すると、

「坂道を走る時は、知らず知らずに体が前後に揺れてしまうので、
そうすると力が逃げてしまう。

ので、まず腕を曲げたり伸ばしたりせずに固定するような感覚で
体を引き付ける気持ちで走ると楽に走れる。」

・・・ホントかよ。

とは思いましたが、相方は一応理数系なので、 なんかもっともらしく言うんですよね。

確かに坂道は辛いし、楽に走りたいとも思います。

早々試してみようと思いましたが、新宿についてしまいました。

実験(?)は帰り道までお預けです。

特に信じてはいませんでしたが、まあ、やるだけはタダなんで・・・(--;)


新宿に着き、どこのデパートに行くかですが、
以前パキラさんから「高島屋」に駐輪場があるとお聞きしていたので、
迷わず「高島屋」に行くことにしました。

駐輪場とはどのようなスペースかと思っていましたが、
きちんと屋根のある立派なスペースで、場所は「高島屋」の裏手にありました。

高島屋駐輪場

高島屋駐車場


利用するにあたって「○○円以上お買い上げ」とかの規定は特になく、
ちょっと「いいんですかい?」と思ったり・・・^^;

新宿の高島屋は東急ハンズとくっついていたりしますが、
衣服よりもハンズ的なものの方が気になるお年頃のわが家。

まず東急ハンズの自転車売り場に行ってみました。


ここの東急ハンズはクロスバイク(特にルイガノ)が充実しているような気がします。

相方が

「あっ。ルイガノRSR-4がある。2008年モデルもでたんだね。」

と指差しました。

ルイガノRSR-4・・・今は相方の愛車として収まっているクロスバイク。

それは去年の7月の暑い日。

恩着せがましく何度も言いますが、散々(私が)電話して手に入れた自転車です。

自転車界は非情なもので、前年にあったモデルも次の年にはあっさりなくなる
事もあると聞いたので、なおさらムキなって手に入れたんですが、

相方が指差した先にあるRSR-4の濃紺、

相方は「自分のより若干紺色が薄くなったのかなぁ。」とか

相違点を語っていますが、 なんか相方のものと寸分たがわぬような・・・。

よく見ると2008年モデルには“2008年モデル”と書いてあるのですが、
このRSR-4にはない。

・・・つまり相方の乗っているのと寸分たがわぬ同じ2007年モデルじゃん。

いや、別に紺色とか薄くなってないから。

こういう時です。なんか相方のルイガノに対する愛を疑うのは。

しかし、あれでだけ苦労して手に入れた自転車が、
未だちゃっかり売られているのを見ると正直微妙な気分ですが、
サイズが一番小さなもののようです。

でも、新春から2008年モデルにいっせいにチェンジとか思っていましたが、
売っている自転車を見るとまだまだ2008年モデルは少なめなんですね。

去年の2007年問題のことを考えると、7月の時点でその年の人気モデルを買うのは
「もう遅い」といわれましたが、こんな感じじゃ店舗で自転車を買う
旬な期間というのはホントに短いんですね。


この日もそもそもスタートが遅かったので、東急ハンズをめぐっていると
結構な時間になり「そろそろ夕食時」な時間になりました。

もう一つの目的のバーゲンは、まったく見てもいなかったのですが、
もう相方が「オラに力を!」な状態だったので、先に夕食にすることに・・・。

自転車を停めさせてもらっている一宿の恩義がありますので、
食事は高島屋の上のレストランでとることにしました。

12階のレストラン街まで行くと、一際長蛇の列のお店が・・・。

「鼎泰豊」です。

台北に本店がある飲茶のお店で「ニューヨークタイムズ」の
世界10大レストランに選ばれたこともあるらしい。

モンドセレクションとか○○大臣賞とか、なにかと権威に弱いわが家。(というか私)

一度行ってみたくはあったのですが、いつも長蛇の列なのでその辺がネックで
実際入ったことはありませんでした。

人気は衰えることを知らないのか、
この日もいかにも並ぶことを前提に設置されたであろう、
店の横のながーーいベンチも人でいっぱい。
立ち並び寸前という感じです。

自転車を漕いでその後(めずらしく)何も食べていなかったので、
すでに血糖値は下がりまくっているのか動く気力もなく、
「まあ、座って待てるならいいだろう」ということで、待つことにしました。

今まで並んだことがなかったので、回転率とかが予想できなかったのですが、
意外に回転率がよく、30分位の並び時間ですみました。

・・・ところで最近前の日の夕食のメニューが思い出せないことってありませんか?

店に入ってメニューを開いてふと思いました。

「あれっ?そういえば、前の日もラーメンじゃなかったっけ?」

疑問に思うまでもなくラーメンだったじゃん。

このお店は特にラーメンのみというわけではなかったのですが、
ラーメンがなんか美味そう。

しかもカロリーが異常に低い。(悪あがきのようですが、これ重要)

ありがたいことに、メニューにはカロリーがいちいち書いてあるんですが、
最近勘は鈍ってきたものの、元(自称)カロリー刑事(デカ)の 私も思わず目を疑う低カロリーさ。

ホントかよ。そんなウマイ話があるのか?

カロリーじゃなくて、一時期カロリーに変わる単位と言っていながらも
ちまたの浸透力ががイマイチな“ジュール”で表示してあるのでは??

と思わず疑ってしまいましたが、やっぱり表示はカロリーです。

甘い言葉を信じてしまうお年頃なので、こいつは信じちまうぜ。ハニー。

ということで、まんまと大量注文。

ちなみにカロリーは以下の通りです。

酸辣湯(サンラータン)麺 390cal

ホタテ入り小龍包(4個) 140cal

乾伴麺 390cal

あんこ入り小龍包(4個)260cal

なりゆきまかせの「ラーメンポタ第6弾」
ここにきてラーメンポタの追い込みが凄いことになっています。

「こんだけカロリーが低いのだから、ラーメンは量が少ないのかな?」

と思っていましたが、量も普通にありました。

正直、今もあのカロリーについては疑問ですが、
もし真実が別の形であったとしても知りたくありません。(--;)

今後もカロリーの憂いなくこの店に行きたいし。

まず、ホタテ入り小龍包がきました。 湯気がすごいです。

ホタテ入り小龍包

飲茶で有名なお店だと言うことで「小龍包ははずせない」と思って
たのんだのですが、さすがに本場のお店、作法にも厳しいのでしょう
“小龍包の食べ方”とかがきちんと図解で表示してあります。

小龍包食べ方

レンゲに乗せて食べるのが正しい食べ方らしいです。

小龍包
熱々でなかなか美味しいです。

サンラータン麺は私が注文。

サンラータン麺

酢ですっぱい味のラーメンですが、
なんか健康になりそうでスキなんですよね。

このサンラータン麺はそんなに酢の味がすごくなく、
マイルドな感じで美味しかったです。

“お得好きせっかくだら病”の相方に一度はお互いの料理の交換を強いられるのですが、
普段あまり酢の味が得意でない相方も、このラーメンは気に入ったようです。

相方は乾伴麺

乾伴麺

相方的に本当は、チャーシュー麺とかパーコー麺とか食べたかったらしいのですが、
そちらはさすがに高カロリーだったので有無も言わさず却下。

カロリーのみで選んだので未知のラーメンだったのですが、
通常のラーメンとは若干違っていたようです。
全体的にあっさりしている感じです。

最後はデザート(?)の「餡入り小龍包」

餡入り小龍包

普通にせいろで蒸しあがって出てきます。

小龍包の皮にあんまんとかの餡が入っているというものですが、
なんかありそうでなかったような一品。

餡入り小龍包

これがめちゃくちゃ美味しかった。

これだけつるっと10個とかいけそうなくらいでした。


30分並んでいたせいもあり、食事が終るといつの間にか7時半。

そのままバーゲンへ出陣です。

「今年は自転車でも使えるおしゃれなカジュアルな服を買うぞ!」


・・・と思ってはいましたが、

もともとカジュアル路線はかなりいい加減な私。

カジュアルはユ○クロとか、し○むらとか、サ○キが多かったので、
おしゃれで年齢にマッチしたカジュアルって、今更どう選んでいいかもわかりません。

特に“年齢にマッチ”したというのはこれ重要。

しかもカジュアルな服にお金を掛けたことがないので、
なんかパンツとかで(バーゲン価格)限りなく万札に近いン千円とか
言われると、かなりの躊躇を感じます。

ここ半年の急激な路線変更に頭はついていかず・・・。

イマイチ盛り上がりもなく、気がつくと閉店時間(8時)になってしまいました。

時間も遅かったので帰ることにしたのですが、
ここは新宿、しかも高島屋、ただで帰るわけにはいきません。

そうウォッチャー(卒業したんじゃなかったんかい)としては
“クリスピークリームドーナツ”の並びをチェックしなければ!!

買う気もないのになんでそんなことをするのか?

・・・すいません。単なる野次馬根性です。(--;)

高島屋から近いせいもあり、野次馬根性満載で覗いてみると、
やはり日曜日の8時過ぎと時間も遅いためか、表示時間は30分。

表示時間的には川口と同じなんで、運がよければ20分というところでしょうか?

この時間でこの並び、凄いととるのか?
だんだんブームが落ち着いてきたとみるのか?

いや・・・どうでもいい話ですね。


その後、来た時の道をそのまま帰ったのですが、

ここで忘れちゃいけない、相方の考案した「坂道ラクラク走法」の実験。

しかし靖国通りは、行きはなだらかな上がり坂だけあって、帰りはなだらかな下り。

夜遅かったためか、都心とも思えないほどガラすき。

昼間は、突然止まるタクシー、車の幅寄せ、渋滞、単車、路停にビクビクしている
へたれライダーですが、ナイトライドともなるとかなり快適です。

これだからナイトライドは辞められんのでしょうね。

下り坂の上に空いている道路でかなり快適に帰ってきたのですが、
お陰で、相方の走法を実験するチャンスがなかなかなく・・・。

湯島のところの坂に来てやっと実験チャンスをなりました。

普段はうんざりする坂道ですが、そんなにラクラクに走れるなら
ちょっと楽しみかも。

相方は先にラクラク(そうに)と坂道を上って行きます。

相方は「騙されたと思ってやってごらん。」と自信満々でしたが、

結果、騙された。(怒)

“腕を固定して、体をひきつけるような気持ちで漕ぐ”ということでしたが、
腕を固定することを意識するあまり、かえって力が入るっていうか、
変に力が分散するっていうか・・・。

いつもは何とか上がれる坂道も、途中でリタイアとなりました。

まあ、コツを覚えれば本当に楽なのかも知れませんが、
私が思い込みで「1」のギアを軽いと思ったように、
相方も思い込み力で、

変なアドレナリン出して楽だと思い込んでるんじゃないの?

・・・という疑念がぬぐえません。

独自の走法を開発する相方。

独自だけあって相方自身以外に使いこなせないのがちょっと難。

次なる新走法はいったい何か?

心からどうでもいいです。(--;)

ブログランキングに参加中です。できればポチッ☆とクリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキング


関連記事
伊豆旅行記【その1】
昨日、書かせていただいた「相方的坂道攻略走法」

正直、相方の口からでるとなんとなーーく胡散臭さを感じてしまったわけですが、

実は「正解」をいう驚きの事実を皆様から教えていただき、

相方の態度が目に見えてでかくなりました。

教えるときは「いや、本当のところはわかんないけど」とか

「あ・く・ま・で自分はその方が走りやすいけど・・・」とか

駄目だった場合、私に攻撃されないように逃げ道を織り交ぜていたくせに、

いざ正解となると、

「ねっ!だからいったじゃん!!」という強気な態度に豹変。

虎の威を借る相方・・・。

それにしてもわが家の夫婦間の信頼関係、薄っ!

加賀の職人が思いっきり伸ばした金箔くらい、薄っ!

でもイマイチ信用されない理由もそれなりにあるわけで・・・。
今までの自身の行動も省みて欲しいです。

でも私もほんのすこーーーーーーしだけ反省しました。

相方の“楽”に掛ける情熱は半端ねぇ。

なんかさすがお得好き。

「その辺は信じていいんじゃないか??」

と思うわけです。


すでにこのブログ現在+過去という構成となってしまいました。
ホント読みにくくて申し訳ないです。

以下、またまた無駄な話が多くなりそうな予感がする「伊豆旅行記」です。

相方の希望のうまいメシ。

2人の希望の自転車。

まったく希望していない「オレオレ詐欺」等いろいろあった旅でした。

2月1日(金曜日)~2月2日(土曜日)の話なんで、また周回遅れですね。(汗)


2月1日・・・この日は相方の3×回目のお誕生日。

相方ご生誕3×年記念として伊豆方面へ旅行をすることとしました。

この旅行中はお天気にも恵まれ、1日も当然晴れていたのですが、
なぜかの午後出発。

いや、わが家の場合1日目は宿にたどり着くのをメイン行事(?)と
することがほとんどでして・・・。

この日も伊豆だったら5時間位で着くだろうということで、
「笑っていいとも」が始まりをつげたばかりの12時過ぎに出発しました。

ちょっと前の日光旅行の時は、首都高を反対の入口から乗り、
無駄に首都高をぐるっと一周してからスタートという愚を犯しましたが、

今回は順調に首都高に乗ったものの、しばらくたつと渋滞に嵌りました。

渋滞になると、なんとなく食べたくなるお菓子。

・・・とはいえ、このところのやりたい放題のポタグルメ。
プラス私は実家に帰っての食べたい放題。(実家はうちと違って食料が豊富なんです)

で、当然のように体重は増加。

「このままではヤバイよ。しかし。」ラインまで来てしまいました。(特に私(--;))

しかしなんとなく車内は口さみしいし・・・。

・・・というわけで私が用意した秘策は「プレッツェル」

飛行機の中でエコノミーな人々に配られるあれです。

実はビジネスやファーストでも配られるのかもしれませんが、
飛行機前方ラインは私には未知の世界なので、
残念ながらその辺は知るべくもありません。

蛇足ですが、一度ビジネスとエコノミーの境目(もちろんエコノミー側)に
座ることがあり、ビジネスのサービスをちらちらと見ながら、
エコノミーの機内食を食べたのは、本当にせつなかったなぁ。(遠い目) 

この「プレッツェル」なんとなく飛行機内格差の象徴だから・・・

というわけではないのですが、私はあまりスキではありません。

自分で買うことなど皆無なので、食す機会は唯一飛行機なのですが、
あまりスキではないので、そのまま持って帰って、
旅行中に食事をとりはぐれて激烈にお腹がすいた時に食うという
(結局食うんですけどね)私にとってはいわば非常食。(業界の方、すみません。^^;)

今回旅行前に、「ブルボンプチ」シリーズにプレッツェルを見つけて
「旅の友は、お前しかいねぇ!!」とビビッときたわけです。

理由:あまりスキじゃないから食べすぎが防げる。

「すごい作戦だね。」と相方に言われましたが、この作戦は有効なはず。

食わないという選択肢はないんかい。

しかし私は失念してました。
この「プレッツェル」は日本の企業が作ったということを・・・。

まず、プレッツェルといえば、なんか硬いお菓子。

のはずですが、この「プチのプレッツェル」は適度にやわらかくて
ほのかに甘くて、なにより旨い!

クリントン大統領も喉に詰まらせてしまうくらいの硬度をもたないと
プレッツェルを名乗っていいのか?

塩っぽい味の他、特に他の味がないのがプレッツェルじゃないのか?

と私は思うわけです。

正直、こんなのプレッツェルじゃないやいっ!!

憤りを感じながらも、あっという間に相方と完食してしまいました。

秘策「プレッツェル」、日本企業の前に敗北。

プレッツェルだけあって、カロリーが低めだったのが救いです。


プレッツェルはあっという間に食べ終りましたが、なかなか抜けることのできない渋滞。

合流地点で1車線になっていたので、かなり混雑していました。

やっと渋滞地点にたどり着くと、軽い接触事故のようで、
警察と運転していたと思われる人2人がなにやら喧々諤々やっていました。

なんとか渋滞を抜け、嘘のように道は順調に流れ、

「これからは快適だぁーー。」と思っていると、ここで痛恨のミス。

東名の入口を入りそこなってしまいました!

わが家の車の運転は、なぜか私が担当することになっておりまして・・・ 
なんとなく右側に入口があると勘違いして右車線に寄っていたのですが、
実際は左側にあったんですね。 (年のせいかこんな勘違いが多いっす)

今回は入りは順調だと思っていたのですが、
去年の日光旅行に続き、またしても首都高をぐるっと周る羽目になりました。

しかし2回も同じことを繰り返す羽目になろうとは、
呪いじゃーー。首都高様(誰?)の呪いじゃーーー。

いや、自分が不注意なだけだろ。いい加減大人になれよ。

ぐるりと周って元に戻るということは、さっきの渋滞ゾーンを
もう一度通るって事で・・・やっぱ渋滞アゲイン?!

「またあの渋滞にはまるのか。」と暗い気持ちになりながら走ったのですが、
ぐるっと周っている20分の間に事故車、警察の車とも撤収していたようで、
渋滞にも嵌らずにあっさり東名高速に入ることができました。

東名まで入ると、さすがに普段日だけあって道は空いていて、至極順調。

お昼を食べてなかったので「海老名」に寄って食べることにしました。

海老名に着き携帯を確認すると、兄のお嫁さんから着信が・・・。

普段携帯に電話が来るなんてことはおおよそないので、

「??????」と思いかけ直して見ると、

うちの実家の母のところに兄を名乗る“オレオレ詐欺”あったらしい。

たまたま兄が出張に出ていて連絡が取れなかったので、
お嫁さんのところに連絡をして、兄の無事を確認したらしいのですが、

そのことでちょっとパニクっているようなので、 家の母に電話して欲しいとのことでした。

「一応兄の無事を確認したみたいだし、

まさか振り込んだりすることはないよな?」

・・・と思いつつも若干不安なので、即、母に電話してみると
意外に落ち着いた様子なのでひと安心。

母に話を聞くと、

電話をかけてきたのは、いわゆる「オレオレ詐欺」で、
かなり報道もされて下火になっていると思うのですが、
オーソドックスで「今更~」な感じの古典的「オレオレ」君だったようです。

さすがの母もあまりのひねりのなさに

「はぁーーーーーーー?」と思ったらしいのですが、

兄の名前を名乗っていたので、そこがちょっと心配だったらしい。

心配だったといっても、あまりに兄の声とかけ離れているし、
しゃべり方も違うし、子供の名前もいえないし、

「100%兄であることはありえねぇーーー!」と思ったみたいですが、
兄の名前を知ってかけてきたのが不気味だと・・・。

しかも特に振込み先も指定しないで「またかける」と言って切ったので、

何がしたかったのか、まったく意味不明。

逆にオレオレ詐欺とかではなく、
「もしかしてうちに対する嫌がらせだったのだろうか?」

とそう思い心配になったそうです。

母も私と同じで変に想像力のあるめんどくせー性格なんです。

考えすぎだよ、母。どうみても正当なオレオレ詐欺ジャン。
名前を知っていたのは、おそらく名簿かなにか手に入れたんじゃないかと・・・。

兄を名乗ったオレオレ詐欺師は「またかける」と言ったものの、
あからさまに疑われていたせいか、それ以来かかってきません。

相方の実家にもかかってきたことがあるというし、
私の友達の家にも以前かかってきたというし、
今となっては、日本ですごい割合の家庭がオレオレ詐欺の電話を
受けたことがあるんじゃないだろうか?

うちの場合はあまりに稚拙で、信じられるものではなかったようですが、
最近のオレオレ詐欺(振り込め詐欺)はかなり巧妙に進化しているみたいですね。

オレオレ詐欺を初めてやった人もそうですが、
その詐欺にかける執念といいますか、頭の使い方はすごいですね。

そんなところに頭使うなら別なところに使えばいいんじゃないかと。

しかし、人の弱みに付け込むようなことをしちゃ駄目ですよ。
稼ぐなら真面目に稼いでくださいね。


“オレオレ詐欺事件”もひと段落したところで、食事です。

今日のお宿は相方の希望を入れて料理の美味しいところを選んだので、
あまりここでキチンと取っては、夕食に響きます。

それだけは避けねば!

と、軽食にすることにしました。

ところで、最近のサービスエリアは昔と違いかなりがんばっている感じです。

ここ海老名でも「海老名限定」とかいろいろあり、
お得好き、せっかくだから病の相方。

ものすごい限定品をチョイスしただろうと、期待が膨らむところですが、

吉○家の牛丼です。

牛丼


て、軽食ですらねぇ。

しかし「せっかくだから」魂はどうしたんだ?がっかりだよ。

ちなみに私は、けんちんうどんです。

けんちんうどん

こっちは一応軽食?^^;

海老名を出て、道の駅などで休憩を取りながら結局お宿に着いたのは
夕食ギリギリの6時でした。

“夕食が美味しいお宿”ということで期待は高まりまくりです。

・・・と大して話が進まない割には長くなってしまいました。(汗)
すいませんが、続きますです。

ブログランキングに参加中です。できればポチッ☆とクリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキング

関連記事
伊豆旅行記【その2】

今日は、雪の予報ですが、まだわが家の方は雪が降っていません。

午前中は晴れ間も見えていて「これで雪になるの?(疑惑)」的な天気でしたが、
さすがに今はいつ降ってもおかしくないような曇り空になっています。

本来なら本日も実家でお留守番の予定でしたが、
先週雪で痛い目にあった両親は予報を受けて旅行を延期したので
千葉の実家に行かなくてもよくなりました。

・・・ということで、実家に行くついでに千葉方面に遊びに行こうと
思っていたのも延期になりました。

千葉のミニSLはちょっと見たかったなぁ。
まあ、大人の身ではちょっと乗れないけど・・・(--;)規定はないみたいですが、さすがに・・・。

愛車に乗るのは2週間ぶりなので、乗りたいのはやまやまなんですが、
先週天気予報を甘く見て痛い目にあったので、
今日は天気予報を信じて、さすがにおとなしくしていようと思っています。

明日は予報では晴れになっていましたが、明日は自転車の乗りたいなぁ。


以下、先週の伊豆旅行記その1(2月1日~2日)」の続きになります。

さて、夕食時間ギリギリの午後6時にようやっと宿についたわけです。

今回の宿は、権威だけでなく口コミにも弱いわが家が、
特に食べ物の口コミランキングが上位だということで選びました。

部屋露天もあり、お庭もフェミニンなので(到着した時は暗くて見えませんでしたが)
女の子の評判も上々なお宿です。
まあ、わが家の人員構成では女の子はいないのが残念ですが・・・(--;)

宿に着くと即、夕食の時間になりました。

夕食は別棟のレストランでとることになります。

なかなか雰囲気のあるレストランですが、
雰囲気があるだけお店の中が暗い(T_T)

レストラン

最近、料理写真をとるのが半ば趣味となっているので
お店が暗いとピントが合いにくくて困ってしまいました。

・・・しかしお互いの写真をまったく撮らないのに、
食べる前の料理を角度を変え執拗に撮りまくる変な人と
思われたかもしれません。(つうか確実に思われただろ)

それでもあまりいい写真は撮れなくて残念っす。

数年前の某メーカーのリコール機種ではこれが限界です。

新しいカメラほしいなぁ。

コース料理はこんな感じです。

前菜 サザエと椎茸のグラタン マグロとアボカドのサラダ コンソメと松茸のパイ包み焼き
オマール海老のポワレ 黒米のリゾット添え サフランのソルベ

こちらがメインとデザート

鴨肉のローストフォアグラ添え

苺のクーペ フォンダンショコラ

私的には、サザエのグラタン(写真2番目)が珍しい感じで美味しかったです。

相方的にはメインディッシュの肉、フォアグラの王道が美味しかったそうです。

相方はフォアグラ大好きなんです。
同じフォアグラ同士、親近感が沸くんですね。きっと。

ソルベはサフラン味で珍しい感じだったんですが、
全世界的にサフラン不足という昨今、
これは別にサフランでなくてもよかったかなぁ。と。
柚とか、リンゴとか、オレンジでも美味しかったかなぁ。と。
サフランはやっぱパエリアで食べたいなぁ。と。^^;

レストランの雰囲気もよかったですし、料理のバランスもよくて
なかなか満足でした。

このお宿は、DVDが見放題のお宿だったので、
レストランの帰りにDVDを借りていくことに・・・。

借りられるのは1度に2本までのようなので、
どれを借りるのか多少言い争うになりましたが(子供かっ!)

私的に絶対譲れない「ダイハード4.0」

相方的にめずらしく譲らなかった「ダビンチコード」

早速見ようと部屋に戻ったのですが、酒を飲んだせいか急激な睡魔が・・・。

倒れこむように寝てしまい、気づいたら1時過ぎ。(T_T)

「しょうがないね。明日のこともあるし、DVDはあきらめようか。」

とならないのが、予想を裏切らないせっかくだから病。

本当ならDVDサラウンドシステムで、迫力の映像と音声でお楽しみください。

というものを(夜中なので)自分たちでもやっと聞こえるくらいに小さくして、
迫力なしの無駄サラウンドで、視聴しました。

当然最初は、私の意向を汲んで「ダイハード4.0」から鑑賞。

なんのシリーズについても、「第○弾」となると、○の中の数字が
大きくなっていくたびに、がっかり度が大きくなっていくのは
よくあることなのですが(マ××x××とか)

このダイハードは、知り合いが「4.0」を見て
「(4弾にもかかわらず)ものすごーーく面白かった」と言っていたので
ぜひ、見たかったんです。(でも映画館に行くのは面倒でした^^;)

※以下、軽くダイハードの感想が入っています。
“ネタばれ”というほどではないのですが、
これから見ようと思っている方は注意してくださいね。

字幕つきのものを日本語吹き替えにして見たんですが、
なんか字幕と吹き替えの台詞が微妙に違うので面白いですね。

(字幕)サーカス芸人か!

(台詞)サーカスかよっ!

というように微妙に違います。

視聴後の感想:「で、ジョンはどこまで行ってしまうのだろう?」

今までシリーズを見てみると彼が救ったものは、

1→ビル
2→空港
3→ニューヨーク
4.0→国

(以下予想)
5.0→アメリカ大陸
6.0→北半球
7.0→地球
8.0→太陽系

とういように「7.0」ではアルマゲドン的な話、
「8.0」では宇宙戦艦ヤマト的な話になるのではないかと予想するわけです。

最終的には彼は宇宙を救ってくれるに違いない!

しかしジョンはいつも家族ともめているのですが、次は孫ともめてそうですね。

「ダイハード4.0」を見終わったのが、夜中の3時半。

私は「ダビンチコード」には、ほぼ興味がないので迷いなくそのまま寝ましたが、
せっかくだから病の相方もさすがに睡魔には勝てなかったらしく、
「ダビンチコード」は手付かずで寝てしまったようです。


次の日は朝食ギリギリに起きると、朝から外は晴れていました。

この日は「レンタサイクル」を借りる予定だったので、これはかなり嬉しい。

このお宿の朝食はお部屋にバスケットで運んでくれます。

朝食バスケット

ふたを開けるとこんな感じです。

開けると


この“It'sフェミニン!”なバスケットを見て、

「かわいいーーーっ!」

と声を上げたのは、当然女性の私・・・じゃなくて相方。

相方は特にフェミニン好きというわけではないと思うんですが(多分)

こういう他にはないサービスを受けると、お得アドレナリンが噴出して、
「フェミニン要素も楽しまなきゃ!」となり、
瞬間的にフェミニンも好きになるみたいです。

・・・なんかこいつもめんどくせー体質ですね。

特にフェミニン好きでない上に、お得アドレナリンも
持ち合わせていない私はいたく平常心。

対照的に相方はハイテンション。

「こんな風にしてお弁当をもって出かけたら楽しいよねーー。」

とか、おしゃれ主婦雑誌に出てくるおしゃれ主婦のようなことを言い出してます。

ま・・・・まーーーーね。

誰かが作ってくれんならね。(ぼそっ)

こんなどっちがおっさんか分からないような会話をしながら、
バスケットから中身の朝食をばらし(?)食事をとりました。

朝食セット

スコーンとかサンドイッチもなかなか美味しかったです。


自転車に乗る予定もあるので、早めに宿を出るつもりでいましたが、
結局、チェックアウトはギリギリの10時になってしまいました。

昨日は夜遅くて見れなかった、宿の外観はこんな感じです。

ホテル外観



チェックアウトを済まし、早速待望の「レンタサイクル」が借りれるスポットまで行きます。

何箇所かレンタサイクルが借りれるスポットがあり、中には“修善寺”とかいう

「ぜってーーー坂道バリバリのサイクリングコースじゃん。」

というのもありましたが、ここはできるだけ坂のないコースを選び、

「道の駅伊豆のへそ」というところで借りて、伊豆長岡あたりを流す

初級コースを走ることにしました。

「伊豆のへそ」はカーナビにも入っていないので、

「新しい道の駅かな?」と思ったのですが、

行ってみると「伊豆洋らんパーク」(こちらはカーナビにあり)に
急遽併設されたような道の駅でした。
先に言ってくれれば、カーナビに「洋らんパーク」入れたのに。(--;)

自転車は“伊豆観光協会”から借りるのですが、
中に入り観光協会らしきところを訪ねたのですが、

人が誰もいない。

多少待っても誰も来ないので、となりの喫茶スペースの方に聞いてみると、
その方が観光協会の方を呼んできてくれました。

呼んできてもらっている間、館内を見物していたのですが、
伊豆というのは、結構テレビドラマのロケに使われているらしく、
ロケで使用された小道具やロケ地の写真が置いてあります。

ここは自転車ブログらしく、自転車をご紹介。

こちらがドラマ「世界の中心で愛をさけぶ」で使用された自転車。
たこ焼き屋の看板付です。

セカちゅーの自転車

名前も書いてあります。

名前

こちらは「あいくるしい」というドラマ(私は見ていないのですが)

で使用されたらしい“サントン”

サントン

1940年代~50年代にあった、自転車とバイクのハイブリット的な乗り物みたいです。
ちょっと前に映画「アメリ」で乗っていて、
ちょっとだけ流行った“モペット”みたいなもの?

そうこうしているうちに、観光協会の人が来ました。

いよいよ、本日の愛車となる自転車とご対面です。

すいません。また続いちゃいます。^^;

ブログランキングに参加中です。できればポチッ☆とクリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキング


関連記事
伊豆旅行記【その3】
昨日の雪はどうでしたか?

先週のこともありますし「いつ降り出すのか?」とスタンバっていたのですが、
結局降りだしたのは夜でした。ちぇ。それなら出かけられたかも。

その上あまり降らなかったので、今雪らしきものはほとんど残っていません。

今日は久々に自分の自転車でポタってきます。(^^)/


以下、なんかいつ終るとも分からないカオス状態の「伊豆旅行記」です。

その1その2はこちらでございます。m(__)m

観光協会の方も来て、今回の愛車とご対面です。
これでレンタサイクルを借りるのは3回目になります。

今日の自転車に対して期待は高まるのですが、

  ・・・・・今までのことを考えると、過度の期待は禁物です。

まず、自転車の種類を選ぶのですが、

観光協会の方に

「ママチャリ、MTB、電動自転車とありますがどれにしますか?」

と聞かれました。

あるんだ・・・電動とか。

いや、私とてまがりなりにもスポーツ自転車を趣味としている身、

もちろんMTB!・・・と即効で答えたかったのですが、そこは、まあ・・・。

ここは伊豆だし、電動があるってことは「坂道多し」ってことかも。

念のためその辺を確認しておこうということで、「坂道が多いんですか?」
と聞いてみましたが、「それほどでもない」ということなので、
憂いなく“MTB”をお願いすることにしました。

いや、もちろん坂道が多くても、電動などではなくMTBをお願いしましたとも。

・・・本当です。

レンタル代は1日借りて1台 500円

保証金が1台につき1,000円かかりますが、これは自転車を返す時に返してくれます。

観光局の方が4時には帰ってしまうので、
それまでには返却しなければならないのですが、
500円というのは、なかなかリーズナブルです。

しかし手続きに観光局の方は戸惑っているようで、

「ああ、ここもレンタサイクルを借りる人がめったにいないんだな。」

とうっすらと思いました。

でも、このレンタル自転車は、小屋で保管してあるんで自転車の保存状態は
かなりいい感じでした。(登場機会があまりなさそうなのは同じなのに)

今まで3件レンタサイクルを借りましたが、他の2件は外置きのようだったので、
錆びがかなり来ていたのですが、小屋置きのお陰かここの自転車はそんなことがなかったです。

やっぱり自転車は部屋置きと外置きでは、コンディションに差がでるんですかね。


どの自転車も似たような感じだったので、端からMTBを2台選びました。

タイヤをさわってみると、2台、前輪後輪ともにありがちに空気圧0。

もうベコベコ。

やっぱり借りる人いなかったんだ。(ぼそっ)

観光局の方がズコズコと空気を入れてくれました。

こちらが今回の愛車、“伊豆のへそ号(仮)7号、8号”

伊豆のへそ号(仮)

7号は私、8号が相方です。(この辺はどうでもいいっすね。)

このMTBにはこんな注意書きが・・・。

注意書き

MTBなのに悪路走行禁止?!

そりゃーねだろー。

・・・おそらく(つうか確実に?)これもルック車というヤツかもしれませんが、
3×6段のギアもついているし、ギアの動きもよさそう。

今まで借りた“ギアポロリ?!”状態のハマチャリとか、

日光で借りた“1になったきり戻らず”(しかも1かよっ!)の
意味なしギアの自転車よりかなり走りやすそうで期待できそうです。

愛車も決まり、忘れちゃいけないのが、我がサイクルセット、
手袋、耳あて、覆面・・・じゃなくてマフラーの3点セット。

覆面・・・はするほどでもなかったのでしないで済んだのですが、
さすがに寒かったので手袋と耳あては持っていってよかったです。

あとお役立ちグッツ「モンベルリュック」も折りたたんで持って来ました。
こういう時に(も)このリュックはホント便利っす。


自転車も借りたし、さてどこに行くかですが、

季節は2月、どこの雑誌を見ても、観光局にあるチラシを見ても、

「さあ、狩れやーーー」といわんばかりのイチゴ狩りシーズンです。

ここはまあ、基本のイチゴ狩りと観光局のチラシではじめて知った
観光局の方オススメの“パン祖のパン祭り”その後、“足湯”に浸かって、
温泉まんじゅうを買って帰ってくるという

「今決めたんだろ」感でいっぱいの行き当たりばったりコースです。

全てのものが伊豆長岡方面に集中しているようなので、
とりあえず“伊豆長岡駅”をめざしてGO!です。

伊豆長岡までは、河沿いのサイクリングコースを行きます。

サイクリングコースに入るまでにちょっと迷いそうになったのですが、
ふと下を見ると石灰でサイクリングコースの道順を示すらしき白い矢印が・・・。

矢印

特に“サイクリングコースはこちら”とか書いていなかったのですが、
なんとなくあからさまな善意を感じましたので、
導かれるままに行ってみることにしました。

結果、これは思ったとおりサイクリングコースを示すもので、
要所要所で書いてあり助かりました。

河沿いのコースは走りやすくて、
のどかな景色をみながら走るのは気持ちよかったです。
サイクリングロード


とくにこのMTB。

偶然出会った割には、私の体型にぴったり。

なにせものすごい走りやすい。

ポジションもビアンキよりいいかも??

「どうせクロスバイクでもスピード出さないし、
もしかしてこの自転車でも遜色ないんじゃ??」
と思ってしまう位でした。

しかし、7号と8号は同じ26インチだったので、
私にぴったりということは、身長差約20cmある相方にはかなり小さく、
めっちゃ漕ぐ姿勢が良くなってます。

ママチャリ漕いでるのか?と見まごうほどのポジションです。

出発から20分程度で“千歳橋”に着き、この橋を渡り「伊豆長岡駅」に到着です。

千歳橋

「伊豆長岡駅」には着きましたが・・・

伊豆長岡駅

あれ?・・・予想以上に・・・さびれてる??

ここでもう一度地図を良く見てみると“千歳橋”を渡らず
“伊豆長岡駅”方面と逆方向に行ったところに“イチゴ狩り”も
“パン祖のパン祭り”会場もあるようです。

“千歳橋”をもう一度渡りなおし、まずイチゴ狩り・・・という予定ですが、

ところでこの「伊豆長岡駅」付近には数軒の八百屋さんがあります。

ここで鋭く目を光らせていたのが相方。

相方が密かにチェックしていたのは、もちろんイチゴの価格。

さて、今イチゴ狩りはハイシーズンらしく、1人1,500円。

街で見かけるイチゴは200円とかせいぜい450円。

ここでお得管財人の相方が

「(買えば200円なのに)1,500円はどうなの?」

とやんわりと探りを入れてきました。

きたよ。こういった因縁。相変わらずセコイなこいつ。

・・・とも思いましたが、

うーーん。そうだなぁ。自分で狩って食べるという付加価値はあるものの、

まあ、そんなにイチゴを一度に食べられるもんじゃないよなぁ。

えーと。200円パックとすると7パック食べないと元は取れない?!
450円としても、3パック?!

・・・この時点で、もうすでに私は相方のお得戦術の術に嵌っているのです。

確かにイチゴ狩りに行って相方に

「元をとるように」とゴーインに(見えない)プレッシャーを
かけられながら食べるのはイヤだなぁ。

とイチゴ狩りは(まんまと)断念。

「パン祖のパン祭」会場に急遽、進路を変更することになりました。

ところで、先ほどから普通に「パン祖のパン祭」と言っていますが、
「いったいそれはどんな祭りなんじゃい?」と皆様、思われませんか?

観光局の方も当たり前のように使っていたので逆に聞けなかったのですが、
いったいそれはどんな催しなのか?

いや、祭りというのは分かります。
しかし「パン祖」という部分はいったいなんなのか?

疑問を抱えたまま、約10分位で祭り会場に着きました。

パン祖のパン祭

祭り風景

この「パン祖のパン祭」はたまたまこの日(2月2日)と次の日(3日)
2日に渡って行われているパンの祭りのようです。

「具体的にどのようなことをするのか?」というと、
パンを食べたり、パンを買ったり、パンにまつわるゲームをしたりのようです。

で気になる「パンの祖」の部分ですが、説明によると

166年前、江川坦庵公という方が戦時の携帯食として、
兵糧パンを採用しなければならないと考え、第1回の試験焼きを行ったのが、
1842年4月12日ということで、毎月12日をパンの日と定めたそうです。

なるほど。

・・・て12日じゃねぇじゃん。

まあ、その辺はいろいろ大人の事情があったのでしょう。

このパン祖と呼ばれる江川坦庵公がこの地の出身の為、
「パン祖のパン祭」が行われるようになったそうです。

そしてそのパン祖とも言われる江川坦庵公とは、この方です。

江川坦庵公

こちらが祭りのチラシです。

チラシ

ちなみに写真の藤田弓子さんは、「伊豆の国市」在住で、今回のプロデューサーだそうです。

チラシ


・・・て2回目かよっ!

意外と浅いですね。歴史。江川坦庵公は結構昔の人なのに・・・。
でもまあ、歴史はこれから紡いでいくもんなんで・・・。

会場では伊豆のお店だけでなく、全国の有名なパン屋さんのパンが購入できます。

せっかくだからここでパンを買ってお昼ごはんにすることにしました。

何気なく行くことにした地元の祭り。

何気なく食べることにしたパン。

・・・まさかここで、感動の再会が待っていようとは思いもよりませんでした。


全国の有名パンの即売場に行ってみると、十数店のパン屋さんのパンが並んでいました。

関東の有名どころでは“ポンパドール”などもありましたが、
ここはせっかくだから、普段は買えない地元のお店のものにしようと見ていると、

なんと!あのパンがあったのです。

そのパンとは!私的には幻のパンだった、

“ヨーカンパン”です。

ヨーカンパン

取るものもとりあえずまずは一つ購入しました。

購入した後は、私の頭の中は「ヨーカンパン、ヨーカンパン」とヨーカンパン一色。

後は適当に相方にパンとコーヒーを見繕ってもらって、
いよいよ感動のヨーカンパン実食です。

ヨーカンパン

このブログを読んでくださった方の中で何人の方が
この“ヨーカンパン”をご存知なんでしょうか?

カタカナで書くとイマイチ分かりにくいかもしれませんが、

ヨーカン=羊羹

パンの表面にようかんエキスが塗ってあるパンです。

私が幼い頃に確かどこか大手のらしき(山○とか)パン屋で扱っていた
と記憶しているんですが、コッペパンみたいなものの表面に、
ようかんエキスが塗ってあるパンでした。

幼い私の大好物でしたが、(私の中では)大人気にもかかわらず、
なぜか、いつの間にか店頭から消えてました。

このヨーカンパンの事を私は忘れることができず、
相方にも再三このヨーカンパンの存在を訴えていたのですが、

「ヨーカンエキス?なにそれ?知らない。
シベリアと勘違いしてるんじゃないの?!」

・・・と取り合ってももらえず、哀しい思いをしました。

その後、相方もそんな風に言うし「ヨーカンパンは私が作り出した幻影?」
「全てはまぼろしだったんじゃ?」

と思いつめていましたが、やっぱり存在していたんです!!

私が食べていたものは、量産型(?)だったせいかスタイルは違いますが、
ようかんエキスがパンに塗ってあるところなど、そのもの!!

もの凄ーーーく感動しました。

自分の正しさが証明されて「勝訴」という感じです。

涙で肝心のヨーカンパンが見えないくらいです。

ホントこれだけで伊豆に来て良かった!(相方の誕生日はいったい・・・)

相方にこの感動(と今までの相方の態度に対する苦情)を訴えると

「所詮パンなんかどうだっていいじゃん。」と言わんばかりの態度をされました。

どうでもいいことあるかい!これは私のアイデンティティの問題じゃい!!

この態度、アメリカだったら離婚訴訟もんですよ。絶対。

ヨーカンパン離婚。日本でやったら伝説だな。(--;)


ヨーカンパンを開けてみると、なんとも羊羹な香り。(当然ですが)

この香りもまさに昔のヨーカンパン。

この上に乗っているちょっとインチキくさい生クリーム(?)は
昔のものは、コッペパンに挟まっていたような気がします。

食べてみると衝撃の新事実。
このヨーカンパンの中には餡が入っていました。
(昔のにはなかったなぁ。)

ヨーカンパン

・・・ここでものほしそうな目で見ているのは、
「せっかくだから病」の相方。

まあ、仕方ない。
本来ならヨーカンパンの存在を全否定していた相方には食べる資格はないかもしれんのですが、
寛大な私は、相方にも半分食べさせることに・・・。

心して食べたまへ。

食べてみると相方も「美味しい」と絶賛。

そうか。そうであろう。復活を願う私の気持ちも理解できるであろう。

・・・と思いきや。

お得好きの相方、

「ヨーカン、クリーム、餡と3種類、
すなわち2×2×2=8通りの食べ方が楽しめるんだよ。」

・・・とそのお得さが特に気に入ったようです。

勝手にいってやがれ。

この後、ヨーカンパンを2個追加購入、次なる目的「足湯」に向かうことにしました。

ヨーカンパンで熱くなりすぎて、またまた長くなりました。(汗)
いつまで続くのか、(無駄に長い)この伊豆旅行記・・・。
すみません。次で終る予定なのでもう少しお付き合いください。m(__)m

ブログランキングに参加中です。できればポチッ☆とクリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキング


関連記事
伊豆旅行記【最終回】
昨日は雪の次の日とも思えないほど暖かかったです。

2週間ぶりに自分の自転車にも乗れ、なかなか楽しかったっす。

レンタサイクルのMTBにうつつを抜かしたりしましたが、

やっぱり自分の自転車はいい!!しかしやっぱりポジションはもうちょっと研究したいなぁ。

昨日は湯島の方の梅祭りに行ったのですが、

“梅の花観賞”というより、“梅の木鑑賞”でした。(汗)

まだ若干梅の花の観賞には早かったようです。

今日はまたまた晴れてますね。

せっかくだから荒サイをまたポタポタしてこようかな。と思ってます。

※以下、やっと最終回の「伊豆旅行記」です。
だらだらと長く続き、読みにくくて、すいませんでした。^^;

ちなみにその1その2その3はこちらです。


思いがけないヨーカンパンとの再会で我を失ってしまいましたが、

観光局の方が帰ってしまうのが4時。

気づけば、そろそろ時間も1時半。

いつまでもヨーカンパンとの懐かしい邂逅にひたってる場合ではありません。

1時半から藤田弓子さんのトークショーがあり、
「せっかくだから病」の相方は覗いてみたそうでしたが、
そこは引きずるようにして、会場を後にしました。

ところで、伊豆は結構(相方の大好物の)ただで楽しめる「足湯」があるようなのですが、

実はこの「パン祖のパン祭」の会場“アクシスかつらぎ”にもありました。

 

アクシスかつらぎ足湯

この足湯に浸かっても良かったのですが、
パン祭りが行われていたせいか、意外と混んでいたことと、
ここで足湯まで済ませてしまうと、せっかく自転車を借りたのに
「芸がない」とも思えましたので、他の足湯ポイントに行くことにしました。

再びMTBに乗り、自転車で向かうにはなかなかいい感じの距離にある、
足湯を楽しめる公園「湯らっくす公園」に向かいます。

行きたかった「温泉まんじゅう」の店が丁度、
公園に向かう途中にあったので、よることに・・・。

「柳月」というお店です。

柳月

この伊豆長岡には、十軒以上の温泉まんじゅう屋さんがあるそうですが、
その中でも一番の老舗だそうです。

・・・そういえば、道すがら何軒かの温泉まんじゅう屋さんを見かけましたが、
なぜかは不明ですが、「柳」という字が使われているお店が多かったような・・・。
「柳○」とか「○柳」とか・・・

いや、本当になぜだかわからないのですが・・・。

でも間違えて入りそうにはなりましたけどね。

ちなみにこの「柳月」のおまんじゅうは
「内閣総理大臣賞」を受賞しているらしいです。

いや、本当に美味しいというのでこのお店に来たのです。

権威なんてどうでもよいことです。・・・本当です。

この後、私の実家に直接行く予定だったので、
おみやげに箱のおまんじゅうとバラで数個購入。

柳月温泉まんじゅう

中身のまんじゅうは映像をとる前にすっかり食ってしまいましたが、
確かにうそ臭くない餡子で、美味しいおまんじゅうの味がしました。

さすが内閣総理大臣賞。・・・て権威どうでもいいんじゃなかったんかい。


このお店から更に十数分。

「湯らっくす公園」に到着しました。

湯らっくす公園

フットワークがいいところも自転車のいいところです。
観光地内をめぐるのは自転車最強ですね。

以前の車観光至上主義の私なら、相方がどんなに懇願しようが冷たく却下。
こんなにマメに観光地を巡ることは絶ーー対ナッシングでした。

なんか自転車のお陰で人生感かわったなぁ。(遠い目)

この公園は観光地の中心部からちょっと離れているので、
“アクシスかつらぎ”よりも空いている・・・と予想してきたのですが、
駐車場があり、車で来られるというのが反対に利点なのか、

予想に反して足湯も大混雑。

湯らっくす足湯

一見の観光客の私たちなんぞが、足を踏み入れる隙間もありませんでした。

・・・足湯だけにね。(ぼそっ)

とは言え、ここまで来てすごすごと引き下がるわけにはいきません。

彼の有名な先人も言っています。

「鳴かぬなら鳴くまで待とうホトトギス」

足湯の周りにある、小石の足つぼマッサージなどをしつつ、
足湯に足を突っ込むタイミングを虎視眈々と狙います。

まず、足つぼマッサージには「初心者コース」と「上級者コース」があり、
そのコース内も、徐々に小石の大きさが違ったりして、
きつくなって行く仕組みになっていました。

足つぼ

足つぼ

この敷き詰められた小石(しかも若干とがってます)の上を裸足で歩きます。
こういうことに弱い相方は「初心者コース」第3歩目で脱落。

軟弱者めっ!!

つうか実は、体ぼろぼろじゃないの?あんた。

私は初心者コースは、難なくクリア。

「こんなじゃ上級コースとやらもちょろいんじゃ?」

と思い、上級コースに一歩足を踏み入れると、

電流が全身を駆け抜けました。

・・・おかあさん。これは無理です。一歩も歩けません。

「初心者コース」も「上級者コース」も似たような石の配列に
見えたんですが、どこが違うんでしょう?

しかし、大人であの地獄を渡りきった猛者はいるのか??

ちなみにこちら針山・・・じゃなくて、石の山地獄で苦しむ相方です。

相方石の山地獄

将来(死後)こういう所で過ごす事のないように善行をつむんだぞ。

今のところ悪事さほどしていないと思うが(多分)、善行度はイマイチだ。

・・・と結構な時間遊んでいたのですが、結局、足湯ゾーンに隙間は空かず・・・。

観光局の人帰っちゃうので、そんなに待てないホトトギス。

すごすごと退散することにしました。

とは言え、イチゴ狩りもしなかったし足湯ぐらいはしたいというのが人情。

考えてみれば、同じように混んではいたものの“アクシスかつらぎ”の方が
ここよりも回転率が良かったような気がします。

というわけで“アクシスかつらぎ”にリターンGO!

・・・ちっ。素直に最初からそこに入っときゃ良かった。(--;)


そうして(足湯だけに)無駄足を踏みながら“アクシスかつらぎ”に再び戻ってくると、
やっぱり足湯は混雑、時間は3時近く。

まずい。このままじゃ観光局の人が帰宅してしまう。

「あきらめるか」・・・と思ったところであれよあれよと空き、
なんとか時間ギリギリで足湯に足を踏み入れることができました。

足湯

温度は高めで足を踏み入れた瞬間はかなり熱いですが、
でも入れている間にだんだん、さほど熱く感じなくなるんですね。

温泉施設で温泉のついでに足湯に入るっていうことはありましたが、
足湯だけメインに入ることは今までになかったのですが、
これはこれでなかなかいいもんですね。

時間も押し迫っているので5分程つかり(それでもかなりスッキリしました)
観光局の人に帰られてしまっては元も子もないので、
「伊豆のへそ」までダッシュで戻ることにしました。

帰りは道順ももと来た道を行けばいいので、更に快適です。

「時間も結構ギリギリなので、来た時より急いで漕いで帰るぞ!」

ということで、私は快調に自転車を漕いでいましたが、
なんか相方は遅れがち。

聞き覚えのある“シュルシュル”とした音が相方の自転車方面から聞こえてきます。

この音は・・・そうだ!思い出すのも忌々しい“ダイナモ”です。

ダイナモ・・・それは私が不遇のママチャリ時代にかなり苦しめられた発電システム。

でも、MTBなので特にダイナモはないはずなのですが、
このダイナモそっくりな異音は果たしてどこからくるのか?

相方の自転車を見てもブレーキがおかしくなっていそうでもないので、
おそらくどこかが接触して起こっているような気がするんですが、
気がするだけで、本当のところは不明。

相方が言うには、このダイナモ音、乗り始めた時からあったようですが、
来る時はかなりのんびり走っていたので、気にならない程度だったらしいのですが、
スピードを上げた途端大きくなってきたそうです。

音がダイナモそっくりなだけあって、ダイナモのように負荷があるらしく、
スピードを上げればその負荷も比例して上がるようで・・・。

なんか相方は汗だくになって走っています。

私は楽なのに・・・なんか可哀想。

とかは当然思わず、

「ダイナモの辛さがわかったよ。」

とか言ってますが、

いや、ダイナモ地獄はそんなもんじゃねぇから。 たー思い知ったか。

そうして、走る続けること約30分。

3時40分になんとか自転車を返却することができました。

私の方の7号は乗りやすくてホントお名残おしかったっす。

相方の方は擬似ダイナモが結構辛かったのか、もともと汗っかきだからなのか、
「伊豆のへそ」に着いた時には、相方のTシャツは汗びっしょり。
着替えが必要なほどでした。

しかし、この相方担当の自転車はいったいどこが悪かったのでしょう?

整備に詳しい方なら、すぐにわかったかもしれませんが、

【整備アイテム】

●ブレーキの片きき直し
●ワイヤーの初期伸び直し
●サドルをずらす
●空気を入れる→整備か?

整備レベル=雑魚キャラクラスのわが家では何がなんだかわからず・・・。

返す時にすっかり忘れて、観光局の人に言い忘れてしまいましたが、
こちらでレンタサイクルを借りる方は、8号には気をつけてくださいね。


さすがにのどが渇いたので、観光局に併設されている喫茶店で
「紅ほっぺ」ソフトを食べました。

紅ほっぺソフト

しっかりとイチゴの味がしました。

イチゴ狩りはできませんでしたが、これで良しとしましょう。 いいのか?

そう言えば、この旅のご当地グルメってこの「紅ほっぺソフト」だけかも。Σ(゚口゚;


帰りは留守番の為に伊豆から千葉県しょう油の街市まで一直線。

途中、またまた海老名(今度は上り)により、

たこ焼きとあげかまぼこを購入。
行きの時よりはなんか海老名っぽいです。

こちら、あげかまぼこ。なんか異様に美味しかった。

揚げかまぼこ

たこ焼きはせっかくだから病の相方が、
せっかくだから今まで頼んだパーターンじゃない“ネギマヨ”
を頼んだのですが、これが大失敗。

たこ焼きネギマヨ

なぜなら、ソースが入ってない。(T_T)

普通、ソースは必須アイテムで“ネギマヨ”と言えば、
ソース+ネギ+マヨネーズだと思うのですが、
必須であるはずのソースを選択性にするとは、な・・・なんて斬新な試み。

でも、保守派の私としては、

「ソースのないたこ焼きなんて、
クリープを入れないコーヒーみたいなもんだ!


・・・いや、うちはブラック党なんですが・・・。

たこ焼き自体が中身トロトロタイプでかなり美味しかっただけに、
ソースを掛けて食べたかったっす。


たこ焼きにソースが入っていなかった以外はさしたる大事件もなく、
おおむね順調に千葉県しょうゆの町市に着いたのですが、

その時は平和なしょう油の町市が、
12時間後には一面銀世界の陸の孤島と化すとは思いもよりませんでした。^^;

こうして相方のお誕生日旅行は終ったのですが、今年は波乱の年?!かも。

 ブログランキングに参加中です。できればポチッ☆とクリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキング


関連記事
ビアンキde初コケ!
速報・・・と言うほどでもないのですが、
言わずにいられず、本日2回目の更新です。

本日、わたくしビアンキで初コケしました!

わたくしは右膝、ユニパン(ユニクロパンツ)破損、擦り傷、
左足首付近、あお痣+若干の腫れ。

対してビアンキはほぼ無傷。

走っていた時ではなく、ほぼ時速0km/h状態の時に
バランスを崩して転倒したのですが、倒れこむ瞬間の選択肢は、

1.ビアンキを放り出してまで自分をかばう

2.自分を犠牲にしてもビアンキを守る

の2択。

そして、私の脳が瞬時に下した決断は

もちろん「2」(--;)オイオイ。

「このまま思いっきり倒してはビアンキがキズつく!」と思い、
少しでも衝撃を軽くしようと、ハンドルを放さなかったために手をつけず、
自分の膝はモロ衝撃を受けて傷つきました。トホホ。

それでもとっさにビアンキのキズを確認し、
「ああ、フレームとかキズ付かずに良かった・・・」
と安心してから、痛む自分の膝を見てみると、
パンツが無残に切れてました。

私のポタの友、ユニパン名誉の(?)再起不能です。(;_;)/~アデュー

ユニパン+厚めのタイツもはいていたので、膝はかすり傷ですみましたが、
タイツもしっかりと破れてました。

冬でよかった~。

皆様も自転車での転倒と、自分の脳の裏切りにはご注意を・・・。^^;

【PS】
パキラさん、奇遇ですね~。
同じ日にこけるなんてビックリです。
しかもズボンが切れたとことも同じです。
パキラさんも怪我お大事になさってくださいね。 

 ブログランキングに参加中です。できればポチッ☆とクリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキング

関連記事
湯島梅観賞ポタ・・・改め合格ツアー

先週の3連休、土曜日は雪、月曜日は初コケと波乱があったような
それほどでもなかったような3連休だったわけですが、
その中でも比較的平和だった日曜日「湯島天神」まで梅を見に行ってきました。

桜というのは咲く前から、桜前線がどうとか今日の桜がどうしたとか
大々的にニュースで取り上げられるので、まあ大体見逃すということはないのですが、
梅というのは、若干地味な花ゆえかいつの間にか盛りの時期を見逃していることが多いです。

丁度「梅まつり」が2月8日~行われていたので、
「(また)見逃さないうちに行ってみるか」とういうことになり、
梅の名所「湯島天神」までポタることにしました。

ところで、この「梅まつり」3月8日まで開催されます。

「はて?梅の盛りってそんなに長かったっけ??」

と一抹の不安をいだきつつも湯島へGO!です。


自転車を乗るようになってから湯島までの道は、すでに裏道までGETしているくらい
よく通るし、よく行く場所です。

道すがらは特に目新しいものはない・・・と思っていたのですが、
珍事とはいつ目撃するかわからないもの。

衝撃の現場を目撃しました。

私は犬を飼っているので(正確には実家ですが)街を歩いていると
ついつい犬に目が行ってしまいます。

しかし信号待ちをしている時に、目撃したワンコには
別な意味で目が釘付けになりました。

・・・この話は、自転車乗りの皆さんにとってはいささか衝撃的で
聞かない方がよい話かもしれません。

私たちが信号待ちをしていると、通りをはさんで向かいのマンションから
丁度、チワワ君と飼い主さんが出て来たところでした。

そのマンションの前には、自転車が数台止めてありました。 

間髪入れずにそのチワワ君、おもむろに足を上げて、

自転車めがけてマーキング!!

(マーキングと言葉を選びましたが、まあ・・・つまりあれです)

【私の心の叫び】ひーーッ!!誰か彼を止めてあげてーーーっ!!

彼がマーキングをした自転車は普通のママチャリ風でしたが、
自転車乗りとしては、うちのビンちゃんに・・・とか想像すると
なんかいたたまれない気持ちでございました。

ちなみにワンコを飼っている身としては分かるのですが、
ワンコのあれは、かなりが強いです。

し・・・しどい。普通に停めているだけであんな目にあうなんて・・・(;_;)

いや、犬はまったく悪くないんです。
犬にとって人が大事にしている自転車も、その辺の電柱も一緒。区別とかつかないし。
・・・ので、飼い主さんはできれば気をつけてあげてくださいね。^^;

「なんか見てはいけないものを見た的」気持ちを抱えながら湯島に到着。

湯島の梅まつりはかなり人で賑わっていました。

が。

こんな感じや、

梅

こんな感じで、

湯島天神

肝心の梅がほとんど咲いていません。

梅鑑賞というより、ほぼ梅の木鑑賞。(T_T)

ごく日当たりのいい梅の木だけ数本咲いていましたが、
そこは大勢の人が群がり、撮影スポットと化していました。

わかりますとも。せっかく梅まつりに来たんだから、
「せめてそれっぽい写真くらい撮って帰りたい」という気持ち。

そんな気持ちで撮った写真がこちらです。

梅

これだけ見ると、梅が綺麗に咲いているように見えますが、
この木にしても咲いていたのは、一部でしたのでかなりピンポイントで撮りました。

梅に関しては、残念ながらもう少し先が見ごろですね。

お参りは、湯島天神と言えば菅原道真公が祀られている受験の神様ですが、
この年になると特に試験はないものの「人生に合格」したいというか、
「落ちるよりは、受かっていきたい」という願いを込めてお祈りして来ました。

せっかく来たのだから、梅以外のことも楽しもうと言うことで、
食べもんです。(やっぱそれかーーい)

特に好物というわけではないんですが、なぜか冬に神社仏閣に入ると飲みたくなる甘酒。

こちらの甘酒は普通の甘酒とはちょっと違う「合格」甘酒です。

合格甘さ酒

「合格」と言われると、なんか購買意欲をそそります。

同じ合格甘酒でも200円のお店と300円のお店がありましたが、
ここは奮発して300円を購入。

合格甘酒

こういう所で「合格」と冠すれば、どんなもんでもとりあえず売れちゃうんで、
味はイマイチなんじゃないの?・・・とお思いでしょうが(て自分が思ったんだろ)

これがなかなか美味しかった。
妥協のない味で、無添加の麹を使っているそうです。

合格への道は妥協をしないこと・・・か、なかなか深いな。

ちなみに“たこ焼き”は普通の味でした。 (て、たこ焼きばっか食べてるなうちは)

たこ焼き


まあ、こっちは「合格たこ焼き」じゃないですからね。(--;)


こんななんだかワクワクする題のイベントも行われていました。

「湯島天神まつり」 

湯島天神姫まつり

どんなイベントかというと、おそらく地元の「和太鼓の会」とかの女性が
太鼓を披露しているというイベントでした。

和太鼓


「姫」といっても、看板におおいに偽りがある場合も多々ありますが、
こちらは看板に偽りなく、和太鼓を叩いているのは若い女の子ばかりでした。

「こんな若い女の子も和太鼓とかするんだなぁ。」と年寄りくさく感心。

と、ここで相方からツッコミが。

「ひょっとして【姫まつり】と勘違いしてない?

あれ【梅まつり】って書いてあるんだよ。」

えっ!崩し文字がすっかり「姫」に見えてましたが、
よく見ると「梅」ですね。(--;)がーーん。

ああ、また勘違い。

邪な心が見せた幻だったのね。・・・て、そっち方面でお前の方が邪でどうする。


そして、湯島天神でひときわ異彩を放っていたのがこちら。

「獅子舞ロボットのおみくじ」

獅子舞ロボット

獅子舞ロボットがおみくじを運んできてくれるというものなんですが、

神社とロボットのありえない感じのコラボ。
古きと新しきの遭遇。総じてなんかすげーーインパクト。

あまりの異彩っぷりに見学していく人はいましたが(特に子供)、
実際に引いて行く人はあまりなく・・・。
(通常のおみくじ(100円)より、100円高い200円だったからかもしれませんが)

しかしそのあまりにアバンギャルドな姿にやられちゃった人間が約一名。

私です。

いそいそと200円を投入しました。

「恋おみくじ」と「(普通)のおみくじ」がありましたが、
ここは普通のおみくじで・・・

おみくじを引く 

私は獅子舞ちゃんを撮るのに夢中になっていたんで、
結果的にボタンを押した・・・つまり引いたのは相方です。

「嫌な結果がでたら嫌だから」という超マイナス思考で、
古きよき日本の文化「おみくじ」を拒否ってきた相方ですが、
なんかはずみで引いちゃったんですね。

獅子舞ロボット

結果・・・「末吉」

微妙ーーーーーっ。

しかし、この辺の所がするどくいい当てていると思えないこともなく・・・。

おみくじ


侮りがたし、おみくじ。

・・・と、このように何気に引いたおみくじでしたが、
この「末吉」の呪縛が次の日まで続く事になるとは、
この時は思いもしませんでした。

本来の目的、梅の鑑賞は微妙でしたが、まあ梅の木も見たという事で
次なる目的地に移動することにしました。

が。

実は、リスク管理がイマイチのわが家。

「肝心の梅が咲いていない」なんてことは思いもしないで、
この日は「梅の花観賞」・・・ではなく「梅の花観賞ツアー」を
しようと目論んでました。

「湯島天神」から「小石川後楽園」の梅まつりをハシゴしようと思っていたのです。

湯島と小石川は目と鼻の先。

湯島でこんな状態なんで、小石川の梅の状況は推して知るべし・・・。

急遽、行き先を変更です。

ところで、この辺にあり、私が一度も足を踏み入れていない土地があります。

「東大」です。

湯島天神も行った事だし、ここは受験つながり(?)で行ってみることにしました。 

湯島から本郷の「東大」に行くまでには、長い上り坂があります。

相方から聞いた時には「うさんくさいなぁ。」と思っていた「相方的坂道攻略法」
皆さんからお墨付きを貰ったからには話は別です。

ここは再び習得に向けて挑戦してみます。

「腕を固定して、気持ち体をひきつけるようにして漕ぐんだよ。」

相方、ここぞとばかりの上から目線のアドバイス。

わーーてるって。

でも、頭ではわかっていても実際やってみると、
意識してしまって変に力が入って難しいです。

うーーん。でもすこし楽・・・かも?

思い込みの激しい私は、そう言われると楽に思えるのです。
おそらくこの時点では、思い込みです。

これは場数を踏んで体で覚えていくしかないですね。


「東大」に着き、お約束の赤門前での記念撮影です。

赤門with愛車

心なしか、自転車たちが賢そうに見える。

東大というところは、一般人でも中に入っていいという話なのですが、
落ちこぼれ根性の私は気後れすると言うか、なんかつまみ出されそうというか、

以前、東大に入ったことのある相方は(もちろん学生としてではなく社会人セミナーで)
「中に入っても大丈夫」と言い切ります。

確かにさっきから、あきらかに学生っぽくない人も出入りしています。

少々ビビリつつも、構内に足を踏み入れてみました。

入ってみると、思いの他古いというか歴史ある建物ですね。
敷地もかなり広そう。


・・・実はこの時、私と相方は東大構内に気になるものがありました。

「マンホール」です。

ちょっと前のテレビ番組で現役東大生の女性タレントが

“受験のお守りに「東大」と書かれたマンホールの写真を持っていた”

と言っていました。

マンホール=落ちないための蓋だから

という意味らしいのですが、
その話がなんか私達のオヤジ病スピリッツ(?)にビビッと来まして、
東大に来たら見てみたいと思っていたのです。

全てのマンホールが「東大」とだけ書かれている同じものと思っていたんですが、
しかし、よく見てみるとマンホールもいろいろあり・・・。

以下、受験生の皆様と、試験はないけど、なんか切実に「合格」したい皆様に捧ぐ、
東大マンホール特集です。

こちら「東大」とはかかれていますが、
お守りとしては、穴が開いているので若干違うような・・・。

マンホール1   マンホール1

“雨”・・・なんか前途多難そうでイマイチですね。 (アップで撮り忘れてしまいました^^;)

マンホール雨

“暗”って。

マンホール暗   マンホール暗

“汚”って、東大に入って汚しょ・・・いやいや。

マンホール汚   マンホール汚

こちらが一番、お守りっぽいマンホール?

マンホール東大    マンホール東大

他にも“電”と書いてあるものとか、いろいろありました。


マンホールもあらかた見終わり、一度来たことがある“東大通”(?)の相方に
案内され館内を見学しました。


こちら有名な「安田講堂」です。

安田講堂

この後、日曜日で人気がない事をいいことに、
相方と「やったぜ!東大合格!!」みたいな写真を撮ってしまいました。

こちら東大内生協です。

生協

前に東大に来た時に、相方が東大シャーペンを買ってきてくれたのですが、
さすが東大だけあるのかこれが結構書きやすい。(思い込み?)

・・・しかしこの時、ちょっち思いました。

なぜ数あるグッツの中で買ってきたのは、シャーペンなんだよ。・・・と。

なぜって、安いからだろ。

しかしこの生協に入ってみて、なんか納得。

東大チョコ   1箱 1,600円
東大まんじゅう 10個入り 2,100円
ゴーフル    3枚入り 450円

と、なんか全体的にぼ・・・じゃなくて高価。

「東大」と書いてある付加価値はありましたが、
なんか手がでないつーか。何も買わずに退散いたしました。

その後、東大構内にあるドトールでお茶を飲み、

東大を出ました。 (ちなみにドトールは普通のドトールでした)

帰る途中で、かなりリアルな銅像があったのですが
こちらはどなたでしょう?

リアルな像


東大を出るとそろそろ夕食の時間になりましたが、
梅も咲き春の気配も感じるこの頃。

先週は伊豆旅行で他の料理を食べてうつつを抜かしていたので

冬のうちに「ラーメン企画を進めておかなければ!」

と、ラーメン店に行くことに決めていました。

なに?その無駄な使命感。

最近のポタグルメは相方に任せることが多かったのですが、
今回相方がチョイスしたラーメンポタ第7弾のお店は

「瀬佐味亭」坦々麺が美味しいお店らしいです。

瀬佐味亭

坦々麺・・・やりたい放題だな。オイ。
実は坦々麺は、ラーメンの中でも高カロリーなので、
私がカロリー刑事(デカ)の時代はあまり許可しなかったのです。

お店の中は、ラーメン店ぽくなく、ジャズが流れるお店でした。

私は、一応ヘルシー(と書いてあった)サンラーメン。
またまた酢のラーメンです。

相方は「黒坦々太肉」

この「太肉」という部分はチャーシュー麺という意味らしいです。

つまり坦々麺のチャーシュー麺。

・・・・・・・・。

このところ相方も毎日体重計にのっているようだし、
体重管理はしっかりしているようです。

・・・とは言え、さすがに食いすぎじゃね?と思い探りを入れてみました。

「で、体重は増えてないんでしょ?」

答えて相方さらりと「えっ。誰が増えてないなんて言った?」

えーーーっ。毎日ただ体重計に乗っていただけ?!

それって意味ねぇから。

まあ、せっかくの食事前にいろいろ言いたくないので、
その話は後で詳しく聞くこととします。

こちら「サンラーメン」は、別盛りで酢が更に出てきます。

サンラーメン

別盛りの酢を掛けすぎてちょっと酸っぱかったかも。

酢


麺は細ストレート麺で品のいい感じです。

相方の方の「坦々麺」は黒坦々だけあって、真っ黒。

黒坦々麺

「なんか腹黒くなりそうだね。」(笑)と相方。

いや、もうすでに十分黒いからいいんじゃね。

味はとてもマイルドな感じで美味しいです。

2人とも煮卵を頼んだのですが、煮卵も別盛りです。

煮卵

もともとこってり系の味が好きな相方、
気が付くとラーメンのスープまで飲み干してました。

ホント最近解き放たれて、やりたい放題です。

・・・もう面倒なんで「行くとこまで、行かしておこうか。」とも思います。

梅はまだまだでしたが東大内も見れたし、なかなか充実したポタでした。

梅はまたリベンジしようと思います。

ブログランキングに参加してます。できればポチッ☆とクリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキング


関連記事
榎本牧場へGO?再び【その1:末吉の呪縛】
今日はバレンタインですね。

うちではクリスマスにひき続き、ケーキを作成しています。

数年ぶりに作る事になり、作る前はあんなに「めんどくせー」だったクリスマスケーキ。

いざケーキを作リあげてみると、まあ失敗・・・ではなかったのですが、

「もう少し上手くできたんじゃないか?」

「オレはこの程度で終る人間じゃないじゃないか?」


等、ケーキに対して妙な向上心が生まれました。

・・・とは言え、最近ポタメシでやりたい放題のわが家。

意味のないケーキの入り込む(カロリー的)隙はありません。

しかし今日はバレンタイン。意味なくはない。

という訳で、再度ケーキを作成することにしたのです。

「意味はあるかもしれんが、カロリー問題は解決しとらんじゃないか?」

とお思いかも知れませんが、そこは秘策が・・・。

そのカロリーの問題も解決するために、今日は、

夕食=ケーキ(オンリー)

にしようと目論んでます。

 これから、苺を買ってきて飾り付けざんす。


※以下は、週末のポタ日記の続きで2月11日のお話です。


前日、湯島天神でロボ獅子舞おみくじの抗いがたい魅力に翻弄され、
おみくじを引くことにしたのですが、魅力に釘付けになったのは私。

しかしそのおみくじをはずみで引いてしまったのは、なぜか相方。

それは「嫌な結果が出たら嫌だからおみくじは引かない」

という彼の信条(というほどのものがあるのかないのか謎ですが)を結果的に無視する行為でした。

そして出た卦は、これまた微妙な「末吉」。

ちなみに「末吉」というのは、おみくじの卦の中では「凶」「大凶」を除けば
一番悪い卦、しかし一応「吉」もついている。
つまり吉凶が織り交ざった卦のようです。

たかがおみくじ位・・・とは思いますが、めったに引かない相方にとっては
おみくじの影響力は計り知れないものがあり、
しかも結果は「微妙」だったという事実は、思いの外相方の心に影を落としていたらしく・・・

次の日である建国記念日のこの日。
この日一日、末吉に呪縛に翻弄されることになるのです。

人生、小さな幸せと小さな不幸せにあふれていますが、
「末吉」効果の為か、この日は小さな幸せと小さな不幸の繰り返しだったのでございます。


建国記念日のその日、私と相方は早起きをしました。

・・・とは言え、休日は怠惰なわが家(休日だけじゃないだろ)。

まあ、早起きとはいえギリギリ朝(かも?)という時間だったのですが、
なんの制約も約束もなく、(一応)朝に起きるなんてめったにないことなのです。


朝(?)起きると、わが西向きのマンションでもはっきりわかるような晴れ。

この日は晴れていれば「自転車にのる」とは決めていたものの
具体的にどこに行くかは決めていませんでした。

起きてから「さて・・・今日はどこに行こうかな。」と考えたのですが、

風もなさそうだし、なんとなく春の気配なんかを感じる日です。

・・・あれは強風吹きすさむクリスマスイブの日。

向かい風地獄の荒サイを50km先の「榎本牧場(のアイス)」
目指して走り、4時間後に30数キロ地点で涙のリタイア。

そして 「春になったら夢の往復100kmに向けて

“榎本牧場”にリベンジするぞ!!」

と固く誓いました。

あれから約1ヶ月半ですが、こう春の気配が感じられる日だと、

「もしかして、そのリベンジの日は今日なのではないか?」

と思えてきたのです。

いや、しかし記念すべき100km制覇はもっと厳かに執り行うべきではないのか?

んなもん。走っちゃえば一緒なんだよ。結果が全てだろうが!

と多少の心の葛藤があり、どうするか脳内で悶着があったものの、

「取りあえず荒サイを行けるところまで行き、

結果的に100kmになったらラッキー」

という玉虫色の心理状況で出かけることにしました。

マンションを出たのが、ギリギリ12時前。

この時間で約50km先を目指そうなんて無謀といえば無謀なですが、
(わが家の普段の平均速度を考えれば・・・)
まあ、ナイトライドは馴れっこなので、ギリギリの牛が活躍している時間に
牧場にさえたどり着ければ、多少夜は遅くてもその辺は無問題。

と、先ほどは玉虫な事を言いましたが、すでにこの時点で「榎本牧場」まで行く気満々。

ナイトライドに備えて、とても人にはお見せできない厚めの(ババ)タイツの
上に、靴下を2枚重ねばき、仕上げはユニパン(ユニクロパンツ)をはいて、
いざ荒サイに向けてGO!です。

・・・私のポタ友「ユニパン」・・・この日がこのユニパン1号との最後のポタとなるとは、
この時は思いもしませんでした。(;_;)


さて、わが家の自転車は部屋置き(実は未だに和室)ですが、
住んでいる場所は、マンションなんで外にでるにも関門があります。

エレベーターです。

もともとマンションなんてヤツは、自転車を部屋に置いて運ぶなんぞは
あまり想定していない作りではあります。(そりゃそうだろ)

わが家から一番近いエレベーターはあまりに狭いので、
自転車を(2台)運ぶには適しておらず、ちょっと部屋から距離はありますが、
運搬用にちょっと広めに作ってあるエレベーターをいつも使っています。

運搬用に広めに作ってあるとは言え、やはり自転車を二台乗せてしまうと、
なかなか余裕もなくなり、せいぜい後は乗れて3~4人。
人が乗ってきたりすると、窮屈な思いをさせてしまいますし、
かなりいたたまれない気持ちになります。

途中で人が乗ってこないにしても、
1階でエレベーター待ちの人とかち合ったりすると、
またそれはそれでいたたまれず・・・

誰もいない時はお互いがボタンを押し合って出るのですが、
1階に人がいた場合、往々にしてその人が私と相方が自転車を降ろす間
エレベーター開閉ボタンを押しておいてくれる場合が多いからです。

こういった事情により、毎回私と相方は

エレベーターに乗り込むと「人と会いませんように」と祈るわけなのですが、

この日は運よく誰とも会いませんでした。

「ラッキーーーっ」・・・て、このほんの少しの幸せ。

「これはもしや“末吉”の効果じゃない?」と相方。


気分よくマンションを出て、荒サイに向かう途中、“踏み切り”があります。

特に開かずの踏み切りというわけではなく、
とは言え(一応都内なので)開きっぱなしの踏み切りというわけでもなく、
ようは運がいい時は開いている、運が悪いときはしばらく開かないという踏み切りなのです。

この踏み切りに、この日はギリギリひっかりました。
しかも電車のタイミングがたまたま悪くて、いつもより全然開きません。

「アンラッキーーーっ」・・・ほんの少しの幸せの後にほんの少しの不幸。

「・・・て、これも“末吉”の効果じゃない?」と相方。


プチ開かず状態になっていた踏み切りを抜け、荒サイに到着。

街中では、ほとんど風がなくてもサイクリングロードに出ると風を感じる、
なんてこともあるので、ちょっと心配したのですがこの日はほとんど風もなく・・・

風の日には真ん中のラインを挟んで「天国と地獄」まさに格差社会縮図のようだった
荒川サイクリングロードの格差がすっかり是正されています。

ストップ格差。ビバ平等。

「こいつは100km走破に向けて幸先いいや。」と走り出しました。

またまたやってきた幸せ。・・・相方に言わせるとこれも「末吉」効果らしいです。ハイ。(--;)


考えてみれば、相方がクロスバイクを手に入れたのが「夏」
私がクロスバイクを手に入れたのが「晩秋」

まだ一年も経っていないわけですから「春」のサイクリングって経験していなかったわけです。

2月とは言えこの日の荒サイは、ぽかぽかと暖かくて
なんか「春のサイクリング」気分が味わえたわけですが、

いやーーー春のサイクリングっていいですねーー。もう最高。

ぬるま湯人間の私は、ぬるま湯的な春が大好き。

今までもサイクリングは楽しかったのですが、この日はなんか別格。

かつてこれほど荒サイを楽しく走ったことはあるだろうか?

いや、ない。 どっちかというと、つらい記憶の方が多いくらいだ。

荒サイの春の様相に、脳内からドーパミンが大量放出。

「サイクリングってこんなにも楽しいんだね。あはははは。」

なんか頭の中が生ぬるく上昇、感情的にハイになっていたこともありますが、

「これは100km確実か?」

というくらい、今までになく快調に走り出しました。

しかし、吉事に後には凶事、それも末吉の宿命でしょうか?


しばらく私は脳内ドーパミンでハイテンション、相方は相方で宇宙と交信。
お互い勝手に楽しみつつ漕いでいたわけですが(お近づきになりたくない人たちですね)
この日私も相方もダウンジャッケットを着ていたので、さすがに熱くなってきました。

一旦自転車を端に寄せ、ジャケットを脱ぎ再出発しようとすると、ここで凶事到来。

「なにこれ!!」

快調サイクリングに水を差すような、相方の叫び声。

相方の手に握られていのは、見覚えのあるビニールの紐のようなもの。

紐

・・・えーーと。それはサイコンを固定した時の紐じゃ?

自転車を見ると、フロントフォークにつけてあるサイコンのセンサーを固定していた
2本の紐のうちの一本がなくなっています。

つまりその紐がぶっちぎれたと。・・・ふ・・・不吉な。

このセンサーというのは、たった2本の紐で固定されていたわけですが、
2本しかない紐のうち1本がなくなったわけなので、当然センサーは不安定な状態。

サイコン

このまま放っておくとタイヤに絡まり取れそうだったので
仕方なくセンサーを外すことにしましたが、

それじゃ、距離を測るのは無理じゃん。(--;)

人間文明的な生活に慣れてしまうと、それがないといられなくなってしまうものです。

最初の頃はサイコンをつけてなくても平気だったはずなのに、

えーーーっ!!ありえないから、せっかくの100km走行の日に

距離が測れないなんてありえないからーーーっ!!

と、もうテンションは一気に急降下しました。

「よりにもよってこんな時にサイコンが使えなくなるなんて・・・」

100km走破に向けて快適なスタートを切ったように見えましたが、
これもまた「末吉」効果なのでしょうか?トホホ。

ぼーぜんと立ち尽くす相方と私。

ふと見上げると、河川から前方約数十mの場所にそびえ立つのは「K's」デンキ。

ケーズ電気

「そう言えば、この紐ってコードをまとめる時にも使うから

電気店にもあるんじゃ?」

それだーーーっ!!

サイコンが取れた場所の近くにたまたま電気店があった不運の中の運の良さ。

やっぱ凶の後には吉到来?!

 「これはまだあきらめるなって事?!」とケーズデンキに急ぎました。

しかし、運気のアップダウンが激しいこの日。

当然、吉事の後には、またまた凶事が待っていたのです。例のあれです。(--;)

すみません。つづきます。

ブログランキングに参加してます。できればポチッ☆とクリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキング


関連記事
榎本牧場へGO?再び【その2:改めラーメンポタ第8弾】

昨日のバレンタイン。

相方は予想通り、会社の女性一同様より連名の
バレンタインチョコを頂いて参りました。

今年は1GET。(いや、うちの母のも入れると2GETか・・・)

ちなみにこの数字はこのところ毎年変わらず横ばいです。

「個人的に・・・」といただけなかったのは、

喜ぶべきなのか?がっかりするべきなのか?

自分でも自分の立ち居地がよくわからない今日この頃です。


うちでは昨日行事の一環として、ケーキを作りました。

ケーキ

こう見えて中はココア生地です。

我ながら造作はかなり不得意なので、一番ましに見える角度を狙いました。^^;

感想は・・・

バナナはおやつに入るんですかーーーっ?!

ではなく、バナナもケーキに入れておくべきでした。

よくココア生地のケーキにバナナもはさんである事がありますが、
個人的には「バナナを入れておくなんて経費節減の一環かな?」
と思っていたのですが、

違う。“あれは必須アイテムなんだ”と初めて気づきました。

ちょっと重めのココアスポンジを食べていると、
苺でもなく、白桃の缶詰でもなく、甘くて微妙の酸味のある
バナナを食べたくなるんですよね。

たかがバナナ、されどバナナ。お前の重要性に気づいてやれずごめん。

「まだまだだな。自分。」

と納得できずにいると、相方が聞いてきました。

「(まあ完璧ではないけどド素人が家族に振舞う程度は)
よくできてるじゃない。いったいどこまでの域に達したいの?」

「弟子とかができるまで。」

「・・・・・・・・・ヘェーー。ガンバッテネ。」

相方も応援してくれることだし、巨匠の域を目指してケーキ作りに精進するぞ!

次の機会は、えーーと・・・クリスマスだ!

・・・て、そのペースで行くと、まず一人前になる前に寿命がつきるだろ。

ちなみに昨日は、カロリーの都合上夕食はケーキオンリーにしようと目論んでいたのですが、
買い物に行ってついついコロッケを買ってきてしまいました。

神○屋のコロッケがやたら美味そうだったので、つい出来心で・・・。

秘策、自分の食欲の前に失敗。

しかもワンホールで作ったケーキが、もう1/4に減っている。あれっ?

・・・・・・・さてと、週末はまたがんばってポタるかな。


またまた、前置きが長くなってしまいました。m(__)m
以下、昨日のポタ日記の続きになります。
後編を一気に書いちゃったので、またまた本文も長くなってしまいました。(汗)


おみくじの「末吉」の呪縛に翻弄され、

普段なら切れるはずもなさそうなインシュロック(本名はこういうんですね^^;)
がブッちぎれる不幸、その後に救いの神「ケーズデンキ」を即発見。

ぶっちぎれた不吉さと、せっかくの100km制覇に数値が測れないという、
“点数の出ない試験をやらされる気分”にモチベーションは駄々下がり。

「榎本牧場はあきらめっかな。」と思っていたのですが、

この発見で「まだまだいけるかも?」と気分がまたまた急上昇です。

いそいそとケーズデンキに入り、インシュロックを探します。

売り場が広い電気店で少々手間取りましたが、お店の人に聞きパソコン関係の場所で発見。

30本いり160円です。

インシュロック

「死ぬ前に、これだけの量を使い終わるだろうか?」とちょっと疑問です。

しかし、せっかくインシュロックを見つけたというのに不満顔の相方。 なぜなら・・・

「黒がない。」

濃紺のルイガノには“黒”という相方なりのこだわりがあったようで、
(サイコンも黒だし)

せっかく見つかったインシュロックも黒がないなんて・・・そうだね。「末吉」効果だね。

「緊急時になに眠たいこといってんだこいつ。」と思いましたが、

ここは「応急処置だから」と説き伏せ、白のインシュロックを購入しました。

さあ、急いでサイコンをつけるぞ!

・・・と思いきや。なんか食ってます。

アイスモナカ

いや、先ほど自転車を必死で漕いだので、ついのどが渇いて・・・。

アイスは「榎本牧場」のとりたて(?)フレッシュなものを食べる予定でしたが、
今思えば、すでにこの時点で薄っすらと「榎本牧場」はあきらめていたのかもしれません。

小休憩の後、駐輪場でセンサーをつけました。

装着完了

相方はまだ「やっぱり黒の方がいい、これ買い替えてつけるよね?」

とかブツブツ言ってましたが、好きにするがいい。

この場さえ乗り越えれば、別に黒だろうが金色だろうが、
自分の美学が欲するままに、どうぞどうそ。
どうせ、そんな高いもんじゃないし。

とはいえ、相方は順応性が激しい上にメンドクサがりなんで、
どうせこのままのような気がします。

実際、あれ以来そのまま忘れているようだし。(--;)


あえて時間は見ないようにしていましたが、ここを出たのが2時ごろ。

この時はまだ「榎本牧場」をあきらめきってはいませんでいたので、
必死になって漕いでいましたが、しばらくたって見えてきたのが、

ここ「岩淵水門」です。

岩淵水門

ここまでくると頭の中で勝手に計算が・・・

うちから岩淵水門まで、たしか10kmくらいだったような・・・。

牧場というのは、せいぜい4時くらいまでかなぁ。

で、今2時半。

つまり、あと1時間半で40km。

・・・・・・・・・・・(笑)

それでも「まあ、何かの奇跡が起こるかもしれんし」ということで、
しばらくは惰性で漕いでいたのですが、

“奇跡”とかそんな不確かなものを信じるのは年をとり過ぎていたのか、

漕ぐ足も目に見えてダレダレ。

せっかく付けたサイコンの平均速度も当然のようにダダ下がり。

なんかやる気がなく、低速で漕いでいると春の陽気も手伝って眠くなってきました。

自転車を漕いでいても眠くなる。そんなことはありませんか?

ちなみに私は初めての経験のような気がします。

相方曰く。

「それはトランス状態になっているということだよ。

つまりトランス走法なんだよ!!」

えっ?!これが(相方得意の)トランス走法?
知らず知らずの間に取得していたの?私。

もしかして才能ありーーー???トランス走法メイトに認定?

て、仲間になりたくねぇーーー。

・・・と文字通り眠くなるようなだらけたポタながら、

リタイアをしたくない一心で一応自転車は荒サイ上流に向かっていました。

しかし時間も3時くらいになり、 さすがに、

「もうそろそろ現実を見たほうがいいのでは。」ということになりました。


・・・2度目のリタイアです。

なんか大きな力に「榎本牧場」への道は阻まれているような気がします。

特に今日の運気のアップダウン。

「呪いじゃーーー。末吉様の呪いじゃーーー。」

いや、妄想だからそれ。

特におみくじを引いた相方は、

「なんか自分の人生自体が“末吉”のような気がするよ。」

・・・とたかが一度のおみくじに引きづられ、人生まで語っちゃってます。

しかし・・・なんか否定はできん。

大きな幸せもない代わりに、大きな不幸もない、
小さな幸せと小さな不幸が織り交ぜられた相方的な人生。

その「末吉」人生の末に結婚したのが、このわたくし・・・と。

へぇ・・・・・・そう。

悪かったな「末吉」で。(ぼそっ)

・・・なんにせよ。今後相方におみくじを引かせるのは止めようと思います。


上流方面から下流方面にきびすを返してすぐ、
このポタ最大の凶事が襲ってきたんです。

その凶事の主人公は、おみくじを引いた相方ではなく、なぜか私。

タイムリーでブログにも書かせてもらいましたが、
つまり「ビアンキで初コケ」事件です。

しかし、この凶事、散々被害者ぶってしまいましたが、
実は、私の「自業自得」という色も色濃いのです。(汗)

荒サイには、単車や自動車が入れないように、頻繁に障害物(?)の
ようなものがあるのですが、自転車はこの「S字」のような場所を通り抜けます。

S字障害

この写真は実際の現場のものではないんですが、
実際の現場はもう少し、隙間の広いS字のものでした。

間隔が広いS字なので、見ると皆さん、自転車に乗ったまま
(もちろん足をつきながらですが)S字をなんなくクリアしています。

ここで自分の運動神経を無視して、思っちゃったんですね。

「これは、私もいける」・・・と。

まずは、相方が先に乗ったままなんなくクリア。

続いて私も・・・とS字に入ったところでバランスを崩し、

後は前にブログに書いたとおりに転倒しました。

転倒の瞬間、頭の中は「ビアンキ」一色。そこに自分の入り込む隙はなく・・・。

お陰でビアンキは無傷。私は負傷した訳なんですが、
気がつくと、ユニパンはこんな無残な姿になってました。

ユニパン再起不能

ポタ友ユニパン1号との不意のお別れ・・・

「ああ、キチンと降りてS字を通ればよかった。」

・・・横着は禁物ですね。反省です。 ごめんよ。ユニパン(;_;)

事故後、恥ずかしさも手伝ってなんかナチュラルハイ状態で、
しばらく漕いでいたのですが、我に返るとだんだんズキズキと痛んできます。

これからの行き先と決めるのと、怪我の確認をする為に休憩をとりました。

休憩中

榎本牧場」までの50km、コンビニもないであろう荒サイを走り、
血糖値が下がった場合に備えて“かりんとう”をおやつに持ってきたのですが、
それを食べながらの休憩です。

かりんとう

かりんとう

怪我を確認すると、パンツの切れは派手なものの、
タイツをはいていたせいもあり、右足は擦り傷に血がにじむ程度。

いつの間にか左足の足首付近も打っていたらしく、
こっちの方がズキズキと痛んできました。

・・・とは言え、自転車が漕げない位の怪我でもなく、
このままブルーな気分で帰るのは、余計に嫌なので、
ここは手っ取り早く楽しい気分になる為にも、このあたりで食事していくことになりました。

そこで登場。おなじみの東京街ナビです。

こんなこともあろうかと持ってきていたのです。

このあたりは埼玉に近かったので、掲載は少なかったのですが、
「赤羽」にある「ゆうひ屋」というラーメンが美味しそうなので、
そこに行くことに決定しました。

「榎本牧場ポタ」改め「ラーメンポタ第8弾」です。

しかし、ここに来てどんだけラーメン食ってんだ?私たち。

荒川サイクリングロードから「赤羽駅」まではすぐ近くなので、
まもなく「ゆうひ屋」には到着しました。

ゆうひ屋

駅からすぐのところだったので、駅ビルの駐輪場に停めに行きました。
時間は4時半と夕食にはちょっと早めだったんですが、
まあ、あまり混まないうちということで・・・。

お店に入ると、取材がよくくるお店のようで、
雑誌の切り抜きとかもはってあります。

ラーメン王という人も「美味しい」と言っているお店のようです。

これは期待ができる。

私はオススメらしき「塩ラーメン」(味玉付き)

塩ラーメン

相方はオーソドックスな「醤油ラーメン」を注文。

醤油らーめん

私はあまり普段「塩ラーメン」は食べず、今回はオススメということで
食べたのですが、いや、これが美味い!!

麺は太くもなく細くもないモチモチ麺でかなり好み。


塩ラーメン


「塩ラーメン」ってこんな美味いのか?と思うほど私的には美味しかったです。

使われている塩はこだわりのおフランスの塩。

さすがおフランスざんす。マジ、トレビアン。

入っていた岩海苔も塩ラーメンと絶妙なバランスでした。

醤油ラーメンの相方もここの味は好みだったらしく、
「美味しい」を連発していました。

でも、他のお客さんは「つけ麺」を頼んでいる方が多かったなぁ。
今度はつけ麺を頼んでみたいです。

しかしこの「東京街ナビ」に出てくるグルメは、なかなか侮りがたいっす。

大満足で店を出て、ついでに駅ビル探索をしてきました。

駅ビルの中には大型スポーツ店が入っていて、
外から自転車が見えたので入ってみると、規模の割には自転車グッツは少なめでした。
がっかり。

「榎本牧場」でまたしてもアイスクリームにありつけなかった私たち。

その私たちに前に「赤羽一美味しいソフトクリーム」の文字が・・・。

これは素通りできませんでした。

“水出しコーヒーソフトクリーム”という珍しいものがありましたので、
迷わずそれを注文。

水出しコーヒーソフト

食べてみると、コーヒー味というのは分かるのですが、
どの辺が水出しなのかは謎でした。

ところで、ソフトクリームを頼む時ですが、

私はカップがあればカップ、相方はコーンで頼みます。

【理由】

私→カップの方がコーン分のカロリーをとらなくて済むから。

相方→コーンの方がコーンの分だけお得だから。

・・・見解の相違ですね。

今回は私が頼んだのでカップでしたが、相方は不満そうでした。

この後、徐々に痛んできた足首に耐えつつも、ナイトライドで帰宅。
家に帰って、早速掃除をしながらビアンキを確認したら、
やっぱりほぼ無傷でほっとしました。

ハンドルの端とペダルにはちょっとしたキズができましたが、
これは換えられるし、チェレステにキズが付かなかっただけでも、
身を犠牲にしただけのことはありました。


幸、不幸が順繰りに織り交ぜられた今回のポタ。

まさに「末吉の呪縛」に踊らされました。

残念ながらまたまた「榎本牧場」へはいけませんでしたが、
絶対リベンジのリベンジをしたいと思います。

今回の距離、追記です。
最近、書くの忘れちゃってました。これじゃサイコン直しても意味ないですね^^;

【今回の記録】
走行時間:3:03:58
走行距離:45.33km
平均時速:14.7km/h
最高時速:35.3km/h



ブログランキングに参加してます。できればポチッ☆とクリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキング


関連記事
携帯電話紛失

今日はいいお天気なんで、ポタってる方も多いと思いますが、
わが家も例にもれずポタりに行こうとしたところ。

携帯がないことに気づきました。

しかもどこに落としたかは不明。(泣)

一気に気分はどん底です。

昨日はちょっと酔ってまして、

「タクシーに乗り込むまでは使っていたような気がするんで、やっぱりタクシーかな??」

という不確かな記憶。

領収証ももらわなかった上に、酔っていて視野が狭くなっていたので、
タクシーの形状も全く、さっぱり覚えていません。

駅のタクシーだったらまだ社名がわかるかもしれませんが、
道を流していたのを捕獲したので、社名も不明。

まったく手がかり0。万事窮す・・・。

藁をもつかむ気持ちで「東京タクシーセンター」の忘れものに届けましたが・・・。

だいいち、タクシーでなくしたかも謎ですもんね。

しかし、忘れ物を届ける時に携帯電話の特徴を伝えるんですが、
ストラップのことを聞かれ、

「ケロロ軍曹が2体・・・」と答えるのは恥ずかしかったなぁ。

こういう時の為にストラップも年相応のおしゃれなものにしておけば良かった。

・・・て、そんな問題じゃないだろ。

相方には、「酔っ払うとロクなことがないよね。」
と、何度も嫌味を言われる始末。

相方に言わせるとこれは嫌味ではなく、事実の確認だそうで・・・。


自業自得とは言え、先週から私のみに降りかかる不幸の数々。

はっきり言って「末吉」どころじゃないっす。

このまま連絡を待とうか、待っていても仕方がないので、ポタっちまおうか思案中です。

ああ、でもデーターとかどうしよう。(暗)

しかし昔は携帯なんかなくても平気だったのに、今はないと不安で仕方ありません。

不思議なもんです。

ブログランキングに参加してます。できればポチッ☆とクリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキング


関連記事
「不運断ち切りポタ」に行ってきます

先週から数々の小さい不運、
いつの間にか、なぜか私のみに襲い掛かっていますが、
もはやその不運は「末吉」の域を超えて「大凶」に達しています。 (T_T)

携帯は結局見つからず・・・。

昨日、タクシーセンターに電話して、
忘れ物として届いたら連絡くれるように伝えたですが、
結局、連絡はきませんでした。

自分の電話に何度も連絡しても、誰も出てくれないので、
このまま使えるようにしておくと悪用の恐れもあるとの事で、
とりあえず一時停止にしました。

しばらく使えないと不便なので、
昔の携帯を一時的に使っていて発見されるのを待つか、
さっくりとあきらめて新しい機種を買うか、思案中です。

昔の携帯、年末に捨てちまおうと思ったのですが、
(捨てるのが面倒だったので)とっておいて良かった~。
古いデーターでもないよりはマシです。

面倒くさがりで得をした数少ない事例ですね。


あきらめきれず、乗った場所の近所のタクシー会社を電話したんですが、
こちらもHITなしで・・・。

今思い出すに、土地勘のない運転手さんだったので、この辺の人じゃないかも。

こういう時のためにも領収書をもらっておくのが一番ですね。(T_T)


気持ちはかなりブルーでしたが、
まあ家でくさくさしていても仕方がないということで、
昨日は自転車で出かけたのですが、そこでもピンポイントで私のみに起こる
ちょこちょことした不運。

なんかめちゃめちゃ凹みます。

湯島天神の獅子舞ちゃんのせいにするわけではないのですが、
この辺の不運はあのあたりから始まっていたりするので、
今日は仕切りなおしで、もう一度湯島天神に行ってお参りしてこようと思います。

今度は自分のおみくじひきます。 いい卦が出るまで引き続ける覚悟で臨みます。

ただ、今日は東京マラソンなんで、道の規制がちょっと心配です。

湯島はコース外みたいなんですが・・・。 何せ大凶だし・・・。


先週、ぶっちぎれた後に変えた、インシュロックの余剰部分ですが、
あんぜんぐつさんに、アドバイスいただいたように、
昨日、恒例のポタ後のお掃除時に私が切りました。

インシュロック

切ったら美しくなりました。 ありがとうございます。^^

しかしこれを切るもんだということを気づかないわが家って、いったい・・・。

順応性が激しく高く面倒くさがりの相方、
先週は「黒じゃないと」とごねていたにも関わらず、
予想通りあっさりこの白のインシュロックに順応してしまい、
もはや黒に変える気はないようです。

オイ、美学はどうした?

そしてもう一つ相方の順応性の高さを示す指標が、

これです。

反射板

「まだこれなんかーーーい!!」と思われました?^^;

そうまだ「これ」なんです。

最初は「かっちょ悪い(泣)」とか言っていたのに(その通りだ)

そっこー順応。

応急処置で施したペダルの蛍光シールをそのまま大活躍させています。

まあ、私も所詮は人の自転車だから「本人がいいならまっいっか」となっていますが、

私だったらペダル即、買い即取替えですけどね。

数年後もこのままで乗ってそうで怖い。

暫定的処置がいつの間にか恒久化されるという、どこぞの政治家のような相方。

日本一こだわりのない自転車乗り・・・かもしれない。

では、不運断ち切りのために、仕切りなおしに行っててきます。

ブログランキングに参加してます。できればポチッ☆とクリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキング


関連記事
失せ物捜索ポタ【前編】

自転車で転倒してから丁度1週間。

昨日、私の左足脛部分に突如として現れた不気味な影。

それは縦10cm、横5cmのでかい痣。

まるであぶりだしの手紙のように、時間差で浮き出てきました。

それにしても、

えーーーっ!!今更?!

大根の汁ででも書かれてたんかい。

どんだけ新陳代謝さぼってんだよ。私の体。

もしかして細胞は冬眠中だったのか?

ブーツを履いた時に、すでに痣のできていた足首横の部分だけではなく、
脛の部分が痛むんで「おかしいなぁ。」と思っていたんですよね。

その時は脛には、特に痣らしきものができていなかったので、
「脳の痛感指令の間違い?」とか思っていたのですが・・・。


日曜日にこの不運を打開する為にも、湯島に仕切りなおしに行ってきたのですが、
なかなか運気回復とまではならず・・・。

更に小さな不幸をコツコツ積み立てています。
(いや、好きでやってるわけじゃないですが・・・)

彦摩呂風に言えば、先々週から「不幸の宝石箱やー」状態。いやな宝石だな。オイ。

しかもその不運とやらは、私をピンポイントで狙ってきます。

しかし相方曰く、私が「不運」だと自分も同じように「不幸」らしいです。

それは美しい家族愛・・・というのではなく、

「鬱々した気分でいられると、こっちまで鬱々した気分になっちゃうもん」

・・・だそうです。

でたーーーっ!!相方得意技。

悪気はまったくないけど、ムカつく台詞。つうか悪気がないから余計にムカつく。

趣旨としては「君の不幸は自分の不幸だよ」とでも言いたかったようですが、

微妙に本音が見え隠れしていて、とてもじゃないけど感激できねぇ。

・・・まあ、確かに私が不運ということは、一緒にいる相方も
多少のとばっちりを受けてるわけですし、私もナーバスになっているので
言いたい気持ちも分かりますが・・・。

人生浮いたり、沈んだり。相方が沈む時期の時は、まあ・・・覚えてろよ。


これだけ「不運」を連発するだけあって、やっぱり未だに携帯はでてきていません。

タクシー会社がわからない場合の(個人かもしれませんし)忘れ物の届け先として
「東京タクシーセンター」というのがありまして、ここに届出たのですが、
このタクシーセンターに忘れ物の報告が行くまでに、
まずタクシー会社で1週間保管するらしいです。

つまり運良く「タクシーセンター」に報告が行ったとしても、
手元に戻るまでには1週間かかるようでして・・・。

取りあえずその間は耐えるか、昔の携帯に戻すか考え中です。


この携帯がなくなったと気づいたのが、土曜日。

その日も朝から晴れていました。

前の日は、酔って帰ってきてそのまま倒れこむように寝てしまったので、
変な夜更かしをしなかった分、かえって目覚めは爽やか。

この日も比較的早く覚醒できたわけです。

“晴れ”“早起き(わが家にしては)”と来たらそりゃ自転車でしょ。

と言う訳でポタる気満々でした。

早速、支度をするか・・・とその前にメールを打とうとしたところ、

携帯がない。

カバンを見ても、昨日着ていたジャケットのポケットを見ても、

やっぱりない。

「またまた~」と見えない誰かに突っ込みを入れてみましたが、

やはり携帯は見つからず。

この頃から私、本当にあせりだしました。

「お宅拝見!」とかに出てくるセレブのお宅のガレージ程度の広さのわが家。

携帯を鳴らせばどこの部屋にあってもバイブ音が聞こえてきます。

取りあえず相方の電話から私の電話を鳴らしてみたのですが、

ぜんぜんまったくバイブ音は聞こえてこない。

どの部屋を歩き回っても、しーーーーん。

「恐怖の静寂」というのはこういう状況の時をいうのでしょうか。

相方の携帯を奪い取って、自分で何度も掛けてみましたが、
聞こえるはずのバイブ音が聞こえない。

もうアンビリバボーーー。(泣)


いや、とりあえず落ち着け。
アンビリバボーではあるが、ここに存在しないとなると、
どこぞに置いてきたに違いない。

さて、どこか?

しかし昨夜はかなり泥酔に近い状態だったので、よく覚えていません!(T_T)

よく覚えていないながらも、相方と記憶をすり合わせたところ、

丁度タクシーに乗る寸前に相方から電話があり、その時は出た。

その後、すぐにタクシーに乗り込みマンションのちょっと手前で降りた。

酔っていて五感が鈍っていたので、道に携帯を落としても気が付かなかった
ということも考えられますが、タクシーに乗り込むまでは友人と一緒でしたし、
これはタクシーの中で落としたと考えるのが順当であろうという結論に達しました。

ここでタクシーの領収書でももらっていれば、話は早いのですが、
その日はおつりもなかった状態だったので、領収書をもらっていませんでした。

しかも国道を流していたタクシーに乗ったので、
どこのタクシー会社かもまったく不明。

酔っていてかなり視野が狭くなっていたので、ナンバーどころか、
色も形状もマークも覚えてないし、手がかりはまったくナッシング。

ヤバイ。これは本当にヤバイ。

唯一の期待は、運転手さんなり、タクシー会社の人なり、拾った方なり
どなたかが電話に出てくれることでしたが、
考えている間、間髪を入れずにずーーーーっと相方の電話から掛けていましたが、
まったく出てくれる気配がありませんでした。

「見つける為のいい方法を教えてくれるかも」と、携帯会社に連絡してみましたが、
「悪用をされないためにも今すぐ利用できないように止めた方がいい」と言われ、
携帯もとめざるをえなくなり、「出てくれる誰かに期待する」こともできなくなりました。

あと対策はないかとネットで必死に調べましたが、
できることはと言えば「東京タクシーセンター」の忘れ物係りに
連絡しておく事ぐらいで、これが終ると万策つきました。

以前、携帯をお店に忘れた事はあるのですが、
こんな「どこにあるか良く分からない。戻ってくる保障はまったくない。」

という状況は初めてです。

携帯がどこにあるか分からないという状況は、
いろいろな意味で「こうも人を不安にさせるもんなんだなぁ。」と思いました。

先週から続く延々と続く、とめどない不運。

「自業自得」の側面はあるものの、あまりにも・・・(泣)

相方にも

「酔って帰ってくると怪我をしていたり、ホントろくな事がないよね。」

と、何度も嫌味・・・ではなく、事実の確認をされ、かなりブルーでした。

そりゃそうだけど、さあ。


爽やかな朝がいっきに暗転です。

何をすることもできず、しばらく不安にさいなまれていましたが、
「不安」にさいなまれていたところで、なにも好転する材料はなく・・・。

悶々と己が生き様を反省していたところで、携帯が見つかるわけでもありません。

このまま鬱々悶々としているよりは、
少しでも自転車に乗って気晴らしした方がいいかも。

タクシーを乗ったところと降りたところ付近を探索すれば、
万が一携帯が見つかるという幸運もあるかもしれんし。

それと・・・

先週不意の別れとなった、私のポタ友「ユニパン(ユニクロパンツ)1号」

週中はなかなか2号を探しに行く機会がなく、
かわりの2号を追加投入できてませんでした。

普通のパンツでも、近くのポタなら問題はないのですが、

やっぱりあの伸び、あのフィット感、そしてなによりあの気楽さ。

長距離ポタにはやっぱり「ユニパン」は必須アイテム。

自転車とはお天気に左右されるもの、
いつ何時長距離ポタに出かけなければならなくなるかも知れず、
早々2号を補充しなくてはなりません。

いつまでも家で落ち込んでいても非建設的ですし、

「携帯電話とユニパンを探しに行くポタ」に出かけることにしました。

失わせリ物を探し求めるポタ・・・だけではなんとなく潤いが不足してますので、
そこはそれ適度に潤い溢れる「ポタメシを織り交ぜつつ・・・」


外に出てみると、「寒ーーーっ!!」

先週の春の暖かさはどこへやら、日本を寒波が襲っているだけあって、
晴れてはいてもかなり寒いです。

とにかく風が冷たい。

冬の間はこれくらいの寒さを経験していたはずですが、
美味しい春の気配を経験した後、冬に逆戻られると辛さ倍増。

一度ぬるま湯を知ってしまうと、あっさりそっちに慣れる体質らしく、
いきなり涙は出るわ、鼻水は出るわ。

耐え切れず、覆面ライダー復活です。

早速タクシーを降りたと思われるマンション付近を捜しましたが、
やっぱり携帯は見当たらなく・・・。

次は、乗車ポイントの北千住付近ですが、なんとなく力が入りません。

そう言えば、朝から携帯紛失の大騒ぎで食事を満足にとっていませんでした。

とっととブドウ糖プリーズ。と言うことで、

昼食代わりにちょっと回り道をして前から行ってみたかった
タイヤキ屋さんに行ってみることにしました。

つづきます。m(__)m

ブログランキングに参加してます。できればポチッ☆とクリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキング


関連記事
失せ物捜索ポタ【後編】

本日はいいお天気ですね。

私はまたまた醤油の町市に帰還しています。

10月に比較的気楽にはじめてから、その後手を広げすぎ
すっかり泥沼化していたわが実家のリフォーム事情ですが、
さすがに終息の兆しが見えてきました。

一時は、冷蔵庫と箪笥が混在し、足の踏み場もなかった部屋が、
ようやっとそれぞれあるべきところに戻り、整理されてきています。

しかし時間もマネーもそれなりに掛かっただけに、
さすがにリフォームした地帯はリフォームしない地帯と比べて
新築のようなできになっております。

新旧入り混じった、わが実家。「逆にどうなの?」と思わないこともない。

そんな中、運良く(?)リフォーム地帯に滑り込んだ私の元部屋。

リフォームの勢いに乗って、母が古いベットも廃棄してしまいましたので、
しばらく実家に来てもコタツ生活を送っていたのですが、
本日でそんな生活ともおさらば。

なぜならベッドが到着したのです。 (喜)

一応私も別に家庭を形成している身なので、
今更実家にベッドを置くのはどうなの?と思わないでもないですが、

そんな建前はさておき、事実上このベッドは私専用ということになるので、
前に実家に来た時に、近くの家具屋さんに行き選んだわけです。

そのベッドが配達されたのが今日の朝。

「(事実上)あなたのベッドが届くんだから、あなたもいなさい」

という呼び出しを受けて実家にいるわけなんですが、

よくよく考えてみれば、別に私いる必要ないんじゃん。(運ぶの家具やさんだし)

臭う・・・これは別件呼び出しのにおいです。

本当は足として使ったりしたいから、ベッドを口実に呼び出したに違いない。

案の定、本日もこれから家の用事でホームセンターその他を
回らされることになっています。

まあ、愛犬に会えるしいいんですけどね。

そんな醤油の町市からお送りするこのブログ。
以下、土曜日の「失せ物捜索ポタ」の続きになります。

午前中から携帯探しに明け暮れて、満足に食事を取っていなかったことを
思い出した私たちですが、

それにブルーな気持ちを手っ取り早くアゲるには、
満腹中枢をみたすしかあるまい。・・・というのはわが家でまかり通る常識です。

だから太るんですけど・・・。

ワイン通の方がその時の気分でワインを飲むように、

この時のわが家のポタメシ気分は、

そうですね。・・・・うーーん。和、甘の菓子系?
寒いので温もので頼むよ。

ようは“たいやき”?

この機会に家から比較的近くにあるのに、タイミングが合わないで
なかなか買えなかったたいやき屋さんに行ってみることにしました。。

南千住にある「浪花屋」さんというお店です。

浪速屋

このお店は、“およげたいやきくん”のモデルになったと言われる、
麻布十番にある「浪花屋総本店」から昭和30年に暖簾わけされたお店らしいです。

営業時間は日曜・祝日定休で時間もPM1:00~5:00(売切れ次第終了)で
前に思い立って来たことはあったんですが、
たまたま休みの日で買うことができませんでした。

注文をしてから焼くスタイルをとっているようで、
予約を推奨してましたが、この時は急遽思い立って行きましたので、
お店の前で10分程度待つことになりました。

ちょっち暇だったので、ルイガノとお店の写真も撮りました。

ルイガノが「家政婦は見た」みたいな構図になっています。

浪速屋ルイガノ



5個から箱に入れてくれるということですので、
リュックで持ち歩くことを考えると、箱詰めの方が良かろうと5個注文。

5個で750円です。

食に関してはフットワークが軽いわが家、
ブツを受け取るとソッコー近くの公園でお茶を買って、食べてみることに・・・。

中身が鯛焼きとは思えない、ケーキのようなラッピングです。
鯛焼きの箱


なんか湯気で箱が凄いことになってました。

それにしても箱の中は美味しそうなたいやき君がうようよと・・・。

鯛焼き

たいやき


ものすごいアツアツだったので、
背負っていた相方の背中もアツアツになっていたようです。

餡に比べて皮がうすーーーい。

うすっ

割ってみました

ずっと前に、うちの父が麻布十番のお店のたいやきを買ってきた事が
ありましたが、そちらもこんな皮が薄い感じでした。

ここのたいやき屋さんに言わせると、皮の厚いたいやきは邪道だそうな・・・。

このような注意書きがありました。

注意書き

どっちも美味いですけど、確かに別もんと考えた方がよさそうな。

そう言えば、以前食べた人形町の「柳屋」さんのたいやきも、
皮が薄いタイプだったような気がしますので、老舗系はこっちがデフォなのかも。

味は皮がサクサクしていて、甘すぎない餡がとても美味しいです。

とっても美味しいです・・・が。

空腹時に多少胃に物が入ると、よけいに空腹に耐えられなくなる・・・ということはありませんか?

私はあります。

酔った次の日は、すっぱい物を食べたくなることはありませんか?

これも私はあります。

たいやきが呼び水となって、胃が一気にぜん動運動を開始。

「こんなんじゃたらねーぞーー。」と叫んでいます。

ここは間髪入れずに、次のポタメシ気分は、

うーーん。そうですね。和、すっぱ系?
あっさり系で頼むよ。

・・・ようは寿司?

これから向かう、タクシー乗車ポイント北千住といえば、
わが家が大好きな回転寿司店「大江戸」があります。

朝からロクなものを食べていない身としては、「“大江戸”しちゃう?」

ということで、食い物系連続技で「大江戸」に向かいます。

・・・て、オイ。何しに来たんだよ。

浮かれて満腹中枢を満たしている場合じゃないだろ。


先に、タクシー乗車ポイントを見てみました。

万が一植え込みの辺りに落ちていれば・・・と思ったんですが、
やっぱりありませんでした。

期待はしてませんでしたが、がっかり。

まあ、乗車時に落としたとしても、国道沿いだし、人通り多いし、時間経ってるし、
どうせないとは思ってましたけどね。

・・・気落ちした時は、満腹中枢を満たすのが一番です。

というわけで、寿司です。

寿司

多少不健康な事をすると体が健康を求めるのか、
飲みすぎた体には、やっぱり“酢”ですね。

皿

2人で結構食べました。


食欲を満たし気分も少々上がったところで、

次の失わせり物「ユニパン2号」を探さなくては。

“ユニクロ”は北千住のルミネにあったので、そちらに移動しました。

しかし携帯がないと本当に不便ですね。
わが家の場合、私が自由人なので店内を別々に勝手にみたり、勝手に移動したりします。

下手すると階をまたいで(勝手に)移動するので、どうしても見つからなくなった場合、
携帯で位置を確認します。

この時も最初は同じショップを一緒に見ていたのですが、
私が飽きて「そろそろ移動すっかな。」
といつもの癖で勝手にエスカレーターで先に移動してしまいました。

エスカレーターに乗った後、「あっ携帯ないんだ」と気づいたのですが、
戻るのも面倒だし、「ユニクロ」に行くっていってあるんでわかるだろう。
と思って、自分だけ「ユニクロ」でとっとと物色していたんです。

しばらく経って(やっと)追いついていた相方。

「もう、どんだけ自由人なの?!」と文句を言われてしまいました。

でも「ユニクロ」に行くって言っていたし、わかると思うんですよね。(ぼそっ)


そして、このユニクロでも不運な出来事に見舞われたのです。

私のポタ友だった「ユニパン1号」

あれでも(?)何種類かのユニパンの中から、
伸び、フィット感、気安さを基準にポタに最適なものを選び抜いたのです。

どうせなら同じようなものが欲しい・・・。

物色しているとありました。亡き1号にまさに生き写しの一品が!(つうか同じやつじゃね)

シーズンオフの型落ちらしく、値段も少々お値下げ気味。

「2号を襲名するのは、お前しかいねぇ!」

というわけで、サイズを探したのですが、

これがない。

他のサイズは結構豊富にあるのに、なぜか私のサイズだけない。

いっこ上のサイズと下のサイズはあっても私のサイズだけないのです。

「だったら色違いのものでもいいや」と思い、他の色を物色しましたが、
こっちもそのサイズだけ、嫌がらせのようにないのです。

結局、他のユニパンも物色しましたが、このユニパンが一番いい感じがして、
他のユニパンは買うことができませんでした。

それにしてもなんで「私のサイズだけ」ないんだろ。

そういったことは良くあることだとは思うのですが、
このところ不運続きだったので、なんか見えない力を感じてしまう。

「いやいや。負のスパイラルはイカンな。」と気をとり直して、マルイに移動。

ルミネからマルイまではごく近距離なんですが、
移動時にあまりに風が冷たかったので、イヤーウォーマーをしようと思い、
いつも使用してない時に、留めておいている手首を見ると

これまたない。

さっきの回転寿司屋さんに置き忘れてしまったらしい・・・。

よくあるちょっとしたアンラッキー、ひとつひとつはたいした事がなくても
まるでジャブのように少しづつ効いてきて、精神を蝕んでいくのです。

「やっぱり、たたりじゃーーー。これは末吉様のたたりじゃーー!!」

完全、取り乱しました。

「ほとんどは自業自得じゃん。(ぼそっ)」と相方。

ああそうさ!
障害物で転んだのも、携帯を忘れたのも、イヤーウォーマーを忘れたのも
みんな私の不注意さ!!→開き直った。

ついでにポストが赤いのも空が青いのも私が悪いのかもしれない。

でもさあ。すべてこんなに一気に起こることなくね?

そこに見えない力を感じたとしても、仕方なくね?


結局、お寿司屋さんまで戻って、イヤーウォーマーを取ってきたのですが、
気は晴れず・・・。

気分が落ち込んだときは、満腹中枢を・・・(略)

今年はじめに掲げた目標。

「パステル」のマンスリーデザート制覇。

こちら2月のデザート

「ふわふわショコラレアチーズ」

ふあふあショコラレアチーズケーキ

ショコラレアチーズにラズベリーソースがかかった、
意外と表題どおりのデザートです。

ふあふあショコラレアチーズケーキ


甘すぎないショコラレアチーズに、ラズベリーソースがマッチして
私的には美味しかったのですが、
相方的には、ショコラなのか、レアチーズなのかはっきりしないのが
不満だったらしい。

・・・と、散々食っときながらなんですが、
デザートを食べてもやっぱり私の気は晴れず。

このところの不運は、考えてみれば先週の「湯島」で末吉を引いたときから
始まっているような気がします。

ここは運気回復の為、仕切りなおしをして次の日はもう一度「湯島」に
行こうと思いつつ、この日のポタを終えました。

そうして、次の日再び湯島に行き、一気に運気回復となるか?!

次回をこうご期待!・・・というほどでもないかもしれない。(汗)

ブログランキングに参加してます。できればポチッ☆とクリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキング


関連記事
仕切り直し湯島参りagain【その1】
毎週のように繰り広げられらポタメシ三昧。

最初はカロリーのことを気にしがちに食べてはいたんですが、
最近は、ラーメン、甘味、デザートとやりたい放題。

残念ながら、その幸せなポタメシに支障をきたす出来事が起こりました。

相方が健康診断でイエローカードをもらってきたんです。

今すぐどうこうというわけではない程度なのですが、
LDLコレステロールが若干標準値を上回ったらしいです。

また一段、そして一段とメタボの階段を着実に上っているようです。

相方は一見そんなには太っては見えないのですが、
一皮むいたらポヨヨンボディ。もう脱いだら凄いんです。

最近あきらかに相方の食欲が凄いんで「まずいなぁ。」とは思っていましたが、
自分も食べたかったので、見てみぬふりをしていました。(--;)

先生に「脂っこいものを食べ過ぎてませんか?」と言われたそうですが、

実は心あたりありまくり。

ホント体は正直ですね。

これ以上、体重を増やすのはNGらしいので、
この後の対策をしては、

①ポタメシを低カロリーなものに変更する

②自転車こぐ量を増やし運動量をUPする

③もしくはその両方

という選択肢になります。

まあ、ここのところ毎週のようにラーメンも食べていたし(ヘタすると週2回)
「その辺から改善しないとなぁ。」と思います。

もともと冬限定だった「ラーメンポタ」相方はいたくお気に入りのようで、
「1年中やろうよ」とか言ってましたが、

このままでは無理だから。

相方の体がそんな状態になっていたとは露知らず、
相変わらずのポタメシ三昧だった先週。

先週の土曜日、あまりのアンラッキーの連続技に
私は思考能力に支障をきたし、日曜日(17日)は、
仕切り直しのために、「開運湯島参りagain」に行くことを決めました。

相方がいうように、確かに自業自得感は否めませんが、

●インシュロックがぶっちぎれ

●ビアンキで転倒

●携帯紛失(未だ行方不明)

その他、細かい不運がちょこちょことジャブのように襲ってきています。

思うに・・・連続してこういうことが起こりだしたのは、
この日から遡ること1週間前、「湯島天神」で魅惑的な獅子舞に出会い、
おみくじを引いてから起こるようになった出来事です。

最初の頃は幸、不幸のアップダウンを繰り返していましたが、
いつの間にか起こることは不幸のみに変貌。

しかも、実際おみくじを引いたのは相方のはず・・・

 

100歩譲って 共同作業と言えないこともないですが、あきらかに負の出来事は私のみに集中しています。

こういう時に思い出す出来事が・・・

昔、2人で居酒屋に行き“ロシアンコロッケ”というものを頼んだ時の事です。

この“ロシアンコロッケ”というのは、名前で想像できる通り、
8個の小さいコロッケの中に2個の辛子入りコロッケが入っていて、
みんなで食べてその2個に誰が当たるか・・・と、まあ不運比べのような食べものなのです。

このようにみんなで盛り上がって食べ物ることを想定したであろうメニューに、
当時、なぜ私と相方と2人で挑むことにしたのかは謎ですが、
2人で食べたところ、その不運の女神に微笑まれたのは、

私。

しかも2回連続で。

確率としては1/4のはずなのに、2回連続であたる私の確率はいかなるものか・・・。

その時に私は逆恨み的に思ったのです。

「こいつといたら不運は私の方に来てしまうのでは?」

・・・その後、この“ロシアンコロッケ事件”は別れ話寸前まで発展しました。→本当

こういう事件のことを考えると、
今回不運が私のみに集中しているのも納得できるようなできないような・・・。(--;)


まあ、今回の数々の出来事は、あの「おみくじ」が原因かどうかはわかりませんが、
“あのおみくじを引いてから起こっている”のは事実です。

今となっては「末吉」じゃなくて「大凶」じゃね?と思わなくはないですが、
ここは不運を断ち切るためにも、

再度「湯島天神」にお参りして、
再びあの獅子舞ちゃんから良い卦のおみくじを引くしかない!!

と思い至り、不運断ち切りポタ湯島へGO!です。

・・・とその前に

このように非科学的なことを鬱々と思いつつも、
一応、携帯発見の為の建設的な対策を模索していたので、
ここは基本に忠実に、警察に届けを出すことにしました。

タクシー以外で落とした場合は、乗った時と降りた時が考えられるので、
降りた場所の自宅近くの交番に届けました。

「その携帯なら届いてますよ。」・・・というような事を期待したのですが、
そんな夢のような出来事はなく、落し物届け(?)を書いただけで終りました。 

・・・だよね~。

・・・ちなみに警察からもまだ連絡はきていません。(--;)


この週は、日本に「今更~」の寒波が襲ってきていた時で、
昨日に引き続き、ポタっていてもものすごく寒かったです。

1度暖かくなって寒くなると、なんかスゴロクで上がり寸前で
3下がるをくらったような、脱力感があります。(私だけ?)

これで2週続けて「湯島天神」に訪れたのですが、
こんな寒波の中なので、梅的にはほとんど変化なし。

相方は「先週より多少は咲いているような気がするかも?」

と言っていましたが、そんな間違い探しレベルのようなことを言われても・・・。

「湯島天神」に着くと、丁度太鼓の音が聞こえてきて、
先週私が“姫まつり”と勘違いした女性による和太鼓フェスティバル(仮名)がやっていました。
どうやら定期的にやっているようです。

“梅まつり”の間は、和太鼓フェスティバル(仮名)だけでなく、
いろいろイベントをやっているようで・・・。

たまたま来る前に、地元ローカルのテレビを見ていて、
「湯島天神」の梅まつりイベント情報をやっていたのですが、

日によっては「ベリーダンス」というのもやっているようでして・・・

これには相方も私も食いついた。

ベリーダンスというとあれです。
主に中東などで踊られているあの比較的セクシー系ダンス。

魅惑の中東ダンスin神社。

「なぜーーー??」という疑問はさておき、

とにかくIt'sオリエンタル!!

早速、日時を確認しましたが、前日の土曜日だったらしくて・・・がっかり。

しかし梅まつりの間、まだ何度かは行われるようです。

「梅もまだ咲いてないし、“梅まつり”の間にまた来ようね。

・・・土曜日に」

と相方。

・・・・・て、それ目的“梅”だけじゃないだろ?!

まあ、私もぜひ見たいから、予定が合えばいいけどさぁ。


“梅”と“梅まつり”に話はそれましたが、
この日の目的はあくまで、「不運一掃仕切りなおし」

「早速、ロボット獅子舞のおみくじを引きなおさねば!」

と獅子舞の元に急ぎます。

「湯島天神」は坂の上にありますが、
行き着く為の坂は2つあり「男坂」と「女坂」です。

先週は、なだらかな女坂から上りましたが、

女坂


今回は「開運」にかける情熱(?)をわかっていただく為にも、
急な「男坂」から上りました。

男坂

男坂


38段しかない坂ですが、急な坂にちょっと息切れしつつも、
件の獅子舞ちゃんの元に行きつくと、

なんと!獅子舞ちゃんが動いていない!!

獅子舞ロボット

「??????」

と思い、注意書きを見てみると

獅子舞ロボット

獅子舞さん、「只今休憩中」?!

獅子舞さんにも労働基準法でもあるのか???

再開は次の日の朝8時になるようです。

「運勢回復」仕切りなおしに、いきなりの暗雲っすか?!

すいません。つづきます。

ブログランキングに参加中です。できればポチッ☆とクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキング

関連記事
仕切り直し湯島参りagain【その2】

正月もあった事だし、働きすぎて労働基準法に引っかかった
・・・かどうかは分かりませんが、

獅子舞さんは休憩中。

しかも次の日の朝8時までの長期休養。

しかし土日のかきいれ時に休暇を入れるのはいかがなものか?

と思わないでもないですが、彼(?)もロボットの身、
人間にはわからないいろいろな諸事情があるのでしょう。

このままおみくじを引かず「末吉」の呪縛にとらわれ続けれるのか?

いやーーーー!なんかもう、精神的にはギリギリなんで、
それだけは、ご勘弁を。


そこで彼の国の王妃様のお言葉を応用させて頂いて。

「獅子舞さんがダメなら、通常おみくじを引けばいいじゃない。」

「湯島天神」には、おみくじ獅子舞ロボットとは別に通常のおみくじがあります。

こちらのおみくじの方が獅子舞さんよりも100円安いからなのか、
獅子舞さんは人気の割りには、おみくじを実際引いている人は今ひとつ。

前の週に来た時も、どちらかというと(というかあきらかに)
この通常おみくじを引いている人がほとんどでした。

私としては「仕切り直し」ということで、前の週と同じように
獅子舞ロボットから引きたかったのですが、休憩中とあらば理解を示すしかありません。

「湯島天神」のおみくじを引くことが重要なのだ。と思い返し、
通常のおみくじを引いてみました。

おみくじ


結果「小吉」

おみくじ

これまた微妙ーーーっ。

「末吉」より一段階だけレベルアップしているのが、なんか更に微妙。

正直、もっと高みを目指したいと思いましたが、

相方の

「たった1段階でもレベルアップしたんだからいいじゃない。

もっと悪い卦がでたらどうするの?」

という小市民的マイナス思考な意見に、

たしかに・・・。

このところの運の悪さを考えると納得するしかない私。

こんな状況じゃ引いても引いても「大吉」なんか出ない気がするし、
一つだけでもレベルアップしたんだから満足するべきかも。

すっかり弱気になりました。


しかもこの「小吉」よく読んでみると、

「失物・・・人の助けで出づる」

おみくじ

えっ!まじっすかーーー?!

この時の(今もですが)私の最大の懸念事項が“携帯紛失”

できれば一刻も早く見つかって欲しいと思ってました。

もうすでに自力で見つけるのは不可能ですし、確かに今後見つかるとしたら
人の助けを借りて発見されることとなるでしょう。

なんか今の状況にぴったりのような気がする。

運気回復をこの「小吉」にかけることにしました。

頼みます。特に携帯発見。

ワンランクアップということで、これで少しは運気回復したはず・・・だよね?


お参りも終わり、この日も寒かった上にお腹も空いていた為、
(最近腹が減っていない時期があるだろうか・・・)
てきやさん的なものを食することに・・・。

「湯島天神」に着いた時に人だかりが出来ていて、
(ちゃっかり)目をつけていた「ジャガバター」
寒い日にはピッタリとウキウキと買いに行くと、

売り切れ。

しからばと、これも目を付けていた「おやき」
着いた時には確実にあった野沢菜味が食べたいと思っていたのですが、
これも(ある意味予想通り)

売り切れ。

・・・やっぱり運気回復はしていないのかもしれない。

まあ「末吉」→「小吉」ですし・・・(--;)


仕方がないので「きりたんぽ」と「おやきミックス味」を食べました。

きりたんぽ   おやき

結局、食べるんですけどね。

おやきミックス味は、一瞬「ミックスって、なんすか?それ?」と思ったのですが、
切干大根とか入っていてなかなかデリシャスでした。

また、この期間だけだとは思うのですが、横の方で地元らしきお店が、
出店を開いてました。

限定ものとかもあって、相方の好物のかりんとうもありましたので、

「湯島限定」モデルを購入。

相方がいうには、この「花月」というかりんとう屋さんは有名なようで、
ちょっと楽しみです。

花月

突然ですが、空腹な時に少しお腹に何かを入れると
余計食欲が増進するって事はありませんか?

あっ。この台詞デジャヴです。

お腹が空いてきた上に、この日は大変寒い日でした。

このように暫く「湯島天神」にいたのですが、
それだけで体がすっかり冷え切ってしまいました。

冬の寒い日・・・といえばやっぱりラーメンですね。

特にこの冬「ラーメンポタ」に力を入れている我が家。 そしてメタボへ。(汗)

実は、この日もラーメンポタに向けて、
ちゃっかりお店を検索してきていました。(相方が)

まだ昼食には遅いし、夕食には早いしという中途半端な時間だったんですが、
(そもそも昼食は食ってるし)
とにかくこの寒さ耐え切れなくなり、時間的に繰り上げで
「ラーメンポタ第9弾」を開催することにしました。

前の週も湯島から東大(そしてラーメン)に行きましたが、
第9弾も東大に程近いお店で、

「初代けいすけ」というお店です。

カウンターのみの広くないお店で、
どうやらご主人が1人でやってらっしゃるお店のようです。
(たまたま時間的なことで1人だったのかもしれませんが)

こちらのお店で食べたかったのは、

「ブラックカリーらーめん」

俗にいうカレーラーメンです。

相方も私もこれを注文。

このお店、相方が大好き且つひっかかりそうな“お得トラップ”がありまして、

なんと大盛りと普通盛りが同じ値段で790円。

食券を買うんですが、勘違い野郎な私は間違って「大盛り」の方を押してしまいました。

相方に言われ、間違いに気づき一つは「普通盛り」にしたのですが、
手元のチケットは「普通盛り」と「大盛り」各1枚ずつ。

相方が、哀しそうな顔を装った嬉しげな表情で、

「仕方がないから自分が大盛りでいいよ。」と言っていましたが、

これは最近の相方の体型を見て却下。

相方はせっかくの「お得チャンス」を生かせず至極残念そうでしたが、
お店の人にお願いして、二つとも「普通盛り」にしてもらいました。

・・・その後の健康診断の結果を考えると、
「普通盛りにしておいてよかったなぁ。」と思うのです。焼け石に水ですが・・・。

しかし、このお店にはもう一つの“お得トラップ”が・・・。

ライスが無料で付くのです。

ライス

ものがカレーラーメンだけに、そのスープをライスと一緒に食べても絶品らしい。

それは食べてみたいと思いましたが、私はカロリーの都合上辞退。
相方はこの“お得トラップ”にあっさり引っかかり、止める間もなく注文。

馬ににんじん。相方に“お得”(--;)

こちら「ブラックカリーらーめん」

ブラックカリーらーめん


カレーうどんは良く食べますが、カレーラーメンはあまり食したことがありません。

記憶を検索しても、初めての経験かも。

どのようなお味かと思いましたが、

これが美味しい。

良くあるお蕎麦屋さんのカレーうどんとかのカレー(業務用?)と違い、
カレー自体がかなり本格的で、意外に辛くてその辺も好み。

麺はかなり太くて硬い麺。でも更に「硬めで」と注文する人もいてびっくり。

らーめん


相方はラーメンもご飯も完食しましたが、ここで不思議な事が・・・。

相方の汗がぜんぜん出てない!

相方は汗っかきなので、真冬でも辛いものを食べると汗だくになる人なんですが、
これだけ辛いカレーラーメンを食べても汗一つ出ていません。

どうやらこの日はあまりに寒かったので、体が冷え切り辛いものを食べても
汗がでなかったようですが、普段の相方の汗っかきぶりをしっているだけに不思議でした。

なんか人体の神秘っすね。

こんな相方の汗腺も震え上がるほどの日だったので、
ラーメンを食べても完全には暖まることが出来ず・・・。

風も吹いてきて、このまま帰る気にはとてもじゃないけどなれません。

せっかく上野に来ているのだし、まだまだ必要なものも山ほどあるので、
「Y’s」に寄ってみることにしました。

年明けにサドルの位置を変えてから、かなり乗りやすくなったビアンキ、

「もうこのままでいいかな。」と思っていたのですが、

伊豆の旅行に行って、MTBレンタサイクルを借り、
そのMTBがたまたま私のベストポジションに近かったらしく、
それがあまりに乗りやすかった。

つくづく「ポジションって大事かも。」と思い、

一度は封印されていた「ステム」の交換熱が復活。

「やっぱステムは交換したほうがいいのか?」と思うようになってきました。

しかし部品のことは、まったく分からず、
一度ステムとはどのようなものがあるのかを見てみたいとも思っていたのです。


お店に入ると、なんかぞくぞくと今年モデルが・・・。

やっぱりビアンキに目が行ってしまうのですが、納車待ちの今年モデルが数点・・・。

「チェーロ」なんかもありましたが、去年のものとは微妙にデザインが違いますね。

せっかくだから「passo」が見たかったのですが、
こちらは残念ながらありませんでした。

さて、ステムですが、見ると3,000~5,000円位?

意外に安いので、ちょっと拍子抜けです。

「種類も少ないんだなぁ。」なんて思いましたが、これは間違い。

1箇所だけでなく、何故かいろいろなところに点在していたのです。

その価格はまさにピンキリ。

一番安いものは500円くらい。上は・・・おそらく天上知らず。

「ステムなんてそんな変りはないのでは?」と部品音痴にも思っていましたが、

違う。比べて見てみると素人目にもあきらかにランクが違うのが一目瞭然です。

その中で一番気になったのは、1万円位のステム。

「CNC削りだしステム」

“びっくりするほどの性能の違い”
というような事が書いてありましたが、
ステムにびっくりするほどの性能の違いがあるとは、こっちもびっくりです。

基本ハンドルと本体をくっつけるものだと思っていたので、
どんな性能の違いが感じられるのだろうか???未だに解せません。

しかし疑問だったのがこのステムの“削りだし”の部分ですが、
安いステムと比べてみて謎がとけました。

500円程度のステムはあきらかに溶接跡があるのに、
この「削りだしステム」とやらは溶接部分がない。

・・・つまりそのまま素材を削って形を作ってるんですね。

こうなってくると「やっぱ、削りだしだろう」という話になってきます。

全体ですら9万円弱の「pass」

ステムに1万円は高いのか、安いのか。

やっぱり自転車店に相談した方がいいのか。自分でやっちゃってもいいのか。

即決断できずに、またまた案件持ち帰りです。

お店には結構な時間いたし、買わなきゃいけないものもいろいろあるんですが、、
なぜかこの日も無購入。

わが家の話のすすまなさはお役所以上っすね。

携帯ポンプの話だけでも「あーでもない、こーでもない」とやっているうちに
疲れてきて、結局「次回に・・・」となります。

全てのグッツがそろうのはいつの日のことやら。

お店を回っているうちに「インシュロック」も発見しました。

相方ですら一応のこだわりを見せたインシュロックの色ですが、
やっぱりこだわっている方はいるんですね。
赤、黄、青などのインシュロックもありました。

どっと疲れただけで、なにも決まらなかったお買い物(?)

風もぜんぜん止まないし、またまたこのまま帰る気がしないので、
マルイでお茶を飲んで帰ることにしました。

前から行ってみたかった「茶の間」をイメージしたカフェにいてみたのですが、
靴を脱いで上がれる「座敷的スペース」はいっぱいで入ることが出来ず・・・。

テーブル席とカウンター席を勧められましたが、
「まあ、せっかくだから座敷の方で・・・」と待つことにしました。

ところが「座敷」をなめてました。

かなりくつろぎやすいスペースの為か、なかなか空かない。

後から並ぶ人が、あきらめてカウンターとかテーブルに流れる中、
なんかタイミングを逸してしまい、半ば意地で「座敷」を待ちました。

そして待つこと1時間。

ようやっと中に入る事ができました。入れないまま閉店かと思いました。ホント。

あまりに長くて途中待ちながら爆睡してましたよ。私。
(相方は私が爆睡してるので寝るに寝れなかったようですが)

ひざ掛けも貸してくれ、このように足を伸ばしてクッション性のきいたフロアに
座ってお茶を飲むシステムなんですが、

座敷


他のスペースは背もたれがあり、かなりくつろげる感じなのですが、
なぜか私達のスペースだけ棚があって寄りかかれず。(T_T)

しかも、私達が入った後、すぐにまた「座」のスペースが空き、
次の人はまったく待たずに入ってるし。私達の1時間はいったい。

いや、良くあること、良くあることなんですが、
なんとなくまだ運気は回復していないと感じる締めくくりでした。

「末吉」→「小吉」ですし、やっぱ多くを望むのはムリ?

ちなみにこんな風にお盆が置いてあり、お茶が出てきました。

お茶

お茶だけでは寂しいので、「わらび餅」を注文。

わらび餅

相変わらずやりたい放題です。

・・・いや「でした。」

相方の健康診断の結果を受け、こんな飽食はさすがにやばいかも。

しかし今更ポタメシを制限するのは辛すぎる。

自転車漕ぐとものすごい空腹感が襲ってくるし・・・。

「普段日は粗食に耐え、

ポタメシを今までどおりとかにしようかなぁ。」

と思案中です。

【今回の記録】
走行時間:1:22:22
走行距離:16.12km
平均時速:11.7km/h
最高時速:33.9km/h

ランキングに参加してます。できましたらポチッ☆とクリックをよろしくお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキング


関連記事
14週連続ポタ記録途絶える?

今日はいいお天気ですね。

先週とうって変わって暖かそうなポタ日和・・・

なのに今週末は犬の世話があって、今週はポタれないんです。

うちの両親が旅行のために、早朝にマンションの方に犬をおいていきました。

なれないマンションで一日過ごせる犬ではないんで、

今日もこれからお出かけ後、千葉県しょう油の町市へと帰還しなければなりません。


先週まで、毎週のようにポタってたので、実は14週連続ポタ(相方調べ)
この連続記録も今週で途絶えてしまいそうです。

「せっかくだから病」の相方はこの連続記録を途絶えさせるのも
もったいないらしく、

「いやだーーー。晴れてるのに!!せっかくだから自転車に乗るんだい!(T_T)」

と我がままを言っております。

しょうがないでしょ。大人なんだから我慢しなさい。

せっかく晴れているし、このまましょう油の町市に直行もなんなので、
ついてに千葉の方で菜の花をみたり、待望のびわカレーを食べたりしたいと思います。


先週のこぼれ話として、ブログの方に書き忘れたのですが、

実は先週、“私も坂道ラクラク走法”をマスターしました!!

ひとそれぞれやり方が違うらしく、相方に教えてもらったままでは
どうも走りにくかったんですが、

「手を固定して、ハンドルを引き付けるように走る」という基本は変えないで、

手の持って行きかたでは、

相方は普段乗っているとおりの腕の形でそのまま固定する。

に対し、私の場合は、

脇をしめて、腕を直角にするような感じで走ると楽に走れました。

これで坂道どんとこーーーい!!

まあ、所詮は坂道なんで、この走り方をすると坂道が楽しくなるとか
むしろ坂道のみを走りたくなる。とかそんなこたーないんですが、
前に比べてぜんぜんマシです。

では、これから愛犬と出かけてきます。 では、行ってきます。(^^)/~

愛犬

ブログランキングに参加してます。できればポチッ☆とクリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキング


関連記事
15週連続ポタ断念【黄砂の悲劇】

昨日は、すごい風でしたね。

出かけていた千葉の方でもすざまじい風でした。

「連続ポタ記録」にこだわり続けた相方。

昨日もレンタサイクルを見つけ、嬉々として出かけたのですが、

現地に着くとすごーーーい風で乗れず。


そして今日起きたら、今日もものすごい風。

2日連続ーーーー???(怒)

今実家に来ていて、朝、外に出たのですが、

「黄砂」?って感じで視界が黄色い。

前と横が畑なんで、すごい勢いで土が舞い上がってます。

朝からぱらぱらと音がしているので、

「えっ?雨」

と思ったら土がうちの玄関ドアに当たる音でした。

とてもじゃないけど、おちおち目も開けてられない状況です。

なまじ晴れているので、余計に悔しい。

なんすか?この週末の天気。(T_T)

相方に「今週で15連続ポタ」とか言われているうちに
私も洗脳され「14週連続ポタ」が奇跡の偉業のように思えてきて(そんなこたーない)
なんか途絶えさせるのが惜しいという気分になっていました。

「今日こそはレンタサイクルでも借りられるところに行くぞ。」

と思っていたんですが、これはもう断念ですね。

そう言えば冬から春にかけてってそれはそれで風の日が多いのでした。

しばらく自転車の敵、風との戦いがつづくのだろうか?

今日はどうしようか?と思っていたのですが、
電車も運転を見合わせるほどの強風なんで、
家を出ることすら困難そうです。

話は変わりますが、最近「夢のかなえるゾウ」という本が話題になっていますよね。



正直、本の題だけでは、どんな本なのか想像つきかねますが、

自己啓発要素を含んだ小説・・・のような感じの本らしいです。

小説はテレビ化されるということで、作者の“水野敬也”さんは、
先日R30にも出演されてました。


相方はああ見えても結構自己啓発好きではあるようなんですが、

「チーズはどこに消えた」も「金持ち父さん」もうちにはありません。

なぜなら本を自分で買うのがイヤだから・・・ということが想像されます。

その相方が珍しく「夢をかなえるゾウ」の本を買ってきたのです。

しかも定価で。

相方というのは、本は読むけど図書館で借りるか、ブックオフで買うか、

とにかく定価でなんぞ買わない人なのです。

たかが本くらい・・・と思われるかもしれませんが、

なにせ相方が定価で本を買うなんて、ここ数年見たことがありません。

私、この時即ピンときました。

これはなにか(相方にとって)お得な付加価値があったのだろうと・・・。

予想通りサイン会があったらしく、(特にファンというわけじゃなかったようですが)
有名人と会える・・・というお得度で購入してきたようです。

記念写真も撮ってもらってました。

写真


お得満喫。お見せできませんが、満足気な笑顔です。

サインももらってきました。わざわざ言葉を書いてくれるんですね。

元「ほめ殺し」屋というだけあって、事実とは多少異なることが書かれています。

サイン

こうしてブログを書いていたりするうちに風がやむかな?
と期待していたのですが、やむ気配すらありません。

お出かけ好きの愛犬もあきらめて(?)おねむ中です。

愛犬

私たちもあきらめてご当地ラーメンでも食べに行こうと思います。
(て、結局また運動もしてないのにラーメンかいっ!)

ブログランキングに参加してます。できればポチッ☆とクリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキング


関連記事
春一番の枇杷倶楽部【その1:着いたら驚いた】

わが家にとっての大偉業(笑)連続15週ポタは

土曜日の「春一番」

日曜日の「なんだかよくわかんないけど超強風」

の2大強風に阻まれて、

連続ポタを14週にて無念のピリオドを打つ結果になりました。

が、

相方曰く、実は「今週」の締め日は金曜日らしく、
金曜日までにポタれば、途切れず連続15週達成となるらしい。

はぁ?なんすか?そのご都合主義あとだし的規定。

なんとか15週を繋げるべくポタろうと考えていますが、
平日ポタるには、(この寒いのに)早朝ポタ、もしくは(この寒いのに)深夜ポタ。
と相方は頭を悩ましています。

ただでさえ根性なしの相方(私もですが)どうせ無理だろそれ。

ちなみに私の心の締め日は土日なので、もう済んだことになっているし、

いまのところ付き合う気は「0」です。

※今回もお食事中には不適切な話題が一部含まれています。
お食事中の方はご注意くださいませ。m(__)m

・・・と、先週の土日まで、順調に連続ポタ記録を更新していたわが家。

しかし私の両親の旅行の為に、土日は愛犬を預かることになり、
その記録は風前の灯火でした。

飼い主の口から言うのもがっかりですが、うちの犬はまれに見るわがまま問題犬。

なにせ、この度、実家に来ているリフォーム屋さんから
今まで出入りした家で一番吠え続けた犬と認定されたくらいです。
(うれしくねーー。つうかなさけないっす。)

マンションでお泊りなんてできる犬ではないんで、
土曜日はそのまま千葉方面にドライブに行き、
その足でしょうゆの町市の実家に行き泊まろうと考えていました。

ドライブの行き先は以前から行ってみたかった「道の駅とみうら枇杷倶楽部」

千葉の富浦にある道の駅なのですが、
2000年の全国道の駅最優秀賞を受賞した道の駅です。

「道の駅なぞは、トイレ休憩の場所」というのは過去の話。
単なる休憩所の域を越え、菜の花や食事なんかも楽しめそうな道の駅なのです。

とくに枇杷好きとしては、ここのカフェで食べれる「枇杷カレー」という不可思議なカレーには興味津々。

丁度、菜の花もシーズンなのでここに行ってみる事に決めたのですが、
“せっかくだから病”の相方は、連続ポタ記録を途絶えさせるのが
どうしてもイヤだったらしく、朝から「絶対、ポタりたーーい」と大人気なくゴネまくり。

ちなみにこの連続ポタ記録に自転車の規定はなく、
もちろんレンタサイクルでもあり。(なんか本末転倒くさくはありますが)

相方は「どこかレンタサイクルが借りれるところがないか?」と執念を燃やし、

実は灯台下暗し、この「道の駅とみうら」で借りれるらしいということを突き止めました。

・・・まあ、この情報「とみうら」のHPでは見つからなかったので、
ここのレンタサイクルへの力の入れ具合、自転車のレベルは押して知るべし・・・
だとは思うのですが、とにかく「自転車には乗れる」ということで
相方は納得したようです。


両親がマンションの方に犬を連れてきたのが、朝8時。

慣れないところが苦手な愛犬、いきなり興奮しまくり!

吠えるわ、騒ぐわ、ソファーを掘るわ。
早々に支度をして出掛けることにしました。

さて、家を出ようと思った時、私の目に入ったありえない感じの黒い物体。

その物体は、前方2mの廊下付近に鎮座してます。

人間あるべきではないところにあるべきではないものを見つけると、
しばらく認識できない場合があります。

その見慣れていたはずの物体を認識するまでに10秒。

ぎゃーーー犬の○○○っ!!

愛犬たらいきなりの脱糞。つうかいつの間に?!

「トイレは済ませてきた」と両親は言っていたのに本日2度目とは、トホホ。


・・・と、出掛けに軽いトラブルはありましたが、「とみうら」に向けて出発です。

東京を出る時は天気も晴れていて、いいサイクリング日和。

朝のゴネぶりはどこへやら、「15週連続ポタ確実」となり相方も上機嫌です。

まさかこの後、状況が一転して「春一番」が吹き荒れようとは思いもせずに、

「菜の花の中をサイクリングするのも楽しいだろうなぁ。」とか思っていたわけです。


道は順調で、比較的和やかに談笑しながら車を走らせていました。

・・・ところで、このところこのブログに「オヤジギャグ」を載せていませんでした。

「オヤジ病が奇跡的に完治したのでは?」と思われていたかもしれませんが、
残念ながらオヤジ病は不治の病です。

完治した事例を私は知りません。

ブログに載せていない間も、相変わらずオヤジギャグを披露し続けていた、
相方(及び私)ですが、このところギャグのレベルがブログに載せるまでには
達していないということで、あえてブログには載せていなかったのです。

・・・ある意味、つうか絶対迷惑だし。

しかし久々の入賞作品が!

和やかな談笑の中でも比較的深刻な話なんですが、
このところ遊んでばかりなので、家計がひっぱく気味という話になりました。

元は土日はほとんど家で寝ていたわが家。
お出かけに使う単価はえらく低いとは言え、週末はいつも出掛けているので、
やはり以前と比べるとどうしても軽くやばくなるわけです。

今すぐに破綻という訳ではないのですが、 自分だけ思い悩む羽目になるのはイヤなので、
まあ、一応危機感は持ってもらおうと相方に話したわけです。

この程度で危機に瀕するわが家っていったい・・・とは思わないではないですが・・・。

私「このところ自転車で毎週のように出掛けているから、
  以前の予算どおりだと毎月いつもギリギリなんだけど。」

相方「これが本当の自転車操業だね。」

笑えねぇ。

笑えねぇけど、自転車ブログとしては、自転車を絡めてオヤジギャグにしたのが秀逸。
(聞こえる。みなさんの「そうか?」という突込みが・・・) 
 
思わず入賞。


さて、富浦に近づくに連れ、目に見えて激しくなってきたのが風です。

車の中からでもその激しさは、なんとなくわかりました。

「とみうら」に着く20分位前に、相方が耐え切れずトイレ休憩をとりました。

そこは海からすぐの道の駅だったのですが、降りるとものすごい強風。

車の中にあったコンビニ袋と紙がいきなり飛ばされていきました。

海からの水しぶきが風に煽られ、ちょっと小雨のようになっています。

「これはレンタサイクルどころの風ではないのでは?」

という予感(つうか実感)はしましたが、

「いや、これは海風でここを離れれば多少は風が弱くなるかも。」

というわずかな希望を胸に「とみうら」に向かいました。

そして「とみうら」に着くと、やっぱり変わらぬ強風。(T_T)

とみうら

ドアを開けると、さっきやっと追いついて捕まえたコンビニ袋となんかの紙が
またしても勢いよく吹き飛ぶ。

つーか学べよ。

この日、何度コンビニ袋を追いかけて捕まえたのでしょう。(遠い目)

別名「枇杷倶楽部」らしく、巨大枇杷のメタルチックなオブジェが。

巨大枇杷

「なんか自分の腹みたーーい。」と相方自虐コメント。

いや、リアルすぎて否定できないし。食欲なくなるやんけ。


それにしても外で立っているのも苦痛を感じる位の強風です。

竹もものすごい勢いでしなっています。

竹

愛犬の耳も強風に煽られてなびきっぱなし。

愛犬

そこで相方が一言。

「で、自転車は先借りる?」

えーーーーーっ?!

空気読めよ。空気。

つーか受け入れろ。現実を。

相方は、頭の中が「15週連続ポタ」のせっかくだからマジックにかかっていて、
完全に現実が見えなくなっていました。

つづきます。m(__)m

ブログランキングに参加してます。できればポチッ☆とクリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキング


関連記事
春一番の枇杷倶楽部【その2:枇杷カレーとの遭遇】
吹きすさむ突風、ものすごい勢いでしなる木々、

車のドアを開けるたびに飛び去るコンビニ袋。

突然襲ってきた「春一番」は止む気配もなく、立っているのもつらい現状です。

しかし相方は空気を読まずに、まだ自転車乗る気満々。

さっき「自転車を借りる」といったのは、

ジョークかと思ったのですが、本当に借りる気らしい。

15週連続ポタの“せっかくだから幻影”の中にでもいるのか現実が見えず、

「絶対借りる!」と言ってききません。

・・・て、何を言ってるんすか?この人?

人が立ってんのだって大変なのに、こんな見晴らしのいいところで
自転車借りたら、自転車ごと吹き飛ぶ危険をはらんでんだろ。

仮になんとか乗れたとしても、このものすごい風の中、
相方は長期的ポタにおける基礎根性は私より劣っているし、

すぐに弱音を吐くことは必至。

あの大風の日の荒サイを思いだせっつーの。

根をあげまくりだったじゃん!

・・・といってやりたい事は山ほどあり、実際半分位はいってやりましたが、

まあ、「15週連続ポタ」を成し遂げたいと思う相方の気持ちもわからないではない。

自転車乗りになってしばらく経ちますが、
こんなセコイ記録しかこだわりどころがないのもなんか涙をさそうし・・・。

私もこの連続ポタに向けてやる気にはなっていたところだし・・・。

幸いこの日は土曜日。

明日の日曜日は、どこかまたレンタサイクルを借りられるところに行き、
乗ってしまえば、とりあえず首はつながるつーか。
一応、相方定義では記録は継続します。(のちに今週の金曜日まで延長されましたが)

そう相方を説得し、この日のサイクリングはあきらめることにしました。

・・・まさか2日連続で大風になり、どの道記録は途絶えることになろうとは、
この時は思いもしませんでした。


「春一番」だけあって、風自体はそんなに冷たくなく、どちらかというと温かめ。

その点が救いといえば救いです。

取りあえず、気力があるうちに「一面の菜の花畑」が広がるという
道の駅の外回りを見てみることにしました。

菜の花は丁度オンシーズン。いい感じに咲き乱れてました。

菜の花

何度か菜の花のシーズンに千葉に来たことはあるのですが、
いつも早すぎたり、遅すぎたりでこんなベストタイムに来た事はなかったかも。

菜の花

せっかくいい時期に来れたというのに、風がトホホです。

やっぱ、全て良しとはいかないのが所詮“末吉人生”というところなのでしょうか?

菜の花摘みもできるらしく、風の中結構摘んでいる人もいました。

ものすごい風の中・・・ごくろうさまです。

相方と同病(せっかくだから病)の方もかなりいるのですね。(--;)

実は、相方も「摘んでいこうよ。」みたいな事を言ったような
気がしましたが、当然一蹴しました。いや、付き合いきれねぇっす。

少々菜の花の間を歩いたりしましたが、

菜の花畑

愛犬すぐに抱っこ要求。

ただ歩く・・・というのが嫌いな犬なんで、すぐ乗り物(人間)に乗ろうとします。

あまりの風にかなり目がしょぼついています。

愛犬

20分位、菜の花の中を散策しましたが、人間も犬も、なんかもう限界。

取りあえず愛犬は車に戻し、私と相方は昼食にすることにしました。

そうあれです。待望の「枇杷カレー」です。

施設内のカフェで食べられます。

カフェ


さすがにちょっと混んでいて少々待ちましたが、
名前を書いておみやげものを見ながら待てるのでぜんぜん苦痛じゃないです。

カフェはなかなかおしゃれな感じで、
風さえなければオープンテラスで菜の花鑑賞をしながら食べられるようです。

オープンカフェ


他にもメニューはありましたが、ここは枇杷カレーラインを満喫するために

私、「枇杷カレーパスタ」

枇杷カレーパスタ

相方「枇杷カレー」です。

枇杷カレー

デザートセットにすれば「枇杷ソフトクリーム」も付くのですが、
最近太り気味なのでここはデザートセットは一つだけで・・・(やっぱ食うんかい!)

枇杷カレーというものは具材に思いっきり丸ごと枇杷が使われている・・・
と相方は思っていたようなふしがあるんですが、
コスト的にもお味的にもそれはない。

りんごと蜂蜜がとろーり溶けてるカレーがあるように、
ピューレ状にした枇杷をinしてあるようです。

お味は・・・確かに枇杷が入っているだけに、ほんのりと甘い味がします。

まあ、盛り付けも美しく、なかなか美味しいのですが、

一口食べるとなんか心のどこかから懐かしい歌声が聞こえてきます。

これはヒデキの歌声・・・?

♪ハウスバ・・・いやいや。

それともどちらかというと、この味はボン・・・いやいや。

ちなみにこの枇杷カレーはレトルトパックでお土産としても売られているのですが、

相方曰く、

「まあ、レトルトパックで売られている位だからね~。」

そっかーーーっ!なんか目からウロコ。

じゃあ、まあレトルトチックな味付けでも仕方ないかも。

確かに既製っぽい味だったことは否めませんが、
観光地の名物としては美味しいですし、カフェは居心地がいいし、
また来た時は、枇杷カレーを頼むかも。

デザートの枇杷ソフトクリームはこれは本格的な味で、文句なく美味しいです。

枇杷ソフトクリーム

・・・つうと他のは「文句あったんかい」という話になりますが・・・。

枇杷カレーパスタがコーヒーセットで1000円、
枇杷カレーがデザートコーヒー付きで1300円でしたが、

どのような計算で配られるかはようわからんのですが、
福引件を4枚ほどもらいました。(500円に一枚?)

私は見ました。この時相方の目がキラリと光ったことを・・・。

めんどくさがりの上に、元からくじ運もないので、
私はもともと福引とかには興味なし。

そして同じく私の見る限りくじ運のない相方。(私よりはあるかもですが)
なのにこの方は福引等に興味大。

この時もさりげなく福引券をポケットにin。 

・・・やる気・・・だな。

その後、併設しているおみやげ物店をのぞきましたが、
「枇杷倶楽部」だけあって、基本の枇杷ジャムや枇杷ゼリー等、
枇杷を使ったおみやげがいろいろ購入できます。

枇杷カレーせんべい等もあり、興味はあったんですが購入にはいたらず・・・。

5月~6月には枇杷狩りもできるらしいのですが、
枇杷好きとしてはこれはやってみたいです。
いちご狩の時のように相方のお得幻術に惑わされなければ・・・ですが・・・。

しかし、この道の駅はベスト1に選ばれたことがあるようなのですが、
特産品の枇杷一点にこだわる姿勢も戦略的に成功しているのかも。

さて、施設内も大体見たことだし・・・と外に出たのですが、

そこにさりげなく置いてありました。

レンタサイクルらしき自転車が!

レンタサイクル

どう借りるとか、どうするとかの説明が一切見当たらなかったのですが、
これは間違いなくレンタサイクルの香りがします。

車種はさておき、なかなか新しい自転車もあったような・・・。


この後、「足湯」に浸かって帰ろうとういことになったのですが、
「足湯」のある施設は道路を挟んで反対側にあります。

・・・とその前に、忘れてなかった「福引」です。

やっぱりやるんすね。相方さん。

いそいそと出かけて行った相方。

帰ってきた時、手に握られていたのは・・・

やっぱり、またまた参加賞でした。

枇杷の入浴剤です。

入浴剤

私的には「どうせはずれるんだから」と思うのですが、

相方的には「参加することに意義がある」らしく、

参加賞でももらえれば、なんとなく嬉し気です。

この辺の心理が分かり合えないところです。

まあ、入浴剤でも得をしたちゃー得をしたのですが・・・。

その後、相方の強力な要請で足湯につかりました。

足湯は基本ただなので浸かりやすいのかも。(--;)

「花の足湯」ということなので、湯船全体に花を散らしてあると
相方は思っていたようですが、衛生上の都合か花はカゴに乗っていました。

相方の美しい・・・とは言いがたい足ときれいな花のカゴのコラボです。

足湯

なんだかんだで、この「道の駅とみうら」には3時間以上いました。

いつの間にか天気も「ターミネーター」のテーマが聞こえてきそうな空になっていました。
朝はあんなにいい天気だったのに・・・。

空


しかし、道の駅で3時間以上もいられようとは・・・。
その満喫できっぷりは、わが家のせっかくだから病ぶりを差し引いても、
やっぱただもんじゃない。

「さすがに過去に全国道の駅で最優秀賞を

受賞しただけのことはあるね~。」

権威に弱いわが家ならではの発言をしながら家路についたわけですが、
一つだけ後悔なのが、やっぱり自転車に乗れなかったことです。

もはや観光のために自転車に乗るというよりは、
記録のために乗るという本末転倒の形になっていますが、

「明日はどっかレンタサイクルでも借りられるところに行かなきゃ。」

と、強迫観念的に思っていました。

まさか、2日続けて大風に見舞われると思いもせずに・・・。

ブログランキングに参加してます。できればポチッ☆とクリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキング


関連記事
ポタらなくても、ラーメンで

一度14週で途絶えたかのように見えた連続ポタ記録。

相方のいんちきくさい規定変更(元からだと言い張ってますが)により、
今週の金曜日まで延長することになりました。

まあ、日曜日で燃え尽きた私はさておき、
あれだけ“15週連続ポタ”に執念を燃やしていた相方、

期間延長キャンペーンに付き、当然のように15週連続ポタを達成!

・・・してません。もう予想通り。

週中は帰りも遅く、帰ってきて食事をしてから出かけると、
怪しさ爆発、職質されかねない時間になるので、夜は仕方ないとしても、
相方の場合比較的朝は遅く行くので、早朝ポタだったらできないことはない。

・・・寒いけどね。(ぼそっ)

という訳で、一回復活させた割にはまたまた風前の灯火の

「15週連続ポタ」への道ですが、タイムリミットは明日まで。

相方ならやってくれると私は信じています。

・・・と、プレッシャーを掛けて面白がっているわけじゃないです。本当です。


週末にレンタサイクルでもなんでもポタれれば、
相方もこんな苦労(?)をすることはなかったわけですが、
土曜日に続き、日曜日も強風。

日曜日は、もうどこでもいいからレンタサイクルを借りられる場所を探して

とにかくポタるぞ!

もはや記録先行の本末転倒ポタを計画していたのですが、
その邪な姿勢に自転車の神様も「いかがなものか」と思われたのか、
2日連続でのまさかの強風。(しかも休日ピンポイントで)

その日は実家、千葉県しょう油の町市に泊まっていたのですが、
朝、外に出てびっくり。

視界に飛び込んだのは、舞い上がる土。

「超能力少年が住んでいるバビルの塔ってこんな場所にあるのかなぁ。」

とぼんやりと思いました。

もっともあっちは砂嵐。こっちは畑の土という違いがありますが・・・。

土曜日は「春一番」で風は強かったものの、風自体は冷たくなかったし、
気温も高めだったのですが、
日曜日は、なんか正体不明の単なる強風。

しかも西風か北風の冷たい強風。

ポタ日和的には、「前日の方がいささかましだったのでは?」

と思わずにはいられない荒れ切った天候です。

「しばらく待てば止むのでは・・・」と期待していましたが、
ぜんぜん止む気配がなく・・・。

お昼過ぎには、「あきらめてご当地ラーメンでも食べに行くか。」
ということになっていました。

今冬のわが家のポタメシ、オフィシャルテーマ「ラーメン」

実は、自転車前でまだカロリーを気にしていた“カロリー刑事”だった頃は
あまりラーメンというものを食べませんでした。

好きではあったのですが、やっぱりカロリーが高そうなので、
どちらかというと敬遠していたのです。

しかし一度食べ出すとラーメンというのは嵌る。

安くて、旨くて、そして深い。

ご当地、味付け、麺の太さ、この組み合わせでぜんぜん別物になります。

世に言う「ラーメン王」とか「ラーメン研究家」という方が、
毎日ラーメンを食べていると聞いて、

以前は「よく飽きないなぁ。」とか思っていたのですが、
いまやちょっと気持ちが分かります。

・・・というわけでポタってもいないのに、「ラーメン」です。

いいのか?メタボ?そもそも言い訳になってないし。

行ってみたのは、前からいつも行列ができている「もちもちの木」

ご当地ラーメンだと言ってましたが、佐野ラーメンや喜多方ラーメンのように

“しょう油の町市ラーメン”があるわけではなく、

ご当地にあるだけのラーメン店”で他の場所(埼玉、東京など)にも何軒かあります。

ちなみに初めてお店を出したのも、ここではないです。

近くを通るたびに毎回行列ができているのは確認していたのですが、
この日も強風でお昼の時間をちょっと外れていたにもかかわらず、
10人以上並んでいました。

まず並ぶとメニューを渡されて、外で注文を決めるような形なのですが、
この時にちょっと困惑したのが、ラーメンの小・中・大です。

中華ラーメンで

小・・・140g  630円
中・・・280g  735円
大・・・420g  945円

というのがあり、ラーメンをグラムで考えたことがないので、
どのようなレベルなのか計りかねます。

お店の中に入れれば、実際にブツを見て判断することもできるんですが、
うーーん。140gだと少ないような気がするし、280gだと多いような気も・・・。

このお店はつけ麺もあるんですが、つけ麺の小は200g。

そう考えると普通ラーメンの140gというのは少ないのか??

相方曰く

「こういった場合小というのは、子供用で中がきっと普通盛りだよ。」

自分がたくさん食べたいもんだから、知ったか解釈してやがる。

・・・と思いましたが、前のお客さんが男女だったにもかかわらず
2人とも(中)を注文しているところを見ると、あながち・・・。

考えている時に注文の番が来てしまったので、

結局、私は小、相方は中の両名味玉付きを注文しました。

20分くらい待って、ようやく店内に入れました。
店内はレトロな喫茶店のような感じです。

店

・・・で、相方

ラーメン 
「やっちまったなぁ。」

どうやら「小」が普通盛りで、「中」は大盛だったらしく、
すごくでかいすり鉢のようなどんぶりで登場しました。
この写真だと分かりにくいですが、普通に小の約2倍です。

まあ、周りを見回せば男性は「中」の方が多いのですが、
メダボの階段上り中だろ。あんたは。 

いつも行列が出来ているラーメンだけのことはあり、
独特の味のなかなか美味しいラーメンでした。

麺は、普通の太さのストレート麺。

麺

和風タイプなのか、かつおの出汁味がものすごいです。

メンマにこだわりがあるようで、確かに普通のメンマと違い、
適度に歯ごたえがあって美味しいです。
これはあんま他にはないかも。

スープに少々とろみがある為か、まったく冷めず、
相方は結構苦戦。

のんびり屋さんの上に、味わって食べたいというせっかくだから病の相方。

元々何を食べるにしても私の方が早いのですが、
私が食べ終わった時点でまだまだ小1人前以上は残っている感じです。

かなーーり待たされて、やっと相方完食。

相方完食

て、(ちゃっかり)完食?!

この量を完食って、今の相方の健康上まずくないか?

「なんか最近この量食べても

“お腹いっぱーい”という気にならないんだよね。えへへ。」

・・・・・へぇ・・・・。

私の心配をよそに、相方ご本人はまったく気にするそぶりもなく・・・。

メタボと対決する、戦う男、相方。

その戦術は「気にしない」

て、ダメだろ。オイ。

宇宙空間のごとく、確実な広がりを見せている相方の胃。

相方ばかりで、(自分に都合が悪いので)あまり取り上げていませんでしたが、
実は私の体重もかなり増加してきています。 (--;)

さすがにこれは黄色信号なので、快適な土日のポタメシのためにも
今週から夜は野菜中心の食事に切り替えました。

値上げラッシュの昨今とは言え、やはり値段は肉>>野菜。

これでわが家の自転車操業的な家計も一挙に快方に向かうかも?

ブログランキングに参加してます。できればポチッ☆とクリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキング


関連記事
冬総決算、わが家のお役立ちグッツ

明日から3月ですね。

2月も最終日とあって、今日は暖かいですね。

・・・て、今年はうるう年だったんですね。すっかり忘れてました。

昨日28日だったんで「今日から3月」と思っていたら、まだ2月でした。
なんかロスタイム浴びせかけられた気分です。

ところで皆様、花粉症は大丈夫ですか?

どうやら本日あたりは、杉花粉が舞いまくりのようで・・・。

花粉症と言うのは突然発症するそうですね。
うちの父も数年前突然発症しました。

その時は、田舎で野性的な幼少期を過ごした父がよもや・・・と思いました。

昔は「花粉症にかかる人は都会育ちで杉とかの植物に免疫のない人」
と勝手に思っていましたが父が発症したことにより、この(勝手な)定義は破られました。

そうして明確な定義が謎のまま、
私の周りでは毎年“花粉症メイト”が拡大されています。

今年からまた、友人が1人“花粉症メイト”に仲間入りしました。

私はまだ発症はしてないはずですが、
今朝からなんかくしゃみが連続で出て、鼻もむずむずしています。

これは・・・来たか?・・・ちょっと恐怖です。


・・・というわけで、そろそろ本格的に春ですが、
この冬、初めて趣味で乗る自転車を経験しました。

冬はもっと辛いと思っていたのですが、「意外とやっていけるじゃん。」

むしろ2月、もうすぐ春とフェイントを掛けられて、冬に逆戻りの方が辛い。

と思ってましたが、昨日天気予報で見たところ今年の冬は

1月までは暖冬。2月からはものすごく寒くなったらしい。

甘かった・・・なんか冬のポタを制覇した気になっていましたが、
所詮、暖冬に甘やかされていたんですね。

本来なら2月の時の寒さが続くってことか??

・・・来年はどうなることやらです。


と、来年の心配はさておき、今年は冬を乗り切ったわけですが、

ここでわが家の冬のお役立ちグッツ、ベスト3を選んでみました。

ベスト1

やっぱり「イヤーウォーマー」

イヤーウォーマー

これがないと冬を乗り切れませんでしたよ。マジで。

人間一度楽を知ると戻れないもんで、自転車に乗る時だけではなく、
その辺を歩くときもなくてはならないものでした。

しかし意外とぜんぜんイヤーウォーマー人口は少ないですね。
自転車に乗っている人でもほとんど普及してない感じです。


ベスト2

(冬用じゃないけど)「モンベルリュック」

モンベルリュック

いや、これ最高。オールシーズン部門では、文句なしにベスト1。

何回か取り上げてきましたが、軽いし、たためるし、物入るし、おまけに安い。

旅行先のポタでも大活躍でした。

最近は、相方が大きいリュックに、畳んだ小さいリュックをin。
私はとある事情で、ウエストポーチに切り替えました。

帰りに買い物が多くあった時は、小さなリュック出して私もしょっています。
相方のリュック(大)と私のリュック(小)で食料品の買い物くらいは、
らくらく入ってくれます。

ベスト3

(相方)モンベルのダウンジャケット」

モンベルダウン

こちらチカさんに教えていただきましたが、相方の超お気に入り。

モンベルダウン


軽くて小さく畳めるので、汗っかきの相方にはすごく便利でした。
薄めのものを買ったんですが、相方はこの冬これだけで乗り切りました。

これは私も欲しかったのですが、とある事情であきらめました。(--;)

番外編

「ユニパン(ユニクロパンツ)」

転倒により☆になってしまった、私のこの冬のポタ友。
伸び、フィット感が自転車には最適。
色も薄かったので、白いサドル保護にお役立ちでした。(;_;)

この盟友、実は捨てるのがしのびなく、クローゼットの中にまだあります。
膝下を切ったら夏用・・・とかになりそうなんですが、
なにせ裁縫が大の苦手なんで、いずれは・・・やっぱ廃棄?

残念賞

某大型店で買った、普通の自転車用手袋1,000円。

手袋

お値段からも分かるように、自転車用と言ってもママチャリでちょこっと
お買い物に行く用だと思われます。

ここまで過激な使い込みを想定していないらしく(そりゃそうだろうなぁ。)
日に日に糸が切れていき、いまやボロボロな状態に。
しかも真冬はこれ一つではきつくて、中にカラー軍手をはめてました。

なんとかこの冬は乗り切ってくれましたが、
来年はキチンとした自転車用手袋を買おうと思います。


・・・と、この冬このようなグッツを活躍させていたわけです。

なかなかグッツの購入に至らないわが家もそれなりの自転車グッツも増えたわけですが、
ぜんぜん気が付かないまま、そこには落とし穴があったのです。

相方と私は自転車を始めたのは一緒ですし、
大体同じ趣味を持つと、選ぶメーカーも一緒だったりします。

「まあ、これがいいだろう。」と思うものも大体一緒。

で、ある日相方に言われて気が付きました。

「ペアルックみたいだね。」

・・・・・・・・・・・・。

なにーーーーーっ!!

自分の姿を見てみると、イヤーウォーマーは色違いで一緒。
裾止めも色違いで一緒。リュックも色違いでこれまた一緒。

確かに(ぜんぜん気づかなかったけど)ペアルックだこりゃ。

これでダウンジャケットまで同じにしたら・・・。

NOーーーーーーーーーっ!!

自意識過剰な私にとって、

ペアルックにする=「ラブラブなのね。」とか思われる。

こいつは心外です。

事実無根なことを思われるのは耐え難いことです。

・・・こういった事情で、モンベルのダウンはあきらめ、
リュックもウエストポーチに変えたわけです。

ウエストポーチ

そのウエストポーチはこちら、ゴルフ用なのですが、
ウエストポーチとしてはなかなかおしゃれな感じです。
元がスポーツ用なので、携帯の入れ場所とかいろいろ計算されています。
ただちょっと重いかな?

こうして書き出してみると、「この冬」じゃねえじゃん。
というものも多いですね。^^;

今週末は、お天気がよさそうですね。
しばらく寒いポタが続いたので、楽しみです。

ブログランキングに参加してます。できればポチッ☆とクリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキング


関連記事


広告



カテゴリー

にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ
人気ブログランキング



プロフィール

くろばい

Author:くろばい
愛車ビアンキ・パッソ
【愛称:ビンちゃん】
愛車2ビアンキ・ミニベロ9
【愛称:ベロンチョ(ベロちゃん)】
激情にながされ1週間で購入に至る
愛車3ママチャリ
【愛称:ソルジャー・チャーリー】
現在自転車3台を所有。
あまりの自転車の増殖率に
恐れおののく日々。
これ以上、増えることはないと
思いつつも、自分が信じ切れない
今日この頃・・・。

相方(くろばいB)
愛車:RSR-4(ブルー)
【愛称:ルイちゃん】
愛車2:ラレー・RSW SPECIAL
【愛称:くろまるくん】
新たにミニベロを購入して、
自転車わが世の春を謳歌中。
自己開発のアンゴラダイエットの
お陰で(いまのところ)メタボリック
危険水域を脱出。
しかし現在、ポタ時はポタメシを
思いっきり解禁しているので、
リバウンドに王手か?



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

01 | 2008/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -



月別アーカイブ



カウンター



ブログ内検索



RSSフィード

  • seo



おすすめの自転車本

わが家の自転車メンテナンスのバイブル!





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。