クロスバイクを買っちゃうぞ!
初心者がクロスバイク乗りになるまでの軌跡
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相方の大惨事【その顛末】
いまわしい事故から3日。

変わり果てた相方のご面相も、変わり果てたなりにではありますが、
なんとか原状回復しつつあります。

右目の春の新色アイシャドーは相変わらずですが、
やっとこさ腫れがひいてきました。

・・・とは言え、元の顔に比べると明らかに不自然。
土日をはさみ使用前、使用後の顔の変化に会社の人も驚かれたようです。

幸い相方は営業とかお客さんに接する仕事ではないのですが、
やはり場所が顔だけに、数箇所ある擦過傷もかなり見苦しい。

すれ違いざまに「見ちゃいけません」的な視線を浴びるのも、
どちらかというと目立つのが苦手な闇に生きる属性の相方的には苦痛のようでして・・・。

「一刻も早く直さねば!」・・・ということで、
以前、あんぜんぐつさんのブログに紹介されていた、
“貼るだけで通常より傷が早く治るバンドエイド”なるものを購入してみました。

バンドエイド 

あんぜんぐつさんのブログを拝見して、

「何かあったときは購入してみよう。」とは思っていたのですが、

そのチャンスがこんなに早く巡ってこようとは・・・。(--;)

このキズの治りが早くなるというバンドエイド。

当然お値段も通常のン倍。・・・枚数を考えるとン十倍かも。

なにせ6枚入りで798円!(わが家近くの薬局価格)

「バンドエイド界のダイヤモンドやーー!」と言うほどの超高価格です。

このバンドエイド通常のバンドエイドと違い、高い分だけいい仕事しまっせ。

という感じで、なんと傷口に貼ると
“体内から出る「キズを治す成分」をゲル状にして傷口を保持する”・・・らしい。

自らの体液で治りを早くするなんて、なんかエコ。

バンドエイドは半透明なんですが、傷口に貼るとキズの部分が見る見る白くなっていきます。

この白いのが体液らしい・・・。

色からすると白血球だろうか??

最大5日間位まで貼ったままでOKだそうで、
ある程度このまま貼っておいた方が治癒力を高めるそうなですが、
貼ってから(まだ)1日目の昨日、相方が帰ってくるなり、
「バンドエイドはずしていい?」とか言い出しました。

なんか痒いらしいのです。

高いんだから駄目に決まってんじゃん。

と思いつつ、バンドエイドを良く見ると昨日は傷口らしいところだけ白かったのが、
なんか全体的に真っ白になってます。

て、どんだけ体液だしてんだよ。

その余剰放出の体液と痒みは関係は謎ですが、
もうしばらくガマンをしてそのままにしてもらおうと思います。

・・・だって高いんだもん。


ここのところすっころんだり、携帯をなくしたり、コーヒーをこぼしたり、
なんとなく凶事が続いていた私ですが、
その凶事が今度は相方にうつったような土曜日の出来事。

「相方といると私に不幸がくるんじゃないか?」と半ば僻んでいた私ですが、

正直、すまんかった。

私の凶事をすべてひっくるめてもあまりある今回の貴方様のご不幸。
わたくしなど足元にも及ばない感じでございます。

このわが家の自転車ライフ始まってから(今のところ)最悪な事故の顛末と状況を
綴って行きたいと思います。

3月29日(土曜日)・・・私はこの日を待ちかねていました。

都内の桜が満開になってから迎える週末だったからです。

今年はほんとーーーに桜を見に行くことを楽しみにしていました。

なぜなら、今年は自転車があるからです!

毎年都内の名所といわれる場所のどこかでは桜を見てはいましたが、
花の命は短くて、桜が満開の見頃時期に見れるのは1回の週末位。
今までは電車移動だった為に、1~2箇所ぐらいしか行けませんでした。

しかし、今年は自転車で都内桜名所のハシゴができる!

待ちに待った満開の予報も出たので「この週末にかけるぞーーー!」ということで、
都内の桜の名所をピックアップして数件自転車で回るつもりでいたのです。

土曜日は晴れ。なかなか穏やかな天気のポタ日和。

この日は飛鳥山から六義園の枝垂桜を見る予定で、足取りも軽く家を出ました。

まさかこの約5分後にあのような惨事が待っているとも思わずに・・・。

さて、マンションを出て、少し走ったところにちょっとした桜並木があります。

その桜並木も満開。

人通りもないところなので、

「ちょっと停まってみたいなぁ。」

と私が思ってしまったのが、相方の不幸の始まりでした。

その時は私が前、相方が後ろを走っていました。

桜並木を見て、私は相方に「桜がきれいだね。」と話しかけ、
そのままゆるゆると減速、その後、いつものように手信号で止まる合図をして停車したのです。

ところがこの手信号、残念ながら相方は見ていなかった。(--;)

停車した私のビアンキに激突!

ぶつかる瞬間、相方が大声を上げたんで相方がぶつかってきたのはわかりました。

衝撃に私も揺らぎましたが、なんとかバランスを保ち転倒せずにすみました。

スピードもまったく出ていなかったので(5km/h位?)
相方も転倒は免れただろうと咄嗟に思ったのですが、後ろを見てみると、
倒れたルイガノの横で相方は虐げられた新妻のような姿でボーゼンと座りこんでいます。

その頬の辺りと、唇からは血が・・・。

「何してくれるんじゃい!

ビアンキになんかあったらどないするんじゃい!!」

とか、言ってやろうと思いましたが、どうみてもこいつはそれどころじゃねぇ!

「そんなことより自転車は無事か?!」

と、さすがにこの時は思わずに(一応、そこまで鬼じゃなかったですね。私。)

相方の様子を確認すると、頬辺りに数箇所擦過傷があり、唇あたりが切れています。

器用にも顔から転んだらしく、右顔面が酷い状態になっていましたが、左半分は無事。
手と足にも傷を負ってましたが、これもたいしたことがありませんでした。

しかし相方、事故のショックでテンション駄々下がり。
見た目にも魂が抜けちゃってました。

このままお花見に行くわけにも行かず、
取りあえずマンションに戻って治療することにしました。

・・・実は、まだこの時は、私的には治療後お花見に行くつもりだったりしました。

目に見えてフレームにキズなどなさそうなものの、ぶつかった衝撃でルイガノの右ブレーキが破損。

不幸中の幸いなのが、事故ったところが家からほとんど離れていない場所だったので、
片ブレーキでノロノロとなんとか運転してマンションに帰り着きました。

部屋に戻り、ここで相方の顔を見てびっくり!!

ひーーーっ!右目の瞼の上がお岩さん状態に腫れているっ!!Σ(゚д゚;) 

事故ったばかりの時は腫れなどはなかったんですが、時間差でくるもんなのですね。

唇もなんか時間とともに、アナゴさんのようになっているし・・・。

もはや花見どころの騒ぎじゃなくなりました。

青タン作った人を身近に見たことなんて初めての経験なんで、すっかり動揺。

なにせうちにある治療薬といえばマキ○ンしかありません。

これはマキ○ンには荷が重すぎんだろ。

とにかく病院に行こうということになりましたが、
なにせ土曜日の午後になっていたので、近所にはやっている病院がない。

ネットで救急病院を紹介してくれるサイトを見つけ、
そこに電話をしてやっている病院を紹介してもらいました。

紹介されたのは、わが家から1駅位の病院なのですが車で移動することに・・・。

派手な外見なのに意外と痛みはないようで、多少時間が経って落ち着きを取り戻した相方、

「半分顔が違うなんて、キカイダーみたいだね。(^^)」と余裕の発言をしてました。

病院では「レントゲンを撮るか?」と聞かれましたが、
そこまではなさそうなので、キズの治療だけしてもらいました。

治療時間はおよそ3分。

消毒して、薬を塗ってバンドエイドを貼ってもらいました。

お医者さんの第一声は「やっちゃいましたね。」だそうです。

・・・ハイ。ヤツは、やっちゃいました。(--;)

塗り薬の処方箋がでたんですが、

「塗り薬の前にマキ○ンを塗ってくださいね。」と言われ、

・・・良かったんだ。マキ○ンで・・・。

私は病院がキライなのでめったなことでは行かないので、
久々の病院だったんですが、なんか病院も“個人情報保護法”とかがあるらしく、
「名前を読み上げてもいいという承諾書」というのにサインさせられるので驚きました。

順番が来たときに「○○さん。」とか呼ぶのにも許可を取っているみたいです。

・・・しかし、承諾しないと言う人はどうすんでしょ?
「そこの右端の赤いトレーナーの方~。」とか呼ぶのかなぁ。

薬局は別の場所にあるので、薬をもらいに行きましたが、
その時間になると相方の右目の腫れはピークになり、青タンならぬ黒タンになってました。

薬局の人に

「まあーー!どうしたんですか?その傷?!
骨が折れていてもおかしくない感じの傷ですね。」


とものすごく驚かれ、

「他人様にお見せできないお顔なんだ。」と改めて気づいた相方、

「そんなにヒドイの?」と再び落ち込みました。

・・・いや、正直に言うけど相当酷い。(--;)自分の顔みえないからね~。

「顔が命」の吉○人形ではないにしろ、やっぱり顔が変わるのはショックなようで、

「紅顔の美少年だった自分の顔が・・・」

・・・とかなり打ちひしがれたご様子。

て、オイ。ドサクサにまぎれてなにいっちゃってんだ。

こうがんの美少年?!

「美少年」という短い単語の中に間違いが2箇所もあんぞ。

「厚顔のメタボ中年」だったらありのような気がする。


しかし、改めて相方ケガを負った相方を見て思ったことが・・・

マンガとかで人とケンカをして 「転んだんだよ」と言い訳するシーンがよくありますが、
「あんなの通じるわけない、転んだのと殴られたんじゃキズが明らかに違うだろ。」

と、思っていたのですが、実際はそうは違わないんですね。

バンドエイドとかを貼ってしまうと、むしろ殴られた傷のような気がする。

当然のように昨日、会社で何があったのか聞かれたらしいですが、

草食動物系のおとなしい相方がまさかケンカしたとは思われないだろうし、
オヤジ狩りとかにあったとか思われるかも。

・・・それとも

「実は、嫁(私)にやられたんじゃないの?!」という疑惑が沸いたらヤダなぁ。


さて、事故のトラウマが酷いのか相方はただいま
「自転車に乗りたくない病」にかかってしまったようです。

このまま半永久的に続くと思っていた「連続ポタ」も風前の灯火。

規定では金曜日までに5km走らなきゃならんのですが、
先々週まであれほど執念を燃やしていたのに、どうもやる気がなくなったようで・・・。

なんでもがんばれちゃう魔法の病気「せっかくだから病」をもってしても
打ち勝つことができないとは、かなりのショックだったらしいです。

貧乏性の相方が(わが家にとっては)大枚はたいて手に入れた自転車に
このまま乗らなくなるとは思えませんが、いつ復帰する気になるか・・・ですね。

ところで衝突時に破損したルイガノのブレーキですが、
金具がが変形した為に、ブレーキワイヤーが外れてしまいました。

ブレーキ破損

事がブレーキなんで、お店で直してもらおうと思うのですが、
相方があんな状態なのでいつになるやら・・・。

「早く春にならないかなぁ。」と冬を乗り切ったわけですが、
やっとこさサイクリングシーズンになったのにこの始末。・・・困ったもんです。

ブログランキングに参加してます。できればポチッ☆とクリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキング

関連記事
スポンサーサイト
せっかくだからdeトラウマ克服

今日はイマイチのお天気ですね。

本日、ほぼ桜を見に行くために休みをとったと思われる相方。

なのに~(T_T)

春のお天気はホント変わりやすくて困ります。

でもせっかくとったお休み、お花見には行って来ようと思います。

雨男と雨女の私たちからすると贅沢な希望なのですが、
やっぱり青空の中で桜を見たかったなぁ。


さて、事故の日以来、高級バンドエイドを貼っていた相方のお顔の状況ですが、
その高級バンドエイドの質感が変化、なんか“スケキヨマスク的”になっていました。

大きなバンドエイドを右側に2枚はっていたので、
右側の肌の見える部分のほとんどの面積がスケキヨ状態。

そんな犬神家な感じも気になるとえば気になるのですが、
それよりも気になるのは、この超高価なバンドエイドのその効果。

剥がしてみたい。

そしてその脅威の効果たるやを見せつけて欲しい!

高まる(私の)好奇心。

しかし・・・高価なバンドエイドだしなぁ。なにせ1枚100円強。

でも、相方もかゆいと言っているし、可哀想じゃん。→あからさまに単なる理由付け。

結局、好奇心には抗いきれず剥がしてみることにしました。(昨夜)

ちょっとづつ剥がれるバンドエイドを見守る気持ちは、
スケキヨさんがマスクを脱ぐのを見守る珠代さんのような気持ちです。(多分)

バンドエイドは結構な接着率でなかなか剥がれなかったのですが、
痛がる相方を横目に強引に剥がしてみますと、

確かにキズが治っているような気がする。

もちろん完治とまでは行かず赤くなってはいますが、
事故直後に比べてあまり目立たなくなっています。

剥がした直後はちょっとウエッティーだった傷口もしばらくすると乾き、
「このままでもいいかも。」とういう状況になりました。

少なくともスケキヨマスク状態のバンドエイドを
貼っている顔よりはぜんぜん違和感ないです。

瞼の方も痣は着色は治っていないもののすっかり腫れはひき、

右目だけちょっと濃い目なIKKOメイクを施した人

程度にも見えないこともない。

これだったら外に出ても「見ちゃいけません!」と
あからさまに思われなくて済みそうです。

この状況になって相方、急激にテンションがアップしてきたようです。

なにせ(自称)厚顔・・・じゃなくて紅顔の美少年(大笑い)ですし・・・。

他称は厚顔のメタボ中年ですが・・・(ぼそっ)

ぶつかった直後から一昨日くらいまでは、

「しばらく自転車に乗りたくない。」とのたまっていた相方。

顔から突っ込むというあまり類を見ない悲惨な転び方をしたわけだし、

まあ・・・しばらくはトラウマになって乗らなくなるだろうなぁ。(--;)

と、思っていたのですが、わたくし侮っておりました。

何をって、相方の「せっかくだから病」をです。

顔の治りと共に、急速にその“せっかくだから魂”が蘇り、

なんと、ついにはトラウマに打ち勝ちました!

て、早っ!

「会社の休みもとれたことだし、せっかくの桜を見に行かないのは惜しい。」

「どうせ行くなら、せっかく続けてきたポタ記録も途絶えさせるのも惜しい。」


・・・という思いがむくむくと沸いてきたようで、
本日これから自転車で桜の名所を見に出かけることとなりました。

なんでも克服しちゃう脅威の病「せっかくだから病」

その潜在能力は無限。(のような気がする)

正直、微妙な気分にさせられる時も多々ありますが、
こういう時は「せっかくだから病」でよかったなぁ。と思います。

ビバ!「せっかくだから病」

相方の“せっかくだから”は永遠に不滅です!

・・・て、それもちょっと微妙だな。(--;)

それでは、行ってきま~す。(^^)/~

ブログランキングに参加してます。できればポチッ☆とクリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキング

関連記事
雨の幸手に桜なドライブ
今日は本当にいいお天気ですね。

昨日は天気は晴天とまでは行きませんでしたが、雨が降ることもなく、
無事にお花見ポタを敢行してきました。

・・・しかし空はやっぱり曇り空。

なんで今日と天気が交代してくれなかったんだーーーっ。(T_T)

と、思わないでもないですが、そこは「小吉」人生の限界っす。

「雨が降らなかっただけでもありがたい話じゃないか。」(渡鬼風)

場所は「浅草から小石川後楽園に行き、上野で〆る」という
日曜日に予定していて叶わなかったコースだったのですが、
ギリギリ満開の桜を堪能することができて良かったです。

「結局今年は満開の桜を見れなかったらどうしよう」とドキドキしちゃいました。

世間様平均値でおそらくかなり悲観的な部類にはいるわたくしは、
ここ数年桜を見ると「あと何年桜を楽しめるかなぁ。」と、
なんかどこぞのヤバイ場所に片足を突っ込んだようなことを考えてしまうわけです。

次に生まれ変わったとしても日本人に生まれ変わるかどうかわからないし、
見られるうちに桜は堪能しなきゃ。とか。

最悪、人ですらなく虫とかとして生まれ変わったら、
下手すると桜を食料としか見ることができなくなるので、
今のうちに“鑑賞”しておかなきゃ。とか。

・・・と、まあ悲観的にもほどがあるってもんですが、こんなことを考えてしまいます。

顔の傷も癒え、相方も(意外とあっさり)自転車乗車恐怖症を克服しまして、
昨日は自転車で回ることができたのですが、
目的地以外のなんてことない通りでも桜の花が咲き乱れて綺麗でした。

そんな道を通れるのも自転車ならではの特権ですね。

・・・しかし考えてみれば、相方が事故ってからまだ5日しか経っていないのですね。
なんか遠い昔のような気がします。

わが家の自転車ライフ始まって以来の“最悪XDAY”だった土曜日、
そして一夜明けて日曜日。

事故の為、お天気も最高のお花見ベスト日和を見逃して、
次に掛けるは日曜日だったのですが、相方のテンションは這うように低空飛行。(そりゃそうだ)

「ドラえもんさーーん。(つうかこのさえ誰でもいいから)助けてーー。」と思ったものの、

当然、未来からネコ型ロボットなどが来訪するわけもなく、
なんのミラクルも起きないままに、相方のお顔はやっぱり悲惨な状態を極めてました。

しかも天気まで生憎な感じで、今にも雨が降りそう。

相方のご不幸には心から同情申し上げる。
顔からアスファルトに激突という、「もう、トラウマ大賞決定!」コケ方をしたのだから、
自転車乗車恐怖症になってしまっているのも理解しましょう。

が、「スマン、それはそれ、これはこれ」と、そこは(あっさり)割りきりまして、
お天気がよければ、1人でも自転車でお花見に行こうと目論んでいましたが、
雨が降りそうではそれもかなわず・・・。

「重苦しい空気の中、狭い部屋で2人で悶々としていても仕方なかろう」ということで、
結局、車で桜を見に行くことにしました。

自転車で行くことは敬遠していた相方ですが、車だったら顔も目立たずに行けるし、
まあ、そこは怪我してもやっぱり相方。
“せっかくだから”行ってみたくなったようです。

車でとなると駐車場や渋滞のことを考えると都内はやっぱりキツイ。

わが家は埼玉よりの東京にあるので、埼玉方面で桜の名所を急遽、検索してみました。

検索すると「幸手」に菜の花と桜が同時に楽しめる「権現堂堤」という
桜の名所スポットがあるらしい。

「幸手」なら私の実家「しょう油の街市」からすぐのところですし、
土地勘もあります。

これだーー!!

しかしHPの満開状況をよく見てみると「権現堂堤」の桜は3~5分咲き・・・とな。

うーん。咲きはイマイチか・・・。

リアルタイム情報と書いてありますが、
こういったHPはたいていリアルではないことも多いもの。

たいして離れていない実家のしょう油の街市も満開を迎えているころなんで、
同じくらいは咲いているんではないだろうか?・・・と、都合よく考え、

幸手「権現堂堤」へ向かってGO!です。

この日は、家で悶々とブルーに過ごしていた時間が長かったせいもあり、
出発が遅くなってしまいました。
・・・まあ、悶々としてなくても出発が遅いのがわが家の常なんですけどね。

更に次の日にこのご面相では、ちょっと会社に行くのも憚られるので、
行く前に“眼帯”を購入したり、例の超高価なバンドエイドを購入したりと、
更に時間は遅くなりました。・・・「夜桜も見れるみたいだし、ま、いっか。」というこどで・・・。^^;

結局この時購入した“眼帯”はすると余計に悪目立ちするということで、
陽の目を見ることはなかったのですが、
しかし眼帯って久々に買いましたが、昔からデザインが全然変わらないんですね。

キャプテンハーロックとか独眼流正宗・・・とかまでは言いませんが、
「もうちょっとすっきりとしたデザインがあればなぁ。」と思いました。

マンションから幸手までは車で2時間くらい、
今回は遅くなってもいたので、(めずらしく)金に糸目はつけず、高速道路で行くつもりでしたが、
いつもは近場でも有料道路ご紹介の「有料道路大好き」なうちのナビコ(カーナビ)も
高速を紹介してくれません。

うーーん。“幸手”って高速道路なかったんだっけ?

「ちぇっ。しょうがないなーー(-"-;)」と下道から行くことにし、

4号沿いをずっと行ったんですが、ときどき沿道に見える桜はどこも満開。

土曜日に都内名所めぐりができなかったフラストレーションを埋め合わせるかのように、
桜を見つけるたびに、「桜だ!拝めー!!貪欲にその目に焼き付けろー!!」
と、なんか違う方向の体育会系な花見(?)と化していました。

都内を走っている時は綺麗に満開だった沿道の桜、
しかし、車が埼玉に差し掛かるとその桜に異変が!

なんか咲きが5分咲き位になってるーーー!

幸手は東京からすると確かに北側の埼玉ですが、こんなに違うものなのでしょうか?

これは「権現堂堤も・・・かなぁ。」と半ば落胆しつつ目的地に着きましたが、

やっぱり全体的には5分咲き位でした。(T_T)

リアルにHP通りだったというわけですね。信じなくてスマンかった。

しかもポツポツと雨まで降ってきたわけですが、
せっかく来たのに、ここで引き下がるわけにもいかんので車を降りて見学することにしました。

着いたのは4時くらいになっていましたが、天気が悪いお陰か、まだ5分咲きのせいか
お休みにも関わらず、意外と駐車場は空きが多かったです。

料金は1日500円。意外と安い。

ちなみに駐車場はここだけではなかったのですが、
空いていたのでベストポジションに停められたようです。

菜の花が名産(?)なのか「??」ですが、駐車場の周りにも菜の花畑がありました。

菜の花畑

桜が咲く堤防を上って反対側に降りると、そこは一面の菜の花。

菜の花

もう菜の花。菜の花。これでもかと菜の花。

こんなにも一面の菜の花を見たことは、過去ないかも。

この大量な菜の花、わざわざ観賞用に植えてあるようで、
「よっしゃこれを名所にしたるで!」という気概がひしひしと感じられます。
別にそんなつもりなかったりして・・・^^;

そう言えば、あまり菜の花の香りは印象がなかったのですが、
ここまで大量にあると菜の花のいい香りが漂ってました。

菜の花なめの桜は綺麗です。

菜の花と桜

天気が悪いのと、桜が満開までではなかったのでその辺が残念ですが、
桜が満開で晴れの日だったらさぞかし綺麗だろうな。

堤防に上るとそこは桜のトンネルになっていました。

桜のトンネル

よく見ると場所によっては、満開に近いくらい咲いているところもあり綺麗でした。

桜

桜のトンネルの途中に物産展(&茶屋)があり、
幸手名物という「さくら饅頭」(6個入り800円)を購入。

茶屋

桜饅頭

桜茶(100円)も購入して、休憩所でさくら饅頭を食べることに・・・。

桜茶

隣接されている休憩所は桜を見ながらお茶を飲むことができるので、
お天気だったら満席だったでしょうが、
この日は雨の上に気温も低くなってきたので、ガラガラでした。 (つうか私達だけ^^;)

こちら「さくら饅頭」です。

桜饅頭

まんじゅうの上には「これでもか」と桜がトッピング。
ピンク色の餡が綺麗で、実はちょっと「際物チックな味がするかなぁ。」とか
思っていたのですが、これが意外と(失敬)美味しいです。
餡にも桜がたっぷりでした。

桜饅頭

桜茶には綺麗な桜(の塩漬け?)が浮いていたのですが、
残念ながら桜たっぷりのサービス精神がアダになったのか、
すげーーっ塩分でした。(--;)

せっかくだから病で食べ物をほとんど残さない相方も、
これはちょっとギブアップ。

・・・中年に塩分は天敵ですしね。(ぼそっ)

見た目は綺麗だったので、そこはちょっと残念です。

茶屋で休んでいると、更に天候が悪化、雨も強くなってきました。
気温も震えがくるほど低くなってきましたし、
夜になって人気も少なくなってきたので、退散することにしました。

ここは夜には夜桜が楽しめるそうなんですが、
さすがにこの悪天候でそこまでする猛者はあまりいなかったようです。

この後はそろろそ夕食の時間だったので、
せっかくだから幸手にある美味しいお蕎麦のお店に行ってみることにしました。

こういう事だけは、最近とみにぬかりなし、
なんにつけ準備の悪いわが家ですが、ここだけは自転車を始めて成長したなぁ。

・・・て、自転車に関して成長しろよ。(--;)

こだわりの十割そばを食べさせてくれる「ふくろう」というお店です。

ふくろう

「権現堂堤」からは約3km位。

夜の部は6時からだったようで、車の中で15分位待機、
6時ぴったりに「待ってました!」と1番乗りでお店に入りました。

お店の中はあまり広くないのですが、カウンター以外の席は予約でいっぱい。

お蕎麦の他にも夜はお酒も飲めるようですし、人気店のようです。

予約もしないで行きましたが2人なので、なんとかカウンター席に座ることができ、

お得好きな相方は2種類のつけ汁が楽しめるという「板蕎麦」
私は「カレー南蛮蕎麦」を注文。

・・・カレーって、せっかくの十割蕎麦台無しじゃね?!

でも私はカレー南蛮好きなので、
このお店の「超辛カレー南蛮」が気になって素通りできなかったんです。(泣)

多少十割蕎麦の質感は損なわれるかもしれませんが、
カレーはカレーでこだわりがありそうなんで、ここは「カレー南蛮」に掛けました。

お蕎麦が出るまでに時間がかかるということで、
それまでのつなぎに「鶏の串焼きセット」と「サーロイン串」を注文。

その串焼きも少々時間がかかるということで、
お酒は頼んでいなかったのですが、お店の方がお通し的なものを出してくださいました。

竹の子とそら豆

そら豆と竹の子を焼いたものです。
焼いた竹の子は甘みがあって、素朴な味で美味しかったです。

こちらは「鶏の串焼きセットとサーロイン串」

串焼き

串焼きセットが600円、サーロイン串が700円です。 お肉が柔らかいです。

最後は待望のお蕎麦です。

・・・と、カレー南蛮蕎麦が来る前に水が来ました。

「ご覚悟めされい。」って事っすか?!

水

こちら「板蕎麦」

板蕎麦

1,260円。さすが本格蕎麦の味がして美味しい。
十割蕎麦は他で食べると結構なお値段がするような気がしますが、
このお値段は安いような気がします。

こちらは「カレー南蛮蕎麦」

カレー南蛮蕎麦

1,150円。
“超辛口”と謳われていただけあって、ものすごく辛ーーーい。
私も辛党のはずですが、口がビリビリきます。
辛いのが苦手な人は憤死するかも。

いやーー正直、ここまでとは思いませんでした。(笑)
予想通り十割蕎麦の質感がわからなかったのが残念ですが、
これはこれで辛いけど美味しかったです。

ちなみにメニューには「和風青とうがらしのスパイスカレー」なんかもあり、
この南蛮蕎麦の味を考えると、そのメニューもかなりやってくれているはずに違いありません。

他にも土鍋で炊く「ひつまぶし」など心惹かれるメニューがあり、
なんでも土鍋で火にかけ卵とじでおこげも楽しめるらしい。

うわーーーっうまそーーーっ!文字だけでも十分うまそーーっ!

実家も近いことだし、また来ようと思います。

実家からだったら自転車でポタるのに丁度いい距離かも。

その後は、帰るついでに実家のしょうゆの街市が誇る「清水公園」により、
車の中から夜桜を見て帰ってきました。

ちなみに清水公園の方はほぼ満開。

幸手とそう距離は違わないのになぁ。不思議。

ちなみに幸手の桜は今は満開になったみたいです。
偶然にもニュースで先ほど紹介されてました。
日曜からまだ4日ですが、時間がちょっとずれるだけで、状況はまったく違うのですね。

ブログランキングに参加してます。できればポチッ☆とクリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキング


関連記事
仕切り直しのお花見ポタ【その1】
このところ毎日いいお天気ですね。

天気予報によると、土日も晴れで行楽日和らしいです。

なんでも都内はお花見ラストチャンスとか・・・。

先週~今週中でもうほとんど終わりと思い込んでいたので、
私的にはなんかサッカーのロスタイムを与えられた気分です。

うーん。今週末はどうしようかなぁ。

うれしい悩みで心はいっぱい。

・・・と、すでに通常シフトのポタを考えていますが、
何度も言っちゃいますが、先週末はそれどこじゃなかったんですよね~。

自称ガラスのハートですが、客観的にはせっかくだから仕様の図太いところがある相方。

事故直後は伝家の宝刀「せっかくだから」をかざしてもさすがになびいてこなかった。

あの彼の自転車ライフ唯一のこだわりどころ「連続ポタ記録」をダシにしてもなびく気配もなかった。

自転車をはじめて約8ヶ月。
なんか不完全燃焼のまま、自転車熱が燃え尽きたかのように見えた相方でした。

なにせわが家は自転車乗りとしては全てが中途半端ぽいですし・・・(--;)

これで2人での「連続ポタ」記録はストップか・・・。

でも、相方の(精神的)屍をこえ、

連続ポタの遺志はこの私が継ぐしかない!!(エセ家族愛)

と、今週の週中に一度、個人的に桜を見に行く自転車ツアーを考えていたわけです。

・・・しかし・・・この先、しばらくは1人ポタかぁ。

相方がいないとなると12階の部屋から
1人で狭いエレベーターに載せて自転車の出し入れするのも大変だなぁ。

ここはどっから落ちるか不明ですが、経費で1人でも運びやすい
“ビアンキのミニベロ”でも購入しなきゃならないかなぁ。

・・・とかも密かに目論んで・・・じゃなくて悩んでいたのですが、

「ミニベロ・・・買わなきゃなぁ・・・。(チラッ)」

という私のため息の中に密かに混ざっている喜びの色を感じ取ってムカついたか、

せっかく買った自転車を遊ばせておくのが惜しいと思ったのか、

せっかくがんばっていた「連続ポタ記録」を私だけに達成さてたまるか、と思ったのか、

おそらくそれら全てだとは思いますが、なんと、相方が意外と早く戦線復帰宣言。

とっとと水曜日に会社を休む渡りをつけて、
水曜日は一緒に花見ポタへと向かうこととなりました。

すげぇよ。相方。いや、偉大なるはその“せっかくだから”精神。

脅威の“せっかくだから力”

そこまで行くとなんか尊敬に値するような気がする。

ポタの行き先は「浅草~小石川後楽園~上野公園」

日曜日に向かう予定だったところです。

・・・考えて見ればどの道日曜は天気が悪くて出かけられなかっただろうし、
不幸の上に成り立っているとはいえ、この日に行けてよかったかも。

天気は曇っていたことが残念でしたが、雨が降る予報はなく、
問題だったお顔の状態も高級バンドエイドの治癒力のお陰で傷も目立たなくなり、
岩男だった右目も腫れがすっかりひいてました。

怪我の状況も進化(?)して新たに右目の周りが大きくぐるっと黄色、
その中央の目の際が濃い紫色という、It'sカラフル!

ちょっとアダムズファミリー執事のお顔のようになっていましたが、
バンドエイドも剥がしたことで、あからさまに「ケガをした人」という感じではなくなっていました。

同時に相方も気力を取り戻し、仕切りなおしで花見へGO!です。

・・・と、その前に、ぶつかった衝撃で金具の部分が曲がって効かなくなった
ブレーキを直しに行かなくてはいけません。

金具の曲がりは自分で治せるのでは?とご指摘をいただきましたし、
正直、自分でもそう思ったのですが、なにせ私と相方、まったく絶対信用なりません。

他の場所も壊れていたらマズイし(壊れていても気づけない確率大ですし)
更なる悲劇をも招き兼ねないので、自転車店でキチンと直してもらうことにしました。

ブレーキは片方しか効きませんので、人通りのない道をゆっくりと進みました。

途中には忌まわしい例の事故スポットが。

桜が綺麗に咲いていました。

事故ポイント

なんか甘酸っぱしょっぱい複雑な気持ちです。(--;)

ほどなく自転車店に着き、やはり金具が曲がっていただけらしく、
自転車は“ちょっちょい”という感じで簡単に直してくれました。

やっぱりこんな事で自転車店に持ち込むなんて恥ずかしかったかも。(--;)

料金をお支払いしようとしたら、
「曲がっていたのを直しただけなんで」と、なんと料金はとられませんでした。

ホントこんなことでお手を煩わせて申し訳なかったです。(恥)

このお店は先日、相方のルイガノを点検してもらったお店で、
勝手に「ルイガノ主治自転車店」に認定させてもらってましたが、
ホントに親切な自転車屋さんが近くにあって良かった。

今後は極力こちらのお店で購入したいと思いました。

・・・スポーツ自転車も置いてありますが、本来はママチャリ中心のお店のようで、
スポーツ自転車グッツがあまり置いていないのがネックなんですよね。

ルイガノもキチンと直してもらいまして、
相方にとって事故後、本格的に自転車に乗る初めての機会だったのですが、
乗ってみるとやっぱり最初はちょっと怖かったみたいです。

無敵のせっかくだから病も刷り込まれた潜在的恐怖には勝てないのか、
しばらくはちょっとした恐怖はトラウマになるかもしれません。

が、

・・・人知れずトラウマを抱えていた人間が実はもう1人・・・私です。

この日は相方が前を漕ぐようにしていたのですが、
普段はたいてい私が前を漕ぐような形になっていました。

いつもの癖で相方の前をうっかり走ると、ものすごい恐怖

「また追突されるかも。」と相方が後ろを走ると、
今にも追突してきそうな恐怖に駆られるのです。

もうその恐怖たるや、「オレの後ろに立つな!!」状態。

・・・ゴルゴもこんな気持ちなのだろうか?→あの人は違うだろ。

停まる時でも後ろの相方を確認しなくてはおれなかったり、
何度も手信号を出した後、大きく横に移動してからでないと停まれなくなってました。

あまり停まる前に何度も手信号をするので、

「何度も手信号だしてたらどの辺で停まるかわかんないじゃん。(-"-;)」

と、相方に苦情を言われる始末。

しかし、相方が前を走っていると安心か?というとあまりそうでもなく、

「自分も追突するのでは?」という恐怖で、かなり車間距離を空けて走っていました。

しかし意外なところでトラウマって生じるもんなんですね。

ものすごい不便はないのでそんな真剣に「克服しなきゃ!」ってことはないのですが、
このトラウマが克服されるのはいつのことやら・・・です。

自転車店から浅草まではごく近いので、ゆるゆると走っていましたが、

「あっ」という間に浅草に到着です。

浅草の桜は「浅草駅」付近が有名なんですが、
名所スポットをちょっと離れた公園の桜も綺麗でした。

浅草の桜

こういう普通の公園は人も少ないので、思いっきり楽しめていいですね。

春なので鳩さんも恋愛中。

鳩

しかし最近の鳩って飛ばないですよね。
この写真もかなり近づいて撮りましたが、めんどくさそうにちょっと移動するだけで、
まったく飛ぶ気配ナッシング。

自転車に乗っている時も思っていたのですが、
自転車で近づいても相当近くまで迫らないと飛ばないし、
できるだけ歩いてどこうとするんですよね。

いいのか?鳩?幾らなんでも危機感なさ過ぎじゃないのか?!

今はこの国の人間は「エサにする」って頭はないけど、
「そうだ!鳩を喰えばいいんじゃね?」という事になった時にどうするのかと。

こんな平和主義ではそのうち絶滅の危機にさらされるんじゃないかと、ちょっと心配。

話がそれてしまいましたが、この後、浅草の名所の隅田川の桜並木へ移動。

浅草の桜

しかし名所だけあってそちらは「人、人、人」と、人が多い。

「普段日だから人が少ないんじゃないか。」と密かに思っていたのは大間違いでした。

うーん。平日の昼間からみんなどうしてこんなに集まれるんだろ。

・・・て、お前らもじゃん。

今まで浅草のお花見に来ていた時は、駅付近しか見ていなかったのですが、
実際は駅からちょっと離れた付近に綺麗なお花見スポットがあったようです。

何度も浅草にはお花見に来たことがあるのに、ここに来て意外な発見。

やっぱり自転車だとフットワークが違うなぁ。

しばらく愛車と共に桜を撮ってみたりと浅草の桜を堪能した後、

浅草の桜

次なる目的の「小石川後楽園」に移動しました。

すいません。長くなりましたので、続きます。

ブログランキングに参加してます。できればポチッ☆とクリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキング

関連記事
東京お花見ラストチャンス?
仕切り直しお花見ポタ日記の途中ですが、
勝手ながら後編に行く前に小休憩を・・・。^^;

今日はいい天気ですね。

予報的には東京花見ラストチャーンスということで、昨日散々報道されてました。
わが家もニュースに踊らされて出かけてこようと思います。

毎回のケガ報告ですみませんが、事故からまるまる1週間が経ち、
相方のお顔の状態がかなり整ってきました。

黄色い痣は残っているものの、遠目で見ると怪我の状態がわからない感じです。

紅顔の美少年・・・は、まだまだお出ましになられないようですが、
(つうか一生待っても現れんだろ)通常顔の中年なら元通りお出ましになったようです。

先週は見るも無残な状況で、身内の私ですら目を覆いたい感じだったのに、
あれからたった1週間、当たり前ですが人間て治癒力ってものがあるんですね。

今日は千鳥が淵あたりを流してこようと思っています。

では、行ってきます。

ブログランキングに参加してます。できればポチッ☆とクリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキング

関連記事
仕切り直しのお花見ポタ【その2】
今週末は土日ともいいお天気ですね。

昨日は自転車で千鳥が淵に行ってきましたが、桜は散り際ではありましたが、
散っている姿も、また綺麗でした。

そんなこんなで(て、どんだなよ。)ブログの方が中途半端なところで
一回お休みになってしまいました。

読みにくくて申し訳ありませんが、以下「仕切り直しのお花見ポタ」の続きになります。


事故後、それぞれのトラウマを抱えて自転車に乗るわが家。

大体は相方が前を走っていましたが、
完全に走りにアグレッシプさを欠いていました。

いや、もともと超保守的なゆるゆるな走りだったのですが、
更に守りにはいっているつーか。

気分は「明日のジョー」でジョーが久々に再会したカーロスがすっかり廃人になって

「おめぇの稲妻みてぇなパンチが・・・」とショックを受けるシーンに似ている・・・かもしれない。

「相方・・・お前の稲妻(みたいでもなかった)走りが

(更に)こんなんなっちまって」

例えがわかりにくい上に、あんま似てなかったですね。(--;)

今までわが家は「ママチャリ並だな」とは思っていたのですが、
更に「ママチャリ以下」になりそうです。

・・・安全が第一なんでそれでもいいんですが・・・。

平均時速10kmでかなりゆるーく「小石川後楽園」到着です。

小石川後楽園といえば、そうです!

「涵徳亭」のランチ弁当 ※以前来た時にあまりに旨そうなんで思わず激写

お弁当


て、それかーい。

今度、いいタイミングで来た時は食べようと思っていたのですが。

こんな早くそのチャンスがこようとは・・・・と思いきや。

この日は予約でいっぱいらしく、弁当どころか「涵徳亭」すら入れません。(泣)

こういう渋めなスポットは、ご高齢の方に人気がありそうなので、
どうやらこういうところは平日の方が混んでるのかも。

未練は残るものの、そちらの方はあきらめて肝心の桜鑑賞です。

ここは枝垂桜で有名なんですが、その中でももっとも有名な枝垂桜は、

後楽園枝垂桜

枝垂れてはいるけど、咲いてません。(T_T)

完全に“今期営業終了!また来年!”みたいです。

他にも数本枝垂桜はありましたが、日当たりのいいところにあるのもはほぼ終了。

比較的日当たりが悪そうなところにある枝垂桜だけが、花が生き残ってました。

後楽園枝垂桜

よかったーー。

枝垂桜はこのようにわずかな地区を残し壊滅的な感じだったんですが、
ソメイヨシノは盛りできれいに咲いてました。

園内を見下ろせる高台から上って見下ろした図です。

後楽園桜

水辺に咲く桜もきれいでした。 ビルと庭園の桜のコントラストもなかなかいい感じです。

後楽園桜

・・・梅の頃、「小石川後楽園」に来た時は、
後楽園遊園地のジェットコースターの悲鳴にも近い絶叫が響き渡っていましたが、
この日、粛々とした庭園に響き渡っていたのは、
なぜか、某「13日の○曜日」を思い起こさせるチェーンソーの音。

ジェ・・・ジェイ○ン?!

・・・いや、あからさまに違うって。

単に剪定の時期だったらしく、ずっとチェーンソーの音が響いていました。

江戸時代から続く庭園にジェイ○ン・・・ではなくチェーンソーの音。

なんかこれまたシュール。(--;)

シュールではありますが、こういうマメな手入れのお陰で
きれいな庭園が保たれるのですね。

小石川後楽園で桜を見た後、これまた前回行くつもりで行けなかった
カフェに寄ってみました。

普通の住宅地にある突然ある感じの小さなカフェ「CORB」です。

カフェ

前回は休日だったので、残念ながら満席で入れませんでしたが、
この日は平日の中途半端な時間だったので、
他にお客さんもおらず、すんなり入れました。

相方は「スコーンと東ティモールコーヒー」 スコーン

スコーンが450円、東ティモールコーヒーが500円。

私は「トーストとインドコーヒー」

トースト

トーストが450円、インドコーヒーが500円。

インドコーヒーはさておき、東ティモールコーヒーはちょっと珍しいかも。
コーヒー通ではないので、違いのわかる客ではわかりませんが、
なかなか美味しかったです。

トーストとスコーンは店内で販売のみもしているので自家製?
素朴な感じの味でした。

カフェの雰囲気が落ち着ける感じだったので、
結構くつろいじゃってから最終目的地「上野公園」に向うことにしました。

「上野公園」は、ここに行かないと花見は終らねぇ。って程ほぼ毎年行っている場所です。

メインストリートを歩くときは、
「満員電車か!花見どころの騒ぎじゃねぇ!」と、突っ込みを入れたい程、
混んでいる時もあるんですが、なんか毎年行っちゃうんですよね。

カフェから上野公園に移動しますが、ここで冒険心というか徘徊魂がムクムクと沸いてきて、

「よく知らないが別の道から行ってみよう」という事になりました。

・・・いやな予感がしますね。

そしていやな予感即、的中!・・・予想通り道に迷いました。(T_T)

でも、自転車に乗り8ヶ月も経つと、最初、東京で遭難したあの頃とは違います。
「あの頃のあたいとはもう違うのよ。」みたいな。

途中、行き止まりの住宅地があったり「やっちまった感」があったりしましたが、
なんとか持ち直し、30分位徘徊した後、再び後楽園に到着。

・・・て、振り出しに戻る?!

変わってないよ。あの頃のあたいと基本変わってないよ。

でも迷っている最中も偶然見つけた桜並木があったりと、この時期は迷っても吉。

文京区の桜並木祭(うろ覚え)なんかもあり、通り2本の両側が超ゴージャスに桜のトンネル。
公園とはまた違うので混雑もなく、きれいでした。

こちらは「小石川植物園」の裏路地らしき場所です。

小石川植物園裏路地

人気があまりないことをいいことに愛車と写真を撮りました。

この後、多少徘徊して後楽園に再び戻るわけですが、
途中、タクシーが前で停まりまして、横をすり抜けようとした時に
突如ドアが“ガバッ”っと開きました。

ぜんぜんスピードが出ていない時だったんで止まれましたが、
ちょっとスピードを出している時だったら危なかったかも。

ここで事故ったら、わが家最凶列伝に新たなる1ページが綴られるところでした。(汗)

上野公園に着くと、またまた撮影スポットを見つけ出し愛車と撮影。

上野公園

いつもは自転車と共に撮るのを失念してしまうところが多いのですが、
この日はとりつかれた様に写真を撮ってました。^^;

毎年来ると、上野公園の中の桜の方が水辺の桜よりも咲きが早いようで、
上野公園の中の桜が満開に近い時は、水辺の方の桜がまだ早かったりするのですが、
この日は水辺の方の桜がきれいに満開で、上野公園の中の方が満開から終りかけな感じでした。

こちらは不忍の池の桜、満開でした。

上野公園桜

上野公園桜

こちらは上野公園の中の桜ですが、
ちょっと時間が遅いので写りが悪いです。
上野公園桜

平日ということもあり、混雑しているものの休日ほどでもなく、
ゆっくり見ることができました。

いろいろゆっくりした事もあり、上野公園に着くとすぐに日が暮れてきたのですが、
平日とは言え、お花見宴会の準備にみなさん余念がないようで・・・。

中には「社を挙げて」・・・という感じで真剣にお花見に臨んでいる方もいるようで・・・。

ベニヤ板とダンボールを大量に持ち込んで、
ダンボールの上にベニヤを置き、ベニヤ同士をガムテープでくっつけて、
簡易宴会用長テーブルを作っていた会社があったことにはただただ感心。
ウレタン長マットをクッションとして持ち込んでいます。

なんか、すげーー工夫。 すげー意気込み。
 
意気込みが半端じゃないだけあって、用意も真剣らしくちょっとした不備にも、
真剣にもめたりしていました。(つうか見てるなよ。私。(--;))   

お花見が大成功を収めましたことを影ながらお祈りします。 

ゆっくりと回っていたので、回り終わることにはすっかり夜桜になりました。

そろそろお帰りの時間ですが、
帰ろうにも腹が減ってこのままじゃ帰り着く気力が残念ながらエンプティー。

・・・ということでエナジーチャージですが、
上野公園内にある雰囲気のある茶屋で軽くお茶をすることに・・・。

「蓮見茶屋」

蓮見茶屋

雰囲気のあるお店です。
 
この冬はラーメンポタとかで、かなり肥えましたんで、
ここは団子でガマン。

みたらし団子

・・・て、いかにも耐えているようですが、
しっかりカロリーとってんじゃん。(ぼそっ)

「今年は今を逃したらもうチャンスがない!」

と、平日にお休みをとってまで(相方)巡ったお花見ポタでしたが、
実は今週末もロスタイム的なお花見チャンスが巡ってきて、
今週末もお花見にいそしんでおります。

今日もいいお天気なので、まだまだ貪欲に舎人ライナー方面に行ってみようと思います。

【今回の記録】
走行時間:2:04:36
走行距離:22.54km
平均時速:10.8km/h
最高時速:34.3km/h

ブログランキングに参加してます。できればポチッ☆とクリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキング


関連記事
バターはどこに消えた?

このところ順調に土日に自転車に乗れることが多く、
その上、文章をまとめる力が絶対的に欠けておりまして、
平日はいつも無駄長いだけのポタ日記で書くだけで終ってました。

なんかいつもまとまりもなく、読みにくくて申し訳ないです。

実は、自転車とはまったくもって無関係な話なんですが、
ここ数ヶ月、気になっていた事があり、
今日はそのことについてブログに書かせていただこうと思います。

突然ですが、皆様のお宅のバター事情はどのような感じでしょうか?

わが家には近くのスーパーが1軒あり、そこでたいていの買い物を済ませるのですが、
数ヶ月前からそのスーパーの品揃えにある異変が。

バターが消えていったのです。

その一番近い御用達スーパーが

「なんかバターが少ないなぁ。」と気づいたのはいつの頃だったのか・・・

はっきりした記憶はないのですが、1月頃からだったような気がします。

最初はコーナーはあるものの、雪○などの有名バターは売り切れ状態が続き、
次は安い高い、メーカーに関係なく、バターと名のつくものが消え、
最終的にはバターコーナーさえなくなりました。

なんとなーーく不気味な感じに

「????????」とは思いましたが、

その頃はちょっと離れたところにもう1軒スーパーがあるし、
そちらの方にはまだバターがキチンとある状態でした。、

しょう油の街市にも普通にバターがあったので、

「うちの近くのスーパーがバター業者と揉め事でも起こしたのかな?」

・・・と、軽く考えていたのです。

なんだかんだとここ数ヶ月はしょう油の街市に行ってまして、
わが家の近くの(他にないので)1人勝ちスーパーで購入するよりも、
競争率が超激しいしょう油の街市のスーパーの方が断然安いので、
しょう油の街市に行くといつも食料をまとめ買い。
そちらでバターも仕入れていたので、あまり不便には感じませんでした。

しかし、ちょっとこのところしょう油の街に行く機会もなく・・・。

「そろそろバターが切れそうだなぁ。」ということになり、
直近のスーパーはすでにバターを売ることを放棄している状況だし、
いつもは行かないちょっと遠目な方のスーパーに行ってみたんです。

が、 ない。

ここにもバターがなくなっている!

いや、正確に言うとまったくないわけじゃなかったのですが、

唯一あるバターは1200円のバターのみ。

・・・・・ちょっと待てや。

超庶民派のわが家がそんな高級バター様を購入できるわけないだろうが!

第一、そんなバター様に合うようなお口にする自信もありません。

どこに行ったの?庶民の味方の雪○、○勝、北○道バターたちぃ。 (T_T)

とてもじゃないけど1200円のバター様をお迎えする心の準備もなく、
まだ少々在庫もあるので、その日はしおしおと帰って来ました。

しかし、これはさすがにおかしい。

定番お買い徳商品だったバターがこんな品薄状況になるなんて・・・。

しかも数年前はとれすぎで牛乳を捨てたとか行ってなかったか?乳牛業界。

そんな乳あまり現象の(はず)の乳製品業界でバターができないなんてあまりにもおかしい。

これは何かとてつもない自体が乳製品業界を襲っているのは?

ショッ○ーとかの黒い組織が「日本の子供たちからバターを奪ってしまえ!」

とかやっているのか?

悪の組織とかがなんか暗躍しているのか?

・・・と、深刻な事態に無駄な(しかも大人気ない)想像が膨らむばかりだったのですが、
数日後、テレビ番組で「バターが消えた事情」とやらをやっていたのです。

Oh!It'sタイムリー!

その番組によると・・・

バターというのは元来、牛乳を出荷した他のあまった牛乳で作成している・・・らしい。

えーーっそうなの? この時点でちょっと驚き。

それで2年前に牛乳あまりで廃棄という事があった時に、
各酪農家のみなさんがいっせいに絞る量を少なく生産調整、
結果的に乳不足になり、あまった牛乳で作っていたバターは、
なにせ乳があまっていないので作れなくなった。

・・・と、こういう事だったらしいのです。

では、この品薄状態を解消するためにすぐに余分に乳をしぼることはできないのか?

・・・と、なりますが、一度減らしたものはそう簡単には増やせないようで、
しかもとうもろこしなどの飼料の高騰もあり、酪農家のみなさんも厳しいようです。

うーん。そうだったのか。

ここ数ヶ月もやもやしていた気持ちはすっきりしました。

が、もやもやが解消されてもバター不足が解消されるわけではなく・・・。

そのニュースは「バター不足はもうしばらくは続きそうです。」で〆てましたが、

て、どうすればいいんだーーーっ!

そんな気持ちを抱えつつ、昨日も自転車を乗っている時に信号待ちしていると、
相方がママチャリに乗った女性に大注目してるじゃありませんか。

美人な女性でもいたのかな?とも思ったのですが、

相方の視線はどうも女性の顔、姿ではなく、なぜか自転車のカゴに注がれてます。

「あの人、バター買ってる。」と、相方。

確かによく見るとカゴの中にはレジ袋に入れられたバターが2個。

バターのみ、しかも2個という微妙な事情が見え隠れするところに品薄感を感じます。

ナイスファイト!相方!・・・しかし目ざといやっちゃ。

早速、その付近のスーパーをチェック。

なんとかバターを手に入れました。

しかしそのスーパーでも、すでにバターはあと残り4つしかなく、
夜には売り切れてしまうこと必至。

今後はポタ先でバター購入に奔走しなきゃならないのかな。

最悪「バターを探すポタ」とか開催する羽目になったりして。(--;)

ブログランキングに参加してます。できればポチッ☆とクリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキング


関連記事
おからdeダイエット
基本的に根性のない私は、

「へっ・・・真っ白な灰に燃え尽きたぜ・・・。」

という状態が週に1回ぐらいは襲ってくるんですが、
今日はその状態で、週末のポタ日記が書けませんでした。^^;
周回遅れになるのもなんなので、明日はポタ日記がんばりたいと思います。

連日の「自転車関係ないじゃん」話ですみませんが、

あなたの街のバター情報いろいろありがとうございました。

今後もポタ先でバター確保にはいそしもうと思っています。

このまま品薄状況が続くようなら、某花の子少女のように、

いつかはあなたの住む町へいくかもしれません~♪

・・・バター捜索ポタで。

カロリーの高いバターの話の後で恐縮なんですが、
実は、わたくし冬の高カロリー“ラーメンポタ”などが祟り、
客観的に見ても一目で「太った」見破られるようになってしまいました。

正直、ユーザーのみなさんが

「ゆるめに作ってあるので、ワンサイズ下でも入っちゃいました(*^^*)v」

と言っているユ二○ロのジーンズが入らなかったという数値的現実が一番きました。(--;)

そんな辛い現実に、さすがに最近カロリーには気をつけているわが家(というか主に私)。

具体的にどうするか?ですが、

ポタメシについては、やっと見つけた唯一の趣味クロスバイクと
絶対切り離せないものなので、削りたくない。

いっぺんに減量したり、○○ダイエットというのは根性が不足しているので続きそうにない。

・・・実際“キャベツダイエット”であえなく失敗しましたし・・・。

短期でやるのは根性上向いていないので、ここは長期戦を覚悟し、

“普段日はいろんなものをちょっとづつガマンする”

というダイエットをすることにしました。

人間一度になくなると絶望するもんですが、ちょっとづつなくなると結構耐えられるものです。

政府が段階を経てちょっとづつ税金を増やすのと似てますね。(--;)

口寂しい時に3回位食べていたチョコレートを1回に減らすとか、
そんなしょぼくて「なんか自分を騙せそうな気がする」程度の
ダイエット慣行していたのです。

そのかいあって少しづつではありますが、痩せはじめてはいました。

なにせやってることがしょぼいので、元に戻るのはまだまだ先のようですが、
元に戻る兆しだけは見えてきたのです。

ここで、駄目押しにもう少し思い切ったダイエットを敢行したいなぁ。

(ちなみに相方はまったく痩せていませんし)

・・・と、そう思っている矢先の昨日、お豆腐屋さんで“おから”が売っているのを見つけたので、

日曜日のポタでバターも確保したことだし、以前、チカさんに教えて頂いて気になっていた
“おからクッキー”を作成することにしました。

ネットで紹介されていた、炒って、混ぜて焼くだけの簡単レシピで作ってみたのですが、

これが結構さくさくして美味しい!

甘みも抑えてあって、普通のクッキーより軽い感じです。

コンセプトとしては、大量の水分と一緒に摂るとおからがお腹の中で膨らんで、
満腹感を味わえるので、ダイエットにつながる・・・とこうなんですが、

わが家にとっての水、ダイエットコークと一緒に食べても軽くて美味しいので、
何枚でもいけちゃう感じで「やめられない、止まらない」状態。

・・・て、意味ないだろ。それ。

本当なら数枚で満腹感を得られるそうですが、
満腹中枢に行く前に、量を食べちゃうのが原因かと思います。
(なんかあまりに定石どおりの駄目な例だなぁ。)

おからでもクッキーですし、それなりのカロリーもありそうなので、
コンセプトにそった食べ方をしないと無意味ですね。(--;)

ちなみにおからクッキーはこちらです。

おからクッキー

不器用なんで形はイマイチですが・・・(^^;)

原価も安いのも、優れものですね。

チカさん、またまた、いいものを教えていただき、ありがとうございました。(^^)/~

相方も気に入ったようで、わしわしと食べています。→だから駄目だろ。

ブログランキングに参加してます。できればポチッ☆とクリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキング

関連記事
千鳥が淵へお花見ポタ【その1:花より団子編】

本日は、土曜日のポタ日記を更新するぞー♪と下記、内容を書いたのですが、

そんな私にまたまた悲劇が!

記事も書き終え、「写真を載せるぞ。」と思いフォルダーを見ると、

ない!4月5日に撮った写真がまるまる消えてます!Σ(゚口゚;;

神隠しの仕業じゃーーーっ。

・・・んなわけなく、どうやらパソに保存したと勘違いして
保存をしていないうちにデジカメから消去してしまったようです。

すごい、ショックです。しばし廃人状態です。

ばかばかばかばか・・・(エンドレス)自分のバカーーーーっ!!(T_T)

「馬鹿は楽できない」by母。

今回は、長文な上に写真もなく、この上なく読みにくい感じに仕上がっていますが、
できればチャレンジして頂きたく、おねがいします。

↓  ↓  ↓  ↓ ↓

昨日は春の嵐でしたね。

先週末まではなんとか持っていた桜ですが、
昨日の嵐でほとんど今期終了になってしまったでしょうね。 (;_;)/~アデュー

しかし春の天気はホント変わりやすい。

先週末は土日ともいいお花見日よりでしたのに、
今週に入ってからはすっきりとしたいいお天気はないですね。

以下は、そんなお花見日和だった先週末(土曜日)のポタ日記です。

 今年はわが家の自転車元年の記念すべき年として、
開花の前からお花見に対して強い意気込みを持っていたのですが、
不幸な事故もあり、私の意気込みに反して結果は1ポタ花見(しかも曇りの日)

先週末は金曜日からニュースで「大事な大事なお花見ラーストチャンス!」

マスコミ各社が煽りまくり。

当然、わが家(つうか主に私)もすっかり煽られまして、
この日は気合を入れて「2008年お花見(最終章)」に向かおうという話になったのですが、
私と相方との意見が食い違い、行き先がなかなか決まらず。

・・・というのも、私は天気もいいし久々に遠出がしたいと目論んでいたのですが、
“せっかくだから魔力”を使い、すっかりトラウマも克服したかのように見えた相方、
遠出にはどうも乗り気でないご様子。

できれば都外を・・・と提案したのですが、相方はこれを渋りまくり。

自転車生活にもなれ、事故前は銀座位までなら「近場」の範囲に入っていたのに、
その付近でも「遠いよ。(-_-)」とか言う始末。

一瞬、コノヤロ・・・(-_-#)とは思わないではなかった。

しかし・・・わが家では残念ながら基本相方には拒否権がないのですが、
ここで無理やり遠出に連行してもよろしくないだろうしなぁ。

怪我はかなり良くなっていましたが、
まあ、まだリハビリ状態ということで、この日は相方の心情を汲んで、
比較的近場の(相方的には遠出?)のこれまた都内の有名お花見スポットの一つ
「千鳥が淵&靖国神社」へ行くことにしました。

いつものように和室から(つうかいつまで和室に置いとくんだ?わが家)
自転車を出そうと思ったんですが、奇妙なものが自転車付近に落ちました。

その物体をよく見ると、ルイガノのペダルの反射板。

えーーーっ。また、こいつ落ちたの??

数ヶ月前、急にこの反射板が1箇所なくなっていることに気づき、
現在に至るまで、反射テープという貧乏・・・いや、シンプルなものを反射板代わりに
貼っていたわけですが、その同じ方のペダルの残っていた反射板です。

前回と同じく、プラスチックの突起の部分がポキっといっちゃったみたいです。

相方曰く、どうやら数週間前からぐらぐらしていたそうで・・・。

しかしこれで片方のペタルには反射板0。

まだ買って8ヶ月のルイガノですが、4つある反射板のうち2個ダメになったので、

生存率は50%

これってなんか低すぎないか?

遠さんも同じ種類のルイガノRSR-4を乗られていて、同じ部分が破損したというし、
RSR-4に使われているペダルの反射板て元から少々弱かった・・・のかな??

ペダルの反射板は法律で義務付けられていると思っていたので、
1回目に破損したときに、暫定的処置で反射テープを貼り、
その後「特に法律で決まっていない」と判明した後も、
(恐らく)面倒なのでテープをはずさずにいましたが、

「こうなったら思い切って反射板を全部はずしてしまうのも一つの手かも。」

と、相方は申しております。

まあ、それだったら景観を理由に新しくペダルを買わなくて済みますしね。
さすが相方、(言葉を選べば)エコな人。(--;)

しかしテープをはずすのさえ面倒くさがる、ものぐさ太郎な相方、
自らはずす前に、またまた勝手に外れてしまうような気もします。
(このペースで行けば、あと8ヶ月?)

・・・と、出かけにそんなこんななアクシデント(?)もありつつもお花見に出発したわけですが、

さて、わが家から「千鳥が淵」方面に向かうには、
例のあの忌まわしい事故現場を通らなければなりません。

事故の間接的原因は、事故現場の桜並木に私が見とれてしまった為ですが、
その桜並木、この日から数えて3日前の水曜日には終りかけとはいえ、
まだ綺麗に咲き誇っていたはずですが、
この日はほとんどの桜が芯の部分だけ残して、ほぼ散っています。

たった3日で。

ちょっと潔よすぎます。桜のヤツは。

1年間の潜伏期間を経て、花が咲くのはせいぜい2週間位。

花の命は本当に短い。

・・・自分も若い時代はあっという間だったしな。(ぼそっ)

と、すっかり芯だけになった桜を見て自分に投影したりしなかったり。

この状態では、千鳥が淵の桜もあまり期待できないなぁ。


ところでこの日はおりしも転んだ日から丁度、1週間記念日(?)。

太陽の光の中で相方のお顔をよくよく見ると、
この日の相方のお顔には更なる変化があることに驚きました。

人間というのは結構回復力があるもので、
たった1週間の間にも、相方のお顔の痣も日々刻々と消えていっておりました。

さて、よく冗談で喧嘩をして顔に怪我をした人に

「元のより、いいツラになったじゃねぇか。(笑)」とかいう事がありますが、

そのジョークと思われた事項をリアルに実践した人が1人・・・

この日の相方です。

右側だけ怪我をしたので、当然右側限定なのですが、

右方向から見ると相方のお鼻がなんか若干高くなって、彫りが深くなっている?!

クレオパトラはお鼻を骨折した為に高くなり美貌を手に入れた・・・という説もありますが、

残念ながら(?)相方はお鼻を怪我したわけではありません。

では何故か?

少し前までの相方の目の付近は、まず濃い紫がぐるっと目の周りを縁取り、
その周りに更に黄色い薄い痣がぐるっと縁取っているという、
ドーナツ的といいますか、土星的といいますか、そんな状態だったのです。

が、時と共にその目の周りの紫が1部分を残して消えていました。

その残った一部分が丁度、鼻の横。

偶然にもその場所は、バブル期の女性とか某安全○帯のヴォーカルの人とかが
鼻高に見せるために、ノーズシャドウを入れていた部分です。

つまり痣が天然のノーズシャドーになって、鼻を高くみせていた・・・と。

もともと相方は性格は極めて内陸的なのですが、顔は南国系の顔。

なにせ今まで相方が着用した服の中で文句なく一番似合うと思ったのが、

温泉スパセンターで着用した「アロハシャツ」

正直、あのスパセンターの中であんなにアロハが似合っている人はいなかった。

その姿は現地の方と見まごうほど。(もちろん日本国内でしたが)

ただ控えめなお鼻の突起が日本の血筋を主張しており・・・
・・・と、まあ、そういった系統のお顔なのです。

そのお鼻が(錯覚ですが)高くなったことにより、
この日の相方は(右半分だけ)更に異国情緒漂うお顔

そういった意味では、(今までよりは)男前になっているとも言えなくもない。

残念ながらこの痣は今はすっかり消えてしまい、元のお顔に戻りましたが、
ここだけは怪我が残っても良かったのかもしれない。(--;)

ちょっと影が入っただけで、鼻が高くみえるなんて、
つくづく思いましたが、化粧って大切なんですね。

・・・私は最近、超手抜きですけど。(ぼそっ)

この日も事故後のトラウマが克服できず、超亀スピードの慎重運転、
私は相方にバックをとられるとビクビクしながら目的地に向かったわけですが、
この日は最近のわが家らしくなく、未決定事項だったことがもう一つ。

ポタメシ先です。

これはクロスバイクで出かけるにあたり、
(わが家にとっては)もっとも重要案件の一つなんですが、
今回は現地付近には、心惹かれるお店が見つからず、
ちょっと足を伸ばす事を考えると今度は山ほどあり、
迷った挙句、出発までになんか決定できなかったわけです。

珍しく「現地で調達しよう。」と考えていたのですが、

ポタメシのないポタなんて、ク○ープを入れないコーヒーだ。
(うちはブラック党ですが)

と、ちょっとしたがっかり感は否めなかったわけです。

そんな気持ちを抱えつつ“靖国通り”に入り、信号待ちをしていると、
丁度信号の角に、いかにも老舗の貫禄が漂うフルーツパーラーを発見。

「万惣」・・・

なんか妖怪・・・じゃなくて、ポタメシアンテナがビビッと立ちました。

そうだ!「万惣」って言えば、よく情報雑誌にも載っている
ホットケーキで有名なフルーツパーラーじゃん。

ずっと一度は言ってみたいと思っていたんですよね。

ここで出会ったのも、ありがたいポタ神様のお導き( ̄人 ̄)
文字通り“花より団子”に釣り上げられ、急遽、「万惣」によることにしました。

時間的にはお昼時からちょっとずれた時間だったのですが、
喫茶スペースはほとんど席がいっぱいでした。

土日ということもあり、お店の近所はあまり人通りもなく、
特に周りに人が集まるような施設のないのにこの混み方・・・。

このロジックを組み合わせると、来ているのは常連さんばかりと見た!

なんか期待大です。

(まあ、私らのように「情報誌を見た」組みもいるかもですが・・・)

ホットケーキは“通常ホットケーキ”と“フルーツホットケーキ”があり、
ウエイトレスさんが注文を通しているのを聞いていると、
やはりこの2つがこのお店の双璧のようです。

特にこの日は“フルケ”(恐らくフルーツホットケーキの略)が圧倒的に優勢。

メニューに写真が載っていないので、フルーツホットケーキというのは、
フルーツがトッピングされているのか、中にサンドされているのか、
はたまた横に置いてあるだけなのか・・・ちょっと謎でしたが、
わが家も多数派には逆らわず、その「フルケ」を注文してみました。

ホットケーキを待っている間、隣の熟年カップルらしい人の会話が聞こえてきたのですが、
そのカップルがエキサイトして話していたのがアニメ「巨人の星」の話。

「巨人の星」はこれまた私が子供の頃スキだったアニメの一つだったので、
話を聞くともなしに聞いていると、どうやら左門豊作の話で盛り上がっているようです。

その女性が言うには、

「貧乏、貧乏と言っても星家は左門家に比べて、父親が働いている分だけまだまし、
左門なんて貧乏な上に、弟妹も養っていかなきゃならないんだから。」

と熱く語っていました。

なんかこの考えに目からウロコ。

確かに自暴自棄になってあまり働かない時代はあったものの、
一応大黒柱もいた上に、養うべき兄弟もいなかったんだから、
逆にあそこまで貧乏だったのはちょっと不思議か?

超金持ちの花形満と比べてついつい貧乏と思い勝ちだったけど、
実際はさほどでもなかったのかも。

・・・ついつい関連のない話で脱線してしまいました。すみません。(^^;

そうこうしているうちに期待の「フルーツホットケーキ」到着です。

※ここには超旨そうな写真が載る予定でした。・゚・(ノД`;)・゚・

飲み物セットで1208円(税込み)

フルーツホットケーキの“フルーツ”の部分は生フルーツではなく、
どうやらフルーツサラダだったらしく、その辺は予想外でした。

クリーム色のソースがビッチャーに一緒についてきたのですが、
通常ホットケーキには、蜂蜜とかメープルシロップと思っていたので、
このクリーム色のソースがどんな味なのか予想できず・・・。

「マヨネーズ系だったらイタイかも。」

と、一瞬、掛けるのをためらいましたが、
掛けてみたら緩いカスタードクリームでした。

ちなみに通常のホットケーキにはメープルシロップらしいです。

さて、肝心のホットケーキのお味ですが、これがほんとーーに旨い!

一見、普通のホットケーキなのですが、深いというか絶妙というか、
さすが老舗、長らくご愛顧されているだけのことはあります。

横にあるフルーツサラダも甘すぎず、絶妙な酸味があって美味しいっす。

ホットケーキと一緒に食べるとケーキのような味わいです。

これには“1粒で2度美味しい”お得用品が大好きの相方さんも大満足。

・・・正直、今までホットケーキに対して侮っていた部分もあったのですが、
(所詮、いろいろ作るのが面倒な時のおやつかなぁ。・・・とか。)
このお店のホットケーキを食べて見解が変わりました。

・・・ちなみにこのお店も例の「街ナビ」に載っています。

ほんとこの「街ナビ」の基本の押えっぷりは、驚かされます。

私も相方もホットケーキに対する偏見を払拭し、 大満足でお店をでました。

そして実は、これが本来のポタの目的「お花見」ですが、
本題に行き着く前に長くなってしまいました。すみませんが、つづきます。

【追記】

本文が長い上に、更に追記・・・(汗)その上、尾篭な話で恐縮なんですが、

昨日、ブログで書いたおからクッキーですが、
チカさんからお聞きしていたんですが、かなり(下ル方面に)整腸作用があるようです。

その事を承知していながらも、昨日バクバクとおからクッキーを食していたわが家。

相方はさておき、私は普段、下ルの反対方面にかなり苦労していますので、
その整腸作用にも期待していました。

・・・で、一夜明けて本日・・・(*'-^*)bという感じです。

しかし、すごい整腸作用効果ですね。(元が元なので)「下ル」には至っていませんが、
ちなみに今も確かに普段怠けがちな私の腸が動いているのがよくわかります。

おからって、すげーーーっ。

普段苦労している私ですらこうですから、確かにすっきり快調な人が食したら、
大惨事・・・ということになるかも。皆様、ご注意くださいませ。

ところで、同じくバクバク食べていた相方ですが、
普段はどちらかというと「下ル」方面なので、
「もしかしたらこれは壮絶な結末に?!」と心配していましたが、
なぜか今のところ主だった兆しはでていません。

うーん。その辺は多少個人差があるのかなぁ。

ブログランキングに参加してます。できればポチッ☆とクリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキング


関連記事
千鳥が淵へお花見ポタ【その2:写真はないけどお花見編】

先日、なにをとち狂ったのか「千鳥が淵」の写真を保存前に、
全て思いっきり消去してしまったわけです。

散り際の千鳥淵の桜、ポーズをとる自分達・・・を消しちゃったこともショックだったのですが、

何よりショックだったのが、最近は第二の趣味と化していたポタメシの写真の消滅。

なにせいつも風景よりも、あきらかに魂をこめて撮っています。

後で自らの食の記録を見て「これ旨かったよねぇ。」とかいうのも楽しみの一つだったのに、

それも全ておじゃん。(;_;)

しかも自らの中のホットケーキ革命に近かった
「万惣」のホットケーキを消してしまったショックは、
精神的にかなりきまして、しばしぼーぜん。

その夜、相方にそのこと言うと、

「別に、また食べに行けばいいじゃん。(^^)v」

・・・と、やたら前向きかつ、うれしそうな相方。

そ・・・そうですね。時々頭がいいな。相方って。→つうかお前も気づけよ。

このお店はまた行きたいと思いますので、その時は写真をUPします。


そんな事情で「千鳥が淵」の写真を全て失ってしまった為に、
今回も色気がない、文字だけのポタ日記となってしまいました。

せっかくの桜が・・・(泣)

色気も潤いもないかもですが、できれば読んでやってください。

昨日の「千鳥が淵へお花見ポタ」の続きになります。


「万惣」からそのまま靖国通りをまっすぐ行くと、目的地「千鳥が淵」に到着しました。

千鳥が淵の桜は、すっかり散り際にはなっていたものの、
ギリギリ鑑賞もできる感じです。

近所の(事故現場)の桜がすっかり芯だけになっていたので、
少々心配していたのですが、よく見ると終りかけな樹はありますが、
集団的にみれば、なかなかきれいでした。

過去、千鳥が淵にお花見に来たことが1~2度くらいしかなく、
その時はあまり意識していなかったのですが、お堀には菜の花も綺麗に咲いているんですね。

天気がよく、千鳥が淵まで行く坂は結構な人出。

自転車で行ける感じでもないので、千鳥が淵からちょっと離れたところに自転車を停め、
そのまま徒歩で千鳥が淵まで向かいました。

ところでこの千鳥が淵と靖国神社は通りを挟んでとなりあっています。

千鳥が淵の遊歩道に行く前に
今回のもう一つの目的地「靖国神社」を先に見学することにしました。

靖国内には、シートを敷いてお花見ができる場所もあのですが、
残念ながら、こちらの花見ゾーンの桜はなぜか完全に終了していました。

千鳥が淵と隣り合っているのに、咲き状況が少々違うんですね。

シートを敷いてお花見をしている人もいましたが、
すでにお花見というか、かつてお花があった部分の"スティック見”と化していました。

お花見ゾーンには、出店もたくさん出ているんですが、
出店がいっぱいあると、商品が被っている店もあります。

最近、人気のケバブ屋さんも2件ほど出ていました。

どちらも同じように、美味しそうなお肉が上から吊るされてそれを切って提供する
・・・というおなじみの販売方法のようなのですが、
片方が外国人が売っているお店、片方が日本人が売っているお店です。

見ていると明らかに外国人が売っている方が売り上げがいいような・・・。

特に商品に違いがあるとは思えずイメージの問題だと思うのですが、
やっぱりケバブは外国人が売っている方が説得力があるんですかね?

自分もケバブについては、外国人が売っている方をつい買っちゃうかも・・・^^;

この日の異国情緒漂う天然ノーズシャドーの相方のお顔だったら、
ケバブ屋さんでバイトもOKだったかもしれない。

・・・まあ、右側だけな上に期間限定ですが・・・。

(ちなみに今は右側もちょっと濃いだけの日本人顔に戻りました。)


「せっかく靖国神社に来たので拝殿でお参りしていこう」ということになり、
拝殿の方に向かいました。

拝殿の方は、シートを敷いてのお花見は禁止なのですが、
こちらの方の桜はまだ少々残っている感じでした。

このところ運勢はひしひしと感じる下り坂、
更に1週間前には、わが家では最悪の事故発生。

「このままどこまで下ってしまうの?(遠い目)」という感じだったので、

お祈りすることは、「幸運」なんて贅沢なことはいいません。
せめて「不運退散」です。

更に、わが家の不運大賞「不運オブ・ザ・イヤーくろばい家2008」

超有力候補の相方は「これ以上不運が続いてたまるか!」と思ったらしく、

そんな彼が出た不運退散の為に前向きな行動は「おみくじを引く」

冷静に考えると「意味あんのか?」とも思いますが、
この不運2008が始まった時期が、おみくじで「末吉」を引いてからなので、
この不運を退散に「大吉を引く」ということは、わが家の悲願になっていたのです。

この日はたまたま財布の中に100円しかなかったので、
今回は不運率で私より1歩抜きん出てしまった相方さんに、
実行人をお譲りしました。

おみくじのところに書いてあった運勢の順番は、

「大吉、中吉、小吉、吉、末吉」

”凶”については神社のご配慮か、ないようです。

結局「末吉」最悪の役割ははたすのですが、字面的には最悪は免れるということで

・・・なんか助かります。

「あれ?吉ってこの位置だっけ?」とか思いつつ、
※以前は「吉」は「大吉」の次だと思いブログにも書いてしまいましたが、
あとで調べてみたらこの順番だったようです。すみません。(汗)

おそらくここにいるどなたよりも重い気持ちでおみくじを引くと、

結果は「吉」

最初に相方が引いたおみくじが「末吉」だったので、
そこよりはステップアップしていますが、

この間、私が湯島で引いたときは「小吉」だったから、
わが家的には1歩後退してるやんけ。

・・・なんか水前寺清子(通称チーター)の歌のようだ・・・(--;)

しかし疑問に思うのは「大吉」ってこれほどまでに出ないものでしたっけ??

昔はもっと大盤振舞いしていたような気がしますが・・・。

あんまり出しすぎると、調子に乗る人続出とか逆にうそ臭くなるので、
数をセーブしているのでしょうか?

・・・それともやっぱわが家が運がないだけなんでしょうか。(多分こっちか)

以前は、私が「大吉」を引くのに執念を燃やしていましたが、
その私を一歩引いて見ていた相方ですが、
その相方もこの間の事故で、「わが家に“大吉”をもたらす会」に参戦しました。

わが家の「大吉XDAY」いつその日が訪れるのかは・・・神のみぞ知る。


靖国から再び千鳥が淵に移動し、千鳥が淵にぐるっとある遊歩道を行ってみることにしました。

遊歩道の際には桜がずらっと植えられています。

遊歩道からお堀を見ると、散った桜の花びらがお堀に浮かんでいて綺麗です。

お堀でボートを漕いでいる人も多く、天気もいいし、水の上は気持ちよさそう。

浮かんだ花びらの間をボードで縫うのも風流な感じです。

せっかくだから病の相方も当然、

「以前、五色沼で学んだドラテクを見せてやるぜ!」

すっかりボートに乗るのにも漕ぐのにも乗り気。

ボート乗り場は、遊歩道を歩いていくと途中にあるようですが、
遊歩道も混雑しているので、なかなか進まず・・・。

桜の花を見ながら、ゆっくり進んでいくと、やっとボート乗り場らしきところが見えました。

その場所には、ある意味予想通りの長蛇の列。

まあ、そりゃそうですよね。(--;)

待ち時間を小耳に挟んだのですが、2時間以上待ちらしい。

うーん。2時間以上待つと陽は暮れないのだろうか?

いろいろ考えるとあえなく挫折。

相方のドラテク披露は次の機会ということで・・・。

そのまま、お堀をぐるっと一周し、最終的には武道館の前まで出ました。

ゆっくりですが、2時間は歩いたと思います。

風景が綺麗だったので、歩くのもぜんぜん苦痛ではなかったのですが、

普段あまり歩かないので疲れました~。

途中、枝垂桜の並木もあってこれも綺麗でした。

・・・写真消しちゃったんですけどね。(泣)

途中に車移動式のソフトクリームが売っていて、
のども渇いてきたことだし、購入することにしました。

季節がら「さくら」を買う気で購入しようとすると、私の直前で「さくら」売り切れ。(;_;)

目の前で売り切れに、かなりがっかりしつつも、仕方なくこの時は「メロン」を購入。

そこを離れてしばらく歩いていると、
また同じタイプのソフトクリーム販売車を発見しました。

なんと、そちらには「さくら」が、まだしっかりとありました。

がーーーん。

後で発見しただけにがっかり度は、更に倍。

なんか2段階がっかりスライド方式(わが家特許申請中)

それも所詮、「小吉」改め、ステップダウンな「吉」人生なのでしょうか?

その後、買い物の為に上野に寄って帰ってきたのですが(戦利品なしでしたが)

最後にコーヒー店でSを頼んだはずがMが来てしまいました。

私の声の通りが悪いせいなのですが(声の周波数が悪いのか、よく回転寿司でも無視されます)

「なんだかなぁ。」な小さい不運ワールドは、まだまだ続いています。(--;)

【今回の記録】
走行時間:1:43:32
走行距離:20.05km
平均時速:11.6km/h
最高時速:23.8km/h

ブログランキングに参加してます。できればポチッ☆とクリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキング

関連記事
祝☆舎人ライナー開通ポタ【その1:荒サイゆるポタる】
昨日はちょっと相方にイラつくことがあり、相方を懲らしめるために、

「くろばい家、第一回ロシアンルーレット大会」を開催しました。

(ロシアンコロッケを含むと第二回か?)

大会に使われたアイテムは、これです。

「目玉おやじ妖怪キャンデー~一つだけ激辛~」

妖怪キャンデー

これは年末のボーリング大会の時にもらってきたものなのですが、
「自分が当たったらヤダな。」と思うあまり食べることができずに、
そのまま忘れ去られていた品です。

先日おからクッキーを作成した時に、
「クッキー保存の為に乾燥剤はないか」と探していたところ、
このキャンデーが見つかりました。

ちなみにキャンデーの中の乾燥剤はおからクッキー保存に利用したのですが、
おからクッキーは、次の日には売り切り御免。
乾燥剤が必要な程の日数は残りませんでした。

目玉おやじキャンデー、説明書きによると半端なく辛いらしい。

参加者はわが家の家族全員。

つまり私と相方です。

自分でなければ相手に当たるわけで・・・本性丸見えでお互い必死。

所詮、自分が可愛いのです。

「結構、見た目で判断できるんじゃないの?」

と、タカをくくっていましたが、意外と見た目じゃ判断つきません。

妖怪キャンデー

信じられるのは己が勘と運のみ。

くじ運的運勢でいうと、相方がこの間引いたおみくじが「吉」

私が前に引いたおみくじが「小吉」

(低次元な中でも)私の方が若干有利か?

自分が引いてしまったら相方を懲らしめるどころか、
罪もない(と自分では思っている)私が痛い目に合うわけです。

悶絶する相方を見てこそ溜飲が下がるってもんです。→こういう人になってはいけません。

これは負けられません。

お互いによく吟味して選びました。

妖怪キャンデー

それでは、運命の試食ターイム。

先に相方が試食。



結果:セーフ

ちっ。(-゛-メ)

そして私、



結果:これまたセーフ

空気読まなくて申し訳ないですが、今回はドローでした。

勝負の勝敗は

「くろばい家、第二回ロシアンルーレット大会」(日時未定)

以降まで持ち越されました。

次回の確率はお互い1/4。

どちらに神様が微笑むかは、神のみぞ知る。

・・・と、リアルタイムネタと時系列が錯綜していますが、以下は先週末のポタ日記です。


天候に恵まれました、先週末。

「2008年桜ラーストチャーンスポタ」として、

土曜日は「千鳥が淵&靖国神社ポタ」を開催しました。

・・・ところで皆様は「日暮里、舎人ライナー」というのをご存知でしょうか?

今年3月30日に日暮里から(陸の孤島と呼ばれていた)舎人地区に新たに開通された鉄道です。
この舎人ライナー、もともとは1999年開通予定でした。

が、その後、大人の事情で、1999年から2002年、2008年と開通時期は錯綜し、
今年の3月、ようやっと開通したのです。

この舎人地区、時期さえ合えば「新たなる舎人線の沿線に居を構えるのもいいなぁ。」と
住む場所の候補の一つに入っていたのですが、
今のマンションを偶然見つけ、優柔不断のわが家とは思えない、
電光石火の速さで契約、なんだか住むことになっちゃいまして、
舎人線沿線に住むということはなくなったのです。

とはいえ、大体同じ地区にあるので「舎人線」の動向は、
地元の議員の方発行の手作り感あふれる機関紙などに定期的に取り上げらてまして、
なんだか気にはなっていたのです。

そんな感じで現実的には、舎人線を実際に使う機会はあまりないと思われるものの、
ご縁を(一方的に)感じていたわけです。

(やっと)開通したなら舎人線の勇姿を見てみたいということで、
説明が長くなりましたが、日曜日はにわか鉄子と化しまして、
「舎人ライナーを見に行くポタ」を決行することにしました。

・・・新しい線なら新しいグルメとの出会いもあるだろうしね。(ぼそっ)

舎人線を見に行くだけではなんなので、舎人線沿線までたどり着く途中の荒川沿いに

「足立区都市農業公園」という名前そのままやんけな農業啓蒙的な公園があるらしく、

ここでは桜が見られるということで、

コースとしては荒サイ→足立区都市農業公園→舎人公園駅

とすることにしました。

出発するに当たって、新たなグルメとの出会いには期待大。

最初にポタメシどころを調べて行こうと思ったのですが、
なにせ新たな線なので、グルメどころがあまりネットでも引っかかりません。
うーーん。その辺、誤算だった。(--;)

こうなったらポタメシに関しては出るとこ勝負で、行けば何とかなるだろうと、
「農業公園&舎人ライナーを見に行くポタ」へGO!です。

岩淵水門付近にある「足立区都市農業公園」までは、荒サイを走るわけですが、

久々の荒サイに行くと、

なんと!風がないっ!

ここ最近にほぼなかった無風状態。

いや、ここ最近どころか、かつてこんなベストコンディションで、
荒サイを走ったことはあっただろうか?

いや、ない。

なにせ主に冬に走っていましたし、冬っていうだけで絶対的にダメですしね。(--;)

これがホントのサイクリングロードの気持ちよさ?

なんか春の妖精さん総動員な感じで、ポタポタ走っていても気持ちがいい。

こんな「遠出大チャーンス」に近場に決めちゃうなんて、しくじった。

どうせなら(行き帰りとも向かい風地獄の日なんかじゃなく)
こんな日に榎本牧場100kmポタを敢行すればよかった。

そうだ!今からでも遅くないかも。(いや、お昼はすぎてたんですけどね。)

もうちょっと先の、どこか遠くまで行ってみちゃう?

とか思っていると、その甘い考えを一蹴するように、
いきなり向かい風が吹いてきました。

・・・やっぱり、足立区都市農業公園にいくかな。

わが家の荒サイベストコンディション時間、約15分。

春の妖精さんは気まぐれっすね。(--;)

向かい風が吹いてきたとはいえ、やっぱり春の荒サイは暖かいです。

私も相方も春使用の薄着をしていたのですが、
夕方寒くなった時に備えての私の重ね着用服とか、自分の服とか、
その他もろもろの荷物をinしたモンベルリュックを背負っていた、
相方の背中は軽くかちかち山状態。(^^;

もともと汗かきで、暑がりなので、背中はびっしょりになっていました。

・・・まあ、真冬ですら汗かく人ですからね。

モンベルリュックは軽くて最高なんですが、やはり夏用というわけではないので、
このままカチカチ山状態でこれから来る夏のサイクリングを乗り切るのは・・・です。

後ろがメッシュになっているような、清涼スーツ的リュックを買えばいいと思うし、

実際、本人春になってからいつも「夏用のリュックが欲しいなぁ。」と言っているのですが、

セコ・・・いや、我慢強い相方は何故か(原因はわかってますが)買わないんですよね。

私は相方に荷物を預けて自分はウエストポーチだけという、
美味しいポジションを手放したくないので、
相方には一日も早く最高の清涼リュックを購入して欲しい。と心から思います。

・・・でもやっぱり買わないうちに夏終了だったりして。

何せ時々(でもないけど)謎のロシア人セコビッチな人だからなぁ。(--;)

さて、「足立区農業公園」に行くには、岩淵水門を目前にして、
反対側の河岸に渡らなくてはいけません。

反対側に渡る前に相方、エネルギー補給を要求。

て、もうすぐ目的地に着くんですけど。

相方曰く、エネルギー補給だけを心の支えに走ってきた・・・とか。

て、それほど走っとらんがな。

とは思いましたが、なんとなく私も食べたいので、 いったん休憩タイムを取ることにしました。

相方のサイクルモチベーションを上げてきた商品はこちら。

特売で買った、塩キャラメル」です。

塩キャラメル

・・・これを心の支えに来たとは・・・安い燃料ですね。(--;)

最初、相方が塩キャラメルを欲しかった時に(おそらくこれだけ特売だったので)

塩キャラメル流行の昨今ではありますが、私的には、

「えーーっ?それって旨いの??」

と、食わず嫌いだったわけです。

相方の強力プッシュと「特売だし」という気持ちで、疑いつつも買ってみたんですが、

これが食べてみると意外と(失敬)美味しいんです。

おフランス産ブルターニュ地方の塩が使われているから・・・かどうかはわかりませんが、

甘みの中になんとなく残る塩味が美味しさを引き立てているんです。

・・・いや、某お菓子メーカーの回し者じゃないんですが・・・。

それに食べる時の体調により、しょっぱさの感じ方が違うような気がするのです。

前日のなんともない時はある程度の塩味を感じましたが、
ポタした時は、なぜか塩味をあまり感じず・・・やっぱ運動しているからでしょうか?

土手に自転車を停め、2人でもそもそと塩キャラメルを食べました。

荒サイ

春なので芝生も綺麗に緑になってきてました。

荒サイ

冬の間、枯れ草色の荒サイしか見ていなかったのでなんか新鮮。

一粒でン100mの(あっ。商品違うか)エネルギー補給をしたところで、再出発です。

・・・とは言え、目的地は目前だったので「しかはま橋」を渡ってすぐに現地に到着。

しかはま橋

「足立区都市農業公園」です。

足立区都市農業公園

現地に着かないままですみませんが、長くなったのでつづきます。m(__)m

ブログランキングに参加してます。できればポチッ☆とクリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキング

関連記事
くろばい家、第二回ロシアンルーレット大会

ポタ日記の途中ですが、またまた小休憩話を・・・すみません。(^^;)ゞ

明日には続きを書けるといいんですが・・・。


早くも「くろばい家、第二回ロシアンルーレット大会」が開催されました。

昨日は特に相方にイラついた訳ではないのですが、

残っているアメの中でどれが当たりなのか?

しかして本当にそんなすざまじく辛いアメなのか?

気になってきたわけなのです。

考えてみればどれくらい辛いアメかを確認するには、
自分が当たりを引かなければならないんですね。

・・・なんかジレンマです。

とは言え、私が「当たり」を引いて、悶絶している姿を
相方に「ケケケケケ・・・」とか笑われるのも癪なので、
ここは当たらない方向で行きたいと思います。

アメは残り4個。確率は1/4。

妖怪キャンデー

緊張感の中、お互いに再びアメを選びました。

妖怪キャンデー


今回はわたくしめから。

一気に口に入れると、


「うっ!」


「当たったの?当たったの?」と、いかにもうれしそうな相方。


「なーんちって。ウソに決まってんじゃん。」→今時こんな小演技に騙される相方って。


わたくしはセーフでございました。

続いて相方。
この時点で確率1/3なんだから、かなりプレッシャーを感じているらしく、
口に入れる前にアメのにおいを嗅いでいます。

往生際の悪いやっちゃ。におわんだろ。・・・多分。

そして何かを決意したように、相方一気にアメを口に入れた!


・・・・・・・・・・


・・・セーフ。

ちっ。空気読めよなぁ。(-"-;)

結局、試合は混戦を極め、第三戦までもつれ込むこととなりました。

なにせくじ運が悪い同士で戦ってるのだから、低次元なところでのつばぜり合いです。

残りは2個なので、次は否応なく決着です。 

・・・しかし、昔のロシアンコロッケの時には、
相方はもっと運がいいやつだと思っていましたが・・・。

相方が私の運を吸い取っていると思っていましたが、

・・・もしかして私が運を吸い取っていたりして~。

今日は、いいお天気なのに、またまた愛犬のお世話でしょう油の街市にいかなくてはなりません。

こんな時の為の輪行ですが、場所がマンションなので、
自転車を車に載せる作業をするスペースもなく、輪行袋の購入を今度こそ検討しました。

(楽な)後輪をはずさないタイプを考えていたのですが、
どうやらわが小型ファミリーカーには、サイズ的に入らないことが判明。
前輪はずしただけじゃ意外と大きいんですね。自転車って。

後輪もはずすタイプで再検討中です。

しかしわが家にギアのある後輪をつけたりはずしたりすることができるのかいな。

・・・というわけで、またまた、自転車記録どうすっかなぁ。という状態です。(--;)ウーン。

ブログランキングに参加してます。できればポチッ☆とクリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキング

関連記事
祝☆舎人ライナー開通ポタ【その2:にわか鉄子の部屋】

今日はお天気がいまいちですね。

今、しょう油の街に来たこともあり、今週末は巡業の旅に出ているわが家です。

昨日は「佐野の大師」に行きまして、巡業2日目として「成田山」に詣でてこようと思います。

昨日は、レンタサイクルを借り、自転車に乗れたのですが、

今日はこの天気では乗れそうにありません。

記録的には「連続ポタ」達成したので、まあ、よしとするか・・・。

途中でストップしています、「舎人ライナーポタ」ですが、以下、その続きになります。


「足立区都市農業公園」名前の通り、農作業や自然観察会などの
自然とふれあう体験を通じて自然を学ぶ(らしい)をという公園。

公園全体的には、古民家風建物があったり、畑があったり、
(どうやら)農作業的体験教室があったり、歴史的農作業の道具が展示してあったり・・・
と、まあこんな感じらしいのですが、全体的にはゆる感ただよう市民公園な感じです。

昔の農家の家

畑

なんとなくエリアごとに分かれているんですが、
桜ゾーンもあり、ソメイヨシノではない桜は、まだ健在で綺麗に咲いていました。

農業公園桜

農業公園桜

こちらの農業公園、荒川沿いにあり、私たちは入口付近の駐輪場に停め入ったのですが、
サイクリングロードから直接入れるようになっているようで、
河沿いには自転車を停めて休んでいる人がいっぱいいました。

農業公園河原

私たちは、いままで「荒川サイクリングロード」を反対の河川をずっと行った事しかなく、
反対側の河川にこのような施設があると思わなかったので、

荒サイは一度入るとコンビニすら存在しない、
用意を怠るとノンストップな飢餓地獄」

・・・とか思っていましたが、一旦反対側にわたればこのような休憩場所もあったんですね。

「自転車を盗まれたらどうしよう。」

・・・自転車乗りの方は多かれ少なかれ多少、盗難の心配をしていると思うんですが、

(なにせこの業界で比較的高価とは言えない自転車の私たちですら、
それなりに心配しているわけですから、超高級自転車をお乗りの方は言わずもがな・・・)

そんな自転車乗りのニーズに答えるように、河川から入ると即売店があり、
愛車を確認しながら、休憩がとれるのもいいところ。

売店エリアには、椅子とテーブルが幾つか用意してあるんですが、
この日は、天気も良くて暖かかったので大盛況でした。

「うちもなんか食べるかな。」とか思いつつ、売店施設に行くと、
どうやら2階にレストランがあるらしい・・・。

どうせ今日のポタメシ先決まっていないし、どうせなら景色のいいレストランに行ってみようか、
と思ったところ・・・休み。

“この時期は混雑が予想されるのでお休み”

 

というようなことが書いてありましたが、

うーん。そういうもんなのか?

素人的には、混雑時はかきいれどき・・・と思うと思うのですが、
なにか混雑時に営業できない理由でもあるのだろうか??・・・単純に気になりました。

詳しい事情はわかりませんが、そういう事情では仕方がないので、
売店で何かを食べることにしましたが、
売っているのは、結構つまみ系多し。

それというのも・・・この日は天候に恵まれ、最高のビール日和。
生ビールも売っていて、昼間ではありますが、結構、ビールをいっちゃってる人がいます。

天気のいい河原での生ビールは最高だろうなぁ。
・・・実際最高そうだし。

・・・・・・・・・うらめしい。

アルコール摂取不可。
このポイントだけは自転車では出来ないがっかりポイントです。

飲めないのに、ビールのつまみ系を食べるのもなんなので、
ここは「いちご大福」です。

苺大福

他にぴんとくるものがなかったので、何故かうっかり和菓子系。

なんか、苺大福って久々に食べました。

苺大福で一休みして、ついでに河川敷の方に降りてみると、チューリップも綺麗に咲いていました。

チューリップ

あらかた「足立区都市農業公園」も満喫しましたし、
次なる目的地「舎人公園駅」に向かうのですが、

この日、私は朝から家事でいそがしかったので、道は相方に見てもらっていたのです。

ちなみに舎人ライナー付近は、最近まで「陸の孤島」と呼ばれていた位の、
交通的には若干不便なところだったようです。

・・・ので、あまりポタメシどころを検索できなかったのは、
前回記したとおりなのですが、この「エサがない」ということが、
あからさまに相方のモチベーション低下につながったらしく、

「・・・で、どうやってここから舎人公園まで行くの?」と、相方に聞くと、

「うーん。なんか北行って、東の方?」


超テキトー。

なんすか?その「“冒険の書”を持って行け」クラスの不確かさは。

つうかどっちが北でどっちが東なんだよ。

“小学生の理科”みたいに、切り株でも探すんか?

このところ人が変わったようにルート検索をキチンとしてくれてましたが、
それはあくまでも目的地(主に食べ物先)があっての事・・・

エサがないとあからさまに手抜きです。

・・・やっぱ相方は相方だなぁ。(ぼそっ)

残念ながら切り株は見当たりませんでしたが、
公園内の案内図(ちなみに公園付近しか記されてません)に、方角だけは書いてあったので、
ざっくりとした東西南北の位置は確認できました。

こんなまったくもって心もとない情報のみで未知の場所に向かったわけですが、

・・・なぜかたどり着きました。

舎人駅

「都市農業公園」とは比較的近く、
住宅地を走り抜けると舎人ライナー出現・・・という感じです。

来てみると元陸の孤島と呼ばれていただけに、行き着くまでは閑静な住宅街。

道幅も広く、都内ながら「しま○ら」などのショップも充実している模様。
あらたな交通の手段が手に入った今、住みやすそうな町です。

ただ・・・・

駅前は「舎人公園駅」と銘打つだけあって、即公園。

西口と東口か南口と北口かはわかりませんが、両サイド、もうぐるっと公園。

「マックもケンタもモスも入り込む余地なんぞねぇ。」・・・みたいな。

なんだかんだ行ってもくれば、ポタメシ先が見つかると思っていましたが、
わたくし一目で悟りました。

その点は絶望に近いと・・・。

しかし周りが公園というのは、絵面的にはかなりいい感じで、
片側の公園には入口から菜の花が山のようにさいていたのですが、
(なんか今年は山ほど菜の花みてるなぁ。)

菜の花

ここで私が燃えたのが、菜の花越しに「舎人ライナー」を撮るです。

なにせ菜の花シーズンは1年に1度、しかも開通年は今年のみ。

希少価値に弱い私は、なんとか菜の花越しの舎人ライナーの勇姿を
ベストポイントで撮ろうと執念の電車待ち。

そうしてポイントを探っては、電車待ち・・・という事をしていると、

「鉄子だ・・・ここに鉄子がいる。」と、相方。

だまらっしゃい。今、鉄子は絶賛流行中(らしいの)です。

それに「開通記念☆舎人ライナー写真コンテスト」が開催されるかもしれんじゃないか。

応募するつもりか?!

そして何度か電車待ちをして撮った魂の写真がこちらです。
山ほど撮ったのですが、ご迷惑も考えて厳選2枚です。

舎人ライナー

舎人ライナー

かなり写真も撮りましたし、(写真の出来のよしあしはどうあれ)
にわか鉄子としてはやり遂げた感で大満足しました。

その間、待たされた続けた相方はかなり「・・・・・・・」な感じでしたが・・・。

さてこの“公園満喫「舎人公園駅」”→勝手にコピーをつけるなって。

反対側の降り口の方にも公園があります。

菜の花側の公園は、比較的あまり広くはない感じなのですが、
もう一方の側の公園は半端なく広い。

できれば、東京ドーム何個分か教えて欲しいくらいです。

自転車で走ることが出来るのですが、自転車ででも周らないと挫折しそうな程広いです。

さすが元陸の孤島。都内なのにこの公園の広さはすごい。

公園内をくるくる回っているうちに、エネルギー切れになりまして、
再び「塩キャラメルタイム」
公園

ホントこの塩キャラメルは食べるたびに味が違う。

それがおフランス産の塩の神秘の力か?

塩キャラメル体調占いとかできそうです。

この後、お互い「なんとなく絶望的だなぁ。」とか思いつつも、
帰りながらよさそうなお店を探しましたが、
なにせこの「舎人ライナー」幹線道路の上あたりを走っているんで、
ファミレスはあっても、穴場的なお店とかは見つけられず・・・。

気はあせるばかりで、気がつけば・・・なんということでしょう!

北千住まで帰ってきちまっていました。 (絶望)

北千住まで来たのなら仕方のない。
腹くくって(?)いつもの行っとくか・・・。

ということで、また(また)「大江戸」で回転すしを食べました。

そして、このまま帰るつもりが私に新たなブツとの出会いが!

・・・ちなみに自転車無関係ですが・・・。(--;)

何気なく通りかかったバック店のウィンドウにあったカバンに一目ぼれ。

一押し商品なのか、ウインドウに飾ってあるためか何故か肝心の値札は裏返し。

「なんとか透視とかで見えないかな。」とかも思ったのですが、
んな能力は保有していないので、見えるわけもなく・・・。

お値段を見るにはお店の人に聞くしかないのですが、
お店の人は、年配の方で「もしかしてかばんを作った職人の人?」→後で勘違いと判りました。
そうなってくると値段を聞いてしまったら、
(見栄っ張りな私は)なんか引き下がれないような気がして、
その時は「まあ、先日携帯も買ったし、そうそう散財もしてられない」とかも思い、
店を後にしたんです。

その後、ちょっとコーヒーを飲んで行こうとミスドにはいったのですが、

しかし気になるのは、さっきのカバンです。

他のお店の中の商品を見ると、諭吉1人~15人くらいまでの幅広い設定。

肝心なのは、あのカバンがそのどのあたりの位置か・・・ということなのですが、

ウィンドウに飾ってあるということは、一押しの思い切った設定なのか?

それとも意外に爆安価格とか・・・。いや、ないない。

でも、もしかしたらちょっと努力したら買えちゃう価格だったりして~。

・・・と、心ここにあらずで無意味に錯綜中。

「YOU!とりあえず値段だけでも聞きに行っちゃいなYO。」と、相方。

私も店員さんが若い女性なら気軽に聞けるんですが、
年配の職人さんになると(だから違います)値段で買うのを止めるのはなんか悪いような・・・。

どの道、かなり安価じゃないと購入しかねるわけですし・・・。

見栄と現実が昏倒中。
こういった変なところにもじもじするのが、自分でも変だと思うところなのです。

見かねた相方「もう、自分が聞いてきてあげるよ!」と、私をミスドに残し、
お店に行ってくれました。

・・・お・・・男らしいぜ。相方。

結果的には、丁度お店の人が接客をしていたので、
横から強引に指を入れ、お値段をこっそり確認してきたようなんですが、
(うーん。やっぱ大して男らしくなかったかな。(--;))

結果は・・・ヘイ!諭吉3人前!

まあ、国産でビーフ100%のカバンなのでそれくらいすると思っていたのですが、

今のわが家の財政上だと超微妙。

なにせこの間、最新携帯買っちゃったしなぁ。

これから自転車グッツとかも、買わなきゃならないものがたくさんあるし・・・。

と、その日はとりあえず、あきらめて帰りましたが、
それから3日、3晩やっぱりあきらめきれず悶絶。

独身時代は某フランスメーカーのバックとかも人並みに買っていたはずなのですが、
生活するということはガマンとの戦いなんですね。(--;)

こうなったらいざとなったらのヘソクリに手を出してしまおうか・・・。

黒い決心を固めかけたところに救世主、

本物寛大王子登場。

相方です。

「これでお買いよ。」とそっと上納金諭吉3人を差し出す。

去年は誕生日もクリスマスもなにもなしだったので(その前の年もだけど)、
その代わりだそうでして・・・。

・・・では(気の変わらないうちに)遠慮なく・・・。

この時の相方には後光がさしてました。

いつもドケチとかセコビッチとか、得々大王とか言ってごめん。

こころ入れ替えます・・・ということはできませんが(だって事実いつもセコいし(--;))
このご恩は(しばらくは)忘れません。

そうして相方からの上納金諭吉3人でカバンを無事手に入れることができました。

ありがとう本物寛大王子。

・・・できれば、またすぐ出てきてね。

ブログランキングに参加してます。できればポチッ☆とクリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキング


関連記事
わが家のせつない事情
週末のわが家は「佐野厄除け大師」「成田山新勝寺」とお参り三昧でした。

あいも変わらず、土曜日はレンタサイクルを借り、
“連続ポタ記録”を更新してきました。

しかし、最近のエコブームの影響かは、ようわかりませんが、
近頃はレンタサイクルを借りられる場所も増えてきましたね。

いつの頃からか「わが家の“連続ポタ記録”を途絶えさせるな」

という妙な意識が沸きまして、最近はレンタサイクルをも駆使して
この連続ポタ記録を守ってきたわけですが、

このレンタサイクル、借りてみると意外と面白いって言うか、

一期一会の出会いって言うか・・・。

「いったいどんな自転車がくるのか?」という期待感とスリル。

なかなか捨てがたかったりするのです。

このままレンタサイクル通の道を行くのもいいなぁ。

とも思ってもみたのですが、レンタサイクルというのは、
残念ながら、まだまだ借りられる場所が限られています。

自転車乗りとしての活動の場を広げるためには、
ここはやっぱ「輪行」しかないだろ。と考え直し、
先ごろから車に載せての「輪行」を計画していたわが家。

自転車を分解してそのまま車に載せる・・・という方法も教えていただいたのですが、
いかんせん、うちのマンションは狭いので、駐車場に自転車を分解して、
自転車を載せるという作業をする場がありません。(;_;)

駐車場も効率のみを追求した機械式なので、
出庫させた後はすぐに発車させなきゃならないですし・・・。

その点、「輪行袋」を使えば、
通常の荷物と同じようにヒョイと入れられるのでは?

と思い、輪行袋を購入することにしました。

最初に候補に入れたのは、こちらの輪行袋です。



なにせ前輪しかはずさなくて済むところが秀逸。

ほぼこの輪行袋を購入する決意を決めて、
念の為に車に入るか車のサイズを測っておこうと思って測ってみたところ

・・・・・入りそうにねぇ。(T_T)

・・・つうか最初にサイズ測るだろ。普通。(ぼそっ)

空間把握能力がイマイチ欠如しているので、「138cm位は入るだろ。」

と思っていましたが、いやはや日本のコンパクトカーは、思った以上にコンパクト。

仕方がなく、再び「輪行袋」を選びなおすこととなりました。

しかし・・・後輪を残すタイプだと、やっぱどれもこれも似たようなサイズです。

これは・・・(わが家にとっては)禁忌の域、後輪はずすまでやるしかない。

他に選択肢もなく、後輪もはずすタイプの輪行袋をネットで新たに探していると、
他にもいろいろな事実が判明しました。

更に新たに判明したところによると、ペダルもはずして、スタンドもはずす・・・らしい。

・・・ちなみにペダルとスタンドは前輪だけのものでもはずすみたいです。

前輪だけをポンとはずし、そのままバサッと袋を被せ輪行完了。(*^-゚)v

と、思っていたのに、後輪もはずすことなり・・・

「そもそもそんな甘いもんじゃねぇ。」と、気づきました。

そして、わが家にとっての最大の悲劇は、

こういう自転車に関する整備的といいますか、技術的なことをやらなければならない時、

指揮をとる人間が1人もおらん。

・・・ということです。(--;)

私はもとより、男性の相方までが整備に対する知識も興味も「0」なのです。

男の子というものがプラモデルに熱中するように、
男性というものは、こういうマシン的なものを目の前に置けば、
多かれ少なかれ、多少は知的好奇心が沸いてくる・・・と思っていたのですが、
相方のような無興味、無好奇心な男性もいるのですね。

肉食獣なのにベジタリアンみたいな。


前輪をはずすだけの輪行の時は、相方もそれなりにやる気だったのですが、
(前輪をはずすだけだと思ってましたし・・・。)

前輪、後輪をはずして、その他もろもろの作業を考えると、
前輪をはずすことすらためらい、未だに行っていないわが家としては、
目の前で分厚くて高い壁が構築されて行くような気持ちでした。

「輪行って、なんか大変そうだな。」・・・と、再確認し、虚ろに輪行袋を検索していると、

一緒に検索画面を見ていた相方も

あきらかに興味を失って、死んだ魚のような目をしています。

その顔にくっきりと刻まれた文字は

“なんか、めんどくせーーーー。”

一応、画面を追っていないと「もう、真剣に考えてよ!」と私に警告を受けるので、
仕方なく顔は画面に向けているようですが、

すでに脳では「明日の昼ごはん何にするかな。」とか考えているに違いない。


・・・・・・・せつない・・・せつなすぎる。


性別に逃げてはいけないとは思いつつ、普通男女二人でいれば、
整備的機械的技術点は男性が稼いでくれるものと期待していましたが、
うちの相方はその点の力量は「0」。(なにせ車の運転も苦手な人ですし。)

その辺の力量は私も人並みの女性以下くらいしか持ち合わせていない上に、
わが家の唯一の男性、期待の☆の相方は完全に戦力外。

つまり、わが家のその「整備的機械的技術力分野」におけるスペックは、果てしなく「0」。

神様・・・何卒ハンデを・・・ハンデを下さい!

代わりにドラえもんを送ってください。

しかし、自転車をはじめた時は無知のままはじめたので、
よもや自転車を楽しむ為には、多少自ら整備したりすることが必要だと、
まったく考えてもみませんでした。

浅はかにも、購入さえすれば楽しく走れる・・・と、思っていたのです。

思いがけずもれなく付いてきた「自転車整備関係」は、

「付き合うことになった彼女が実はコモドオオトカゲを飼っていた」

という人の心情に似ている・・・かもしれない。

彼女は好きだが、コモドオオトカゲという未知の生物には、どう接していいかわからない。

彼女=サイクリング

コモドオオトカゲ=整備

に置き換えると実にしっくりくるのです。

しかし・・・いくら言い訳をしても、愚痴を吐いても、所詮わが家の人員は2名。

いかに雑魚キャラクラスのスペックしか持ち合わせていなくても、
わが家はこの(レベルの低い)2人で乗り越えていかなくてはならないのです。

相方も男性だと思うから、やっぱり“がっかり感”を否めずついつい白い目で見てしまうわけです。

そう、男性と思うからいけないんです。

うろ覚えですが、タイガーマスクの伊達直人は「虎だ」と思い込むことによって、
強くなった・・・ような気がする。

そうだ、こいつは虎だ!

虎だったら、特に自転車の整備ができなくても興味がなくても仕方がない。 (だって虎だし)

こいつはトラトラトラトラ・・・・


心新たに、もう一度「輪行袋」検索画面に向かう私と虎・・・ではなく相方。

しかし、ここでまたまた問題発生の予感。

後輪をはずしさえすれば、かなりコンパクトになると考えていましたが、

後輪はずすタイプのものを見ると幅95cmくらいになっていて、
こちらは前輪のみをはずすタイプの138cmよりは短くなっていてよかったのですが、
高さが、110cmと前輪のみのタイプよりも80cmと高くなっています。

つまり、幅は「後輪をはずすタイプ>前後輪はずすタイプ」ですが、

高さは「後輪をはずすタイプ<前後輪をはずすタイプ」のようです。

どうやら前輪のみをはずすタイプとタイヤを全てはずすタイプでは、
入れ方自体が違うようなのですね。

しかし・・・

「これはこれで、うちのコンパクトファミリーカーに2台も入るのか??」

という、新たな疑問。

一応、ハッチバックでシートが倒せるタイプですので、
後部座席を平らにすれば、入るかもしれませんが、うーん微妙。

2枚も袋を買ってから、「やっぱり車に入りませんでした~エヘ。」

じゃあ洒落にならないしなぁ。

とか考えていると、

「考えていても仕方がないし、ためしに自転車を解体してみようよ。」

※わが家の解体レベルは前、後輪をはずすレベルです。

と、相方。

また、先送りかよ。

・・・と、思わないでもないですが、

確かにためしにやってみれば、大体の大きさの雰囲気もわかるしなぁ。

・・・という訳で、今度相方が時間が取れたときに一旦前、後輪をはずしてみて
サイズをキチンと測ってみることにしました。

わが家に明るい輪行生活がくるときがくるのでしょうか・・・(遠い目)

乞うご期待! (*^-゚)b→自棄

ブログランキングに参加してます。できればポチッ☆とクリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキング

関連記事
渡良瀬遊水地でレンタサイクルを借りちゃうぞ!のポタ【その1】

数ヶ月前からわが家にジャブのように降り注ぐ小さな不幸の数々。

最初、この現象は私だけに起こっていると思われ、

「おのれ~!相方が私の運を吸い取っているに違いない。」

という疑心暗鬼な言いがかりまで飛び出した訳ですが、
相方の事故で形勢は一気に逆転。

今までの私の不幸をあわせても余りある、相方のご不幸。

まだ今年も半年もたっていないのに、

相方、「不運オブ・ザ・イヤーくろばい家2008」は、

もうほぼ頂きだね!(*^-゚)b(絶対、頂きたくねぇ。)・・・な感じです。

ちなみに頂いたところで、なんの美味しい副賞もありません。

この事故で判明したことは、「相方とて例外じゃない。」ということです。

今年のわが家の「どこまで下るの?」な運の急直下。

思い当たることと言えば・・・

実はわが家、特にお正月三が日に詣でていたわけではないのですが、
毎年「佐野厄除け大師」と「成田山新勝寺」にはお参りには行っていたのです。

ところが今年は、成田山はタイミングを逸したまま行ってませんでしたし、
佐野厄除け大師は「まあ、私(だけ)は母と行ったしいいかな。」とか思って
行っていなかったわけです。

そうして起こった相方(と私)の不幸。

特に両方お参りしていない相方の不幸度高レベル。

・・・・これは・・・。

もちろんお参りをしていないせいだとは言い切れませんが、
社会の片隅でひっそりと生きいている身としては、
それぐらいしか(小さな)不幸が連続で巻き起こる原因がわからず、

「やっぱり神仏をないがしろにすることはよくないことだよね。」

と、あわてて心入れ替えることにしまして、お参りする機会をうかがっていたわけでです。

そして、先週末、また愛犬の世話でしょう油の街市に帰ることとなり、
しょう油の街市なら佐野にも成田にもさほど遠い距離ではないので、
土曜日は佐野、日曜日は成田山とこの週は、お祈り三昧の週末にすることにしました。

・・・と、なると「どうすっかな」と思うのは、わが家の唯一の自転車記録、
「連続ポタ記録」です。

天気予報では、日曜日は天気が崩れるということなので、
できれば天気のいい土曜日のうちに自転車に乗っておきたい。

輪行はできる状況にないので、ここはまたまたレンタサイクルを借りることにしました。

なぜ、そこまで「連続ポタにこだわるか?」

それはロマンだから・・・とかではなく、

残念ながら、わが家にはそれしかこだわりどころがないからです。(--;)

これから6月の鬱陶しい梅雨時期、そして続けざまにくる魔の台風シーズンまで、
自転車ライフに障害物競走のように襲い掛かる悪天候な日々に、

連続ポタ○○週達成!

なんていられるかはわかりませんが、
まあ、こんな(しょぼい)記録でもモチベーションアップにつながっているのは確かですし、
こだわれるうちはこだわっておこうと・・・。

幸い佐野に向かう途中の「渡良瀬遊水地」の近くにある道の駅「きたかわべ」で
レンタサイクルを借りられるようなので、借りることにし、
「渡良瀬遊水地でレンタサイクルを借りちゃうぞ!ポタ」にGO!です。


この日は都合があり、いつものように両親が朝マンションに犬を連れてきてくれなかったので、
まず、犬を拾いにしょう油の街市を経由です。

車で出かけたのですが、そろそろ「春の交通安全週間」でも始まったのか、
車で走っていると、これでもかこれでもかと街角に立つおまわりさんが・・・。

ところで、警察官を見ると、何も悪いことしていないのに、ビクっとすることはありませんか?

私はなぜかあります。超善良な市民なのに我ながら不思議です。

数年前、スピード違反で捕まってゴールド免許をフイにしてから、
そのびくつき方は更に顕著です。→超善良な市民じゃなかったんかい。

しかし、毎年このシーズンに大々的な取締りキャンペーン(?)があるのはなんでしょう?

新人研修のためでしょうか?・・・それとも予算あまり付かなかったから・・・とか。(ぼそっ)

なんか監視されているような、むずがゆい感じで都内の道を走っていると、
途中、街中をリカンベントに乗る人を発見しました。

サイクリングロードでは、時々見かけていたんですが、
普通の国道を走っているのは、はじめて見ました。

なぜか後ろに長い旗を立てて走っていたのですが、
全体的に低いので、安全の為に存在をアピールさせるためでしょうか?


さて、しょう油の街市で両親に置いてけぼりを食らっていた愛犬を拾いに、
実家によると、3週間ぶりに見た愛犬は、すっかり・・・

太ってました。

数週間前にはあった(はずの)ウエストはどこ??(゜▽゜;)

どうやら、わが家のリフォームが一旦区切りが付き、
(実はほどなく第2段が始まるんですが・・・(--;)ホントリフォーム地獄だよなぁ。)
職人さんが出入りすることもなくなり、
1日中、吠えまくるというダイエット(?)をすることがなくなったので、
再び太ったみたいです。 (まあ、元にもどったともいう)

更に痩せてたときのリバウンドらしきものは、犬でもあるらしく、
この調子だともうすぐミニチュアダックスのミニチュアの部分は卒業だぞ。オイ。


そんな愛犬を車に乗せ、渡良瀬遊水地と隣合わせている
「きたかわべ」という道の駅を目指して再出発、車で走ること1時間位で着きました。

きたかわべ

早速、本日の愛車となるレンタサイクルをを借りるわけなのですが、
最近は“道の駅”でレンタサイクルを借りられる施設も多くなり便利ですね。

ここ「きたかわべ」では隣のスポーツ館という施設でレンタサイクルを借りられるようです。

本日の愛車との出会い。

それは茶の道にも通じる(かもしれない)一期一会の出会い。

まさに極めれば、“レンタサイクル道”といっても差し支えない・・・かもしれない。

最初は、まあ仕方なくというか興味本位で借りたのすが、
最近はこれはこれで楽しくなってきました。

しいて言うと「くじ引き」気分といいますか・・・。

「どんな物がくるか?」もしその自転車ががっかりだったらがっかりなりに、
微妙な自転車を乗りこなす面白さといいいますか・・・なんか癖になる感じなのです。

不安と期待と抱えて施設前まで来ると、いかにもレンタサイクルらしい自転車が並んでいました。

うわーーー。 (゜▽゜;)

レンタサイクル

左から子供用、子供用MTB、MTB、ママチャリ、ママチャリ。

いかにも今回は“がっかり度”高そうなヤバ気なラインナップです。

ここでひるまないのが、(自称)レンタサイクルニスト。

2階にある事務所に向かい、手続きをとりました。

自転車は1台、4時間までで400円。(一日だと600円らしいです。)

借りた時間が3時、返却時間が5時なので、
どの道4時間以内なので、2台で800円を支払いました。

係りの男性に「2台ともギアつきのものにしますか?」と聞かれましたが、

えーと。2台もギア付きのあったかいな?

もしかして子供用MTBも一台と数えているのかな?
まあ、背の低い私なら乗れないこともなさそうだしね・・・。(--;)

・・・とか思いつつ、「できれば・・・」と消極的に答えると、

なんということでしょう。

実はあの見せ自転車(?)は世を忍ぶ仮の姿(なぜ忍んだのかは謎ですが)

扉を開けるとそこは秘密基地広い倉庫。

そこにはごっそりと自転車が!

なかなかグットルッキングなMTBが2台出てきました。

なんだ~よ~。こいつーう。もうハラハラさせやがって!

というハラハラ感もレンタサイクルの醍醐味だったりするのです。

ともあれ、本日の愛車「きたかわべ7号、8号(仮名)」です。

きたかわべ7号、8号

手賀沼で相方が借りたMTBと同じタイプで(メーカーも同じブリジストン)
ギアも同じ感じです。

ギア

どうやらブリジストンのギアは1(軽)→6(重)がデフォ?

さて、どこへ巡ろうか・・・と考える訳ですが、そんな心を読んだように、
自転車1台、1台に「冒険の書」が付いています。(ちなみに取れません)

地図

広げると、いろいろなモデルコースが付いている地図です。

地図

親切にも1.5時間から3時間までのモデルコースも載っていました。

あまり時間もないし、犬もいるので一番短い渡良瀬遊水地内の谷中湖半周を選択。
予定としては1.5時間位。

渡良瀬遊水地というのは、「遊水地」というだけに水の部分だけかと思いましたが、
特に水のない部分も「渡良瀬遊水地」敷地内みたいです。
その辺の区別がようわからんです。

「きたかわべ」は遊水地から道を挟んで隣にあるので、すぐに遊水地に下りることができます。

他にも「きたかわべ」まで車で来て、遊水地周辺をサイクリングしている人もいるようです。;

天気も曇りのいい感じの土曜日、
これは結構サイクリングをしている人が多いだろうな。

・・・と思いつつ、遊水地畔のサイクリングコースに下りてみると、

渡良瀬遊水地

意外に人がおらん。

もうガラガラ。

広大且つ、なかなか道もよさそうなサイクリングコースが広がっているのですが、
そういった意味では、結構穴場なのでしょうか?

それはそれでちょっと寂しい・・・気もする。

下りてすぐのところには、桜並木が・・・もう散ってましたけどね。(T_T)

桜並木

もうちっと早めに来て見ればよかったかも。

水仙の花はきれいに咲いていました。

水仙


丁度、渡良瀬遊水地の中の谷中湖の真ん中を分断している橋を渡って、
道と川の百選(だったんだ)渡良瀬サイクリングにスタートです。

渡良瀬遊水地

・・・そして、この直後、私たちは恐怖の大群に遭遇することとなるんです。

つづきます。m(__)m

ブログランキングに参加してます。できればポチッ☆とクリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキング


関連記事
渡良瀬遊水地でレンタサイクルを借りちゃうぞ!のポタ【その2】
春は天気が不安定ですね。

今日天気予報でやっていたんですが、関東は明日は嵐になるらしいです。
この調子だと週末のお天気は微妙かなぁ。

以下は、昨日の続きのポタ日記になります。


時間的関係もあり、渡良瀬遊水地内にある谷中湖を半周して戻るコースをとることにした
今回のレンタサイクルポタ。

谷中湖を半周するには、まず谷中湖の真ん中を分断している
「谷中湖を分断しちゃうぞ大橋(仮名)」を渡らねばなりません。

この橋は、測る術もなかったのでどれくらいの距離かわかりませんが、
感覚的に言うと1km位はあったように思われます。

そして橋を渡り始めると同時に、なにかがポツポツと顔に当たる感覚がしました。

思えばこれが恐怖の第一歩でした。

「・・・これは虫?」

と思い、何気なく上を見てみると上空2mくらいのところには、

もう、虫、虫、虫・・・そしてやっぱり虫。

橋の上を黒い虫柱が延々と続いています。

ぎょ・・・ぎょえーーーーーーーっ!!!

私も相方も声にならない悲鳴を上げました。

自転車に乗っている自分の頭がおそらく1.5m付近のところにありますが、
その少し上はすでにドキ☆虫だらけの虫ワールド。

魚類未満の生物が苦手な私にとって、それは今思い出しただけでも身の毛がよだつ風景でした。

虫柱からはぐれた虫(?)が橋の壁に止まっているのですが、
みると形状的には蚊をでかくした様な虫です。

なぜか虫柱は上空2mくらいのところに出来ているので、一応住み分けは出来ていますし、
蚊に似ているとは言え、蚊ではないので血液を奪われるという心配もなさそうなのですが、
(こんなのに血を吸われたら、あっという間に血がなくなりそうです。)

とにかく生理的に怖い。

自分の頭の上50cmくらいを(恐らく)危害を加えてこないとは言え、
大量の虫が飛んでいると言うことが何しろ恐怖なのです。

所詮相手は虫なんで、予告なく進路を変更しやがったらマイフェイスin虫の海。

Welcome to 虫ワールド。

うわーー。めのまえがむしさんたちでいっぱいだぁ。\(*T▽T*)/

・・・という事にでもなったら、怖い。怖すぎる。

時々、はぐれて飛んできた虫の羽音が耳元ですると、

「うわーーーーーーーっ。」と叫びだしそうになります。

でも昼間でもこんだけ怖いんだから、夜に大量の羽音を聞きつつ走ったら、
貞子降臨どころではない恐怖だぞ。オイ。

できるだけ姿勢を低くして、橋の上を走り抜けましたが、
不思議なことに、橋の終わりと共に恐怖の虫ワールドも終わりを告げていました。

いや、あのままだったらどうしようと思いましたよ。

しかし橋を渡る間中は虫の恐怖に晒されていたんで、
かなり精神的にも(虫だけに)蝕まれていたのか、
虫はいないはずなのに、服の中に虫が入り込んでいる感じがして、
体が痒くなったりしてました。

人間とは弱い生き物ですね。・・・あのまま虫たちの中にいたらどうなったことやら。


恐怖の虫ゾーンも脱出し、春のサイクリングですが(ある意味、大量の虫登場も春だからか?)

なぜか湖畔は・・・

 

谷中湖畔

枯れてました。

湿地帯だからなのか、春がまったく感じられません。(T_T)

なんか侘び寂びの世界です。

このまま侘び寂びの世界を彷徨っているのも、なんとなく盛り上がりにかけるなぁ。

とか思っていると、相方が、

「シセキがあるらしいよ。」

・・・人間、頭の中でいったん変換すると、
その言葉以外考えられなくなるということはありませんか?

ちなみに私はあります。そしてこの時、私の中で変換した言葉は「歯石」

突然、なにいいだすんだ?こいつ?
こんなところで相方の歯のお手入れのことなど知ったことか。


・・・と、冷ややかに思いましたが、「史跡」のことだったんですね。

相方の口内にはなんの興味も沸きませんが、「史跡」なら話は別です。

私はこう見えても、結構昔の建物とかが好きなので、
昔の建物の跡とかを見るのも好きなのです。

「城の跡とか石垣とかが残ってんのかなぁ。」とワクワクしながら走ってましたが、

すぐその辺にあると思われていた史跡らしきものが、なんか見当たりません。

地図上だともう見えるはずだけど??

と、疑問に思いつつも、途中に「売店」があったので一旦休んで、
もう一度地図を確認することにしました。

売店

地元の商工会の方がやってらっしゃる売店のようで、
隣りにはレンタサイクルを借りるところもあります。

チラッと見えたんですが、そのレンタサイクルの量が半端ない感じです。
この小さな小屋それぞれにレンタサイクルが入ってました。

レンタサイクル

どんだけレンタサイクル用意して、お待ちしてるんだろ。

季節的なものか(虫の問題か)、この日はあまりサイクリングをしている人も
大勢はいませんでしたが、夏にはそれなりに繁盛してるかもしれません。

この売店では、氷が一押し商品だったようですが、
この日はイマイチ天候が曇りでさほど暑くなかったので、アイスを食べることにしました。

アイスボックスの中にあったのは、このチョコモナカ(メイトー)がポツーンと1つと
2つに割って食べるアイス菓子、パピ○のメイトーバージョンが少々・・・あるのみ。

選択の余地が存在せず、最後のチョコモナカを選択しました。

チョコモナカ(メイトウ)

一休みして、近くにあった大きな看板で「史跡」の場所をチェックしてみてみると、

なんということでしょう。

どうやらこの辺が史跡ゾーンだったようです。

改めてよく周りを見回すと・・・野っ原。

・・・・・・・えーと、どこが? (゚∇゚ ;)

確かに手作り感あふれる看板があります。

谷中史跡

地元の保存会の方が保存に尽力なさっているようで、愛情を感じます。

お城の石垣とか、神社の鳥居とか、建物の土台とかそういう物が残っていると勘違いしていましたが、
史跡というのは、史の跡・・・つまり思い出みたいなものなんですね。

ここから「谷中村史跡」をご紹介させていただきますが、

あとはイマジネーションの勝負になりますので、皆様よろしくお願いします。

古くは室町から続いたとされる谷中村の

こちらが「村役場」

村役場

ちなみに建っているのは、当時の村役場ではありません。(多分)

「神社」

神社

「沼」

沼

足尾銅山で死の沼と化した沼?※相方うろ覚え

元にもどったようで何よりです。

「落合幸次さん(どなた?)のお屋敷跡」

落合幸次さんお屋敷

お隣には、ご親戚と見うけられる「落合幸蔵さんのお屋敷跡」もありました。

・・・まあ、そっちはいいかな。と。

・・・と、こんな感じです。

まだまだありそうでしたが、イマジネーション力に限界を感じたので、割愛させていただきました。

室町の息吹は感じていただけたでしょうか?


再びサイクリングコースを行くと、

「親水多目的ゾーン」というのがあり、どの辺が多目的なのかはちょっと不明。
逆に言えば“貴方次第”ということでしょうか?

次は「(未来の)湿地帯」

未来の湿地帯?

今は湿り気0ですが、いずれ湿地帯になるらしいです。
なんでもいずれ湿地帯の植物、生物を取り戻すとか、取り戻さないとか・・・ゴニョゴニョ。→うろ覚え

それから再び、いつか来た道のような侘び寂びた道を走り、

サイクリングコース


「きたかわべ」まで戻ってきました。

ゆっくり巡っていたので所要時間は約1時間半。

距離ははっきりとはわかりませんが、
さすがに「連続ポタ規定距離5km」は行っていたのではと・・・。

歴史あり、恐怖ありのスペクタクルなサイクリングコースでしたが、
広いし、道もなかなかいいので、サイクリングロードとしてはよさそうな気がします。

・・・なぜ人が少なかったのかは、本当に謎です。

道の駅「きたかわべ」まで戻り、自転車を返すと、係りの男性に、

「虫、口に入らなかった?」と開口一番聞かれました。

どうやら無農薬地帯なので、大量発生しているらしいです。

・・・いや、幸い口には入らなかったけど精神にはかなりきました。 (--;)

ちょっと喉も渇いたので、売店に併設されているレストランでお茶でも・・・
と思いましたが、残念ながら5時近くもなると終っていました。

ていうか、レストランそれどころかなんか売店まで撤収ムード。

急いで「炭酸まんじゅう」を購入。

炭酸まんじゅう


他にも普通の饅頭のみのものと、草饅頭のみのものがありましたが、
せっかくだから病の相方に普通の饅頭と草饅頭混合チームのものを買わされました。

お腹が空いていたんで、そのまま車の中で食べました。
どの辺が炭酸なのかは、不明でしたが、素朴なお味でした。

蛍の光のミュージックがなりまくるほど、この道の駅「きたかわべ」にはいてしまいましたが、
ここで忘れてならないのが「佐野厄除け大師」です。

神社仏閣がお正月3が日以外はどの程度の時間までやっているかは、わかりませんが、
朝が早そうそうなので、そう遅くまではやっていなさそうな気がします。

この道の駅からそうは離れてはいないのですが、
あわてて出発しまして、5時45分位に付きましたが、

隣りあっている駐車場は閉まっている!しかも門も半分閉まってる!!

これは・・・まずい。

このままでは「近くまで来ておいて、ただ遊んで帰った人」となって、
神仏的にも印象は(更に)最悪では?!

・・・自分だったら更なるバチを当てるぞ。そんなヤツ。

ちょっと離れた混雑時用の駐車場は幸いまだ空いていたので、
そこに車を入れて「佐野厄除け大師」まで思いっきりダッシュ!

なんとか、門が閉ざされる前に駆け込みセーフでお参りすることができました。

佐野厄除け大師

しかしこの時間になると人気が少ないからか、お賽銭箱が貯金箱状態になってました。

お賽銭箱

そんな不届きものがいようとは・・・世知辛い世の中ですね。(--;)

ところで、この「佐野厄除け大師」とは、道を挟んで向かい合ったところに、
「佐野市観光物産会館」という建物があります。

まあ、その名の通り佐野市の名産を売っているという会館なのですが、
その中の「【佐野名物】桜アンパン」とうのが相方の好物。(私も好きですが)

お参り後には、相方、即、物産会館へダッシュ!

佐野観光物産会館

どうやらこの物産会館6時までだったらしいですが、
先ほど私が佐野厄除け大師の門をチェックしていた時に、
相方は反対側の物産店の閉店時間をチェックしていたみたいです。(--;)ヘェ・・・。

駆け込みセーフで「桜あんぱん」と最近の一押しという「お米のパン」を買って帰りました。

ちなみに「桜あんぱん」はこちらです。

桜あんぱん

桜あんぱん

餡がぎっしりで、美味しいです。

こちらが「お米パン」【もちもちの食感】というのがキャッチコピー(?)

お米のパン

最近の小麦高騰でお米を使ったパンが注目されていますが、
私は「○○がなければ、○○を食べりゃいいじゃない。」という
アントワネット様的発想が好きなので、
以前から食べてみたかったのです。

・・・で、食べてみましたが、冷えているときに食べると、

「どこがもちもちやねん!」というほどパサパサ。

詐欺られた感を否めず、次の日にトーストして食べてみたら、

これがまたすげーーーーっもちもち。

ちょっと小麦パンとは違うものの、お餅みたいな不思議な味でした。

【蛇足】

最初にこの日はおまわりさんが多かった・・・ということを書きましたが、
帰りつく寸前に、ものすごい大掛かりなネズミ捕りをやっていて、
つかまっている人がいました。
皆様もスピードの出しすぎにはご注意くださいませ。

ブログランキングに参加してます。できればポチッ☆とクリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキング


関連記事
成田山~房総のむら日記Ⅰ【ロシアン対決結末付】

今日は、風も強い嫌な天気でしたね。
なんでも、この雨は明日まで続くとか・・・。

(輪行にむけて)「試しに前、後輪をはずしてみよう。」と言ったまま、
ウィークデーは(予想通り)ばっくれ通した相方。

ウィークデーは仕事もあるので黙ってましたが、どうせ明日は雨のようだし、
明日こそは「ドキ☆初めての前、後輪はずし」にチャレンジしようと思います。


さて、話は変わりまして、観光大使を任命された覚えは特にないんですが、
子供の頃からン十年、千葉県民として千葉にお世話になったご恩返しに、
僭越ながら、今回は(自転車関係ないけど)「魅惑の千葉観光スポットのご紹介」
させていただきたいと思います。

先週末は、諸事情ありで「くろばい家お祈り行脚」を開催したわけですが、
第一部(土曜日)「佐野厄除け大師」につづき、
第二部が開催された日曜は「成田山新勝寺」まで行って参りました。

本来ストイックであるべきお祈りの旅に、
何かしら付加特典をつけなければ気がすまないのが、
わが家が「せっかくだから菌」(感染源:相方)に犯されている為なのですが、

この日は、成田山に行く前に「房総のむら」によることにしました。

「房総のむら」というのは、体験型博物館と名をうつ千葉県立の施設で、
ようは広い敷地の中に江戸時代の建物や町並みが再現させれている、
体験型テーマパークなのです。

県立だけあって、○ャンマゲ等のオリジナルキャラクターや、
忍者ショーなどの派手な演出は皆無ですが、

ただ地味に江戸時代の建物が並んでいるというところが、
時代建物好きの私としては気に入っていまして、
以前、近くに来たときに何度か訪れたことがある場所です。

県立ゆえの地味な宣伝力による認知度の低さからなのか、
広大な敷地ゆえか、たまたまタイミングがそうなのか、
私が行く時は、いつもぶっちゃけ客足は今ひとつで、
そんなところも、落ち着ける雰囲気で好きだったりします。(元県民としては複雑ですが)

体験型を売り(?)にしているだけに、江戸的施設の中で竹細工講習会や下駄づくり等の諸々。

なにかの拍子に役に立つ(かもしれない)、講習会を行っているのですが、
わが家が心惹かれたのが「蕎麦」・・・もちろん作る方ではなく、食べる方です。

江戸の蕎麦やを模した建物の中で食べられるお蕎麦らしいのですが、
しかも評判を見ると意外と(失敬)美味しいらしいのです。

一説によると“こんなところ(失敬)にあるとは思えない美味さ”とか・・・。

ずっと前に行ったときはぜんぜん気が付かなかったのですが、最近はじめたのか?

これは、兎に角行って真相を確かめないわけには行きません。

・・・と、いうわけで、リバウンドで更に太った愛犬を連れて、

愛犬


房総のむらから成田山に向けてGO!です。


この日は、雨はなんとか降っていなかったものの、
冬に逆戻りした位に寒い日でした。

土曜日から実家のしょう油の街市に寝泊りをしていたのですが、
金曜日の予報でも日曜日は寒いと言ってましたので、
実家に移動する時相方に

「日曜日は寒くなるからキチンと服を持っていった方がいいよ。」

と、(親切にも)助言してあったのです。

が、

そのありがたい助言を無視する不届き者な相方。

キチンとした上着を持ってきやがりませんでした。

シャツとフリース(のみ)でこの冬のような気温の中に出かけたので
「房総のむら」に着き、車を降りた途端、

「さ・・・さむーーーい。」(T_T)

いや、自業自得だろ。

しかし、あまりの寒さにベクトルが変な方向に向いたのか、
「房総のむら」にいる間中、中の人が変わったようにハイテンションでした。

ちなみに「房総のむら」は、ペットNGなのですが、
横にあるドラムの里という公園(?)はペットOK。

「まず、そちらで愛犬のお散歩でもさせるかな。」

と思っていたのですが、この日は愛犬の最大の敵が、公園中に集団でいるではありませんか!!


ちなみに、

愛犬の最大敵=わんこ


つーか、お前も犬だろ。(--;)
いつも言うけど。

この日は「フリスビードック大会(?)」が行われていたらしく、
賢そうなワンちゃんが、そこかしこに・・・。

こんなところにうちの愚犬を連れてきたら、
制御不可能なほど吠えまくりで、お邪魔になるに違いない。

どの道、散歩嫌いな犬なんで、散歩はあきらめることにしました。

しばらく大会を見ていたんですが、しかし賢いワンちゃんが多いですね。

世の中にかくも賢いワンちゃんがいるのに、どうしてうちの犬は・・・とほほ。

飼い主さんの言うとおり動いて、フリスビーをナイスキャッチしています。

・・・すみません。うちの犬に爪の垢をください。


微笑ましくも複雑な気持ちで、しばらく大会を見た後に
本来の目的地の「房総のむら」 へむかいました。

いきなり、入口付近には、文明開化華やかしき頃のようなお屋敷が・・・。

お屋敷

ルネッサーンス!!

男爵様がお出ましになって、鹿鳴館あたりに誘ってくれそうな感じです。

早速、男爵様を探しにお屋敷内へ・・・というわけは行きません。

このお屋敷の1階は事務所となっているそうです。

ちぇっ。男爵様にお会いしたかったなぁ。

しかしこの建物はあくまでも予告編(なんか明治だし)。

本格「江戸の世界」は、入口を入ってからです。

1人300円を支払って、施設内に入ります。

私的には、これでも当社比で十分に安いと思うのですが、
驚くことに、しばらく前はただでした。

 いや、なんだかよくわかんないけど、スマイルもないのに0円。

その当時千葉県民の私としては、
当時の運営資金を知りたいような知りたくないような・・・。(--;)

施設内にはいると「Welcome to 江戸」

江戸の町並み

いきなり江戸の町並み登場。

結構、町並みも精巧でクオリティーが高いと思うのですが、
やっぱり町人が少ないです。(--;)日曜なのに・・・寒いからか?

お店を模した建物内で体験教室もやっていたのですが(小刀作りとか和蝋燭作りとか)
私たちが目指すのは、そう!蕎麦屋です。

入ってすぐのところにあるので、

相方「どうしよう。ざる蕎麦の方が食べたいのに、寒い。」(;_;)

私「んなこと、しらんがな。」 (-_-メ)

とかいいつつ、いそいそと「蕎麦屋」に行ってみると、

蕎麦や

なんと!ギリギリ・・・

閉まってました

営業終了してました。

がーーん。

実は時間をキチンと見てこなかったのですが、
江戸の町は早いらしく、2時45分で営業終了だったみたいです。(つうかお前らが遅いんだろ)

今一歩のところで食いっぱぐれ・・・自業自得ですが、かなりショックです。(--;)

そして、食いっぱぐれたショックとあまりの寒さ(しかも薄着)

・・・が原因か、相方は、宇宙生物に乗っ取られたかのように、
更に(うっとうしい程)ハイテンションになって行きました。

ちょっと長くなりそうなので、半端なところですみませんが、続きます。


・・・と、ここまでが(頼まれてもいないのに)「千葉県観光案内」ですが、

実は皆様にお知らせしなければいけないことが・・・。

昨日の夜未明、密やかに「くろばい家ロシアンルーレット大会(最終回)」

とり行われました。

なにせ残りのアメは2個。

妖怪キャンデー

泣いても喚いても、ここで決着がつくわけです。

最後の2個を見比べてみても・・・うーん。わからん。

意を決し、お互い1つずつを選び、今回は同時に口に入れました。

妖怪キャンデー


で、私。




セーフ。



・・・ということは、当たりのアメは当然相方が、けけけけけけ・・・


と、相方を振り返ると、相方も何故か涼しい顔をしていました。


演技か?・・・とも思いましたが、そんな器用な演技できるヤツじゃありません。


2人とも・・・セーフ????????? んなバカな。


WHY?????


頭を疑問符でいっぱいにしながらも、ふと後ろの内容量を見てみると、

個数

なんと7個!?

今まで相方と食べたのは6個。

1個、足らん。

・・・て、こんなオチ???(゚∇゚ ;)

作成時に入れ忘れたのか、それとも貰った時に酔っ払って気づかずに食べたのか・・・。

でも、辛かった覚えもないし、なにせ封は空いてなかったしなぁ。

いや、ホント謎です。

「くろばい家七不思議」にエントリーされそうな程の謎です。

・・・それとも、これで当たった方が八つ当たりして、
(これ以上)仲が悪くならないようにとの神様のご配慮なのでしょうか? 

特に私が当たったときは大変な八つ当たりが予想されますし・・・(--;)

そうして「くろばい家ロシアンルーレット大会」ですが、

気持ち悪いくらい、中途半端なまま終わりを告げました。

散々、ひっぱってこんなオチで申し訳ないです。(滝汗)

ブログランキングに参加してます。できればポチッ☆とクリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキング


関連記事
天気予報って・・・・・・・・

また、ブログ的には番組の途中ですが、

・・・最近これがデフォになってますね。読みにくくてすみません。(^^;;;

今日は、天気予報的には「雨」だったので、

最近は天気予報の方もよう当たるし、「雨」と信じて午前中は惰眠をむさぼってました。


そして、(ほんの)先ほど起きて・・・・・・・


晴れてる?! (゚∇゚ ;)

おのれーーーっ天気予報め。またしても謀りおって!!

思わず戦国時代の殿化してしまいそうな程ショックです。

まあ、正確には完全に晴れてるとはいえませんが、
下の方に晴れ間が見え、上の方の曇りがだんだんなくなっていくという、
これは当社の完全、晴れパターン?!

いろいろあわてましたが、なにせ雨だと信じて

前、後輪をはずすというメンテナンスの練習に当てようと思っていたので、                                                                                                                                    
本日のポタ案は「真っ白」


うーーん。(--;)

ウィークデーだと、「仕事」という印籠を出されて相方に逃げられる事も多いし、
メンテナンス(の練習)をこれ以上先送りにしたくないので、
本日は、予定通り「はじめての前、後輪はずし」にチャレンジしようと思います。

そこでメンテナンスをやる上で(おそらく)絶対必要アイテム・・・「軍手」を買い忘れたわが家。

実家にはお徳用「軍手」が大量においてあって使いたい放題だったので、
改めて買っておくという頭がありませんでした。

一時は、私のこの冬のポタの友のあいつに犠牲になってもらおうと思いましたが、
(同じ軍手ですし)これからも「軍手」は必要だと思うし(たぶん)
この機会に購入してこようと思います。

「輪行」に向けて、車のサイズももう一度測ってきたいので、
本日は車でお出かけしてきます。

・・・とか、書いている間にも晴れ間がどんどん広がっています。

ちくしょーーー。(;_;)

ランキング参加中です。できればポチッ★とクリックしてもらえると嬉しいです。
  にほんブログ村 自転車ブログへ    人気ブログランキング


関連記事
草木も眠る丑三つ時(すぎ)に・・・

昨日、あの後、わが家の方では(私の)予想外に雨が降りました。

まさかあんなに晴れ間が出てきた後に雨に逆戻りするとは思いもよらず・・・


天気予報に呪いの言葉を吐きまくりましたが、
森田さん、石原さん、気象庁の皆様、正直、すみませんでした。


いや、なんだかんだ言ってね。できる子だと思っていたんだよ。本当は。

心のどっかではね。信じていたよ。うん。


相方には「当社の完全晴れパターンじゃなかったの?」

・・・と嫌味を言われました。

普段、相方の非を暴露しまくっているので、
私に非があった時は妙に嬉し気なんですよね。

・・・ホント我ながら睦まじい夫婦でなによりです。(--;)

昨日は、予定通りホームセンターに軍手を買いに行き、
わが家の初めてのメンテナンス(らしきこと)

輪行に向けて【明日のためにその1】「はじめての前、後輪外し」をやってみました。

1日をダラダラと過ごすうちに何かと後ろ倒しになり、
その作業をやり始めたのは、なんと夜中。

終ったのは、草木も眠る丑三つ時すらとっくに過ぎた午前3時半です。

ホント、なにやっとんじゃ。自分(達)。

お陰でまた起きるのが遅くなり午後スタートやんけ。

その作業はまさに四苦八苦的な状況だったのですが、
そのことは改めてブログに書かせていただきます。

・・・と、その前に中途半端に終っている「千葉観光案内」ですが、
そんなこんなで時間がなくなり書けませんでした。(汗)

ただでさえ「自転車関係ないじゃん」なのに、
途中間があくと更に「なんだかなぁ」な感じなんですが、お許しを・・・。

・・・というわけで(どういうわけじゃい)
自転車にてお台場まで○井のバーゲンに行ってきます

自転車を始めて、まだ1年をめぐっていないので、
自転車に乗る時のカジュアルな服が大変不足つうか枯渇しておる次第なので、
今日は、夏に向けて「ユニパン(夏の号)」的、
カジュアルファッションを仕入れてこようかなぁ。と。

自転車で行くと、バーゲンで獲物をゲットできなくても、
無駄足を踏んだ上に、そこまでに費やした交通費等が無駄にならないのが
いいところですね。(by相方俺のお得道語録より抜粋)

しかし今日は、なんか雨が降りそうな奇妙な天気ですが、
天気予報によると曇り→晴れだそうで・・・・

今日は、信じきって行ってきます!

・・・しかしホントかよ。→信じきれてないじゃん。

ランキング参加中です。できればポチッ★とクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログへ   人気ブログランキング


関連記事
成田山~房総のむら日記Ⅱ

昨日は、バーゲンで大量に自転車用カジュアル服(激安)を仕入れてきました。

自転車で行ったので、大量の荷物は持ち帰れずに配送したので、
せっかく買ったブツがまだ手元に届かず確認できないのが、配送の難点ですね。

ぜんぜん試着もせずに、バーゲンの激情に駆られて買った物もあるので、
早く中身を確認したいです。

そんなこんなで「今更~」な「成田山~房総のむら日記Ⅱ」ですが、
(自称)千葉観光大使としては、中途半端にしておくわけにもまいりません。
(誰からもたのまれてないけど)

・・・といわけで以下、「成田山~房総のむら日記」の続きになります。

寒さと空腹間で多少、どっかのなにかが緩んでしまったのか、
妙にハイテンションな相方。

入場料を支払った後だし、施設内を見学せずに出るわけにも行かず、
ちょっと鬱陶しい感じの人と化した相方と取りあえずは施設内を
見学することにしました。

その間、寒さを紛らわせるためか、

「ひゃほーーっ。」とか掛け声を掛けつつ、おしくらまんじゅうを仕掛けてきたりする相方。

何かしていないと凍え死んでしまう感じがする・・・という気持ちはわからんでもないですが、

正直、非常に鬱陶しい。

第一、2人でおしくらしたところで大して暖は取れん。

子供の頃見た映画で、寒い雪山を行く日本軍が、
あまりの寒さの中、発狂して雪の中裸になったり・・・と、
逆に愉快すぎる人のような行動をとる・・・という内容の映画があり、
子供だったのでちょっとしたトラウマになりましたが、
寒さというのは、そういう物かもしれないです。


蕎麦屋のあった町人街(?)を抜けると、武家屋敷があります。

武家屋敷まで行く間に、残念ながらほとんど散っていましたが、
桜の並木があって、地面は桜の花びらでいっぱいでした。

桜の花びら

ここも桜のシーズンに来るよかったかも。

こちらが「武家屋敷」

武家屋敷

当時の武家が質素倹約だったのか、当時の日本人が発育がイマイチだったのか、
結構小さめなお屋敷です。

・・・て、なぜか屋根のトタンが丸見えやんけ。

どうどうと平成の世が見えちゃってます。

前に来たときはトタンじゃない、
ちゃんとした何かが乗っていたような気がしたんですが・・・(--;)

改装中なのでしょうか?

それとも財政難でしょうか?・・・やっぱり300円じゃ限界があるのか?

ちょっと屋根はあれでしたが、中もキチンと見学できて、
こちらは当時を再現しています。

この日は兜が飾ってありました。

兜


武家屋敷を出て更に奥に行くと、木に奇妙な物がぶる下がっています。

綱つり

こちらは当時、村などの境目に吊るした縄だそうです。
縄の下に藁で作成した蛸、海老、たわし、サイコロ等
一貫性のないラインナップがつり下げられています。

町内繁盛と外から災いが入るのを防ぐためだそうですが、
なぜ、このラインナップなのかは、残念ながら説明がありませんでした。

この境界線を越えると「上総の農家」です。

上総の農家

農家らしく、キチンと前には手入れされた畑があり、
菜の花も植えられていました。

中に入ると、昔の玩具がいくつか置いてあり、自由に使用することができます。

上総の農家

そしてハイテンションな相方が、やりだしたのが竹馬。

竹馬に乗る?相方

相方は喜び勇んで竹馬に挑んだのですが、いつまでたっても乗れねぇ。

一応、足は1~2秒くらいは竹馬に乗るんですが、
あくまでも「乗る」ってだけで、歩けることなどぜんぜんできません。

なんか見ているだけでイライラしてきた私。

昔はこれでも(ステンレス製のでしたが)竹馬は得意中の得意だったのです。

いつのまにか自分の中で記憶の改ざんを輝かしい方にしていなければ、
竹馬で学校くらいまでは行けそうな程、得意だった記憶があります。

「どれ、やらせてみたまえ!」

ということで、他の竹馬でやってみたんですが、

これがぜんぜんできない!乗れることは乗れるんですが、2歩歩くのが精一杯。

(自称)竹馬が得意だった私が、こんなに苦戦するとは・・・

やっぱり素材が竹だとバランスをとるのも難しいのかな???

・・・とか思っていると、後から来た子供が、
「竹馬久しぶり~乗れるかなぁ。」とかいいつつヒョイヒョイ乗れてました。

もしかしたら記憶の改ざんが行われていたのかもしれません。(--;)

ちなみに相方は子供の頃から竹馬に乗れたことがないそうで・・・。

2歩歩いただけの私を見ても

「すごーーーい♪どうやってのんの?」(*'▽'*)と尊敬のまなざしを向けてました。

技術力のなさもあれですが、お互いのこの運動神経のなさも
わが家の自転車ライフの枷になっていることも否めません。

・・・だから未だに走りも微妙な感じなんですよねぇ。


「上総の農家」を出て、歩いていると広場のようなところに行き着きます。

この広間の名前は「お祭り広場」

太鼓なども置いてあります。

太鼓は自由に叩いてもいいので、時折「房総のむら」の中を歩いていると聞こえてくる
微妙な太鼓の不協和音はここが発生源だと思われます。

そしてハイテンションの相方、ここでも妙にハイテンション。

おもむろに太鼓に向かい、

太鼓を叩く相方

いなかっぺ大将より「大ちゃん音頭」(相方編曲)を2小節目まで奏でる。

一緒にいると仲間だと思われるので、わたくしは遠巻きに写真を撮って、
そのまま退散しました。

広間の横には、これも江戸風な「茶店」があり、

お茶屋


これ以上相方を空腹のまま置いておくと、更にハイテンションが加速しそうなので、
血糖値を上げるためにお菓子を食べました。

お茶、お菓子

お菓子付きお茶が各300円。

寒かったので、お茶が美味しかった。

敷地が広いのでこの辺まででも結構見学はお腹いっぱいな感じなので、
(寒いし)このまま戻ってもいいような感じなのですが、
うちのせっかくだから神(相方)は「満喫」するまでは、
この場を離れることを許してはくれないのです。

相方の中で

寒さ<<<せっかくだから

この辺のブレのなさは、尊敬に値するかも。(いや、尊敬したくないけど)

寒い中、更に施設を奥地へと向い、

「下総の農家」です。

下総の農家

千葉県は昔、上総、下総、安房という地区に分かれていたそうで、
先ほどは「上総」今回は「下総」の農家なんですが、
見たところ「別に施設を建てる意味あんのなか?」とか思うほど、
あまり違いがわかりません。

入口のところに船がおいてあり「そうか!これが上と下の違いか!」
とも思いましたが、説明文にもこの船のことはなんら触れていなく・・・。

船

説明されないと、なんか気になるのが人情です。

更によく船の中を見ると、中に何か書いてあるので、
「そうか船の中に説明文が・・・」とか思って覗いていると、


説明文


・・・・・・・・・。

結局、この船は下総の農家となんの関係があったんでしょう?


上総、下総とくれば予想通り「安房の農家」があり、そこを見学し、

やっぱり各農家の違いがわからないまま、「房総のむら」を見学を終えました。


先ほどのお菓子だけじゃぜんぜん足らず、さすがにお腹がすいたので、
最初に「フリスビードック大会」をやっていたドラムの里という広場に
レストランがあったのを思い出し、そこでなんか食べようということになりましが、

・・・時間的に丁度、食事の提供は終った後でした。

なんかこの週は食事運が悪かったです。(--;)

仕方がないので、車の中で食べようと売店で「おこわ」などを購入した後、
車に戻る途中に見つけました。

今回、唯一自転車ブログらしい情報提供です。

ここにも「レンタサイクル」があったんです。

天気が微妙だったせいか、人があまりいなかったせいか、
その他に原因があったのか、レンタサイクルを借りてそうな人は皆無でしたが、
一応、こんな感じのラインナップみたいです。

レンタサイクル

うーーん。種類的にはちょっと微妙。

しかし、先日の「きたかわべ」でも微妙なレンタサイクルのラインナップに
ちょっと後ずさりしましたが、結果的には、奥からまずまずグットルッキング自転車が出てきたことだし、
これだけを見て判断するのは、早計かもしれません。

機会があったら(自称)レンタサイクルニストとしては、
貪欲にチャレンジしてみようとも思います。

車の中で、なんでもなんでもなんでも食べちゃう太めな愛犬に脅かされながらも、
先ほど購入した「おこわ」を食べ、

おこわと愛犬


「成田山詣」の時間があまりないことに気づき、早々「成田山」に向けて出発しました。

・・・て、前日と同じことやっとるやんけ。ちょっとは学べよ。(--;)

成田山に着くと、5時近くになっていたので、かなりギリギリモード。

夕方になり、風も更に冷たくなったので、かなり薄着の相方は暖を取ながらのお参りです。

 愛犬と相方


ちなみに犬の体温は結構高いので、こんな時役に立ちます。

前日の「佐野厄除け大師」では、賽銭箱も貯金箱化するほど遅くなってしまったので、
おみくじも撤収されていて、おみくじも引けなかったのですが、
こちらの「成田山」のおみくじは、自販機のヤツなのでエブリタイムOK(なのか?)

おみくじ

わが家に大吉をもたらす会(総員2名)としては、
今回は私が代表して、引くことにしました。

回転しているおみくじをストップボタンを押して選ぶので、
完全に自分で選ぶものなのですが、

おみくじ

結果「吉」

おみくじ

靖国神社から横ばい。成長なし。

個人部門としては、私が前に引いたのは「小吉」だったので一歩落ちる。(--;)

ここまで「小吉」~「吉」が続くって事は、やっぱりその辺の人生なのかもしれません。

もうわが家は一生「大吉」の文字がみれないんじゃないか?

と急に弱気になりました。


成田山から戻り、実家に犬を置いたついでにうちの両親と食事をしました。

両親はよく仏閣に行くので、この話をしたら、

父が「俺なんか3回連続で凶を引いちゃってさぁ。(なんか嬉し気)
3回も連続で凶を当てるなんてかえって難しいんだぞ!」

て、自慢?!

くじ運の悪いところは遺伝なのかもしれませんが、
こんな風に全てにおいて“It's前向き”なところは、
私はまったく父に似てないんですよね。
(後ろ向きな母に似ちゃったんで)

いいんだか、悪いんだか・・・です。

ランキング参加中です。できればポチッ★とクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログへ  人気ブログランキング

関連記事
春の自転車新番組「自転車百景」

昨日の夜、テレビを見ていると日本テレビで「自転車百景」という番組がやっていました。

私は昨日初めて気づいたのですが、
4月7日から日本テレビの関東ローカルで放送されている番組みたいです。

日本テレビのHPによると、この番組のコンセプトは
“自転車で走れる自然に囲まれたコースを紹介”とあります。

昨日は「福井のサイクルトレイン」が紹介されていました。

なんでも福井には、期間と曜日と時間が限られているようではありますが、
追加料金200円で自転車をそのまま持ち込める電車が現在運行されているようです。

画面を見ると、袋にいれることもなく、乗ってきた自転車をそのままin。

電車の乗った後にゴムバンド(自前なのか?)で止めるという規定があるようですが、
むきだしの(?)自転車を中に入れていました。

都内にもそんな電車があるといいなぁ。と思いますが、
もし都内に出現したら、混雑時は他の乗客の方に冷たい目でみられそうですね。^^;

その上、都内の駅のあの急階段や、
「いったい、どこまで下ればいいの?」
という不思議な国のアリス気分な地下鉄のことを考えると、
都内ではそのまま持ち込めるより、「むしろ輪行袋下さい」という気になるかも。

しかし、このところ自転車に乗っている人も多く見かけますし、
10分足らずの短い番組ではありますが、こんな風にテレビ番組でも始まるとは、
やっぱり世は自転車ブームなのですね。

関東ローカルとはいえ、福井も視野に入れているってことは、
日本全国の自転車スポットご紹介のようですね。

そうなると「某アド街」のように“明日使える身近な自転車スポットご紹介”
というわけではなさそうですが、全国の自転車スポットを見るのも旅気分で楽しそうです。

忘れていなければ、来週も見たいなぁ。


さて、話は変わりますが相方の不幸な事故により、今年は絶頂期の桜を見逃したわが家。

その事が心のどこかで恨めしく思っていまして、

この際「“天然記念物”級の桜を見に行ってやる!」と心密かに目論んでいました。

そこでロックオンしたのは「三春の滝桜」

問題は開花時期にタイミングよく「相方が休みがとれるか?」ということだったんですが、
まあ、うちの相方の仕事は一年を通して忙しい時期のない仕事(のよう)なので、
なんとか休みをGETしまして、明日から1泊で福島に旅行をすることになりました。

昨日、友達と電話で話していて

「この新入社員が入る時期に休みとれるの?!」

とちょっと驚かれましたが、相方の会社は会社全体でも新入社員なんぞは、
野生のベンガルドラくらい貴重かつ稀有な存在。

ましてや、そのベンガルドラ・・・じゃなくて新入社員が相方の部署に配属されることなど皆無なのです。

ちなみにここ数年、相方には新入社員どころか後輩社員すら存在せず、
未だ職場では(世間ではいい年なのに)「若手社員」で通ってます。(--;)

そんな状況なので、4月になろうが年度が変わろうが新入社員の指導などはなく、
相変わらず十年一日のごとく・・・こんな時期でも休みが取れちゃうようなのです。

・・・幸か不幸かなんですが・・・。

本来なら、この旅行までに輪行をやりたかったのですが、
いろいろモタモタしておりまして(汗)
今回は輪行をするには時期尚早ということとなりました。

でもせめてゴールデンウィークまでには輪行したいなぁ。

結局、今回もレンタサイクル三昧してこようと思います。
 
時間があれば、観光地2箇所でレンタサイクルを借りようと考えてますが、

その中の1箇所では「変り種自転車」なるものが借りられるらしく、

「いったい、どんな方向に変わってんだよ~。」

と(自称)レンタサイクルニストとしては、

今からドキドキ★ワクワクです。

その辺のところも、また帰ったらブログでご報告させてもらいたいと思います。

それでは、行ってきまーす。(^^)/~

ランキング参加中です。できればポチッ★とクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログへ  人気ブログランキング

関連記事
ドキ☆初めての前、後輪はずし

昨日、一昨日は、三春の滝桜を見て猪苗代で泊まり、
猪苗代と会津若松でレンタサイクルのはしごをするツアーに行ってきました。

かなり内容が濃くて疲れました。
あまりに濃すぎて出発した一昨日はずっと昔のことのようです。

そんな「福島Wレンタサイクルの旅」は、また後ほど旅行紀を書かせてもらうとしまして・・・。

本日は、先週の土曜日の夜中に密やかに行われた、

「ドキ☆はじめての前、後輪はずし」の状況をつづりたいと思います。


土曜日はもともと予報で雨だと思っていたのですが、起きてみると晴れ。

(また)天気予報に裏切られた・・・と思いつつも、起きたのが遅かったために、
今更どうにもならず・・・。

まあ、結局は雨が降ったので裏切られていたわけではなかったのすが・・・。

わが家では、当初の予定通り「前、後輪をはずしてみる」
という最大の自転車イベントを行うことにしました。

普通の自転車乗りの方ならなんの覚悟も決意もなくとも、
タイヤなんぞ日常的にヒョイヒョイはずしていると思いますが、
なにせ、わが家は比較的(つうかかなり)簡単といわれる前輪はずしですら、
グダグダと引き伸ばし、自転車購入後半年以上経過したこの日まで、
のらりくらりとやらずに来てしまったグダグダな自転車乗り。

しかし、夢の「輪行」をするに当たって、どうしても後輪をはずす事情が出てきて、
この日は意を決して重すぎる腰を上げ、「前、後輪」をはずしてみる決意をしていました。

・・・となると必需品と思われるのが「軍手」です。

自転車というのはスポークにうっかり触ったぐらいで、
黒い謎の汚れが手に付く危険な代物。

油の塗っていないスポークですらその域なのですから、
油まみれのチェーンは完全危険水域です。

しかもこの謎の黒い汚れ、洗ってもなかなか取れません。

そこで「軍手」のようなものが必須になるんですが、
ついうっかり買い忘れておりました。オーマイガー(T_T)

・・・そこでまず考えたのがアイツです。

この冬、私が散々お世話になった「青いカラー軍手」

冬は手袋の中にはめ、春にはむしろメインではめ、
つい最近は紫外線予防としてはめていた物ですが、
散々世話になっておいてなんですが、変に悪目立ちする割には、おしゃれ度はイマイチ。


日に日に毛玉も増えて行き・・・

「毛玉」はこの世で存在を許せないもの10指に入るほど
大嫌いな私としては、正直、毛玉なカラー軍手には愛情もなくなってきていました。
(もともと大して愛情をもっていなかかったけど)

ブログで募っても会員は誰一人集まらなくても、
私も名誉ある(?)「毛玉大嫌い同盟」の会長兼会員。

来年はこいつはないな・・・。

カラーとは言え、こいつも「軍手」と名の付くものだし、
まあ、作業に使っても支障はないだろう・・・こいつを使っちまおう。

と、思っていると、ここで強力に異を唱えたのが、セコ・・・物を大切にする相方です。

「まだもったいないよ。来年も使えるかもしれないじゃん。」

と、カラー軍手と血のつながりでもあるんじゃねぇの?ってくらい、
なぜかヤツの延命を必死で懇願。

て、来年もこんなのを使わせるつもりかよ。(散々けなしてたくせに)

・・・と、いささかムッときましたが、相方の言うことも一理ある(ような気がする)。

結構、手袋とかは買うのを忘れていて、急に必要になるものだし、
次のカラー軍手・・・じゃなくてグローブを買うまで生かしておいた方がいいかも。

(結果的には次の日の日曜日が風が冷たくて、早速使用する羽目になったので、
生かしておいて良かったっす。)

今後も整備に必要になると思うし、ここはまず「リアル軍手」を購入からやるか。

と決意したのはお昼過ぎですが、そこはポタもなしのグダグダな休日。

「整備はやだな。」という整備に対する苦手意識も心のどこかにあったかもしれません。

(いや、確実にあっただろ)

ダラダラ過ごしているうちに、ホームセンターに着いたのは、
なぜか閉店ギリギリの午後8時。

「(あからさまな)帰れ、帰れコール」の中、駆け込みでホームセンターに入り、
ダッシュでお徳用「軍手」を大量購入してきました。

軍手

12双組も入っているのに、破格の安さの178円。

Made in Chinaなのになぜか日本一。

まあ、その辺は大人な諸事情があるのでしょう。


そんなこんなで「軍手」を手に入れ、
未だわが家の和室に鎮座ましましている自転車に、
意を決して向かったのは、なぜか夜中の12時過ぎ。

このあたりのタイムラグは何をやっていたのでしょう?

・・・おそらくやるのがイヤで更にグダグダしていたものと思われます。 (--;)

有無も言わさず、相方より日本一軍手を一組渡され(私も作業要員?!)
わが家の整備バイブル「自転車トラブル解決ブック」を片手に、
お試し「前、後輪はずし」開始です。

タイヤはずし1

(真夜中だけど)やったるでーー!と決意のフレミングの左手の法則です。

ここは、たまたま(運悪く)手前に停めてあった私のビアンキの両輪をはずすことにしました。

まず(比較的簡単といわれる)前輪から外します。

①ブレーキワイヤーをはずす

ブレーキをぐっとひきよせ

タイヤはずし2

ワイヤーをはずします。

タイヤはずし3


②クイックレバーを解除する

タイヤはずし4

③レバーの反対側にあるナットを3回転くらいまわす

タイヤはずし5

④そのままハンドルを持ち上げる

・・・と、あっさり前輪が外れました。

タイヤはずし7

簡単に外れるとは聞いていましたが、本当に比較的簡単です。

ちょっと驚いたのは、レバーごと取れるんですね。タイヤって。
このレバーは本体にくっついているものと思っていたので、そこんところちょっと驚きです。

前輪は比較的あっさりはずれたんで、いい気になって一気に後輪外しです。

①まず、ギアをトップに入れる

・・・なにーーー?!

前輪を外した状況でギアをトップに入れろとはこれいかに?!
(自分達が計画性0なだけだろ)

仕方がないので、相方が前を持ち上げている隙にペダルを回してギアをトップに入れました。

②ギアがトップ(一番小さいところ)に入っているのを確認する

③ブレーキワイヤーを外す

タイヤはずし8

タイヤはずし9

前輪はかなりあっさり外れたのに、
この後輪の方は、なぜか簡単に外れてくれません。
コツでもあるのかかなり時間を要して、ようやくワイヤーが外すことに成功しました。

④クイックレバーを解除する

タイヤはずし10

前輪と違いなぜか、かなり重いです。
私の力ではぜんぜん無理で、相方に頼みました。

ところで、後輪は前輪のように反対側のナットを緩めないでもいいようです。
理由は“エンドに脱着防止のツメがないから”・・・だそうですが、
理由を聞いてもイマイチなにがなにやらぴんときません。

そしてフレームを持ち上げていくと後輪が外れて行き、
更に強気に持ち上げていくと、ハブ部分が完全に外れます。

タイヤはずし11

後はギアを外して後輪を引っ張れば完全に後輪が外れました。

タイヤはずし12

ここでもかなり驚いたのは、スプロケットとタイヤは一緒にはずれるんですね。
スプロケットは本体側についていると思っていました。

そして残ったのが、タイヤの取れたフレームのみのビアンキ。

タイヤはずし12

なんか「こんな骨だけになっちまって・・・。」というような感じです。

タイヤが外れる前よりはかなりコンパクトになってますが、
空間把握能力がない身としては、ここまでしても車に載るかどうかが
イマイチ把握できません。

そこで「試しに車に載せてみる?」と相方。

時刻は草木も眠る丑三つ時。

キタローさんたちの墓場での運動会も宴もたけなわな時間だぞ。

・・・とは思うものの・・・確かにこの時間なら、他に駐車場を利用する人がいないので、
出庫後すぐに移動しなくても済むので、逆にひと様に迷惑をかけることもなく、
ゆっくりと載せてみたりすることもできそうです。 

昼間になるとそういうこともできないので、
(かなり怪しい人みたいだけど)今しかないかもしれない。

・・・というわけで駐車場まで持っていって、わが家のコンパクトカーに載せてみる事にしました。

今日は時間がなくなってしまいました。すいませんが、続きます。

ランキング参加中です。できればポチッ★とクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログへ  人気ブログランキング


自転車トラブル解決ブック

自転車トラブル解決ブック

価格:1,029円(税込、送料別)


関連記事
都立庭園のお得情報
どうも、こんにちは。くろばいBです。
今日はくろばいが急用で実家に帰っているのですが、珍しくパソコンを
置いていったようなので、私くろばいBもたまには書いてみようと思います。

このブログを読んでくださっている方には、くろばいBは「せっかくだから病」とか
「セコイ」とかという話題が多いので、すっかり「お得好きキャラ」になってるかもしれません。
まあ、実際否定しきれないわけですが・・・(笑)

ということで、お得(?)かもしれない情報を一つ。


都内では桜の時期が終わってツツジや藤がきれいな時期になりました。
六義園では先週から「つつじまつり」が始まったようです。
自転車に乗るようになってから、花を見に都内の庭園に行ったりする機会が増えました。
東京都の公園・庭園情報のホームページを見ていたらおもしろい情報を見つけました。

「都立9庭園共通年間パスポート」
http://www.tokyo-park.or.jp/event_search/detail/e_search_dt000307.html

一年間、9箇所ある都立庭園に何度でも入場できて4,000円だそうです。
自転車だと公園をはしごするのもカンタンですし、これまでも何回か行ってきました。
これからもいろいろな公園にポタリングすると思いますので、わが家でも購入を検討しようかなあ。

ということで、これからもくろばいの嘲笑にもめげずに「お得道」(?)を極めていきたいと思います。

うーん・・・たまに書くとブログもなかなか難しいですね。

ランキング参加中です。できればポチッ★とクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログへ  人気ブログランキング
関連記事
ドキ☆初めての前、後輪装着
今日からゴールデンウィーク突入ですが、あいにくのお天気のスタートでしたね。

そんなゴールデンウィークのスタートも、
夕方からの雨予報を受け、わが家はまたまた寝てました。^^;

自転車に乗らない時は必ず寝ている(だけの)わが家の休日のスタイル。

自転車がなかった時は、エブリ休日こんな感じでした。(遠い目)

一昨日、ちょっとした親戚の集まりがあり、
その日のうちに帰るつもりで出かけた私でしたが、
車で来ていた父がその場のノリでお酒を飲んでしまったために、
急遽、私が運転代行をして(着の身着のまま)実家に帰ることになり、
旅行時とか以外は、身から離したことのないパソを置いていく羽目になってしまいました。

で、帰ってみてびっくり。
いつの間にか(こっそり)相方がブログ更新していたんですね~。

実は、わが家にIT関係の新しい文明を持ち込むのはいつも相方で、
すぐ飽きるのも相方です。

ブログも相方が持ち込んだ「文明の風」の一つですが、
なぜか持ち込んだ本人は、風を持ち込んだままほったらかしっぱなし。

いつの間にか私(のみ)が書くというのが当然のスタイルになっていました。

私も相方に負けず劣らず飽きっぽいのですが、
皆様に読んでもらえたお陰でなんとかいままで続けてこれました。

久々の完全相方メインの記事でしたが、役立つようなそうでもないような、
微妙なお得色満載で実に彼の人間性がよく出ていましたね。^^;

今後も彼には「お得」を追求してもらって(いや、状況によっては嘲笑しますけどね)
たまには「くろばいBの役立つお得情報」でも書いてもらいたいと思っています。

・・・まあ、役立つかどうかはあなた様次第ということで・・・^^;

・・・というわけで、すっかり前半戦を書いたまま、
ほったらかしになった形ですみませんが、
「ドキ☆初めての前、後輪はずし」の後半になります。


せっかく前、後輪をはずしたのだからこのまま車に載せてみよう。

という「せっかくだから病」の相方の提案にのり、
タイヤの取れたビアンキを抱えて、とにかく駐車場まで移動することにしました。

真夜中のマンションの廊下を自転車らしきものを抱えてコソコソと歩く
怪しげな男女・・・。

 

夜中のマンションの廊下

あまりの怪しさに通報されそうです。

機械式の駐車場から車を出し、まずシートを倒さずに入れてみようと思いましたが、
そのままトランク部分には入る気配もありません。

「これはシートを倒して平らにするしかない」

と思いましたが、今まで平らにしたことがないのでやり方がわかりません。(T_T)

四苦八苦しながらいろいろ試してみましたが、全然倒れてくれません。

車につんである(はずの)説明書を見ようと思いましたが、
基本的に計画性のないわが家は、その場ののりで自転車(の骨組み)を抱えてきたので、
火気電気類を持ってこず、どの道、暗くて説明書が見れそうにないし・・・(困)→ホント行き当たりばったり

購入した時にセールスの方が「シートが倒れて平らになるんですよ。」

言っていたような気がしますが、「それって空耳だったのかも。」
自分の記憶の改ざんを疑い始めた頃、なんとか(なにかの拍子に)シートを倒すことに成功しました。

シートを倒してみると、わが家の超コンパクトカーFにも結構余裕で入る事も判明。

こんな感じなら2台も大丈夫そうです。

「これなら輪行いける!」という感触をつかみ、やり遂げた感にひたりつつも、
警備員さんに見つからないように、再び自転車らしきものを抱え、
こっそり部屋に帰ってきました。

さて、部屋に帰ってくるとビアンキをこのままにしておけないので、
今度はタイヤをつけなければなりませんが、これが意外に手こずりました。(--;)

前、後輪をはめる作業は、はずした時と逆の作業をすれば良いと思いますが、
なにせ前輪をはずす時も、その時を生きるのが精一杯で、
まったく頭に入りませんでした。

・・・ので、今回も整備バイブル「自転車トラブル解決ブック」再登場。

後輪からはめていきます。

①後輪のシフトレバーのギアがトップに入っていることを確認する

②スプロケットの一番小さいところに、チェーンを当てる

タイヤをはめる1

③ディレイラーのプーリーゲージを下げる

タイヤをはめる2

と、「あーら不思議」なんとなく嵌っちゃいました。

タイヤをはめる4

あとは、クイックレバーを締め、ブレーキワイヤーを嵌めるのですが、

タイヤをはめる5


コツがいるのか、このワイヤーがなかなか元の通り入ってくれませでした。

タイヤをはめる6

2人がかりで元から手繰り寄せて、時間的にも結構かかったような気がします。

タイヤをはずすなどという、こういった作業は、普通は1人でやる方が多いと思いますが、
うちの場合、ワイヤー一つをとっても1人じゃ無理でしたね。(--;)

しいて言えば、歴代ひとりで変身できたウルトラマン(達)の中で、
ひとりでは変身できなかったウルトラマンAのようなものでしょうか?

まあ、最終的にはAも1人で変身できるようになったので、
そのうち我々も1人でできるようになるといいんですが・・・(遠い目)

前輪については、そのままフレームを当てて、
ナットを元通り締めて、

タイヤをはめる7

シフトレバーを締め、

タイヤをはめる8

ブレーキワイヤーを元通りにして、
「ドキ☆初めての前、後輪はずし」が終るはずだったのですが、

最後に念のため前後輪を確認してみると、
前、後輪とも片側のブレーキシューがタイヤにぶつかっている感じです。

これは、ヤバイ。

何かの本にブレーキシューがタイヤにぶつかっていると、
タイヤが破裂する原因になる・・・とか書いてあった気がします。

この時、すでに総作業時間が2時間近くかかっていたような気がします。

「やっと、終ったー」と思ったら、
また、振り出しに戻ってタイヤを直さなければなりません。

なんかやっつけた(はずの)エイリアンが、ホッと一息ついていると、
実はまだ息があって最後に襲ってくる・・・という米恐怖映画のお約束パターンのようです。

なんか泣きそうになりながら、もう一度「軍手」を嵌めて追加作業開始です。

トラブルブックを見ると原因は、「タイヤがうまく嵌まっていないため」

とあります。

が、タイヤはきちんと嵌っているような・・・。

他に原因として考えられるのが、タイヤを嵌めるときに、
サービス感覚(?)でクイックレバー(前輪はナット)をいつもより余計に締めた事でしょうか?

実際、レバーの締めを甘くしたらブレーキシューが
元の通りリムの部分に収まってくれました。

元通りになったので、めでたしめでたしなんですが、
締めたことと、ブレーキシューがタイヤに当たっていたこととの
因果関係は(いつもの通り)不明です。(--;)

全てが終了したのは、どちらかというと夜明けの方が近くなった3時30分。

なんかどっと疲れました。

「軍手」もこんな感じで汚れていました。(軍手買ってきて良かった~)

タイヤをはめる9

しかしクイックレバーを締めたりという作業は意外と力が必要で、
そこは(一応)男性の相方がいて助かりました。

「腐っても男だね。^^」

と珍しく相方を讃えていると(讃えているのか?)

力を使いすぎたのか、相方のグラスを持つ手が小刻みに震えてました。(--;) これしきで・・・

本格輪行はもう一台あるのに大丈夫かいな。

・・・と、一応輪行のめどが立った(?)のですが、
もとからトロイわが家は、ここ一週間いろいろあったこともあり、
気が付けば、本日から「ゴールデンウィーク」突入・・・・・・

あわわわわわ・・・

あわてて本日、輪行袋を通販で注文しましたが、
長期的に実家に帰る2日までに輪行袋が来るのが間に合うのでしょうか?

間に合わない場合は、ゴールデンウィークのわが家の自転車ライフは、
「・・・・・・・(--;)」になることは必至です。

うーん。どうなることやら・・・乞うご期待(?)です。

ランキング参加中です。できればポチッ★とクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキング

関連記事
亀戸天神「藤まつり」に行ってきます
今日も微妙にはっきりしないお天気ですね。

どうしようか決めかねていたんですが、なんとか雨も降らずに済みそうなんで、
前から行ってみたかった「亀戸天神の藤まつり」に自転車で行ってこようと思います。

なんでもここは「東京随一の藤スポット」なそうな・・・。

前に行ったときは、真冬だったので「棚」だけしかありませんでしたが、
棚の数が結構多かったので、その棚一面に藤が咲いていると思うとかなりゴージャスに違いない。

と、楽しみです。


実は、わが家にとっての本格ゴールデンウィークは相方の仕事の都合上、
1日からということになっていますが、
2日から6日までは両親が旅行の為に「しょう油の街からこんにちは」となります。

できれば「しょう油の街から自転車でこんにちは」にしたいのですが、
輪行バックを買ったのが、なんとギリギリの昨日の夜。

輪行を計画してから幾星霜・・・ボーーーッとしている間に、
実はいつの間にかゴールデンウィークに早くも突入していたのですね。

その衝撃の事実はゴールデンウィーク初日の昨日気づきました。

こりゃあかん。Σ(゚д゚;)

と、駆け込みで昨晩「輪行袋」を注文しましたが、
なにせゴールデンウィークなので早急な発送が期待できず・・・。

1日までに届くかどうかは、微妙なところでしょうか?(--;)

三つ子の魂百まで・・・毎年夏休みの宿題を31日の夜中まで、
泣きながらやっていたという人間性はン十年たっても変わらないものですね。(遠い目)

都合が悪いことに、わが家は2人ともこのタイプなんですよね。

ちなみに購入した輪行袋はこちらです。



私はブルー、相方はブラックにしました。

1枚楽天価格で12,000円弱×2+フレームカバー×2

わが家にとっては、かなり奮発しました。

・・・ちょっとお金のかけどころが違うんじゃ?

・・・と、思わないでもありません。

それでは「藤まつり」に行ってきます。(^^)/~

ランキング参加中です。できればポチッ★とクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログへ  人気ブログランキング
関連記事
お台場バーゲンポタ【前編】
昨日は野暮用があり、「大崎」まで行ってきました。

せっかく大崎まできましたし、友人と夕食を一緒に食べようということになったのですが、
大崎なんて来るのはかなーり久しぶり。

バブル景気の消え去った折、ドラマは「オシャレくさいオフィスビルに勤めている主人公」
という設定が大流行でそんなドラマのロケに使われていた頃に1~2回来た覚えがあります。

一緒に行った友人は、私より「大崎」には詳しいようですが、
それでも数年ぶりだったようで、かなり中のお店は様変わりしたらしく、
新しくできたお店を見ては驚いていました。

その中でもっとも驚いたのは「大戸屋」が出店していたことのようです。

庶民の定食屋、お父さんの強い味方「大戸屋」が
過去の話とはいえ、「オシャレくさいオフィスに勤めている主人公」が通っていたとされた
オシャレくさいオフィスビルに出店。
(まあ、オシャレなオフィスも現実的には中の人は
ほとんどお父さんだから正しい姿勢(?)だと思うのですが・・・)

しかし・・・これは興味深い、私(達)も行ってみよう。

・・・ということで吸い込まれるように「大戸屋」で食事をしました。

さて、皆様、オシャレなビルの大戸屋は、大戸屋なのになぜかオープンカフェ(?)

大戸屋

・・・つうかオープン定食屋?

しかもなかなかシックかつオシャレなインテリア。

大戸屋

その辺は前に入られていたお店の都合なのでしょうか?

メニューは他と変わりない感じでしたが、
お店の雰囲気が変わるとなんかオシャレに感じられました。

安くて雰囲気もいいし、オシャレ「大戸屋」もいいですね。
これだったらデートに使えるかも?(私にはもはや無縁ですが)

卵トッピングなコロッケが美味しかったです。

コロッケ

こちら「さくら塩ミルクムース十勝あずき添え」

さくら塩ミルクムース十勝あずき添え

今流行の塩物を積極的に取り入れているところに好感が持てます。
あまり期待はせずに、「限定品だから・・・」と頼みましたが、
これが結構美味しかったです。

考えてみれば、昔から甘いものの隠し味に塩とか使われていましたし、
改めて塩と書かれると躊躇を感じましたが、味的にはあまり違和感がないですよね。

ちなみに醤油はヤマサでした。

醤油

・・・いや、別にそれだけの話なんですけどね。


・・・と、昨日の出来事を長々と書いてしましたが、
このところ滞りがちな「ポタ日記」ですが、またまた周回遅れとなってしまいました。^^;

「今更~」と思われるかもしれませんが、ポタったからには記録するのが、
このブログの数少ないポリシー(?)です。

読みにくくて申し訳ありませんが、しばらく周回遅れでお付き合いくださいませ。
・・・て、いつリアルタイムにもどれんだろ。(遠い目)


一週間以上も前の話になりますが、4月20日の日曜日。
この日は、自転車でお台場まで○井のバーゲンに行くことにしました。

お台場は以前、(わが家の中では)伝説として語り継がれている「ママチャリライド」では
自転車で行ったことがありますが、クロスバイクで行くのは初めてになります。

バーゲンなので、購入した場合(大量の)荷物がでることになりますが、
○井はその点を見越しているのか、安価で宅急便で送ってくれるサービスがありますし、
何よりも自転車で行けば購入に至らなかった場合「交通費」を無駄にしなくても済みます。

いや、これかなり重要。

なにせ“ゆりかもめ”はやたら高価な乗り物なので、2人で行くと驚くほどの電車賃、
その上、結局何も買えず無駄足だと電車賃+無駄な時間のお損コラボに
うちのセコ生神様、相方様が地の底まで落胆することは必至。

たかが交通費くらいで・・・とお思いでしょうが、こういう人なのです。(タメイキ)

「勝手に落胆させておけ。」という話もありますが、
まあ、落胆させるとなんとなくこっちまでなんか大変な損益を蒙った気分になり、
なんとなく面倒なので、さわらぬ(セコ)神にたたりなし。

自転車というものはセコ神様の心の安定にもやさしい乗り物なのです。

というわけで、バーゲンでも怯むことなく自転車でGO!です。

この日は前日の夜中(つーか朝方?)まで「ドキ☆はじめての前、後輪はずし」を
決行していた都合上、出発がかなり遅くなりなんと2時近く。

「午後から晴れ」という強気の天気予報とは裏腹に空はまだ曇っていました。

一瞬、「自転車で行っても大丈夫か?」という不安が頭をかすめましたが、
前日に雨の予報で昼間は晴れ間が出ていて「騙された」と思って、
ブログに(悪)愚痴を書いた後にやっぱり雨が降った・・・ということがありましたので、
この日は強気の天気予報を信じることにしました。

しかし・・・不安なのは、前日ド素人の私と相方に前、後輪をはずされた私のビアンキ。

四苦八苦しながらも、やっと前、後輪を嵌めましたが、
見た目的には嵌っているように見えますが、本当に嵌っているのか不備はないのか不安です。
なにせ自分(達)なんぞはこれっぽっちも信用できません。

空中分解したらシャレにならん。

ちっ。こんなことならやっぱり相方の自転車の方で
お試しすれば良かったなぁ。 

そういう問題か?

と、人間性がまるわかりな愚痴を吐きつつ、ビクビクしながらのライドです。

乗り始めの時は、ギアの嵌りがなんとなく悪く更なる恐怖をかき立てましたが、
乗っているうちになんとなくギアもこなれて(?)キチンと戻ってくれました。
うーん。一応キチンとできていたということでしょうか?(--;)

前に行ったときは、道をよく知らなかった上に地図も持っていなかったので、
月島の方を抜けてかなり遠回りして行きましたが、
今回は木場の方から最短距離をとります。
正直、ダイナモ付きのママチャリだった時に最短距離とりたかったっす。(--;)

木場の近辺でちょっとだけ道をはずれてしまって住宅地を抜けたのですが、
ここで面白いような風景が・・・

住宅の前に突然線路出現、しかも住宅地の中で途切れています。

これは何線なのでしょうか?
駅らしきものも見当たりませんが、そもそも今も鉄道は通ってるのでしょうか?

この間から急遽目覚めてた、にわか鉄子熱。
気になったので、愛車とともに写真に収めてしまいました。

線路

ところで木場付近は、公園も多く緑も多いのですが虫が大量発生していました。

この週の前の週に、渡良瀬遊水地でも虫が大量発生していましたが、
虫というのは、時を同じくして大量発生するもんなんですね。

きたかわべには遠く及ばなくサイズはコンパクトですが、小虫のヤツが大量発生。

都内で小虫の大量発生を見たのは、この日が今年はじめてだったかも。

きたかわべで見た大きな虫は、上空2mくらいのところを飛んでいたので、
しっかり住み分けが出来ていたのですがこの小虫どもの居住区間(?)は丁度1m~1m50cmあたり、
つまり自転車に乗っているともろ顔付近になります。

いきなり顔の前に大量の小虫が出てきまして、よける暇もなく虫の中に顔がin。

自転車に乗ってスピードもある程度あった為か、勢いよく虫が1匹鼻からin。

・・・ご愁傷様です。こっちにも悪気はなかった。

今年初の虫inですが、これからの季節、自転車に乗っているといろんなところから
虫が入るんだろうなぁ。(--;)


そんなこんなもあって、お台場に到着ですが、
相方が事故ってから(というか私側からいうと衝突されてから)
ずっとトラウマになっていたのですが、
この日もトラウマを克服できず、相方が後ろから来ると止まる時かなり恐怖です。

そういったことが起こらないように、トランシーバーを買うべきか、
多少真剣に悩んでいる今日この頃。

1度だけトランシーバーらしきものを付けてサイクリングをしていた人達に出会いましたが、
結構目立つとのと、道路交通上いいのかな?ということもあり、二の足を踏んでいます。

トランシーバーがあるとすれば、2人で走る時は何かと便利ですし、
相方が後ろにいる時でも恐怖を感じないで済むような気がします。

そんな話を相方にすると

「ついでにレコーダーを付けてポッドキャストをやろうよ。(^^)」と相方。

また出たよ。いつもわが家にITの風を持ち込む(だけな)のは相方。

つうかポッドキャストってなんすか?

相方曰く、ブログのようにくろばい家の音声を公開するツールのようです。

そんなの誰が聴くんじゃい。

・・・と、思いつつイメージ的には、

私「どーもー。くろばいです。」

相方「どーもー。くろばいBです。」

私「今日はビックサイトに来てるんですけれども。
  話は変わりますが、最近Bがお風呂に入っていないんですよ。

  これがほんとのBくさいど(ビックサイト)。

  なんちって・・・お後がよろしいようで・・・。」

※相方の名誉の為に言っておきますが、実際はキチンとお風呂には入っています。^^;

・・・と、こんな感じでしょうか???

どの道、誰も聴かんだろ。


そんなくだらない事を考えつつも、ビックサイト付近まできましたが、
お台場に来るとちょっと困るのが駐輪場です。

想像上なのですが、お台場が計画されたのは「エコ?なにそれ食えんの?」
という感じのバブル華やかしき頃なので、規模の割には駐輪場なるものが少ないような気がします。

・・・単に自転車で来る人が少ないかもしれませんが・・・。

おりしもこの日は曇り空、「午後から晴れ降水確率は0~10%」という天気予報を
心から信頼していましたが、やっぱり屋根のある駐輪場を探しました。

完全屋内の駐輪場は残念ながら発見できませんでしたが、
ビックサイトの極近くにうまいこと一応屋根付きの駐輪場を発見しました。

駐輪場

ちょっと横はスカスカで、場所によっては謎の水滴が天井から落ちてきますが、
屋根がないより全然マシです。

駐輪場スペースも確保し、徒歩でビックサイトに向かいますが、
お台場というのは、ところどころ花も植えられちょっとした広場も公園仕様になっていますが、
面積にしては絶対的に住民が少ないのか、
メインストリート(?)でない限り特に日曜日はすいていますね。

お台場

公園ぽいところも人気があまりなく、すかすかなので、
一人当たりどんだけの公園率なのか?とちょっとうらやましいです。

水場も数多くあり、
不定期に突然水を出しては、住民や通行人をびびらせる斬新なデザインの噴水などもあります。

斬新な噴水

突然、蛇口(?)から水が噴出し、柱のようなものに水があたり音を立てます。
なにせ突然の出来事なので、覚悟していないと結構ビビリます。

斬新な噴水

丁度、ビックサイトに行くまでにゆりかもめが走っていたので、
花越しにゆりかもめを撮ってみました。 ちょっち暗かったですね。

ゆりかもめ
なんか鉄道を撮るのもシリーズ化してしまうかも。(--;)

出発が遅かったので、到着は3時半になってしまいましたが、
自転車に乗ってエネルギーを放出してしまいましたので、
エナジーチャージの為にお茶をしてから出陣することにしました。

ビックサイト内のカフェです。

ここで、千葉の斬新アイデアと思われていた「餡クロワッサン」と再び邂逅。

あんクロワッサン

思わず購入しました。

意外と餡クロワッサンて出回っているんですね。

(時間がないのにもかかわらず)4時までお茶をし、残り時間は2時間。

2時間でどこまで掘り出せるか勝負の時です。

長くなってしまいましたので、続きます。m(__)m

ランキング参加中です。できればポチッ★とクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキング

関連記事


広告



カテゴリー

にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ
人気ブログランキング



プロフィール

くろばい

Author:くろばい
愛車ビアンキ・パッソ
【愛称:ビンちゃん】
愛車2ビアンキ・ミニベロ9
【愛称:ベロンチョ(ベロちゃん)】
激情にながされ1週間で購入に至る
愛車3ママチャリ
【愛称:ソルジャー・チャーリー】
現在自転車3台を所有。
あまりの自転車の増殖率に
恐れおののく日々。
これ以上、増えることはないと
思いつつも、自分が信じ切れない
今日この頃・・・。

相方(くろばいB)
愛車:RSR-4(ブルー)
【愛称:ルイちゃん】
愛車2:ラレー・RSW SPECIAL
【愛称:くろまるくん】
新たにミニベロを購入して、
自転車わが世の春を謳歌中。
自己開発のアンゴラダイエットの
お陰で(いまのところ)メタボリック
危険水域を脱出。
しかし現在、ポタ時はポタメシを
思いっきり解禁しているので、
リバウンドに王手か?



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

03 | 2008/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -



月別アーカイブ



カウンター



ブログ内検索



RSSフィード

  • seo



おすすめの自転車本

わが家の自転車メンテナンスのバイブル!





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。