クロスバイクを買っちゃうぞ!
初心者がクロスバイク乗りになるまでの軌跡
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つくば科学万博記念公園へドライブ
しょう油の街にいた日曜日は愛犬とドライブに行きました。

もともと私はしょう油の街市にン十ン年、
今までの人生のほとんどは捧げて(?)きたので、
しょう油の街近辺の近場のドライブスポットは、
行きつくしたというか、やり尽くしたというか、しらみつぶしたというか、
お陰でなかなか場所が決まらず時間は過ぎ、逆に場所が絞られまして、
結局、最も近場のスポット「つくば」へ行く事にしました。

つくば市に行くとはいえ、筑波山とかガマの油とか、
その辺の王道スポットは正直、子供の頃から行き過ぎているので、
ここは愛犬もいる事だし、公園関係に行ってみようと公園を検索する事に・・・

近頃発展も目覚しいつくば市内にはいろいろと公園はあるようですが、
その中で目に付いたのが「科学万博記念公園」

つくば科学万博と言えば、私がまだうら若い学生の頃に開催された国際万博ですが、
その価値がわからないまま連れて行かれ、面倒だからとパビリオンなどあまり見学せずに、
あまり記憶に残らないまま帰ってきました。

当時の私はせっかく病とはまったく関わりのない位置にいたので、
それでもこれっぽっちも「惜しい」と思わなかったのですが、
せっかくだからの相方と知り合っていたら、回り過ぎて記憶に残らない程、
パビリオンを回って(回らせられて)いたでしょう。

・・・どの道、記憶に残らないのは同じですけどね。(ぼそっ)

しかしそのつくば万博からもう24年も経ったんですね~。(遠い目)

なんかあの当時にノリで購入したと思われるつくば万博記念500円コインが残っているんですが、
大して価値が出るものとも思えないし、かといってニセ金くさくて使えないしで、
なんとなく箪笥の肥やしになっています。

広大なつくば万博のその後の跡地のことは、ようしりませんでしたが、
公園になっていたようですね。

せっかく甘酸っぱくもない思い出が蘇ってきたことだし、
「科学万博記念公園」まで行ってみる事にしました。

さて、約5年前に車を買い替えた時に、方向音痴ゆえに何度もで苦しんだ身としては、
何よりもまずカーナビーを購入する事にしました。

そして時々杓子定規なカーナビ“ナビ子”に遠回りの道を紹介されたりと、
彼女に翻弄されつつも、それでも私のドライブライフは、
ナビ子に頼り切っているわけです。

今回も万博記念公園なんて有名(知らなかったけど)な公園なら、
当然、ナビ子なら知っていると思い、
車に乗りナビ子に「科学万博公園」と入力すると、

ない。 (゚∇゚ ;)

ナビ子そりゃないだろ~

しかし国際万博の跡地に出来た公園なんて、超有名なプレイスポットのはずなのに、
名称を変えたり、検索方法を変えたりして何度検索し直しても、

ないものは、ない。

落丁(っていうのか?)だろうか?

せめて住所がわかれば入力できるのですが、
まさかナビ子に入っていないと思わなくて、調べておかなかったのですよね。

こんな時は持っていて良かったVAIO type-p、通称Pちゃん。

この日はPちゃん持参で来たので、全国津々浦々どこにでもある(と思われる)
マックに行けば、Pちゃんにて検索は可能。

Pちゃんは、現在思っていたよりも華やかな活躍はしていないので、
13万円の価値があったかは、正直、謎ですが、一応地味には活躍しており、
こういう時には真価を発揮してくれます。
最近、ポタ時にも持ってってないしなぁ。

取りあえず、つくばのそれっぽいところをナビ子に入力し、
近くに行ったらマックで調べようと思い車を走らせました。

そしてほどなくして、つくば着。

有名公園ならつくば市に着けば、標識があって運よく見つかるかなぁ。

と夢を見ていたのですが、そんな人生都合よく回らず、
どこにも科学万博記念公園の案内標識らしきものはナッシング。

住所検索の為、ナビ子でマックを検索して、マックつくばなんちゃら店に入店しました。

マックなんちゃら店内は「祭りか?!」という程、お子さん連れで賑わっていたのですが、
今マックでは、何か子供に対して気の利いたイベントでもやっているのでしょうか?

しかしコーヒー二杯で長居することもなく、
Pちゃんにて万博記念公園の住所をGET!

後はお昼でも購入して、

愛犬と戯れながら公園でランチを食べるぞ!

と思い、マックから出た時にポツポツとお空からお水が・・・

って、無駄マックーーー?!Σ(゚д゚;) 

朝から曇りではあったのですが、

何故わざわざこのタイミングに?!

というタイミングで雨が降り始めました。

公園で愛犬と共に食事をとるつもりだったので、
お店はつくばで美味しいパン屋さんというのをチェックしていたのですが、
こいつはおそらく公園でランチを食べるなんて無理という気がする。

せっかくチェックしたのでそのパン屋さんに行くことにしたのですが、
雨はどんどん降ってきまして、パン屋さんに着いた時には本降りになっていました。

でも、ここまで来たからには意地でパンを買うしかねぇ。

とパンを購入する事に・・・

本日目指すのはつくばの人気パン屋さんで、
「パン工房 クーロンヌ つくば店」というお店です。

パン工房 クーロンヌ つくば店

わざわざつくば店と銘打つからには、他にも店舗があるのでしょうか?

このパン屋さんは、最近時々見かける「石窯」焼きのパンのお店のようなのですが、

「ここがパン屋さんの駐車場なの?」

という程、パン屋さんにしては駐車場が広く、しかもその広い駐車場はほぼ満車、
店内は思っていたよりも広くないものの、お客さんが満員状態でした。

そして、店内の状況を見て、私も相方も戦慄。

いつも満員状態なのでそれは暗黙の了解なのか、
お客さんはそれぞれ好き勝手に動いて好みのパンをチョイスするわけではなく、
レジからパンを辿るように一列にぐるりと並び、並びながらパンを取っていくシステムらしい。

つまり一旦その場所を通りすぎると、

「やっぱりあのパン食べたかったなぁ♪」

とか言って、おいそれとは後戻りできない状態。(実際戻っている人誰もいないし)

私も相方も緊張感が走ります。

果たして初めて来たパン屋さんで一見しただけで、
ベストチョイスが可能なのだろうか?

ドキドキしながらも、目を皿のようにしてパンを選びました。

この「石窯系」(というのか?)パン屋さんは、無料で飲み物が振舞われ、
店内でパンを食べられるところが多いようなのですが、
このパン屋さんも石窯を名乗るだけあって例外ではなく、
無料で置かれているコーヒーを飲んで、オープンテラスで食べる事が可能のようで、
屋根が設置されているので、雨の中でもそこで食べている人がいました。

当然、「無料でコーヒー」に相方はみなぎりましたが、
車に愛犬もいることだし、車に戻る事とします。

(食い意地のはった)愛犬がいるからこそ、お店で食べた方がよかったのではないか?

と今は思います。

お店の前でやたら旨そうなソーセージを旨そうに焼いて販売していたので、
なんだかそちらも購入。
一本200円ですが、半本ほどおまけしてくれました。(*^^*)

ソーセージ

そして気が付くと、その短い間に相方は先ほどの無料飲料をちゃっかり飲んでいました。

まあ、相方的にはみすみす無料を素通りすることはできんわな。

しかしお得に関するときだけ発揮する瞬発力と無駄のない動きがすげーーっ。

雨なので行ってみてどうとなるわけでもないですが、マックでわざわざ住所を調べた事ですし、
最初の予定通り「科学万博記念公園」まで向かうことにしました。

公園はパン屋さんから車で数分のところにあったのですが、
国際万博という歴史的な事柄の跡地に作られたものだし、
なにか記念モニュメント的なもので満載であろうと想像しておりました。

が、

駐車場から望む公園内は、きれいに整備はされていますが、
芝生以外に特になにもなさそうな・・・

科学万博記念公園

ちなみに公園の駐車場と思われるところも大きな公園の駐車場としては狭いです。

もしかしてここは、メインの駐車場ではなく、第五駐車場とかなのも??

本降りの雨の中なので、人出もさっぱりない寂しげな公園を見ながら、
車内で先ほど購入したパンを食べる事にしました。

食事時には必ず襲ってくるであろう愛犬は、とりあえず後ろの座席に置き、
前の座席に来れないように障害物を置き、食事を始めたのですが、
所詮、愛犬との距離は近いので、

愛犬の視線が痛くて食べた気しねぇ。

障害物を乗り越えられなくても、首を伸ばして奪う気満々だし。

愛犬

・・・美味しいソーセージでした。

そして美味しいパンだったはずでしたが、

パン

「美味しい」という記憶だけはのこっていたものの、
言うなれば、ハイエナの檻の中であわてて食べていたようなものなので、
どう美味しかったかとか、深い話になるとその辺の記憶はあいまいです。

写真撮ったのはこのパン一つで後は撮るの忘れちゃったし。

目的地「科学万博記念公園」が不発に終わり、
つくばへのドライブはうやむやのままに終ったのですが、
その不発感でどことなくむしゃくしゃとしていたのか、
実家に帰る途中にあったユニクロに何気なくよったところ、

何気なかった割には、結果的に大量ブツをGET!してしまいました。

最近のユニクロはやたらとスポーツを意識しているようで、
“ドライ”タイプの洋服を販売しておりますが、
実質、去年初めて自転車での夏を経験したわが家は、
その魅惑の言葉に逆らい切れなかったのです。

「この服は、夏のポタの時にいいんじゃん?」

と頭が夏のポタでいっぱいになりまして、
相方のTシャツやら、私のポロシャツやらバーンと16点を購入。

「さ・・・さすがに調子に乗り過ぎたかなぁ。」

と冷静を装いつつも内心はドキドキしながら会計をしましたが、
これだけ買っても11,660円。

ユニクロさん、アンタ、いろんな意味で偉いよ。

試しにポロシャツを着てみましたが、着心地がサラサラした感じで、
汗の乾きも早く気持ちよさそうな気がします。

ユニクロ

今年の夏はユニクロで乗り切るぞ!

・・・冬も乗り切ったけど。

そうして又、私のクローゼットのユニクロ含有率がUPしたわけですが、

その辺はいいんだか、悪いんだか・・・。

ランキング参加中です。できればぽちっ☆とクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログへ  人気ブログランキング

関連記事
スポンサーサイト
あこがれのボトルケージと感動の再会?
「災難は忘れた頃にやってくる」といいますが、
その真逆の「幸運はあきらめた頃にやってくる」ということもあるわけでして、
本日、私の元に忘れていた幸運が今更舞い降りてまいりました。

話は1年8ヶ月前、私の初めてのクロスバイク、ビアンキ・パッソが来た頃に遡りますが、
その頃、とあるテレビの番組の影響で己が暗澹たる(であろう)老後を思いやり、
クロスバイクを始める事を決めた私。

元来、基本インドア粘菌体質の私は、まるでシダ植物が砂漠に移植されたぐらい、
別世界に来てしまったわけなので、何もかもチンプンカンプンでして・・・。

あの頃から相方は頼りにならず、
自転車を1台購入するのも四苦八苦しておりました。

そして購入を決意してから紆余曲折あり、数ヶ月を経てようやく待望のクロスバイクを購入、
手に入れるまではいっぱいいっぱいで考える余裕がなかったものの、
自転車を購入して冷静に考えると、自転車にはいろいろ備品がいるものだと気づきました。

その中でライト、ベルなど法律的や安全的に必要なものは、
乗って帰ってくる時に必要不可欠だったので選択する余地すらなく、
お店にあるものですぐさま購入しましたが、
そこは優柔不断の身、後から購入できるものはじっくり調べて購入しようと、
サイコン、ボトルケージは購入しなかったのです。

サイコンは、相方のルイガノの方が早く購入しまして、
どの道相方と出かける事が多いので「ま、いっか。」
という事になってしまったのでさておき・・・

問題はボトルケージ、さて、チェレステのクロスバイクに合うボトルケージがないかと、
検索していたところ、わがクロスバイクにベストマッチなボトルケージを発見!

チェレステ色も眩しい、ビアンキとチウッシのコラボなボトルケージです。



そのいかしたボトルケージを見て、

お前しかいねぇーーーっ!!

と思いました。

そしてそのボトルケージを購入する気満々だったのです。

が、

そこは何かと品薄状態の恐るべき自転車業界、
ネットを探してもどこもここも欠品状態。

粘着検索体質の私は、

しらみ潰しという言葉がこれほどマッチする状況があるのか?

という程、ネットの波を時間を掛けて彷徨いましたが、
結局、どこもここも売り切れで、手に入れることはできませんでした。

しかしそれでも、一度ロックオンしたらあきらめの悪い私は、

「クロスバイクには、チェレステのチウッシ以外ありえねぇ!」

と決め、チェレステチウッシのボトルケージをこの手にするまで、
クロスバイクのボトルケージは付けないと固く心に誓ったのです。

今思えば、よくそんだけの月日をボトルケージなしで過ごしたなぁ。

と思いますが、まあ、季節は冬から春だったせいもあってか、
主に飲料水は相方に背負ってもらい、ボトルケージなしでも何とかなっておりました。

そして喉もと過ぎればなんとやら・・・ボトルケージの事はコロッと忘れておりまして(オイ)
おまけに本格的な夏を迎える前の去年の6月、物欲神様に突き動かされるように、
ビアンキのミニベロを購入。

急にチェレステ・チウッシのボトルケージの記憶が蘇りました。

さすがに本格夏を迎える前にボトルケージなしでは辛そうだし、
最初に検索(そして撃沈)してから数ヶ月・・・コロッと忘れていましたが、

もう09モデルの備品とか売り出している頃じゃね?

と気づき、最初はミニベロにもチェレステのチウッシのボトルケージを購入しようと、
検索してみたのですが、やはり売り切れ状態。

どんなに粘着的に検索してもやっぱり売り切れ状態です。

・・・・・・・・・・・・。

このいつか来た道に心は折れました。

なんか一生、チェレステのチウッシのボトルケージには縁がないような気がしたのです。

断腸の思いではありましたが、所詮、自分には過ぎたボトルケージだったのだと思い、
丁度、ミニベロの小物は「ゴールドで固めるのもいいなぁ。」と思っていたので、
ミニベロには、せめてチウッシでという事でチウッシのシルバー(私の目にはゴールド)
クロスバイクには、白も似合いそうだったので白のボトルケージを付けてしまいました。
(固く心に誓ったんじゃなかったんかい)

まあ、クロスバイクはロゴが丁度白なので、白も似合うよね~。
いや、むしろチェレステのチウッシより似合うかも。

と負け惜しみ的に自分を納得させ、それなりに満足していたはずなのです。

が、

本日の夕食後、パソコンを見ていきなり奇声を発する相方、

食後に何事だよ。

と相方のパソコンを覗き込むと、なんと!

約2年前と約1年前にあれほど探してもなかった、
チェレステ・チウッシのボトルケージが、

ネットで販売してるじゃありませんか!!

相方がネットで調べ物をしていて、偶然、見つけたようです。

何かの間違いかと思いました。

またまた~。

と突っ込みも入れてみましたが、・・・でも何度見ても・・・購入可能??

今回、販売しているというお店は、約2年前と約1年前にも何度も覗いたお店で、
その時は何度覗いても、思いっきり売り切れ状態だったのですが、
まさか完全あきらめた今更、再入荷を発見する事ができるとは・・・

しかし今更どうしろというのでしょう。(苦悩)

すでにミニベロには、通常チウッシのボトルケージが、
クロスバイクには、白のボトルケージがあるのです。

憧れたあの人が振り向いてくれた時には、自分にはすでに恋人がいた・・・みたいな。

もちろん私は・・・ポチッてしまいました。

いや、そこで恋人を捨てて憧れのあの人を取ったら人間的に外道ですが、
まあ、所詮、人間じゃないし、ボトルケージですしね。

とりあえずミニベロの方はチウッシのボトルケージが気に入っていますので、
そちらはそのままにして、当初の野望通りクロスバイクの方に付けようと思っているのですが、

心配なのは、

で、本当に手に入れられるのか?!

という事です。

なにせ、散々欠品だのなんだのと自転車業界には弄ばれてきましたので、
ちゃんと手にするまで疑心暗鬼なのです。

あと数個残っているというところでポチッたので、
大丈夫だとは思いますが、実物が来るまでは楽観視できません。

早くこの手にして心の底から喜びたいっす。

やっぱりぬか喜びだったら・・・笑ってやってください。

ブログランキングに参加してます。できればポチッ☆とクリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキング

関連記事
大失態ですm(__)m
最近、記憶力低下により記憶が曖昧なことがある・・・と、
以前からブログでも書かせてもらっていますが、
前回の記事を書いた後、恐るべき事に気づきました。

最近、自分は極端に忘れっぽくなっている。


と思っていたのですが、実際には記憶の書き換えが行われているようです。

・・・大丈夫か?自分。

しかも自分はその記憶を本当に起こった事と思っているので始末が悪いです。

前回の記事は自分の記憶の中にある事実を自信満々で書きUPしたのですが、
「その頃の思い出に浸るか・・・」と思い、前の過去の記事を読んでみると、

ぜんぜん事実と違うやんけ。(滝汗)

あまりの天然捏造ぶりに戦慄しました。

過去の記事を元に正しい記憶を呼び戻すと・・・

2年前にクロスバイクの為にビアンキ・チェレステの備品を
粘着検索したのは確かなんですが、それはチウッシのボトルケージではなく、
チェレステのライトでした。

実際にチェレステ・チウッシのボトルケージの存在を知ったのは、
1年前、ミニベロのボトルケージを探している時にたまたま見つけ、
「我がクロスバイクにぴったり」と思い、この時に初めて粘着検索したようです。

完全ライトとボトルケージがごっちゃになっていたようで、
自分でもあまりの記憶の書き換えっぷりにびっくりするやら、
恥ずかしいやら・・・穴があったら地の底まで埋まりたいです。

しかし私の頭の中の記憶を司る何かはどうなっているのでしょうか?

記憶がないならまだしも、何よりストーリーを書きかえているところが怖い。

こんな(頭の)状況で、今後もブログを続けていけるのだろうか?

なんか体力の限界を感じて引退を決意した千代の富士は、
このような気持ちだったのでしょうか?

いや、必要とされるレベルが違いすぎて、例に出すのも失礼すぎるだろ。

このような記憶違いがこれからも頻繁に起こるようなら、人生どうすっかなぁ。

あまりの(頭の)駄目っぷりに凹んでます。

・・・ちゃんと人生の終盤まで持つのか?私の頭。

ホント記憶違いな記事をUPしまして、読んでくれた方には申し訳ないです。

今(老化の)狭間にいる人だと思って、許してやってください。m(__)m

ブログランキングに参加してます。できればポチッ☆とクリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキング

関連記事
フライパンの蓋GETポタ
世の中には一生どころか孫子の代まで3代使えるという高級調理道具もあるようですが、
お手ごろプライスで購入した調理用品は、まあ、3年も経つとガタがきてまいります。

さて、狭いお家をできるだけ活用しようとする涙ぐましい努力から、
わが家の鍋は取っ手の取れるのが売りのテフロン加工の某商品を使用しているのですが、
先日1代目がテフロンが剥げまくりにより殉職、
取っ手の取れる2代目を購入いたしました。

その某製品は、フライパンや鍋など数点、重ねて収納できるものがセットになっている
優れものではあるのですが、鍋の蓋はセットになっているものの、
単にコスト上の都合か、デカイフライパンの蓋をセットにすると
“重ねる”という大前提ができなくなるのが宣伝も文句的に不都合だったのか、
なぜかフライパン用の蓋はセットされていませんでした。

それで仕方なく、ホームセンターでフライパン用の蓋だけを後づけで買ったんですが、
買ったタイミングだけが同じで、別にメーカーも異なるフライパンと蓋、
妙にシンクロしたのか駄目になる時期は、なぜか同じだったようで、
フライパンが駄目になる頃に、蓋のメッキが剥がれてきて、
毒々しいオレンジ色の錆が出てくるようになったのです。

洗っても洗っても浮いてくる蛍光オレンジの錆、

何かの拍子に錆が料理にも入りそうものなら、

なんか体に悪う!

な気もしてきたので、せっかくフライパンも新しく買い換えたタイミングですし、
蓋の方も新しいものに買い換える事にしました。

そこで丁度わが家からそう遠くない距離に“かっぱ橋道具街”がありますので、
昨日はポタも兼ねて、フライパンの蓋を買いに行くポタに行く事にしたのです。

現在は24時間経営しているお店が多い眠らない街東京で、
至極健全というか、昭和スタイルというか、かっぱ橋商店街は、
HPによると、基本大抵のお店は17時閉店のようです。
(中にはもうちょっと長くやっている店もあるようですが)

普通の自転車乗りの方及び健全な休日を過ごしている方なら、
17時まで営業していれば十分だと思うのですが、
そこはナイトライダー気質のわが家。

いつもながらその時間的感覚が自分でも解明できないのですが、
かっぱ橋道具街に到着したのは16時半でした。

あと30分しかないやんけ(゚∇゚ ;)

かっぱ橋道具街には、その名の通りお皿やら調理道具やら何に使うか謎の商品やら、
プロからアマチュアまで使える道具のお店が通りにみっしりとありますので、
フライパンの蓋を売っている店もたくさんあるのですが、
(自業自得ですが)たった30分の時間では、迷ったり、悩んだり、比較したりする作業ができず、
とりあえず、サイズが合っているものならいいだろ。という段まで妥協しまして、
わずか10分でフライパンの蓋はGET!しました。

 

蓋

シンプルで軽量なアルミ仕様で、値段も超軽量で661円!

これなら(相方が)自転車で持ち帰るのにも苦になるまい。

親切な私はそういう理由からもこの蓋を選んだのですが、
うちのフライパンがデカイのでフライパンに合わせてデカイ蓋を購入したところ、
相方のリュックになかなか入らない。

持って帰るのに重さばっかり気にして、大きさまでは考えてなかったなぁ。←愚か者。

しかしそれは困るよ。君。

とばかりに無理やり蓋を押し込んだところ、

蓋は無事入りましたが、リュックがひしゃげて、かなり円盤型になり、

相方曰く、

「なんかカッパの甲羅を背負っているみたいじゃない?」

・・・この際正直に言おう。

言われてみると、確かにそう見えない事もない。

かっぱ橋でプチかっぱ体験ってヤツ?

でもなんとかブツは入ったので、まあ、いいか。

17時になり、同時に閉店モードのお店も多いのですが、
その中でも果敢に営業時間を延ばしているお店もあるようで、
せっかくだからそんなかっぱ・・・じゃなくて相方とかっぱ橋道具街を巡りまして、
わが家がかっぱ橋商店街に来たら良く行く輸入雑貨のお店に、

輸入ショップ

前から欲しいと思っていたサイズの“DURALEX”のガラスの器があったので、
これ幸いと4つほど購入してきました。

ガラスの器

この器はもともと通販で見て「いいなぁ。」と焦がれていたのですが、
一個190円の爆安価格があだとなり、4つ程の購入では、
とてもじゃないけど送料無料の額まで行く事はなかったので、
お得至上主義の相方さんにケチをつけられそうで通販では買えなかったのです。

なにせ相方さん監修の“お得道心得の状”に、

通販時は送料が無料になるまで買い物をすべし!

という項目があり、なるべくわが家では、例え無用なものを購入しても
暗黙の了解で送料が無料になるべく買い物をしなければならないのですが、
送料が無料になるラインが大抵最低でも合計買い物金額5,000円くらいなので、
この場合、無料になるまで買い物をしていたら無用のものだらけで、
いったい何が欲しかったんだかわからん状態になります。

なんとか送料に目をつぶって購入するとしても、
こんな4個買っても760円の代物じゃ送料が商品と同じぐらい高くなり、
ただでさえ送料というお無駄が嫌いな相方は憤死するに違いない。

つうか私からすれば、無用なもん買う方が無駄じゃね?

と思うのですが、相方的には無駄なものでも送料で消えるよりも、
形に残ったものの方がお得と判断するようです。 不便なヤツめ。(--;)

こんなすったもんだがあり、欲しいと思いつつもしばらく購入できなかったのですが、
このお店で売っていたので“お得心得の状”に反する事もなく、
手に入れられて良かったです。

そして更にこの道具街を歩いていると、道具街の通りと交差する形の通りが、
やたら華やかに飾りつけられているのがチラ見えしました。

七夕まつり

これは!もしや「下町七夕まつり」じゃん?!

去年もたまたまかっぱ橋道具街に来たタイミングでこの七夕祭りが開催されていたのですが、
今年も絶妙なタイミングで七夕祭り時に来ちゃったようです。

かっぱ橋自体、一年に何度も来るわけじゃないのに何たる運命的偶然。

この後、上野に向かう予定でしたが、この運命に吸い込まれるように、
「下町七夕まつり」を見物していく事にしました。

この下町七夕まつりは、先ほども言いましたように、
かっぱ橋道具街の通りと交差する“かっぱ橋本通り”という通りで開催されているのですが、
同じ“かっぱ橋”という名を冠しており、しかも交差しているにもかかわらず、
縄張りが違うだけなのか、それとも何かふれちゃいけない事情があるのか、
かっぱ橋道具街の方では、まったく協賛されておりません。

道具街には告知一つもないし、道具街のHPには七夕のタの字も書いてないし、
七夕まつりだからと言っていつもより遅くまで店を開けているわけでもなく、
通常シフトで17時過ぎにはガラガラと閉めちゃうし・・・

そして次々とお店が閉店し、閑散としてきた道具街と違い、
七夕まつりの方は夜の7時頃までやっているようで、
まだまだ人出で盛り上がっていました。

この七夕まつり、一応、期間は7月4~10日とありますが、
あらかたのイベントは昨日(土曜日)と本日(日曜日)の2日の休日にやるらしく、
お祭りの印象としては、テキヤさんが大挙してお店を出す感じではなく、
地元の商店街の方主体でお店を出しているほのぼのとした印象です。

そんな感じなので八百屋さんの前では、カットフルーツが売っていたりして、

八百屋

やたら新鮮で美味しそうなので、スイカを2つ購入。

スイカ

って、うまーーーーっ!

やっぱり八百屋さんが選んだ切り立てのフルーツは美味しいです。

わずか100円の激安カキ氷も購入

カキ氷

どうやら他のお店は200円だったので、氷の量が違ったのかもしれませんが、
おそらくシロップ自体の味は100円でも200円でもそう変わらないと思うので、
激安でも味は普通の氷(イチゴ味)でした。

かっぱ橋本通りは、人波の中歩いていると結構長く感じる通りで、
ふらふら歩いているうちに、このまま上野まで自転車を漕いでいく気力がなくなり、
かっぱ橋道具街まで戻り、かっぱ橋道具街の丁度真ん中ぐらいにある喫茶店、
「青樹」というお店に入って一休みする事にしました。

青樹

ここは1階が家具のお店なので見逃しがちなのですが、
2階で喫茶店を営業していて、手作りあんのお汁粉が評判と小耳に挟み、
以前から機会があったらいってみたいと思っていたのです。

初来店なのでちょっとドキドキですが、階段を上がろうとすると、
階段の上からなぜかワンコ(シーズー犬)が覗き込んでいます。

どうやらこのワンちゃんは、お店の看板犬のようです。

お店は昔ながらの喫茶店という感じで、どこか混沌とした感じの内装でしたが、

青樹 

それが逆に居易い感じを醸し出しているという不思議感。

窓際の席に通されましたが、そこからかっぱ橋道具街が見下ろせます。

眺め

私はおしるこを食べきれる程お腹が空いていなかったのでアイスコーヒー(400円)、
相方が順当にお汁粉(550円)を注文。(とは言え、私も一部もらって食べましたが)

汁粉

評判というお汁粉は、昔ながらの素朴で懐かしい感じの味でちょっと濃度が濃い目、
手作りというあんこは、お店のママさんが7時間位かけて煮ている自慢のあん・・・

という事を、後ろのお客さんとママさんが話しているのを聞きかじりました。

話を聞いていると、どうやら後ろのお客さんも初来店、そして私たちも初来店・・・

理由は自分たちでもなんとなくわかるような気がするんですが、
こういう場合、私たちは選ばれない人間なんですよね。
まあ、なんとなく私も相方もオーラがとっつき難いんでしょうね。(--;)

いい感じにエナジーチャージも完了した事だし、
話の盛り上がっているママさんとお客さんを尻目にお店を出ると、
ぜんぜん気が付かなかったけど、お店のシャッターはほとんど閉まってました。

この時は7時近くになっていたのですが、さすがにもう閉店時間を過ぎていたのですね。

他にもまだ常連さんらしき人が残っていましたが、
閉店時間でもけしてせかせる感じのないその辺もアットホームなお店でした。

さて、無事に英気も養い、次に向かうはポタ先は上野です。

目的地はズバリ「Y's Road」上野店。

それというのも、先日「売り切れてたらどうしよう」とドキドキしながらポチッた
チェレステ・チウッシのボトルケージですが、
片山Rさんから越谷の“レイクタウン”のY's Roadにこのボトルケージが
大量にあると情報をもらいまして、なんだか矢も盾もたまらず・・・

しかし越谷まで行くのも距離的になんなので、

「同じY's Roadなら上野店もあるかも。」

と現物がないか偵察に行ったのです。

そしてY's Roadに着き、早速、ボトルケージ売り場まで行ったのですが、

・・・やっぱり、ここにもあるじゃないですか!!∑(゚Д゚;)

しかも2個も売れ残って(ていうのか?)いる。

私自身、今まで現物を実際に手にとって見た事もなかったので、
驚きと共に2個もあるという事実がいささかショックです。

昨今の日本の自転車ブームで、現地から日本向けに多く輸入されるようになったのか、
それとも旬を迎えた魚のように、この時期は一時的に大量に出回るのか、その辺は謎。

まあ、そんなに値段も違わなかったので、ぜんぜんいいのですが、
前日「やったぜ!GET!」みたいに盛り上がった自分はなんだったのかと。

なんか愚か者みたい。(--;)

よろよろとボトルケージ売り場は離れつつ、
それでもついでなので、他の商品も見ていたのですが、
そこで激安ウエア(Y's Roadオリジナル)を発見!

そしてこの偶然の発見により、

ヘタレ続けて苦節(?)約2年・・・そんな自転車乗りの風上にいる相方が、

とうとう自転車ウエアデビューです。

目を疑う爆安価格の2,900円で売っていまして、
あまりの安さになだれ込むように即買い。

なにかと今まで自転車ウエアを拒んできた相方ですが、

私は今まで、

“本格的な格好は、亀足ヘタレのあからさまに本格的でない
自転車乗りの自分には不釣合い”

という理由で、彼が自転車用ウエアを買うのを拒んでいたと思っていましたが、

実は、単に金銭的理由によってだったのか??(゚∇゚ ;)

まあ、値段爆安だとホイホイ購入するんだからそうなんだろうなぁ。

・・・確かに普通のウエアは、わが家の財政的(且つ相方の金銭感覚的)には高いもんね。

このウエアお値段はかなり激安ですが、

ウエア

一応、後ろには自転車ウエアの証(?)ポケットもしっかり付いております。

ウエア

ただし3,000円以下の爆安価格な為か、単に軽量仕様でそうなのか、
やたら記事がライトっていうか、薄くできておりまして、
重い財布などを入れるにはいささか心もとないです。
(なんか生地がすぐさま伸びそうだし)

というわけで、後ろポケットには何を入れるんだか今のところ思いつきませんが、
(おそらく)便利そうです。

色は他にも黒に赤が入っていたり、黒に白が入っていたりと、
もう少々自転車ウエアっぽいカラフルな色使いなものあったのですが、
その辺がウエア初心者の限界で、一番地味な全身黒にしてみました。

自転車乗車事の使用感は、また、使用後にレポさせてもらいたいと思います。

思いがけず、相方の(激安)自転車ウエアを購入した後は、
上野マルイの6階に移動しまして、先日リンギオさんに教えていただいた
ビアンキのバッグを見に行きました。

スポーツ売り場とかそういう場所ではなく、
普通の紳士カバン売り場の一部にビアンキのカバンが置いてありまして、
あのビアンキがタウンバックとしても脚光を浴びてきたみたいで、
ビアンキ乗りとしては、嬉しかったです。




実物もかなりタウンでもOKのようなデザインだし、
チェレステカラーだけでなく、ピンクの色もあったりと、
なかなかおしゃれな感じだったのですが、
いかんせん女性の私には大きいような感じがしまして、
もうちょっと今後のラインナップの状況を見ようと思います。

このカバン売り場は紳士服売り場と同じフロアにありまして、
丁度、夏のバーゲンを開催していたので、

「さすがに職場でユニクロばかりつうのもなぁ。」

と、お安いうちに相方の勝負服(別名仕事着)を購入する事にしました。

のんきに見ていたところ、そこで凄腕の店員さんにキャッチされまして、
「ぜったい買うというまで勧め続けるぜ!」という強い押しで、
次から次へと怒涛のように勧める、勧める。

あきらかに相方とキャラ違うだろ(゚∇゚ ;)

というものまで手当たり次第、試着を勧められ、
「なんかこのままじゃ帰れない」という気がしまして、
勧められるままに2着程購入し、やっとリリースされました。

いや、結果的に納得して買ったし、バーゲン品で安かったのでいいんですけど、

拘束時間が長かったので、疲れました~。(--;)

その他のお店でも2点購入し、この日は自転車ウエアも入れて、
相方の服を5点も購入、図らずも相方DAYになった事に恩を着せ、

「嗚呼、もう夕飯を作る気力もないよ。」(チラッ)←わかるだろ?と言う目

と脅しをかけまして、帰りは「古奈屋」でカレーうどんを食べてきました。

今は結構どこでも食べられる「古奈屋」ですが、
ここのカレーうどんが私も相方も好きで時々食べたくなります。

それでもこのところ寄る機会がなく久しぶりに来てみると、
新しく「冷やしカレーうどん」なるものが登場していました。

せっかくだから病の相方は当然この「冷やしカレーうどん」(1,250円)をチョイス、

冷やしカレーうどん

保守的な私はオーソドックスに「カレーうどん温泉卵トッピング」(1,200円)です。

カレーうどん

久々ですが、味は相変わらずクリーミーで美味しいです。
初めて食べた時は「カレーうどんの革命来たな。」と思いました。

残った汁というか、もはやカレーでご飯を食べるようにと、
昔は別途でライスを注文できたと思うのですが、
ライスを注文しなくても、カレーうどんの方には玄米ごはんがセットで付いていました。

相方はこのカレーうどんの後にライスを入れる、
一粒で二度美味しいという感じがたまらなく好きなようだったのですが、
残念ながら冷やしカレーの方には、玄米ライスは付かず・・・

私はどの道食べきれないし、一粒で二度美味しいとか、マジどうでもいいタイプなので、
カレーうどんの後のカレーは相方に譲りました。

その後は、また超ナイトライドで日付が変わるまで2時間という時間に帰ってきました。

私も一応目的の品物は買えたし(蓋だけど)相方も洋服を大量GETできたし、
「この差はなに?!」と思わないことはありませんが、充実したポタでした。

本日は、天気がちょっと微妙ですね~。

天気予報は降水確率が20%ですが、「ほんとかよ。」と思うような曇り空です。

でも気がつけば本日は私どもの3度ある結婚関連記念日のうちの1日になりますので、
せっかく覚えていたことだし、たまにはハイソなまねをしてみようと、
おハイソポタに行くことにしました。(あくまでもわが家比ですけどね)

それでは行ってきます。(^^)/~

ランキング参加中です。できればぽちっ☆とクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログへ  人気ブログランキング

関連記事
ミニベロのメンテナンスポタ【その1:なぜか堀切菖蒲園】
日曜日はお台場まで行って、この方に会ってきました!

ガンダム

ガンダムさん。

以前、チャリじいさんのブログで紹介されているのを拝見し、
お台場に等身大ガンダムが作られている事を知りまして、
絶対、見てみたいと思っていたのです。

ライトアップされていて、超かっちょ良かったです。

しかしこんなアニメの創作上のものを大マジで作っちゃうなんて、

なんか日本に生まれてよかったーーーっ!!

と思う瞬間です。


・・・ところで話は変わりますが、昨日は七夕でしたね。

願い事や煩悩の数はそれこそ星の数ほどあると自負してますが、
さすがに今更世間に揉まれ、現実を嫌と言うほど叩き込まれた中年二人で、
夢も希望もないような願い事を書いて笹に吊るすのも憚られ、
(どうせ書くのは金関係とかだろうし)七夕の行事は毎年パスしていたのですが、
ちまたでは、また新たなイベントを根づかせようとしてるんですね。

そのイベントとは、

七夕にはそうめんを食べる。

今までン十ン年生きてきて、そんな慣わしがあるなんて、
とんと存知上げなかったのですが、なんでも中国の方でそういう慣わしがあるようで、
(つうか中国にそうめんってあるのか?)
元をただせば、七夕自体が中国の祭りなので、
「中国がやっているなら問答無用でやるべきだろう。」という事らしいのですが、

感じる・・・

ここにもバレンタインチョコ、節分の太巻きに続き、

ン匹目のどじょうを狙う、某業界の黒い影が!

しかし業界がどうがんばろうと、もともと外国のイベントだけに起源とかようわからんし、
そうそう食品業界に踊らされ・・・

ちゃったんですよね。これが。(*^.^*)

バックに陰謀を感じつつも、いそいそと夕べはそうめんを茹でちゃいましたよ。

そして私は鍋の中でダンシングするそうめんを見つめつつ、

この行事は節分の太巻きに続き、
主婦層の絶大な支持を得て市民権を得るのではないか?


と思いました。

“七夕には三日三晩煮込まなきゃいけないなんちゃらシチューを食べる”

とかなら全力でスルーしますが、そうめんですよ。そうめん。

もう3分とかで茹で上がっちゃう夏のお手軽メニューですよ。

“七夕”という大義名分があれば、堂々と茹でるだけで簡単なそうめんにする事が可能なんて、

これを推し進めずしてどうする。

世間様では、まだまだ七夕にそうめんを食べるというご家庭は少ないかもしれませんが、
わが家はこのイベントのパイオニアとして来年も再来年も延々と、
七夕にはそうめんを食べ続けたいと思います。(o^-')b

と、日曜とか昨日とか現代とか過去とか行ったり来りで申し訳ないですが、
いつもの如くちょっと過去ポタ日記がありまして・・・。

話は遡りまして恐縮ですが、以下、6月13日のポタ日記となります。

*****************************************

5月31日のゴールドライトを買いに行くポタで、十二分に雨に濡れたその後、
うちのミニベロ達のブレーキから異音がなるようになっていました。

確かにゴールドライトポタの時のような大雨(しかも1日に2度)に遭ったのは初めてでしたが、
約2年も自転車に乗っているとそれなりに雨に出会う機会もあるもんで、
それなりに小雨程度には遭遇してきました。

詳しい原理はわかりませんが、ブレーキシューが濡れるために摩擦が悪くなるのか、
雨に濡れるといつもブレーキ異音は鳴っていたのですが、
今まではブレーキが鳴るのは雨の中走っている時だけで、
しばらく経って乾けば(なのか?)元通り、何事もなかったかのように、
ブレーキの異音も治っておりました。

なのでゴールドライトをGETした帰りも雨は止んでいたにもかかわらず、
ブレーキはキーキー鳴っていましたが、

「どうせまた乾けば治んだろ。」

とあまり深くは考えていませんでした。

が、

次の週、白山神社まであじさいポタに行った時にビックリ。

1週間も経ったにもかかわらずブレーキは相変わらず
キーキー鳴り響いてるじゃございませんか!

しかも私のベロンチョと相方のくろまるくん、
嫌な二重奏っていう感じで、両方異音を奏でとる(゚∇゚ ;)

いや、そんな事はない。どうせ乗っているうちに治るはず。

と、根拠もなく思っていたのですが、私の思いもむなしく、
白山神社のある文京区は特に坂道が多かったからか(しかも迷ったし)、
結局、一日キーキーと二重奏を奏でていたわけです。

ブレーキ異音に関しては、自然治癒力が備わっていると思っていた私は、
ここまで来て「ただ事じゃないかも。」とあせりました。

ふん、いつも勝手に治ると思って、甘くみるんじゃないわよ。

と愛車(達)に言われた気分です。

まあ、しかし私も約2年近くも自転車に乗って来た身でございます。

実力がさっぱり伴っていないとは言え、
一応、ささやかながら野心というか向上心があるっていうか、
できうることなら自分で何とかしたい・・・と思っていました。

そこで取り出したのが、わが家のバイブル「自転車トラブル解決ブック

早速、異音について調べたのですが、性能には特に関係ないと思われる異音如きは、
トラブルブック的にはトラブルのうちに入らんのか、
その程度の事は面倒みきれんのか、対処方は載っておりませんでした。

それならば、とネットで調べてみたのですが、

ブレーキシューとリムの当たり具合を調整したり、
ブレーキワイヤーにオイルを注したりするといい・・・という事が書いてありましたが、

ブレーキシューのリムの当たり具合の調整というのは、
ブレーキシューがリムに気持ちハの字に当たるように、
ブレーキシューの枠を曲げるか、ブレーキシュー自体をヤスリで削るかするそうなのですが、

あの~。気持ちってどの程度のお気持ちなのでしょうか(゚∇゚ ;)

しからば、ブレーキワイヤーにオイルの方です。

しかし確かに今までチェーン等にはオイルを注してきましたが、
ブレーキワイヤーにオイルを注したことは一度もありません。(恥)

それというのも

“リム周辺部分にうっかり注すとブレーキが利かなくなるので注意”

というような事がさらり書いてあり、“リム周辺”という言い方がアバウトなので、
それはどの辺までを指すのか疑心暗鬼になり、
とてもじゃないけど恐ろしくて、オイルを注す手が動かなかったのです。

たいした生き様さらしてないけど、つうかさらしてないからこそ命は惜しい。

自分の技術力なんて世界で2番目ぐらいに信じられないですしね。

もちろん一番信じられないのは、相・・・じゃなくて言わぬが花というか、
円満の秘訣というか・・・ごにょごにょ。

結局、考えた末、万年初心者の自分が下手に手を出して痛い目みるよりも、
プロに任せた方が良かろうと言う事で、購入したお店で見てもらう事にしました。

まさかベロンチョとくろまるくんが、同時期に同じような症状で
自転車店に見てもらう機会が来るとは思っても見ませんでしたが、
こういう時は同じお店で購入しておいて良かったです。

改めて考えるに、くろまるくんは去年の12月に購入してから1度も点検に行ってないし、
私のベロンチョもくろまるくん購入時にちょこっと見てもらったきりなので、
ある意味、お店を訪れるにはいい機会でもあるような気がします。

というわけで、この日(6月13日)は、
葛飾区お花茶屋のミニベロ達の実家までGO!です。

・・・相変わらず、ブレーキをキーキーさせながら。

往生際悪く自転車に乗るまで、

「今度こそ、勝手に治癒してないかなぁ。」

とか懲りずに夢見てたんですが、やっぱり所詮生命体ではないので
自然治癒力とかは備わっていなかったみたいです。(--;) ソリャソウカ。

とまあ、自転車店に整備に行く・・・と至極簡単で単純なことなのですが、
そう事が簡単に運ばないのが、哀しきせっかくだから病(を患っている相方)。

この時期は丁度、菖蒲が見頃を迎えていたのですが、
自転車店に行く途中の道には、せっかくだから病の相方を誘うように、
菖蒲の名所という「堀切菖蒲園」がありました。

堀切菖蒲園は、その名をズバリ冠するだけあって“菖蒲前面売り”の庭園と思われますが、
逆に言えば、そこまで「菖蒲前面押しで菖蒲以外の季節はどうすんだ?」とも思います。

まあ、そんな余計なお世話はさておき、たまたまこの時期は一年の中で
一番、堀切菖蒲園が輝くであろう菖蒲のベストシーズンです。

菖蒲の季節はそれほど長くもなく、今まではこのタイミングに堀切菖蒲園の事を
あえて思い出す事もなかったんですが、

「自転車を治しに行くだけじゃ、労力がお無駄。(‐_‐)」

と考えた相方がせっかく調べたようだし、 
自転車店に行く前に、若干横道にそれるだけなので、

「お前の一番の輝きを見せてもらうぜ。」

ということで、まず堀切菖蒲園に寄ってから自転車店に行く事にしました。

さて、堀切菖蒲園へに行くには、6号から一瞬だけ荒サイに入り、
その後すぐ降りると近道のようです。

そして荒サイを行くと降りる場所を間違えようが無いほど、
デカデカとした案内板があり、

菖蒲園看板

土手の下にはプレ堀切菖蒲園とばかりに、コンパクトに菖蒲が植えてありました。

荒川菖蒲

土手上にあるデカイ案内板を見ると堀切菖蒲園まで200mとあります。

案内板に従って橋渡って、その後降りてみたのですが、

荒川

・・・距離が200mというのはわかった。・・・わかったがしかし、

右に200mか、左に200mか、その辺がさっぱりわからん。意外にそれ重要だろ。

あるんですよね。そういう中途半端な案内板って。(--;)

しかし確率は2分の1、ここは自身のもって生まれた運を試しつつ、
私の直感で右に向かいました。

が、あっさり迷う。(゚∇゚ ;)

それでも人間は自分の若さゆえに過ちを認めたくないように、
自分の生まれもっての運の悪さというのも認めたくないのでしょう。

住宅街に迷い込みつつも、最初の右に向かった選択が過ちだと認められず、
荒サイで見た案内板以外に案内板が見つからないのを遺憾に思い、

・・・不親切だな。葛飾区。
こういうところは是正せねばなるまい
(区民とかじゃないけど)

と、不遜にも心の中で葛飾区批判をしながら走っていたのですが相方の

「もしかして最初に右でなく左に行けば良かったんじゃない?」

という言葉で初めて、

ミステイクは葛飾区じゃなく、そこだったのかーーーっ!!Σ(゚д゚;) 

と気づきました。←とっとと気づけよ。

ミステイクは元からたたなきゃダメということで、
結局、荒サイまで戻り先ほど右に行ったところを左に行き、
おおよそ200mぐらい行ったところに、あっさり堀切菖蒲園がありました。

まあ、私の生まれ持っての運勢なんてこんなもんなんでしょうね。(遠い目)

ロシアンルーレットとかやる羽目になったら真っ先に当たり(つうかハズレ?)を
引きそうな気がする。

実際、相方と行ったロシアンコロッケの時は2度続けて当たりを引いたし・・・

堀切菖蒲園は、住宅地の中に埋め込まれているように存在していたのですが、
この菖蒲の開花時期には、堀切菖蒲まつりが行われています。

堀切菖蒲園

今年の開催日は6月5日~25日まででしたので、この日(13日)は、
丁度、真ん中当たりの日になるのでしょうか。

そのベストシーズンゆえか、思っていたよりも断然、人で賑わっていました。

一番この庭園が輝く時っすもんね。

園内はあまり広くないものの、もちろん庭木はキチンと整備されています。

これだけの庭を維持するには、それなりのコストがかかるとは思うのですが、
しかもこのベストシーズンだっていうのに、

堀切菖蒲園 

なんと、入場料は無料の太っ腹ぶり。

いったいどこのご親切な方が経営されているんでしょう?

やっぱり葛飾区って事?

さっきは不親切とか言って、心からお詫びします。

名前が“菖蒲園”なので、完全菖蒲のみで勝負していると思いましたが(ショウブだけにね)、
全体の菖蒲の占める面積は確かに広いものの、
一応、庭園の中の一部として菖蒲が植わっているという体です。

堀切菖蒲園

もちろん菖蒲が終った後の魅力は、炭酸のないコーラぐらいは半減しそうですが、
菖蒲なき後は、完全禿山(つうか禿庭園)というわけでもなさそうです。

堀切菖蒲園

それにしても今まであまり菖蒲の品種とか種類とか意識して見学した事はなかったのですが、
似たような作りの菖蒲でも、それぞれ名前がついているものなんですね。
(まあ、中には明らかに違うタイプの花もありますが・・・)

堀切菖蒲園

堀切菖蒲園

しかし・・・“潮来の夢”つーのはなんとなくわかる(潮来も菖蒲の名所だし)

潮来の夢

でも“万里の響”とか“蛇篭の波”とか“玉宝連”とか・・・

堀切菖蒲園

なんか花の名前って言うより酒の銘柄のような名前が大多数。

中には“黒竜の爪”とか、なんかゴルゴと敵対する事になる殺し屋のコードネームみたいな
迫力あるネームもありました。

堀切菖蒲園

強気な名前とは裏腹に、花は咲いてませんでしたけど。

ちなみにこちらの黒竜の爪と同じ組織の殺し屋・・・じゃなくて対をなす菖蒲として、
“白竜の爪”というのがあり、そちらの菖蒲は咲いてはいたのですが、

堀切菖蒲園

これが本来の姿なのか、それとも単にシーズンが終ってしまったのか、
極めてちんまりとした姿で咲いていました。

よく漫画とかテレビとかで、バラの品種改良が趣味の美青年が、

「このバラを君の名前にちなんで、○○ビューティと名づけたんだ・・・。」

とかいうスィートな事をやっているのを何度か見ましたが、
(いや、実際のバラの名前は知らんのですけど)
菖蒲の名前は日本の伝統に彩られているのか、
そんなスィートな物語が想像できる名前はなく、横文字ですら殆どないようで・・・

唯一、横文字名が見つけられたのは、
米国から参加の“ステイップルド・リップルス”という菖蒲だけでした。

堀切菖蒲園

しかしこの米国菖蒲は、なんか花の周りのレース(?)が派手に入っていて、
なんとなく派手というか確かに西洋チックな感じがしました。

堀切菖蒲園

あまり広くない園内とはいえ、暑い中を回っていたので少々疲れまして、
園内にある喫茶施設で一休みする事にしました。

独特の堅さが漂う半公営チックな「静観亭」というこの喫茶店、
庭園を見渡せるポジションにあります。

運よく窓際のカウンター(というか会議室の机のようでしたが)に座れたので、
庭園を見ながらコーヒーを啜る事ができました。

堀切菖蒲園

座った時の座高の関係であまり菖蒲は見えなかったんですが・・・。

半公営チックなお店の雰囲気でどんなお料理を出るのか謎ですが、
2階には、お庭を見ながら会食できるスペースもあるようで、
この日もかなり盛り上がっているようでしたが、
私達がコーヒーを啜り終わらない頃に宴会が終わり、
みなさん、いいころあいでゾロゾロ降りてきました。

おや?これからが盛り上がる時間なのに。

と思いきや、どうやらこの施設は4時閉店のようでして、
気が付くといつの間にか、4時になろうとしているところじゃありませんか。

なんとなく半公営っぽいだけあって、時間についてはシビアなようでして、
4時と同時に完全閉店ムードとなり、私共も周りに合わせてあわてて外に出ました。

って、いつの間にか4時?

なにのんびり茶を啜っちゃってんだ?自分達(゚∇゚ ;)

ここから自転車店はさほど遠くはないのですが、
さすがにあまり遅くなると受け付けてくれないかもしれません。

菖蒲も堪能した事だし、自転車店へ急ぐ事にしました。

さて、このお花茶屋にある自転車店に向かう途中に、
以前も行った事がある「立石バーガー」というお店があるのですが、
ここのハンバーガーは一番安いもので100円という爆安価格が
相方のソウルにグッときたらしく、1度しか行ったことがありませんが、
すでに相方のお気に入りのお店だったりします。

今回も相方は寄りたそうでしたが、これから自転車店にも行かなきゃならない事だし、
この先、家に帰るまでずっとハンバーガーをリュックに入れておくのもなんだし、
という事で、この日は寄らないつもりでいました。

が、

この日の「立石バーガー」は、とてもじゃないけど素通りできない、
変化・・・いや、驚きの進化を遂げていました。

立石バーガー

お店の横に新たにハンバーガーの自動販売機なるものができてる!Σ(゚д゚;)

立石バーガー

しかも自動販売機って???(゚∇゚ ;)なぜクエスチョンマークが??

まるで見えない引力に引かれるように、
気が付くと私達は立石バーガーに吸い込まれていました。

・・・すみません。つづきます。m(__)m

ランキング参加中です。できればぽちっ☆とクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログへ  人気ブログランキング

関連記事
チェレステ・チウッシのボトルケージが来ました!
ポタ日記の途中で恐縮すが・・・

ボトルケージ

本日、待望のチェレステ・チウッシのボトルケージが来ました!!

先週とんだ妄想ブログを書いてしまいましたが(恥)
このボトルケージは、1年ほど前から欲しかったことは欲しかったのです。

しかしあのパラレルワールドのようなブログを書いてしまってから、
なんか自分の頭の中の全ての記憶に自信がなくなりまして、
例えば昔の思い出とかの話している時に、
相方と記憶が違ったりすると、以前は、

「自分の記憶の方が正しい!」

と譲らない事も多かったのですが、あれ以来、

「・・・そうだね。自分の記憶の方が間違っているかも。」

と、とんだ負け犬になり下がってしまっています。(--;)

そんなトラウマを残したりもしたボトルケージですが、
早速、愛車に取り付けてみる事にしました。

装着するのはミニベロではなく、クロスバイクの方ですが、
チェレステカラーというのは、毎年微妙に色が違い、
その辺は購入する方も戦々恐々とするところだと思います。
(私もクロスバイク購入の時は戦々恐々でした)

今回のボトルケージの色はおそらく2009年のチェレステカラーだと思うのですが、
2008年のミニベロであれば、ほぼ同色、本体と一体になっているようなお色でした。

ボトルケージ

が、

たった1年違っただけの2007年のチェレステのクロスバイクとは、
若干、色が違います。

ボトルケージ

自転車とかチェレステとかにまるで興味のない人が見たら、
まったく違いがわからないかもしれませんが、
やっぱり比べてみると違うんですね。

あまりにミニベロと一体しているので、一瞬、

ミニベロの方に付けた方がいいかも。

とも思ったのですが、ミニベロの方のチウッシも気に入っているので、
やはり元の計画のまま、クロスバイクに付ける事にしました。

クロスバイクには、チェレステ・チウッシのボトルケージを付けたいと、
去年の12月まで粘った挙句、欠品続きのこのボトルケージを手に入れられる気がしなくて、
結局、白いボトルケージを取り付けたわけですが、

白ボトルケージ

この白いボトルケージともほぼ7ヶ月の短いお付き合いでした。

この間、ほとんどクロスバイクを乗っていないので、
記憶ではこのボトルケージを使ったのは1~2回程度だったような気がする。

何のために存在したのか謎ですが、まあ、それはあくまで結果論なので・・・ごにょごにょ。

それなりに気に入らないわけじゃなかったのですが、

アデュー、白いボトルケージ・・・(;_;)/~


そしてとっとと気持ちを入れ替えて、いそいそとチウッシのボトルケージを取り付けました。

ボトルケージ

おお、やっぱりベストマッチ!

白いボトルケージの時にもベストマッチとか言っておいて、
舌の根も乾かないうちになんですが・・・

心配していた色の違いは、全体的に見るとあまり気にならないっす。

年代、色は多少違えど、チェレステは、チェレステですしね。

白いボトルケージの時は、なんかスポーティな感じでしたが、
チウッシのボトルケージを付けると、若干クラシカルな感じになったような気がするので、
やっぱりアクセサリーというのも、大切なんですね。

早く、このボトルケージを試したいので、

これを機会にクロスバイク乗りとして復活なるか?!

です。

 ランキング参加中です。できればぽちっ☆とクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログへ  人気ブログランキング

関連記事
ミニベロのメンテナンスポタ【その2:なぜか婚カツ】
一大事です。

エアコンが壊れました。orz

購入してからまだ4年目なのに、なーーーーぜ?

実家のエアコンなんて10年間近く使用してろくにフィルターも掃除してなかったのに、
健気にそして快適に冷え続けていたのに、
なんでこんなに早くわが家のエアコンは駄目になっちゃうんだよーーーっ?!

ちなみにこの部屋は磁場が悪いのか、電化製品運が悪いのか、
たった4年で洗濯機、ディスポーザーに続き3つ目の故障です。

いやーー湿度70%越えで、気温が30度なのに、
エアコンが効かないのは、かなり地獄っすね。

なまじそよそよと風だけ来られても余計不快っつーか。

同時期に購入した寝室のエアコンが無事なのは、不幸中の幸いですが、
でもさすがにずっと寝室にこもっているわけにもいかんので、
リビングにいる時はひたすら不快指数と戦っていました。

無理してつけてよかったオプションの上位は“ペアガラス”って程、
わが家のリビングは窓を開けると騒音が酷いので、
窓を開けるわけにも行かないのが、また辛いところです。

しかし人間不快指数が高いと凶暴になるもんで、
放っておくと家庭不和につながりそうなので(今も円満でもないのに)
早々エアコンを治してもらおうと思います。

しかし、朝っぱらからもう不快指数高いっす。(>_<)


ところでミニベロメンテナンスポタ日記ですが、
またまた変に間が空いてしまってすみません。

以下、続きになります。

ちなみにその1は→こちらになります。

***********************************

この自動販売機?と自信なさげに書かれた、

「じゃあ、自動販売機じゃないんかい!」

と突っ込みを入れたくなるような赤いボックス、
その醸し出す面白さにとてもじゃないけど素通りできず、
この自動販売機にてのハンバーガーの購入を試みることにしました。

食欲とお得以外のおおよそ世の中のほとんどの事項に興味のない相方ですが、
こういう奇天烈面白系の代物には、至極興味を持つタイプなので、
彼も初めてガラガラを与えられた子供のように
この突っ込みどころ満載な自動販売機?に興味深々。

もちろん“突込み”体質の私も勿論興味津々です。

早くこのメカの全貌を知りたいとワクワクしました。

立石バーガー

まず、気になるのは、この立石バーガーの「立石」の部分のあからさまなお直しの跡、
“バーガー”の部分にはお直し跡が入っていないところを見るに、
このお店に入る前は、どこかのお店のハンバーガー自動販売機として
活躍していたのを再利用したのでしょうか?

その辺は知る術もないのが大変残念です。

値段は一個100円とあります。

特にハンバーガーの種類については記載はありませんが、
このお店は何種類かハンバーガーを販売されていて、
その中で代表的なハンバーガー“立石バーガー”のお値段が100円なので、
おそらく“立石バーガー”が出てくると思われます。

このチラリと小窓から見えているハンバーガーが出てくる仕組みのようですが、
そう言えば、“立石バーガー”はこんな包みだったような気がします。

立石バーガー

100円を投入してみました。

こんな簡素シンプルな作りにどんなエンジニアリングが隠されているのか、
私共のような凡人にはわかろうもありませんが、
コインを入れると即座にハンバーガーが出てきました。

立石バーガー

しかし私共家族は2名。

いらぬ争いを呼ぶことになるかもしれませんし、ハンバーガー1個という訳にもいきません。

最低、もう一つは欲しいので、再びコイン投入しようとすると、

ない(゚∇゚ ;)

次のハンバーガーがスタンバっているはずである小窓にハンバーガーの姿がない。

どうにもこの面白仕組みが気になったような相方(一応、理数系)は、
出し入れ口から覗いたり、横から見たりと、他人の振りをかましたくなるほど
不審な行動をとっていましたが、彼の(覗き)見たところによると、
次のハンバーガーをストックするべき場所には、ハンバーガーが1個しか乗らない・・・ような。

だとすると、一個売れたら一個補充するしかないようですが、

それってお店側にしてみたら便利・・・なのか??(゚∇゚ ;)

ここまできて自動販売機の後にクエスチョンマークが付いていたわけが、
理解できたような気がします。

でも、まあ、買う側としては1個ならお手軽です。

確かに自転車に乗っている時なんか、自転車に乗ったままハンバーガーが購入できるのは画期的だし、
私みたいな“1個”が買えない自意識過剰な見栄っ張り人間にはいいかも。

しかし今回は、1個じゃ寂しくね?(次の日の朝食にするとしても)

と思ってふと見ると、今までこの怪しい自動販売機?に気をとられて気が付かなかったのですが、
お店の中ではきっちり営業されているようで、店内にはハンバーガーが並んでいました。

この自動販売機?を見た時は、もしかして自販に切り替えたのかと思ったのですが、
若干、前に来た時よりもレイアウトが変わっていたものの
店内でも前と同じように販売されているようです。

店内にはご店主がいらっしゃいましたが、
この自動販売機?なにせ作りがシンプルな上にお店の壁をくりぬいた形で、
備え付けてありますので(その辺の大胆さも惚れるぜ)
もしかして私たちの不審な行動とか不適切な会話とか丸見えだったかも。

「“?”ってなに?!」とか、「って、1個売りっすか?!」とか、

自動販売機?に向かって散々突っ込んじゃったの聞かれちゃった・・・よな。

しかし、このまま去ると本当に単なる不審者みたいで尚気まずい感じがしましたし、
せっかくだからもうちょっとハンバーガーを買い足したかったので、
ここは開き直って店内に入る事としました。

以前来た時は、店内にテーブルと椅子が何席か置いてあり、
そこで食べられた(過去形)そぶりを見せながら、実は単なる物置と化しているような状態でしたが、
今回少々リフォームされたようで、そのテーブルや椅子が置いてあったスペース程広くありませんが、
2~3人位は並んで食事ができるカウンターのようなスペースが出来ていて、
どうやらそこで食事をする事が可能になったようです。

今日は時間もないし(不適切な会話も聞かれちゃった事ですし・・・)
ハンバーガーはその場で食べずに、テイクアウトする事にしました。

この店は立石バーガーだけでなく、他の種類のハンバーガーもありまして、
どのハンバーガーを選ぼうと、ショウケースを見てびっくり!

(わが家的には)幻のハンバーガー、

“そんなバナナバーガー”があるではありませんかっ!!Σ(゚д゚;)

“そんなバナナバーガー”・・・私と同じオヤジ病(別名:駄洒落病)を持つお仲間が名づけたと思われる、
このいかしたネーミング、しかしそんなバナナのバナナの部分は、単なる揶揄とかではなく、
本当にハンバーガーの中にバナナが入っているという革新的なハンバーガーらしいのです。

噂では聞いていましたので、以前来た時も“そんなバナナバーガー”購入したかったのですが、
その時は、残念ながら売り切れていました。(「そんなバナナーっ!!」と思いましたとも。)

今回は幸運にも1個残っていたので、まずそんなバナナバーガー(150円)を購入、
そしてもう一つはエビバーガー(150円)にしたのですが、
そのエビバーガーに付けられたキャッチフレーズは、

“カニをこえたか?エビバーガー”

カニって同じ甲殻類ってだけで比べる土壌が違わないか?!

ネーミングといい、キャッチフレーズといい、あまりにハイセンス過ぎてもう陥落。

マジ、突っ込み気質の人間には堪らない感じのお店です。

静かな感じのご店主ですが、本当はすごく面白い方かもしれません。

そして合計300円の申し訳なくなる位の安価な会計を済ませて、
帰ろうとしたんですが、この日はここで終りませんでした。

新たにはじめたサービスなのか、単にキャンペーン期間中なのか、
ゲームをする権利が与えられました。

黒ひげ危機一発ゲームの黒ひげの部分がゴリラになっているゲームなのですが、
原理はまったく黒ひげ危機一発ゲームと一緒で、
当たり(?)の場所に剣を刺すと、ゴリラが吹っ飛ぶ仕組みになっています。

どうやら正式名称は「ドキドキゴリラ」というらしいです。

2箇所以外はあらかじめ剣が刺してあり、
残る2箇所のうち1箇所が当たりになっているようです。

見事ゴリラが飛べば、サービスとして店頭販売されている
“焼き芋”(100円相当)が頂けるらしい・・・。

確率は2分の1・・・

行きがかり上、私が刺す事になりましたが、
そんな私を固唾を飲んで見守る相方とご店主・・・

なんかハズレたら空気的に気まずいような気がする。

しかし自分はこういう確率2分の1の場合でもほぼはずすんだよなぁ。
(ちょっと前に堀切菖蒲園に行く時もはずしたし・・・)

と思いつつも、自信なげに入剣すると同時にポーーン!と、
ゴリラの体が空高く舞い上がりました。(イメージ)

脳内に流れるロッキーのテーマ、そして焼き芋GET!させてもらいました。

やきいも

でも300円のものを購入して100円相当のものをいただくなんて恐縮です。(汗)

・・・と、立石バーガーには私の琴線に触れる出来事が多々あり、
話がついつい長くなってしまいましたが、
いろいろ楽しませていただきまして、この後、テンションの高いままに、
今度こそ今回の真の目的地である自転車店に向かいました。

お花茶屋にある小径車専門のこのお店は、私のベロンチョと相方のくろまるくん、
わが家のミニベロ達の実家でもありますので、
もちろん何度か来た事があります。

世に小径車を愛好されている方は多いようで、
今までもお店に来る度にいつも他のお客さんとかち合ってはいたのですが、
この日はチームのような感じの方々が団体で来店されていたようで、
今までに無いほどに店内は激混み。

自転車の調整を頼まれている方もいるようなので、
何人かいる店員さん達も大忙しのようです。

(いつものように)スタートが遅かった上に、平然と寄り道をしたので、
自転車店に着いたのは、夕方の4時半を回っておりまして、

「これは今日中に見てもらえないかも。」

とおののいていたところ、呆然として突っ立っている私達に
お店の人が気づいて声を掛けてくれました。

これ幸いとお店の人に前輪のブレーキが鳴るという症状を話すと、
お店が混んでいるので調整に1時間半ぐらいかかるが受け付けてくれるとの事なので、
そのままお願いすることに・・・・

自転車を置いて足がなくなった身、さて、1時間半をどうすごすかですが、
自転車屋さんの前には商店街があるものの、

商店街

その規模からいうと、ここで1時間半を過ごすのには少々心もとない。

なにせこの日は(つうかこの日も)出発が遅くなった為、
そのまま夕飯も外食になだれ込んでしまおうという
わが家の(つうか主に私の)ラッキーパターン。

いつも自転車を調整してもらう時にあまり時間がかからない事が多いので、
もともとの予定では、調整してもらった後に自転車で亀有に行き、
夕食を食べる予定だったのですが、この際、そちらの方を前倒しして、
電車で亀有に移動し、夕食を食べてまたお店に戻ってくる事にしました。

自転車の調整は1時間半で終るようですが、
取りに来るのはお店閉店の7時までに来ればいいという事なので、
あと2時間半ほどあります。

お花茶屋と亀有はそう遠くないので、「余裕だろ。」と亀有に向かうことにしました。

優柔不断のわが家ですが、こういう時だけやたら決断が早いのです。

さて、早速、携帯で路線を調べると、場所的には近いとは言え、
お花茶屋と亀有は必ずしも電車の接続がいい感じではないようです。

ちょっち乗り換えが面倒かなぁ。

とか思っている目の前に天啓のように通り過ぎたのは、

“亀有駅行”と書いてあるバス。


運よく近くに亀有行きのバス停があるらしい。

あわててバスを追いかけると、バスには間に合いませんでしたが、
“亀有駅行”のバス停が見つかりました。

さっきのドキドキゴリラといい、今日の自分はついているのかも。

と、一瞬、ほくそえんだのですが、所詮、私の運勢なんでンなわけもなく・・・

バスの時刻表を見てみると、

時刻表

1時間に2本?!Σ(゚д゚;)

バスは行ったばかりなので、次のバスまで30分もあるやんけ。

しょうゆの街クラスのバスの運行状況じゃね?(--;)

さすがに30分もボーーっとバスを待つわけにもいかんし、
とは言え、バス停を探して駅から離れる感じに歩いてきたので、
なんか駅まで戻るのも心身ともに面倒だしなぁ。

ふと時刻表の横にあったバスの停留場を見てみると、
ここから亀有まで停留場にしても何個もないような・・・

歩く・・・か。

まどろっこしく考えるよりも歩いた方が早いような気がしまして、
このままバスの停留場を伝って行く感じで歩くことにしました。

この日の夕食はがっつり系を予定していたのですが、
がっつり系の夕食を食べるほどお腹も空いていなかったので、
腹ごなしに歩くのもいい距離のような気がします。

以前、自転車でお花茶屋から亀有に移動した事はないわけではないのですが、
その時は地図が読めずに、完璧にすげーー遠回りをしましたので、
今回は知らない道を歩くことになります。

迷ったら自転車の時よりも始末におえない事になりそうでしたが、
思いの外順調に行きまして、着々と亀有に近づいて行きました。

知らない道を歩いてみると、また新しい発見もありまして、
途中、用水路(?)に沿って、縦方向に長く作られている趣のある公園なんかもあり、

公園 

ウォーキングもたまには楽しいものですね。

・・・基本、直接体を使う作業が嫌いなので、自転車の方向に来た人間なので、
あくまでもたまにだからですが・・・。

そして歩くこと30分、思っていたよりは時間がかかりましたが、
「亀有駅」に無事到着、お陰様で腹もがっつり空いていました。

亀有といえば両さんですが、駅前にいらっしゃったので記念に一枚。

両さん

しかしこの両さん、3次元にすると漫画とは若干面差しが違うような気が・・・

さて、今回予定しているポタメシ・・・じゃなくて単なる夕メシどころは、
亀有駅北口にありますが、帰りはバスの方が楽に帰れそうなので、
とりあえず、バスの場所をチェックして置きます。

なにせ7時までに帰らないとお店が閉まってしまうので、

そうなると非常にまずい。

悪印象を与えると今後のお店との付き合いにも差し支えるってもんです。

バス停は南口の方にありましたので南口に移動し、
バス停の場所とバスの時刻表を確認すると、
6時台のパスの時間は15分と45分にあります。

うーん。15分だと早いような気がしますが、45分だと確実に遅いような。

なにせ30分に1本なので、ジャストミートって訳にはいかず・・・(--;)

遅刻する訳にはいかんので、15分のバスに乗る事にしました。

時間を見るとあと1時間ちょいしかないですが、

まあ、夕飯を食べて帰るだけなので、さほど時間はかからんだろう。

幸い、私は超早食いだし。

・・・と、この時は高をくくりまくっていました。

相方は食に対しては、せっかくだから病の上にトロイのんびり屋さん
という事をすっかり失念していたんですね。

お店は亀有駅北口から徒歩3分のところにあるはず、
北口まで戻り、相方が頭に中に覚えて来たという地図に従ってお店を探したのですが、

(ある意味お約束どおり)これが見つからない(゚∇゚ ;)

徒歩3分というからには、そんなに駅から離れているわけではないので限られているし、
亀有北口の駅前自体、そんな込み入った作りではないのですが、
なぜかなかなかお店が見つかりません。

もたもたしているうちにも、刻々と時間は過ぎていきます。

気はあせるけどお店が見つからないまま、タイムリミットまであと50分になってきました。

いらんよ。こんなハラハラ☆ドキドキ。

しかしもうこれ以上探していたら間に合わなくなってしまいます。

そこで目に付いたのは餃子の「王将」

ご多分に漏れず、この亀有店(?)も繁盛しているようです。

・・・あと5分探して見つからなかったら「王将」にするか・・・。

基本どこにでもあるけど、王将も美味しいし。

と、覚悟(?)を決めたギリギリのところで見つかりました。

今回のお食事処、とんかつのお店「とんかつ有馬」さん。

有馬

残り時間はあと45分のところでなんとか入店、
まだ時間も早いためか、幸い他にお客さんもいません。

「これはパスに間に合うな。」と思いつつ、オーダーをしました。

ところでこの日の夕飯をなぜこのお店にしたかといいますと、
もちろんトンカツの評判がよさそうだったからというのもありますが、
一番の理由は、このお店で出している「婚カツ盛り」というトンカツに心惹かれたからです。

「婚カツ盛り」・・・この時流に乗っかっていっちゃおうというメニュー、
ブライダルととんかつ店というまったくもって無関係な業界でありながら、
その辺は意に介すことなく、柔軟に流行を取り入れるご主人のアグレッシブさに
とても興味を引かれたのです。

私共は、一応、今は婚カツは必要ない身となっていますが、
まあ、この先人生どう転ぶかわかりません。

ここは一丁「婚カツ盛り」という事で「婚カツ盛り」を注文。

「婚カツ盛り」というだけあって、どうやら2名で突きあう感じなので、それに定食を2つ付け、
後は串揚げも美味しそうなので野菜の串揚げの盛り合わせを注文しました。

そして待つことン十分・・・これがなかなか来ない(゚∇゚|||)

丁寧に揚げてくれるお店のようで、思ったよりも長丁場になりそうです。

確かにとんかつって時間がかかるかも・・・
その辺をまったく考慮にいれていませんでした。

こいつは参ったなぁ。(汗)

と思いつつ、心の中ではジリジリしながら待つこと約20分、

最初に「野菜の串揚げ盛り合わせ」

野菜串揚げ

つづいて「婚カツ盛り」(2,300円)が出てきました。

婚カツ盛り

出て来た時間はジャスト6時、移動時間を考えると食事時間は10分ですが、
「なんとか行ける。」と私は思いましたが、
頑なに抗議する人物が約1名・・・相方です。

彼が言うには、普段金銭的且つカロリー的問題で、
めったにとんかつ屋さんになんか来れんのに、
やっととんかつ店入店まで漕ぎつけてた千載一遇の機会に、
あせって食事をかっ込むのは嫌だ。・・・との事です。

彼の言いたいことはわからないでもありません。

確かにわが家にとって、とんかつというのは、高級且つ高カロリー食材の高嶺の花。

その高嶺まできて花をもぎ取る久々のチャンス、
せっかくだから病の彼としては、味わいたいという気持ちはわからんでもない。

私とて同じ気持ちです。

が、

自転車店が7時までなんだし、遅れるわけにはいかんのだからしょうがないでしょ。

「わがまま言わずにとっとと頂きなさい。」

と言い放ったところ、

彼の口から思いもよらない言葉が!

「じゃあ、タクシーで帰るからのんびり食べてもいいでしょ。(>_<)」


えっ!?(゚∇゚ ;)


今、タクシーって言いました?アナタ。

相方自ら“タクシー”なんて言葉を言うと思わなかったので、
我が耳を疑いましたよ。ワタクシ。

なにせ相方はタクシーが世界で一番嫌いな乗り物のはず・・・

基本、料金が高いのと、乗っている間にあのメーターがめまぐるしく変わっていく様相を見ると、

「酸欠になりそうで耐えられない」

・・・というような事を言っていました。

ので、彼は私用で自らの口から「タクシーに乗ろう」なんてめったに言わんのですが、
その彼が自ら“タクシー”という単語を吐くとは・・・相方の本気を感じました。

そこまで相方が決意しているなら、私には止める権利はありません。

まあ、好きなだけのんびり頂きたまえ。

タクシーなら15分もあれば行けるので、30分以上時間をかけて食べられます。

ただ、後になって後悔するなよ。とだけは言っておきたい。

ちなみに私はタクシーは好きでも嫌いでもないので、
特に心の痛みは感じませんし、酸欠にもなりませんしね。

そうして自らのポリシー(なのか?)に反してまで、とんかつを取った相方ですが、
このお店のとんかつは、その甲斐があるほど美味しかったです。

衣はとにかくサックサク、お肉も野菜もジュシーで旨い。

野菜の串揚げのブロッコリーなんて、別の食べ物みたいに美味しいです。

「婚カツ盛り」の方は、バラエティに富んでいてあきさせない味なのですが、
チーズやトマトとバジルなど、ちょっと洋風な感じの味付けもあります。

結婚は、マンネリにならず、あきさせないのが大切・・・ということでしょうか?・・・ 深い。

肉の中の唯一の海物、エビフライもでかくて美味しかったっす。

せっかくだから・・・と思ったのか、相方はいつにも増してのんびり食してまして、
この日は10分以上も待たされました。(--;)

大抵、私の方が食べるのが早いので、こういう時は昔あった欽ちゃんの番組のように、
「次、相方は何を食べるか当て」をして遊んでいます。

相方の性格と行動パターンを考え、どのような展開で食べていくのかを考えるのは、
なかなかの暇つぶしになるのですよね。

そして6時40分にはなんとかお店を出まして、
そのままタクシーに乗ってお花茶屋の自転車店まで向かったのですが、
タクシーに乗ってわかったのですが、行きに歩いた道は結構無駄が多く、
最短距離じゃなかったようで・・・

まあ、バス停にそうような感じで行ったので、多少は遠回りになるのでしょうが、
実際は、真っ直ぐ道を行くだけで、ぜんぜん遠くなかったです。

なーんだ。

と思いまして、タクシーの中で途中、

「なんか遠回りしていたんだね。」

とか相方に話しかけたのですが、相方、心がここにいねぇ。

つうか酸欠中?!(゚∇゚ ;)

緊張した面持ちで(そしてそれを出さないようにして)
タクシーに乗っていました。

相変わらず・・・小さい・・・小さいぜ。相方。orz

いや、言うまい。これでも精一杯彼は戦っているのだ。・・・たぶん。

まあ、最短距離は意外と近く、料金も980円だったので、
相方の酸欠時間が短く済んだのは不幸中の幸い(?)です。

つうかもう大人なのだから、そろそろその体質(っていうのか?)治してくれよ。

こっちまでタクシーに乗ると緊張するじゃん。(--;)

そして7時前に無事お店に着きまして、調整してもらった自転車と対面し、
せっかくだからブレーキ付近の注油の仕方を聞いておこうと、
ガツガツと聞いてみたところ、リムとブレーキシューにさえかからなければ、
ブレーキワイヤーやブレーキの稼動部分に油を差すのは問題ないという事でした。

ベロンチョのブレーキをかける時に、ブレーキワイヤー部分が多少キーキー言っていたのですが、
それはオイル不足だったようで・・・

そりゃ、一年もオイルささなきゃそうなるわな。

しかしこれで怯えずブレーキ部分にも注油できるようになりましたので、
これからはギア付近だけでなく、ブレーキ付近もキチンとオイルをさそうと思います。

しかし自転車屋さんに見てもらうと、なんであんなにペダルが軽くなるんですかね?

ブレーキの異音が直ったことはもとよりですが、
帰りは至極快適に自転車を漕いで帰りました。

自転車店の方ぐらいのスキルがあれば、
いつも快適に自転車が漕げるんですけどね。(遠い目)

ランキング参加中です。できればぽちっ☆とクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログへ  人気ブログランキング

関連記事
青井でコッペパンポタ
しょう油の街からこんにちは。

こんな晴れた日曜日にも関わらず、
本日もまたもやしょう油の街の実家にお留守番に来ております。

夏になると活性化するのは若者だけではないようで、
とっくの昔に還暦を越えたうちの両親も夏になり活動が活性化、
旅行の予定をガンガン入れております。

いいよなぁ。自由で。

しかし両親の自由は私の不自由。

お陰でこっちは愛犬もいるし、自転車にもロクに乗れんしの
不自由な週末を送っております。

それでも“1週間に5km以上自転車と名の付く乗り物にのる”
というわが家のポタ掟の縛りもありまして、
昨日はポタをしてからしょう油の街に帰ってきました。

さて、このところ都内のいろいろな箇所で騒音・・・じゃなくて、
選挙の宣伝カーが走っていますが、本日は決戦の日、都議会選挙の日となります。

私共も都民の義務として、選挙に行かなければならないのですが、
本日はしょう油の街市に来る都合がありましたので、
昨日はまず期日前投票に行ってまいりました。

普通の選挙は学校とか大型公共施設で行われているところが多いと思いますが、
期日前投票は狭い公民館のような一室で行われていました。

そこで確認する人と、投票の紙を渡す人の2名・・・がいるのはよくわかりますが、
解せないのが、その他4人ぐらいの選挙関係者がずらっと座っている事です。

あの方達は何をされているのでしょうか?

多角的な面から不正が行われないように見張っているのだろうか?

その割には2列並んで座っているだけだったけど・・・。

存在意義がわからないだけに、緊迫した空気の中8個の目でじっと見つめられると
わけもなく緊張しまして、特にやましい事もないのに不審な行動を取りそうでした。

緊迫した空気の中、無事投票を終え、その後は私共のポタ先としては未開のポタ地、
「綾瀬」の方まで向かいました。

約2年間都内を中心にポタって来ましたが、
わが家からさして遠くもないのに「綾瀬」の方には行った事がなかったのです。

目指すはオーガニックカフェ。

オーガニック・・・よくナチュラル系女性情報誌にその言葉が載っていますが、
その言葉には女性を虜にする響きがあります。

なんか健康によさそうとか、美容によさそうだとか、本来の自分に戻れそうとか、
そんなナチュラルでほっこりな効果を期待させられるオーガニック。

いや、実際、ランチを食べてお茶を一杯飲んだだけで、
そのような効果が得られるわけがないのは知ってはいるものの、
なんかオーガニックに夢を見たくなっちゃうんですよね。

私も一応女性、数々の女性誌の恐ろしい洗脳擦り込みのためか、
オーガニックという言葉に弱いので「オーガニックカフェ」に行ってみることにしたのです。

道先案内人は相方、ちょっと前まで地図も読めない彼は、
道先案内としてはとんだ役立たずで不向きだったのですが、
携帯電話が回線電話を凌駕したように技術の進歩が世を一転させる事があり、
グーグルアースで地図が立体的に見られるようになってから、
ひ弱な坊やだった彼も、頼りがいの(そこそこ)ある人物に生まれ変わっていたのです。

今回もお出かけ1時間前に彼はこのお店の道筋をチェック、
そう距離も遠くもない場所なので、完璧に頭の中に入れたらしいので、
昨日も安心して彼について行く事にしました。

が、

覚えてから出掛けるまでの1時間に彼の頭の中でどんな出来事が起こっていたのか、
謎ですが、現地まで行き、お店を目の前にした時点で迷う(゚∇゚ ;)

彼の道の記憶方法は特に目新しくもなく、曲がり角ごとにお店があればお店、
交差点があれば交差点名を覚えておくのですが、
途中まで順調に走っていたものの、
お店の近くに来て突然行動が挙動不審になった相方、

「最後の曲がり角のお店の名前をど忘れちゃった( ̄∇ ̄;)ゞ

この期に及んで最も重要なキーワードをど忘れかよっ?! Σ(゚д゚;)

アリババが「開けゴマ」を忘れちゃったようなもんじゃね?

この時走っていた通りまでは合っているようなのですが、
通りには路地も多くコンビにやらなにやら何軒もお店があり、
そのどのお店かがわからないと場所が判明できん。

それでもあきらめ切れず、暫くはこまごまとした住宅街を行ったりきたりしていたのですが、
すべての道をしらみつぶしに探していくのはなんか面倒になりまして、
結局、オーガニックは断念する事にしました。

そして予定ではこの日オーガニック後に行くつもりだったパン屋さんにシフトする事に・・・

そのパン屋さんは昔からあるパン屋さんで有名なお店のようなのですが、
何年か前に開通した“つくばエクスプレス”の青井駅のごく近くにあります。

場所が不明でいけなかったオーガニックカフェから自転車で5分程度のところにありました。

その取って付けたような新しい駅「青井駅」から続く、
青井兵和商店街の中にある「タカラヤ」さんです。

タカラヤ

創業は昭和39年の手作りパンのお店です。

84円のコッペパンは、プラス50円(おそらく税抜き)で
ピーナッツ、ジャム、あんこのトッピングが可能、
うちはあんこを塗ってもらう事にしたのですが、ご主人がその場で切って塗ってくれます。

このお店は手作りのパウンドケーキも美味しいそうなのですが、
この日はたまたま商店街でイベントをやっているようでして、
そのイベントの一環か、いつもは400円のパウンドケーキが350円で売っていたので、
これ幸いとこちらも購入。

そしてオーガニックを食べ損ねたので、このパンをお昼に食べようと、
どこかの公園に移動することにしましたが、
来たついてなので、せっかくイベントもやっているので、
ちらりと商店街を流して見ることにしました。

宣伝看板を見ると今日のこのイベントは“まんぞく市”と呼ばれる市で、
毎月第2土曜日に行われているようです。

看板

商店街の各お店がワゴンで出店を出しているようで、
お店の前のワゴンには商品が一杯でした。

私たちが商店街に行った時間は午後3時頃だったのですが、
かなり雰囲気がダレているといか、まったりとしている雰囲気だったので、

青井兵和

「朝からやっていてもう終わりかけなのかな?」

と思っていたのですが、後から調べると本来“まんぞく市”はスタートが午後4時かららしく、
この時はプレオープンのような状態だったようで、
本当にまんぞくさせるのは、これからだったようです。

どうりで売れ残りにしてはどのお店も大量に商品が積んであるし、
商店街をあげてのイベントの割には人出も盛り上がりもいまひとつだと思ったんですよね。

ところで青井はばらの街と名乗っていますが、
ちらりと見ただけでは、どの辺がばらの街なのかは不明でした。

街にバラの名所があるのでしょうか?
それとも抽象的な意味なのか?

さて、タカラヤさんで購入したパンを食べようと、
オーガニックを探して彷徨っている時に見つけた公園まで移動しました。

「東綾瀬公園」という公園だったのですが、
間口の狭い公園だったので、狭い公園だと思っていたのですが、
縦に長い結構広い公園で、園内には遊具や池などもあり、
子供達で賑わっていました。

東綾瀬公園

池の前のベンチに座りお食事タイムです。

こちら「コッペパン(餡トッピング)」

コッペパン

早朝に作るようなのですが、この時間でもまだまだやわらかいです。
本当に昔からある素朴なコッペパンの味わい。

中身を見てみるとこんな感じで餡が塗ってあります。

コッペパン

そして被っていたのについ購入してしまった「小倉あんぱん」(105円)

アンパン

ところでベーカリーとパン屋さんの違いはなんなのか?

根本的な違いの定義はまったくわからないものの、
その違いを感じられるような味のパン屋さんでした。

パウンドケーキは、ここで丸かじりするわけにもいかんので(人の目もあるし)

パウンドケーキ

家に帰って切って食べたのですが、
スポンジケーキをしっとりさせったような味で美味しかったです。

ちなみに食事をした横のこの池にはザリガニ生息しているようでして、
子供達はザリガニ取りに夢中、興味を惹かれて池を覗いて見たのですが、
目を凝らして見ると、たしかにザリガニがところどころに隠れています。

池

しかしザリガニを見ると取り合えず釣りたくなりませんか?

実際やるかどかは別として(子供達の獲物を横取りするのは大人気ないし)
サキイカで釣りたくてウズウズしました。

せっかくオーガニックカフェの近く(と思われる)公園に来たので、
やはりオーガニックが気になる気持ちがムクムクと沸き起こり、
次に来る時の為にもついでだからオーガニック再チャレンジで
もう一度探し回ったのですが、結局、オーガニックは見つけられず・・・

糖分を入れて脳にブドウ糖という栄養を入れたにも関わらず、
相方の脳は活性化せずに、何のお店のところを曲がればよかったのか、
結局、思い出す事はなく、そのままなし崩し的に家路に付き、
車でしょう油の街に帰ってきました。

そして夜に件のオーガニックカフェの地図を見たのですが、
相方がど忘れして、ど忘れの割には完全に記憶から消し去っていた(ど忘れレベルじゃないだろ)、
オーガニックカフェを行く曲がり角にあるお店の名前を見たところ
そのお店の名前は「TSUTAYA」

そう言えば通りにありましたよ。「TSUTAYA」

それにしても忘れるほど複雑な名前のお店じゃなくね?

しかもすぐに思い出せそうななまえじゃね?

私だけでなく同じように相方の頭にも老化の波が来ているようで、
ちょっとホッとするような、更に怖さ倍増のような複雑な気分です。(--;)

ブログランキングに参加してます。できればポチッ☆とクリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキング

関連記事
お宝発掘!
当ブログにて何かと相方のセコビッチぶりを暴露しておりますが、
このブログを読まれている方々は、

相方という人間について

なんてセコくてド貧乏性でお得に魂を売っちゃっているヤツなんだ。

と思われているかもしれません。

が、

まあ、ぶっちゃけその通りです。

いや、基本このブログには事実しか載せていないので、
彼にそのような部分があるのは真実なのですが、
そのセコビッチぶりはあくまでも彼の一面であります。
(その一面はかなり面積が広いのは確かですが)

人間という生き物は、一言や一面で語る事ができない程、
複雑で多面的なもののようでして、
比較的単純な作りと思われる相方にも、
まったく別の側面がある事を先日気づかされました。

その側面とは同じ相方の中に存在しながら、プラスとマイナス、
まるでジキルとハイドのように、セコビッチな相方とはまるで正反対の一面だったのです。

ところで世間の一般的な指標でいいますと、
私自身もあまりダラシいい方ではないとは思うのですが、
たとえ平均以上の身長であっても、バスケットボール選手の中に入れば
相対的に背が小さく見えるように、わが家というカテゴリーの中で相対的に考えるに、
私よりもはるかに絶望的にダラシナイ相方がいるお陰で、
自分はキチンとしている人間のように思えてくるのです。

それほど相方のダラシなさは群を抜いておりまして、
変なもんを後生大事に溜め込んでいる割には、
大切な物ほどよくなくしてくれます。

マンション入居後に部屋の鍵と駐車場の鍵をそれぞれ無くしたのを筆頭に
(しかも一緒にしていてなくしたのではなく、別々になくしました)
他にも書類やらなにやら・・・

「もしかして反省する脳とかが機能していないのかも。」

と思うほど、性懲りもなくいろいろなくしてくれるのです。

お蔭で小さい頃より母から

「なんであんたはダラシないの!」

と叱られ続けた私は、この家内ではすっかりダラシのいい人に昇格
なんとなく真人間になれた気もするので(気のせいだけど)いいんだか、悪いんだか・・・

そして先日の事です。

ちょっと相方の持っているクレジットカードの番号が必要になり、
提示を求めたところ相方が、

「そのカードがない。」 ∑(゚д゚|||)

と騒ぎ出したのです。

すかさず「財布にの中に入ってないのか?」と聞いたのですが、
彼はちょっとしたお得な特典があったりすると
お得に釣られてカードに入るような人間なので、
カードの枚数はたくさん持っているようなのですが、
そのカードは普段使っていないので財布には入っている訳がないとの事・・・

・・・となると、あのカオスか・・・。

“あのカオス”とは、テレビボードの中にある引き出しです。

家族と言えども、お互いそれぞれ大切な書類とかあるもので、
わが家ではテレビボードにある2つの引き出しを
上段が私、下段が相方とそれぞれ大切なものを入れ
そこは自己責任で管理しております。

しかし最近、下からの突き上げに気づいていたと言うか、
下段の相方の引き出しが物で溢れてきたようで、
上段の私の引き出しの開け閉めがしにくくなっていたのです。

どうせくだらんもんで一杯に溢れさせてるんだな。

とは思いましたが、そこはプライベートな治外法権の場所、
私がいじくるのもなんですし、正直、精神衛生上良くない程とっちらかっていたので、
そのまま放置しておいたのです。

カードが潜伏しているとすれば、そこにあるに違いありません。

相方もそう思ったらしく、引き出しを開け探し始めましたが、
引き出しの中の物が雪崩落ちるのが嫌だったのか、
遠慮がちに30秒程探すと、

「ここにもないしなぁ。」

と結論付けてしまいました。

オイ、ちょっとまてや。

彼のその行動に私は心底イラッときました。

刑事物でいうなら、いかにも犯人が潜伏してそうなお約束な埠頭の倉庫の扉を開けずに、
「ここにも隠れていないだろうなぁ。」と言って去るような行為じゃね?

シムラーそこだよ。そこ。

こいつに任せていたら埒があかん。

探しているのは、今まさに必要な大事なカードなのです。

それにクレジットカードなんで、知らんうちになくなっていたら更に困るし。

もうプライベートとかなんとか言ってられっか。(怒)

という事で、私自ら相方の引き出しの捜査に打って出ることにしました。

心底触りたくなかったけど・・・(--;)

心を奮い立たせて見るからに変な書類でこんもりと盛り上がる引き出しを
整理していったのですが、彼の生き様や生態系を物語るようなものが出るわ出るわ・・・

まず、カード会社の案内やら銀行の残高照会やら・・・
一旦見たら即意味がなくなるような書類が後生大事そうに山ほど出てきました。

その辺は有無を言わさずざっくざっく捨てます。

そして次は期限切れのクレジットカードが累々と・・・

相方はお得特典欲しさにカードを作ると言いましたが、
本当に普段使うクレジットカードは1枚なので、
後のカードは放置、期限切れたカードも放置、新しく来たカードもそのまま放置、

とんだ資源と保管場所の無駄使いだろ。


紛らわしいので、古いカードにはハサミを入れて捨てさせました。

それから数年前にすっかり廃止された“パスネット”が大量に・・・

パスネットって意外と使い切りにくいといいますか、
つい10円や20円が残ってしまいますよね。

それを捨てる事ができず取って置いたようですが、
パスネットは、パスネットの残高と足りない分は現金で払えばきっちり使いきれるんで、
使い切りたかったらそうすればいいのに、それは面倒だったらしく、

ただただ溜め込んでいる。


今となっては、まったく意味のない紙だと思うのですが、
結局、今回も捨てずに取っておく事にしたようです。

そしてポイントカードの数々・・・

まあ、お得好きの彼としては、ポイントカードがあるお店では、
ポイントをGETせずにいられない性分なのは(しぶしぶ)理解できるとして、
解せないのは、同じお店のポイントカードが何枚もある。

・・・ので、全部あわせればすでにポイントが一杯になっている店もあるのに、
何枚にもバラけているので一切たまっていません。

なんかお得好き意味なくね?

そしてこの辺から相方の“お得”に対する姿勢に疑念がわくようになってきたと同時に、
なんかこの発掘作業がえらく楽しくなってきました。

なぜなら金目のものが出てきたからです。

まずは「15,000円分の商品券」

カードのポイントがたまったので、商品券に交換しておいてそのまま忘れていたそうです。
取り合えずこちらは没収させていただきました。

そして結婚式の時にご祝儀として配ったお金。

って、何年前だよ。結婚式って。 ∑( ̄ロ ̄|||)

結婚式の時にヘアメークの人などにポチ袋に入れたご祝儀を配りますが、
どれぐらいの人数分必要かわからなかったので、
そう言えば、多めにポチ袋に入れて相方が持ち歩いたんですよね。

その結婚式の時のポチ袋数個がそのまま無造作に書類の間に挟まってありました。

中を開けると、いかにもめでたそうなピン札のお金が12,000円分、
結婚式で使用したものは2人の共有の財産なのでこれも勿論ボッシュート。

そしてそれから大量の小銭、
小銭で2,500円分ありましたが、こちらもドサクサにまぎれてポタ資金として没収。

最大の大物としては、引き出しの中に無造作に入れるには
シャレにならないほどの大金(わが家比)がありました。∑(゚∇゚|||)

本人が存在をすっかり忘れていたのでどんなたぐいの金銭かは不明ですが、
おそらく独身の時に持って来てそのまま突っ込んでおいた埋蔵金と思われます。

さすがに大金なので(あくまでわが家比)気の毒で没収はできませんでしたが、
自転車購入資金としての活用をお勧めしておきました。

それと2,000円札数枚・・・
珍しいので貯めていたらしいですが、
こういう人がいるので流通しないんでしょうね。あれ。

そして最後に大量のクオカード

やたらネットで応募してGETしているのは知っていたのですが、
せっかくお得にGETしても溜め込んでいるだけで使っていなきゃ意味なくね?
なんでも使うのは面倒くさかったらしいです。

・・・と今回、相方のカオスよりいろいろな物を発掘しまして、

相方という人間の不思議な二重性を垣間見る事ができました。

相方はお得や小金には鬱陶しいほど執着しているのに、
一旦溜め込んだお金やクオカードには見向きもしないなんて、

相方ってもしかして二重人格じゃねえの??

という疑念。

守銭奴から来るお得好きだと思っていましたが、

純粋にお得な行為が好きなだけなのか?

どちらかというと相方の貯めこんだ小銭を
冷酷に没収している私の方が守銭奴じゃね? (゚∇゚;)

ホント相方のお得の神秘です。

お宝が発掘できた事もあって思いの他楽しく整理整頓をしましたが、
そう言えば肝心のカードが見つかってないじゃん。

このカオスにないんじゃ万事休すだよ。オイ∑(゚д゚|||)

そこでふと初心に帰り、相方が財布を見てみると、
なんと財布の中にありました。

頭の中にサザエさんのテーマが流れたのは言うまでもありません。

本当ならここで大説教祭ですが、お宝に目が眩んで気を良くしていたので、
「もうしょうがないなぁ。^^」と見逃してあげました。

まさに地獄の沙汰も金次第です。 

思いがけず手に入ったあぶく銭、
せっかくだからこれで美味いもんでも食べに行こうと目論んでいました。

が、

今日クーラーの修理にくるんですよね。そう言えば。

ちぇ。バッドタイミングだぜ。

最悪クーラーの修理代にボッシュートだろうなぁ。トホホ。

ランキング参加中です。できればぽちっ☆とクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログへ  人気ブログランキング

関連記事
多肉植物物色(後)ポタ【その1】
もうすぐ梅雨も終わりのようで、日々暑い日が続いていますが・・・

冷えるって素晴らしーーーい!!

今わたくしは、改めて文明の利器の恩恵を噛み締めております。

先週、デンコちゃん推奨気温を遥かに越えた18度設定にしても、
そよそよと生暖かい風がそよぐばかりで気温は一向に下がらず・・・

室内の温度計がいつまでたっても30度を切らない状態を見て、

このエアコンはいかれている。

とさすがに思いまして、エアコンの修理をお願いしたわけです。

そして数日間、気温30度(超え)湿度70%の熱帯リビング生活の末、
火曜日に修理の方が来てくれました。

結構大掛かりな機械を持ち込まれての修理だったので、
気の弱い私としては、

わざわざ(大掛かりな荷物で)来てもらって、
急に裏切られて直っちゃったりしたらどうしよ。


もしかしたら私と相方の神経の方がいかれていて、
エアコンは冷えているのに、冷たく感じなかったという事もあるかも。

とドキドキしたのですが、調べていただいた結果、

無事(?)エアコンは故障していました。

原因はガス漏れ。

冷却ガスが漏れて少なくなってしまったので、
クーラー機能が使えなくなってしまっていたようですが、
肝心のガス漏れ箇所については、残念ながら捜索不可能という事です。

えっ?!ガス漏れ箇所が不明じゃ、また漏れまくるんじゃ(゚∇゚ ;)

と思いましたが、もちろん漏れまくります。

ガス漏れも派手に漏れてくれれば、すぐに修理箇所もわかり修理が可能なようですが、
うちのエアコンの場合、どこからかちょっとずつガスが漏れていたようで、
微量なので最悪工場に持ち帰って真剣に調べないと判別不可能だという事・・・

微量ずつしか漏れんようなので今回ガスを注入しておけば2~3ヶ月は持ちそうだし、
それで夏の間は使っていて、また夏が終わったらもっと大掛かりな修理をする・・・らしい。

「・・・なるほど・・・そうなんですか。」

と説明を冷静に聞いている振りをしていましたが、
私の心の中は千々に乱れていました。

なにせわが家のエアコンは、購入して約4年目、
メーカー保障(1年)は、いい感じに切れておりまして、
当然、修理代金はお客様負担となる事が予想されます。

先日相方のカオスを探求の末GETした12,000円があるものの、
なんかそんなんじゃ焼け石に水の予感・・・

そんないつ直るかわからないエアコンでは、
この先幾ら毟られるかかるか不明じゃね?

虚しい・・・

特に何も目新しいものも残らない“修理”にあまり金銭をかけるのは至極虚しく感じます。

仕方がない事なんですが・・・(--;)

そしてそんな絶望をおくびにも出さずに、修理業者の方とお話しまして、
お話がひと段落ついたところで、

「・・・今回はいかほどで・・・。」

と核心に迫ったところ、なんと!幸運にも今回はタダとの事でした。

なんでも普通の修理の保障は1年間らしいのですが、
冷却機能の保障は5年間あり、まだメーカー保障期間なので
修理箇所が運悪く保障外の場所でない限り、無料で修理していただけるようです。

危なかった。幸い(?)ギリギリ4年でしたが、5年を過ぎていたらまずかった。

なにせガス漏れ箇所が不明なので、
その場所が運悪く保障外の場所にジャストミートである可能性もありますが、
もうこうなったらそれはその時に考えるとして、
先日、発掘したあぶく銭(12,000円)は、発見当初の予定通り、
外食費に充てちゃおうと思います。

しかし数日とは言え、熱帯地獄を経験すると、クーラーのありがたさを実感します。

クーラーを考えた人って天才じゃね?

と今更ながら思います。

・・・そしてなかなか現在に追いつかないままポタ日記は未だ過去を彷徨っております。

過去の出来事で相変わらず読みにくくて申し訳ありませんが、
よかったら読んでやってくださいませ。

******************************************* 

元々私は緑が豊富な場所で育った上に、
植物好きの母が庭に植物を植えたい放題植えていたので、
ジャングルのように植物が密集している庭のある家で育ちました。

というわけで今まで植物が周りにあまりないという暮らしをしたことがなく、
緑のない暮らしがどのようなものか、マンション暮らしになり初めてわかりました。

以前は、半庭師のような植物大好きの母を持っていたわりには、
その辺は隔世遺伝だったのか、単に父に似たのか、
私はしゃべらない植物よりも動物の方が好きな性分だったので、

「別に食えない植物なんてなくても人生に支障ないだろ。」

と思っていました。

しかしそれは持てるものだからこそ言えた事で、
ヘタすると野菜以外の植物を1日中見ないという生活を実際してみると、
緑の地球に生きる以上、そんな生活はかなり精神衛生上よろしくないらしく、
「緑くれよ。緑。」という禁断症状が出てきました。

そこで観葉植物1号を購入する事にしたのですが、
これまでの植物に対しておざなりに接して来たので、
植物への接し方がイマイチわからず、オロオロしているうちに1号死亡。(合掌)

しかし1号の尊い犠牲により、少しは植物の気持ちがわかったような気がする。・・・たぶん。

1号の死を無駄にしてはならぬと間髪入れずに2号を購入したのですが、
植物との意思疎通はそんな簡単なものではないようで、
この2号との間柄もいまひとつ・・・

全体的に枯れるまでには至っていないものの、
生き生きと育っているとは言いがたい。

うちに来てから外の葉は枯れるし、なんか奇妙な枝ぶりになっちゃったし。

そこで目をつけたのが“多肉植物”

サボテンもこの多肉植物の仲間に入るのですが、
サボテンと言えば、ほったらかしでも強く生きていくイメージです。

私が目をつけた多肉植物はサボテンとは若干違うのですが、
まあ、同じ仲間なら構造はそう変わらんだろうし、

こんな私とでもうまくやっていけるに違いない。

と思いまして多肉植物を購入しようと思っていたのです。

しかしいわば成り行きで目をつけたので、
多肉植物の事については、さっぱりわかりません。

近所のお花屋さんを覗いてもあまり種類が売っていないし、
通販でならいろいろな種類が購入できるようですが、
とは言え通販では、どれぐらいの大きさかとかピンと来ませんし・・・

やっぱり、最初ぐらいは実際に見て購入したいしなぁ。

と思っていたところ、千葉県の稲毛にある「花の美術館」で、
千葉多肉植物クラブ(あるんだそういうクラブ・・・)主催の
「多肉植物とサボテン展」が開催されるという情報をGET!

そこでは即売もしてくれるという話ですので、
イベント開催中の6月20日(土)は、稲毛に行く事にしました。

稲毛まで自転車で行けない距離ではないので、自転車で行きたかったのですが、
流れで多肉植物を仕入れてこようと思っていますので今回は車で・・・

でもせっかく海近くの街に行く事だし、稲毛には全長14.3kmの
ちょいポタにはいい感じなサイクリングロードもあるそうなので、
多肉植物物色後は自転車に乗ろうと、車載で自転車を持って行く事にしました。

車載をして現地でポタるとなれば、せっかくだからある程度の時間はポタりたい。

ついでにご当地グルメなんかも堪能してくるぞ!

と気合を入れて出発したのが、12時半。

って、本当に気合入っていたのか?自分達。という時間です。

わが家の場合、私も相方も一兵卒タイプで指揮官が不在なので、
いつもダラダラと遅くなってしまうんですよね。

稲毛までの道路状況は可もなく不可もなく・・・

いつも混むような船橋あたりでは軽く渋滞をしつつも、
平均してみれば順調に稲毛の「花の美術館」まで到着しました。

到着時間は午後2時、駐車場は一日500円です。
端の方はいい感じに空いていましたので、自転車を出すにももってこいでした。

が、

一つだけ最大の問題点が・・・

なんと駐車場の閉鎖時間は午後5時半とあります。

って、早くね??中学生の門限レベルまで早くね?

いかに世間が眠らない方向に行こうとも、その辺は公営の場、
確かに「花の美術館」自体の営業時間が5時までなので、
それから先の時間、花の美術館的には駐車場を開けとく理由はないだろうしなぁ。

こっちにはできれば開けといて欲しい理由がありましたが、どうにもならず・・・。

あと3時間半で多肉を見て、その後稲毛をポタるのは、ちょっと忙しい気がしましたが、
多肉植物を見るのにそんなに時間がかかるとも思えないし、
往復30km弱のサイクリングロードなら行けない事もないだろう。

まずは多肉をGETせにゃはじまらん。

と「花の美術館」まで急ぎました。

この「花の美術館」というのは、千葉市の緑化の普及啓発の拠点施設として、
平成8年4月2日開館したそうで、さすが緑化を啓発の拠点というだけあって、
屋内外に様々な花が植えてあります。

花の美術館

屋内には温室もあり、そこでは季節や場所を無視した熱帯・亜熱帯の植物が
植えてあるそうですが、庭には季節感のある花が咲いていました。

入口にはマスコットキャラクターの“はなちゃん”

はなちゃん

「名前に捻りがないなぁ。」とかいう余計なお世話はさておき、
こういうところのキャラクターにしては、なかなか可愛くてゴージャスです。

花の美術館内の入場料は1人200円。

チケット

・・・・・参ったなぁ。

入場料が発生するのは想定でしたが、200円払ったとなると、
無条件に満喫せずにいられないお方がわが家には約1名おります。

そう広い施設ではないようですが、なにせ時間がありません。

短時間で施設内を全て網羅できるだろうか・・・(不安)

さて、まずは目的の「多肉植物サボテン展」へ行きます。

多肉植物展

多肉植物展が行われている場所は、思ったよりも広くなく、
よく市民会館などで“踊りの会”とかが行われているような
多目的ルーム程度の大きさでした。

今まで多肉植物を積極的に意識していなかったせいもありますが、
こんな大量の多肉植物を見たのは初めてです。
(サボテンのみならシャボテン公園とかでありますが・・・)

多肉植物

中にはこんな多肉というより、実は細菌類とかじゃね?という多肉植物とか、

多肉植物

綺麗に寄せ植えをしてある多肉植物もありました。 

多肉植物

なんか多肉植物でここまで美しく植えるって匠の技ですね。

そして中にまさに私が以前ネットで見て目をつけていた多肉植物も・・・

多肉植物

このお花のようなピンクがかった多肉植物です。

が、

このピンクの多肉植物には値札がありません。

中には販売しているのもあり、値札があるのもあるのですが、
残念ながらこの多肉植物は展示品のようです。

それでももの欲しそうにしていると、係員の方(おそらく千葉多肉植物クラブの方)が
話しかけてきてくれましたので、チャンスとばかりにダメ元で、

「これは販売していただけないんですよね・・・。」

と聞いてみると、

「よかったら、販売しますよ。」

とあっさりと答えてくれました。いや~言ってはみるもんすね。

しかし問題はお値段。

値札が付いていない言うことは時価ということになります。

時価・・・恐怖の響き、こんな札が掛かっているお寿司屋さんには、
味がわからなくなりそうなので、金輪際行きたくないと思っております。
(どうせ縁もないけど)

案の定、相手をしてくれた方には、お値段は決められなかったらしく、
責任者っぽい男性にお値段を聞きに行きました。

そして話を聞いた(であろう)男性はむずかしげな顔をして思案されています。

多肉植物の相場がよくわからないだけに、どの程度に収まるかさっぱり不明ですが、
彼の眉間の皺を見るだに、これはかなりのお値段と思える。

「うーん。これは大きいし、
いいものだから結構もらわないとならないなぁ・・・。」


という心臓に悪い独り言も聞こえてきます。

「後悔」の二文字が頭によぎりましたが、
私的にはここまで来たら後には引けません。

なぜならスーパー見栄っ張りだからです。

これは5,000円は行くだろうなぁ。・・・もしかして10,000円越えかも。(汗)

こういうところは「カードで・・・」というわけにはいかんだろうし、
現金幾ら持ってたっけ?

と私が自らの財布の中身に思いをはせたところで、
お値段の結論が出たようで、男性が若干申し訳なさそうに言うには、

「これは2,000円はもらわないとダメだね。」


・・・2,000円って・・・(゚∇゚ ;)

・・・安っ!

未知の植物でしたが、多肉植物の相場ってそんな感じなんだ。・・・へぇ。

こいつはいただいたぜ!

と思いました。

そしてすっかり購入ベースで話を進めていたのですが、
話の途中から雲行きが怪しくなり始めたのです。

よく知らんけど多肉植物なんてもんは、
「適当に置いとけば勝手に育つだろう」と思っていたのですが、
念のため育て方を聞いてみると、そんな甘い生き物じゃない・・・らしい。

まず基本は光がないとダメらしく、特に私の欲しかったピンクの多肉植物は、
1日のうちで長い時間、直射日光を当てないと、間延びして妙な形になるそうで、

つまり窓に西日しかあたんねーわが家は論外。

全体的に言えば、西日の部屋で育てるには、
薄い色の多肉植物は向いていないそうです。

奥の手として専用ライトを当てれば育てられない事もないようですが、
さすがにそれは・・・(--;) まだそれほど愛のある関係じゃないし・・・

一日中光が入っている部屋など夢また夢のわが家としては、
希望していたピンクの多肉植物を育てようもないので断念しました。(T_T)

という事で、薄い多肉植物は西日しか当たらないわが家には不向きとわかりました。

しかし、「このまま引き下げれるか!」とばかりに、
西日の部屋でも育てられる多肉植物がないかと食い下がったところ、
緑の多肉植物なら比較的西日の部屋でもいけるという事でした。

緑の多肉植物は想定外でしたが、
部屋の向きを変えられない以上仕方がない。

好みの感じで緑・・・みどり・・・

と探していると、ぷっくりとした緑の葉の多肉植物が目に付きました。

「ゴールドラッシュ」という札が刺さっているその多肉植物は、
最初から売り物らしく1,000円と値段が付いています。

こいつに決めた!

そして「これお願いします。」と言うと、
係りの男性は「いいもん見つけたねぇ。」という顔をしました。

このゴールドラッシュという多肉植物は、めずらしい多肉植物なので、
ネットではもっと高額で販売されているということです。(ホントか?)

特徴としては冬に黄色に色が変わるそうな・・・。

って、聞いておいて良かったーー。

その辺聞いていなかったら黄色になったら枯れたと思って、
うっかり捨てちまうところでした。

そういう事を詳しく教えてもらえるのが直販の良さですね。

最後に多肉植物というのは何年位持つのか聞いてみましたが、
なんと多肉植物というのは、キチンと育てれば永久的に生きるらしい。

真ん中から新しい葉が生まれると端から枯れていくそうですが、
そういう新陳代謝を繰り返し永遠と・・・

いや、枯れないで欲しいですよ。確かに枯れないで欲しいと思っても、

しかし永久とか言われるとさすがに重い・・・ような。

こっちには短い寿命があるし。

1,000円で購入したこれを子々孫々まで伝えにゃならんのか。

と、心に複雑な思いも芽生えつつも、多肉植物を購入。

こちらが購入した「ゴールドラッシュ」です。

ゴールドラッシュ

この濡れ手に粟っぽい名前の由来は、冬にゴールドになるからだろうなぁ。

さて、自転車を乗るために時間も迫っていることですし、
とっとと施設内を見物しなければなりません。

急いでいるんだから施設内見学を飛ばすという手はないのか?

と思わないでもないですが、残念ながらないんです。

大急ぎで施設巡りに取りかかりましたが、
この後、大変に時間がかかる施設に引っかかり、
大幅に予定が狂うことになるのです。

・・・続きます。m(__)m

ブログランキングに参加してます。できればポチッ☆とクリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキング

関連記事
多肉植物物色(後)ポタ【その2】
第一の目的の多肉植物も無事購入し、
向かうは、第二の目的「花見川サイクリングコース」

花の美術館の近くの稲毛海岸から続くこのサイクリングコースは、
往復すると約28km。

サイクリングコースとしてはそう長くない距離ですが、
わが家の亀足ライダーぶりと、途中のポタメシ満喫ぶりを考慮すると、
いち早く駐車場に戻り、自転車を準備したい。

しかし、

雨の日も風の日もチャンスの時もピンチの時も、
できれば早く自転車に乗りたいと思うこんな時も・・・・

いついかなる時も相方の中にご鎮座ましましているせっかく神様お鎮めするために、
入場料分を払ったからには、その入場料分をそれなりに満喫するべく、
「花の美術館」内をぐるりと一周しなければならんのです。 

千葉市民の緑化啓発の為に・・・と自負されるだけあって、
花の美術館の施設内には屋内外と関係なく、これでもかと植物が置かれています。

花の美術館

まあ、よくその辺でもみかける花の近くは軽く流すとして、
メインとしては、普段その辺に生えていない温室の中の“亜熱帯植物”

温室

よく体の弱いお嬢様がおられるような、吹き抜けっぽくなっているガラスの温室には、
マンゴーやらなにやら(結局、食い物関係しか覚えていないですみません)
いかにも熱帯熱帯した植物が植えてありました。

マンゴー

そして屋上に行くと、ベランダ菜園を啓蒙した(と思われる)ハーブや花の寄せ植えなどがあり、

屋上

ハーブなどは食えるだけでなく、センスよく美しく植えられています。

ベランダ菜園にあこがれている私としては、これは心惹かれました。

常々、緑を見ながら食料も確保できるベランダ菜園ってス・テ・キ。

とは思っていますし、ベランダ菜園でナチュラルに美しく節約されているスーパーな奥様には、
尊敬の念を禁じえないのですが、なにせ現実的には、観葉植物クラスで枯らしている腕のなさと、
西日しか当たらないベランダで豊作が期待できるとは思えないので、
今のところ憧れのみで終了しているのです。

いつか植物と心が通じる人間になり西日のみが当たる部屋とおさらばする日が来たら、
その時はスーパー奥様への道を歩もうと思います。

施設内にはこんな空間もあり、表題は“フラワー体験カフェ”となっていますが、
特にお茶、コーヒー水等は提供されておらず、
”カフェ風な場所で植物を学ぶ場所”というコンセプトでしょうか?

体験カフェ

ちぇっ。

と“カフェ”という言葉に惹かれた身としては思いましたが、
ついでに遊んでいく事に・・・

写真のカウンター越しにダンディーでオーガニックなマスターがいれば、
立派なカフェという感じの場所ですが、このカウンター風に作ってある場所は、
何をする場所かというと、植物クイズに答える場所です。

一見トレイに見えるものに、花の写真が載っていて、
問題

それをめくるとその花から収穫できる実が入っています。

つまりなんの野菜の花かを当てるクイズなんですが、
大掛かりな仕掛けの割には、クイズの数はぐんと控えめの全部で5問。

紙2枚で済むようなところに、つい金を掛けてしまうあたりが、
古きよき時代の箱モノを思わせていい感じです。

しかしこの野菜クイズ、千葉市の都会に住む子には難しいかもしれませんが、
幼少の頃は夏はウシガエルが泣き叫ぶ田んぼと畑に囲まれて育ち、
親戚筋はほとんど農業を兼業していた私としては、チョロイ問題です。

ふっ。簡単な問題だなぁ。

端からめくってみると・・・ハズレ。

なにをーーー!(゚皿゚#)

だんだん熱くなりまして、次から次へと問題をめくって行ったのですが、
5問中2問正解、まさかの正解率40% 

私としたことが・・・orz

意外に覚えていないもんですね。野菜の花って。
なんか似たような花多いし。・・・負け惜しみですけどね。

ちなみに上の写真の正解は“オクラ”でした。

オクラ

私はこれも不正解でしたが、うちの親戚にはオクラなんて植えてなかったっす。・゚・(ノД`;)・゚・

そして敗北感からふと我に返ると・・・ヤバイ。

「流すだけ」とか言いつつ、結局満喫しちゃっとるやん。自分達。

このままでは、もう一つの目的のサイクリングロード全長制覇が危ぶまれます。

今更ですが、あわてて外に出ると
そこにはわが家の自転車ライフを阻止べく用意された(妄想)、
花の美術館最終兵器が我々の行く手を阻んだのです。

その最終兵器とは・・・

花の美術館に併設されているフレンチレストラン「ラ・ミューゼ」

ラ・ミューゼ

入る時は、あまりよくみなかったので「売店かな」と思ったのですが、
こんなところに(失敬)フレンチレストランがあるなんて・・・

嗚呼、運命の悪戯・・・何故、気づいてしまったのだろう。

素通りできないやんけ。

場所柄からいうと、私営というより半公営なのかもしれませんが、
外から覗き見ると、テラス席からは花の美術館の植物を見ながら食事ができるようで、
なかなかおシャレ・・・に見受けられる。

海近なので季節柄からかお勧めとして牡蠣を提供しているようで、
(いや、近くの海では採れないと思いますが)
お店の前に置かれたこじゃれたバケツには、まるで貝塚のように、
牡蠣の貝殻が積んであります。

外見の貝部分だけですが、想像力を駆使すると牡蠣超うまそう。

ポタメシニスト(今回はさっぱりポタってないけど)を自負する私共としては、
「ここは調査せねばなるまい。」という無駄な使命感も若干芽生え、
私と相方はこの後のポタ予定などすっかり忘れ(オイ)、
なにかに(つうか牡蠣に)導かれるようにお店に入店しました。

“ウエディングも承っております”というこのレストランは中に入ってみると思ったより広く、
花の美術館を見ながら食事が出来るというムーディな付加価値からか、
カップルも多いような気がしました。

特にテラス席はカップルが多かったのですが、
私たちも見ようによっては、一応カップルと見えない事もないからか、
それともたまたまなのか、美術館に面したテラス席に通されました。

ラ・ミューゼ

前面植物でなかなかムーディです。

相方も私もまずは各々生牡蠣を注文、
そしてそれだけと言うのも(胃的に)なんなので、パンを注文しました。

そして、しばし待っている間に、花の美術館でもらった資料を見ていてたのですが、
そこで見たのは、花の美術館入口で見かけたマスコット“はなちゃん”の2次元バージョンです。

はなちゃん

なんか3次元と2次元では別人のように違う。(これはこれで可愛いけど)

ところで2次元はなちゃんは、一般公募で決まったようなディテールですが、
どのうようにして決定されたのでしょうか?

普通2次元の物を3次元にすると妙にリアルで失敗する例も多いような気がしますが、
(セ○トくんとか・・・ああ、あれは2次元からアレか・・・)
これは3次元にしても可愛くなった数少ない成功例だと思います。

そうして待っているうちに出てきたのは、大粒の牡蠣4つ、

牡蠣

これで値段は1,150円なのは安い。

本来なら飲み物はワイン・・・と行きたいところですが、
車の運転もあり、自転車にも乗るので、不本意でもアイスコーヒーです。

せめてコーラかジンジャーエールにすれば良かったとこの後、激しく後悔するほど、
貝類とカフェインはバッドマッチングでした。

もし周りで頼む人がいたら「お若いの、それはやめておけ・・・」と言ってあげたい。

が、牡蠣自体は本当に美味しい。

それぞれ産地が違う牡蠣が2個ずつ乗っていたのですが、
食べてみると確かに味はそれぞれ違うものの、
どちらも口に入れるとふっくらとクリーミーで美味しかったです。

牡蠣

余談ですが、この時4つしか牡蠣を食べなかったので、
その物足りなさが牡蠣食べ放題の記憶を呼び覚まし、
後に八重洲まで牡蠣食べ放題に行く事になりました。 (f*^_^)

パンの方は私は「サーモンのベーグルサンド」

サーモンベーグル

相方はみっしりとしたお肉のテリーヌが入った「カンパーニュパンサンド」

パテカンパーニュ

このお店は手作りパンにもこだわりがあるようで、
サーモンもパテサンドも本格的な味がして美味しかったです。

これで各630円はこれまた安い。

・・・ので、とても文句とか不平不満を言えた義理ではないのですが、
どーしてもただ1点気になったのは、パンの付け合せとしては、
いささか斬新な「ポテトチップス」

・・・勿論不味くはない、不味くはなかったけど、

シチュエーション的に

「ええーーーっ?ここでこれ?」

と思わないこともない。

通常こういうポジションに使用されるのはポテトフライですが、
考えてみれば、まあ、確かにイモのフライというカテゴリーでは大きく乖離をしていないので、
経費と人件費の削減にもなりそうだし、いいちゃーいいのか。

そうして牡蠣とオシャレレストラントラップに見事引っかかり、
予想以上の時間をレストランで過ごしちゃったのですが、
いざ、やっとこれからポタに行こうと思い、レストランを出て時には、
風雲急を告げるような、なんとも微妙なお空になっていました。

雲行き

・・・なかなか自転車に乗らず、すみません。(汗)続きます。

ブログランキングに参加してます。できればポチッ☆とクリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキング

関連記事
夏のバーゲン前哨戦

またもやポタ日記の途中ですみませんが・・・

連休ですね。

昨日はわが家恒例の半期に一度のスペシャルイベント、バーゲンポタ
・・・に行こうと思いましたが、なんとなく天気が芳しくないので、
熟慮を重ねた結果、普通に電車で銀座までバーゲンに行きました。

銀座のデパートを巡ってきたのですが、
最近のデパートの中に入っているブランドは、
モロお若めの方をターゲットにしている品揃え
(もしくは私の年代より突き抜けた感じのお姉さま用お洋服)が多く、
齢を重ねるにしたがって、買いにくくなっておりまして、
(もう少し歳を重ねればまた買い易くなるかも)
昨日も洋服関係は不発に終わりました。

が、

私にはこの夏のバーゲンで一刻も早く、
そしてどーーしても手に入れたい品がありまして、

その手に入れたいアイテムとは万能サンダル。

いや、万能サンダルという名前は私が勝手に名づけているだけで、
そもそもそのような名前ではないのですが、
夏の普段履きにもよく、ちょっと目をつぶればオシャレ着の時にもはけない事もなく、
おまけにちょっとした時なら自転車にもOKという、
履いた時の安定性とフィット性全てにおいて優れ、
更に元値が安価なのでいろいろな意味で精神的苦痛も少ないという万能のサンダルの事です。

そんな万能サンダル1号を仕入れたのは、約5~6年前、
偶然露店のような場所で見かけて、3,000円程度で激安価格で購入したのですが、
これがまるでシンデレラの靴のようにぴったりフィット。

この5~6年間の夏、私の各シーンを彩ってくれた万能サンダル1号は、

あまりに彩り過ぎて、先日とうとうこんな無残な姿になりました。

一代目

1代目ーーーーーーっ!!(号泣) ・゚・(ノД`;)・゚・

いや、靴底とか割れてきたのは知っていたのですが、
騙し騙し履いて(しかも1年ぐらい)いました。

しかし万能のヤツにもついに限界が訪れたようで、
先日、スーパーを歩いている時に、

「スマン、オレはもうダメだ・・・がくっ」

っとばかりに、ベルトが根元からブチッと切れました。

いろいろな付加価値だけでなく、
私の中で減価償却率がスペシャルにいいサンダルだったのに・・・残念です。

そこで万能サンダル2代目を見つける事になったのですが、
なにせ私の足というのは、スーパーE難度の横広扁平足で、
がっかりな事に、ほとんどの靴は合わない。

その場では一応履けるような気がするので購入するのですが、
家で改めて履いてみると、ほとんどの場合、靴ずれやマメができます。

それでも文字通り血のにじむような思いで履いていると、
血と涙の末に、まあ、なんとか合う様になってくる靴もあるのですが、
下駄箱でお蔵入りになっちゃうけしからん靴も多いのです。
(けしからんのは、扁平な私の足の方か・・・)

最悪スニーカーを履いても血がにじむんだから、
本当に私の足は・・・(--;)

子供の頃からこうなので、お陰で足に関して言えば、
多少の流血や痛みは気にならなくなくなりました。

そして万能サンダル1代目がそろそろやばくなってきたこの1年、
それなりに2代目を探してはいたのですが、
そんな足なので、どのサンダルも帯に短し襷に長しで、
なかなか2代目を襲名するような万能サンダルは見つかりませんでした。

しかしもうそうも言ってられん。

風雲急を告ぎまくりです。

昨日は理想と少々異なっても仕入れる覚悟で2代目捜索し、

そしてなんとか1代目の倍以上の価格でGET!

二代目

正直、1代目が偉大すぎたので、2代目としては少々小粒で不満がないわけではないですが、
兎に角、履き易さとフィット感重視で購入しました。

昨日買い物途中に、履いていた靴が合わず丁度いい感じに血がにじんできたので、
急遽、2代目を発動させたのですが、ちょっちオシャレ度は低いものの、
履きやすさはなかなかでしたので、こいつとしばらく夏をやっていこうと思います。

1代目と同じ減価償却率にするには、10年以上履かんとならんのか・・・無理だな。 

しかし1号・・・初恋のあの人に初めて貰ったプレゼントとかでもないのに、
愛着がありすぎて、こんな無残な姿になっても捨てられずにいますが、

さすがに直せ・・・ないだろうなぁ。

ところで有楽町マルイの自転車ウエアショップ「ローテイトショップ」も
バーゲンをやっていまして、そちらも覗いてきたのですが、
ちょっと前よりは本格的なウエアが多いような気がしました。

一応、申し訳程度にほんのちょっぴり女性ウエアも販売するようになっていましたが、
なにせバーゲンになっていても元値がお高いので、
ちょっち手が出せなかったです。

グローブとかはしっかり元値だったし・・・

さて、自転車で出かけなかった時に唯一いい事は、

酒が飲める。

という事です。

先日、相方の魔境の引き出しからGETした12,000円のあぶく銭がありましたので、
ここはパーッと飲んでくる事にしました。

・・・と言えば、また来ちゃいました「RIGOLETTO KITCHEN 」
ちなみに以前来たときの記事はこちらこちらです。

リーズナブルな値段で、しかも料理が美味しいので順調にはやっているらしく、
この日お店に行くと満席、15分程度の待ちで入れました。

そしてやはり夏と言えば、「ハイネケン・エクストラコールドビール」

ハイネケンエクスとラコールド

0度以下で提供されるというこのビールは、
のど越しが冷たくて、五臓六腑に染み渡ります。

家計を預かるようになってから、職業病といいますか、
何をするにも良くも悪くも常にご予算を見越して計算するようになり、
相方と食事や旅行に行っても、昔よりも若干楽しめなくなっていましたが、

いやーーあぶく銭っていいですね。

昨日は会計の事など微塵も考えず、たらふく飲んで食べてきまして、
バブルマネーをパーッと使っちゃいました。 (ちなみに料理は一部です(*^^*))

パテパスタ

カンパチチーズ

今流行の(歳をとると流行は、数光年遅れてやってくるもんで・・・)

「バーニャカウダ」

バーニャカウダ

なども食べちゃいました。

変哲のない茹で野菜のように見受けられますが、こんなリーズナブルなお店でも

バーニャ価格の1,350円!


このバーニャかカウダか知りませんが、タレに高額の秘密があるようで(たぶん)、
アンチョビ風味のなかなか美味しいタレでした。

そして散々満喫して飲んだ為か、相方の魔境の呪いか、
今朝からちょっと(私のみ)体調に支障をきたしまして、
これから少々ポタに出かけてからしょう油の街市にいかにゃならんのに、
体調回復まで家で待機しておる状態です。

そろそろ行けると思うんですが、途中で・・・(ご想像にお任せします)だと思うと怖い。


ランキング参加中です。できればぽちっ☆とクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログへ  人気ブログランキング


関連記事
自転車関連情報2題
どうも、こんにちは。くろばいBです。
三連休も今日で終わりですねorz

自転車の情報を見つけたので久々にブログを書こうと思います。


その1:自転車新番組「サイクルTODAY」

今日、7月20日からラジオ日本で自転車の新番組「サイクルTODAY」が始まるそうです。
ラジオ日本の番組紹介ページによると

サイクルTODAYでは、自転車をこよなく愛する著名人と、競輪選手をはじめ自転車競技のアスリートをゲストに招き、対談形式で毎回自転車にまつわる楽しいトークを展開します。

だそうです。
初回のゲストはリサ・ステッグマイヤーさんと競輪選手の藤田竜矢さんだそうです。
放送日時は結構不定期なので、詳しくは番組ホームページを確認してみてください。


その2:自転車の総合プロデュース空間「サイクルスクエア北参道」オープン

7月17日から渋谷区千駄ヶ谷に「サイクルスクエア北参道」がオープンしました。
自転車の魅力を伝えるコンテンツの提供がされるそうで、レンタサイクルやカフェ・レストランも設置されているそうです。
「高級自転車試乗会」などのイベントも予定されているようで、今日7月20日には「金メダリスト石井雅史さんが金メダルとご自身の自転車を持参して登場!!」だそうです。
6ヶ月間の限定オープンなので、わが家でも近いうちに一度行ってみたいと思っています。

ブログランキング参加中です。この情報が「役に立った」と思う方はクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログへ  人気ブログランキング
関連記事
多肉植物物色(後)ポタ【最終回】
今日は前々から盛り上がっていた皆既日食の日でしたが、
東京の空は曇ってて、日食が見られませんでした。
(見られても東京は部分日食でしたが・・・)

天体観測にはあまり興味がないのですが、
連日のマスコミ各社の強力プッシュで徐々に興味がわいてきまして、
聞くところによると次の日本で日食観戦チャンスは26年後らしい・・・

・・・もう、この世にいないかもしれない。

と思うと、見逃すのがお損なような気がしまして、
冥土の土産にもなるし、見てみようという気になってきました。

一時は、話題の“日食観測グラス”なるグッズの購入も考えましたが、
モタモタしているうちに購入できず、今日の日を迎えてしまいました。

それならそれで太陽が欠けて三日月型になった影を撮影するという観測方法もあるらしく、
三日月影を撮ろうと楽しみにしていたのですが、

結局、太陽は出てきませんでした。(泣)

そして今回は寂しく各テレビ局中継の日食ショーを見ていたのですが、
完璧な日食が見られるという悪石島までツアーに行かれた方は大変だったでしょうね。

テレビの画面ではかなり天気が荒れているような感じでしたが・・・

でも、さすが日本で完璧な皆既日食が見られたという場所だけあって、
日食の瞬間は、お天気が悪くても真っ暗になるもんなんですね。

太陽が出ていない状況は同じでも部分日食の東京では、
ほとんど暗くはならなかったような気がしますが・・・

返す返すも太陽さえ出ていれば・・・

もう、こうなったら次の日食まで後26年、何が何でも生き抜いていこうと思います。

 

・・・ところで、またまた間のあいてしまったポタ日記ですが、
今回は“多肉植物ポタ”の最終回になります。

いつも読みにくくて申し訳ありませんが、よかったらお付き合い下さいませ。

ちなみに最初から読んでくださるという方は、
その1は→こちら、その2は→こちらになります。

*************************************

自転車そっちのけでせっかくだからトラップに引っかかりバチが当たったのか、
のんびり牡蠣なんか食べちゃった後に、今度こそ自転車に乗ろうとお店の外に出たところ、
空にはちらほら雨雲らしき雲が・・・

完全雨が降っていないのが救いですが、
この空模様ではいつどうなるかわからないような・・・

スタートが遅かった上に、散々満喫したのもたたりまして、
時計を見ると時刻はすでに4時をまわっていました。

タイムリミットの駐車場閉鎖時間の5時半まであと1時間半。(滝汗)

自転車を組み立てて(とは言え、前輪を入れるだけですが)
1時間半で戻ってこなければいけないとなると、
わが家の貧脚ではイリュージョンでも使わない事には、

花見川サイクリングコース制覇は無理だろ。

な時間になっていました。(何度言っても自業自得ですが・・・)

しかもお空は刻一刻と雨雲らしき雲が沸いているいやーんな感じです。

が、

しかし別の角度から考えると、天気の方は1時間半程度なら持ちそうな気もする。

せっかく千葉を走るために自転車を車載して来たわけですし、
このまま元を取らずに持ち帰るのは、なんとも労力上のお損です。

・・・そしてもう一つ、

わが家にはこの日できれば自転車に乗っておきたい最大の理由がありました。

すでに破る事が許されん雰囲気のわが家の自転車の掟、
「連続ポタ記録(1週間に5km以上、自転車で走る)」ですが、
この日は土曜日でしたが、次の日の日曜日は相方に予定があった為にポタれない予定でした。

そうなると、連続ポタ規定(相方作成)ではこの週の金曜日までの普段日の早朝か夜に、
5km以上自転車で走らなくてはなりません。

しかしおりしも梅雨の真っ只中、1週間ぐらい雨が降り続くこともザラですし、
今後の天気がどう転ぶかわからない以上、ポタれる時にポタっちゃった方が、
精神衛生上も快適に過ごせるような気がします。

で、どうする?!自分達!

と、優柔不断人間(×2)の哀しさでただでさえ時間のない時に、
5分ぐらいウジウジと悩んでいたのですが、

こんな風に悩んでいる間にとっととポタッ方が良くね?

という事に気づきまして、短時間でどこまで行けるかわかりませんが、
まずポタ記録規定の5kmを目指し、花見川サイクリングコースを
行けるところまで行くことにしました。

そうと決まれば、猛ダッシュで自転車を準備、
花の美術館駐車場のすぐ横にある海岸沿いから

稲毛海岸

サイクリングコース目指してGO!です。

稲毛海岸

さて、この稲毛海岸沿いの海沿いの道、
ここもサイクリングロード的な雰囲気を醸し出していましたので、
この時はすっかり花見川サイクリングコースの一環だと思っていたのですが、
実は、ここはまだ花見川サイクリングコースではなかったようです。

私的にはこのままずーーっと海岸を走るコースと思ってたのですが、
よく見ると“花見川”と冠しているだけあって、
正式には東京湾から検見川を起点として、
そこから花見川沿いに利根川にぶつかるまでの道を言うですね。

この稲毛海岸沿いの海沿いの道は、プレサイクリングコースだったわけですが、
いささか追い風気味の気持ちのいい海風を浴びながら数キロを走りました。

連続ポタ規定の距離は約5km、片道だと2.5kmになります。

その2.5kmに達し、その後海沿いの道から正式サイクリングロードに入る直前、
私の体に最近よくある異変が起こりました。

気分が悪い。 (-_-;|||)

なんか胃の中で先ほど食べた生牡蠣とアイスコーヒーのカフェインが、
融合を拒否して主張し合っている感じです。

こいつと一緒に消化されるのはごめんだ!

みたいな。

いや、食べる時も「なんとなく食べ合わせが悪そうだなぁ。」という予感はしたのですが、
そういう予感は的中するようで、私的には食べ合わせはよろしくなかったようです。

体質的な差か、私よりも数段健啖な胃をお持ちなのか、
同じくこの食べ合わせをした相方は、
別になんともなさそうに無事消化を遂げていたようなので、
私だけがダメだったのかもしれません。

そう言えば、私のこの異変はいつも食べた直後に自転車に乗り、
結果、リバースの危機と戦う羽目になっているような・・・

世の中、異性問題で失敗したり、賭け事で失敗するタイプの方がいますが、
私は食い物で失敗するタイプだったんでしょうか?

まさに川沿いに入り、待望の花見川サイクリングコースに入って数km(1~2km?)
私の胃にまたしても大きなリバースの危機が訪れ、
一応、5km規定は達成しそうだし、相方にリタイアを申し出る事にしました。

いつも特に目的地も希望(主に食関係)もないこういった場合、
率先してダラダラ走り、規定の5km以内で留めようとするような相方ですが、
なぜかこの日は何かに追い立てれられるように前を走っていました。

苦しむわたくしをほったらかしで・・・ (呪)

いきなり走りに目覚めた・・・とかあるわけないよな。

取り合えず胃痛に苦しみつつも、短距離ダッシュをして相方に追いつき、
リタイアの旨を告げたのでが、相方から出た第一声は、

「えええっ?!カフェはどうするの??もう少しなのにぃ!」∑( ̄ロ ̄|||)

って、第一声がそれかよ。(‐_‐#)

しかもカフェって・・・この期に及んでそんな事を考えていやがったとは・・・

つうか、このカフェイン(と牡蠣)による胃痛に苦しむ私を目の前に、
更にカフェイン摂取を促すとは・・・そうくるか。

意表をつかれた気分でしたが、
いつにも増して快調な彼のペダルさばきの意味はわかりました。

相方の野望はよくわかったが、しかし万が一、私の気分がスッキリ快調でも、
こんな時間のない時にカフェでまったりなんて無理だろ。

というか、私共がほんの2、30分前までしていた事はなんだったんでしょうね?

あれこそカフェでまったりだと思うのですが、

相方ちゃんは忘れちゃったのかな~?(^▽^#)

しかし相方の言い分を一応、聞いてみると、
これから行く目的地に相方が勝手に定めていたカフェは、
もともとはこの日に行くはずだったカフェらしい。
(結局、近場のオイスターに目が眩んじゃったけど)

当初の予定としては、そこでお茶を飲んだ後、
お土産にそのお店の評判のフィナンシェを買って帰るはずだった・・・らしいです。

カフェは無理としてもそのフィナンシェだけは、
なんとかかって帰りたい!


という事でした。

・・・なんという食に関して(のみ)貪欲なヤツ。

その貪欲さに私、感動・・・はしませんでしたが、
相方がそこまでして食べたいフィナンシェには興味が沸きあがりました。

リバースの危機を迎えているこの状況でなんですが・・・(--;)

しかしフィナンシェGETの為には、負傷中のわたくしは足手まとい・・・。

ここは私の屍を越えていけ!

私は丁度、サイクリングコース沿いにあった公園で休憩する事とし、
その間、相方ひとりでカフェまでフィナンシェを買いに行く事になりました。

花見川サイクリングコース 

「必ずフィナンシェを買って帰るからっ!」

と言い残し、去る相方の後姿を見送った後、
私は公園で、1人胃痛とそしてやぶ蚊と戦いつつ、
相方を待つ事にしました。

相方が言うには、カフェはごく近くにあるそうで、
すぐに帰ってくるような事を言っていましたが、

20分過ぎても音沙汰なし。(゚∇゚ ;)

そして更に10分・・・

ちょっと待てや、“すぐ”じゃないかったんかい。

走行途中なので、携帯はしない方がいいと思いひかえていましたが、
そろそろ時間的にそんな事もいってられない時間になりまして、
まさに携帯を掛けようとしたところ、相方から帰ってきたと連絡が!

急いで公園からサイクリングコースに這い出て見ると、

相方、まさかの手ぶら、ノーフィナンシェ!Σ(゚д゚;)

そして一言、

「道に迷っちゃった。てへっ。」 ( ̄∇ ̄*)ゞ

30分もお無駄に迷っていただけっすか?!Σ(゚□゚(゚□゚*)

・・・まあ、わが家には良くあることだけれども。

相方が言うには、この30分間、まったく方向違いのところとフラフラしていたらしい。

地図もなかったので、なんとか戻ってこれただけでも奇跡とか・・・

でも地図がないって、相方の最近の得意技“グーグルストリートビュー”はどないしたねん。

最近は行く前に道筋をグーグルストリートビューでチェックしているはずじゃなかったんか?

なので最近の相方のナビ力はかなり信頼していたのですが(それでも迷う時もあるけど)、
相方が言うには、

「この辺はグーグルストリートビューは圏外だよ?」

・・・ああ、そうだったんですか。

相方さんは、グーグルストリートビューなければ、タダの人・・・

つうか単なる方向オンチさんですもんね。(私もですが)

・・・グーグルストリートビューが早く全国を網羅してくれるといいですね。

せっかく夕食にしようと思っていたフィナンシェが(そんな事を考えていたのか)
まさかのGETならずで至極落胆しましたが、
時間もないのでそう落ち込んでばかりもいられず・・・

駐車場閉鎖タイムまであと30分、時刻は5時近くになっていたので、
急いで駐車場まで戻る事にしました。

サイコンを見ると帰りの距離は5km程度、時速10km/hで帰れば間に合います。

休憩したお陰で私の胃の中の牡蠣とカフェインも無事和解、
いい感じにこなれてくれたので、大丈夫だろ。と思ったのですが、

向かい風ーーっ?!(゚∇゚ ;)

まあ、行きが追い風だったんでそういやそうなんですが、
海の向かい風って障害物がないだけに、
そんな強風じゃないてもキッツーー!(>_<)

それでも時間と戦いながらえっちら漕いでいたのですが、
一つ解決できていない疑問がありました。

来る前の調べでは、この稲毛海岸付近にサイクルセンターがあったはず・・・

そこでレンタサイクルを借りれば、花見川サイクリングコースを走れるようですが、
行きの道では気が付きませんでした。

最近はめぼしい活動をしていないものの、
なにせこれでも私共はレンタサイクルニストを自称する身。
(自称しているだけなんで許してやって下さい)

稲毛のレンタサイクル状況をレポしなければという、
余計なお世話的な使命感に駆られつつ、
そこで帰りの道は、急ぎながらも注意深く探してみると、
稲毛海岸沿いをちょこっと入ったところにありました。

「逆に行きはなんでみのがしちゃったんだろ?」というような
立派なサイクリングセンターが!

サイクルセンター

時間はないが、レンタサイクル状況を調べねば!

と思ったのですが、残念ながらこの日はすでに終了していました。

道理でサイクリングコースにレンタサイクルらしき自転車が走っていないなぁ。
と思ってはいたんですよね。

レンタサイクルの利用時間は9:00~16:00まで(受付は15:00まで)のようで、
時間制限は3時間で200円、花見川サイクリングコースの一部の場所限定で走れるようです。

広場では、“変わり種自転車”というカテゴリーの自転車を借りて走らせることができるようで、

サイクルセンター

この日は当然、すでに出ていませんでしたが、
変わり種自転車というと、こんな↓脱力系の自転車でしょうか?


おもしろ自転車4おもしろ自転車3おもしろ自転車2おもしろ自転車1

ちなみにこれらの自転車は別所で写したものですが・・・

その後、意外にも連続ポタ規定距離を遥かに上回る10km以上を達成し、
時間内に駐車場に帰り、門が閉鎖され路頭に迷う事無く、
駐車場から無事脱出する事ができました。

結局、雨雲らしき雲はこけおどしだったらしく、
雨に降られる事もなくてよかったです。 

そして、この後はこの日の夕食(フィナンシェ)をGETしはぐりましたので、
夕食の買い物がてらに幕張の「カルフール」に行ったんですが、
その道すがら、いままで解決できなかったある疑問の答えを見つける事になりました。

さて、とある事情で(つうか単に自転車分解能力が不足で)わが家は輪行袋にての輪行をあきらめ、
その後は、ミノウラヴァーゴを購入し、もっぱら車載で自転車を持ち運んでおります。



精神的にも、体力的にも袋詰めの時よりも自転車の持ち運びがしやすくなり、
大活躍・・・という程でもないですが、購入して良かった程度には、
このミノウラヴァーゴを活躍させております。

価格も安く、この場所をとらない棒状の器具を置くのみで
2台の自転車が車に収納できる優れもの。

使い勝手にほとんどケチをつけるところはないのですが、
一つだけ常々不便思っている現象がありました。

その現象はちょっとした急ブレーキを掛けた時などに起こるのですが、
急ブレーキを掛けると、横になってる器具が縦になってしまうといいますか、
下の写真のような状態になってしまって、

ミノウラヴァーゴ

なんとも自転車に悪い衝撃を与え続けそうになるのです。

坂道を走る時などもこのような状態になりまして、
気が付くと直し、そして直してはまた縦になるという事を繰り返していました。

しかしこんな事を繰り返していると、フロントフォークが破損しそうで怖い。

ここまで完璧な作りのヴァーゴがなぜこのような事を想定し、
そして解決しなかったのか、その辺は常々疑問でしたが、
まあ、そんなこともあるだろ。と思いまして・・・

ここは自分達でなんとか工夫しようとそれなりに知恵を絞り、
ガムテープで固定する等(所詮この程度の知恵ですが)したのですが、
ガムテープ如きの脆弱なアイテムでは、結局、固定しきれず、

ミノウラヴァーゴ

この日も好き勝手に縦になることを繰り返していたのです。

そしてカルフールに到着した時も案の定縦になっていたので、
直そうとすると、

ミノウラヴァーゴ

「??????( ・_・;)

ヴァーゴの裏側に黒い不思議な異物が存在するのに気が付いたのです。

・・・いや、この異物、前から当然存在していたと思われるのですが、
なぜか、この日初めて目に付きました。・・・私は。

しかし相方はミノウラヴァーゴの説明書でぼんやりとその異物の存在を認識した事があるようで、
その異物を見た相方の脳の中のシナプスがいきなり結合、
奇跡的にその異物の正しい使い道に思い至ったのです。

その異物の使い方とは、

ミノウラヴァーゴ

広げる。

左右に一つずつ付いていますので、互い違いに広げれば安定して、
縦になるのを防ぐようになってるようです。

案の定、これを使ってから縦になる事はありませんでたが・・・

相方ばかりは責められないとわかっていても、

なんでもっと早く思い出してくれなかったんだよ~。相方~ ・゚・(ノД`;)・゚・

これまでに車載時に何十度と繰り返した縦になる衝撃で、

「見えないだけで、実は自転車に致命傷があたえられていた」

という事がない事を祈ります。

ブログランキングに参加してます。できればポチッ☆とクリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキング

関連記事
ホッピー通り初体験!浅草牛めしポタ
ところで今年の梅雨は

あけたんかい、あけなかったんかい、どっちなんじゃい!

という日々が続いていますね。

先週末の暑さを考えると、そのまま夏に雪崩れ込むかと思っていたのに、
梅雨に逆戻りしたような天気はいささか鬱陶しいです。

天気予報でも

「梅雨明け宣言した途端に梅雨に戻ったようですねぇ・・・。」

と、モロ含みのある発言をされており、

気象庁のみなさんも「梅雨明け宣言早まった!」と思っているだろうなぁ。

・・・とこの1週間はこんなウジウジした天気野郎ですが、
夏本番のような晴天で梅雨はあけきったと信じていた先週の土曜日(7月19日)は、
その前の週に引き続き、旅行に旅立ったわが両親が残していった愛犬のお世話をするために、
しょう油の街市に帰還しなければならず・・・

しょう油の街に帰還する前のお約束として、
連続ポタ記録を達成させるためだけの消化ポタに出る事にしました。

なんかこのところこんな事ばかりやんけ。

と思わないこともありませんが、
ペットホテルがこの世の生き地獄だと思ってる(と思われる)愛犬を
生き地獄・・・じゃなくてペットホテルに預けるのは不憫なので、
愛犬可愛さに毎回ノコノコしょう油の街市に帰っているわけです。

元々このペットホテルは、愛犬を購入したペットショップに併設されているお店で、
愛犬にしたら里帰りだし、恐怖を感じるまでもないと思うのですが、
自らが犬のくせに犬が大嫌いな愛犬としては、
周りに犬がいる環境が心底お気に召さなかったのか、
以前に一度預けた時は、嫌いな犬に囲まれて精神的に追い詰められたらしく、
帰ってきた時は、体調を崩した上に、更に警戒心が強くなり性格が悪くなってました。

もとのままでも十分に性格が悪かったのですが、
なにか試練(?)が降りかかると更に性格が悪くなっちゃうんですね。(遠い目)

そんなお家事情もあり、この日は早いところ消化ポタに出かけたかったのですが、
前日にアブク銭飽食祭をやったのが祟ったのか、
この日は朝から私自身が消化不良に陥りまして、
なかなか家(の某個室)から離れる決意がつかずにおりました。

自転車乗車中のデリケートな状況時にお腹の中で祭り囃子が鳴り響かれても困るし・・・(--;)

前日、同じものを飲み食いした(しかも私より多く)相方が無傷だったのが解せないのですが、
やはり相方の魔境(の引き出し)に足を踏み入れてお宝をGETしたので、
私のみに魔境を侵した呪いが降り注いだのでしょうか?

しかしその朝からの大惨事も時間の経過と共に回復の兆しを見せまして、
お昼を過ぎた頃には、なんとか出かけられそうな雰囲気になってきました。

それでも万が一の事があると、新たなる十字架を背負って生きていく事になりそうなので、
ここはいつでも非難できる街中の近場を選択、ランチをするのにもいい時間ですし、
浅草に「牛めし」を食べに行く事にしました。

牛めしって・・・病み上がりの割にはやけにがっつり系じゃないかーい!

と、自分でも突込みを入れたくなりますが、病むという行為も結構体力を使いますし、
体の中の食物がすべてなくなったような状況なので、
即栄養力を体が欲していたというか、逆に胃が活性化したといいますか・・・

めちゃくちゃ牛めし、むしろ牛めし。

こってりがっつり上等!状態になっていたんですよね。

そして牛めしを食べに一番暑い時間に外に出て自転車を漕ぎ出したのですが、

すぐにバテル。(‐‐;)

朝からかなり体が痛まっていたので、自転車を漕ぐ足も重くツライ。

しかも容赦なく照りつける昼下がりの直射日光・・・

この位の暑さはなんだ!

熊谷のみなさんは、(おそらく)今日ももっと暑くて辛いんだぞ!!


・・・と思ってみたものの、ツライものはツライ。

熊谷のみなさん、根性なしですみません。

ので、スピードも出すに出せず隅田川沿いの道を漕いでいると、
私がツライ時や弱っている時は、基本叩くのがセオリーの相方(※ハワイ時参照)、

こんな日に限って順調にとばすとばす。


いつもはそんなにスピードを出さないはずなのですが、
この日は結構な勢いで前を走っていきました。

ちなみにサイコンを見るといつもより5km/hは確実に出ていました。

って、オニかよ。

その天然な思いやりのなさに(天然というところが更に嫌だ)
相方に呪いの呪文を唱えつつ、なんとか浅草到着です。

早速、牛めしにGO!

と行きたいところでしたが、なにせ暑い中走ってきたので喉はノー水分、
取り合えず喉越しを爽やかにしないと、牛めしが通らない状況でした。

しかし・・・

今回行こうと思っていた牛めしのお店は、
浅草の名高い“ホッピー通り”にあるお店でして、
以前、チャリじいさんがブログで紹介されていたのを見て知り、
その後も何度かメディアで取り上げられているのを見まして、
行きたいという気持ちを更に高めていったのです。

ちなみに元祖(?)自転車芸能人のなぎら健壱さんもテレビで紹介していました。

そして今まで何度か行きたいと思ったことがあるものの、
この“ホッピー通り”というのがなんとも一見には敷居が高そうで・・・

通りに酒の名前が付いているところが、いかにも玄人臭がするといいますか・・・

私も相方も行った事がなく、W一見という状態なので、
牛めしは食べたいものの、なかなか足が向かず躊躇していたのです。

なにせ基本人見知りの私と相方は、
常連さん専門のような屋台や外飲み系のお店は入った事がなく、
まず仕組みがまったく不明。

このお店もホッピー通りというからには、アルコールを強く推奨(?)しているようで、
ホッピーをはじめ一連のアルコールはあるとしても、
アルコール以外のソフトドリンクは提供してくれるのかも謎。

お店まで行って、「うちはアルコールしかないよ」的なことを言われたら、
渇いた喉に牛めしのみをかっ込むのも至難の業っぽいしなぁ。

ここは保険として、先に喉の渇きをなんとかすることにしました。

そして、まず喫茶店に入るつもりで、喫茶店を物色しながらお店に向かったのですが、
無駄に暑いだけで、うまいこといい感じの喫茶店が見つからず・・・

結局、お店に着いちゃったので、お店の横にある道に置いてあった自動販売機で
こっそりとお茶を購入して一気飲み、喉を潤した後、何食わぬ顔でお店に向かいました。

向かったのはこちらの「正ちゃん」というお店です。

正ちゃん

内心どういうシステムかさっぱりわからずドッキドキでしたが、
常連さん以外は疎外感を与えられる感じのお店ではないようで、
相方と2人でおずおずとお店に近づいていったところで、
お店の方(正ちゃん?)が気軽に声を掛けてくれました。

そしてあいている席に案内されたのですが、
お店は外に長いテーブルが置いてある感じで、
どうやら仲間同士は横に座り合う感じらしく、
相方と私は横に並んで座り、知らない人と向かい合わせになります。

通常の相席のような状況なので、普通は気まずい空気が流れたりしますが、
このお店では、囲いもないのに前に知らない人が座ってもまったく違和感がなく、
他のお客さんはお互い空気のようで、まったく気を使わない感じです。

お客さんもちょっと長居をしている人や、ちょっと一杯飲んで帰る人などまちまちのようです。

一番人気メニューは牛すじの煮込みとビールまたはホッピーのようで、
実際、ほとんどの人がその組み合わせを頼んでいましたが、
ここは前から食べたかった牛めしと、おススメと言うお刺身を注文、
明朗会計の前払いのシステムのようで、お金を払うと即、料理が出てきました。

こちら「牛めし」(500円)

牛めし

コラーゲンたっぷりのプルプルの牛すじがご飯の上にたっぷり乗っています。

この年になるとめっきり不足しがちなので、このコラーゲンのプルプル感が嬉しい。
牛すじはとてもやわらかくて美味しいです。

そしてこの日のおススメという「お刺身ブツ」(600円)

ブツ

牛めしや牛すじに比べてがっつり感がないゆえか、
周りを見回すと、刺身はイマイチ不人気?な感じでしたが、
普通に美味しいお刺身でした。

メニューには載ってなかったのですが、ウーロン茶もあるらしく、
そちらも注文しました。

焼酎のグラスに氷を入れてくれて、
150円で提供してくれるのでお値段もかなり良心的です。

男性中心の客層ゆえか、牛めしのご飯もたっぷり入っているんですが、
美味しくて、私も気が付くとついつい完食しちゃってました。

満足してお店を出ると、数時間前まで体調不良だった上に、
がっつり系をうっかり完食、そして茹だるような暑い中を再び歩いていると、

再び気分が・・・←オイ、自業自得すぎるだろ。

いや、幸い緊急事態系ではなかったので、
ドトールで休んでいるうちにこなれて治りましたが、
例え再び病む結果になっても、

牛めしを食した事に一点の後悔もなし!

な感じのお値ごろ感いっぱいの美味しい牛めしでした。(*^^*)

お肌が活性化しそうなのもなんとも魅力的なので、また行きたいと思います。

ランキング参加中です。できればポチッ★とクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキング

関連記事
あみプレミアムアウトレットレポ

一週間前の海の日(20日)の出来事になりますが、
この日はしょう油の街市に出張していたので自転車には乗れなかったものの、
車にて茨城で今ホットなスポットに行ってきましたので、せっかくの時事ネタですし、
(とは言え、約一週間前なのでかすかに腐臭を放ってますけど^^;)
その時の事について書かせてもらいたいと思います。

しょう油の街市で愛犬と休日を過ごしている時は、
ドライブ好きな彼女(愛犬)の為に車で出かけることが多いのですが、
この日も朝っぱらから出かけたくてウズウズしている愛犬にせかされるように、
ドライブに出かける事になりました。

しかし問題はその行き先。

というのも気温の高い夏というのは、
犬と出かける時に一番苦労をする季節でして・・・

何せ気温が高くなると「車でお留守番」とかさせておくわけにもいかんので、
できるだけ愛犬と一緒に過ごせる施設を探すのですが、
なにせ己が犬のくせに、なんの因果か犬が大嫌いという愛犬、
ドックランやドックカフェなどの犬専用施設に行くわけにも行かず、
いつもこの時期はお出かけ場所には頭を悩ませるのです。

犬と一緒に過ごすことができて、私共もそれなりに楽しめる場所と言えば・・・

と考えて思い当たるご近所ホットスポットが一箇所、

茨城県に新しくできた“あみプレミアムアウトレット”です。

最近、雨後の筍のように日本全国に建ちまくっているアウトレットショップですが、
わが実家からそう離れていない茨城県阿見町に、
7月9日、アウトレットモールがグランドオープンしていたのです。

アウトレットモールならば、一応施設内は犬連れOKだし(店内NGですが)
バーゲン好きの私もお得大好きな相方も大好物なジャンルの施設なので、
そこそこ楽しめそうですし、新規オープンなので興味もあるのですが・・・

しかしさすがに無謀だと思いました。

何せグランドオープンから約10日しか経っていない上に、
この日は子供たちは夏休みに突入した直後の三連休、
しかも更に外出テンションが高くなるようなピーカンの晴レ。

揃い過ぎている・・・

ポーカーで言うならロイヤルストレートフラッシュなみに、
混雑必至状況がこれでもかとべらぼうに揃い過ぎています。

完全にイモ洗う気満々だろ。という感じです。

気力、体力がない中年としては、イモを洗うのはできれば心底避けたいのですが、
しかし他に愛犬を連れて行けるめぼしい候補地が見つからないことと、
新しいアウトレットショップを偵察したいという好奇心が勝ちまして、
無謀とは知りつつも、火中の栗を拾いに行くような気分でアウトレットに向かいました。

大好物というだけあって、わが家は過去いろいろなアウトレットモールを巡っているのですが、
・・・改めてアウトレットモールというものを考えるに、
アウトレットというとどこも大体作りは一緒といいますか、
それぞれお店の数と規模は違えども、全体的の雰囲気はさほど違いがなく、
似たような作りで似た様なショップが入っています。

それはアウトレットモール内の飲食店も同じでして、
先にHPをチェックしてみると食事としてはあまり惹かれるお店がなく・・・

その辺はわが家にとっては最重要事項なので、改めてうま気なお店を検索し、
吟味の結果、アウトレットショップに向かう途中の牛久のお店で昼食を取る事にしました。

こちら住宅街の中にひっそりとある洋食屋さんで「クックdeアムール」

アムール

「こんなところにお店が?!」というようなバリバリの住宅地内にあります。

お店は、ご夫妻で経営されているアットホームなお店という感じで、
丁度ランチタイムということもあるのか4席あるテーブル席は一杯だったので、
とりあえずカウンター席に通されました。

厨房はご主人が1人で切り盛りされているらしく、
とても忙しそうで、料理が出来るまで待つことしばし・・・

その間、テーブル席が空いたのでそちらに案内してくださいまして、
そういう心使いも嬉しいです。

私も相方も“日替わりランチ”を注文、そしてこちらがこの日の日替わりランチ、

日替わりランチ

「つくば鶏もも肉のソテーフォンドヴォーソース、キスのフリッタ付き」

つくば鶏・・・というのがどの程度のブランド力かは不明ですが、
ライス、スープ、サラダが付いて、お値段は破格の830円!

いいんっすか?というお値段です。

食べてみると、つくば鶏ってやつがうまーーーっ!

ブランド力を疑っちゃってごめんよ。

フリッタもサクサクで美味しいし、
この破格のお値段なのに、本格的なお味がします。

全体的にしっかりした濃い目の味付けですが、
濃い目好きのわが家には、クリーンヒットな味付けです。

フォンドボーソースの上にバジルソースが載っているのも
これまたアクセントでいい感じです。

本当ならデザートとコーヒーも頼んでゆっくりしたかったのですが、
食事の間は、愛犬を車にのこして来ているので(スマン愛犬)、
あまりゆっくりもしていられず、ここは自制心を総動員してランチだけで我慢です。

「牛久の奥深さを見たぜ」という感じの安くて美味しい洋食屋さんを出まして、
いよいよあみアウトレットショップに向かいます。

・・・しかし、この先はすんなり行くわけなけがない。

と思い、アウトレットショップまでは数キロ(最悪十数キロ)の大渋滞を予想していたのですが、
実際は想像したほどでもなく・・・
(いや、それなりにすんなりとは行かなかったのですが・・・)

車は意外な程順調に進み、最後に駐車場直前で渋滞になり、
そこで30分程度待たされました。

とは言え、駐車場も結構広大で入ってみると結構空いていたので、
なぜ30分も待たされる羽目になったのかちょっち謎。

しかしさすがにアウトレット施設内は混雑していました。

あみアウトレット

説明によるとアメリカの西海岸をイメージしたという、このあみプレミアムアウトレット、
正直、どこのアウトレットとも大差ないような作りに見えますが、
(という事は、アウトレットモールは基本アメリカンな作りなのか?)

ただ一つ、このアウトレットモールにしかないものが・・・

アメリカーンな雰囲気とは一線を画す

あみアウトレット

ありがたーい牛久大仏様のお姿が!

西海岸(イメージ)越しの大仏様はなんとなくシュールっす。

そして期待を込めての店内物色ですが、なにせこれがいるので、

愛犬

買い物も相方と順番に行くしかないので、あまり順調ともいえなかったのですが、
アウトレットモール的に見ると、いささか小規模なような気がします。

わが実家からすると佐野アウトレットと同じような距離なのですが、
佐野の方がお店の数も多く見ごたえがあるような・・・

もっとも佐野も最初は結構小規模で、そのうちあれよあれよと規模を広げていったので、
このアウトレットショップもそのうちお店を広げていくのかもしれません。

周りにまだまだ余地がるので、広げる土壌がありそうだし。

しかしこの状態なら、まあ、私は佐野の方に行っちゃうかなぁ。と。

それでもこの日はロイヤルストレートフラッシュな日でしたのでかなり混雑していましたが、
自分達も実はそれは一過性のもので、今後はさほど混雑しないと思っているのか、
元々のトイレの数があまり多くありませんでした。

とかく女性の方が男性よりトイレタイムが長くかかると思うのですが、
この期間を乗り切ればいいという気ありありなのか、
この日は一部の男子トイレが急遽、臨時女子トイレに変更になっていました。

なに?その幻の禁じ手。

なので私がトイレに行く時に、

「せっかくだから(臨時女子トイレになっている)男子トイレに行ってきなよ。
合法的に男子トイレの中を観察するチャンスだし。^^」

と、相方。

って、どんだけ“せっかくだから”を強要するんだよ。

せっかくですが、それは来世で男子に生まれ変わり正当な権利を得た時でいいっす。

正直、男性専用便器なんぞになんの興味もひかれないし。

そして愛犬がいるので、ままならん買い物をしつつ、
人並みと暑さにいい感じで疲れ切ったので、糖分を摂取する事にしました。

アウトレットはどこもここも同じよう・・・というような事を言いましたが、
同じようなりにもそれなりに目玉的なものは用意されているようでして、
フードコート内にあるキハチソフトクリームでは、
オープン記念として全国に先駆けて新商品を先行販売しているらしい。

ここでしか食べられないという稀有な魅力に惹かれ買ってみる事にしまして、
愛犬と相方を外に残し、私が代表して購入に行ったのですが、
フードコートに行ってみるとキハチだけくじけたくなるような長蛇の列。

しかし、それぐらいの試練を乗り越えなければ、希少なものは手に入れられないのかも。

と思い、とりあえず並びましたが、なにせ列がくねっているので、
見た目より人が並んでいたらしく、これがなかなか遅々として進みません。(T_T)

こんな思いまでして手に入るのがたかがアイス(失敬)だと思うと、
何度か列を離れて駆け出しそうな衝動に駆られましたが、
「ここで降りたら犬死だ」と忍の一字でひたすら並ぶこと約30分、

そしてようやっと手に入れたのがこちら

キハチ

手前が「ポップスリー(ぜんざいナッツ)」(400円)

奥が「プティトライフル いちごミルフィーユ」(同じく400円)

ポップスリーはどの辺が名前の由来かわかりかねますが、
シューの中にソフトクリームがinしてある斬新な状況になっております。

キハチ

運ぶ時にも手間取ってので、若干ソフトは融けかけですが・・・

シュー部分の要不要論はさておき、さすがにソフトクリームは美味しかったです。

しかし混んでいると何をするにも手間取りまして、
結局、3時間ぐらいはいたのですが無駄に疲れただけで、
戦利品はまさかの(つうかある意味予想通りの)ノーゲットでした。(--;)

教訓、オープンしたての施設には行くもんじゃないっすね。

次はいい感じに寂れた頃行こうと思います。

さて、本日は久しぶりに晴れていますね。
週中はあれでしたが、休日に晴れてくれるのは嬉しいです。

・・・と、せっかくのお天気なのにわが家は、またまた起きるのが遅くなってしまいました。^^;

今日は期間限定でプランタン販売しているハワイ名物「マラサダドーナツ」
食べに銀座まで行って来たいと思います。

ブログランキング参加中です。できればポチッ☆とクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログへ  人気ブログランキング

関連記事
サイクルスクエア北参道に行ってきます
今週末はいいお天気ですね。

昨日はプランタン銀座の単独企画で「ハワイアンウィーク」というのを
やっていましたので、そちらに行ってきました。

デパートが主催しているというだけあって、
具体的にはハワイ的な何かを売りつける販売している企画なのですが、
その中でわが家が惹かれた企画は・・・

やっぱり食い物系。

マラサダ

こちら写真で見ると何の変哲もないアンドーナツですが、
実は今人気急上昇というハワイアンドーナツの「マラサダ」

湘南でおなじみ(らしい)移動販売車の「マラサダワゴン」が
期間限定で出店していたので行ってきました。

見事GET!・・・はしてきたのですが、40分並びました。(--;)

今日は、先日相方がお得発掘力で発掘してきたイベント、
(よく考えるとお得かどうかもわかりませが・・・)
「サイクルスクエア北参道」に行って来たいと思います。

“自転車総合プロデュース空間”と銘打つこのイベント、
今月の17日(金曜日)に華々しく開催された・・・と思われるのですが、
なぜかHPはcoming soonばかりで謎が多く・・・
若干状況がつかみにくかったのですが、
ここにきてようやく多少はHP充実してきようで、
少々のイベント情報をつかむ事ができてきました。

本日は楽しそうなイベントも開催されているようなので、
期待に胸を膨らませて行って来たいと思います。

ブログランキング参加中です。できればポチッ☆とクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログへ  人気ブログランキング

関連記事
気になる自転車グッズ
どうも、こんばんは。くろばいBです。

昨日は「サイクルスクエア北参道」に行ってきました。
カフェエリアで「サイクルうどん」を食べたり、「高級自転車試乗会」でSCOTTのロードバイクに試乗したりと結構満喫してきました。
詳しくは、そのうちくろばいが書くと思いますので、乞うご期待です。

最近、ちょっと気になる自転車グッズを見つけたので紹介させてもらいます。

まずは、こちら。



LEZYNE(レザイン)の携帯ポンプです。
わが家は以前、バルビエリのカーボン製ミニポンプを購入したのですが、軽くて便利なのでこれはこれで気に入っています。
しかし、こちらのポンプは、カラフルなカラーバリエーションを展開しているようで、くろばいが好きなゴールドもあるようです。
これなら、私ばかりが携帯ポンプを持ち歩かずにも済むかもしれません(?)。



もう一つは、こちら。



knog(ノグ)のパンク修理キットです。

こちらのページに詳しく書いてありますが、カラフルなケースの中に
折りたたみのタイヤレバー×2
サンドペーパー×1
パッチ小×6
パッチ大×2
が入っていて、しかもパッチにはいちいちイラストが書いてあるそうです。
パッチを当てても、どうせ見えなくなってしまうのに、そんな所にも隠れたおしゃれを楽しんだりするんですかね。
まあ、かわいらしいので持ち歩くことを楽しむというコンセプトなのかもしれません。


今回は、あんまり【お得】な情報ではありませんでしたね^^;

ランキングに参加してます。できましたらポチッ☆とクリックをよろしくお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキング
関連記事
ハワイアンポタ【その1】
先日、相方がいかにも私の琴線に触れるような携帯ポンプを紹介していましたが、
さすがに付き合いが長いだけあって私の心にはクリーンヒットなブツでした。

江戸時代に吉原辺りで美女をはべらせて豪遊していた成金商人真っ青な位
ゴールド好きなわたくし・・・

このキンキンキラキラなゴールドポンプは、
私の愛車ベロンチョのアクセサリーにもなりそうなゴールド感なので
購入するのもやぶさかではありません。

でも・・・

>これなら、私ばかりが携帯ポンプを持ち歩かずにも済むかもしれません(?)。

こんなこと考えてやがったの~??相方の野郎さんたら。

と思うと、素直に購入に踏み切れません。

しかも若干納得できないポイントが、このポンプは112gだという所です。

いや、それでもポンプ的には軽量だと思うのですが、
なにせ相方のポンプは59gの超軽量型。

わが家の場合、一緒に出掛ける事が多いので、私がゴールドポンプを購入すると、
必然的に私がポンプ係になると考えられるのですが、
重い方のポンプを(しかも私が←これ重要)持ち歩くというのが、
(比較的心の狭い)私的には到底承服できかねるのです。

ゴールドポンプは、相方のポンプよりも軽量なものが出来たら迷わず購入しようと思います。

・・・とか言って、偶然このゴールドポンプを見かけたら
あまりの美しさについ買ってしまうかもしれませんが・・・^^;

というわけで、今のところは相方がポンプを持ち歩いているのですが、
このポンプはもともとクロスバイク用に購入したので、
自転車にポンプを付けるアタッチメントはクロスバイクに付けており、
ミニベロで出かける時はリュックにこのポンプを入れて出かけているわけです。

その辺の女子高生の携帯ストラップよりも軽量なような気がしますが、
ポンプを日々背負ってポタッてくれている相方には感謝もしています。

が、そう言えば・・・

相変わらずうちってそれ以外のパンク修理グッズを
持ち歩いていないじゃーん。


パンク時にポンプのみがあったからって何の役に立つというんでしょう?

換えのチューブやパンク修理キットがないのに、
なまじ空気入れだけあっても虚しさ倍増なだけじゃ??

この“knog(ノグ)のパンク修理キット”とやらは、
真っ先にわが家が購入すべき品のようなですね。(--;)


・・・さて、話は変わりまして、月曜日からまたお天気がぐずついて鬱陶しい日々が続いていますが、
関東は土日のみは、ピンポイントですっきり晴れました。

スロースターターで結果、気温MAXの時間帯に出掛けるわが家としては、
いささか晴れすぎで閉口しましたが、まあ、憎っくき雨よりは俄然マシっす。

うだるような真夏の気温の中も元気にポタって参りました。
(いや、途中、変な蜃気楼を見そうになった時もありましたが・・・)

そんな休日の一日目の土曜日(7月25日)は、脈絡等は不明ですが(夏・・・だからか?)、
プランタン銀座が制定した「ハワイアンWEEKS」(プランタン銀座のみで有効)

ぶっちゃけ館内いたるところでハワイに関係した商品を売りまくるぞ!

という感じなのですが、その中にハワイアンドーナツ「マラサダ」を
湘南付近で移動販売している「マラサダワゴン」が、
期間限定で21日~27日まで出店している事で行ってみることにしました。

流行に疎い私は存じ上げなかったのですが、この「マラサダ」というハワイアンなドーナツは、
どうやら目下人気急上昇中・・・らしい。

なんでもこのドーナツ流行の火付け役になったのが、
今春公開された「ホノカアボーイ」という映画らしいのですが、
劇中のホノカアボーイ(?)がこの“マラサダ”を食べたらしい(?)のです。

世事に疎い私としては、

火付け役になる程まずこの映画はヒットしたのだろうか?

という疑問は残りますが、私も相方も食に対しては特に貪欲なので、
湘南くだりから移動していらしているなら、
ぜひ、「マラサダ」とやらを食べてみたいと思いました。

“青春”とか“ヨット”とかが似合いそうな湘南は、
元来、粘菌質の私共にとってまぶしすぎてあまり縁のない場所だし・・・

せっかくだからこの日はプランタンに完全便乗で、
(急遽)わが家も“ハワイアンポタ”をする事にしまして、
マラサダにプラスして銀座のハワイアンカフェで昼食も取る事にしました。

と予定は決まっていたものの・・・
そしていつものごとくお出かけ前にボヤボヤウダウダしているうちに、
真夏にも関わらず気温が完全上昇したお昼過ぎに出掛ける事になったのですが、
さすがにこんな天気の中自転車を漕ぐのは、

天気

シャレにならない程暑そう。(--;)

この所短距離しかポタっていなかったのに、久々の中距離ポタだし・・・

これはアレを試すにはもってこいのタイミングではないのか?

と思い、実際試してみました。

真夏になったら試そうと思っていたアレ↓です。

アームカバー

いや、アームカバー自体はこの夏のポタで何回か使用しているのですが、
こちらは一見、いつもと変化ないアームカバーに見える代物、
水道水を滴る程たっぷりと浸透させております。

水が気化する時に体の熱を奪い去ってくれるので、
かなりの冷却効果が期待できるのでは?!

と、期待感いっぱいで燦燦と降り注ぐ真夏の太陽の下に出てみると、一瞬、

あれ?お天気の割には今日はちょっと気温が低いの?

って位は涼しく感じました。

・・・あくまで一瞬でしたが・・・

これさえあれば今年の夏ポタは怖いものないのでは?!

と思ったのも束の間、あっと言う間に速乾。

自転車走行中の為、風を切る感じなのが余計に乾燥を速めているのか、
部屋を出た時は滴っていた水が、あれよあれよと15分程度で乾いてしまいました。

水が乾いちゃったら、夏場には鬱陶しい単なる布です。

とは言え、アームカバーがある安心感から日焼け止めも碌に塗ってこなかったので、
単なる布と化したアームカバーを外すわけにもいかず・・・

しかし人間、快適さを知ってしまうともう元の不快さは受け入れられなうなるもので、
一度涼をとっちゃう事を知ると、この単なる布感の不愉快さが耐え難くなるというか・・・

仕方がないのでコンビニで水を買い再びアームカバーを濡らして涼をとる事にしました。

“水と安全はタダ”という今考えるとありがたい時代に育ったもので、
未だに単なる水を購入するには、若干のためらいが生じますが、
お茶をかけるわけにもいかんし・・・

たしかそんなありがたい行事があったような気もしますが、
煩悩の多い俗物の私が観音様のようにお茶を掛けるには、
時期尚早すぎるというか、恐れ多いですしね。

ここは素直にミネラルウォーターを購入します。

水

そしてコンビ二を出て、早速掛けようとすると相方が、

「本当に掛けちゃうの?もったいないじゃん!Σ(゚д゚;)

言うと思った。

でも、さすがに今回は私もそう思う。

しかし背に腹はかえられん。

と相方を振り切り水を掛けますが、有料のお水なのでさすがに大胆に掛ける気にはなれず、
(街中だし)みみっちくちょっとずつ手にとって、

かけ水

かける。

かけ水 

そして何度か繰り返しているうちに、いい具合に布が濡れ、
またいい感じに涼しさが復活!

しかし毎回有料で掛け水を掛けるのは、私でも心と懐が痛みますし、
これを毎回やると経済観念の優れた相方さんも精神崩壊しそうなので、
次からは水道の水を持ってくるべきですね。(--;)

15分でまた元の木阿弥になるとは言え、涼しさですっきり爽やかな私を見て、
心底羨ましげな視線を送ってくる相方(暑がり、超汗かき、中年男性)。

「自分もアームカバー買おうかなぁ・・・・・。」

とか言っていましたが、ふとよく見るとこの日彼が着ていたユニ○ロのドライメッシュTシャツは、

ユニT

私が付けていたモンベルのアームカバーと生地が酷似している・・・ような。

ユニTとアームカバー

(※左がアームカバーで右がユニTです)

いっその事、相方のユニTも出かけに滴らせておけば、
かなり爽やかで快適なポタが期待できるのでは?

アームカバーよりも面積が広い分長持ちしそうだし。

もう、いっその事濡らすだけでなく、その上冷蔵庫で冷やしちゃえば、
全身COOLで更にいい感じじゃね?

この夏、ユニ○ロに先駆けて(といってもTシャツ自体がユニ○ロ製だけど)
この“冷T”は実行してみたいと思います。

つうかすでにどこかのメーカーが“冷T”っぽいものを販売して、
さっぱり売れずに一度や二度失敗してそうですけどね。

アメリカメーカーとかが、いかにも考えそうだし・・・。

そしてアームカバーを乾いては濡らし、濡らしては乾かししながらも、
全体的には暑さでダラダラしながら銀座に着きました。

幾ら濡らして涼をとったとしても所詮アームカバー、
(散々有料の水で濡らしておいてナンですが)
やはり全身を覆う熱気はいかんともしがたい・・・

早いところ文明の利器、クラーの恩恵を受けたいと、
早速、ランチを食べるためにハワイアンカフェに行きましたが、

ハワイアンカフェ

貸切られとる(゚∇゚ ;)

このお店は結婚式の2次会でもよく使われるお店のようで、
この日もそれらしきパーティーがとり行われていて貸切状態でした。

ハワイアンポタ、いきなり躓ク。

いきなりハワイアンポタが挫折ムードで、お店の前で暫し途方にくれました。

・・・つづきます。m(__)m

ランキング参加中です。できればポチッ★とクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキング

関連記事
ハワイアンポタ【その2】
期待のハワイアンカフェまさかの貸切状態により、

いきなり挫折ムード漂うハワイアンポタ・・・


最高潮の気温の中をポタってきましてロコモコ食べたりコナコーヒー飲んだりと、
ハワイアンムードで休む気満々でしたが、カフェが入れなかった以上、
本命ハワイアンの「マラサダ」も売り切れだったりしたらシャレにならん。

何のためにアームカバーに水を掛け掛け、炎天下に銀座まで来たかわからんし・・・

未知の食べ物マラサダを探求する気持ちも貪欲にありまくり、
休みたい体に鞭打ち「ちぇっ、コナコーヒーとか飲みたかったなぁ。」とか思いつつも、
不本意ながらすでに生ぬるくなったミネラルウォーター(掛け水用)で、のどの渇きを癒し、
マラサダドーナツを求めて湘南よりマラサダワゴンが出張販売に来ているという
プランタンまで行きました。

プランタンの前にはそれらしき(というかそれとしか見えない)ワゴンが停まって
ドーナツを販売していました。

マラサダドーナツ

そしてワゴンの前は人が並んでいましたが、
長蛇の列・・・と言うほどでもありません。

むしろ人気沸騰中(らしい)のマラサダの割には、
並びが少ないのではないだろうか?


と若干疑念を抱きつつ、
係員の人が“最後尾”と書かれたプラカードを持っている場所まで行き並びました。

前にはせいぜい10人ちょっとしか並んでいなかったので、

炎天下の中であまり待たずにすぐに購入できるな。

と、ひと安心したんですが、 マラサダはそんな甘いもんじゃなかった。
マラサダ自体は甘かったけど。

ワゴン内が見えないので、マラサダの製法はようわからんのですが、
マラサダという食べ物は存外複雑な作りなのか、
係員の方がおっしゃるには、ここから30分は待つ事になるらしい。

またまたぁ~。^^

短めな待ち時間を言ったりしちゃって実際長くなると、炎天下だしキレやすい諸氏もいるだろうし、
どうせ、存外時間かかった時の保険の為に三味線を弾いているんだろう。

と思っていましたが、係員の方のおっしゃった通りに列は忌々しくも遅々として進まず・・・

私共はかなり強い決意をもって臨んでいるので、そのまま並び続けましたが、
その間、私たちの後ろに並んだ何人かの戦友(とも)は、
数分並んでは戦線を離脱していきました。

列の進みの悪さに挫折する人が存外多いから列自体はそんなに長くなかったのかも。(と納得)

ところで、流行に鈍感な私共は存在を存知上げなかったものの、
このマラサダワゴンはいろいろなメディアに取り上げられているらしく、
紹介された雑誌や新聞の記事の切り抜きが、ワゴン近辺に掲示されてあったりします。

マラサダドーナツ

暇に飽かしてそれらの記事を読んでいたのですが、
その中の一つの記事にマラサダドーナツの味に言及していたものがありました。

それは興味深い。

マラサダドーナツの写真が貼ってあるんで、姿かたちは何となくわかるのですが、
なにせ食べたことがないので、味的なものはまったく不明。

その味わい如何によっては、この炎天下の中の並びの価値がぐぐっと変わります。

記事の見出しを読んでみると、

“中高年には懐かしい味、若者には新食感”

とあります。

どう贔屓目に見積もっても私は前者に入りますので、
“懐かしい味”となります。

見た目このドーナツに近い給食系食物というとアレか・・・あげパンの味ってヤツか。

うーん。あげパンを食べるのにこの炎天下に30分以上並ぶのか・・・

あげパンとか普通にワゴン販売してるしなぁ。

と戦意喪失しましたが、逆に炎天下にここまで並んだという事実がある以上、
戦線離脱する勇気もなく・・・

「みんなもここまで並ぶんだから、
さすがにあげパンとは違う何かがあるはず!」


と並び続ける事にしました。

そして淡々と20分が経過した頃、ようやく列の半分ぐらいまで進みました。

これは30分ではすまないのではないか?・・・という疑惑。

おまけにその辺から更に西に傾きかけた直射日光が直撃、
ますますの苦戦が強いられる状況となりました。

そしてその夏の直射日光が相方の野性味を刺激し、
普段は彼の中で眠っている事の多い“男らしさ”が仮眠から目覚めたのか、
相方からこの夏一番のありがたい申し入れが。

「暑い中2人で並んでいても仕方がないから、
ここは自分に任せてプランタンの中に入ってなよ。」

そ・・・そんな。

今まで20分間、共に並んでいた仲間じゃないか!

ここで相方だけ残して自分だけ涼しい場所に移動するなんて・・・

できる。スマン。

丁度、バーゲンシーズンだし、プランタンの中も気になっていたんだよね。
(年齢的に適合しない店が殆どだけど)

相方さんの気が変わらないうちに、
とっととありがたいお申し出は受ける事にしました。

相方って時々いいヤツ。

となると、列を離れる前にドーナツの種類を決めておかなければなりません。

このマラサダドーナツというのは、シュガー、シナモンシュガー、チョコレートシュガー、
ココナッツシュガー、レモンティシュガー、ブラウンシュガーと、
「結局、全てシュガーやん」な6種類の味があり、ひと箱6個入りになっているようです。

元がアメリカーン生まれのドーナツなのでカロリーなどちっちゃい事は度外視的、
名前の通り砂糖がたんまりまぶしてあるらしいドーナツは、
見るからパンチの効いた感じなので、
もし体よく予定通りにハワイアンランチにありつけていたら、
1個食べれば十分な感じでした。

なにせ自転車で来ているので、箱買いをして持って帰るのも運搬が大変だし・・・。

この状況ではハワイアンカフェに寄れずに昼ごはんを食べ損なったのが好都合、
こんだけ並んで2個購入というのも虚しいので、
こうなったらどーんと箱買いをして銀座で昼ごはん代わりに胃に収めて帰る事にしました。

・・・と、購入数も決定したところで、

相方よ。後は任せた!君の勇姿は忘れない。アデュ。

と特に後ろ髪も引かれんと私は戦線離脱。

そして相方を最前線に残し、プランタンの中を1人ヌクヌク(この場合は冷え冷えか)歩く事20分、
相方からドーナツGETの携帯連絡が入りました。

総合並び時間は、結局係員の方の予想をぐんと上回り40分になりました。

あの並び方では、一見40分も待つほどの混雑に見えないところがミソ。

相方の尊い犠牲により手に入れたマサラダですが、元がワゴン販売なので、
プランタンの周りには食べるところがありません。

そこで国際フォーラムの建物の間にあるオアシス的場所に移動。

国際フォーラム

地球環境とか自然との共存とかを言い出した比較的新しいビルの間には、
こういうお休み処が設置してあってありがたい限りですが、
ここ国際フォーラムの広場(?)にはいい感じにデカイ木が植えてあり、
冷房もかかっていないと思われるのに、この暑さでもかなり涼しいです。

ゆえにベンチは激戦区でしたが、挙動っているうちに運よく1つベンチが空いたので、
コーヒーを買って来て食べることにしました。

こちらが巷では人気沸騰中(らしい)ハワイアンドーナツの「マラサダ」

マラサダドーナツ

6種類の味が入っている・・・はずですが、形状が似通い過ぎていて、
見た目ではもはやどれが何の味かわかりません。

でも全種類砂糖たっぷりでかなりカロリーが高いという事はわかる。

どれがどの味がわからないので、まず近くのものから食べてみましたが、
ちなみに食べてみても一体自分の食べているのはどの味だかわかりませんでした。

この見た目はかなりヘビーそうなドーナツ、ずっしりと重いのかと思いきや、
持った感じはかなり軽っ!

箱からも熱気が伝わってきていましたが、出来立てのドーナツの食感は、
アッツアツでふわふわです。(*^^*)

味は記事にあったように確かに郷愁を誘うあげパンのに似通ってはいるのですが、
ハワイアンテイストな何かが入っている感じです。

残念ながら私は山岡士郎とかじゃないので、
そのハワイアンな感じが何かはわかりかねるのですが・・・

なによりこのドーナツの侮れないところは、
胃にはヘビーな感じなのに食感がやたら軽いので
夏の暑さの中でも意外にツルツル食べられます。

そして2個目を食べ始めたところで、味の違いは生地自体の違いではなく、
まぶしてある砂糖にあるという事を発見しました。←1個目で気づけよ。

すっかり味の違いは生地から練りこんであると思っていたのですが、
周りにまぶしてある砂糖とプラスアルファで味が決まっているようです。

しかし最後まで食べてみて、比較的味に主張がある“レモン”とかの味はわかりましたが、
後は確かに違いはわかるものの、何が何やら判別ができませんでした。
・・・まあ、美味しかったからいいんですけどね。

そして箱買いしたドーナツを自転車で持って帰る事もなく、
無事に全て食べ終わったのですが、このドーナツの真に恐ろしいところは、
後から内臓系にジャブのように効いてくる重さです。

単に揚げたドーナツ3個は食べすぎかもしれませが、
なにせ食感がふわふわなのが曲者で、気が付くと入っちゃたんですよね。(--;)

今回はめずらしく私よりも格段強靭な胃を持つと思われる相方も、

「ちょっと胃がもたれるかも・・・。」

と言っていたので、結構な破壊力かもしれません。

そしてちょっともたれたり、せっかくだから銀座をブラブラしたりしていたのですが、
実はこの日はうちの近所で花火大会があり、
普段不便な事が多くあまり活躍しないわが家の西向きのベランダが1年で一番輝く時・・・

家から見える唯一の花火大会なので、それまでに帰らなければならず、
そこそこな時間に引き上げる事にしました。

そこそこな時間・・・と言っても、わが家の場合もともと出る時間が異様にスローな為、
来る時は地獄の灼熱の中ポタって来ましたが、帰りはすっかり傾いた陽射しの中、
ノーアムカバーの快適ポタです。

せっかく花火大会もある事だし、めずらしい酒の肴でも購入して行こうと、
帰る途中の日本橋にある奈良のアンテナショップに行ってみる事にしました。

こちら存在感だけで言えば最高なキャラ、かの騒動も記憶に新しいせんとくんが、
カメラ目線でお迎えしてくれる奈良のアンテナショップです。

奈良アンテナショップ

いろいろ揉めていたようですが、地元の方ももめているうちに愛着がわいて、
なし崩しに容認の方向になったのでしょうか?

ちなみにこのせんとくんには、せんとくんよりも更にパワーアップした容貌の兄を始め、
他にもファミリーがいると聞いていたのですが、
アンテナショップの中には仲間と思われるキャラが増えていました。

同じようなディテールのおじいさんキャラだったのですが、
せんとくんとは師弟関係なのか、血縁関係なのか不明です。

銀座の近くには、日本各地のアンテナショップがかなり進出していて、
巡る機会もよくあるのですが、大抵アンテナショップの雰囲気というのは、
物産展のような感じで「うちの名産をみてってちょうだい!」と、
名産品やとてもそう思えない品などが、ところ狭しと並んでいるところが多いのですが、
そこはさすが奈良、10世紀以上前から栄えている都。

日本橋でテナント料も高いと思われるところにありながら(余計なお世話ですが)
上品というか鷹揚というか、無駄にスペースをつかっているというか・・・

ディスプレーの仕方にこだわっているようで、
商品自体の品数があまりありません。

その上、半分のスペースは工芸品系なので、
わが家の目指す食べ物系はそもそもあまり数がおいていません。

おなじみの柿の葉寿司とか、奈良漬けとかは置いてあるんですが、
ちょっと他にパッとしたものが・・・

もしかしたら奈良って食べ物の名産があまりない?(゚∇゚ ;)

思い出しても奈良漬と柿の葉寿司しか浮かばんし。

奈良は土地自体が貴重な観光なので、逆にあまり食べ物に訴えるという事がないのかも。

とりあえず柿の葉寿司とスパークリング日本酒というヤツを購入してみましたが、
酒の肴というのには、かなりお寂しい。(一つは肴というより酒だし)

そこで奈良アンテナショップの数軒隣に位置する
島根のアンテナショップに行くことにしました。

正直、島根・・・というと個人的にはあまり馴染みがない土地なので、
名産品とかはトンとわかりません。

あの有名なフロッグマンのアニメ(?)で、場所は鳥取の隣に位置すると学んだのですが、
地理に(も)疎い私としては、そもそも鳥取の位置がわからなかったので、
未だに日本地図を出して「正しい位置を指し示せ」と言われても、
正しく指せる自信がありません。

島根アンテナショップ

さすがフロッグマンの故郷、入口には吉田くんが!

せんとくんのように雅なキャラではありませんが、
この吉田くんは3次元でなく板張りの2次元のチープ感がいいです。

こちらのアンテナショップは、通常の通りに商品が数多く陳列されているタイプだったのですが、
そこそこいろいろと商品はあるものの、全体的に印象がばらけていて、

これが名産品だぜ!

と主張するものがないような・・・。

その中で目に付いたのは「レトルトカレー」

どんな事情があるのかわかりませんが、やたらレトルトカレーだけは多く、
特設棚の上に、シジミカレーやらサザエカレー、猪カレー、
そして通常の牛肉カレーは数種類売っていました。

って、カレーの具材すらもばらけ過ぎていて、どれが名産だかわかんないじゃん。

しかし島根の名産品押しとしては、レトルトカレーなのだろうか??

それぞれレトルトカレーとしては、高額なお値段なのですが、
高額なだけに

「通常のレトルトカレーとは違う何かがあるんじゃないか?」

という勝手な期待感で逆に心惹かれるものがあります。

(主にお値段に)難色を示している相方を説き伏せて、
シジミカレーと猪カレーを購入、後は今売れに売れているという
卵かけごはん専用しょう油があったので、そちらも購入してみました。

卵かけごはん専用しょう油なるセレブな代物があるという事は聞いていたのですが、
あれって島根の名産だったんか。

しかし常々“卵かけご飯専用しょう油”という発想が凄いと思っていたんですよね。

もっとも簡素でチープな料理(というのか?)に専用の調味料を掛ける事によって、
価値のある料理(というのか?)にしているところが「うまい事考えたなぁ。」と・・・。

わがしょう油の街市はその辺の研究は出遅れているのだろうか。

しかしアンテナショップ2軒を回っても気が付くと

酒の肴がねぇ(゚∇゚ ;)

仕方がないので近所のスーパーで普通のお惣菜を買って帰りました。トホホ。

さて、堂々と“ハワイポタ”と銘打ったこのポタですが、
こちらはうすうす気が付いていたのですが、

大してハワイとか満喫してないじゃん。

ハワイのマラサダドーナツをリスペクトした湘南のドーナツしか食べてないし。

相方曰く、

「まあ、島根アンテナショップに行ったし、
“島”つながりで(ハワイも島だと言いたいらしい)
ハワイと共通点もない事もないじゃん。」

とか苦しすぎる言い訳をしていましたが、それを言っちまえば、
日本列島津々浦々がもともと島国なので、

どこにいても共通点があるんじゃね?

と思わないこともありません。 見苦しい言い訳すぎね?

さて、何とか間に合った今年の「隅田川花火」ですが、
上空に風があったために煙をかきけしくれて
なかなか綺麗な花火を見物する事ができました。

しかしアメリカ発の同時不況の影響のためか、
普段は最後に自棄のように盛大に上がる花火の数が間引いてあって、
ちょっと少なめなような気がしたのは、気のせいでしょうか?

墨田川花火大会

ちなみに酒の肴にはなりませんでしたが、各アンテナショップで購入したブツはこちらです。

こちらは奈良のアンテナショップで購入した「柿の葉寿司」「スパークリング日本酒」

奈良土産

ちょっとまだスパークリング日本酒は飲んでいませんが、
さすがに柿の葉寿司は香りが高くて美味しかったです。

こちらは島根アンテナショップのいのししカレーとしじみカレー、
そして卵かけごはん専用しょう油です。

島根土産

こちらもまだ未食なのですが、ちょっち高価な(わが家比)レトルトカレーなので、
かえって食べるタイミングを逸しています。
・・・貧乏症っすね。^^;

ランキング参加中です。できればポチッ★とクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキング

関連記事


広告



カテゴリー

にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ
人気ブログランキング



プロフィール

くろばい

Author:くろばい
愛車ビアンキ・パッソ
【愛称:ビンちゃん】
愛車2ビアンキ・ミニベロ9
【愛称:ベロンチョ(ベロちゃん)】
激情にながされ1週間で購入に至る
愛車3ママチャリ
【愛称:ソルジャー・チャーリー】
現在自転車3台を所有。
あまりの自転車の増殖率に
恐れおののく日々。
これ以上、増えることはないと
思いつつも、自分が信じ切れない
今日この頃・・・。

相方(くろばいB)
愛車:RSR-4(ブルー)
【愛称:ルイちゃん】
愛車2:ラレー・RSW SPECIAL
【愛称:くろまるくん】
新たにミニベロを購入して、
自転車わが世の春を謳歌中。
自己開発のアンゴラダイエットの
お陰で(いまのところ)メタボリック
危険水域を脱出。
しかし現在、ポタ時はポタメシを
思いっきり解禁しているので、
リバウンドに王手か?



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



月別アーカイブ



カウンター



ブログ内検索



RSSフィード

  • seo



おすすめの自転車本

わが家の自転車メンテナンスのバイブル!





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。