クロスバイクを買っちゃうぞ!
初心者がクロスバイク乗りになるまでの軌跡
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミニベログッズ購入ポタ【その2:上野公園&サイクルショップ】
まだまだ蒸し暑い日が続いてますね。

最近うっとうしい蒸し暑さにやられがちになっています。

自転車もそんなに距離を乗らないくせに、乗った後のお疲れ度だけは人一倍。

自称虚弱体質のわたくし。

自転車に乗っては疲れ、歩いては疲れ、そうして疲れを取るために寝ては寝疲れ。

最近は空気を吸うのもなんとなーく疲労感を感じていたのです。←人として終っとる。

たいした生き様でもないのになぜか蓄積される乳酸的疲労。

この薄だるい感じはどうにかならんもんか?

と常々思っていたところ、最近おじゃましているチャリじいさんのブログで、

チャリじいさんが自転車通勤の疲れをとる為にクエン酸を飲まれている、

ということを読ませて頂きまして、ぐぐっと興味津々になりました。

クエン酸を飲めばこんな蓄積疲労ともオサラバできる・・・かも。

クエン酸は主に肉体疲労などに効くようですが、
特に運動もしていない時の疲れにも効くものだろうか?

とその辺は疑問でしたが、うっかり効いてくれればもうけものです。

そして先日、薬局で見てみると「クエン酸」が売っていたので、
迷うことなく早速購入してみました。

クエン酸

チャリじいさんが飲まれているのとは違い、安物なんですけどね。^^;

今回買ったクエン酸は顆粒です。

クエン酸

毎日、ティースプーン1杯をなんらかの飲み物に混ぜたりして飲めばいいらしいです。

なんだ簡単じゃーーん。

・・・・・と思いきや、その(たかだか)ティースプーン1杯の量を

“500ml~1Lの飲み物に溶かしてお飲みください”

・・・とあります。

そんだけ薄めないと飲めないなんて、どんだけヤバイお味なんだよ。

太字で“そのままお召し上がりいただくと非常に酸味がきついのでご注意ください。”

との注意書きもあります。

注意をされるとやってみたくなるのが人情。

ちらっと舐めてみました。

酸っぺーーーっ!!

とにかく酸っぱいものが濃縮された味です。

レモン○個分のビタミンとかいうのは、原液だとこんな味ではないのだろうか?

水やジュースで飲めと書いてありましたが、
ちょっとやそっとじゃこの酸味は消えないでしょうし、
うすら酸っぱいジュースを毎日500ml飲むと
それはそれで肥満等の別の不都合が生まれてきそうだし、
もともと水が嫌いなので水で溶かして500mlを飲むのは厳しい。・・・うーん。(--;)

そうだ!ダイエットコーラで飲めばいいんじゃね?

生物は水なしには生きられませんが、真水があまりスキでない私にとっての水は、
ダイエットコーラだったりします。

ダイエットコーラを水代わりに飲み続けてもう何年にもなりますが、
それはやっぱり水があまりスキではない相方にも飛び火しまして、
相方も私と同じく、おはようからお休みまでダイエットコーラを飲みまくっています。
(それ自体、かなり不健康な感じですね^^;)

お陰でわが家のダイエットコーラ1人当たりの消費率は日本一

・・・とまではいかないかもしれませんが、
この地域の中ではかなりいい線いっているだろうと自負しております。

わが家で“ダイエットコーラ長期飲用に置ける健康データー”を取れば、
貴重なデーターがとれるのではないかと思う位です。

さてこのダイエットコーラ、従来のコーラほどではありませんが、
炭酸と味がキツイので、まあ大抵のものを入れてもコーラ味が勝つという利点(?)があります。

過去、「一日何mlかは黒酢を飲む」という
黒酢健康法なるものを行ったことがありますが、
そのまま飲用すると悶絶しそうなほどの黒酢もダイエットコーラに入れると、
「辛くはあるが飲めないほどでもない」レベルにまではなったものです。
(結局、辛くはあるので続かなかったのですが・・・←駄目ジャン)

クエン酸を試しに飲みかけのコーラに入れてみました。

コーラの個性の強さを信じて大胆にティースプーン2分の1杯位をINします。

INした途端、ものすごい酸のせいか殆ど抜けていた炭酸が一気に復活!

まるでつぎたてのように泡が吹き出てきました。

クエン酸顆粒が黄色いせいか、この復活炭酸の泡も黄色。

なんとも食欲をそそります。(そそらないって)

勇気を出して飲んでみると、まあま微妙な味ではあるけれども、
昔こんな味のコーラもあったような気がします。コーラレモンてヤツ?

それになんとなーくこの酸味も健康によさそうな気がするような・・・。

「健康は一日にして成らず」このまま続けていけばパワフルになれるかも。

そして私が何かをやりだすと、
とばっちり的に一緒にやらざるをえなくなるのが相方の哀しい(?)運命。

相方的には特に蓄積疲労は感じてないようですが、
「朝起きられないのはパワーが不足しているせいだ」という風に断定をされて、
当然、毎朝+毎夜飲むことになりました。

相方は酸味が苦手なところがありまして、その点で若干抵抗されましたが、

「まあ、これも健康を手に入れるためなのでガマンせいよ。」と一蹴。

(無理やり)コーラにクエン酸を投入されて飲む生活になっております。

これで自転車も長距離に乗りまくり、重い輪行袋をものともせず、
朝は爽やかな目覚めで早朝からポタリングできる

パワフルくろばい家に生まれ変われるんでしょうか?

乞うご期待!

・・・と、またまた前置きがながくなってすみません。(汗)
以下「ミニベログッズ購入ポタ」の続きになります。


「みのめんた~リローデッド~」で食欲を満たし、

まあ、あじさいの方はぶっちゃけどうでもよくなったわが家。

すぐさま飛鳥山から上野方面に向かいました。

まずは上野のY’sへと行こうと思ったのですが、
行きがけにちょっと入ってみた「上野公園」で飛鳥山で見れなかったあじさいを発見。

上野あじさい

結構見事に咲いていたので、愛車達と記念撮影です。

さて、Y’sに到着し、まず1階にあるサイコンを見たのですが、
残念ならがVETTAのサイコンは見当たらず、
2階に移動してボトルケージを見ましたが、
チウジのボトルケージも見当たりませんでした。

仕方がないので2件目へ、御徒町の「ODBOX」に移動。

こちらにもサイコンはなく、ボトルケージの方は・・・ありました!

まさにネットでみた現物そのもの。

デザインはなんとなくクラシカルな感じが文句なくミニベロに合いそうで、
かなりいい感じ!つうかいきなり気に入った。

あとは問題の色・・・なのですが、

この時私はデザインが気に入ったので、かなり目がくらんでいたような気がします。

これってゴールド?

と、疑問符が付くほどの微妙な色合いだったのですが、
この時は照明の関係と希望的観測の関係で、

「うん、これゴールドだよ。軽く。」

と思ってしまったのです。

早速、買って帰ろうと思いましたが、

ここでむくむくと湧き上がるスケベ根性。通称スケコン。

なんかネットの方が安かったような気がする・・・?

というヤラシイ考えに支配されるに至り、
結局、スケコン丸出しで家に帰ってネットで通販することにしました。
スケコンを出すと結果ろくなことがないんですけどね。(--;)

お店の中でグローブも見ましたが、なにせ初グローブなので、
「どれもいいような。逆にどれでもいいような。」という気がしまして、
ボトルケージを購入する時に同じお店でついでに買うことにしました。

ボトルケージも決まり、あとはそれに合ったボトルですが、
このお店は1階にはアウトドア関係のグッズが売っていますので、
ついでにそちらでボトルを見てみたのですが、希望のゴールドのボトルは・・・

実はあるにはあったのですが、がついてまして・・・

その柄とは観音様。 

確かにバブリーと言えばバブリーですが「ちょっと神々しすぎんだろ。」ということで、
結局このお店もサイクル用品ノーゲットで帰ってきました。(--;)

家に帰る途中、もう一つ欲しかった「ミニベロ整備本」を
見てみようと近所の書店によりました。

目的は以前に相方が書店で見かけたという

「クロスバイク&ミニベロお助けブック」

相方の説明では要領を得なかったので自分で内容を確認しようと思ったのです。

しかし、わが家の近くの書店は小さめなので、自転車関連の雑誌も少なく、
自転車関係のHow to本など皆無だったはず。

つい先日までそんな状態だったのに、
やっぱ、このところの自転車ブーム(当家調べ)に気づいての処遇だろうか?

しかもロード系ならまだしもクロスバイクとミニベロの整備なんて・・・

「よくそんなコアな本を置くようになったね。で、どの辺にあるの?」

と私がその本のありかを聞いてみると、

「えっ?ないよ。だってこのお店じゃないもん。^^」

はぁ?なんですと?

「仕事中に外出した時に見かけたんだよ。言ってなかったけ?」

いや、聞いてねぇし。

詳しい会話までは覚えてませんが、相方の話したタイミングと話し方で
すっかり近所のお店だと思っていたのですが・・・。

だからブログにも“近所のお店”って書いたんじゃん。(ちなみに相方はこのブログを読んでます)

それに私が「近所の書店に見に行こう。」といった時に違和感とか感じなかったのか?

時々こうした会話にかみあわないものを感じ、
相方とは同じ言語を有している人間とはとても思えない時があったりします。

・・・という訳で、実際には何一つ自転車関連グッズを買えないままに、
第一回ミニベログッズ購入ポタを終え、
家に帰って延長戦といいますか、早速ネット検索で「チウジのボトルケージ」を購入です。

軽く検索をしてみると、前には気が付かなかったのですが、

同じチウジのボトルケージでチェレステのものがある!!

未だボトルケースを付けていないパッソですが、
これはうちのパッソにピッタリかも。

とそっちの方に心が動いてしまいまして、
まずはそちらの方を検索しましたが、どこも「sold out」

かなり意地になりまして、粘着検索力でめちゃめちゃ検索しましたが、
やっぱりどこも売り切れでした。

しかしビアンキのアクセサリーグッズってなんでこんなにいつも品薄なんすかね?
まあ、アクセサリーグッズだけじゃないですが・・・

前にライトを検索した時もぜんぜんなかったし。

需要が多そうだから大量に作っておいてくれればいいのに・・・ブツブツ。

仕方がないのでチェレステカラーの方はあきらめ、
本命であるチウジ INOX ステンレス ボトルケージを検索、
そこで衝撃の事実が!

すっかり忘れていたけど、通販だと送料なるものがかかるんじゃん!

送料をプラスしてみると、

定価とかわらねぇ。

「こんなことなら買ってきちまえばよかった。」と己がスケコンを呪いつつ、

まずは希望のボトルケージ、無難な黒のグローブ、

そしてそろそろチェーンが汚れてきたかったので、
前から欲しかった↓こちらのチェーンクリーナーをまとめて通販で注文しました。



後は届くのを待つばかり・・・だったのですが、

昨日の昼間メールを見るとショップからメールが届いていました。

“申し訳ありません”で始まるメールに不吉な予感を覚えつつ読み進んでいくと、

“チウジのボトルケージは欠品してしまいました。

入荷はいつになるかわかりませんが、待ちますか?”(要約)
という内容。

なんてこったーーっ!(T_T)

こんなことならかえすがえすも定価でも買ってきてしまえば良かった。

自分の中のスケコンのバカーーッ!(呪)

購入可能だったんで、そのまま購入したんですが、
通販はこういうことがあるので困りますね。

うーん。直接また買いに行くしかないな。

と思いましたが、昨日はちょっといろいろあり、ショップまでいける状況ではなく・・・

でももたもたしていると売切れてしまうかもしれないし、できるだけ早い方がいい。

「さて、どうすっかなぁ。」と思った時、頭に浮かんだのは「彼」です。

彼が誰か丸わかりだとは思いますが、またまた長くなったんで続きます。すみません。m(__)m

ランキング参加中です。できればポチッ☆とクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログへ  人気ブログランキング

関連記事
スポンサーサイト
ボトルケージ取り付け(なぜか)苦戦中
今日はもう金曜日ですね。

さて、月曜日から本格的にお試しております、わが家の起床における最終兵器、

「スリープトラッカー」

本日でウィークデーではきっちり一週間使用したことになります。

一番最初に使った時は単に「せっかく(買ったん)だから」の暗示にかかっていたのか、

「なんかいいかも。」となんとなくポジティブ発言をしていた相方。

一週間使用した今、「やっぱどうよ?」とその発言は多少ネガティブ系に
変貌していっております。

どうやら意味なく夜中に何度も目を覚ます
エブリタイムレム睡眠というような眠りの浅い相方は、
この目覚ましを使っても、イマイチすっきりとした覚醒には導びかれてはいない模様です。

実は何度か使いました私もその“すっきりした覚醒度”はイマイチでして・・・(--;)

使用方法もこの5日間の間にいろいろ変化いたしまして、

現在の相方的使用方法は、1度目のアラームで一応目覚め、すぐさま2度寝。

その後、時間通りに鳴るアラームで本格的に起きる。

と、すっかり2度寝用目覚ましとして活用中です。

て、そんな活用方法だったら普通の安い目覚ましでいいんじゃね??

“2度寝せずに済むほどのすっきりとした目覚め”だからこそ諭吉2.5人分なのではなかろうか?

うーん。疑問です。(--;)

それにこの目覚ましの“レム睡眠の起きやすい時に起こす”
というコンセプトのためだと思いますが、
アラーム音が小さく、バイブの揺れもイマイチ甘かったりします。

しかもアラーム音もバイブも(たったの)30秒ほどで停止します。

最初はそれでも起きられていたのですが、
ゴキブリとかもそうですが、最初は効いていた殺虫剤が免疫がついて
効かなくなるって事ありますよね?

それと同じで相方も回を追う毎にアラームとバイブに免疫がついたようで、
なんとまったくバイブにもアラームにも気がつかない時があるんです。

(こんな時ばかり)脅威の免疫力を発揮!

・・・で、まあ、そのまま寝続けて結局携帯バイブで起こされることもあったりなかったり。(--;)

しかしこんなちょっとうさんくさい珍しい商品に手を出すくらいということは、
相当寝起きが悪く、一筋縄じゃいかないくらい起床にかなり困っている
という人が主じゃないでしょうか?・・・例えば、わが家のように(ボソッ)

どうせなら骨の髄から震え上がらせるほどの
ものすごいバイブ力にしてくれた方がよいのではないか?


と思うのです。

でもそれだと最初の心地よい目覚めからは、かなーり遠ざかることになるか。

もう少し使い続けようと思いますが、
寝意地が汚いわが家の前では、やっぱりこの最終兵器も無力化かも。

となると・・・そろそろ次なる作戦に移るかな。(ぼそっ)

さて、話は変わちゃいますが、以下↓は、話は前回話の続きになります。


「通販の方がちょっと安いかも。」

スケベ根性を出してお店で購入してこなかったばっかりに、
結果的には送料プラスでさほど変わらない値段の上に、
ウキウキと待っていた身に届いたショップからの下記内容のメール。

“チウジのボトルケージは欠品してしまいました。

入荷はいつになるかわかりませんが、待ちますか?”(要約)

スマン、待てん。(即決)

前日に実際お店でモノが売っているのを見たのに、
いつくるかわからない(もしかしたら永遠に来ないかもしれない)
ボトルケージを待ち続けるわけにはいかんです。

今までも自転車業界の在庫ナッシングには、本当に悩まされてきました。(遠い目)

この世界一寸先は闇。

素直に待った結果、どこもここも“sold out”状態になるかもしれません。

私もこの世界に身を置いて早1年、いろいろ揉まれてきたので、
その辺は完全疑心暗鬼、疑り深くなっているのです。

こうなれば直接、御徒町の“ODBOX”で購入するしかない!

・・・となると通販の方はキャンセルさせてもらう事になります。
ついでに(無難そうな)黒のグローブとチェーンクリーナーも注文したのですが、
そういう事情なら「他の商品も直接買ったほうがいいかなぁ。」とも思い、
申し訳ないですが、全てキャンセルさせてもらうことにしました。

そうなれば、いつボトルケージを購入に行くかです。

特にこだわりがなかったグローブはさておき、
欲しいものが決まっているボトルケージは一刻も早く手に入れたい。

しかしその日(メールで欠品の連絡が来た日)はいろいろあって
自分自身では御徒町まで行けそうにありませんでした。

そこでクローズアップされたのが「彼」 の存在。

「彼」=当然、相方です。

ところで身近に男性2人称を使える相手が相方しかいないのは、
それなりに嘆くポイントなのでしょうか?

不幸中の幸い、この日は相方は帰りが早いというようなことを言っていました。

即効で相方に連絡を取ったところ、 ショップが閉店する時間までにはなんとか行けるらしく、
帰りに御徒町に寄ってボトルケージを買ってくることを心よーく承諾してくれました。

・・・私の脅し迫力が「YES」以外の彼の言語を奪ったのかもしれませんが・・・。

後は万が一売り切れていないか・・・です。

3日前に実物を見たものの、この3日で売れてないとは限りません。

いや、ホントスケベ根性なんか出してマジすみませんでした!

なんとかブツがありますように。・・・と祈ること数時間。

相方から電話が、

「なんか取り付け用のネジが付いていないんだけど・・・」

相方が言うには、チウジのボトルケージはあったけど、
それを取り付けるのに必要だと思われるネジらしきものが付属していないし、
周りもを見てもそれらしきものが売っていない・・・との事。

「・・・で、もしかして自転車に付いてる?」

と相方。

「えっ??ネジなんて自転車に付いているわけが・・・」

はっ!そういえば!

わが家では未だにクロスバイクにはボトルケージを付けていないので、
実は今回が初ボトルケージ取り付けとなります。 ので、真剣に意識したことがなかったのですが、

そういえば、自転車のフレーム部分のボトルケージを取り付ける辺りに、
あからさまになにか金属の突起が付いていました。
まあ、場所が場所なんで、

「ボトルケージを使用する時になんらかの役割を果たすんだろうなぁ。」

と、うっすらとは思っていたのですが、

これってもしかして、ネジ・・・になってるのかも?(気づくの遅っ!)

よく見るとそのネジらしき金属の突起には、六角レンチが入る感じになっています。

試しに一番手前にあったパッソに六角レンチを差し込んで回していると、

回りました。

いや、これはまごうことなくネジっす。

「・・・なんか付いていたみたいよ。ネジ。」

と相方に報告、そのままボトルケージだけを買ってきてもらいました。

そしてこちらが「チウジのボトルケージ」です。

ボトルケージ

お店の明かりと希望的観測に基づき、そこはかとなくゴールドに見えたのですが、

わが家の蛍光灯の下で冷静に見ると、

色はしっかりシルバーでした。

・・・がっくり。

ボトルケージバブリーゴールド計画ここについえる!

でもこのクラシカルなデザインは気に入っているし、
その辺はわがベロンチョにピッタリではありませんか。・・・と一応納得。

それに光線の加減によってはゴールドにも見えないこともなくもない。・・・ような気がする。←往生際が悪い

気を取り直し、早速取り付けて見ることにしました。

現在わが家には2種類の六角レンチしかないのですが、
大きい方はクロスバイク用で小さい方がミニベロ用です。

自慢じゃないですが、わが家のクロスバイクの整備状況は超低レベル。

“サドルを調節する、ブレーキワイヤーを閉める”程度の事は、
大きい方の六角レンチ一本あればこと足りました。

ちなみにクロスバイクの場合、サドルを調節するネジのレンチと
ボトルケージのネジのレンチと同じ大きさです。

ミニベロのサドル調節の場合、クロスバイクのものより小さいレンチです。

そしてミニベロの場合もサドル=ボトルケージだと思っていたのです

が、

は、入らない。Σ(゚д゚;) 

サドル調節に入った六角レンチが、ボトルケージの方には入りません。(;_;)

よく見ると、ボトルケージのネジ穴ってなんかちっちゃ!

ミニベロのネジ

よく何本セットになっている携帯の六角レンチセットを見かけますが、
クロスバイクでは今ところ1本のレンチで済んでいることもあり、

「あんないっぱい種類があるけど、どこに使うんだろう?」

と密かに疑問でしたが、こういう際に使うんですね。(--;)

一刻も早く取り付けたところを見てみたい・・・と思っていたのですが、
合う六角レンチがなければどうにもならなく・・・この日は取り付けは断念しました。

で、次の日、再びリベンジです。

相方が会社帰りに100均で六角レンチセットを買ってきてくれました。

六角レンチセット 

100均ってところが相方らしいといえばらしいのですが、

安価な割には

「こんだけあれば、さすがにどれかは合うだろう」

という程六角レンチが大量にぶら下がっています。

で、今度は自信満々で取り付けを開始してみましたが、

まさかの・・・は、入らない。

こんだけある六角レンチの中で、4番目のものだと小さいし、
5番目のものだと大きすぎるという、狙ったように4と5の中間。

六角レンチ

(こんなにやたらとジャラジャラぶら下がっていて)そんなバカなーーっ!

と思いましたが、どうあがいて見てもやっぱり合わないものはあわないっす。(T_T)

しかし、こんだけあっても合わないんだから、
ミニベロのボトルケージのネジ用の六角レンチって特殊な大きさなのか??

じゃあ、どうやってぴったり合う六角レンチって見つけるんだ?

実際にネジに入れてみなくてもわかるもんなのか?

更に倍の量が入っている六角レンチセットならさすがに合うのがあるのか?

シンデレラはどこにいるんだ?

うーん。謎。

取りあえず、今度サイクルショップに行ってみようと思います。

とにかくこれに合う六角レンチを見つけるまでは、
せっかくブツが手元にあるのに取り付けてみることができません。(;_;)

がっかり。

ランキング参加中です。できればポチッ☆とクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログへ  人気ブログランキング

関連記事
ボトルケージ取り付け完了
最近、わが家では新しいことをいろいろと始めていますが、

「スリープトラッカー」と共に、最近続けているのが、

「クエン酸コーラ」です。

これはチャリじいさんがクエン酸を飲まれているということで
飲むようになったのですが、

いや、コーラに入れるという荒業はオリジナルですが(汗)

なんかクエン酸が効いてきたのか、体調がよくなってきたような気がします。

今週のウィークデーは「ヒ○ピタ」(のパチモノ)を1日中貼らずにはおれないほど、
なんとなく微熱でぼやぼやしていたのですが、
なんか昨日あたりから微熱もなく調子がいいです。

やっと暑さにも馴れ、変温動物から恒温動物に戻れたのかもしれませんが、

これはクエン酸も大いに貢献しているのでは??

ちょっち酸味の強いクエン酸コーラにもなれ、

その独特の酸味がクセになるというか、むしろ美味しい。

全然苦痛なく続けていけそうなので、このままもうしばらく続けていこうと思います。


さて、なんかいろいろな不都合が重なってなかなか付けられなった

ミニベロのボトルケージですが、昨日の夜に取り付けすることができました。

「後日、ショップにでも行ってミニベロに合うアーレンキーを買ってこよう」

と思っていたのですが、昨日の私のブログを見て、
なんか自分の落ち度みたいに書かれていたのが納得いかなかった(らしい)相方。

昨日の夜に帰宅し、

「これ自分の一存で買ってきたから!」

と相方が鼻息も荒く差し出したのは、これまた100均のアーレンキー。

実は先日に買う時にアーレンキーは「インチ」と「ミリ」の2種類あったらしく、迷った末に、

「外国の自転車だから“インチ”だろう」

と勝手に解釈して「インチ」を買ってきたようです。

その「インチ」のアーレンキーが合わないと知り、

前回の「汚名返上じゃい!」とばかりにもう一つの「ミリ」の方を買ってきたようです。

・・・でもまた100均かよ。

それに強気で「自分の一存で」とか言ってますが、

相方の一存で動かせるわが家の金・・・100円 て事?

こいつこんな人生でいいのか?!いや、私だったら耐えられん。

なんか涙を誘いますます。

しかし私ってそんなに締め付けきついのか?

いや、そんなつもりは・・・ゴニョゴニョ。(--;)

相方の生き様はさておき・・・
せっかく買ってきてくれたので、早速取り付けることとします。

こちら100均ミリタイプのアーレンキー

六角レンチ

ミリタイプはアーミーナイフのような作りになっています。

アーレンキーには謎の油が結構付いているのですが、
アーレンキーを1本、1本出すときのすべりが悪いので、
潤滑油だと思われます。

おお、シンデレラベロンチョのネジ穴にはピッタリ合いました。

設置

しかし「ミリ」と「インチ」の違いがあるのも知らなかったわが家って・・・

回すとネジが出てきました。

ネジ

しかし1年近く乗っていて、この部分がネジと知らなかったわが家っていったい・・・

割と簡単にはずせ、取り付けもものすごく簡単です。

じゃーん。完成です。

完成

待望のバブリーゴールドではなかったのですが、メダル(?)の部分がゴージャス心をそそる感じで、
なかなかいい感じです。

今日はちょっと時間がないのですが、連続ポタの為もあり、
初、ボトルケージ付きで軽くポタって来ようと思います。

・・・と、実は、今日はこれから連続ポタを継続させる為の消化ポタののちに、

しょう油の街に帰り、友人と飲み会です。

先日(元)地元の友達と電話していて盛り上がり、
しょう油の街で飲もうということになったのです。

丁度みんなが都合がいいということで7月5日の今日に決めました。

が、

約束した時はまったく全然違和感がなかったのですが、
その日が近づくたびになんとなく7月5日という日付に引っ掛かりが・・・

うーん。7月5日ってなんかあったようななかったような・・・。

そしてそのまましばらくまた忘れてまして、
3日前あたりに「7月5日」のキーワードで急に天啓が降りてきました。

実はわが家は結婚関連記念日らしきものが3日あると
以前にブログにも書かせていただきましたが、

①入籍記念日

②結婚式記念日

③披露宴記念日

となっております。

「こんなにあると一回一回の記念日のありがたみが薄れるというか、

ぼやけて仕方がない。」

と前も言いましたが、

今回もすっかりぼやけていて失念していました。

本日、7月5日は②の結婚式記念日になります。そう言えば。

いやー忘れてました。まったくケロッと忘れていました。

もちろん思い出したからといって、
せっかく約束した飲み会に行かないなんてことはありえないことです。

3日前に思い出したものの、相方にはさっぱり言わずに置いておりますが、

あちらも何にも言ってこないということは、

相方さんもケロッと忘れている模様・・・。

そして、おそらくこのブログを見て思い出すことになると思われます。

相方、そういうことだから、スマン。

まあ、相方もケロッと忘れていたので同罪ということで・・・。

では、行ってきます。(^^)/^

ランキング参加中です。できればぽちっ☆とクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログへ  人気ブログランキング

関連記事
2008年くろばい家愚か者大賞内定!
昨日はしょう油の街市で飲み会があり、そのまま実家に泊まりまして、
本日の夜に帰宅しました。

しょう油の街市in飲み会というと今一番(個人的に)熱いのが「猪木酒場」。

もちろん(?)今回も「猪木酒場」に行き、友人ともども盛り上がりました。

 今回すごかったメニューはこちら

カクテル

カキ氷かよ。と思いましたが、友人がたのんだフローズン系カクテルです。

そうして楽しい時間を過ごしたのです

が、
そんな楽しい時間を過ごしても、心のどこかに拭い去れない一抹の憂鬱が・・・

さて、早くも2008年も上半期を過ぎましたが、

この度、“2008年くろばい家愚か者大賞”が内定しました。

今年の愚か者's イヤーは不詳このわたくしです。

その受賞理由はこちらです。

キズ

キズ。

またやっちまいました。

しかも今回は一度に4箇所もの傷が・・・・・

もう自分でも何がなにやらわかりません。(泣)

土曜日の午前中に連続ポタの消化ポタとして、
またまた「荒サイの左岸」を走ったのです。

ポタを終えた後、私はしょう油の街に向けてすぐに出かけなければならなかったので、
今回は相方に自転車のお掃除を命令お願いしました。

自転車清掃を相方に任せ、私はリビングで外出の準備をしていると、
突然自転車の置いてある和室から相方の悲鳴に近い声が聞こえてきました。

「ミニベロがまた傷ついているよ!!」


はぁ??・・・・いやいや、そんなバカな。

この間キズがついてからミニベロに乗る時は、それはもう細心の注意を払っています。

フレームにキズが付かないように、車止めを通る時には絶対に触れないようにしてますし、

砂利道ゾーンを通る時は、かなーーーーーり減速しています。

「信じられん」と思いつつ、とにかく和室に行きミニベロの様子を見ると
遠目からもシートステー部分に白い4点のシミが見えました。

まったく相方のヤツ勘違いして脅かしやがって、
1箇所ならまだしも4箇所なんてあんな気をつけて乗っているに付くわけないじゃん。

「いやだなぁ。なんか白い汚れでも付いてんだよ。」

と、相方からタオルを奪い取って拭いてみると

まったく落ちない。Σ(゚д゚;) 


それに指にはなにかザラザラした感触が・・・・・

・・・・・・・これって・・・もしかして・・・・やっぱキズ???????

わたくし顔面蒼白になりました。

どうしても認めたくなかったので、そのままゴシゴシと磨きましたが、
落ちるどころか、タオルが汚れていたせいで傷と思われる白い部分の淵が黒くなる始末。(T_T)

4点のシミ→4点のキズと認めるしかなく、がっくりと崩れ落ちました。

キズ

ちなみにキズはこんな感じです。

1番上の傷は元は白い点だったのですが、ゴシゴシ擦ったら目立たなくなりました。
・・・のはいいのですが、自転車拭き用タオルの汚れが思いっきり付着しました。(--;)

一番下のキズは、なぜかここだけで2箇所です。

あまりの事に愕然としたながらも、頭の中でぐるぐるしたのは、その原因です。

不吉にも土曜日は第1回目に傷をつけた時とほとんど同じルートを走ったのですが、

車止め等には車体は1ミリもかすらなかったのはこれは絶対です。

・・・・・・となるとやはり・・・・・・・

あの小石のヤロウ再び?!

私達が今回走った荒サイの「左岸」は一箇所数十メートル砂利道があります。

証拠はないけど前回の傷も犯人はこの砂利道の小石のヤロウ以外は考えられなかったので、
証拠不十分のまま犯人はこの小石と断定。

あれから通る時にはかなーり減速し、おっかなびっくり通っていたのですが、

まさか、またやっちまおうとは!しかも4箇所も。(愕然)

ああ、あの砂利道ゾーン鬼門過ぎる。

自転車が大事ならあの砂利道ゾーンは

「減速して通る場所」ではなく「足を踏み入れてはいけない場所」

だったんですね。1回目の時に気づけよ。自分。

愚かだ・・・私ってヤツはあまりに愚か者過ぎないか?(泣)

こんな短期間に自転車にこんなに傷をつけた人って私以外いるんだろうか?

しかも今度は結構目立つ場所だし・・・。

それにどんなに石が器用に飛んだのかいっぺんに4箇所も。もう穴があったら埋まりたい。

しかし今までクロスバイクを乗っていても
フレームにこんな傷を付けるという経験がなかったのですが、
ミニベロって車体が低いだけに傷つき易いんでしょうか?

精神的衝撃はかなり重度ですが、このままにして置くわけにもいかず、
落ち込む心にムチ打ち、とにかくリペアろうと
本日しょう油の街から帰宅する途中でホームセンターに寄り、
リペアに役立つ(と思われる)グッズを買ってきました。

リペアグッズ 

前回とは違い、今回はものすごく目立つところにあるので、
できるだけ目立たないようにリペアろうと思っています。・・・ができるのだろうか?

目指せ!リペアの達人!

て、んなもん目指したくないって。これ以上傷つけるのは真っ平っす。(;_;)

明日は気持ちを奮い立たせ、早速リペアってみようと思います。

まさか、納車されて3週間の間に2回もリペアすることになるとは・・・しかもベロンチョばかり

呪われてるんでしょうか?(--;)

ランキング参加中です。できればぽちっ☆とクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログへ  人気ブログランキング

関連記事
ミニベロのキズをリペアってみました【パート2】
正直、この表題にパート2があるとは思いませんでした。しかもこんなに早く。

というわけで、昨日は現実と向き合わねばなりませんでした。

現実=ミニベロ4個のキズ

前回と同じく、今回もミニベロにはっきりとした原因はわからないキズをつけてしまったわけですが・・・

しかも今回はなんのキャンペーン期間中なのか一気に4倍増で4つのキズ!

もうジャパ○ットタ○タもびっくり。いや、そんなキャンペーンいらんから。

マジ、凹みました。

ホント「夢オチならいいのに」と思いましたが、

所詮、夢じゃないのでキズは(当然)消えるわけもなく・・・。

日曜日にぼーぜんとしながらも、
ホームセンターで一応リペアに必要だと思われる品をそろえてまいりました。

リペアグッズ

まず、前回のリペアの時に「あれば良かった」と思った「細めの筆」

リペア液に付いていたのはマニキュアの刷毛ぐらいの太いものだったので、
結構、塗りづらかったのです。

前回みたいな広範囲のキズでも塗りづらかったのだから、
今回のキズのような小さなキズはなおさら塗りづらいに違いない。

というわけで、極細の普通のタイプの筆と極小の平面の筆を用意してみました。

次は「マスキングテープ」

本格的なリペアには必需品のようです。、

今回のようなキズを埋めるだけの素人的部分リペアには必要かどうか不明でしたが、
たまたま目に付いたし「キズ沿ってマスキングしておけば塗るのが楽かな?」
と思い購入しました。

そして「ドライヤー」

前回、リペア時に“ドライヤーで乾かすといい”とアドバイスいただきまして、
天気も湿気もあり悪いことだし、リペア後は少々ドライヤーで乾かすことにしました。

最後は「サンドペーパー」

車の補修用のサンドペーパーセットです。

いきなり“塗膜をはがし地金を出す”という荒業なものから、
“塗装後の表面の調整”という軽めなものまで入っています。

・・・すみません。なんかこの「やる気満々的なサンドペーパー」を載せた為に、

無謀にも

すわ、キズを広範囲に削って云々するという

超本格的なリペアをやっちゃうのではないか?

と思わせてしまったかもしれませんが、

でもわたくし皆様の思っている以上にヘタレでございまして・・・(汗)

そんな負けが決まっているような、危ない賭けは決して・・・(--;)

実はこのサンドペーパーは土曜日にキズを汚れと思い込んだ時に、
自転車の汚れを拭いたあとの少々汚れたタオルでキズを拭いたために、
白いキズの縁が輪じみのように黒くなったしまったので、
その黒い部分(のみ)を地味に削り取ろうと思って購入したものです。

いろいろご心配いただき、ありがとうございましたm(__)m


さて、準備もそれなりに整いまして、早速リペアスタートです。

塗料を塗る前に、まずは白いキズに付いた黒い汚れの縁を削りとるために、
一番目の細かいタイプのサンドペーパーを用意しました。

キズ

サンドペーパーを小さくしてちょっとづつ縁の黒だけをうまいこと削り取ろうとしましたが、

無理。あっさりお手上げ。

なんか関係のないチェレステの塗料部分も削ってしまいそうです。

自分の腕などこれっぽっちも信用できません。

これ以上キズを広げる結果になってしまったら、地獄の底まで落ち込むのは必至。

ここは安全策をとってサンドペーパー削り取り計画はあっさり断念しました。

・・・となるとこの汚れの黒輪じみごと塗っちゃうかですが・・・

うーん。このまま塗ると塗料の色が縁と中で違うようになってしまうような気がします。

なんとかこの汚れを落としたいのですが、
うちにある地球にも自転車にもやさしそうな天然素材系のクリーナーで拭いても駄目だったし・・・。

そこで思い立ったのが「マジック○ン」

この場にふさわしいかどうかは別にして(別にしていいのか?)、
こういった油系(?)の黒い汚れといえばこれしか思いつきませんでした。

エコなんぞまったく叫ばれていない昔からあったので、
地球にも自転車にもやさしいかは不明ですが、
マジック○ンをつけたタオルで擦ると、
さすがマジック○ン、私の子供の頃からある超ロングセラーだけのことはあり、
あっさり黒い縁汚れが取れてくれました。

キズ

最初からこいつでやればよかった。(--;)

今回も前回同様、傷口を塗料で埋めて目立たないようにするという作戦ですが、

前回は擦過傷のような傷だったのでうまいこと埋められず、
結局、広範囲にわたってべちょっと塗料を塗るしかありませんでした。

今回はキズは4箇所あれども、一つ一つは小さいので、
細い筆であせらずちょっとずつ埋めていけば、前回よりもうまくできそうな気がします。

・・・2回目ということもありますし。(ぼそっ)


早速、塗料を塗りこんで行くこととします。

まずマスキングテープですが、想像ではキズの周りに貼ったほうがいいと思われたのですが、
1つ1つのキズが小さい上に直線的ではないので、
どうも今回はお呼びではない感じです。

このままマスキングテープを貼らずに直接筆で塗ることにしました。

まずは一番目立たない下の2箇所のキズをペインティングです。

・・・・しかしお前とこんなに早く再会する日が来るとは思わなかったよ。

りぺア塗料

チェレステ塗料08バージョン

第1回リペアデーは、ほんの2週間位前なのにすっかり塗料は分離していましたので、
前回同様まず人肌に温めて、思いっきりシェイクしました。

液が混ざったところで細筆に取り、1番目立たない下の2つのキズを

まずは腕ならし的にちょっとずつ液で埋めていきます。

リペア中

うーん。思い描いていたようには綺麗にいかないものの(どんだけ自分の力を過信してたんだ?)
まあ、ここは目立たないところなのでヨシとします。

次は本日のメインイベント(?)一番目立つ真ん中のキズ。

かなり気合(だけ)が入っていました。

で、緊張のあまり液の蓋の部分が足めがけて落下!

足にはチェレステの点が!

塗料落下

「でも、ここから液を取ればまさに人肌じゃないの?」

と、ついでに足をパレット代わりにして塗っていきましたが、
本当に人肌の上に少量の液を置いて置くとすぐに温まりすぎて粘ってきてダメですね。

再び容器から液を取り、塗りこんでいきましたが、

リペア中


当然なんですが、どんなにがんばっても目立つものは目立ちます。

そしてがんばればがんばるほど、どつぼに嵌る。という事もあるわけでして・・・

眉毛をかいたことのある方ならご存知だと思いますが、
左右のバランスが悪くて、右、左、右・・・と書き込んでいくうちに、
いつの間にか海苔を貼り付けたような眉毛になった経験はおありでしょうか?

この時の私もこんな感じでございました。

腕もないのに「実力以上に綺麗に仕上げたい」というスケベ根性が出てきて、

「もう少し目立たないようにできないものか?もう少し・・・」

とか思って塗っているうちに、気が付けばすっかり厚塗りになりました。

仕上がり

やっぱ、なんか目立つんですけど。(T_T)塗料、盛り上がってるし。


最後の残りの一番上のキズは本当にちょっとした擦り傷だったのですが、
「これも塗っておいたほうがいいかな?」塗ったところ、これもなんか余計に目立ちました。

そして、全てのリペアが終わり、仕上げにドライヤーをかけながらも拭い去れない

敗北感。

まあ、傷つけた時点で負け決定なんですけどね。(--;)

嗚呼、リペアの達人への道は遥かに遠い。

つうかそんな道は遠くていいから2度とキズつけたくないです。

でも負け惜しみじゃないですが、
よく見るとミニベロの方はチェレステの色に軽くパールが入っていて、
リペア液の方はパールが入っていないので、マット感が若干違います。

どの道まったく目立たないようにはできないのかなぁ。と。

あまりその場にいるとまたつい触ってみたり、
もう少し塗ってみたくなると怖いので(本当にこれ以上塗っちゃいそうだし)、
しばらくドライヤーをかけてから、後は自然乾燥に任せて放っておくことにしました。

今回もこのまま1週間は安静にしておこうと思います。

そして夜に帰ってきた相方。

リペアったと知ると早速リペア箇所を確認、

「・・・・・・・まあ、こんなもんじゃないの。」

最初のン秒間の「・・・・・・」の部分に多分本音が集約されてます。

「・・・・・・」の部分を意訳すると、

「素人なんだし、そこそこ目立つけど仕方ないよ。(^^)」

という感じでしょうか?(--;)

まあ、確かに自分が悪いんだし、完璧に直らないのはわかってるんですけどね。

外で乗るものだし「自転車は傷つくもの」と頭ではわかっていても、
変な完璧主義があり、やっぱりキズができるとかなり落ち込んでしまいます。

しかしこんなことで一喜一憂してしまう自分って、

自分ってホント小さい人間なんじゃないか?

とも思えてきました。

キズを含めて愛せるような度量を持たなきゃダメですね。

・・・とは思うものの所詮小物なので、舌の根も乾かないうちに、

「なんで買って間もないベロンチョばかり」・・・とウジウジ考えていると、

「最近ベロンチョのせいで乗ってもらえない

クロスバイクのビンちゃんの呪いなんじゃないの?」

と、相方。

なんて言いがかりをつけやがる。こいつ。

うちのビンちゃんがそんな子なわけないでしょ。(--#)

・・・・・・・・・とは言いつつも、確かにパッソはほっときっ放し過ぎるかも。

そろそろパッソの方も乗らないとダメですね。^^;

ところで足に落ちたチェレステリペア液ですが、
すっかり乾いて水で洗ったぐらいでは落ちなくなってしまいました。

結構目立つところに落ちたし、
「やばい、私もしばらくこのままチェレステ?!」と思っていたのですが、

マニキュアの除光液を使ったら綺麗に落ちました。

つうことはマニキュアと同じような成分なのだろうか?

マニキュアだったらパールがかったチェレステに近い色があるような気がするんですけどね。

どっちにしろできればこの「リペアってみましたシリーズ(?)」はパート3に続かないようにしたいです。

ランキング参加中です。できればぽちっ☆とクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログへ  人気ブログランキング

関連記事
【脱】半袖焼け!日焼け止めを再投入
昨日はフルマラソンのような飲み会がありまして、

よる年波には勝てず、本日は1日中、人として使い物になりませんでした。

その持久戦的飲み会は友人宅で行われたのですが、

昼の1時半から開始されまして、終了時刻は夜の10時半。

だらだら飲み続けることざっと8時間。

夜からの最終局面では相方と友人の旦那様も参戦。

長時間アルコールを入れ続けたので、最終的には「酔う」というより、

「肝機能勝負」の様相がありまして・・・(--;)

2日酔いとかはなかったのですが、
昨日は本日の分まで肝臓を酷使したせいか、まったく体が動きませんでした。

確実に体が虚弱になってますね。まあ、自業自得ですが・・・。(--;)

と、肝臓的にも確実に弱くなっていますが、最近肌の衰え確実に感じております。

まあ、シワとかシミとかたるみの深刻な悩みもあるちゃーあるんですが、

自転車に乗っていると今の時期一番気になるのが、

「日焼け」です。

最近体内能力の著しい低下で、傷とかの治りとかも確実に遅くなっているのですが、
日焼けに対しても、一度焼けると元の色に戻るのにものすごーく時間を要します。

ハワイに行った時にその辺を気をつけようと思っていたのですが、
もとがモノグサな性格なので、ついつい時間が経つと2度塗りとか忘れがちで、
そのために結構派手に腕が焼けちゃいました。

そしてあれからすでに約2ヶ月ほど経ちますが、
もうこの色で定着しちゃいそうなほどに元の色に戻る気配がありません。

今立派な半そで焼けです。(--;)

このようなことにならないように、
今年は顔用には(私にとっては)高価な日焼け止めを購入しました。

自転車以前は、粘菌生物的な暗所を好む生活をしていたので、
適当な日焼け止めをちょいちょい塗っておくだけでよかったのですが、
アウトドアを趣味とした以上、そんなちょいちょいで済むわけがありません。

紫外線を一滴も通さないような、ものすごい効果の日焼け止めが欲しい。

言いたかないけど年も年なので、
それなりにお肌にいい日焼け止めが欲しいと思っておりました。

なにせ「青春」て言葉が形も見えない程はるか遠くに遠ざかった年齢になっても、
生活態度が悪かったり、化粧品が合わなかったりすると、
ポツポツと「青春のシンボル」と言われるものが未だに現れ出でたりするのです。

正直、これはむなしいです。シワとかは年齢並なのになぜにきびだけ・・・(--#) くそーっ

で今期早々に

「ものすごい効果だけど肌によろしい」

という日焼け止めを探しにいったのです。

さて、女性の化粧品会社というのは多々ありまして、
「どのメーカーがいいかな?」と思いましたが、
3年前にビーチリゾートに行ったときに購入した日焼け止めが思いのほか良かったので、
同じ日焼け止めを購入しようと、お店に出向きました。

が、

女性の化粧品業界というのは日進月歩、
美を追求する女性の心理に終わりなどなく、まさに生き馬の目を抜く状況です。

3年前に発売されていた日焼け止めなどすでに過去の遺物らしく、ありませんでした。

そしてそのメーカーの日焼け止めを見てみると、日焼け止めが凄い数に増殖。

しかもいつの間にか10歳単位で年齢別になっているではありませんか!

普通の化粧品もそうなんですが、年齢が行けば行くほどケアすべきところが増え、
成分が高価になっていくと同時にお値段もUPします。

それは日焼け止めも例外ではないらしく、
年代があがるたびにお値段も高価になっているじゃありませんか。

数年前まではあまり年齢で分かれている記憶はありませんでしたが、

うーん。日焼け止めまでいつの間にこんなシステムになっていたのか。

仕方がないので、自分の年齢の物を購入。

・・・と行かないのが微妙な気持ちでありまして。

そこはそれ(誰も見ていないけど)見栄とジレンマがあります。

私的には丁度ハザマな年代にいるだけに、

ちょっと若い方を買おうか、ちょっと上の方を買おうか・・・いやそれじゃなんか負けた気がする。

悩んだ結果、ちょっと若い方を買ってしまいました。(--;)

小さな見栄です。

今のところそれでも問題がないのでいいかなぁ。と。^^;

ちなみにこの(わが家にとっては)高価な日焼け止めは、使用部位は完全顔用。

日焼け止めというと“ボディ&顔”というのが多いのですが、

高価だけあって強気で顔オンリー。

まあ、こんな高価な日焼け止めをべちょべちょと腕に塗る程、
残念ながら金銭的に余裕があるわけじゃないので、
「ボディにもOK」と言われても、おそらく腕なんぞに塗る気はなれません。

で、腕用には顔用よりも若干お安い日焼け止めを購入しました。

この日焼け止めは液状なのですが、腕、首、足と塗るとけっこう大変です。

しかも長時間出かけていると、日焼け止めは効果がなくなってしまうので、
塗りなおさなければならず、またそれも至極面倒。

結果、塗りなおさずに焼けてしまいました。駄目ジャン。(--;)

「そんなものぐさな自分にぴったりな日焼け止めってないものか?」

と、薬局を探っていると、スプレータイプの日焼け止めを見つけました。

「コパトーン スポーツタイプUVカットスプレーSPF30」

日焼け止め

SPFが30と低いのと、PA+がないのが不満でしたが、
便利そうだし、スポーツタイプというところが気に入って購入することにしました。

ちなみにSPFはシミやソバカスや皮膚ガンの原因となる
紫外線B波(UVB )をカットする力のことで、
数値が高いほど長時間カットする効果が続くそうです。

PAとは皮膚を黒くするだけでなく、
シワやたるみの原因となる紫外線A波(UVA )の防止効果表すもので、
+、++、+++とあり、+が多いほど防止効果も高くなるそうです。

今現在出ている日焼け止めとしてはSPF50PA+++
が最高値のようです。

このコパトーンのスポーツタイプ、ものぐさな私にはもってこいで、
スプレータイプなので、つけるのもものすごく簡単で手軽。

「なかなかいいものを購入したなぁ」

と思い使っていたのですが、このところ日射しが強いので焼けちゃいました。

自転車で一度走り出すと、なかなか塗るために止まるのも面倒で、
マメにスプレーしなおさなかったのが原因と思われます。 これまた自業自得っすね。

でもスプレータイプというのは気に入っていたので、
スプレータイプのものでもう少し効果が持続するものはないか?

と検索した結果、

こういうものをネットで見つけたので、購入してしまいました。

 「サヴァンナ50UVカットスプレー」

日焼け止め

スプレータイプにしては異例(?)のSPF50PA++です。

謳い文句は「サーファー御用達」

海で大丈夫なら陸でなら怖いもんなしだろ。・・・たぶん。

これは効果が期待でそうです。

相方には

「結構、いいお値段の日焼け止めを買ったんだね。(-_-)」

と言われましたが、女性の美容は年齢に比例してお金がかかるものなんです!

この辺をケチってアンチエージングにエステにかよう羽目になったら
この20倍以上はかかる事になるんです!(たぶん)

ちっ。どうして値段がばれたんだろう? 今回はこっそり購入したのに。

と思いましたが、そういえば相方のIDでうっかり買い物をしたんでした。(--;)ウッカリ

でもこれで半そで焼けともサヨナラ?・・・かも。

今度ポタする時からこの日焼け止めを使おうを思いますが、
その効果の程が楽しみです。^^

ランキング参加中です。できればポチッ☆とクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキング

関連記事
初ボトルケージdeポタリング
最近、本格的に暑いですね。

この暑さも手伝って、今、わが家のダイエットコーラの消費量が凄いことになっています。

前年比1.2倍は消費増量中(データーがないので勘ですが)

この地域でもダイエットコーラ部門では、

 「消費量の順位がかなり上がっているのでは?」と思います。

このダイエットコーラ消費量UPの原因は

おそらくクエン酸。

過去、科学的に本当のところはどうかはわかりませんが、
毎日ダイエットコーラを飲み続けていると
健康に対して若干の後ろめたさを感じていました。

なにせ年代的に私の子供の頃は

「コーラを飲み続けると歯が溶ける」という根拠のない都市伝説があった時代。

それだったらコーラ歴の長い(と思われる)アメリカ人は歯どころか
体内の全てのカルシウム分が溶け出して軟体化しているはずではないか?

と今なら思うのですが、純粋だった子供時代はその都市伝説を信じていたところもありまして、

なんでこんな風になっちまったんだ?

と我ながら思うほどのコーラ党になった今も、

「コーラ=不健康」

という不信感を心のどこかでぬぐえないでいます。

「だったら飲まなきゃいいじゃん。」

と思われるでしょうがそうはならないのが抗いがたいコーラの魅力でして・・・。

不健康な(ような気がする)ものを毎日飲み続ける背徳感・・・

しかしこれがクエン酸をinすることで一気に解消。イッツマジカル!

クエン酸のお陰でダイエットコーラ=健康飲料として生まれ変わったので(たぶん)

私も相方も更に躊躇いなく飲んでいるのが、
このところの消費量増加の大きな原因と思われます。

しかも酸味の強いクエン酸を入れても、
なんでも自分の味にしてしまう自己主張の激しいミラクルなコーラマジックのせいか、

むしろ従来のものよりうまみ成分UP(当家比)

このクエン酸コーラは酸がいい感じに刺激的で美味い。←うちだけかも。

元来はすっぱい系の味がどちらかというと苦手な相方。

最初はクエン酸コーラを飲むのを渋っていたのですが、
このクエン酸コーラの酸味を相方の舌は“旨み成分”として何故か認識したようで、
今では「クエン酸入りじゃないと物足りない」という域まで達してしまいました。
(いいのか?それはそれで)

そして更なる刺激を求め入れる量もエスカレート。

最初はほんのちょこっと入れていたのですが、
今は180ml位のコップに大胆にスプーン半杯を入れています。

これを結構な分量飲むわけなので・・・・あれっ?(゜▽゜;) 逆にいいのか?!

ちなみにクエン酸の裏に書いてある目分量としては、

“一日スプーン1杯が目安”と書いてあります。

確実に超えてんだろ。

“過ぎたるは及ばざるが如し”というしなぁ。うーん。(--;)

このままクエン酸の更なる刺激を求めてエスカレートしていっていいのか?

と思いますが、クエン酸効果でかなんとなく私も健康になった気がしますし、

まあ、いいの・・・かも?


さて、ミニベロが思いがけず負傷をしてしまった為に、
このところそっち系の話が中心となってしまっておりました。

しかしミニベロがある意味奇跡の(?)4箇所同時負傷をした7月5日のポタは、
連続ポタ継続の為の消化ポタ(その週はしょう油の街帰還の為、この日以外は乗れなかったので)
という側面がありましたが、
もう一つボトルケージ取り付け後の初ポタという側面もありました。

相方のルイガノから換算するともう1年近くクロスバイクを乗っていながら、
このミニベロにつけたチウジのボトルケージがわが家にとって初ボトルケージとなります。

11月に来たビアンキはさておき、ルイガノが来たのは暑い盛りの8月。

去年はボトルケージなしでどうしてたんだろ?

と思いましたが、
考えてみればその時の私の唯一の愛車はママチャリの「ソルジャーチャーリー」
カゴというものがあったので、そこに何でもかんでも(当然ペットボトルも)
荷物は突っ込まれていたのでした。

・・・その分(私だけ)重かったけどね。ダイナモもあったし。(-_-)

そうしてビアンキが来てからは、あまり水分のいらない冬になり、
ちょっと暖かくなってからは相方に水分は背負わしていたので、
相方はさておき、私的には問題なく過ごしていました。

しかし今考えると「死にに行ったのか?」としか思えないのですが、
12月末に急遽思い立って100キロポタ(途中で挫折)をした時も、
食料どころかまったく水分も持っていかなかったんですよね。

別にポリシーとか勝算とかあったわけではなく、単に無知だったんですね。^^;

さて、初めてのボトルケージとあってその使い心地が気になります。

こんなところにあって漕ぐのに邪魔にならないのだろうか?

とちょっと心配でしたが、当然、ンなこたぁなく(そんな致命的な欠点があったらつける人はいないわな)
乗り心地変わらず、重量もまったく感じません。

・・・というのもこの時は肝心のボトルが入っていなかったからです。

ボトルケージは取り付けたものの、仕事の遅い私としては、
中に入れるボトルはまだ買ってなかったんですよね。(--;)ダメジャン。

チウジのボトルケースは500mlのペットボトルはイマイチ合わないと
教えていただいてはいたのですが、
「このボトルケージに早速何かをinしてみたい」という誘惑には勝てず、
コンビニで500mlのペットボトルを購入することにしました。

そして500mlのドリンクとを言えば、この時もっとも気になっていたのは、

「ビタミン入りダイエットコーラ」です。

カロリーゼロの上にビタミンまで取れてしまうという、
(わが家的には)夢のダイエットコーラ。

これに重ねてクエン酸を入れれば、健康値は更にUP間違いなし。(たぶん)

ノラコノさんに教えていただき、コーラ好きとしては一刻も早く試して見たかったのですが、
近くのスーパーとかにはまだ売っていなくて試せずにいたのです。

新製品の品揃えは早いコンビニならあるに違いない!

意気揚々とコンビニに行きましたが、

予想通りありました!

ビタミン入りコーラです。

ビタミンコーラ

店先ではありますが、冷たいうちに早速、試飲してみました。

なんか普通のダイエットコーラより甘い後味が残ります。

メロン味・・・のような?

メロン果汁も入っていそうもないのになぜメロンかはちょっと謎なんですが、
嫌な味ではないので1.5Lが出たあかつきには、
わが家の常備ダイエットコークラインの一翼を担ってもらうことも検討したいと思います。

そして早速、そのペットボトルをニューボトルケージにinしようと思ったのですが、

そこで相方と顔を見合わせてハタと気づいたことが・・・・・

そう言えばここに炭酸飲料を入れるのはやばくね?(゜▽゜;) 

ボトルケージは自転車と直結しているだけあって、
自転車の振動をダイレクトに受けるわけです。

そうしてシェイクされていったら・・・あっという間に炭酸死滅じゃね?

買う前に気づけよ。自分達。

それとボトルケージにペットボトルを入れてみると、

ボトルケージinコーラ 
やっぱり若干あまるといいますか、
そんなに衝撃を与えなければ飛び出る程ではないと思いますが、
結構不安定・・・つまりシェイク率もUP。

そして近間を消化ポタというだけあって、この日は相方は気楽に手ぶら。

もしボトルケージにペットボトルが入らなかったらどうしたんだ?

いつものように相方に背負ってもらうわけにも行かず、
仕方なくこのまま出発しましたが、
この後、炭酸が抜けて生暖かくなったコーラを
道中飲み続ける羽目になったことは言うまでもありません。

しかしこの季節だとすぐに飲み物が温まるんですね。(--;)一つ勉強になりました。

そんな不安定なペットボトルを抱えつつ、
この日はポタ後しょう油の街にすぐに帰還しなければならなかったので、
最近の短距離ポタのおなじみのコース、

「荒サイ左岸から都市農業公園まで行って帰宅」

というコースを走ることにしました。

どちらかというと・・・というか完全“陰”の属性の私達は、
荒サイ右岸側に住んでいながら王道的な右岸を走らず、
わざわざ橋を超えてまで左岸を好んで走っているわけですが、
その陰な属性のお陰でベロンチョ負傷という悲劇にみまわれることになるのです。

一部舗装していないところはあるとは言え、
そこさえ目をつぶれば左岸も立派な道が通っているのですが、
右岸があまりに広すぎるので、みなさん右岸に行ってしまうためか、
自転車だけでなく、人自体も右岸に比べると少な目だったりします。

人が少な目な道だからか、それともたまたま遭遇したのかわかりませんが、
この時ちょっと変わった(?)事を目にしました。

順調に左岸を走っていると、遥か先の道に立ちはだかる男性らしき人影が見えてきました。 

歩いているわけでもないし、なんか立ちはだかったっている感じです。

「?????」と思いましたが、

別に河川敷の道で立っていちゃいけないというルールはないので、
「人がいるから避けて通らなきゃな」位に思っていました。

そうしているうちに自転車は進んで行き、だんだんその男性の全貌が見えました。

手に何か長いものを持っているようですが、それを認知できるようになってビックリ。(゜ロ゜;;)

その男性の手に握られているものは、なんか刀??????

プチパニックになっている間も自転車は進み、その男性との間合いは10mくらい!

これは、かなりヤバイ?

でもこのまま止まるのも、引き返すのもすげーー不自然。

それに急に引き返したりして刺激して追いかけられたら怖い。

オロオロしているうちに男性との間合いは2mくらいに!

ど・・・どうしよう!もしかして切りつけられる!? (>_<)

そしてその男性はおもむろに手を上げ、いきなり・・・



踊る。

私的には、もう目が点。 ゜▽゜;)

どうやら剣舞らしき踊りの練習だったようです。

なにも道の真ん中でやらんでも・・・(--;) びっくりしたなぁ。もう。

目が点ついでによく見たのですが、よく見ると刀ももろレプリカ?

びびってたし、自転車に乗っていたんで刀の質感がよくわからなかったんですよね。^^;

ちなみに相方は私のぜんぜん後方を走っていたんで、
この人が刀(らしきもの)を持って立っているところは気が付かなかったそうです。
相方が気がついた時にはすでに踊っていたようで・・・。

そんななんか不思議なことがありつつも、更にしばらく走っていると、
今度はヒーロー戦隊(らしきもの)の撮影をやっていました。

お約束の5色に色分けされたカラフルな衣装を着ていたので、
遠目からもヒーロー戦隊ということはわかったのですが、
よく見るとカメラはハンディーカムタイプ?

しかも衣装もそこはかとなく手作り感が漂っています。

学生さんの自主制作でしょうか?

それとも最近はやりの(?)地方レンジャーでしょうか?荒川レンジャー・・・とか?

完成作を是非見てみたいものです。

2つの不思議な光景に出会いつつ、その後、鬼門の未舗装ゾーンをかなり減速して通過。

減速しても結局傷つきましたけどね・・・・(ぼそっ)

そして最近のお気に入り「都市農業公園」に着きました。

都市農業公園

この日は結構暑い日でしたが、着時間は丁度正午過ぎ。

つまり一番暑いと思われる時間を走ってきたわけですが、
体温調節のできない私は農業公園につく頃には、ゆでたての蛸のように顔が真っ赤。

汗をあまりかかないので、熱がこもってホントきついっす。

夏の運動は私のような変温動物にはキツイですね。

今は首に巻いて温度を下げるような物があるようですが、
熱中症になる前にそういうグッズを購入した方がいいかも。

丁度正午ごろだったんで、
相方的には上のレストラン「さくら」でランチを食べたかったようですが、
暑いところ運動した私の胃はそれどころじゃないです。

とにかく体温を下げたい。

山田くーん。何か即効性の冷たい物をプリーズ

ということで売店でカキ氷を注文。

もちろん相方は全ソフトクリームの種類を制覇すべく、
予告どおりソフトクリームです。

相方は「マンゴーソフト」

マンゴーソフト

果肉が入っていて、予想以上にマンゴーテイストです。

相方に触発されて私もカキ氷も全種類制覇すべく、私は「氷メロン」

氷メロン

ちなみに3種類しかないので次が感動のフィナーレです。

氷メロンは普通の氷メロンですが、
お陰で熱のこもった体は、かなりクールダウンしました。

休憩している時に「ビタミン入りコーラ」ビタミン成分を見ていたのですが、

ビタミン成分

ビタミンC13~51mg。なんか幅ありすぎるんですけど。^^;

さて、クールダウンすると食欲も復活してきますので、
せっかくお昼時に来たのだし、やっぱりレストラン「さくら」でお昼を食べることにしました。

初めて入ってのですが、なかなかの眺めです。

さくら

私は「オムライス」を注文。

オムライス 

チキンライスがしっとりしていてなかなか美味です。

相方はがっつりと「カツカレー」

カツカレー

カレー自体は業務用のような味わいですが、なかなか美味しかったそうです。

今回はさすがに私の胃はカツカレーを食べれる状況じゃなかったので、
恒例の(?)交換を拒否しましたので、相方の感想です。

しかし暑い中自転車漕いできたばかりなのに、
よくこんなスーパーがっつり系が入るよなぁ。
その上、私の食べ切れなかったオムライスも食べてたし。

帰り道は何故かこの日もまたまた向かい風でした。

走っていると食べたばかりなので胃が重っ。

さすがにリバースまではいかなかったですが、なんか軽く気分が・・・。

その隣で私よりも脂っこい物で私以上の量を食べた相方は

ぜーーんぜんノープロブレム!(*'ー^)b

脅威の消化力で楽々クリア・・・みたいです。

うらやましいような、軽くムカつくような・・・。

健康で何よりですが、だから腹が引っ込まないんでしょうね。(--;)

そして無事ポタを終えて帰宅したおよそ30分後。

絹を裂くような相方の悲鳴からはじまり、
ミニベロに起こっていた悲劇を知ることになるのです。

ちなみにこのつづきはこちらになります。

走行時間:1:31:59
走行距離:25.75km
平均時速:16.8km/h
最高時速:33.1km/h

ランキング参加中です。できればポチッ☆とクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログへ  人気ブログランキング

関連記事
天気がいいけど短距離ポタ
今日は朝からいいお天気ですね。

わが家の寝室は東側の部屋にありまして、
東側にあるわりには判断をあやまって薄めの布製のブライドが下げてあるんですが、
早朝から頭に焼け付くような熱さを感じて(とび)起きました。

教訓、寝室のブラインドは遮光タイプにするべし。・・・今更遅いですけどね。(--;)

で、本日ですが、今日もなぜかこいつが家にいます。

愛犬肉球

今週末も両親が旅行なので早朝からうちのマンションに両親が落としていきました。

というわけで今週末も長時間ポタはできず、これから愛犬をちょろまかして、
2時間位の連続ポタ記録の消化ポタに行って来ようと思います。

留守番させる時に吼えるだろうなぁ。(--;)

ちなみに今回の愛犬のお気に入りポイントは玄関のパチモン大理石の上です。

愛犬

動物というのは家の中でもっとも涼しい場所をしってるんですね。

最近土日となると用事が入り消化ポタばかりで、それこそ消化不良気味です。

今日もポタ後はまたまたしょう油の街へ直行なので、もし明日晴れてもポタには行けんし・・・。

というわけで、残念ながら長時間ポタではないのですが、
今日は頭が焦げそうなほどに日射しが強いんで、
先日仕入れたこれを試して見たいと思います。

「サヴァンナ50UVカットスプレー」(副題)サーファー御用達

日焼け止め

実はこの日焼け止めはわが家の中では高価な部類に入ります。

このような(わが家にとっては)高価な日焼け止めは、
わたくしのみで使おうと目論んでいたのですが、

考えてみれば、相方は中学時代から帰宅部で(私は高校からなのでここは彼の方が上手です)
それから立派な(?)中年になる今まで運動らしい運動もしていません。

当然、夏もあんま焼かない生活をしていたわけでして・・・(でも自黒ですが)

もともとあまり・・・というかぜんぜんアウトドアとも無縁のヤツだったし、
この年になって紫外線をいきなり浴びると
慣れていない分トラブルも多いんじゃなかろうか?

紫外線に対するダメージは男性も女性もかわらないだろうし、
シミとかだったらさておき、皮膚の病気とかになったらちょっと厄介かも。

今は医療費も何かと高額になってきてるし、皮膚の病気を言えどもピンキリだしなぁ。

転ばぬ先の杖です。

(わが家にとっては高価とは言え)これしきをケチって
病気になられるよりも、つつがなく暮らしてくれるほうが、
何百倍もお得ということに気づきました。

私もお得大王の相方に出会って多少のお得帝王学(?)を学ぶことができたので、
その辺のお得試算はできるようになったのです。いいのか、悪いのかですが・・・(--;)

まあ、本音を言えばちょっと惜しいけど

「相方もこれで次からはUVケアした方がいいよ。」

と提案しました。

「めんどくさい」と抵抗するかと思いきや、

「えーっ?そんな高い日焼け止め自分も使用していいの?

そんなに体を心配してくれてるんだね。ありがとう。(;∇;)

となんかいたく感激のご様子。

わかってはいたけど、相方って単純純粋。

でもまあ、ニュアンスは多少違いますが、おおむね趣旨に違いはないので、
そう解釈するのならそう思わせておこうと思います。あっでもブログに書いたらばれちゃうか。

そして早速、出発前にサヴァンナ日焼け止めスプレーを塗ってみましたが、

コパトーンのものと違って水分があまりない感じで、
ものすごくさらりとした使い心地です。 付け心地はものすごく軽いです。

ちなみにコパトーンのものは液だれする程水分がでました。

水っぽくなくてそこはいい感じですが、その分サヴァンナの日焼け止めは、

めちゃめちゃ伸びが悪い。

ので、大量にスプレーしなければなりません。

1本60gだし、相方と二人で使うとなるとすぐ使い切りそうです。

・・・・・・・・・。

いや、後悔なんかしていません。

多少の小銭よりも相方の体の方が心配なので、

「これを相方も使えば」と言った事に微塵の後悔もありませんとも!本当です。

さて、では合羽橋のお店のバーゲンまで行ってきます。(^^)/~

それにしても暑そうだなぁ。

ランキング参加中です。できればポチッ☆とクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキング

関連記事
しょう油の街で缶詰ってます
昨日は超短距離ポタだったのですが、なんと通り雨に遭遇してしまいました!

不幸中の幸い雨宿りできたので悲惨なまでにはならなかったんですが、
全体的に愛車が軽く濡れちゃいました。(T_T)

ちなみに今回の被害者もベロンチョの方です。(--;)

あんなに激しい雨に降られたのは自転車生活を始めて以来初めての経験です。

そういえば、去年の夏はまだあまり乗ってなかったですしね。

この時期は夕立とか通り雨とかも多いので要注意ですね。

・・・・・て言っても予想つかないけど。(--;)

どこぞのメーカーが通り雨探知機を開発してくれないかなぁ。
ピンポイントで一部の人にだけ売れるかもしれません。
ちなみにうちは値段次第で購入します。


今日はいいお天気ですね。

・・・なのになぜか実家inしょう油の街にて家に缶詰になっています。

その原因は愛犬。

「どこのお嬢様なんだよ?」と言うほど、散歩はキライだけど、
お車でのドライブが大好きな愛犬。

お車内でなら待つのも苦にならないご様子なので、
時期がよければ愛犬を車内に置いてレンタサイクルやら買い物やらが
できたのですが、この時期はそれすらも無理。

あっという間に車内の温度は凄いことになるので、
ほんの食事の間だけでも置いておこうとすると、
まさにホットドッグになってしまいます。

犬嫌いな無協調性のわがまま犬なので、
あこがれのドッグカフェとかも行くことができず・・・。
犬を飼ったらドッグカフェ行くの夢だったんですけどね・・・あっさり粉砕っすよ。(遠い目)

・・・というわけでこんな天気のいい夏の日なのにどこにも行くことができず、
ひたすらお犬様お世話係交代要員(父母)が帰るのを待ち続けておる次第です。

交代要員が帰宅したらコンパウンドを見にホームセンターに行ったり、
せっかくのバーゲンシーズンなんでバーゲンに行ったりしたいのですが、
このところ暑い中何度か自転車に乗ってみてわが家的には

この夏の超注目アイテム

こういったものも購入してみたいと考えています。



なんでもこのスカーフ(?)は水を含ませて首に巻くと、
体を冷やす効果があるらしいです。

マジっすか?

私は体温調整ができないので、体が熱くなると熱を発散できずに辛いのですが、
このスカーフ(?)を巻けば少しは緩和される・・・のかも。

しかしこのグッズにはいろいろな疑問が湧き上がるのですが、その中の一つ。

まず、こういったものはどこに売っているのでしょう?

ホームセンターに売っているような気もしますが、
イ○ーヨーカドーとかのような気もします。

見つからなければ最悪通販購入ですが、
送料問題に絡むとわが家のお得監査員(相方)がなぁ・・・。

取りあえずホームセンターから見てきたいと思います。

早く帰ってこないかなぁ。父母。

ランキング参加中です。できればポチッ☆とクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキング

関連記事
40万アクセスありがとうございます!
40万アクセス突破しました。ありがとうございます。m(__)m

本日、しょう油の街市から帰還したら40万アクセスを突破しておりました。

いつもつたない話にお付き合いくださった皆様のお陰です。

ありがとうございました。

いつの間にかミニベロにも食指を伸ばして、わが家の自転車達も増殖したりしておりますが、
ゆるゆると自転車ライフをブログに綴っていこうと思いますんで、
今後ともよろしくお願いします。m(__)m


今日は意外と帰りが遅くなりバーゲンにはいけず、
ホームセンターだけには寄ってきました。

まず早速「コンパウンドはいかなるものか?」

と見てきたのですが、

すみません。わたくしには無理です。(>_<)

これを塗りこんじゃっていいものかどうか?判断がつきません。

塗りこむだけで小さなキズを消してツヤを出してくれるみたいですが、

なーーぜーーー???

まず、その原理が理解できません。(;_;)

それでも少ない脳みそでなんとか理解しようとしたところ、

つまりキズを更に削り取って下の塗装面を出す・・・てこと???

それは全体的に塗装を削るということにはならないのでしょうか?

じゃあ、コンパウンドしたところだけ色とか薄くなったり、色が変ったりしないの??

チェレステがそこの一角だけチェレステもどきになったりしないのだろうか? 

怖い、怖すぎる。

うちのミニベロの場合、

小さい擦り傷はないけれど、大きな傷のリペアを目立たなくしたいのですが、

それってコンパウンドの趣旨にあっているのだろうか??

関係ないところまで削ってしまうって事はないのだろうか?

疑問は深くなるばかりで、カー用品売り場でしばらく氷付いてしまいました。

ちなみにこの時一緒にいたのは生物学上男性である相方。

もちろん、こういう話は得意中の得意。

・・・だったらどんなにか苦労はないことか・・・車も乗らない人なので、
こういった知識も私クラスに皆無なのです。(--;)

このまま知識のないままでやっちゃうと更なる後悔を誘いそうなので、
もう少し知識を得てから行う時は行いたいと思います。

せっかくいろいろアドバイスいただいたのに、ヘタレですみません。(汗)

ランキング参加中です。できればぽちっ☆とクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログへ  人気ブログランキング

関連記事
初めて夕立に降られちゃったよ。ポタ【その1】
唐突ですが、最近ご当地限定お菓子とか多いですよね。

そのご当地限定ものですが私の今までの認識では、
ご当地の名物とかとコラボしているものが多く、
例えば柚子の名産地では柚子○ッキー、柚子コ○ン、柚子チョコ等。

納豆の名産地なら納豆チップス、納豆プ○ッツ、納豆センベイ等

特にめぼしい食べ物の名産がないようなら
キ○ィちゃんに取りあえずコスプレをさせて“○○キテ○ちゃん”等々。

共通点はその土地の名物が使われているような感じが多かったように思います。

そしてわが(元)地元のしょう油の街市。

しょう油の街市(本名は違いますが)だけあって、
日本で何番目かはわかりませんが、しょう油の名産地です。

で、さぞかししょう油的なご当地菓子であふれているとお思いでしょうが、

あまりにしょう油が一般的な調味料なので、特にあふれなかったりします。

例えば“しょう油せんべい”

普通だ。実際わが街にもあるけど全国くまなくある。

“ポテトチップスしょう油味”別にしょう油の街市を謳ってなくても、もう普及してるし。

“しょう油チョコ”とかのスイーツ系はあまり見ませんが
・・・まあ、冒険して作るほど売り上げが期待できないんでしょうね。(--;)

そんなしょう油の街の某スーパーで先日こんなご当地限定ものを見つけました。

「千葉限定ポテトチップス」

千葉限定ポテトチップス

一見、中身は普通のコンソメ味のポテトチップスですが、
どの辺に千葉限定の秘密が隠されているかというと、
千葉県で作られたジャガイモのみを使用した地産地消のポテトチップスだったりします。

ちなみに千葉県のジャガイモの生産量は日本の中でベスト3にも入っていないようなので、
全国的には名産といえるかどうか不明なのですが、
地産地消にすることによってなんとなく付加価値、そして限定・・・みたいな。

なんか新しい展開じゃないっすか?

これ思わず買いたくなっちゃわないですか?なっちゃいますよね?

後ろを見ると生産者の方がばっちりと写ってます。

 千葉限定ポテトチップス

その新しさに思わずお買い上げしてきました。

ちなみにジャガイモはしょう油の街産ではなく(しょう油の街はしょう油で手一杯でして^^;)
多古町産です。

多古町と言えば、前にあじさいを見に行ったところです。

早速食べてみると、

う・・・うまい。うますぎる。(T▽T)

“ふるさとは遠きにありて思うもの”

といいますが、住んでいる時はなんとも思わず、
むしろ電車で東京までは乗り換え多いし、
最寄り駅は単線しか走っていない不便さを呪っていたのですが、
離れてみるとしょう油の街市、ひいては千葉県になんとなーく望郷の念を持つもので、
その望郷の念が隠し味となってか、

普通のポテチよりぜんぜん美味いような気がする。

なんか普通のポテチよりも新鮮な感じがするし、軽くてほっくりとしているような気がする。

これはやっぱり多古町のジャガイモがスペシャルに美味しいのか?

やっぱりそうなのか?いや、そうに違いない!

ちなみに千葉県には縁もゆかりもない神奈川県出身の相方に感想を聞いてみると、

「いや、美味いと思うけど。あくまで普通に美味い。」

という感想。

私がスペシャルデリーシャスに感じたのは、

やっぱり千葉県人限定、望郷スパイスのお陰?!・・・なのか?

恐るべし、望郷スパイス。


というわけで、先週の土日は愛犬の世話の為しょう油の街にいってきたのですが、
土曜日は両親が旅行の前に朝早くから愛犬をマンションに落として行きました。

普通に問題犬ではありますが、
(一応)可愛い愛犬なので世話をするのはむしろ嬉しい事なのですが、
困るのはマンションでお泊まりできるような犬ではないので、
その日はしょう油の街に帰還して1泊実家に泊まらなければならない羽目になることです。

しょう油の街に帰るとなにが困るって、自転車に乗れない事が困ります。

いや・・・輪行もどきをすれば乗れないことはないんですが、
それは言わない約束という方向で・・・(--;)

もう冬から半年以上も続いているわが家の唯一の記録連続ポタ。

他に類を見ないほどの玉虫的なゆるい規定のお陰で、
途切れることなく続いてはおります。

何週目かになるかはすでに数えるのを放棄したんで不明ですが、
ここまで続くとすで途切れさせるのは「罪」のように思えてくるのです。

「(何週目かは不明だが)これだけは途切れさせてはいかんぜよ!」

ともはや土佐弁になるぐらい半分強迫観念のように思っているわが家。

この日もしょう油の街に帰ったら日曜日に乗れない事は必至だし、
次のウィークデーまでもつれ込むと面倒なことになるので、
(一応規定では土~金の間に5km以上走ることになってます)
この連続ポタの為の消化ポタだけは

「しょう油の街に行く前にやっつけておこう。」

と言うことになっていました。

丁度いいことに、この日はわが家から比較的近い
合羽橋道具街の中の和食器のお店のバーゲンがあり、
そのお店に欲しいものがあったので、合羽橋までポタることになったのです。

・・・となるとその間、愛犬をマンションにお留守番させなければなりません。

しかし私達が支度をして動く度に

「お出かけするの?」

とウルウルお目目で見つめる愛犬。

そして凶暴な本性を知っていても、そんな目で見られると弱い飼い主。

・・・ま、それでペットショップでも騙されたんですけどね。(--;)可愛いと得っすね。

本当ならお昼過ぎにすぐに合羽橋までポタる予定でしたが、

「楽しいことがないまま、お留守番させるのはかわいそうかも。」

と思い、急遽ポタ前に愛犬を近くの公園まで散歩させようということになったのです。

そしてこの判断が後にちょっとした後悔を生むことになるのです。(--;)

わが家の愛犬は再三書いておりますように、

犬は大嫌い、人間もそこそこ嫌い、

 その他もろもろの有機生命体は大抵嫌い。

そいういう生物に遭遇する可能性のあるお散歩も嫌い。だったりします。

しかし彼女も本人(犬)の認識はどおあれ、一応は犬。

ご先祖様はドイツの草原を駆け回っていたでしょうし(彼女は茨城県生まれですが、原産国はドイツなので)

更にご先祖様は完全野良生活を送っていたはずです。

まあ、その辺はDNAに一応刻まれているようで、お外は大スキなのです。

散歩は嫌いなのにお外好きとはこれいかに?

なんか「犬なのにめんどくせー」的な複雑な性格を持っているのです。

そんな複雑なジレンマを解消する為に愛犬が使用するのが乗り物だったりします。

乗り物はドライブの時は車なんですが、通常の散歩の場合はもちろん人間です。

約5kg(と立派すぎ)に成長した愛犬をお抱えしてお連れするのは、

今回の場合、ねえや(私)とダーリン(相方)です。

ちなみに相方は愛犬にはダーリンとして認識されています。

なぜそういう認識になったのかは謎ですが、
あきらかに他の家族達と相方とでは扱いに差があります。

たまたま私と相方が隣り合って座ったりすると嫉妬メラメラらしく、
必ず真ん中に割って入ってきて、なぜか私を無視して相方の方にジャンピングkiss。

て、飼い主の私の方に嫉妬?!なんかすげーー敗北感。

別所帯になっちまったが元の家族は私のはず。
相方は当然たまにしか会わなかったはずなのに・・・。

別暮らしになってから会った時しかやってないけど、
私の方がご飯もおやつもあげていたし、下の世話までしてんのに。

ちなみに売れ残っていた愛犬を購入してきたのも私(と母)です。

教訓、犬は案外恩知らず。

すみません。ちょっと話がそれてしまいましたが、
というわけで、ポタ前に愛犬を担いで散歩(ていうのか?)にGOです。


土曜日はかなり晴れていて暑かったので、窓越しにも紫外線が透けて見えるようでした。

お出かけ前に、先日に購入した期待の日焼け止め「サヴァンナ」を塗りまして、

相方にも塗るように促しました。

が、

「こんな高い日焼け止め、自分には使えないよ。絶対無理!(><)」

といきなり拒否!?

先日はなんか感動して「使う」と言ったものの、
いざ使用する段階になったら事の重大さにハタと気づき、
すっかりびびったみたいです。

うわーーっ。なんかすげーーあっぱれな貧乏性。

親分じゃないけど“あっぱれ”シール3枚!

やっぱり相方、100年経っても貧乏性。みたいな。もうどこのイナバだよ。みたいな。

ちなみにこの日焼け止め、スプレー缶60gで3,000円弱です。

確かにわが家にとっては高価だけど、んなに頑なに固辞するほど?(--;)

しかし私がせっかく「やっぱ勿体ないかも」という正直な心を封印して
(ブログに書いている時点で封印してない?)
相方の医療費体のためを思って勧めているというのに、

こんちくしょう(--#)

とちょっと(逆)キレかけたのを鋭く察知してか、
洗面所から前に私が購入した某メーカーのお安い日焼け止めを持ってきて、

「自分はこれでいいから!」

と必死な相方。

お値段はちなみに25g 約500円(位だったような)

お値段的には約6分の1。

・・・まあ、さあ。

わたくしは何も強引に嫌がるものを相方にふり掛けようと思っているわけではないわけ。

塗るタイプの日焼け止めはめんどくさがると思って、
「スプレータイプにすればちゃんと塗るかなぁ。」と思っただけでね。

別にちゃんと塗るならどの日焼け止めでもいいわけよ。

まあ、こんなにお値段がちがってもむしろ格安の日焼け止めの方が、
若干紫外線遮断効果はいいわけだし・・・。
(サヴァンナがSPF50PA++で某格安日焼け止めがSRF50+PA+++です)

わたくしとしては本当にどっちを塗ってもらってもいいわけだけど、
相方がどうしてもそちらの格安日焼け止めを選ぶなら
その気持ちを尊重しないわけではないのです。

というわけで、私は本当にどちらを塗ってもらってもよかったのですが、
貧乏性の相方は格安日焼け止めを自ら選択して塗ることになりました。

「うわーー。家計的にマジ助かった~。」とか思っていません。

「ビバ相方の貧乏性!」とかも思っていません。本当です。


出掛けに、そんなひと悶着もありつつも、愛犬を担いで外にでると、

日射も強く、なんとも蒸し暑い。

丁度、お昼すぎていたので近くのお店でお昼のパンを購入して、
公園で食べましたが、日あたり良好なベンチしか空いていないので、

あづーーーい。(T_T)

もうパン食ってる場合じゃねぇ。みたいな。

なんか愛犬も暑そうにしているんで、
やっぱり早々退散しようとパンをかっ込んでいると、
なんか天空遠くからゴロゴロといういや~な音が・・・。

空を見ると自分達の頭の上はばっちり晴れていますが、
はるか向こうの方の雲がかかっていてなんか暗い。

しかもときどき稲光ってるしぃ。

心なしか空気も湿っていて、いかにもひと雨来そうなパターンです。

犬を担いでとりあえずダッシュで家に帰りましたが、なんか降ってきそう。

ちょっと待てや。連続ポタ継続のための消化ポタどうするねん。

つうか合羽橋のバーゲンどうすんだ。 今週末までなのに・・・(;_;)

こんなことなら間髪入れずに先ポタッときゃよかった。

と怒涛のごとく思いましが、所詮、後の祭り。

自転車を濡らす危険にさらすわけにもいかないので、
恨めしい思いで外を見ながら家で待機していました。

なんか今にも降りだしそうな予感の中、待機すること1時間。

再び天気は・・・晴レル。

て、予感だけかーい。(結局、予感だけじゃなかったんですけどね(--;))

すぐに変わる夏の天気はイマイチ信用なりませんが、
この日を逃したら連続ポタ記録に支障が出てきます。

せっかく再び晴れたんだし、ここは一気に行くしかない。

ということで、愛犬をだまくらかしてケージに入れ(ちなみに愛犬はケージも嫌いです)、
鳴き叫ばれないうちに電光石火で自転車を出し、部屋を脱出。

そのまま土曜日昼間の混み合うエレベーターを恐縮しながら通過、
そしてマンションを出ようとした時は、上空はきれいな青空でした。

なのにあきらかにお水が落ちてきてるぅ。(T_T)

天気雨かーい。

夏の天気ほど信用できんもんはありません。

相方の安請け合いと同じ位信用できないです。

・・・それはそうと、どうしたもんかなぁ。

苦難(愛犬とかエレベーターとか)を乗り越え、
せっかくマンションの出口まで来たのに、
行くことも戻ることもできず、私と相方はただぼーぜんと立ち尽くしていました。

すみません。無駄に長くなりましたが、つづきます。

ランキング参加中です。できればポチッ☆とクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキング

関連記事
初めて夕立に降られちゃったよ。ポタ【その2】
愛犬には、寸前までまるで一緒にお出かけするかのように装い、
その間相方は淡々と自転車を用意し、
準備が整ったらいきなり愛犬を騙まし討ち的にケージに入れて、
愛犬が鳴きわめく暇もないほどにダッシュで部屋を出る。

長い廊下を経て、出入りの激しいエレベーターを恐縮しながら乗り降りして
マンションの出口までたどり着く。

・・・トムと比べるべくも無いほど、しょぼいミッションインポッシブルなのですが、
それなりにストレスのたまるミッションです。

そしてこのようなミッションを乗り越え、
やっとポタをすべくマンションのエントランスを出たところ、

雨っすよ。(T_T)

空は普通に晴れているのに、雨だけは落ちてきています。

この状況をどのように捉えたらいいのでしょうか?
・・・まあ、普通に天気雨ってやつなですけどね。(--;)

1時間部屋で待機していた時は雨が降ってこなかったのに、
部屋を出たとたんこれっすよ。

あまりのタイミングの悪さに相方と二人呆然としましたが、
もう一度部屋に戻って、雨の止むのを待ち、再びあのミッションを行う気にはなれず・・・。
(うちの犬はそんなところだけ賢いので2度騙されるとは思えんし・・・)

まあ、天気雨だからそんなに長い時間降らないだろうし、
ここで雨が降り切ってしまえば、この地区はそうそう雨が降ることもないと思うし、
今さえ乗り切れば、ここからそんな離れていない合羽橋も安全地帯ではないか?

と思ってマンション出口の庇のところで雨が止むのを待つことにしました。

・・・その読みがはずれたことをこの数時間後に知ることになるんですけどね。(--;)

自転車整備が未だに苦手な私(達)としては、
もしチェーンがとかが濡れたりなんかしたら整備の仕方がようわからんので、
極力自転車は濡らしたくなくはありません。

なにせまだドキ☆初めてのチェーン洗浄も避けて通ってるくらいで・・・

ここは一滴残らず雨が止むまで待機しようと決意しました。

が、

待っているときの雨ってなかなか止まないですね。

強く振っていたのが微弱にはなってきているものの、実にしぶとく降り続きます。

時間が経つとマンションの前の庇付近でもたもたしているのも、
なんとなーーく体裁が悪かったりします。

自分のマンションですがすでに外に出ているので、一見無関係の人に見えると言いますか・・・

うちのマンションは全体的には安普請簡素な作りなんですが、
人数が多くファミリー向けな為かセキュリティーだけは、厳しい感じなんです。

まず管理人さんが何人もいます。

この場合管理人さんと言っていいのかわからんほど、昼間は複数人が常駐しています。

夜になると管理人さん達と同じ数くらいの数の警備員さんに交代するわけですが、
マメに館内を見回ったり、出入口にも立っていますので、
夜中とか酔って千鳥足って帰ってくる時はなんか体裁が悪かったりします。

ずっとここにいるとなにやら不審だよなぁ。

異常に気が弱い私(と相方)は管理人さん達に話しかけられると、
住人にもかかわらず、思わず更に不審な態度をとっちまいそうなので、
とにかく早く止んで欲しい。

「なぜ自分のマンションでそこまでびびらにゃならんねん。」

と我ながら思いますが、その辺はめんどくせー性格なんで・・・(--;)

蒸し暑い中、びくびくしながらも、おそらく15分ぐらい待ちまして、
やっと雨のやつが根こそぎ落ちてこなくなりました。

まあま、出かけにケチがついた感はありますが、気を取り直して合羽橋へGOです。


さて、この日のポタ。
雨後は多少涼しくなるのが筋ってもんですが、
これくらいの雨では、むしろ湿度UPの為の水分にしかならないようで、
この日はサウナの中を走っているように不快でした。

ねっとりとした不快さに負けて漕ぐ足にも力が入らないので、
わが家から合羽橋まではほど近くにあるにもかかわらず、なかなか着きません。

しかも湿気で不快指数がめっちゃ急上昇した為か、
道路工事中などちょっとしたアクシデントでもイライラを感じます。(--#)

うーん。温厚(?)な私ですらこのようにイライラさせる、
不快な夏の蒸し暑さをなんとかさせることはできないのだろうか?

(私のオツムでは無理ですけど)日本の技術の粋を集めればなんとかなるのではないだろうか?

例えばこれ「水とりぞ○さん」




大昔、初めて押入れに入れた時には、その容赦ない湿気の取りっぷりに驚いたものです。

こういったものの巨大版を作成し、各都道府県に設置、
いっせいに日本の湿気を取っちまえばいいのではないか?

そうすれば、夏でも湿度が低く快適でトロピカルな気候になるのではないか?

そして集めた空気中の湿気を飲料水などに再利用すれば、
水不足に悩まされることも、洪水に悩まされることもないんじゃないんでしょうか?

原理は不明ですが、全てトロピカルでうまく行くような気がします。・・・たぶん。

日本はこういった事に、もう少し予算を組むべきだと思うのです。(そうか?)

あまりの不快指数の高さにそんな現実逃避なトロピカルな妄想をしつつも、
やっと「合羽橋」に到着です。

ついた途端、虫の知らせで少々いやーな予感はしたのですが

「一度近くで降ったので、もう雨は降らないだろう(根拠なし)」

と思い、屋外の駐輪スペースに自転車を停め、目的の和食器のお店へ向かいました。


自転車を停めた場所と、お店は道具街的には、端と端になります。

道具街は結構広いので、えっちらおっちら歩いていると、
この日は7月7日ではなかったのですが、「七夕祭り」を開催していました。

「かっぱ橋道具街の七夕祭りかな?」と思っていたので、
かっぱ橋道具街のメインストリートではなく、ちょっと入った通りでやっていたのが、
「?????」でしたが、せっかくだから覗いて行くことにしました。

ちょっち小規模っぽいですが、せっかくの祭り風景、
この様子をデジカメで収めておこうと、デジカメを準備すると、

電源を入れた途端、デジカメの充電がいきなり終了。

・・・・・(--#)いや、めんどくさがりで使い終わったら充電しておかない私も悪い。

悪いけれども、ろくに警告もなしに、いきなり終了はないんじゃない?

わが家は最近、約5年振りにデジカメを買い換えたのですが、
新しいデジカメは薄いし、軽いし、撮るまでのフットワークがいいし、
(5年前のデジカメはスタンバイに時間がかかったので)
全体的には気に入っているのですが、
この充電池切れの時の、お役所の窓口のような終了の仕方だけは、

心底気にいらねぇ。

前のデジカメは「もうすぐ終了」のマークが出ても、騙し騙し何十枚かは撮影でき、
その点、機微ってもんをわきまえていたデジカメでした。

でも新しいデジカメは「充電してください」の警告後、間髪入れずに終了。

後は、電源を入れなおしても、振っても無駄。

心の準備も何もあったもんじゃねぇ。

もう少し“うっかりさん”にもやさしい作りにして貰いたかったものです。(て、自分がちゃんとしろよ)

仕方がないので、この日は写真は携帯にて撮りました。

画像が見難くて申し訳ないっす。

こちら「七夕祭り」はこんな感じです。

七夕祭り

食べ物もいろいろ売っていたのですが、その中で素通りできなかったのが、

これ「きゅうりの浅漬け」100円。

きゅうり

かっぱ橋商店街だからの“きゅうり”だと思われますが、
以前、チャリじいさんのブログでも、紹介されて私も心惹かれていた一品です。
(売っていた場所はぜんぜん違いますが)

しばし見ていると、この日のきゅうりの浅漬けの売れ行きは好調。

わが家も購入してみました。

きゅうり

この暑さには、さっぱりしていて美味しいです。

しばらく七夕祭りをぶらぶらしまして、その後、目的地のお店に到着。

本日は、もともと和食器のお店のバーゲン案内が来たので合羽橋まできたのですが、

このお店で私が欲しかったのは和食器ではなく、これです。

「鬼おろし」

鬼おろし

うちにあるスライサーは「こんなに替え刃があるのに超激安」の安物なんですが、
その分使い心地は「期待すんな」って感じでして・・・。

大根なんておろした日には、大根の繊維を見事にざっくり断絶。

おろす苦労の割には、水分率だけがやたら高い大根おろしにしかなりません。(T_T)

私はどちらかというと心根が貧しい人間なので、
苦労の割には見入りが少ないと、俄然やる気を失います。

で、今では大根をおろすのが面倒で最低限の量しかおろさないわけなので、
秋刀魚の時なんかはなんとも寂しいかぎりです。

この「鬼おろし」さえあれば、大根おろしたっぷりの秋刀魚も夢じゃない!

・・・たぶん。

なにせ未だに使用していなので、その脅威の威力はまたいずれ・・・。

まあ所詮大根おろしは面倒なんすよね・・・ゴニョゴニョ。(--;)

「鬼おろし」も仕入れ、後は帰るだけなんですが、
なんてったって今日は「七夕祭り」・・・。

となるとたびたびこのブログでも紹介しているに会っていくしかありません。 

おそらくいつもよりドレスアップした彼になっているはずに違いない。

と、せっかくだからかっぱ橋のシンボル「かっぱの河太郎」七夕バージョン(←妄想)
を見ていく事にしました。

七夕らしく、彦星的なコスプレしてるかも。

最悪(?)笹の葉ぐらいは飾ってあるに違いない。

・・・と思っていたのですが、予想外の・・・

かっぱの河太郎

平常シフト?!

祭りだってぇのに、まったくの普段着(?)です。

しかも観覧時間は過ぎたらしく、門が閉まっていたので近くまで近づけず。

せっかくの年に1度の「かっぱ橋七夕祭り」
こういう時くらい河太郎さんにもドレスアップさせるべきではないのか?

と(余計なお世話ですが)思いましたが、後からネットで調べてみると、
この七夕祭りは“かっぱ橋七夕祭り”ではなく“下町七夕祭り”だったらしいです。
つまり河太郎は直接関係していないので、まあ、普段着でもありっすね。

河太郎にも会ったし、あとは帰るだけなんですが、
夕方までねっとりと暑かったので、歩き回っているとなんとなくのどが渇いてきました。

そんな私の前に、運命のように「甘味処 菊丸」の看板、そして「氷」の旗・・・

菊丸

ポタメシニストを自称するわたくしに、素通りすることなどできませんでした。

なんとなーく天気は再び怪しくなってきたような気がしましたが、
ここは誘惑に負けて、「氷でもいっちゃう?」ということになりました。

氷を注文している時にふと思ったのですが、
このブログで冬は(といいつつだらだら年中続いていますが)
「ラーメンポタ」を開催していたと思いますが、
そういえば夏は「カキ氷ポタ」をやる気満々じゃなかたっけ??

あれ?ボヤボヤしてるうちに夏になっちゃてんじゃん。

というわけで急遽「カキ氷ポタ第一弾」です。

私が「氷あずきアイスクリームトッピング」

氷あずき

770円

相方が「氷ソフト宇治金時」

氷宇治金時

800円

甘味処に入るとたいてい小豆ものを頼む私と相方ですが、
この小豆と氷の削り具合に美味しさの全てがあると思うんです。

ここのお店の小豆はすごく美味しく炊いてあって、
氷もなかなか細かくて美味しかったです。

「第一弾の記念としては、なかなかいいお店に入ったなぁ。」

と満足していると、

「えっ?今年の第一弾と第二弾は“都市農業公園”じゃないの?^^」

と相方。

空気よめ。

そのことには「なかったことにしたい」ということが、わからんのか?

いや、あれはあれで美味しかったんですが、記念すべき第一弾としては・・・ゴニョゴニョ。

あれは「カキ氷ポタ・エピソード0」と「エピソード-1」ということで・・・。


氷を食べて、体もいい感じに涼しくなり、外に出ると天気がかなりやばくなっていました。

なんか今にも雨が降っちゃうよーん。・・・みたいな。

と考えているそばからポツポツと降ってきました。

ま・・・まずい!!Σ(゚д゚;) 

ゆっくり甘味っている場合じゃなかったっす。

気になるのは自転車ですが、その中でも私のミニベロの革のサドル。

あれ、濡れたら具体的にどうなんだろ?? できれば知りたくない。

甘味のお店から自転車を停めたところまで、結構遠かったのですが、
とにかく無言でダッシュしました。

しかし無常にも、だんだん雨も落ちてきています。

あせりながらもやっと自転車が停めてあるところに着き、
自転車を見ると、

なんか水玉ってるーーーーっ(T_T)

革サドルの上に雨がポツポツと降って、黒い点々になっています。

あわわわわわわ。これはやばい。

とにかく一刻も早く、サドルに座って、お尻の温度でサドルを温めて乾かさなくては!

あたふたと自転車に座って、とっとと出発しようと思いましたが、
なんかこのまま帰ると、途中で雨が強くなる予感がビシビシと・・・。

不幸中の幸いとはこういう時のためにあるのでしょう。

ここは商店街。アーケードだけはふんだんにあるのです。

「とにかく退却ーーーっ!!」

とアーケードに逃げ込んだ途端、ものすごい勢いで雨が降ってきました。

あっぶねーー。マジあぶなかったっす。

ちょっとは濡れたものの、間一髪でずぶぬれにならずに済みました。

それから数十分、まったく動けずにいましたが、

降るだけ降ったら気が済んだのか、あっさり晴レル。

ここは止んでいても途中また降ったりしているかも知れないので、
相方のリュックの中に入っていた、レジ袋をサドルに巻いて帰ってきました。

サドル

ツルツル滑って乗りにくいし、見目もさっぱり麗しくないんですが、
濡れるよりもぜんぜんマシなので・・・(--;)

これからはレジ袋を持ち歩いて、自転車を離れるときは巻いておいた方がいいかもしれません。

・・・なんかいろいろ台無しなような気もしますけどね。

家の方に着くと家の方はまったく道路が濡れてなかったので、
ピンポイントで狙い撃ちにあったみたいです。ちくしょう。(T_T)

帰ってから、早速サドルを確認してみると、尻熱ですぐに温めたのがよかったのか、

サドル

無事に元に戻りました。

車体もいつもより念入りに拭いたのですが、問題はチェーンですよね・・・。

こういったものは錆び止めとかを吹き付けといた方がいいのでしょうか?

その前に「掃除しろ」ですよね。(汗)

一応、車体はきれいに拭き、ふとミニベロの泥除け部分を見てみると、
それなりに泥除けというのは役立ってくれているのか、
泥除けの後ろ側が激しく泥で汚れているのを発見しました。

見なきゃよかったのですが、見てしまうとどうにかしたくなるのが人情。 

しかし泥除けとタイヤの間は隙間が狭いので、手では拭けそうにありません。

・・・ここは、お掃除塾の塾長様のアレを使うか・・・

「エセま○い棒」

ま○い棒

見ようみ真似の急ごしらい作成なので、かなりパチモンくさいですが・・・。

まつ○塾長(番組ではそういう肩書です)には、
正直、心酔申し上げている・・・とうい程でもないのですが、
たまたまお掃除番組で見かけると、ついつい最後まで見てしまうくらいではあります。

で横からこのエセま○い棒を突っ込みまして、ゴシゴシしました。

掃除

一部、これでも太すぎて入らないところがあったので、
まったくキレイになったというわけではなかったのですが、
このエセま○い棒が届いてたところだけは綺麗になりました。

パチモンでもこの威力、なんかすげーーっま○い棒。

さすが、これ1本で今の地位を築いただけのことはあります。

これから普通のお掃除にも活用するかな。

・・・こうしてま○い信者は増えていくのかもしれません。

ランキング参加中です。できればポチッ☆とクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキング

関連記事
そろそろ100kmポタ再び?
明日から3連休ですね。

お天気はなかなかいいようで、予報では雨は降らないようです。

・・・ホントかよ。

とちょっと疑わしい限りですが、まあ、ここは天気予報を信じるとして・・・。

私、このところ常々思っておりました。

そろそろ自転車乗りとして再びデカイ事をやってみたい。と。

デカイこととは言え、所詮ヘタレ一家のわが家なので、
たかがしれていたりするんですが、
過去、わが家の短い自転車人生の中のデカイ事と言えば、あれです。

「榎本牧場までの100kmポタ」

それっていつの出来事だよ。

と言うくらい、たかが100kmポタですら遠い昔にやったきりだったりします。

榎本牧場の100kmポタを終えた時に、

「もう2度とこんな長距離は御免だ」と思ったものですが、

人は喉元過ぎれば熱さを忘れる生き物ですね。

このところ近場ポタとか消化ポタとか、そんなんばっかりだったんで、
ここらで一つ再び長距離ポタをやってみたくなったのです。

しかし喉元過ぎても熱さを忘れない、
こんな時ばかり記憶力のよい人間がわが家には約一名おりまして、

相方はあからさまに気がすすまないようですが、まあ、相方の意見は黙殺の方向で、
本日は長距離ポタに向けて準備を整えることにしました。

て、いきなり今日かよ。

・・・とお思いでしょうが、常々思っていたわりには、
はっきり「長距離に行こう」と決めたのが昨日でして・・・この辺がわが家の駄目なところですね。^^;

まず、長距離ポタをするにあたって、相方は当然クロスバイクですが、
わたくしは「どちらの自転車で行こう?」という事になります。

長距離はクロスバイクの方が楽でしょうし、そろそろパッソにも乗りたい。

でも、某柔道選手の名台詞ではありませんが、

「クロスバイクでも100、ミニベロでも100」

みたいなのもいいかぁ。と。

ボトルケージも付けてあることだし、
せっかくなのでミニベロでも100kmというのをやってみたい。

というわけで、今回も私はベロンチョで行くことに決めました。

で、相方のルイガノですが、こいつが未だにボトルケージが付いていません。

このくそ暑い中、長距離ポタをするのにボトルケージは必須。
(この間まで自分も付けていなかったのになんですが)

ここは一つ親切な私が相方のボトルケージを買って来てあげよう。

ということで、本日はこっそり(することもないんですが)上野の「Y’s」に行ってまいりました。

相方が欲しがっていたのは確かこれ。

ボトルケージ

ミノウラのものすごく安価なボトルケージです。

「なんでいままで買い渋ってたんだよ。」と言うくらいメチャメチャ安価です。

自分ばっかり高いボトルケージを買っておいて、相方にはこれかよ。

とかお思いでしょうが、実は前から相方自身が「これがいい」と言っていたのです。

心が決まっていたならなんで今まで買わなかったのか?と言いますと、

A店に行けば「もっと安いお店があるかも」とスケベ根性を出し、

B店に行けば「やっぱ、A店の方が安かった」とか行っているうちに月日は流れ幾星霜・・・

「もう、めんどくせー」というわけで、有無も言わさず今回、購入して来た次第です。

そして、今日の夜は相方が飲み会でいなかったので、
アフターケアも万全な親切な私は取り付けてあげることにしました。

グリスをつけておかないと金属がくっついてしまうと
あんぜんぐつさんよりアドバイスいただいていたので、グリスもついでに買ってきました。

グリスはお値段が特上・松・竹・梅とあり、どれにしていいかようわからんかったので、
竹あたりのお値段を購入。

グリス

自転車本体の方にグリスを塗りまして、

ネジ穴 

ボトルケージを取り付けます。

ボトルケージ取り付け完了

なんて簡単なんだ。

こんな作業を1年近くもしていなかったわが家って、
もしかして病んでるのでしょうか?(優柔不断症候群とか)

丁度、作業が終った頃に帰ってきた相方。

開口一番、

「あーーっ!勝手にボトルケージが付けられてる!!」

(--#)オメーニマカセテイタララチガアカンカラツケタンダロウガ。

私の目がキラリと光ったのを見て、

「・・・いや、いいじゃん。うん。色もあってるし。(゜▽゜;)

と、あわてて取り繕う。

最初から、そう言えばいいんだよ。たくっ。

「くっつかないように、グリスも塗ってあげたよ。」←あくまでも恩着せがましい

と言ったところ、相方から驚愕の一言が!

「で、グリスってなに?(^^)」

はぁ? (゜ロ゜)

いや、私ビックリしました。

1年間も自転車に乗っていながら、相方の口からそのような言葉が出てこようとは・・・。

さすがに、しばし言葉を失いましたよ。

相方曰く、

「グリスという名前は知っていたけど、

具体的にどういうもんなんかは知らんかった。」

・・・らしい。

皆様、わたくしの苦労をお察しいただけるでしょうか?

これがわが家唯一の男性でございますよ。 あははははは。←自棄

私ですら、なんに使うかおぼろげには知っていたのに・・・トホホホ。

しかも購入にはいたらなかったけど、一緒に見に行ったこともあるのです。

おめぇ。整備に関してはひと事すぎんだろ。・・・ホント脱力っす。(--;)

まあ、相方の自転車乗りとしての知識の浅さは置いておいて・・・

買い物に関しては、ミニベロ用のボトルとかも購入したかったんですが、
ボトルは前にしゅうさんに教えていただいた、ゴールドのボトルを購入したいと思っており、
それがなかったので、今回も購入せず・・・です。
ペットボトルを入れるとガタガタするけど大丈夫かなぁ。^^;

あと、暑さに備えて首に巻く冷却スカーフ(?)も購入してこようと思ったのですが、
「Y's」には見当たらなかったので、マルイのスポーツ用品売り場に行ったのですが、
めぼしいのが見つかりませんでした。(;_;)

前々から準備をしないからこういうことになるんですね。(--;)

うーん。こんな見切り発車的で上手くいくのか?
パンク修理セットとかも未だ買ってないし・・・

と思わないこともないですが、
今回は街中を走るので多少のトラブルがあってもなんとかなるかなぁ。・・・と。^^;

場所としては、わが家から往復で丁度100kmくらいのところまで行く予定ですが、
相方は途中で挫折する気満々で行った先のお宿のことなどを考えているようです。
行き先は丁度行楽地なので・・・(--;)

つうか途中で泊まって来たら100kmポタにならんだろうが!

さて、挫折するのか?しないのか?

出先でしれっと一泊して、50kmポタ×2のぶつ切りポタになってしまうのか?

それより明日の朝は無事に出発できるのか?

乞うご期待です。

ランキング参加中です。できればブチッ☆とクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログへ  人気ブログランキング

関連記事
100km目指して行ってきます
今日は、わが家にしては奇跡的に早起きができまして、

行く気満々で外を見たら、いきなり曇りでした。

(奇跡的に早起きできたのに)おのれ、天気予報めーーーっ。

と、出鼻をくじかれ感にがっくりと来たのですが、

その後、あれよあれよと予報通りに晴れましたね。

すまん天気予報、疑っちゃって。

ということで、今から100kmを目指して横浜まで行ってきます。(^^)/~

ところで・・・ベロンチョは今日は無傷で帰ってこれるのでしょうか?

パンクだけはありませんように・・・(祈)

ランキング参加中です。できればポチッ☆とクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキング
関連記事
100kmポタならず・・・
今日も朝から晴れていますね。

早朝から自転車でお出かけの方も多いと思いますが、

わが家は朝からヘタっております。

昨日100kmポタに向けて意気揚々と横浜まで出かけたわが家ですが、
重大な事柄に対して、1つ誤算があったことが判明しました。

その誤算とは、

「意外と横浜は近かった。」

ということです。

横浜に着き、メーターを見てびっくり。

その時点で、サイコンが示していた数字は40kmちょい。

実は横浜までの往復では100kmないことが判明しました。(--;)

今更~。と愕然。

もとが“100km”ありきなんだから、ちゃんと調べていけよな。自分(達)。

私は元千葉県人なので“横浜”って聞くと感覚的に遠いイメージがあり、
そのイメージだけは都内に引っ越してからもあったのですが、
東京からだと意外と距離的は近かったんですね。

あの(くそ)暑い中走ったことは、まったくの無駄足だったとはいいませんが、
100kmに届かないことで、テンションが急降下したことだけは確かです。

過程ではなく、数値に結果の有無を求めてしまうのは、
偏差値教育世代の哀しい性でしょうか?


昨日、わが家としては早朝と呼べるくらいの時間、9時20分頃に出かけたのですが、
その時間はすでに暑かったとは言え、まだまだ暑さはMAX時間ではなく、

前半線はかなり順調で「もしかして3時間くらいで着いちゃうかも。」

と調子をこきまくっていましたが、
そんな悠長なことをいっていられたのも出発後1時間位まででして・・・。

それからまもなく訪れた“灼熱のアスファルト~地獄編~”

昼に向かって温度が上昇するにしたがって、

「このアスファルト熱で、目玉焼き何個やけちゃうんだ?」

というくらいきついアスファルトの照り返しに、

ほんと途中、見てはいけない川辺に咲くキレイなお花畑が何度か見えましたよ。

そして後半戦は、休んでは走り、走ってはすぐさま休み・・・

結果、休んでいる時間の方が長いんじゃないの?

という位、亀クラスの歩みのノロさだったので、

結局、横浜に行くまでに6時間近くかかってしまいました。40数キロしかないのに・・・(--;)

横浜

そんなこんなで気力も時間もなく、せっかく横浜に行ってもほとんど遊べなかったのですが、
しかし横浜って言うのは、いつ行ってもオシャレ街ですね。

元千葉県人の私としては、もしペリーが浦賀でなく九十九里あたりに上陸していたら、
木更津あたりが、いまの横浜の位置づけではなかろうか?
一世を風靡したのは、ハマトラ(いつの話だよ)じゃなくてサラトラ?
異国情緒あふれるおしゃれタウン千葉として確固たる地位を築いたのではないか?
と(勝手に)夢想するのです。

そんな横浜見学もそこそこに引き上げてきたわけですが、
私は、ミニベロ、つまりドロップハンドルではじめての長距離ポタでした。

さすがの長距離だと尻痛とかもそれなりに発生したわけですが、
それよりも一番辛いかったのが、手にダイレクトに伝わる振動でした。

今までミニベロでは、30数キロをポタポタやっていた程度だったのですが、
初めてミニベロに乗った時に驚いた手への負担も、極端なガタガタ道さえ走らなければ、
最近では耐えられる感じにはなっていました。

なので今回の長距離も「グローブなしでも大丈夫かな。」と思っていたのです。

が、それは甘かった。

長距離の中でジャブのように手首と手のひらに振動を浴び続け、
最後の方では、ちょっとした段差でも鈍痛が走るようになりました。

そして最終的には、自転車を降りても絶えず手には震えがくるように・・・。

それでも痛みになんとか耐え続け、家に着いたのですが、
パソを開くと、特に小指と薬指にうまく力が入らなくてキーボードがうまく打てない。

なんか感覚が麻痺していて、自分の指じゃないみたいに言うことを聞かなくなってました。

帰ってきた時はまっ赤だった手の平、いまは一応通常の色に戻りましたが、
押すと今まで手のひらでは経験したことのない奇妙な痛みがします。

うーん。やっぱりグローブは必須だったんですね。(--;)

痛みといえば、クロスバイク購入時から尻痛には悩まされてきた相方。

その実、何の対策も練らず、
買い与えたインナーパンツには足を通したこともないという罰当たりさ。

彼のその痛みには同情の余地はこれっぽっちもないのですが、
長距離になるとまた得意の(?)尻痛が発生したようで、
後半戦はしきりにサドルからお尻を上げたりしていました。

また、尻痛かよ。いつになったら慣れるんだ?

と思い、「また、尻痛なの?(-_-)」と冷たく聞いてみると、

どうやら、今回は尻痛ではないとのこと。

彼が痛がっていたのは、下着による食い込み痛(?)・・・らしい。

私は男性ではないので、よくわからないんですが、

彼はトランクス派なのですが、長距離を走ることによって、
トランクスのなんと説明すればいいのでしょうか、
足の布の部分ですか?あれがずり上がってきて、
臀部と太ももの間の溝(?)に食い込むらしいのです。

つまり往年のギャグに例えれば“コマネチ”みたいな感じ?

相方と同タイプの通常の下着で長距離を走行されえいる方は、
同じような痛みに耐えつづけ運転されているのでしょうか?

それとも下着の形状によって解消されるのでしょうか?

それとも材質を変えればなんとかなるものなのでしょうか?わが家の場合安物なんで・・・

以上、相方の素朴な疑問でございます。

もし、この疑問を解消する解をお持ちの方がいらっしゃりましたら、
こっそり教えていただけたらなぁ。と思います。

さて、午前中からダラダラしたお陰で、ある程度鋭気も蓄積されてきました。
せっかく晴れているので、これからポタって来たいと思います。

今日は久々のクロスバイクで行ってこようと思います。

パッソは久々すぎて、それはそれで楽しみです。

ランキング参加中です。できればポチッ☆とクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログへ  人気ブログランキング

関連記事
コマネチ問題(?)へのご意見ありがとうございました
昨日は暑かったですね。

わが家は限りなく夕方に近い午後出、その後ナイトライドだったので、
一番暑い時間帯は走ってはいないのですが、
それでも走っていると、じんわーーーっと汗が・・・。

私は普段ほとんど汗をかかないので「汗腺が死滅しているのか?」とも思っていましたが、
さすがにこの暑さの中運動をすると、多少汗をかくことが判明しました。

そして昨日、私が特に集中して汗をかいたのが、背中。

これはリュックを背負っているためだと思われます。

同じ時期に、同じ趣味(自転車)を持つことになったわが家ですが、
同時期に自転車小物を揃えているうちに知らず知らずに
相方とペアルックになるという恐ろしい現象があり、
うっかりすそ止め、イヤーウォーマー、リュックとお揃いで購入してしまいました。

そしてある日、ふといつの間にかペアルックになっていたことに気づき動転。

その後、特に2人で背負っているとペアルックと思われ度の高いリュックは、
緊急事態とかがない限り相方と一緒に出る時は封印することにしていたのでした。

で、普段は相方に荷物をポイポイとほとんど預け、
私がウエストポーチという(私だけが)快適生活を送っていたのですが、
夏になると日焼け止めとか自分て持っていたい荷物が多いので
小さいウエストポーチでは入らず・・・。

かといってモンベル(ペア)リュックをペアで背負っていると、
まるで仲が良さそうに見えて、事実と反するし嫌だなぁ・・・。(自意識過剰)

仕方がないので、昨日はわが家にあるもう一つのリュックを背負っていくことにしました。

これほど暑い日に運動しながら背負うというシチュエーションが今までなかったのですが、
蒸し暑い真夏に背負うとこのリュックはかなりやばかった。

なにがやばいってこのリュック素材が革。

もう、風通し度最悪。

「熱を逃がしません」な状態なので、背中の温度は上昇をつづけ、
かちかち山のたぬきさん的な状況。

そして汗であっという間に背中に湿気がたまり、
思わずキノコが生えてきそうなくらいものすごい不快指数です。

そしてリュックを見るとロールシャッハテストのような不気味な汗じみが・・・。

実際背負うまで気がつかなかったのはなんですが、
“夏のポタに革リュックは不向き”ということだけは判明しました。(--;)

かと言ってモンベルリュックも夏ポタには向いているとは言いがたいので、
いつまでも優柔不断に悩んでいる相方はさておき、

「私だけでも夏用リュック買おうかなぁ。」

とつぶやくと、相方が、

「あっ。だったらその時、同じリュックを自分も買おう。(^^)v」

はぁ?(゜ロ゜) 

相方が言うには、私は買う前には結構品物を調べるほうなので
(で力尽きて購入に至らない場合も多々ある)
私が買うやつは失敗が少ないに違いないので便乗したい・・・らしい。

・・・て、便乗されたらまたペアになって、私が使えんだろうがっ!

つうか今までのペアルックの犯人はおまえだったのか???

ぜってー同じリュックは買わせんぞ。(--#)

しかし普段汗をかかない私がこれだけ汗をかいた昨日は、
冬でも随時汗腺大開放中のあせっかきの相方は更にものすごい汗だったらしく・・・。

たまたま途中で相方のリュックを持つ機会があったのですが、
リュックのベルトの部分を持ったとたんに、
なんか“じゅわーーっ”と、私の手のひらに染み出る不快な水のようなものが・・・。

これは・・・もしや・・・相方の汗?汗がリュックから染み出てきてる・・・の??

うえーーーっ!!!!!ばっちい!!

しかしいくら夏用のリュックとは言え、
ここまで汗かきな人に対応しているタイプはあるのでしょうか?

それともベルトが湿るのを通り越して濡れるは当たり前なんでしょうか?

なんにせよ。おそろいは絶対お断りだけどね。


さて、昨日書いた“相方の下着食い込み痛問題”(別名:コマネチ問題?)に対してですが、
皆様、貴重なご意見、アドバイスありがとうございました。

昨日もこの“食い込み痛”があったらしく、道々対策を話あっていたのですが、
以下、私どもの会話の一部抜粋です。

「アントキの猪木のような
プロレス用のパンツにしたら食い込まないんじゃない?」

と私が提案すると相方が、

「もう、いっその事レオタードとかにするのが一番かも。」

「それじゃ“レオタードルイガノおじさん”として
ご近所で有名になっちゃうでしょ!
第一そんなイメージダウン、ルイガノから苦情がくるかもしれんだろが。」

・・・とまあ、この程度のまぬけな策(?)しかなかったわけです。(--;)

あんぜんぐつさんのおっしゃっていた汗が原因というのは、
目から鱗でした。

考えてみれば、冬場はあまり訴えてなかった現象のようなので、
汗でずり上がるということは、ものすごく考えられます。

他にも皆さんが教えてくださったポジションが悪いというのもあるような気がします。

もともとどんなポジションがいいのかわからないので、
“ポジション”というものを意識したことがなく、適当に座っているようなので、
サドルの位置が「前過ぎる」というのもあるかもしれません。

このようなデリケート(?)な話ではありますが、
女性の私にはわからない話だったので、
皆様のご意見は本当に参考になりました。ありがとうございました。m(__)m

今後、この問題については、アドバイスいただいたご意見を元に、
いろいろと対策を練っていきたいと思います。

つーかインパンはけよな。(ぼそっ)

今日はわが家は自転車はお休みDAYで、私はこれからお友達のお宅へ、
相方はゲーム猿化するようです。

ランキング参加中です。できればポチッ☆とクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキング

関連記事
マイブーム(?)な睡眠スタイル
梅雨も明けて毎日暑いですね。

わが家の自転車人生を見守る彼。

サンタ

久々の登場で「まだいたのか?!」と思われるかもしれませんが・・・いたのです。^^;

この暑さでリビングに飾られている彼もじっとりと汗をかいています。

あれ?それってやばくね?彼の場合、汗=モロ体液。

結果的には100kmポタではありませんでしたが、

「記念の横浜ポタにも、せっかくだから彼を連れて行けばよかったね。」

実はそんなのん気なことを先日話していたのですが、

あの炎天下の中、一緒にポタっていたら、

彼の場合、死亡する羽目になっていたことでしょう。

横浜につく頃は残念ながら原型をとられておられなかったと推測されます。危ない、危ない。(--;)


この暑さで毎日寝苦しい夜が続いていますが、
皆様、夜はどのような夜具を使ってお休みになっているでしょうか?

私は普段はベット党なのですが、このところの暑さのせいか、とある変化が・・・。

私が自転車を趣味として始めたのはおおよそ1年前になりますが、
それまでの趣味はといえば、ほぼ無趣味。

それでもムリムリ以前の趣味といえるものを探せばというと、

本(作画調のものをおおいに含む)を読むことと「寝る」ことです。

「人生の3分の1はベッドで過ごしています」

というのはよくあるベッドメーカーの殺し文句ですが、
こんな殺し文句にあっさり釣られる人間がここに約一名・・・わたくしです。

なにせ「寝る」という行為は、当時のわたくしにとって生命維持行為だけではなく、
大切な「趣味」の一環なのです。

なにせ自転車時代前は休日になると15、6時間ぐらい寝てたしな・・・(--;)

結婚を機にベッドも購入することになったのですがその時、

この一番の趣味といっていい睡眠だけは
少々奮発してもいいのではないか?

とそう思ったのです。

そして丁度、当時はやっていたのが「テンピュール」

使ったことはなかったので使い心地は「謎」だったのですが、
謎なだけにこのテンピュールという素材に対する夢と期待は膨らむばかり・・・。

今となるとなんでそう思っていたのか不明ですが、

(使用したことがないのに)
“テンピュールを使用すれば少なくとも人生の3分の1は幸福でいられる”

と思い込んでいたのです。

今思えば、テンピュール素材の寝具で当時一番はやっていたのが枕だったので、
まずは枕を使ってお試ししていれば傷口は浅くてすんだんですが、
すっかり「テンピュール最高脳」になっていたので、
今までさっぱり使用したことがないくせに、
一気にテンピュールのマットレス(のベッド)を購入するというを冒したのです。

このテンピュールマットレスのベッド、
それなりのお値段だったのですが、そこはそれ「趣味」とはお金がかかるもの。

自分達の身銭を切っても思い切って購入しようと覚悟していましたが、
結果的にはやっと娘が嫁いでくれるという喜びで有頂天になっていた両親が、
お祝いとして買ってくれることになりました。

正直、「ラッキーっ!」・・・とか思いましたが、
このことがのちのち私の心に巨大な罪悪感を植えつけることになろうとは、
この時は思いもしませんでした。

そうして待望のテンピュールベッドが新居に納入されたのですが、
最初に寝る時の私の期待感はどのように説明したらお分かりいただけるでしょうか?

今の感覚で言えば、新しい自転車を手に入れた時のように嬉しかったのです。

試しに寝そべってみると、ゆっくりと体が沈む感じです。

このゆっくりと体が沈む感じが体の負担を軽減し、最高の眠りに誘う・・・らしい。

これで、残りの3分の2はどうあれ、人生の3分の1は幸せを得たも同然です。

善は急げ。早速試乗試寝とばかりにその日は早めに就寝したように思います。

期待のテンピュール、そのお陰でその日は最高に幸せに・・・

いや、眠れねぇ。

テンピュールの特徴であり長所でもあるあの沈む感じが、
寝返りを打つ時の障害になり、ホイホイされているゴキちゃん気分になるのです。

そして第一日目の目覚め・・・めっちゃ心地悪っ。

腰が痛い。つうか体中が痛いです。

こんなもんなのか?テンピュール。

ひょこっと不審感が芽生えましたが、

・・・いや、いや、これは慣れないせいだろう。

と、芽生えた不信感を無理やり踏み潰し、
慣れることを期待して、しばらくがんばって(?)寝ていたのですが、
1ヶ月ぐらい経った頃でしょうか?

その頃はわたくし完全に後悔しておりました。

1ヶ月寝ていても、ぜんぜん慣れる気配もありません。

目覚めた後は変わらず全身倦怠感。(T_T)

ここまできて、ふと湧き上がる疑問。

「この苦痛(?)は私だけだろうか?」

そこで同時に使い始めた相方に使い心地を聞くと、
値段が値段だけに貧乏性の相方としてはガマンしていたらしく、
「実は自分も辛い」という感想をおずおずと述べました。

さすがに「もしかしたらテンピュールに対する私の見解が間違っていたのでは?」

とこのあたりで(ようやっと)気づいた私。

私は口コミをしつこいまでに調べてから購入するタイプなのですが、
テンピュールだけは無条件に最高と思っていたので調べていなかったのです。

そしてこの時に初めてテンピュールマットレスに対する口コミを見てみると、
評判は真っ二つ。

体に合う人にはいいようですが、体に合わない人には最悪・・・らしい。

合う、合わないの確率はどの程度のものか不明ですが、
残念ながらわが家は相方も私もどうやら「体に合わないチーム」だったらしいです。(--;)

だからと言ってこのアフターフェスティバルな状況の時に何ができたでしょう。

「①高かった」「②親からお祝いとしてもらった」という気軽に買い換えることは許されない苦悩。

うちの母にしてもベッドとしては高価だと思ったからでしょう。

「やっぱり高いベッドは寝心地が違うの?」

とか再三聞いてくる始末。

「もう覚悟を決めて、体の方をあわせるしかない!」と思いました。

が、テンピュールマットレスが合う人間ははじめから選ばれし者で、
選ばれなかった人間が何をやっても無駄なのか、
1年間テンピュールに体が合うように努力しましたが
どーーーしても完全に慣れることができませんでした。(泣)

寝ることは我々の一番好きな「趣味」なのに(それもどうかと思うが)
楽しいはずの「趣味」でなぜこのように苦痛を味わわなければならないのか?

「やっぱ、買い換えるか・・・」

と私が力なく言葉を発すると、相方もそれまで余程ガマンをしていたのでしょう。

普段なら(値段が値段なんで)猛反対するはずの貧乏性の相方ですが、
この時ばかりは無言でうなずきました。

そして1年で新しいマットレスを購入し、古いマットレスは破棄することになったのですが、
この地球にもやさしくない行為にいろんな意味で心中は複雑でした。

1年しか使っていないけれどもマットレスは衛生上破棄するしかないそうですが、
このマットレスはなんてったって両親の「結婚祝い」

両親の愛が漬物石のように重くのしかかります。(--;)

ベッドフレームも一緒に購入したので、
完全に結婚祝いを破棄したわけではないのですが・・・さすがに痛い。心が痛い。

私の人生の中でワースト3に入るほどの心が痛む出来事です。(--;)

未だ母は時々思い出したように「マットレス」のことを聞いてきますが、

言えない。口が裂けても「もう破棄しました」なんて事は絶対に言えません。
・・・ブログには書いちゃってますが・・・(--;)

この事は墓場まで持っていこうと覚悟しています。

・・・また関係ない話が長くなりましたが、
そんな風な痛みに耐え(?)新しく購入した新しいマットレスはなかなか寝心地もよく、
お陰さまでまあまあ楽しい(寝)趣味生活を送っているのですが、
このところ私の睡眠に対する姿勢に変化が訪れております。

そんな思いまでして購入したベッドに最近は10日以上寝ていません。

「ではどこに寝ているのか?」・・・ですが「床」です。

いつ敵が襲ってくるかわからないお侍のような危機管理で、
有事の時に備えて床に寝ているわけではないのですが、
最近寝入りが突然で、パソなどをしているとなぜか突然睡魔が襲ってきて、
耐え切れずそのままソファーに寝てしまい、ソファーだと自分の体温で暑くなるらしくて、
涼を求めてソファーから床に転がるとう睡眠パターンらしいです。

夜中に床に寝ているとそこも自分の体温で暑くなるらしく、
更に涼を求めて、広いとは言えないリビングを転がりまくって寝ているようです。

その寝姿はもはや人間というより・・・虫?

こんな生活を続けていると体中が痛くなりそうですが、

なんか普通に爽快?

人間はある程度硬いところで寝た方がいいと言われますが、硬すぎんだろ。

なんか体にいいのか、悪いのかわからない状況でが、
すっかり慣れて寝起きもいいので、まあ、いいのか?

しかし、テンピュールには1年かけても慣れなかったのに、床寝には即対応?

余程、相性が悪かったんでしょうね。(汗)


と、現在、床に寝ることすらもすっかり慣れて、順応している次第ですが、
週末に久しぶりにクロスバイクに乗って「慣れって怖いなぁ」と思ったことが・・・

残念ながらこのクロスバイクパッソは、私の体には大きかったらしく、
ハンドルまでの距離に違和感がありました。

ステムを取り替えるまでの暫定処理として、
“椅子を思いっきり前に出す”事でハンドルまでの距離を短くしていました。

が、これがすぐ慣れまして、いずれステムは取り替えたいと思っていましたが、

「これはこれで、そんなに乗りにくくはないなぁ。」

と思っていたのです。

そうしているうちに、しばらくミニベロの方にうつつを抜かし、
クロスバイクの方はまったく乗らない日々が続いたのですが、
土曜日久々にワクワクしながらクロスバイクに跨ってみると。

うわっ。何これ?ものすごーーく乗りにくっ。

いや、自分でもこれでいいと思っていたなんて、びっくりしました。

どんだけポジション考えてないんだよ。自分。

第一、サドル前すぎでペダルがこぎにくくて仕方がありません。

たまらずサドルを後ろにずらしましたが、
そうするとやっぱりハンドルの位置が遠いような・・・。

どうやら運よくミニベロがいいポジションだったお陰で、
クロスバイクのポジションの悪さ際立ったようでして・・・。

やっぱりステムを取り替えたり、
もう少し乗りやすい自転車にする努力をしないと駄目ですね。

あくまでもクロスバイクは私の自転車人生のルーツ。

マイディスティニー。

今後も乗り続けるためにも、もう少しかまわないと駄目だと反省しました。


えーと最後に・・・
実はブログについて最近心にトゲのように刺さっているわだかまりがございまして・・・
そのトゲとは「最近ポタ日記を記していない」ということです。

いや、ミニベロに関してはタイムリーに書いているんですが、
“マイディスティニー”とか言っておきながら、クロスバイクのポタ日記に関しては、
完全に滞っております。

どこから滞っているかというと、その滞りっぷりは実にすざまじく、
実は2ヶ月以上前の“ハワイ旅行”から滞っております。(汗)
(まあ、正確にはハワイはクロスバイクで走ってはいないのですが・・・)

ハワイ旅行というえば、わが家がレンタサイクルニストとしての初の海外遠征にして、
ホノルルセンチュリーライドの道を4分の1ほど走ったという
わが家の自転車道的にもそれなりに記念すべき旅行でした。

「今更~」とは思いますが、次のブログからは、
思い切って時を遡り、この「ハワイ旅行記」を書かせていただきたいと思います。

また、無駄に長くなってしまうもしれませんが、しばらくよろしくお付き合いくださいませ。

ランキング参加中です。できればぽちっ☆とクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログへ  人気ブログランキング

関連記事
ハワイ旅行記【その1:1日目ハワイへ出発】
いよいよ夏本番ですね。

昨日は近所で花火大会があり、わが家も夏の風物詩花火に行ってきました。

そう、あくまで“行ってきた”のです。

なにせ結局はっきり“見る”ことはできなかったもんで・・・。

もともと私は花火に行くつもりはなく、夕方通常シフトで家で過ごしていたのですが、

夕方にいきなり相方から

「今日早く帰れそうだから花火に行こうよ。^^」

と連絡がありました。

めんどくせーー。(-_-)

元々予定もしていなかったので、そう思わないでもなかったですが、
まあ、「せっかく近所でやるんだから行ってみるか」という気になりました。

その後、相方が帰って来まして、
なんだかんだと家を出る頃にはすでに花火が始まっている時刻になってしまいました。

会場まで徒歩だと結構あるけど大丈夫か?

「うーん。会場遠いけど、今から行くとなると間に合うのかな?」

と私が言うと、

「えっ!すぐ近くじゃん。」と相方。

 なんか勘違いしてんのか?こいつ?????

なんか会話が噛み合いません。

そして出かける段になり、噛み合わない理由がわかりました。

私はすっかり徒歩で行くと思っていたのですが、
相方は自転車で行く気になっていたのです。

混雑する花火大会で自転車?・・・なんか、いやーな予感がするぞ。

と思いましたが、

「駐輪場すぐ近くにあるらしいよ。」

と相方が言うので、
なんとなくいやな予感を抱えつつも会場に自転車で向かいました。

今考えると“らしい”という表現を使っているところがすでに駄目なのですが・・・。

こんな時間に2台自転車を運ぶのはちょっと面倒だったので
部屋からはミニベロだけを運び、
私がミニベロ、相方がママチャリで会場まで向かいます。

しかしこのママチャリの“ソルジャーチャーリー”
相方のルイガノと購入した時期は一緒、つうかむしろチャーリーの方が遅いくらいなんですが、
あの戦場たる駐輪場に停めてある苦労は計り知れないものがあるらしく、
その劣化具合はものすごく顕著。

購入してから1年なんてとても思えない劣化具合。(涙)

さすがに心痛むものがあります。・・・がどうすることもできん。(--;)スマン、チャーリー

そうして私はミニベロで快適に、
相方はママチャリの不快適さに弱音を吐きつつも会場近くに着いたのですが、
会場に向かうにしたがって(予想通り)どんどん混雑が・・・。

自転車を降りて、

「で、駐輪場はどこにあるの?^^」

と、相方にたずねてみると、

「知らない。^^」

でたーーーっ!相方の得意技必殺はしごはずし。

つうか知らんのかよ。駐輪場。

「だって、くればわかると思ったんだもん。」

・・・・へぇ・・・・・でも実際、わからんやないけ。

・・・まあ、このはしごはずしに毎回騙される私も私ですが・・・(--;)

はしごを外した後は“必殺しらんぷり”で特に何もしない相方。

混雑の中自転車を抱えどこにあるかも不明な駐輪場を尋ねて、当てもなくフラフラしているわけです。

まじ、マルコかっ!って位の当てのない彷徨いっぷり。

いや、もうすごいストレス。

「ここは現在ストレス社会の縮図っすか?」って感じで。

そして比較的つうか確実に人様より心の狭い私は、

仏の顔はわずか5分。

いや、まじやってらんねぇ。(--#)と思いました。

ソッコー(私が)警備員の方に駐輪場を聞いたところ。

駐輪場はメイン会場から結構離れている模様。

そりゃそうだ。メイン会場付近なんかに駐輪場を隣接するなら人を入れるよなぁ。

しかし、来る時でさえもう花火は始まっていたのに、
このまま駐輪場まで自転車を押してトボトボと行き、
そしてその道をまた帰ってくる・・・。

そうしているうちにどの道、待望の花火は終了じゃね?

「・・・・・帰るか・・・・」

なんかわたくしここで自転車を押している行為が馬鹿らしくなり、
強制終了することにしました。

結局、行きがけにちょっと見えた他は花火はまったく見えずに、
音だけが響く中をむなしく帰ってきたわけですが、
暑い夜のナイトライドはそれなりに気持ちがよかったので、まあ、いいか。


・・・と、またまた時事ポタ日記(と言えるのか?)から始まってしまいましたが、

花火も始まる夏真っ盛りな昨今。

思い起こせばハワイに行ったのは、寒い初夏だった5月の中旬、
5月12日~17日のことでした。

今後ハワイ日記を綴るにあったって、
しばらくは現在と過去を行ったりきたりのブログになると思います。
更に読みにくくなると思いますが、お許しを・・・。(汗)

つうか今更5月の旅行日記を綴るとは、

「この2ヶ月半何をやっていたか?」

・・・ですが、振り返るにこの2ヶ月はミニベロに始まり、
ミニベロに明け暮れていたような気がします。

実は、ハワイに行く前はこんなに早くミニベロの購入をすることになるとは、
つゆ程にも思っておりませんでした。

クロスバイクを買うにも2ヶ月以上悩んだ超優柔不断人間としては、
幾ら前々からビアンキのミニベロには目をつけていたとは言え、
あの何かに取り付かれたかのような電光石火の購入劇・・・。

今思うにハワイに行ったことが大きかったのではないかと思います。

人間自分とこの通貨じゃないもので数日過ごすと、
なんか金銭感覚が麻痺することってありませんか?

特に計算の弱い私にとって咄嗟にドル→円計算できる賢い細胞が存在しているはずもなく、
旅行中は円より二桁少ないドルは

「なんとなーく安い(その実そんなこたーない)」

という気になっていたのです。

しばらくハワイでドルに触れていたために、
なんとなく日本に帰ってきても脳内貨幣価値が混乱をきたしてまして、

この完全頭がドルでいっちゃってる時に勢いで買っちゃえ。

という確信犯的気持ちが働いて、
前から燻っていたミニベロ欲しい熱に拍車がかかったような気がします。

そしてドル脳のまま一気に購入・・・とならないのがこの世界の厳しいところで、
購入までに品不足によるすったもんだがあり、購入してからはキズ問題ですったもんだがあり・・・。

と、そんなこんなでいつの間にか2ヶ月以上も経過してました。(--;)


ハワイ旅行についても、相方が1年位長期休みを取りにくくなると聞いて、
「せっかくだから」なんか急にこの辺で長期休みを取っておかなきゃお損ということで、
いろいろな思惑もあり、急遽思い切って行くことに決めたのですが、

行き先としては最初は海外ならどこでも良かった。

とにかくなんかこのチャンスに成田から脱出したかったのです。

「まあ、ここは近くてお安くてビーチリゾートができるところがいいだろう。」

ということで最初の候補地としてグアムを選びました。

グアムだったら行ったことがなかったので、その点もまあ最適だったのですが、
調べていくとどうやらグアムというのは坂が多いらしい。

坂ぁ??

いや、そいつはいただけない。

ビーチリゾートだったら坂が多かろうが谷が多かろうが、
遠泳するわけでもないので、ビーチさえそれなりにしっかりしていれば問題がないはず。

しかし、なぜいただけないかというと、そこはそれ秘めたる思いがあったのです。

(別に誰も注目していないけど)
自称レンタサイクルニストとしての海外遠征のチャンスじゃないのか?

(別に誰も期待してないけど)
自称レンタサイクルニストとしてレベルアップするチャンスでは?

この辺でもはや事情は変わりました。

そちらを中心に考えると、
坂が多いグアムはあまり自転車に乗るのは不適切という口コミもあります。

うーん。他に“海外”“自転車”というとキーワードで思いつくところは・・・

自転車界の王道(?)ホノルルがあるじゃないか!

自転車に乗るようになってハワイはホノルルマラソンだけでなく、
“ホノルルセンチュリーライド”たる自転車の大会も行われることを知ったのですが、
160kmの距離を走るこの大会は、もちろん私たちヘタレ自転車乗りには心底無縁な大会。

でも・・・

個人的にこっそり大会の道を走るのは問題ないんじゃないか?

そこで“ヘタレによるヘタレのためのヘタレたプチホノルルセンチュリーライド”

くろばい家企画「ホノルルセンチュリーライド4分の1」

を企画することにしました。

となると重要事項はレンタサイクルの手配です。

前に行ったときは自転車脳ではなかったので、
自転車がどの程度走っていたのか目に入りませんでしたが、
ホノルルセンチュリーライドとか開催しちゃっているお国柄なら
心配するまでもなく、さぞや自転車大国に違いない。

ネットを調べてみると日本人向けのレンタサイクルショップも何件かヒットしました。

中でも興味を惹かれたのは「RAMSA」というおしゃれな電動のレンタル自転車です。

ホノルルセンチュリーライド4分の1は普通の自転車で行きたいですが、
このおしゃれな電動自転車に乗ってホノルル周辺を巡るのもいいかも。

そう言えば今回でハワイは3回目ですが、
まじめに市内観光をしたことはなかったような気がします。

飛行機もお昼前には現地につくので、
到着したその日の午後は丁度中途半端に時間もあくことですし、
着いたその日に間髪いれずに電動自転車で観光することにすっかりその気になりました。

“電動レンタサイクル”という新たなジャンルも開拓できそうだし、
他のホームページを見ても、普通のレンタサイクルもまあまあ充実しているような気がする。

なにせホノルルセンチュリーライドの国だしな。当然といえば当然か。

無事レンタサイクルも手配できそうだし、というわけで最終的にハワイに決定いたしましたが、
見解がさっぱり間違っていたことに、ハワイに降り立った途端、気づくことになるのです。

・・・この時は自転車脳で都合のいいように考えてたんですね。(--;)


ゴールデンウィーク前から「なんとなーく海外に行ちゃうかも。」とは思っていたのですが、
正式に旅行を申し込んでから出発までの間はたった5日。

その間、旅行の準備(主に食事どころの検索)にあれこれと費やしましたが、
時間がぜんぜん足らず・・・。

(買い忘れ物の)ポロリも(ところどころに)あるでよ。

っていう感じで離陸の寸前まで買い物に走る羽目になりました。(--;)

出発のその日は5月とは思えない寒い日でした。

一応暑いところに行くので薄着で出かけたらテンションダダ下がり。
震えながら成田に向かいました。

わが家にはありがちの「余裕があると思っていたら実はギリギリ」というのが、
この日もいかんなく発揮され、

「あれ?意外と空港に着く時間に余裕ないんじゃ??」

と気づいたのは、高速に乗ってからです。←バカ

それから焦りまくりながら高速を走りましたが、
運良く高速が空いていたので成田市街で取りあえず少々買い物をする位の時間はできました。

成田のイオンモールに飛び込んで、
購入し忘れていた私のビーチサンダルを購入。(ビーチに行くのに、これ忘れてたんかい。)

実はビーチサンダルなんてハワイに山ほど売っていたので、
別に焦って買うことはなかったんですよね。(--;)

ついでに使い捨ててもいい感じのGシ○ックのパチモンオマージュのスポーツタイプ(?)時計も購入しました。

時計 

ちなみにお値段は500円です。

これがワンコインで買えるとはどえれぇデフレな世の中になったものです。

実はこの時計は現ポタでも現役バリバリに役立ってます。

他にも数点小物を手早く買い、チェックインの予定時間寸前に成田空港に入りました。

後は食事でもしながら飛行機の搭乗時間を待つだけなので、
ついでにその辺のお店をぶらぶら見ていると、こんなビーチサンダル(?)を見つけました。

サンダル

なんでもこのまま海に入れる画期的なビーチサンダル・・・らしい。

あまり海に行かない人間なのでわかりませんが、
最近はこんな靴のようなビーチサンダルが流行っているのでしょうか?

なんか未知のアイテムだけに興味津々です。

相方はビーチサンダルの代わりとして家で長年使ってる
きったねぇ年季の入った“おっさんサンダル”しかもって来ていなかったので、
この不思議ビーチサンダルを購入してみることにしました。

その他コンビニでこういったおやつも購入し、、

塩キャラメルキャンディー

今もわが家でなんとなくブームな塩○○ですが、
塩キャラメルはポタ時の疲れに塩と糖分が同時に取れるのでなんか便利そうと購入。
成田で偶然買ったこの「塩キャラメルミルク」に私は未だに嵌っています。

原料としてはカナダ産メープルシロップと北海道産バター、
そして塩は当然、おフランス産ロレーヌ岩塩を使用。

ロレーヌがなんぼのもんかはちょっとわかりませんが、
なんか粋を集めた感がある素材の産地だけあって美味しいです。

ただなぜか売っているところが限られているので(見つけられるのはファ○マのみ)
見つけたらまとめ買いしています。

と、寸前まで買い物をし、ここからやっとゆっくりするかと食事の場所を探していると、
相方が突然、

「あれっ?お金を両替してないんじゃない?」

・・・そういえば・・・してないよーーーっ!!

あわてて空港内の銀行を探して行きましたが、
この時間はすでに18時を回っていたのでどこの銀行も(当然)閉まっています。

やばい・・・。

彼の国はなんてったってチップの国なので、即、要現金です。

最悪、向こうの空港で両替ができるのでしょうが、
両替する前に緊急になにかチップを渡す出来事ができたりして、
ドルがなくて「ガッテム!」なんてことがあるかも・・・。

1ドルも持たずに海を渡るのはなんとも心細いです。

て、どうすればいいんだ!(T_T)

つうかどうせ思い出すならどうしてもっと早く思い出さないんだ。相方。

とプチパニックで逆恨みしようとしたんですが、
落ち着いて考えてみれば、今まで海外に行く時は夕方出発だった時もあったはず・・・。

両替に困ったことなんてなかったよなぁ。

と思いよく見てみると銀行の裏側に両替所がありました。そりゃあるよな。普通。

無事両替を済ませたものの、残りの時間もさほどなく、
取りあえず旅行前は日本前の食事としてベタな回転寿司を食べることにしました。

空港の回転寿司というあからさまに割高な感じの食事に、
せこ思慮深い相方的には乗り気じゃなかったようですが、
まあ、しばらく生もんなんて食べられないだろうということで、
2人で10皿ほど完食。

まあ、この数時間後機内食もあると思われるのでここは控えめに。・・・なんか高めだしね。(ぼそっ)

そんな感じで出発直前までなんだかんだあり、
気持ち的にあわただしいまま搭乗時間になりましたので飛行機に乗り込みました。

飛行機はアメリカの航空会社で行ったのですが、
離陸すると今回も早速配られましたよ。

「プレッツェル」

プレッツェル1

プレッツェル2

これぞ以前文句を言った伝統的なプレッツェル。

歴史を伝えるために今回もあえて言わせていただきますが、
おそらくあのクリントン大統領がのどに詰まらせたという、
伝統的なアメリカンプレッツェル。

手持ち無沙汰なので特に好きではないけど(どちらかというと嫌いだけど)
なぜか一袋は空けてしまいますが、一袋はいつものように(相方が)保存食用にお持ち帰りです。

しかし相方と旅行するまでこういうものをお持ち帰りするなんてことを
思いつきもしませんでいたよ。
旅館のお菓子とかも・・・ね。(--;)

まあ、ものすごく腹が減った時には至極便利なのですが・・・。

その後出た機内食はこちらです。

ハワイ便機内食(夜)

正直言ってあんまり期待していなかったけど意外にも美味しかった。

しかし回転寿司が胃に残っていたのであまり私は食べれませんでしたが、
相方は軽く完食。

ついでに私の方にまで手を出す始末。

「すでに旅行モードの胃なんだよ。^^」と相方。

(こんな時ばかり)切り替え早っ!

つうか目くるめく旅行中の食のフェスティバルに備えて胃を広げるトレーニング中?!

どんだけ太る気なんだよ。

ここで機内食のプレートの食料の器の下に引かれていた紙を
何気なく見てしまったのですが、見つけてしまいました。

“キャンペーン”文字を・・・。なぜか相方でなく私が・・・。

相方のお得に毒されているわけですが、気になって詳しく見てみると、
この紙をハワイの免税店に持っていくとゴディバのチョコがもらえる・・・らしい。

相方は気がつかなかった模様です。

こんなお得情報を見つけられなかったとは、
お得監査員としての相方の職務怠慢じゃないのか?

・・・お陰で私が見つける羽目になっちゃったじゃないか。(--;)

しかしあんなにひっそりと、まるでトラップのように仕込まれていたお得情報。

広い機内の中でも気がついた人は何人いたものか・・・。

その上お持ち帰りする人は更に何人いるのか・・・(遠い目)

相方よりも早くお得情報を見つけてしまうとは、
私も変わっちまったもんです。(となんか自虐)

いやー。朱に交われば赤くなるつーか腐ったみかんの方程式というのはこの事ですね。

ちなみに相方はやる気満々でこの引き換え券(?)をカバンにしまいました。

ヤツは免税店で引き換える気満々のようです。(--;)

ハワイまでの道のりは約8時間でしたが、
準備期間が短かったのでまだ決めていないお店やルートがいろいろあったので、
ハワイ旅行のお役立ちグッツ「DSハワイの歩き方」等で最終調整をしていたら
機内は有意義に過ごすことができました。

降り立った途端に電動自転車(予定)で市内観光ですが、
そのルートも(お食事処も)ばっちり決めました。

暇つぶしの材料があったので気持ち的には「長い」とは感じなかったのですが、
8時間も狭い座席に座っているのは、年齢と共に体がきつくなっていくもんですね。

同じ姿勢をとっているとなんか足がむくんでいくのが辛いっす。

そこで暗くなった隙に「滞った血液を流せ」とばかりに、
座席の上で体育座りなどをしていたのですが、そのうち状況はエスカレートしまして、
途中から胡坐をかいてました。

(一応)女性としては由々しき行為ですが、暗いからまあ、いいかなぁ。と。

・・・そういう言い訳をした瞬間から女性としての崩壊がはじまるんでしょうね。

エコノミー症候群防止には胡坐状態がこれ最高。

と、すでにわたくしのように悟りを開いてしまえば、
人生のステップを一段上がった感じでまた一つ楽に生きられるわけですが、
そう思えない方も多いと思います。

暗いとは言え、時々キャビンアテンダントの方も通りますし、
やっぱり女性として見咎められたらいやだなぁ。・・・と。

いや、女性として当然の恥じらいだと思います。

そんな方はどうでしょう?
お腹の前で指で輪を作った状態で胡坐をかかれては?

万が一見咎められても
「ああ、そういう修行をしている正しい人なのだなぁ。」
と納得されるので無問題です。

・・・んなわきゃあないか。

その後、ハワイに降り立つ寸前にブレックファーストがありまして、
かるーくパンの機内食がありました。

ハワイ便機内食(朝)

座ったきりなので腹も減らないので、
私のパンは開封せずに相方のパンを一口もらいました。

そして開封していない私のパンをすかさず持ち帰ろうとする相方。

相方君!待ちたまえ!(みつる風に)

相方はこれからの旅の事を少しもわかっていません。

ハワイに降り立ってから行われるのは
久々の「食のフェスティバル」別名「地獄の飽食マラソン」。

地獄を見てまで食いまくって何が残るんだ?て我ながら疑問に思う程、
食のスケジュールに関しては、もうぱっつんぱんつん。

残念ながらここでパンを持ち帰ったとしても、

余剰の食べ物を食べる余裕などまったくな・い・ん・だ・よ。

肝に銘じておくように。

・・・そしていろんな意味で準備万端ととのったところいよいよハワイに到着です。

つづきます。m(__)m

ランキング参加中です。できればポチッ☆とクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキング

関連記事
隅田川花火大会
第一回目にして早くもぶった切りですが、
「ハワイ旅行記」の途中ですが今日は別のお話を・・・すみません。(汗)

昨日も暑かったですね。

魂燃ゆる赤札バーゲンシーズンの昨今、
時期的に夏物はとうとう底値の70%OFFをさしたりささなかったりしています。

これがバーゲン大好きなわたくしとしては、
「これが真っ赤に燃えずにいられますか」ってなわけで、
昨日は「底値を探せ!バーゲンポタ」に行くつもりだったわけですが、
行く直前に天気予報を確認すると、

なんと18時までの降水確率は50%となってるではあーりませんか!

気象庁(ここポイント)の50%をどうとるべきか?

自転車を水にぬらしちゃった場合のお手入れ潜在能力0のわが家としては、

Dead or Alive・・・2者選択に迫られたわけです。

そこで空を見ると晴れているように見える・・・が、

夏の天気たるもの現時点で晴れているからと言って、そうそう信じられるものではありません。

一応気象庁も50%は降ると言っています。

残りの50%は降らないという逃げもうってますが・・・つまり自己判断でってことか?(--;)

雨が降る降らないは五分五分ですが、一つ確実に言えることは、

「すいません。雨乗り絶対無理っす」なヘタレ乗りのわが家としては、

“もし雨が降ったら確実に後悔する”ということです。

・・・で、やっぱりヘタレました。

早い時間だと降水確率が少なかったのでバーゲンポタはあきらめて、
近場で連続ポタ記録の為の消化ポタ(こればっかやなぁ)を兼ねて
「夏期限定特別企画(笑)カキ氷ポタ」にちゃちゃっと行ってから
改めて電車でバーゲンへ出ることにしました。

そして降水確率50%、結局雨は・・・・降らねぇ。

まあ、降らない確率も50%なんで文句は言えないんですけどね。(--#)


というわけで、幸い雨も降らなかったので夜は「隅田川花火大会」が行われました。

隅田川の花火大会は第一、第二会場と2つの会場で行われるのですが、
わが家のベランダからは第一会場の方は結構良く見えるので、
早めにバーゲンは切り上げ、夜には隅田川花火大会を見学していました。

あまり花火は良く撮れませんね。^^;

隅田川花火

隅田川花火

しかしわが家はマンションの向きが悪いので、
あくまでマンションのベランダに出て首を曲げつつ見学しなければならないのですが、
たまたまわが家と同地区にあるうちの親戚の家では、
お部屋の中から第一、第二会場とも花火大会が見学できます。

そこで昨日はうちの母が親戚宅の花火見物会にお呼ばれしたわけですが、

花火大会が終るのが夜の8時半。

それから混雑する電車を何度か乗り換えてしょう油の街市に帰るのはめんどくさい。

そうだ!近くに住んでいる娘(私)を呼びつけて送らせよう。

というナイスアイディーア(?)を思い立ったらしく、
なぜかアッシー(死語)をして母と共に夕べしょう油の街市に帰ってくる羽目となりました。

お陰で私はポタ後はおろか花火見物の際にもビールさえ飲めなかったよ。ママン。(--;)

そして本日は日曜だというのに、またまたしょう油の街市にいたりします。トホホ。


さて実家に住んでいるときから私にとっての「水=ダイエットコーラ」なので、
私が実家に行く時はダイエットコーラが用意してあるわけですが、
実家で飲むダイエットコーラはなんか違う。

圧倒的に何かが足りない。

足りないのは愛・・・じゃなくて刺激的なあいつクエン酸です。

一度あの刺激を知るとクエン酸をinしないとなんか物足りないのです。

ああ、この黒い液にクエン酸をinしたーい。

という欲求。

この欲求は相方もあるらしく、ポタ時なんかは、

早く帰ってクエン酸コーラが飲みたーい。(>_<)

とわざわざクエン酸入りを指定。

最初はしぶしぶ入れていたのにうって変ってこの積極性。

刺激は癖になるものです。

体にいいからいいんですけどね。

ちなみにすでにこの「クエン酸」はすでにひと箱を飲み終わり、
ふた箱目に突入しています。

今後は実家にも置いておこうかなぁ。

せっかく晴れているのに、今日はこれから愛犬の美容院です。

私はそう言えばいつ美容院に行ったきりだったろうか?(遠い目)

ランキング参加中です。できればぽちっ☆とクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログへ  人気ブログランキング

関連記事
ハワイ旅行記【その2:1日目レンタサイクルとの出会い】
昨日はわが家から綺麗な夕日が見えていたので、写真におさめてみました。

夕日

こんないいお天気ばかりの日ならいいですが、
最近は急な雨でいろいろなところで被害が出ていますね。

私も日曜日はしょう油の街市からマンションに帰還してきたのですが、
帰る時にものすごい雷雨にあってしまいました。

夕方、丁度しょう油の街市のショッピングモールにいる時でしたが、
ドラックストアで買い物をしていると突然ものすごい雨が降ってきまして、
見る見るうちに台風のような横なぶりな雨になり、
同じ敷地内のスーパーへの移動すらも不可能になりました。

そこで仕方なくドラックストアの隣にあったマックで
雨が落ち着くまで時間を潰すことにしました。

夕飯前でまったくおなかも空いてないし、
妥当なところでコーヒーを頼むことにしたのですが、
ノー見栄のお得大好きの相方と違いなにかにつけて変に見栄っ張りな私。

なにせマックのコーヒーは100円ぽっきり。

この100円のコーヒーのみを頼むのはなんとなーく気が引けました。

でも何も食べたくないし・・・。

そこでメニューを見ると、

“コーヒー100円”の下に、“プレミアムローストコーヒー210円”

とあるではありませんか。

なるほど、プレミアムという210円の高めなコーヒーがあるのか・・・。

ここは一つ、せめて高い方のコーヒーを頼んだろ。

と思いまして、

「プレミアムローストコーヒーをひとつ。」

と注文したのです。

「Sサイズですか?」

と店員さんに聞かれたので、実はあまりコーヒーも飲みたくなかった私は、

「はい」

と答えました。すると店員さんが、

「お会計、100円でございます。」

なにーーーーっ!!

わざわざプレミアムローストコーヒーちゅう長ったらしい名前を言ったのに、
普通の100円コーヒーと勘違いしているのか!?

と心で憤慨しつつも改めてよくよくメニューを見ていると、
どうやらマックのコーヒーの本名は“プレミアムローストコーヒー”というらしい。

なのになぜかメニューのコーヒーの項目には、

コーヒー 100円

プレミアムローストコーヒー 210円

となっています。

つまり単にサイズが大きいから100円UPだった・・・ということ?

だったら全て“プレミアムローストコーヒー”表記で統一させてくれよーーーっ!

サイズのところを見なかったから、
普通のコーヒーよりプレミアムでローストなコーヒーがあるんだと思ったじゃん。

しかしこれは恥ずかしい。

店員さんは(当然)私の心の機微なんか知ったことではないので、
「コーヒーの名称を随分丁寧にいうんだな。」と思った程度だと思いますが、
私の内心的にはタクシーかなんかで「釣りはいらねぇぜ」と言ったはいいけど、
その実釣りなどなかった・・・というくらい恥ずかしかった。

顔の表面温度が人知れず10度位上がりました。

ちきしょーーーっ!マックめ。恥をかかせやがって!!←逆恨み

覚えてろ!また行くからなーー!!←ヘタレ

そんなことがありつつマックで時間を潰し、雨が止んでから車で帰ってきたのですが、
急激な集中豪雨だったために途中水はけが悪く、
国道に出るとプチ湖ができてました。 信号が赤だったので思わず撮っちゃいました。

プチ湖

なんか“ポセイドンは海を行け”状態。

つうか、この車水陸両用じゃねぇし。(T_T)

ギリギリ車の“タイヤが浸りきるか浸りきらないか”的な状況でしたので、
「車の機械部分まで水がinしてきたらどうなってしまうのだろう?(遠い目)」
と不安に思いつつもなんとか通過しました。

丁度、自転車で通っている方もいて、タイヤのかなりの部分が水没していました。

今日も大雨洪水警報が出ているところがあるようです。
皆様も大雨には注意してくださいね。


そして、またまた間が空いてしまいましたが(汗)、以下「ハワイ旅行記」の続きになります。

約8時間のフライトを経てハワイの地に降り立ってみると、
お天気はまぶしいばかりの「晴れ」でした。

日本にいた時に天気予報サイトを見ると旅行期間中は嫌がらせのように
「全行程雨」の予報が出ていて 
「もしかして呪われた運命なんじゃ?」
と呆然自失ってましたが、
どうやらその天気予報はハズレだったようです。脅かしやがって。

ちなみに旅行中はほんとんど雨が降ることはありませんでした。

いったいなんだったんだ?(--#)一時くろばい家を絶望のどん底におとしめたあの予報。

しかしそこまで大胆にはずれまくる天気予報って・・・。もはや占いの域とかじゃないのか?

しかし天気予報が当てにならないのは何も日本だけの話じゃないらしいですね。(--;)

午前9:00にハワイに降り立ったのですが、
この物騒なご時世、入国審査は念入りにやっていたようで、
かなり手間取り1時間位かかりました。

指紋と写真を取られるのですが機械の関係か私の指紋が薄いのか、
なかなか指紋が取れないらしく、何度も機械に手を押し付けなければいけなくて、
なんか時間が経てば経つほどキョドってしまいました。

うーん。存在感も薄いけど、指紋も薄いのかなぁ。

ちょっとキョドりましたが無事拘束されることもなく
やっと長蛇の列の入国審査から開放されまして
外に出た途端いきなり数冊の冊子を渡されました。

突然の事に思わず受け取ってしまいましたが、情報フリーペーパーのようです。

「ちぇ。荷物になるだけじゃん。」

とか思いましたが、このフリーペーパーが旅行中は存外役に立ってくれる事に・・・。

その後、送迎バスに乗りホノルルに向かいますが、
まず有無も言わさずデューティーフリーに連れて行かれ、
「ツアー説明会」なるものがありました。

別に説明を欲していることもこちら側としては特にないのですが、
この説明会の真の目的は旅の説明ではあらず。(たぶん)

お安めツアーにありがちの“オプショナルツアー参加者獲得説明会”なのです。

前にハワイにきた時はまんまとこれに引っかかった乗ってツアーに申し込んだわけですが、
その結果大変哀しい目にあいました。

具体的にはぼら高価格で船に大人数詰め込まれて待ち時間の割にはアクティビティ時間はわずか・・・

みたいな。

「よくこんだけ日本人を集めたなぁ。」

と逆に感心する位、日本人を詰め込みまくったオプショナルツアーでした。

結局、お目当ての「天国の島」とやらも天候の都合で見れず、
貴重な一日かけて玉ねぎのように中身がなんだったんだかわからないツアーだったのですが、

「今回はその同じ轍を踏むまい」と硬く決意していたので、

“オプショナルツアー申し込め的圧力”にも屈せず必死で目をそらしまくり、
説明会が終ると同時に逃げるように外に出まして、見事自由を勝ち取りました。

そうして訪れた旅の自由時間、本格的1日目の始まりです。

過去、ハワイに来た時に“時差ボケで着いてから半日眠っていた”

・・・なんて事をしたこともありましたが(でせっかくだから病の相方と噛み合わず、揉め事勃発(--;))

相方の洗脳により、せっかくだから教に片足入信している今のわたくし(それはそれでイヤかも)

今回は、相方さんもご納得の息つく暇もないハードスケジュールを構築してあります。

具体的には、早速レンタサイクルを借りて市内観光に出かけなければなりません。

「幾多のレンタサイクル店がひしめきしのぎを削っている(はずな)のは、
丁度ここ、デューティーフリーの近くだったはず・・・。」

できるだけいい自転車を選びたいし・・・。

と、ホテルにチェックインする前に、レンタル自転車店のあたりをつけていくことにしました。

今回の市内観光に乗ろうと思っているのは電気自転車「Ramusa(ラムサ)」

という自転車です。

カラフルでおしゃれな無公害な自転車・・・というのが謳い文句。

これは(自称)レンタサイクルニストとしても是非乗ってみたい。

そのようなレンタサイクルがあるとうのはネットで知ったのですが、
よく見ると約3年前にハワイに行った時に購入した「地球の歩き方」の本にも載っていました。

なぜか今回買った「地球の歩き方DS」には載っていなかったのが少々疑問でしたが、
それは「DSの方が情報量が少ないからだろうなぁ。」・・・とこの時は思っていました。

この電気自転車は“アロハ・レンタ・サイクル”というお店で貸し出しをしているようですが、
そのお店が・・・ない。(゜▽゜;) 

あるとされている住所にはそれらしいショップは影も形もナッシング。

もしかして潰れた・・・とか?

いやな予感がしつつも、このお店自体がなくなっているなら、
「他のレンタサイクル屋さんにもあるだろう。」と思いましたが、
電気自転車どころかレンタサイクル屋さんもなんか見当たりません。

あれ?確か幾多のレンタサイクル屋さんがあるはずの通り・・・だよなぁ。

「なんか事情が違うようだぞ。」

と肌で感じつつ、この旅の根底を揺るがしかねないこの事態に、
とりあえず

「もしかしてたら自分達が場所を勘違いしているのかも。
ちゃんとした場所にはレンタサイクル店が数多く存在するに違いない。」


と、現実逃避し状況を打破するためにも
先にホテルにチェックインすることにしました。(いや、逃避しても何の意味もないだろ)

チェックインして、“一応海は見える(笑)”的な微妙な部屋の様子を見た後、
もたもたしていると市内観光に行けなくなるので、再びとっとと町へくり出すことにしました。

そしてホテルから出る直前ふと思い出したのが“ホテルのツアーデスク”です。

困った時の為にホテルには日本語のツアーデスクがあるはず・・・。

今まさに困惑の時を迎えているわたくしたち。

あのままフラフラ探すより、現地の人に聞いちゃった方が早いということを
思い立ちまして、電気自転車の借りられるお店をツアーデスクで聞いてみる事にしました。

そして、ツアーデスクに行き、

「電気自転車が借りられるところはありませんか?」

と聞いてみると、一瞬遠い目をしたツアーデスクの方、

「昔はあったんですが、今はないです。」

という返答。

やっぱないんかい。(なんとなーく予想はしていたけど)

ツアーデスクの方が言うには、もともと電気自転車を貸すレンタサイクル店は1件だけだったようですが、
この電気自転車がバッテリーの持ちがイマイチで不具合も多く、
あまり借りる人もいなくなり、そのまま・・・・・とういことになったらしいです。(--;)

初日からいきなり予定がつまずきにショックは隠しきれませんが、
そういう事情で電動自転車が存在しないなら仕方ありません。

では、普通の自転車を借りて市内観光しようという事で、ホテルの外に出ました。

思えばここで続けてレンタサイクル店のことも聞いてしまえば良かったのですが、
これ以上、負な事を言われるのがなんとなーく怖かったですし、
めぼしいお店を旅行前にHPで調べてきたので、そのお店に行くことにしました。

そのお店とは日本語対応で多くの自転車から好みの自転車を選べる・・・らしい。
ホノルルセンチュリーライド4分の1に行く時にはこのお店で借りようと思っていましたが、
電動自転車のお店がなくなってしまったのなら、
市内観光もこのお店で普通の自転車をレンタルしようと思い、住所を頼りにお店に向かうと・・・

これまたない。 (゜▽゜;)

それらしいお店がまったくない。

あるべき住所には自転車の“じ”の字も見当たりません。

もしや、このお店も逝っちゃったのか?

嫌な予感がビシビシします。

ネットでは“クヒオ通り”という通りにレンタサイクル店がいっぱいある。

というようなことが情報としてあり、それを信じてきたのです。

が、

ハワイに着いてからなんとなーく意識してみるようにしていたんですが、
レンタサイクルらしき自転車どころか自転車自体の通りもあまりないんですよね。

改めて考えてみるとハワイというのはアメリカ領。
アメリカといえば車社会だったりするのではないだろうか?

しくじった。

と思いました。

しかし今更日本に帰れるわけでもないので、意地でも自転車を借りなければなりません。

なんとかレンタサイクル店を探そうと、お店が一番あるといわれている
“クヒオ通り”を当てもなくうろちょろしました。

そしてやっと2件程レンタサイクルを借りられそうなお店を見つけました。

まず1件目、店先に無造作にレンタサイクルらしきビーチクルーザーが2台、
このお店で借りたらこの2台を借りる以外選択肢がない感じに置いてあります。

もう1件は、洋服のついでにレンタサイクルを貸し出しているという感じのお店で、
素人目でもお世辞にも手入れが行き届いているとは言い難いMTB(?)が2台。

・・・わたくし共に他にどんな選択肢があったというのでしょうか?

数多くあるレンタサイクルショップからよさそうな自転車を選ぶ・・・はずだったのですが、
辛うじて用途で選ぶしか選択方法がないじゃありませんか。

サーフボードも持っていないのに、
乗りにくそうなビーチクルーザーを乗るわけにも行きませんし、乗る意味もわかりません。

消極的消去法でMTB(?)のお店の方で借りることにしたのですが、
このお店なんとなーくあやしい敷居が高いといいますか・・・。

でも他に選択肢がない以上、ためらっている暇もありません。

流行の・・・とは言えないような洋服が無造作に下がっている入口を入り、
勇気を出してお店の方に声をかけました。

中から親切そうな女性が出てきたのですが、
このアジア系の女性、日系なのか日本語が微妙に片言。

なんかめちゃくちゃあやしーーーい。

いや、失礼。

前にレンタサイクルを借りたきたかわべの道の駅のように、

「もしかしたら中からスペシャルな自転車がでてくるかも。」

と淡い期待を抱きましたが、
お店の女性はさくさくとお店の前に置いてあった2台の自転車を準備しだしました。

うーん。やっぱそれっすか。(--;)ガッカリ

そして貸し出しの段階になるといきなりクレジットカードを出すように言われ、
その内容をおもむろにお店のノートにメモる。

私の個人情報ーーーっ!!

ついついカモられ(おそらく)世界一の日本人としては疑り癖がついていますが、
貸す方も自転車を持ち逃げされるとか気が気じゃないんでしょうね。

・・・この自転車に持ち逃げするだけの魅力があるのかは、
また別の話ですが・・・(--;)

貸し出し時間は9:00~21:00までで2台で32$

パンクをさせたら実費に10$

更に紛失させたら300$

というようないろいろな規定がありました。

うーん。この自転車に300$とか払う羽目になるのはイヤかも。

結構、盗難があるのか「何キロ?」というようなえらくごっつい鍵が付いてきました。

とにかく盗難だけはとにかく気をつけようと硬く誓いつつ、
この日はこのホノルルスカイブルー号(仮名)とホノルルバイオレット号(仮名)で
ハワイの市内観光へ出かけます。

またまた、自転車に乗る前ですがつづきます。m(__)m

ランキング参加中です。できればポチッ☆とクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキング

関連記事
ハワイ旅行記【その3:1日目地獄の飽食ツアーのはじまり】
昨日、都内は激しい夕立が降ったようですね。

私はその時間は地下にこもっていて実際は見ていないのですが、
地上に出て電車に乗ろうと思ったら電車のダイヤが落雷の影響で狂っていました。

それほど酷い雷雨だったんですね。

実はその時間、私(と相方)はとある事情で新宿の地下にこもっていたのですが、

そのとある事情とはこれです。

「髭男爵単独舞踏会ボンジュール

~お姉さんのロンドン留学の話がなくなってもいいのかい!?~」

 髭男爵単独舞踏会

今、超大人気(当家調べ)の髭男爵の単独舞踏会に行っていたのです。

ハワイに行く前からチケットを買って、ものすーごく楽しみにしていたのですが、
とうとう昨日新宿にて舞踏会(ライブをこう言います)が行われたのです。

チケットを購入するのが一歩も二歩も遅れたのですが、
なぜかは本当に不明ですが比較的若い番号をGETする幸運に見舞われ、
座席は中央の前から5~6番目なかなかのベストポジションでした。

正直、単独ライブ舞踏会をやるほどネタがあるんか?

とファンにはあるまじき心配をしたのですが、新ネタも満載で面白かったです。

後半戦はちょっとグダグダだったところもありましたが・・・^^;

たっぷり2時間20分ほど舞台を楽しみ、そのままいろいろ行くのが面倒だったので、
近間の「五右衛門」で

ルネッサーンス

「ルネッサーンス」です。

「五右衛門」では麒麟の淡麗生が売っていたので、
あえて頼んでみたのですが、なんと缶で出てくるのですね。
ちょっと斬新なスタイルだったんで驚きました。
ラーメン屋とかだとビンのコーラとか出てきますが、ここはダイレクトに缶。

淡麗生 

グラスも缶もキンキンに冷えていて美味しかったのですが、
まあ、缶単位で出てくると値段が計算できてしまうのがせつないところです。(--;)


そしてまたまた話は変わりますが、以下ハワイ旅行記の続きです。

予定ではおしゃれな電気自転車で青い海沿いを走る・・・はずだったのですが、
想定の範囲外にもあやしげなMTB(?)で走る羽目になった私達ご一行。

それでも夢だった常夏の島ハワイを自転車で走ることができるわけです。

・・・いや、ほんの数週間に芽生えた夢ですが・・・。(--;)

それにこの1日目でレンタサイクルで市内観光に出るということは、
ハワイの道に慣れるという意味でも重要なことです。

ここで走っておけば、旅の3日目に設定したこの旅の本命企画
「ホノルルセンチュリーライド4分の1」をスムーズに走りだすことができるってもんです。

紆余曲折がありーのでようやく手にしたレンタサイクル、
国内でも何度かレンタサイクルを借りましたが、久々の微妙さ。

「ホノルルスカイブルー号(仮名)とホノルルバイオレット号(仮名)」

 レンタル自転車

基本仕様は似たようなものですが、相方がブルースカイ、私がバイオレット号です。

愛が足りてないのかちょっとギアが錆び錆びだったりします。

ギア

鍵はこんな感じで「犯罪者を牢でも繋ぐのかよ」って位ごっついです。

鍵

 アメリカの悪の組織は、まず見かけでかまさなければ屈しないようです。

タイヤには空気が入っているところは良かったのですが、問題はブレーキ。

私の方も相方の方も極甘。

「どこの放蕩息子だよ」ってぐらい遊びがありすぎ放題。

思いっきり握らないと、まともにブレーキはかかりません。

しかもブレーキをかけると「ビビビビゴゴッー」という日本語では表記しにくい音がなり、

「いざとなったら裏切る気じゃねぇの?このブレーキ。」

とイマイチ信頼できません。

「こいつと半日うまくやっていけるだろうか・・・。」

と不安は募るばかりでしたが、

「いや、どうせもう半日はこれで走るしかないし、
とにかくうまくやっていくしかないんだ。」

と自分に言い聞かせ(なんか結婚生活にもこのようなことが多々ありますが)

ダウンタウンの方面に観光に向かいました。

まず目的は「飯」

今回の「地獄の飽食ツアー」記念すべき第1回目の食事です。

機内の中で何かと食事をしたので、イマイチお腹は減っていなかったんですが、
なにせ「地獄の飽食ツアー」なので仕方がありません。

ダウンタウンに向かう途中の「ワードセンター」というショッピングモールに、
「カカアコキッチン」という評判のランチプレート屋さんがあるということなので、
そこに向かいます。

自転車を乗るにあたってハワイでの注意事項があり、

「ハワイは自転車=車両なので絶対車道を走らなければならない」

そうです。

日本でも自転車は車両なんですが、その辺はファジーに自転車も走っていい歩道もありますが、
ハワイではそんな甘えは許されません。

さすがアメリカ「Yes,No、白黒はっきりつけろや。」みたいな。

見つかったら罰金のようです。

でもよく見ると普通に歩道走っている人もいましたけどね。(--;)

まあ、外人の身としてはその辺の機微はわかりませんし、
外国に来てまで法を犯したくないので(もちろん、日本でも犯してませんが(汗))
完全法律遵守で走ることとします。

あとアメリカは車は右側通行ですので、その辺は慣れるまでは微妙に走りずらかったっす。

まず、海沿いの国道的な道を走ったのですが、
レンタサイクル店がどんどん消滅している様子でもわかるように、
あまり自転車というものが走っていません。

もちろん、ぜんぜん走っていないということはないのですが、
日本に比べると圧倒的に少なく、なんていうか確実に劣勢。

劣勢のものに冷たいのが弱肉強食の世の中でして、
車の通りの多い道を走っていると微妙に車にあおられます。

車道にいるとあおられる等は日本にいてもあることなのですが、
アメリカ人とは個人的にコミュニケーションをとったことがないので、
どんなメンタリティーかイマイチ不明なのでなんか更に恐怖倍増です。

しかもハワイの道はダウンタウン方面に行くに従って思いの他、道が悪いです。

これは普通のロードとかクロスバイクだったらパンク覚悟かもしれません。

(おそらくなんちゃってだと思いますが)MTBを借りておいてよかったです。

なにせパンクさせたら即10$。

・・・いや、ロードとかクロスとか貸してもらう術もなかったんですが・・・。(--;)

途中、港に停泊している「スター・オブ・ホノルル号」を発見。

スターオブホノルル

この写真は望遠で撮ったので実際はもっと遠目だったのですが、
なぜ遠目でスター・オブ・ホノルル号かとわかるかというと・・・実際乗ったことがあるからです。(--;)

このホノルル号はディナークルージングの船なんですが、
料金設定が松・竹・梅とあり、庶民な私たちは竹ラインで設定。

そして実際行ってみると、周りは全て日本人。
数十人入る大きな船でしたが、竹コースワンフロア全て日本人でした。

しかもほとんど「新婚さんいらっしゃーい」状態。
自分達もそのような状況の時にその船に乗っていたので、
なんか微妙に気まずさが倍増でした。(--;)

そんな船との懐かしいようなそうでもないような再会もあり、
そして慣れない道と微妙なくせのある自転車で神経をすり減らしつつ、
ワイキキから20分程度、13:00にワードセンター到着です。

ハワイの駐輪場事情は「その辺に適当に停めて(レンタサイクルの女性談)」

ということだったのですが、なにせこのスカイブルー号とバイオレット号には

300$という大金がかかっているのです。

そうおいそれと適当に停められますかいな。

心配しているとショッピングセンターだけあり、駐輪場はきちんとありました。

駐輪場

さすが車社会、ちっちゃいですね。(ぼそっ)

しかも幸いなことに「カカアコキッチン」の横にあります。

ここならオープンテラスもあるので、悪の軍団から見張りながら食事ができます。

この自転車達には、まだ相互不理解のゆえにさっぱり愛情は沸きませんが、
なにせ盗られたら300$ですしね。(--;)

「カカアコキッチン」はどうやらハワイの有名レストランの姉妹店らしいのですが(相方調べ)、
セルフで気楽な感じのお店です。

カカアコキッチン

現地の方が多くいるお店という事で、一切日本語は通じない模様です。

もう、片言程度も話せない私的には何を言っているんだかちんぷんかんぷん。

英語に関しては私よりだいぶましな相方を前面に押し出し、ここは注文してもらいます。

まあ、相方も私よりだいぶましといっても所詮私程度と比べてということで・・・。

注文するさいはサラダとかライスを選んだりと
英語を使わざるおえない状況らしかったのですが、
ネイティブの定員さんの発音はまったく聞き取れないらしく、
半ば勘で注文をこなし、なんとかプレートを2つGETしてきました。

「チキンプレート」「ハンバーグプレート」です。

チキン

ハンバーグ

チキンは「砂糖を入れるつもりが間違って蜂蜜を入れて焼いちゃったー的」な
アメリカーンなテリヤキ風味です。(あくまで照り焼きではなく、テリヤキ)

ハンバーグの方は付け合せに玄米ご飯(?)がついていてなかなか美味しかったです。

飲み物は(当然)コーラを注文しましたが、
(バカ)でかいカップを渡されまして自分で入れる仕組みのようです。

コーラ

氷を入れようが、この(バカ)でかいカップをすべてコーラで満たそうがフリーダム。

いや、氷入れましたとも。全コーラなんか飲めるかーい。

暑い中漕いでいたのでかなりのどは渇いていたのですが、
それでもこれを全部胃に入れるのは一苦労でした。

日本ではコーラ好きを自負するわたくしですが、本場の人々と比べるとまだまだですね。

プレートもコーラもアメリカーンサイズで量が多く、
必要以上に腹を満たしたところで14:00ポタ再開です。

次は市内観光をするならここははずせない「カメハメハ大王像」です。

チャイナタウンを抜けて向かいますが、
このチャイナタウンは昼までは比較的安全らしいのですが、
夕方以降になるといろいろな人が暗躍する危険な場所になるそうです。

この時の時間は14時過ぎ、その時間が危険に差し掛かっている時間なのか、
お昼のまったりムードな時間なのか不明。

どのような危険レベルかもわからずに、取りあえずびくびくしながら通りましたが、
まだ一応人通りもあり、自転車で駆け抜ける程度なら危険はありませんでした。

チャイナタウン

人的危険はなさそうなものの、もっか危険だったのはパンクです。

チャイナタウンに入ると更に道はガタガタになり、
たとえMTBの頑丈なタイヤとは言えパンクが心配でした。

ハワイのバスには2台まで自転車が乗せられるそうなので、
万が一の場合は先約がなければ、バスで帰ることは可能ですが、
草食系動物としてはチャイナタウンで長時間モタモタしている方が
何かに喰われそうで怖いです。見るからに弱っちい相方はあてにならんし・・・。(--;)

そうしていろいろなことにびくびくしつつもチャイナタウン付近も越えまして、
そろそろレンタサイクルと出会って1時間位乗った頃、
自転車のブレーキの遊び癖もわかってきて難なく乗りこなせるようになってきました。

理解しあえない自転車なんてないんだね。となんだかナウシカ的境地になりました。

こうなったらどんなレンタサイクルでも乗りこなしてしまう

目指せ!レンタサイクル界のムツゴロウ!

て、そこまで行けば伝説だな。

しかししばらく自転車に乗り更に気づいたのですが、
ハワイというところはいわゆる日本でいう基本的なママチャリというのが
まったく走っていません。

あの独特なカゴのある自転車をまったく見ませんでした。

全世界共通でカゴ付きママチャリは存在すると思っていたのですが、
改めて見るとないところもあるんですね。
ちょっとした買い物とかお子さんの送り迎えとかどうしてるんかいな。

観光地だからでしょうか?
車社会だからママチャリなど不要なのでしょうか?
それとももう少し郊外に行けばママチャリは存在するんでしょうか?

そしてそんな疑問を抱えつつ走っていたためか・・・

カメハメハ大王像を目指していたはずですが、しっかり迷いました。

近くまで来ているとは思うのですが、何せ通りの名が英語で書いてあるんで(当然ですが)
ものすごくわかりにくいっす。

そこで登場するのが、わが家の旅の秘密兵器DSです。

旅の前に「ハワイの歩き方DS」を購入し、そのスペックの高さに散々誉めそやしたのですが、
ここで思わぬ弱点を発見することになりました。

炎天下だと液晶画面がまったく見えん。

ということです。

なんとか自分の影で見ようと恥を忍んで変なポーズをしたりしてがんばりましたが、
方角的なものなのか太陽の日射しが強すぎてよく見えません。(>_<)

大自然の力の前には文明の利器も無力化?!

結局、3年前の地球の歩き方から剥いできた地図を見てたどり着くことができました。
念のために紙の地図も持ってきておいて良かったです。

そして15:30ようやっとカメハメハ大王様にご対面です。

カメハメハ大王

ハワイに来て3度目にして初めてキチンと見ることができました。

カメハメハ大王

ちなみにこのカメハメハ大王様、なかなかのハンサムであらせられますが、
この像のモデルはカメハメハ大王ご本人ではなく、
彼の親友の宮廷仲間で一番ハンサムだった男性だそうです。

それって意味あるんか?!

と思いますが、まあ、いろいろな見栄とか事情とかがあったのでしょう。

そうしてカメハメハ大王のあるハワイ旧裁判所で少々休んでいましたが、
ハワイっぽい木がもっさりとあったので自転車と一緒に写真をとりました。

ハワイ州旧最高裁判所

・・・そして更にハワイ1日目のレンタサイクルの旅は続きますが、
またまた長くなってしまったのでつづきます。すみません。(汗)


蛇足ですが、明日(木曜日)の「アメトーーク」(テレビ朝日23:15~)
で自転車芸人が登場するそうです。
出演者は浅草キッド、ウェンツ瑛士さん、オリエンタルラジオのあっちゃん等々です。

内容については今までの「アメトーーク」を見るに
有益な情報が得られるかどうかは不明ですが、
わが家はお笑い好きなのでとりあえず見ようと思います。

ランキング参加中です。できればポチッ☆とクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキング

関連記事


広告



カテゴリー

にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ
人気ブログランキング



プロフィール

くろばい

Author:くろばい
愛車ビアンキ・パッソ
【愛称:ビンちゃん】
愛車2ビアンキ・ミニベロ9
【愛称:ベロンチョ(ベロちゃん)】
激情にながされ1週間で購入に至る
愛車3ママチャリ
【愛称:ソルジャー・チャーリー】
現在自転車3台を所有。
あまりの自転車の増殖率に
恐れおののく日々。
これ以上、増えることはないと
思いつつも、自分が信じ切れない
今日この頃・・・。

相方(くろばいB)
愛車:RSR-4(ブルー)
【愛称:ルイちゃん】
愛車2:ラレー・RSW SPECIAL
【愛称:くろまるくん】
新たにミニベロを購入して、
自転車わが世の春を謳歌中。
自己開発のアンゴラダイエットの
お陰で(いまのところ)メタボリック
危険水域を脱出。
しかし現在、ポタ時はポタメシを
思いっきり解禁しているので、
リバウンドに王手か?



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



月別アーカイブ



カウンター



ブログ内検索



RSSフィード

  • seo



おすすめの自転車本

わが家の自転車メンテナンスのバイブル!





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。