クロスバイクを買っちゃうぞ!
初心者がクロスバイク乗りになるまでの軌跡
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々の晴れですね
6月に突入し、今日は久々のお天気ですね。

だれだれモードでかなり朝寝をこいていたのですが、
今日は近所でなんぞのお祭りがあるらしく、
いきなりの集団和太鼓の乱れうちで起こされました。

いや、この時間まで寝ているのが悪いですが、あれは結構心臓にきます。

ホント何かの奇襲攻撃かと・・・

でもお陰でいつまでも寝室にいることはできず(開催広場が寝室側なので)
起きることができました。

ビバ!和太鼓、さすが日本の伝統芸能。

貴重な晴れの日に寝過ごさなくてすみました。

しかし昨日ニュースでやっていたんですが、
5月は雨が本当に多く、月の半分は雨。

特に土曜日は全雨、前の月から数えると8週連続雨だったようです。

どうりで5月はパッとしないポタ生活を送ったような気がしたんですよね。

一瞬しか降っていなくても雨ってカウントされるんで、
8週連続といってもポタれなかった時ばかりじゃないんですが、
やっぱり今日のように晴れているのと、

「いつ水が上から落ちてくるか」

とハラハラしながら追われるようにポタっているのと気分的に違うんですよね。

・・・そしてその天気が悪かった弊害とも言えることが1つ発覚しました。

今日から6月に突入ですが、

なんと先月のPastelのマンスリーデザート食ってねぇ。(T_T)

ということに気づきました。

一生の不覚!

1月からずっとマンスリーデザートを食して来たのですが、
わずか4ヶ月で記録が途絶えるとは・・・無念です。

最近ポタってないんでポタのついでに行うことが多かった、
この記録をケロッと忘れていたんですね。

いや、正直、連続ポタ記録よりこっちの方が続くと思っていたんですが・・・

来年また新たなる気持ちでがんばります!(て来年もやるのか!?)

それまでの間も結局、食べるんですけどね。 (ぼそっ)

今日はよいお天気なんで、久々のお天気の中のポタですが、
たまには高尚に(?)バラでも見てこようと思います。

まあ、その後はいつもの通りポタメシるんですけどね。(ぼそっ)

それでは、本日はいつものドキュメンタリー番組に嵌る前にとっとと行ってきます。(^^)/~

ランキング参加中です。できればポチッ★とクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキング

関連記事
スポンサーサイト
ミニベロ9命名思案中
今日は友達に誘われてペニンシュラホテルの
シャンパンアフタヌーンティーというやつに行ってきました。

ホテルの1階のロビーラウンジでは、普段から行われているようなのですが、
今回行ったのは期間限定で24階のバーラウンジで行われている、
お得アフタヌーンティーです。

シャンパン付いて税サービス料込みで、なんと3,500円ポッキリ!

普通シャンパンなんぞが付くと価格がどーんと跳ね上がるので、この金額じゃ、

まあ、料理は期待できないんだろうなぁ。

つうか正直、かなりしょぼいもんが出てくるんだろうなぁ。

と覚悟(?)を決めて行ったのですが、

料理も、きっちりアフタヌーーーン。という感じで、プレート3段重ね。(写真は二人分です)

アフタヌーンティー

「なんか、かえって申し訳ありません。」

となんか恐縮するくらいお得だったです。 いや、びっくり。

ちなみにシャンパンはこんな感じです。

シャンパン

席は窓側に向いて設けられているので、
銀座界隈や遠くはお台場を見ながらのんびりとできるのもよかったです。

外

が、たまにこんなこじゃれたところに出かけると、私の場合、困るのは靴です。

私は幅広系の足で、おしゃれなヒールの靴は合わないのですが、
仕方がないので出かける時は無理やり詰めているところがありました。

でも最近、土日も自転車で出かけることが多く、ヒールの靴を履く機会は激減。

すっかりポタ仕様の楽チンなスニーカーになれて甘やかされた私の(幅広)足。

久々にヒールを履いたら、途中から締め付けられる痛みで歩くのも苦痛、
見ると靴ずれができていました。

私というヤツは、性格的にもすぐ楽に流されるところがありますが、
足のヤツもすぐ楽に流されるんですね。(--;)


さて、久々にお天気だった昨日は、
久々に荒川サイクリングロードも走ったのすが、
わが家にしては珍しく向かい風の洗礼もなく、至極快適でした。

自転車と畳は新しい方がいい・・・ということはまったくないのですが、

やっぱり新しく自転車を購入したということは、嬉しい事で、

荒サイを走っていても、

「早くベロンチョで走ってみたいなぁ。

とそればかりを考えてしまいました。

て、なに自然にベロンチョとか言っちゃってんの?自分。

これは潜在意識の中ですでにベロンチョで定着しつつある?!

いかん!このままでは骨の髄までベロンチョが行き渡ってしまう!!

ということで相方を巻き込み、昨日は夜半すぎまで、
ベロン・・・ミニベロ9の今後について考えておりました。

まずもっかの懸念事項は「ミニベロ9の名称をどうするか?」です。

そして相方と2人、考えついた候補が以下の4つ。

①ベロンチョ

・・・天啓を受けました

②ベロリン

・・・なんか“リン”とか付けると可愛いかな?と思って・・・でもそうでもないですね。

③ヴェロニカ

・・・相方の思い出の女性・・・ってわけではないんですが(たぶん)、
あんぜんぐつさんが考えてくださったヴェローチェからヒントを得て、
イタリア女性的な名前(イメージ)にしてみました。

そして最後は相方一押しの

④ベロ9(ベロキュウ)

・・・ミニベロ9だから・・・だと思われます。

て、おい!ちょっとまてや。

散々「ベロンチョ」に対する私のセンスを問うておきながら、
自分が考え出したのがこれかよ。

私にはベロンチョとベロキュウのレベルの違いがわからんよ。

つーかわかりたくもないよ。

この4つがボキャ貧のわが家にしては限界なので、
この候補の4つのうちから選ばれるのではないかと思われます。

と、ここまでで昨日の家族会議は一応終了、相方は退席しましたが、
この後、草木も眠る丑三つ時から私のミニベロに対する妄想は更に爆裂しました。

しかしミニベロってほんとーーーに可愛い小物が似合うんですよね。

ミニベロ9を購入して初めてサドルが、
“ブルックス”という有名革サドルメーカーの物であると知ったのですが、
ミニベロには革小物が似合うらしく、
購入したお店にも可愛い革小物がいっぱいあって、かなり萌えまくりました。

ネットで検索しても小物に凝っている方も多く、
ホント見ているだけで楽しくて、昨日は夜中ネット検索三昧してしまいました。

サドルバックをつけるならブルックスの製品が欲しいと思ってるんですが、
フロントバックは革となると、かなりお高いんですよね。

下手するとミニベロもう一台買えるんじゃないか?

というお値段のものも・・・。

どうする!?オレ!?

・・・しかし自転車を始める前は、50,000円くらいの自転車を見ても、

「なにーー!?自転車に50,000円!?」

とおののいていたのですが、今ではすっかり麻痺して、

ミニベロ9でも「まあ、そんなに高くないし・・・」

とか思っちゃったくらいの感覚になってしまいました。

この先どれほど感覚が痺れていくのかが恐怖っす。

どえりゃー世界に足を踏み入れてしまったものです。

ランキング参加中です。できればブチッ☆とクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログへ  人気ブログランキング

関連記事
しょう油の街自転車デートプラン【概要】

すっかり6月に突入してしまいましたが、
ポタ日記はゴールデンウィークのままであります。

4月、5月はいろいろ遊びすぎまして(汗)
雪だるま式にたまってしまったポタ日記ですが、
おそらく頑張ればリアルタイムに追いつくはず!・・・たぶん。

と、信じて書いていきたいと思いますので、
できればお付き合いのほどをよろしくお願いします。


しかし人は生きていると思いがけないシチュエーションに出会ったりしますよね。

世界は広い・・・いろいろな方がそれぞれの事情で悩み、苦しみ、そして笑い、
出会いと別れを繰り返しています。

そして世界(つうか確実に日本だろ)のどこかを見てみると、
こんな悩みを抱えている人もいるのではないでしょうか?

最近、新しいGFができた、くろ男君(都内在住:仮名)
この辺でガツンと彼女のハートをがっちりつかみたいけれども、
デートプランは最近マンネリ化・・・

「とんかつにも“しょう油”つうか“しょう油”のみでご飯3杯はいけちゃう」

という無類のしょう油好きで自転車も楽しむアウトドア系の彼女を
喜ばせるにはどのようなプランにしたらいいのか?

・・・ともっかお悩み中。

・・・とそんなあなた様、タイムリーでございます。

(いるかいないかわかりませんが)
今回はそんなお悩みを持つあなたのお悩みを解決すべくお送りするこのブログ。

題して

元地元民プレゼンツ

しょう油好きの彼女と過ごす1日・・・“俺としょう油と彼女と自転車と”

「しょう油香るしょう油の街での自転車デートプラン(基本編)」
(応用編があるのか!?)

今回は元地元民であるこのわたくしが、特に誰にも頼まれていないけど、
しょう油の街の基本スポットを網羅して、普段若者にはあまり注目されない(かもしれない)
しょう油の街のディープな魅力に迫ってみたいと思います。

今回のデートプランは

車で清水公園
   ↓
清水公園内散策
   ↓
やよい食堂
   ↓
キッ○ーマン本社
   ↓
興風会館
   ↓
もの知りしょうゆ館
   ↓
野田市駅
   ↓
コメスタ
   ↓
ジャスコ観覧車
   ↓
アントニオ猪木酒場

・・・としょう油の街にもしょう油にも興味のない方には、
まったく興味のない内容になっております。

街全体に麗しく香るしょう油の匂い(つうか煮豆の匂い)・・・

しょう油好きな彼女もメロメロになるに違いありません!・・・おそらく。

それでは次回はこのプランにそって要チェックポイントを交えつつ、
実際に走破してみようと思います。 (^ー'*)b

ランキング参加中です。できればブチッ☆とクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログへ  人気ブログランキング

関連記事
しょう油香るしょう油の街での自転車デートプラン【基本編】
全国のしょう油ファンの皆様、大変お待たせ致しました。(いや、特に待ってないだろ)

元地元民ゆえに少しでもしょう油の街をよく見せたいというスケベ心があった故か、
なかなか更新できなくてすみません。

このたび(何分の1かはしょう油かもしれない)わたくしの心血をを注いで いた

「しょう油香るしょう油の街での自転車デートプラン(基本編)」

が完成いたしました。

力が入りすぎていつもより長文&写真が多用されかなり重いブログとなっております。

て、駄目ジャン。

そこはしょう油に免じて許してやってください。


ょう油好きの彼女と過ごしちゃう「まるごとしょう油づくしの一日」

今日は彼女と待望のしょう油の街市でデート。

「大好きなしょう油を堪能できるなんて、どんな感じ?」

と早くも期待度大な彼女。

用意万端、彼女と自分の愛車を車に積んで、張り切ってしょうゆの街にGO!

まずは「清水公園」で駐車場を借りてここから自転車でスタート。

でもちょと待って。
せっかく清水公園に来たのに即自転車に乗ってしまうのはもったいない。
ここは彼女とひと散策楽しもう。
公園内には四季折々の花も咲いている。

 清水公園

清水公園

また敷地内には“花ファンタジア”(別途料金)があり、
イングリッシュガーデンやローズガーデンが楽しめるので、花好きの彼女にはオススメ。
入場料は季節によって料金が変わるので(780円~350円)事前に要チェック。

体力が有り余っている人は、自転車に乗る前にフィールドアスレチック(大人820円)で
まずひと汗ということも。
スリルいっぱいのコースもあるので、おびえる彼女をしっかりエスコート、
男らしさをアピールできるかも!?
その場合、意外と容赦なく水場があるので、一応着替えは忘れずに。

歴史好きな彼女には旧跡の探索がオススメ。
公園内にあるとは思えないしっとりとした佇まいの「慈光山金乗院」で
サイクリング前に安全祈願をしてから出かけるのも◎。

寺

今回は清水公園の超繁盛期ゴールデンウィークとあり、
普段は見られないほどの混雑ぶりでした。
清水公園は来たことがあるものの、あまり混んでいる時にきたことがない相方、

「清水公園ってこんなすごいところだったんだぁ。」

と感心してました。

そうだ。思い知ったかっ!しょう油の街市の偉大さの前にひれ伏すがいいさ。

て、いままでどんなところだと思ってたんじゃい。

まあ、確かに超繁盛期は桜の季節とGWぐらいかもですが・・・(--;)

この日はフィールドアスレチックも超混雑で丸太渡り(?)とかも渋滞中でした。

フィールドアスレチック

ちなみに一見、空中に浮遊しているように見える方々がアスレチック挑戦中の方々です。

これじゃ期待の恐怖が半減やんけ。

と思わなくもありませんでした。

ちなみに敷地内には“つつじヶ丘”とかありますが、つつじはほとんど終っていました。
もう少し前だったら、丘から盛りのつつじが見られます。

清水公園

公園内で自転車に乗っている人もちらほらいましたが(ママチャリですが)
園内はほとんど舗装されておりません。
結構水はけが悪いところが多いので、雨降り後などは、

「いやーん。お気に入りの服に泥はねが!」

と彼女が不機嫌にならないようにご注意です。

(今時“いやーん”とかいう女性がいるかはさておきですが)

なんとなーくやっつけ感が漂う駐輪場ですが、駐輪場はありました。
輪行で清水公園に来る方もご安心(?)を。

駐輪場


園散策を終らせたら、ここからが本格の自転車での街めぐりスタート。

“着いてまもなく腹ごしらえの人”はデカ盛りで有名な
「やよい食堂」へGO!

やよい食堂


デカ盛り好きの彼女ならきっと大満足間違いなし。


よくテレビで取り上げられている「やよい食堂」です。
しょう油の街市の元住民でありながら私は行った事がないのですが、
かなりデカ盛りでリーズナブルな店として有名らしいです。
店構えは昭和の香りです。
今度、できれば自転車に乗っていない時に寄ってみたいです。
(リバースが心配なんで・・・(--;))


【要チェック】
しょう油の街市のお土産には「喜久屋」さんの銘菓“野田っ子”を。

喜久屋

こちらは昔、野田市在住の友達が会社の飲み会でやらかした時に
お詫びに持っていった、しょう油の街では有名なお菓子です。
彼女がどのような事をやらかしたかは恐ろしくて言えませんが、
そのような時(でなくても)贈答品にもいかがでしょうか?


ょう油の街市のしょう油の元凶源といえば、やっぱり「キッ○ーマン」

キッ○ーマン本社

特に中を見学できるわけでもないし、特に変わった社屋ではないが、
その本社社屋を陰ながらこっそり見てみよう。

こっそりみるだけかーい!なキッ○ーマン本社社屋でした。

キッ○ーマン本社社屋の隣は、歴史あるしょう油の街市に残る、
ロマネスク感漂う興風会館」

興風会館


昭和4年に竣工され、平成9年には国の『登録有形文化財』になっている。
しょう油×ロマネスクの歴史あるコラボに彼女も感動すること請け合い。(ウソです。請合えないっす)



【番外】
しょう油の街市の歴史、そしてしょう油の歴史を更にディープに知りたいあなたに。

「上花輪歴史館」
上花輪歴史館

名主を勤め、醤油醸造を家業としていた高梨兵左衛門家の屋敷(建造物)および
諸資料を公開している。
特に醤油醸造にまつわる、醸造の道具、醤油関係文書などは、しょう油好きには必見。
但し、現在改装中の為に休館中。


ちなみに休館の期間は、

上花輪歴史館

平成22年まで。

て、長っ!

謎の(?)醤油関係文書などの全貌を知りたい方は気長にお待ちください。(--;)


の看板がキッ○ーマン一色に染まるあたりが、しょう油の街のメインストリート。
この辺りは芳しいしょう油の匂いが一層色濃くなり、
しょう油好きの彼女はうっとり、もう匂いだけでご飯3杯いけちゃうぐらいだ。

醤油工場

そして彼女の目の前に見えてくるのは、
駅前に荘厳にそびえるキッ○ーマンの醤油タンク。
しょう油好きならば絶対見逃してはならないのがここ。
本日のメインポイント「もの知りしょうゆ館」

もの知りしょうゆ館

その名の通り、つうかそれ以外何があるんじゃい。
と言うほど施設内を見学すれば、しょう油に詳しくなること請け合い。
魅惑の工場見学をすれば、あまり大人の香りのしょう油臭に彼女もノックアウトだ。
入館時間は午前9時~午後4時30分(予約制)
見学所要時間約60分~80分
※GWや年末年始などは休館しているので事前に要チェック!

というわけでGWはやっておりませんでした。(--;)
考えてみれば、長期お休みは工場だってストップするだろうし、
当然と言えば当然なんですが・・・。

実はわたくし市民の当然の義務(?)として、子供の頃の工場見学で
こちらの工場に行ったのですが、工場内はもうどえれーしょう油つうか煮豆臭です。
何せ機微もわからない子供の鼻だったので、当時は芳しいとも思えず、

「将来大人になってもここでは働くことはできない」と絶望的に思うに至った次第です。
あれからン十年・・・今だったら鼻腔も成長し、
新たなる魅力を発見できると思ったのですが、残念ながら休館中でございました。
つーか調べてから行けよ。自分。

ちなみに「もの知りしょうゆ館」の入口には“WELCOME!!”などと
フランクに誘っている看板が立っています。

もの知りしょうゆ館


ここには“予約なしでご見学いただけます”とか書いてありますが、

いったいどっちなんじゃい・・・と。

しかし目の前に来てあたふたしないのができる男。
事前にリザーブしてスマートにエスコートしてください。

休みすら調べていない悪い例→相方・・・皆さん、真似しないでくださいね。


の知りしょう油館から自転車で約1分の最寄り駅、
しょう油の街市の大動脈“東武野田線(一部単線)”の「野田市駅」
(つーかせっかくしょう油の街市って偽名使ってもばればれやんけ)

野田市駅

駅から降り立った瞬間、全身で醤油の香りを体感できる
日本でも数箇所しかないであろうミラクルな駅。
このミラクルな体験はしょう油好きの彼女には、きっと忘れられない体験になるはず。(たぶん


この駅、よく「野田駅」と間違えられるが正しくは「野田駅」

野田市駅


「んなことどうでもいいやん。」とか思わず覚えて帰って、みんなにひろめてあげよう。

(元)地元民の私にとって子供の頃からこの「野田市駅」=醤油の匂いということは
至極当然のことでした。 (うれしい事なのか哀しい事なのかわかりかねますが・・・)

よく「しょう油の街は駅を降りると醤油の匂いがするんだよ」と本当の事を言うと、
来た事がない人は「またまた~」と冗談にしかとらないのですが、
相方もここに降り立つ前は、わたくしのウィットに飛んだジョークだと
思っていたらしいです。

が、降り立ってびっくり。

本当にしょう油くせーーーっ!

興奮した様子の相方、目をキラキラさせて「本当にしょう油臭いんだね!」
と(ある意味)感動していました。

特にしょう油にはなんの興味もない相方ですら感動させたミラクルなこの駅。
皆様もぜひ実際に来て感動体験をしてみてください。

ちなみにGWは工場が稼動していなかったので、
自慢の(?)しょう油臭はしませんでした。久々に嗅ぎたいと思っていたのに残念。(--;)


ろそろ小腹が空いてきたら地元の醤油の味をふんだんに使ったイタリアンがオススメ。
気の利いたイタリアンレストラン「コメスタ」は地元っ子御用達のお店

コメスタ


しょう油もろみを使ったピッツアやパスタ等、
しょう油の街ならではのしょう油づくしイタリアンに彼女もきっと大満足。

デザートもしょう油もろみカステーラやしょう油のジェラートなど、
魅惑のしょう油スィーツが満載。
ここまでくれば彼女の胃袋もハートもつかんだも同然。
大人気のイタリアンなので行列必至、必ず要予約だ。

隣接したパン店ではこれまたしょう油を使ったパンが購入できるので、
おみやげにぜひ購入して行きたい。


地元で有名なイタリアンレストランです。
美味しいのでたいていいつも混雑しています。
他にこういったお店がない・・・ということもあるかもしれませんが(--;)

この日、相方と食べたのはランチコース

各自ピッツアかパスタが選べるので、
ここは定石通りに「野田市のピッツア」と「野田市のパスタ」という
野田市の冠がついた2大しょう油メニューをチョイス。

まずしょう油とは無関係な前菜がきました。
トマトが新鮮で美味しいかったです。

前菜

そしてこちら「野田市のピッツア」

野田市のピッツア


もろみとチーズが意外にもベストマッチです。

こちら「野田市のパスタ」

野田市のパスタ


同じくもろみが使われた特性しょう油味ミートソース。
甘じょっぱくて美味しいです。

そして度肝を抜かれるのがデザート。
その名も「デザートの玉手箱」

高級幕の内弁当のような容器でくるんですが、
席で蓋を開けられるとびっくり。

デザートの玉手箱

どちらかというと“未知との遭遇”とかを思い起こさせるような怪しい煙が・・・。

要は中にドライアイスが入っています。

おそらくカステラはしょう油MOROMIカステーラとやら。
ジェラートはおそらく今流行の塩のジェラートです。
しょう油ジェラートじゃなかったのがちょっと残念。

あとはお替り自由のコーヒーが付いて1人1,800円。
パフォーマンスを考えるとなかなかお得ではないかと・・・。

ょう油のの街市に来た記念として押えておきたいのは、
しょう油の街のランドマークとして名高い「JASCOの観覧車」

観覧車

しょう油の街市一大ショッピングセンターJASCO敷地内に併設されている
「もりのゆうえんち」内にある。

「特にしょう油の街市に上からみるような見所はあるのか?」
とかはけして疑問に思わずに、観覧車に乗りロマンチック気分に浸ろう。
ちなみにお台場などの観覧車と違い、まずは人で一杯というところを見た事がないので、
彼女を待たせずに即乗れるところも魅力の一つ。

遊園内には他にもサイクルモノレールもあり、

サイクルモノレール


このアトラクションに乗れば彼女との距離をぐぐっと深めてくれるはず。(たぶん)

そして今日の日の思い出に隣接するJASCOでサプライズ的にプレゼントを
購入すれば、この日のしょう油の街市での思い出は、
彼女の心に永遠に刻まれるはず。(いや、信じないでください)



よくしょう油の街市を訪れた方は「なんであんなところに観覧車が?」
お思いになるようですが、そこにJASCOがあるからです。

「なぜJASCOで観覧車?」とお思いにもなるでしょうが、
それは地元民でも思いました。

きっとそういう(バブリーな)時代だったんでしょう。(遠い目)
ちなみに長年地元民をやっていましたが、
この観覧車が全室埋まっているところを見たことがありません。
なぜか不人気のお陰で一時は存亡の危機もあったとか、なかったとか・・・ゴニョゴニョ。

この遊園地内にも実は初めて入りましたが、思っていたよりもしっかりとした遊園地なので驚きました。

遊園地


いや、あくまで思っていたよりですが・・・。
入園料無料でアトラクション(笑)も比較的安価なのもGOO。
あえてここを目的地とする勇気はありませんが、
お子さんがいる方とかお買い物帰りの暇つぶしにはいいかもしれません。


こで一旦清水公園に戻り、サイクリングは終了。
車に乗り換えたら今日の1日の締めに、
夜はしょう油の街新スポット「アントニオ猪木酒場」にLet's go!

 

アントニオ猪木酒場

但し飲めるのは運転じゃない彼女だけ。
今日は彼女のために自分はウーロン茶でガマンしよう。
そのやさしさに彼女も惚れ直すに違いありません。(たぶん)

いつの間にかできてました。 「アントニオ猪木酒場」
池袋の方にあると聞いていつか行きたいと思っていたのですが、
まさか青い鳥はこんな近くにいようとは・・・。

今回GWに地元に行って見つけた時は「こんな素敵スポットがわが故郷に?!」
と目を見張りましたよ。
残念ながら野田市はお店の入れ替わりが激しいところなので、
なくならないうちに行ってみたいと思います。
ただ公共機関だと最寄駅が遠いところが難ですね。


さて、多少駆け足でご紹介しました、
「しょう油香るしょう油の街での自転車デートプラン(基本編)」
は、いかがでしたでしょうか?

このプランで一組でも多くのしょう油大好きカップルが幸せになることを
願ってやみません。(まあ、いらっしゃれば・・・ですが・・・)

今後、更なるディープな魅力に迫る第二弾も予定しております。

もちろんわたくしは元地元民としてやる気満々ですが、

「これ以上ご紹介できるスポットがあったか?」

というのが唯一の懸念事項ございます。

それでは、しょう油の街からまた会う日まで!さようなら。

今日のデートスポットを地図でおさらい←地図はこちらをクリックです。

ランキング参加中です。できればぽちっ☆とクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログへ  人気ブログランキング

関連記事
自転車の弊害(?)

今日はまずまずのいいお天気ですね。

この時期、休日が晴れと雨とではテンションが大違いですね。

夏に向けて相変わらず服が不足しているわが家(というか私ですが)
本日もバーゲンで夏の自転車乗車服を補強して来ようと思います。

そして比較的服は「どーでもいい」という相方。

この相方にも自転車の弊害とも言える事柄で、
バーゲン参加が必至となりました。

その事柄とは「おまたずれ」でございます。

自転車に乗ってそのような弊害があるとは初めて知ったのですが、
自転車に乗るとズボンのおまたが擦れるんですね。

・・・つうか相方の場合、純粋な(?)おまたずれかもしれませんが・・・。

そうして一本また一本とズボンのおまた部分が切れていき、
とうとう先週最後のジーンズまで、おまた部分にを発見。

どうしてもジーンズを買わざるを得ない状況になってしまいました。

相方はいつもジーンズで出かける人なんで、
この1週間はおまたが若干寂しいジーンズで出かけてました。

そういった意味でも「自転車っていろいろ入用になるんだなぁ。」と再認識です。

この梅雨の貴重な晴れ間に自転車で行かないなどということは考えられないので、
本日もバーゲンby自転車です。

それでは、行ってきます。(^^)/~

ランキング参加中です。できればポチッ☆とクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキング

関連記事
深まる謎・・・自転車と○○○○○関連性
今日は予報では曇りのち雨でしたが、実際は午後には晴れ間も出てきていましたね。

週末に2日続けて雨が降らなかったなんて久しぶりで、
「自転車で出かけられた方も多いのでは?」と思います。

なのに・・・

私は本日法事の為、またまたしょう油の街市に来ております。

実は昨日の夜までバーゲンでの買い物をして、その後に食事、
結局、夜中にしょう油の街市に車で移動してきた次第です。

どんだけバーゲンで掘ってんだよ。

ということになりますが、お蔭様で私が11点、相方が6点ほどブツをGETしてきました。

・・・とは言え、私の場合GETした商品の最高金額2,980円という、

まあ、雑魚買いといいますか、安物買いですが・・・。(--;)

一番安いTシャツは1,000円以下・・・よく見つけたなぁ。我ながら、何年型落ち商品なんだ?

わざわざ池袋まで遠征しなくても、

実家の近所のしま○らとかサン○で買えたんじゃ?

と思わなくもありません。

とは言え、昨日の第一目的はあくまで相方のジーンズ!・・・のはずでしたが、

しかし、そちらはまさかのノーGET!

いや、最初はもちろん最優先で買うつもりでいたのですが、
私たちが行ったバーゲンというのは(身の程知らずにも)マ○イのバーゲンでして・・・。

マ○イと言えば、どちらかというと、つうか完全に若者臭がするお店なのですが、
まだ若かった頃にカードを作り、カードを持っている以上いつも招待状が届くシステムになっており、
誘われるがままに(未だに)バーゲンに行っているという次第です。

現場に行くと、周りとの年齢的ギャップにちょっと引けますが、
掘りまくってみれば、私くらいの年齢でもなんとか着れそうなものもあるので、
毎回果敢にチャレンジしております。

そして相方のジーンズですが、わたくし男性ジーンズ業界をちょっとなめていたところがありました。

女性物ならまだしも

「男性のジーンズには老若とか流行なんかはないだろう」

とか思っていたのです。

早速、男性ジーンズ売り場に行くと、やっぱりそこは若衆が群がっていました。

その若衆の中で(体型的にも)なんとなーく不釣合いな相方。

ちょっと腰が引けつつも

「いやいや、ここはなんとかジーンズを手に入れなければ」

と果敢に掘りにかかったのですが、ジーンズの説明文を見てびっくり(゚∇゚ ;)

今の男性ジーンズのトレンドは「股上浅め、ブーツカット」等らしく、

ちょっと見、そういった類のものしか見当たらねぇ。

股上浅めって・・・相方に穿かせたら完全、腹 on the ジーンズっす。

浅からない股上のある今のジーンズだってそうなのに・・・(ぼそっ)

更に1つ1つを手にとって詳しく探ろうとしましたが、
若者にもまれつつ、数点探した結果トレンドジーンズは
「相方が穿くには不適格」と判断しまして、あきらめた次第でございます。

また早々ジーンズを手配しなければなりませんが、
まあ今度は、相方にも似合いそうなブツがあるショップで購入しようかと・・・
アウトレットとかユニ○ロとかヨー○ドーとか・・・。

しかし、もうすでにわが家にはおまたが風前の灯火(というか明らかに灯火も消えている)
穴の開いたジーンズしかないのに、どうする相方?!

まあ、救いは(?)箇所がおまたなので、故意に人様にお見せする箇所じゃないし、
通常の生活をしてれば人様に気づかれずには済みそうではありますが・・・

通勤途中の相方、例えば梅雨時期で滑りやすい駅のホーム、
時間に遅れそうで急ぐ相方、そこに思いがけずバナナの皮が!

回避できず思いっきりバナナの皮を踏んだ相方は、
そのままうっかり足を広げてコント倒れ!!

相方が「はっ!」と気づいた時には時すでに遅く、周りの人々の白い目は、
相方のおまたずれの穴の部分に・・・

ということがないように祈ります。(--;)

ところで、おまたずれについては、恥を忍んでいろいろ書かせていただきましが、
実は「私もある!」というコメントが頂けるかも・・・
と、ちょっぴり期待していたわけでございます。 モジモジ・・・

しかし実際には、ノラコノさんのお宅もまんせるさんも、

「今のところそういった症状はない」

というコメントを頂きました。

ちなみにこの自転車に乗っておまたずれ現象は、私にもありません。

・・・・・・・・あれっ?????? (゚∇゚ ;)

そもそもなぜ相方の「おまたずれ」と自転車とを関連づけたのか?

遡って思い出すと・・・

相方のジーンズ1号がおまたずれでダメになった時は、
丁度相方が「自転車のお尻痛に悩んでいる時」でして・・・

相方が

「やっぱり(サドルで)摩れるからジーンズも

(おまたの部分が)ダメになっちゃうんだね。」

と言っていたことに単を発します。

その時は私も「そういうもんなのかぁ」と納得し、その後、ジーンズがダメになっても、

すっかりその時の相方の台詞に洗脳されていて、

「自転車で摩れるんだ」

と思い込んでいたわけです。

“自転車deおまたずれ”改めて考えると関連性を証明するのは相方の証言のみ?!

つうかそれじゃ証拠として成立してないじゃん。

もしかしたら自転車無関係な単なるおまたずれなんじゃん?・・・疑惑。

そう言えば、自転車を始めた頃に相方が太りだしているような・・・。 普通、痩せるんですけどね。(恥)

もしかしたら・・・体重増加による純粋な(?)おまたずれ?

それを確認するには、ポタ用ジーンズと一般用ジーンズを購入し、
どちらに件の状況が起きるか実験をするしかありません。

もし両方におまたずれが起こったら・・・ということで、

あらぬ罪を被せた自転車には心からお詫びしたいと思います。m(__)m

ランキング参加中です。できればポチッ★とクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキング

関連記事
季節の変わり目に変温動物化

ちょっと更新が滞ってしまいました。

「その間何をしていたのか?」ですが・・・ぼやぼやしておりました。

実はわたくし、人類として正しい進化を遂げはぐっているのか、
お恥ずかしい話ですが、どうやら変温動物のきらいがありまして・・・。

変温動物というと、虫、爬虫類、両生類など、自分で体温を調節ができない奴らなわけで・・・。

わたくし、この変温動物的体質のおかげで冬はものすごく冷え性でそれはそれで最悪なのですが、
困るのは冬だけでなく、この時期、初夏から夏の季節の変わり目です。

たまに暑い日があると体温調節ができず、熱さが体にこもってしまって、
微熱が出てしまうのです。

今日のようにちょっと涼しいとまた平温に戻り、また暑くなると微熱が出、
そういうことを繰り返していくうちにそういえば自分は恒温生物だった」
ということを思い出すのか、だんだん体温調節もでき微熱も出なくなる。

・・・とこういったことがもうン十年、毎年繰り返されています。

あまりに昔から起こっていることだし、検査しても何も出なかったので、
「まあ、変温なのかな」ということで納得しています。 →納得するなって。(--;)

微熱なので、ものすごく辛い感じではないのですが、
全身に熱がこもっている感じなので、
擬音で表現すると「ぼやぼや」した感じで不快なのです。

そんな時は、とにかく全身にこもっている不快な熱を逃さないといけないので、
額にはひえぴたを貼っていますが、頭がちょっと冷えたくらいでは、
全身の熱は引けてくれません。

そこでやっているのが、冷たいところに全身をつけて体を冷やすということですが、
ようはフローリングの床にべたーと寝そべっております。

その姿はなんか岩の後ろで涼を取るトカゲか何かに似ている・・・ような気がする。

早く人間になりたーい。

ホント早く思い出せよ。恒温活動。一応人間なんだからさぁ。自分。

そんなこんなで普段から回っているとはいいがたい頭が微熱で更に回転が遅くなり、
なかなかブログも更新できなかったわけですが・・・。

先日ブログに書いておりましたおまたずれの件ですが、
いろいろご意見ありがとうございました。

大変参考になりました。

「自転車でのおまたずれはない」という方。(私もこの派閥です)

「自転車でのおまたずれはある」という方。(相方はもちろんこの派閥です)

おたまずれがあるにしても、サドルの条件や体重の増加、ポジション等々、
いろいろな条件が重なって起きるようですね。

ところで相方はというと、もともと尻痛が酷い(=サドルがあっていない)上に、
自転車を乗り始めてからの体重の増加。
通販で買ったので、まったくポジションがあっているかわからないまま乗っている状況。

・・・と考えてみれば「悪条件の宝石箱やー」

という位、悪条件ががそろっているような気がするので、直接原因は何が何やらです。

本当のおまたずれの原因については迷宮入りしそうな感じなのですが、
取りあえず自転車のせいか、自転車のせいではないかを確認する為にも、
ポタ用ジーンズとお出かけ用ジーンズを別にして実験してみたいと思います。

とにかく何用でもいいんで早くまともなジーンズを買わないとなぁ。(遠い目)

ランキング参加中です。できればポチッ☆とクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキング

関連記事
自転車分解アレルギー(?)
今日はお天気がよかったですね。

梅雨の中休みか天気予報によると土日も晴れの予報ですね。

天気予報を全面的に信じればですが・・・。(--;)ナンドウラギラレタカ・・・

そんなサイクリングには期待大の今週末ですが、またまた両親の旅行の為、
わが家は愛犬の世話をしにしょう油の街に帰還することになっております。

何せわが両親は会社関係の方と半分業務半分お付き合いのような旅行を
最低月1でしているわけですが、その度に割を食うのは私どもで、
その週は両親に代わって、愛犬の世話をしなければなりません。

この愛犬は、順応性というものがまったく欠如しており、
人嫌い、犬嫌い、環境の変化が嫌い。・・・という何様犬。

性格が悪い性格が繊細なんでペットホテルに預けるわけにもいかず、
その度に愛犬の世話のためにしょう油の街まではせ参じなければならないわけです。

こんな愛犬でも可愛いし、自転車を始めるまでは、心置きなくホイホイ行っていたのですが、
自転車を始めてから困るのは、その週は自転車に乗れないということです。

いつの頃からかこだわり始めた、わが自転車ライフに燦然と輝く金字塔(というほどか)

“連続ポタ記録”

今どれくらい連続しているかというと、
自分でもさっぱり判らないほど連続させているわけです。(金字塔じゃなかったんかい!)

正直、「梅雨の時期までは続かないだろうなぁ」

と思っていたのですが、なぜか連続ポタのともし火は消えず続いています。

なぜって、(自分に甘い)相方が考案したゆるゆるな連続ポタ規定のお陰ですけどね。(ぼそっ)

いかにしょぼいともし火でも続いていると消したくなくなるのが人情。

歴史が重なれば、その当時はしょぼいものでもそれなりにありがたみが増すものです。

鰯の頭も信心から・・・というわけで今週末もこの連続ポタの炎を消したくはないのですが、

重くのしかかるしょう油の街市帰還の責務。

どーしたもんかなぁ。(--;)

・・・ここで「ちょっと待て」と思われる方がいらっしゃるかもしれません。

おまえらこんな時の為に輪行袋とやらを購入しなかったか?・・・と。

実際、ゴールデンウィークには輪行もどきをしてしょう油の街市までいっとるやないかい。・・・と。

そうですね・・・輪行・・・ふっ。懐かしい響きです。(遠い目)

ゴールデンウィークはわが家内であんなに盛り上がっていた輪行ですが、
今はなんとなーくその言葉はわが家ではタブーとされているように、
相方も私からもあえて口にしないようになっております。

ちなみに(わが家にしては)大枚はたいて購入した輪行袋は、
まるで封印されたかのように、丸められて押入れに入れられています。

ゴールデンウィークと共に始まるはずだったわが家の明るい輪行(もどき)生活。

気合を入れて、輪行袋を購入したものの、
技術力皆無のヘタレ自転車乗りのわが家に待っていたのは、
自分たちのダメダメぶりを更に再確認する哀しい現実でした。

ゴールデンウィークにしょう油の街市に持っていったら持って行ったで、
組み立てに手間取り汗だく。(しかも結局、自転車店持込)

そしてまたまた分解してマンションまで戻ってきましたが、
分解したからには、また組み立てがあるわけで・・・・。

その組み立て時にわが家が輪行を避けるようになった決定的な事項があったのです。


かなり時間は遡ることになりますが、
あれはゴールデンウィークがとっくに明けて数日後のある日ことでした・・・

その時、わが家の和室に鎮座ましましていたのはパンパンに膨れた2つの輪行袋。

ぶっちゃけ、実家から運んできて袋に入れたまま何日も放置していたわけです。

いや、早く元通りに組み立てねばと思ってはいたのですが、
相方も私ももともと臭いものには蓋というか、嫌なことは後回しする性格、
GW明けからハワイ旅行が盛り上がったこともあり、まあ見ないようにしていたわけです。

しかしいよいよ旅行も本決まりになり、

「ずっとこのまま輪行袋にinしておくのもなぁ」

と正月前の大掃除のような気分で旅行前に組み立てて行くことになりました。

最初に組み立てたのはルイガノ。

しょう油の街市で自転車保護の為に追加した、
100円グッツ満載の手作りの輪行グッツのお陰もあってか、
狭いマイカーFにちょっと乱暴に乗せたにもかかわらず、両自転車にはキズもありませんでした。

ちなみに今回追加投入したわたくしお手製の輪行(もどき)グッツ。
愛車の為に夜中に一生懸命作りました。

・・・いや、愛し方を間違えているかもしれませんが、愛は確かにあるのです。

こちら“フレームカバー”

 

フレームカバー

購入したフレームカバーは短いものだった為に、
長いフレームを保護する為に、フェルトとマジックテープで作成しました。
ちなみにルイガノ用は濃紺、ビアンキ用は空色とちょっとこだわってみました。^^;

フレームカバー

マジックテープは貼るだけマジックテープです。

残念ながら安っぽ感が漂うのは否めませんが、
まあそれなりの仕事はしてくれたんではないかと思います。・・・多分。

“チェーンカバー”としては、女性ものの靴下。
足首より上がないカバーソックスというやつです。

チェーンカバー

柄といい大きさといい・・・怪しげな他の何かを連想させてしまうかもしませんが、

カバーソックス

あくまでこのようなソックスでございますので、ご安心ください。

GWにしょう油の街市に行った時は、ルイガノの組み立てには悩まされたものですが、
この時は意外と(あくまで意外と)すんなりルイガノの方は組み立てられました。

さて、次はビアンキを組み立てです。

ビアンキは今まで練習を含めて2度ほど組み立てましたが、
その度にさしたる問題は発生せずに済んでいる、いわや組み立ての優等生。

「ルイガノさえ終っちまえば、こっちは安心だろう」

と組み立て始めましたが、それが甘かった。

どーしても後ろブレーキワイヤーが引っ掛ける部分に嵌らない!

ちなみにブレーキワイヤーを引っ掛ける部分とはこちらですが、

ワイヤーを引っ掛けるところ

 
他に呼び方があると思います。

奇しくもGW時のルイガノと同じところで、躓いたわけですが、
それならそれであの時のルイガノと同じ対処の仕方をすればいいじゃん。

・・・と、この時も一度ブレーキワイヤーを根元から緩めて、
ワイヤーを嵌めてからもう一度ワイヤーを締めようとしたところ・・・

完全油断をしていたのか、うっかりブレーキワイヤーを手から離してしまいました。

「しまった!」と思ったときにはもう遅く、ブレーキワイヤーは反動で勢いよく、

びょーーーーんという擬音(空耳)と共に、外れてしまいました。

ぼーぜんとして立ち尽くしたのは、わたくしと相方。

一番先の部分はくっついていたので救いですが、
思いがけずブレーキワイヤーを張る羽目になったわけです。

他に頼りになるものもなく、わが家のバイブル“自転車トラブル解決ブック”を
のろのろと本棚から出し、私と相方、史上このもっとも頼りないチームで直すこととなりました。

ブレーキワイヤーが元から外れていないので、
あとは元通りにした(つもり)でワイヤーを張ってみましたが、
張り方が悪かったのか、ブレーキレバーがバカになった状況でカパカパいってしまって、
ブレーキシューが動かないどころか、
握ってもスカスカとういう感じで反応がなくなってしまいました。

やばい。このカパカパは、素人目にも激しくやばそうだ。

なんか自分たちに手に負えない臭いがしてきたぞ。

と、心にはびっしりと冷や汗をかきつつ、なんとか元に戻そうと、
ブレーキを緩めては張りなおし、張りなおしては緩め・・・・・

何度か行ってみましたが、ブレーキはカパカパしたまま、

元に戻ってくれません。(T_T)

しかしワイヤーを張るというのも連続すると力を使う作業で、
何度かこれを繰り返した時点で、私は力尽きてへたり込んでしまいました。

ブレーキは変わらずカパカパした状態だし、もうワイヤーを張る気力もなく、
ワイヤーははずしたままです。

身の程しらずにも私が輪行をしたいなどと考えたお陰で、ビンちゃんがこんな姿に・・・。

ワイヤーがはずれブレーキカパカパの無残なわが愛車ビアンキを見て、
わたくし心から後悔いたしました。

スマン、ビンちゃん。私が不甲斐ないばかりにこんな姿にしちまって。

とあと少しで泣き出しそうでした。

そしてふと相方を見ると、相方はなんだか・・・

完全、他人事モード全開。(--#)


「まあ、仕方ないじゃん。(自分は平日だから行けないけど)

このまま明日にでも自転車店に持ち込みなよ。(^^)v」


・・・・・・・・・・へぇ・・・・・・このまま持ち込むとな?

この状態のビアンキを私1人で自転車店に持ち込めというのか?こいつは?

他人事だと思いやがって!(怒)

ブレーキワイヤーが外れたビアンキ、カパカパいうだけのブレーキ、

そして、いつものようにまったくあてにならない相方。

これらを見ているうちに、私の中で沸々を湧き上がる思いが・・・

それは曲がりなりにも自転車を乗っているものとしてのプライドとでもいいましょうか、

単なる見栄といいましょうか。

こんな姿の自転車なんてどの面下げても持ち込めん!

という思いです。

大体、こんなワイヤーすら張っていない、
中途半端なお手上げ状態の自転車を持ち込んだら、いかにもダメな人と思われるじゃん!

まあ、確かにダメな人なんですけどね。(--;)

そもそもブレーキワイヤーというのは、
自分で換えるというような自転車乗りの方もいらっしゃるはずだし、
ものすごーく高度なレベルではないはず。

一応同じ人間だし(たぶん)

他の人にできて私にできないはずはない!(たぶん)

相方・・・にはこのさい頼るまい。頼ろうとしても頼りにならんし。(--;)

ある意味、相方のお陰でやる気を取り戻しました。

1からブレーキワイヤーを張るつもりでやれば、元に戻るのではないか?

と考え、もう一度トラブル解決ブックの
“ブレーキワイヤー”を取り扱っている項をよく読んでみました。

そしてふと目に付いたのは、

「ワイヤーの調節をする作業をするときはアジャスターを根元まで戻す」

という文字です。

このアジャスターというのは、ワイヤーの張り具合を微調整する為にある・・・らしい?

たしか前にルイガノのワイヤーの初期伸びの時に、
アジャスターを元に戻してからワイヤーを張った覚えたあります。

そう言えば・・・戻してねぇ。

忘れてました。完全に忘れてました。

はっ!としてみるとアジャスターはぜんぜん根元にありません。

アジャスター

※当日の写真ではありませんが、こんな感じでした。

因果関係はようわからんですが、今回もワイヤーをいじったことには変わりなく、
もしかしたらこれを根元まで戻してから行うのでははなかったのでは?

実は、未だにこの事が本当に原因だったかどうかわかりません。

が、

その時は、何か1ピースが繋がったといいますか、謎が解けたといいますか・・・

つーかこれだーーーっ!!

と思い、アジャスターを元に戻してからブレーキワイヤーを張る作業をしたところ、
奇跡が起きたのか、必然だったのか不明ですが、

ひ弱なボウヤが某商品を使用しただけで、あっという間にモテモテナイスガイに変わったがごとく、

あっという間にブレーキが元通りに戻りました。

今となっては

「このアジャスターを調節すれば、

緩めなくても簡単にブレーキワイヤーは嵌るのかも?」

と思わないでもないですが、それ以来ちょっとした「自転車分解アレルギー」となった

私と相方には確かめるすべもなく・・・今に至っております。

情けない話ですが、また分解したら同じ目に合うんじゃないか?

今度こそ元に戻らんのじゃないか?

と恐怖です。 ホントへたれでお恥ずかしい。(--;)

またまた説明が長くなりまして、申し訳ありませんでしたが、
そんなこんながあり、わが家では「輪行」の二文字を口にすることすら、
現在ではタブー視されておるわけでです。

なにせ、あのせっかくだから病、得々大王、多少のことはお得で乗り切る相方が、

大枚をかけた輪行袋を「また使おう」と一言も言い出さないというのが、

この問題の根の深さを思わせます。

いつかまた、アレルギーが緩和したらあの袋を使う日が来るかもしれませんが、
とても今週末に使う気にもなれず、当面「連続ポタをどうするか」です。

この時期だと車の中は暑いので、愛犬に車の中で待っていてもらって、
その間レンタサイクル・・・て訳にはいかんですし・・・。

うーん。どうするかなぁ。

ランキング参加中です。できればポチッ☆とクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキング

関連記事
アントニオ猪木酒場と無制限一本菖蒲
昨日は家から実家のしょう油の街市まで移動してまいりました。

しかし私どもの心に小骨のようにひっかかっていたのは、

「連続ポタ、どうすっかなぁ。」

ということです。

このいつからかはじめたのか今や不明の“連続ポタ”
強いて言えば福引の参加賞のようなしょっぱい記録ではありますが、
他に記録らしい記録のないわが家にとっては、時に励みとなってくれます。

しかし光があれば影があるといいますか、
励みとなることもある反面、今週末のような自転車に乗れそうにない週末には、
重荷となってのしかかって来ております。

ぶっちゃけ輪行(もどき)をすれば、まったく問題ないのですが、
それができいない微妙なヘタレ心。

行くも行けず、戻るも戻れず「どーすっかなぁ」と考えていた
わたくしどもに突如として万事解決の妙案が湧き上がりました。

「そうだ!土曜日しょう油の街市に出かける前に乗ればいいんじゃね?」

愛犬の元に行くのはお昼過ぎくらいでもなんとか大丈夫だろうし、
朝9時頃から軽くポタって帰ってくれば“連続ポタ”のクビは繋がります。

それだーーっ!

と思ったものの、心に広がる一抹の不安。

なぜならその妙案を思い立ったのは、草木も眠り日付も変わった丑三つ時、
午前3時のことでございました。

いや、金曜日の気安さでついつい夜更かしを・・・。

つーか、それくらいの案はもっと早く思い立てよ。自分達。

そのままあわてて床に就いたものの、不安的中。

一応、早朝に一度起きたものの、その後、根性なしのお約束、予想通りの2度寝!

結局、2度寝を終えて再び目覚めたときには、
時刻はすでにしょう油の街市に向かわなくてはならない時間になっておりました。(--;)

そんなこんなで週末ポタは絶望的なわけですが、
“連続ポタ規定第一項”(相方制定)によると土曜日から次の週の金曜日までに5km以上を
自転車(規定なし)で走りさえすれば記録として認定さえるそうで・・・。

規定がザルのようにゆるすぎて書くのも恥ずかしいっす。(--;)

来週の月曜日から金曜日までの間に取りあえず5km以上は、
早朝ポタかナイトポタをしたいと思います。

この時期の早朝ポタは気持ちよさそうですが、
わが家の夜行性な体質から言っておそらくナイトライドだろうなぁ。


というわけで午前中ポタの夢も破れてしょう油の街市直行したわけですが、
車で向かう途中に、なんと相方と同じ「ルイガノRSR4」に乗っている方を見かけました。

色も同じく濃紺だったのですが、
考えてみれば相方とまったく同じ自転車を乗っている方を見かけたのは、
初めてかもしれません。

その方を見て相方が一言、

「へぇ~RSR4ってあんなに早く走れるんだね。」

「・・・・・まあ、そりゃあ乗り手が違えばねぇ。(--;)」

「・・・・・・・・・(--;)」


車内には、微妙な空気が流れたのは言うまでもありません。

そんな相方のコンプレックスを刺激する出会い(?)もありつつも、
しょう油の街市に着きまして、天気も良かったので愛犬の散歩がてらに、
かの有名な清水公園・・・の隣にある「総合公園」に行きました。

この公園は清水公園ほど見所はないのですが、
結構きれいに整備されている公園で、夏にはプールも入れます。(狭いですが)

その上、駐車場もぶっちゃけ無料なので(セコイ話ですが)市民の憩いの場になっております。

この公園でこの時期になると見ごろになるのが「菖蒲」です。

 

菖蒲

本日行ったらタイミングよく咲き誇っておりました。

菖蒲

正直、ぱっと見そうは見えませんでしたが品種50種類、約2万株植えてあるそうです。

そしてこちらがしょう油の街一(当家調べ)の問題犬です。 

愛犬

そして夕食ですが、前回ご紹介した「しょう油の街自転車デートマップ」
より完成度の高いものにするために行ってまいりました。

「アントニオ猪木酒場」

アントニオ猪木酒場

ご紹介する以上、責任を持って自分で行ってみなければという使命感に突き動かされました。

ウソです。自分がちょっと行ってみたかっただけです。

昼間は営業していなかったので店内は暗かったのですが、
夜になると鮮やかにライトアップされております。

実はプロレスにはまったく興味のない私と相方。

「それがバレてつまみだされやしないか?」とちょっとビクビクしながら入店しました。

入店するといきなりアントニオ猪木自らがお出迎えです。

猪木お袋の味

そしてその頭にはなぜかあのウサギがっ!!

あれ?(゜▽゜;) N○VAウサギさんですよね?いつ復帰されたんでしょうか?

その辺、かなり気になりましたが、口にはだせず・・・

その疑問は席についた時に解けたのですが、N○VAは再開されたようですね。
お店には再開のお知らせのティッシュもありました。

まあ、猪木酒場でどうしてそんなティッシュが配られているかそれはそれで疑問ですが・・・

入口を入るとそのままあっさり入店とならないのが、猪木酒場。

出迎えてくれた店員さんに入口に設置されたゴングを鳴らすようにうながされます。

このゴングと共にめでたく入店となるようです。

わが家も慣例に基づき、ゴングをならして入店。正直、素面だと少々恥かしい。

店内はリンクを模した作りになっており、そこかしこに猪木の勇ましいスナップ。

アントニオ猪木酒場

流れてくる音楽は、当然「猪木のテーマ」

店内いたるところにあるテレビモニターではエンドレスに猪木の試合が流れている
・・・かと思いきや、これだけはなぜか、猪木の試合はあまり流れてませんでした。

猪木以外の人の普通のプロレスの試合で・・・(そのうち猪木もやったかもしれませが)

その辺だけは疑問でしたが、全体的には店内は猪木色。

猪木を愛する方々にはたまらない感じだと思います。 得に愛してない方も、まあ、それなりに・・・
席に着いて隣を見ると、なんと隣にも猪木さんが!
猪木?

「なんでも食えや、この野郎!」(空耳)

そんなめくるめく猪木の中、まずは、相方はビール、私は運転なのでジンジャエールで乾杯。

ちなみに相方はフライングしてちょっと飲んでました。

乾杯 

て、ジンジャエールでかっ。

大の方を頼んだからなんですけどね。
どーんと500mlです。

もちろんジョッキにも猪木の格言(?)

交通の便が悪いところの為か、ノンアルコール関係も充実していました。

お通しは男らしく「なんだこの野郎!まあ、ポップコーンでも食え!」

お通し

という感じで、ポップコーンがバスケットに豪快に盛られてきました。

期待の料理ですが、いろいろ興味深いネーミングがあってどれにするか迷ったものの、
昼食が遅くあまりお腹が空いていないこともあり、軽い感じの4点を選びました。

「コブラツイスト」

ウィンナー

雰囲気だけで名づけたと思われますが、ごく普通の美味しいソーセージです。
自分で鋏でチョキチョキ切って食べます。

「明太ポテトの逆海老固め」

海老

残念ながら海老は逆ではなく、通常の姿勢でした。
まあ、逆海老にすると景観上あまり食欲をそそらないでしょうし・・・。

「チキン野郎のたたき」

チキン野郎

何の罪もないチキンを野郎呼ばわりしてしまうところが男らしいです。
マジ、名づけ方に惚れました。
味は野郎といわれるほどやんちゃな感じではなく、あっさりした感じです。

「INOKI BOM BA YE」

猪木お袋の味

名前だけではいったいぜんたいなんのこっちゃかわかりませんが、
鶏皮とレンコンのキンピラです。
なんでも猪木さんのお袋の味だったお料理です。
なぜそのお袋の味にこの名前なのか?その辺は更に謎ですが、
これはかなり好みの味で、とても美味しかったです。

他にも「シャカシャカサラダ」などがあったのですが、
その「シャカシャカサラダ」を頼むとちょっとしたイベントがあります。

なぜ、注文してもいなかったのにイベントがあると知っているのか?

それはそのイベントには、お客全員が(半強制的に)参加させられるからです。

この「シャカシャカサラダ」をどこかのテーブルで注文すると、店員さんの音頭で、
その場にいる全員が「1.2.3.サラ・・・ダー!」
と例の身振りつきで叫ばなくてはなりません。

ちなみにこの「シャカシャカサラダ」は人気メニューだったらしく、
私達がいた1時間ちょっとの間に3件も注文がありました。

別にやらなかったからといって罰則規定はありせんが、
やっぱり空気的にやならないのそれはそれでなんなので、
得にノリのいい性格でない私的には、酒が飲めずに素面だったのもあり、
少々戸惑いました。(--;)

お店の場所がとても不便なところだったので、客足が悪いのでは?
と勝手に想像していたのですが(で、なくならないうちに早めに来たのですが)
結構次から次へとお客さんが入り、なかなか盛況のようです。

そうこうしているうちに相方は1杯目のビールを飲み終わり、
空気を読まずに2杯目に突入しました。

へぇ・・・

ちなみに私はとんでもなく無念ですが、
運転で飲めないのでホットコーヒーです。

酒場なのにちゃんとコーヒーも飲めるのもいいところですね。

ブラジルは(これまたなぜだか知りませんが)猪木の第二の故郷らしく、
コーヒーはブラジルコーヒーでした。
意外にも(?)なかなか美味しかったです。

デザートも充実していたので、本当は食べたかったのすが、
胃に余裕がなく、デザートは残念ながら食べずです。(無念)

雰囲気も楽しいし、料理も飲み物も思っていたよりぜんぜん高くないので、
猪木ファンでなくても、行ってみると楽しいと思います。
(ちなみにお代は今回は2人で5,000円弱でした)

ノンアルコールカクテルなども充実していますので、
しょう油の街市を自転車デートする時には、ぜひコースに加えてみてはいかがでしょうか?

最後に店を出る時、またまた店員さんにうながされて、
退場のゴングを鳴らすわけですが、
入場時と同じようにカーンと一個鳴らすと相方に、

「リングを降りるときはカンカンカンカンと鳴らさないと駄目だよ!」

とダメ出しを食らいました。

そんなん知らんかったがな。

皆様、もし行かれる機会があったらその辺は、ご注意くださいませ。

今日は、これからおまたずれで失われた相方のジーンズを買いに、
愛犬を連れて佐野のアウトレットショップまで行ってきます。(^^)/~

ランキング参加中です。できればポチッ☆とクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキング

関連記事
ミニベロ9をとってきちゃうぞ!
昨日は佐野のアウトレットショップまで行ってきました。

いいお天気だけあってホント混んでました~。

目的である相方のジーンズも2本購入してきました。

ついでに私もポタ用のパンツを2本。ポタ用のパーカーを3枚購入してきました。

ついでの私の服の方が多いやんけ!・・・という事はさておき。

相方のジーンズはEDWINで購入したのですが、さすがアウトレットショップだけあって、
相方の腹とスタイルにも優しいド定番のらくらくストレート満載。

実は土曜日にはユニ○ロのジーンズも2本ほど購入しましたので、
にわかに相方はジーンズ大臣。

昨日でおまたに穴のあいたジーンズとはオサラバとなりますので、
これでいつバナナの皮が落ちていようとも、不測の事態にも安心です。

急なデートとか、急な病院とか・・・。

いや実際急な病気で急に診察を受ける時はいろいろとあせりますよ。

「どんなもんはいていたっけ?」とか・・・そっち方面でも青くなったりして・・・(経験者は語る)

ユニ○ロのジーンズの方は完全ポタ用、EDWINの方は通勤用として、
おまたずれデーターを収集し、相方のおまたずれが、

①自転車に原因あり

②相方の肥満に原因があり

③がっかりなことに①と②の両方

④相方を陥れる悪の何かの仕業

のどれが真の犯人かを追求していきたいと思います。

ちなみにちょっと前は「自転車のせい」と声高に言っていた相方、
あまりに声高に言っていたので私もすっかりだまされましたが、
ここで急遽肥満疑惑が沸き起こってきたので、急に弱気になりました。

相方曰く、

「でもさあ、普通歩いていると股って擦れるよね?(私に同意を要求)」

いや、悪いけど擦れねぇから!

どうやら密かに(また)擦れていたようです。 早く正直に言えばいいものを・・・。(--;)

実験するまでもなく、これはやっぱ②か③かなぁ。


さて、話が変わりますが・・・というかこっちが本題ですが、

ついにミニベロ9が出来上がりました!!

昨日の夕方に組みあがりの連絡を受けました。

丁度注文して3週間目です。

クロスバイクに比べれば夢のような短さだったんですが、なんか長かったなぁ~。

早速、今日取りに行こうと思うのですが、
やっぱり初のドロップハンドルがちょっと不安です。

そんなこともあって、今日は相かKBさん(仮名)と合流するかもしれません。

月曜日から憚られるのでお名前は仮名とさせて頂きます。

現在KB(仮名)さんの連絡待ちですが、その結果によっては1人で行ってきます。

ランキング参加中です。できればポチッ★とクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキング

関連記事
くろばい家にミニベロが・・・来たーーー!!

わが家の和室に新しい仲間が

わが家の自転車’s


増殖しました。

つーかいつまで自転車を和室に置いてあるんだ、わが家。

もうすぐ1年じゃん。

いや、マジでルイガノが通販で来た時に入っていたダンボール
こんなに役立ってくれるとは思いませんでした。

人生何が幸いするかわからないですね。

このミニベロ9は今後、わが家の(つうか私の)自転車ライフに新たな彩りを
加えてくれると思います。

チェレステ

ところで図らずも(?)わが家には07モデルと08モデルの2期連続のチェレステが
そろったわけですが、実物を比べてみるとやっぱり若干違いますね。
今年の色の方が緑が深いです。

いったいイタリアのいつの空を見てその年のチェレステカラーを決定しているのか?

その辺はホント疑問です。


さて、前から決めかねていたこのミニベロ9の名前ですが、

まだちょっと悩んでおります。

ベロンチョの「チョ」はカタカナにすべきか?

それとも平仮名にするべきか?

ある意味「チョ」という響きは愛称のようなものなので、
「ちょ」とするのが正しいのではないか?

迷った結果、姓名判断もしてみたのですが、
どちらも同じような結果だったので、どうしようか悩んでいます。

まあ、好きにしろ。ですよね。^^;

初めてのミニベロ、初めてのドロップハンドル、驚きのミニベロの乗り心地

・・・といろいろ感想はありますが、

それはまた明日にでも書かせていただきます。

ランキング参加中です。できればポチッ☆とクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキング

関連記事
ついにミニベロ来ちゃったぞ!
ついにわが家に仲間入りした「ミニベロ9」

 昨日はウキ☆ウキ・ワク☆ワクのミニベロ9納車のために、夕方からお店に向かいました。

平日にもかかわらず、朝「一緒に行けるかも」とやけに嬉し気だった相かKBさん(仮名)。

一応、その日の様子を見てからということなので連絡を待っていましたが、

慣れないドロップハンドルをいきなり私1人で運転させるのが不安だったのか、

単にミニベロ9に興味があったのか、

それともいい口実ができたと思ったのか、

(おそらく2番目と3番目だな(--;))

結局、納車式には相か・・・いや、知り合いのKBさん(仮名)も参加されました。

いいのか?こいつこんなんで・・・(--;) 

KBさんをお待ちしていたので、納車に向かったのは午後4時です。

KBさんは愛車ルイガノRSR4、私は電車でお店に向かいました。

お店に着くと、すでに組みあがっている愛車を発見!

注文する時は、バーテープも、つうかペダルすらなかった状態だったので、
バーテープも巻いてあり、きちんと完成されたミニベロ9をはじめた見たわけです。

な・・・なんてステキ過ぎるヤツなんだ~。(親バカ)

あまりのイタリアーンな感じに、親バカモード全開でギラギラしちゃいましたよ。

注文時にはライトをつけてもらうのを忘れていまして、
急遽、お店にあるライトを選び、取り付けてもらうことにしました。

ちなみにライトはこちら

ライト

自転車が小さいのであまり大きなライトだとなんだと思いまして、
ボタン電池の一番小さいものにしました。

ナイトライド好きのわが家なので(つうか気が付くとナイトライドの場合が多いんで^^;)、
今回は後ろの点滅灯がセットになっているものをチョイスしました。

ライト

そして会計前に店員さんにいきなり、

「試しにお店の周りをひとまわり乗ってみてください^^」

と言われ、かなり焦りました。

いや、当然乗って帰るつもりなのでビビるこたーないんですが、
会計して、さよならしてお店を離れてからこっそり乗るつもりだったので、
心の準備が・・・。
(冷静に後から考えるとそう言えば、購入前に試し乗りしますね)

しかしいつまでもモジモジしているのもなんか不審なので、
ここは覚悟を決めて試乗に出かけることにしました。

いかんせん初めてのドロップハンドルなんで、ミニベロをお店の外に出すのも
まずハンドルのどこら辺を握っていいやらわかりません。

よろよろと自転車を出す、あまりに不安定な姿がやっぱり不審だったのか、

「・・・ご一緒に行かれては?」

とボーと突っ立っているだけの相かKBさん(仮名)に声を掛けてくれました。

その時までまったく付き添う気0だった様子のKBさん(仮名)。

あわててルイガノの鍵をはずしました。

つうか一応付き添いで来たんなら、自ら行こうとしろよ。KB!(--#)

というわけでKBさんに(仮名)に付き添われてお店の周りをお試しライドに出かけます。

なにせ初めて乗るドロップハンドル、そしてミニベロ、かなり不安です。

車が金輪際しばらくきそうにないことを確認し、ミニベロに跨りました。

乗ってみると覚悟はしていたのですが、クロスバイクよりもかなり前傾姿勢です。

姿勢自体が苦しいというよりも、なんかバランスをとるのが難しい。

特に街中の障害物が多く、まったくスピードが出ていない状態だと、
未熟者なせいもあり、かなり怖かったです。

そしてドキ☆ドキの初ドロップハンドルですが、
指が短いせいもあるのか、ブレーキが握りにくいです。

最後はハンドルにも慣れてきて、指が短くてもなんとか握るコツのようなものを掴めましたが、
最初に乗った時は、指の股の部分を思いっきりハンドルに食い込ませないと
ちゃんと掛からない感じだったので、すぐに指の股の部分が痛くなりました。

ブレーキもフラットバーと違って手を横に握るのではなく、
手を縦にして握るので、いままでブレーキを縦で握った経験がない上に、
順応性が著しく低下している私としては、すぐには慣れない感じです。

なんていいますか、普通だったらブレーキを掛けると意識してなくても、
とっさの場合フラットバーだと掛けられるのですが、
ドロップハンドルの場合、凝り固まった脳が横のつもりで掛けようとして、
「しまった横じゃなくて縦だ」と気づく時間が必要なので、
常にブレーキを意識していないと咄嗟には掛けられない感じです。

年取るとブレーキは横という刷り込まれた潜在意識をなかなか克服できなくてダメっすね。(--;)

街中でかなりの前傾姿勢と慣れないドロップハンドルのブレーキに気を抜くこともできず、
軽くお店の周りを一週回って得たものは

「このまま無事に家まで帰れるんか?」

という更なる不安。

試乗後、代金をお支払いをして、

このままじゃ、あまり街中を走るのは危険だぞ。

ということで、練習も兼ねて荒川サイクリングロードを走ることにしました。

お店からはサイクリングロードまではそう遠くはないので、
その間、他人様にご迷惑を掛けないように、気をピーンと張り詰めつつ運転しまして、
なんとか数分後には荒サイに到着しました。

荒サイはいつも右岸しか走ったことがないのですが、
お店が左岸側にあったので、せっかくだから左岸を走ってみようということになりまして、
初、左岸体験です。

道はいつも走っている右岸の方が、若干広くて整備されている感じです。

でも平日のせいもあるのか、人があまりいなくて初ライドにはもってこい。

取りあえず思い切って走ってみることにしました。

で、いきなり驚愕。

なんか漕ぐのがパッソより楽?

若干追い風というコンディションのせいもあったのか、
ペダルを踏み込むとダイレクトに加速する感じで、ぶっちゃけ同じスピードを出すのであれば、
ミニベロの方が楽にスピードを出せる感じです。

よもやクロスバイクよりも加速がいいとは思いませんでしたので、
これはびっくりしました。

ドロップハンドルによる前傾姿勢のせいなのか?

向かい風のせいなのか?

単に気のせいなのか?

油断しているとKBさん(仮名)に比べてスピードが上がりすぎてしまうくらいです。

上がりすぎるつっても、あくまでもうちの場合なのであれですが・・・^^;

ミニベロ9がロードより、パッソがMTBよりというお話は聞いていましたが、
ロードよりと言っても、それはあくまでもミニベロの中の話で、
タイヤがすごく小さいミニベロがよもやパッソより加速が楽だなんて思いもしないことで・・・。

あまりに不思議なので「もしかしてやっぱり気のせいだったのかも?」と未だに思います。

楽にズンズン進むので、なんか嬉しくなり写真を撮るのも忘れて、
しばらくは黙々と走行「はっ」と気づくとそろそろ日も傾きかける寸前、
あわてて写真を撮りました。

こちら私のニュー愛車ミニベロ9こと「ベロンチョ」です。

ミニベロ9

ベルはクラシカルな雰囲気に合わせて真鍮にしました。
ベル


サドルはこれまたクラシカルなブルックスのサドルです。
サドル

この加速時の不思議体験を誰かと共有したくなり、
撮影時のついでにKBさん(仮名)にもミニベロに試乗して頂きました。

小さいミニベロに177cm若干ポッチャリのKBさん(仮名)が乗ると、
子供の自転車に無理やり大人が跨っているみたいでちょっと微妙。

一応このミニベロ(480)は155~175cmまで対応なので、
「KBさんもいけるかな?」と思っていたのですが、
やっぱりKBさんが買う時は、この上のサイズにした方がよさそうです。

ちぇー。KBさんがミニベロ買ったらそっちも密かに乗りまくってやろうと思っていたのに・・・残念。

KBさん(仮名)に乗り心地を聞いてみると、

「サイズが小さくハンドルに足がぶつかりそうで

乗りにくいのでようわからん。」

・・・だそうです。

感動不思議体験共有できず。(--#)

その後、ドロップハンドルにもまあまあ慣れてきて調子よく走り、
気が付くと10km以上を走りまして、

ミニベロ9

途中、こんな写真をとりつつ「あっ」という間に、
「都市農業公園」まで来ていました。

都市農業公園

喉も渇いたのでここで一休み・・・て、完全時間外なので公園内には入れません。

仕方なく一般道に出て飲み物を買い、もう一度川沿いに戻って休憩しました。

自転車の時計

関係ありませんが「都市農業公園」横の時計は自転車型だったですね。

そして祝ミニベロ9初ライド

ルネッサーンス

ルネッサーンス!

・・・さて、ここまでは10km以上走ったのですが、心に飛来するふとした疑問・・・。

なんかケツがぜんぜん痛くない。

という疑問です。

ミニベロ9にはブルックスの革のサドルが付いていまして、
これはかなりおしゃれで私も一目で気に入ってしまったのですが、
慣れるまでは「お尻痛に悩まされることが多い」と聞いていたのです。

私もその点は覚悟して来たのですが、10km以上走ってもなぜだかチクリとも痛くないです。

痛いどころかかえって革のツルツルした感じが座り心地がいい位で・・・

この時は「まあ、10kmしか走ってないからかな?」と思ったのですが、

結局、30km位走行したこの日は尻痛はナッシングでした。

たまたまサドルがお尻に合っていたのか?

それとも30kmしか走行していないからでしょうか?


そう言えば、私はパッソの時もほとんど尻痛を経験することがないんですよね。

もしかして、どんなサドルでも対応可能な新素材の尻なのだろうか?私のお尻って。

それとも単に尻が扁平だからか???

その辺はやっぱり謎です。

その後、日が落ちてくると風がだんだん強くなり、
来る時の若干の追い風とうって変わって、すごい向かい風の中、
今度は右岸の方で家路に向かいました。

向かい風の中でもやっぱりパッソよりも漕ぐのが楽な気が・・・。

ドロップハンドルは、まだ完全には慣れていないものの、
さすがに10km以上走ると多少は慣れてきまして、
ドロップハンドルなりの利点も感じることができました。

came3さんがおっしゃるようにフラットバーと違い握るところがいっぱいあるので、
気分転換や、ちょっと姿勢を変えるときにいいですね。

あと坂を上るときは、フラットバーよりもハンドルを引くように走りやすいので、
パッソよりも楽に感じました。

慣れない前傾姿勢も走る時は意外と楽だし、
思っていたより腹筋も辛くなかったんですが、痛かったのは首です。
特に人の多いところだと首を思いっきり上にあげていなきゃならないので、
これは長時間になるとキツイですね。

最後にサイクリングロードを走り終えて、一般道を抜けて家に帰るのですが、
ここでしゅうさんがおっしゃっていたアルミフレーム+ドロップハンドルの
真の恐怖を体験することになりました。

荒サイを降りて500m位アスファルトがガタガタしている道を通るのですが、
パッソに乗っている時は、ほとんど腕に負担を感じませんでした。

で、その調子でこの道を通ったところ・・・

いでーーーっ!!(><)

ダイレクトに振動の衝撃が手首に来て、大げさでなく時々骨が折れそうです。

「もう年齢的に骨密度も低いんだから勘弁してよーー。」

と思いつつ、いつもは軽く通り抜けるこの500mが、
「ここはプチ針山地獄か?!」って位、長く感じました。

手のひらと見ると手のひらの腹の部分も真っ赤になってました。

しみじみフロントサスペンションがあるパッソは、
こんなところを走る時はすごく楽だったんですね。

つう事は段差や障害物の多い街中を走る時はパッソの方が楽・・・かも。

いや、マジこれって予想外です。

私がビアンキのミニベロが欲しかった最大の理由は、

「見た目がかわいいから」

という性能もへったくれもない、身もふたもない理由なのですが(--;)オハズカシイ

第2の理由としては、

「小回りがきいて、パッソより街中を走る時に楽そうだから」

でした。

しかし1回目の走行を終え2台の自転車を比べての私の感想は、

「サイクリングロードはミニベロ9の方が楽に走れそうだけど、

街中はサスペンションがありフラットバーのパッソの方が走りやすい」

という思っていたのとぜんぜん逆の感想を持つことになりました。

まだ1回走っただけなので、今後また違う感想を持つかもしれませんが、

うーん。なんか不思議。

確かに今の時点では思っていたのと感想は違いますが、
違う種類の自転車が2台あると「走る時と場合によって乗りわけができる」
ということは楽しいし、便利ですね。

特にもっか絶賛挫折中の「輪行もどき」ですが、
ミニベロ9は、クロスバイクよりもざっと30cm位は短かそうなので、
このまま楽に車に積載できるのではないか?

とその点は多大に期待しています。

私がミニベロ9で輪行するとなると、クロスバイクの相方はどうするか?

ですが・・・

まあ、がんばって。

そうそう。あともう1つミニベロの方がはるかに楽なことがありました。

乗車後のお掃除です。

車体自体はクロスバイクより小さいとはいえ、そんなに変わらないので、
どちらが「楽、楽じゃない」ということはないのですが、
サドルの掃除は明らかに楽です。

パッソのサドルの白さに拘る事に関してはそろそろ日本で100指に入るのでは?」

と言うくらい、実は未だにしつこく拘り続けております。

前は、アリ○ールで洗浄すれば落ちていた汚れも、
なぜだかアリ○ールでは効果が落ちてきたりしまして、
その度ごとに試行錯誤して、なんとか白さを保っております。

果ては革専門洗浄液まで買うに至り、相方には、

「(サドルを)もう1つ買った方が安いんじゃないの?」

と時に失笑を買う始末。

まあ、その血と涙の苦労(?)は機会があればまた違う折にでも・・・。

とにかくポタ後の疲れた体に鞭打って、

「どんなに時間を掛けても許容数値までサドルが白くなるよう磨き続ける」

という作業がなくってホント楽です。

その点も含めてブルックスのサドルはなかなかいいですね。

さすが有名革サドルメーカーだけのことはあります。

て、私が執拗にサドルの白さに拘らなければいい話ですけどね。(--;)

ちなみに今回、KBさんも参加されたと言うことで“連続ポタ”の規定はクリアしたということになります。

めでたし、めでたし(?)

【今回の記録】
走行時間:1:57:28
走行距離:30.76km
平均時速:15.7km/h
最高時速:32.8km/h

ランキング参加中です。できればポチッ☆とクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキング

関連記事
ひとりポタとショックな出来事
このところミニベロを注文したり、ミニベロが来たり、
そっちの方の変化が多くあったので、すっかりおざなりになっている「ポタ日記」ですが、

このブログを書くにあたりまして、

「ポタ記録は、できるだけ書き残しておこう」

ということを考えております。

あまりに過去過ぎて、いまさら書くのもお恥ずかしいですが、
とにかく書かないことには話は進まず・・・

思い切って「そろそろハワイ日記を・・・」と思っておりました。

が、

実は昨日はミニベロに関してものすごーーくショックできごとがあり、
とても書かずにはいられないので、結局、そちらを書かせていただきたいと思います。

昨日ミニベロ9を購入して、早2日が経ちました。

クロスバイクを購入して結構な月日が流れましたが、
実は、わたくし今まで1人でポタをしたことがありませんでした。

なぜか?

それは、もちろん普段は仕事で自転車が乗れない相方に遠慮して・・・

・・・などと言う気は毛頭なく、単にわが家のうすら狭いマンション事情にあるのです。

現在、わが家の和室に自転車トリオ(とトリオをつけるととたんにお笑いくさくなるのはなぜ?)
が(未だに)鎮座ましましていますが、いつもこの和室から自転車を出すには一苦労だったりします。

狭い襖を狭い廊下の壁に当たらないように自転車を持ち上げて通し、
その関門をクリアしたら更に狭い廊下を自転車を持ったままカニ歩きしながら
まずは家の外に出さなければなりません。

この障害物競走を成し遂げるには、私にはクロスバイクは重すぎ且つ大きすぎて、
こればかりはいつも相方の仕事となっています。

しかしここまではいい。まあ、ぶつかったとしても家の壁紙が少々汚れるだけだし、
萎える作業ではありますが、慣れれば私でも大丈夫かもしれません。

問題はこの後の関門、魔のエレベーターです。

わが家のマンションはそこそこ大型マンションなのですが、
なぜかエレベーターが激狭い且つ、激少。

まあ、なぜかつうか経費節減の為だと思うですけどね。(--;)

あまりのお買い得ぶりにこのマンションには即食いついたわが家ですが、
購入前からこの点は気になりまして、営業マンの方に聞きました。

営業マンの方曰く、

「みんな同じ時間に出るわけではないので、
あまりエレベーターなんか要らないものですよ。」

ということでした。

「確かにそんなもんか」とその時は納得し、
確かに“そんなもん”だったのですが、それはあくまで自転車を載せる事を
想定していない時でして・・・

いざ自転車を載せるとなると、このエレベーターは兎に角狭い。

しかも数が少ないので、他の住人の人とかち合うことも多く、
うちの自転車が幅をとっているせいで乗れない人がいるとものすごく恐縮します。

その上、大きいクロスバイクは頭の方をちょっと横にしてにしかエレベーターに入らず、
出すときに多少時間をとられます。

しかも、なぜか(おそらく経費節減)今時延長ボタンが付いていないこのエレベーター、
その間「開く」のボタンを押していていてくれる方がいたりすると更に恐縮度UPですし、
相方がいる時はお互いボタンを押し合いながら、自転車を外に出しますが、
1人しかいない時はなんか挟まれそうな気がします。

このような精神的恐縮+物理的事情のW効果で、
今まで1人でクロスバイクを部屋から出してポタった事がなかったのですが、

ミニベロだったら行ける!

質量も軽いし長さも短いので、狭い廊下も楽々移動できますし、
エレベーターの中でもそう幅を取らずに、出し入れもスムーズにできます。

これはよくミニベロクラスの折りたたみ自転車をエレベーターに乗せている奥さんを
見かけて羨ましく思っていたので実証済みです。

いままで精神的且つ、物理的事情で二の足を踏んでいた1人ポタですが、
私もミニベロを手に以上、こいつは事情が変わりました。

これは早速1人ポタをするしかあるまい!

ということで、昨日は初めての1人ポタに行くことにしました。

思った通りに軽くて小さいミニベロはわが家の極狭廊下もエレベーターも、
軽く抱えて楽々通過できました。

初めての相方のいないポタ・・・・・・

「けけけけけけけ♪」

浮かれてマンションを出たはいいけど(浮かれてたんかい!)
行く場所をさっぱり決めていません。

今日は走る以外、何をしたいとかいう目的もないので、
とりあえず「荒サイ」に出ることにしました。

荒サイに出るまでは、軽く街中なんですがポタ2日目ともなると、
ドロップハンドルにもまま慣れてきて、運転もスムーズになってきました。(と思う)

荒サイに出ると平日で時刻は夕刻にさしかかった中途半端な時間ということもあるのか、
結構、空いていました。

先日は左岸を走りましたが、今回はいつもの右岸を走ります。

しばらく黙々と走っていたのですが、どことなく張り合いのなさを感じます。

いつもいるアイツがいないからです。

アイツ・・・それは相方・・・のルイガノについているサイコン。

クロスバイクを始めてしばらくはサイコンがなくても平気だったはずですが、
一度、距離を測れるサイコン生活をしてしまうと、ないと張り合いがないですね。

うーん。こんな時のためにも相方は必要なヤツだったのか。

どうせ相方と走るんでパッソは結局ノーサイコンのままですが、

基本別走り用になるミニベロにはサイコンを早速つけなきゃあかんなぁ。

と、考えつつ、またしばらく走っているとまたもや相方の必要性を痛感する出来事が!

の・・・のどが渇いた!

梅雨時期だというのに、湿度もないさわやかな夕刻でしたが、
黙々と自転車で走るとなると、結構体温も上がり喉が渇くもんですね。

特に私は汗はかかないのですが、飲み物は大量摂取する(主にダイエットコーラ)
やっかいな体質なので(おかげでトイレ近いし)飲み物を用意しておかなかったのは辛い。

いつもは飲み物は相方にリュックを持たせてそこに詰め込んでいるんですが、
今回はそのセバスチャン相方は山に芝刈りに行っていておらん。

兎に角、この渇きをこのままにもしておけず、一旦、サイクリングロードを降りて、
ケーズデンキで飲み物を買って水分補給をすることにしました。

ケーズデンキ

駐輪場に止め、自動販売機に行き飲み物をチョイスしたのですが、
そこでまたまた相方不在による葛藤が・・・

体内から沸き出でる欲求としては、アク○リアスゼロが飲みたい。

しかしアク○リアスゼロは500mlサイズしかない。

いや、幾ら喉が渇いていても500ml、一気はできんし・・・。

そうなると残った液体を誰が持っていくかですが・・・

つーかお前(私)だよ。

ミニベロにはボトルケージもないので、背負っていたリュックに入れていくしかないんですが、

液体って背負うと結構重いんだよなぁ。(て、いつも相方に持たせてますけど)

と思いつつも体内のスポーツドリンク摂取欲求には勝てず、
(ポカリが出るまではこんな欲求なかったよなぁ)
仕方なくアク○リアスゼロを購入。

ケーズデンキの隣にある、舎人ライナー「足立小台駅」の駅前で、

ひとり「ルネッサーンス」です。
ルネッサーンス


一休みも終え、予想通り残ったペットボトルをリュックに入れようとしましたが、

入らない。(T_T)

(いつもは相方のリュックに詰め込んでいる)寒くなった時用のパーカーなど諸々が
入っているので、ちょっとやそっとじゃ入りません。

それでも衣服を丸め直したりしつつ無理やり入れ、そして思ったことは、

こんな時ボヤッキー相方がいてくれたら・・・。

出かけは「やっと1人でポタれる」と若干(どころではなく)ウキウキしていましたが、
ここで相方がいかに必要な人かを痛感しました。

相方がいれば、ペットボトルも鍵もナイトライドの防寒用のパーカーもカメラもおやつも

全部相方に持ってもらうことができるのに・・・。(泣)

て、それって単に荷物持ちやんけ。

でも嘆いていても仕方ありません、今後はこんな機会も多くなると思うので、

「(いい年なんだから)ひとりでできるもん」計画を発動、

その為には、ミニベロにボトルケージもつけなければなりません。

ミニベロ購入で、急遽必須になったサイコン、ボトルケージ、そして振動緩和用のグローブ・・・

この3つ位は早めに用意しなければ・・・

「そうだ!これから上野のY'sへ行こう。」

と急に思い立ちました。

上野だったら相方と待ち合わせて、
ついでに「大江戸」で夕食を済ませちまえば一石二鳥じゃん。

ナイスアイディーア!私!特に外食のところが秀逸。→オイ。

そうと(勝手に)決まれば善は急げ、まず今来たCRを逆走し、上野に向かいました。

新車を手に入れ、初めての1人ポタ、楽しいお買い物(そして夕食作成を放棄)、
この時までの私は最高にウキウキってました。

が、

この後、最悪の出来事が巻き起こることになるんです。

・・・私が知らなかっただけで、この時すでに最悪な出来事は起こっていたので、
正確に言うと「最悪な出来事を発見することになる」ですね。(--;)

さて、突然ですが、私には昔から悪しきジンクスがあります。

お気に入りのパンプスをおろすと、その日の朝、早速ヒールに傷をつける。

お気に入りのバッグをおろすと、その日のうちにシミをつける。

お気に入りの服をはじめて着ると、その日のうちに変な汚れが付着している。


そんながっかりマーフィーの法則的ジンクスです。

最近では、色が気に入って買ったデジカメを買ったばかりで思いっきり落とし、
その気に入った色の上に思いっきり傷をつけました。

そしてそんなジンクスがあるのにもかかわらず、
私は変に潔癖主義なところがあり、まっさらなものにキズが付くのが異常にダメ。

一旦キズが付くとそこばかりが気になって気になって仕方なくなるんです。

だからパッソのサドルの白さにも異常に拘っちゃう訳で・・・(--;)

前、どうしても気に入って清水の舞台から飛び降りる感じで
革製のダイニングチェアを4脚買ったんですが、
買ってまもなく、私の不注意で1脚の背もたれの部分にア○ンアルファを付けてしまいました。

せっかく揃えた4脚の椅子の1脚に付着した接着剤。

接着剤の範囲は1cm角位、普通の人だったらそれ位は気にならないかもしれませんが、
そこはそれ、変な潔癖主義な私はものすごーーく気になりまして、
なんとかその強力接着剤をはがすことにしました。

そして私が用意したのは「目には目を」「強力接着剤には強力接着剤用はがし」です。

・・・この辺で先見の明がある方は先が読めたことと思います。

基本、説明書が嫌いな私はろくに説明書も読まずに椅子の背もたれに、
その強力接着剤はがし液をためらうことなく、べちょっと付着させました。

おかげで確かに強力接着剤は取れました。

取れることは取れたんですが、同時に革の表面も取れてしまいました。(つまり剥げちゃったんです)

あわてて強力接着剤はがし液の使用説明書を見てみると(遅いだろ)

【使用できないもの】皮革

・・・・・・・・・・・・・・。

完全、自業自得とは言え、

その時のわたくしの絶望感をどうお伝えしたらいいのでしょう?

これからずっと4脚の椅子の1脚が剥げたまま・・・うえーー堪えらんねぇ。(T_T)

こんなんだったらア○ンアルファ椅子の方がどんなにいいかと思いましたが、
後の祭りの見本のような出来事です。

革を修理できないかとも思いましたが、表面がツルツルしている革なので不可能らしいし、

後は1脚を買い換えるしかないんですが・・・

相方に相談すると、4分の1清水でも再び買うとなると流石に無駄な出費、
もとからその程度のことは気にしない相方は

「勿体無いし、別にこのまま使えばいいじゃん」

と取り合ってくれませんでした。(当然か)

普段だったら有無も言わさず我を通す私ですが、これは自分が悪い上に、
相方の方が超正論なので、さすがに引き下がることしかできず・・・

仕方がないので・・・私は泣きました。そりゃもう根性入れて。

もちろん自分のバカさ加減に涙が出たということもありますが、

ぶっちゃけ泣き落としです。

そして長期戦を制し、相方の同情を引くことに成功。

出費は手痛かったですが、もう1脚ダイニングチェアを買うことにはなりました。

この時相方は悟ったのだと思います。

「このような状況の場合、こいつに何を言っても無駄だ」と。

話が長くそれてしまってすみません。話を元に戻しますと、

荒サイから降り、上野に向かう前に近所の公園で一休みしていた時のことです。

いつも荒サイを走ると自転車が汚れることが多いので、
この時も休みつつ自転車がどの程度汚れていたのか確認していました。

走った距離が短かったせいか、未だに正体不明の謎の黒い点々も
あまり付着していませんでした。

どうせ家に帰ってから拭き掃除はするのですが、
できれば汚れていないに越したことはなくホッとしていると、
チェーン横のフレームにいつもの黒点ではない、なんだかよくわからない白い汚れを発見。

???????

あれ?なんか白いものでもついたかな?

と擦ってみても取れません。

・・・て、もしやこれ汚れじゃないんじゃ??

わたくし、我が目を疑いました。

キズ

白い汚れと思っていたものは、なんとキズだったのです。

キズ

しかも結構深い擦過傷のようなキズがザックリ。

気づきませんでした。

こんな大きな傷が付いたにもかかわらず、全然まったく気づきませんでした。

半ば放心しつつも先日取りに行った時のポタとこの日のポタ、
2日の間になにかこすったりした記憶があるか脳内を探りましたが、

真っ白。

それらしき事があったことは、さっぱり思いつきません。

コケた時に倒した私のパッソ、派手にぶつかったルイガノ。

この2台は未だフレームにキズ一つ付いていないというのに、

新しく来たばかりのミニベロは気が付かないうちにこんな派手なキズが付いていたなんて、
なんたる皮肉でしょうか。

一昨日、乗車後掃除をした時は反対側から拭いたんで気づかなかったのですが、
後で写真を見て確認をすると、お店を出て結構早い段階で付いていたようです。

サイクリングロードで石でもあてちゃったのか?

それとも縁石のようなところでこすっちゃったんでしょうか?


かなり気をつけて運転したつもりでも、浮かれてふわふわしていたのか、

ぜんぜん思い出せないんです。(T_T)

“自転車なんてものはいつかは傷は付くもの”

頭でわかってはいるんですが、もとが変な潔癖症。

よりにもよって買ったばかりで、おまけに気づかぬうちキズが付いたということがものすごくショックで、

もうその日の気力は根こそぎ剥奪され、買い物どころではなく、とぼとぼと家に帰りました。

家に帰っても夕食を作る気力もなく(どの道作る気もなかったんですが)

結局、外食です。

夕食

て、ものすごくショックを受けている割にはがっつり食っとるやんけ。

いや、あまりの心の隙間をつい高カロリー食品で埋めたかったんです。

私がショックを受けて注意しない事をいいことに相方さんもやりたい放題の高カロリーです。

夕食

(付け合せまで揚げ物かよ)

改めて相方に相談すると開口一番、

「で、買い換えるの?」

そんなことできるかーい!

①ものすごく気に入っていた

②買ったばかりで傷が付いた

このキーワードが相方のトラウマを呼び起こしたのでしょうか?

いや、確かに椅子は買い替えはしました。

そしてその事は相方にとってはそれなりにトラウマになったかもしれない。

が、幾ら買ったばかりで傷ついてショックとはいえ、
気安く自転車を買い替えられるかいな。

幾ら変な潔癖症な私でも「いつか自転車を傷つくもの」というこは
理性でわかってはいます。

その“いつか”“買って数分後”だったことにショックを受けてますが・・・。

・・・とは言えやっぱりこのままにして置くのを感情が許しません。

なんとかキズを目立たないようにしたいのですが、

パッソとルイガノには付いていた補修用の塗料も今回は付いていなかったし、

ネットを検索してみると自動車のタッチペンを代用とありますが、

あったけ?チェレステみたいな自動車って?

大体、毎年チェレステが同じ色だったら去年のものが使用できたのに、
微妙に違うもんだから使えんだろうしなぁ。くそーーっ。

今日、チェレステの塗料が販売店に売っていないか、
ミニベロを買ったお店に聞いてみようと思っていますが・・・。

無理だろうなぁ。

“気に入ったものには早々傷が付く”

このいつものジンクスに、よもやミニベロまでが加わろうとは本当にショックです。

トホホホホホ。

ランキング参加中です。できればぽちっ☆とクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログへ  人気ブログランキング

関連記事
梅雨の合間に塗料GET!アンド荒サイポタ
思いがけず新車ミニベロにキズがつくという不幸がございましたが、
皆様、いろいろアドバイスやお見舞い(?)のお言葉ありがとうございました。

当初はこの悲劇的マーフィーな運命を呪い、がっくりとかなーーり落ち込んでおりましたが、
お陰様でほぼ立ち直りまして、ことミニベロに関してはで「奇妙な潔癖症」も克服。

キズに関してはベロンチョの個性の一つだと思って、
「パッソと共に愛情を注いで行こう」と決意を新たにいたしました。

万が一悪の組織にベロンチョが拉致された時には、ベロンチョの証明にもなりますし・・・。

とはいえ・・・このまま剥げさしておくのは、やっぱり錆びも心配だし、
克服したとはいえ、やっぱり変な潔癖症的には気になります。

それらしき塗料でいいから目立たないようにするにはなんかないだろうか?

と、ミニベロを購入したお店に相談したところ、
ラッキーにもリペア用の塗料を譲っていただけることになりました。

とにかく一刻も早く塗料を取りに行きたかったんですが、
実は木、金と野暮用でまたまたしょう油の街に行っておりまして行けませんでした。

ところで私は普段からパソを手放せないので、
いつもしょう油の街に帰還する時もパソを持ち帰るのですが、
今回は痛恨のサザエさんミス。

(重い)パソコンを持っていったのにも関わらず、電源アダプターを持っていくのを忘れました。

パソコンは電源なければただの(重い)箱。

ちなみに私のパソはノートパソコンなんですが、古いだけあってマジ、重いです。

古いとは言え、ノートなので電源アダプターがなくとも普通は数分位は使えるはずですが、
うちのノートは電源アダプターなしでは1秒も持たず死亡するので、
何の為のノートなのか、その辺も本当に謎。

ちなみに買った当時から電池だけではほとんど持たなかったので、
今更電池を換えても無駄なので放置しています。

今回は実家に帰ったついでに母と千葉県多古町の「道の駅あじさい館」
あじさいが見れるということで行ってきたのですが、

 

あじさい館


時期が早かったのか、全体的にはこんな感じでかなり微妙。

一応、一部の花は綺麗に咲いていたので、満開ムードを演出して写真に収めてみました。

あじさい

船に乗りながら両岸のあじさいが見れるということで、船に乗るのも楽しみにしていたのですが、
この時期丁度農業上の事情があるらしく、がっかりなことに中止中でした。

くそーっ。パソがあれば調べてから行けたのに・・・(--;)

ここまできてこんな中途半端な気持ちで帰れん。

ということで急遽、潮来のあやめを見に行きました。(ここからなら存外近かったので)

記憶が確かならそこではお船にも乗れたはず・・・。

情報収集のために潮来の道の駅に寄った所、
確かにあやめ祭り期間中は市営のザッパ船が出ているということ。

よっしゃ。それだー!

とあやめ祭り会場の「前川あやめ園」に向かいました。

前川あやめ園に着き、駐車場を探してうろついていると、
どこからともなくおば様が現れて「船に乗るならこっちよ」と導かれました。

そして船着場に誘導され、ザッパ舟(櫓で船頭さんが漕ぐような舟)をイメージしていたんですが、
実際乗せられたのは、ザッパ風(?)ではありますが、しっかりモーターのある船。

船

ちなみに2人で貸切5,000円也。

訳がわからないうちにそのまま船はスタート。

船

船頭(女性)がこのザッパのようなモーターボートを運転します。

この女性が船を動かしながらいろいろ説明をするのですが、
説明を聞いているうちに、ミステークに気づきました。

私たちが乗りたかったザッパ船は「前川あやめ園」内から出ている船で、
この時乗った(乗せられた?)船は「十二橋めぐり」という、
私営でやっている観光船のようです。

船からの景色

特にあやめ祭り期間だけとういうわけではなく、ザッパ船よりも遠くまで巡ります。

どおりで色々違うと思った。(--;)

市営で貸切もおかしいなぁ。って思ったんですよね。 でも思考する暇がなくて・・・

趣のあるザッパ船には乗りたかったものの、まあ、貸し切りだし、これはこれでよかったかなぁ。

ゆるゆると30分ほど遊覧して、今度こそ「前川あやめ園」に入園しました。

かなり種類も豊富なあやめが綺麗に咲いていました。

あやめ

あやめ

こちら「潮来のイタロウ像」イタロウというよりおそらく橋幸夫像。

イタロウ像

微妙に似てるような似ていないような・・・。

こちらが本当は乗りたかった方の「ザッパ舟」です。

ザッパ船

団体で乗る風ではありますが、船の作りも昔風でなんかいい感じです。

お値段もリーズナブルな1,000円でした。

最後にきなこ満載のあべかわ餅を食べたのですが、
こちらのお皿がザッパ舟を意識した形をしているのが面白かったです。

あべかわ餅

・・・とこのような感じで木、金曜日と、しょう油の街ライフにいそしんでおりました。

リペアの方は帰ってきてからすぐにでも取りに行こうと考えていたのですが、
天気予報では何の因果か今週末からオール雨。

お店の定休日等を考えると、

「この調子だと塗料を取りに行くのは来週末になるかなぁ」

と残念ですが、しばらく行けないとあきらめておりました。

が、

金曜日にはしつこいまでの「今週末は雨だよ予報」をやっていましたので、

「どうせ今日も雨だろ」とのんびりと朝、目覚めましたところ・・・

あれ?なんか降っていない。

曇り空ではあるけれども、とにかく水滴は落ちていなさそうです。

しかし天気予報は相変わらずの雨予報・・・

自転車で出かけるというのは厄介なもので、
出かけるときに降っていなくても、
帰りに降ってしまったのではどうしようもありません。

ただでさえ負傷中のミニベロ、濡れさせたら元も子もなし。

はやる心を抑えつつ天気予報を信じ、1時間、2時間とテレビを見ていましたが、

やっぱり降ってこないやんけ。

起きてからすでに3時間近く、おとなしく待っていれば、
水滴一滴落ちてこないとは、どないなっとるんじゃい。

と思わずガラが悪くなってしまいました。

ちなみにわが家から自転車店までは、急げば往復1時間程度、
起きてすぐに支度をして行っていたら、
雨に降られることもなく、今頃は塗料をGETして確実に帰ってこられたはず。

私、はげしく葛藤し始めました。

外を見ると曇りではあるものの、すぐに雨が落ちてきそうもないような明るさのような気がします。

これは今からでも行ってこれるんでは?

いや、新車のミニベロは絶対濡らしたくないし、

天気予報は「これから雨」だと言っています。

・・・天気予報・・・まずそれが信じられないんだよねぇ。

そしてわたくしは天気予報よりン十年生きてきて培われた野性の勘を信じることにしました。

この空の感じは、1時間は降らないと見た。このチャンスに行くしかない!

そうと決まれば「善は急げ」とダッシュで支度。

「さあ、行くよ。ボヤッキー相方!」と相方を伴って出発です。

雨が降らないうち・・・できれば1時間以内に帰ってくるつもりで、
出発しましたが、空は「どうもすぐ降る気がしない感」が漂っていました。

蒸し暑い中、1時間で帰れるよう必死で自転車を漕ぎましてお店に着き、待望のお宝をGET!

チェレステカラー08の補修用塗料です。

本当にありがたいことに無料で譲ってくださいました。

このリペア液には、昔の修正液のように蓋の部分にハケが付いています。

ここで塗り方のコツのようなものを伺ったのですが、

①人肌に暖める

②よく振る

③ハケに付いた余分な液をティッシュで取り塗っていく

と、こんな感じだそうです。

・・・・・しかし、なんかの塗り方に似てるなぁ。

と思いましたが、考えてみればマニキュアを塗るときの方法に似ているんですね。
(マニキュアは暖めはしませんが)

久しくマニキュアなんぞ塗っていないので、すぐにピンと来ませんでした。^^;

「よーし。塗料も頂いたし、

雨が降らないうちに急いでずらかるよ!ボヤッキー相方!」

とひらりと自転車に跨りつつ、空を見上げましたが、

空

な、なんか晴れ間が出てるぅ。

いや、これ雨降らないだろ。ちょっとやそっとの時間じゃ。またしても天気予報め。

急いでずらかろうと思いましたが、急遽変更。

せっかく来たのだから“荒サイ”を走ってみることにしました。

ところで“荒サイ”を走るとなると、どこかでミニベロにキズを付けた場所を再び通るのですが、

やっぱり原因がわからないというのはモヤモヤします。

今後なにを気をつければいいのか対策も練れませんし・・・。

当日はかなり気をつけて走ったつもりではありますが、
かなり浮かれていて、舞い上がっておりました。

私は飲酒時よくコブとか痣とかできる怪我をしても、
その時は気づかずに、酔いがさめてから気づくということが多々ありますが、
あの時の感覚はそれに似ているのかもしれません。

もしかしたら自転車をぶつけても、神経が昂ぶっていて気が付かなかったのかも。

冷静になった今、どの辺が事故ポイントだったのか検証すべく同じ道を走ることにしました。

購入したその日に荒サイの途中で撮った写真にはすでにキズが写っていましたので、
その間にある障害物的なものが絶対的に怪しいです。

場所的に一番怪しいのは興奮で心がどこかに行っていたお店から荒サイまでですが、
改めて通ってみると、ほとんどぶつかるような縁石自体がありません。

それにずっと車道の左側を通って走ったので
縁石があるとしても右側の車体にキズが付くのはおかしい。

というわけで街中の縁石ではないような気がします。

次は荒川サイクリングロード内ですが、ここで怪しいのが車止めです。

一度、パッソで荒サイの車止めで転んでから車止めはトラウマになり、
かなり注意しているつもりでしたが、
当日は心が舞っていたので引っかかったのかも。

写真を撮ったポイントまでは、車止めは2箇所。

どんな車止めか思い出せなかったのですが、改めて通ってみますと、
一つは幅が広くとってある車止め。幾らなんでもここには当たるまい。

もう一つはU字型の車止め。
こちらは自転車が引っかかったとしても、キズの部分には車止めは当たりません。

というわけで、車止めの可能性もなさそうです。

あと考えられる犯人らしきものは・・・小石のヤロウです。

証拠はないけど、もうこの小石のヤツ以外考えられません。

荒サイの左岸を通っていると途中数十メートル位の砂利道ゾーンになるのですが、 
粒の大きめな小石もあったので、これが当たってキズがついたのかも。

あまり砂利道を走ったことがないのですが、今後は気をつけなければ駄目ですね。

新車でいきなりこんなところを走ってしまってベロンチョには気の毒なことをしました。

ままはっきりとした決め手にはかけるものの「これかな」という犯人像も判明し、なんとなく納得。

その後、まだまだ雨の振る気配はさっぱりなく、あまつさえ晴れ間もみえてくる始末。

空

このチャンスに少しでも走ろうと、

「よう釣れますなぁ」的な像がある「都市農業公園」までまたまた来園です。

都市農業公園

都市農業公園

土日ともなると自転車乗りでいっぱいと思いきや、
やっぱり天気予報が予報だったのか、自転車乗りの方どころか、
園内には人もポツポツとしかいませんでした。

天気が微妙なのに、暑さだけはむしむしと蒸し暑く、
汗っかきの相方は「空からバケツでも降ってきたのか?」という位、
Tシャツがびしょ濡れになっています。

こんなに水分だしてもさっぱり痩せんとは・・・新陳代謝がいいような、悪いような。

燃費がいいような、悪いような・・・(--;)

もともと今日はすぐに帰るつもりできたので、
補給用水分も用意していないまま、荒サイを十数キロ走ったので、
一刻も早く「山田くーん、なんか水分プリーズ」

売店に行くと、こんな蒸し暑い日にぴったりなカキ氷が売っています。

「氷いちご!ここはおまえしかいねぇ!」

と思い注文しようとすると“売店は4時まで準備中”の文字が!ちなみにこの時は3時です。

脳いっぱい“氷いちご”になったこの状況をどうしてくれるんじゃい。

売店はお休みでも「レストランさくら」はやっていたので、
そっちに「氷はないかなぁ」と思って行ってみましたが、
がっつり食べる系は多いのですが、残念ながら氷類はなく・・・

レストラン内もがら空きで、食事をするにはいいチャンスだったのですが、
出かけに食べてしまった上に、暑いしちょっと運動したので食欲が・・・

ここは仕方なく、自動販売機の飲み物で

乾杯

ルネッサーンス

いやーー運動後はビタミンCが沁みますわ。

水分の補給もし「十分休んだことだし」ということで、
帰ろうとすると、なんと売店が急遽再開。(まだ3時20分でしたが)

というわけで再び休憩タイムです。

こちら「おぐらソフトクリーム」

おぐらソフト

て、脳が氷いちごじゃなかったんかい。

という話ですが、ビタミンCを入れたら化学変化を起こしまして・・・

このおぐらクリームは普通のおぐらソフトクリームに比べてなんかおぐら度が高く、
あずきバーのような、おぐらソフトクリームとしてはなんか新感覚でした。

その後、荒川右岸をえっちらと帰ってきまして・・・そして今日も向かい風でしたが・・・(--;)

雨雲が到着する前に帰宅することができました。

結局、何時位から降ったんかいな?

そしてこちらが頂いてきた「リペア液」です。

リペア液

補修の方は明日(つうかすでに今日)精神統一をして、ゆっくりと行いたいと思います。

さて、どのように補修が出来上がるのか?

乞うご期待!・・・てほど綺麗に仕上がるのかなぁ。

【今回の記録】
走行時間:1:44:27
走行距離:30.72km
平均時速:17.6km/h
最高時速:32.7km/h

ランキング参加中です。できればポチッ☆とクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログへ  人気ブログランキング

関連記事
ミニベロのキズをリペアってみました
本日は予報どおり雨でしたね。

昨日、幸いにもお宝塗料を手に入れたわたくし。

こちらがそのお宝、頂いてきたリペアチェレステ08バージョンです。

チェレステ08

ちなみにこちらがパッソの時に頂いたチェレステ07バージョン。

07チェレステ

幸いこちらのチェレステ07は今のところ出番はなくて済んでおります。

別々に見たときはさっぱり同じ色に見えましたが、
並べてみると明らかに08モデルのほうが深い緑色です。

チェレステ07.08

08の塗料が手には入らなかったら「07の方を塗っちまおう」
と密かに考えていたのですが、やる羽目にならなくてよかったです。

さてリペア液を手に入れたからには、昨日のうちに修正をしたかったのは山々でしたが、
私は嫌な事と大事な事は後回しにする習性があったりするのです。

昨日の時点では次の日(本日)は雨だろうし次の日やろうと考えていました。

そして本日は予報どおり、雨。

どうせポタれないし、お陰でお出かけしたくてウズウズすることもありません。

ちょっと塗料の乾き的には不安ですが、精神的には絶好の修正日和です。

精神が一番安定している時間帯を選んで、
更に心頭を滅却させて修正作業を行おうと考えていました。

人間というものは寝起きと腹が減っている時は何かと集中できないものです。

朝起きて、腹ごしらえをしてその後、いよいよ緊張の修正作業に入ることにしました。

まず用意したものですが、

①昨日頂いてきたチェレステのリペア液

ハケ

便利なことに、これは蓋がマニキュアのようなハケになっております。

②楊枝

楊枝

個人的には広い面積を全体的に塗るよりも、キズを埋めるように塗る方が
キズが目立たないようになるように感じたので、
楊枝で埋めていく作業に使おうと思い用意しました。

③ベロンチョに対する愛と気合

あとは気合と精神力の問題です。

塗り方としては、ハケ上になっている蓋もさることながら、
基本マニュキュアと同じなんで、女性のわたくしとしては得意分野。

・・・のはずですが、そういえばマニキュア塗ったのっていつが最後だっけ?

夏になると一応足の指ぐらいは施すので、約1年振りか・・・。

しかし足の指に塗る時は超適当ではみ出し放題なんですよね。どうせ誰もよくみとらんし。

うーん。こんなことならネイルアートとか勉強しておけば良かった。

と思いましたが、今更そんなことを思ったところでどうにもならず・・・

とにかく一番ネイルを塗っていたバブリー時代を思い出し、
マニキュア塗りリペア液塗り作業を行うことにしました。

まずキズはこんな感じです。

キズ

見れば見るほどトホホな程痛々しい。(T_T)

ベロンチョ!気をしっかり持つんだ!

今、なんとかしてやるからな!・・・たぶん

リペア液を塗る前の作業としては、お店の方に伺ったところ・・・

①まず液を人肌に温める

温める

未だ変温動物性をキープしておりますので、今の私は若干体温高め。
37度ほどに温め上がったはずです。

②シェイクする

シェイク

液が何かと何かに分離した状態なので、とにかくシェイクして混ぜ合わせます。

③ハケについた余分な塗料を拭う

余分な塗料を拭く

さていよいよ修正作業にチャレンジですが、なるべくリペア液を塗る範囲は小さくしたかったので、
まず最初は、楊枝に塗料を含ませキズを埋めるように塗ってみることにしました。

妄想では、キズのえぐれてへこんだ部分にキレイに塗料が入り込み平らになり、
まったく目立たなくなり、めでたしめでたし。(完)

・・・のはずでしたが、現実はそんなに甘くなく、

そんな簡単に美しく修正できるなら世話ないよ。

ということで・・・。

少しずつ楊枝にとって塗料をキズに沿って埋めるようにしてみましたが、
これが全然キレイには埋まらないって言いますか・・・

単に白かったキズがチェレステになっただけで、どの道チェレステ色になったキズは目立ちます。

楊枝作戦失敗っ!

キズは結構、広範囲だし、変に小細工をすると返って目立つような気がする。

素直にキズの間を広範囲に大胆に塗りこんでいくことにしました。

よく見ると大きなキズがまず一箇所あり、ワイヤーの下に小さなキズがもう一箇所ありました。

小さなキズを塗るときは丁度ワイヤーの下になっていたので、
塗りにくーーい。です。

で、息を止めるほど緊張しながら塗りあげた出来栄えは、

こんな感じです。

塗装終了

なんか素人感が丸出しで、当然ですがいかにも「塗ってまっせ」ということが丸わかり。

 すまんベロちゃん。不器用で・・・(T_T)

しかも私は昔から待ちきれずにシャーベシャービック(知ってる方います?)
が固まる前から食べちゃう子でしたが、「三つ子の魂百まで」とはよく言ったもので・・・

今回も待つことはできずに、1度、乾く前からつい触ってしまい、
塗料がよれてしまったので、また上から塗りました。←駄目ジャン。

お陰でちょっと厚塗りにもなっちゃた感じです。

皆様、もし修正する時にはそっとしておいてあげてください。

塗装した後は、15分単位で気になりましたが、なかなか完全には乾ききらない様子なので、
このまま数日はおとなしく放置しておこうと思っています。

これで目立たなくなった・・・かどうかはさて置き、
錆がでる心配はなくなったと思います。

これにて(一応)一件落着(By遠山金四郎)・・・かな?

ランキング参加中です。できればぽちっ☆とクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログへ  人気ブログランキング

関連記事
チェレステカラーをさがせ!

昨日、今日とまたまたしょう油の街の実家に行ってきました。

て、このセリフ何度書いたことか

・・・と言うほど、最近、しょう油の街市への帰還頻度が著しく高いわたくしですが、

相方へ

お前なんぞとこれ以上やっていけるか!


・・・という訳ではなく、(いや、正直言うとそう思う時もあったり、なかったりゴニョゴニョ・・・)

運転手として母においしく使われている訳でして、
一昨日は朝から病院の付き添いをする為に行ってきました。

人間年を取ると病院に行くという機会が増えてくる訳ですが、
我が母上も還暦を回ったあたりから、えらく自主的に定期健診を受けるようになりまして、
その度に人より若干長く世話になった不詳の娘ことわたくしが、
付き添い(というか運転手)として駆り出されることが多々あるわけです。

病院に行く理由や場所はまちまちですが、
まあこの病院というのは付き添ってみると本当に時間がとられるものです。

このモバイル時代に待ち時間1~2時間は当たり前。

せっかくの21世紀なんだからもっと携帯とかをフル活用して、
時間を有効に使わせてはいただけないか?

・・・と思わないこともないですが、現実では「忍」の一字で、
1~2時間をひたすら待ち続けるわけです。

そして昨日は我が母は「大腸検診」に行ったのですが、
この検診には前の日から下準備をして行く方法と、
前日に下準備をせずに当日一気にやる方法があるようです。

不快な想像をさせてしまうかもしれないので、詳しくは割愛させていただきますが、

下準備=お腹を空っぽにする作業です。

つまり前日からやる方法は前日から徐々にお腹をカラにして行くという方法で、
当日にやる方法は力技(薬)で当日強引にお腹をカラにする方法です。

母は数年に一度、この検診を自主的にやるようになって今回で3回目になりますが、
今までは前日から検査食を食べてお腹をカラにしていく方法を取っていました。

しかしこの検査食というのは、どうやらうそ臭い味がして母の口に合わないらしく、
試しに今回は今までにやったことのない当日行う方法をチョイスいたしました。

まあ、そのやり方だと方法が方法なので余分に1~2時間かかるそうなので、
2時間は待つ覚悟を決め、私は患者の待合室を出たところの
付き添い人(?)の待合室で待っておりました。

・・・そしてそれからひたすら待つこと4時間。

・・・・・・・・・・・・・・。

4時間(240分)って。(笑)

それでも何の音沙汰もなく、もちろん母も出てくる気配すらありません。

わたくしなんか悪い夢を見ているような気持ちになりました。

どこかのパラレルワールドに入り込んで、
現実世界はもうとっくに母は検査を終えて出てきてるのでは・・・?

それともこの扉の向こうでは、検査後になにかよからぬことが起きているのでは?

もともと超マイナス思考なので、時間と共に悲観的な想像が増幅するばかり・・・

「これはさすがに看護婦さんに聞こう!」

と意を決して患者の待合室の中に入ると、
予想外にも検査着に着替えた母がまだ待合室にいまして、

「混んでるみたいで、まだ検査がはじまんないのよ~」

と、とんだトホホ顔です。

・・・母上・・・あれから4時間でっせ。

でまだ検診すらしてもらってないんですか?

超脱力でした。 私もトホホです。

結局、検査が終わり母が再び顔を見せたのはそれからまた2時間後、
そして更に検査結果の説明があり、それに1時間。

病院を出るまでには、合計7時間かかりました。

検査をするだけでななじかん!いやもうびっくり。

ほんとパラレルワールドに引き込まれたかと思うほどの時間の消費です。

いや、検査結果も何事もなかったからいいんですが
「年を取ると時間と忍耐が必要なんだなぁ」と思う今日この頃です。

そんなこんなでその日はしょう油の街からまたマンションまで帰ってくることもできず・・・

いや、物理的には可能だったのですが、精神的に疲れていたので・・・

結局1泊実家に宿泊して本日マンションに帰ってまいりました。

で、本日帰ってくる前に先日多古町に行った時は微妙だった「あじさいリベンジ」ということで、
母のたっての希望で松戸の「本土寺」(【別名】あじさい寺)まで行ってまいりました。

先日完全見頃前だった多古町とは違い、境内のあじさいは満開でリベンジを果たせました。

本土寺

本土寺

本土寺

このお寺は紅葉でも有名らしく、まだ青々とした紅葉の木が山ほど植えられていましたので、
秋は秋で紅葉が楽しめそうなので、
秋にはミニベロを輪行もどきして「自転車でこれたらいいなぁ。」と思います。

さて、先日キズにリペアを施したそのミニベロ。

それにて一件落着!・・・ではあったのです。



しかし人間ショックな出来事に遭遇するとそのトラウマは残るもので・・・
キズの補修の後遺症というかトラウマがしっかりと残っておりました。

その後遺症とは、幸せ探し・・・じゃなくて「チェレステ探し」  (いや、幸せももれなく探していますが)

こと自転車に関しては、期待を持つとがっかりなことが多かったので、
今回も塗料を頂けるということにはなっていたのですが、
確実にこの手にするまでは不安でした。

ので、手に入らなかった時の代用品を心のどこかで考えておりました。

橋の塗装を見ては「これチェレステじゃね?」とか、

チェレステっぽい滑り台を見ては「この塗料で代用できんかなぁ」とか。

幸いにも塗料は手に入れることができたのですが、まだまだ後遺症だけは残っているようで・・・

本日車を運転しているとゴーインにタクシーが横入りをしてきました。

すんでのところでぶつかりそうだったので、
「もう危ないなぁ!(--#)」とそのタクシーをよく見ると、

なんとそのタクシーの色がチェレステ08カラーと酷似。

これは、あの微妙な深緑を模している?!・・・ような。

怒りもそっちのけで、とにかくそのタクシー会社の名前を覚えてしまいました。

て、覚えてどうする。もう塗料は手に入っただろ。(--;)

この意味なくチェレステを探してしまう心の旅はしばらく続く・・・のか?

さて、そのミニベロのキズの具合ですが、
本日帰ってきて早速塗装の具合を確認しましたが、だいぶ乾いてきたようです。

塗装

塗料も塗った直後よりも目立たなくなったような気がします。

完全に乾くまでに1週間ぐらいかかるという話も聞きますので、
このままあと少しは安静にさせておこうと思っております。

蛇足ですが、あじさい寺の後別に神社に行きました。

神社と言えば「おみくじ」ですが、
前々から私、いつも「末吉」か「吉」しか出ないのを疑問に思っておりました。

心の狭い私は実は密かに

「こいつ(相方)がいるから大吉がでないんじゃないの?」

と疑っていたのでございます。

今回は相方もいずに1人・・・・・

ここは抜け駆けして「今日こそ(私だけは)大吉をひくぞ」と思いました。

で、

おみくじ

(なぜかやっぱり)「末吉」

・・・・・・・・・・・・。

やっぱり私が「末吉」運の持ち主なのでしょうか?がっかり。

ランキング参加中です。できればポチッ☆とクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキング

関連記事
ミニベログッズde欲しいもの(第一弾)
最近すっきりしない天気の日が多いですね。

なんとなーく蒸し暑いせいかまだまだ変温→恒温への進化はなく、
相変わらず毎日が微熱っています。

なんか年々変温期が長くなっているような気がするのですが、
そのうち鱗でも生えてきて、ホモサピエンスからリアルに爬虫類系に降格したりして・・・。

このぼやついた梅雨の天気が終了すれば夏も本番になりますが、
夏本番になる前にミニベロに関して「最低限仕入れたいなー」と思うものが数点あります。

ミニベロでは、わが家の荷物&測量担当の相方が一緒に走らないこともあると思うので、
ボトルケージとサイコンは早々に仕入れたいと思っています。

このミニベロ、全体的にクラシカルな感じにも惹かれたのですが、
バブリー世代の私がまずもって惹かれたのが、
この麗しいビアンキのロゴの「金」

この金のロゴを見つけた時に心の底に眠っていた私の中のバブリー魂が再燃。
(まあ、一生心の底で寝ていてくれても良かったんですが)

できればこのロゴの金に合わせてボトルケージとサイコンは「金」で
統一したいという野望が沸いてきました。

しかしン十年前のアクセサリーも18Kゴールド全盛のバブリー時代ならまだしも、
なかなかないんですね。

ゴールドのボトルケージとゴールドのサイコンって。

「時代は移り変わったんだな」という感じです。

いや、当時にゴールドの自転車用品があったのかは判んないんすけどね。

しかしすっかり頭がバブリーに支配された私。

粘着検索力でなんとなくゴールドっぽいボトルケージを見つけました。



“クラシカルな自転車にも最高にマッチします!”という謳い文句がありますが、

まるで我がベロンチョのために作られたようなボトルケージではありませんか?←親バカ

写真では一見見たところゴールドに見えますが、実物はどうなんだろ?
光の加減でそう見えるのでしょうか。
できれば実物を見たいと思うので、週末にでもショップに行って探してみようと思います。

あとはゴールドのサイコンですが・・・

検索結果は芳しくなく・・・
うーん。こういったメカ的なものはゴールドというのはあまりないのでしょうか?

ゴールドにするとなんか胡散臭くなるからでしょうか?

スポーツのストイックさが半減するからでしょうか?

こちらはお店に行って探してみてなければ、
残念ですが「シルバー系で手を打つしかないかなぁ」と思っています。

あとミニベロに関しての欲しいものといえば“技術本”です。

技術に関しては無残な程超不得手なわが家ですが、
不得手ゆえに急なトラブル対処の為に「トラブル解決本」的なものが必須になります。

トラブルは忘れた頃(でなくとも)やってくるものなのですが、
ミニベロとクロスバイクでは多少構造が違うようなので、
クロスバイクで培った技術知識(んなもんあったか?)が通じるか不安です。

まずクロスバイクと違ってミニベロはカンチブレーキ、
輪行をするにしろこのカンチブレーキをはずさなきゃならんわけで、
そこからもうさっぱり判りません。

特にミニベロは私だけ乗っている種類の自転車なので、
相方の技術的アシストもさっぱり期待できず・・・

・・・クロスバイクでもあんま期待できなかったですけどね。(ぼそっ)

ミニベロを買う気があるのかイマイチはっきりしない揺れる中年の相方、
買う気があるからか、それとも“ミニベロトラブルは自分でがんばってね”の意思表示なのか、

「クロスバイク&ミニベロお助けブック」



なるものを紹介されました。(ちなみに近くの書店で見かけたらしいです)

が、紹介されただけで実際買ってきてくれたわけではありません。(--;)イヤ、ショウカイスルナラカッテコイヨ。トリアエズ。

「で、感想は?」 と一応内容についての感想を聞くと、

「今までミニベロとかクロスバイクに特化したお助け本ってなかったよね。^^」

それって感想じゃなくて単なる事実じゃん。

内容を詳しく聞いてもなんか要領を得ないし・・・。じつはチラ見しただけだな。こいつ。

なんか他人事の雰囲気満載だしな。(--;)

どうやら購入の判断も金銭的にも私に丸投げするつもりらしいです。

まあ、クロスバイクに関しての本も欲しいですし、
今度書店に行った時に見てこようと思います。

なにかと購買意欲を刺激するデザインのわが麗しのベロンチョ。

実はまだまだ欲しいと思っているものもあり・・・

この先、相方のミニベロ資金を使いこんじまいそうで怖いです。

「後と化け物は出たことがない」というのは我が母のことわざ語録の一つですが、

まあ、そういうことだから。>相方。

ランキング参加中です。できればポチッ☆とクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキング

関連記事
「スリープトラッカー」なるものを買ってみました
本日はバブリー系ミニベログッズを見に行こうと思っておりますが、
朝起きたらなんか天気が微妙っすね。

もちろんミニベロで行こうと思っていましたが、
急な雨で病み上がり且つビーフ100%(?)の革サドルのミニベロを濡らしたくないなぁ。

一応、天気予報は曇りのち晴れ。

・・・ですが、それを素直に信じていいやらが悩めるところです。

最近ミニベロを買ったりといろいろ出費が続いているわが家ですが、
なんか最近タガが外れたというか物欲神様に魅入られているわけです。

じつはこんなわが家にも積年の悩みがありまして、

それは「朝が苦手」

似た者夫婦とはいいますが、これは私も相方も同じなんです。

 2人揃ってこんなんなんで、お陰でいつも自転車乗りとしては遅いスタートでして・・・

しかし、まあ、私は朝何時に起きなくてはならない明確な規則はないのですが、

困るのは相方・・・でして。

毎日山へ芝刈りに行ってらっしゃる相方さんには、それなりの朝の規定があるのです。

それなりの規定=いわゆるフレックスなのですが、
このフレックスってヤツもなし崩し的甘えん坊体質の人間には曲者でして、
はっきり出社時間が決まっていない故に心のタガは外れ、うっかり2度寝などもありまして、
最近「そろそろ悪目立ちしてきたのでは?」という位朝も遅れがちになっています。

もともと相方は共産主義的な支配され形体質なので、
ダイエットもそうですが、自由にしていいとなるととことんだらけるんですよね。

「じゃあ、お前が起こせばいいじゃん。」

という突っ込みもあるかと思いますが、実は私も甘えん坊なし崩し体質なので、
朝はなかなか起きられず・・・まあ、似た者夫婦ってやつでゴニョゴニョ。(--;)

相方の長いサラリーマン人生、静かに平穏無事に過ごしてもらいたいと思っていますので、

とにかく悪目立ちだけはご法度。

いや、できればよく目立ってくれると更にうれしいのですが・・・

さすがにこの朝に弱い体質は、そろそろなんとかしたいと思い、

「助けて~。グーグル~。」

というわけで目覚まし時計を片っ端から検索しまして、見つけました。

「Sleeptracker(スリープトラッカー)」

スリープトラッカー

一見、超おしゃれな(・・・というわけでもない)腕時計ですが、目覚まし時計です。

お値段は約25,000円也

このちょっと見、100円ショップにも売ってそうな安っぽいいかす時計がなぜこのような高額なのか?

なんとこの時計は、その人の睡眠サイクルを読み取り、
覚醒に絶妙なタイミングのレム睡眠時に起こしてくれる為に、
無理やり起こされた時の不快感がなく、目覚めがすっきり爽やか、
その為「2度寝も遅刻もおさらば」という寸法・・・らしいです。

いや、実に怪しい。

・・・と、正直、思いましたが、芸能人の方も活用されていることだし、

“効果がなかったら返品可能”ということなので、

めちゃくちゃ思い切って購入に踏み切りました。

買っておいてなんなんですが、所詮たかが目覚ましですし、

しかしこんな高価な目覚まし売れるかいな?

と首をかしげつつ購入しました。

が、

世の中にはわが家のような夜型体質で朝の目覚めに悩みを持っている人は多いらしく、
購入してから在庫不足でかなり待たされ、昨日ようやっと到着しました。

で、早速本日相方が試したのですが、

相方曰く

「いつもよりもすっきりとした目覚め・・・のような気がする」

ということです。

なんすか?そのはっきりしない感想は。

大枚はたいたんだから、もっとすっきり明確な感想が欲しいんですけど。

・・・と、思わないこともない。

ちなみにアラームとバイブで起こされるわけですが、
相方の睡眠サイクルに合わせたアラームでとばっちり的に起こされた私は

超不快な目覚めでした。

丁度ノンレム睡眠だったんでしょうね。(--;)

本日の睡眠時間6時間弱の割には、いつもよりすっきりしているように見えるような相方。

単に暗示にかかっているのか?

それとも本当にすっきり目覚めるのか?

今後もう少し様子を見て見たいと思います。

付属品

ちなみにこのアダプターで睡眠データーをパソコンに取り込み、
自分の睡眠データーの管理に役立つそうです。
睡眠データーの管理自体が具体的にどんなことに役立つのかはちょっと謎です。

・・・とブログを書いているうちに天気の状況がはっきりすると思ったのですが、
まだちょっと微妙な感じがします。

うーん。どうしたものか。

ランキング参加中です。できればポチッ☆とクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキング

関連記事
ミニベログッズ購入ポタ【その1:荒サイ&飛鳥山公園】
昨日は予報どおり1日雨でしたね。

先日届いた我が家の(朝)ぐだぐだ生活の救世主(予定)

「スリープトラッカー」(いいたかないけど諭吉2.5人分)

早速、金曜日相方が使ってみて感想を聞いてみたのですが、

「なんとなくいいような気がする・・・」

というなんともハッキリしないつーか要領を得ない相方の感想。

いや、こっちは尊い諭吉2.5名の犠牲を出してるんだから
ハッキリした仕事の結果が欲しいわけっす。

大体、相方は感性が鈍い慎重なのでモニターには向かないタイプ。

「ここは私がモニタリングしてやろう」

と土曜日の夜は私がスリープトラッカーをつけて寝てみました。

どの道、雨の日曜日なんて寝ている以外何もないので、
朝・・・とは言えない昼近くの時間をお目覚め時刻にセットして腕に巻いて寝てみました。
これで快適な目覚めを体験できるとウキウキ☆ワクワクっす。

まあ、その時間まで寝てりゃどんな起こされ方をしてもそこそこ快適じゃ?

という気はしたりしなかったりもしたんですが・・・。

時計をしながら寝るというのは結構気になるものだと思ったのですが、
その点を考慮したつるんとしたデザインなので、思いの他気になりません。

お目覚め時間は10時にセットしたのですが、快適に目覚めてみると・・・

10時なんぞとっくにまわっとるやんけ。

10時どころか10時半を回ったところです。

ちなみにこのスリープトラッカーは、レム睡眠時を見計らって起こすというシステムなんで、
起きる時間に幅が持たせてあります。

例えば10時にセットしたとるする9時40分~10時の間に、
アラームとバイブレーターが1回、30秒ほど鳴り、
それで起きない場合には「不快だろうとノンレムだろうと知ったことか」
とばかりに10時に鳴る仕組みになっております。

つまり10時半だと2回、アラームとバイブが鳴ったことになりますが、

いや、まったくつるっと記憶になし。

相方にアラームが鳴ったか聞いてみましたが、
その時間すでに先に起きて相方はリビングにいたようで、
10時前にアラームがなったかなんてサッパリわからない・・・との事。

で、相方が言うには、

「アラームとバイブが鳴る時間は短いし、

丁度ノンレム真っ只中の爆睡中で気がつかなかったんじゃないの?^^」

ああ、なるほどねー。それじゃ仕方が無いね・・・てオイ!

それじゃまずいだろ。

この一見安っぽいシンプル時計になんのために諭吉2.5名を差し出したかというと、
覚醒時に近いレム睡眠時を狙って快適に起こしてくれるからであって、
爆睡中にアラームが鳴るような仕組みじゃ意味無いだろ。

キチンとセットしたつもりでしたが、アラームのセットの方法が悪かったのか?

実際鳴ったけれども起きられなかったのか?

たんなる故障なのか?

ものが高価なだけに戦々恐々としました。

そして本日、ある意味本番の月曜日ですが、再び相方が試してみました。

それなりにアラームもなり、起きられたのですが、なんか思っていたよりも

「すっきりさわやか」とまでは行かないようで・・・。

これは目覚ましの問題というか、
年齢のせいか随時相方の眠りが浅いせいもあると思うんですよね。
夜中に何度も目が覚めているようですし・・・。

とてもそうは見えないけど悩みでもあるのか?って位、目を覚ましてるみたいなんですよね。

ちなみにリベンジ的に今日のお昼寝時に私も使用してみましたが、
一応目は覚めたのですが、あっさりアラームを消し2度寝してしまいました。

駄目ジャン。(--;)

この最終兵器もわが家の前には無力化してしまうのか?

恐るべしわが家。うーん。どうすっかなぁ。


・・・さて、話は変わりますが、土曜日はあの後結局、
ミニベロにつけるバブリー使用の金のボトルケージとサイコンを探す旅に行って来ました。

雨が降りそうで降らない微妙なお天気具合に、
リペアったばかりのミニベロと100%ビーフの革サドルを濡らしたくないばっかりに、
「行くべきか、止めるべきか」うだうだと2時過ぎまで迷いましたが、

「ここまで降らなかったんだから大丈夫だろう(根拠なし)」と判断し、
2時過ぎからのお出かけになりました。

と言うわけで、この日の目的地は当然、自転車ショップ。

上野だと2軒ショップを回れますので、早速、上野に行こうと思いましたが、

「せっかく出かけるんだからただショップ巡りだけではツマラナイ」

とのたまう相方。

うーん。確かにただ付き合わされる相方の気持ちもわからんでもない。

つうか本音を言えば、せっかくだから私も多少ミニベロで走りたい。

(正確には晴れてないけど)梅雨の晴れ間は貴重だし。

遅くなると雨に降られるリスクは増しますが、
「せっかくだから」の誘惑には勝てず、

“荒サイから飛鳥山であじさいを見て、

上野で(バブリー)ミニベログッズを見る”

というスケジュールで出かけることにしました。

ともかく革サドルだけは死守する為にレジ袋だけは持参して(て、死守の割にはしょぼ)

まずは荒サイへGOです。

前はあまり荒サイを走らなかったへたれライダーのわが家ですが、
ミニベロを取りに行ったときにお店の場所的な都合で、
走ったことの無い「左岸」を走ってから
この右岸よりも微妙に道幅も狭く整備度が低い左岸がもっか相方さんのお気に入り。

なぜならこの「左岸」というのも立派な道ではあるのですが、
サイクリングロードとしては更に立派な「右岸」があるので、
微妙にマイナー感が漂うのか、右岸に比べて賑わい度はイマイチ。

その微妙なマイナー感が特に悪いことをしていないが(たぶん)、
できるだけ人目を忍んで生きる闇に生きる属性の相方にマッチするのか、
自転車乗りとして絶えず追い抜かされるポジションの「右岸」だと
それなりにコンプレックスを刺激されるのか、

「空いているから」

と左岸ばかりを走りたがります。

道が若干悪いのでミニベロを負傷させた経験もあり、
その点は気を使わなくてはいけないのは難ですが、
所詮相方と同じ属性を持つ私としては、確かにこの「セカンド感」(失敬)が心地よい。

というわけでこの日も左岸を行きました。

走り出してみるとお昼に甘くて重いパンケーキを食べ過ぎたのか、
この日は私的にはちょっと不調。

しかしドロップハンドルになって気づいたんですが、
腹筋0のダレ切った体ゆえにパッソに乗り始めの頃は、
フラットバーの前傾姿勢でも結構キツかったのですが、
更に前傾のキツイミニベロを乗ってもそんなに違和感がなかったんです。

でも胃の調子が悪く、あまり腹筋の使えない時はやっぱちょっと前傾がキツイ。

・・・ということは知らず知らずのうちに私にも腹筋がついた・・・とか?

「気のせいかも」と書くのも恥ずかしくてなんとなく書きそびれていたのですが、
ドロップハンドルになり、最近(下っ)腹回りが若干引っ込んだような気がするのです。

いや、もともとがもともとだっただけに、見る人が見るとさほどでもないかもしれませんが・・・(汗)

元を知っている相方も最近の私の腹回りを見て、

「なんか細くなったんじゃない?自分だけずるーい!」

とか心地よい嫉妬心を浴びせかけてくれます。

これはやっぱり自転車効果?

しかしほぼ同じ距離を自転車に乗っている相方の腹は日々順調に(?)脂が乗ってきています。

その成長ぶりは夏服を着ているこの季節には目を見張るものがあり・・・。別に見張りたくないけど。

うーん。これはハンドルの違いだけだろうか?

で自己流で思ったのですが、相方は未だに比較的短距離でもよく尻痛を訴えるんですが、
私はほとんど尻痛に陥ったことがありません。

もちろんサドルの違いもあるのですが、

「もしかして相方ってまったく腹筋をつかってないんじゃないの?」

・・・疑惑。

相方こそ思いっきりドロップにするべきなんじゃないだろうか?

これ以上、腹が育たないうちに早くドロップミニベロ買えよ。(--;)

そんな調子悪いながらも順調に左岸を走り、今回も「都市農業公園」に到着。

都市農業公園

相方的にはこの「都市農業公園」も左岸がスキになった大きな理由の一つだと思われます。

この「都市農業公園」は右岸を走ると橋を渡ってわざわざ来ないと寄れないポジションなんですが、

左岸を走っているとあーら不思議。

さりげなーくこの「都市農業公園」に寄る事ができるんです。

先週もこの荒川唯一のオアシス的この公園に来て休憩したわけですが、
その時に相方が自転車乗りとして掲げた目標が、

「ソフトクリーム全種類制覇」

この公園の売店にはかのサーティー○ンとはる位の種類のソフトクリームがあるのですが、
その種類を全制覇するのが当面の彼の目標らしい・・・・へぇ・・・。

先週はさすがに冗談だと思って「くだらねーーー(笑)」と一蹴しましたが、
どうやら相方は本気だったらしいです。

・・・・・・・いや、もっと距離とか速さとか他に目標にふさわしいことはあるだろ。

以前はあまり走りたがらなかった荒サイをやたら走りたがるようになったのは、
本当はこのせいだったかも。あくまでも食い物につられる奴だし。(--;)

まあ、私ものどが渇いていることだし、どんなに「はあ?」な目標でも、
相方がそこまで目標として掲げるなら協力してやるのもやぶさかではない。

・・・と(恩着せがましく)思います。

こと食いもんのことに関しては私も興味がありますしね。

早速、売店に行くことにしました。

が、

この間もそうでしたが、ここの売店は4時まで休憩中です。

この時の時間は3時15分。

さすがに4時まで待つのはツライですが、前に来たときも「4時まで休憩」とかいっちゃって、
実際、売店が再開したのは、なぜか時間超短縮の3時半でした。

その時は「4時まで」ということを普通に信じて、
カキ氷を食べたかったのに他のものを購入して後悔したのですが、
今回は同じ轍を踏むまい。

今回も「なんちゃって4時」だと想定し、都市農業公園内でも巡りつつ待つことにしました。

都市農業公園はその名に「農業」を冠するだけあり、敷地内に農作物や花が植えてあります。

都市農業公園

退屈なので、敷地内にある庄屋さま(?)のお宅拝見。

庄屋さまのお宅

庄屋さま宅のリビングです。

庄屋さまのお宅 

冬の備蓄のためでしょうか?玉ねぎが干してありました。

玉ねぎ


そして3時半も回った頃にまたまた売店に行ってみましたが、
今回はまだ再開する気配なし。もう、気まぐれさんなんだから☆

買い物が遅くなるのが心配でしたが、ここまできたら覚悟を決めて4時まで待つことにしました。

が、4時になってもぜんぜん開かん。

売店の周りには私たちを含め売店の店員さんの出待ちをするお客さんがわらわらと・・・。

結局ちょっとじらされて4時ちょっと過ぎに店員さん登場。

私は先週からの持ち越しで食べたかった「氷イチゴ」

氷いちご

すっかり汗が引ききったところの氷イチゴ。
この日は気温的にはさほど暑くなかったこともあり、
最後には鳥肌を立て、長袖を着ながらの完食です。

相方は予告どおりソフト全制覇に向けて第二弾「ずんだソフト」です。

ずんだソフト

先週の「おぐらソフト」の時も思ったのですが、
なんかこのソフトクリームはいわゆるその辺のソフトクリームとは若干味が違うんですよね。

なんつうか素材の味が濃い。

このずんだと言ったら後味がホントずんだ。

枝豆を食べたときに近い後味が残ります。

さて、ちなみにこのソフトのシリーズざっと数えただけでも26種類あります。

毎週行ったとしても制覇し終わるのは真冬だな。

それにシーズン限定のアイス等もそのつど追加されると思いますので、
その数は天文学的じゃね?

どう相方が制覇するかはそれはそれで見ものっす。


ずんだ待ちもあり、時間的にはすっかり遅くなり、
その後の予定地「飛鳥山公園」に到着したころには5時を回っていました。

飛鳥山は実ははじめてきたのですが、かなり広い公園ですね。

そもそも飛鳥山公園には古くからの歴史があり・・・・そうだったんですが、
この日はそんなくだりを読む時間がありませんでした。^^;

敷地内にはなぜか「SL」もあり、

飛鳥山SL

夏時間なので、まだまだ明るくお子さんたちも遊び放題です。

ここで騒ぐのは「にわか鉄子」の血。

本当は私もSLに乗ってみたかったんですが、
この状況であまりに大人気ないのであきらめました。(--;)

他にも敷地内には古墳や資料館もあり、それも興味深かったんですが、
やっぱり時間がないのでそれも次回に持ち越ししまして、

さて、もともとこの公園にきた理由はあじさいです。

目的のあじさいを見ずして帰ることなんてできません。

「ここはあじさい、あじさい」と探したところ。

あじさい(?)という位、しょぼい小規模なあじさいポイントは発見。

飛鳥山あじさい?

「なんか偶然根づいちゃった」位の規模です。

「えーと。まさかここが???」

仮にも“あじさいポイント”と書かれていたはず(相方が見たので)の公園で、

いや、んなわけねえだろ。

と思い、まわりを見まわすと“あじさいこちら”と違う方向に誘導する貼り紙が・・・。

ホッとしつつも貼り紙を追っていったのですが、途中から案内表示がなくなり、
どこに行けばあじさいを見れるのかが不明になりました。

この公園は実に広いです。
あじさいを探してめぐるにはちょっとなんといいますか、

「腹が減った」のでございます。

昼に食べ過ぎて胃がもたれてたんじゃなかったんかい。

そして看板を追って(そして梯子をはずされ)彷徨い出でた道には、

飛鳥山

 
運命のようにかの記念すべきラーメンポタ第1弾

「みのめんた」の看板が!

みのめんた

この世の中にこんな運命的な再会を拒否できる人間は何人いるでしょう?

ここでなし崩し的に

ラーメンポタ第13弾「みのめんた~リローデッド~」

1ヶ月ぶりのラーメンポタにして初めてのリターンです。

残念ながらこのお店の一押し(?)メニュー「夜だけつけ麺」(6:30~)の時間ではなかったので、

私は「つけ麺」(680円)を注文。

つけ麺 

相方は「ごまだれつけ麺」(680円)です。

ごまだれつけ麺

このお店で私はつけ麺をはじめて食べましたが、
うどんのように太くて腰のあるモチモチ麺です。

つけ麺

つけ汁はちょっぴり酸味があり、さっぱりしていて美味しいです。

と腹ごしらえをして「みのめんた」を出た頃には、正直、あじさいはどうでも良くなってました。

ここは時間もないことだし、あじさいはこの際置いておいて(何しにいったんだよ。飛鳥山)、

元来の目的地でもあった「上野」に向かうことにしました。

・・・とここで勿体つけるつもりはぜんぜんないのですが、
予想外に長くなってしまいましたので、購入まで行き着かず・・・次回に続きます。m(__)m

ランキング参加中です。できればポチッ☆とクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログへ  人気ブログランキング

関連記事


広告



カテゴリー

にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ
人気ブログランキング



プロフィール

くろばい

Author:くろばい
愛車ビアンキ・パッソ
【愛称:ビンちゃん】
愛車2ビアンキ・ミニベロ9
【愛称:ベロンチョ(ベロちゃん)】
激情にながされ1週間で購入に至る
愛車3ママチャリ
【愛称:ソルジャー・チャーリー】
現在自転車3台を所有。
あまりの自転車の増殖率に
恐れおののく日々。
これ以上、増えることはないと
思いつつも、自分が信じ切れない
今日この頃・・・。

相方(くろばいB)
愛車:RSR-4(ブルー)
【愛称:ルイちゃん】
愛車2:ラレー・RSW SPECIAL
【愛称:くろまるくん】
新たにミニベロを購入して、
自転車わが世の春を謳歌中。
自己開発のアンゴラダイエットの
お陰で(いまのところ)メタボリック
危険水域を脱出。
しかし現在、ポタ時はポタメシを
思いっきり解禁しているので、
リバウンドに王手か?



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

05 | 2008/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -



月別アーカイブ



カウンター



ブログ内検索



RSSフィード

  • seo



おすすめの自転車本

わが家の自転車メンテナンスのバイブル!





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。