クロスバイクを買っちゃうぞ!
初心者がクロスバイク乗りになるまでの軌跡
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドキ☆牛だらけの土曜日~モーモーパラダイス~【後編】
ビーフ100%のハンバーガーを胃に収め、本番の牛イベントに繰り出すことになりましたが、
このカウパレードというのは、有楽町方面から大手町まで
山手線で一駅ぐらいの範囲の中に73頭もの牛たちがランダムに置かれているようです。

 どこにあるかも判らない牛を探すには、範囲的にちょっと広い。

しかし“楽”をすることに掛けては、驚くほど鼻が利く相方、
この時も目ざとく丸ビルにて、カウパレードの地図をGETです。

地図

この地図には場所だけでなく、牛のオブジェの題名と作成者も載っているので、
一見では「???」の牛に施しているアートテーマも、
なんとなく理解することができ、なかなか便利でした。

地図

地図を見ると、ランチを食べた丸ビル内にも数頭存在しているので、まずここを回ってみました。

入口にいたので、実は入った時か気がついていたのですが、
あれは遠い過去、どこかで見たことのあるようなご装束の牛さんが・・・

そう、どこの牛だか知らないけれど、誰もがみんな知っている・・・
いや、今は年代的に誰もがみんな知らないかもしれない。

こちらは題名は「月光カウ面」

牛6

・・・・・・まごうことなき、駄洒落系っすね。

鈴木エドワードさんという方が作成されたそうですが、
この方は私どもと同じ「オヤジ病」をわずらっているに違いありません。
ちょっと親近感が沸きましたです。

丸ビル内には、しょこたんこと中川翔子さんデザインの
「魅惑の牡牛座」というのもいました。

牛7.8

丁度東京駅を見下ろせるベストポジションの休憩所スペースに置かれています。

しょこたんデザインの牛はこの普通より小さいタイプの牛と、
もう一体、外にも「牡牛座ギザ11次元」という作品がありました。

牛10

どの辺が“ギザ11次元なのか?”は凡人にはわかりかねますが、
「・・・・・(コメント不可能)」という微妙な作品もある中で、
さすがに凝ったデザインの綺麗な作品です。

外に出ると、半分が晴れ、半分が曇りの晴れと曇りがせめぎ合っている
微妙な空模様で自転車が心配でしたが、

空


牛を追っているうちに、途中からムキになって行きました。

人間には、ハンターな部分があるんですね。

そして行く前は「10頭ぐらい見れば十分だよね~」とか言っていたのに、
意外と十分ではなく、一気にこの始末↓↓↓です。

IMG_5087.jpg牛4牛5牛9牛11牛12牛16牛17牛18

牛19牛20牛21牛22牛23牛24牛25牛26牛27

牛28牛29牛30牛31牛32

数多い牛の中で、特に気になる牛たちが数点。

こちら角度によって、本物の牛がビルの陰からこっそり覗いている風の作品。
(狙いじゃないかもしれませんが)

牛22

こちらは、同じくカウパレードに行かれた、came3さんもナンバーワンに選んでいた
「精肉店プレゼンツか?!」と思わずにはいられない作品、
その名も「肉地図」

牛13

体にお肉の部位がかかれています。(--;)

作品の主旨はわからないではないですが、
なんかトンカツ店のキャラクターの豚ちゃんが「おいしいよ!」とか言っているのを
見るくらい物哀しい気分です。

そしてこの日見た、数々の牛の中で、わが家が(勝手に)選んだ
本日の「ベストデザイン賞」(まったく権威なし)は!?

こちら!「マトリョウシカ」さん

牛15

て、やっぱ駄洒落?!

【受賞理由】

最後まで「月光カウ面」さんと悩みましたが、
年代的や国際的なグローバル度を考え、「マトリョウシカ」さんに決定しました。

それって駄洒落賞やないかーい。デザイン関係ねぇじゃん。

まあ、所詮オヤジ病(別名:駄洒落病)におかされたわが家的にはこんなもんです。

コンセプトがわかる力作から、もはや何を表現したいのか謎なレベルの作品まで、
全部で写真に収めたのが32頭、写真に収められなかったけど見たのが2頭、
合計34頭を見ました。

改めて数えてみると、半数までも行っていなかったのが残念です。

牛を73頭、全て制覇したからといって別に願いがかなったり、
人生がどうにかなったり、景品をもらえたりするわけではないのですが、
せっかくだから全制覇したかったっす。

やっぱ、もっと早く行けばよかったなぁ。。

そして牛を探して久々に長距離を歩き回り、喉も渇いてきたので、
次なる「牛」は、丸ビル地下にある「町村農場」のソフトクリーム

町村農場

イートインのお店なんですが、席が空いてなかったので、その辺で立ち食いです。

濃厚なミルク味ではなく、ジェラートまでは行きませんが、
軽い感じのさっぱりとしたミルク味のソフトクリームで美味しかったです。

ソフトクリーム

さて、この度メタボの入口をくぐり、長く厳しいダイエッターへの道を
歩きはじめる羽目になった相方。

さすがに贅肉(と血圧)を落とすまでは、

お得<<<ダイエット

特に高血圧なんてガチでまずいですし・・・(--;)

最近、相方はアンゴラダイエット(500kcal以下ランチダイエット)を実行していることもあり、
それなりにカロリーを気にするようになったのですが、
このお店は、ソフトクリームのカロリーが、カップの場合とワッフルの場合両方書いてありまして、

カップ→約190カロリー

ワッフル→約280カロリー

なんと、ワッフルだけで90カロリーもあるんですよ。奥さん!

しかし奥さん以上に驚いたのは、相方。

今までソフトクリームはワッフル党(ワッフル分お得だから)だったのが、
ワッフルの高カロリーぶりに恐れをなし、カップ党になりました。

私は昔からカロリー上の都合もあり、
いつもカップですが(コーン部分はそんなに好きじゃないし)
しかしワッフルの場合は、そんなにカロリーがあったんですね。

なんだかんだと牛狩りに時間を取られたこともあり、この辺で時間は夕方近くなって来ました。

ここまでそれなりに牛づくしでやって来ましたが、
この程度では、“牛だらけ”ではありますが“モーモパラダイス”とまでは言えません。

その辺の線引きはどこなんだ?と言われても困りますが・・・(--;)

モーパラ目指して、更なる牛スポットに移動します。

次の牛プレイスは、大きく移動して浅草。
駐輪場から自転車を出庫して、浅草に向けてGO!というその時に、

「そう言えばネットで見たんだけど、丸の内のユナイテットアローズで、
オリジナル自転車というのが置いてあるらしいよ。」

と相方がここに来て仮定形の不確かな情報を出してきやがりました。

うーん。ここは牛のブログというよりも、自転車のブログだし、
「欲しい、欲しくない」はさておき、オリジナル自転車というと、
自転車乗りのはしくれとしては、ちょっと見てみたいような気もする・・・。

しかし最近は、日が落ちるのも早いし・・・。

揺れましたが、今いる丸の内にあるということで、見ていくことにしました。

「で、丸の内のどこ?^^」

と相方に聞いてみると、

「丸ビルか、新丸ビルかその辺のどっかのビルらしいよ。^^」

ちゃんと調べてないんかーい。

そうして、またしても相方の不確かな情報に踊らされました。

そこから“ユナイテットアローズ”を探して、
もう一度、まず丸ビルに寄り、新丸ビルに寄り・・・

新丸ビルには“ユナイテッドアローズ”のショップがありましたが、
ショップ内を見ても、自転車の車輪一つも飾られていません。

「うーん。もしかして独立しているショップがあるのかな?」

と、丸の内の町を自転車で流してみましたが、まったく見当たりません。

日も落ちかけてきましたが、ここまでくると今まで損した時間が惜しくなりまして、
どんな自転車は不明ながら、「どうしてもその自転車を見てみたい」
という気分になっていました。

そうしてまったくお店が見つからないままヒントを探して、
もう一度、新丸ビルにある“ユナイテットアローズ”のショップに行って、
店内をくまなく見てみると、そこには自転車・・・はなかったのですが、
自転車の写真と共に“秋のレジャーグッズプレゼントキャンペーン”の文字が・・・。

その内容をよく読んで見ると、
9/20(土)~10/5(日)の期間中に、規定の金額の買い物をして応募した人に
抽選で自転車が当たるというキャンペーンを行っているだけで、
別に店内に自転車が飾られているものではないらしい・・・。

・・・・・完全、踊らされた・・・と思いました。

「あれ?そういう内容だったんだ。^^;」

と、相方。

なるほど、ネットの情報を適当にななめに読まれたわけですね。(--#)

お陰で秋の貴重な夕刻の時間、かなりのロスタイムです。

しかし今更ムカついていても仕方がないので、とにかく次なる牛プレイスに急ぎます。

そして完全に太陽が沈んだ頃に、浅草着。

こちらが浅草の「牛」。

牛嶋神社

「牛嶋神社」です。

牛嶋神社

つうか暗い、暗すぎるよ。

早朝から営業(?)している神社に、入れるような明るさじゃないよ。

実はこの「牛嶋神社」、牛つながりの名前だけで選んだようなので、
名前以外に「牛」アイテムがあるのかは不明です。

さすがに時間が遅いので、見えない結界が張られているかのように入りにくく・・・

今回は看板撮影のみということで・・・。

そして本日最後の牛スポットは、この「牛嶋神社」のお隣、
都内にありながら「埼玉屋 小梅」という和菓子屋さんです。

埼玉屋小梅

ここで“小梅団子”と“いなり寿司”を購入しました。

創業110年の老舗ながら、アットホームな感じのお店で、
夕刻の時間だったので、いなり寿司を4つ購入したら2つサービスしてくれました。
ありがとうございます。

そして、夕食の時刻ですが、ランチに後から胃に来るヘビーなハンバーガーを食べたのと、
和菓子屋さんで、まあまあ食料も仕入れたので、

「本日は、第2回くろばい家パーティバーレルを開催する。」

宣言をしました。

「えっ?!パーティバーレルだって?!Σ(゚д゚;)

・・・・・・それって何だっけ?^^;」

第1回がけっこう前の開催だったので、相方はすっかり忘れていました。

くろばい家パーティバーレルとは、お粗末な内容を華やかなネーミングで誤魔化していますが、
要は、菓子類なので適当に夕食を済ませるという(主に私が)嬉しい企画です。

そして普段は規制してるビールの本数規制をある程度なくし、アルコールで釣ることにより、
相方的にも嬉しいような、さほどでもないような企画なのです。

チキンの“チ”の字も鶏肉は存在しませんが、ネーミングはもちろん某フライドチキンショップの
イベント向けメニューをパク・・・リスペクトしたものです。

そして、家に帰ってパーティバーレル開始しました。

こちら今回の豪華(って言っとくか)パーティバーレルの主なラインナップです。

パーティバーレル

・・・ところで、最後に行った和菓子店のどこが「牛」なんだ?!ですが、

この団子が、実はぎゅうひで出来たお団子だったりします。

小梅団子

ごま、きなこ、青海苔の3色団子ですが、中に餡が入っていて美味しかったです。

小梅団子

あまりぎゅうひのお団子って食べたことがないのですが、
普通のお団子とは違う弾力があって美味しいですね。

ちなみにいなり寿司の方は、単に食べたいだけで購入したので、
「牛」はまったくの無関係です。美味しかったですが・・・。

いなり寿司

最後は(相方の怪しい自転車情報のくだりあたりから)
ちょっと中途半端的になりましたが、
「ドキ☆牛だらけの土曜日~モーモーパラダイス」は、

これにてモウうしまい☆(*^ー゚)b

・・・低レベル級なオヤジギャグで閉めてしまいましたが、
こういう病なんです。許してください。

【9/27の走行記録】
走行時間:1:59:33
走行距離:25.86km
平均時速:12.9km/h
最高時速:30.8km/h

ランキング参加中です。できればポチッ☆とクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキング

関連記事
スポンサーサイト
夏の忘れ物
短かった夏も過ぎ、空気も爽やかな秋になりましたね。

皆様は、夏の忘れ物はございませんか?

ぶっちゃけ私は「山」のように残っており、今更どうしようと思案しておりますが、
まあ、そのわたくしの夏の忘れ物については、おりおり・・・。(--;)

今回は先日図らずも発見した、相方の夏の忘れ物のお話になります。

さて、私は立場的に主に家事業務を行っておりますが、
やはり家事の中にも得手、不得手、好き、嫌いがあります。

家事業務を全部並べ、改めて「好き、嫌い」を大きく2つに分けてみると、
「嫌い側の方が圧倒的に多い」という事実にちょっと愕然したりするのですが、
人間「嫌いだからやらない」などが許されるのは、
庭からオイルが出たり、新しいコンピューターOSが大当たりしたりする一部の幸せな方だけです。

通常の家事は、どちらかというと嫌いなものも多くありながら、
毎日それなりにこなしているわけですが、
昔からどーーーーーしても大嫌いな家事があります。

その家事とは「風呂洗い」

たかが風呂洗いのどこが嫌いかと言われると、全てが嫌い。

生理的に嫌い、つうか相性最悪。

おそらく前世は敵同士というくらい嫌い。

なのです。

結婚前にその旨を相方に言うと、

「なーんだ。じゃあ、お風呂洗いぐらいは任せてよ!(^^)v」

と、相方は、それはもう爽やかに安請け合いをしました。

いいやつだなぁ。

と、ここは感激するところかもしれませんが、
長い付き合いの間、相方のちょっとだらしないところは垣間見えていたので、

大丈夫か?←その頃から信頼関係が薄かったもんで。

という気持ちの方が大きかった。

でも私の苦手分野を引き受けてくれるという、ありがたい提案ではあります。

そこは素直に相方にお任せすることとして、
結婚後は相方に「風呂洗いに関する全般」を任せることにしました。

・・・しかし家事というか生活というのは積み重ね、続ける事が大切でございます。

最初はそれなりにマメに洗ってくれていたはずなのに、
数年たった最近は、案の定、おさぼりが顕著になってきたのです。

最初は、風呂の水道の蛇口がカルキだらけになりました。

私は水道とかシャワーの蛇口がカルキで白く汚れるのが、
心情的に受け付けないのですが(ほっとくと取れなくなるし・・・)

相方は、磨く気配なのどまったくなし。

くそーっ。しょうがないなぁ。(‐‐#)

でも、この程度のことで文句を言っても面倒だし、
風呂全体の掃除だけをしてくれているだけでも良しとせんとな。

と思いつつ、蛇口関係だけは毎回お風呂に入るたび、ついでに私が磨いていました。

さて、お風呂は裸眼ではいるのですが、私は普段はメガネかコンタクトが必須、
視力も裸眼では0.1すらもない程で、ものすごく悪かったりします。

シャワーなどは直接持つので、さすがに汚れがわかるのですが、
この視力では、50cmも離れると裸眼では、まったく周りが見えず・・・。

正直、相方を心から信頼していた・・・わけではないのですが、
なにせ視力が悪いので、お風呂内は一見綺麗に保たれているようにも見えます。

「最近は、夏でシャワーだけのことも多いけど、
きちんと壁とかもチェックして掃除してくれてるんだろうな。」

と思っておりました。

そしてそれがとんだ勘違いだったことが、秋になって明らかになるのです。

それは先日、ついうっかりコンタクトを嵌めたままお風呂に入った時の事。

「しまった!」とか思いつつ、

視力が回復してた状態で、何気なくお風呂を見回してみると、
あってはならない黒いものが点々と・・・。

これは!!カビーーーーーーーっ。Σ(゚д゚;) 

なんとゴムパッキンにびっしりと黒カビがっ!!

そして良く見ると、床のところどころにもカビ、カビ、そしてカビ!!

なんじゃこりゃーーーっ!!責任者出て来い!!!

こうなると、もう嫌いとか好きとか言っている場合ではなく、
とにかくカビ○ラーを振り掛けまくりまして、時間を掛けて風呂内を清掃。

さすがカビ○ラー、黒かびは根こそぎすっきり落ちたのですが、
私の中にどす黒い、やり場のある怒りが残りました。

当然、(風呂清掃責任者の)相方には、尋問という名のお説教です。

相方が見苦しくのたまうには、

「えーっ?カビとか発生していた?自分には全然見えなかったんだけど。」

オノレの視力は1.2だろうがっ!!

なんですか一人前の(?)中年にもなって、そのお子様クラスの言い訳は!

心の目を開くまでもなく、あからさまに見えたびっしりした黒カビ。

見えないわけないでしょ。

現実を直視したくない(直視すると掃除しなきゃならないから)から、

見えなかったじゃなくて、見たくなかったでしょ。

天然を装って誤魔化すなっつーの。

そして相方のしどろもどろな言い訳を聞くと、
どうやら夏の間は、壁とか床とかを掃除とかをしていた記憶はない・・・らしい。

つうことはこの3ヶ月ぐらいは、まともに掃除しなかったってわけ?!(゚∇゚ ;)

私、怒りを通り越して呆れました。

ただでさえ湿気の多い日本の夏のシーズンに、高温多湿の風呂を掃除の一つもしなきゃ、
そりゃ黒かびも多量に生産されるわな。

自転車の時もよく思うのですが、

「相方に丸投げするのは危険」です。

ランキング参加中です。できればぽちっ☆とクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログへ  人気ブログランキング

関連記事
イオンレイクタウンへ行ってきます!

今日は、秋晴れのいいお天気ですね。

ここまでお天気のいい週末は、久しぶりのような気がします。

そう、これは自転車で遠出のチャンスだぜ!

と盛り上がり、本日は自転車で「イオンレイクタウン」まで行ってみたいと思います。

この「イオンレイクタウン」は、10月2日に埼玉県越谷市にグランドオープンした
イオン系のショッピングモールです。

今週は盛んにニュースでも取り上げられていたのですが、
国内最大級の大型ショッピングモールで、
店を端から端まで歩くだけで15分はかかると言う巨大さらしい。

単に往復するだけで30分。

それが3階建てのようだから、全て歩くと1時間半?

そして各ショップによると・・・・・いったい歩くだけでどんだけかかるんだ?

もしかして要万歩計?(゚∇゚ ;)

なんか1回だけでは、その全貌をつかむのは不可能そうなショッピングモールですね。(--;)

そして以前、片山Rさんのブログを拝見して知ったのですが、
この巨大なショッピングセンター内には「Y’s」が入っているらしいのです。

そしてそして更に!HPを見るとここには、あのお店が入っているではありませんか!

あのお店=「クリスピークリーム・ドーナツ」

最近は、いろいろなところに新規オープンしているので、
若干、手の届かない存在になりつつありますが、
まだまだ「クリスピークリーム・ドーナツ」ウォッチャーを続けいているわが家としては
「Y’s」と「クリスピークリーム・ドーナツ」のWコンボと聞いては、行かずにはおられません!

さすがに「クリスピークリーム・ドーナツ」は、かなりの超混雑が予想されますが、
まあ、ウォッチャーとしての基本業務(?)は、見るだけなので問題はないでしょう。

このイオンレイクタウンがある「越谷レイクタウン」は、
将来的には住宅なども整備されて行き、大きな街になっていくようですが、
その辺のところもなかなか興味深いです。

では、ウォッチに行ってきます。

ランキング参加中です。できればぽちっ☆とクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログへ  人気ブログランキング

関連記事
イオンレイクタウンで運命の出会い?!
昨日は、初めて越谷の“イオンレイクタウン”に行ってきました。

国内最大級という話を聞いて、ある程度の覚悟はして行ったのですが、
その規模はあまりに広大でした。

正直、私の中のショッピングセンターの概念を超えていまして、
途中から、「ショッピング(ハート)」というより、
樹海あたりを彷徨い歩いているような錯覚に囚われました。

とにかく、次から次へと現れる店、店、そして店。

「ウィンドウショッピングをして、

秋物のいいものがあったら買ってこよう(ハート)」

と思っていたのですが、
逆に焦点が定まらず、目移りしてしまい、まったく気合も入らず・・・。

結果、買い物自体の成果はほとんどなく、何しにいったかわからない感じでした。
慣れない上に、ここまで広いと逆にウィンドウショッピング的なものは難しかったかも。(--;)

その広大な樹海ショッピングセンターの中でも、
どーしても行きたかったお店の一つが、「ワイズロード」です。

地図のような案内図を片手に、迷いつつもたどり着いたのですが、

そこで!なんと!!出会っちゃいました。

ミニベロ「Raleigh ラレー RSW SPECIAL」

 

これは“一目ぼれ”ってやつか?!

・・・とは言え、相方用のミニベロですが・・・^^;

こちらのミニベロは、クロモリフレームです。

クロモリという名前は前から知っていたのですが、
came3さんが、美しいクロモリのロードに乗られているのをブログで見て、
次に買うの「クロモリがいいなぁ。」と心ひそかに思っていたのです。
(私が乗るのではないですが・・・。)

クロモリのミニベロを検索するとラレーのミニベロがクロモリを使っているのが多く・・・。

写真でみると、デザインもクラシカルでいい感じです。

心は、ラレーにぐぐっと傾きました。(なにせクロモリだし)

しかし購入に当たっては、実物を見たかったので
丁度“サイクルモード”の開催も近いし、
そこで実際に見てから購入しようと思っていたのです。

そんな気持ちを抱えつつ、昨日、越谷のワイズに行くと、上記のラレーがあり、

「!!!」

あまりに美しい黒いミニベロに目が釘づけ!(゚o゚*)

隣をみると相方も釘付け!(゚o゚*)

この美しい自転車は、どこの自転車なんだ?

と見てみると、これってば、ラレーじゃないですか!!

細く美しいフレーム、クラシカルなブルックスのサドル、
ゴールドのロゴも素敵です。

そしてエンブレム好きの私も納得の伝統を感じさせる美しいエンブレム。

なんてきれいな自転車なんでしょう。うっとり。

ま・・・まあ、わが愛車ほどでもないかもしれませんがっ。

相方もうっとりで、今月中はオープン記念で10%オフらしいということもあり、

「即買いしちゃおうか。」

とまで思いつめましたが、やっぱり今年は「サイクルモード」でいろいろ見てみたい、
という気持ちもあり、即買いはしてきませんでした。

サイクルモード待ちですが、9割がたはこの自転車で固まっています。

サイクルモード開催は、来月の7~9日。

・・・09モデルは出たばかりだし、まさか売り切れないよね?(汗)

自転車関係ではありませんが、お得情報としては、
オープニングキャンペーンとして、
カルディコーヒーファームのコーヒーが一部半額で売っていました。

カルディコーヒー

売り切れのもの(主に人気商品)や除外品もあり、
買えたのが「バリダークロースト」と「ツッカーノブルボン」

今まであえて選んだこともないコーヒーなので味は謎ですが、
なにせ半額で買えたので満足です。

カルディコーヒーファームは、新規オープンすると半額キャンペーンをやるみたいですが、
最近、周りでショッピングセンターがオープンすることも多く、
半額の恩恵を受けることが多いです。

このオープニングの半額キャンペーンがいつまでかはわかりませんが、
コーヒー好きで銘柄に特にこだわらない人にはお得ですよ。

ランキング参加中です。できればぽちっ☆とクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログへ  人気ブログランキング

関連記事
ミニベロ初検診ポタ【その1:ベロンチョ最強(?)伝説】
最近、ちまたでは世界的金融不安が囁かれていますね。

小学生の時に己が賭け事的才能のなさに気づいてからは、
とにかく「薄利多売」っていうか、
「ノーリスク・ノーリターン」を心情にしてきた小心の私としては、
当然、“為替”のこともよくわからないのですが、
なんとなく「行き過ぎた資本主義って怖いなぁ。」という気はいたします。

良くも悪くも弱肉強食なのが資本主義の一面なのでしょうが、
私が現在住んでいる地区は、資本主義の秤に掛けると間違いなく弱者地区。

なんの弱者地区かと申しますと、スーパー弱者地区でございます。

隅っこですが一応都内なので、土地の事情的に“大型スーパー”とかいう
輝かしいものはないとは思っていましたが、
周辺の地区を見てもわが地区のスーパー状況はあまりに悲惨です。

近くには品揃えイマイチな小ぶりのスーパーが1件、
もう少し遠くになると、またまた小ぶりなスーパーが1件。

違う派閥(?)のスーパーでありますが、なにせ両方とも小ぶりなので、
品揃えも似たように、これまた小ぶりなわけであります。

こんな弱小地区なので、いち早く品薄の波が押し寄せるのは自然の摂理。

前のバターの品薄の時も、ちまたで騒がれていない時から、
いち早くバターの棚がなくなったという逸話もあったりします。

バターの時は、あまりに早くなくなったので、まったく訳がわからずに
そのスーパーの仕入れ担当とバター業者が個人的に揉めたのかと思った位です。

そして今回、品薄の波が襲ってきているのが「バナナ」です。

わが家は1月位前から、“朝バナナダイエット”を始めましたが、
なにせわが家は7割側の人間です。

「世の人の7割がやるなら、自分のポリシーを曲げてでもやる」

というのが、わが家のポリシー(?)ですが、
そのポリシーは知らず知らずのうちに多勢を嗅ぎ分ける能力となっているようで、
わが家が始めた頃には、既に大ブームの影が忍びよっていることも多いのです。

案の定、バナナもわが家が始めるって事は、
世間様にも始めている方が大勢いらしたらしく、即効品薄の兆しが見え、

そして最近では、本当に品薄となりました。

特にうちの近所のスーパーの言い訳的張り紙は早かった。(バターの時も早かったけど)

何週間か前の時点で、

「世界的大ブームとバナナの不作で
あんまり入ってこないことがあります。ごめんね。」(要約)


という事が、スーパーのバナナ売り場に張り出されていました。

一時は「これはこのスーパーのバナナ補給は絶望的だ。」

と思いました。

そして実際一時売り切れ状態に陥ったこともあるのですが、
今は一応店頭には、なんとか並んでおります。

しかしこのバナナはやたら青い。(上に高い)

よって、あまり美味しくない。(‐‐;)

なんかバナナというより、別の野菜みたいです。

ニュースによると、あまりのバナナブームで、
本来倉庫で黄色のバナナになるまで寝かせておかなければいけない青いバナナも
出荷せざるおえないので、店頭には青いバナナしか上っていないらしい・・・です。

しかし朝バナナダイエットのお陰か、
独自の命名の「アンゴラダイエット」(500ckal以下ランチダイエット)のお陰か、
両方がそれなりに効いてきたのか、
最近になってやっとそれなりに体重が落ちてきた相方。

ここで止めるわけにも行かんので、毎日、青いバナナをかじっております。

バナナにこだわらずとも、他のフルーツでもいいという話もあるそうですが、
せっかくいい状況まで来たので、できれば同じ食事状態を保っていたいようです。

彼の希望通り、もう少し朝バナナを続けさせてやりたいのですが、
なにせスーパー弱小地区、いつこの青バナナすら手に入らなくなるかちょっと不安です。

ちなみに私は、相方分のバナナ確保の為に「朝バナナダイエット」を離脱しました。

内助の功ってやつです。

青いバナナは美味しくないから。とかじゃないです。本当です。


さて、話は変わりますが、先々週の日曜日(9月28日)のことになりますが、
初めてベロンチョ(ミニベロ)の初検診に行ってきました。

改めて記録を見てみると、わたくしの2台目の自転車として、
ミニベロがやってきたのは、今年の6月16日とあります。

前に約4ヶ月と書いてしまいましたが、正確には3ヶ月半だったんですね。

それにしてもこの3ヶ月半の間の私の自転車ライフに置ける
ベロンチョの存在位置は異常に高かった。

ブログの表題にもなっているクロスバイクが問題を抱えていることもあり、
本家(?)そっちのけで、ミニベロばかりに乗りまくってました。

元来、ミニベロがそのような使い方に向くのかどうかは不明ですが、
目標の100kmには届かなかったものの、
ミニベロにて最長約80kmの長距離ポタをも実施してきたりもしてまいりました。

そしてなんとその間、整備実績は0。←自慢になんねぇ。

「整備苦手宣言」をしていることをいいことに(?)
ワイヤーの調整どころか、チェーン一つも磨いてこなかったのです。(恥)

そしてそいいった精神的負い目感も影響していたのか、
乗っていると、自転車から薄い異音のような音が聞こえてくるような気がする。

それに以前に比べてペダルの周りも重いような気も・・・。

乗り始めて3ヶ月、ミニベロとしてはかなり酷使して来たような気がしますので、
いろいろなところが伸びたり縮んだりしているかもしれない。

そろそろお店に持って行って、調整してもらう頃あいでは?

と思いまして、28日は「ベロンチョの検診」も含めたポタ行くことにしました。

が、

当日になってみると、なんとも空が怪しげだったりします。

しかしモーモー三昧を満喫した前日の土曜日も空模様は至極怪しげでしたが、
気象庁の天気予報の降水確率が0%とあり、雨は落ちてきませんでした。

前日に同じような天気で雨が落ちてこなかったんだから、
この日も大丈夫かも。

この日の気象情報を見ると降水確率10%とあります。

0%と10%その違いの差異は、気象庁的にはどの程度のものなのか?

その辺はまったく不明でしたが、なにせたかが10%です。

逆に考えると降らない確率が90%だよね。

本来ならベロンチョの検診→柴又 」

というポタルートを計画していましたが、
天気が悪くなったら、検診だけして帰ってくればいい話です。
(ベロンチョを購入したお店だけなら、わが家から比較的近くにあるし)

空気の中に入ってる不穏な湿り気には、この際気づかないふりをして、
取りあえず検診には、出かけてみることにしました。

この時期は、日一日と温度が変わり、高かったり低かったりしますが、
前日のモーモーパラダイスのポタの時は比較的気温が高かったので、
私は薄い長袖1枚、暑がりの相方に至っては、半袖で出て行こうとしたところ、

さむっ。

「若ぇの。(いや、実際は中年ですが)悪いことはいわねぇ。
長袖を着ていきな。」

長袖に着替えなおすのが面倒で、渋る相方を説き伏せて長袖を着せたのですが、
自転車で出かけて2分後、私の英断(?)に相方は感謝することになるのです。

この日は素で寒いのだから自転車で走り始めると当然、もっと寒い。

300m程走ったところで、私も持ってきた上着を着る羽目になりました。

冷え性の私は、ここまで寒いと手も冷たくなってくるのですが、

今年もそろそろヤツの出番か・・・

カラー軍手

↑↑↑ヤツ。※写真は今年の春のものです。

て、処分してなかったんかーい。

「暫定的だから・・・」とか言って、去年はしっかりと秋から春まで使い切った、
多目的軍手「カラー軍手(青色バージョン)」ってヤツです。

それなりに使いやすくもあるし、カラーバリエーションもそれなりに豊かなのですが、

絶望的にダサいのです。 見てお分かりだと思いますが・・・

今年の春、こいつとおさらばする時には、

もう、こいつを使うこともないだろう。

(秋までにはちゃんとした自転車グローブ購入してるし)

と思っていたのですが、のど元過ぎれば熱さをきれいさっぱり忘れて、

まったく買ってないよ。グローブ。

今年もヤツが(大)活躍の予感?!

前に「どうせ来期は使わないのだから後輪をはずす時につかっちゃおう」と使おうとしたところ、
相方に止められて、仕方なくとっておきましたが、
今となっては、ちょっと「取っておいてよかったなぁ。」と思っている自分がいます。 (--;)
そういう意味では、相方には先見の明があったかもしれんなぁ。

そして変わりやすい秋の天候の急激な寒さに戸惑いつつ・・・
20分くらいで、ベロンチョの実家であるお店に到着しました。

お店の方に事情を話すと、すぐ見てもらえることになり、

ノー整備の3ヶ月半、さぞかしガタがきてるんだろうなぁ。

と思いきや、

「特にワイヤーも伸びてないし、どこもなんともないですね。」

と、あっさり言われました。

すげー。ベロンチョ。(゚д゚;) 

3ヶ月半も整備もなし、油一つ差さずに(自慢じゃありませんが)
酷使した割には、まったく無問題。

なんかベロンチョ無敵伝説誕生?!自己修復機能でもあるのか?

・・・と改めて見直しはしたものの・・・。

じゃあ、なんとなく聞こえてくる異音は、幻聴なの?

重く感じるペダルは、気のせいなの?? 妖精さんの仕業なの?

と思わなくもありません。

その辺の事をお店の方に聞いてみると、

異音らしきものは、ギアがきちんと嵌らないことがあるらしく、
ギアがきちんと嵌っていない時に鳴る音だそうです。

あまりギアを換えた記憶はないのですが、軽いギアに入れてあると、
勝手にギアがずれ、きちんと嵌らないことがある・・・とか?

カタカタ鳴るのは、ガイドに当たるからなので、
そういう時はギアをずらして当たらないようにする・・・とか?

“?”が満載なのは、正直、ちょっと素人の私には、
意味がわからないところもあるからなのですが、
なんにせよ、ギアはマメに換えて満遍なく使った方がいいそうです。

一度外れそうになった事もちょっとしたトラウマで、
自由に変速ができていないところもあるのですが、そんなことを言っていては駄目ということですね。

なんかダブルレバーのギアって、うまく調整するのは難しそうです。(--;)

そしてペダルの重いのは、空気が甘いからだそうです。

なに?その初歩的単純ミス。

ちなみに自転車に置けるわが家の担当係は、
私が乗ってきた後のお掃除、相方の担当は空気入れ。

その辺は暗黙の了解的取り決めがあるはず。

だからあなたがポタ後にソファーで寝そべっている時も、
私は疲れた体にムチ打ってでも、2台きっちり掃除しているわけですが・・・。

相方に問い詰めて聞いてみると

「あれ?そう言えばしばらく入れてないかも。(゚∇゚ ;)」

相方ぁ~(‐‐#)

・・でも空気を入れたての時も重く感じてきてたわけだし、
それだけではなく、3ヶ月半も放っておいた事による罪悪感もあいまって
重く感じていたんですかねぇ?

心の重さがそのまま身体に影響を及ぼしていた・・・とか。

後は、後ろのブレーキのワイヤーがちょっと緩んでいたので、
その辺を直してもらいました。

これは前にパンク修理で後輪をはずした時に緩んだのかな?

あとは、相方のミニベロですが、ベロンチョと同じお店で購入した方が整備の時とか楽なので、
相方のミニベロはどうせならこのお店で購入したいと思っていたのですが、
希望していたラレーは、残念ながらこのお店には置いていないということでした。

注文は受け付けてくれるということなので、
本格的に車種が決まったら、こちらのお店にお願いしようとも思っています。

この後、現物に目がくらみ、一瞬越谷のワイズで即買いしようともしちゃいましたが・・・(^^;)

さて、なんか不発的な気持ちではありますが、
第一回、ベロンチョの検診も終わり「この後どうするか?」です。

空模様は、なんとなく更に怪しさを増したような気がしますが、
雨自体は落ちてきていません。

そうなってくると芽生えてくるのがスケベ根性といいますか、

「せっかくここまで来たんだから、当初の予定通りもう少し足を伸ばそう。」

という事になりました。何せ降水確率は、ほんの10%だし。

自転車店からそんなに遠くはない、柴又方面に移動することにしました。

そしてこの後、降水確率0%と10%の間には、深くて暗い川が流れていることを知るのです。

すみません。つづきます。m(__)m

ランキング参加中です。できればポチッ★とクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキング

関連記事
ミニベロ初検診ポタ【その2:江戸サイをGO!】
怪しい天気の中もポジティブシンキングで乗り切り、
お花茶屋にある自転車店から「柴又」に向けて移動をすることにしました。

ところで、このあたりの下町というのは、象徴的に人物がいるところがあります。

これから行く柴又には、帝釈天で産湯を浸かったという「寅さん」

亀有といえば、亀有公園前派出所にお勤めの「両さん」

上記のお二人とは若干趣旨も知名度も違うのですが、
亀戸というところには、「羽亀」なる像があります。

亀像

この「亀有」と「亀戸」よく考えると「亀しか合っとらんやんけ」なんですが、
似たような地名がこの2つが比較的近くにあるので、
東京で育ったわけでもない私ども的には、よくこの2つを取り違いをることが多いのです。

柴又に行く途中に通るのは、「亀戸」の方なんですが、
この時も「亀有」と混同して、

「ついでに両さん像でも見ていく?」
「それは・・・亀有じゃない?」
「あれ、ここは亀戸の方だっけ?」

とかいう亀幻術(どんな厳重づだよ)に嵌ったような会話がありつつ、
「柴又」に到着しました。

柴又といえば寅さんなのですが、今回はの目的は寅さん関係はスルーでして、
こちら「山本亭」

山本亭

山本亭とは、名前の通りなのですが、
実業家山本栄之助氏が、大正時代に立てた邸宅のようです。

その庭園は、米国の日本庭園専門誌「ジャーナル・オブ・ジャパニーズガーデニング」
が実施した日本庭園ランキング調査で2004年・2005年・2006年と
3年連続で3位に選ばれているそうです。

要はアメリカ人が選ぶ、日本庭園3位?(米国雑誌調べ)

この日本庭園専門誌が、どの程度の雑誌かはわかりませんが、
権威に弱い私としては、なんとなくすごいような感じがします。

当時としては和風モダンのお金持ちのお宅だったんでしょうね。

門をくぐると“お付控え所”があり、その窓がステンドグラス調だったり、

山本亭

玄関は雨天時等、旦那様やお嬢様等が帰宅時に濡れずに入れるように、
人力車収納仕様だったり、どことなく「お金持ちっぽい」ところが見え隠れしています。

山本亭

ここの邸宅は、入場料100円を払えば邸内に入ることができるのですが、
更に500円を払うと、邸宅内にて米国雑誌調べの3年連続3位のお庭を見ながら
ぜんざいや、お菓子、抹茶等がいただけます。

メニュー

当然、わが家もいただく事とします。

この時、私も相方も急激に腹が減っていたので、
とにかく腹にたまりそうな「ぜんざい」を注文しました。

ぜんざい

想像では、がっつりガテン系「ぜんざい」を期待したのですが、
実際は上品な白玉入りでした。

甘味屋さんではありませんので、正直、期待していたのは“がっつり”のみで、
味はあまり期待していなかったのですが、小豆がふっくら炊いてあって、
手作りな感じの美味しいぜんざいでした。

設備的に無理な感じなので、この邸宅で手作っているわけではないと思うのですが・・・。

こちらが、第3位の庭園、食べながら目の前で見ることができます。

庭園

白玉なので、腹にたまるタイプではありませんでしたが、
一応、緊急の糖分補給にはなりました。

さて、この「山本亭」の隣には、柴又公園、その隣には「寅さん記念館」
そして近くには「矢切の渡し」といろいろ観光スポットがあったのですが、
自転車乗りの端くれとしては、一番惹かれたのは「江戸川サイクリングロード」です。

ここまで来たからには、江戸サイをGO!でしょ。

やばそうな天気の事はそっちのけで、江戸サイを走ることにしました。

そして江戸サイが近くにある為だと思われますが、
寅さん記念館の横にある橋のようなところに
でかでかと「レンタサイクルセンター」の文字が・・・。

レンタサイクルセンター

これは(自称)レンタサイクルニストとして素通りできないと思いました。

・・・無駄な使命感です。

ということで江戸サイを走る前に、このレンタサイクルについて調査することにしました。

しかしこのレンタサイクルセンターなるものの不思議なところは、
案内の矢印のベクトルが明らかに2階を指しているところです。

不思議に思いつつも行ってみると、どうやらレンタサイクルセンターは、
この「葛飾区観光文化センター」の2階にあるらしい。

葛飾区観光文化センター

なぜ、わざわざ2階にレンタサイクルセンターが???

謎は深まります。

人の気配がしない「しーーーん」とした施設の中を謎解明の為に、
エレベーターで2階に行ってみることに・・・。

この時、建物の規模の割にはエレベーターがやたらでかく違和感を覚えました。

2階に着くと、いきなりレンタサイクル受付です。

どぎもを抜かれました。

ママチャリっぽいレンタサイクルがずらっと並んでおり、
残念ながら貸し出されている気配は、あまりないような・・・。

貸し出しの係員の方も「久々の?!」という感じで、
固唾を飲んで見守っている感じで妙な緊迫感があります。

今日はお客じゃないんです。すみません。

と必死に目をそらしつつ、レンタサイクル情報を仕入れてみると、

このレンタサイクルは土日祝のみ貸し出しで、料金は1日400円だそうです。

1日400円とは、いたってリーズナブル。

そしてこの後、レンタサイクルセンターがわざわざ2階にある謎が解けました。

レンタサイクルセンター

レンタサイクルを借りて、文字が書いてあったこの橋を渡り、

橋 
公園を抜けると、

柴又公園

そこは「江戸サイ」です。

江戸サイ

直接、江戸サイに行けるように2階に作ったんですね。(多分)

そして違和感ありまくりのでかいエレベーターは、
自転車を借り、1階から街を探索する人が自転車を乗せるために
でかく作ってあるんだと判明しました。

(自称)レンタサイクルニストとしての調査もすっきりと終わり、
愛車にて江戸サイを走ってみることにしました。

ところで、先ほどレンタサイクルセンターがわざわざ2階にあるように、
江戸サイは2階位の高さのようなところにあります。

徒歩なら公園から階段を上り、直接行けるようになっているんですが、

あれ?自転車だとどう行くの??(゚∇゚ ;)

まさか、さっきのセンターのエレベーターに乗せてとか?・・・はないよな。

この山のようになっている公園から、自転車と共に登れる道が見つからず、
結局、住宅地を抜けて、別のルートから江戸サイに出ました。

江戸サイ

この江戸サイは、わが実家しょう油の町市まで繋がっていると思うと感慨深いものがあります。

実家は、比較的江戸川の近くにあるので、
幼い頃から江戸川には、よく行ったりはしていたのですが、
実際、この江戸サイを正式な(?)サイクリングロードとして使用したのは、
今年のゴールデンウィークに実家から関宿城まで、走ったのが初めて。

つまりこの時で2回目。

でも・・・場所はぜんぜん違うのですが、同じ「江戸川サイクリングロード」だけあって、
実家の方と雰囲気が似てるんですよね。

土手の上を走るところとか・・・。なんか郷愁を誘われる感じです。

今の家は荒サイに近いので、サイクリングロードといえば、
荒サイを走ることが多いのですが「江戸サイもいいなぁ。」と思いました。

目的もないまま行くのもなんなので案内看板にのっていた、
「水元公園」という公園を目標に走ることにしました。

この「水元公園」、実際行ったことはないのですが、
相方がついでに調べていたらしく、先日行った尾久の原公園の10倍は広い公園・・・らしい。

尾久の原公園も自転車で探索出来るほどは広い公園だったのですが、
都内にその10倍規模の広い公園があるんかいな??

なにせ相方調べなだけに、半信半疑です。(信頼関係薄いもんで)

江戸サイに入って「水元公園」までは、約2.5km。

そしてサイクリングロードを降り、500m程度のところにありました。

が、

思いの他ぜんぜん狭い。

尾久の原公園の10倍どころか、2分の1程度しかないやんけ。

しかも水元公園って、水はどこ??

また相方の間違い情報に騙されたか・・・。

と思った私が間違っていることに、すぐに気づくことになりました。

途中に案内図があり、それを見ると私達が入ったのは公園の裏手らしく、
この時いたのは、公園の端の方の一部分らしいのです。

水元公園案内図

本番の公園は、更に奥にあるというので進むと、なんということでしょう。

なぜか琵琶湖に着きました。

水元公園

というのは、あからさまな嘘ですが、
公園にあるべきレベルを超えた湖が目の前に広がっていました。

水元公園

これは確かに水元公園だわ。(絶句)相方疑ってすまん。

ちなみに湖の対岸は「みさと公園」だそうです。

三郷と言えば埼玉県のはずですが、この湖って県まで跨いでるの?(゚∇゚ ;)

しかしこの公園、広さはだてじゃなく、公園内には橋なんかもかかっていました。

橋 

敷地全部を一周してみたかったのですが、
時間は4時になっていたので、あまり長居はできず、
「また次の機会にゆっくりこよう」ということで、
水元公園を後にして、再び江戸サイに舞い戻りました。

そこからまた柴又公園までもどり、下道から帰るのが最短の距離なのですが・・・。

江戸サイの端まで行ってみたい。

どうやら江戸サイをずっと行くと、海にたどり着くかも?

だったら海ま出てみたい。

という気まぐれな欲望が私の中に沸いてきました。

「今日はもう遅いし、どこに行き着くかわからない。」

と渋る相方を無視して説得して、
江戸サイの端を目指して海方面へ行けるところまでGO!です。

後から考えると時間的にも無謀なことですが、
この時はテンションが上がっていて自分でも抑えが効かなかったのです。

そうなってくると相方に止めるすべはなく、
仕方なさそうに、のろのろと私の後をついてきました。

時刻は4時過ぎ、夕刻になってきた江戸サイは人も少なくなり、かなり走りやすいです。

江戸川の土手には、以前見に行った公園の何倍もの規模の彼岸花も植えてあり、
かなり快適に走ってはいたのですが、

彼岸花

ここにきてとうとう降水確率0%と10%の差を思い知ることとなりました。

ポツポツと顔に当たるのは水・・・これは雨!

雨あしは、ぜんぜん強い感じではないのですが、止む気配はさらさらなく、
塵も積もればなんとやら・・・いやな感じに自転車を濡らしていきます。

雨と言えば、わが家的には自転車の大敵。

いきなりテンションは急降下しまして、
丁度道も分かれ道でわかりにくくなったところですし、
江戸サイから撤収することにしました。

ちくしょー。次こそは江戸サイから海まででてやるぞ!

とリベンジを誓いつつ、江戸サイからリタイアです。

リタイア地

さて、適当なところで挫折したのはいいですが、ここがどこだかまったくわかりません。

もともと江戸サイを海を目指して走るという無謀なことには、反対だった相方。

この時点で思考停止。考える気もないようです。

「こうなったら私について来い!」

と言ったのは、わたくしですが、その台詞に特に根拠なんかはなく、
ここはどこかもわからない始末。

これはヤバイ。

なにせ江戸サイも結構走っちゃったしなぁ。

と内心思ったのですが、「江戸サイを海まで行こう」と提案した手前、
もはやどうにかするのは、わたくしの役目のようになっていました。相方は思考停止中だし。

そぼ降る雨の中、「なんとなくこっちのような気がする。」
という頼りないことこの上ない帰巣本能を頼りに、
とにかく知った風にして、その実、適当に走りました。

私に帰巣本能なるものが備わっていたのかどうかはわかりませんが、
そうして走っているうちに、大きな幹線道路らしき道にぶつかりました。

“京葉道路”

手持ちの地図を見ると、この京葉道路をまっすぐ行けば、
比較的楽に家方面に着くことが判明しました。

やったー!(泣)

家に帰れると知り、フリーズしていた相方もすっかり解凍されました。

「よかった~。江戸サイをあれだけ走ったから、
千葉まで来ちゃったと思ったよ。
千葉まで来たら、ちょっとやそっとじゃ帰れないと思った~」

て、オイ。聞き捨てならんな。いや、確かに実際には千葉に入ってないけど。

千葉と東京って普通に隣合ってるやんけ。

どんだけ離れているって勘違いしてんだよ。これだから元神奈川県民は。 (--;)

そして本降りにはならないものに、それなりにシトシト降る雨の中、
ひたすら自転車を走らせ「亀戸」まで帰ってきました。

この辺で休憩もかねて、夕食を食べることにしました。その間雨が止んでるかもしれんし。

確か亀戸には“アリオ”とかいうヨーカ堂系のショッピングセンターがあったはず。

アリオは、過去一度行ったことがあるのですが、沖縄料理とかあったっけ。

「そこに行こう。」ということになりましたが、どうも道が思い出せません。

一度行ったはずなのに・・・どの辺だったかなぁ。

と、亀戸の街を「あっちだ、こっちだ」と探し回ったのですが、
どうしてもそれらしい建物は見つかりません。

大型のショッピングセンターなので、結構大きな建物だったはずだったんですが、
見つからないものは仕方ありません。

仕方なくあきらめようとした時、相方が、

「あれ?アリオって亀有じゃね?」

・・・ここは亀戸。

しまったーーーっ!

また混同しちゃってました。

以前、アリオ亀有に行った時にショッピングセンター内にある、
両さん人形と写真とったじゃん。そう言えば。

「両さん=亀有」でしょ。

このまま亀戸にいても、永遠にショッピングセンターは見つからないので、
隣の錦糸町の「オリナス」というショッピングセンターに移動することにしました。

この「オリナス」は何度か来た事があるんですが、
ここのいいところは、駐輪場が地下にあるので、自転車が濡れずに済むということです。

オリナス駐輪場

あまりに腹が減っていまして、この日はふらふらとイタリアンバイキングに
吸い込まれそうになったのですが、あまりの混雑ぶりに我にかえりまして、
あきらめて別の店に行くことにしました。

て、混んでいなかったら入るつもりだったんかい。

ダイエットはどうした?カロリー刑事はどこに行った?!

結局、卵料理「ホロン」という店に入りました。

私が「チキンプレートトマト煮込みセット」

チキントマトプレート

相方が「シーズンプレートセット」

シーズンプレート

いいたかないけど、それなりに高カロリーそうです。
でもなかなか美味しかったです。

しかも“セット”というからには、こういうものも付いたいたりします。

デザート

ぶっちゃけ、匙をポーンと投げちゃいますが、ポタ時はダイエットは無理。

そして満腹になったところで、家路に着いたのですが、
結局、雨は大雨にはならなかったものの、降り止むことはなく・・・。

ブルックスのサドルはずっとお尻でガード(?)していたので無事だったんですが、
車体はしっかり濡れてしまいました。

今までかなり慎重に雨を避けていたので、こんなに濡れたのは初めてかも。

しかしこんだけ降るんだったら降水確率は10%などとケチなことは言わず、
もっと高くても良かったんじゃないか?

まあ、一応降水確率が0じゃないわけだから、文句は言えませんがっ。(泣)

・・・0%と10%の間には深くて暗い川がありました。

家に帰って、いつもより念入りに車体を拭き、
今回はチェーンとスプロケットを拭いたのですが、
思い立って、油も差してみました。

あれ?この油を差したのいつぶりだっけ??(゚∇゚ ;)

・・・正直、思い出せません。←駄目じゃん。

ランキング参加中です。できればポチッ★とクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキング

関連記事
コキアdemocoフェスタ!アミーゴ
今日は秋晴れのいいお天気でしたね。

あまりにいいお天気なので、母と(+愛犬と)

茨城の「ひたち海浜公園」までドライブに行ってきました。

お目当ては“コキアdemocoフェスタ”アミーゴ!

コキアフェスタ

題だけでは、なんのこっちゃわからないと思いますが、
「コキア」いう植物が紅葉しているのを見るフェスタ・・・らしいのです。

ちなみに“アミーゴ”は、雰囲気で私が勝手に付け足した掛け声的なものです。

このコキアという植物は、主にどういったところに生息しているかは謎ですが、
なんか西部劇などで荒廃感を出す時にカラカラと右から左に
転がって行く植物に似ている・・・ような。紅葉してるから色は違うけど。

「ひたち海浜公園」は、今までも何度か行ったことがあるのですが、
中は、なんじゃこりゃーって言うほど“広大”の一言です。

とにかく広いので全園内を徒歩などで見学するのは不可能。

・・・とは言い切れませんが、えらく体力と気力が必要になります。

そこで、そんな貴方のために、こんなものがあります。

「サイクルセンター」

サイクルセンター

実は公園内には、全長約9kmのサイクリングコースもあったりするのです。

純粋に園内だけで9kmもあるって事がすごいっす。

もちろん自分の自転車を持ち込むのも可能のようですが、
レンタサイクルも貸し出していました。

サイクルセンター


大人 310円(3時間)

子供 200円(3時間)

・・・ところで車の駐車場も“510円”だったのですが、
この端数の10円というのはなんでしょう?
国営の公園にありがちの切れの悪さが気になります。

さて、あまりにも広大な公園と、意外に(失敬)整備されたサイクリングロード、
そしてお手軽なお値段ゆえか老いも若きも老若男女、
これまた意外に(失敬)借りている人がたくさんいました。

かつてこんなレンタサイクルがもてはやされている場所は見たことないくらいです。

貸し出し自転車はママチャリ中心でしたが、その中で大注目なのはこれ。

2人乗り自転車 

以前、私と相方も福島で乗った2人乗り自転車ってヤツです。

その時も昭和の青春の遺物のように思っていた2人乗り自転車が、
平成の世までひっそりと乗り継がれていたのには驚きを禁じえませんでしたが、
ここ「ひたち海浜公園」でも乗り継がれていました。

しかも更に驚いたことに、乗っていたのは1組だけではなく、
少なくとも3組位の方はこの自転車を乗っていました。いや、もうびっくりを通り越して唖然。

私たちは、(自称)レンタサイクルニストとしての使命感と、
知的(でもないか)好奇心で2人乗り自転車に乗りましたが、
この方達は、なんで乗っているのでしょう?

これは2人乗り自転車ブーム、密かにきちゃってる?

それともみなさんも“レンタサイクルニスト”としての活動?!

(自称)レンタサイクルニストは日本では私達だけだと思っていましたが、
実は、地下には意外と潜伏しているのかもしれません。

まあ、あえて潜伏活動をする意味は不明ですが・・・。あえて言うなら公言するのは恥ずかしいからか?

さて、この「コキア」という植物ですが、みはらしの丘というところに生えています。

なにせこれだけ施設が広いので、どこに行くのにも距離があるのですが、
愛犬も一緒なので、園内を走るトレインなどに乗ることも、
当然、レンタサイクルに乗ることもできず・・・仕方なく歩いて行きました。

関係車両が来れば吼え、他のワンコを見ては威嚇し、これまた吼えまくる・・・

駄犬愛犬と一緒の移動なので体力的(と精神的)にはダルイですが、
季節がいいので途中いろいろな植物が咲いていまして、目には楽しく移動できました。

こちら秋の花の代表「コスモス」です。

コスモス

コスモス

看板には“3分咲き”とありましたが「5~7分咲き位はいっちゃってるだろ。」

という印象を受けました。

秋といえば、私が好きな花(?)「ススキ」です。

ススキ

ススキって一見、侘び寂びの世界ですが、意外と派手な植物だと思いませんか?

私は基本、黄金の物とか光物が好きなので、
日を浴びてキラキラしているススキを見るのがスキなんです。

時に重さ5kgのお荷物、愛犬を抱え(抱いていないと吼えるので)
歩いた末に辿り着いたのは、目的地である園内最北の地“みはらしの丘”

みはらしの丘というからには、丘の上から太平洋が一望できます。

そして目的植物「コキア」がたくさん生えていました。

コキア

なんか日本ではあまりお目にかかったことがない風景です。

全体像では綺麗なのですが、個々を見ると紅葉にはばらつきがあります。

美しく紅葉しているところもあるのですが、

コキア

紅葉を終えてか(それとも単に根付かなかったのか)
今すぐ西部劇に転がってもいい感じに枯れてしまっているものも結構ありました。

でもコスモスとのコントラストも良かったし、全体的には見て損はない感じです。

国営でありながら、入園料(400円)を徴収するだけあり、
広い園内なのに、どこもここもきちんと整備されて綺麗な公園です。

今回は別にレンタサイクルニストでもなんでもない母と行ったので、
この「コキア」の紅葉を見て帰って来ましたが、
次にレンタサイクルメイト2号(相方)と来た時は、
サイクリングコースを回ってみたいと思います。

ランキング参加中です。できればぽちっ☆とクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログへ  人気ブログランキング

関連記事
It's newイオンレイクタウンへ秋のオヤジ病炸裂ポタ【前編】
今日は3連休の初日なので、先日雨のために挫折を余儀なくされた
「江戸サイを海までGO!リベンジ」を決行するはずでした。

が、

朝から雨が降っていたのであえなく断念。

そして断念した途端、午後からあれよあれよと急激に晴れ、
いつの間にか秋晴れの日になっていました。くそーっ。(--#)

しかしなんとなく出鼻を挫かれて失ったやる気はあれよあれよとは戻らず・・・

道路も濡れちゃっている事だし、今日を逃してもあと2日間休みはあるし・・・
休日が3日ある余裕もあって、本日は久々に家でのんびり過ごしました。

のんびりとテレビを見ていると、本日もまた取り上げられていました、

「越谷レイクタウン」

最近、日本最大級のショッピングセンターとしてテレビで頻繁に取り上げられていますが、
今日も“王様のブランチ”で姫様ことはしのえみさんが訪れてました。

わが家からも車で行けば近いけれど、他の交通手段を使えば、
さほどでもないような距離にあるこのレイクタウン。

先週はその他の交通手段、自転車ってヤツで行ってまいりました。

またまた周回遅れになりますが(汗)
先週行った、「越谷のレイクタウンに行っちゃうぞ!」のポタ日記になります。

10月4日(土)いい感じの秋晴れのこの日、
その前の週にオープンしたばかりの「イオンレイクタウン」に行くことにしました。

この東京ドーム5個分とも言われる、ショッピングセンターとしては、
なんか金字塔をうち建てちゃった感じのイオン系のショッピングセンター。

新しく「ワイズロード」もオープンしたということで、
わが家としても行ってみる価値はありまくりなんですが、
疑問なのは「レイクタウン」と言われていることです。

越谷と私の実家しょう油の街市とは比較的近いので、
まあ、世界規模では地元と言えない距離ではなく、
実際都内までの通勤時は毎日通過していたし、車でも何度も訪れたこともあるんですが、

レイク=湖なんてあったかいな。

いつの間にか沸いたのか?・・・しかし沸くのか?温泉じゃあるまいし。

その辺の謎を解き明かすためにも、とにかく行ってみる事とします。

この越谷という場所は、実家に帰るときも通過するのですが、
通過するときはいつも車なので、意外と正確な距離間が掴めません。

思いのほか近いんじゃん?

と遠近感が完全にいかれていまして、現地でポタランチをするつもりにもかかわらず、
午後からのスタートになりました。

さて、前の週に雨に降られ、チェーンを拭いたらなんとなく渇きを感じたので、
思わず遠い目になるほど久方ぶりに「油」なるものを差したのですが、
油を差した時は、砂漠に水がしみこむような感じといいますか・・・
ん十歳の私のお肌に、いつもより高級な化粧品を塗った時のようにしみこむ感じでした。

確実にそのせいがあると思いますが、
この日は相方のルイガノも私のベロンチョ(ミニベロ)も走り出し感はいい感じです。

ちょっと油さしただけでもこんな感じだったら、
スプロケットとチェーンをキチンと掃除したらもっといい感じになるのは確実。

「本当にそろそろ掃除しないとね。」←何度目だこの台詞

と私が言うと、

「清掃をしなくて幾星霜だね。(^^)v」

と得意げな相方。

・・・いや、こんな時にオヤジ病の発作を炸裂させていないで、
できれば整備のイニシアチブをとって下さい。(--;)

ネットの案内を見ると、わが家から“越谷レイクタウン”にいくには、
国道4号を使っていくのが一番わかりやすい道のようです。

はじめは素直に国道4号を走っていたのですが、
意外と信号も多い上に大型車も多く、全体的に殺気立っています。

そのうち国道の荒波に疲れ、道もよくわからないけれども途中から横道に反れました。

なにせ(世界規模で考えれば)私の地元です。

しょう油の街と越谷は実は県すらも違うのですが、
東京から北という共通事項ゆえか、町並みに同じ臭いが入っているのです。

臭いを嗅ぎ分けていけばなんとかなるはず・・・。

地元(?)の強みはあっても、道自体はまったく通ったこともない道、
警察犬ほど優秀ではないので、ピンポイントで向かうことはできませんでしたが、
多少の遠回りはしつつも、だんだんと「レイクタウン」には近づいて行き、
ようやっと越谷市に隣接している市「草加市」まではたどり着きました。

ここに着くまでに時間的には1時間くらいだったのですが、
なにせ荒くれた国道を走ってきたのと、昼飯を食べてなかったので、疲れてきていました。

そんな時に相方が恐ろしい罠を仕掛けてきたのです。

草加市は、せんべいが名物で“草加せんべい”と言えば、地元では名物なのですが、
相方が草加の看板を見た時に

「草加せんべいを買っていかなきゃね。」

と言い出しました。 

私は、瞬間的に「そうだね。」と返答した後に「はっ!Σ(゚д゚;) としました。

もしやこれは、夢のオヤジギャグコラボねらい?!の誘い水?

ここは「そうか?」と余裕で答えるべきところだったのでは?!

急いで言い直しましたが、時すでに遅く・・・。

相方が察しの悪い人を見るような目で私を見ていました。 なんか悔しい。(--;)

草加でしか使えないオヤジギャグコラボなのに、千載一隅のチャンスを逃しました。

なんか調子悪っ。

よく考えると、不治の病と思われていたオヤジ病が快方に向かっているのか?

じゃあ、逆に調子がいいのかも。

・・・どちらにしろ相方のオヤジ病は絶好調に悪化しているようです。(--;)

結局、オヤジギャグのネタに使われただけで、草加せんべいは購入することはせず、
(地元の方、すみません。)さらに右往左往しつつも越谷に向かいます。

すでに秋とは言え、一番日差しの強い時間に自転車を走らせていると、
のども渇いてきたのでコンビニによる事にしました。

本当は激烈に腹も減っていたのですが、ここでビニメシを食べたら
イオンレイクタウンでポタランチを食べる計画は水泡にきします。

ぐっと我慢をして、固形物の上に、のども潤せるこちらを食べました。

「冷凍みかんと冷凍りんご」

冷凍みかんとりんご

前に「冷凍みかんを売り出せばいいのに」というようなことを言いましたが、
昔の網入り5個入り(旅の友仕様)ではなく、
すでにこんなおしゃれな形で存在していたんですね。

なにより、カロリーがやたら低いところが秀逸です。

中身は果物がそのまま凍らせてあり、体のクールダウンになりました。

冷凍みかん

道もようわからん上に、まったりと休憩をしたためか、
すっかり相方と私の間にはだれだれの雰囲気が漂い、
擬音をつけると、まさに“ポタポタ”をいう感じでチビチビと自転車を走らせ、

やっと草加から越谷に入る橋を渡ことができました。

草加市

ここからはすでに越谷市です。 

越谷市

しかしあのせんべいをかじっている少年(?)は草加市のマークなのでしょうか?
趣旨はわかりますが、なんかいろんな意味で斬新じゃないですか?
「市のマークを書いてみましょう。」
という話になった時に、果たして正確に書ける人はいるのでしょうか?

ところで市内に入れば看板らしきものが、見えてくるとタカをくくっていたのですが、
レイクタウンまでの指標を示してくれるものは、何一つありません。

困。

なにせ地元の気安さで地図的なものも持ってきていません。

「キチンと地図通りに4号を行けば良かったんじゃないの?」

とあからさまに私を批判する相方。

(地球規模で言えば)地元民なめんなよ!

「いいから黙ってついてきやがれ!」と見栄を切って、
とにかくふらふらと走っていましたが、レイクタウンごとき建物は見る影もなく・・・。

・・・まあ、本当は(地域規模で言えば)地元民じゃないしね。

空腹もMAXに来たところで、たどり出でたのは「南越谷駅」という、
レイクタウン最寄り駅の「越谷レイクタウン駅」から電車で1区間離れた駅です。

駅には普通にあるんですよね・・・交番。

相方は地図がその辺に掲げていないかを探して彷徨っていましたが、
そんな相方を放っておき、面倒なので交番で聞くことにしました。

交番で聞いてみると、レイクタウンは最大のショッピングセンターが作れる土壌がある土地だけあって、
もとはあまり開発されている場所ではなく、ちょっと行き方複雑でした。

若いおまわりさんは、とても親切に教えてくださったのですが、
年のせいか記憶力が低下していて、説明を頭の中にとどめておくことができません。

右耳できいたそばから左耳からさらさらと流れていきます。

・・・でも方向性だけはわかった!・・・はず。

地図が見つからずに戻ってきた相方に、(説明にならない)道の説明をしていると、
先ほど対応してくれた若いおまわりさんが、あわてて追いかけてきて、

さわやかに

「先ほど最初に大通りに出て1番目の信号を右と言ってしまいましたが、
2番目の信号でした。」

と言って去っていきました。

わざわざ言いに来てくれるなんて、いい人や~。

と感動しましたが・・・すみません。でもその最初の信号のくだりからすでに忘れてました。(汗)

追いかけて来て訂正してくれたおまわりさんには恐縮ですが、
大通りに出ると、看板を持った案内の人が要所要所に立っていて、
「南越谷駅」から距離は多少ありましたが、簡単に行くことはできました。

南越谷駅辺りは、昔からいろいろな路線が入っているだけに結構発展しているんですが、
「レイクタウン」に向かうにつれて、なんとなーくもの寂しくなっていきます。

そしてうっそうとした草の間からやっと見えてきました「イオンレイクタウン」

イオンレイクタウン

遠目から見ても確かに広大な感じがひしひしと伝わってきます。

空腹と期待がない交ぜになりながらも、
相方と私は「イオンレイクタウン」(東京ドーム5個分)に足を踏み入れました。

すみません。続きます。

ランキング参加中です。できればポチッ☆とクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキング

関連記事
わが家の東京(メシ)ポタリング参考資料
すみません。ポタ日記の途中ですが・・・(汗)

昨日は、江戸川サイクリングロードから海まで出てきました。

前に行った時は柴又から右岸を行って途中で雨天の為に順延になったのですが、
昨日はいいお天気だったので決行してきました。

しかしそこはせっかくだから病(の相方)、同じ道を行ってもおもろくないという事で、
今回は左岸を行ってきました。

左岸右岸は東京都、右岸左岸は千葉県側になるのですが、
なんかあきらかに雰囲気が異なって面白かったです。
※すみません、ここだけ左岸と右岸反対に書いちゃいました。

荒サイもそうですが、サイクリングロードって両岸でなんとなく雰囲気が違うんですね。

土日となると普段の「メタボ解消!減量☆大作戦」の憂さを晴らすべく、
(勝手に)「解禁!食わなきゃお損!」とばかりに飽食を繰り返している相方ですが、
昨日も飽食の限りを尽くしてきました。

その状況はまたポタ日記の時にでも折々・・・。

そしてがっつき過ぎた為に夕べはお腹中が祭囃子になっていたようで、
個室の中で苦しんでおりました。

普段日は低カロリーな禁欲生活のくせに、土日限定で存分に食物を流し込まれても、
消化器系が対応できないんでしょうね。

なんかものすごく体に悪そうな生活じゃね?(‐‐;)

でも、まあ、相対的には亀足ながら着実に体重は減っているわけだし、
ここは本人に任せたほうがいいのか?・・・と今のところ黙認しております。

というようにわが家にとってポタメシと自転車は切っても切り離せない(つうか絶対切り離したくない)
2つでひとつの代物なのすが、それゆえにポタの参考資料に買うのは、
「紹介されているのは主にメシものやんけ」な感じの本ばっかです。(汗)

特にJTBが出している、このシリーズはかなり気に入っております。

本

読みやすいのはもとよりですが、
お値段的にもわが家に住まうお得神様も貧乏神様もご納得のワンコイン、500円です。

500円だけあって紙も安価なもので節約しているのか、
かえって雑誌全体が軽くて自転車での持ち運びも良好。

下町シリーズを2冊購入してあったのですが、
先日書店に行ってみたら下町シリーズの新刊らしきものが出ていたので、
新たに買い足してきました。

本

同じ東京の下町を扱っている本なので、多少の被りは仕方ないですが、
それでもできるだけうちにある本と被らないようなものを買おうと
相方と一緒に吟味して買ったのです。

が、

家に帰ってみると、

「あれ?これって表紙は違うけど、うちにある本と題名一緒じゃん?」

いやーんな予感がしました。

内容を見てみると間違い探し程度の順番の違い等はあるものの、
載っている内容お店等は、ほぼ同じ。

よく見ると、旧バージョンと新バージョンなだけじゃね?

・・・人間の記憶ってあいまいですね。
ちょっと掲載順序が違うだけで、違うものだと思い込むとは・・・。トホホ

せっかくだから新たなる活用法を見い出すしかないということで、
2冊並べて、間違い探しとして楽しんじゃいましたよ。←自棄

まあ、500円だし、キズが浅くて良かった。

と私は思いましたが、そうは行かないのがわが家のお得神様の相方。

重複買いというあまりのお損にがっつりと落ち込んでいました。

それで下町を何冊持っていても所詮は重複はしてしまうだろうし、
新たなるジャンルを購入しようということで、
昨日のポタ先に大きな書店があったので、こちらの本を買ってきました。
こちらの「地図で歩く新東京観光」500円

本

また、JTBのMOOKの500円本かーい。

500円のリベンジは500円で、ですよ。

今まであまり足を踏み入れない六本木や広尾あたりのおしゃれスポットも載っていて、
ポタメシ新ジャンルも模索できそうな雑誌です。
・・・そんなおしゃれスポットに行くかどうかが謎ですが・・・。

そしてついでにもう一冊。

たまには食いもんだけでなく、純粋に自転車コースが載っている本も買おうと、

「自転車さんぽ」838円+税

本

この本は、なんと!自転車大好きのなぎら健壱さんご推薦。

本 

しかし何に驚いたって、なぎらさんが自転車大好きだった事に、まず驚きました。

権威に弱い私ですが、なぎら健壱さんが権威になるかというのは、
言及は避けさせていただきますが、購買につながったのは確かです。

今日は早速、この本を活用して出かけて来たいと思います。

そして久々にクロスバイクのパッソで行こうと思ったら、
新たなるトラブル発生で、またしてもベロンチョ(ミニベロ)でのお出かけです。

・・・また、新しい整備ジャンルの扉を開くことになるかもしれません。(--;)

ランキング参加中です。できればぽちっ☆とクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログへ  人気ブログランキング

関連記事
It's newイオンレイクタウンへ秋のオヤジ病炸裂ポタ【後編】
週末は久々に(わが家にしては)距離を走ったこともあり、
昨日はかなりぐったりしていました。

間が空いてしまって申し訳ありませんが、
It's newイオンレイクタウンへ秋のオヤジ病炸裂ポタ【前編】」の続きになります。

なんやかんやと今回もかなり長文になってしまいした。すみません。(汗)

**************************************

なんてったって東京ドーム5個分(らしい)この「イオンレイクタウン」

 

イオンレイクタウン

あまりに広すぎて全体像を写真に収めることができませんでしたが、
“mori”という建物と“kaze”という建物があり、
その二つを渡り廊下(動く歩道付)で結ばれています。

駐輪スペースもこれまためちゃめちゃ広く取られていましたが、
なにせオープニングしたばかりの初めての休日。

2台自転車を停めるスペースを確保するのも苦労しました。

近くまで来てもなかなか現地に到着できず、グルグルと迷っていたので、
自転車を停めて中に入った時は、午後3時半を回っていました。

とにかく腹が減りすぎている。

さて、今回ここに来た第一の目的は「ワイズロード」ではありますが、
その前にエナジー補給、メシです。

駐輪スペースが見つかった方の建物にとりあえず入り、食事場所を探すことにしました。

入ってみるとこちらが“mori”と呼ばれる建物のようです。

入口のところに案内マップがありましたので、それを1部もらって見ていると、
その反面は食べ物店の案内で埋め尽くされていて、その数84件。

優柔不断を自称する私たちがその中からどうやって、
今日のお食事どころの1件を導き出せばいいのか?

軽く気が遠くなりかけましたが、表紙を見て更に驚愕の事実を知ることになります。

この84件もの膨大がお店が載っている案内マップは“mori”のみの案内マップらしい・・・。

恐ろしいことに、つまりもう一枚“kaze”の案内マップがあるようです。

つうことは選択肢は更に2倍・・・とか?

この空腹時にそんな中から選んでいたら遭難してしまいそうです。

いや、もうその“kaze”とやらは、なかったことにしよう。

と思い、この“mori”内だけで昼を食べることを決意しました。

・・・といっても84件もあるんですけどね。(遠い目)

もともと私も相方も優柔不断で物事を決められないタイプなのですが、
それはたかが食事を決める時でも如何なく発揮されます。

こういうお店にきた場合、全てのお店をめぐって様子を見てから、
トーナメント制を用いてどこのお店にするか決めます。

逆にそうしないと決められないのですが、
84件もあるとそんなことも言ってらんねぇ。

案内図に写真が載っているのをいいことに、
まず書類選考でどこに行くかを決めることにしました。
て、スカウトキャラバンのアイドル審査じゃないつーの。

しかし書類上の審査ですとなにかパンチの利いた感じのお店でないと、
なかなか心惹かれるものがないのですが、
その中で最もパンチが効いたお店(と思われる)
「アラビアンファーストフード」なるお店に目が留まりました。

料理の要約を読んでみると

“大人気のシュワルマと取り立ての食材を生地の中に包み込んだアラビアンピザファティール”

とあります。

つうかシュワルマって何?!どこで大人気なの?!

なじみ感の薄いアラビアン料理な上に、よくわからないファーストフード、アラビアンピザ・・・

「なんじゃそりゃ」感が転じて、未知の世界だけに夢が広がる土壌大。

書類審査だとあっさり決定。このお店にロックオンしました。

場所は3階とあるので、3階まで行ってみます。

しかしこの「イオンレイクタウン」覚悟はしていましたが、やたら広い。

場所が3階と判明しているのにもかかわらず、移動だけでもかなりの時間を要します。

気分は、空腹の中まさに“mori(森)”を彷徨うヘンゼルとグレーテル状態。

そしてやっと着いたそのアラビアンフードが存在するとある場所は、巨大なフードコードの中でした。

このフードコートは巨大にも変わらず席の確保が大変な程に、ものすごく賑わっています。

フードコート

案内の書には3階にあるお店は数多く載っていましたが、
そのほとんどがどうやらフードコート内に出店しているお店のようです。

期待のアラビアンフードは、ピタパンみたいな感じで、
屋台で売っているトルコ料理のシシケバブと似たような作りの食べ物でした。

心惹かれないわけではありませんでしたが、
うーん。フードコートは気分的にのんびりできないなぁ。席を見つけるのも面倒だし。

せっかく初めてのレイクタウンだし、やっぱりここは、ちゃんと“お店”に入りたい感じです。

どうやら1件、1件、お店になっているのは1階と2階にあるような・・・。

書類選考だけでは、埒があきません。

やっぱりいつもどおり、自分の足で稼ぐしかないよね。

この際、覚悟を決めてお店を全部見て回ることにしました。結局いつものようにトーナメント制だよ。

回ってみると、2階はカフェ的なお店が中心なので本丸は1階辺りになりそうです。

かなり腹は減っていたので飯屋に直行したかったのですが、
この広大な店内をもう一度戻ってくるのが嫌だったために、
途中にある気になる場所はチェックしながら移動しました。

・・・とは言え空腹で朦朧としていて、ぜんぜん深くは見れませんでしたが・・・^^;

なにせこのショッピングセンターは、何度も言いますが広いので、
普通の場所でも広めに取ってあるお店などは更に広めに取ってあります。

書店とかは最初から入る気がなくなる程に広い。

手芸用品も“ユザワヤ”も「何をそんなに作りたい衝動に駆られる人がいるんだ?」
と言うほど広めの店構えになっております。
・・・こちらも広すぎて足を踏み入れる気も起きませんでしたが・・・。

2階には“mont-bell club”がありました。

当然のようにこちらも広かったのですが、最近は各アウトレットショップにも出店していて、
その各お店もかなり広めにできているので、規模的には改めて驚くほどでもありませんでした。

でもお店の中には、狭めではありますが自転車専用のブースが出来ていて、
一応、背中の方が長い自転車独特のウエアや、サドルバックなども置いてありました。
これは、今まで見たお店にはなかったような・・・(ちゃんと見ていなかったせいかもしれませんが・・・)

同じく2階には“サンセットテラス”なるものがあり、

サンセットテラス


ちょっと外に出れるようになっているのですが、 
そこで“レイクタウン”の名前の謎が解けることになるのです。

テラスに出ると、将来的には住宅地も出来、一つの街になる予定ですが、
今はまだ単なる草っぱらや更地が多いレイクタウンの町並みを見渡せるのですが、
目の前には、きちんとレイクらしきものが!!

湖?

この付近に湖があったというのは知らなかったので、
最悪、“レイクタウンのレイクはイメージです”ってヤツかと思いましたが、
やっぱりちゃんと存在していたんですね。湖。・・・そりゃそうか。

しかし元(世界規模の)地元民としては、ちょっと釈然としなかったので
後から調べてみると、この広い湖らしきものは“調節池”らしいです。
この調節池は上野の不忍池の3倍もある破格(?)の調節池らしく、
それだったら「湖風に使ってしまえ。」という事らしいです。
ネットに載っている写真を見てみると、小洒落たヨットみたいなもんも浮かんでるし。

やはり2階にはカフェしかなく、この時の腹の減りを満たせる基準のお店がなさそうなので、
さらに食を求めて、レストランが並んでいそうな1階に移動しました。

1階にはトヨタの展示場があり、昔のクラシックカーなんかもあり、
昭和の感じがめずらし懐かしい感じだったので、空腹感を忘れてちょっと見学しました。

車

車

その後、建物1階部の中央に位置する、レストラン街(?)にたどり着いたのですが、
空腹状況はマックス。

しかし時刻は4時半という中途半端な時間にも関わらず、レストラン街は一杯でした。
店の前には、並びができているお店がほとんどで、
並びのできていないお店は、ちょっと惹かれない系のお店でした。^^;

あまり惹かれない系の食事をすぐにありつくか、
食べたい系のお店に並び空腹を抱え、いつとも知れない食事タイム待ち続けるのか、
ここで2者選択・・・

正直、どっちもいやだなぁ。

と大人気なく思い彷徨っていると(この時間が一番無駄ですが)、
1階にはもう一箇所、外にレストラン街があることに気がつきました。

こうなったら毒を喰らわば皿までって言うし、そっちも見てみるか。

と外に出てみると、外のレストラン街は、みなさん気がつかないのか、
外に出るのが面倒だったのか、それとも惹かれるものがなかったのか、
わかりませんが、比較的空いてました。

ざっくりみるとラインナップもなかなか良さそうなので、
外のレストランで今日のポタメシ処を物色をすることにしました。

・・・とここで緑色のデジャブが・・・。

結局、空腹と言えども優柔不断な性質には逆らえず、
飲食店は全てざっくりと巡ってしまいました。

その間、何度かあの緑の看板、スタバのマークを見かけたような気がして、
その時は「同じ所を巡っているのかな?」と思ったのですが、なんか外にもある??

自分の勘違いか?狐にでもつままれているのか?

と思いましたが、不審に思い案内を見るとなんと!

“mori”の方だけでもスタバが3件も入っているんですね。
(ちなみに“kaze”の方にも1件入ってました)

どんだけスタバのコーヒーを飲ませたいんだよ。イオン。

でも考え方としては、東京ドーム5個分の場所に4店舗だから、
ドーム1.25個に1店と思えば、そう多くもないのか?

レイクサイドのスタバの尋常ならぬ進出ぶりに驚きつつも、
お店を物色していると、ハワイアンのお店が気になりました。

パンケーキがあるようですが、何がきになったってメニューにあったこのフレーズ。

ハワイアンレストラン

“ハワイで有名なアノお店と同じ味です!”

て、あのお店ってどこーーーっ?!

もしや今年行った時に食べた、あのお店のこれ↓↓↓のこと??

ストロベリーホイップクリームパンケーキ

好奇心でこのハワイアンのお店に入りかけましたが、
その時に隣のイタリアンのお店の大量の花輪が目に入りました。

サルヴァトーレクオモ

レイクサイド自体が新しくオープンしたばかりなので、
各お店の前に、送られたらしき花が置いてあるところも多々あるんですが、
このイタリアン、その花の送り主が至極、華やか。

あのエビちゃんこと蛯原友里さんとか渡辺謙さんとか、
藤原紀香さんのお名前もありました。

花輪

権威に弱いわたくしとしては、ぐぐっと牽引されました。

なんでもこの「ピッツア サルバトーレ クオモ」は、ピッツア世界コンベンションでも、
日本初、二年連続受賞をしているとか・・・。

あのピッツア世界コンベンションで2年連続だって?!

いや、正直、どんなコンベンションかしらんけど、なんか凄そな感じはする。

気がつくと中に入っていました。

すまん。ハワイのあのパンケーキの店。
あのパンケーキとやらは、気になるけれどもエビちゃんの引力には、なんか逆らい難い。

中はカジュアルな感じですが、
さすが有名なコンベンション(なのか?)で2年連続受賞するだけのことはあり、
キチンとピザを薪釜で焼いてました。
(一見、カジュアルでそうとは見えない赤いドーム状のものが薪釜らしいです)

薪釜

時刻はすでにランチというよりディナーの時間だったのですが、
どうせなら他のところでデザートも食べたいので、
ここは少々控えめに、前菜とピザとフォカッチャを注文。

こちら前菜に頼んだ「生ハムとモッツアレラの盛り合わせ」(1,200円)

生ハムとモッツアレラ

材料は毎週空輸してどこぞから運ばれるそうですが、
こちらのモッツアレラ・・・旨ーーーーーぁ。つうか旨すぎる。(><)

今まで食べていたモッツアレラチーズは、
もしかしたらモッツアレラでないかもしれないと思いました。

モッツアレラ

しっとりとやわらかくて、まろやかな酸味のチーズの味がします。

これがモッツアレラ・・・水牛の乳ってヤツだね?!という感じです。
この年にしてなんかモッツアレラ革命というやつが起こりました。

ピザは「ディアボラ」(1,500円)

ディアボラ

チキンとサラミのピザですが、香ばしくて適度にスパイシー。
こちらも美味しかったです。

最後に来たのは、季節限定「秋のフォカッチャ」(600円)ですが、

フォカッチャ

でかい。

フォカッチャを注文したはずですが、ピザと同じ位の大きさのものが来ました。

わたくし不勉強なもので、フォカッチャってホットケーキ位の大きさしかないと思ったのですが、
このお店がそうなのか、それともたまたまオープニングの大盤振る舞いだったのか、
フォカッチャとしては破格の大きさです。

店員さんが持ってきた時は、注文ミスかと思ったくらいです。

味もどちらかというとピザ?という感じで、かなりピザ風味のフォカッチャ。
これでお値段が600円というのも驚き。

“パスタとご一緒に”とサイドメニュー扱いでしたが、
こんなんパスタのついでに食べるのは無理っす。

全体的に、そんなに高いお店ではなかったのですが、
それでもこれだけ破格すぎる。

勿論、店員さんにもきちんと確認したのですが、
実は、未だにあれは何かの間違いだったのではないか?と疑惑はぬぐえません。

上に乗っているトマトが甘くて美味しかったです。

フォカッチャ

結果、1人につき23cmのピザ1枚を食べきったようなもので、
かなり満腹になり店を出ました。

しかしさすがエビちゃん、さすが二年連続受賞。
美味しいイタリアンで味は、本当に満足でした。権威に弱くてよかったっす。

空腹が満たされ、やっと当初の目的「ワイズロード」と
「クリスピークリームドーナツ」に向かうわけですが、
案内マップを見るとこの2件は“mori”にはなく、
もうひとつの棟の“kaze”にあるようなのでそちらに移動しました。

印象的には“mori”よりも“kaze”の方が狭く、スポーツ店的なものが多い感じです。

狭いとは言え、十分広いので、案内マップを見ても迷いながら「ワイズ」に着きました。

ワイズ

店内はまずまずの広さです。

今回は軽く見学のだけのつもりでしたが、ここで見つけてしまったのは、
「Raleigh ラレー RSW SPECIAL」

店頭に置いてある、クラシカルでいかすミニベロに目が釘付けになりました。
そして右斜め後方から同じくこのミニベロに熱い視線を送っていたのが相方。

普段はお得欲はあっても、物欲みたいな煩悩はあまりなく、
何かにつけて世俗の物欲にまみれている私とは対をなしている相方。 

「ミニベロは欲しい」とは言っていたものの、買う気があるんだか、無いんだか・・・。
(相方の)ミニベロ購入に向けて私の方が前向きだったのですが、
そんな相方がこのミニベロに喰いつきました。

メーカーなんかをぜんぜん考えず純粋に一目ぼれしたんですが、
よく見てみるとこのミニベロはラレー社のもの。
細身のフレームはクロモリです。

相方用のミニベロにはラレーのを密かに思っていた私ですが、
いいと思ったものがたまたまラレーとは、
街で一目ぼれしたら、実は親の決めた婚約者だった・・・みたいな。

これを運命と言わずしてなんというのでしょう?!

おりしもワイズロードオープンニングキャンペーンで、店内10%オフ。

得得大王の相方さんの目も異様にランランと光っています。

相方が(めずらしく)ハンターの目だ!

このままこいつと身請けしちまうか・・・。

と思いましたが、なにせ来月は“サイクルモード2008”

「今年は直接乗ってミニベロを選べる」と楽しみにしていたのです。

もしかして他にもっといいのがあるかもしれんし。(運命の出会いじゃなかったんかい!)

というスケベ心も芽生えまして、断腸の思いでお店を後にしました。

最終決定はサイクルモードの後になりますが、
ほぼ、相方のミニベロはこの「Raleigh ラレー RSW SPECIAL」で決定しそうです。

そんな思いがけない収穫もありワイズを後にしましたが、
次なる目的地は「クリスピークリームドーナツ」です。

日本上陸第一号店新宿店の尋常ならぬ並びっぷりに驚愕してから、
このドーナツ店を密かに(?)ウォッチしてきたわが家。

最近、ぞくぞくとオープンしてなかなか手が回らない感はありますが、
新宿、有楽町、船橋、川口とその並びをウォッチしてきました。

具体的にウォッチしているだけなので、実際に食べたのは2回しかありませんが・・・。

このイオンレイクタウンにも新規オープンしたと聞き、
ここは全国のクリスピークリームウォッチャー(他にいるのか?)のためにも
ウォッチせずには置けません。

また、無駄な使命感だよ。・・・と思われるかもしれませんが・・・。

「クリスピークリームドーナツ」は“kaze”側の2階にありました。

クリスピークリームドーナツ

数点ウォッチしてきた手ごたえから、
新規オープンしたばかりだし、ここは2時間の並びはかたいのでは?

と辛めな予想していたのですが、意外にも並びは短めの“40分”でした。

並び時間

時間も夜の7時を回っていたので、遅めだったせいもありますが、
それにしてもオープニングしたてでこの並びとは、もしかして穴場?かも。

川口も普段日の夜に行った時には並びなし。という穴場っぷりでしたが、
埼玉はクリスピークリームドーナツには、あまり並ばないお土地柄なのでしょうか?

今後は並びなく購入できる時が来るかもしれませんので、その時を狙って店内に入ろうと思います。

基本ウォッチャーなので、並びたくないんですよね。^^;

取りあえずウォッチできたことに満足しましたが、
広い店内を混雑の中歩き回ったので精神力が続かず、ぐったりしてしまいました。

ここはちょっと休んでから帰ろうと“kaze”側のフードコードを見たのですが、
“mori”側のフードコートの方が広いし、食べたいものがあったかも。←まだ食うんかい。

食欲に駆られて、またまた大移動です。

moriのフードコードは3階にあるのですが、
ここで秋という季節がらか、オヤジ病絶好調の相方、

「三階の珍味(山海の珍味)を求めて移動だね。(^^)v」

この日、数々のオヤジギャグを聞かされた私は、
ここに来て「負けるもんか!」という情熱が沸きあがりました。
・・・その情熱に意味があるのか?は別として・・・

おりしもポタ後に広い敷地を歩き回ったので、腰が痛いという話をしていたこともあり、
こいつはチャンス到来!と思い、相方に向けて言い放ちました。

「なんか越谷で腰がヤバイ。」

どや。この地域オヤジギャグ。

確実に“3階の珍味”よりは勝ってるだろ。

オヤジ病の完治は遠のきましたが、なんかすっきりしました。

3階のフードコートにはいろいろと入っていたのですが、
「シリアルマミー」というところのケーキが気になりました。

シリアルマミー

さっき散々高カロリーなピザを食べて、ここでまたケーキかよ。

と自分でも思いましたが、まあ、かなり歩いたし、
かなりカロリーも消費したのではないかと・・・(願望)

このお店はどうやらテレビや雑誌などでも取り上げられているお店のようですが、
どこが気になったかと言うと、

ケーキが「くまちゃん」です。

くまちゃん

「くまちゃんかわいい~。」と純粋に思える時はとうの昔に終わりを告げましたが、
なんか気になったのです。

雑誌に取り上げられているだけに美味しかったのですが、
スポンジが冷たくて若干堅かったのは、そういう食べ物だったのでしょうか?

いや、そういう食感でも問題ないのですが、
謳い文句が「ふあふあのスポンジ」だったので気になりまして・・・。
もしかして解凍ミスとかあるのかなぁ。と。

食後は、時間も遅いことだし、精神的にこれ以上、
レイクタウンを探索するのは無理と判断しまして、帰ることにしたのですが、
考えてみれば“ショッピング”というのは、ほとんどできなかったような・・・。

かなり回数を踏まないと、このショッピングセンターの全貌をつかむのは無理っすね。(--;)

外に出ると、当然どっぷりと日は暮れていたので、ナイトライドで帰宅したわけですが、
レイクタウン付近は、まだ街灯が整備されていなかったので、
車道の車の明かりが無ければ、ほぼ真っ暗。

自転車生活始まって以来の暗さでちょっと怖かったです。

早く街灯がつくといいなぁ。^^;

【10/4の走行記録】
走行時間:3:26:42
走行距離:49.08km
平均時速:14.2km/h
最高時速:28.7km/h

ランキング参加中です。できればポチッ☆とクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキング

関連記事
クロスバイクにトラブル発生
ブログの表題と反して、最近たまーにしか出番の無かった、
私のクロスバイク、ビアンキ・パッソ。

最初に手に入れたスポーツ系の自転車なので(しかも散々待たされて)、
それはそれ愛してはいるのですが、

●ステムの変更をしなければ、ポジションが悪い。
●未だボトルケージを付けていない。

等々の不都合があり、特に飲み物が必要な夏の間の出番は皆無でした。

万年売り切れ状態の希望のボトルケージはさておき、
ステムなんてものは、自分の意思次第で早々とりかえりゃいいものなのですが、
ミニベロという2台目があるので、ついつい面倒な事は後回しにしちゃったり・・・ごにょごにょ。

でも、まあ、ポジションが多少遠くても春までは乗っていたわけですし、
飲み物を随時補給しなくても済む、秋の訪れを感じる今日この頃、
そろそろビアンキ・パッソもなるべく平等に乗ろうと思っていたわけです。

そうして「今日こそはパッソに乗ろう」と思っていた先週末の日曜日のことです。

相方がパッソのタイヤを空気入れをしてくれまして、
その時に後輪のブレーキの異変に気がついたようなのです。

「これ、後輪のブレーキ片ききじゃん?」

そう相方に言われて思い出したのですが、
9月23日に(これまたえらく久しぶりに)パッソに乗って帰ってきた時に、
「あれ?後輪片ききかも。」と気がついていたのでした。

そしてあとで治そうと思っていながら、すっかり記憶から消えていた・・・と。

しかし“片きき”と言えば、わが家の自転車達も何度も陥ったことがある症状です。

治療方法も螺子一本を回すだけでなんとかなるという、
拍子抜けするくらい安易なものです。

私は出かける前の家事に追われていたので、
相方にそっとドライバーを渡し、片ききの治療を任せることにしました。

そして簡単に治るはずだった片きき・・・

しかしこの片ききは単なる片ききではなく、

背後には恐るべき原因が隠されていたのです!

・・・つづく。


・・・という感じについ話を持っていってしまったのですが、
別に謎の組織とかが絡んでいるわけでもないので、続けさせていただきます。

「あっ」という間に治ると思っていた片ききですが、
相方は、なぜか治すのにかなり戸惑っているようです。

「・・・まあ、相方だしな。」

と思いつつ、他の事をやっていたのですが、

「こ・・・これは、単なる片ききじゃない!」

と相方が叫びました。

単なる片ききじゃければ、どんな片ききなんじゃい。

と思いましたが、相方曰く、

この片きき状態は普通の片ききではなく、

ワイヤーがささくれているので、
そのワイヤーのささくれ部分がこの黒いカバーに引っかかり、

ブレーキワイヤー 

元に戻らない状態になるので、現象として片きき化している。

ということなので、どんなに螺子を回しても治らんということです。

そういえば・・・ほんのちょっとワイヤーがささくれているけど、
こんなことが原因でブレーキが動かなくなるの?!

納得がいかず、何度か試してみましたが、確かに相方の言うように、
このちょっとしたワイヤーのささくれが原因のようです。

千丈の堤も蟻の一穴からと申しますが、こんなちょこっとの事で、
どうにもならくなるものなのですね。

取りあえずこのささくれを巻き込もうとしましたが、
うまく巻き込めず、更にカバーの中に入ってしまい、更にどうにもならなくなりました。

その日は出かけたかったので、取りあえずミニベロの方で出かけたのですが・・・。

思い起こせば、このささくれは、ゴールデンウィークに輪行もどきをした時に、
ワイヤーが嵌らなくなり、元からワイヤーをはずした時に、
ワイヤーのよりがほぐれてささくれだっちゃったものですが、
しかしあの1回の輪行もどきは、いろんな意味で高くついた輪行もどきっす。(--;)

治すには、また元からワイヤーをはずすことになると思うのですが、
それでもここまでワイヤーのよりがほどけている以上、
そのままにしておくと、やばい事にならないのだろうか?

ここは思い切って、あれ・・・

ブレーキワイヤー交換というヤツをやっちまった方がいいのか?

そして交換するとしたら、
ここはバイカーとしてのレベルアップをはかるということで、
・・・自分で・・・とか?

いや、それはさすがに無謀すぎるかも。

と悩ましい自転車暦ほぼ1年の秋です。

ランキング参加中です。できればぽちっ☆とクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログへ  人気ブログランキング

関連記事
クロスバイクのブレーキ問題(一応)解決です
相変わらず市場では、すっかり食べごろな黄色いバナナが消え、
早出荷感ありありの青いバナナが並んでおりますね。

「早く黄色いバナナが食べたい~」(by妖怪人間)状態になっておりますが、
青い色と比例するようにして、値段もちゃっかり高騰。

ちょっと前までは、ひと山○○円とかで売られていたような気がしますが、

ホントバナナさんも出世したよね~。そろそろ高級フルーツの仲間入り?!

流行の波に踊らされ「朝バナナダイエット」を始めたわが家的には、
このところのバナナの高騰ぶりは、わが家の脆弱な家計へモロ直撃。

あまりの品薄と家計への影響を考え、このまま2人で「朝バナナ」を続けるのは無理と判断。

ここは崖っぷちメタボ高血圧ダイエッターの相方だけには続けさせるべく(なにせ命かかってるし)、

ここは私の屍をこえてゆけ!

と言う感動の自己犠牲精神をもって、私は断腸の思いではありますが、
「朝バナナダイエット」から完全撤退した次第です。

・・・バナナ青くて美味しくなさそうですし(ぼそっ)。

そんな私の犠牲の上、ウィークデーの相方は、朝といえば青いバナナをかじり、
昼といえばアンダー500kcalランチ、略してアンゴラダイエットを実施、
そして土日のポタ時は胃腸が恐慌を起すほど食いまくる。

という、かえって体に悪そうな日々を送っておりました。

ウィークデーのがんばりを土日で台無しにするという、奇妙なこのダイエット(?)
体重の推移は一進一退を繰り返しておりましたが、
土日の2日間でドカ食いしようとも、さすがに5日は禁欲生活を送っているので、
ここにきて目に見えて体重が減ってまいりました。

その体重減は、ピーク時から-5kg!

あれ?というと逆算するとピーク時で××kg(本人の希望により伏字とさせていただきますm(__)m)
ってことだけど、そこまで重かった時があったなんて聞いてないぞ。

相方のやつ、私に最高時の体重を伏せてやがったな。姑息なっ。(--;)

でも、まあ、相方の姑息さはともあれ、メタボ解消にかなり近づき、
喜ばしい限りではあるんですが、
しかし自転車を乗る上で困ったことが一つ。

今のジーンズというのは、前のジーンズがおまたずれで駄目になった為に購入したものでして、
つまりおまたずれバリバリの時に、その体に合わせて購入したジーンズになります。

ようは一番体重がピークのおでぶ期の体に合わせて作ったものなので、
ジーンズがずり落ちてきて困っております。

「もう、ジーンズがゆるゆるで困る~。」

と大して困っていないような優越感に満ち溢れた相方の台詞には、
メタボ解消を心より望んでいたはずの私をなぜかむかつかせてはいるのですが、
実際、確かに日に日にジーンズが腰の方まで落ちてきています。

日常生活でもかなりきているのに、
その状態でポタっていると、パンツが丸見え。

見苦しいことこの上ない。

まだまだとんがっている感じの年端も行かない若者だったら、
見せパンとかもあり、多少許せる土壌があるのかもしれませんが、
中年男性のパンツなんぞ身内の私でもゲンナリするのに、
世のほとんどの人が見たくないはず。許したくないはず。

しかも見せパンでもない安物のパンツだし・・・。←そういう問題じゃないか。

不愉快なものを見せられて、いっそのこと抹殺したい。

という気持ちになる方もいるかもしれません。
 
それに世間様のご迷惑であるというのもさることながら、
これ以上ずり落ちると、制服を来た方に連れていかれそうな気がするので、
その前に、ジーンズを買いなおさなきゃなぁ。と思っています。

セレブ御用達の○○ダイエットとかしなくても、
ダイエットというのは、大なり小なり出費がかさみますね~。

・・・話は変わりまして、今日はいいお天気でしたね。

お台場の方までポタって来たのですが、
本日は、クロスバイクにてポタってきました。

クロスバイクといえば、先日ワイヤーのささくれにて片きき状態になっていたのですが、
それはめでたく解消されました。

あれしきのことでビビリまくって、

もうワイヤーの交換しかないかも。(絶望)

とか大騒ぎして申し訳ありませんでした。(恥)

セイジさんにアドバイス頂いたように、根元からワイヤーをはずして、
ささくれ立っている部分をぶった切ったら、あっさり解決しました。

ささくれ立っている部分を切っちゃったら
ワイヤー自体が弱くならないだろうか?

とか不安だったんですが、多数の針金(?)をよってあるので、
意外に一本ぐらい切っちゃっても大丈夫なんですね。

しばらくこのままで過ごして、またささくれが出てきたら、
その時は交換しようと思います。

“ささくれワイヤーをぶった切る”・・・と、これしきのことなので、
出かけにやったのですが、かかった時間は、約1時間。

それにしても、なぜこんな事ぐらいで、そこまでの時間を要したか? ・・・ですが、

いきなり元からワイヤーを外してささくれを切ったのですが、

ワイヤー


切ってから、ワイヤーを元通りにはめたら、
今度はブレーキがバカになって、レバーが戻らなくなってしまいました。

ブレーキ

なーーーぜーーー??

しばらくどうしていいかわからないまま、悪戦苦闘していたのですが、
「そういえば、これは前にも経験あるぞ。」ということを思い出しました。

経験あることだけは思い出したですが、肝心の対処法については、

真っ白。(゚∇゚ ;)

ふっ・・・私の記憶は砂上の楼閣、時と共にさらさらとこぼれ落ちていく・・・。

昼メロからパクったフレーズを寄せ集めたような台詞を吐いてしまいましたが、
ようはさっぱり思い出せません。

そこでやってて良かったこのど素人ブログ。

こぼれ落ちた記憶という名の砂を寄せ集めて思い出したのですが、
確か同じような問題が起こったのは、
ゴールデンウィークに実家まで輪行もどきをやって、
家に帰ってきて、組み立てた時・・・だったような・・・。

過去の記事を検索してみて、その時と完全に同じミスをしているのが判明しました。

ようは、ワイヤーを外す前に、

ブレーキ

このアジャスターを根元まで戻しておかなきゃいけなかったんじゃん。

アジャスターを根元まで戻し、ワイヤーを張った状態で、
嵌め直したら、きちんとブレーキが動くようになりました。

ホント、なんで目先のことにガツガツして、いきなりワイヤーをはずしちゃうかなぁ。

しかし、一度やった整備ぐらい覚えて置けないのかね。自分。

これじゃ、新たな整備スキルをGETしたかと思ったら忘れて、
忘れてはGETしの永遠のループじゃね?

しかし今回のことで改めて思い知らされたことは、
前のブログ記事で「ブレーキワイヤーを自分で替えちゃおうかな。」みたいなことを書きましたが、

正直、すみませんでした。

自分、調子に乗ってました。

「意外にできるんじゃん?」とかちょっと思っていましたが、
無理だということを改めて実感しましたです。

皆様の温かいアドバイスに基づき、無謀な事などしようとせず、
迷わずお店にお任せしようと思います。

ランキング参加中です。できればぽちっ☆とクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログへ  人気ブログランキング

関連記事
秋の訪れ、向島へランチポタっす
昨日、今日と両親が旅行の為、また愛犬の世話係として
しょう油の街市に帰ってきております。

しょう油の街市は、現在住んでいるところより若干北に位置していますし、
近くには木々も豊富なので、家にいる時よりも“秋”というものを感じます。

中でも最も秋を感じた出来事は「便座」

実家は、去年リフォームしたことにより、トイレも最新式へと変更したのですが、
最新式のトイレは、流行の(?)電気節約なエコタイプ。

必要時、つまりトイレに入った時のみ便座を温めるというヤツなんですが、
地球に優しい行為とは、人間には優しくない場合もあります。

この便座はトイレの扉を開けてからセンサーが反応して便座を温めるシステムらしいのですが、
扉を開けてから座るまでの間が短いと、便座の温まりがまったく不十分の状態となります。

特に自慢にはなりませんが、
私はこのトイレを開けてから便座に着席するまでの時間に掛けては、
かなり短めだと自負しております。

で、今回実家に来てトイレに入ったら、あまりの冷たさに「うひやっ」・・・と。

そして「秋を感じるなぁ~。」としみじみと思った次第です。

・・・便座で感じるところが自分の感性の限界を感じます。

というわけで、昨日は午後から私だけ、しょう油の街市に帰還しなければならず、
自転車に乗れる時間は、限られていたのですが、
そういう限られた時間しかない時こそ、朝から出かけるチャンスです。

朝は6時に起床し、朝もやの中荒サイを行ける所まで走りまくり、
ランチを食べて昼過ぎに帰還し、さわやかな走行後の疲れの中、
まったりと過ごし、しょう油の街市に帰還・・・

というようなスケジュールを嬉々として考えていたのですが、
所詮、夜型人間のナイトライダー、前日の土曜日もナイトライドして
帰ってきただけのことはあり、妄想に終りました。(--;)

実際には、比較的早く起きたにもかかわらず、
いつものように午前中をダラダラと過ごしているうちに、
お天気も怪しくなってきたことだし、
結局「近くのお店にランチだけでも食べに行くポタ」となりました。

今回のお店は下町の雑誌等にもよく紹介されているようなのですが、
わが家の買ったメシポタ参考資料「東京下町歩く地図」にも掲載されているところで、
昭和33年から営業されている、向島にある老舗の喫茶店「カド」というお店です。

生ジュースと自家製くるみパンで有名らしいお店なんですが、
うちからだと結構近いので、かえって今まで行く機会がありませんでした。

場所は、墨田川に架かっている「桜橋」の近くにあるお店なので、
隅田川沿いのサイクリングロード(?)のような道を走っていけるので道中快適で便利です。

 

桜橋

こちら「桜橋」私は、夜に走ることが多いですが、車は走らない橋なので、渡りやすいです。

近くには前に行った「言問団子」もありました。

そして到着したのが喫茶店「カド」

カド

お店の前に立つと、ずーんと歴史的な圧力のようなものを感じます。(気のせいかもしれませんが)

店構えはかなりレトロの感じで、正直、一見には敷居が高い感じです。

が、せっかくここまで来たので入りました。

お店の中もかなりレトロ感漂う雰囲気で、
テレビで野球中継なども流していまして、古きよき喫茶店という感じです。

カド

サンドイッチは種類がいろいろあって迷いましたが、
相方は「くるみブルーベリーグラハムパンのナスモッツアレラサンド」

くるみブルーベリーグラハムナスモッツアレラサンド

私は「くるみグラハムパンのオムレツサンド」

くるみグラハムオムレツサンド

パンの上にトッピングされているのは、カボチャとひまわりの種です。
ハム太郎を思い出しましたが、このトッピングも香ばしくて美味しいです。

サンドイッチは手作り感がある素朴な味で、
なんといってもやっぱりパンが美味しかったです。

セットにすると普通サイズの2分の1サイズの生ジュースが付くので、
セットにしました。(各750円)

生ジュース

私は定番(らしい)黒ぶどうジュース(奥)、
相方は、アボカドジュース(手前)を注文。

アボカドの生ジュース・・・意外とチャレンジャーだな。相方。

と思いましたが、このアボカドジュースがクリーミーで美味しい。
ほんのりとアボカドの味はしますが、全体的にはミルクセーキっぽかったです。
黒ぶどうジュースもフレッシュな感じで美味しかったです。

店内ではパンのみも販売していて、食事をしているときに何人かパンを購入するお客さんがいました。

美味しいパンだったので、
わが家も「くるみさつまいもカスタードブレッド」を購入して帰りました。

くるみさつまいもカスタード

ずっしりと重く、量も結構あるのですが、お値段は300円と重さと反比例して安いです。

シナモンたっぷりで、家に持って帰ると甘いシナモンの香りが(狭い)家中に広がります。
たまらず早速食べてみたのですが、パンはふわふわとやわらかく、
サツマイモもたっぷり入っていて、これまた美味しかったです。

よくよく考えるとコーヒーらしきものがなかったような気がしますが、
また、生ジュースを飲みに行きたいと思います。

さて、お店から帰ってくる時に、ジグザグにアップダウンする道をちょっと通ってきたのですが、
最近は、坂道というのが前ほど苦にならなくなりました。
あくまで“前ほどは”ですが・・・^^;

前は坂道といえば、私にとってがっかりの対象、忌むべきもの以外の何者でもなかったのですが、
“最大に大嫌い→ちょっと嫌い”にまで、意識改革できてきたのは、
あの自転車素人界では、幻の名番組「自転車の王子様」のお陰だったりします。

「自転車の国の王子様」は、この8月にNHKで放送された
連続番組「○○の国の王子様」シリーズのの第何弾目かの番組だったのですが、
ど素人の私からしても、その題を聞いたときから、

「おそらく、ふざけた番組なんだろうなぁ。」

とか思い、ふざけたお茶目なオープンニングを見た時は 「やっぱりね~」とか思いました。

ところが、実際内容を見ていくと、プロの自転車選手の方(タック王子)が素人目線まで、
ぐぐーーっと目線を下ろして説明してくれいているので、
万年ど素人の私としては得るものがたくさんありました。

その一つは、「王子座り」

ってそれかーい!

この「王子座り」とは番組中で、タック王子こと別府史之匠さん(※)が、
停車中の自転車のフレーム部分に華麗に腰掛けている座り方のことで、
楽チン大好きな相方が自転車に乗る上で1番取り入れたいと思った(らしい)テクニックです。

(※)すみません。なにをボケていたのか、弟さんのお名前を書いてしまいました。
史之さんじゃ、タック王子じゃないですね。(汗)
ご指摘ありがとうございました。m(__)m

ちなみに擬似語として福原愛選手の「王子サーブ」がありますが、
こちらとはまったく関連性はないようです。

相方はまだ、せいぜい猫の綱渡りクラスにぎこちない感じでしか座れないのですが、
私は低めのフレームのミニベロで出かけることも多い為か、
フレームに座りながら、ローズティーでも頂けそうなほど、リラックス状態で優雅に座るまでにいたりました。

そして、もう一つは、「ダンシング」

坂道を登るには“ダンシング”らしい方法があるらしいよ。とは知っていたのですが、
番組を見る以前は、「ダンシング=単なる立ち漕ぎ」と思っていたのです。

でも立ち漕ぎをやるとコケそうになるし、かえって力が分散して坂道の途中でギブアップ。

ということもあり、ダンシングというか立ち漕ぎはやっていなかったのです。

そして番組で坂道を登る方法としてダンシングというものが紹介されていて、
それを見たら、目からウロコがポロリもあるでよ。ですよ!

「ダンシング=私が思っていた立ち漕ぎ」ではないことが判明しました。

まず、ダンシングする時は、自転車の方を左右に振るが、体は振ってはならない・・・ものらしい。

そう言えば・・・振ってましたよ。体の方を。

だから力が逃げまくって、うまく坂道を登れないんだろうか?

その日からちょっとずつ、坂道時はダンシングを意識するようにしたんですが、
ドロップハンドルということもあるのか、最初はなかなかバランスがとれないんですよね。^^;

でも粘ること幾星霜、やっと最近、華麗なダンシングテクニックをマスター!

・・・するまでは行っていないのですが、ダンシングっぽいことを習得するのに成功したのです。

そうすると坂道を登る時に以前より格段に楽になりました。

・・・あくまでも前に比べてですが・・・。^^;

都内は意外と坂道も多いので、ちょっとだけでも楽になったのはかなりの収穫です。

彗星のごとく輝いて消えていった番組「自転車の国の王子様」(なにせ全3回だし)
しかしそのスピリットは、私の中で輝きつづけております。

できれば、タック王子カムバック。第2弾とかやってくれないかなぁ。

【10/18の走行記録】
走行時間:0:27:06
走行距離:5.36km
平均時速:11.8km/h
最高時速:24.0km/h

ブログランキングに参加してます。できればポチッ☆とクリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキング

関連記事
下町へGO!深川散策ポタ【前編】
このところ秋晴れのいいお天気が続いてますね。

休日も天気が良いことが多く、その度にポタっているので、
昨今は「ポタ日記」が追いつかず、滞りがちになっております。

しかし・・・滞っているといえば・・・

「ポタったらなるべく記録」をポリシーとしてやってきたこのブログですが、
実は、書くタイミングを逸したまま、すでに不良債権化しているポタ日記も
幾つかあったりなかったり・・・2008年夏のカキ氷ポタとか・・・ごにょごにょ。

一応、ポタメシ等の記録ではあるので“季節柄”とか“いまさら感”とかは一切無視して、
そのうち綴って行きたいなぁ。と無謀なことを思っております。

しかし冬にカキ氷ポタの記録を書くなら、いっそ周回遅れを狙って、
来年の夏の方がいいのか?・・・とか、思ったり思わなかったり・・・。

そんな密かな目論見は、ちょっと横に置いておきまして、
直近(って言えるのか?)の「ポタ日記」を書かせていただきたいと思います。

いろんな意味で度肝を抜かれた「越谷レイクタウンポタ
結局、この日はナイトライドで帰ってくることになりました。

自転車を走らせている時は、脳内アドレナリンがドクドクと出ていて、

「よーし、明日も長距離ポタ行っちゃうぞ!」

とか自分でも「どっかの(頭の)螺子がとんじゃってるんじゃないか?」
と思うほどハイテンションになるのですが、
次の日になるとそんなテンションはすっかり消えうせ、ゆり返しで朝は至極ローテンション。

午前中をダラリと過ごしたあげく、午後から「近間でも行っとく?」ということが通例です。

そしてレイクタウンポタの次の日の10月5日は、モロそんな日の典型でして、
アンニュイな午前中を経て、やる気がそれなりにみなぎってきた午後から
比較的近場の深川方面にポタることにしました。

ただ最短で行ってもつまらないので、
ちょっと遠回りになりますが、まず荒サイを葛西方面に走ることとします。

今更ですが白状しますと、実は最近まで私はサイクリングロードを
走るのがあまり好きではありませんでした。

なぜならヤツには信号がない。

自転車乗りとしては信号は普通忌むべきもののはずなのですが、
私にとって“信号=ていのいいお休み処”

特に都内の道はしょっちゅう信号があり、これまたしょっちゅう赤信号でひっかかれるので、
「信号じゃしょうがないなぁ。」と自分に言い訳しつつ、
(いや、私も(無駄に)自転車乗りのプライド(?)らしきものがあるので・・・)
正々堂々と(?)休みたい放題なのです。

ビバ、信号。

それに対してサイクリングロードというやつは、言い訳になる材料というものがない。

「ヘタレライダーに言い訳を与えてやろう」という慈悲の心というものがない。

習い事もやる気も根気も長くは続かない私としては、
どこで休んでいいかわからんような道をただ延々と走っているのは辛いのです。

・・・いや、すでに過去形なので辛かったのです。

しかし、どんなヘタレでも1年も続けていれば、少しは成長するもので、
最近では、サイクリングロードも10km程度なら休まずに快適に走れるようになり、

信号うぜーーーーーーーーーっ。

と思うまでに成長を遂げたのです。

・・・いや、10km(程度)という距離の是非はこの場では問わないでやってください。

丁度、うちの近所から荒サイに乗ると「葛西橋」まで10km程度なので、
ここは「休まない」を目標にひたすら走ることとします。

そして意気揚々とサイクリングロードにinしたところ、

向かい風だよ。(T_T)

・・・前言撤回してもいいっすか?やっぱサイクリングロードは好かんかも。

秋風が吹くこの時期、なんで南方面に向かっているのに向かい風なんだ?つう話ですよ。

そろそろ吹き始めようよ。北風とやら。

しかしわが家は僻みも入っているのかもしれませんが、
なんか向かい風を受ける状況が多いような気がするんですよね。

夏に北に向かっても向かい風、秋も向かい風、そして(たぶん)冬も向かい風、
それから外国(ハワイ)でも向かい風。

田村でも金、谷でも金、ママでも金・・・みたいな。

やっぱりわが家には向かい風男とか巣食っているんだろうか?←男と限定している辺り・・・ 

不愉快な気持ちを抱えつつも、存外と強く吹いている風の中を走っていきました。

途中、去年も咲いていた同じ場所にコスモスが咲いていたので、
休憩して写真を撮りました。

コスモス

「休まない」が目標じゃなかったんかーい。

て、そんな目標は向かい風と共に、銀河の果てまで流れて行っちまいましたよ。

約1年前に、同じ場所で写真を撮った時はクロスバイクがまだ来ておらず、
ママチャリのチャーリで撮りました。

それが今や、クロスバイクを購入し、その上でミニベロまで購入してるとは・・・。 

本人すら、まったくの想定外です。たった一年で子沢山。みたいな。

来年はどんな自転車人生を歩いているのやら・・・正直、ちょっと怖いです。

さて、葛西橋から荒サイを降り、

葛西橋

ほぼまっすぐに進めば「深川」に着きます。

最初の目的地「江戸深川珈琲本舗」

江戸深川珈琲本舗

この辺りは下町といわれる場所なんですが、
下町感溢れるネーミング、そしてレトロな店構えです。

世は平成に移り変わった今、あえて店名に「江戸」と入れてしまうところに、
「おしゃれならいいやん。カフェならいいやん。」的なものへのアンチテーゼを(勝手に)感じます。

外のオープンテラス(?)部分でも飲めるようですが、

オープンテラス

私たちはいろいろと探りたいので店内で飲むことにしました。

私がたまたま座った席の裏には物々しい感じの謎の物体があり、
どうやらこれがコーヒーをローストする機械らしいです。

ロースト機械

注文は「ケーキセットを2つ」・・・と行きたかったんですが、
前日にイタリアンだのくまちゃんケーキだのを食べすぎたので、
ダイエットのために、ケーキセットは一つだけ、あとはコーヒーを頼みました。
・・・こんな時は、食った分だけ肉になる体がとことん憎いです。

最初に水を出してくれたんですが、ここのお水は美味い!

水

なんかあまりに美味しいので写真に載せちゃいました。 ^^;
適度に冷えていて、ポタ後の喉には最高でした。

私が「まずい」というものを「まずくはないじゃん」と評し、
私があまりの個性的なお味にギブアップした食べ物でも平然と食べる、
そんな特にグルメではない相方ですが、実は、異常に水だけにはこだわります。

育った場所が特に水の美味い場所だったようで、
ちょっとでも美味しくない飲食店のお水には、手も出さないことがしばしばあります。

その相方さんが、このお店のお水は一気飲み。

水が美味いお店にコーヒーがまずい店なし。(たぶん)

ということでコーヒーも期待大。

こちらが「ケーキセット」(650円)

ケーキセット

ケーキは「さつまいもアップルパイ」という、
サツマイモパイかアップルパイなのかどっちなんすか?
というパイを注文。

もちろん2つの味が楽しめるっぽいお得さで相方さんが選んだものです。

コーヒーは普通のブレンドコーヒーだと思います。

私は「ヨーロピアンブレンド」(450円)

ヨーロピアンブレンド

「さつまいもアップルパイ」は、相方さんの予想通り、
半分がアップル、半分がさつまいもペーストの2層になっている、
今まで市場にあったような、なかったようなパイです。

しっとりとしたさつまいもペーストとりんごの甘酸っぱい味があいまって美味しいです。
どちらかというと家庭的で素朴なやさしい味でした。

言うまでもなく、コーヒーもさすがに美味しいです。
丁寧に淹れてくれた味がしました。

店内は常連さんらしきお客さんもいて、かなり寛げる雰囲気になっています。

店内

私たちも店内に流れるまったりムードに身をゆだねて、
結構のんびりしてしまい、そのまま根が生えそうになったのですが、
日も短くなっている昨今、なんとか根を引っこ抜いて、次なる場所に移動です。

このお店は珍しいコーヒーや紅茶も販売しているらしく、
店内にはいろいろな種類のコーヒーや紅茶が置いてありました。

前日にレイクタウンのカルディコーヒーファームで、
オープニングセールのコーヒーを購入してきたばかりですが、
ここはせっかくだからこのお店のコーヒーも購入して行くことにしました。

「さて、どれにしようか?」と数多いコーヒー中からチョイスしようとしたところ、
わが家のお得監査人の相方がある貼り紙を見つけました。

奥さん!聞いて!!その貼り紙には、

「5.10.15.20.25.30は30%OFF」の文字が!!

そしてこの日は10月5日・・・奇跡って本当にあるんだね。

こんなラッキーデーにたまたまこのお店に来る事になるとは・・・
奇跡なのか、それともわが家の得々ハンターの相方の超能力的嗅覚が働いたのか。

だんだん(お得的には)神がかりに成長していってるな。相方。それはそれででかした事かもしれん。

ついスケベ根性が出て、ここぞとばかりにリッチな豆を購入しようと、
「ブルーマウンテンブレンド」なんかを購入しちゃいました。

コーヒー

自分、ついガツガツしちゃいました。すみません。

ちなみにこのお値引きキャンペーン(?)はいつからやられているのか(そしていつまでやるのか)
は、わかりませんが、貼り紙から年季というか歴史を感じました。

できれば続けていただけたらと思います。

そして喫茶店を出て、次なる目的地「深川不動堂」に向かったのですが、
そこでまさか久々にアイツと再会を果たすことになるとは・・・

お得にコーヒーを手に入れて、ホクホクしていた私達は知る由もなかったのです。

すみません。続きます。m(__)m

ランキング参加中です。できればポチッ☆とクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキング

関連記事
下町へGO!深川散策ポタ【後編】
先日、両親が旅行で不在のため、しょう油の街市に留守番に帰っていたのですが、
旅先から帰った母が、わたくしをやたら不審な目で見ておりました。

豚肉の目方を確認するような、
そして確認した上で何かを「言おうか、言うまいか」迷っているような目。

来るっ。こんな目をしている時はきっと来る。貞子のようにきっちり来るっ。

「あんた太ったんじゃない?」 (by母)

きたーーーーーーーーっ!!

私の母は、私よりも低い身長でありながら、体重は20kg以上増量タイプという、
見るからに肥満恰幅のいいタイプなんですが、
それだけに脂肪に対する造詣が深いのか、
私の体重の変化にはものすごく敏感、その上に的確だったりします。

そう、太ったんです。白状しますと太ったんです。

相方にあれほど厳しいことを言ってなんですが、
灯台もと暗しといいますか、医者の不養生といいますか・・・。
カロリー刑事、自ら犯罪に手を染める!みたいな・・・。

・・・しかし、自らの怠惰を言い訳するわけですが、
確かに太りましたが、その体重増は今のところ1kgちょっと程度のはず・・・。

それ位なら今まではバレずに済んで、ひっそりと元に戻せたはずなのになぁ

その事を母に言うと、

「たった1kg程度しか増えてないの?!」

と驚く母、更に続けて

「なんかえらく顔が下膨れに見えたから、結構太ったと思ったんだけど、
じゃあ、単に年をとって顔の皮膚が弛んだからそうみえるのかしら。」

・・・・・・痛い。

その悪気のない本音がめちゃめちゃ心に突き刺さります。お母様。

ホント身内って容赦ないような。 ・゚・(ノД`;)・゚・

いや、お母様、これは肥満です。この下膨れは肥満のせい(としておきたい)です。

体重が元に戻れば解消されるはず!・・・たぶん。

ということで、私も積極的なダイエットを試みることにしました。

そのダイエット方法とは「0カロリーゼリーダイエット」

ゼロカロリーゼリー

今、コンビニとかスーパーでは、0カロリーゼリーって販売していますよね。
昼ごはんとかを少なめにして、この0カロリーゼリーで空きっ腹を満たそうというものです。

ちなみにこの0カロリーゼリー、アンダー500Kcalランチダイエット(アンゴラダイエット)
実行中の相方さんも、愛用されているそうです。

どんなカロリー工学を使ったのか、凡人の私には謎ですが、
このたっぷり190gもあるゼリーがたったの0カロリーです。

食品100mlあたり5カロリー未満であればカロリーゼロと表示できるようなので、
実際は10kcal程度はあるかもしれませんが、それにしたって・・・

普通、この程度の量のゼリーは、普通200kcal近くはあるはず、
あとの190Kcalはどこに消えてしまったの?

教えて、ドラえもーーん。

ホント今の世の中は不思議であふれていますが、取りあえず食べてみました。

中身はゼリーの中にキューブ状のゼリーが入っています。

ゼロカロリーゼリー

味は「普通のゼリーに比べても美味しい!」とは、正直、いえませんが、
カロリーオフの独特な味はするものの、カロリーの低さを考えれば、なかなか美味しい感じです。

私は、まだ2種類しか食べていないのですが、味の種類も4種類ぐらいあるそうで、
もともとゼリー好きの私としては、これならしばらく続けれれる感じです。

お値段は、普通のゼリーと比べて少々高めで150円位はするのですが、
考えてみれば(いくら高騰中とは言え)バナナの方が安いのでは?(゚∇゚ ;)

・・・・・やばい。

 

「家計に響くから私は朝バナナダイエットあきらめるよ。相方は私の分までがんばってね。」

とかいい話風に仕立て上げていましたが、

実は、

もはや野菜のような味の青バナナを食べるのがイヤなだけだった。

ということがばれてしまう。

しかし、今のところこのロジックに相方さんが気づいていなさそうなのは、幸いです。

あっ。でもブログに書いてるとばれちゃうか。

話は変わりますが、以下、「深川散策ポタ」の続きになります。

*************************************

美味しいコーヒーを飲み、思いがけずお得にコーヒー豆を手に入れることができ、
かなりテンションアップで「深川不動堂」に向かいました。

この「江戸深川珈琲本舗」と「深川不動堂」は
「自転車いらないじゃないの?」と言うほど、距離的には近いところにありました。

いや、もちろん自転車は持って行きましたが・・・^^;

「深川不動堂」に行くまでの参道は、思ったよりも短い道だったのですが、
いろいろ魅力的な(食の)お店がありました。

参道

名物のきんつばや、煎餅店などがあり、
どちらかというとその場で食べるよりも、お土産に買っていくような食べ物が多かったです。

ダイエット中でなければ、お土産にいろいろ買って帰りたかったなぁ。(--;)

この短い参道・・・正式名称は「人情深川御利益通り」というそうですが、
通るだけで何かが期待できそうな、ありがた感溢れるネーミングの通りを抜けると、

「深川不動堂」です。

深川不動堂

夕方に近い時間だったので、参拝者もまぼらでしたが、
手水のところが、なぜかちょっと混んでいました。

その理由は(おそらく)これ。

龍

立派な手水で龍さんが水をゲロ・・・吐く形になっているのですが、
3頭(という数え方でいいのか?)いる龍さんの1頭しか水を出していません。

やっぱり節水のためでしょうか?

しかもテレビに出る節約主婦のお宅のように、水量を超絞った感じ?

確かに人出が少なかったので、ちょっと並べば自分の番がすぐに来たので、
このぐらいの量でぜんぜんOKです。

年末年始などの有事の時は3頭とも活躍するんでしょうね。

日本が誇るの「MOTTAINAI」精神を感じつつ、
順番を待って手を洗い、お祈りを済ませました。

・・・そして神社仏閣といえば、やはりあれです。

とりあえず、おみくじを引かずしては帰れません。

思い起こせば今年の初めに「末吉」を引いてから(かどうかはわかりませんが)
運勢はイマイチぱっとしませんでした。

そのぱっとしない運勢を変えるべく、
「“大吉”をこの手にするまでは!」と神社仏閣に行くたびに
熱い思いでおみくじを引いていたわけですが、さっぱり祈りは通じず・・・

この10ヶ月、「今度こそ大吉を!」という期待をことごとく裏切られて来たので、
最近はあきらめムードというか、軽くどうでも良くなってきました。

・・・でもやっぱり惰性といいますか、一応引かないわけにはいきません。

この日はすでに「どうせ大吉なわきゃないだろ。」という前提で、
惰性的恒例行事の一環として引いてみたのですが、
やっぱり人間スケベ根性を出すと碌なことがないもんなんですね。

今回は、変なスケベ根性を出さずに、ほぼ無心でおみくじを引いたわけですが、

大吉 

「吉大?」・・・じゃなくて右から読むみたいなので、

「大吉」

ていうと、ドラマ「渡る世間は鬼ばかり」の中の、何かと問題ありの4姉妹の父。

・・・じゃなくて、あのおみくじの中で一番いいとされる「大吉」ってやつですよ。

随分久しぶりに見たんで、一瞬、どなたかのお名前かと思ってしまいましたが、

苦節10ヶ月にして、やっと手にすることのできた大吉ですよ!

わたくしの今までの人生で最後に大吉を引いたのはいつの事だったのか・・・

あまりに昔過ぎて忘れてしまいましたが、久々にコイツとの再会を果たすことができました。

これで神社仏閣に行った時に、おみくじを引く人生から開放されるんだね。(涙)

内容を読むと

●願望・・・初めは思わしくないが後は必ずよし

●待人・・・おそいが来る

●失物・・・出にくい、人に渡る

等、「本当に大吉なの?」と思うようなネガティブな表現が、結構含まれています。

ちなみに

●相場・・・荒れる 今は待て

・・・それは言われなくてもわかります。

今の時勢、どんなおみくじを引いてもこのような記述以外ないのではないかと・・・

さて、このおみくじですが、一回200円とおみくじとしてはお高めなんですが、
お高めなだけにそれなりの付加価値があります。

なんてったって「天然貴石入」

おみくじ

古来より護符として力を引き出す石7種類のうち一種類が入っているそうです。

つまり“1粒で2度美味しい”と言う、相方も好きそうなおみくじなのですが、
私が引いたおみくじにinされていた貴石は、「ローズクォーツ」

ローズクォーツ

なんでも恋愛事を成就させてくれる石らしいですが、
叶う前に前提の恋愛すらないのにどうしろと言うのか?

それに今更恋愛とかあっても立場上、面倒な事になって困ると思いますが、
生活のスパイスとして、ないよりはあった方がいいのだろうか?

そんな風に考えていたのですが、
よく見るとこの石には「良友出現」という意味もあるらしいです。

・・・ちぇっ。

・・・じゃなくて、私も交友範囲は狭い方で、
これから老後に向けて交友範囲を増やして行きたいと思っていますので、
ぜひ、良友さんウェルカム!ばっちこーい!!です。

この石はお財布等に入れておくといいらしいのですが、
他の活用法として、この「深川不動堂」では驚きのサービス(?)を展開していました。

そのどきもを抜かれたサービスとは、

サービス

「この石を20個集めると、腕輪を作ってくれる」

というサービスです。

えーっ。そんなこと言われると集めたくなるやん。20個。

敷地内には、(なぜか)Jリーグとタイアップした(らしき)絵馬もあり・・・

絵馬

特に商売成就関係に特化した仏閣ではないようですが、
その商売上手っぷりに感動しました。

貴石については、今後、ちまちま20個を集めて
腕輪を作ってもらちゃう?とか考えている今日この頃です。

つーことはおみくじを引く人生は、まだまだ続くのか?深川不動堂限定ですが・・・

「深川不動堂」を出た後は、人情深川御利益通りをちょっとふらふらしました。

当然、なんかいいもの(主に食べ物)がないかなぁ。という下心があったのですが、
何せ今はダイエット中です。

2人で一個ですが、ちょっと前にケーキも食べちゃったことですし、

「大福」です。

大福

て、前文の説明と合ってねぇ。

いや、大福があまりに美味しそうだったんで素通りできなかったです。

お持ち帰りだったので、深川不動堂の隣にある公園で食べました。

この公園は、地元のお年寄りたちが活用されている公園のようなのですが、
この日、お年寄りのみなさんが集まって、不思議なスポーツをされていました。

お年寄りの人気スポーツといえば、古くはゲートボール、
比較的最近ではグランドゴルフなんていうものも良く見かけますが、
このスポーツはそのどちらでもない。

ちょっと見ていると砲丸のような鉄の玉(?)を直接投げるスポーツのようです。

遠めに見ると、ただ鉄の玉的な何かを投げているだけのように見えますが、
もちろん独自のルールが存在するのでしょう。

どうすれば勝ち負けが決まるのか?

ところで鉄球(?)を投げていて面白いのか?

遠めに見る限りはさっぱり不明ですが、
しかし今のお年寄りは、いろいろ独自なスポーツを楽しんでらっしゃいますね。

このままでは、わが家は寂しい老後を送ることは請け合いだったので、
老後に少しでも潤いを・・・とはじめた自転車ですが、
意外と自転車は体力(と気力)が必要な事が判明しましたし、
自転車を卒業したら仲間に入れてもらおうと思います。

出発が遅かった上に(いつものことですが)
ダラダラしていたので(これもいつものことですが)
すっかり日も暮れてきてしまいました。

しかしこの日の散策箇所としては、もう一件「清澄公園」が残っておりました。

清澄公園とは清澄庭園に隣接している公園で、
前に清澄庭園(入園時間制限あり)に行った時に庭園の方は時間切れで入園できず、
腹いせに自転車で一周まわった公園です。

公園内は自転車で走れる程度の広さはありますが、
立派な柳が生えていた意外は、特に特徴のなかった公園のように記憶しています。

相方情報では、この清澄公園に、この時期は白い彼岸花が咲いているらしい。

白かろうが赤かろうが、今から行って見えるのか?

と思いましたが、白い彼岸花はあまり見たことがないし、
まあ、帰り道と言えば帰り道的な場所なので、寄ってみることとしました。

そしてほどなく、「清澄公園」着です。

予想通り秋の日は短く、公園についた頃はかなり薄暗くなりました。

かろうじて立派な柳は判別できるぐらいの暗さだったので、
一応、自転車と写真を撮ってみました。

清澄公園

暗いので、ちょっと不気味です。

そう言えば、一年ちょっと前にここにはママチャリのソルジャーチャーリーと訪れて、
ここでも同じ場所で写真を撮ったのでした。

あれから一年、まさかクロスバイクとミニベロを購入しようとは・・・(略)

そうこうしているうちに、更に日は落ちてきて、
この公園のいずこに咲くと言われている(相方情報)白い彼岸花とやらは、
天王星クラスに、肉眼では確認ギリギリの様相になってきました。

そして暗く人気のない、うすら寂しい公園を巡ってはみましたが、
白い彼岸花らしきものは見当たらず・・・。

ちらりと相方の方を見ると、

「公園のどこにあるかまでは、知らないよ。」

相方は逆切れしやがる始末。

どの道、これ以上の観測は不可能と判断し、白い彼岸花は幻のままに、家に帰りました。

しかし相方情報の白い彼岸花は、

本当に存在したのか?エセ情報だったのか?

その確認は来年までの持ち越しといういうことになりした。

しかしその頃はわが家はどんな自転車人生を送っているでしょうか?

またあの柳の下で写真を撮ったりするのでしょうか。

そしてその時はどんな自転車に乗っているのやら・・・

乞うご期待(?)です。

【追記】

江戸深川珈琲本舗でラッキーにも30%オフで仕入れたコーヒーを
早速、次の日飲んでみたのですが、なかなか美味しい豆でした。

コーヒー

【10/18の走行記録】
走行時間:1:40:37
走行距離:25.42km
平均時速:15.1km/h
最高時速:28.8km/h

ランキング参加中です。できればポチッ☆とクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキング

関連記事
【再び深川ポタ】あさり蒸篭飯と貴石2玉目GETだぜっ!
今、現在実はしょう油の街におるわたくしことくろばいです。

突然ですが、ブログをされている皆さんは、写真はいつチョイスなさるでしょうか?

私は大抵、写真をパソに取り込み、載せる写真を選んでからブログを書くことが多いのですが、
本日はなぜかブログを書き終えてから、写真をパソに取り込もうとしたのです。

で、ない。(゚∇゚ ;)

ブログを書き終えて「さあ写真を取り込んじゃうぞ!^^」

と、パソとカメラをケーブルで繋ごうとしたら、そのケーブルがないのです。

そう・・・うっかり家に忘れてきてしまったようなのです。

当然自業自得なんですが、ショックです。ものすごくショックで呆然自失です。

書く前なら「忘れちゃった。テヘッ」で済む問題も、

書き終えてからだと「自分へ。何が“テヘッ”じゃーーーーっ!!」となります。

でもせっかく書いたので、臨場感があるうちにと思い、
あるべき写真がまったくなくて、読みにくくて申し訳ありませんが、
写真のないままでアップさせていただきます。

写真は家に帰ったらアップさせていただきますので、
今日のところは、写真部分は皆様のイマジネーションで
ご覧になって頂ければと思います。m(__)m

ホント、中途半端な状態でUPしちゃって、すみませんです。

※お騒がせしました。その後、写真を付け加えました。良かったら見てください。

 以下本文になります。↓↓↓

今日は、昨日の天気予報で“いいお天気”と言っていたので、
期待していたのですが、結果は曇り空のちょっと期待はずれの日でした。

その上、行楽の秋ということで、私の両親は週末ごとに北へ南へ旅行三昧でして、
今も愛犬のお世話の為に、相方共々しょう油の街市に帰還しております。

私も相方も愛犬に会いたいし、しょう油の街市に来ることは、別に嫌ではないんですが、
ただ困るのが「連続ポタ記録」です。

時々思い出したようにブログに登場する「連続ポタ記録」ですが、
実は、まだつつがなく続いております。

それというのも自分に甘い相方が制定した、

“1週間のうちに、5km以上走ればいい(自転車の種類は不問)”

という絶えず水漏れをしている水道のボルトぐらいに緩い規定のお陰ために、
(それでも)時々危機を迎えつつも細々と続いております。

いつから続いているか、はっきり覚えていないので判りませんが、
もしかしてそろそろ連続1週年記録を樹立する頃合かもしれません。

土日にしょう油の街に帰る日などは、この「連続ポタ記録」がネックになるのですが、
「5km以上走ればいい」という、手前味噌的な楽々な規定を逆手にとり、
最近は、しょう油の街に帰る前にちゃっちゃっと消化ポタを行っております。

何度も「そこまでして連続ポタをすることは無意味だ」と思ったんですが、
なんかどうしても途切れさせられないんですよね。(--;)せっかくだからの呪縛だな。

とにかく今日は、愛犬もしょう油の街市で胴と首を長くして待っていることだし、
そうゆっくりポタっているわけにも行きません。

ついでにお昼を食べに行くという名目で、本日は比較的近い「深川」に行くことにしました。

「また、深川ポタかよ。」

とお思いかもしれませんが、前回の深川ポタ日記が2周回遅れなだけで、
実際の時間は、あれから2週間ほど経過しております。
最近、時系列がバラバラで、すみませんです。^^;

深川に向かうときは、以前までは荒サイを走り、葛西橋で降り深川に向かっていたのですが、
隅田川沿いの道を利用しても、結構楽に行けることが判明し、
本日は隅田川沿の道から行きました。

隅田川沿いの道は荒川程立派ではないので、スピードはあまりだせないのですが、
川沿いの道は、車も通らないし、信号もないのでストレスなく走れるのがいいですね。
荒川のように、墨田川沿いに道がずっと続いていないのが残念です。

そんな道ですので順調に走り、40分程度で深川に到着しました。

そこで間髪入れずに、早くも今日のお昼、ポタメシです。

深川というと、アサリやハマグリを使った料理の「深川飯」が有名ですが、
今日のポタメシは、この深川飯ではなく「深川あさり蒸篭飯」という代物です。

深川飯は元々は漁師の船上食で、
あさりのお味噌汁をご飯にぶっかけたようなものだったらしいのですが、
今回行くお店の「深川あさり蒸篭飯」は元のあさり飯を改良し、
最終的には蒸篭で蒸あげる料理らしいです。

このお店もすでにわが家の下町ポタメシバイブルといっても過言ではない
「東京下町の地図」に載っていたのですが、

深川飯との違いは、なんだかよくわからんけど、旨そう。

と思い、行ってみることにしたのです。

こちらがお店の「門前茶屋」です。

門前茶屋

かなり江戸っぽい店構えです。
中に入ると、囲炉裏を囲んだカウンターに通され、
そのカウンターは、ランチを食べているお客さんで賑わっていました。

夜はこの囲炉裏を使い、炉端焼き店になるようですが、
お昼は3種類の蒸篭飯のランチメニューしかないようです。

その三種類の蒸篭飯の中でも一番人気なのが、当然「深川あさり蒸篭飯」です。

深川と言えば、やっぱりあさりなので、
先ほどから注文しているお客さんの注文を(こっそり)聞いていても、
あさり、あさり、あさり、そしてあさりです。

当然、世の7割に流される私は誇らしく「あさりで。」と言い放ちました。

そして相方、

「穴子蒸篭飯で。」

なにーーーーっ!Σ(゚д゚;) 

この流れでよく穴子にしたなぁ。相方。

まあ、おそらく私があさりにしたから、あさりの方は私から奪えるので、
せっかくだから穴子にしたんだと思いますが、
さすが例え少数派でもせっかくだからの前には怯まない相方。

あさり、あさり、あさり、あさり、穴子、あさり、あさり・・・みたいな。

流れを切ることも厭わない姿勢は、別に尊敬はしませんが、
ときどき「なんだかなぁ。」と思うことがあります。

注文してから蒸あげるようなので、出てくるまで多少時間はかかりましたが、
こちらがいかにも蒸したての深川あさり蒸篭飯」(980円)です。

あさり蒸篭飯

ご飯の上には青海苔がぎっしりで香りがいいです。
(今日は鏡を持っていかなかったので、この青海苔は後でちょっとした惨事になりました^^;)

あさりがふっくらとしていて、味も控えめなあっさり味で美味しいです。

・・・あさりだけにね。

・・・大変お見苦しいところを(今日も)お見せしました。
オヤジ病は不治の病ですので、放送事故だと思い聞き流してやってください。
オヤジ病が炸裂してしまって若干うそ臭く感じてしまったかもしれませんが、
蒸篭飯は本当に美味しかったです。

日本が誇る2大グルメ番組(勝手に認定)にも取り上げられたらしく、
もしもツアーズのみなさんと石塚英彦さんの色紙がお店には飾られていた位で・・・

量的にもご飯茶碗2杯位は十分にあり、かなりお腹も満足でした。

そしてこちらは相方の「穴子蒸篭飯」(980円)

穴子蒸篭飯

あさり蒸篭飯よりも、脂ののった穴子でポリュームがある感じなので、
相方はこちらの方が気に入ってたようです。

やっぱりせっかくだから病で両方頼んでよかったんですね。(--;)

ちなみにもう一つの蒸篭飯は「特製北海腹子蒸籠めし」こちらは季節限定のようです。

相方のせっかくだから病率からすると、
季節限定の付加価値で本来ならこの「腹子めし」にすると思うのですが、
そこが所詮素人の浅はかさ、相方的には、

季節限定北海道<<<<<せっかくだから江戸前の穴子

・・・だそうです。せっかくだからの試算方法は複雑で私には理解不能です。

・・・わかりたくもないけど。(--;)

このお店は、江戸風でお店の中の雰囲気もなかなかよかったんですが、
一つだけ惜しむらくは「お吸い物」です。

ちょっと科学の香りがするというか、インスタントチック?

これが普通のあさりの味噌汁とかだったら最高だったのになぁ。

でもお目当ての蒸篭飯は予想通りに美味しかったので、とても満足しています。


さて、この「門前茶屋」を出ると、目の前は深川不動堂の参道“人情深川御利益通り”になります。

・・・そして深川不動堂といえば、あれ。貴石入りおみくじです。

ドラゴンボールじゃありませんが、ここまで来たら玉(貴石)を収集するために、
深川不動堂でおみくじを引くしかありません。

個人的にこっそりお祈りしたいこともいろいろあるので、
まずは深川不動堂でお参りをしてからおみくじを引くにしました。

今日の深川不動堂は、この間来たときよりも時間が早かったし、
七五三の参拝に来ている方もいたので、参拝者はこの前よりはいたのですが、
例の手水の龍三兄弟は本日も、やはり長男(?)の龍一さん(仮名)だけが働いていて、
次男の龍二さん(仮名)と三男の龍三さん(仮名)もお休み中でした。

龍三兄弟

ところで深川不動堂は月3回(1・15・28日)縁日があるそうですが、
その時はいつも以上の賑わいを見せるそうです。

その時は龍二さん(仮名)と龍三さん(仮名)の活躍も見れるでしょうか?
また、縁日の時に来てみたいと思います。いや、もちろんそれだけが目的じゃないですが・・・^^;

そして熱い思いでお祈りを済ませ、次はおみくじです。
前回は私が引いたので、今度は相方が引くことになりました。

何せ前回はわたくしは「大吉」

10ヶ月という長い暗闇の中、やっと掴んだ「大吉」という光。わが家にとっては すごい偉業。

どれぐらいの偉業かっていうことをちょっと例えてみますと、
イスカンダル星からコスモクリーナーD を持ち帰った位の偉業です。(あくまでもわが家にとって)

ここで相方も大吉を引いて、景気付けにダブル大吉(なんか売れない漫才師みたいだなぁ)
と行きたいもんです。

理数系の相方が言うには、

「こういう貴石入りとかいうものは、

何回も引いて欲しいから“大吉”が多い傾向にある。」

独自の理論を自信満々に披露しておりましたが、

結果・・・・・・・・・

 

末吉

「末吉」

振リ出シニモドル。

せっかく私が“大吉”を出して、10ヶ月続いた末吉の呪縛から解き放たれ、
大団円まで持って行ったのに、また振り出しに戻しちゃったよ。この人。

コスモクリーナD、うっかり壊しちゃった。みたいな。

やっぱり本当に根っからの末吉人生なのか?(‐‐;)

まあ、腕輪分まで集めるのには、どの道あと18回引かなきゃならないですので、
どんな卦が出ようが、いいちゃいいんですけどね。(--;)

ちなみに今回、相方が引いた玉は「ターコイズ」です。

ターコイズ

意味は“交通安全・除災招福”です。

ところでこの間は、ピンクの石、今回は青い石ですが、
腕輪としてまとめた時に色のバランスは大丈夫なのでしょうか?

しかしあと18個か・・・先は長いっす。

なにせドラゴンボールの3倍近く集めなきゃならんもんなぁ。

20個集めても神龍とか出てこないと思いますが、今後もちまちま集めて行きたいと思います。

・・・まんまと策に嵌っているようでなんですが・・・(--;)

その後、参道を散策し、rookさんがおっしゃっていた「揚げ饅頭のお店」見つけたのですが、

あげまんのお店


お昼もたんまり食べたことだし、下膨れ是正のためのダイエット中なので、
次の機会にすることにしました。

なにせ今回は所詮他人事の相方だけでなく、自分のダイエットも絡んでいるので、
ダイエット刑事もかなりマジです。

まあ、所詮刑事も自分が可愛いってことっすかね。

午前中から出回ることなんてめったにないので、
もう少し散策したかったのですが、愛犬も実家で待っていることだし、
愛犬親衛隊の父母(つうか父)からの 「早く帰ってあげてくれ!」という懇願で、
この日は切り上げて帰ることにしました。

しかし子供(私と兄)にはあんなに放任(つうか野放し)だった父が、
愛犬に対しては超ーーっ過保護なのは不思議です。何かの呪いでもかかっているのでしょうか?

帰りは荒川サイから帰ってきたのですが、
今日は相方も私もなんか走ることにイマイチのれず・・・亀スピードのだらだらムードで帰宅です。

その後、父の希望通り、間髪を入れずにしょう油の街市に帰ってきたのですが、
夕食には、また「ホワイト餃子」をたらふく食べてきました。

ホワイト餃子

餃子というよりも餃子風パンのような「ホワイト餃子」の餃子、
もちろん味も美味しいのですが、しかし世に美味しい餃子はたくさんあり・・・
「その中で群を抜いて美味しいか?」と問われると、答えに詰まるのですが、
また食べに行きたくなる味なんですよね。

現在、野田におりますので、明日は自転車には乗れませんが、
せっかくこちらに来ているので、どこかに出かけたいと思っています。

 て、また夜更かししちゃったので(汗)近場限定かな。

ランキング参加中です。できればぽちっ☆とクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログへ  人気ブログランキング

関連記事
雨の日曜日はお買い物DAY
昨日は、うちの近所だけかもしれませんが、夕方凄い雷と雨でした。
もう晩秋に差し掛かっているのに、まるで真夏の夕立のような・・・。
なんか天気が不安定なのかなぁ。

日曜日もイマイチなお天気でしたね。

私の場合はしょう油の街市に帰還していたので、
どの道自転車には乗れなかったのですが、
いいお天気だったら時期的にも愛犬を連れて
「紅葉を見にドライブに行くのもいいなぁ。」と思っていたので、
ちょっと残念でした。

天気も悪いことだし、買い物したいものがいろいろあったので、
結局、この日はお買い物日にあてました。

そして、まず仕入れたのはこちら。

「外付けハードディスク」です。

外付けハードディスク

今のノートパソコンを使い初めて5年ぐらいになり、
日進月歩な昨今、5年前のノートパソコンともなると、
容量もそれはそれはお粗末なものなのですが、
特に保管したいものもなかったので1年ぐらい前までまったく困っておらず
空き容量も余裕でガラガラだったはずですが、
この1年でパソコンの空き容量は急激に激減。

とうとうまったくデーターが入らなくなってしまいました。

この1年前にわが家に何があったのか!?

1年前といえば、そう、自転車を買ったからです。

一見、自転車とパソコンの容量はまったく関係がないように見えますが、
“風が吹けば桶屋が儲かる”もので、自転車を始めてポタ時に大量に写真を撮るようになり、
しかも最近カメラを換えたので、そのカメラの画素数の高さも容量を圧迫したもようです。

ちまちま(失敗)写真を消したりして場を持たせていたのですが、
これがまことに面倒でストレスがたまる上に、
時にはキーボードを破壊したい衝動にかられるほど、
イライラしながらもちまちまやったところで、
よくよく考えてみればまったく根本的解決になっていない!←早く気づけよ。

ここは抜本的解決を試みようということで、今回外付けハードディスクを買いました。

およそ10,000円でしたが、500GBほど入ります。
今のパソが34GBぐらいだから15台分位入る予定です。

これで(パソに関しては)ストレスフリーっす。(喜)
大体ここ半年で20GBぐらい使った計算なので1年で40GB・・・

ということは、10年以上使えるってこと?!

・・・それまでこのブログがあるかですね。(ぼそっ)

そして電気店でハードディスクを手に入れた後、しょう油の街からだと車で比較的近い
「レイクタウン」に行き、ワイズで前々から欲しかったあれを仕入れてきました。

さて、レイクタウン内は、この日もまだまだ混雑していたのですが、
駐車場は山程あるようで、意外と駐車場にはすんなり入ることができるんですね。

そしてあれを購入しにワイズロードに行く前に、お約束の(?)腹ごしらえです。

このレイクタウン内には、食事をするお店が山ほどあり、
フードコートに出店しているお店も全て合わせると、

「私の一生で回りきれるのだろうか?」

とちょっと絶望的な気持ちになったりします。

月1程度のペースで来ていたのでは、おそらく無理っすね。(--;)

いつもはここでまた優柔不断ぶりを発揮して、店選びから迷うところですが、
前に来た時に気なるお店がありまして、今回はそこに入ることにあっさり決定です。

そのお店とは“ハワイで有名なアノお店と同じ味です!”のパンケーキの店です。

ハワイで有名なアノお店とは、正しくはドノお店かはわかりませんが、
おそらくアノお店ではないかと、想像し(おそらくお店側の狙い通りに)期待は高まります。

しかし本当のところはハワイのアノお店とは、ぶっちゃけドノお店なのか?

かなり興味があります。

 そこで真相を確かめるべく、お店に行くと、

お店

ない(゚∇゚ ;)

“ハワイで有名なアノお店と同じ味です!” と書いてあった黒板のメニューが
なぜか撤去(?)されちゃっているではありませんか!

なぜだ?ほんの3週間前にはあったのに。

3週間前にあった看板のメニューです。↓↓↓↓↓

ハワイアンレストラン

この3週間で、すでにハワイで有名なアノお店と同じ味ではなくなってしまったのか?

これはますます要調査、そのパンケーキを食べずにはおれません。

このお店はパンケーキのお店というわけではなく、ハワイアン料理のお店なのですが、
3週間前は、お店の外から見るとあまりにお客さんが少なめなので、
正直、入るのがためらわれたのですが、この日は満席でちょっと待つことになりました。

お店の中はハワイアンぽい内装ですが、シャンデリアもパイナップル型でハワイアンです。

パイナップルのシャンデリア

少々待って、席に通されいよいよあのパンケーキが、どのパンケーキか解明される時が!

ハンバーグセット

て、パンケーキじゃねぇ。

・・・ホント、散々引っ張っておいてなんですが、何卒、私共の言い分を聞いてください。

お店に入った時は、3時を回っていて既にランチタイムは、
終了の時間のはずだったのですが(お店の前のメニューによると)
入ったら何故かランチのメニューが渡されました。

つうかいったいいつまでランチやねん。うかうかしてるとディナーになっちゃうじゃん。

それともここだけ独自のサマータイムでもあるんだろうか?

と思いましたが、まだオープニング記念期間中でランチタイム延長中だったのでしょうか?

で、メニューを見ると、ランチメニューはメイン、サラダ、コーヒー、パン(ご飯)付きで
1,200円ポッキリ。しかもコーヒーはお代わり自由。

パンケーキは950円、コーヒーは別料金で400円ちょい。

・・・お察しくださいませ。 

この値段設定にお得好きでなくとも、どーしてもしっくりこなかったんです!

そうです。寝返りましたとも。

と開き直りまして、相方は上記写真のハンバーグランチ、私はシーフードランチにしました。

土日はダイエット解禁でやりたい放題の相方と違い、
私は土日もそれなりにダイエットを心がけていて、
当然、ダイエットの為にシーフードをわざわざ頼んだのですが、
このシーフードランチ、

シーフードセット

・・・なんかヘルシーな気がぜんぜんしません。

まるでこの料理のメインであるかのように、料理の半分を埋め尽くすポテトが、
かなりのカロリーを(無駄に)稼いでいるような気がします。

ハンバーグは“ヒートロック”(独自な製法か?)というだけあって、
熱々の岩盤の上に乗ってくるのでかなり熱々です。
見た目は小さそうなのですが、真ん丸いので結構なボリュームだったようです。

シーフードはサーモンだったのですが、サーモン自体は外国の料理(特にアメリカ^^;)
によくあるタイプのまったく油が乗っていないサーモンだったのですが、
このお店は全体的にソースやドレッシングが美味しかったです。

ソースの旨さで、このパサ・・・あっさり味のサーモンも美味しく食べられました。 

結局、周りにもパンケーキを食べている人がいなかったんで、あのパンケーキの謎は、
謎のままですが、このまま迷宮入りかも知れません。

食事を済ませ、今回のメインのお買い物をする為にワイズに向かいました。

自転車用品に関しても、優柔不断ゆえに比較的のんきに構えている我が家ですが、
サイクルモードも2週間後に迫り、急ぎで必要になったブツがあるのです。

ヘルメットです。

今回のサイクルモードでは、積極的に試乗しようと思っていますが、
去年行った時に気が付いたのですが、試乗にはヘルメットが必須だったります。

借りられないこともないようなんですが、なんか自転車とダブルで借りるの面倒だし、
どうせ1つは買おうと思っていたし、いい機会なのでサイクルモードまでには購入しようと思い、
最近はずっと探してはいたのです。

私の理想は、軽くて、街でも馴染むようなデザインでヘルメットぽくなく、
色はゴールド、シルバー、もしくは物凄く地味で、
違和感なく被れ、頭があまりでかく見えないで済む代物。

・・・とこういうものを1年探してはいたのですが、最終的には

そんなものはねぇ。

という事に気づきました。

まずヘルメットなんだから“ヘルメットぽくないもの”というところからどだい無理というもんです。

この事に気づくまでに1年かかりました。(遠い目)

まあ、探し続ければ理想のヘルメットも世界のどこかにあるかもしれませんが、
確実に来月のサイクルモードまでには間に合わねぇし。

ということで、期限も差し迫ってきたことですし、

もう、被り易ければどれだっていい。

というところまで理想を下げました。われながらすげー規制緩和率です。

そして被り易さのみで選んだものは、こちらです。

ヘルメット

相方が黒で、私が白とシルバーのツートン、両方ともOGKのものです。

まあ、ぶちゃけ普通のヘルメットです。 つうかむしろいかにもヘルメットらしいヘルメット・・・

私の方のヘルメットはSサイズが豊富(色違いで4つ位ありました)にあったので、
かなり被りがしっくりきていい感じです。

相方は、かなりお値段お安めの「ワイズオリジナルヘルメット」に惹かれて、
実際決定しようとしていたのですが、やっぱり物の良し悪しが判らない未知の世界で、
「お安(過ぎる)のはどうなの?」ということで、OGKのものにしました。

さっぱりわからないので“竹”レベルのものを買った方が無難かなぁ。と。^^;

しかしワイズオリジナルって、初めてみたような気がしますが、物はどうなんでしょう?
私には良いのか悪いのか、まったく判別が付かなかったのですが・・・。

元値が幾らのものだか忘れてしまいましたが、元値から多少割引があり、
更にオープニング割引中だったので10%程引いてくれたので、
私の方が10,000円弱、相方の方が12,000円位でした。

当初の理想通りとは行きませんでしたが、これでヘルメットも手に入れたし、
「サイクルモード、いつでもかかってこいや!」という感じです。

一応、目的の物は買い終わったのですが、ちょっと動くと疲れるというのが、
このレイクタウンの広大さの恐ろしいところ。

だてに東京ドーム5個分とかじゃありません。

たったこれだけの買い物をするだけで、2時間以上経過していました。

移動途中に目移りしちゃって、いろいろな店を見ながら移動したせいもあるんですが・・・。

疲れたので“mori”側のフードコートで休んでいくことにしました。

ワイズが“kaze”側にあるのに、なんでわざわざ“mori”側に移動したかといいますと、
こちらも前に来た時に目をつけていたものがあるからです。
・・・て、食いもんだけは目をつけるのが早いな。わが家。

気になっていたのは、この「コルネット」(400円)という不思議な食べ物です。

コルネット

いや、この「コルネット」を構成している物自体は、単体では変わったものはないのですが、
ソフトクリームの下にある通常コーンがある部分が、
揚げてあるコロネパンになっています。

なんでも浜松の食べ物で、関東初登場とか・・・。

注意事項としては、下が熱々の揚げパンなので、もたついていると
あっという間にソフトクリームが垂れてきます。

中身はこんなチョココロネのソフトクリーム版でした。
いろいろ考えるものですね。

コルネット

カロリーは激しく高そうですが、なかなか美味しかったです。

この後は、取りあえずしょう油の街市に帰り、両親が買ってきてくれた
お土産を受け取って、自宅に帰ってきたわけですが、そのお土産は、

峠の釜飯「おぎのやの釜飯」です。

釜飯

なんかかなり久々に食べたのですが、ここの釜飯は昔から変わりませんね。
具材のラインナップも昔のままのような気がします。

相方が言うには、

「この容器はご飯を炊くのに再利用できるんだよ。」

えっ?!そうなの?知りませんでした。

実際HPで確認してみたら、1合程度は炊けるそうですが、炊き方もちゃんと載っていました。

しかしなんで相方のやつ料理も全然しないのに、
そんな事だけは知ってるんだ?
やっぱ、お得分野のマメ知識だからか?お得のたしなみってやつ?

でもお釜で炊いたご飯なんて美味しそうなので、
今度このお釜で炊いてみよううかなぁ。と思っています。

ランキング参加中です。できればポチッ☆とクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキング

関連記事
サイクルモードのチケットを購入しました
今日は10月29日ですね。

わが家が年3回、結婚記念日らしき日が存在し、
その数の多さゆえに妙にぼやけて、結果どこにも重きを置けずにいる・・・

というのは、再三このブログでも書かせていただきましたが、
実は、本日はその第3の結婚記念日となります。

今年の過去2回の結婚関連記念日の経緯から行くと、

3月25日→覚えていたけど、家で適当に済ませた。

7月5日→寸前まで忘れていて、私はその日友人と飲み会を設定。
数日前に思い出したものの、そのままこっそり飲み会の方に行った。

と、今年に入って2回の記念日にはこの体たらくぶりでしたので、
当然残っていたのは本日だけになります。

最後の1回ぐらいは真面目にやろうと思い、
レストランあたりで食事をしようと思ったのですが、
「予約すんの面倒だな~。」(この時点でオワットル)とか思っているうちに、
いつの間にか、ちゃっかり本日10月29日になっとりました。

お昼頃、相方がしたり顔で、

「今日なんの日か覚えてる?」

と電話をしてきたので、

「・・・(考え中)もちろん。覚えてるよ。」

と、返事をしながら今日が29日であることを思い出したのですが、
相方の奴も“いかにも自分は、前から覚えていたんだよ”的な言い方をしていましたが、
会社に行って日付を見て、その上3時間ぐらいたってから思い出したに違いない。

本当に覚えていたのなら、昨日の夜、もしくは今日の朝に言うはずだ。

慈悲深い私はその辺を指摘しないであげましたが(ねちねち書いちゃってますけど)

その辺はバレバレだったりします。

忘れていたならまだしも思い出しちまった手前、本日は普通に家で食事を作るのが、
急激になんか最大のお損のような気がしてきました。

お得監査院の相方様の日頃のご指導のお陰を持ちまして、
わたくしも“損、得”には敏感になってきたのです。 ありがとう。お得教。(の相方)

しかし心の準備ができていなかっただけに、あまり遠くへ行くのは面倒だし・・・。

最大の近場というと、サイ○リア、く○寿司、マ○ク・・・
もちろん嫌いではありませんが、(忘れていたけど)仮にも記念日に行くというと
微妙な空気になりそうなラインナップ。

できれば空気もいい感じになるような+αのある店はないものだろうか・・・。

で脳内検索したところ、本日は「比較的近場で本格インド料理しかも空いている」
という3拍子そろった(て、最後の項目はお店的にはそろった事にならんだろうなぁ)
以前にも何度か行っているインド料理店に行くことにしました。

今日は自転車ではないので、ビールで乾杯です。

ビール

自転車じゃないとそこだけは嬉しい。

ついついいろいろサイドメニューを頼んでしまったのですが、
せっかくインド料理店に来たのだから、絶対押えておきたいのがメインのカレーです。

カレー

このカレーを頼む時に初めて「辛さをどうしますか?」と聞かれました。

確か今まで聞かれたこともなかったので、基準がさっぱりわからなかったのですが、
何でも辛さのレベルは1~8まであるらしい・・・。

なにせ初めて聞かれたので指標が判りませんが、
1から8までの辛さでいうと普通は4位でしょうか?

辛いものは好きな方なので、ここは少し辛めの5を注文しました。

そこで来たカレーが、なんか辛い。

耐えられない程ではないですが、ちょっとべらぼうに辛い。

普通よりちょっと辛いレベルだとか、そんな感じではなくやたら辛いんです。

?????と思いつつ食べていたのですが、
他のお客さんが来て、そのカラクリが判明することになりました。

後から来たそのお客さんもカレーを注文するようで、
その注文状況を聞くともなしに聞いていたのですが、

お店の人「辛さが1~8までありますが。」

これはわが家も聞かれたことです。

お客さん「普通はどれくらいですか?」

お店の人「普通は1です。」

なにーーーーっ!! Σ(゚д゚;)

私も相方も口には出しませんでしたが、動揺して目がめちゃめちゃ泳ぎました。
普通で1なら5とかって結構辛口じゃね??
じゃあ、それなりに結構辛くても無理ない・・・よな。

でも一番動揺したのは「普通はどれくらいか?」

とか聞くことを思いつかなかった自分達の愚かさ加減です。(--;)

普通の人は、賢くそういうポイントはちゃんとおさえて置くんですね。

ポタ後でもない運動皆無のこんな日についついポタ後と同じくらい料理を頼みすぎまして、
ものすごい満腹感に苛まれながら帰路に着きました。

しかし、ポタ後だったらなんてことない量だったんですが、
やっぱりポタ後はお腹が空くんですかね。

そして帰りにコンビニにより、ついにこのチケットを購入してきました!

チケット 

サイクルモードのチケットです。

ちょっと印刷が雑で、まるで偽造品のような雰囲気を醸しだしていますが、
一応、きちんとした正規品のチケットです。

ご存知の方も多いと思いますが、サイクルモードは金曜日は女性の入場が無料になります。

この願ってもないお得情報を相方が見逃すわけがなく、
私のお誕生日近かったということもあるんですが、
去年はわざわざ有給をとり、金曜日にサイクルモードへ出かけました。

性質はどうあれ、生物学的にはわたくしも女性と認定されますので、
その恩恵に預かり、去年は金曜日に行き、入場料を免除させていただきました。

今年も当然相方的には“金曜日推奨”で金曜日に行くつもりだったのですが、
残念ながらどうしても会社の休みの調整がつかず、金曜日に休みがとれませんでした。

仕方がないので、今年は11月8日(土)に行こうと思っています。

前売りなので1,000円です。

当日券は1,200円なので、特に全国のお得好きの皆さんは、コンビニへGO!です。( ^ー゜)b

しかし入場無料の恩恵もさることながら、金曜日の方が人も少ないと思うので、
お得を度外視しても、それはそれで残念です。

去年のサイクルモードは丁度、ルイガノとパッソを買ったばかりでして、
自転車事情的には、なんていいますかお腹がいっぱい状態の肉食獣状態で、
周りにいろいろ自転車はあれど、食指が動きようのない状態でした。

いろいろな自転車が見れて楽しかったのですが、
ハングリー精神は皆無だったので真剣味も足りず、
会場の熱気にびびって試乗も(まさかの)0でした。

しかし!今年は違う!!

今回は相方のミニベロを購入しようと思っていますので、
言うなれば、空腹時の肉食獣状態のようなものです。

今回はハンターの目で貪欲に自転車を見れるので、
去年よりもかなり楽しみです。

これでサイクルモードへの準備は万端ですが、

後は・・・今年も会場の雰囲気に圧されて試乗できないんじゃないか?

という事と、奇しくも前の日に、私と相方がダブルで飲み会が入っているので、

最悪、二日酔いで行けなくなるのでは?

ということが心配です。(特に後者)

ランキング参加中です。できればぽちっ☆とクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログへ  人気ブログランキング

関連記事
江戸サイを海まで走るぞ!リベンジ【前編】
今日は、ハロウィンらしいですね。

この時期になるとお店には、なにやらハロウィンらしきグッズがいろいろ置かれていますが、
先日、こんなものが売っていたので購入してきました。

「ハロウィン限定(?)カンロ飴」

カンロ飴

昔からあるカンロ飴でハロウィンとか言われても・・・という気がしないでもないですが、
飴が丸いので、包みをハロウィン風にするとなんかマッチ(?)しているような気がします。

カンロ飴

・・・とこのように、ここのところ毎年、

ハロウィンを受け入れようぜ!

ハロウィングッズを買って楽しんじゃおうぜ!!

的な見えない力・・・というかモロ見えまくっている力が働いていますが、
特に関係なさそうな上に、具体的に何をすればいいかわからない感じの行事なので、
その強力プッシュの割には、未だ日本人受け入れ度は低い行事のような気がしないでもありません。

しかしクリスマス、バレンタインと数々の行事を日本人に受け入れさせてきた
お菓子業界をはじめとする各業界のプライドが許さないのか、
毎年この時期になると菓子業界を中心に、
「今年こそ日本人にハロウィンをやらせるぞ!!」
という意気込みを痛いほど感じるのは私だけでしょうか?

その戦後のゴムひも売りのおじさんのような(いや、実際あったことはありませんが)
押し売りさに少々辟易としつつも、なんとなくそこまで言うなら1度ぐらいは、
受け入れてもいいかも。と思う今日この頃。そんな私は純正日本人。

受け入れるにしても、はて・・・何をやればいいのか?

カボチャ関連商品をやたら押しているようですが、
取りあえずカボチャを食えばいいんでしょうか?・・・それは冬至でやるしなぁ。

・・・と考えていると幸いなことに、
このカンロ飴の後ろにハロウィンについての説明がありました。

~Halloween(ハロウィン)とは~

万聖節の前夜祭で10月31日に行われる行事。
秋の収穫を祝い悪霊を追い出すお祭り。
アメリカでは仮装した子供達がご近所を回り、その際はお菓子をあげる。

とまあ、要約するのはこんな感じの行事のようです。

・・・そして何度読んでも、やっぱり日本的には無関係のような気がします。
日本にも収穫祭とかって地方独自にあるでしょうし、
なんか“なまはげ”とかとも被ってるような・・・。

つうかそもそも万聖節って何?そこがようわからんので前夜祭とか言われても・・・。

しかし“菓子をあげる”という最後の一文でお菓子業界が必死な訳はわかりました。

が、いかに必死でもクリスマスやバレンタインのようには、
「受け入れられる要素がないなぁ。」と思うのは私だけでしょうか?

それともお子さんがいるご家庭では、受け入れられてるんでしょうか?

そうして今年も私に微妙な“しっくりこない感”を残したまま、
ハロウィンは静かに過ぎて行きます。

せっかくだから、夜はかぼちゃの煮つけとか作るかな。

・・・そう思っている時点で策に嵌っているのだろうか?


さて、話は変わりまして、現在と過去を行ったり来たりしているこのブログですが、
相変わらず時系列がばらばらで、わかりにくくて申し訳ないです。(汗)

今日は、またまた過去の出来事になりますが、
10月12日(日)の「江戸サイを海まで走るぞ!リベンジ」
のポタ日記を書かせていただきます。

それは以前、柴又に行った時のことです。

その時、ノリにまかせて江戸川サイクリングロードを走ったわけですが、
その時私は、いい感じに脳内でアドレナリンが生産されて、
妙にハイテンションになっていました。

そこで嫌がる相方と日没せまる時間帯をさらりと無視して、

「このまま海までGO!」

と強気でやらかしたわけですが、相方の祈りが天に通じたのか、
江戸サイを走っている時に、雨が降ってきて気分は失速、
結局、その日は海まで走るのを断念して消化不良のまま帰ってきました。

しかしその時、私は心に誓ったのです。

近いうちに万全の態勢をとって必ずリベンジをするぞ!・・・と。

そしてそれから2週間目のこの10月12日をリベンジの日と設定、
幸い朝から天気も良かったので「江戸サイを海まで走るぞ!リベンジ」に 行くことにしました。

予定では11時の出発のつもりでしたが、
ちょっと朝、風呂に入った時に湯あたりをしまして、
休んでいたので実際出発したのが予定より1時間遅く12時近くになりました。

それでもスロースターターのわが家にとっては、かなり早い時間のスタートなんですが、
なぜかあせっていたのは相方。

「もう!千葉まで行くんだから、早くしないと走りきれないよ!」

と半ギレ状態。

おい。ちょっとまてや。元千葉県人としては、聞き捨てならんな。

千葉をどこまで地の果てだと思ってるんだよ!相方。

もしかして相方は知らんのかもしれませんが、
千葉県といえば、東京都の隣に位置している県です。

一応、千葉県民だった時には都内まで通勤圏内だった私としては、
(いや、さすがにしょう油の街市からは遠かったですが)
柴又あたりから市川あたりまで走ったところで、
たかが知れているという印象しかなかったのですが、
元神奈川県民の相方としては“千葉”という地名が入るだけで
果てしない距離に感じているようです。

いや、まじ、千葉なめんなよ。全世界の千葉県人にあやまりやがれ。(--#)

と思いましたが、まあ、急ぐに越したことはないので、
相方にせかされつつ、湯冷しもそこそこに出かけることにしました。

ルートとしては、前と同じように柴又公園あたりから江戸サイに入り、
そのまま海に出るまで、ただひたすら走るのですが、そこはせっかくだから病の相方、
せっかく川岸は両岸あるのに、前と同じ道を走るなんてお損認定なのです。

ほんと暮らしを彩る“せっかくだから”、おはようからおやすみまで“せっかくだから”なのです。

今回はそんな相方の提案により、 今回は以前に走った右岸ではなく、
「せっかくだから今回は左岸の千葉県側を走ろう」ということになりました。

どの道、江戸サイに出るには、まずは柴又を目指します。

柴又までは最短ルートを行くつもりで地元の道を走っていたのですが、
自転車に乗るまで、ほとんど引きこもり生活を送っていたので、
未だに地元に馴染みはなく、まだまだ頭の中で道が繋がっていないところがあります。

この日も最短と思って走った道が、後から気づいたらかなり遠回りでした。

そのロスした距離は約3km位だったのですが、
自動車の時はこれくらいのロスはなんてことないですが、
自転車だとなんだかとてつもないお損を蒙った気がして、えらく悔しかったりします。

こんな風にちょっと急いでいる時などは、余計に。

まあ、その分カロリーを消費したと思えばいいんですが・・・。

そんなロス距離のための精神的苦痛があったためか、
柴又に着く間に結構距離を走った気になってきまして、江戸サイを目の前にして、

「柴又で甘味でも食べて英気を養っていこうよ。」

と相方が誘いをかけてきました。

果てしない千葉の地まで行くのに、こんなとこで休んでいていいんかYO!

と嫌味ってやりたいところでしたが、私としてもなんの食物的潤いもなさそうな
サイクリングロードに出る前に、多少潤っておきたかったので、
相方の提案には素直に乗ることとしました。

相方のヤツ、そう提案してくるって事は、なんだかんだ行って、
どこか美味しそうな甘味処を押えておいているんだな。気が利くヤツめ。

「で、どこの甘味屋さんにするの?^^」

と満面の笑みで相方に聞くと、

「決めてないよ。」(きっぱり)

・・・・・・今まで何度こんな会話を繰り返したことでしょう。

いつも思うのですが、じゃあなんで“甘味”とかピンポイント決めで
自信満々に誘ったりするんでしょうか?

時間もないのに、あてもなく柴又の街をさまようんかい!

で、

もちろん、彷徨いましたとも。

甘味という言葉を聞いたらパブロフの犬のように、どうしても甘味が食べたくなったのです。

千葉県民の私にしたら別に都内から江戸サイの先(市川)なんて目と鼻の先だしぃ。

・・・まあ、自転車で行ったことはありせんが。

とにかく甘味的には帝釈天の方に向かえば、
なんとかなると思いまして帝釈天に向かいました。

この日は、何かのお祭りがあったようで、帝釈天あたりは混雑していました。

一刻も早く江戸サイに乗らなければ、と思いつつ「帝釈天」でお参りです。

帝釈天

いや、人生いろいろあって、祈りたいことが山ほどあるんで、つい・・・。

そして甘味処ですが、目新しいお店が思いつかなかったので、
今回も寅さんのお店「高木屋」に寄ることにしました。

高木屋

前回は名物の草団子にしたのですが、
この日は気温が結構高かったので、つるっと行きたくなり、
私は「あんみつ」(450円)にしました。

あんみつ

老舗らしいトッピングは控えめなシンプルなあんみつです。
寒天は普通な感じでしたが、さすがに蜜と餡は美味しいです。

相方は、前回売り切れで頼めなかった「磯おとめ」(300円)

磯おとめ

どの辺が乙女なのかはわかりませんが、ようは磯部巻きの味のお団子です。
この海苔あたりが乙女の頭髪をイメージしてるのだろうか?だとしたら結構シュールだな。
こちらも香ばしくてなかなか美味しかったです。

店を出て参道を歩いていると、いろいろな店があります。

ここは一つ、食料を仕入れるのは困難であろう江戸サイに行く前に、
ハンガーノック対策として、何か食料品を仕入れていかねばなりません。

ハンガーノックになるほど距離走るのか?

という疑問はありますが、備えあれば憂いなし転ばぬ先の杖です。

「ハンガーノック対策は大切なんだよ。姫ぇ。」

というような事を今は私の心の中に住んでいるタック王子も言っておられました。

丁度、ヨモギ団子で有名な「吉野家」があったので、

吉野家

こちらでヨモギ団子を買っていくことにしました。
目の前でヨモギ餅をちぎって、餡をのせてくれます。

出来立てで、まだあたたかいヨモギ団子が4つ入りで200円でした。
あっつあつで美味しそうです。

このまま温かいうちに食っちまおうか。

という邪念がわきましたが、ここは我慢して相方のリュックに詰め込みます。

ところでこのお店、たしか前に来た時も営業していたので、
いつも営業しているお店だと思ったのですが、
後でネットで調べてみたら基本日曜日にしかやっていないお店のようですね。

不定期で休む時もあるようなので、たまたま買えたのは運が良かったのかも。

この日はお祭りの為かテキヤさんもちょっとだけ出ていまして、
「他にはなんかないか?」と物色中に目に付いたのが、
これ「あんず飴」です。つうかハンガーノック対策食料じゃないじゃん。

あんず(?)飴

子供の頃以来あまり食べてなかったのですが、
久々に食べたくなって買ってみたのですが、食べている途中で重大事柄に気が付きました。

あれ?これってあんずじゃねぇじゃん。(゚∇゚ ;)←食べる前に気づけよ。

この“あんず飴”的な立場で売られているのは、ぶっちゃけスモモですよね?!

いつからこんな恐ろしいすり替えが行われていたんでしょう?それとも昔からそうだったけ??

なんか騙され感は否めません。なんか甘さとすっぱさがミスマッチ的だし。

・・・て、ぶつぶつ言いながらも優雅にあんず飴(?)を舐めてる場合じゃありません!

意外とのんびり過ごしちゃってましたので、ここですでに2時近くになってました。

これは「千葉なんて近いよ派」の私(元千葉県民)としても、
かなりヤバイと言わざるをえない時間では?!

まだ、江戸サイの江の字にも足を踏み入れてねぇし。

しかし「千葉は果てしなく遠いよ派」の相方(元神奈川県民)も、
一緒になって、なに優雅に過ごしちゃってるんだ?

出発前の半ギレはなんだったんだよ。(--;)

さすがにここまで来て焦り出しまして、最後にコンビニで水分と、
駄目押しのハンガーノック対策食料を購入し、再び江戸サイに向かいました。

江戸サイに入ってもいないうちに恐縮ですが、つづきます。m(__)m

ランキング参加中です。できればポチッ★とクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキング

関連記事


広告



カテゴリー

にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ
人気ブログランキング



プロフィール

くろばい

Author:くろばい
愛車ビアンキ・パッソ
【愛称:ビンちゃん】
愛車2ビアンキ・ミニベロ9
【愛称:ベロンチョ(ベロちゃん)】
激情にながされ1週間で購入に至る
愛車3ママチャリ
【愛称:ソルジャー・チャーリー】
現在自転車3台を所有。
あまりの自転車の増殖率に
恐れおののく日々。
これ以上、増えることはないと
思いつつも、自分が信じ切れない
今日この頃・・・。

相方(くろばいB)
愛車:RSR-4(ブルー)
【愛称:ルイちゃん】
愛車2:ラレー・RSW SPECIAL
【愛称:くろまるくん】
新たにミニベロを購入して、
自転車わが世の春を謳歌中。
自己開発のアンゴラダイエットの
お陰で(いまのところ)メタボリック
危険水域を脱出。
しかし現在、ポタ時はポタメシを
思いっきり解禁しているので、
リバウンドに王手か?



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



月別アーカイブ



カウンター



ブログ内検索



RSSフィード

  • seo



おすすめの自転車本

わが家の自転車メンテナンスのバイブル!





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。