クロスバイクを買っちゃうぞ!
初心者がクロスバイク乗りになるまでの軌跡
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サントリー「ザ・ストレート」が当たるキャンペーン
どうも、こんばんは。くろばいBです。

自転車とは全然関係ない話題ですが、お得な情報を見つけました。
テレビを見ていたら加藤夏希さんが出演するサントリー「ザ・ストレート」という
第3のビールのCMが流れていました。
見ていると、なんと毎日10,000名に「ザ・ストレート」(6缶パック)が当たるそうです。
フリーダイヤル「0120-009-009」に電話するだけで応募できるということです。



ということで、早速電話してみたのですが
「混みあってつながりにくくなっています」という自動アナウンスで
何度かけてもつながりませんでした・・・

9月4日(金)までのキャンペーンなので、興味がある人はお早めに電話してみてください。
キャンペーンの詳細はサントリーのこちらのウェブサイトでご確認ください。

ランキング参加中です。
この情報が役に立ったと思う方はポチッ★とクリックしてもらえると嬉しいです。
 ↓ ↓ ↓       ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト
若干おハイソ、ガンダムポタ【その2:謎の食材チェリモヤ】
先日、相方がお得情報としてブログに載せていた「ザ・ストレートキャンペーンとやら。

ビールにあらず“新ジャンル”という税金対策には特化しているものの、
もはや原料として何が使われているのかさっぱり不明ですが、
今回太っ腹にも毎日10,000名様に当たるということで、

全人類をざっくり分けたら確実にアンラッキー側に入るに違いない。

という、くじ運的にいまひとつなわが家でも、24時間で10,000枠もあれば、
さすがに引っかかるような気がしますので、
少々の晩酌代を浮かそうというスケベ心もありありで、
いそいそと電話で応募してみました。

しかし太っ腹企画ゆえに、応募する人も膨大な数なのか、

まず、電話自体が繋がってくれません!(>_<)

最初、相方が何度か電話をかけたものの、合成ボイスの対応でけんもほろろ・・・

こういう単純繰り返し作業の苦手な相方はすぐにギブアップしてしまいました。

そこで粘着性を持つ私の出番です。

自慢じゃないけどこういう頭の使わない作業は得意中の得意(ホント自慢にならんなぁ)、
得意の粘着力を発揮してストーカーのようにリダイアルを繰り返しました。

そして合成ボイスに門前払いされること数十回(おそらく30数回ぐらい)、
そこまで来るとなんとなく声を聞くのが楽しみになってきた合成ボイスちゃん
(あやうくもう少しで愛が芽生えそうでしたよ) に繋がると思いきや、

いきなりこのCMに出演している加藤夏希ちゃん(らしき)録音ボイスに繋がり・・・

おお、これはレベルアップ?!Σ(゚д゚;)

と思っているうちに、オペレータの方に繋がりました。

それにしてもわざわざ人間のオペレーターの方が対応してくれるんですね。

なんか音声ガイドなんかかと思っていたので、心の準備ができておらず
固まっちゃいまして、怪しげに押し黙ってしまいました。

確かに応募となると住所や電話番号を言わなきゃならないので、
相手が音声ガイドでは不手際があるのかもしれませんが、
こんな夜遅くまで人間が対応しているなんて(もしかして24時間対応?)
人件費を加算すると太っ腹度が半端ない企画ですね。

そしてその後はつつがなく応募を済ませましたが、
どれ程のオペレーターの方がスタンバッているかは謎ですが、
あれだけ繋がらないとなると、かなりの応募人数になるんでしょうね。

毎日10,000名様にもかかわらず、なんか当たる気がまったくしません。(--;)

さて、話は変わりまして、このところ年になると時間の経つのが
シャレにならない位はやくて困惑しております。

・・・と言い訳をかましつつ、またまた中途半端なところで
ぶった切ったまま数日経過してしまったポタ日記ですが、
本当につくづく読みにくいブログですみません。(汗)

以下は「ガンダムポタ日記」の続きになりますので、
最初から読んでくださるという方は、その1は→こちらになります。

**************************************

あらかじめ予約していた魅惑の3段盛りアフタヌーンティーのお店は、
日航ホテル2階の「VERANDA」というラウンジなのですが、
ホテル内を歩くとそこはかとなく気になるのが、周りの皆様との服装の相違。

お台場なんて行楽地だから皆さんラフな格好で来てるだろ。

と完全になめくさってノコノコ来てしまいましたが、
皆さん結構ちゃんとした格好でいらしてるんですね。(大汗)

私も自転車に乗る格好としては、今回はファッションをがんばったつもりなのですが、
それでも「ホテルは無理あったかなぁ。」という後悔の念がひしひしと・・・

それでも一応ホテルのラウンジに行くので、
自分ではラフな中にもハイソテイストを心持入れたつもりでいたのですが、
周りはもっと普通にハイソ、ぜんぜんハイソ、天と地ほどハイソです。

相方も私とカジュアル度は変わらず、普通にポロシャツとジーンズだったのですが、
こういった場では、男性はそんな服装でも浮かないのですが、
女性は男性よりも気合が入っている場合が多いので、同じ程度にまとめて来た場合、
私のみが浮いちゃっている・・・という不公平。

いや、私自転車に乗ってきたんで。

と誰にも聞かれていないのに、心の中で言い訳を繰り返しつつラウンジまで行きました。

1人だけみにくいアヒルの子状態でしたので、
もしかしたら「若干胡散くせぇ。」と思われたやも知れませんが、
なんとかつまみ出されずにまんまとラウンジ潜入に成功。

後は他人様より安価な映画付きプランでアフタヌーンティを頂こうって魂胆なので、
その辺は差別されないか不安だったのですが、予感的中で案の定、

その辺はしっかり区別され道端で食べる羽目になりました。

 

日航ホテル

・・・というのはもちろん冗談でして、こちらがラウンジのテラス席です。

ちなみにマジで目の前は道端なので、普通にガンガンお台場観光の人が通っています。

せっかくなので自ら景色のいいお外のテラス席でお願いしたのですが、
お店の中だと時間毎にピアノとバイオリンの生演奏が聞けるようで、なんとも優雅そう・・・

テラス席だと聴力テストのようにうっすらとしか聞こえて来ないのが残念です。

しかしこのテラス席、完全に室内と隔離されたお外なのが人を開放的にさせるのか、
中には靴まで脱いでくつろいでるカップルもいたりして、
ホテルのラウンジの一角だというのに、かなり自由度が高っ!

椅子も妙に座りが良くて、「まあ、のんびりしていけや」という感じです。
いや、ホテルの方は別にそう思っていないかもしれせんが・・・

仕組みとしては、まず最初にアフタヌーンティーに付いている飲み物を選ぶのですが、
飲み物は特別(安)枠ではなく、通常のメニューの中から選ばせてくれます。

メニューを見ると、ホテルだけあって紅茶がさらりと千円越えとか、
庶民としては、「その値段設定は罪じゃね?」と思う価格で当たり前にのっとります。

・・・しかし紅茶だけでこのお値段なのに、3段盛りのアフタヌーンティ付きで2,625円とは、
アフタヌーンティ付きにした方がお得じゃないだろうか?

しかも!わが家は更にお得に旬の映画鑑賞券付きで3,090円。

なんか横から勝ち誇っているオーラを感じる・・・

隣を見ると相方が誇らしげにどや顔で座っています。

そしてこれだけでは済まさないのがお得ターミネーターの相方、
紅茶にもそれなりに値段の違いがあるのですが、

何気に味とか種類度外視で、すかさず一番高い紅茶を選んでるし。(‐‐;)

骨の髄までお得を食らい尽くすその精神は賞賛する
・・・気にはなれんけど、ある意味彼のぶれないお得道はすごいっす。スマンがついていけんけど。 

そして最初に紅茶が運ばれてきて、
その後、期待のアフタヌーンティが運ばれてきました。

vアフタヌーンティー

こちらレインボーブリッジなめで、どどーんと3段盛りです。

この日は7月~8月のメニューでマンゴー、マンゴスチン、チェリモヤ”
の世界3大美果のアフタヌーンティらしい。

アフタヌーンティー

なるほど・・・マンゴー、マンゴスチン・・・はわかる。

しかし“チェリモヤ”って何?!(゚∇゚ ;)

まったく聞きなれないどころか、初耳の語句だし。

さらりと“世界3大美果”とか言われても。えっ?!そうなんですか?としか・・・

美果というからには、果実の一種だとは思われますが、
地球上のどの辺に生えているのか、それともたわわになっているのかも不明。

しかもチェリモヤ自体も謎の果実なのに、それを更に加工してあるのか、
この中のどいつがチェリモヤだかも定かではありませんでした。

不思議食材、チェリモヤについては釈然とせずモヤっとしたままですが、
こちらのアフタヌーンティは全体的にボリュームも多めで、
お得適用のない原価でも、他の都内のホテルに比べて安価なので、
いろいろと過度な期待はしていなかったのですが(失敬)、
お台場の景色と雰囲気込みで、予想よりかなりレベルが高かったです。

ちなみにモヤっとしたままでもなんなので、後ほどネットで調べてみると、
このチェリモヤという植物は、バンレイシ科の植物で原産国はペルーやエクアドル、
木のなっている植物で、現地では日本の柿クラスに
ありふれている果実らしい・・・。(3大美果だっつうのに?)

食べごろを間違うと、青臭かったり苦かったりするメンドクセー植物らしいですが、
食べごろさえ間違わなければ、森のアイスクリームと呼ばれる程美味らしいです。

どうやらこの真ん中の段のミルフィーユらしき物に挟まれていたらしいですが、

アフタヌーンティー

森のアイスクリーム・・・そう言えばそうだったかな?

程度にしか思い出す事ができません。(--;)

ところでこの3大○○となると「誰が決めたんだよ」といつも思ったりするもんですが、
この3大美果というのは、昔世界を旅していた英国のマルコム卿(誰?)という方が決めたらしい。

・・・えっ?!それって完全個人の好みなんじゃ?言ったもん勝ちじゃね?

と思わなくもありません。

ちなみにマルコム卿は、東インド諸島のマンゴスチン、エクアドルのパイナップル、
アンデスのチェリモヤを世界の3大美果に(勝手に)認定したらしい。

もはや彼のやりたい放題のような気が・・・

産地までいちいち指定するところが、かなりのグルメの方だったとお見受けしますが、

あれ?パイナップルって、マンゴーじゃなかったんかい?!Σ(゚д゚;)

その辺は適当に入れ変わってもいいんか?

後から「やっぱりマンゴーもいいかも。」とか思ったかもしれんし・・・。

特に急き立てられる事もなく、のんびりと食べていたのですが、
この日は日が良かったのか、結婚式を挙げている方も多いらしく、
次から次へと目の前で婚礼写真を撮っていました。

どうやらレインボーブリッジが臨めるこの場所で、ホテル日航で式を挙げた人は、
親戚一同様ともれなく写真を撮る仕組みのようです。

しかし結婚式というのは、見ず知らずの方のお式でも
独特の幸せ感が漂っていて見ていて楽しいですね。

そしてその幸せオーラからわずか数メートル離れた場所に佇むのは、
馴れ合いと諦めの中で日々諾々と過ごしている私ども・・・。

なんか使用前と使用後を思い知っちゃったような気分で、
2人して若干センチメンタルになっちまいました。

いや、そんなことは考えちゃダメだ!考えたら負けだ!

そうしてボーっと幸せカップルの写真撮影を3組ぐらい見送ったところで、
いつの間にか1時間半程の時が流れていました。

お得セット(そんな名じゃないけど)に組み込まれている映画時間は4時、
あと30分しかありません。

場所的には映画館は隣に建物にあるのですが、
さすがに自転車をホテルに預けて置くのは厚かましいような気がするので、
自転車を受け取って他に駐輪してから映画館に移動しなくてはなりません。

あわてて会計を済ませ、自転車を身請けしにホテル1階まで戻ることに・・・

そして自転車を置いておいた1階のエントランス部分に行くと、

自転車

なんと愛車が捕獲されとる!Σ(゚д゚;) 

なぜか網をかけてくれておいたようですが、これは防犯対策なのでしょうか?

なんか狩られた獲物のような無残な姿です。(--;)

最初に交換した札と引き換えに自転車を受け取り、再びどこに駐輪するかですが、
来た時には停められなかった駐輪場をもう一度覗いてみると、
タイミングよくスペースが開いていたので、体よくそちらに駐輪して映画館まで急ぎます。

駐輪場 

が、

心は逸りつつも、ここに来て不可思議に思っていることがありました。

それはガンダムさんがさっぱりどこにも見当たらない。

と言う事です。

実はガンダムはお台場のどこからでも見渡せるような巨大なものと思っていたので、
どの辺にあるのかきちんと調べてきませんでしたが、
建物で言えば二階部分にあたる見晴らしのいい通路を歩いていても、
なぜか、まったくガンダムのガの字も見当たらないのです。

その時は不思議に思いましたが、まあ、世界のガンダムのお披露目という事で、
この空前の一大イベントはその辺のインフォメーションチラシを見れば、

ここぞとばかりに、大々的に取り上げられてんだろ。

と高をくくりまして、深くは考えず、この時は映画館に行きました。

・・・更に続きます。m(__)m

ブログランキングに参加してます。できればポチッ☆とクリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキング

関連記事
青いあんちくしょうがgoogleに
ポタ日記の途中(の上に自転車無関係)ですが、
本日はどうしても気になる事があったので、ちょっくら書かせていただきます。

水を飲まない日があってもダイエットコーラを飲まない日と、
ネットを開かない日はない私ですが、本日、いつものようにgoogleを開いてみると、

なんとロゴにドラえもんが!∑(゚Д゚)


ドラえもんがGoogleに

ドラえもんと言えば、一時期愛らしい電気ねずみにおされ気味でしたが、
ぶっちぎりの日本のアイドルキャラ。

特に基本他力本願の私のような人間にとっとは、
咽から手が出るほど捕獲したいネコ型ロボットです。

まあ、そんな老若男女問わず日本人の99%はご存知だと思われる彼が、
googleのロゴを飾るのは、太陽が東から昇るぐらい当然と言えば、当然なのですが、

なぜ今日だ?

という疑問がムクムクと・・・

沸いてきた疑問にいても立ってもいられず、
わが家のドラえもん博士に聞いてみる事にしました。

わが家には2名しかおりませんので、そのドラえもん博士なる人物は、
私でなければ当然相方なのですが、その称号は私が勝手に言っているのではなく、
いい年超えた彼が自ら「ドラえもん博士」と称しているのです。

おおよそ同じような時代に青春を過ごしたみんなが知っている昔の漫画やアニメも
まったく知らない相方ですが、自ら大風呂敷を広げるだけあってドラえもんだけはやたら詳しい。

ホント彼は「あしたのジョー」の内容も知らなかったので、
私がいちからあらすじを説明しなければならなかった時は、
軽い眩暈を覚えましたよ。 
 
しかしそんな彼にドラえもんについてのストーリーとかを聞こうものなら、
いつも無口な彼が別人のように嬉々として熱弁を振るうのです。

これは彼のドラえもん博士度を図るチャンスでもある。

時間を見て彼に電話して、

「今googleのロゴがドラえもんなんですが、
今日はドラえもんにとって何の日也?」

と聞くと、「そんな事も知らんのか?」という侮蔑を含んだ言い回しで、
彼が速攻で答えるには、

「だって2112年の9月3日はドラえもんの誕生日じゃん。」

いや、“じゃん”とか人生の中で当然知っておかなければならない事のように
断定的に言われても、彼の事はむしろ好きだけど誕生日までは知らんがな。

なるほど、ならば今日がgoogleのロゴを飾るのは納得しないではないですが、
でも良く考えてみると、2112年の生まれとなると、

彼の誕生日までは、本当はあと103年あるんじゃないか?

と思わないでもありません。

まあ、そんな細かい事を言って水をかけるのもなんですが・・・

しかし私も博士も本当のドラえもんの誕生日はこの世で祝えそうにないですが、
103年後には世の中はどうなっているんですかね。

ASIMOをはじめて見た時は驚いて、
すぐに人型ロボットが(ひいてはネコ型ロボットが)出
るんじゃないか?


とワクワクしたものですが、あれから十数年ASIMOは相変わらずなんか背負っていて
月面着陸の時の宇宙飛行士のような格好のままですし、
あんまり変わらないかもしれませんね。

ところで自転車とかは、どうなるんでしょう?

完全趣味の粋になるのか、相変わらず移動手段の一つになっているのか、
すっかり淘汰されているのか・・・

気になりますが、知る術もないのが残念です。

先にタイムマシンとかできてくんないかなぁ。

ランキング参加中です。できればポチッ★とクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキング

関連記事
若干おハイソ、ガンダムポタ【その3:ガンダムにご対面】
な、なんと!

わが家も当たっちゃいました。

ザストレート

サントリー「ザ・ストレート」

昨日、宅急便で届いてたのですが、
毎日10,000名に当選という破格の当選人数とは言え、
私のくじ運の悪さと、電話がつながらなかった競争率の高さで、
まさか当たるとは思っていなかったのでびっくりです。

気になるのはどれぐらいの確率で当たったのかですが、
私で当たるくらいなので、バブル期の地方行政のようにばら撒きだったのかもしれません。

空けるとなぜかいきなりマツケンこと松平建さん。

ザストレート

しかも暴れん坊将軍状態だよ・・・。

ここは加藤夏希ちゃんじゃないのか?!

と思いましたが、暴れん坊将軍とコラボでキャンペーンをやっているみたいです。

しかし暴れん坊将軍とできるコラボっていったい・・・

ちなみに加藤夏希ちゃんの手書き(といっても当然コピーですが)
メッセージつきでした。

メッセージ 

早速、冷やして飲もうと思います。^^

そして時間を置いてダラダラと続いてしまった「ガンダムポタ日記」ですが、
本日で最終回となりますので、良かったらお付き合いくださいませ。

その1は→こちら、その2は→こちらになります。

****************************************

 謎の食材チェリモヤ入り甘味3段盛りに溺れ、
ホテルでは思いの外時間を食ってしまいましたので、
自転車を置き映画館に着いた時は、
映画の開演時間まで、あと15分と迫ってしまいました。

この日は私どもが鑑賞しようと思っていたいた“ターミネーター4”は、
すでに公開から一ヶ月近く経っていましたが、(私的には)あの名作ターミネーターシリーズの最新版、
(いや、正直に言うと名作と言えるのは、2までだったかも・・・ごにょごにょ)
たかが一ヶ月では未だ人気は衰えるとは思えず、劇場は熱気を含んだ大盛況に違いない。

うーん。基本根性とかないし、
足腰も弱っている昨今、立ち見だけは勘弁だなぁ。

もし立ち見となると、子供の頃に見た“南極物語”以来だけど、
子供の頃は足腰になんら問題を抱えておらんにも関わらず、元々堪え性が皆無だったので、
あまりの立見の辛さに集中できず、映画を見終わった時にストーリーはおろか、
タローとジローの顔もうろ覚えだったような・・・

この日、映画館ではターミネーター4の他に何本かの映画が上映されていましたが、
窓口は全ての映画共通で、窓口に行ってから自分の希望の映画を述べるというものでした。

窓口には少々の列が出来ていましたが、全て“ターミネーター4”を見るために並んでいる

いわばライバルに違いない。

という妄想で、前に並んでいる罪もない人々に闘争心をメラメラと燃やす私。

私が冷酷なターミネーターだったら、列に向かっておそらく危険な何かを
お見舞いしていた事でしょう。(逆恨みだろ)

私達の場合、窓口にはホテルで頂いてきた微妙に手作り感溢れる
“ランチシネマ券”なるチケットを提出するのですが、
左上にカウントされているナンバーの若さが、
いかにもこのプランを利用する人間が少数派かを物語っているような・・・

映画チケット

しかし21番と22番って・・・(笑)

この番号はどうみてもこの日の利用者だけの番号じゃ当然ないよな。
(なんか日付部分は、普通に手書きで入れてるし)

このプランがいつからやっているのかは不明ですが、
最初から通しでこの人数しか利用していない気がするのは、私だけでしょうか?

やっぱり相方のようなお得暦=物心付いてからという高性能お得ターミネータークラスしか
到達できないある意味プラチナ級のチケットなのか?

そして列は私達の番に来たので、窓口でこのパチもんくさい(失敬)チケットを提出したのですが、
案の定、窓口の方は偽造パスポートを見せられた税関のような顔をしました。

どうやらこの窓口の方はこんな胡散臭い不可思議なチケットを見せられたのは初めてのようです。

そりゃそうだろうなぁ。20番台のチケットだし。

もちろん私どもは、正しく正当なお得権利にてこのチケットをGETしたわけですが、
人間の小ささからかつい動揺が隠し切れず、
更に胡散臭さ度がUPしていたのかもしれません。

怪しげな2人が持ってきた怪しげなチケットだから・・・という訳ではないでしょうが(たぶん)、
係員の方はしばし思案後どこかしらに確認し、その後無事チケットを発行してくれました。

マジ、偽造チケット常習犯とかあらぬ疑いを掛けられたらどうしようと思いました。いかにも偽造くさいし。

この映画館は、席を指定するシステムになっているようで、
チケットを取る時に、空いている席から自分の希望の席を指定する事になっています。

お陰で立見はないようですが、こんな寸前にノコノコ来たって、

後ろとか端とかの見にくい席しか残っていないだろうなぁ。

と覚悟していたのですが、係員の方が示した座席表をみると予想外に

すげーーがら空き。
Σ(゚д゚;)


あまりに膨大に余っていて、逆にどこを選べばいいのか判らない程がら空きっぷり。

なんかアメリカの原野を前に、

「You!どこにでも家を建ちゃっていいんだぜ!」 (o^-')b

と言い放たれた感じです。

まさかそんなにフリーダムに選べると思っていなかったので、
あせりながらなんとなく前から10番目ぐらいの席を選びました。

時間がない中、映画鑑賞の必需品ポップコーンを購入し、

ポップコーン

映画館の中に入ったのですが、
一瞬異世界の扉を開けちゃったんじゃないかと思う程ガラガラ。

映画館というのは、いかに席が良くても前に力士のような人が座ってしまうとアウトですが、
今回の場合は、その辺もノープロブレム。

だって10番目の列の私どもの前には人っ子ひとりおらず、私達が先頭状態なんです。

確かに見晴らしはいい。見晴らしはいいが・・・なんか寂しい。

どうした!(私的に)不朽の名作ターミネーター!!

やっぱあれか、看板ターミネーターのシュワちゃんが出るとか出ないとか、
結局、どうなったのか不明だからか?!(そう言えば、どうだったんだっけ?)

なんかいたたまれず後ろを向いて客数を数えると、
野鳥の会とかに入会していなくても数十秒で数えられる程しか人がいません。

教官!総人数は30数名であります!(泣)

でも、さすがに上演ギリギリになれば、もう少し客足が増えるだろう。

と思っていたのですが、なんかそのまま上映が始まっちゃいました。

うーん。封切りから一ヶ月近くは経過しているし、
ロマンチックカップルの多いお台場では、ターミネータは合わんのかも。

そしてターミネータ4を見た感想としては、

とにかくすげーーっ金かけてんなぁ!

というなんか凄いスケールです。

「本当は未来の話にしたかったが、予算が足らないので現代の話にした」という、
“ターミネーター1”のB級臭が漂うチープさが懐かしいです。

一部では黒歴史と噂されるターミネーター3以降のお話ですが、
主人公のジョン・コナーさんは、

「3の後に彼の人生にどんなしょっぱい出来事があったんんだ?!」

という程、あまりに面変わりしておりました。(まあ、俳優が別人なんだから当然だけど)

実は4が公開された時に今回で最終回だと思っていたのですが、
どうやらシリーズはまだまだ続くらしい。

もう、ここまで来たら殆ど展開がなくてもダラく続き、
ひたすら巻数だけ伸ばしている漫画のように続いて欲しいような気がします。

こうなったら私は寿命が尽きるまではついて行く所存です。

ちなみにシュワちゃんは出ていたと言えば出ていたような、
出ていないと言えば出ていなかったような、不思議な立ち位置でした。

さて、映画も見終わり後はこのポタ最大の目的「ガンダム」ですが、
ガンダム出現となれば、2009年のお台場にとって最大のイベント・・・のはず。

どこもここも教えたがりやさんのような情報で溢れているに違いない。

と思い、「行きゃわかんだろ。」とばかりに彼がおわす場所を
まったくチェックしてこなかったのですが、

予想に反して情報というのがさっぱりありません。(゚∇゚ ;)

お店の中に置いてある「夏のお台場情報満載☆」みたいな資料にも、
ガンダムはない事のように、まったく記載がないのです。

もしかして誘致の時に近隣施設と揉めたのだろうか?

といらぬ邪推をしましたが、考えてみればこの時はガンダムは立っているというだけで、
お披露目前のプレオープン時期だったので、まだ記載がなかったのかもしれません。

しかしこれは困った。

お台場は敷地的にはそう広くなさそうなので、原寸大のガンダムのような大きな物体は、
ちょっと眺めのいい場所から見れば、確実に見えると思っていたのですが、
再び眺めのいい場所に出てみても、やはりまったく姿が確認できません。

漠然と東京タワークラスに大きなものだと思っていのですが、
考えてみれば、人間が運転する設計なので、あんまり大きいと運転しにくいったらないですね。
収納しておくのも大変そうだし。

時間はそろそろ日没も迫る時間になっております。

真っ暗になれば更に彼の捜索は難航するに違いない・・・。

そんな途方にくれている時、相方の携帯が点滅している事に気が付きました。

捜索に夢中になっていたので気が付かなかったのですが、どうやら着信があったようです。

番号の表示を見てみるとどうやら先ほどアフタヌーンティーをしばいた日航ホテルからのよう・・・。

わざわざホテルから電話が来るなんて、日頃の行いにちょっと自信がない私は、
即座に「なんか手違いをしでかしたっけ??」と自分を疑いました。

考えられるのは忘れ物ですが、お金はカードで払ってきたので払い忘れってこたーないし、
ポタグッズはよく忘れるので(冬の耳あてなんかは、何度忘れて取りに行った事か)
もしかしてアームカバーを忘れたのかもしれない。∑(゚∇゚|||)

アームカバーはいつも毟る様に適当に脱いでいるので、
あれを忘れたら脱皮した蛇が自分の皮を取りに行くようで恥ずかしいなぁ。

と思ったのですが、アームカバーもちゃんとありました。

「?????」

ざっとこちらの落ち度は見当たらなかったので、
何のことやら疑問を持ちながらも、相方がホテルに電話してみると、
“お金をもらい過ぎたので、返したい”という事でした。

ますます疑問??

なにせ、わが家のお損嫌いのお得ターミネーターの相方は、
払った金額はちゃんと確認するので、払い過ぎとかはありえないはず。

どないな事じゃい。

と思いつつ、ホテル側の話を聞くとこうでした。

今回、映画付きのプランでお値段は3,090円なのですが、
ホテルで利用した分には、サービス料が10%加算される事になっているようで、
本来は映画料金を除いたアフタヌーンティ代にのみサービス料を加算しなければいけないのに、
今回はうっかり手違いで映画代金も含めた3,090円にサービス料を加算してしまったという事で、
200円程度多く貰い過ぎてしまったという事でした。

道理で相方すら見破れなかったはずですが、ホテルでこんな手違いが起こるのは、
やっぱりこのプランの利用者が極端に少ないからなんでしょうね。(--;)

私もいい大人ですし、200円程度で目を剥くほどのものでもなく、
正直言えば、黙っておいて頂いてもよかったのですが(どうせ気づかないし)、
ホテル側としても気づいてしまったらからには、対応せざるを得ないらしく、
えらく恐縮されていて「お届けにあがります」という事でした。

お届けしていただかなくても丁度近くにいたので、
こちらから出向く事にしたのですが、そこでふと閃きました!

ガンダムの場所をホテルの人に聞けばいいんじゃね?

お台場のホテルの人ならガンダムの場所を知らないわけないし、
何せ今回は向こうの落ち度という事で、えらく恐縮されている・・・

その弱みにつけ込んで、容易に情報GET!(o^-')b

というスケベ心がありありでホテルに出向いたものの、

なんか予想以上に酷く恐縮されている。 ∑(゚∇゚|||)

「本当に申ーーーし訳ございません。(90度)」

という感じで、とてもじゃないけど、

「ところでガンダムってどこですか?(*^.^*)エヘッ」

とか言い出せる雰囲気じゃないです。

「良かったらケーキとか、お飲み物とかいかがですか?」

とか言われたのですが、

いや、ただかが200円の為に、そんな高価なものを滅相もない。

アフタヌーンティーとかポップコーンとか食べた後でお腹もいっぱいだったので、
丁重にお断りすると、「それでは私どもの気がすみません。」とばかりに、
ウーロン茶が目の前に置かれました。

その丁寧な対応にこちらもえらく恐縮、すっかり雰囲気に呑まれちゃいまして、
その後、相手の気が緩んだところでガンダムの場所を聞き出さなきゃ聞き出さなきゃ、
と思ったのですが、相手の隙もまったくなく、結局情報はGETできずにホテルを出ました。

千載一遇のチャンスになんてヘタレなんだ。自分達。・゚・(ノД`;)・゚・

しかしこうなったら自力で辿り着くしかありません。

お互いなけなしの記憶を総動員して、ガンダムの居場所を推理することにしました。

まず、駅から徒歩でいけない不便な場所だとおそらく見に行く人もおらんだろうし、
(自転車乗り以外)駅から近い場所と推測されます。

そして相方がうっすらと記憶していたどこかの写真には、
ガンダム越しにレインボーブリッジが見えたらしいので、
それでおおよその位置はざっくりとわかりました。

そう考えていくと、私の錆び切っていた脳細胞も活性化してきまして、
急に彼はどこかの「公園」にいるという話を思い出しました。

その3つのヒントをつなぎ合わせ、お台場周辺の地図を見ると、
もっとも“台場駅”から近い公園の「潮風公園」なる公園がクローズアップされました。

潮風公園とは、現在いる日航ホテルの前あたりからも普通に見える公園なのですが、
高い木が植えてあるようで、結構木が茂っています。

もしかしてガンダムさんは、あの木の茂みの中におわすのか?!∑(゚Д゚;)

そう言えば潮風公園の方角からガンダムの「俺はここにいるぜ!」的な、
テレパシーを感じるような気がする。(気のせい)

そして急いで公園に向かうと、

ガンダム 

ガンダムさん(の後姿)

私達がいた場所から自転車で1分程度なのですが、
こんなに近くにいたのに見えなかったとは・・・

上から見ると周りの木に隠れて見えなかったようですが、
やはり思っていたよりもガンダムって身長が低かったようですね。^^;

お台場のどこからでも見渡せると思っていたのが敗因でした。

まだプレオープンなので周りはしょぼい柵以外何もないところに
どーんとガンダムだけがあったのですが、それでもすでにガンダムファンが集まっていました。

プラモチックなチープな質感をイメージしていたのですが、

ガンダム

実際に見ると本物っぽくて迫力があります。

ガンダム

手前に背後霊のように写っているのが相方です。
(いや、前だから前面霊なのか?)
こんな機会2度とないので記念写真を撮りたかったのですが、
影しか写りませんでした。(--;)

なんか昔自分が見たアニメのロボットが、
そのまま目の前に存在しているなんて不思議な感じで、興奮しますね。

次は実際に乗って動いているところも見てみたいので、

本当に動かせるガンダムを見れる日が来るといいなぁ。

でも軍事利用されたら元も子もないので、そんな剣呑な日は来ない方がいいのか。

そして興奮のままにこの日もナイトライドで帰りました。

興奮してエネルギーを使った為か、あんなに昼間に飽食をしていたのに、
猛烈に腹が減りまして、途中、適当な回転寿司を見つけて食べたのですが、
しばらく食べた事のない程のA級なハズレ寿司だったので、
記録からは抹消したいと思います。

最近は、安くてそれなりに美味しくないと売れないので、どのお店も鎬を削っているようですが、
(それなりに)高くて不味いお店も未だに健在なんですね。(--;)

ブログランキングに参加してます。できればポチッ☆とクリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキング

関連記事
ブラジルフェスタに行ってきました
今週末は土日とも晴天のポタ日和ですね。

昨日、わが家のポタ距離にしては若干遠出して代々木公園まで行ってきました。

昨日、今日と代々木公園では「第4回ブラジルフェスタ」
なるイベントを開催されているのですが、具体的に何をやるかというとサンバショーをやったり、
ブラジル料理が出店されていたりするようです。

ブラジル料理・・・そう言えばブラジル料理って具体的になんだろ?

もしかしたら今までの人生で、本格ブラジルグルメって食べた事ないかも。

(ブラジル料理と意識しないで食べた事があるかもしれませんが・・・)

急激に興味が沸きました。

サンバショーもあるとなれば、先日“浅草サンバカーニバル”を見逃して、
少々落胆していた(ように見える)相方も内心嬉しいに違いない。

という訳で代々木公園に行ってみる事にしました。

ブラジルフェスタは代々木公園の野外ステージで行われていたのですが、

ブラジルフェスタ

一歩入るとそこはすでに空気がプチブラジル
外国の方も大勢いて、明らかに日本とは周波数といいますか、テンションが違います。

日本人にしてもテンションが低めに設定されている私としては、
もちろんあの明るいテンションには、とても着いて行けなかったのですが、
別に「着いてこい」とも言われなかったので、通常テンションのまま買い食いです。

さて、ブラジル料理とは具体的によくわからなかったのですが、
出店されていたお店で多く扱われていたのは、
“ブラジルソーセージ”“牛肉の串焼き”でした。

ブラジルソーセージ 

写真は“ブラジルソーセージ”、味はスパイシーですが、
通常のソーセージと特別に乖離していませんでした。
製法とか原料がブラジル特別の何かなのかもしれません。

しかし日本でもこういうイベントに出店されているテキヤ的なものは、
とうもろこしとか、ベビーカステラとか、イカ焼きですし、
それを見て日本料理はこれだと言われては、ちょっと一言言い訳したい気分になるので、
これはあくまでブラジルのテキヤ料理かもしれません。

他にももう少し本格ブラジルっぽい料理があったので、数点買い食いし、
それなりにブラジル料理を理解したような気になって帰ってきました。

初ブラジル料理は、基本的に口に合う料理だったので、美味しかったです。

そして今が時期的にフェスタ流行なのかもしれませんが、
来週末は同じ代々木公園で「スリランカフェスタ」が開催される予定のようです。

・・・そう言えばスリランカ料理って・・・(以下同文)

来週、代々木公園はプチスリランカになるんでしょうか。ちょっと興味があります。

そして本日9月6日は知る人ぞ知る「目黒さんま祭り」の日になります。

太っ腹にも朝から6,000匹のさんまが無料配布されると言う事で、
数日前からお得好きの相方は行きたがっていてたのですが、

いや、無理だろ。

と私は否定的でした。

なにせわが家はスロースターターなので、いくらお得欲に駆られていても、
朝10時からの配布イベントに間に合う程早起きができるわけないって。

そうでなくてもこのイベントには15,000人の人出があるらしく、
それに対してさんまちゃんは6,000匹、どんくさいわが家はどう考えても勝ち残って
ありつける気がしません。

案の定、今朝相方が起きたのは10時、さんまちゃんの配布が始まった時間です。

開口一番、

「何で起こしてくれなかったの?!」

・・・って知らんよ。(‐_‐)

私とて人を起すほど(自慢じゃないけど)早く起きてないんですよ。

まあ、私のポケットマネーでスーパーのさんま買ってあげるから我慢しなさい。(炭火では焼けんけど)

という事で、無料炭火焼さんまをGETするという相方の野望はあえなく潰えましたが、
この時期意外に都内では“さんま祭り”なるイベントが開催されていて、
実はまだまだ“秋のさんまチャンス!”があるようです。

イベントごとにサンマ提供の産地が違うようで、
それぞれの産地の思惑も見え隠れしているようですが、
産地ごとに他の産地には「負けたくない」とか思っていると
Web新聞には書いてありましたが、

同じような海に生息しているさんまに
産地ごとに勝つとか負けるとかあるのだろうか??

とその辺は若干疑問ではあります。

それにしてもそれぞれのイベントでは、数千匹単位で提供されるようなので、太っ腹ですね。

目標を失って(自業自得ですが)本日はどこに行くのか思案中です。

ランキング参加中です。できればポチッ★とクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキング

関連記事
東京さんま祭り情報
どうも、こんばんは。くろばいBです。

先日当たった「ザ・ストレート」早速飲んでみました。
アルコール度数が6%と普通のビールよりも若干高めなので、
確かに「のどにぐっとくる」感じでした。

昨日は「目黒のさんま祭り」でしたが、わが家は結局行けませんでした。
ところが、この後もいろいろな所でさんま祭りがあるらしいので、ちょっと調べてみました。

第33回目黒のSUNまつり
【日時】 2009年9月20日(日) 10:00~15:30
【場所】 田道広場公園
【配布数】 5000匹(気仙沼産)

三陸・大船渡東京タワーさんままつり
【日時】 2009年9月27日(日) 10:00~16:00
【場所】 東京タワー正面玄関前
【配布数】 3333匹(大船渡産)

東京タワーにちなんで3333匹のようですね。
実際の東京タワーは333mなので、それでは少なすぎたんですかね。
この“3”はさんまの3と三陸の3にも掛けているみたいですよ。
これは元祖オヤジ病の私も気づきませんでした。(笑)

恵比寿 となりのサンマ祭り
【日時】 2009年10月11日(日) 10:30~15:00
【場所】 恵比寿4丁目 ビール坂下
【配布数】 2000匹(産地不明)

このネーミングの“となり”というのは、目黒のとなりという意味なのでしょうか?

これだけあるならできればどれかには一度行ってみたいです。
ありつけるかは別として・・・

ランキング参加中です。できればポチッ★とクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキング
関連記事
気になる自転車グッズを購入
日曜日はこの秋の第一回目のさんまチャンスを自業自得で逃し、
(つうかライフスタイルから変えないと第二回、第三回も逃しそうですが)
自暴自棄になっていたのか(特に相方)気持ちがシフトできずに、
秋晴れだってーのに、なかなかその日のポタ候補地が決まらなかったわが家ですが、
自暴自棄っているうちに時間が経ち、結局、近場をポタポタしてきました。

そして近場ポタの後、北千住のマルイにある「ローテイトストア」に寄り、
以前から欲しかった自転車グッズを購入してきました。

こちら「LEZYNEのアーレンキー」です。

アーレンキー

自転車技術力が皆無のわが家を神様が哀れんでか、
どちらかというとざっくり運が悪い側にいるであろう わが家が、
ぶっちぎりでいいのが“パンク運”

自転車を始めて約2年になりますが、今までパンクしたのは、
相方と私を合わせてたった2回のみ。

両方とも私のミニベロ、ベロンチョというところが、
まあ、ちょっと引っかからないでもないですが・・・

一度目は、家に置いている時にいたずら妖精さんが徐々に空気を抜いていった
としか思えない原因不明のパンク。

二度目は、パンクの基本中の基本過ぎて実際に経験をしている人は少ないであろう
道路に落ちている画鋲をタイヤの真ん中にクリーンヒットさせてのパンク。

逆に画鋲が嵌りすぎて空気が抜けず、家の近くまで来てスケベ心を出し、
画鋲を抜くまで無事に走って来れたので、道路で立ち往生とかいう苦労はありませんでした。

「若い時の苦労は買ってでもしろ」といいますが、
年をとっても苦労はある程度しておいた方がよいもので、このパンクの苦労のなさが、
わが家から緊張感を奪い、今ではパンク修理グッズをノー携帯という、
自転車乗りとして由々しき人間に成り下がっております。
(まあ、他にも自転車乗りとして由々しいところは多々あるのですが・・・汗)

しかし古来より驕れる者は久しからず・・・驕った挙句つい滅ぼされちゃった平家の例もありますし、

このままではいつか(多分近いうちに)痛い目にあうような気がする。

特にわが家は、ナイトライドを(成り行きで)得意としておりますので、
真っ暗の荒川で泣きながら立ち往生・・・とかいう身も凍る地獄もありえそうな・・・

そこで最近は「パンク修理及び最低の修理グッズぐらいは持ち歩こう」
と思っていたのですが、わが家にあったアーレンキーセットはこちら、

アーレンキー

お値段は100円也。

恐るべき事にたった100円で、1.5、2、2.5、3、4、5、5.5、6という
多様なサイズを網羅しておりますが、お値段がお安いせいか、
若干肌触りが謎の油でペトペトしているのが最大の欠点。

“アーレンキーは多少いいものを使った方が螺子にもいい”

というアドバイスも頂いていたので、ちゃんとしたアーレンキーを
購入するチャンスをうかがっていました。

・・・と、うかがっていましたが、何せわが家は基本自分で整備をしないので、
最近はアーレンキー自体の出番はほとんどなく・・・

すっかりアーレンキー購入を忘れていた頃に、
このLEZYNEを見て心奪われてしまいました。

なぜこのLEZYNEアーレンキーかというと、もちろん金色だからです。使い勝手とかじゃないんか?

バブル時代の名残か、実は前世では金に相当困っていたのか、
私は元来ゴールド好きなのですが(今生でもあまりリアル金には縁がないけど)
以前に相方がブログで紹介していたLEZYNEのゴールドの空気入れを
北千住の「ローテイトストア」に見に行った時に、空気入れを差し置いて、
気に入ったのはこちらのアーレンキーでした。

空気入れは相方が持ち歩いてくれるし。

目が釘付っているとお店の方が、

「そちらのゴールドは限定ですよ。」

という“今だけ”好きにはたまらない、心躍る言葉を呟かれたのですが、

せっかくのゴールドでも、

基本アーレンキーって見せびらかして走るわけでもないしな。

とその時は購入を断念してしまったのでした。

が、

離れてみて深まるのが本当の愛。

“限定”という言葉も心の中で日に日に重さを増し、
一旦は断念したものの、いつの間にか絶対に欲しくなっていました。

サイコンとかライトと違って無駄ゴールドのような気もしますが、
本当のお洒落は隠れたところでもするものだと誰かも言っていたような気がするし・・・

そして前置きが無駄に長くなってしまいましたが、週末に念願かなって購入してきたわけです。

“限定色”という事で「なくなっていたらどうしよう」と思っていたのですが、
やっぱり余裕でありました。^^;

4、5、6mmのアーレンキーとプラスドライバーが付いて、お値段は2,520円也。

アーレンキー

しかしアーレンキーのサイズが3つしかない点は、少々心もとないような気がする・・・。

倍の値段で、倍のサイズが入っている方にしようかと思ったのですが、
自分が持ち歩くであろうと予感している(そしておそらく現実になる)であろう相方から

「軽い方がいい。」

と諭され、小さいサイズのアーレンキーにしました。

それにしても・・・家のクロスバイクとミニベロ達の螺子が
このアーレンキーでまかない切れなかったらどうしよう。

と不安で、家に帰ってから確認しましたが、 案の定、
4mmと5mmのアーレンキーでほとんどの箇所はまかなえたものの、
なぜかここだけ至極小さい私のミニベロのボトルケージの螺子だけは、
まかなえませんでした。(相方のミニベロのはまかなえたのに)

ベロンチョ

Oh~ベロンチョ、なんて君は協調性のないヤツなんだ。

聖徳太子の頃から日本人は「和をもって尊しとなす」
ここだけ和を乱すなんて、駄目じゃないか!

って、イタリアブランド台湾製作のベロンチョに聖徳太子とか言っても無駄か。

・・・でも、まあ、ボトルケージってそんなに何度も付け替えるものじゃないし、
ここ位は100円アーレンキーセットを使ってもいいか。

そしてもう一つ、このゴールドアーレンキーと共に、
購入したのは、こちら「knog(ノグ)のパンク修理キット」(1,680円)

パンク修理キッド

こちらも同じく相方がブログで紹介していたのですが、
こちらはほぼ衝動買いです。

中身のラインナップはこんな感じなのですが、

パンク修理キッド

・・・なんだかこのパッチは、

パッチ

無駄にエロい。

どうせパッチなんて隠れちゃうのに、そこエロくても・・・

って、目立つところがエロい方が困るか・・・。

このエロいパッチももちろん使おうとは思っていますが、
旅先ではパッチを貼る技術に自信がないので、チューブを持ち歩こうと思っています。

・・・のでセットの中で本当に欲しかったのは、折りたたみ式のタイヤレバーです。

レバー

ポキッといきそうで、ちょっと頼りない気もしますが、
なんかおしゃれくさく収納できて、持ち運びにはいいかなぁ。と。

これで携帯用パンク修理&修理セットは購入できましたが、相方が、

「これプラスチューブを背負っていくのは重い。(‐_‐)」

と言っていますので、あとは入れ物であるサドルバッグを購入しようと思います。

正しい自転車乗りになるまでには、またしばしの猶予を・・・。

ランキングに参加してます。できましたらポチッ☆とクリックをよろしくお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキング
関連記事
ラテンvsヒップホップ
痩せない。

今年の夏は夏だというのにさっぱり食欲が衰えず、
気温と比例するようにうっかり体重をじりじり増やしちまった私。

さすがにこのままでは「二度とは戻れない道」に突入しそうで、
戻れない道に迷い込む前に、ダイエットを始めてみたのですが、

これがさっぱり痩せないんです!

そりゃ、週末ごとに自転車でグルメ漫遊してりゃそうだろう。

とお思いでしょうが、その辺はマッチこと近藤真彦氏に「愚ーかー者よ」と熱唱されそうな程の
愚かな私でも(例え古っ!)うすうす感じておりまして、
週末にカロリーオーバー肥える分、ウィークデーは貧しい食事に甘んじ、
普段は時々生きるのがむなしく成る程のつましい食生活を送っている

・・・はずなのですが、なぜか元の体重に戻らんのです。

ちょっと前なら、しばらくつましい食生活を送れば、体重は戻っていたはずですが、
年を重ねここに来てただでさえ鈍ってきた新陳代謝力が更にストライキを起こしたのか、
申し訳程度に減ったところで体重はピタッと止まり、今や揉めに揉めている春闘のように膠着状態、
夏に盛られたこの(贅)肉がどーしても離れてくれんのです。(>_<)

この膠着状態を打破する為には、新しい風を導入せねばならない。

と思いました。

せっかく自転車があるのだから、ストイックに自転車を乗りまくればいいと思うのですが、
すでに自転車に乗る=グルメとパブロフの犬のようにすり込まれている私。

下手にお外に出かけるとどっかで何かを飲んだり食べたりしかねないし、
できれば短時間で家でできるものの方が用事がある時も気軽に続けやすい・・・

この際、自転車で痩せるのはキッパリあきらめて(あきらめるなよ)

他に何かいいグッズはないものか?

とぼんやりと思いつつ何気なくテレビを見ていると、
突然、そんな私にうってつけのグッズが目の前に飛び込んで来ました。
まあ、大概テレビ通販を見ているとすぐにこういったグッズは見つかるのですが・・・

それは“コアリズム”

ラテンダンサーのヤーナ・クニッツさんとジュリア・パワーズさんのコーチで、
楽しくラテンのリズムに乗って一日30分程度踊っているとあーら不思議、
いつの間にか気になる部分のお肉が消えてなくなっているという
極めてアメリカらしいエクササイズです。

最近ではこのエクササイズでくわばたりえさんが、
これで見事ウエストのくびれを手に入れた事は知っていましたが、
以前はさすがにここまでは切羽詰っていなかったし、画面下の方に小さく、

“これはエクササイズの他に食事制限やウォーキングを併用した結果です”

みたいな事が書かれているのが若干胡散臭く・・・
通販番組でやっていてもあまりよく見ていなかったのです。

しかし溺れる者は藁をもつかむ

今回、かなりマジで宣伝番組を見ていると、あの杉本彩ねえさんも、
今の引き締まった美しいボディーを保っているのは、
ラテンダンスを踊っているお蔭という・・・

いや、どんなにラテンダンスを踊りまくろうと、
ラテンダンスの名取(っていうのか?)になろうと、
素材が天と地ほど違うので私が彩ねぇさんになるのは、
1000%無理だとわかっているものの・・・

通販宣伝番組を見終わった後は、

ついていくぜ!彩ねえさん。」

という浮かれたような気分になってしまいました。

実は以前「ジミー隊長(※)について行こう」
(※)ビリー隊長と書くところをうっかりジミー隊長と書いてしまいました。すみません。
ACEさんご指摘ありがとうございます。m(__)m

と思っているうちに、 あまりの過酷さに除隊が多いと聞き、
恐れをなして逃げ出した過去がある私ですが、
今回は屈強なアメリカのアーミーと違い楽しげなラテンのリズムだし、
これはいけるだろうと思いましたが、家に帰ったらいきなりラテンのリズムで私が踊り狂っていたら
相方が腰を抜かすだろうと思いましたし、基本私は優柔不断で責任を取るのが嫌なタイプなので、
取り合えず購入を相方に相談する事にしました。

「(すでに買う気満々だけど)コアリズムってどう思う?」

と相方に聞くと、彼が流行に乗りまくりの女子高生のような口調で言うには、

「ちょっと流行遅くなーい?今はヒップホップアブスだよ。」

ですと。

・・・って、ヒップホップアブスってなんすか?それ。

日に日に流行にも鈍感になっている私ですが、
ダイエットグッズにまで相方に遅れを取るのはなんだか癪に障ります。

調べてみると、いきなり冒頭にはマッチョでアメリカンな男性とヒロミ・ゴーこと郷ひろみ氏。

なんでもこのマッチョな男性はマライア・キャリー等の振り付けを手がけてきた
カリスマダンサー、ショーン・T氏、そのマッチョなショーン氏が考案した
ヒップホップを元にしたエクササイズが“ヒップホップアブス”・・・らしい。

そしてそのヒップホップアブスはヒロミ・ゴーも絶賛・・・らしい。

確かにヒロミ・ゴーの腹筋は、私が子供の頃からスターダムだった年代なのにスゴイ。

かたやラテンダンス、かたやヒップホップ。

かたやラテンダンサーのヤーナ・クニッツ&ジュリア・パワーズ、
かたやショーン・T・・・いや、失礼ながらどの方も存知あげないけど。

かたや彩姉さん、かたやヒロミ・ゴー。

これは甲乙つけがたい・・・ような気がする。

どっちにするべきでしょうか?これは悩みます。(知るか!ですよね。^^;)

優柔不断な私はすっかり困惑してしまいました。

これは何事もどうせ三日坊主で続かないと思っている相方が、
高いビデオを購入する前にあえて私を迷走させるという作戦でしょうか?

・・・まあ、自分でもうっすらと三日坊主のような気もしないでもないんですが・・・(--;)

できればこうして悩んでいるうちに贅肉がなくなってくれんかなぁ。

つうか食った分ぐらいは、まじめに自転車に乗れよ。自分。

ランキング参加中です。できればポチッ★とクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキング

関連記事
深川八幡祭ポタ【その1】
昨日から用事があり、しょう油の街市に来ています。

その用事とは、お嬢様(犬)の美容院への送迎係。

どんだけお貴族様のつもりなんだよ。

という気難しく自己中なうちのお嬢様犬、運命のいたずらで彼女が買われたのは、
超庶民のわが実家ですが、(彼女の脳内では)当然選ばれし貴族なので、
じいや(父)ばあや(母)ねえや(私)、ときどき彼氏(相方)にかしずかれて過ごしております。

犬というのは、時が経つと汚れてくるし色々な箇所の毛が伸び放題になってくるので、
定期的に美容院に連れて行かねばならないのですが、
なにせ気難しいお嬢様なので、御用達美容院が決まっております。

恐れ多くも彼女を購入させて頂いたペットショップに併設されている美容院なのですが、
ようはこの美容院でないと、トリマーさんに唸ったり逆らったり噛み付こうとしたり・・・

そんな彼女に私ども飼い主はいたたまれない気持ちになりますので、
いつもこの美容院にお願いしているのです。

ただこの美容院は実家からちょっと距離があり、車でないと行けない距離なので、
美容院に連れて行く時は、大概ねえや兼運転手の私が馳せ参じなければならんのですが、
元はと言えば、この愛犬を衝動買いしたのは私と母なので、
それも当然と言えば当然なので、その点はなんら苦痛ではございませんです。

今回は都合で少々美容院に行く間隔が空いてしまったので、
ヒゲや肉球の間の毛も伸び放題、お嬢様というよりお家断絶後の没落浪人のような
うらぶれ感をかもし出していましたが、トリミングをしてもらうと、
すっかり見かけは元の麗しいお嬢様に戻りました。

愛犬


もちろん完全飼い主の欲目ってやつです。ハイ。

そしてトリートメントもされ、すっかり艶めいた愛犬の姿を見て思ったのは、

そういえば、人間(しかも女子)の私はいつ美容院にいったっけ??∑(゚∇゚|||)

期間はさっぱり思い出せませんが、いつかは思い出せないほど、
以前に行ったという事は思い出しました。

なんか犬の美容院に行っている場合じゃなくね?私。

普段はひっつめているからいいけど、髪を下ろすとトレンディードラマ全盛の
ダブル浅野のようなレトロなヘアスタイルになっているし、
なにせ無駄に長く生えているだけなので、洗うのが最近は苦痛になってきています。

さすがに見苦しいので何とかしなければ・・・と思うのですが、
私は女性としてはお恥ずかしい話ですが、美容院が苦手なんですよね。^^;

あの美容師さんと一対一で鏡越しに対峙しているのがたまらなく苦手で、
逃げ出したい気分になるのです。

相手がしゃべらない方なら沈黙が苦しくなるし、
しゃべる方なら「話題を探さなきゃ」となんとなく気を使うし・・・って、見合いかよ。

こんな人間なので特定の美容室を作れずに、未だ美容室ジプシーなので、
更に美容院なる場所から足が遠のくという悪循環。

その点、1,000円床屋で済む相方は羨ましい。

苦痛の時間は10分ぐらいで終るだろうし・・・

ここまで来たら失敗してもどうせ伸びるし、
「いっそ自分で切っちまおうか」とも思いつめています。

そうなれば美容院代も0円ですが・・・それじゃ完全愛犬以下?!

さて、そんな美容に対するおざなりな態度が体重にも跳ね返ってきているのか、
未だ落とせない贅肉の元になったと思われるこの夏のポタグルメ漫遊記ですが、
なかなかすでに秋の気配が漂っていてもポタ日記が書ききれないでいます。

しかし(たいした事はしてないけど)自転車ブログをやっているからには、
記録しておきたいポタ・・・つうかグルメ。

過去と現代を行ったりきたりで万年錯綜中ですが(汗)、
まだ8月中のポタ日記を順番に書かせて頂きたいと思います。

***********************

まだまだ夏真っ盛りだった8月16日(日曜日)、
この日は深川の富岡八幡宮でお祭りがあるいう情報を相方が仕入れてきました。

深川八幡祭と呼ばれるこの富岡八幡宮の例大祭は、3年に一度開催されるお祭りで、
今まで行った事がないのですが、なんでも水を放水しながら行われるお祭りらしい。
(※追記:Yukiさんから頂いた情報によると、今年が3年に一度のお祭りではなく、去年が3年に一度のお祭りだったようです。ご指摘ありがとうございます。)

どのような形で放水が行われるのか、放水するお祭り自体に行った事がないので、
画づらすら浮かびませんか、その放水の被害(?)は見物客まで及ぶのだろうか・・・

例えばいささか不謹慎な想像ではあるけれど、夏のプール状態で
(女性)「えい!」(男性)「こいつぅ、やったな。」とかいう感じで、
お互い水を掛け合ったりする・・・とか?(貧困な想像力ですみません^^;)

なんかテンションが上がりそうなお祭りだな。

と勝手に妄想しまして、この日はむしろ積極的に水を浴びせ掛けられたい位の暑さだったし、
3年に一度というオリンピックのような希少価値も魅力、
取り合えず深川八幡祭に行ってみることにしました。

さて、水を被ってもいい暑さと言えば、本来ならこの夏華々しくデビューした
幻の(さりげなくもう幻?!)快適夏ポタアイテム「冷えT」を活躍させるべき

・・・ではあるのですが・・・

前日の土曜日には、特許申請を検討していた(嘘です)「冷えT」の実験を終えまして
「冷えT」自体はそれなりに快適な涼が得られるという有意義データが得られましたが、
と同時に存在価値を揺るがすある重大な欠点がある事が判明しました。

その冷えT最大の欠点とは、

同伴者が特に快適じゃねぇ。

という事です。

冷えTはユニクロのドライメッシュTシャツを水でぬらし冷蔵庫で冷やし、
それを着る事によって夏のポタを快適に過ごすとう代物なので、
基本実験対象者の相方は、全体に湿っているのでリュック等が背負えない状況になり、
ポタに必要な荷物は、必然的に被実験者ではない私がリュックに入れて担ぐ羽目に・・・

つまり涼を取りながら快適に走るノー荷物で身軽な相方の後ろを
いつも以上に荷物を背負った私が至極不快適に走っていくわけです。

そのお手軽な後姿を見て私は心底、

理不尽だ。

呪い思いました。

いつもは私はウエストポーチを使い、ウエストポーチに入らなかった荷物は、

「あっ、ウエストポーチに入らないや。(ニヤリ)」

という事で相方のリュックに当然のように入れていたのですが、
相方が冷えTを着ている限り、反対の立場になろうとは、
実験をしてみるまで気が付かなかったのです。

夏の荒サイで前を快適に走る相方の背中を見て、

少なくともこの荷物問題が解決するまでは、

冷えTは2度と使ってたまるか。

と私は行き場のない怒りと共に、冷えT封印を固く決意していたのです。

考えてみれば、相方が快適になるだけで私にはデメリットしかないし、
自慢じゃないけど私は、相方が楽になるために自分を犠牲にする程いい奴じゃありません。
(その逆はどちらかというとアリだと思いますが)

そしてこの日は前日の冷えT実験日よりも暑かった位の日だったので、
出発前に相方の野郎は、

「もう一丁冷えT作ってよ。^^」

とお気軽に言いやがりましたが、

「しまったぁ。(棒読み)
材料(ユニT)が1枚しかないんで連続じゃできないや。」

とさも物理的にできない事を言い訳に、相方の注文をさらりと無視、
私がウエストポーチで相方がリュックを背負うという元のシフトで出かける事になりました。

深川へは最短距離の浅草から行きましたが、
やはりセバスチャン相方が荷物持ちリュックを背負っているっていい!

この日、冷えTは却下したもの、私は水で濡らしたモンベルのアームカバーをしていたので、
定期的に水を掛けるメンテナンス用として、霧吹きを持参することにしたのですが、
相方のリュックは自転車用に小物が入るポケットが盛りだくさんあり、
きちんと霧吹き専用のポケットもありますので、そこに霧吹きをinしておけば、
信号待ち時のわずかな時間でも、いつでも気軽に水掛可能です。

霧吹き

その便利さに日焼け止めやらなにやらポイポイ入れておきましたが、
ポタ時は下手に自分のバッグに荷物を入れておくよりも、
他人のバッグに入れておいた方が、よりスピーディーに出し入れが可能なんですよね。

失って初めてわかるありがたさ・・・

もう二度とこの既得権は離すまい。

なんで冷えTなんか提案しちゃったんだろ。バカな私。(テヘッ)

そうして「自分だけは楽する権利」を復興させ、機嫌よく浅草の“枕橋”まで来ましたが、
以前、ポタメシで牛スジカレーを食べた事がある「枕橋茶や」のお店の前に、
いかすレンタサイクルが置かれているのをつい発見。

ルイガノレンタサイクル

どの辺がいかすってこのレンタサイクルは、ルイガノのミニベロなんです。

ルイガノレンタサイクル

自称レンタサイクル事情通の私どもが最近のレンタサイクルについて思うに、
レンタサイクルと言えば、前カゴに“レンタサイクル”と明記されたママチャリ等という
少々垢抜けないイメージがありましたが、最近は自転車ブームのせいもあるのか、
なんちゃって系自転車でもない、有名自転車メーカーのこじゃれた自転車を
貸し出してくれるところも増えてきていますね。

ちなみにレンタル料金は、平日500円/日、土日休日1000円/日だそうで、
若干ハイシーズンにおける割高率は、盆暮れ正月の旅行ツアーのように高い気がしますが、

でもなにせルイガノだし一日料金なのでこの位の料金設定はやむをえないのかも。
むしろ平日がサービス料金だという考え方もできるし・・・

後からこのお店のHPを見てみると、レンタサイクルの総数は、
ここに写っているルイガノの小径3台のみのようです。
紹介文には“ルイガノ(黄、緑、青)”と車種でなく、
色が書いてあったのが、なんとなく微笑ましい。

レンタサイクルを開始した時期は少し前からのようですが、
今までこのお店の前を通りかかっても、見かけた事はなかったような・・・
結構、大人気なレンタサイクルかもしれません。

「枕橋茶や」と言えば、2011年の12月に竣工する予定の墨田区期待のニューランドマーク、
新東京タワーこと東京スカイツリーを記念した(と思われる)
「THE 610 BEER」というビールを販売しているのですが、
いつか飲みたいと思いつつ、未だ念願がかなっていなかったりします。

しかしそんな記念ビールを発売するだけに竣工の暁には、
東京スカイツリーは、ばっちり枕橋から見えるようなのですが、
よく見るとすでに作りかけのスカイツリーが見える仕様になっている。

東京スカイツリー

東京スカイツリーの工事状況は、以前このブログでも取り上げ
場所的にざっくりと地元と言えない事もないし、その時はなんとなく情も沸きまして、
今後、スカイツリーの工事状況を見守っていこうと思っていたのですが、
その一時の情熱をすっかり忘れて、その後建設現場に行く事もなく・・・

いたずらに月日が流れていたら現場で見るまでもない程に、
すくすく成長していたんですね。

よそのお子さんと建物は気が付くと大きくなっていますが、
「いつの間に?!(驚)」という感じです。

これから高さが盛られていくといろいろなところから見えるようになるんでしょうね。
再び情が沸き、成長が楽しみになってきました。

そうして枕橋を過ぎ、深川まで一直線に伸びている「区役所通り」を走っていると、
深川まではまだまだ距離がある場所で、突如お祭りが行われていました。


お祭り

近づいてくるお神輿を見ると後ろから水が掛けられているような・・・

放水されているって事は、いきなり深川八幡祭に遭遇?!Σ(゚д゚;) 

でも、何かが違うような・・・

と思いつつもしばし(仮)を見物してみる事にしました。

・・・つづきます。m(__)m

ブログランキングに参加中です。ポチッ☆とクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログへ   人気ブログランキング
関連記事
深川八幡祭ポタ【その2】
昨日は生憎の雨だったので、久々に一日家でダラダラと過ごしていたのですが、
暇にかまけて相方がちまちまとブログ用のバナー作りに励んでいました。

その相方渾身のバナーは、相方担当の日に紹介させていただくと思います。

本日は家から見える空は半分が秋晴れで半分が曇り空の

はっきりせんかい!

的な微妙な秋空ですが、晴れると信じて先週から考えていた
代々木公園の「スリランカフェスティバル」に行ってみようと思っています。

とその前に以下は、前回の続きの「深川八幡祭ポタ」の続きになります。

*************************************

目の前で展開されているお祭りが深川八幡祭であるにしろないにしろ、
担がれているお神輿には、時々大量のお水が浴びせ掛けられているのですが、

「いったいそのお水はどこから来るのか?」

その水の水源がやたら気になりました。

その聖なるお水の出所を確認すると、
「給水車」と書かれている普通の軽自動車でした。

給水車 

お祭りなんで放水に使われているのは、代々伝わる山車とかと思っていたのですが、
意外と現代の文明の利器を活用してるんすね。・・・車の方が水を積むのにも便利ですもんね。

目の前のお祭りでは、お神輿も担がれていて、立派に放水もしている・・・

しかし深川八幡祭というには、どこかしら引っ掛かりを感じる。

なにせ、まずここは深川じゃないし。←絶望的に違うじゃん。

それに3年に一度の地元一大イベントとしては、
若干、見物人の数がふるっていない気がします。
ちょっと地元の方だけという感じがするっていうか・・・

そうして更にお神輿の動向を見守っていると、
派手に水をかけられつつお神輿は目の前で角を曲がり、

お神輿 

道の突き当たりにある小さな神社の前で止まりました。

えっ?もしかしてお神輿は、このままその神社に保管されちゃうの?(゚∇゚ ;)

深川八幡祭は、富岡八幡宮の例大祭りとも呼ばれるお祭りなので、
なんだか富岡八幡宮に保管されているお神輿を使うような気がします。

やっぱりこのお祭りは深川八幡祭とは別のものなのかも・・・

取り合えずその真偽を確かめる為、富岡八幡宮に向かいました。

そして再び自転車を走らせていると、この場所からすぐの場所、
深川に着く手前でまた同じような小規模な放水祭りを見かけたので、
もしかしたら深川八幡祭というのは、この辺の小規模な放水祭りを総称していうのかも??

なんか5人組み戦隊がよく使用する合体ロボみたいな感じで・・・

そんな見当違いな事を思いつつも、深川に到着しました。

大して距離も時間も走っていないのですが、暑い日だったので、
リュックを下ろすと、背中には相方の夏の風物詩“ロールシャッハテスト”が・・・

相方ロールシャッハ

お食事中の方、この世の美しい物以外はできれば見たくない方、
大変見苦しいものをお見せして、すみませんです。

ちなみに私は、あの主に地獄とかにいる牛面の悪魔(?)に見えたのですが、
・・・なにか心に深刻な悩みを抱えているのかも知れません。

いつも富岡八幡宮とほぼ隣り合っている深川不動の方に来る機会が多いので、
その癖もあり、深川不動の方に来てしまいましたが、
深川不動の参道の方にはいつもは出ていないような金魚すくい等のテキヤさんも出店していて、
お祭りモードになっていました。

深川不動参道 

この日は富岡八幡宮のお祭りなので、富岡八幡宮にお参りするつもりでしたが、
ここまで来たからには深川不動もお参りしようと、財布を見ると、

小銭がねぇ(゚∇゚ ;)

って、前日のポタでも小銭なくて困っていなかったか?自分。
ちっとは学習して細かい銭ぐらいキープしておけよ。

と自分の学習能力のなさを呪いつつ、見回すと周りにはお祭仕様で出店がわんさかと・・・

これは「食物を摂取せよ」という仏様の思し召しに違いない。 

なにか食べてついでに小銭をGETだぜ!(食べる方がついでだろ)

そして優柔不断ゆえに何を購入するべきかを迷いながら歩いていると、
うっかり参道を過ぎて、大通りの永代通りまで出てしまいました。

するとそこ永代通りには熱気を含んだ黒山の人だかりが・・・

沿道には思わせぶりな“富岡八幡宮”と書かれた旗も はためいている。

なにやらこれは祭りの始まり的なにおいがします。

ここか?ここなのか?!

しばらく待っていると、まず山車が・・・

次に意味はイマイチわかりませんが、有名音頭の小道具のような笠を被った集団がねり歩き、

深川八幡祭り 

そしてついにラスボス、お神輿登場、横からは放水!

深川八幡祭り

これは間違いなく深川八幡祭に違いない。

という事は、来る時に見た放水祭り×2はやっぱり無関係だったのか?

それにしてはやり方が酷似しているので、深川祭りブラザーズだったのだろうか?

人が多すぎてよく見えない中、背伸びをしつつお祭りをしばらく見ていましたが、
いつもはめったに使わない足の裏の筋肉を使ったので、足の裏が疲れまして、
お祭りの集団が全て通過する前に、撤退することに・・・

さて、来る前に期待していた放水は、観客参加型ではなく、
お神輿のみに掛けられていました。

いっその事水をかけられたい陽気だったので、ちょっと残念。

なにはともあれ3年に一度というお祭という事なので、
短い時間でしたが、無事見学ができてよかったです。

そして再び参道に戻り、小銭問題を解決すべく出店を物色していると、
この日は深川不動の方から富岡八幡宮の方まで途切れる事がなくお店が出店していたので、
気が付くと富岡八幡宮の方まで来ていました。

そこで心惹かれたのが、富岡八幡宮の敷地寸前で販売していたカキ氷、
何が惹かれたって、暑い日だからというのもあったのですが、
この「小学校の手洗い場かよ」と突っ込みを入れたくなる感じの蛇口の数。

カキ氷

どうやらこの蛇口からシロップが出る仕組みになっているようですが、
お客自らこの蛇口をひねり、掛けたい放題シロップを掛けまくっていいらしい。

出店のカキ氷っていうと、氷に対してのシロップの率の低さに不満を覚える事が多いですが、
こんな太っ腹なシロップサービスもあったんですね。

実はこの日は、お祭りの後は「カキ氷ポタ」に雪崩れ込もうと思っていたので、
いくら心惹かれてもカキ氷はパスしようと思ったのですが、
どうしてもあの陳列する蛇口の魅力には勝てずに、結局、購入です。

まず300円を支払って、氷を受け取り、後はご自由にという感じなので、
相方がシロップ担当でしたので、

カキ氷

ここはやはり全種類制覇か?!

と戦慄したのですが、 さすがにいい年超えて全種類をかけるのはバツが悪かったのか、
バナナとモモとメロン味のシロップの3種類を掛けました。

カキ氷

たった3種類とは相方さん、意外に小物っすね。

まあ、全種類かけられても氷というより飲むシロップになりそうなので、
3種類ぐらいが妥当な線ではあるんですけどね。 
いや、相方だったらやってくれるかと・・・←期待してたんか?!

以前、何かの雑誌に書いてあった話だと、実はこのカキ氷シロップというのは、
カキ氷シロップとして開発したのではなく、
カルピスのように水で薄めてジュース的に飲むものとして
開発したそうなので、ある意味その方が正しい使用方法ではあるのでしょうが・・・。

正直、こういうお店のカキ氷は、シロップ率が低いと最後のほとんどは氷を食う羽目になり、
「またつまらぬものを食ってしまった・・・」となる事も多いのですが、
こういうお店のカキ氷はシロップの多さで味が決まるところがあるのか、
たっぷりシロップの氷はなかなか美味しかったです。

しかも意外にも(失敬)きちんとバナナとモモとメロンの味がそれぞれするのも侮れない。

見事小銭をGETして、お参りの為に富岡八幡宮に入ると、

富岡八幡

そこにはまた人だかりが・・・

どうやら先ほど放水しながらねり歩いていたお神輿が、
富岡八幡宮に丁度戻ってくるところなのでお迎えに人だかっていたようです。

人を掻き分けるようにしてお参りを済ませ、深川不動でもお参りをしようと、
深川不動の参道まで戻ってきたのですが、ありがたい事に先ほどのカキ氷やさんは、
お釣りを全て100円玉でくれたので、お参りの小銭は潤沢にあったのですが、
参道にある「Didean」というお店で、不思議なキャッチコピーのアイスが売っていたので、
突っ込み型人間の私は思わず購入。

なんと黄金律のアイス最中”らしいです。  

黄金率アイス最中

ところでアイスの黄金律って何?!あったのか?

お店の中でなく、外で販売していたのですが、
そこは黄金律で王道なのか、注文があってから作成してくれるので、
少々時間がかかりますが、最中の皮が湿気ることなくパリパリ。
 
黄金律ぐあいは、食べてみればわかるかも。と食べてみたのですが、
確かに皮も香ばしくて美味しいアイス最中でした。 

アイス最中
 
しかしどの辺が黄金律かはやっぱり不明。この辺のアイスとあんの比率だろうか?

黄金率アイス最中を食べた後は、深川不動にお参りですが、
余計なお世話と思いつつ、ここに来ると働きぶりを確認せずにはいられない、
「龍一(仮名)、龍二(仮名)、龍三(仮名)」の龍三兄弟。

龍三兄弟

参拝者が少ない日は龍一(仮名)兄さんのみに働かせて、2人の弟はサボっている事もありますが、
この日はお祭りの繁盛記だったので、三兄弟が全員で働いていました。

そしてお参りをしようと本堂の前まで進むと、

深川不動

ない!∑(゚∇゚|||) 

前に来た時にいきなり設置されていたあの5本の紐が撤収されています。

ちなみに以前に設置されていた5本の紐とはこちら↓ですが、

紐

合理的な事に願い事によって引く(?)紐が分かれているので、
「仏様が願いを叶える時にわかり易いように振り分けたのかな?」
と思ったのですが、なぜか今回はその便利紐がなくなっていました。

あの紐は期間限定のものだったのだろうか?

それともいろいろ錯綜中でテスト的に使われたものだったのだろうか?

一生解ける事がないだろう謎が、(無駄に)深まります。

元に戻った一本の紐をひいて、お参りを済ませた後は、
深川不動と言えば、これ“貴石おみくじ”を引いてきました。

貴石おみくじ

私と片山Rさんしか購入していないんじゃないか?

と思われるほど引いている方を見かけない貴石おみくじですが、
おみくじと一緒に入っている石を20個集めると、
ブレスレットにする為の紐をくれるらしいので、
その紐を目当てにちまちま集めているのです。

今回5つ目の貴石は前回に引き続き「翡翠」心身健康と長寿延命の石です。


貴石おみくじ

心身健康・・・先ほど相方作成のロールシャッハテストでは、
自分でもそこはかとなく病んでいるとしか思えない回答しか出なかったし、

やっぱり私は心身不健康だからこんな石が出たのだろうか?

と思っちゃうところがこれまた心身不健康なのかも。

現在わたしくは、思春期とは別な不安定期間に突入ムードなので思い当たらなくもないし・・・。

心の闇に気づきつつ、次なる目的地カキ氷のお店に向かいました。

・・・続きます。m(__)m

ブログランキングに参加中です。ポチッ☆とクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログへ   人気ブログランキング
関連記事
深川八幡祭ポタ【最終回】
昨日の昼間は秋とは思えない残暑厳しいお天気でしたが、
代々木公園で行われていた「スリランカフェスティバル」まで行ってまいりました。

もちろんお目当ては魅惑のスリランカグルメですが、
出展している屋台を見ると「スリランカ・インド料理」と冠しているお店もあり、
スパイスをふんだんに使うところは、インド料理とかなり似ているものでした。

お国も近いので、やはり料理が似るんでしょうね。

もともとインド料理も好きなので、スリランカ料理も美味しく頂きましたが、
料理は少しは日本ナイズされているのか、されていないのか、
地球が青く、そして郵便ポストが赤いぐらい当然のように、
いちいちもっとも全て辛かったです。

ベリーホットな口の中を中和しようと、甘いデザート系を探したのですが、
スリランカデザートがなかなか見つからず・・・

結局、“スリランカ関係ねえじゃん”のペットボトルのお茶で流したのですが、
現地の方は、この辛さを何で中和されているのでしょうか?

子供の頃から免疫ができているから大丈夫なのか?

気になります。

・・・と、そのポタ日記は、いつものように無駄に長くなりそうなので、
また後ほど書かせていただくとして・・・

途中の「深川八幡祭ポタ日記」ですが、今回が最終回となりますので、
良かったらお付き合いくださいませ。

ちなみにその1は→こちら、その2は→こちらになります。

****************************************

深川八幡祭を見学し、2箇所の神社、仏閣のお参りを終えたその後は、
この日のポタもう一つの目的であるカキ氷を食べねばなりません。

先ほどのかけ放題かき氷は前菜という事で・・・^^;

目的のお店は、深川不動から程近いところにある「いり江」さん。

いり江

※今回はなぜかお店の写真を写し忘れちゃったようなので、
冬のあんみつポタの時の写真です。^^;

わが家がポタで全制覇を誓っている岸朝子先生(監修)のグルメ本にも掲載されているお店なので、
以前はあんみつを食べに来た事があるのですが、
なんてったってこのお店の寒天は絶品でした。

もちろん小豆も美味しかったのですが、

更に寒天が薫り高くて、旨い。


正直、「寒天なんて無味無臭、所詮1人では何も出来ないヤツだ」
と思って生きてまいった私ですが、
そんな私に本物の寒天の薫りの高さと、
味らしきものが存在するという事を教えてくれたのです。

いや、所詮餡とか蜜とかないと、1人では何もできないことはできそうにないんですが・・・

あんみつが美味しいならかき氷も美味しかろうということで、
夏の間に行ってみる事にしたのですが、
この日はうだるような暑さなので、すでに夕方になっていたにも関わらず、
お店は混雑していました。

すでに5時半を回っていたので、ラストオーダーの6時までに入れるか不安に思いつつ、
最後尾に並びましたが、岸先生の思し召しか(ないだろ)
意外と回転率が早く、あれよあれよと空き10分程度で席につけました。

そして「カキ氷ポタ2009 第4弾」は、

私は「氷あずきミルク」(730円)

氷あずきミルク

相方は「白玉クリームあずき」(870円)

氷クリーム白玉

こちらは白玉が氷の上でパーシャル状態になり違う食べ物にならないように、
わざわざ別の器に分けて出てきています。

しかしわが家は、昨年から夏はカキ氷ポタをやっておりますが、
1,000円越えの高額カキ氷の洗礼を受けたりしまして、
この位のお値段のカキ氷はなんとなく安いと思ってしまう今日この頃・・・
すっかり甘味業界に飼いならされちまったなぁ。俺。(--;)

先ほどもここのお店のあんみつが美味しいと言いましたが、
あんが美味しいお店は、ほとんど間違いなく氷あずきが旨いっすね。

氷あずきにおけるあずきの単価は高いと思われるので、
なるべくあずきの量に対してケチる企業努力をするお店も結構あると思うのですが、
このお店のカキ氷は、器の中には潤沢なあずき。 
 

氷あずき

普通に食べても最後にはあずきが残る程、あずきが使われていました。

あずきの配分を計算しないで氷あずきを食べられるのは素敵な事っすね。(涙)

そして、今回も岸朝子先生のお陰で、満足いくカキ氷を食べまして、
最後は、深川からさほど離れていない「豊洲のららぽーと」に行きました。

わが家が愛用している自転車用のカギ(2代目)がいかれてきまして、
収納できるはずのワイヤーが収納できなくなり、そろそろご臨終の様相なので、
お亡くなりになる前に新しい鍵を買おうと、
ららぽーとの中に入っているという自転車店に行こうと思ったのです。

地理上、深川と豊洲はさほど離れていないのですが、
それでもそれなりに距離はあり・・・

完全、別地域だと思われていたのですが、しかし驚いた事に豊洲に着くと、
お祭りだったからか深川に立っていたのと同じ“富岡八幡”の旗が立っていました。

この辺まで富岡八幡宮が神様的にカバーしているのか?

さすが富岡八幡宮、驚くべき守備範囲です。

そして、しばらく走って到着したのが「豊洲ららぽーと」

豊洲ららぽーと

いつ見ても万年工事中のような外観をしていると思うのは、私だけでしょうか?

足場のような鉄骨は、予算が尽きて工事途中・・・じゃなくて、デザインですよね?

豊洲は、「以前は、一体全体何が存在したいたんだ?」と疑問に思うほど、
街全体がすっきりと新しく美しく整備された、なんとなくセレブ感の漂う街なのですが、
ららぽーとには、もちろん屋内の立派な駐輪場がありました。

さて、この豊洲のららぽーとは何度か近くを通りかかった事はあるものの、
実際に中に入るのは、そう言えば初めての事になります。

が、

店内は広い。

さすが以前何があったのか謎な新しい街、ふんだんに土地を使って作られています。

このままブラブラと彷徨っていても見つからないと、
こちらのららぽーとに店舗があるはずの“セオサイクル”を地図で探してみましたが、

ない。

何度、案内図を確認しても見当たりません。

そんな馬鹿な!!

今日は自転車店に寄る為に、豊洲のららぽーとのHPでセオサイクルがあるのを
しっかりこの目で確認してきました。

一緒に確認したわけではないですが、相方も自分のパソコンで、
セオサイクルがあるのを確認して来たとも言っています。

2人の意見が合っていたし、お互い「自転車店がある」という自信はめちゃくちゃあったので、

うーん。スポーツ総合売り場の一つとして埋没しているのかな?

と思いまして、お店の端にあるバカでかいスポーツ総合売り場のエリアに行ってみました。

が、

やっぱりない。

大きなスポーツ用品エリアには、良くある大型スポーツ用品売り場のように、
自転車用品は申し訳程度にしかなく、セオサイクルも入っておらず、
希望のカギなんぞは影も形もありません。

マジで、一瞬、違う世界に迷い込んじゃったのか?と思いました。 

めずらしくキチンと事前にHPで確認してきた私は、あまりの理不尽さに、

「きちんと“ららぽーと東京ベイ”のHPを確認してきたのに、
なんでないの? 
撤退しちゃったんならHPの案内からも削除しておいて欲しいよね!」

我ながら至極まともな訴えだと思います。

が、もちろん同調すると思われた相方から、思いがけない言葉が返ってきました。

「・・・ここ“ららぽーと東京ベイ”じゃないよ。」

えっ?(゚∇゚ ;)

・・・・皆様、ご存知でしたか?

千葉県の船橋のららぽーとは、東京じゃないのに“ららぽーと東京ベイ”っていうんですよ~。

確かに船橋は東京湾のすぐ近くにあるので、東京ベイと言うのも間違いじゃない。

でも豊洲だって、同じように東京湾の近くにあるよね~。

だったら実際東京にあるのは、豊洲なんだから、
こちらの方が“東京ベイ”の名称に相応しいと思うんですよね。

ららぽーと東京ベイ=ららぽーと豊洲

と思ってしまっても罪はないと思いませんか?

私は元千葉県民なので船橋にあるららぽーとは、“船橋のららぽーと”と呼んでいましたが、
(実家からは遠かったのであんま行かなかったけど)
そう言えば、船橋のららぽーとは、なにかと千葉の施設に“東京”とつけるのが
流行していた時にできた施設だったような気がします。

また、千葉県内の施設を東京というマジックに見事にひっかかってしまいました。

確かに以前船橋のららぽーとに行った時にあったわ~セオサイクル。

ある意味、違う世界に来てたわけね・・・。じゃあ、存在しなくても仕方ないじゃん。

しかし!です。

相方も「HPにセオサイクルが記載してあった」と言っていました。

相方は東京ベイと豊洲が違う店舗とわかっていたのだから、
その辺はミスするわけはありません。

それはどう説明してくれるんじゃい!

と思っていたのですが、相方は私のミステークを指摘した時に、
脳内の回線が正しく繋がって、自分のミステークにも気づいたらしく、

「ここって晴海・・・じゃないよね。^^;」

とか変な事を言ってきました。

いや、豊洲が晴海だったら、普通に晴海○丁目って表示するだろ。

相方は、確認する時にセオサイクルのHPから見たようですが、

「なんか晴海にあるトリトンという施設と豊洲のららぽーとを
場所が近いから勘違いしちゃったみたい。(テヘッ)

テヘッ・・・じゃねえよ。オイ。

確かに場所は近いけれども、晴海トリトンと豊洲ららぽーとでは、

肝心の字面がまったく違うやんけ。

どんな脳内変換をしたんだよ。

同じ間違いでもららぽーとのチェーン店内で間違えた私よりも、
場所、字面、店舗名自体全て違う相方の方がより罪深い気がしますが、
所詮、目くそ鼻くそってやつなんで、まあ、いいか。

つまり私は、ららぽーと東京ベイのHPを、相方は晴海トリトンのHPを
豊洲ららぽーとのものと勘違いして見ていたと言う事なので、
実際、セオサイクルが豊洲ららぽーとになくても、自分達以外誰も責められないのですが、

いいたかないけど、2人そろって駄目夫婦ってやつですね。

来る前に気づけよ。どっちか。お願いだから。

自転車店がない以上、一縷の望みをかけ構内にある「東急ハンズ」に行ってみましたが、
先ほどのスポーツ総合売り場よりは若干マシで、自転車のカギも数点あったものの、
わが家のお気に入りのカギは、売っていませんでした。

東急ハンズはいろいろな物をさらりと網羅していますが、
一点に特化したものは売っていないんですよね。

このままでは豊洲に来たのが単なるお損になってしまうので、
せめて寂しさを埋めようと、ららぽーと内で夕食を食べて帰る事にしました。

多くのテナントからお値段にひかれて、
並んだお店はこのお店「餃子の福包」さん。

福包

そのお値段ゆえか、他のお店と比べてもお客さんが並んでいましたが、
わが家もそのあまりの食べ物の安さに思わず並んでしまいました。

そして20分ぐらい待ったのち、カウンター席に通されました。

まず頼んだのはこちら、とりあえずビール略して「とりビー」

キリンフリー

「キリンフリー」です。

いや、これはアルコール度数0%なので、ビールとは言わず「とりビー風」なのか?

世界初アルコール度数0%と言う事で、ポタ先でも飲める唯一のビール風飲料なのですが、
飲んでみたいと思っていたものの、今までなにかと機会がなく・・・

このお店に置いてあったので初めて飲んでみる事にしました。

後ろめたい事は何もないのですが、なんか泡が立ってビール風なので、
悪い事をしているような背徳な気分で飲んでみると、
味は薄味でビールと言うより発泡酒に近い味わい、
切ない事に普段発泡酒を飲みなれているわが家的は、違和感なく飲める味です。

お値段も380円とソフトドリンク程ではありませんが、普通のビールよりも若干安いし、
餃子にウーロン茶やアイスコーヒーを合わせるよりも、気分が出ていいような気がしました。

料理はビール風飲料にもマッチするつまみを数点、

料理

それぞれ量はさほどでもないですが、一皿200円台というのがいい。

後は餃子屋さんなので、「焼き餃子2人前」(1人前290円)

焼き餃子

「水餃子2人前」(1人前290円)写真は1人前です。

水餃子

を注文しまして、ビール風飲み物と一緒に胃に収めてきました。

それにしてもこれだけきちんとした餃子で290円はなかなか安い。 

しかしやっぱり餃子にはアイスコーヒーよりもビールテイストですね。

以前、牡蠣をアイスコーヒーと合わせて食べて、
あまりの食べ合わせの妙に胃が恐慌を起こしかけましたが、
このビール風飲み物は、牡蠣とかにも合いそうです。少なくともアイスコーヒーよりは・・・

当然の事ながらまったく酔わなかったのですが、ビール味と似た味を飲むと、
パブロフの犬のようにそれなりの高揚感が得られるように体がなっているのか、
自分達のアホな勘違いも忘れ、ご機嫌で家まで帰ってきました。

ちなみにこの日から1ヶ月近く経った今も壊れかけたカギは、
ときどきストライキを起こしつつも、現役でがんばっています。

こんな姿ですが・・・

鍵

全体的にちゃち華奢なので、自転車乗りの方にはいまひとつ不人気なのか、
限られた自転車店にしか売っていないのが難ですが、
持ち運びが軽くて楽なので、わが家のお気に入りグッズです。

他の方であまり使っている方は見たことがないのですが、
廃盤になったら困るなぁ・・・

ブログランキングに参加中です。ポチッ☆とクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログへ   人気ブログランキング

関連記事
ブログランキングのバナーを作ってみました
どうもこんばんは。くろばいBです。

先週の土曜日は生憎の雨で自転車に乗れなかったので、
ブログのバナーにも個性を出してみようかと思い立ち、
ブログランキングのバナーを作ってみました。

今まではバナーに貼るという想定で自転車の写真を撮った事がなかったので、
ストックの中にはめぼしい写真がなく、
急遽マンションのエレベーターホールでこっそり撮ってみたのですが、
あまり明るい場所ではなかったので、バナーにはイマイチだったかも。

小さくしたときに映える写真というのはなかなか難しいですね。
もう少し写真の撮り方を研究してみようと思います。

できれば二つポチッとクリックしてもらえたらうれしいです(^^)/
にほんブログ村  人気ブログランキング
ブログランキングに参加しています♪
関連記事
三郷のIKEAへGO!【その1:シャア専用アイスにめぐりあい】
“寄る年波”というビックウエーブが襲ってきているのを
ヒシヒシと感じている今日この頃。

このブログでも時々断末魔の叫びのような見苦しい事を言っていますが、
この波に翻弄されていると、

全てをあきらめ、

いっその事この波にのまれちまおうか。

と思ってみたり、

いや、できうる限りこの波と戦うぞ!

と伝説のサーファーのような気分になってみたりと、
その時々で思考は千々に乱れまくっております。

長く地球に住んでいると、特に大敵だと思われるのが重力。

以前はあれほど逆らっていた(ように思えた)のに、
年代を重ねると体も平和主義になり争うよりおもねる方を選ぶのか、
最近は重力に身を委ね、なんか体が全体的に下へ下へと下降の一途を辿り・・・

気が付くとお顔の頬近辺にも重力との戦いに敗れた後がありありと・・・

ぶっちゃけちゃうと“たるみ”ってヤツです。 (--;)

そんな自身のお顔を目の当たりにすると、
無駄な抵抗とわかっていても、何とかしたいと焦ってしまうのが人情ってやつで、
その焦りにつけ込まれ美容業界から何度かカモられて参りました。

そして焦りのまま購入したのは、その単純な作りからは、
想像を絶するような高価なお値段の美容器具が数点・・・

結局、何の効果も得られぬまま洗面所の引き出しの中で眠っています。

大抵、肌が荒れるだけで肝心の頬の肉は、1mmもUPしないんですよね。

年末のたびにムカつくから捨てちまおうと思うのですが、
元が高価なだけにこれがなかなか捨てられないんです。(涙)
愚か者よと嗤ってください。(--;) 

そんな風に何度カモられても少しでもこの下への流れを食い止めようと、
美容グッズに目が行かずにいられないのは哀しい性ですが、
そしてまた、先日、某無印なお店で買い物をしている時に、
こんな美容グッズを見つけ、つい購入してしまいました。

フェイスラインローラー

使用法としては、顔に挟んでグリグリとローラーを動かすという、単純系の美容グッズですが、
イメージ的には、その刺激と上にローラーを動かす相乗効果で、
ぶったるんだ頬近辺に気合を入れ、リフトアップが見込める・・・ような気がする。

注意書きには“フェイスラインが気になる方へ”とまさにフェイスのラインが
気になりまくっている私には、タイムリーな事が書いてありますが、

気になった方が、使用する事によりどのように変化するのか?

という肝心の効果・効能については、大人の事情からか一切記載してありません。

・・・・・(-_-)アヤシイ・・・

・・・やはり効果については怪しまざるを得ませんが、
溺れる者は藁をもつかんじゃうもので、
税込み840円という爆安価格も手伝い、気が付くと購入していました。

まあ、このぐらいの値段だったら効果がなくても、あきらめきれるし・・・。

と自分を正当化し、そしていそいそと家に帰って、
早速、家で使用してみようと ローラーとローラーの間に顔を挟んで転がしたのですが、

痛でーーーーーーーっ!!(>_<)

今まで顔面では経験した事のないジャンルの痛みが走りました。

痛みの方向としては、小石の上を裸足で歩くと、足の裏のツボが刺激され、
痛みを発する事がありますが、それが顔に起こったような痛みです。

ローラーを動かすたびに、顔の痛点が刺激されるような痛みに
辛抱たまらず泣き叫んでいると、
洗面所の私の阿鼻叫喚を聞きつけた相方が面白半分に、

「自分もやってみたいからローラー貸してよ。^^」

と言ってきました。

ああ貴様もこの痛みを味わうがいいさ!

と相方にローラーを渡し、相方も私と同じく顔面の痛みにのたうつであろうと、
ほくそえんでいると、顔面をローラーをゴリゴリ刺激しながらも、

「なんともないじゃーーん。」

と平気な面の相方。

顔自体は私よりもあきらかにビッグサイズの相方が痛みがないなんて、

なーーぜーーー?

顔のサイズに関係なく、痛い人と痛くない人がいるって事?

足ツボは内臓に通じていて、内臓が弱っているとより痛く感じるといいますが、
顔の場合もそんな事があるんかいな?

良薬は口に苦しといいますし、(根拠はまったくないが)この痛みに耐えれば、

フェイスラインがUPする・・・かもしれない。

と儚い思い抱いて、毎日ローラーを使っていますが、
転がしているうちに徐々に痛みが薄れていくものの、
相変わらず使い始めは、ものすごーく痛いっす。(T_T)

まあ、今までの無駄に高価な美顔器と違って、素材もプラスチックなので、
お風呂で手軽に使えるのと、ジャブジャブ洗えるので清潔に使えるのがいい所なので、
痛みに耐えてしばらくは使い続けてみようと思います。

効果の程は謎ですが、もしかしたら痛みに耐えたご褒美に神様が
リフトアップしてくれるかもしれないし。

って、神頼みかよ!

・・・そして、またまた話は変わってポタ日記ですが、
ようやく8月末頃まで追いついてきました。(追いついたっていうのか?)

まだまだ読みにくくて申し訳ありませんが、
できればお付き合いいただければ嬉しいです。

******************************************

体内のバイオリズムがそうさせるのか、
なけなしの自転車乗りとしての意地みたいなものがそうさせるのか、

こんなヘタレ自転車道驀進中のわが家でもごくたまーに

「自転車に乗って遠くへ行きたい」

という衝動に駆られる事があります。

その遠くへ行きたいというバイオリズムの波が襲ってきたのが、
そろそろ夏も終ろうという8月29日(土曜日)

夏休みを楽しく遊んだお子さんが「アリとキリギリス」の童話を思い出しながら、
缶詰になりつつ夏休みの宿題をやっている頃合の日です。

金曜日の夜に突然、「そうだ、明日は横浜に行こう」と思い立ち、
明けて土曜日の朝、わが家には珍しく横浜行きを実行に移せるだけの時間に
起きる事ができたのですが、「横浜へ行くぞ!」と浮かれていたのは、
天気予報を見るまででして・・・

いい加減朝晩は涼しくなってきた頃合なので、意外に気温が低いのではと思いきや、
天気予報によるとこの日は残暑厳しく、33度まで気温が上昇する・・・らしい。

その予報を聞き、私と相方の脳裏にある過酷な記憶が蘇り、
潮が引くように“遠くに行きたい”バイオリズムの波が引いていきました。

その過酷な記憶とは、わが家の3大デスライドの1つに入るであろうという、
昨年の夏に行った「真夏の横浜80kmライド」

このデスライドは、私にとっては、今でも夢に出てきそうな程、
過酷過ぎて忘れることができません。

忘れられない過酷な経験の割には、タイミングを逸したまま月日は経ち、
ポタ日記としてブログには記載していませんが・・・(汗)

横浜に着くまでの40kmは脳が沸騰するかと思うほどの
地獄のアスファルトの照り返しに苦しめられ、
たかが行きの40kmを走るのに途中休憩3回(小休憩は数え切れず)、所要時間6時間、
日頃からチームワークがいまひとつな私共は、途中何度か見苦しく揉めそうになり、
真夏に横浜行きなどを決めた自分達を呪いながら行き、そして帰ってくる始末・・・

33度の気温の中再び横浜に行ったら、

性懲りもなく去年のデスの二の舞やんけ。(゚∇゚ ;)

それだけはマジ勘弁。

という事で、お互いに無言でうなずき合い、
横浜ポタはもう少し涼しくなった頃へと延期する事にしました。

しかしわが家にしては珍しく早起きできたので(我ながら大人とは思えない自制心なもんで)
これを生かさないのはそれなりにお損。

長距離は無理でも中距離ポタぐらいは行こうと、
横浜よりは断然近く、ご近所ポタよりも長距離気分が味わえる
埼玉県三郷市の“IKEA”に行く事にしました。

中距離ポタなら、もうひとダラけしてから出発してもいいか。

と家でダラついているうちに、あーら不思議、←別に不思議じゃないだろ。

出発する時は、お昼を回った12時半になっていました。

うーん。この時間なら相方が横浜の代替候補地として、
さりげなく、それでいて強固に推していた浅草のサンバカーニバルに行っても良かったかも。

あまりに近いのと、サンバカーニバルのどえらい混雑が嫌で却下したのですが・・・

三郷に向けて出発しようとお外に出ると、思った以上にお外はDEATH。

真夏のような蒸暑さで、予報通りに気温は33度位はありそうな勢い。

つくづく横浜を止めておいて良かった。己を知るって大切ですもんね。

と再び相方とうなずき合い、アスファルトの照り返す国道を三郷方面へと向かいます。

そして気温が高いと、たいして走っていなくてもすぐさま水分プリーズとなるので、
いつもは家の近くの自動販売機で即ペットボトルを購入してポタるのですが、
この日は私のボトルケージにも、相方のボトルケージにもノーペットボトル。

なぜならこの日は、どうしてもコンビニに寄らなければならない事情があったのです。

その事情とはこの夏赤城乳業から満を持して(かどうかはわかりませんが)
発売されたガンダム放映30周年記念の便乗商品、
「シャア専用MSモノアイアイス」 を購入しようと思っていたのです。

今年は30周年記念としては、お台場に等身大ガンダムが登場するなど、
派手なイベントも開催しており、それに比べると比較的地味ではありますが、
等身大ガンダムとは別の意味でかなり興味深い代物です。

その雰囲気からみるに期間限定らしき代物なので、ここで食べておかないと、
次はいつ食べられるかわかりません。(10年後の40周年の時か?)

このアイスは、全国のコンビニで発売しているということなので、
コンビニに寄ってシャア専用モノアイスを購入しつつ、
そこで飲み物も買えばいいや。と思っていたのです。

が、

世の中には運のいい人間と悪い人間という2種類の人間がいて、
こういう時に自分がどちら側の人間だかわかる仕組みになっているようで、
走れども走れども自分達の走っている側には、コンビニがないんです。

反対側の道路の沿道には先ほどから何軒もコンビニがあるのですが、
なぜか自分達の走っている側には皆無。

そうなってくると私も(無駄に)意地になりまして、意地でも反対側に渡るまいと、
自分の走っている側にコンビニがあるまで走り続ける気でいましたが、
やはり反対側にはあるものの、嫌がらせのようにこちら側にはありません。

途中、せめて皮膚から涼を取ろうと、私はアームカバーに、
相方はと言えば、冷えTの素材にも使われるユニクロのドライメッシュTシャツを着ていたので、
リュックを背負っている背面を除き、主にTシャツ前面に霧吹きで水を吹きかけましたが、


ドライメッシュ 
ある程度の涼は取れるものの、喉の渇きには一向に効果がありません。
(そりゃそうだろ。植物じゃないんだから・・・)

そして気が付くと10km近くは水を飲まずに走り続け、
おそらく体内の血液は、暑さと乾きで煮詰まってドロドロ状態。

ノーコンビニ、ノーライフ(比喩的な意味でなく、マジで)レベルにまで達し、
敗北感に打ちひしがれながらも、最終的には(また)反対側にセブンイレブンが見えたので、
道路を渡ってセブンイレブンに入る事にしました。

セブンイレブン

しかしセブンイレブン・・・

この王道の老舗コンビには、私の(勝手な)イメージでは至極保守的、
プライベートブランドと王道商品しか置かないイメージなので、
果たして“シャア専用アイス”というキワモノアグレッシブな商品が置いてあるのか?

その辺は懐疑的だったのですが、案の定、置いていませんでした。

外のウィンドウからこんな雑誌が見えたので、一瞬、期待したのですが・・・

セブンイレブン

とりあえず血液ドロドロ解消の飲み物を購入し、セブンイレブンを後にしました。

それにしてもポタ時に飲み物がないというのは、自殺行為ですね。

大昔、自転車に乗って初めて100kmポタに挑戦した時に(途中で挫折しましたが)、
ボトルケージを付けていなかったので、冬とは言え水分を一切持たずに
100kmに向け荒サイを走り続けるというアホな行為をしましたが、
今思うと我ながら頭が傷んでいたとしか思えません。

そして、それをまったくアホな行為と思っていなかったところが更に痛い・・・

ここまでアホ過ぎると返ってレジェンド?

さて、真のお目当ての品はセブンイレブンでは見つけられなかったのですが、
全てのコンビニをしらみつぶしにしてもシャア専用アイスは探し出す覚悟でいたので、
程なくして再びコンビニを見つけた時も、迷わず自転車を止めました。

こんな事にかけてはやたらやる気マンマンなんですよね。我ながら。

次に見つけたコンビニはローソンだったのですが、

ローソン

こいつは期待大。

ローソンは私の(これまた勝手な)イメージですと、
ニッチな商品を貪欲に取り入れているイメージがあります。

なんとなく確信めいたものがあり、冷凍庫を覗くと、
やはりローソン、期待通りにこのキワモノニッチ商品がありました。

しかも今回発売されている「ザク」「ズゴック」「ゲルググ」の3柄を
全て網羅しているとうすばらしさ。

さすがに3種類は食えんので、取り合えずザクだけは外せんな

という事で、ゲルググ(左)とザク(右)を購入(各137円)。

シャア専用アイス

まあ、ちょっとの絵の違いなので、どれを購入しても同じちゃー同じなんですけどね。中身は一緒だし。

こちらも一応カキ氷なので、この夏のテーマでもある「カキ氷ポタ2009番外編」
ローソンの駐車場の片隅でひっそりと開催です。

ところで私どものようなオールドタイプが、

恐れ多くもシャア様専用アイスを食してもいいのか?

という疑問がありますが、そこは得意の駄洒落で乗り切りまして、
まあ、私は“あたしゃ(あたシャア)”相方は“拙者(せっシャア)”という事で、
シャアの仲間には違いないので(違いあるだろ)まあ、いいか。

このアイスのレポに付きましては過去記事で詳しく書きましたので(→こちら)、
特に割愛させていただきますが、カップに書いてあるようにニュータイプな美味しさなので、
オールドタイプの私共には若干わかり辛いタイプのお味でした。

特に中央部のコーラ味のクリームの部分。(ぼそっ)

シャア様専用カキ氷を頂いたおかげで、体も程よくCOOLになりまして、
快適気分のまま、次なる目的地に向けて走り出しました。

・・・続きます。m(__)m

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッ☆と応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 人気ブログランキング

関連記事
三郷のIKEAへGO!【その2:潜入!草加せんべいの庭】
今日からシルバーウィークですね。

いったい何の日がどうなって5連休になったのかようわかりませんが、
今年は5連休ですね。

来年も同じく5連休となるかというとそうでもないらしく、
考えるのも面倒なので、諾々とカレンダーに従おうと思っています。

しかし毎年5連休にならないのは、
ゴールドではないシルバーの限界なのでしょうか。 

そして大型連休ともなると、必ず先んじて旅行の予定を入れるのは、うちの両親。

一応、彼らにも付き合いというものがあり、断るに断れないところもあるようで、
同情する面もあるのですが、今年は正月から始まり全連休を制覇されると、
愛犬のお世話をするためにしょう油の街市に帰還しなければならない私どもとしても、
さすがに「いかがなものか。」と思わなくもなく・・・

しかし私どもが強固に拒否ると、
愛犬は(彼女にとって地獄である)ペットホテルに預けられちゃうわけでして・・・

愛犬の内弁慶ぶりを知っている身としては、
結局、愛犬可愛さに今回もしょう油の街市に向かうわけです。

そして本日からせっかくお上が用意した秋の大型連休をほぼ消費する3泊4日、
しょう油の街市にいることになるわけですが、
せっかくの長の休みに単なるお留守番では、さすがに哀しいので、
今回は自転車を持って行く事にしました。

そこで・・・できれば目を背けたいとは思っていたけれども、

つい思ってしまったのは、

「あれ?いつ愛車のチェーン掃除したっけ?」(゚∇゚ ;)

という事です。

基本、何かのイベントがある前とか、雨でチェーンが濡れたのでやむを得なく・・・

とかなり消極的にしか掃除をしないので、
前回お掃除してから結構月日が流れたような気もします。

だからかどうかわかりませんが、最近はそこはかとなく走る時にチェーンが
シャリシャリと耳障りな音を奏でるようになってきたような気がしないでもありません。

私と相方の自転車2台をお掃除するというのは、意外と地道で面倒な作業なので、
こういうイベント(?)前日とかで気持ちが若干ハイになっている時じゃないと思い切れんし・・・

いつかはやらなきゃいけない事なので、これを機会にお掃除する事にしました。

そして普段はあえて視界に入れないようにしていた汚れですが、
両目を見開いて見ると、

スプロケット

きっちゃねーーー∑(゚∇゚|||)

なんか思ったよりも今回は、汚れていました。(--;)

以前は、あまりギアを入れ替えなかったので、
スプロケットは一部しか汚れていませんでしたが、
最近、主に軽い方のギアを中心にギアを使うようになったので、
全体的に均等に汚れています。

その分、掃除も面倒になったわけで・・・

いいんだか、悪いんだかです。

まあ、自転車的にも足的にもいいんでしょうね。掃除は苦痛ですが・・・(--;)

汚れはパーツクリーナーで地味に落としていきますが、
この“スーパージャンボ”なパーツクリーナー、

クリーナー

確かに自ら言っているだけにジャンボではありますが、
自転車を始めて約2年経つのに、一向に使い切らないとういのは、
自転車乗り的には如何なものなんでしょう?(やっぱりお掃除サボり過ぎなのか?)

しかしお掃除も数回目になるので、

そろそろ慣れて、時間はかなり短縮できるだろう。

とタカをくくっていた訳ですが、
全体的に汚れが酷く、 その上スプロケットの汚れも拡散していたからか、
予想よりもかなり時間がかかりまして、
なんと2台を磨き上げるのに4時間もかかってしまいました。∑( ̄ロ ̄|||)

狭いところでやっていたので、腰にはくるわ、疲れの為か思考が定まらなくなるわ・・・

それでもなんとか磨き上げ、

クリーナー

美しく磨き上がったスプロケットのビフォー・アフターを見るのだけは、
苦しいお掃除の後の唯一至福の時です。

お掃除終了後には、こんな油まみれの男のロマンを感じる手になっていましたが、

手

ただ私は男ではないのだけが残念です。

できればこういうところにロマンを感じて欲しいわが家のリアル男性の相方は、
こういう事には、さっぱりロマンとか使命感とか感じない性質らしいので、
結局、なぜか女性の私が手をオイルだらけにしてやる羽目になるんですよね。(--;)

お掃除後1時間ほどして、相方が帰って来ましたが、

相方が玄関を開けた瞬間、

「なにこれ?!化学薬品系の工場のにおいがする!」∑( ̄ロ ̄|||)

いや、もうなんかいろいろなところが麻痺していて、私としては無臭状態でしたが、
家中は、かなり体に悪そうな香りが充満していたみたいです。

そう言えば、途中からやたら空気が薄い感じがしたんですよね~。
途中から思考が定まらなかったのは、そのせいかも。←って、死ぬぞ。

そして自転車を持って本日はしょう油の街市に帰還ですが、
しょう油の街市に行く前にちょっくら自転車に乗るか、
それともせっかく掃除した自転車を汚してしまうのはなんなので、
今日は車載移動だけにするか、もっか考え中です。

・・・と、いつもの如く前置きが無駄に長くてすみませんが^^;
以下は、前回の「三郷IKEAポタ」の続きになります。

ちなみに最初からその1は→こちらになります。

**************************************

この日のポタの第一目的、シャアアイスをクリアし、
最終目的地はと言えば「三郷のIKEA」でしたが、
その前に行ってみたい目的地がありました。

わが家から三郷に向かう時に、途中草加の街を走るのですが、

草加と言えば、煎餅、そして煎餅と言えば草加!

・・・いや、わが故郷しょう油の街市もひっそりと“野田煎餅”なるブランド商品を
出していますので、煎餅と言えば草加とばかりは言えませんが・・・

取り合えず草加を走っていると、

土産に煎餅でも買っていくかな。」

と煎餅を買いたくてウズウズ程は、まあ、煎餅なのです。

そんな草加煎餅の町草加に、煎餅の町ならではの新ジャンルカフェがあると知り、
行く機会を狙っていた訳ですが、三郷に行くこの日はいい具合に草加を通るので、
この新ジャンルカフェに寄ってみる事にしました。

その新ジャンルカフェとは「草加せんべいの庭」

名前だけだと何のことやらわかりませんが、
せんべい手焼き体験コーナーを併設したせんべいのテーマパークで、
そして施設内にはカフェも併設されており、
煎餅を使った食品アイテムを提供しているらしいです。

ところで煎餅に特化したテーマパークって今まで存在しただろうか?

もしかして世界は広いので、他にもどこかの国の(主に日本だろうけど)どこかの街に、
同じような施設があるのかもしれませんが、少なくとも私は初めて知りました。

さすが草加、いろんな意味で斬新だ。

そしてせんべいの庭なる施設に向かうべく、草加の町を走っていたわけですが、
草加と言えば、実はもう一つ前から気になっていた場所がありました。

大抵は車で通る事が多い場所なのですが、草加松原というところに来ると、
突然、北斎の絵に出てきそうな感じの江戸風な橋が架かっています。

草加松原

あまりに唐突に現れるので、

なぜ突然江戸なんだ?

と常々疑問に思っていて、機会があれば調査してみたかったので、
こちらは通り道そのものだし、この際、草加の気になっている部分はこの日のうちに一掃しようと、
この施設にも立ち寄ってみる事にしました。

この謎の江戸、中に入ってみると、雰囲気が江戸風に統一されていますが、
特に岡引がいたり、忍者が襲ってきたり、にゃん○げが生息しているわけではなく、
単に遊歩道兼、市民憩いの公園という感じです。

後でネットで調べてみると、江戸風にしたのはインパクト狙いの思いつきとかではなく、
この遊歩道のある綾瀬川沿いは、江戸時代から「千本松原」と呼ばれた
松の並木で街道の名所になっていたそうです。

つまり現在も生息している松に似合うように江戸風にしてみたのでしょうか。

せっかく江戸なんだからもう少し遊び心が欲しい感じもしますが、
まあ、市民の憩いの遊歩道なので、あまり観光客に媚びないこんな感じがいいのでしょう。

そして江戸風遊歩道の脇の県道を通り、
しばらく走ると期待のテーマパーク「草加せんべいの庭」に到着しました。

せんべいの庭

普通の街中に、なんなら「ファミレス?」のような風情でありました。

せんべいの庭

しかもお店の看板には目も疑うような“うどん販売”をにおわす表示が。

なぜせんべいの庭でうどん?それに550円って、なんか爆安じゃね?

どうやら、えらく懐が広い施設のようです。

中に入ると一瞬、何のお店かわからない程、小奇麗でお洒落、
キチンと駐輪場があるのも、自転車乗りとしては、かなり好感度UPです。

駐輪場

当初の予想に反して、お客さんが結構いましたが(失敬だろ)、
車で来る方が多いようで、立派な駐輪スペースは私と相方の自転車のみでした。

施設内は、まず大きな建物が草加せんべいの販売店舗で、
そして店舗の横には、屋根だけある半野外な感じでズラッと煎餅体験スペースが。

写真の建物部分は、全て体験スペースのようなので、

せんべい体験

なんかスペース広くね(゚∇゚ ;)

なんでも同時に36名が体験できるような仕様になっているとか・・・

どんだけ世の中には、煎餅焼きを体験したい人がいるんだよ。

と思いましたが、物事にあまり興味のない部類の人間の私でさえも、
子供の頃は、煎餅とか焼いてみたかったですね。そう言えば。

ちなみに一回の体験は、2枚で300円だそうですが、
この体験施設の建築費をペイさせるには、気が遠くなるほどの体験者がいるような・・・
(余計なお世話ですが)

(赤字覚悟で?)こんな立派な体験スペースを作るって事は、
やはり人材確保の為なのでしょうか?

今後少子化でますます優秀な人材の確保が難しくなるでしょうし、
子供のうちに煎餅作りを体験させて、次世代の煎餅職人を育成していく・・・とかだろうか?

すでに人生の行く末がほぼ決まっている私どもは、
今更煎餅を焼く体験をしても仕方ないという事で、
出来た物を購入しようと店舗に入ったのですが、
「たかが煎餅」と言うなかれ、とにかくお煎餅の種類が豊富です。

うーん。煎餅って存外奥深いっすね。作りは単純そうなのに・・・

しかも煎餅のお店にも関わらず、
なぜかどら焼きなどの和菓子も販売しているというキャパの広さ。

お煎餅は、ばら売りもしているので、迷いながらも数点お土産用に買いました。

和菓子は、あえてここで買わなくてもいいなぁ。と思って買いませんでしたが・・・^^;

土産を購入した後は、このお店に来た真の目的の「カフェ」ですが、
ガーデンカフェというだけあって、併設されている施設で飲み物や食べ物を販売していて、
お外で食べるようになっているので、カフェというよりも多少売店チックなんですが、
お外食いとは言えかなり洒落ているのが、
植え込みで分けている個室のようになっているお部屋(?)があるところです。

ガーデンカフェ 

こんな個室感覚のテラス席は見た事がないかも。

個室は、4人用から6人用までのものがあり、
外でありながらプライバシーが守られる形になっているものいい感じです。

なので、遠慮もつつしみもなく食べ物の写真も撮り放題。

まず、せんべいカフェに来たらば、やはり頼まずにはいられなかった
「せんべいソフト」(300円)

せんべいソフト

煎餅の欠片が入っているらしき、このソフトクリーム、
食べてみると煎餅の食感はなく、味に化学変化を起こしてしたのか、
驚いた事になぜかミルクキャラメルソフトクリームの味がしました。 いや、びっくり。

そしてちょっと前にシャア専用アイス(一応、カキ氷)を食べたにも関わらず、
またしても「氷」です。

カキ氷

カキ氷ポタを実践してる身としては、「黒蜜きなこカキ氷」という斬新なカキ氷を
素通りする事ができなかったんです。

こんな時は大人でよかったと思います。
夏に冷たい物を好き放題食べても叱られないし・・・

というわけで突如「カキ氷ポタ2009第5弾」黒蜜きなこカキ氷です。

お値段は480円でこのお店では高い方ではありますが、
この盛りの立派さでこのお値段は安いです。

しかし・・・食べてみると、これはカキ氷以外の食物で食べた事がある味です。

相方も同じ感想を持ったようで、2人でしばし考えながら食べていましたが、

黒蜜・・・きなこ・・・黒蜜・・・はっ!Σ(゚д゚;)

そう!これは超有名な甲府名物「信玄餅」の餅抜きのような味!

餅を抜いた信玄餅は信玄餅じゃないような気もしますが・・・

和菓子も売っているお店だけあって、上に乗っている小豆もなかなか美味しかったです。

そしてもう一つ「せんべいドーナツ」(100円)

せんべいドーナツ

どこぞの何かに煎餅が関わっているとは思いますが、
こねちゃって揚げちゃっていると、もはや煎餅色は0。

せんべいドーナツ 

完全にドーナツとして生まれ変わっちゃっています。

素朴な味で美味しくはありますが、どの辺が煎餅なのかは、
よくよく味わってみても不明。
煎餅だと信じる心のみが重要という感じです。

他にもおにぎりやらサンドイッチやら軽食も売っていたので、
ポタの時の休憩時に寄るお店にはいいような気がします。
ガーデンカフェと言うのも、あまり格好を気にしなくて済みますし・・・

ただ、近くにサイクリングロードがあるわけじゃないので、
あまり近くに来る機会がなさそうなのがなんですが・・・^^;

ガーデン個室の中でのんびりと休憩をとっていたのですが、
急に空が不穏な気配になり、ポツポツと雨が・・・

空

聞いてないよ~∑( ̄ロ ̄|||)

いや、そう言えば不安定な大気だとかなんとか、
天気予報では言っていたので聞いてなくはない。つうかむしろ聞いている。

でも来る時は晴れてたのに、あんまりっす。

とにかくブルックスのサドルを守るために、
早くケツ・・・じゃなくてお尻を乗せねば!

身を呈してもサドルを保護するために、あたふたと出発しました。

・・・続きます。m(__)m

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッ☆と応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 人気ブログランキング

関連記事
わが家の呪われしマーフィーの法則
ポタ日記の途中で恐縮ですが・・・

本日は秋晴れの澄み渡るようないいお天気ですが、
連休2日目、いかがお過ごしでしょうか?

この5連休のうち4日を費やし、某しょう油の街にお留守番に来ているわが家ですが、
せっかくの大型連休なので、例え実家に帰って来ても自転車には乗りたいと、
車載して自転車をもって来るつもりでおりました。

ところで、かなり前にマーフィーの法則という本が流行りましたね。

“洗車しはじめると雨が降る”とか、“失敗する可能性のあるものは、必ず失敗する”等々、
現代で言うところのあるあるネタを集めて、一世を風靡した本なのですが、
実はわが家に呪われしマーフィーの法則といいますか、
自転車あるあるネタがあるのです。

それは、

“私が気合を入れてスプロケットを磨くと、
予定通りには自転車に乗れない”


の法則。

最初に自転車を磨いた時は、確かサイクルモードの前日(の夜中)でしたが、
サイクルモードには自転車で行こうと張り切って磨いたものの、
結局、当日は雨が降り、自転車に乗れず・・・

次は“ミニベロで初100km”を目指して、その前日にスプロケットを磨き、
年甲斐もなくこちらも夜中に磨いたために、睡眠不足になり、
結局、次の日の朝には起きれませんでした。(こいつは自業自得ですが・・・)

そして今回もこの呪われし法則が見事発動したようで・・・

シルバーウィークに向け、意気揚々と(そして途中からげんなりしながら)
4時間の時を費やしスプロケットを磨いたのは金曜日、
そしてバッチグー(死語)に美しく磨きあげ、
昨日、いざしょう油の街に向けて、車に乗せようと、
まず車のエンジンをかける為に、勢いよくキーを回したところ、

なんと!車のエンジンがかからない。 ∑(゚∇゚|||)

なんかいやーんな予感がしました。

なんかこれは3年前位にも経験した症状・・・(そして8年位前にも・・・(--;))

この症状は・・・もしやバッテリーが上がっちゃってるんじゃね?

往生際悪く、何度も何度もキーを回しましたが、
一応、ダッシュボードの表示はちらりと点くものの、
エンジンはうんともすんとも言わず、かかる気配がありません。

・・・やっちまったか。

おそらく前に車に乗った時にルームライトを点け、
下りる時にはすっかり忘れて消し忘れ、そのまま数週間放置して置いたために、
バッテリーが上がってしまったに違いありません。
(うちの駐車場は機械式の2階なので、普段は見えませんし・・・) 

なにせ過去2回は同じ事があったので、間違いない。

この時、時刻は夕方の5時、この日はしょう油の街市に移動するだけだと思っていたので、
のんびりしていたらすっかり出かけるのが遅くなってしまっていました。

しょう油の街市では愛犬も待っているのに車が動かないのは、激しく困るし。( ̄ロ ̄;|||)

基本、懲りない人間の私は、3年ぐらい前にも同じマンションの駐車場で、
バッテリーが上がったことがあるのですが、
その時は、父がバッテリーを買って来て交換してくれたので事なきを得ましたが、
今回はその唯一の頼みの父は旅行中・・・
(だから私がしょう油の街市に帰らなきゃならないわけで・・・)

車知識のない女性の私と、一応男性ですが、女性レベルしか車の知識のない相方では、
どうがんばっても永遠にエンジンがかかりそうにありません。

でも、愛犬がいるので早くしょう油の街市に行かなきゃ。

自業自得とは言え、あまりの事に頭の中がグルグルしましたが、
そのグルグル回る頭の中で、たまたま車の保険会社を変えた事を思い出しました。

前に長年入っていた保険会社は、しょう油の街市にいた時から入っていた保険会社なのですが、
地元密着型の金融機関がついでにやっていたような車両保険で、
母がその金融機関と付き合いがあったので、そのまま流れで入った保険でした。

各保険会社がしのぎを削ってサービス向上や価格の値下げに努める中、
その保険会社(?)は、特にノーリアクション、特にサービスも充実させる事もなく、
もともとそれなりに価格は安かったので、ようは、まあ、それだけだったのですが、
私も基本面倒くさがりなので、そのまま惰性で更新を続けておりました。

東京に引っ越してきても、そしてこの保険を惰性で継続されていたのですが、
なにせしょう油の街市の地元密着型金融機関なので、
保険会社の方で遠くに住む私をフォローするのは、
それなりに面倒もあるらしく(何一つ保険は使っていませんし、
更新の時以外連絡も取っていませんでしたが・・・)

今年の更新時には、

「この際、地元(東京)の方の保険に入ったらいかがですか?」

と言うような事を暗に勧められてしまいました。

うーん。とうとう積極的に厄介払いをされてしまったか。(‐‐;)

そこまでにおわされると、さすがに再更新もできず、
新たに保険会社を模索する事にしたのですが、改めて調べて見ると、
最近の自動車保険は本当に各社価格競争しているというか、
お値段も安く、その上ロードサービスも充実している会社も多くあるんですね。

そこで口コミ等で評判も調べた結果、価格も安くロードサービスもそこそこ充実してる
某M保険会社と契約する事にしたのです。

まさか自分がロードサービスを使う羽目になると思っていなかったので、
その辺はよく読んでいなかったのですが、
考えて見れば、今回の“バッテリー上がり”等は
ロードサービスの最たるもの、きっと今回加入した保険でフォローされているに違いない。

と思って、部屋に入って約款を読み直したところ、やはりフォローされているようです。

助かった~。

前の保険は、「ロードサービス?なんすか?それ?」という保険だったので、
ホント、グッドタイミングで保険を変更したもんです。
(消極的変更ではありましたが・・・)

早速、保険会社のロードサービスに連絡してみると、
無料サービスとしては、とり合えずエンジンがかかり(見送る)までを
フォローしてくれるという事でした。

あくまでもエンジンがかかるまでで、
バッテリー自体を交換する事はしないので、
その後は、エンジンが止まらないうちに自分でバッテリーを交換できるような
カー用品のお店かガソリンスタンドに行って、
当然、自力でバッテリーを交換するようにという事・・・

電話口でお姉さんが、

「一度エンジンを止めたら、またかからなくなる可能性があるので、
(即、バッテリー交換するように)お気をつけくださいませ。」

と言っていましたが、なんかすごく緊張するんですけどーーぉ。(゚∇゚ ;)

だったらその分の料金はお支払いするので、ざっくりとバッテリーの交換をして欲しい
と思わないでもないですが、それはサービス上できないようです。

取り合えず不安はありますが、ロードサービスの方の到着を待ち、
そして30分後、ロードサービスの方がマンションに来てくれました。

「○○サービス」とか書いてある車で来ると思っていたのですが、
エンジンを掛けるまでのフォローならあまり器具もいらないらしく、
意外にもバイクで来られるんですね。

しかし地獄に仏とはこの事です。

途中、バッテリーは交換しなければならないけれども、
なんとかこれで無事にエンジンはかかり、しょう油の街市まで帰れると
ホッとしたのも束の間、ボンネットを開け、私の知らない器具が差し込まれ、
ロードサービスの方に言われるままにエンジンを掛けてみると、
見事にエンジンはかかりました。

が、

なんかライトが片方点かないしぃ。(大汗)

しかもなんか「今にもエンストを起こしちゃうぞー」的な複雑なエンジン音です。

すでに時刻はライトなしでは走れない時間なので、
このままライトを点かないままでは走れないし、
いつエンストするかわからない車では、かなり危険です。

ロードサービスの方がおっしゃるには、

「命に関わるので、このまま乗るのはお勧めしませんが・・・。」

ですよねーーー。なんかめちゃめちゃ危険そうですもん。

そして重ねて、おっしゃるには、

「あまりに電気系統が安定しないので、
もしかしたらバッテリーだけの問題じゃないかもしれません。」

ええーーっ!!

確かにわが愛車H社のFは今年ですでに6年目、 最近は少々ガタが来ていて、
エアコンのボタンはバカになっていたりもするけど、
(それでもエアコンは使えてたので直してませんが) 

その上、密かに故障が進行していたのか??

原因がはっきりしないので、再び保険会社に連絡すると、
レッカー移動での修理を勧めれましたが、
どの道、時間が時間なので修理業者が見つかるかわからないので、
「今後の対応は、明日以降再連絡」という事で、実質なにも解決しないまま・・・

故障した車と残された私どもは、それでも愛犬がいるのでしょう油の街市に戻らざるを得ず、
仕方なく電車にてしょう油の街市に帰ってまいりました。

久振りだな。東武野田線。
微妙に余白の多い時刻表が懐かしいぜ。

そして当然、あんなにがんばって磨いた自転車も持って来れず・・・(トホホ)

結局、車の方は他にもトラブルを見てもらいたいし、
直接H社のディーラーにお願いした方がいいのではないか?という事になり、
明日、修理に取りに来てもらう事になりましたので、
電車で明日マンションまで戻らなければならなくなりました。

マンションと自宅を行ったり来たり車を直したりで終了しそうなこの連休、
せっかく連休に向けて磨いた自転車は乗れそうにありません。(--;)

やっぱり呪われしマーフィーの法則の仕業なのでしょうか?

もうイベント前にスプロケットを磨くのは止めようとも思っています。

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッ☆と応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事
自動車故障の顛末・・・
連休に向けてスプロケットを美しく磨き上げたものの、
本日連休を3日終えても、わが家は、まさかのノー自転車です。(T_T)

この連休中は、しょう油の街市に帰還予定で、実際に帰還しているのですが、
なにせ帰還寸前に車が急遽使えなくなったので、
なんとも地味で不便なしょう油の街ライフを過ごしておりました。

近所のコンビニまでもある程度距離がある実家なので、
文明の利器に頼れないわが実家ライフはなんとも過ごしにくい・・・。

昨日も車のない中、ご近所に愛犬の散歩に出かけたのですが、

わが愛犬のお散歩スタイルはこちら。

愛犬

って、こんなの犬の散歩じゃなーーい!・゚・(ノД`;)・゚・

最初はこのお荷物愛犬を普通に歩かせて散歩させていたんですが、
愛犬がおとなしく歩いたのは、家を出て50mのところまで、
広い通りにでると、車が来たら吠えるわ、バイクが来たら吠えるわ、
犬が来たら吠えるわで、飼い主に恥をかかせまくり。

結局、人気があまりない場所まで、
このスタイルで肉の塊愛犬を運んで行く羽目になりました。

彼女の場合、乗り物(人間)は、車やら犬やらの彼女の命を狙う(脳内の)敵から身を守る
盾だと思っているらしく、抱いていれば安心しておとなしくなるんですよね。(--;)

こうなると犬の散歩というより、人間の方が5kgのおもりを担いで歩く
我慢ゲームをさせられているようです。

そして江戸川の河原まで来ると、車が来ないし、他に散歩しているワンコもいないので、
渋々歩いてくれるようになり、一応、犬の散歩らしくなりました。

江戸サイ

昨日は天気も最高に良かったので、江戸川サイクリングロードでは、
自転車を快適に走らせている方が何人かいました。

江戸川サイクリングロードは、秋らしく彼岸花も咲いています。

江戸サイ

気候的にも暑すぎず、寒すぎず走りやすそう・・・。

車のトラブルさえなければ、わが家もお仲間に入っていたものを・・・

バッテリーを上げたのは、自分の不徳のいたすところをは言え、口惜しいです。

この哀しみを自分以外にぶつけどころがないところが、また哀し。

そして本日は、車の故障を直すために、昨日お願いしたH社のディーラーの方が、
マンションの駐車場まで来てくれるという事なので、
一時、愛犬をしょう油の街に残し、再び電車で自宅に戻りました。

一昨日のトラブル時の様子では、バッテリー上がりだけではなく、
他にも故障しているかもしれないという事で、

「車はすぐに直るのだろうか?そしてお値段の方は如何ほど也や?」

と、いろんな意味で戦々恐々として、ディーラーの方の到着を待ちました。

幸い、今までレッカー移動された事がないので詳しい事はわかりませんが、

レッカー移動するには、仰々しい専用トラックで来るに違いない。

と予想というか覚悟しておりました。

しかし、いざ到着したのは、H社の大衆車であるわが愛車Fよりも、
心持ちもう一回り大きいぐらいのH社のワゴン車。 (゚∇゚ ;)

そのワゴン車から降りてきたディーラーの方2人と私と相方、
和やかに故障の経緯を話しておりましたが、気になるのはレッカー移動車、

こうしているうちにきっとレッカー用の大型トラックが到着するんだろう。

と思っていたのですが、いつまで経っても到着する気配すらありません。

そろそろ引き取りという段階になって「もしや?」と思い、恐る恐る、

「・・・(もしかして)この(小型)ワゴン車でけん引するんですか?」

と聞いてみたのですが、ディーラーの方に、なんの濁りのない瞳で、

「そうです。^^」

ときっぱりと宣言されてしまいました。

心もとねえーーー∑( ̄ロ ̄|||)もちろん心の声)

そしてそうこうしているうちにディーラーの方々は、軽くバッテリーを調べ、
器具を使ってエンジンを掛けると、せっかく持ってきたけん引ワゴン車すら使わず、
そのままわが愛車を自走させて去って行ってしまいました。

自走・・・させちゃうんだ(゚∇゚ ;)一昨日は危険と言われたんですが・・・

まあ、一昨日の場合は、夕方だったのでライトが片方しか点かないのも危険だったのですが、
昼間だったらその辺は必要ないですもんね。

しかし愛車Fを呆然と見送った後、
故障の原因はバッテリーの他にもあると思いこんでいた私ども頭に、
ある疑惑がムクムクと・・・

「やっぱり単にバッテリーが上がっただけだったんじゃ?」

もしバッテリー以外のところが壊れていれば、
修理には数日間かかるようなので、再び愛犬の待つしょう油の街市には電車で
向かわなければならないのですが、案の定、ディーラーの方が調べたところ、
故障の原因はバッテリーが上がっただけだったようで、
夕方には無事車が届けられ、車でしょう油の街市に戻る事ができました。

結局、たかがバッテリー上がりだけだったのに、こんな大事になるなんて・・・(逆に呆然)

どうやら一昨日、ライトが片方点かなかったのは、単にバッテリーが空になっていたので、
電気供給が安定しなかったからで、他の故障はまったくさっぱりなかったみたいです。

かえすがえすも、一昨日昼間にトラブル判明していれば、
ライトを点けなくて済むので、そのままバッテリー交換をする為の修理工場までは行けたし、
そこでバッテリーさえ交換すれば、車は元通りになり、
この連休に電車で実家と家を行ったりきたりする事もなく、
故障した車に振り回されることもなく、楽しい休日が過ごせたのに・・・

夜から行動を起こすタイプの人間だったために、
無駄にこの2日を過ごし、無駄に電車往復をして、
無駄に車の引き取り費用を払う事になってしまいました。

早起きは三文の徳と言いますが、逆の遅起き遅行動は、やっぱお損なんですね。(泣)

どうせ明日(22日)は、両親が旅行から戻ってくるので家に帰りますし、
車載してくる気力も萎えたので、結局、今回は自転車を持ってきませんでした。

連休は自転車三昧の予定だったのに・・・(T_T)

明日は天気が良かったら久々にレンタサイクルニストの活動でもするかなぁ・・・

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッ☆と応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 人気ブログランキング

関連記事
「週刊ダイヤモンド」で自転車特集
どうも、こんにちは。くろばいBです。
わが家はこの週末はトラブルがあり、予定通りにいきませんでしたが、
悲しいことに今日で5連休も終了となってしまいました。

最近、じわじわと自転車ブームが来ているようですが、
ビジネス誌でも自転車特集が組まれるようになってきました。
9月19日発売の「週刊ダイヤモンド」の特集は「自転車が熱い!ブームを読み解く大事典」です。


この特集にも書いてあったのですが、自転車通勤の人用の施設が麹町にできたみたいです。
「ランナーズステーションプラスバイク」は、自転車が駐輪できてシャワースペースがある施設です。
私も自転車通勤をしてみたいと思ったことがありますが、走った後の汗がすごいので
断念していました。(まあ、理由はそれだけではありませんが・・・)
ちなみに利用料は月額23,000円ですが、ちょっと高いような気がします。
それでもすでに利用者がいっぱいで空き待ちの状態らしいです。
値段についてはもう少し考えて欲しいですが、こういう施設が増えるといいですね。

しかし自転車通勤というと、実際禁止されている企業も多いようですね。
かくいう私の会社も実は自転車通勤はNGの方向だったようです。
そういった意味でも自転車通勤のハードルって思いの外高いものなんですね。

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事
三郷のIKEAへGO!【最終回:スウェーデン料理とデカ盛飲料】
気が付くと先日120万アクセス突破しておりました。

いつもこんなつたないブログに訪問してくださる皆様のお蔭です。

ありがとうございました。m(__)m

これからもゆるゆるとブログを続けて行きたいと思いますので、
今後ともよろしくお願いいたします。

・・・さて、いろいろ不具合があったシルバーウィークを経まして、
連休前にぶった切りのまま止まってしまった「三郷IKEAポタ日記」ですが、
「今更?!」・・・ではございますが、そちらの方も再開させてもらいたいと思います。^^;

 最初から読んで下さるという方は、その1は→こちら、その2は→こちらになります。

**************************************

すでに時間は午後3時半になっておりましたが、
それでもこの日の真のポタの目的地「三郷のIKEA」には未だ着かぬまま、
せんべいの街草加市にあるせんべい総合娯楽施設「せんべいの庭」のガーデンカフェで、
時間を忘れまったりと過ごしていたわけですが・・・

「おいおいそんなのんびり過ごしていいんかよ。」という突っ込みのような雨が、
突然、お空から降って来たので、私も相方もあわててダッシュ、
革サドル保護の為、自転車にお尻をONしました。

サドルからお尻さえ離さなければ、これでサドルについては一応ひと安心、
あとはいつまでこの雨が降り続くかです。

 この日は大気が不安定だという天気予報が出ていましたが、
お空は雲の流れが早く、いかにも不安定な感じです。

しかしよく見ると、私たちがいる真上だけなんか雨雲らしき黒い雲が立ち込めていて、
少し横にずれるとなんとなく晴れているような・・・

幸いそのずれた横というのは、これから向かう三郷方面だったので、
晴れ間に向けてスピードを上げると、わずか500mぐらい走ったところで、
ポツポツと降って来ていた大粒の雨が見事止む

It’sイリュージョン!

というか一瞬雨が降ったのは嫌がらせのようでしたが、
その後、三郷に向かうごとに天気はよくなり、
最後まで雨は降らなかったので、まあ、いいか。

しかし地区単位で雨を降らすなんて、不安定すぎんだろ。空模様。

たいした被害も出ずに雨を乗り切り、
あとは草加からそう遠くもない「IKEA」に一路向かうのみです。

「IKEA」には、過去に一度来た事があるので道もバッチリ(o^-')b 

・・・ですが、先が見えてくると襲ってくるのが、お馴染みのスケベ心・・・

よく知らん土地ゆえに、

「もうちょっと近い道があるんじゃないか?」

という気持ちが、よせばいいのにムクムクと・・・

いや、いかん!このスケベ心に翻弄されたお蔭で、
何度見知らぬ土地で果てしなく遠回りをしたことか。

しかし人間というのは、所詮、変われない生き物といいますか、
今回もつい出来(スケベ)心で、一見遠回りと思われる知っている道より、
一見、近道と思われる目の前の道を曲がってしまいました。

そして今までの何十回ものスケベ心の結果がそうであったように、

今回も迷う。また翻弄されちゃったよ。オイ。

もう水戸黄門に印籠クラスにお約束ですね。

しかも今回はいつの間にか三郷を過ぎて、隣の市まで行ってしまうという愚かしさ・・・

なんとか“三郷市”まで戻ろうとしたものの、
この辺りの土地は現在全体的に開発ラッシュの大波が来ていますので、
隣町の住宅街を過ぎると、目の前には開発前の荒涼とした土地が広がっていました。(゚∇゚ ;)

あまりの荒涼さに泣きそうになりましたよ。 

見知らぬ土地というのは、ちょっと狂うとリカバリー不能のラビリンスですね。

反対側に行きたくても、田んぼや川に阻まれたり、開発途上で道が途切れていたりして、
直線的には三郷方面(と思われる)方向にすら行けず・・・

己がスケベ心を呪ったり、GPSが買えない貧しさを恨んでみたり、
ドラえもんに助けを求めたりしながら、
奇跡的に新三郷付近までたどり着きました。

時間は必要以上にたっぷりかかりましたけどね。(--;)

しかし「IKEA」のある武蔵野線新三郷駅付近は、

「なんでこんなところに駅を作っちゃったのかなぁ?」

と思うほど、以前は駅前だというのに妙に寂しげなところだったのですが、
どんな事情があったのか、このところに来て急激に開発ラッシュのようで、
巨大ショッピング施設やら住宅やらがどんどん出来ています。

9月17日に新規開店した「ららぽーと三郷」も
この時(8月29日)はまだ開店前だったのですが、
開店まで1ヶ月を切っていたので、あらかた出来上がっていました。

ららぽーと

しかし関東の北方面辺りの最近のららグループ(って言うのか?)の
勢力拡大ぶりは目を見張るものがあります。

ららぽーとやら、ららテラスやら、ららガーデンやら・・・

宇都宮、つくば、新三郷、柏の葉、春日部、南千住、川口と
何かの因縁でもあったのか?つーぐらいらら○○が作られております。

この新三郷のららぽーとですが、外から見ておおよその店舗は判るのですが、
よく見るとIKEAとは、お値段以上の安家具ライバル(と思われる)ニトリが出店している。

ららぽーと

ららぽーと等のショッピングモール内には、あまりニトリは出店ていなかったように思いますが、
こんな目と鼻の先に出店するなんて、現在めちゃめちゃうまい事やってる感のあるIKEAには、
やっぱり含むところがあるのでしょうか?・・・まあ、あるだろうなぁ。

しかしニトリとIKEA、テレビCM等もどことなく似通っているこの2つのお店ですが、
同じようなものをどちらのお店でも売っていたとしたら、
どちらかというとIKEAで買ってしまいそうな気になるのは、私だけでしょうか?

その辺は北欧ブランドマジックなのか?

そしてららぽーとからワンブロック程行ったところで「IKEA」着

IKEA

お店の前には北欧っぽい旗がはためいており、
いつも「で、フィンランドだっけ?ノルウェーだっけ?」と思うのですが、
スウェーデン発祥のブランドなんですよね。

さすがエコとかロハスとかのイメージがある北欧ブランドだけあり、
駐輪場も野外に適当に腺が引いてあるおざなりのものではなく、
屋根付きの立派な場所が確保してありました。

駐輪場

お店の規模にしては、駐輪スペースが若干狭いのは、
家具を買いに自転車で来る人間が少ないからだろうなぁ。

駐輪場

なにせ自分で持ち帰るというコンセプトの家具店だけあり、
エレベーターも人が住めそうなほどの広さです。

そう言えば、確か「IKEA」は昔一回日本進出して来ていたようですが、
日本全国が金にあかして豪遊していたバブリーな頃にひっそりと撤退した印象が・・・

おそらく時代のニーズがあからさまに合っていなかった為と思われますが、
その頃は満足に名前も覚えないうちに撤退してしまったので、
私は「イケヤ(池屋)」という日本の小売店だと思っていたんですよね。^^;

それが今や店内に入ると、家具屋とは思えないほど混雑しています。

実際、家具だけ売っているわけではなく、お店にはスウェーデン料理のレストランも併設されていて、
そのレストランで提供している食材を店の隅で販売してるという抜け目なさ。

そしてインテリアとして自前の家具が置いてあるこのレストランは、

IKEAレストラン

以前来た時も入ったのですが、セルフサービスでそこそこお値段は安くはあるものの、
まあ、お味の方もそこそこでして・・・

それでもあまり食べられないスウェーデン料理というアドバンテージゆえに、
せっかくだから病の相方と(相方にうつされた)せっかくだから菌キャリアの私は、
ついこの時もレストランに入ってしまいました。

そして前回に引き続き今回も購入したのは、
このお店でイチオシスウェーデンメニューの「肉団子」(649円)

肉団子

スウェーデンから空輸せんとも、肉団子なんぞ日本全国津々浦々あるわい。

とか最初は思いましたが、珍しいのは肉団子自体ではなく、
肉団子と言えば、ジャムをつけて食べるのがスウェーデンの流儀らしい・・・

・・・・・・・・ジャムって。(笑)

特別に作られた塩辛いジャムかと思いきや、
ちらっと舐めてみると、食パンにつけても最適と思われる甘いベリー系のジャムです。

「・・・まあ、肉団子も甘辛くするしな。うん。」

とは頭ではわかってるものの、私の場合は基本考えが保守的なので、
最初はどーしてもジャムに手が出ませんでした。

ひと様のお国の食関係にケチをつけるわけではないのですが、

だって普通のジャムだし。(笑)

そこで役に立つのが毒見係比較的食にリベラルな相方です。

彼は良きにつけ、悪しきにつけ“せっかくだから”至上主義なので、
こういう一粒で二度美味しい(のか?)味変えアイテムがあると使わずにいられないのです。

毒見係相方がon theジャム肉団子を食べてみると、
さすがスウェーデンの人々が長年食べてきた味だけあって意外とイケるらしい。

そうなると保守的な私も安心して食べてみましたが、
確かにジャムはあってもいい感じですが、なくてもいい感じです。

あえて言うなら“癖になる”系のお味で、相方は癖になったようですが、
私は癖になる前にジャムつけから撤退しました。

次の一品はついにあのサイ○リア越えの安すぎるパスタ、

パスタ

なんとお値段249円!

ここが日本である事を忘れてしまいそうなこの物価、
お値段もここまで来るといろいろ不安です。

249円の安値を考えれば、がんばりましたね。

とやさしく声を掛けたくなるようなお味でした。

一緒にパンも購入しましたが、パンはここのお店で冷凍で販売しているので、
冷凍食品のパンですが、このお店の中では私的には一番美味しいかも。
なんかこれまた癖になる独特の味なんですよね。

そしてこの日の相方の「やっちまったなぁ」な一品がこちら。

デザート

およそ食べ物とは思えない毒々しいカラフルな色のデザート、しかも×2

相方のせっかくだからは、たまには良い方面に働く事もあるのですが、
あらかた良からぬ方向に働く事が多く・・・

通常このカラフルなデザートは一つ249円のようですが、
なにせ保守的な人間には手を出しにくい感じなので、キャンペーン中だったのか、
飲み物を込みで199円の破格の値段でした。

その破格な値段に目が眩んだ相方が、私が目を離した隙に、
トレイにこのデザートを2個乗せやがったのです。

「どうせ飲み物を2つ頼むんだからいいじゃん。^^」

とか言ってましたが、こんな未知の味のものを2個取るのは、
極めてデンジャラスじゃね?

食べ物としては見慣れない色に、気が引けながらも食べていましたが、

いや、まずくはない。

・・・まずくはないが「2つも取っちまってどうすんだよ」なお味です。

このケーキの成分の大半を占めているのは白いクリームなのですが、
このクリームは生クリームではなく、昔ビスケットとビスケットの間に挟まっていたような
ちょっちウソくさいクリームの味。原料は何なのか謎の脂質。

この年になるとこの手のクリームは、少量ならいいけど大量にはキツイ。

半分食べた程度に私は限界に達し「スマンが残す」宣言をしたのですが、
そういう味が好きだったのか、単に勿体無かったのか、それともそれなりに責任を感じたのか、
私が残した分のカラフルデザートの残りは相方が食べてくれました。

さて、もともとこの日はIKEAに用があったというよりも、
横浜行きを止めた為に突如中距離を走るために三郷辺りが丁度良かったという事情で来たので、
スウェーデン料理を食べた時点で、用事が終わったと言えば終わったのすが、
せっかくここまで来たので、ぐるりとお店を回って帰る事にしました。

お値段的にはそんなに違いはないし、ラインナップも似ているものの、 
やっぱりニトリとはあきらかに何かが違う・・・ような気がする。

これも北欧幻影のなせる業でしょうか?
今、インテリア界できてるかんなぁ。北欧。

いや、どっちがいいとか悪いとかじゃないんですが・・・

この三郷のIKEAというのは、販売フロアは1階と2階で広いフロアをグルリと回って
家具を見る仕様になっているのですが、なぜか目が回るのは、最近三半規管が衰えてきたせいでしょうか。
(前に来た時も目が回りましたが・・・)

家具売り場では特に何も買わず(大抵のものは自転車で担いで帰れんし)
1階にちまっとある食品売り場で、こちらの食品を買いました。

「キャビア」(1缶399円)

キャビア

ウソくせーーーッ。(特に値段)

キャビアと言えば、庶民にはめったに口にできない世界の三大珍味だったような気がしますが、 
この値段なら毎日毎食モリモリ食えちゃうよ。

めちゃめちゃ胡散臭い。

と正直思いましたが、そこは庶民の哀しい性、
「このお値段でキャビアの味が楽しめるなら」とつい夢を見て購入してしまいました。

・・・そして後日、そんなうまい話はないという現実を知る事となりました。

1階には、食品売り場の他に軽食売り場があるですが、
このIKEAの軽食、いろんな意味ですげーですね。

前回来た時はあまりの安さに素通りできず、
レストランでたらふく食べた後でも食べたのですが、
ホットドック100円とか、ソフトクリーム50円とか、
もはやここで儲けるのは放棄しているとしか思えないお値段です。

ホットドック


ソフトクリーム

写真は前回食べた時に撮ったものですが、
ここでもお値段以上なレベルの味でした。

ソフトクリームなんか下の皮(?)のお代にしかならないんじゃ?

ちなみにホットドックとコーヒーセットは、
旧価格の180円から新価格150円に変更されてました。

「お前はどこまで行っちまうんだ?」という程の超サイクロンデフレスパイラル。

今回は、もう一軒食い物系で行きたい店があったので、
超サイクロンデフレスパイラルの中で踊れなくて残念です。

そしてすでに陽も落ちきった頃にIKEAを後にし、すっかり薄暗くなった帰り道ですが、
開発中の新しい町というのは、走りやすそうな新しい道が出来ているもので、
そこの新しい道を行くとなんとなく、ショートカットして時間短縮できるような気がするんですよね。

もちろん、往々にして気のせいなんですが・・・。

ほんの数時間前にスケベ根性を出した為に遠回りして泣きをみたにもかかわらず、
その数時間後に同じスケベ根性で同じ過ちを犯すのは、
もうスケベ心依存症という新しい病気としかいいようがないのですが、
その近道くさい新しい道(おそらくトラップ)を無視できず、
またつい新しく出来ていた道を行きってしまいました。

まあ、今回は幸い(?)迷いはしなかったのですが、
「逆に迷った方がマシだったかも」という程遠回りをして、
IKEAに行く時通った道へとたどり着きました。

約8km走って、約2km程度走ればたどり着いたような道に着くとは、
なんすか?このリアルすごろく。

6km無駄に走ってガッテムと思いましたが、
よく考えてみると私どもは(たぶん)自転車乗り。

普通自転車乗りは目的地はさほど重要ではなく、自転車に乗って走ることが重要なので、
その本懐は遂げているので、まあ、いいか。

その後は、この日最後のポタメシどころ(って、まだ食うんかい)
丁度、帰り道にある八潮の珈琲店「OB」へ行きました。

OB

このお店は以前、片山Rさんに教えていただいたお店なのですが、
お店の売りはデカ盛飲料。

アイスコーヒーやらアイスティーやらのアイス飲み物関係が、
えらくデカ盛らしいのです。

この日は2度目の来店となるんですが、
以前来た時は寒いシーズンで、アイス系を頼まなかったので、
通常サイズのカップでホットなコーヒーが出て来ちゃったんですよね。

そしていつかはデカ盛飲料を頼もうと思って幾年月、
季節はデカ盛アイス飲料にふさわしい夏になり、
この日、流れで三郷に来たことですし、憧れのデカ盛飲料を頼むチャンスとばかりに、
帰りはこのお店に寄る事にしたのです。

さて、お店の中に入ると中にはすでに先客の男性が2人いて、
知ってか知らずかデカ盛飲料を頼んだらしく、
運ばれえ来たデカ盛アイスコーヒーを見て大爆笑してるところでした。

入店した途端にデカ盛飲料を見ることになり、
私もその大爆笑の仲間に加わりたかった位にびっくり。
(奇妙な人に思われたくなくて平静を装いましたが) 

その男性客の前に各一人前として置かれていたのはグラスじゃなくてピッチャー
通常家族分の麦茶なんかを作るあの入れ物だったのです。

間違い探しなら一番はじめに指摘したいほど、

あからさまに用途が間違えとりますがな。

これは期待できると、私はアイスティー、相方はウィンナーコーヒーを注文しましたが、

まず運ばれてきたデカ盛「アイスティー」はこちら。

アイスティー 

写真じゃ伝わりにくいかもしれませんが、デカめの金魚が楽に3匹は飼育できるほどの鉢です。

このデカさでお値段は据置きの550円。

容器は、とてもじゃないけどグラスの仲間とは思えないので、
本来の使用目的は金魚鉢なのかもしれません。

この金魚鉢・・・じゃなくてグラス(?)の中には、
不可思議な事にサラダを取り分ける木製のフォークが入っていたのですが、

フォーク

何をアシストする為に入れてあったのか謎。

グラス(?)の大きさに合わせて、ガムシロもピッチャータイプで出てきましたが、

ガムシロ

素直にこのガムシロを入れ切ると、カロリー的には恐ろしい事になりそうです。
私は紅茶コーヒーは大概ストレートで飲むので入れませんでしたが・・・

ナイトライドとは言え、夏だったので喉は乾いていましたが、
飲めども飲めどもなくならないエンドレス飲料と向き合うのに疲れ、
とうとう最後に力尽きました。(帰りの道でもよおしても困るし・・・)

相方の注文した「ウインナーアイスコーヒー」(550円)はこちらです。

ウィンナーコーヒー

アイスティーを見た後なので、若干少ないような気がしますが(OB比)、
十二分に大量です。

第一、普通こういった器で出てこないし。

人間の70%は水分で出来ているとは言え、
水分ばかりを大量に摂取するのもなんなので、
多少の固形物もとる事にしたのですが、

「イカ明太パスタ大盛」(1,000円)

イカめんたいスパ

「トースト」(400円)

トースト

と多少とかではなく、そこそこガッツり。

この日の走行距離における消費カロリーとこの日の摂取カロリーについては・・・
あえて考えない。考えない。

食べ物の方の量は普通でしたが、
通常トーストの付け合せとして違和感があるポップコーンが妙に美味でした。

そしてその後はナイトライドして帰ったのですが、
帰り道はスケベ心も出さず清廉潔白に帰ったつもりなのに、
最後の最後でもなぜか道を間違え、遠回りをして帰る事になりました。

この日は呪われた日だったのか、3回も遠回りする羽目になりましたが
(そのうち2回は自業自得ですが)
普段あまりにダラポタなので、自転車の神様がお怒りになり、
強制ポタをさせられたのかも。

結局、夜中にほど近い11時頃に家に戻ってきたのですが、
その時間の配分には、食べたり飲んだり休んだりしている時間がやたら長いような気がする。

今更ですが、おかしくね?わが家のポタスタイル。

そりゃ自転車の神様もお怒りになるわな。

【走行距離】 61.53km
【走行時間】 4:43:59
【平均時速】 13.0km/h
【最高時速】 26.9km/h

《追記》

その後、この時にIKEAで買ったキャビア(?)を食べてみました。

キャビア

見かけは若干小粒ですが、そこそこキャビアっぽい。

そこでわくわくしながらクラッカーにのせ食べてみたのですが、

キャビア

一口食べてみて、

(ある意味予想通り)こいつはキャビアとかじゃねぇ。

いや、瓶に貼ってあるラベルには、堂々とキャビアと書かれているので、

キャビア

外国では大きな意味で何かの卵をキャビアといか言うのかもしれませんが、
こいつは少なくとも三大珍味に数えられるあのキャビアとは、確実に別物です。

まあ、399円で世界の三大珍味に名を連ねるものと同じ味を要求するのがおこがましいですが、
粒の大きさ、こく、色艶、黒い粒って事以外いろいろ違いますが、
決定的な何かも違います。

いくらととびっこの違いぐらい、決定的に別物です。

このキャビア(?)自体にあまりにこくがないので、
クラッカーとはなんとなく合わないので、食が進まず・・・

このままでは大量にあまりそして廃棄処分になるという危機感を感じたので、
背水の陣な気分でオムレツに入れてみました。

今までに食べた事のないうすら青い色のオムレツになりましたが、
色合いさえ目をつぶれば、これがなかなかイケる。

その後、インスピレーションを得て、ご飯に直接onして食べましたが、
これまたクラッカーに乗せて食べるよりも全然イケる。

とびっことかと同系の味なので、過度の期待さえしなければ、
ごはんの友としても今後も受け入れてもいいかも。

この食べ方はスウェーデン的にはありかなしかわかりませんが、
またIKEAに行く機会があったら、ごはんの友に買って来たいと思います。

ちなみにレシートを確認すると、商品名は“ランプフィッシュ”とありました。

なぜそこも自信を持って“キャビア”と書かん!

やっぱりキャビア(?)なのかもしれません。(--;)

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事
「ドリンクミスト」(霧吹き付きボトル)がほしい!
どうも、こんにちは。くろばいBです。

シルバーウィーク真っ最中の9月22日に放送された自転車番組
「海ペダル 山ペダル」を見ていて気になったグッズがあります。
オリエンタルラジオのあっちゃんこと、自転車芸人の中田敦彦さんが紹介していた
霧吹き機能付きのドリンクボトルです。



調べてみたところ、「マジクール ドリンクミスト」という商品のようです。

この夏のポタリングでは、Tシャツやアームカバーを湿らせるのに霧吹きを持ち歩いていたのですが、
これがあれば一石二鳥で活躍してくれるのではないかと期待しています。

通販で購入できないかと楽天市場で検索してみたところ、結構売り切れが多くなっています。
ただ、その中でも「PLAZA」(旧ソニープラザ)のオンラインショップでは購入できるみたいです。

お値段も940円とお手頃です。
保温(保冷)効果がまったく期待できそうにないところがネックですが、
その点はペットボトルでも一緒ですよね。

「PLAZA」のお店は都内にもいろいろな所にあるので、近くに行ったときに見てこようと思っています。

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事
行方レンタサイクル視察の巻
週末はなかなかの自転車日和でしたね。

土曜日は相方が午前中から腸内関係の体調不良に陥り、

「今、自転車で下腹部を刺激するのは無理!」

という事だったので、私もポタ途中にやんごとない事態が起こり、
(とばっちりで)必死に個室を探しまくるのは遠慮申し上げたい事でしたので、
安心して(?)刺激できるようになるまで自宅で待機していたら
気が付くとすっかり夜になっていました。(--;)

シルバーウィークからこの方、休日に晴れていてもなぜか突発的なトラブルがあり、
ふんだんにあった休日の割りには、自転車に乗れない日が多かったです。

そのシルバーウィークの初日には、まさかのバッテリー上がりで、
その後の3日を車の修理で右往左往する事に費やし、
ようやく車も直ったのは、シルバーウィークの4日目の9月22日、
この日はしょう油の街市での留守番の最終日でした。

せっかく磨き上げた自転車も持ってこれなかったので、
この日は久々に自称日本屈指のレンタサイクルニストとしての活動
せいを出してみる事にしました。

さて、私共の他に日本全国にどれぐらいのレンタサイクルニストがいるか、
横のつながりがまったくないので判りかねますが、
あつかましく“日本屈指”とか自称しても特にクレームも来ないので、
まあ、言っちゃったもん勝ち程度の人数しか存在しないのではないかと思われます。

主な活動としては、日本・・・いや、世界のレンタサイクルに乗るという
その一点だけなのですが、最近わが家は自転車車載の秘密兵器、
ミノウラヴァーゴを購入したお蔭で自分の自転車を車載して持ち運ぶ機会がぐんと増え、
それに反比例するように、レンタサイクルニストの活動が激減していたのでした。
(元々激減というほど活動してませんでしたが・・・^^;)

ここでトラブルがあって愛車を持って来れなかったのもマーフィ様の思し召し。

この日は、レンタサイクルニストとして以前から気になっていたレンタサイクルを乗りに、
茨城県の行方まで車で向う事にしました。

そのレンタサイクルは霞ヶ浦の湖畔にある
道の駅「たまつくり」で貸し出されているレンタサイクルなのですが、
なんでもレンタサイクル界では掟破り的なロードバイクまで貸し出されてるという・・・

今までのレンタサイクルの経験上、

どうせなんちゃってロードなんだろうな。

高価なロードバイクを貸し出していたら割りに合わんだろうし。

と思うものの、なんとなく夢を見ちゃうお年頃でして、
本当に気安くロードを貸し出してくれるなら乗ってみたいですし、
まあ、予想通りになんちゃってだとしても、今まで数々のなんちゃってを乗ってきたので、
それはそれレンタサイクルニストの「一期一会」精神で、
それなりに楽しく乗りこなす自信はあります。

なんちゃってか、(ありえなさそうだけど)マジロードなのか・・・

実は以前も真相を確かめようとした事もあるのですが、
このレンタサイクルの貸し出し期間は7月から11月と短期間で、
その時は期間内ではなかったので、確かめられませんでした。

しかし9月22日のこの日は貸し出し期間ど真ん中、
前回は季節はずれで借りられなかった雪辱をはかるべく、
茨城県行方までレンタサイクル尋ねてGO!です。

が、

どんな状況でも出発が遅くなるのがわが家の悪しきスタイル。

茨城県はわが実家のしょう油の街市からは近いという安心感からか、
いつものごとく出発に手間取りまして、
日本第二位の広大な面積を誇る霞ヶ浦に面する市のうちの一つ
土浦市に到着したのは午後1時半。

土浦市はレンタサイクルの借りられる行方市のちょっと手前ですが、
同じ霞ヶ浦の湖畔なので

「貸し出し締め切り時間の4時までには余裕で着くだろ。」

とたかをくくりまして、土浦市でお昼を食べていく事にしました。

目的のお店は、今年の5月にオープンしたばかりという土浦の大型ショッピングセンター
「イオン土浦ショッピングセンター」内にある「ブルーシールカフェ」

沖縄では超有名なブルーシールアイスのカフェ形式のお店らしく、
アイスの他にパスタなどの軽食も食べられるらしいです。

最近、東京でもブルーシールアイスが食べられるところが増えましたが、
カフェ形式になっているのは、まだ数店舗のようで・・・

ブルーシールアイス好きを自称する私たちもカフェには行った事がなかったので、
これを機会に行ってみることにしました。

まだオープンして半年も経っていないイオン内の飲食店は、
どのお店もそこそこ混雑している様子なのですが、
ブルーシールカフェに行こうとフードコートを巡る私どもの前に
思わず足を止めずにいられないお店が現れました。

土浦カレー

「つちうらカリー物語」

・・・遡れば昭和のはじめ、飛行船ツェッペリン伯号が世界一周の途中で、
土浦に飛来した際に土浦側でカレーを振舞って歓迎した事から端を発し、
それから(なぜか)約80年の潜伏期間を経て、
平成17年第一回土浦カレーフェスティバル開催されてから

土浦と言えばカリー、カリーと言えば土浦。

たとえ町おこし的な無理くり感が漂っていたとしても、
ゆるぎないツェッペリン号の歴史がある限り、カリーと言えば土浦なのです。

それから土浦市内の飲食店ではカレー屋さんは言うに及ばず、
パン屋さんや中華料理屋さん、はては和菓子屋さんまで
カレーにちなんだ商品を提供しているようで、
その店舗の数々は一覧の資料になっていたので、
以前、こちらも土浦に来た時に貰っておいたのでした。

その一覧の資料はこちら。

カレーマップ 

カレーラーメンから味が私の想像の限界を超えているカレーどら焼きやカレーパフェまで、
多岐にわたるカレー関連商品が提供されているので、機会があれば各お店を巡り、
全制覇してみたいと密かな野望(つうか無謀?)を抱いていたのでした。

その土浦市内の各店舗で提供されているカリーが、
このお店で一気に食べられるとな?

しかも土浦カリー対決やC-1グランプリという若干物騒な文句が書かれた暖簾も上がっています。

対決って・・・戦っていたんかい(゚∇゚ ;)

そしてC-1グランプリとは、この流れから想像するにカリーグランプリだと思われますが、
各お店で熾烈な戦いが繰り広げられているのでしょうか?

気になった時点ですでに負けだと思いつつも、メニューを見ると、
この土浦カレーに協賛している全ての店舗のカレーが食べられるわけではないようですが、
何件かのカレーはここで食べられるようです。

土浦カリーがある程度ここでまとまっているなら話は早い。

なにせ世の中コンビニエンスの時代ですしね。

この時点でブルーシールカフェの事はすこーんと抜けまして、
カレー対決に参加することにしました。

まず、お店に入って希望のお店の希望のカリーの食券を買い求めるようですが、
お店に入ると、意外にもごっつ空いてる。(゚∇゚ ;)

カレー店

実は、あんま地元では受け入れられてないのか?つちうらカレー化計画。

つちうらカリーの未来にそこはかとなく影を感じましたが、
横須賀が地元の相方に言わせると、横須賀のカレーも地元民からすると「はあ?」のようだし、
まあ、地元の方にすれば、おそらく突然降って湧いたような名産(?)でしょうしね。^^;

各店舗の説明を読むと、どういう経緯でグランプリが決定されたのかは謎ですが、
第一回(なのか?)C-1グランプリを制したのは「中台」というお店のカリーらしく、
このグランプリのお店のカリーが2品出展されていたので、
権威に弱い私共はこのお店のカリーの食券を購入しました。

そして通常よくあるように購入した食券を店員さんに渡すかと思いきや、 
食券の世界もハイテクの波が地味に押し寄せているようで、
食券を購入した時点で連動して注文が行くらしく、
あえて食券を手渡す等の活動をしなくても時間が経てば番号が呼ばれます。

つまりこの食券は単にお客様控え、

食券

食券界のビッグバンや~という感じっす。

お店は待っている間にツェッペリン号の歴史が学べる作りになっていますが、

カレー店

その歴史を学び終わらぬうちにカレーが出来たと言う呼び出しが来ました。

私の方は「幻の飯村牛のとろける牛すじ煮込みカレー」(780円)

牛すじカレー

相方の方は
(土日限定販売)「幻の飯村牛のキーマカレー&若鶏もも肉やわらか煮」(880円)

若鶏のキーマカレー

どちらにしても名前長っ!

飯村牛というのは確かにあまり聞いた事がありませんが、
だからこそ“幻”のでしょうか。

そんな幻をこんなガンガン使っちゃっていいのか?という疑問はさておき・・・。

この2つのカレー同じ初代(?)C-1グランプリを勝ち取ったお店のカレーなので、
カレー自体の味は同じ味でどちらかというと甘めの普通のルーです。

しかし絶対的に土日限定販売だけあって、
相方の頼んだキーマカレーの方がお得!

これは相方のようなお得暦=年齢というお得エキスパートじゃなくても判ります。

幻の飯村牛に比べ単なる“若鶏”呼ばわりで何となく扱いはぞんざいですが、
この若鶏がどーーーんと入っていて、かなりいい仕事をしています。
 
なにせこのルーを元にいろいろな種類のカレーを出すと思われるので、
工程上の都合かもしれませんが、一緒に煮込まず素揚げされた野菜が乗ってるのが
彩り的にも味的にもGOOD(o^-')b

それに比べると、牛すじカレーの方はディテールがいまひとつ地味なのは否めません。

サイドメニューとしてはもう一品(こちらは違うお店の)
「カレーシュウマイ」(500円)を頼んでみたのですが、

カレーシュウマイ

こちらは見かけよりボリュームがあり、見かけよりスパイスが効いていて辛いです。

タレとしては、通常のシュウマイを食べるときのアイテムのしょう油ではなく、
ソースで頂く感じが新規開発感が出ていてなんとも新しい。

シュウマイソース

そしてやはり土浦としてアイデンティティはon theレンコン、
土浦の名産の肉厚のレンコンが堂々と乗っています。

カレーの方にも細かく切ったレンコンが入っていましたので、
なんらかの形でレンコンを使うのは、土浦カリーとしての規定なのかもしれません。

当初の予定とは異なりながらも思いがけず、できれば全制覇したいと弱気に目論んでいた
土浦カレーのうち3品を食べる事ができまして、イオン土浦をあとにしました。

イオンのあった土浦市からレンタサイクルがある行方市の道の駅「たまつくり」までは、
土地勘のない気楽さで、「さほど距離はないだろう」と根拠なく思っていたのですが、
実は間にかすみがうら市という市を挟んでいるようで、
思いの外距離がありました。

なので最後に霞ヶ浦にかかっている橋を渡って、
道の駅「たまつくり」に着いた時は3時半なってしまいました。

橋を渡っている時にやたらドデカいメタボな鳩らしき鳥が電線にとまっていたのですが、
「どんだけ栄養が行き届いてんだよ。」と思いつつよく見たら、
トンビのような猛禽系の生き物でした。
トンビも普通に電線にとまるんですね。ちょっと驚き。

この道の駅「たまつくり」のある一体には「霞ヶ浦ふれあいランド」と
行方観光物産館「こいこい」があるのですが、
陽気がいい秋の行楽日だったので、思いがけず(失敬)人でいっぱい。
駐車場に入るのにもかなり苦労しました。

ふれあいランド

施設内にはスペシャルイベントなのか、随時行われているのか、
ヘリコプターの遊覧飛行などもあり、お子さんも楽しめるイベントもあるようなので、
混雑していたのかもしれません。

ヘリ

ヘリコプターの料金表を興味本位で見てみたら
1名3分4,000円だったのですが、これは高いのか安いのか・・・
なにせヘリコプター遊覧の相場自体がわからないので不明です。

さて、この日のメインイベントのレンタサイクルです。

時間的にはかなり押してしまいましたが、
ネットによるとレンタサイクル貸し出し時間は5時まで、
1時間は余裕で借りられる感じなので、
とり合えずレンタサイクル貸し出し受付まで行きました。

当初は道の駅に受付があると思っていたのですが、
実際は観光物産館の方に受付があるようです。

行方観光物産館

案内表示に従い向かうと「レンタサイクル」の文字が!

レンタサイクル

どうやら借りられるサイクルが置いてある場所のようです。

果たしてロードが借りられるとういう情報は本当なのか?!

借りられる前に自転車をチェックできるのは好都合、

手続きを済ませてから借りる自転車に案内されて現実を知り、

「えっ?!このショボイ自転車っすか??」

という驚きの表情を出さないように苦労しなくて済むってもんです。

保管場所に並んでいる自転車を見ると、ドロップハンドルではないものの、
ホームセンターで売っているなんちゃってではない
ANCHORの自転車が並んでいるではありませんか。Σ(゚д゚;)

レンタサイクル

私の未熟な目ではこの自転車がクロスバイクなのか、
フラットバーロードと言われる部類の自転車なのか区別が付きませんが、
ANCHORのレンタサイクルならレンタサイクル界の中でもかなりの上物です。

半ばなんちゃってだと疑っていたので(すみません)
私も相方もテンションが上がりました。

これは乗ってみたい。

レンタサイクルニストとしての血が騒ぎました。

しかし良好な自転車を提供しているとなると、
貸し出し価格に跳ね返ってきていないかが、恐ろしいのですが、
貸し出し価格を見るてみるとなんとワンコイン、

1台500円と書いてあります。

しかも500円での貸し出し単位は1日ですよ。奥さん!

1日500円ってレンタサイクル界では、かなり底値っす。

しかも“一応走ってるクラス”の自転車ではなく、ANCHOR?!

あまりに太っ腹なので、見間違いかと思い、何度も見ちゃいました。

いや、ANCHORはあくまで撒き餌かもしれないので、
実際借りてみるまでは油断はできませんが・・・←どんだけ疑心暗鬼なんだよ。

早速、借りるべく窓口まで行ったところ、

「4時半までには返却となりますが、それでもいいですか?」

と係りの女性。

あれっ?5時じゃなかったの(゚∇゚ ;)

確かネットでは5時と書いてあったんですが・・・

と気の弱い私はもちろん口に出せず、あわてて時計を見ると、
この時の時間は3時50分、4時半までだと40分しかねえ。(大汗)

たかが30分、されど30分です。

さすがにレンタサイクルリミットが1時間を欠けると、
新たなる自転車と分かり合うのもキツイ。

・・・・・うーん。(-_-;)道も良く知らんしなぁ。

たかが30分程度でビビる自転車人生を送りたくなかったのですが、
この日はあきらめ、日を改めて来る事にしました。

って、何度引っ張る気なんだよ。この行方レンタサイクル企画。

いや、マジで引っ張る気はないんですが・・・^^;

最初は季節はずれで乗れなくて、今回は時間がなくて乗れませんでしたが、
徐々に乗車には近づいている気がします。

今期貸し出し期間11月までなので、今期中にはレンタりたいと思います。

ここ行方観光物産館(およびその他の施設)は、混み合っているだけあって、
それなりにロケーションもよく、裏手では霞ヶ浦を望める位置にあるようです。

この日は愛犬も連れてきたので、それならばちょっとお散歩をしていく事になりました。

愛犬

観光物産館の裏側にはいい感じの雑木林があり、

雑木林

そこを抜けると日本第二位の大きさを誇る雄大な霞ヶ浦が眼下に広がるんですが、
 
霞ヶ浦

こんないい眺めなのに、特に何かを語らっている人々もおらず・・・

あまりひと気もなく、なんか寂しい。

夕刻の秋風の冷たさに、寂しさも倍増、愛犬もなぜか落ち着かない様子なので、
特に何もせずに、再び戻り観光物産館に戻りグルメを探ってみました。

観光物産館は“行方バーガー”というハンバーガーがあり、
こいパックン(新発売)、ぶたパックン、なめパックンという、
各鯉、豚、なまずのハンバーガーのようなのですが、
各語尾につく“パックン”の意味は不明。

こういうキワモノご当地グルメは私共の大好物なのですが、
なにせ土浦カリーをがっつり入れたばかりなので、
次回のお楽しみとして、今回は食べずに来ました。

後は「行方丼」という丼物もイチオシらしいですが、
資料を見ると行方市内の丼物という定義らしく、
行方丼加盟店には、通常の丼ぶり(なまず丼が多かったですが)からなぜかイタリアンまである、
なんでもありの無法丼、どちらにしてもがっつり系なので、行方丼もいずれ日を改めて・・・

どちらかというと(つうかずばり)デザート系を模索していたのですが、
道の駅の方まで行ってみても、あまりめぼしいデザート系はなく、
このまま帰るのはむなしかったので、
イオン土浦まで再び舞い戻り「ブルーシールカフェ」に寄っちゃいました。

ブルーシールカフェ

こちらのカフェは、お洒落ですが思ったよりも狭い作りで、
パスタなどの軽食も食べられるようですが、
やはりそこはアイスの販売が中心のようなお店です。

私は「バナパコ」(手前)相方は定番「紅イモアイス」(奥)です。

ブルーシールアイス

で、“バナパコ”ってどんな素材だよ。

と思わず頼んじゃいましたが、バナナとパインとココナッツを混ぜたアイスらしいです。

食べてみると「うん、間違いなくバナパコだ。」という味でした。

最近進出が目覚しいブルーシールアイスですが、
このマークよく見ると「どんなツライ出来事があったんだ?」と問いかけたくなる感じの
うなだれた人に見えますよね。

業績が上がらず上司にでも叱責されたのでしょうか?余計なお世話ですが・・・

ブルーシールアイス

結局、今回はレンタサイクルニストとしての活動も出来ず、
行方には何をしにいったのかわかりませんが、
ロードレンタサイクルの全容は一応判明したし、
イオン土浦は満喫したので、まあ、いいか。(いいのか?)

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 人気ブログランキング

関連記事


広告



カテゴリー

にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ
人気ブログランキング



プロフィール

くろばい

Author:くろばい
愛車ビアンキ・パッソ
【愛称:ビンちゃん】
愛車2ビアンキ・ミニベロ9
【愛称:ベロンチョ(ベロちゃん)】
激情にながされ1週間で購入に至る
愛車3ママチャリ
【愛称:ソルジャー・チャーリー】
現在自転車3台を所有。
あまりの自転車の増殖率に
恐れおののく日々。
これ以上、増えることはないと
思いつつも、自分が信じ切れない
今日この頃・・・。

相方(くろばいB)
愛車:RSR-4(ブルー)
【愛称:ルイちゃん】
愛車2:ラレー・RSW SPECIAL
【愛称:くろまるくん】
新たにミニベロを購入して、
自転車わが世の春を謳歌中。
自己開発のアンゴラダイエットの
お陰で(いまのところ)メタボリック
危険水域を脱出。
しかし現在、ポタ時はポタメシを
思いっきり解禁しているので、
リバウンドに王手か?



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -



月別アーカイブ



カウンター



ブログ内検索



RSSフィード

  • seo



おすすめの自転車本

わが家の自転車メンテナンスのバイブル!





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。