クロスバイクを買っちゃうぞ!
初心者がクロスバイク乗りになるまでの軌跡
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新年あけましておめでとうございます
あけましておめでとうございます!

このブログですが、おかげ様で2度目のお正月を迎えるに至りました。

今年も(ゆる)ポタ日記をつらつらと綴って行こうと思いますので、
よろしくお願いします。m(__)m

年末年始は、お天気に恵まれていますが、
元旦の本日も、いいお天気ですね。

まだ夢見る1週間前は、性懲りもなく

「今年は、初日の出に行こうよ。」

と言っていたわが家。

「夜明け前の朝方に荒サイへ出て・・・」

とか30日ぐらいまで意外と具体的に語っていました。

しかし・・・語りつつも私も相方もうすうす判ってはいたのです。

そんな話は、幼稚園の時に「大人になったら絶対結婚しようね。」
と約束をするクラスに脆い夢物語だってことを・・・。

実際、昨日出かけたのですが、相変わらず帰りが遅くなりまして、
日の落ちきった大晦日の夜ポタは、ものすごく寒かったのです。

体の芯から冷え込むような寒さといいますか・・・。

夜でこれぐらい寒いんだから、一番気温が下がると思われる朝方は、
さぞかし・・・・・・に違いない。

・・・そして

それから私も相方も初日の出を見に行く計画なんぞは、
まるで元からなかったように、どちらからも一切語らなくなりました。

無言でヘタレたのです。

こういう時、似たような性質の人間が2人揃うのはいいのか、悪いのか・・・。

そしてやっぱり、いつものように2009年の初日の出はベッドで迎えました。

実際は意識がなかったので、昇ったのも判らなかったのですが、
起きた時間(午前じゃなくて午後12時)には、美しく晴れているので、
きれいな初日の出が見られたんでしょうね。(遠い目)

さて、そんな大晦日な昨日、サヨナラ2008年と共に、
かねてより相方のミニベロ、くろまるくんにベストマッチするのに
運命のいたずらで私のミニベロ、ベロンチョについてしまっていた黒いライト。

そのライトを相方に無事、押し付け・・・お譲りする事に成功しました!!


相方的には、ちらっと渋るそぶりがないではなかったのですが、

「まあさ、試しに取りあえず付けてみようよ。
似合わなかったらはずせばいいんだし・・・^^」

と、言葉巧みに取りあえずくろまるくんに付けてみることに成功。

よっしゃー!そこまで来たらこっちのもん。(私の心の声)

2度とはずす気なんんぞは、ありませんでした。

 

が、 

でも・・・・確かに車体が黒いくろまるくんには、
この黒いライトが、これがもうよく似合うのです!
(少なくとも私のベロンチョよりは)

数々の思惑という色眼鏡を掛けて見ているのですが、
これってどうみても「ベストマッチ」じゃないですか??

くろまるくん

本当の運命の人(くろまるくん)に出会う前に、
どうでもいい人(ベロンチョ)と出会い結婚しちゃったという
昼メロの王道パターンですね。

所詮、ベロンチョは、このライトがくろまるくんに出会うまでの布石、
ここは踏み台的脇役として、昼メロの王道同様に身を引こうと思います。

・・・いつの間にか、なんかいい人の役回りになってるし。

変わりにベロンチョには、相方のルイガノのライトを借り受けていますが、

ベロンチョ

仕方がないので、新たにライトを買わなきゃなぁ♪と思っております。

ゴールドのライトが希望ではあるんですが、
そんなライトは見たことがないし・・・

こうみるとなかなかシルバー系も合うような気がしますが、
うーん。どうしようかなぁ。

さて、本日は元旦早々から両親が旅行に旅立ったので、
しょう油の街市にお留守番に戻らねばなりません。

愛犬に会えるのはうれしいのですが、正月早々なんかトホホ。

この辺を一回りお参りポタをしてから、ミニベロ達を積載して戻ろうと思います。

しかししょう油の街市に、自転車でお正月巡れるスポットってあったかな?

行きたかったお店もしょう油工場も正月休みだろうし・・・。

ランキング参加中です。できればポチッ☆とクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキング

関連記事
スポンサーサイト
2009年初ポタ

2009年、しょう油の街から、おめでとうございます。

早いもので、今年ももう3日目ですね~。

そして私(と相方)もしょう油の街市で過ごすお正月も3日目・・・
一昨日の元旦早々から、実家であるしょう油の街市に戻って来ました。 

今年は両親が元旦から旅行という、はた迷惑な強行スケジュールを組んだために、
自動的に私が愛犬のお世話に、またまたはせ参じる羽目になりました。

元旦早々、家から移動するのは、私から正月料理に対する
全てのやる気というものを根こそぎ奪い去りまして、
一応、一日の朝は家で迎えたにもかかわらず、
おせち料理どころか正月を感じさせる料理は何一つ用意しませんでした。

かえってラッキー!・・・とか思っていなかったです。本当です。

一応、元旦から呼び出すのは、さすがに気が引けたのか母がいろいろ用意してくれたので、
実家で初めて正月らしき物を口にすることができました。

昆布巻きとか煮しめとかおせち料理とか・・・
考えてみれば、どれもこれも特に好物というわけでもないので(但し、栗きんとんだけは除外)
別になくてもなんの問題もないのですが、好き嫌いはともかく、
やっぱり食べると正月らしくていいですね。

1日は、愛犬の我慢の限界を見計らって、夕方から実家に帰ってきたのですが、
昼間は、自転車にて近場のお参りスポットで初詣を済ませておこうと考え、
浅草の“浅草寺”まで初詣をするつもりで行って参りました。

なぜ、わざわざ“つもり”という言葉をつけたかというと、
初詣は完全未遂に終ったからでございます。

浅草寺といえば、都内で初詣に人気な(?)神社仏閣の一つですが、
そういえば今まで元旦にそういう有名初詣スポットには、
あまり行った事はなかったような気がします。

ゆえに元旦の人気神社仏閣というのは、かくもすざまじく、
ちょっとやそっとでは、手すら合わさせてもいただけないもの
だという事を初めて勉強させていただきました。

しょう油の街市に1人愛犬を待たせているものの、
09年も生まれ変わることなく、スロースターターのわが家、
この日もおおむねダラダラと過ごしまして、
家を出たのは午後3時過ぎになってしまいました。

さすがに遅くなったなぁ。

と反省はしつつも、そこは近場のお寺なので、
行って、詣でて、なんか食べて(やっぱり食べるんかい)
合計1時間ぐらいで帰ってこれると思ったのです。

この日は、風はほとんどなかったのですが、
冬の突風は怖いですし、元旦は浅草寺近くはそれなりに混雑していると予想しまして、
前に見つけた隅田川沿いの自転車置き場に自転車を置き、
そこから歩いて浅草寺まで行くことにしました。

駐輪料金は、通常は1日100円。

駐輪場というのは、最初の数時間が無料、
その後時間ごとに割り増し料金というタイプもありますが、
ここは1日単位で料金を取っています。

とはいえ、たったの100円ぽっきりなので、安めというか、
破格といっても過言ではないお値段設定です。

が、

この1時間止めようと1日止めようと100円取られるという料金体制が、
この後、私たち(というか相方)をジレンマという底なし沼
叩き落とすことになるとは、この時は思いもしませんでした。

100円を先に支払い、支払った証拠に発券された券を自転車に貼っておきます。

駐輪場

元旦に行ったので、駐輪券の日付は当然1月1日なんですが、
ぞろ目の日付を見ると、テンションがあがるということは、ありませんか?

とくに1月1日は、正月のめでたさも手伝ってか、
妙にテンションがあがってきまして、おおはしゃぎのまま写真に収めました。

そしてテンションをあげたまま自転車を駐輪する上で最も肝心なこと
ケロリと忘れて、浅草寺へと向かいます。

この駐輪場から浅草の浅草寺までは、徒歩5分ぐらいになります。

浅草寺に面した雷門通りは、この日は歩行者天国になっていました。

「歩きやすくていいじゃん。」

などとこの時は、のん気に喜んでいたのですが、
考えてみればホコテンにするということは、それだけ混雑していることなのです。

そこまで考えが至らないのがわが身のおろかさです。

時計

雷門入口付近に着いた時は、ちょうど4時で「観光案内所」のビルのからくり時計が
丁度ダンシングしていました。

神輿を担いでいる極めて浅草らしいからくり人形ですね。

浅草寺へは、普段は雷門からお店の並んだ仲見世通りを通って行くのですが、
この日、雷門に近づくと、ものすごい人だかりで、
正月のめでたい雰囲気とは一線を画す
どこかしら“殺伐とした雰囲気”が漂っておりました。

選挙カーのような車の上で、警察官が交通整理をしていましたが、
その叫びを聞くに、どうやら浅草寺に行きつくまでには、
かなりの行列ができているようです。

そのあまりの混乱ぶりにびびりつつ、最後尾に付こうとは思いましたが、
この列はまっすぐではなく、うねる感じで並んでいるので、もはやどこが始まりで、
どの程度の時間並べば、この果てしなき行列に終わりがくるのか、
全容はまったくの不明。

私も新年早々挫折したくはなかったのですが、これは無理です。

近所の気軽さで、あっさりと断念しました。

しかしこのまますごすごと帰るのは、かなり消化不良です。

お参りが駄目なら食い気だけでも満足させたい

・・・なんか除夜の鐘を聞いても煩悩まみれっすね。(--;)


と思いましたが、雷門から浅草寺まで行列ができているので、
仲見世通りも行列に並んだ人しか入れず・・・。

浅草寺を挟んで、左右を断絶する形で列ができてますので、
あちら側のお店に行きたくても、行列が邪魔してなかなかいけない有様です。

この人通りからすると、どこの店も混んでるだろうし・・・。

私は、なんだか何もかも面倒になり、あきらめて帰ろうと思いました。

が、

ここでネックとなったのが、今年もお得好き、せっかくだから病、
転じてお損を蛇蝎のように忌み嫌う相方。

「何もせずに帰るの?せっかく駐輪料金200円も払ったのに?」

と恨みがましい台詞を吐露。

でたーっ!新年早々、相方の得意技、せっかくだから幻術!!

この幻術の恐ろしいところは、相方の台詞を聞いた瞬間から、
たいしたことがないことでも、とてつもない損害のように思えてくることなのです。

この時もそういわれると、200円の駐輪料金を払って、
なにもしないで帰路に着くことが、ありえないほど最悪の損害と思えてきたのです。

せっかくだから幻術・・・嗚呼、なんという恐ろしい技なのでしょう。

幻術に惑わされた私には、残念ながらもう選択肢などありません。

この幻術にかかったら最後、トホホな事に逃れられないのです。

とにかく200円分は満喫しなければ!

まず、食欲を満たせば、一気に満喫度はUPするはず。

ここは手っ取り早く、甘味のお店に行ってみることにしました。

それには、仲見世通りを突っ切る形で行列を横切って
向こう側に行かなければならないのですが・・・。

なにせ仲見世通りには、列に並ぶ以外は何人たりとも入場できないように、
柵のようなものが設置してあります。

仲見世通り

列に並ばずこっそりもぐりこむ不届き者がいないようにでしょうが、
とにかく警備員さんと警察官が水も漏らさぬ鉄壁の守りで、
とてもじゃないけど、仲見世通りに足を踏み入れることはできません。

ただ突っ切りたいだけなのに~(><)

目の前にゴールは見えるのに、たどり着けないもどかしさ。

しばらくどうしていいのかわからずに右往左往していると、
どうやら何箇所か、時間が来たらゲートが開き、
向こう側に渡れるらしい。という情報をつかみました。

そのゲートのところで、檻の中のサルのような気分で、とにかく待つ事数分。

やっとゲートが開き、なんとか反対側に渡ることができました。

しかし普通に歩けば、数秒のところをこんな苦労をすることになろうとは・・・。

さすが、初詣人気仏閣。

人生、すんなり行くことばかりじゃないのだと、教えられた思いです。

さて、今回行こうと思っている甘味どころですが、
前に一度行ったことがあるお店で、浅草寺からは多少離れています。

浅草寺付近は、すごい混雑でしたが、浅草寺から少し離れると、
人波があからさまに少なくなりました。

ところどころに昔から観光名所にある、
「顔を入れて、そのキャラになっちゃおう。」的な撮影スポットもあります。

いろいろなキャラクターが用意されていたのですが、
一番メジャーなところで“寅さん”がありました。

写真でみると、意外とリアル?

寅さん

しかしこういうものに顔を入れて撮影する人はどんな人だろう?

とか思いませんか?

主にお子さんとか、お子さんを連れたお父さんとか、
若い人がしゃれでとっているケースもあるでしょうが、
せっかくだから病の人も確実に顔を入れたがります。

こういうものを見かけた時は、十中八九相方は嬉しげに顔を入れて、
私に撮影することを要求します。

もしやこれって“せっかくだから病ホイホイ”なんじゃないの?と思ったりします。

案の定、この時もあまり撮影されている人はいなかったのですが、
相方は嬉々として顔を入れました。

他人の振りをして、そのまま通り過ぎてやろうとも思いましたが、
さすがに1人ぽつーんと絵に顔を入れたまま取り残されているという
哀しい絵ヅラを想像すると気の毒な気がしたので、一応、撮影をしてあげました。

そんなことをしているうちに、目的地の甘味処「初音茶屋」に到着です。

初音茶屋

相方は「小倉あんみつ」(500円)

小倉あんみつ

私は「クリームみつまめ」(550円)を注文。

クリームみつ豆

メニューに絵がなかったので、「小倉あんみつ」とはどんなものかと思いましたが、
ぜんざいのような小豆がかかっているんですね。
その辺は、ちょっとめずらしいかも。

みつまめにもあんみつにも葛餅が数個トッピングされているのが面白いです。
値段もかなり抑え目で、コストパフォーマンスがいい感じです。

ところでこのお店は2度目と書きましたが、
実は、1度目は去年の夏にカキ氷を食べに来たのです。

あれは去年の夏、「カキ氷ポタ」と称し、カキ氷を食いまくっておりましたが、
いろいろありまして・・・ごにょごにょ。

ほとんど食べた氷をブログに書けず、そして夏の終わりと共に、
完全に書くタイミングを逸し、タイミングを逸したまま現在に至り、
完璧お蔵入り状態になってしまったネタです。

「自転車の記録はできるだけブログに書く」
ということを信条としてブログをやっている私の中で、
今も「カキ氷ポタ」は、心に棘のように刺さっている、
言うなれば、屈辱の黒歴史だったりします。(--;)

しかし次の夏の訪れを待って何かのタイミングに、
ポタはさておき、こっそりとカキ氷だけは一挙ご紹介したいと目論んでいます。
(って、ポタの方をさておくんかい)

お店を出て、さすがにもう一度、あの行列を突っ切るという真似はしたくなかったので、
多少遠回りになりますが、行列を避けて浅草寺の裏手から
ぐるっと回って帰ることにしました。

当然裏手からは、お参りの列に入れませんが、
「お参りができない」というだけで、一応、浅草寺のごく近くにはこれました。
(まあ、そのお参りが一番重要なんですが・・・(--;))

浅草寺

そして浅草寺の近くに広がっていたのは、夢の「テキヤワールド」

私はテキヤ好きなので、こういう屋台を尻目にそのまま素通りは、
IKKOさんが、「どんだけ~」というのを我慢するぐらい難しいのです。

で、やっぱり素通りできずに、買っちゃいました。

「広島風お好み焼き」

広島風お好み焼き

しかし広島風お好み焼きの定義というのは、
“①ヤキソバが入っている事”と勝手に思っていましたが、
この広島風を謳っているお好み焼きには、ヤキソバは入っていませんでした。

前に食べたものも(こちらもテキヤ製)ノーヤキソバでしたが、
もしかして広島風とヤキソバの因果関係はないんでしょうか?

そうなると広島風お好み焼きの定義ってなんなんでしょう?

単に薄いものが広島風なのか??

そして前に見かけて買った時も(主に権利関係を心配して)衝撃を受けた
有名ネコ型ロボット風のカステラがありましたが、
今回は、そのパワーアップバージョンを売っているお店を見かけました。

なんとドラえ○ん風にひきつづきハローキ○ィ風カステラ。

カステラ

なぜ、いつも猫なんだ?という疑問はさておき、

(例のネズミだとあっという間に大変な賠償を請求されるからだろうか?)

いいんか?これ?

プロダクションが異なるであろう、この二大キャラを同時に売っちゃってる時点で、
おそらく・・・だと思いますが、まあ、いいんでしょうか?^^;

興味は覚えましたが、味はこの間と同じのような気がしたんで、
今回は、購入せずに帰ってきました。

たいしたことはしていないのですが、
一応、相方基準でギリギリ200円分は満喫したようなので、
やっとせっかくだからの呪いが解けて、帰れることになりました。

駐輪場に着く前に、突然相方が重要忘れ物に気づきました。

「そういえば、カギ掛けてない!」Σ(゚д゚;)

って、今更、思い出してどうする。(゜▽゜;)

実は、この駐輪場に停めたのは2回目なんですが、
前の時もカギを掛け忘れたんですよね。

丸腰でお持ち帰りOK状態の愛車たちが悪の軍団にさらわれていないか、
恐る恐る自転車を停めてある場所に行きましたが、
今回もしっかり元の通り、愛車はありました。

よかったーーーっ。

今回も無事、悪の軍団の魔の手を逃れたようです。

それからいったん家に戻り、間髪入れずに、
しょう油の街市までミニベロ達を2台積んで、車載して帰ってまいりました。 

しかしせっかく車載して来たにもかかわらず、
昨日は、犬の問題もあり自転車に乗れませんでした。
今日も乗れるかどうか微妙ですが、せっかく持ってきたので一度ぐらいは活躍させたいです。

ランキング参加中です。できればぽちっ☆とクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログへ  人気ブログランキング

関連記事
まさかのノー自転車中
早いもので、今日で相方も正月休み最後の日となってしまいました。

が、

今日も、わが家はしょう油の街市にいたりしています。

本日両親が正月旅行から戻ってくるので、
戻ってきてから夜に家に帰る予定です。

そう4日・・・もう2009年も明けて4日も経つのにもかかわらず、

実は未だに初詣なるものにいけておりません。

このままでは、神様に私どもの誠意が伝わらず、
今年一年、・・・・・・・なことになるのではないか?

と若干あせっております。

さて、元旦に戻ってくる時に、意気揚々と2台ミニベロを車に積んで戻ってきたのですが、
そのミニベロも未だまさかの活動率0。

ミニベロは未だ一度もしょう油の街の空気に触れることなく、
積んできた時のそのままに車の中に鎮座しています。

図らずも、しょう油の街市に帰ってきてから車でばかり出かけていますが、
ミニベロは、クロスバイクより若干軽いためか、小さいためか、
相方のクロスバイクと私のミニベロを積んでいるときよりも、
ミニベロ×2の方が、後ろで暴れん坊状態。

走るたびに、どこか何かぶつかるような音とか、
あのシンプルな車体のどこから奏でているのか謎の電子音とか、
が鳴り響き、寿命が縮まりそうです。

毎日、乗るつもりで持ってきたのに、こんなことになろうとは・・・。

別にスリリングな楽器として車に積んできたわけじゃないのに・・・

人生、「こんなはずじゃなかった」と思う場面は多々ありますが、
今まさに、こんなはずじゃなかった状態です。

・・・と、いかにもなにかの未知の力が私どもの自転車生活を妨害しているかのように、
正月早々被害者意識満載で書いてしまいましたが、

まあ、100%ヘタレな自分達が悪いですけどね。(--;)

こちらに戻ってきたのは、1日の夕方(というより夜)なのですが、
そもそもは、まず2日より出かける予定ではありました。

そうなってくると多少、障害なのはわが愛犬。

何せ、車でお出かけするのは大好きなので、
人間が着替えだすとか、お出かけの雰囲気を察知すると、
先読みして大喜びするのです。

その大歓喜ぶりを見て、そのまま置いていく事になるのは忍びない。

実際、その後お留守番をさせる段になると、
まず「裏切られた」という顔をし、その後、手のひらを返したように怒りまくり、
そして最後は、鳴き落としに入る・・・という、

たかがちょっとのお留守番に、犬の喜怒哀楽全編を見せられるのも、
なんとなく精神的にくるものがあるのです。

そんななのでお互いの苦痛を半減させるためにも、

「愛犬を自転車に乗せることができればなぁ。」

と常々思っておりました。

が、そんなことは、夢のまた夢。

わが愛犬、前から申し上げておりますが、
知り合いか貢いでくれる以外の人間が大嫌い、犬はもっと大大大嫌い(自分も犬なのに)、
自分が乗っていない車やバイクも嫌い。

とにかく地球上の生物および無機物で、
好き
なものが10個もないんじゃないか?

と飼い主すら「さぞ生きにくいだろうなぁ。」と気の毒になるほどの
デリケートな犬なのです。

そんな愛犬が、むき出しの形で自転車のカゴに
おとなしく乗っているわけがないのです。

そんな話を母にしたら、母が言うには、

最近愛犬は、ママチャリのカゴに乗るよう練習したので、
結構ママチャリには慣れて、近所なら自転車で行けるようになった。

という事。

それを聞いて私は、

胡散臭い。

と思いました。

あのけんか腰の愛犬が、おとなしくカゴに乗っているなんて、想像もできません。

・・・でも、ママチャリに乗ってさえくれれば、お正月も相方がミニベロ、
そして私がママチャリに乗せていけば、
お正月に神社ぐらいは一緒にいけるようになります。

そうすれば、正月早々、愛犬も私たちもハッピー。

人間都合のいい話にはなびいちゃうもので、
胡散臭さを感じつつも、私はその話を信じ、
2日は、相方はミニベロで私はママチャリのカゴに愛犬を乗せ、
近所(とは言え片道10km位離れてた)しょう油の街市の有名神社まで
行ってみる事にしました。

しょう油の街市は、都内よりも若干北に位置しているために、
気温も多少低く、なぜか都内よりも風もあるのか、
風もビュービュー吹いています。

厚着をしたり、ホッカイロを背中に貼り付けたり、
自転車で出かける準備を万端にして、相方のミニベロを組み立てる前に、
さて、愛犬をママチャリのカゴに入れてみると、

いきなり鳴き叫ぶ愛犬。

(母に)騙された。

と思いました。

鳴き叫びつつも、なんとかカゴから降りようとする愛犬の姿は、
どう見ても“慣れている”状況にいるとは、思えません。

目の前で鳴き叫ぶ愛犬、

・・・そしてしょう油の街市にビュービュー吹くからっ風。


なんか心が折れました。

このまま愛犬をお留守番させて出かけても良かったのですが、
なんか激しく萎えちゃいまして、
この日はヘタレてそのまま車で出かけることにしてしまいました。

バーゲンも始まっているということで、買い物もしたかったし
「ららぽーと柏の葉」まで行ってきました。

いろいろ欲しいものがあったのですが、特に欲しいものがありました。

冬になって最近、ものすごく空気がかなり乾燥していますよね。

なにせマンション暮らしなので、灯油を手に入れる手段が、
えらく面倒な上に苦痛をともなうので、
わが家の暖房は、仕方なくエアコンのみを使用しているんですが、
その為に、ただでさえ少ない水分も根こそぎ奪われ、
毎冬、生鯵もあっという間に干物化しそうなほど、部屋は乾いています。

理想湿度は40~60%のようですが、なんとうちの湿度は20%ちょい!

キノコの栽培は絶対不可能。

という乾燥ぶりです。

いや、別に自宅で栽培予定はないので、その辺はいいんですが、

とにかく、このままじゃ干上がる。

つーか実際、お肌は干上がって小ジワ増幅率が鏡を見るのも怖い事になってるし。

(まあ、乾燥のせいばかりではないですが(--;))

山田くーん。とにかく潤いプリーズ!

というわけで今年は、思い切って加湿器を購入したのです。

これで無事、砂漠気候も熱帯雨林気候に変更されるはず・・・。

と安心したものの、完璧加湿の目測を誤り、
あきらかにわが家の狭いリビングすら網羅できないほどの
しょぼい蒸気しか排出できない加湿器をうっかり購入してしまいまして・・・

無駄にでかい置物が増えただけで、相変わらず部屋は砂漠気候のままだったりします。

て、だめじゃん。(--;)

加湿の問題は、また後ほど解決するとして・・・

早急に、この乾燥(と加齢)に耐え切れなくなった私の目の下の表情筋をサポートするために、
美容液、ぶっちゃけていうとシワとり関係クリームが欲しかったのです。

ららぽーとについて、相方が、

「で、具体的に何を買いに来たの?^^」

というので、正直に、

「シワとりクリームが欲しいんだよね。」←自分、ぶっちゃけすぎ?

というと、

「シワとり麗子だね。」

と正月早々オヤジギャグをかまされました。

そのギャグの内容については、なんか逆撫でされましたが、
新春早々うまいこと言いやがって。

とちょっと感心してしまった自分が憎い。

しかも、秀逸オヤジギャグとして、
なんかブログに載せちゃっているオヤジ病のこの身が呪わしいです。

結局、シワとりクリームは、いいものが見つかりませんで、
購入できず、シワとり麗子にはなれませんでした。

食事は、フードコート的なところで食べました。

「おせちもいいけどカレーもね。」

という毎年繰り返されるサブリミナルに洗脳されているのか、
なんか正月になるとカレーが食べたくなります。

カレー店がフードコートの中にしか見られなかったので、
フードコートで食べましたが、所詮はフードコート(失敬)
正直、まったく期待をしていなかったのです。

カレー

が、

最近のフードコートはなかなか侮れないですね。

フードコートでありながら、ナンはインド人(?)の方が専門器具のようなもので
きちんと焼いていたので、本格的でなかなか美味しかったです。

その中で秀逸だと思ったのが、この「チョコレートナン」

チョコレートナン

本場のインドには普通にあるのかもしれませんが、私は初めて食べました。

温かいナンの中に薄くチョコレートが入っていて、
こいつは、旨いです。

絶対、餡も合うと思うので、「餡ナン」なんかも貪欲に開発して
日本市場に根付いて欲しいです。

このららぽーともそこそこ大きな施設なので、
なんの買い物的成果も得られないまま、歩き回るだけで疲労してしまいまして、
更に、お茶を飲みました。

「休憩早っ。」とお思いかもしれませんが、
この間、無意味な2時間が流れております。

「STICK SWEETS FACTORY」という
棒状のケーキが売っているお店で前から気になっていたのですが、
中で喫茶もできるので、入ってみました。

「抹茶のロールケーキ」を買ってみたのですが、

ロールケーキ

あれ?フォークらしきものがない。

セルフで置いてあるのかなぁ。とか思って、見に行ってもやっぱりないのです。

お店の人に聞けばよかったのですが、聞く前にさりげなく空気を読むというか、
周りのお客さんの動向を見回してみました。

隣の人たちは食べ終わっていたのですが、
そのお皿には、フォークらしきものがありません。

新たにケーキを購入して、まさに食べようとしている人を見つけたので、
固唾を呑んで見守っていると(お店の人に聞けよ。)、
おもむろに、手づかみ!It'sワイルド!

改めて考えると、最初ケーキのセロファンの巻きっぷりが普通よりも頑丈だなぁ。

と思っていたのですが、手づかみの為に頑丈に巻いていたのですね。

普通サイズのケーキは、もう少し小さめなサイズだったので、
周りのお客さんは、エレガントにちょいちょいつまんでいましたが、
私が購入した、ロールケーキは、普通のコンビニの海苔巻きより
一回り大きいサイズでした。

丁度、手づかみと、フォークを使う狭間のようなサイズでしたが、
ギリギリ手づかみでも支障はなかったです。

ロールケーキ

そしてこの日は、カロリー以外は、何も得ないままに、
自転車的にもノーゲット、買い物的にもノーゲットだったのですが、
「まだまだ、休日は2日残っている」と高をくくっていました。

が、

昨日も、ちょっと体調がイマイチだったのと、やっぱり風が吹いてまして、
ヘタレて、自転車にも乗らず食っちゃ寝しちゃったんですよね。(汗)

・・・で、とうとう最後の日になってしまいました。

今日は、さすがに乗らないとヤバイです。(またこんな時間ですが)

しかし、「必ず自分も連れてってもらうぜ!」とプレッシャーをかける愛犬、
そして今日もそよそよと吹いているしょう油の街の風・・・。

この風は、夕方になると、ほぼ強風になると思うんですよね。

どーもこーもないんですが、どうすっかなぁ。(汗)

ランキング参加中です。できればぽちっ☆とクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログへ  人気ブログランキング

関連記事
4度目のキズ(泣)
今日からお仕事始めの方も多いと思いますが、お疲れ様です。

うちの相方も今朝は、初仕事にはりっきって

・・・という様子は特に見られませんでしたが、
何かを吹っ切るような表情で、淡々と山へ芝刈りへと出かけて行ってくれました。

さて、昨日の夜は、愛犬の世話係の任務を解かれ、
実家のしょう油の街市からマンションまで戻ってきたのですが、
改めて体感温度を実感すると、本当にしょう油の街市は寒かったっす。

同じ関東だし、地球規模で考えると、さして緯度も経度も違わないと思うのですが、
たった若干の違いでも、北よりになると寒いものなんですね。

そうして「寒い、寒い」と思いつつも、正味4日間過ごしたのですが、
家に戻ってきてみると、風邪をひいたらしく微熱が出ていました。トホホ(--;)

家の仕事とかするのは、若干の支障がありますが、
日常生活、特に食欲などには、まったく支障ない程度のかえって好都合な微熱なので、
本日一日で心身共に休息して栄養を取りまくったら回復しましたが・・・。

・・・と、わざわざ自転車を持っていったにもかかわらず、
結局、風邪をひいてきただけで、特に主だった活動をしなかった
しょう油の街市での正月ステイ。

でもさすがに昨日4日は、風邪気味やら愛犬やら、
いろいろ障害があったものの、その障害を乗り越え、無事ポタって参りました。

が、

新年早々、無事でもない事実が判明しました!

6月に購入してから、なぜかうちの自転車の中でも群を抜いて
特にキズ関係のトラブルが多い、わが愛車、ミニベロのベロンチョ。

そのキズの付きっぷりは、
意地悪な魔女をお誕生会に招待しなかった為に、
うっかり呪われたレベル位に凄い。

よく考えてみれば“ベロンチョ”という名前自体が、
画数占い上もよくなかったのか(“べろんとはがれる”って言う意味もなくもないし)
以前から傷つけた記憶もないにもかかわらず、
いつの間にか、塗装が剥離しているという不幸なことが何度もありました。

そのムカつくキズの歴史を改めて紐解きますと・・・

最初のキズのは、購入して即つけた、チェーンステイのでかいキズ。

あまりのショックで、しばらく心がどっかの星雲まで行ってしまいましたが、
お店にリペア液を頂くという大不幸中の小さな幸せがあり、初リペアを試みました。

2度目は、1度目から間髪入れない頃にやっちまっいました、
一気に4箇所の塗装が剥げるという、嫌な離れ業(?)的なキズ。

1度目のキズよりは、小さかったものの4箇所一気にキズがつき、
しかも1度目のキズよりも明らかに目立つ場所だったので、
これまた精神的には、ダメージを受けました。

 

おそらく、荒サイを走った時に石で傷が付いたと思われますが、

つうか4箇所いっぺんにキズが付くってなにが起こったの?!

これは、くろばい家ミニベロ歴史でも、未だ解けない謎です。

しかし、1つの石でキズが付いたのだとしたら、
その石は、凄腕ハスラーかよ。迷惑な。(--;)

そして3度目は、目立たないところにいつの間にかこっそり付いていた、
ブレーキワイヤーの下のキズ。

これもなぜこんなところに付いていたのか、まったくの謎ですが、
目立たないところだったので、過去2回のインパクトに比べれば薄く、
大して精神的に打撃は受けず、サラリとリペアしました。

と、わがベロンチョには、この1年未満で、
合計3回、計7箇所のキズが付いたのでございます。

改めて考えるとすごくね?

そして当然、3回もリペアることになったのですが、
3度目の正直とかいうし、特に根拠はないけど、

「さすがにこれ以上はないだろう。」

と、たかをくくっていたのです。

が、あったんすよ。これが、

このリペア物語は、まだまだ恐怖の続きがあったのです。

そして今回、4日にしょう油の街を走った時に発見したのが、

ここ、フロントフォークのキズ。

キズ 

「なんか箪笥にゴンを買うのをケチったために虫に喰われちゃった」

という感じの穴のようなキズができてました。

なーーーぜーーーーー?????∑(゚д゚|||)

この傷についての原因も、まったく思いつきません。

よく、びっくり人間新記録とかで、金属を食べるびっくり人間とかいますが、 
毛に飽きたびっくり害虫が今度は金属に食指でも動かしたんかいな?

それともこれは、「リペアの達人でもになるんじゃ。」という神の思し召し?

いや、別になりたくないんで、ご勘弁を。

・・・しかし・・・

さすがにここまで来ると、自分の責任にしたくないという自己防衛本能が働くのか、
単に私の心根がいまいちなのか・・・

自分の保管力のなさを棚に上げてなんではありますが、

しかし・・・ここまでポロポロ塗装が剥がれまくるということは、

ミニベロ9の塗装が最初から剥がれ易いんじゃないの??

と、こんな邪推がひょっこりと顔を出したり出さなかったり・・・。

原因はどうあれキズが付いちまった以上は、またリペアをせねばならんのですが、
ところで、1年以内にこんなにリペアをした人間というのはいるのでしょうか?

もしかしたら私の知らないところで新記録とかを生んじゃってね?

と思わずにいられません。

キズといえば、今まではどちらかというと後ろ方面にあるキズだったのですが、
今回は、初の前方面の目立つ場所ということで、
過去3回とまた違った、新しい感じの精神的ダメージがあります。

人間はある程度のことは慣れてしまう生き物ですが、
このフレームのキズだけは、精神的に慣れませんね。(T_T)

リペアは、今週中で比較的精神の安定している時に
じっくりとやろうと思いますが、まさかこのまま、
5回目、6回目・・・(エンドレス)と、リペア記録を更新(*'-^)bという事はないだろうなぁ。

そんな暗い未来を考えるだに、年明け早々、地球の色より超ブルーです。

それにしてもあまりのベロンチョの塗装の脆弱さは、どうにかならんもんかいな。

強化液とかあれば、お店に塗ってもらおうかなぁ。

と真剣に考えています。

ランキング参加中です。できればポチッ☆とクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキング
[READ MORE...]

関連記事
しょう油の街市de初詣【前編】
お正月気分も抜け、あっという間に七草ですね。

昼間はすっかり七草粥の事を忘れていたのですが、
夕方、急遽天啓的に本日が七草だったことを思い出し、
仕事帰りに相方に七草粥セットを買ってきてもらいまして、
なんとか七草粥を食べることができました。

しかし七草というのは、当然、7種類程の草が入っていると思うのですが、
大根やら蕪やららしきものも入っています。

 

つまり“七草”と銘打ちながらも、実は、草とばかりは言い切れもののようですが、
そこで困るのは、草の下に若干根のような実のような物が生えている場合です。

大根やら蕪やらは、上に葉が付いても肝心なのは実の方で、
これが七草の一員だと思うのですが、
しかしこの根というか身(?)の付いた葉は、

根の部分か?葉の部分か?

いったいどっちが正統な七草の一員なんだ??

・・・という疑問。

一応、毎年のように食べているはずなんですが、
その辺は、(今年も)はっきりわからず、
取りあえず、その根のような実のようなものも粥に入れときました。

そのアバウトさはさておき、これでまた一つ、正月イベントが終りました。 

次は、鏡開きですね。

あれ?いつだけっけ?^^;

そして正月休みの終わりとともに、相方に再びもたらされた物・・・

脂肪。

旧年中は、アンゴラダイエット(アンダー500kalランチダイエット)などを
つつましくやっていた相方。

そのお陰で約5kgの減量に成功していたのです。

が、

正月のめでたい気分で、普段押えられている我慢のタガがはずれたのか、
休みの間は、精力的に食っちゃ呑んじゃ寝を繰り返しておりました。

「こりゃ正月休みは、大変なリバウンド王になるんじゃ?」

とは思ったものの、私としても正月早々うるさく言うのは面倒です。

まあ、自己責任で。

と完全放置しておいたのですが、休みが明けて体重を量ってみると、

なんと2kgもリバウンドしていたようです。(まあ、予想通りですが)

・・・たしか5kg減らすのに、3ヶ月かかったと思うんですが、
増えるときはあっという間なんですね。(遠い目)

しかもすっかり胃腸も甘えを覚えていたらしく、
とりたい放題のカロリーで贅沢に慣れていた正月明けの体には、
500kal以下ランチでは毎日がものすごく空腹で辛い。・・・らしい

人生楽あれば苦ありですね。

まあ、私も相方の脂肪の心配ばかりを言ってられないのですが・・・。(汗)

いや、私は特に正月には、太ってはいなんですよ。

ただ、前に増えた体重が元に戻っていないだけで・・・て、だめじゃん。(--;)


そんな無残な置き土産を残していったお正月休みですが、
今年は年末年始は天気もよかったので、

お正月前の予定では“ドキ☆自転車だけらけのお正月”

となるはずでしたが、現実には成果は微妙でして・・・

改めて数えてみると、6日間の休みのうち3日間しか自転車に乗れませんでした。

しかも3日とも全部短距離。(--;)

元旦は、初詣をすべく浅草寺にポタりに行きましたが、、
超行列に並ばないと祈ることすら許されない混雑ぶりに恐れをなし、
そのまま詣でることもなく、すごすごと戻って参りました。

そして、正月早々「何しにいったんだよ」的な消化不良な気分を抱えたままに、
両親不在による留守番(というか犬の世話)の為、
その日は、そのまましょう油の街市に戻らねばならず・・・

それならば、しょう油の街市では存分に自転車に興じようと、
ミニベロ2台と車に積載して帰ることにしました。
 
しかし、何度痛い目にあっても、

“備えあれば憂いなし”

という諺が身に付かないわが家。

所詮、年が明けても人間性が変わらず、

備えもなければ、憂いありまくり。

図らずもこの日は、相方のミニベロ、くろまるくんの車載デビューの日。

初車載をするに当たって、前輪をはずす練習くらいはして置けばいいものを
相方は普段からケ・・・節約家さんだけあって、
そういう自らの行動に対しても省エネ推奨、節約家さんなんです。

ちなみに、私は特に節約家ではないのですが(どちらかというと浪費家?)
自らの運動量だけはケチるところがありまして・・・。←なんか相方より最悪かも。(--;)

まあ、私のベロンチョでミニベロの前輪ははずしは何度か実績はあるし、
同じカンチブレーキで構造は変わらんだろうし、練習しなくても大丈夫でしょ。

と、完全たかをくくって、くろまるくんの車載はぶっつけ本番で行うことになりました。

わが家の車載は、ミノウラのヴァーゴを購入したことにより、
できれば忘れたい黒歴史、輪行袋時代に比べて劇的に楽になり、
自転車の前輪をはずすだけで、簡単に車載することができます。

単に前輪をはずすのみなので、
いくらわが家でも慣れれば慣れるほど楽になったこの作業。

作業時間も飛躍的に時間短縮され、
最近は、乗せるのも降ろすのもマンションの車止めで行っていました。

この車止め、買い物や短時間の駐車用に何台か停車できるスペースを設けてあるのですが、
所詮、緊急的な車止めなので、あまり長く陣取っていると他の住民の皆様の目もあり、
ちょっとしたプレッシャーを感じる羽目になります。

しかしこのところ格段に作業に慣れたお陰で、プレッシャーを感じる間もなく、
作業が終了できるまでになっていたのです。

が、

いつもどおりベロンチョの前輪をはずし、先に車の中に入れ、
次に、相方のくろまるくんの前輪はずしに取り掛かろうとすると、

はずれねぇ(゚ロ゚;)

ベロンチョの場合は、わずか3秒ではずれてくれるカンチブレーキが、
なんとも、はずれてくれんのです。(汗)

なーーぜーー??(゚∇゚ ;;)

ベロンチョとくろまるくん、ブレーキは同じ構造のはずなのに、
あせればあせるほどブレーキワイヤーは、びくともはずれてくれず・・・

小心者の身としては、この共有スペースでいつまでも作業をしていることに、
ものすごいプレッシャーを感じてきました。

「この(名称不明な)玉コロが、大きすぎるんじゃないの!!」

と半ば半切れ気味で作業をし、最後はこの玉コロをむしる様に
力任せにゴーインにブレーキワイヤーをはずし、車に詰め込んできました。

あまりに半切れだったので、どのようなタイミングではずせたかも謎。

玉コロ

※ちなみに玉コロとは、このカンチブレーキとワイヤーを止めている、この玉の事です。

・・・こんな感じで、組み立てる時、今度はまともに嵌るのだろうか?

と思わないでもなかったですが、
とにかく目先のトラブルからは逃げ出せたので良しとしました。

そんな人生で、いいんか?(--;)

そんなこんなで、ミニベロ2台を積んで無事(じゃないだろ)
しょう油の街市に来たのですが、
2日、3日は、主に愛犬と私共の心の問題でミニベロの出番はまったくなく・・・。

しょう油の街市でやっとミニベロ達の出番が来たのが、
お休み最終日の4日の午後の事でした。

なにその崖っぷち。 

すっかりだらけ癖が染み付いていたのと(なんかしょう油の街市は寒そうだし)、
愛犬の「自分を連れて行かないんだったら、どこにも行かせねぇ。」的なプレッシャーで、
この最終日すら、実はポタるのにも躊躇を感じていたのですが、

せっかく車載してきたのに、ここでポタらなければ、
何の為に自転車を積んできたのかわからん。

という“せっかくだから力”で、気持ちを奮い立たせ出かけることにしました。

となると・・・・

相変わらずネックは留守番大嫌いな愛犬ですが・・・

しかし、うちの愛犬の唯一都合がいい所は、
家でのお留守番だと烈火のように怒りますが、
車の中でお留守番することは、まったく苦痛を感じないようなのです。

つまり家に置いていこうとするから騒ぐのであって、
取りあえず連れて行けば納得をするので、騙まし討ち的ではありますが、
愛犬も車に乗せて公園まで行き、公園の駐車場に車を置いて、
そこからスタートすることにしました。

お陰ですっかり騙された愛犬は、車の中でおとなしくしています。
留守番するのには変わりないのに、バカなヤツだと思わないこともありません。

愛犬問題は解決をみたところで、もう一つの懸念事項は、

相方のくろまるくんの組み立てです。

来る時は、ゴーインにブレーキをはずして来ましたが、
そのブレーキが今度は、簡単に嵌められるかどうかが謎。

・・・で、案の定、嵌りませんでした。(‐‐;) 

なぜかブレーキワイヤーが引っ張られていて、
もともと嵌っていたはずのブレーキの位置までも、
いまいましい事に、あの玉コロが届かないのです。

カンチブレーキ

こんな事は、優秀車載車のベロンチョには一度たりともなかった事です。

こんな玉コロ、ベロンチョならすいすい嵌められるのに、

同じ構造のカンチブレーキなのに、なぜこんな違うんだ??!!

て、よく見ると、なんか同じじゃねぇ(゚∇゚ ;)

そう言えば、くろまるくんにはベロンチョにない
補助ブレーキなるものが付いていたのでした。

見たところこのブレーキは、
うちにあるクロスバイクと構造が同じようなブレーキなのですが・・・。

わたくしの中で、何かが閃きました。

いや、「若い時の苦労は買ってでもしろ。」といいますが、
若くなくても苦労は、一応しておくものなんですね。

クロスバイクの時に、ブレーキワイヤーとかの問題に何度かぶちあたったお陰で、

「この補助ブレーキに問題があるのでは?」

と不幸な経験に基づく勘が告げています。

未だに原理は、さっぱりよくわかりませんが、

補助ブレーキ

このブレーキの根元にあるアジャスターを回せば、なんとかなる!

・・・ような気がする。

もう、やっちまえ。

「キャーー!よくわかんないまま、いじくるの止めてよ!」 Σ(゚ロ゚|||)

という相方の悲鳴にも似た制止をさらりと無視して、
そのアジャスターを緩める方向に回すと、
どうやらワイヤーが緩んだようで、無事、玉コロがブレーキの位置まで届きました。

すげー私。

一応、亀の歩みでもレベルアップしてね?私。

今までの苦労は苦しいだけじゃなかったんですね。(感涙)

さて、私の機転で(なのか?)で、どうにか嵌ったくろまるくんのブレーキ。

嵌ったはいいけど、今度は前輪ブレーキが片きき状態となりました。

まったく次から次へと・・・と思いましたが、
この日の私は、神がかり的に冴え冴え。

緩めて片ききになったんだから、締めりゃいいだろ。

と思い、アジャスターを締めたら片ききも一気に直りました。

ちなみになぜそうなるのか、原理についてはさっぱりわかりません。

でも、まあ、直ったんだからいいんじゃね?

ということで、それ以上深くは考えず、
更に私のベロンチョを組み立てて、出発することにしました。

が、

ここでベロンチョに4度目の悲劇が待ち受けていようとは、
思いもしませんでした。

私のベロンチョを組み立てていると、
突然、相方が他人事な感じ満載の普通の声で、

「あっ。フロントフォークに、またキズがついたんだね。」

とか言いました。

へっ。

何だってーーーー?! (゚ロ゚;)


ついたんだね。とか知らんがな。

相方からベロンチョを奪い取るようによく見ると、
美しいチェレステに、キズというか穴のような不思議なものが空いてるー。

キズ 

いや、マジ、悪い夢かと思いました。

何せ、まったくぶつけた記憶とかもないですし。

気分は、バンジージャンプクラスに急降下しましたが、
ここまで来たからには、時間もないことですし気持ちを切り替えて、
とにかく出発しなければなりません。

頭をリペアのことでいっぱいにしながら、ふらふらと出発しました。

行き先は、今年一度も行っていなかった「初詣」です。

しょう油の街市には、地元で有名な「櫻木神社」という神社があるのですが、
私は今まで行ったことがありませんでした。

距離的にも、出発地の公園から丁度いい感じですし、
ちょっと(というかかなり)興味を惹かれるものもあったので、
この日のポタ先としては、まず、この「櫻木神社」まで初詣に行くことにしました。

・・・と出発しただけでなんですが、長くなりそうなので、続きます。m(__)m

ブログランキングに参加してます。できればポチッ☆とクリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキング

関連記事
70万アクセスありがとうございます!
初詣ポタの途中ですが・・・

本日、このブログのアクセスが70万を突破しました!

相方

このようなブログですが、いつも読んでくださる方がいるというのは励みになります。
ありがとうございますm(__)m

「クロスバイクを買っちゃうぞ!」と言って始めたブログですが、それから約一年半の間に
5台もの自転車を所有していることになろうとは、予想だにしていませんでした。
最近はブログタイトルのクロスバイクよりもミニベロ中心になっているのがなんですが・・・

これからもゆるゆると自転車生活を楽しんでいきたいなあと思います。
なんとか100万アクセスまでは続けていくぞ!と決意を新たにしました。

ランキング参加中です。できればぽちっ☆とクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログへ  人気ブログランキング

関連記事
しょう油の街市de初詣【後編】
昨日は、東京は初雪が降りましたね。

「なにも3連休前に降らんでも・・・」と苦々しく思いましたが、

跡形もなく積もらないで済んで、良かったです。

本日は、お天気も良く自転車で始動・・・するはずでしたが、
なぜかわたくし共はお家にいたりしています。

実は、本日は金曜日の新年会により相方が自己責任的体調不良で、
リバースの危険があり、自転車に乗れませんでした。

「アルコールに飲まれるなんて、情けないヤツ。」

ということをとてもじゃないけど言えないのが、
相方の数倍は、そのような状況に陥っている私ですが・・・(--;)

外に出ている分だけ、私よりも飲む機会が絶対的に多い相方ですが、
なぜか二日酔い数は私の方が確実に多かったりします。

お互い基本、飲み会は飲み放題で飲むことが多いのですが、
せっかくだから病は、その病ゆえに、そういった場合飲むんでしょうが、
私は(相方と異なり)頭の中で採算を採りながら飲むという飲み方はしないのですが、
まあ、結果的には飲みます。

それでも二日酔い度が違うのは、私は飲むと食物が入らなくなるタイプで、
相方は、飲んでも食事もたらふく入るタイプだからだと思います。

・・・しかし人間って普通若いときは、酷い酔い方をしても、
年を取ったら節度ある酔い方をすると思うのですが、
肝機能が低下した分だけ、更に悲惨な酔い方をするのは、
女性としてというよりも人としてどうなんでしょう?

どうというよりも、完全にオワットルよなぁ。

・・・と、相方の二日酔い姿を見て、
自己の(しかも最近あった)トラウマを思い出したりしています。

いかん、いかん。(--;)

というわけで、貴重な3連休の一日を無駄にダラダラしておりますが、
新年会の多いシーズンですので、皆様も体に気をつけてくださいませ。

話は変わりますが、以下、しょう油の街市での初詣ポタの続きになります。

**************************************

ハッピーニューイヤーと共に、愛する愛車ベロンチョの7箇所目のキズ
発見してしまったわけですが、

新年早々、まるで今年を暗示するような幕開けに、
なんだかとっても、すぐ、即、as soon as possibleで神頼みしたい気分にもなり、
正月も4日目まできての初詣の場所「櫻木神社」に急ぎました。

神社に行く途中には、しょう油の街市のメインストリートとも言える、
しょう油の街市商店街を通りましたが、

メインストリート

このようにお店は半分位閉まっていて、全体的に閑散としております。 

大概いつもこんな感じなので、お正月休みを取っていてこの始末なのか、
これですでに平常運行なのか、元地元民でも判断が付きかねます。

メインストリート(?)を過ぎると、目的地の「櫻木神社」は近いのです。

しかし昔はあまり意識しなかった事なのですが、
古い町というのは昔からそのままの道があり、その昔からある道というのは、
自転車を走るのに決して適しているとは言えない道も多いですね。 

そもそも道全体が狭めな作りなので、自転車が車道を通ると、
自動車的立場からは、自転車は完全障害物になります。 

歴史あるしょう油の街とは言え、新しく作った道ならば道路も広めに作ってあり、
自転車可の歩道なんかもあるんですが、古くからある道路は、
自転車OKどころか、歩道も人一人が一列で歩けるレベルの狭さです。

しかもそのやっつけ程度にある歩道というのは、ドブ排水溝兼務。

ある意味合理的・・・なのか(゚∇゚ ;)

そういえば実家の付近もこんな歩道(?)でして、
何度買ったばかりの靴のヒールをこのドブの穴に引っ掛けて破損させたか。(恨)

そして、そんな狭い道路を走っていると、車は私ども自転車を抜くに抜けないようで、
ちょっとしたプレッシャーの視線を感じたり感じなかったり・・・。

私も車に乗ればドライバーなので、気持ちはわからないでもないですし・・・。

まあ、それほど車の通りが激しい道路ではないので、
対向車が途切れるタイミングもあり、その時は存分に抜いていただけるので、
都内のように「邪魔だ。コラッ。」的な殺伐とした雰囲気がないのは幸いです。

今のところ相方のミニベロにも私のミニベロにもサイコンが付いていないので、
ダブルミニベロで行くと、正確な距離がさっぱりわかりませんが、
地元民の勘で、おそらく4km程走ったところで「櫻木神社」到着です。

櫻木神社

さて、元地元民の私ではありますが、櫻木神社という神社のその存在は知ってはいたのですが、
実際に来た事がありませんでした。

つまりこの日初めてこの神社に訪れたのですが、
この神社は、その名前の通り何かと桜をモチーフにしているためか、
なんか全体的にピンクっぽいフェミニンな感じの神社でした。

櫻木神社

入口のところに今年の干支である牛のかなりふざけたくだけた感じのディテールの
大きな絵馬が飾られていてちょっと度肝を抜かれたんですが、
これは単なる飾りで実際には真面目な絵の牛の絵馬があると思っていたら、
今年のこの神社の絵馬のデザインでした。

絵馬

なんか、大丈夫なのかご利益?(゚∇゚ ;)

神妙さがイマイチ少なめなような気がしますが、
まあ、願いさえ叶えて頂ければ問題はないわけで・・・

この干支の絵馬ともう一つ桜の絵馬もありましたが(これは通年のデザインだと思われます)、
そちらもなかなかフェミニンです。

絵馬

ちなみに交通安全祈願のための車に貼るお札(?)的なステッカーもこの桜のマークです。

人気ステッカー

実はこのステッカー、貼ってもお守り然としていないフェミニンな感じが市民に人気のようで、
しょう油の街市には、車に貼っている人が結構いたりします。

なので櫻木神社には行った事がなくても、このステッカーを良く見かけたので、
櫻木神社の存在は知っていたのです。

グローバルな時代に合わせて、ローマ字書きのスタイリッシュなステッカーもありました。

確かにスタイリッシュですか、こちらもご利益的には問題ない・・・んですよね?

神社内は、4日になったこの日も(しかも夕方に近い時間)
結構、初詣の客で賑わっていたのですが、
この神社には、何ていいますか“集客に対する努力”のようなものを強く感じます。

斬新なデザインの絵馬や、全体的に気軽に来れそうなフェミニン感もそうですが、
ことおみくじ一つとっても、アイデアおみくじ(?)がずらりと並んでいて、
「おみくじの見本市か?」と思うほどのすごい品揃えです。

おみくじ

しかし最近のおみくじは、いろいろ種類があるんですね。
鬼太郎おみくじとか(基本墓場で運動会をするような妖怪なのに、めでたい初春にいいんかい)
サンリオマスコットおみくじ(何が出るかわからないところに商売気を感じます)

キャラクターおみくじ 

あとは、水占いおみくじ(なぜあえて水を使うんだ?)等々・・・

老若男女対応のあまりにすごい品揃えに、
まんまとおみくじ業界の策に嵌り、私も相方もついついおみくじ引いちゃいました。

私が引いたのが「桜の根付付きのおみくじ」

おみくじ

これがいきなりクリーンヒット!なんと「大吉」です。

大吉

可愛らしい根付が付いています。

桜根付

相方が引いたのは「扇おみくじ」

おみくじ

これは他では見たことがなかった形のおみくじです。

せっかくだから病の相方は、珍しさの激情にかられて引いて見たものの、

こんなめでた気な形なのに、開いてみたら「大凶」と書いてあったら嫌だな。

と思ったのですが、開いてみると「大吉」でした。

大吉

いきなり2人とも「大吉」なんて、
正月「大吉」大放出キャンペーン中だったのでしょうか?

しかし何度引いても“末吉クラス”を引いていた去年とは、なんという違いでしょう。

こいつは春から縁起がいい・・・のか?

もしかしてわが家の今年は絶好調?

・・・でも正月早々ベロンチョのキズを見つけちゃいましたけどね。(ぼそっ)

W大吉に気を良くしながらもお参りをすると、

神社

そこには私をこの神社に導いたある物が置いてありました。

初詣先をこの神社に選んだのは、場所的に丁度良かったからという理由もありましたが、
1月1日の新聞に折込で入っていた地元機関紙で紹介されていた、
この神社の斬新なある物に心を惹かれたのです。

その心惹かれたある物とは、どこの神社仏閣でもよく無料で配布されている
「神社設立の歴史」のような冊子なのですが、
この神社は、この歴史冊子についても一味違うのです。

この冊子、実は中身はオール漫画の歴史説明冊子だったりします。

マンガ冊子

小難しい歴史を文字で並び立てたところで、理解されないまま終るのがオチ、
それならここは、萌え文化はなやかしき平成の世なので、

マンガ化しちゃえばいいじゃん。

という事なのでしょうか?

すばらしい。

神社とは、保守的なものと思っていましたが、
この時節を読むすばらしさに、私は感動いたしました。

しかも絵柄も昭和の香りがするとかいう絵柄ではなく、結構、今風。

このマンガはどこのどなたがお描きになったのかわかりませんが、
こういうものにありがちな「がんばりは伝わってくるけど、ちょっと・・・」的な絵柄ではなく、
キチンと普通のマンガ絵になっています。

早速、由緒ある櫻木神社の設立の歴史を紐解くべく、
マンガ冊子を読ませていただきました。

あらすじは・・・

お兄様たちが中央の要職に付いた為に、
逆にもう都に自分の居場所がないことを悟った
藤原鎌足の子孫、冬嗣の三男嗣良様(イケメン)が、
東国に安住の地を求め、その旅の途中でトラブルに巻き込まれ、
その時に助けてくれた娘となぜかいつの間にやら恋仲になり、結婚。
(ページの都合上かその辺のエピソードは描かれていなかったんで)

安住の地(現在のしょう油街市)に移り住むと、そこには美しい桜が・・・。

一族と土地の繁栄を祈り、その桜の木の元に小さな祠を建てた。

そして、それが後の櫻木神社である・・・めでたし、めでたし。

という一大スペクタクル歴史巨編が、わずか7ページで描かれております。

めちゃめちゃ圧縮された密度の濃い歴史絵巻に感動し、
そしてラストのページを見ると、

冊子

て、つづくのか?!Σ(゚д゚;)

つうかこれ以上、何を描くことが?!

よく見ると、表紙に小さく“part.1”とか書かれているし。

冊子

このpart.1で神社建立の歴史まで、しっかり描かれちゃってますけど、
この後どんな事件がまき起こるのか、逆にものすごく気になりますが、
次の新刊はいつ出ることやら、情報がさっぱりわかりません。

「“続きはwebで”とかじゃないの?^^」

と相方は言っていましたが、

一時期のCMじゃないつーの。

・・・と言いつつも、続き読みたさにしっかりチェックしてしまいました。Web。

神社仏閣とは言え、最近はHPをもっているところが多いですが、
“歴史をマンガで”とか革新的なことをなさる神社だけあって、
もちろんHPがしっかりあったのです。

が、

続きは(やっぱり)Webでは見れませんでした。(><)

情報も載っていなかったし、やっぱり続きの情報は地元地方紙、
“しょう油の街ジャーナル”で地味に見つけるしかないのでしょうね。

実家に帰った時には、マメにチェックして新刊(?)が出たらまた行かないと・・・(--;)

こういう人間もいるので、マンガ冊子は集客にも役に立っているんでしょうね。

・・・私のようなタイプが大勢いるかどうかはわかりませんが・・・。

櫻木神社歴史書part1も手に入れ、満足して櫻木神社での初詣を終え、
その後、もう一箇所、近くにある神社を回ることにしました。

もう一つの神社は、子供の時に1月1日(の夜中)に初詣によく行った神社なのですが、
昔は、紅白歌合戦が終って、ゆく年くる年を見た後すぐに初詣に行っていました。

この時に起きていないと、初詣に行く権利を剥奪され、
そのままこっそり寝かしつけられて、居残り決定になったのです。

今は「どこで道をあやまったんだろう?」と自分でも不可解なほど、
超出不精でめんどくさがりの大人に育っちまったんですが、
さすがにこんな私も子供の頃は、お出かけが大好きだったので、
何度、朝、目覚めて置いていかれたことを知り、口惜しさに枕を濡らした事か・・・。

そんな思い出の神社で、当時の記憶では賑わっているイメージしかなかったんですが、
ものすごく久々に来てみると、

愛宕神社 

なぜか、ひとっこひとりいらっしゃいません。

ちょっと入るのもはばかられる感じです。 

・・・正月も4日目だからかもしれませんが、先ほどの神社は結構盛況していたのに・・・。

えーと。これは如何した事なんでしょうか?

考えても答えはでなさそうなので、お参りだけして帰ってきました。

集客力的には・・・のように見受けられましたが、
しかし!この神社には「日本一の門松」が飾ってありました。

最初、竹の長さが目に入らなくて下の松の部分(?)だけ見て、

「日本一という割には、あまり大きくないなぁ。」

日本一の門松

と思ったのですが、よく見ると上に生えている(?)竹が長っ! (゚∇゚ ;)

この竹の長さが日本一ポイントらしいです。

正月のしょう油の街市に、かなり密やかですが“日本一のもの”があろうとは・・・。

元地元民、心は未だに地元民としては、地味に嬉しいです。

スタートが遅かったので、たった2軒初詣を終えただけで、
日もかなり暮れてきました。

公園では、愛犬も待っているのですが・・・

しかしポタメシも済ませていないのに、このままでは帰れないのは心情。

コーヒー位は、飲んでいこうということになりました。

こちらちょっと前にしょう油の街市に突如として現れた、おしゃれな珈琲店。

「珈楽庵」

珈楽庵

一見、おしゃれなファミレス風の外観と、実はスーパーの隣にあるという微妙な立地に、
最初はどういった系のお店かイマイチよめず、入るのを躊躇していたのですが、
思い切って入ってみると、結構こだわりの珈琲店でした。

この日は2度目の来店ですが、お正月にもかかわらず満席に近かったです。

1度目に来た時は、どちらかというと空いていて、
洒落た外観が逆に受け入れられず、「もしかして風前の灯火?!」
とか思っちゃったんですが、幸い順調に繁盛されているようです。

今までしょう油の街市には、こういった本格珈琲的なお店があまりなかったので、
(スタバすらないし(--;))つつがなく続いてくれると嬉しいです。

中に入ると、横にスーパーがあるとは思えない感じに、
日本庭園とかも演出されていて、気持ちよくコーヒーが楽しめます。

庭園 

私は「コーヒー寒天」(280円)
この日おすすめという「それって何?」な名前の「アチャマンデリンコーヒー」

寒天珈琲

相方も同じくおすすめコーヒーと、
コーヒーの値段プラス100円で付けられるお菓子セットにしました。

菓子

リンゴのシャーベットが付いていて、これがなかなか美味しかったです。

基本、わが家は相方がせっかくだから病の為、
違うものを(半強制的に)注文することが多いのですが、
(同じものを頼むのは相方的には“お損”のようで・・・)

こういう風に違うものを注文すると、その食べ物の名義はさておき、
どちらでも勝手に自分の食べたいものを好き勝手に手を出していくことになります。

相方もコーヒー寒天を我が物顔で食べていたのですが、

「えーっ!これって寒天だったの?!
ゼリーと思って食べていたのにぃ!!」Σ(゚д゚;)


と半ば食べ終えた後に実は寒天だった事実を知って、
必要以上にショックを受けてました。

て、そこ重要か?

どっちだっていいだろ。そんなん。植物性か動物性かの違いだし。

原材料はどうあれ、普通に美味しかったわけだし。(--;)

このお店は、雑誌なども置いてあり、かなりのんびりとできるお店になっています。

江戸サイからさほど遠くありませんし、軽食などもあるようなので、
ポタついでに機会があったら寄ってみてくださいね。

そしてかなりのんびりしてしまったので、
すっかり遅くなってしまったのですが、あわてて公園の駐車場に帰ると、
愛犬は、ぐっすり寝ていました。

どうせ寝てるんなら、家で寝ていても同じだと思うのですが・・・。

そうしてしょう油の街で無事、ポタをすることができたのですが、
地元民推定8kmぐらいなので、わざわざ車載で持って行ってその程度か?!

と今年の正月休みの不甲斐ないポタ状況に反省しないわけではありません。 

後に残ったのは、あの穴のようなキズですが、
実は、あれから姑アイでじっくり愛車を確認すると、
もう一箇所、同じようなキズが付いていました。

あらたなるキズ

これでキズは8箇所目。

着々と記録更新です。

・・・もう落ち込む気力もありませんです。(--;)

リペアをしなければならないのですが、先週末は、なんか気力がみなぎらなくて、
このままにしていたのですが、家でのんびり過ごしていることですし、
「これからリペアろうかなぁ。」とも思っています。

ブログランキングに参加してます。できればポチッ☆とクリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキング

関連記事
鏡開き
今日は、鏡開きですね。

運も実力も才能も微妙な私共にとって、
幸せの近道・・・つまりなるべく縁起を担ぐべく、
こういったイベントには極力参加しようと思っているので、
本日は、早速、鏡開きを敢行しました。

いつもは、ちまっとした一番小さいサイズを申し訳程度に購入していたのですが、

今年は、ちょっと奮発して大きめな鏡餅をどーんと購入。
鏡餅

いや、その方が身に余る光栄とかが降ってくるかなぁって。←どんだけ切羽つまってるんだよ。

そして鏡餅を開けると、ざらーーーっとパックの餅が出てきました。

餅

味気ねぇ。

つうかこれでいいんか?

まあ、餅を食べるという意味では、最終的には同じですが、
あれは丸くてごつい餅だから鏡餅というんじゃないのか?

これじゃ、単に鏡餅風入れ物に入っている切り餅じゃん。

10数日あまり飾って、すっかり裏面は青緑色になり、
繁殖しまくりのカビをこそぎ落として、硬くなった餅を四苦八苦しながら切る。

衛生上はどうあれ、こういった努力があってこその鏡開きではないのか?

と、自分は古い人間なんで思わなくはないですが、
そういう“昔ながらの鏡餅”が売っていても、
所詮、こっちを買ちゃうんだろうなぁ。だって便利だもんね。(--;)

所詮人間は流される生き物なのです。

昨日から汁粉用の小豆を煮ておきまして、
ちょっと味気なくはありますが、このパック餅を汁粉にして今日のお昼は、食べました。

汁粉 

正月といえば、餅ですが実はわが家の購入した餅は、
この鏡餅風(切り餅)オンリーになります。

正月は実家で過ごしたということもあるのですが、
私があまりお餅を必要としない身なので、あえて買っておかないのです。

ちなみに相方は餅はそれなりに好きなようですが、
彼は食い意地がはっている割には、
執着している食物がないという特異な人間なので、
私があまり好きじゃないことをいいことに、今年も餅は購入しませんでした。

というわけで、本日食べたのは、今期正月、3個目のお餅になりますが、
その餅は全て汁粉という状況で食して来ました。

関東では、普通は元旦は雑煮、2日は汁粉というルールがあるお宅が多いようですが、
幸い、わが家も相方の実家も、正月は汁粉中心の家庭なので、
雑煮をパスしても、特に(つうか全然)闘争はありませんでした。
(両父の故郷が近かったので1日から汁粉の風習が同じでした)

が、

同じ汁粉でめでたし、めでたし・・・とはならず、
それでも沸き起こってしまうのは、味覚論争。

相方の実家は、汁粉は小豆をどろどろに煮込んだらしいのですが、

私の実家は、汁粉はサラサラに煮るのです。

ので、毎年毎年、相方から

「これなんかサラサラし(すぎ)てない?」

と、同じクレーム(?)が付いています。

はっきり文句をいうと、無用な争いになるので、
事実だけを口にして密かに抗議しているようなのですが、
なにせ作った人間の好みの味になってしまうのが料理なので、
こればかりは如何ともしがたく・・・。(--;)

同じ関東出身だし、味の好みも食の好みも似ているので、
あまり料理の味で食い違ったことはないのですが、
唯一これだけは、合わないのが困りものです。

・・・まあ、1年に一回だからいいか。←投げた。

相方には、いつかこれがわが家の味になるまで、耐えてもらおうと思います。(合掌)

鏡開きで縁起も担いだし、今日はこれから神社仏閣めぐりをしてきたいと思うのですが、
ベロンチョは、しばらく安静なので、久々にクロスバイクで行ってこようと思います。

ランキング参加中です。できればぽちっ☆とクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログへ  人気ブログランキング

関連記事
4度目のリペア
金曜日に相方が見るからに、ご機嫌な飲み過ぎ状態で帰宅しまして、

人生、楽あれば苦あり・・・

楽しんだ後のお苦しみ・・・土曜日は自己責任的に二日酔いを患い、
図らずも3連休の初日は、家でおとなしくする羽目になったわけです。

のんびりとするついでに、かねてからやろうと思っておりました、
我がミニベロのベロンチョのリペアをやる事にしました。

原料がアルミなのにもかかわらず、いつの間にか
虫が喰った100%ウールのセーターのようなキズが付いてしまったベロンチョ。

このベロンチョ史上、通算7箇所目のキズに、
なんだかとっても現実逃避したい気分になりまして、
気力もみなぎらず、しばらくリペアする気にもなれなかったのですが、
いつまでも逃げていても(当然)何の解決にもならず・・・

戦わなくっちゃ、現実と!

ということで、とっとと現実(リペア)に向き合うことにしました。

現実に向き合うついでに、意を決して秘儀姑アイズを発動し、
もしや他に虫喰われ・・・じゃなくてキズがないかとなめるように
ベロンチョを確認したところ・・・

ありました。他にもまさか、まさかのキズ。(泣)

8個目のキズ

「ないだろう」と思ってみていたのですが、まさか本当に発見されようとは・・・(唖然)

こちらも、この時まで気づかなかったので、何でできたかは原因不明ですが、
同じように虫に喰われた穴のようなキズです。

いつの間にやら通算8箇所目になっていたベロンチョのキズ・・・

人間て辛いことが重なると、自己防衛本能が働くのでしょうか?

もう、なんていうか・・・憤りとか悲しみとか、
そんなものを感じる気力もなくなりましたです。

こちらはのキズは、チェーンステイの内側にひっそりとついていました。

写真を撮るには撮りずらかったですが、
その分、目立たないところにあったのは、運がいいといえば運がいい。

・・・まあ、不幸中の幸いってやつですけどね。(--;)

今回、リペアに当たりささやかな野望を抱いていたので、
「目立たない方のキズは、その実験台にしよう。」と、
超マイナス思考の私にしてはめずらしく、プラス思考で考えました。

それでは、気合を入れてベロンチョ通算4回目のリペア開始です。

まず、用意するものは、この「リペアセット」

リペアセット

正直、二度とお会いしたくなかった。

まさかお前たちに再び会うことになろうとは、思いもしなかったよ。

しかもこんなに早く。(苦)

毎回、リペア後には「次はないだろ。」と思うんですが、
びっくりするほど、ありまくりなんですよね。これが。

なにせ8ヶ月で4度目っすよ。トホホ。

それでは、早速、いつもの様にリペアを・・・

とならないのが、今回のわたくしですが、
そのささやかなる野望とは・・・

甚だ不本意ではありますが、過去3回もベロンチョのリペアを行ったわたくし。

しかし常々わたくしはちょっとした不満を持っておりました。

それは何かと申しますと、

こちら過去リペアをした箇所でございますが、

前回リペア

心をこめて、精神誠意、まじめにリペアったにも関わらず、

なんかリペア箇所だけ明らかに色が濃い

のです。

これは自転車店で頂いてきた、
正真正銘のチェレステ08モデルのリペア液でリペアったのですが、
表面加工の有無とかもあってか、実際それを塗ってみると、
周りの色より若干色が濃くなってしまうのです。

しかしこいつは、如何ともしがたい・・・

とは、わかってはいますが、これは常々不快でした。

しかし生涯1度たりとも経験しなくてもいいリペアの機会を4度も頂くと、
人間いらぬ事を考えるもので、私は幻の禁じ手(?)を思いついてしまったのです。

その禁じ手とは、2年間続けてビアンキのチェレステを
購入しちまったたからこそできる技・・・。

ブログにもその軌跡を書かせていただいている通り、
私は、07、08と2年連続でビアンキチェレステの自転車を購入したわけですが、
その時、各自転車店から頂いたのが、
08モデル(ミニベロ)と07モデル(クロスバイク)のリペア液。

ちなみに07モデルの液は、一滴も使わずに済んでいます。
なんなんだ?この差は。 (--;)

さて、この2つの液、同じチェレステカラーであるにも関わらず、
こうして比べてみると、たった1年の違いなのに確実に色が違います。

あきらかに07モデルの方が色が明るいのです。

そう・・・明るい。

そこで私は、ついうっかり思いついてしまいました。

08モデルのチェレステリペアを塗って濃くなってしまうなら、
07モデルのリペア液を混ぜたら、いい具合の明るさになるんじゃね?

ということを。

もちろん2つを混ぜてうまく色が出る保障は、これっぽっちもないのですが、
08モデルを塗ってもどうせ濃くなってしまうのです。

どうせ、リペア跡が目立つなら同じことやんけ。(これを自棄という)

と今回は、07と08を混ぜ、丁度いい色に調合して塗ってみることにしました。

まずは、いつもと同じ様に液を人肌に温めつつ、
透明な上澄みと濃い液に、きれいに分離していた液を
シェイクして混ぜ合わせます。

右手に08、左手に07液を持ち、何かにささげる奇妙な踊りを踊るように、
とにかく無心でシェイク、シェイク、シェイク・・・・・

1人薄ら寒い和室で「何やってんだかなぁ・・・自分。」
と思いつつシェイク、シェイク、シェイク・・・

冬のせいかなかなか分離が直らず、むなしい位に1人で奇妙な踊りを踊り続け、
やっと何かに私の誠意が通じたのか、それなりに液が元に戻ってくれました。

パレット代わりのコーラのペットボトルの蓋に両液を出しましたが、
上が08で下が07です。

リペア液

こう改めて見ると、全然色がちゃうやんけ。

毎年イタリアの正月の空の色を参考にしているそうですが、
イタリアの空ってどんだけ変化に富んだ色してるんだよ。おい。
同じ地球なのか?

この二つを混ぜて行きます。

大体08と07を3:1の割合で混ぜたところで、
同じような色?になった?のかな???

リペア液

「?」だらけですが、何せまったく自信がないのです。

さっぱり心もとありませんが、心もとないなりに、ここは自分の視覚を信じて、
思い切って塗ってみました。

最初は、試し塗りも兼ね目立たないチェーンステイの方に塗りました。

後でコンパウンドで平らにするつもりなので、
てんこ盛りに塗っていきます。

一応、出来上がりました。

修繕後

でも、こうしてみると若干薄いような気も・・・。

すっかり気弱になった私は、もう少々08色を強くしてみて、
前のフロントフォークのキズは塗ってみました。

修繕後

こちらは、若干濃く仕上がったような気がしないでもありません。

どの道、削れた塗装は、完全に元通りにはなりませんが、
多少は、目立たないようにできた・・・のかなぁ?

その真価は完全に液が乾ききって、コンパウンドをしてからわかるわけですが、
今のところ神のみぞ知る・・・ってところでしょうか。

そして今回もとりあえずリペアを終え、
やっぱり再々々たび思わずにいられないわけですが、

何卒、これが最後のリペアになりますように。(懇願)

それにしてもこの3連休はお天気に恵まれていますね。

今日もベロンチョは安静状態なので、
引き続きパッソで出かけてきたいと思います。

ランキング参加中です。できればぽちっ☆とクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログへ  人気ブログランキング

関連記事
前言撤回で・・・
日曜日、

“それにしてもこの3連休はお天気に恵まれていますね。
パッソで出かけてきます。”

と、高らかに宣言をして、出かけていった私共ですが・・・。

すみません。前言を撤回させていただきます。

昨日、意気揚々と自転車を準備し、いざ、出かけようと改めて外を見ると、

!!Σ(゚д゚;)  

朝は晴れていたのに、
急になんか黒い怪しい雲らしきものが沸いてきている!

・・・ような。

いや、気のせい、気のせい・・・

と心に言い聞かせ(これを現実逃避という)、
マンションを出て自転車にまたがったところ、
まるでわが家にあだなすムカツク何かが、タイミングを狙ったかのように、
ポツポツと雨の粒が!

私は愛車ベロンチョがリペア療養中で絶対安静の為、
もう一台の愛車、パッソで出かけるところでした。

そして相方は買ったばかりのミニベロ、くろまるくんで出かけるところだったのですが、
そのくろまるくんの中央部には、
おしゃれだけれども、雨にはめちゃめちゃ弱いのブルックスのサドルが!

相方は、その革のサドルが濡れるのがよほど嫌だったのでしょう。

相方は、私の「雨だ!」という言葉を聞くや否や、すばやく踵を翻し、
天敵に見つかったねずみのように一目散に
巣穴(マンションエントランス)へと入りこんでしまいました。

 

逃げ足早っ!Σ(゚д゚;)

普段、のんびり屋さんのスローライフを送っている相方ですが、
そういった時のすばやさには目を見張るところがあります。

草食動物系人間なので、危機に瀕する時だけは、行動が早いんですね。

なんか有事の時には、気が付くと側にいてくれなさそうな気がします。(--;)

取りあえず自転車を安全なところに移動させ、改めて外を見てみると、
ポツポツとほんの少し雨は降っているものの、
一応、空の殆どは晴れているし、このまま降り続くとも思えません。

このまま自転車で出かけてしまいたい。

でも、万が一雨が急激に降ってきて自転車が濡れたら困るし・・・。

なんか痛し痒し状態。

相方の意見など聞かないでもわかっていましたが、
今後の進退について、一応、相方の意見を聞くと、

やっぱり「一滴でも水がかかるのは嫌。」との事。

私もパッソが濡れるのは嫌だしなぁ。

ここまで準備して口惜しいですが、自転車で出かけるのはあきらめようと、
自転車を引いて、部屋へすごすごと帰ろうとしたところ、
相方から驚きの新提案が。

「でも、せっかくだから、ルイガノで行こうよ。^^」

って、鬼かおめぇは(゚д゚#) 

それって、もうルイガノだったら濡れてもいいってことかよ。

なんかまた相方の不都合な人間性の一部を垣間見たような気がしました。

他に好きな人(くろまるくん)が出来たら、
あんなに蜜月だった恋人(ルイちゃん)なんてどうでもいいってか?

わたくしは、アラブの富豪的自転車ハーレム生活を目指し、
例え新たな配偶者が来たとしても、何人配偶者がいても、
昔からいる配偶者もそれなりに大切にしたいと考えています。

当然、パッソが濡れるのは、できるだけ遠慮したいので、
この申し出は却下しました。

自転車を和室に戻し、さて、完全手持ち無沙汰になってしまった私共ですが、
世は冬の賜物、バーゲンシーズン。

どの道、この日も自転車でちょっと寄り道をしてから
銀座のバーゲンに行くつもりだったので、
久々に電車で銀座のバーゲンに行きました。

自転車が横にないのに、自転車仕様の服装をして行くのはなんなので、
多少、街仕様にチェンジしてから出かけたわけですが、
その着替えを済ませている間に、雨雲はほとんど過ぎ去ったようで、
この後、出かけている間に雨はただの一粒も降って来ませんでした。

いったいあの雨はなんだったんでしょう?やっぱり嫌がらせか?

バーゲンは、そこそこ成果をあげ、
すっかりユ○クロ含有率がめちゃくちゃ高くなった私のクローゼットの
ユ○クロ率がほんのすこーしだけ低くなりました。

最近、電車で出かけることなんてほとんどないので、
せっかくだから電車の時しかできない事をやろう。と言う事で、
体内にアルコールを注入して帰ってまいりました。

場所は、あなたの街にもあるかもしれない、
軽い財布でも安心の超低価格居酒屋チェーン店
「さくら水産」です。・・・ちょっと財布の入りがとぼしかったので。(--;)

さくら水産

ここの居酒屋チェーンは、過去何度か行ったことがあるのですが、
本当に安いですね。

銀座で営業しているにもかかわらず、

ウニ

このウニとか380円でした。

ちなみ世間的にも高級なウニは、
一応このお店でも高価な部類に入る感じです。

でも380円。

この値段だと“ウニに似た何か”でも文句は言えませんが、
おそらく・・・というか確実に普通にウニです。

ちなみに一番安価と思われるのは、魚肉ソーセージ50円。

魚肉ソーセージ 

確かに魚肉ソーセージです。魚肉ソーセージですけど、

・・・50円って。(笑)

銀座にこういうお店があるのを見ると、うれしい反面、
「ああ、やっぱりバブルははじけたんだなぁ。」と、バブル世代としては、
ちょっと寂しい気持ちにもなります。

最後は、気になるスイーツ(?)の「レンコンドーナツ」なるものを注文しましたが、
経費節減の一環か、メニューに絵がないので、
どういったものかわかりかねます。

想像上では、ドーナツ生地にレンコンを摩り下ろして入れたもの。

というものを考えていたのですが、はるかに想像を凌駕するものが出てきました。

レンコンドーナツ

レンコンonドーナツ(゚▽゚;)

レンコンの輪切りの上にドーナッツが乗っています。

お味は予想外というか、予想通りというか、
“レンコンの上にドーナッツが乗っている”という味がしました。

あまりの食材の安さに盛り上がった私と相方は、
調子に乗って食品をたのみまくりまして、
結局、会計的には、そうは安くない値段になってしまったのですが(駄目じゃん)
あの量を食べてあのお値段なので、心は大変満足しました。

ポタに行けなかったものの、いろいろ買い物はできたし、
アルコールは飲めたし、くろまるくんのサドルは水滴から守れたし、
となかなか満足のいく一日でした。

・・・そう言えば、相方はくろまるくんが来てからは、
くろまるくんにしか乗っていないのですが、
相方から、おなじみのケツ痛の報告を一度も受けておりません。

ブルックスのサドルというのは、
慣れるまでは結構お尻問題に悩む方がいるとききます。

さぞや相方の阿鼻叫喚が聞けると楽しみに・・・じゃなくて、
心配していたのですが、意外にも今のところ泣き言は聞こえてきません。

ちぇ・・・じゃなくて良かったです。

あれほどルイガノで苦しんだ相方でしたが、
逆にブルックスの方が相性が良かったのでしょうか?

それとも最近距離を乗っていないので、ケツ痛を感じる間もないのでしょうか?

その辺は、ちょっと疑問です。

ランキング参加中です。できればぽちっ☆とクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログへ  人気ブログランキング

関連記事
買うべきか、買わざるべきか・・・
まったく自慢にはならないのですが、
私は他人様の平均値より確実に多く持っていると思われるものがあります。

それは「物欲」

そして自転車、洋服、インテリア・・・と自分でも

「節操ねぇなー。」

と思うほど、その物欲はの対象は、多岐に渡るのですが、
そんな無節操に沸いてくる物欲なんで、1年中何かどこかが満たされることがありません。

何かを購入して満たされれば、今度は別の何かが欲しくなる
まるで物欲無間地獄。

大抵、春夏秋冬エブリデーエブリタイム「何かが欲しい状態」ではあります。

そんな無節操なわたくしの物欲でも、優先順位が極めて低いものがあります。

それは「電化製品」

やつらについては、最新に越したことはないけれども、
それなりにそれぞれの役割を果たしていれば、問題はないと思っております。

しかしここに来て、そのそれぞれの役割とやらを
今にも果たせなくなりそうな電化製品がひとつ・・・。

わたくしのノートPCです。

たしか5年程前に買ったのですが、
日進月歩のこの業界では、5年前と言えば、はるか遠い昔・・・

おそらく縄文時代が弥生時代に変わった時よりも、
この5年の方が革新的に技術が発展しているのではないでしょうか?

この5年前のPC、たかだか40GBも容量がないくせに、ノートである意味がないくらい重い。

しかもすでに右クリックもお亡くなりになり、
今ではマウスを使ってしか、右クリックができない始末。

その上、キーボードの文字もところどころ消えている・・・という満身創痍の状況です。

それでも特に問題はないので(ないのか?)、使い続けていたわけですが、
最近・・・というか1年ぐらい前から起動時にどこからともなく、
PCでは、ありえない感じの異音を奏でるようになりました。

最初は控えめだったその異音は、今では“髭剃りデシベル”レベルにまで大きくなり、
奏でる時間も長くなりました。

そしてその異音は更に進化(?)し、最近では起動時でもないのに、
何か不満でもおありになるのか、いきなり鳴り出したりします。

それは

「私、もうすぐ壊れますんで、(金銭的に)覚悟しておいて下さいね。」

というお知らせの叫びのようでもあり、大変心臓に悪い。

今度こそ断末魔の叫びか?!

と毎回、ハラハラドキドキしながらその音を聞くのも、さすがにうんざりしてきました。

機械自体は、どうでもいいのですが、
ネットがないと夜も日も空けないのが、わが人生。

壊れる前に真剣に購入を考えることにしました。

しかし今までPCにこだわりを持ったことなど皆無。

「まあ、ネットが見られてそれなりの性能ならどれでもいいや。」

程度のこだわり(?)で探していたので、
逆に購入に対してのモチベーションは、さっぱりあがらず、
ダラダラと先延ばしになり、相変わらず奇妙な異音を
いたずらにハラハラ☆ドキドキしながら聞く毎日を送っていました。

が、

そんな相変わらず「どうすっかな」的な物欲レベル低の状態だった先日、
何気なくニュースを見ていると、めずらしく刺激するPCを発見しました。

こちら「VAIO type-P」

 

最近、ちまたでは、安価で小型なPCが流行のようですが、
こちらもそれなりに安価で、ポケットにも入るというのが売り(らしい)小型PCです。

近頃は“PC依存症”ゆえか、調べたいことが即、調べられないと、
なんか矢も立てもたまらん状態になるんですが、
これぐらいの大きさのPCならば、外出先に持っていけるかも。

ポタ先でも急に調べたい事項とかも発生するのですが、
(主に食物系で)このぐらいの大きさならポタとかにも持っていって、
現地で検索(主に美味いもの関係)するのによくね?

という幸せな想像で急速にこのPCに対する物欲が肥大化してしまったのです。

欲しくなったら、まったく押さえが利かないのが私という人間。

取りあえず現物をショールームに見に行ってきました。

このPCは、何より小さくて楽に携帯できるのが売りのようで、
広告には、ジーンズをはいた女性の後ろポケットにPCを
入れているポスターがあるのですが、

いや、それは無理あんだろ。

気持ちはわかるが、
そんなにデカイ後ろポケットがあるジーンズなんて普通ないから。

という位の大きさはありました。


が、

確かに小さいことは小さいです。

給料袋よりも一回り大きい封筒の大きさで、
お札を入れる封筒とか、迷惑ダイレクトメールが送られてくる封筒の大きさくらい?

・・・わかりにくい例えで恐縮ですが・・・(--;)

まあ、入れられるに越したことはないですが、
別に後ろポケットに入れることに意義があるわけではないので、
これ位の大きさでも許容範囲です。

お値段は80,000円弱ですが、
そのまま「ポッキリ」にできないないのが世の常。

エステにしろ、旅行にしろ、結婚式場にしろ・・・
所詮、最初の“○○ポッキリ”では、あがらないような仕組みになっているのです。

その“ポッキリ”を信じたばかりに、涙を飲んだ男性を数多くいると聞きますし・・・

最低限欲しいスペックを搭載していくと、大体100,000円位にはなってしまいます。

自転車もう一台買えるじゃん。

・・・という考えは、この際、置いておいて、

それだったら容量の大きな普通のPCを買った方がいいんだろうし、
衝動買い的に買ったところで、のちのち後悔する可能性は大のような気がする・・・

ということはわかっているんですが、
どの道、ここまで物欲が暴走すると、自分でも制御不可能なので、
もう購入を回避するのは無理のような気がします。

うーん。どうすっかなぁ。(--;)

ランキング参加中です。できればぽちっ☆とクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログへ  人気ブログランキング

関連記事
朝起きたら・・・
本日、気分的には比較的快適な朝を迎ました。

しかし、なんか瞼辺りに違和感が・・・

「なんか瞼が重いなぁ。」

と、何気なく鏡を見ると、

知らないおばさんが、こっちを見ている!!

って、これって私ーーーっ?!Σ(゚д゚;)

なんと!鏡の中のわたくしらしき人物は、
防衛戦を終えたばかりの内藤選手のように、両まぶたが腫れていました。

・・・さかのぼること数週間前

「なんか瞼の上がヒリヒリするなぁ。」

ということがあり、よく見ると瞼の上が赤くなっていました。

その時は単に

「化粧品が合わなくなったのかな?」

と思いまして、その時は化粧品を替え、なんてことなく終ったのですが、
昨日、また同じようにヒリヒリと痛くなり、しかもまた赤くなっています。

原因がわからないだけに、多少は不気味でしたが、

「また、前と同じにすぐ治るだろ。」

とタカをくくって放置しておきました。

しかし今回は前回と何が違ったのか原因さえ不明なだけに不明ですが、

朝起きたら両瞼が「なんじゃこりゃーー!!」状態に・・・。

たかが瞼の腫れですが、結構顔つきを形成するのに重要なパーツらしく、
完全に人相が変わっています。

ホント、原因がさっぱり思いつかないのですが、

これは、何かの天罰?

そっち方面なら、実は思い当たることがありまくり。

見苦しいだけで、視力にはまったく問題がないのが救いですが、
さすがにこのままにはしておけないので、
本日は、病院に行ってきたいと思います。

ここ数年間、証明書として以外で保険証を使った記憶が無いほどの健康体だったのに、
こんなことでその保険証を使わない記録がストップしようとは・・・トホホ。

ランキング参加中です。できればぽちっ☆とクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログへ  人気ブログランキング
関連記事
“せっかくだから”の経済学
今週末は、またまたしょう油の街に泊まりこんでおりました。

いつものごとく両親が旅行で不在の為、しょう油の街市行っていたわけですが、

そして来週も「しょう油の街からこんにちは」の予定だったりします。(--;)

正月旅行だの、○○さんの誕生日旅行だの、定期旅行だの・・・

1月も両親は、旅行スケジュールを山ほど盛り込んでいますが、
先が短いのだから(両親談)仕方がありません。

それはさておき、土曜日、朝起きたら試合後の内藤選手のように、
両まぶたと目の下が赤くはれ上がっていた私。

「これが私??!!」

と思うほど劇的に人相が変わっちゃっていました。

原因不明な出来事に、天罰か?!誰かの怨念か?!

と考えましたが、天罰については、若干の心当たりがあるものの、
他人様に恨みをかうような人間ではないと思うので(そこまで社交性ないし)、
私に恨みを持っているとすれば、身近な身内約一名しか思いつきません。

その相・・・じゃなくて身近な身内も私がこんな目にあっても、
一銭の得にもならないどころか、当たり散らされかえってお損なだけでしょうし・・・。

こんな状況では“正規の理由で連続保険証を使わない記録”を更新中

なんて悠長な事は言っていられず(本当は、いい年して実は医者嫌いなだけですが)

さすがに土曜日は、一目散に病院に行ってまいりました。

普段、病院から遠ざかっているだけに、悪い想像の翼をひろげ過ぎ、
待合室で待ったいる時は「すわ、どんな重病か?!」と悲観したのですが、
病室に入って、わずか10秒で

「アレルギーですね。」

と診断されました。

アレルギーっすか?!∑(゚д゚;) そいつは予想外。

で、なんの??

その辺は、

「ブタクサ花粉は終わったし、今の時期はスギ・・・かな?」

と原因のブツについては、なぜか至極あいまいに濁されました。

そして曖昧なまま、パッチテストすら省略。いいんか?

しかしスギ花粉といえば、現代日本で絶大な拡大力を持つメジャーなアレルギー。

子供の頃から食べちゃいけないものまで食し、しかも無事だったという
山育ちの野生児、父ですら数年前にその軍門にくだり、
昨年は同い年の友もとうとう発症しました。

その恐怖のアレルギーが私にも?!

とおののきましたが、みんなは鼻水がでるとか、くしゃみがでるとかで、
こんな目の周りが真っ赤に腫れ上がり、人相が変わるなんてなかったはず。

ちなみに私はくしゃみも鼻水もありませんが、
その辺のことも、なんか説明が曖昧。

ホント、これスギ花粉アレルギーなのだろうか?

不信感を誕生させつつも、処方された薬を飲みました。

そのお陰か、土曜日は薬を飲んで時間の経過とともに、
試合後の内藤選手から、酒やけしている時の赤塚不二夫先生クラスにまで、
顔が回復(?)しました。

が、

本日(日曜日)、目覚めてみると更に悪化。

目の周りがぐるりと“赤パンダちゃん”状態でした。(T_T)

“ちゃん”とか“パンダ”と可愛く書いてみましたが、
実際、あれは熊だから目の周りが黒でも可愛いのであって、
人間の場合、目の周りがぐるっと別の色になっても、
まったく可愛くないです。(--;)

薬も異常に眠くなるだけで、効いているんだか、効いてないんだかわからんし・・・

本当に(はっきり宣告されてませんが)スギ花粉なのか?

お医者さんを疑うわけではないですが、
なにせ普段病院に行かないだけ、どこに行っていいかわからず、
急遽近場というだけの病院に行ったので、
そのお医者さんの腕も性格も評判もわからないですし・・・。
(って、しっかりと疑ぐっとるやないけ)

いつまでこんな赤パンダちゃん状態で過ごすことになるのか、
これじゃ外にも出られないですし、ホント不安です。

この週末は、そんなトホホな軽く病んでいる状況でした。

が、

軽く病める時も、微妙に健やかなる時も、
しょう油の街に帰らなきゃならなくてはならぬ時も
行かなくてはならないのが、連続ポタ継続の為の消化ポタです。

1週間の間に5km走るという、ゆるい規定ゆえに、
すでにかれこれ1年あまりも続いている連続ポタですが、
しょぼい記録でも更新中となると断ち切るのが惜しくなり、現在も継続中です。

目の周り赤パンダちゃんでしたが、幸い視力には問題がない事をいい事に、
土曜日もしょう油の街に帰還前、つまり病院に行った後に即、
5kmの規定を達成するためにポタってきました。

このようにしょう油の街に帰る前には、かならずその辺を5km走り、
週末が雨の場合は、普段日の夜にセコセコときっかり5kmを走る・・・

この連続ポタ記録も元はと言えば、相方の“せっかくだから病”から始まり、
そして“せっかく続けているんだから”と続いている訳です。

(よく考えてみれば)ここまでなぜ“連続ポタ記録”に縛られなければならないのか?

そう、これはすでに“呪縛”

せっかくだからの呪いです。

何かと相方を・・・ひいては芋づる式にわが家を縛る、

 この不気味な“せっかくだからの呪い”

そして先日、図らずもこの呪いの正体を知ることになりました。

それは先週の金曜日、またまた飲み会があった相方は、ほろ酔い加減で帰宅しました。

そんな酔っている状態でも、その日は見たいテレビ番組があったらしく、
相方は、帰宅すると早速テレビの電源を入れ、チャンネルを回しました。

深夜帰宅にもかかわらず、相方の見たかったその番組とは、

NHKの「出社が楽しい経済学」

・・・・・彼の会社生活にいったいどんな波があったのか?

ここはあえて聞くまい。(--;)

この日は再放送ですが第一回目の放送らしく、
なかなか作りが面白そうな番組だったので、私も一緒に見ることにしました。

そんな楽しい経済学の一話目のテーマは「サンクコスト」についてでした。

サンクコスト???

いちOLからいち主婦になった身としては、さっぱり聞きなれない言葉でしたが、

サンクコストとは、ありがちな事で、

今までつぎ込んだ労力と資金を惜しむあまり、
今後、採算がとれないとわかっている業務を継続して行ってしまう・・・

こういった場合、今までつぎ込んだ労力と資金=サンクコスト

サンクコストを惜しむあまり継続してしまう業務=サンクコストの呪縛

ということらしいです。

番組上、例を挙げていましたが、

今まで貢いだお金(サンクコスト)が惜しくて、
先の見えない彼女と別れられない(サンクコストの呪縛)

最初に会員料金を払ったので(サンクコスト)
「元を取るまでは」と、本当は行きたくない時もそのお店に通い続ける。(サンクコストの呪縛)

つまりあの街にもこの村にもあったりする、
作りかけで放置された道路や橋もサンクコストということらしいのです。 

このサンクコストと判断された時点で、無駄なことは続けず、
早めに切り替えるのが被害を最小限にとどめるための鉄則らしい・・・

そしてこの番組を見ながら、わたくしはある人物の生き様
驚きと共に思い返しておりました。

その人物とは、

「せっかく駐車料金がただになるのだから」

と駐車料金が無料になる最低額になるまで、
欲しくもないのに無用なものを必死に買いまくる。

「せっかく旅行に来たんだから」

と朝から晩までせこせこと観光をし、
食べ物を胃に詰め込みまくる・・・そしてあまりに忙しすぎて旅行の記憶は皆無。

という“せっかくだから”な人物・・・

そう、サンクコストの呪縛とは、

相方の“せっかくだから病”そのものではないですか?!∑(゚∇゚|||)


彼の人生、彼の魂、彼のソウルの“せっかくだから”

経済学的には
無駄とばっさりと切り捨てられたわけです。


これは彼の生き様を全否定されているのも同然ではないか?


嗚呼、なんという悲劇(喜劇?)でしょう?!
 

おそるおそる隣を見てみると、自己防衛本能が働いたのか、
相方は、番組の途中で眠りについていたようです。

この番組により明確に名前を与えられた「せっかくだから」

正体がしれたからと言って、
この「せっかくだからの呪縛」から逃れられるかは、
また別問題のような気がします。

私ですら変える事ができなかったどころか取込まれてしまった、
相方の生き様“せっかくだから”

わが家が・・・ひいては相方がこの呪いから解き放たれるのはいつのことでしょうか?(遠い目)

しかし「自転車の国の王子様」といい、
NHKは時々本当に勉強になる番組をやりますね。

さすが半ば強引に受信料をぶんどっていくだけの事はあります。

ランキング参加中です。できればぽちっ☆とクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログへ  人気ブログランキング

関連記事
ヒッキーなのでコンパウンド
私、先週末に突如、スギかなにかのアレルギーを発症しまして、
相変わらず目の周りは赤パンダちゃんな鬱々とした日々を過ごしております。 

一応、土曜日に病院に行き薬をもらってきまして、その薬が効いたのか、
朝起きると瞼がオオサンショウウオとか出目金とかの特殊魚類系に
変身することはなくなっております。

が、

腫れはなくなったものの・・・その後に来たのが脱皮。
 
脱皮という行為は、哺乳類にあるまじき行為だと思うのですが、
以前、赤く腫れあがったところの皮が、
まるでドバイでゴージャスに肌を焼いた後のように、
ポロポロとはがれてきております。

いや、別に九十九里で焼いてもこんな感じになりそうですが・・・。
そう言えば、ドバイなんて行った事ないし・・・。

なんかグロイ話になってしまってすみません。

しかし脱皮か・・・

蛇とかって脱皮して皮がむければ、
新たなるツヤツヤの肌に生まれ変わらなかったけか?

よく考えてみれば、この状態はなんか聞いたことがあるぞ。

エステとかでやっているピーリングって、
ぶっちゃけこんなことじゃね?

私はエステには行かない(正確にはいけない)ので、
その詳しい施行内容はようわからんのですが、
ピーリングというのは、古い角質を剥いて新しい皮膚に生まれ変わらせ、
小じわやニキビなどの肌トラブルをなくすとかなくさないとか・・・。

小じわとかってタイムリーな私の懸念事項じゃん。

天然ピーリングが無料でできるなんてラッキー!

もしかしてこの苦しみを乗り越えれば、
ン十年間世話になりすっかり古びた皮を脱ぎ捨て、
ピッチピチの「赤ちゃん肌」ってやつになっちゃうかも?!

人間、最悪な状況でもちょっとの喜びは見つけられるもので、
そう考えちょっと喜んだのですが(バカっすね)、
そんなうまくいくことはなく・・・。

新しい皮が生えてきても(?)なにせ患部はなんの因果かとても痒い。(><)

意識のある時は我慢できるのですが、無意識下の自分まで制御する力はなく、
寝ている間にかいてしまう様で、起きるとせっかく生えてきた(?)皮は再び剥け、
目の周りは、赤パンダちゃんに逆戻り・・・

そしてまた皮が生え、定着するうちに毟り、皮が生え・・・というエンドレス。

肌の自己再生能力よりも早く、その芽を摘み取ってしまうので、
赤パンダのまま、まったく良くならないですよね。

もう元のン十台の使い古した皮で結構ですので、
早く赤パンダから普通の人間に戻りたいです。(T_T)

そしてもう一つ・・・

このアレルギーの弊害として、全ての薬がそうであるように、
この薬にも副作用というヤツがあります。

このアレルギーを抑えるという薬、効き目の方は、ほどほどなんですが、
副作用は良く効き(?)、飲むと激しく眠くなりまして、
問答無用で眠りの世界に誘われます。

私は元から睡眠時間は平均より長時間必要とする方なのですが、
この薬を飲んでから更にあちら側にいる機会が多くなり、
今ではチケットも購入していないのに、どちらかというと夢の世界の住人のようです。

薬は朝晩の夕食後2回なのですが、夜飲むとそのまま眠くなり、
あっという間に朝、薬の時間です。

朝食後、薬を飲むとしばらくしてまた気を失い、気が付くと夜。

今日も家事ができない言い訳があってラッキー。

・・・とか、もちろん思っていないです。

このままでは、あちらの世界の方が現実の世界だと勘違いしてしまいそうです。

基本ヒッキー気味の私ですが、今週は(めずらしく)いろいろ出掛けたいところがあったのに、
そんな赤パンダで化粧もできない上に、副作用による睡眠過多の為に、
家で悶々とヒッキー状態になっています。

どの道、ヒッキーなので、先週から部屋で陰干ししてある“あれ”が、
そろそろいい具合に乾燥して来た頃なので、コンパウンドしてみることにしました。

“あれ”というのは、先日リペアした愛車のミニベロなんですが、
購入してからこの半年の間、このミニベロには呪いのように傷が付き、
再三申し上げておりますように、今回でリペア4回目。キズは通算で8個目です。

さすがに私もホモサピエンス、4回もやると多少の知恵は付いてきまして、
今回は07モデルと08モデルのリペアを混ぜ合わせ、
より完璧に近い(はずの)色味でリペアを試みてみました。

乾いた状況はこんな感じです。

 

コンパウンド前

コンパウンド前

上が、チェーンステーの方で、下がフロントフォークの方です。

うーん。
やっぱり最初にリペアをしたチェーンステーの色合いの方が、
うまく色が溶け込んでいるような気がします。

ここでコンパウンド剤の再登場です。

クリーナー

どこがコンパウンド剤やねん。

とお思いでしょうが、その実、油、焦げ落としに最適な単なる研磨系万能クリーナーです。

こちらは以前、本格コンパウンド剤は 腰が引けて使えなかったヘタレな私が、
はずみでコンパウンド剤の代わりに使った研磨剤系の洗剤ですが、
万能だけあって意外にいい仕事をしましたので、
その時からコンパウンド剤の代わりにしています。

ティシュを使い、平らになるようにコンパウンドしてみると、

コンパウンド後

コンパウンド前

やはり最初にやった方(上)が目立たないような気がします。

最初に目だない方のチェーンステーの方をリペアって、
「ちょっと色味が薄いかも・・・。」と、弱気にビビリまして、
色の濃い08色を強くして、目立つ方のフロントフォーク部分に臨んだのですが、
フロントフォークの部分の方が目立っているじゃ意味ないじゃん。

なんで強気になれなかったんだ?あの時の自分!

まさに、“弱気は損気”ですね。(T_T)

残念ながら今回も遺恨を残す結果になったリペア。

もちろん、完全に元に戻すことは不可能ですが、
次にやる時は「更に上手くやりたい!」と決意を新たにしました。

って、いつの間に次のことを考えちゃってんだ?!自分。

そんな決意を新たにしてどうする!

2度とリペアなんぞしてたまるかい!

・・・と思うものの、現実問題、半年で4回もリペアる羽目になっているんだから、
次も・・・まあ・・・あるんでしょうね・・・。(遠い目)

とすっかり弱気になっています。

ランキング参加中です。できればぽちっ☆とクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログへ  人気ブログランキング

関連記事
9ヶ所ですが浅草七福神めぐりポタ【その1】
取立てて何の才能にも恵まれなかった私ですが、
これまでの人生、幸い健康にだけは、それなりに恵まれてきました。

お陰であまり医療機関にもお世話にならずに済んでおるのですが、
私がいい加減な性格というのもあり、あまり深刻な状況に陥ったことがないので、
薬の用法というのをあまりキチンと守った事がありませんでした。

元は用量もあまりちゃんと守らなかったのですが、
お昼に飲み忘れたので、夜に昼の分の薬と夜の分をいっぺんに飲んだ時に、
文字通り死ぬほどの苦痛を味わいまして、
それから用量だけは守るようになりました。

身をもって知ったのですが、たいした薬ではなくてもいっぺんに飲むと危険です。
私の人生で初めて救急車を呼ばれそうになった最大級の痛みを味わいました。

よい子の皆さんは、けして真似しないでください。←しないだろ。

そんな危うく命にかかわるような程のズボラな人間なので、
いままで薬を処方されても、指定された日数をキチンと守ったことがあまりなく・・・。

大抵は渡された薬がほとんど残っているうちに自主的に止めてしまうのですが、
今回のアレルギー症状はそのズボラ魂を木端微塵に打ち砕くほど、さすがに参りました。

この程度の顔です・・・いや、この程度の顔だからこそ、
原型をとどめていないというのは、さすがに精神的に辛いし、深刻です。

しかも毎日、痛し、痒し。

もともと辛抱強くもないので、こんなことが長く続いては辛抱たまらんと、
今回ばかりは人が変わったように、朝夕規則正しく薬を飲んでおります。

この薬の副作用の影響でこの一週間は、夢の世界に旅立っていることが多く、
こっちの世界の記憶はあまりありませんが、
やっと薬が体にもなじんできたようで、
なんとか通常時の1.2倍程度(私比)の睡眠時間で済むようになりました。

通常の睡眠時間も普通の人よりも長めにできている体質なので、
それでも普通の人の睡眠時間よりもかなり長いんですけどね。^^;

それと同時に顔面も、ほぼ回復したのですが、

「何かの拍子に前よりキレイにとかならないかなぁ。」

と実は密かに期待しちゃっていたのですが、
こいつはきっちり前のままの顔に回復しました。です。

もちろん小じわもそのままで・・・。

もちろん前のままでいいから回復して欲しかったので、
原状回復はされた現在、文句をいう筋合いではないのですが・・・ちぇっ。

そして睡眠時間の回復と共に、やっとパソに座れる時間もそれなりに回復しました。

「ポタったらなるべく記録する」というポリシーの元に行っているこのブログですが、
そんな事情もありまして、すっかりこの所ポタ記録が滞っておりました。

またまた時系列的に難ありで(汗)、
まだ正月色の強かった鏡開日のポタネタで恐縮すが、
今回は1月11日のポタ日記を書かせていただきたいと思います。

気が付いてみると、結構あの街にもこの街にもある「七福神」

普段は、あまり気にもしなく(失敬)まったく気が付かないのですが、
年が明けると、なにかと七福神がクローズアップされます。

七つ巡ると、究極のハピネスが約束される。

・・・というような確約はまるでないのですが、
ポイントカードとか、エンゼルマークを集めるとか、
集めると別の付加価値が生まれそうなものを集めたくなるのが人情。

七箇所というのも距離的にポタに最適で、めぐり終わった後、
いい感じにやり遂げた感を得られるのもなかなかいい感じなので、
去年も柴又の七福神を巡ったりしたのですが、
実はわが家の近所にも「浅草七福神」というものがあるということが、
近くの神社で強攻アピールされておりました。

「やっぱりご近所付き合いは大切にしないとな。」

とも思いまして、今年は近所をぐるっと巡る「浅草七福神」を巡ることにしました。

ところでエンゼルマークというものを引き当てたことのあるお方はおいででしょうか?

エンゼルマーク欲しさに子供の小遣いとしては莫大な資金をつぎ込んだのですが、
ついに金どころか銀のエンゼルもただの一名すら巡り合えませんでした。

ちなみに周りの友達でこのエンゼルマークに当たったという人も
ただの1人たりとも聞いたことがありません。

これは単に私及び、私の周りの人間が極度に運が悪いだけなのでしょうか?

それとも金銀エンゼルは、別のパラレルワールドのみに存在したのか?

宝くじを当たるクラスに強運の持ち主じゃないと
お目にかかることはできない代物なのか?

未だにです。

でも、子供の頃エンゼルマークを引き当てた事がある人は、
その強運で今もハッピーな人生を歩んでいるような気がします。
いや、そこで運を使い果たして、そうでもないのか?

・・・関係あるような、ないような方向に話がそれてしまいました。すみません。

この日は鏡開きDAYだったので、鏡餅とみせかけた何かの中に入っていた
味気あるとは言えない切り餅を汁粉にして食べまして、
巡る七福神が近場の気軽さで、のんびりと過ごし、
いざ出かける時にネットで七福神の場所を調べてみると、

7箇所じゃねぇ(゚∇゚ ;)

絶賛サービス期間で増量中・・・というわけではないでしょうが、9箇所あります。

七福神なのに九箇所あるとは、これいかに?

恐れ多くも二箇所は補欠??・・・とか?

なにやらこれは人間界の大人の事情の香りがします。

通常の七福神は、大黒天様、恵比寿様、毘沙門天様、福禄寿様、
布袋様、寿老人様、弁天様の七福神ですが、
浅草七福神の場合、寿老神様ともう1人福禄寿様がいらっしゃって、
全員で9人の神様ですが、まあ、役割的にはだぶっていらっしゃる方もいますので、
その辺はファジーに考えて七福神ということなのでしょう。

人間の事情では、神様の役割まで増やすわけにはいかなかったんでしょうね。(--;)

・・・と、もたついているうちに、出発時間はおよそ4時。

冬の昼間は短いので「もう、バイカーは、帰ってくる時間じゃね?」な時間です。

そして普段不信心な生活をしているので、ここでやっと気が付いたのですが、

神社仏閣というのは朝がべらぼうに早い分、
夜も早いんじゃなかったか?
そういえば。

こんな時間から9箇所も巡れるだろうか?

不安が胸をよぎりましたが、
ともかく、なぜか9箇所ある「浅草七福神めぐり」を急ぐことにしました。

七福神めぐりに正式なルートがあるかはわかりませんが、
時間的関係もありますので、近い場所にある神社から順番に巡って行く事にします。

わが家から一番近くにあったのは「石浜神社」

こちらは、寿老神様が祀られています。

石浜神社


この日は、私のミニベロのべろんちょは名誉の負傷でリペア療養中のため、
相方はミニベロのくろまるくんでしたが、私はクロスバイクで巡りました。

わが家から比較的近い神社ではありますが、
バチ当たりにも、お参りしたのはこの日が初めてです。(汗) 

石浜神社

普段は静かな感じの神社のようですが、さすが七福神シーズン、
次から次へと人がお参りに来ていました。

七福神めぐりにありがちですが、よくスタンプラリー・・・じゃなくて
各神社で七箇所(この場合九箇所)の御朱印を頂くという企画がありますが、
この「浅草七福神」にもあるようで、御朱印をいただく色紙を持ってらっしゃる方が結構いました。

浅草七福神というのは、自転車だとそう遠くない範囲にあるのですが、
徒歩でめぐるとなると全工程2時間(お参りをする時間を含まず)を要するようです。

ほとんどの方が徒歩でめぐってらっしゃるようでしたが、
やっぱりそういう苦労もご利益につながるのかも。とか思ったり、思わなかったり・・・。

二箇所目の神社は、この「石浜神社」からごく近い場所にありました。

「橋場不動尊」

橋場不動尊

布袋様が祭られている場所です。

橋場不動尊

間口が狭く、かなり地味な控えめな感じの佇まいに、
普段だったら危うく見過ごしてしまいそうな神社です。

小さめな神社でしたが、ここで浅草七福神をめぐる上での有益な資料をGET!

七福神パンフレット

各神社の地図付きのパンフレット(?)です。

QRコード

古式ゆかしい七福神の紹介でしたが、なんとQRコード付き。

なんかすげー革新的。

早速アクセスしてみましたが、この浅草七福神の詳しい紹介がありました。

ここは小さい神社ながらお守り販売の数は群を抜いておりまして、
こんなにたくさんの種類のお守りが販売されていました。

お守り

最近、主にサンリオキャラクターとコラボした神社仏閣グッズを見かけるのですが、
中には「キティ守」とかもあり、どのようなご利益あるのか謎です。
 
二軒目目のお参りも済ませたところで、三軒目に急ぐ・・・はずでしたが、
財布の中身をみて愕然。(゚∇゚ ;)

早くしないと日が暮れてしまうのですが、
そこにはズボラゆえの判り易いアクシデントがありました。

・・・すみません。続きます。m(__)m

ブログランキングに参加してます。できればポチッ☆とクリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキング

関連記事
たるみ解消の秘儀とは?
またまた、七福神めぐりの途中で恐縮ですが・・・・・

この週末は寒いですね。

しょう油の街も寒いです。

今月はうちの両親が景気良く旅行スケジュールを入れてくれた為、
その割を食って、週末のほとんどは、しょう油の街で愛犬と留守番しております。

実家は一軒家で、ある程度のリフォームはしましたが、
建物自体は古いという事もあると思いますが、
昨日帰ってきて、家の中にいても息が白いという経験を久々にしました。

お陰でしょう油の街に来る前のかなり事務的な消化ポタしかできずに、
ちょっとトホホなジャニュアリーです。

さて・・・なぜだかはようわかりませんが、
最近、相方はよくビジネスセミナーなるものに参加する事があります。

ここに来て己が人生に疑問をもっているのだろうか?

心の隙間を知識欲で埋めているのだろうか?

もしかして差し迫った危機が存在しているのかもしれませんが、
その辺は怖くて聞けません。

私はそう言ったビジネスセミナーを受けたことがないので、
よくわからないのですが、聞くところによるとセミナー料というのは、
中には目ン玉が飛び出そうなほど、ぼったく・・・いえ、高額なものもあるそうですね。

そんなわが家の家計では、分を超えた高額セミナー費。

相方のある意味尊敬・・・はしないけど、「凄いなぁ。」と感心するところは、
そんな高額セミナーも果てしなく0に近い安価で受けてしまうことです。

どんな手を使っているかは謎ですが、
彼の人より異常に優れた「お得嗅覚」がそうさせているのでしょう。

時にうざ・・・いや、「ちょっと面倒だな☆」とも思う、相方の“お得好き”ですが、
家計に負担をかける事なく、己が心の隙間を満たしてきてくれるので、
時にありがたい習性だと思います。(合掌)

セミナー内容については聞いても説明があまり要領を得ない事も多く、
正直、今後の彼のビジネスライフに役に立つのかは甚だ疑問を禁じえないのですが、
まあ、(安価つうか無料?で)受けているだけで満足のようなので良いことだと思います。

肝心なセミナーの本筋については、そんな感じの彼ですが、
相方と言う人間は、肝心なところはさっぱりでも、
変なところにはしっかりと目が行くところがあります。

相方は天然重箱の隅をつつく体質とでも言いますか、
重箱全体のメインのおかずは覚えていなくても、
端の方にお飾り程度に置いてあるプチトマトの数を覚えているような
そんなところがあるのです。

ので、セミナーでの本筋はどれだけ覚えているか不明ですが、
よく講師の方が緊張感を緩めるためにする「息抜き的こぼれ話」については、
覚えていて話してくれたりするのです。

その中には、時に私も興味が惹かれる話もあったりするのですが、
先日行ったセミナーで仕入れてきた話というのは、
こぼれ話至上、私に最もタイムリーで興味津々なものでした。

セミナー中、どんな流れでそういう話になったのかは、ようわかりませんが、
話は「姿勢を正しく保つには」という話になったそうです。

正しい姿勢を保つには腹筋が重要で、
頭の上から糸でつるされているイメージで立つ。

ということですが、
実は私そんな話は100も承知だったりします。

子供の頃から「猿人に先祖がえりしたんじゃないか?」と思うほどの重度の猫背で、
誰もが認める重度な猫背の人から「猫背だね。」と
同情の目を向けられたこともある筋金入りの猫背です。

そんなこたー知っていました。

そして実際何度もやってみました。


が、幾らイメージしても実際頭から糸が生えていないので、
そんな空気糸では、長年の形状記憶猫背には勝てず・・・。

今も猫背のままです。

ちなみにドロップハンドルのミニベロに乗るようになってから、
一時、少しだけましになったのですが、やっぱり元の猫背に戻ってしまいました。

その辺のことはすでにあきらめていて、もう形状記憶に逆らわずに、
背中を丸めて生きていこうと覚悟しているので、あまり興味の惹かれない話です。

その辺は流して聞いていると、

「・・・それからね。その講師は女の先生で、
顔のたるみをとる方法とかも話していたよ。^^」

・・・・・・・・・・・・なんだって?

た・る・み

TA・RU・MI

この顔のたるみを取る秘儀があるのか?

相方!いや、相方さん!そっち話の方を早く言ってください。

がっつり食いつきました。

そんな有益な情報を仕入れて来てくれるとは!

所詮、役に立たないセミナーだろう。なんてホントは思っていてごめん。

なんてタイムリーな話題でしょう。

実は、悩んでました。私、タイムリーに悩んでました。

妙齢な女性にとって、小じわとともに憎むべき現象「たるみ」

重力・・・・

それのお陰で丸い地球から人間は滑り落ちずに住んでいるようですが、
日々、下に引っ張られる力は、生きれば生きるほど負荷となってかかり、
体のいたるところに現れ出ます。

地球に住む以上、私も例外ではなく・・・
年齢と共に、体のいたるところに重力との戦いの跡が出ております。

特に顔。

他のところは見えないので別にどうでもいいのですが、
顔、これだけは隠しようもなく、自分でも不意に見えてしまうだけに、
気になる、気になる。

特に冬。

私の使っているイヤーウォーマーは、後ろからするタイプなのですが、
このイヤーウォーマーをすると、行き場を失った顔のたるみ?(←クエスチョン必要か?)が、
イヤーウォーマーに押し出されて前に出てきていまして、
すでに人相変わってしまっています。

・・・なんかむちゃくちゃ具体的にぶっちゃけちゃいましたが、
それはポタをする度に気になっていたんですよね。

その目をそらしてもそらし切れない現実がここで一挙に解消?

お話を続けてください!相方さん。

「じゃあ、顔のたるみを取るには、筋肉を鍛えないといけないんだけど、
どこの筋肉を鍛えればいいと思う?」

って、そんなクイズ形式遊びはいいから、早く答えろやー。

・・・と思いましたが、ここは辛抱強く付き合いました。

私は、頬の筋肉とか、目の周りの筋肉とか思いましたが、

たるみに有効なのは、なんと首の後ろの筋肉だそうです。

どうしてそこの筋肉なのかは疑問ですが、
所詮、皮一枚でつながっているので、そういうこともあるのでしょう。

しかし今まで生きてきても首の後ろの筋肉なんて、
まったく意識したこともないので、
そこを鍛えるって具体的にどうすればいいんだ?

それに首の裏の筋肉を鍛えると首の形状的にはどうなってしまうのだろう?

北斗の拳のケンシロウのような筋肉がボッコボコな首になってしまうのだろうか?

そもそも首の裏の筋肉だけをピンポイントに鍛えるなんて可能なのか?

首の裏の筋肉だけがボコっとしていたら、それはそれで怖い。

・・・でもそこを鍛えれば、このたるみは、解消されるという。

やるしかない。・・・と思いました。

話はもっとも重要な核心部分に差し掛かりました。

「・・・で、時に相方さん。その首の後ろの筋肉とやらの鍛え方は?」

ものすごく期待を持って、相方に詰め寄ると、

「あれ?そこ忘れちゃった。えへっ^^;」

なにーーーーーっ!!

そこが全話の中で最も重要だろうが!!!

むしろここ1年の話の中で一番重要なぐらいだ。

なんかすっかり脱力です。

そう・・・相方は、重箱の隅は覚えていても、
メインは覚えていない人間なんですよね。(--;)

しかしこの中途半端な気持ちはどうしたらいいんだYO。

ランキング参加中です。できればぽちっ☆とクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログへ  人気ブログランキング
関連記事
しょう油の街市のおすすめスポット
あんなところで止めておいてなんではございますが、
本日も「ポタ日記」の続きではなく、別のお話を・・・・^^;

今月は正月ムードでめでたかったからか、それとも旅行強化月間でもあったのか、
先週末も実家の両親が旅行に行っていたので、
私が知る限り最強最悪の問題犬Mさんの飼育のために、
しょう油の街市に戻っておりました。

さて、わが故郷しょう油の街市は、千葉県の最北部に位置します。

そこには脈々と江戸川が流れておりまして、
その母なる流れ(ってほどでもないか)江戸川沿いには、
かの有名な全長約60kmの江戸川サイクリングロードがございます。

川幅が(それなりに)広く、右岸を走れば埼玉県、左岸を走れば千葉県という、
お得感が受けているのか(は、わかりませんが)
自転車乗りの方には、大変愛されている大人気CRです。・・・たぶん。

そして、この江戸川CR、右岸を走ろうが左岸を走ろうが、
最終的に行き着くところは「関宿」

しょう油の街市の関宿なのです。

片道60kmにもおよぶ、長きにわたる江戸川CRを道を走りきり、
最終的には関宿城で牧歌的な雰囲気(牛の香りつき)を堪能しながら、
これといって他にすることもないので、休憩がてら関宿城博物館を見学してみる・・・
という方も多いのではないでしょうか?(そうか?)

しかし片道60km!往復120kmですよね?!

わが家では、年に何度も走らない超長距離です。

・・・まあ、わが家比で考えるのが間違ってますが・・・(--;)

前半戦の60kmを走り終え、さわやかな汗もかいたことだし、

「帰る前に、この辺でちょっくらリフレッシュしたい。」

と思う方も中にはいらっしゃるはず!

なぜなら私だったら確実に思います。(だからわが家比で考えても・・・)

そこで!

特に誰からも頼まれておりませんが、
(自称)しょう油の街市観光大使的な、不肖わたくしくろばいが、
少々お疲れモードのバイカー様を癒す、歴史あるしょう油の街市の名湯を
(いや、温泉自体はついこの間掘り出したようなんですが)
僭越ながらご紹介させていただこうと、
本日はキーボードを叩かせていただいております。

さて、私は毎年初詣に行っている場所が二箇所あります。

一箇所は千葉県にある「成田山新勝寺」

もう一箇所はかなり昔から行っている栃木県の「佐野厄除け大師」です。

昔は親に連れられて行ったので、きちんと三箇日とかに行っていたのですが、
最近はその辺が、かなーりアバウトになりまして・・・

初詣とはいえ、下手すると1月のうちに行かないこともありますが、
毎年、1回以上の参拝はしております。

しかし去年いきなり降って沸いたような世界不況。

見えない不況の波は、日々、わが家に迫ってきているような気配がします。

なんか、すでにちらりと見えてきているような・・・。

もう今年はアバウトなんていってらんねぇ。

一刻も早く神頼みせねば!(神様、仏様、ご都合主義ですみません。)

と思いまして、週末の日曜日は「佐野厄除け大師」に車で行くことにしました。

もちろんお参り前は、きちんと身を清めなくてはならないのですが、
今住んでいる場所より、地球規模では若干北に位置するしょう油の街市。

実家が一軒家のせいもあると思いますが、

しょう油の街市は、実に寒かった。

家の中でも息が白くなるほど寒い。

当然、風呂場はとんでもなく寒い。


実家にいた時は、雨の日も風の日も雪の日も入っていたはずですが、
ぬくぬくとしたマンション暮らしで、すっかり体がなまってしまったのか、
この日は実家のお風呂にはどーしても入りたくありませんでした。

このところ実家に行く機会が多いので、
実家のお風呂の寒さを骨の髄まで知ってしまった相方も入りたがらず、
二人でモジモジとしているうちに、時間だけが過ぎていきました。

このままじゃ、にっちもさっちもいかんし・・・

そうだ!温泉に行こう。

急遽、思い立ちました。

最近、掘削技術が革新的に進歩たようで、しょう油の街市には、

マグマが出るまで掘っても温泉なんて出ないだろう。

と昔は思っていたのですが、意外に温泉ってちょっと掘れば気軽に出るようで、
わがしょう油の街市にも“天然温泉”が私の知る限りですが二箇所湧きました。

そのうちの一箇所は十年以上前からあり、何度か行ったことがあるのですが、
今回は数年前に新しくできて一度も行ったことのない、
もう一箇所の天然温泉「七光台温泉」に行ってみることにしました。

この「七光台温泉」は、わが家も頻繁に利用する「ロックタウン」という
(地元では)大型のショッピングセンターの敷地に独立して建っているのですが、
ここは普段買い物に利用しているので、あまりに身近すぎまして、
気にはなっていたのですが、お風呂には一度も来た事がありませんでした。

場所的には、東武野田線の川間駅と七光台駅の間に位置し、
江戸サイからは、最短距離を行くとおよそ3km位のところにあります。

関宿城からだと約18kmぐらいでしょうか?

・・・帰りに寄るには意外に距離がある・・・かも。
と急に弱気になりましたが、まあ、せっかくしょう油の街にいらしたわけですし、ごにょごにょ。

そしてこちらが今回バイカー様にご紹介したい
しょう油の街市の天然温泉(たぶん名湯)「七光台温泉」です。

七光台温泉

七光台温泉

入館料は大人(平日)600円 (土日・祝日)700円

(ちなみにお子さんは、(平日)300円 (土日・祝日)350円です)
    
タオルは持参か買わなきゃならないのがなんですが、
それほど高くない入館料だと思います。

日曜日のお昼頃行ったのですが、結構人がいました。
昼食の時間だったので、休憩処で食事をしている方も多かったんですが、
それでもお風呂場内は意外と人がいました。

比較的新しい温泉施設なので、いろいろアグレッシブに取り入れているといいますか、
施設はそんなに広くないものの、小さくいろいろなお風呂がありまして、
ジェットバスやら腰掛け湯、薬草スチーム風呂などもあります。

外にでると露天も充実していまして、通常露天風呂の他に、
1人で浸かれる壺湯、うたた寝湯なんかもあります。

その中でも私が一番気に入ったのが「源泉掛け流し湯」
規模は小さいのですが、露天風呂の隣に源泉掛け流しのお風呂がありまして、
丁度、そこには誰も入っていなかったのでゆっくり浸かれたのですが、
そんなに濃厚ではないのですが、かなりいい感じのお湯です。 

お風呂を出た後は、温泉特有のぽかぽか感とすっきり感がありますので、
自転車で疲れた体を癒すには良いのではないでしょうか?

もし、機会がございましたら、江戸サイ途中にでもお立ち寄りくださいませ。

・・・ここからは、しょう油の街市は特に関係ないのですが、
せっかくなので、その後の栃木のことを少々・・・。

お風呂で体も清めましたので(清めたって言うのか?)
その後は速やかに「佐野厄除け大師」まで行きました。

お正月から3週間経過しているのにもかかわらず、
佐野厄除け大師は意外と混雑していました。

こんな世の中ですし、やはり皆様思うことはあるのでしょうか?

私も負けずに(?)いつもよりも力を入れてお参りをしまして、顔を上げると、
まだ隣で相方が今まであまり見たことのない程真剣な顔付きでお参りしています。

怖えーーーっ!!(゚∇゚|||)

いったい彼に何があったというのでしょう?

いずれ知らなきゃならない現状になるかもしれませんが、
できれば、ちょっと聞きたくありません。

かなりマジのお参り後、佐野の大師様に来た時は必ず寄るのが、
大師様の向かいにある「佐野市観光物産会館」

名前の通り佐野市の特産品を中心にいろいろ販売しているのですが、
今回も前にブログで書いた「桜あんぱん」を買いました。

桜あんぱん

ホントこのあんぱんは“あんぱん”というよりむしろ“あん”という程、
しっとりとした餡がたらふく入っていて、他にない味で美味しいです。

桜あんぱん

他にも栃木が誇る名産品が「女蜂」や「とちおとめ」という
農作物界きってのラブリーアイテム「苺」なので、
なんかいろいろな有名お菓子メーカーの代表的商品とコラボってました。

その中で一番気になり、もはや買わずにはいられなかったのが、
こちら「栃木限定 苺のサクマドロップス」です。

サクマドロップス

キャンディと書いてありますが、これはドロップスです。

サクマのドロップ缶と言えば、最強の涙腺破壊力を持つ「蛍の墓」のセツコちゃんを 思い出し、
缶を見るたびにちょっと微妙な気持ちにさせられてしまうのですが、
なにせこの缶は、栃木仕様で前面華やかでラブリーな苺押し。

昭和色が豊かな缶と違い、セツコちゃんを思い出さなくて済みそうです。

これだけ苺、苺と主張しておりますので、
当然、容量85gは全て苺味になっております。

サクマドロップス

従来のように味がいろいろないのは、ちと残念な気がしますが、
ハッカに当たってしまい、

なんてこったーーーーっ!!

という最悪な悲劇を招くことはないので、その辺はいいかもしれません。

さすが原材料に「とちおとめ」の果汁が入ってるので、
ジューシーな感じの苺の味がほんのりして美味しいです。

正直、その苺味が「とちおとめ」であるかまでは、
栃木県民ではないので、判別つきかねましたが・・・。

そして佐野市と言えば「佐野プレミアム・アウトレット」

なんと!今、佐野アウトレットでは、バーゲンを開催しているということです。

アウトレット好きでバーゲン好きの私としては、
「なにその特盛り?」という感じなので、
ここは当然、素通りするわけにも行かず、帰りに寄ってみました。

最近、着るものの最重要アイテムといえば、ポタ時着用の服です。

お陰でクローゼットに増えていくのは、ユニ○ロ等のスーパーカジュアル服ばかり・・・

いや、一番必要なんでそれはそれでいいのですが、
私もたまーには、普通に出かけることもあり、
スーパーカジュアル服ばかりでは、さすがに寂しい。

ので、今期のバーゲンは、少しはお出かけ服を購入しようと思っていたんですが、
そんなお無駄を阻止するために相か・・・いや、誰かの呪いが働いたのか、
例のアレルギーによる顔の変化で、せっかくのバーゲンシーズンを
外に出る気にもなれず、悶々と過ごしました。

そんな私に最終チャンス到来!

と思い、物色を始めたのですが、
ここ一年ちょっとで、すっかりポタ根性が骨の髄まで染み付いていたので、
どーしても心のどこかで「自転車に乗りやすいか?」という事を考えてしまい、
普通のおしゃれ的な服は購入できません。(>_<)

結局、私が購入に至ったのは、こう見ると燃えないゴミのような感じですが、

戦利品

中身は「プラザ」で売っていた服、

戦利品

どーんと8点。

これだけ購入して、価格は約1万円。

最初の目論見に反してオール自転車仕様のカジュアル服です。(--;)

ほぼすべてが50~70%オフで、あのユニ○ロすら凌駕する価格設定に
素通りすることができず気が付くと、とり憑かれたように、
ばかすかカゴに入れていました。

自転車神様の思し召しかもしれません。(--;)

この佐野プレミアム・アウトレットバーゲンは、
2月1日までやっているようなので、
機会がある方は行かれてみたらいかがでしょうか?

もとがアウトレットなので、結構安価になっていましたよ。

・・・と、今回はいろいろおすすめのブログのようになってしまいましたが、
けしてしょう油の街市以外の回し者ではございません。

ランキング参加中です。できればぽちっ☆とクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログへ  人気ブログランキング

関連記事
9ヶ所ですが浅草七福神めぐりポタ【その2】
中途半端なところでぶった切ったまま放置のままだった「浅草七福神ポタ」ですが、
本日はその続きになります。
相変わらず読みにくくてすみません。(汗)

ちなみに「浅草七福神ポタその1」はこちらになります。

*************************************

七福神なのになぜか九箇所ある「浅草七福神めぐり」

たった二箇所目を終えたところで、
誰もが予想だにできるあまりに単純なアクシデントに見舞われました。

財布の中を見ると

小銭がない。(゚∇゚ ;)

基本、お賽銭の勘定科目は家計からなので、
相方の分のお賽銭も私の財布から出ていますが、
私の財布の中の100円玉が早くも尽きてしまいまいた。

仕方がないので相方の財布からも100円を強制徴収しましたが、
彼が持っていた100円玉は3枚、2人であと一箇所分しかありません。

なにせ浅草七福神は名前は七福神でも特盛り(?)で九箇所ある神社仏閣、
2人であと1400円分の100円玉が必要です。

七福神をめぐるということは大量の100円玉を消費するってことだということを
すっかり失念していました。

これってなんだかとってもデジャヴ☆

そういえば、去年、柴又の七福神をめぐった時も同じ窮地(?)に陥って、
買い食いで小銭をGETしながらのお参りだったような・・・。

なんか1年経ってもさっぱり成長してなくね?(゚∇゚ ;)

すでに二箇所目にしてお空はオレンジ色に暮れかかっています。

夜型人間にやさしい、あまりにコンビニエンスな現代社会に甘えちまいまして、
すっかり忘れていましたが、おそらく神社仏閣は朝が早い分だけ夜は早仕舞じゃね?・・・たぶん。

ポケモン的なものはいらんが、急ぎどこかで小銭だけはGETしなければ!

とあせる私に相方がのほほーん面で、

「残りの神社は他の小銭でいいじゃん。ご縁があるように5円とかさ。^^」

いいわけあるかい!!(゚д゚#) 

お金で心は買えませんが“誠意”と言う微妙な感情を伝えることができるし、
伝わってしまうものなのです。

一律5円とかなら、もちろん5円でいいですが、
同じ七福神なのに前の二箇所は100円をお賽銭にして、これからを5円にすると、

「前の二箇所が100円だったのに、誠意が足らんのでは?」

とか思われてしまったらどうするんです!

・・・まあ、誠意云々とかいう泥臭いというか、人間くさい神様はいらっしゃらないと思いますが、
(その辺を超越しているのが神様でしょうし・・・)
なんかそういうところにこだわってしまう珍妙な性格なんですよね。我ながら。(--;)

私の話を聞いて、相方は心から納得した・・・かどうかはわかりませんが、
長年の付き合いからこんな状態の私に逆らったところで時間の無駄
ということだけはわかるようで、小銭を集めることに素直に協力してくれることになりました。

神社は閑静な場所にあることも多いのですが、
まさに神のお導きかこの「橋場不動尊」の隣には幸いコンビニがありました。

わたくしどもがもう少し神様に愛されていたらゲーセンがあったかもしれませんが、
それはさておき・・・

次の神社付近にコンビニがあるとも限らんし、コンビニの方には申し訳ありませんが、
ここは2人で最大数の100円玉をいただかなくてはなりません。

2人で千円づつ持って100円以内のお買い物をすれば、
500円玉と400円分の100円玉が手に入ります。

しかし2人で入ってわざわざ別々に(安価な)買い物をするのでは、
さすがに両替ということを見破られてしまうかもしれない。

私たちは極めて小心ものなので、
ここは赤の他人のふりをして別々に買い物をすることにしました。

コンビニで100円のものを買う。

何でもいいなら、まあ、あるんですが、やはり人間スケベ根性があるもので、
やっつけの(しかも100円の)買い物でもできるだけ欲しいものを買いたくなるものです。

何気なく相方の動向を見ていると、相方が迷うことなく一直線に向かい購入したのは、

ブルボンプチ「チョコッツェル」(88円)

これはやられた。と思いました。

なんとすばらしいお得嗅覚でしょう。

さすがお得工学を極めている相方。
瞬時に予算以内で(しかも12円もあまらせてるし)わが家の好物を掘り当てるとは!

この「チョコッツェル」最初食べた時は軽く文句を言ってしまいましたが、
そのカロリーの低さとなんだか癖になるチープな風味から
気が付くとすっかりわが家の好物になっていたりします。

私はといえば、特にお得工学を取得していないので、
100円以内で欲しいものなど、この平成の世にそう簡単に見つからず・・・

いくら小銭のためとはいえ、欲しくないもんを買うのはモチベーションが上がらんもんです。
ここは欲しいもん中心に買おうと迷った末に選んだのが168円のチョコ。

私の動向をひそかにチェックしていたらしい相方は小声で、

「そんなもんを買ったら100円4枚できないじゃん。」

的なことをわざわざ言いに来ましたが、

話しかけんなよ。今は他人なんだから。

んなこと言われなくても私にだって勝算はあるのです。

私は自分の財布を持っているので細かいお金もあるはず、
要は1068円払えばいいんじゃんよ。あったまいーい私って。

と強気で財布を見ると、ない。(゚∇゚ ;)

なんという悲劇!10円玉はあるものの、1円玉が6円分しかありません!

・・・そういえば相方は12円おつりもらっていたよね。

結局、2円を相方からもらい無事400円分の100円玉を得たわけですが、
すっかりグルだということは、おそらく店の人にバレてしまいました。 

しかし相方がそこまで読めて88円の製品を買ったなら、
すでにお得占い師、教祖お得様に昇格間違いなし。 ・・・誰が崇めるのかは不明ですが・・・

(いつものごとく)どーでもいいことで話が長くなってしまいました。

とにかくお互い4枚の硬貨をGETしました。
相方の持っていた300円と合わせて当座の5箇所分は大丈夫です。

変なところで予想外の時間を食ってしまいましたが、先を急ぎます。(つーか予想しとけ)

三箇所目の神社は「今戸神社」

今戸神社

福禄寿様が祀られている神社です。

こちらは当然「浅草七福神」の一つでもあるのですが、
他にも「下町八福神」の一つでもあるようです。

今戸神社

って、兼務?!

それに八福神って・・・なんか通常より一福神増えてますけど・・・。

そしてこの神社を入ったとたん目に付くのは「招き猫」

招き猫像

ところどころに招き猫、絵馬も招き猫

絵馬

単なるキャラクターかな。

(にしては若干今風のラブリーさには欠けるなぁ。)←心の声

と思ったのですが、招き猫キャラにこだわるのはそれなりに意味があったようで、
ここ「今戸神社」は招き猫発祥の地らしいです。

他にもこの今戸神社はあの幕末きっての薄幸の美少年キャラ、
沖田総司がお亡くなりになった場所だそうです。

沖田総司終焉の地

沖田総司終焉の地

こんな近くにそんな有名人物と有名アイテムに縁のある神社があったとは・・・

沖田総司は終焉の地なのでどちらかというと大々的に押している感じはしていなかったのですが、
招き猫押しはすごくてグッズも多数販売していまして、
こんな大量の招き猫も展示してありました。(展示じゃなくて祀ってあったのか?)

招き猫

特に人気が高いのは今は売り切れ中のようなので写真紹介でしたが、
こちらの今戸焼きの招き猫だそうです。

今戸焼き招き猫

人気のあまりか販売時期未定。

ちなみに新たな予約はブログにての告知だそうです。

告知

って、ブログ?!・・・ブログもやってるんだ。

達筆な毛筆で“ブログ”と書かれているのを見ると違和感を感じないわけではないですが、
最近の神社仏閣はITツールをしっかり利用されているところが多いんですね。

そして神社にはよくあるけれど、なんで置いてあるのか実は謎だったりする
この藁の輪をせっかくだからくぐってお参りをしたわけですが、

輪

お参りするところに何かの案内があったので1枚もらってきました。

なんの案内か気になったので早速見てみると、

「縁結びの会」

縁結び会

少子化の昨今、人口の低下は国の衰退にもつながりかねないようで、
いろいろと対策が練られているようですが、
残念ながら芳しい成果は得られていないのが現状のようです。

神代の昔から続く、日本国の衰退におそらく神主様も憂いていらっしゃるんしょうね。

神社主催のイベント(?)なので午前中に社務所で行われるそうで、
そのあまりに健全さが合コンと一線を画すところです。

それで盛り上がるんかいな?

と余計な心配をしないでもないですが、
まさか笑○とか和○とかでやるわけにもいかんもんなぁ。なんとなく。

参加費はご祈祷費とお茶菓子で6,000円だそうです。

相方は「・・・高い(ぼそっ)」とかいいましたが、

だまらっしゃい!

お茶菓子はどのクラスが出るかは存じませんが、
なにせ付加価値がある“ご祈祷”つきなのです。

神社といえばお祈りのプロ。
そのお祈りのプロにご祈祷していただきながらの出会いなんて、
なんかこれ以上ない良縁に恵まれそうな感じじゃないですか?・・・たぶん。

残念ながら私は規定外なので、今更参加することはできませんが、
条件に合っていた時だったらちょっと参加してみたかったような気もします。

・・・もっと良縁に恵まれたかも。(ぼそっ)
 
そんないろいろな意味で地域に密着している感じだった「今戸神社」を後にしまして、
次は4箇所目の神社「待乳山聖天」

待乳山聖天

毘沙門天様が祀られています。

神社の名前に“山”がついているだけあって、
階段を上った浅草の中では、標高の高い場所にありました。

待乳山聖天

となりに待乳山公園という公園があるのですが、
この公園は以前、池波正太郎の生家があった場所だったそうです。

池波正太郎生家

4箇所目を終えて時刻は5時少し前・・・とにかく先を急ぎます。

5箇所目と6箇所目はよく行く「浅草寺」とそのすぐ隣にある「浅草神社」です。

浅草寺は今年の元旦に初詣に来てあまりの人出にどうにもならず、
そのままノコノコ帰らざる終えなかったという
わが家の2009年を象徴しそうな「なんか春から縁起悪るー」過去があります。

その元旦のリベンジの意味でも、今度こそ熱い祈りを聴き届かさせてもらうぜ!

同じ敷地内にあるので近いのですが、まずは「浅草神社」の方からお祈りです。

先ほどの「待乳山聖天」から浅草神社(浅草寺)までは、
自転車で走るとそう遠くないのですが、冬の日没は早く・・・

「浅草神社」に付いた時は、外はすでにフラッシュなしでは写真におさめるのも
ギリギリな明るさになっていました。

浅草神社

しかもここで予想外!今日はじめてのお祈り待ち!∑(゚∇゚|||)

さほど長くない列なのですが、お祈り待ちの列ができています。

ヤキモキしながらも最後尾に並び、並び始めてから5分程でお祈りを終え、
次はいよいよ6箇所目のお寺「浅草寺」です。

ダッシュで浅草神社から徒歩およそ数百歩で浅草寺に着きましたが、

もうこれは駄目かもわからんね。

と浅草寺に着いてみて私も相方も絶望しました。

ブログランキングに参加してます。できればポチッ☆とクリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキング

関連記事
9ヶ所ですが浅草七福神めぐりポタ【その3】
わが家は性格的に何事にも白黒をはっきりさせなければ気がすまない性格。

・・・とは180度ほど異なりまして、
どちらかというと何事も玉虫色の決着で済まそうとする
ファジーで中途半端な性格だったりします。

その中途半端な性質が何事にも出ているのかはわかりませんが、
私も相方も微妙に雨女、雨男。

そう、微妙に。

何か楽しみにしているイベントがある時は大雨とか大荒れとかではなく、
微妙に天気の悪い時が多かったりします。

実は、明日は相方の誕生日を控えておりまして、
本来なら明日祝うのが筋というものですが、
日曜日の夜に外に食事に行くにはテンション的にどうも・・・
ということなので1日早くはありますが、
本日の夜食事をするためにレストランを予約しました。

で・・・やっぱり本日も微妙な天気っすね。

傘を持っていけばいいのやら、いらんのやら・・・

正直、行くのがめんどくさくなるような微妙さですが、
予約してあることですし、楽しんで来ようと思っております。

以下、先日からつづく「浅草七福神ポタ」の続きになります。

ちなみにその1はこちらその2はこちらになります。

*************************************

浅草七福神六箇所目の浅草寺は、
このあたりでは屈指の人気初詣スポットのようなのですが、
この辺りに引っ越してきて数年、わが家は今年の元旦初めて初詣に訪れました。

その日はとくに何も考えることなく、1日ものほほーんとここ「浅草寺」に来たわけですが、

人気初詣スポットはハンパない。

ということを現地について思い知りました。

現地についてみると初詣をしようとする参拝客と思わしき人々の列が、
浅草寺から数百メートルあると思われる仲見世どおりを抜け、
さらにその日はホコテンとなっていた公道のかなたまで延々と続いていました。

この列はどちらの彼方まで続くの?おじいさん。

ハイジは思いました。

いや、ハイジじゃなくとも疑問に思うほどの十重二十重に長蛇の列です。

最後尾もどこやどこやらわからないカオスな状況で、
元旦早々警察官の方はパトカーの上から拡声器で声を張り上げ、
日本語のわからない外国の観光客の方は、

「平和だと思ってきてみたら、非常事態かよ?」

と勘違いされるんじゃないかと心配になるくらい殺伐としていました。

そんな混沌とした元旦からこの日はすでに10日ほど経過していたんですが、
浅草寺人気は未だ衰えなかったらしく・・・

時間もすでに5時を回ったというのに参拝所までかなりの列ができていました。

浅草寺

三が日でもないのに、しかもこんな時間まで人が参拝をしているなんて

 

予想外です。←自分たちもその1人だろな。

この渋滞状況を見ると目指す参拝の地・・・つまりお賽銭箱までたどり着くのには、
かなりの時間を要しそうです。

七福神なのになぜか九箇所存在した不思議な「浅草七福神」

この「浅草寺」は六箇所目なので、ここが終ってもまだ3箇所も残されています。

七福神巡り的には、こりゃもう駄目だ。

と絶望しましたが、浅草寺は元旦も参拝をあきらめた場所なので、
せめてここぐらいはお参りして帰りたい。

取りあえず列の最後尾に並ぶことにしました。

そしてお参り前には手水で手を洗うわけですが、
いままで何度か浅草寺には来た事があっても
あまりこの手水というアイテムには注目して事がなかったのですが、
さすが人気初詣スポットだけあって、手水もなんか立派。

浅草寺手水 

龍一さん(仮名)、龍二さん(仮名)、龍三さん(仮名)・・・そして末っ子の龍太郎さん(仮名)

という龍六兄弟がこの日もフル回転で水を吐いてらっしゃいました。

これぐらいいないと有事(?)の時には参拝客をさばけないんでしょうね。

変なところに感心して写真まで撮ってしまいましたが、
この時間に及んでいながらも、まだ列に並ぶ人が
次から次へと後を絶たない感じなので、うちも早くならばないと。

並びの幅が広いので「人数の割りには早く進むかも・・・」とも考えましたが、
思いの外お祈りスペースである賽銭箱が小さいので、列は遅々として進まず・・・

このお堂は5時半で終了のようなのですが、時間ぴったりにクローズする気満々のようで、
並んでいる間にも容赦なく、閉館(?)に向けてのカウントダウン、
じりじりとお堂の扉を少しずつ閉め始めていっています。

なんだかとっても焦燥感。 

自業自得なんですが、元旦に続き「ダブルで縁起わるー」だけは、マジ避けたいっす。

なんか09年度の不幸ポイントが倍増して貯まりそうだし・・・

何卒、今度こそはお祈りだけは捧げさせてください!

という身勝手な祈りも受け入れていただけたのか、
閉館ギリギリの時間に、人波に流されつつもお祈りを終えました。

ひとまずホッとしたものの・・・

さて・・・その後の七福神巡りをどうするかですが・・・。

あと残るは三箇所、浅草寺ですらもう閉館(?)なのに、
他の神社が開いているとは思えない・・・

・・・とはいえ、意外とあまり大きな神社じゃない方がそういうところは
融通が利くんじゃないだろうか?

ほったらかしっぱなしに24時間お賽銭箱とか出ている神社もあるし・・・。

「あきらめたらそこで試合終了だ。」と思いまして、
取りあえず回るだけは回ってみることにしました。

しかしこのタイミングで再びあの問題が・・・

100円玉の玉切れです。

幸い浅草寺にはテキヤさんが数多く出ていたので、札を崩すのだけは苦労は無く・・・

じゃがバターと玉こんにゃくを素早くかっ込みまして、
エナジーチャージもできて一石二鳥。

玉こんにゃく

次にの神社へGO!です。

・・・関係ない話ですが、玉こんにゃくと寿司ネタのイカは、
他のものより辛子やワサビの効きがすごいと思うのは私だけでしょうか?

この二つの共通点は透明感があって、食感が似ている(ような気がする)
というところですが、それと香辛料との因果関係はわかっていません。

最後まで回りきれるだけの100円玉を手にし、
次に向かうのは「浅草寺」から若干離れた七箇所目の神社「矢先神社」です。

矢先神社

ここは福禄寿様が祀られています。

着いた時はもうすっかり日も暮れていました。
(なんか去年の柴又七福神めぐりも最後はこんな感じだったような・・・ホント成長ねぇなぁ。(--;))

矢先神社

神主さん(?)は今まさに「浅草七福神」と書かれている旗をとりこみ
しかも折りたたんでいる状態で全体的に撤収ムードでしたが、
なんかまだ“完全お参り拒否”という状況ではありませんでした。

一応、お賽銭もin可能っぽい。

駆け込みでお参りをさせて貰いました。

残るは2箇所。ここまで来たら是非とも回りたい。

次の神社は「鷲神社」です。

寿老人様が祀られています。

この「鷲神社」酉の市の熊手販売で有名で、
わが家も去年興味を持って来てみたのですが、
ここでもものすごい人波のラッシュに合い、結局、中にすら入れませんでした。

この「鷲神社」は、「矢先神社」からは更に10分程度のところにあります。

さすがに時間的に厳しいような気がしますが、
先ほどの矢先神社も閉館ムードの中でもなんとかなっちゃったし、
その辺はファジーに行けるかもしれない。

期待を込めて「鷲神社」に着きましたが、お堂は・・・

鷲神社

完全にクローズしてました。(T_T)

まあ、さっきの神社の方がミラクルだったんでしょうね。

私たちの他にも参拝に来た人は1組いましたが、
関係者は誰一人いない感じで、賽銭箱もしまわれていました。

賽銭箱がしまわれているのにお祈りだけするわけにはいきません。(なんとなく)

八箇所目で

THE END

です。

最後、九箇所目に行く予定だった「吉原神社」は近くにあるので、
一応、行ってみようかとも思いましたが、
ここでなんだか気持ちが折れちゃったのと、

相方が言うには、

「ネットでは「吉原神社」は前にしょう油の街市で行った
“人っ子一人いない”神社のように、
シーズンオフは人っ子一人いない神社らしいよ。」

との事。

って、わが幼き日より慣れ親しんだ愛宕神社に、
勝手に負の枕詞つけんなよ。罰当たりな。

・・・確かに人っ子一人いなかったけど。

相方は罰当たりではあるけれど、確かにそれじゃ行っても仕方ないので、
「鷲神社」と「吉原神社」の二つの神社は改めてくることになりました。

結局、この日巡った神社は、

石浜神社(寿老神)、橋場神社(布袋尊)、今戸神社(福禄寿)、待乳山聖天(毘沙門天)
浅草神社(恵比寿)、浅草寺(大黒天)、八坂神社(福禄寿)になります。

行けなかった神社は鷲神社(寿老人)、吉原神社(弁財天)

七福神としては鷲神社の寿老人は石浜神社とかぶっていますので、
参れなかったのは唯一の女性の神様「弁天様」のみということになります。

ということは・・・

まことにお気の毒ですが、相方の今年一年は女っ気の薄い、
うるおいの少ない一年だという事にほぼ決定ですね。

そう言えば、相方の人生で女性に縁が濃かったことなどあまりないようなので、
ある意味通常シフトの一年なのでしょうね。(--;)

元々ないもんはこれ以上悪くならんし、これも不幸中の幸い(?)

その後、この中途半端な気分のまま帰るのもむなしいので、
「矢先神社」付近の合羽橋道具街通りまで戻り、
「合羽橋珈琲」でコーヒーを飲んで帰ることにしました。

合羽橋珈琲

この「合羽橋珈琲」何度か来た事があるんですが、
囲炉裏のある店の作りとか、全体的に落ち着く感じが好みで、
私の“この辺りの喫茶店ランキング”で上位に入るところです。

このお店は合羽橋道具街がにぎわっている昼間は、結構混んでいるのですが、
道具街も閉店がめちゃくちゃ早いので、この時間になるとお客さんがほとんどはけ、
こんな囲炉裏のある場所に座れました。

合羽橋珈琲

最近ダイエットに成功中で調子に乗りまくっているい相方は、

どーんとカロリー大盤振る舞いの「和風パフェ」(750円)

和風パフェ

いつか再びダイエット地獄に落ちるなこいつ・・・(ぼそっ)

この和風パフェの中にゼリーが入っているんですが、
このゼリーが番茶風味で他にない感じで美味しいです。

和風パフェ

私は「抹茶チーズケーキ」(650円)を注文したんですが、

抹茶チーズケーキ

出てきたケーキは微妙に予想外な感じのいでたち?

パフェもそうですが、なんかこのお店の甘味はオリジナリティーあふれた独特な感じです。

抹茶のレアチーズの上に小豆とドライフルーツが乗っていて、
抹茶の風味は薄めでしたが、甘味と酸味がいい感じにあいまって美味しかったです。

一緒にコーヒーを注文したのですが、
そのコーヒーが美味しかったので買ってきました。

「カルロスさんの珈琲」(1000円)です。

カルロスさんの珈琲

で、誰?って感じですが、おそらくブラジル辺りに住んでいるカルロスさん(中央写真)が、
わが子のように育て摘み取った豆とかじゃないかと・・・(フィクション)

(たぶん)カルロスさんが手塩にかけただけあって、
適度な苦味とマイルドさがある美味しいコーヒーでした。

図らずも09年の相方の女性運を決定づける事になった浅草七福神めぐりでしたが、
2箇所を残して、このまま宙ぶらりんのままにしておくわけにも参りません。

この後の「浅草七福神巡りポタ」は日を改めての続編に続きます。m(__)m

ブログランキングに参加してます。できればポチッ☆とクリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキング


合羽橋珈琲 喫茶店 / 浅草駅(つくばEXP)入谷駅田原町駅


関連記事


広告



カテゴリー

にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ
人気ブログランキング



プロフィール

くろばい

Author:くろばい
愛車ビアンキ・パッソ
【愛称:ビンちゃん】
愛車2ビアンキ・ミニベロ9
【愛称:ベロンチョ(ベロちゃん)】
激情にながされ1週間で購入に至る
愛車3ママチャリ
【愛称:ソルジャー・チャーリー】
現在自転車3台を所有。
あまりの自転車の増殖率に
恐れおののく日々。
これ以上、増えることはないと
思いつつも、自分が信じ切れない
今日この頃・・・。

相方(くろばいB)
愛車:RSR-4(ブルー)
【愛称:ルイちゃん】
愛車2:ラレー・RSW SPECIAL
【愛称:くろまるくん】
新たにミニベロを購入して、
自転車わが世の春を謳歌中。
自己開発のアンゴラダイエットの
お陰で(いまのところ)メタボリック
危険水域を脱出。
しかし現在、ポタ時はポタメシを
思いっきり解禁しているので、
リバウンドに王手か?



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



月別アーカイブ



カウンター



ブログ内検索



RSSフィード

  • seo



おすすめの自転車本

わが家の自転車メンテナンスのバイブル!





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。