クロスバイクを買っちゃうぞ!
初心者がクロスバイク乗りになるまでの軌跡
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレミアム付き(?)ノートンGET!
セコムしてますか?

わが家はがっかりな事にセキュリティーするほど盗られるものが何もないので、
セコムとは無縁の生活をしておりますが、
一応、パソコンのセキュリティーはしております。

私のメインパソコンは、自分でも正確にはいつ購入したのか思い出せないほどの
今となっては超小容量の旧型のノートパソコンなので、セキュリティーを入れると更に重くなり、
時々フリーズ等のストライキを起こしやがるので、本当は入れたくないのですが、
セキュリティーをしていないと、いろいろ怖い事が起こるようなので、
仕方なくパソコンのセキュリティーは入れております。

とは言え、私も別に某国家機密を預かるC○Aの工作員というわけでもなく・・・
(工作員だったとしても自ら言わないですね。^^;)

パソの中身が万が一見られても脅迫されたり命に係わったりするレベルのものは入っていないし、

セキュリティーに掛ける料金はお安く済ませたい。

そしてわが家のお得マスターの相方が安価なセキュリティーソフトを吟味した結果、
現在、わが家が使用しているのは「ウイルスセキュリティZERO」



普通のセキュリティーソフトだとせっかく入れても
1年間も経つとまたバージョンアップのために追加料金が取られますが、
この「ZERO」はゼロを名乗るだけあって、このバージョンアップの追加料金が基本タダ。

マイクロソフト社の公式サポート期間のうちはタダなのです。

もう、セキュリティーに金を掛けたくないというスケベ根性がありあり。

でも、こんな安もん良心的な価格のソフトで大丈夫なのか?

と最初は思いましたが、まあ、基本ウイルスに感染する危険も冒してないつもりなので、
セキュリティーが効いてんだか効いてないんだかわからないのですが、
おそらく効いていると思って日々心から信頼して(はいないけど)使っております。

しかしそんなわが家に先日相方が嬉しげに持ち帰ってきたのは、こちら。

ノートン

「Norton ノートン」

そ・・・それは、初期投資額も去ることながら、
保護期間1年という1年に一度更新価格を払わなければならないというアリ地獄系ソフト。

もちろんその分いいところもあるのでしょうが、その毎年の更新価格をケチりたくて相方自ら
「ウイルスセキュリティーZERO」を選んだはずなのに、

なぜ今更無駄にノートンを購入する?!Σ(゚д゚;)

いや、相方がそんなお無駄を冒し自ら購入するわけはない!

・・・と思いましたが、その通りで実はこのノートン展示会でタダでもらってきたそうです。

でもノートンを使わないわが家にとって、無駄な事には変わりなく・・・

もう、いくら大好物のタダだからと言って何でも見境なく貰ってくんなよなぁ。

収納しとく場所も無駄じゃん。(--;)

と心の中で毒づいていたのですが、
相方が鼻息荒く言うには、これは他にはないプレミアム付きのノートンらしい。

そのプレミアム部分はこれ。

ノートン

そう言えば、よく見ると誰かのサインが書いてあるではあーりませんか!

この愛らしいサインは一見どこのどなたのサインかわからず、
まさか、マイクロソフトのビルゲイツ氏のサインか?!

とも思ったのですが、そんなわきゃなく、
このサインは「しょこたん」こと中川翔子さんの直筆サインだそうです。
よく見ると下の方に「しょこたん」と書いてあるようですね。

幅広い・・・幅広く活躍しすぎだぜ。しょこたん。

確かにしょこたんは、それまでのアイドルと売り方を画す、
オタク系アイドル(?)という唯一無二の存在ではあるけれど・・・

このノートンを勝ち取るのにおよそ5倍の倍率を勝ち抜き、
当たりくじを引いたと得意気の相方。

あれ?相方ってしょこたんのファンだっけ? (゚∇゚ ;)

そんな事実聞いたことねぇ。

またそんなところで貴重な運を使っちゃっていいのか?←この考え方も我ながらセコイけど。

でもオマケに無線マウスが付いていたので、

マウス

最近マウスが調子悪くなってきた私は嬉しいちゃ嬉しいかも。

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 人気ブログランキング

関連記事
スポンサーサイト
浅草隠れ家的カフェをたずねてのポタ【前編】
10月に入りましたが、いきなり天気の悪い日が続いてますね。

これから秋の長雨シーズンなので、休日のたびにやきもきしそうです。

さて、9月19日から始まった秋のシルバーウィークを楽しみにしていたものの、
前回のブログに書きました9月22日までは、わが家は、まさかの自転車率0。

もう某通販ショップの金利手数料ぐらい「0」だったのです。

その事実にわが家は戦慄しました。

なぜならわが家にとっては(不本意ですが)ポタのモチベーションの一つになっている、
記録「週一ポタ記録」がヘタすると途絶えてしまうからです。

“週一5km以上自転車(種類問わず)で走る”

というというダライ自転車乗りのわが家のご都合が見え隠れする極ゆるの規定なので、
一応、2年近く続けていることになります。

通常の自転車乗りの方なら脱力するほどのゆるい規定ではありますが、
この約2年、お天気の都合があったり、犬の世話があったり、
(相方の事故等)不測の事態があったりと、
そのゆるい規定に相応しいそこそこの継続の危機、そこそこの紆余曲折を経て、
なんとか未だ続いているのです。

ダライ自転車乗りの代表的な相方が適当に決めた規定によると、
週一の期間は“土曜日から次週金曜日”まで、
連休の最終日の23日を逃すと、記録を継続させるには、
普段日の2日に乗るしかありません。

23日の天気が悪いと普段日になだれ込むのですが、
普段日は相方の仕事の都合もありどう流れるかわからないし、
どーしても休日中の23日に乗っておきたかったのです。

そうしないと連休前にパーツクリーナーのガスに辟易しながら
時間と命を削って連休前に自転車を磨いたのに、肝心の連休がノー自転車では、
自分の頑張りが報われない気がする。

22日の夜にようやくしょう油の街市での愛犬のお世話係の任を解かれ、
家に帰ってきたのですが、連休最終日の23日が晴れるのかは、
幼なじみのあの娘が急に綺麗になった理由より、ごっつ気になってました。

そして23日は見事に晴れ。

散々なトラブルに巻き込まれた(と天災のように言っていますが、冷静に考えると自業自得)
連休でしたが、神様はいると思いました。

が、

この日は張り切って、わが家比では早いお昼前には自転車乗車準備を終えたにもかかわらず、
家を出られずにヤキモキしておりました。

タイミング悪くもこの日届く予定になった荷物の到着が遅くなっていたからです。

やっぱり神様は私の半径100mにはいないと思いました。

そして、文字通りそのお荷物がようやっと届いたのが、午後3時過ぎ。

やっぱりこのシルバーウィークとやらは、見えない何かに邪魔されていたとしか思えない。

それから自転車で出かけることになりましたが、
時間が時間だし根性が根性なので短時間では短距離しかポタれそうになく・・・

最初に考えていた比較的遠出の場所から近場に予定を変更する事を余儀なくされ、
近頃、自転車雑誌で見かけて近いうちに行きたいと思っていた
浅草の隠れ家的カフェに行ってみることにしました。

・・・とその前に、

このカフェは、コーヒーにこだわりのあるお店で、
腹にたまりそうなカフェメシなどは一切置いてないようなのですが、
なにせポタ先で食べるために、荷物が来るのを待つ間も昼ごはんを食べずにいたので、
まず、昼ごはんを食べなければなりません。

そこで私共が向かったのはコンビニ、
更に細かく特定するならサークルKサンクス。

この時、サークルKサンクスでは、特別な弁当を販売していたので、
その弁当にありつきたかったのです。

その弁当とは「世界のしあわせごはん」

名前だけだと「人類の幸せを祈りつつ食うメシかいな?」とか思っちゃいますが、
(いや、むしろ祈って食べてもいいんですが・・・)
テレビの情報番組「知っとこ!」とサークルKが共同開発したコラボ弁当なのです。

「知っとこ!」の中に“世界の朝ごはん”というコーナーがあるのですが、
どんなコーナーかというと、海外各地の新婚カップル(素人)の朝ごはんを
ただただ取材するというコーナーで、
「朝からどんだけ~」というぐらい気合を入れて作ったゴージャスな妻の手料理を
新婚の旦那さんがやにさがりながら食べ、
最後に「ダーリン美味しかったよd(゚-^*)」というきめ台詞を吐く・・・

とまあ、こういう趣旨のコーナーなんですが、
ついあのまぶしい幸せが羨ましくて、気が付くといつも最後まで見ちゃうんですよね。
って、どんだけ乾いてんだ?自分。

素人さんが作る料理とは言え、世界の料理だけあって、
その料理はオリエンタルに満ち満ちて、新妻の手料理というアドバンテージを差し引いても
食べてみたいとは思っていたのですが、そういった消費者のニッチなニーズをも
日々鵜の目鷹の目で狙っているのが生き馬の目をぬくコンビニ業界、
なんと期間限定でこの「世界の(新婚さんの)朝ごはん」を販売したのです!

新婚さんの家庭料理から10品目厳選し弁当にして、
9月12日から30日までの期間限定で売り出すらしい。

「ポタメシが楽しみでポタっている」と言い放ってはばからない相方は、
普段、ポタメシをコンビニのご飯にするとなると、当然いい顔はしないのですが、
この新婚さんの朝ごはん弁当には、意外にも乗り気。

愛妻弁当なるものを食べたことがない為か?・・・不憫なヤツめ。

これはぜひ食べなくては!

と前日からこの日のポタ時にお昼ごはんとして食べようと目論んでいたので、
カフェに行く前に、近くのサークルKに寄ってみたのですが、

ない。Σ(゚д゚;)

つうか弁当自体が、すげーー品薄。

連休だったので元々弁当をあまり仕入れていなかったのか、
荷物待ちですっかり遅くなったためにすでに弁当が売り切れたのか、
新婚弁当を置いていないお店もあるようなので、運悪くそのお店だったのか、
新婚弁当などという浮ついたものは売りたくなかったのか、

とにかく世界の新婚弁当がありません。(T_T)

すっかりしあわせ弁当を食べるつもりで腹ペコ状態なのに、
どないしてくれるんじゃい。

とは言え、何せ通常アイテムのおにぎりさえろくに無いほどの空前絶後の品薄ぶりなので、
コンビニメシを食べる気にもなれず、仕方が無いので飲み物だけ買って、
水分で空腹を満たしながら、そのまま浅草のカフェに向かう事にしました。

なんかむしろしあわせじゃない展開になっちまいました。(--;)

ちなみにこの新婚弁当、販売期間に結局手に入れることができず、
わが家にとっては、幻の弁当になってしまいました。
新妻の手料理食べたかったなぁ。(というのは幻想で工場で作っているでしょうけど)
第二段とかやってくれないかなぁ。

そして、この日は連休前に自転車の汚れを剥いてから、
ようやくはじめてのポタになりましたが、 走ってみるとやっぱりイイ!

ちょっと前に、自転車暦約2年にしてわが家は、

「そう言えば別にスピード出せないし、信号でしょっちゅう止まるんだから、
足腰の健康の為軽いギヤでいいんじゃ?」

と唐突に気づき、それから軽いギアで走るように変えたのですが、
実は、ギアを軽く変えたあたりから“シュルシュル”というような、
遠慮がちながら自己主張をしているような音が鳴っていたんですよね。

あまりデカイ音じゃないし、今まで殆どいじっていないギアを変えるようになって
タイミングよく奏で出したので、

「もしかして軽いギアだとこういう音が鳴るのかも。」

とか思っていたのです。

いえ、掃除するのが面倒でそう思うようにしてたとかじゃないです。・・・本当です。

ちなみに相方のミニベロもタイミングよく同じような音を奏で出していましたが、
(まあ、掃除するタイミングが一緒なんで)
あのシュルシュルとかいう音は、やっぱりチェーンの汚れに対する
ミニベロ達の抗議の声なんっすかね。

一応教えといたるけど、もうすぐわし限界やんか。

みたいな。

ペダルも軽いし、やっぱりお掃除って重要なんですね。

・・・といつも掃除後には思うんですけどね。

のどもと過ぎれば、すぐに忘れますが・・・^^;

さて、わが家から浅草までは、隅田川沿いの短いサイクリングロード(?)を
通っていくことが多いのですが、すでに9月も下旬に入ると、
サイクリングロードもすっかり秋めいていました。

隅田川

桜並木の桜の葉もところどころ黄色くなって地面に落ちているし、
地味にコスモスも咲いていました。

隅田川

あれ?しかもいつの間にかコスモス終わりかけやん。(゚∇゚ ;)

なんか最近月日の経つのがあっという間で、
季節物とかは見はぐったり食いっぱぐったりする事が多いですよね。

今年は梨も気が付くと幸水梨の販売期間が終了間近で、
あまり幸水梨を食べられなかったし・・・

そして秋らしく、浅草名物のウ・・・いや、炎のオブジェも黄色く色づいて・・・

浅草

いや、これはもともとこういう色なんですけどね。

だから炎というより別の何かを想像させるわけで・・・

しかしお掃除後のなめらかなペダルの回転にも関わらず、
浅草に着いてみるとそれに反比例するように結構時間が掛かってしまいました。

それというのも、漕げば漕ぐほど体の重さがずっしり来てます来てます・・・

超魔術のように来ていました。

本当に超魔術だったら良かったんですが、
どうやら私も相方も連休中に余分な贅肉をしっかりつけたようです。

連休中といえば、実家と家を電車で往復したぐらいで、
後は食っちゃ寝、呑んじゃ寝のエンドレス。

アルコールも家だと財布にも体重にもやさしいダイエットタイプの発泡酒なのですが、
実家に帰るとビール祭り。

さすがに連休のたびに犬の世話をさせるのは後ろめたいようで、
お詫びの印に(?)ビールとかたらふく買っておいてくれるんですよね。(--;)

自転車すら乗っていないくせに、カロリーだけは長距離乗った自転車乗りクラスに取っていたら、
自然の理として当然太るわなぁ。

というわけで、累々と空いたビールの缶に比例するように体重が増えたようです。

せっかくチェーン磨いてペダルが軽くなったのに、
プラマイゼロでしたよ。トホホ。

しかし贅肉が増えた分だけ腹が減りやすくなっていまして、
(不本意ながら贅肉に栄養を行き渡らせなきゃならんのでしょうね)
新妻の弁当を食いはぐったので、とにかく腹が減っていました。

そこで目に付いたのが「満願堂の芋きん」

満願堂

芋羊羹のようなものに謎の衣をつけて焼いたものなのですが、

芋きん 

サツマイモの素材を生かした素朴な味わいです。

芋きん
 
注文してからその場で焼いたものを提供してくれるので、温かくて美味しい。

満願堂

こちらの吾妻橋店が本店らしいですが、
特に並ばずにすんなり芋きんが購入できました。

(大)昔、東京大丸で気が遠くなるような時間を並んで手に入れた覚えがありますが、
今も東京大丸の方は混雑しているのでしょうか?

芋きんは原料が何度となく飢饉を救ったというサツマイモだけのことはあり、
私どもの飢餓感もそれなりに癒されまして、
この日のメインポタ先である隠れ家的カフェに向かいます。

・・・こんなところですみませんが、続きます。m(__)m

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 人気ブログランキング

関連記事
カーニバル・オン・アイス2009
どうも、こんにちは。くろばいBです。

今日「王様のブランチ」を見ていたら自転車芸人のオリエンタルラジオの
中田敦彦さんが、ハーレーバイク型自転車に乗って登場してました。



上の画像のリンク先には、パーツの写真もいろいろ載っていますが、こだわりのデザインという感じです。
あっちゃんはロードバイク以外にこんな自転車も持っているんですね。
でも、重そうですし、座ったときの角度も走りにくそうです。
「坂道が登れなくて、歩いているおばあちゃんに抜かされる」とのことなので、
あまり実用的ではなさそうです(笑)


ところで、実は本日夕方から「カーニバル・オン・アイス2009」という
私にとっては初めてのアイスショーを見に行く予定です。
もともと私はスケートショーとかにはあまり興味はなかったのですが、
くろばいが「オリンピックイヤーなので見に行きたい」というので、せっかくだから私も見に行くことにしました。

今まであまり興味のない世界だったのですが、今や人気のあるスポーツなんですね。
本日も12月に行われる試合のチケットの発売日で、朝からくろばいに付き合い、
わが家の家庭電話・それぞれの携帯電話の合計3台を駆使してチケット争奪戦に参加したのですが、
何度リダイヤルしても繋がらず、ようやく繋がったのは、リダイヤルをかけつづけて45分後!
(本当は私的には苦手な作業ですが嫌と言える雰囲気じゃなかったんです)
しかし無情にも売り切れの音声ガイダンスを聞くのみでした。
しばし魂の抜けたようだったくろばいですが、いきなり今日の試合に行くといいだし、
いつもの腰の重さが嘘のように電光石火で仕度をし、食事もとらずに飛び出て行ってしまいました。
本日の試合というのは、今日行くショーの前に行われる試合のようです。
私はチケットが高額なのもあり、予定通り夕方からのショーのみに後から行って合流しようと思います。


ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事
昨日の顛末
またまたポタ日記を途中で放棄していて、申し訳ありませんが(汗)

へろへろっす。

昨日は、私にとって“親父の一番長い日”ってこのぐらいの長さなのかも。

と親父の一番長い日の尺度が判るほど、長くそして濃い一日でした。

相方も昨日その状況をブログの記事にしていたのですが、
昨日の午前10時、わが家は緊迫の渦に包まれていました。

12月のどーしてもとりたかったスケートの試合のチケットの電話発売が、
朝10時より行われるという事で、準備万端整えて、10時の時報を待っていたのです。

用意したのは電話3台。

相方は自分の携帯、私は右手に携帯、左手に家電を持ち、
10時ぴったりに繋がるように9時59分58秒からプッシュボタンを押したのですが、

つながらねぇ。

3台全て全滅。(T_T)

しかも何度かリダイアルしても、NTTはNTT専用の、Docommoの音声案内嬢(?)が、

「混雑していますんで、かけ直してください(棒読み)」

と繰り返すだけで、一向に繋がりません。 

焦れました。

現在、スケートは人気スポーツだとは思っていたのですが、
まさか、ここまでとは・・・

しかし昔からジャニーズにも、ビジュアル系バンドにも、アイドル演歌歌手にも
まったく興味がなかった私は、今まで人生自ら人気チケットを取ったという記憶がないので、
こういう時にどんな手段が有効か判らず、無力。

出来ることは、ただただただただエンドレスに、
「ちぇっ、メンドクサイなぁ」という顔の相方を鼓舞して、3台の電話をかけまくるのみ・・・

でも何度ダイヤルしても対応は、NTT&Docomo音声嬢。

15分を過ぎても、30分を過ぎても繋がらず・・・

「またYOUかっ?!」

というくらい繰り返し彼女達が出てきます。

こんな経験はまったくなかったのでわからかったのですが、
女性の音声メッセージというのは、最初はやわらかい対応な感じでいいですが、
声(?)が高音なので、何度も聞くとかなり鼓膜にくる感じなんですね。

長時間聞くとかなり耳障りなので、たまには渋い声の男性音声が出てこないかなぁ。

とか思いつつ・・・

そしてCMをぬけば1話分のドラマが見れるという45分、
左右の親指と人差し指がつり始めた頃、
ようやくNTT音声嬢からチケットぴあの音声嬢に繋がりました。

もう電話会社嬢達の声は、しばらく(一生でもいいけど)聞きたくないっす。(--;)

でも散々ラブレターを送った彼女と、やっとデートまで漕ぎつけた気分とはこういうものかと思いました。

しかしやっと相手をしてもらえると思って、嬉々としていたら彼女は、

「そのチケットはもう売り切れました(やっぱり棒読み)」

嗚呼、無常。(T_T)

やっとデートに漕ぎつけたのに、デート5分で瞬殺で振られた時はこんな気分かと思いました。

45分もリダイヤルさせといて、そりゃねぇだろう。

と思いましたが、彼女はドライにけんもほろろです。

チケット取るのに苦労をするだろうとは思っていたのですが、
まさか取れないとは思っていなかったので、完全に茫然自失。

実は、昨日元々夕方からのスケートのアイスショーに観戦に行く予定だったのですが、
フィギュアスケートというのは、独特のシステム(?)でして、
通常のアイスショーというのもあるのですが、
試合の後に試合に参加した選手が行うアイスショーとうのもあるのです。

しかしこのチケットとうのが、席にもよりますが、結構お高い。

わが家の財政では何度も見れるものではないし、
試合はシーズンに入った直後の今みるより、チケットを取りはぐった12月頃に試合を見たかったので、
今回は試合の後に行われるショーだけのチケットを取りましたが、
今期の試合を見たければ、「今日の試合を見るしかない」と思いました。

シーズン初めのあまり真剣みのない試合だった為か、
どうやらチケットは当日券もある模様・・・

しかしすでに時間は11時過ぎ、試合はさいたまアリーナで13時より・・・

もう「ちあきなおみかっ!」ってぐらい1人列車に飛び乗りましたよ。

もともとモノグサで情熱熱が摂氏5度ぐらいしかないと思っていたのに、
「自分にこんな情熱があったのか?」と自分でもこの行動力はびっくり。

相方はアイスショーの方は“せっかくだから”でついて来る事になっていたものの、
さすがに高額チケットにせっかくだからが鳴りを潜め、付いてきませんでした。

私も初めてのスケート観戦がはからずも1人観戦となり心細かったのですが、
無事いい席の当日券もあったし、結果的には1人で行った分いい席で観戦出来たので、
よかったのかも。

しかしスポーツ観戦とうのは、確か小さい頃特に興味がないのに連れていかれた
野球以来だと思うのですが、生で見るとテレビと違って臨場感があり楽しいものですね。

アイスショーから合流した相方も、それなりに楽しんだようです。

感動をあまり表に出さない人なので、外見からは良くわかりませんでしたが、
本人が音声嬢のように抑揚のない声で「感動した」と言っていました。

嵌りそうですが、なにせチケットが高くて、しかもとりにくいので、
なかなか行けそうにないのが残念です。

昨日はチケットを取るために「寝過ごせないぞ!」と興奮していたので、
遠足前の子供のように眠れなくなり、結局、朝方まで眠れず、
チケットを取った後に再度眠る予定だったのですが、
チケットが取れずに、そのまま試合に行ったものでかなりの寝不足、
しかも昨日初観戦で興奮して更に眠れず・・・

今日は昨日からの寝不足と疲れが出て、いいお天気なのに、なかなか体が動きませんでいたが、
こうしてダラダラ過ごしているうちに、なんとか疲れも取れてきたので、
今更ながら、短距離ポタには行ってこようと思っています。

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 人気ブログランキング

関連記事
浅草隠れ家的カフェをたずねてのポタ【後編】
わが家には、

飲み会に行った者は、帰りに貢物を買ってこなければならない。

という鉄の掟が存在します。

貢物といっても、印鑑とか牛とか羊とか金銀財宝とかではなく、
そこは気持ちなのでコンビ二クラスのスイーツでいいのですが、
やはり普段は相方の方がだいぶ飲み会が多いので、
大抵は相方が購入してくるケースが多いのです。

一応、掟なので家で待っているものとしては貢物を期待して、
わざわざそのカロリー分をあける為に夕食を控えめにしたりして待つわけですが、
前回の飲み会の時は、相方は電車を寝過ごしまして、
結局、タクシーで帰ってきたので貢物はありませんでした。

仕方がない事とは言え、

せっかくあけておいたカロリーはどないしてくれるんじゃい

やり場のない怒りを抱えたまま、その日はあけておいたカロリー分を埋めるべく、
夜中に家にストックしてあった煎餅などを地味に食べました。

その侘しさに、なんか泣きそうでした。

そして昨日、再び相方は飲み会があったので、
今度こそ貢物を持ってきてくれるだろうと、期待に胸膨らませ、
またまた夕食を控えめにしてカロリー分を空けておいたのですが、
相方が貢物として買ってきたのは、

パン

パン。

なぜ、主食を買ってくる?!

「こんなもん夜中に食えるかーい」と思わず星一徹化しそうでした。

相方曰く、不幸な事にいつも買ってくるコンビニにスイーツが残っていなく、
仕方なくパンを買ってきたらしいのです。

「今度こそ貢物をしなきゃ」と思った強迫観念気持ちは尊いですが、

すまんが、真夜中にがっつり炭水化物はいらん。

臨機応変に頼むよ。オイ。

しかし最近は何でもコラボ商品というのをよく出しますよね。

この黒いパンは、“忍の黒いメロンパン”と言うそうで・・・

パン

いかにも番宣くさいと思ったら、やっぱり公開される(されている?)映画の宣伝も兼ねてようです。

このパンがきっかけで、映画を見る人いるんかいな?

とその点は疑問ですが、パンを買った人が映画を見ようが見まいが、
パン代は儲かるわけですし、もし映画を見てくれたら儲けもの・・・という感じなのでしょうか。

忍びのイメージで黒にしてあると思われますが、この黒は何かと言うと、
チョコレートの生地だからだそうです。

って、それってすでにチョコパンじゃね?

まあ、メロンパン自身も特にメロンエキスや果肉が入っていなくても、
形勝負でメロンパンと言い張っているので、
メロンパンの規定としては、形さえそれっぽければいいのかもしれません。

ロングセラーのランチパックもありましたが、この競争社会の中で生き抜くには、
ロングセラーなりに変化をつけていかなければならんようで、
このランチパックは「富士宮やきそば」とのコラボのランチパックだそうです。

パン

今人気のB級グルメ富士宮やきそばが中に入っているらしいですが、
あの手この手で消費者の魂を揺さぶりますよね。

すっかり揺さぶられて相方さんはお買い上げですし・・・

・・・さて、話は変わりまして、またまた間が空いてしまって恐縮ですが、
中途半端で止まっている「浅草の隠れ家的カフェのポタ日記」ですが、
以下続きになりますので、よかったら読んでやってくださいませ。

ちなみに前編は→こちらになります。

****************************************

街角の広場で芋きんを食べ、さてカフェに行こうと再び自転車に跨ったのですが、
ふと気づくと家から浅草まで数キロしか走っていないのに、

チェーンリング

すでにチェーンリングには、いやーんな油汚れが!Σ(゚д゚;)

ちっくしょう。ここは特に掃除が面倒なところなのに、
たったの数キロで、再度汚れっちまうとは!(愕然)

そりゃ、自転車って走れば汚れるものなんですが、
なんか賽の河原で石を積む気分といいますか・・・。

これはチェーン自体に油汚れが浸透しきっているので、
タオルで拭いたぐらいでは、中に入り込んだ汚れは対処できないんですよね。

この汚れが内部まで侵入しているチェーンを美しく磨き上げるには、
使用時に汚水が四方八方に飛び散るという噂があったりなかったりする
手動のチェーン掃除機(っていうのか?)に手を出すしかないのか?

うーん。マンション住まいでメンテ場所が限られているわが家としては、
あれは禁じ手クラスのかなり手の出しづらい一品で、
今まで何度も手を出そうとして、結局、出さずじまいなんですが・・・(--;)

カフェは先ほど見た浅草の炎に見えない炎のオブジェから程近いところにありますので、
そんな事を考えているとすぐに到着しました。

「カフェ スタイル コジロウ」さん。

カフェ コジロウ

まず、隠れ家的カフェのセオリーである(と思われる)
静かな住宅地の路地裏にひっそりとあるこのお店、

おお、これはまごうことなき隠れ家的カフェだ。

という位、隠れ家的カフェハンター(誰?)も納得の
隠れ家的カフェの条件を全て満たしているようなカフェです。

しかし、こういうおしゃれなカフェに最初に入る時は、雰囲気にのまれてビビる小心な私ども。

中の様子を偵察したくとも、なにせ隠れ家的なので窓らしきものがなく・・・

「君が先にいきたまへよ。」「いやいや、君こそ。」と美しく(?)お互い譲り合い、
怪しげにおどおどしながらの来店です。

店内は、カウンター席が5席、2人掛けテーブルが3卓とあまり広くはないんですが、
木を基本にしたインテリアがおしゃれで、落ちつける雰囲気のお店でした。

その辺も隠れ家としてはずしてない感じです。

休日だったからか私たちの他にはお客さんがおらず、
マスターがお1人で営業されているお店なのか、お店にはマスターしかいなかったのですが、
マスターからメニューを渡されましたが、メニューには多種多様なコーヒーの銘柄と、
その横には“シングル、ダブル、トリプル”と書かれてあります。

で、なにが? (゚∇゚ ;)

と思いましたが、ホテルの予約じゃあるまいし、部屋のありようを聞かれているわけじゃない。

ここは当然コーヒー関連の趣向を聞いてきていると思うのですが、
この三段階に分かれているのは“濃さ”なのか“量”なのか・・・それが問題だ。

基本、見栄っ張りで人見知りな私と、基本、見栄はまったくないけど人見知りな相方とでは、
こういう疑問をスマートかつ迅速にマスターにぶつける事ができず、
しばし2人で悩みましたが、知らない者同士でいくら思案しても、もちろん結果なんか出ず・・・

果敢にチャレンジする年齢を過ぎ、すでに失敗が怖いお年頃なので、
失敗するよりは聞いてみようと、素直に聞いてみることにしました。(はじめからそうしろよ。)

聞いたところによると、この“シングル、ダブル、トリプル”とは量の事らしく、
シングルは少なめ、ダブルは普通、トリプルは多めとなるようです。

そしてその話の流れでコーヒーの好みの味を聞かれたのですが、
どうやら好みのコーヒーを選んでもらえるようです。

・・・コーヒー素人と見破られたんだろうなぁ。(--;)

実は良く味もわかりもしないのに、見栄を張ってそれらしい通風な名前のコーヒーの銘柄を
注文しようとしていたのですが、私の好みの味の「すっぱすぎず、苦すぎず、薄すぎず」
という優柔不断な性格を体現しているようなコーヒーを言ったら、

「それならブレンドがいいと思いますよ。」

とあっさり言われたので、私も(ついでに相方も)ブレンドコーヒーを、
そして(結果的に)昼飯も抜いてきたので、あてとしてお互いデザートを注文しました。

コーヒーを淹れてもらっている間、お店の中にはなんとも言えないいい香りが広がり、
その間は手持ち無沙汰なので出された水を飲んだりしたのですが、
その水をためらいなくゴクゴク飲む相方を見て、

このお店のコーヒーはいけるに違いない!

と強く確信しました。

なぜなら特に食べ物の味にはうるさくなく、それどころか私が早期ギブアップした
かなり残念な味の食物でもお得魂で我慢強く平らげる相方ですが、
なぜか彼は水の味にだけは、やたらこうるさいのです。

どんなにのどが渇いていても、お店で出された水がまずいと一口以上は頑なに飲みません。

横須賀育ちのはずなのに、実はどんだけ美しい里に育ったんだよ。

と思う程、水の味にはうるさいのです。それとも横須賀の水ってそんなに旨いのか?

その判定能力は美しい水にしか住めないというカワゲラ級。(たぶん)

カワゲラがいなくなった水は水質が悪いように、
相方が飲まない水は水質がいまひとつなのです。

そして今までのカワゲラ・・・じゃなくて相方が判定したデーターを元にすると、
大抵、相方が飲まなかったお水のお店のコーヒーはそれなり、
相方が飲み干したお水のコーヒーは美味しい。

彼といると前もってコーヒーの美味しさがわかるのですが、
なんか炭鉱で毒ガス探知に使われたカナリアにも似ている。

まあ、わかったからって水を飲んだ時点でコーヒーは普通注文しているので、
どの道今更どうにもならんのですが・・・

そして期待の「ブレンドコーヒー」(550円)がこちら。

コーヒー 

言った好み通りに酸っぱすぎず、苦すぎず旨い。
味がまろやかな感じがします。

・・・とコーヒーの味がわからない私が言うのもなんですが・・・^^;

そしてこのコーヒーのあてとして、これまたぴったりだったのが、

アイスクリーム(400円)

アイスクリーム 

プリン(280円)

プリン

アイスクリームはあえて手作りと書いてあり、プリンには書いていなかったのですが、
こちらもおそらく自家製ではないかと・・・。

とにかくプリンがこれで280円は安い。

アイスクリームにかかっているソースと、カラメル代わりにプリンに添えてあるのは、
コーヒーソースが掛かっていて、そこもこだわりという感じでイイです。

隠れ家的カフェでポタ途中(という程、走ってないけど)のまったりとした時間を過ごし、
この日は帰りに買い物をしなければ、冷蔵庫にはめぼしい食物がナッシングだったのですが、
(いや、夕食を食べて来る口実にしちまおうとかの作戦じゃないです。・・・ホントに)
すっかりその事を忘れて「近場だからいいや」と荷物持ち相方はリュックを背負わずに、
私もウエストポーチのみで来てしまいました。

ウエストポーチじゃ玉ねぎ一個入らんし、ドロップハンドルに食料満載のレジ袋を下げて走れる程、
残念ながら雑技団的人間でもありません。

そこで思い切って夕飯も食ってっちゃうか(゚∇^d)

・・・じゃなくて、食料を買い物しても背負っていけるように、
相方用のリュックを購入することにしました。休日のたびに夕食作りをサボるのもなんだし・・・・

というのも、長年相方の背中で薄っぺらく軽量な仕様で活躍してくれてた
折りたたみ式のモンベルリュック(大)が、
気がつくと殉職クラスの致命傷を負っていたのです。

その致命傷とはこちら。

モンベルリュック

両肩紐が「もう限界一歩手前っす」という感じです。

このリュックはめちゃめちゃ物が入るので、ガンガン重いものを入れてきた報いでしょうか。

うーん、自転車暦2年近くにもなると、
それなりに殉職する自転車グッズが出てくるもんですね。

このモンベルのリュックのように折りたたみタイプは、
この日のように特に持って行くものはないけど、帰りに買い物だけはしたいという時に、
大変便利なので早々2代目を買おうと思っていたのですが、
このモンベルリュックが使い勝手がやたらいいので、
最初は素直にこのリュックと同じリュックを買おうと思っていました。

しかし新しいものにチャレンジしたがるのが“せっかくだから病”(の相方)

無駄に革新的なのがせっかくだから病人間の性で、
食べ物でも前回と違ったものとかを食べたがるように、せっかくだから病人間的には、
グッズも同じものを購入するのはお損と思うようです。

そこで以前、北千住のマルイの中に入っている“ローテイトストア”で見かけた
折りたたみリュックがなかなか良さそうだったので、
いっその事それを購入しようと、このまま北千住まで移動する事になりました。

ちなみにカフェの外には“ご自由にお持ちください”系の
地域色豊かなショップ紹介のローカル小冊子が置いてあったんですが、

冊子

経験上、こういう冊子は意外とポタメシ資料として役に立つのでもらって来ました。

当然、このカフェも紹介されていますし、他にも有益なポタ(メシ)どころがありそうなので、
のちのち活躍させてもらいたいと思います。

冊子

カフェを出て、隅田川沿いから北千住へ行くのですが、
夕刻の隅田川沿いをいい気分で走っていると、
後方を走っている相方が突然、短く変な声を上げて自転車をおりたので、

すわ!パンクかっ?!Σ(゚д゚;)

と思いました。

そう言えば、わが家のパンクは私のミニベロが2回、
なぜ私の自転車ばかりにパンクが当たるのか、不公平なものを感じていましたが、
(なんか、全てにおいて私の運の方が劣っているような気がして悔しいし)
そろそろ相方のミニベロもパンクの洗礼を受けてもいい頃です。

まあ、それもまた運命と一瞬ちょっと嬉しく残念に思いましたが、
よーく考えれば、相方にこんな河原でパンクされたら

連帯で私も面倒に巻き込まれるやんけ。

あわてて相方のところに行き、タイヤを見ると、やっぱりすごく凹んでいる!

・・・これはパンク来たな。とあきらめました。(しかも性懲りもなくまた手ぶらだし)

が、

駄目押し確認で、タイヤを手で押してみると、
パンクしているとは思えない程、指に空気の反発を感じます。

あれ?やっぱりパンクしてなくない(゚∇゚ ;)

でも、だったら一見パンク確定のこの凹みっぷりはなに?

それは単純にシルバーウィークでキャンペーン中でもないのに更に増量した
相方の体重での凹みだったようでして・・・

しかし・・・いかに贅肉が増えたからっていきなりこれはないだろ。

と思っていたのですが、この現象に思い当たることがあるような相方、

「あれ?そう言えば空気っていつ入れたっけ( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ

・・・いや、知らんよ。空気入れは、自転車関係で相方担当の唯一の仕事だし。

彼が言うには、記憶のないほど前に空気を入れたきりのようです。

と言うことは、私の方のタイヤにも空気を入れていないという事を意味しますが、
空気を入れないと、よけいにパンクしやすくなるじゃないか。(--#)

すでに今更どうにもならない状態ですが、それから妙におっかなびっくり走り、
無事に北千住へと到着しました。

マルイの駐輪場に自転車を預け、“ローテイトストア”で折りたたみリュックを購入、
おしゃれな待ち乗り自転車乗りを増やそうとする意図が見え隠れするお店だけに、
折りたたみリュックもなかなかおしゃれで、カラーバリエーションも豊富でした。

ショッキングピンクのリュックもあって、若い女性にはいいかもしれません。
目立って事故防止にもなりそうだし・・・

お値段は3,990円とお手ごろでいいのですが、
ただモンベルに比べると若干小さめに感じたのでその辺は迷いました。

でも結局、相方の背中に最も似合った茶色を購入

折りたたみリュック

ついでに店内をちょっと見回すと、
前回購入した「LEZYNE」のゴールド展開のアーレンキーですが、
展示からきれいさっぱり消え去っていました。

店員さんに「期間限定です。」とは聞いていたのですが、
まだまだ売れ残って在庫があったようなので、
「店じまい、店じまい」と煽る割には、いつまで経っても店じまらない紳士服店のように、
いつまでも販売しているものと思っていたのですが、マジで期間限定発売だったんですね。

前回買っておいて良かったです。

そして食料を買い込む為の袋もできたのですが、
北千住に移動したり、マルイ内をうろちょろしたりしているうちに、
なんか耐え難い程腹が減ってきて(考えてみればお昼は新婚弁当食べはぐったし)
いつもの「大江戸」で夕食に回転寿司を食っちゃいました。テヘッ。

それでも冷蔵庫がカラに違いはなく・・・
帰りに近所のスーパーに寄って食材を調達したのですが、
予想通りというべきか、モンベルリュックよりも確実に物が入りません。

なにせ20Lも入ったので、食材なんて底なし沼のように吸い込んでくれたもんなぁ。
それで無理させてあの有様なんですけどね。(--;)

確かにおしゃれ街乗り自転車乗り仕様(たぶん)なので、
ガツンガツン食材を入れるのを想定していないのか(してないだろうなぁ)
その他にも買い物用にするには、いろいろと問題がありました。

まず、肩紐の部分にクッションがあまり入っていないので、

折りたたみリュック

重い荷物を背負うと食い込むようで、結構痛い・・・そうです。

その点、うすーいクッションでしたが、モンベルの方はありましたので楽でした。

薄くてもあるとないとでは大違いなんですね。

その上、作りがちゃっちい繊細な感じがして、かなり加重が掛かると、
肩紐が今にも「切れちゃうぞー」な気配がする・・・らしい。

ちなみにこの時の買い物内訳は、

牛乳(1L)、トマトピューレ大瓶、カボチャ、りんご2、肉2パック、
魚1パック、しらたき・・・以上でしたが、この程度で限界に達っしちゃうとなると、

やはりモンベルリュックを再度購入するしかないかも。(‐‐;)

しかしこのリュックはこのリュックでいいところがあり、
なんとなくおしゃれなのと、折りたたみの割にはキチンとボトル入れがあるのは○です。

折りたたみリュック

折りたたむと小さくなるのですが、後ろにマジックテープが付いていて、
自転車のフレーム辺りに装着して持っていけそうなのも、気軽でいい感じ。

折りたたみリュック

こういうリュックは重量が軽いのもいいところなので、
これはこれで買い物があまりない時用に(相方が)活用していこうと思います。

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 人気ブログランキング

関連記事
アドレナリン大放出後、絶不調ポタ
土曜日、スケート観戦の為に、基本フットワークの鈍い芋虫並の動きの私が、
ゴキブリ並の素早いフットワークで一日を過ごしたわけですが・・・

この年になると、たとえ一日でも生態系を変えるようなキャラクターの変え方をすると、
後から揺り返しがくるもので、次の日の日曜日は、いいポタ日和にもかかわらず、
疲労感でさっぱり体が動きませんでした。

例えば地球滅亡の危機を救う為に、能力以上の力を使い切った超能力少年は
得てしてヘロヘロになりますが、そんな感じでしょうか。
規模や志はまったく違いますが・・・

しかし体はまるで子泣きじじいに乗っ取られているように重いけど、
意識は通常にあったので、

こんな天気のいい日にポタらでおくものか。

という怨念めいた気持ちは持っていたものの、体はきしんで動かず・・・ 

しかし、もはやわが家の自転車生活におけるライフワークとも言える
週一ポタ記録もかかってますし、このまま子泣きに身を任せている訳にもいきません。

じっとエネルギーを溜め、ようやく自転車に乗るまでエナジーチャージできたのは、
午後4時を回った頃でした。

むしろもう晩飯あたりの時間じゃん。

ここまで来たら仕方がない、こうなったら思い切って晩飯を食べるポタに行こうと、
日もめっきり短くなった今日この頃、夕刻の侘しさを感じながら出掛けました。

また上手いこと夕飯の支度をサボる事に成功した。(ニヤリ)・・・とか思ってないです。 本当です。

一応、自転車では出だしてきましたが、
体の7割の細胞は、得も言わぬ倦怠感に侵されています。

こいつは様子見も兼て、先に近場で栄養補給をしようと、
相方が十二分にあった昼間の時間を生かし検索した、近場のカフェに行きました。

こちらその近場のカフェ三ノ輪駅近くの「カフェむぎわらい」さん。

麦わらい 

パンも販売しているほっこり系カフェです。
 
喧騒な明治通りにモロ面したところに、こんなお店があったのか?
という感じなナチュラルなお店です。

やっぱり疲れた時にはナチュラルが一番だよね。(゚∇^d)

ということで入店、

麦わらい

店内も女性が好みそうなナチュラルテイストで統一されています。
小物もどこかしらおしゃれ雑貨紹介雑誌に掲載されていそうなものばかり。

女性である私はこのテイストは心地いいですが、

ちょっと中年男性の相方には若干敷居が高いお店かも?

と思われましたしたが、相方は世にも珍しい乙女系中年男性なので、
画づらはともあれ本人の中では違和感なし、キャパが広い中年男性で良かったっす。
考えてみれば、そもそもお店選んだの相方ですしね。

メニューは手書きですが、
具体的にはメニューの内容が別立てで写真集になっています。

メニュー

基本ワンプレートのナチュラルおしゃれっす。

店内に雑誌があり、食事を待っている間に雑誌を読んで待っていられるんですが、
こんな雑誌を読みつつナチュラルな食事を待っていると、

雑誌

なんか昼下がり(もう夕方だけど)優雅な奥様風じゃね?

まあ、“風”と付けているところで、
自分は違うとすでに思っているんでしょうか?我ながら・・・

私は「パンの盛り合わせ」

ランチ

炭水化物ーーーーっ!

という感じのパンの盛り、ナチュラルなのにガッツり系。

パンが美味し、多種類盛ってあるのでつい食べてしまいますが、
相当腹に来ます。

さすがに私1人で完食するには荷が重かったので、
丁度、パンが半分に分かれていた事もあり、きっちり半分は相方に食べてもらいました。

中にはチーズの入っている斬新なあんぱんもあり、

チーズあんぱん

チーズの酸味と餡の甘さが癖になりそうなすっぱ甘いニューテイスト。

相方は「カレー」を注文しましたが、こちらも盛り付けが超フェミニン。

ランチ 

特にハートのパンが相方の見かけと違和感ありあり・・・

カレーは薬膳ぽいなんとなくナチュラルな味、ご飯の玄米が美味しいです。

カフェでまったりしていると、完全に陽も落ちてしまいましたが、
わが家は基本ナイトライダーなので、その後問題なくどこかに出かけようと思ったものの、
前日に普段あまり使わないアドレナリンを大放出したためか、
しばらくすると久々に偏頭痛が襲ってきました。

土曜日に大興奮してアドレナリンを使い切ったので、
脳内成分のバランスがおかしくなったのかも。

偏頭痛は治まらず、途中でやさしさで半分できているという頭痛薬を購入するまでになり、
結局、この日はご飯を食べただけで帰ってくる事になりました。

さすがにヘタレなわが家でも昨今にない、連続ポタ記録規定ギリギリの最短ポタです。

さて、この日の私のパンプレートの半分は自分のもの、
そして自分の頼んだカレープレートも自分のもの(一口は貰いましたが)
といういわゆるジャイアン食いをした相方、
結構な量だと思うのですが、最近胃が無限に広がっているようで、
これだけ食ってもまだ満腹中枢は平然としている模様。

なので当然、一時期朝バナナダイエットと、アンゴラダイエット(500kcal以下ランチダイエット)
で体重を減らしたものの、最近はまたしっかり腹回りに肉が戻ってきました。

・・・立派なリバウンドですね。(--;)

一時期痩せたので油断した彼は、アンゴラダイエットもこっそりおさぼりがちだったようで、
さすがにまずいと思ったらしく、

「気持ちを引き締めて、
アンゴラダイエット改めアラゴラダイエットを実行する!」

と宣言していました。

なるほどファイト!・・・で、アラゴラダイエットって何?

彼が言うには、

アラゴラダイエット=アラウンド500kcalランチダイエット

つまり500kcal以下ランチダイエットから500kcal前後ダイエットに変更するらしいのですが、
ということは500kcal超えてもOKというわけで・・・

って、尚更自分に甘くなっとるやんけ

その他にも「自宅での晩酌を控える」と宣言していたのですが、
舌の根も乾かぬこの日、ポタ後に耐えられずしっかりビール(つうか発泡酒)を飲んでました。

・・・まあ、予想通りっすけどね。

彼の腹の上のポニョは、またメタボ危険水域までいってしまうのか?

乞うご期待?

【走行距離】 5.52km
【走行時間】 33:52
【平均時速】 9.7km/h
【最高時速】 22.1km/h

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 人気ブログランキング

関連記事
ブラジルフェスティバルでアミーゴなポタ【その1】
ほぼ日本縦断というひどい台風が来ましたね。

被害にあわれませんでしたでしょうか?

昨日は風も酷かったですが、かなり電車のダイヤが乱れたらしく、
相方も朝から立ち往生をして大変だったようです。

10月もそろそろ中頃になり、すっかり朝夕が涼しくなってきましたが、
実は9月に行ったポタ、数ポタのポタ日記が滞っておりました。

自らの自転車回顧録も兼ねておりますこのブログ、
1ヶ月も前の事なので自分でも「今更」とかとも思いつつ、
ポタったものはなるべく記録しておきたいので、
微妙に季節も変り読みにくいとは思いますが、
できればしばらく過去のポタ日記に付き合ってやってくださいませ。m(__)m

************************************

まだ季節は秋の入口を入ったばかりの9月5日(土曜日)、
しかしまだまだ残暑が残るこの日は、
代々木公園にて「ブラジルフェスティバル」が行われていました。

ブラジルと言えば情熱の国(イメージ)

そして情熱そのものを体言しているようなサンバ・・・とそして激しいその衣装。

その他は・・・真っ白

とブラジルには実際に足を踏み入れたことのないわが家には、
いささか杓子定規的なイメージしかありませんでした。

最近、日本もそれなりに国際的になってきたためか、こういう国別フェスタ関係が、
いろいろ行われているのはニュース等で見て知ってはいましたが、
そう言えば行った事がありませんでした。・・・混雑しそうだし。(--;)

なので、この「ブラジルフェスティバル」も具体的にどんなノリのフェスタをやるかは不明ですが、
ニュース映像に必ず映っているのは、その国のご当地グルメです。(ここ重要)

今回のフェスタもブラジル大使館が後援らしく、在日ブラジル人が多く集まり、
当然、提供されるブラジル料理もブラジル人の作る本場のものだと思われるのですが、

ところで、「ブラジル料理というのは、どのような形態の料理か。」

と改めて考えると、イメージがぼんやりして具体的には浮かんできません。

タコスとか豆の料理とかなんとなく南米イメージな気はするんですが・・・

その時になって初めて気づきました。

もしかして自分はこの世に生を受けてン十年、
純粋なブラジル料理を食べた事がなかったんじゃないか?

と。

人間、一日3食食べるとして、人生も半ばにさしかかろうとしている今、
これから食べられるかわかりませんが、

もし全世界のグルメの中でブラジル料理が自分の味らいにベストマッチな料理だったら、
私は人生の半分を大変なお損をして暮らしてきた事になります。
って、なんか発想が相方くさいですが・・・(--;)

そしてポタメシニストとしても、今回のポタで、

ブラジル料理の全貌を明らかにしなければ!

というご都合主義的な無駄な使命感も誕生しまして、
ポタ先を「ブラジルフェスティバル」にロックオンしたのですが、
複雑な表情で相方がボソッと、

「ブラジルの人に同胞だと間違われて、
“アミーゴ”とか話しかけられたらどうしよう。
( ̄ロ ̄;)

・・・うーん、あるかもしれんね。

情熱とかパッションとかと間逆な「日本人の中でもいかがなものか?」と思うくらい、
テンションがヘビーで低い相方ですが、
顔の造作は意外と南国系、明るく陽気な常夏の国の人のように濃い系なのです。

なにせ今までで相方に違和感なくベストマッチしたファッションは、
温泉施設内でまったりする時に着る為に貸し出されるアロハ系のお部屋着でして・・・(--;)

ホントあまりに似合っていたので、売っていたら買って来ようかと思いました。

購入希望者がほとんどいない為か、販売していませんでしたが・・・

どちらかというと相方は南の顔とはいえ島系なので、
さすがにアミーゴとは間違えられないと思いますが(まず、醸し出すオーラが違いそうだし)
顔が濃い人は濃い人の心配があるんですね。顔が薄味の私にはわからない心配です。

しかしもし間違われた場合は、迷わず友達になってくれ。

明るいお国柄のお友達(仮)の影響を受けて、明るく前向きな気質の
新生パッション相方(漫才師かよ)に生まれ変われるかもしれんし・・・

そんな相方の基本どーでもいいような心配はさておき・・・

ブラジルフェスタの行われている代々木公園に向かって家を出たのは、午後1時半。

通常の自転車乗りにしては遅い時間ですが、
超スロースターターのわが家としては、まずまずの時間です。

自転車を走らせると、陽射しはまだまだ夏の強さが残っているものの、
かすかに秋風が感じられ、真夏のポタに比べればぜんぜん快適。

走っているうちにちょっと暑くはなりましたが、 この夏は掛けずにいられなかった、
アームカバーの水掛もしないで我慢できました。

真夏の過酷さがなくなったので、ペダルを踏む足もダルいアンニュイさが取れて快調。

もう、どうにでもなっちまえ。

というヒートアイランドな蒸し暑さの中でヒネくれながら走ったダラポタではなく、
(今考えると嫌なポタだな。オイ。)
一応、自転車乗りを名乗ってもいいクラスにはスピードが出せました。

途中、水分補給のコンビニ休憩を経まして、かなりまじめに走ってきたので(わが家比)、
汗もかいたので、水分とともに塩分も取っておこうと、こんなものも購入。

「男梅」

男梅

商品名にあえて“男”と名乗るくらいなので、
きっと失った塩分補給にはぴったりのパンチの効いた塩味に違いない。

男梅


早速、食べてみましたが、塩分というよりも若干チープ感のあるすっぱ甘いこの味は、

駄菓子屋さんで売っていたスモモが入っていた汁の味。

あれはスモモ派と、ごくまれに存在する汁派がいましたが、
私は王道のスモモ派なので汁はあくまで汁でしかなく、
あれを購入したら汁まで飲み干さなきゃならない雰囲気があったので、
飲んでいましたが、正直に告白すると飲みたくなかったかも。

しかし、今更その味に運命の再会をするとは思いませんでした。

本来ならこの「男梅」の販売ターゲットである男性の相方ですが、
彼も舌がスイートな人間なので、基本、すっぱいものはあえて好まず・・・

1月以上経った今もこの「男梅」は、わが家のお菓子入れで、
独特な存在感をはなっています。 正月までこのままかも。(--;)

そんな事がありつつも、順調に皇居付近を越え、国道246に入り、
ウソみたいに快調に代々木公園に着きそうです。

246号は、途中だらだらとした坂があり、辛い時はかなりくるのですが、
この日はペダルを漕ぐ足が軽かったので、そちらも快調にクリア。

こういった場合、何かどんでん返しがある事が多いわが家、
こんなうまいこと事が運ぶと、

これは何かあるんじゃないか?

と、心には経験上に基づく臆病風が吹いてきましたが、

その通りやっぱりなにかあるんです。

所詮、快調なポタなんてマボロシ・・・

その予感といいますか、実は途中からなんとなく私はある違和感を感じていました。

相方とこれから行く代々木公園の場所の話をしても、
どこかしら会話に噛み合わない物を感じでいたのです。

その違和感の正体は青山に入ったところで判明したのですが、

なんと私は、

代々木公園=神宮外苑

と勝手に脳内勘違い変換した事が判明しました。

字面すら違うのに、どんな変換をしたんだよ。私のおちゃめな脳。

外苑前ならサイクルモードの高級自転車試乗会で来た場所ですし、
その他にも何度か来た事があるので、チョロイと思っていたのですが、
自転車で行った事がないので、つまり全然チョロくないと気づきました。(゚∇゚ ;)

神宮前と代々木公園は雰囲気的にそう離れてはいないと思いますが、
電車ならまだしも、自転車だと自らの力でたどり着かなきゃいかんので、
まったく道がわからないと、方向音痴のわが家としては、
異世界に入り込んだように、走れども走れども何故か現地に着かない不思議がありえます。

しかし私がわからない以上、頼みの綱は相方ですが、
相方はもちろん私と違い「代々木公園≠神宮外苑」とはわかってはいたものの、
近くまで行けばわかると思い、別だん代々木公園への行き方は調べてこなかったようで、
私と同じ程度の役立たずぶりを発揮、

「わかると思っていたけど、来てみるとやっぱりわからないや。テヘッ」

って、オイ。

代々木公園を神宮外苑と勘違いして調べてこなかった私と、
知っていて調べてこなかった相方では、相方の方があきらかに罪深いような気がする。
・・・目糞鼻くそってやつですが・・・

神宮前目前の国道246で、地図もなく相方と2人途方に暮れたわけですが、
こんな時、持ってて良かった「岸朝子先生のお薦め甘味本」

資料

この日は、ブラジルフェスタに行くので甘味の予定はなかったものの、
万が一腹に余裕があったら後悔すると思い、この本を持って来ていたのです。

備えあれば憂いなし。←だったら最初から行き方調べておけよ。 

この本には甘味処の所在地と同時に、この辺りの簡単な地図が載っていたはず・・・

贅肉は増えてメタボにはなるわ、エンゲル係数は高くなって家計をあっぱくするわで、
普段はマイナス面も多い私どもの食に対する貪欲さですが、
食い意地がはっていて良かったと、めずらしく思いました。

岸朝子先生本に載ってるこの上なく簡易な地図でも、
それなりに最低の道はわかるもので、
地図によると、

①このまま国道246を行って途中で曲がる

②神宮外苑の方からアプローチ、サイクルモードサイクルスクエア前を通って行く
(なぜか「サイクルスクエア」のことを「サイクルモード」と書いてしまいました。すみません。
横山さんご指摘ありがとうございました。)

という2つの行き方があるようです。

基本ヘタレな私は、殺気立った国道より裏道チックな道が好きなタイプなので
そこは迷わず②を選択。

しかも神宮前からサイクルモードサイクルスクエアは、一度行った事があるし、
サイクルモードサイクルスクエアから代々木公園までも大して距離はないようなので、
とてつもなくチョロく行けるような気がしました。

「15分後ぐらいにはフェスタに参加しているだろうな。」

と思いつつ、神宮外苑方面に向かいましたが、
ここが実は異世界の入口だったとは、この時は思いもしませんでした。

・・・続きます。m(__)m

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッ☆と二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング

関連記事
山手線100周年記念キャンペーン
どうも、こんにちは。くろばいBです。

10月12日は「山手線命名100周年」だそうです。
JR東日本のホームページによると、

「山手線」という名称が決まったのは、1909 年(明治42)10月12日。
当時の鉄道院が「国有鉄道路線名称」を制定し、
全国50以上の鉄道路線が都市名や地方名などを冠にするようになったときに、
その中の一つに「山手線」が含まれていました。
このときの山手線は、品川―新宿ー赤羽間の品川線、池袋―田端間の豊島線、
大崎―大井聯絡所の貨物支線を合わせて命名されたもので、
山の手エリアを中心に走ることが命名の由来です。

とのこと。
ということで、JR東日本では「山手線命名100周年記念キャンペーン」をやっていて、
駅にキャンペーンのポスターが貼ってあったりするのですが、ある一部に注目してしまいました。

山手線内の「あじさい茶屋」などの立食いそば店(NRE運営)で
記念のかまぼこの入った「山手線命名100周年記念そば」を
なんと「100円」で販売するそうです。

駅の立ち食いそばってお腹が空いているときとかは特にいいにおいで、
ときどき無性に食べたくなるんですよね。
10月12日だけの限定らしいですが、電車で山手線内に行く機会がある方は
ためしに食べてみてはいかがでしょうか。

なお、ほとんどのお店は駅構内にあるので、自転車で行っても食べられなさそうです。
(駅の入場券を買って入ればいいでしょうが・・・)
で、ちょっと調べてみたのですが、JR神田駅の「大江戸そば」さんは、北口改札脇にあり
入口が改札の内外にそれぞれあるらしいので、ここなら駅の入場券を買わなくても
食べられるかもしれません。

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事
Colnago(コルナゴ) 2010年モデル 試乗会
どうも、こんにちは。くろばいBです。
今日は二度目の登場です。

先ほど山手線100周年記念キャンペーンのことを書きましたが、
自転車関連のお得情報で、すっかり書き忘れていることがありました。
どうも食べ物のことにばかり気が行ってしまって・・・

この三連休(10月10日~12日)、神宮外苑からも近い青山通り沿いのサイクルショップ
「Nicole EuroCycle」さんで、Colnagoの2010年モデルの試乗会があるそうです。
例えば、こちらの「WINDY」の2010年モデルも試乗できるみたいです。


今年のサイクルモードにはコルナゴは出展しないらしいので、貴重なチャンスですね。
詳しくは「Nicole EuroCycle」のホームページをご覧ください。

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事
リベンジならず・・・行方バーガーを食べる旅

またまたポタ日記の途中で恐縮ですが・・・

晴天が続くこの3連休いかがお過ごしでしょうか?

しかしお天気に恵まれた休日にも関わらず、
わが家は土曜日、日曜日と、いつもの野暮用でしょう油の街市に行く羽目になりまして、
いつもならば貪欲に土曜日自転車に乗ってからしょう油の街市に向かうのですが、
今回は3連休もある気楽さから、土曜日は移動のみに無駄に費やしてしまいました。

「晴れの土曜日に自転車に乗らんのは、ちょっち勿体無いかなぁ。」とは思ったのですが、

でも大丈夫、今回はあと2日もあります。

日曜日はしょう油の街市にいるので、自分の自転車は乗れないものの、
今回こそは、自称レンタサイクルニストとして、
以前から乗りたいと思っていた、茨城行方市観光物産館「こいこい」で貸し出されている
ゴージャスレンタサイクルに乗るつもり満々でいたのです。

この「こいこい」では、なんとロードバイクも貸し出しているという触れ込みがあり、
ママリャリやなんちゃってスポーツ自転車がデフォのこのレンタサイクル業界に
風穴をあけるようなゴージャスさにレンタサイクルニストとしては、興味津々だったものの、
乗ろうと思った一度目は貸し出し期間外で乗れず、二度目は時間がなくて乗れず・・・

しかし二度目の来訪では、とり合えずレンタサイクルの視察に成功
心のどこかで(というかほとんどで)ロードと言っても「なんちゃってロードじゃないの?」
と疑心暗鬼だったのですが、実際貸し出している(らしき)自転車を見てみたら

そこには「ANCHOR」のフラットバーが!Σ(゚д゚;) 

バリバリロードではないかもしれませんが、レンタサイクルとしては、
かなりの上物には間違いありません。

2度乗車には失敗したものの、これは今期貸し出し期間中(12月6日まで)に乗るしかないと思い、
昨日日曜日は3度目の正直という事で、午前中より張り切って行方観光物産館へ車で向かいました。

・・・とは言え、ここでとっても懸念な事項が一つ・・・

秋だというのにお天気が良すぎるという事です。

空気は秋の爽やかさなのに、陽射しはまるで夏のよう。

わが家がしょう油の街市に行く時は、基本、愛犬の世話に行っているので、
もちろん愛犬がもれなくついてくるのですが、
この愛犬、生身で歩く散歩は大嫌いなくせに、
鉄の箱で守られているのが安心するのか車の中は大好き。

車の中のお留守番も苦にならないようなので、車内が暑くならない季節なら、
車内でお留守番をさせて置けるのですが、
昨日は秋だというのに、陽射しが強すぎる・・・ような気がする。

この季節は陽射しが強いとまだまだ車内の温度が上がり、
あまりいい塩梅ではないのですが、その辺は現地に行って見ないとわからないので、
とり合えず行方に向かいました。

この道はいつか来た道、つうか9月22日に来たばかりの道なので、道順も順調、
政権も変わってそのうち高速もタダになるというし、

わが家は「ここまで来たらETCをつけないぞ同盟」(会員数2名)に入会したので、

土日は高速1,000円ポッキリの恩恵を受けられませんが(ので意地でも高速は使いませんが)、
しょう油の街市から下道を使っても行方はさほど遠くもないので、
渋滞にも嵌らず、サラリと「行方観光物産館 こいこい」(を含む複合施設)まで到着しました。

こいこい

丁度1時半に着いたのですが、予想通り行方も陽射しが強い。

ちょっと曇っていれば全然違うのですが、
こう陽射しが強いと、愛犬を車にお留守番させておくわけにも行きません。

いやーんな予感はしましたが、

少し時間が経てば日も傾いて冷えるかな。

と期待しまして、まずは愛犬を連れてお昼を食べることにしました。

もちろんお昼は、前回来た時に食べはぐった行方の名物料理(たぶん)

「行方バーガー」

この行方バーガーには、なめパックン、ぶたパックン、こいパックンと
それぞれナマズ、豚肉、鯉と具の違う3種類があり、
相方と私とでこの中から2種類を食べる事になるので、
とり合えず相方に何がいいかを聞いてみたのですが、

「ぶたパックン。」

と迷いのない目で相方即答。

・・・相方には心底がっかりしました。

「せっかくだから病」の彼からそんな平凡極まりない(失敬)選択を聞きたくはなかった。

行方名物と言えば「ナマズ」なので“なめパックン”これはまず絶対外せないチョイスのはず、
そしてもう一つは、せっかくだから病なら新商品という“こいパックン”にチャレンジするのが、
いつでもリベラルを求める“せっかくだから病”の生き様のはず。

それを超保守的な豚を選ぶなんて!!

守りに入りすぎだろう?相方君。

と言うわけで相方の意見はさらりと却下(だったら聞くなよ)
私の独断でなめパックンとこいぱっくんを1つずつ頼む事にしました。

お店に行ってみると行楽日和のいいお天気と連休が重なった為かお店は大盛況。

こいこい

空前の行方バーガー人気が来たのか、単にこの日が予想外の注文率なのか、
お店の店員さん総勢2名が完全テンパッていて、
もはや抜け殻化しているような状況でした。

調理人含みでこの混雑を2名で回すのは大変のようで、
私達の前にも料理待ちの札を持った人達が累々と・・・

こんな感じなので「料理提供には15分以上かかるけどどうしますか?」と聞かれましたが、
ここまで来て引き下がるのもなんなので、迷わず注文しました。

なにせ食券買っちゃった後ですし・・・

そして15分を待つには腹が減りきっていたので、
待ちきれずその辺に売っていたおにぎりやら枝豆やらを食べながら、
霞が浦を一望できるこじゃれたテラス席でハンバーガーを待つ事に・・・

こいこい

こいこい

ここだけ見るとなんか湘南にリゾートに来ているようです。
(いえ、けして茨城だと都合が悪いとかいうわけでは・・・) 

・・・とは言え、あまり湘南とか行った事ないんですけどね。イメージで。^^;

考えてみればそんなに腹が減ってたなら、思い切って3種類全部頼めば良かったと思いつつ、
(ぶたパックンは相方のたっての希望だったし)
しかしまたあのテンパッいる状況に追加注文を投げ込むのも気が引け、
結局、追加注文はしませんでした。

そして秋なのに真夏並みの破壊力の強烈な紫外線を感じながらも、
じっと待つこと約15分(越え)、ようやく行方ハンバーガーが完成しました。

こちらが「なめパックン」(480円)

こいパックン

こちらが「こいパックン」(380円)

こいパックン

なめパックンの方があからさまに高いのは、具であるナマズの希少価値ゆえでしょうか。

しかしこのなめパックン、野菜部分がやたら多くて、肝心のナマズが全然見えん。

ちょっと忙しそうだったので「もしかしてナマズ入れ忘れたんじゃ?」と思いまして、

なめパックン

緊急企画“ナマズを探せ!”

相方が必死にナマズを捜索、何度かめくってやっとそれらしき具を発見しました。

なめパックン

しかしナマズ小盛だ。(゚∇゚ ;) パンの半分程度の面積?

これは、さぞかし貴重な国産天然ナマズが使われているのであろうと思いましたが、
説明書によると、養殖アメリカナマズとあります。

アメリカ?!しかも養殖?! Σ(゚д゚;)

・・・そう言えば、その日の夜にたまたまやっていた番組で、
心無い飼い主が飼いきれずに川に放流したアメリカナマズが繁殖して困っている
というような事を言っていましたが、

あれ?養殖とかもしちゃってるの??(゚∇゚ ;)

確かにその番組でも食べると旨いとか言っていたけど。

確かに味はまずまず美味しいのですが、ナマズの味がするかというと、
考えてみればナマズを食べたことがないので、

「さすがナマズ、このナマズ独特のまろやかさが旨めーーー!」

という感じでもなく、白身魚入りのイタリアンバーガーを食べている感じです。
意外に自己主張がないんですね。ナマズって。

ナマズを食べたという事実で成り立っているといいますか・・・
まあ、ナマズを食べたという思い出プライスレスです。(‐‐;)

こいパックンの方は、こちらも照り焼きフィッシュバーガーという感じで、
(確かにその通りなんだけど)鯉と言われずに食べると、
おそらくなんの具かわからなかっただろうと・・・

そして「こいパックン」の方は、鯉は独特の臭みがある場合がありますが、
まったくクセも臭みもなかったです。

しかしこの2つのバーガーに共通することですが、
とにかく野菜率が高い。

ヘルシー思考なのか、単にコストの問題なのか、
半分までは、野菜バーガーを食べている気分になるのでその辺は注意です。

テレビ番組

お店の横に貼ってあった貼り紙によると、
この行方バーガーが、本日(10月12日)放送のバラエティー番組
『ザ・逆流リサーチャーズ』で紹介されるらしいです。
テレビ東京系列で20:00から放送されるようですので、
行方バーガーに興味を持たれた方は要チェックです。

そしてなんだかんだとお昼を食べ終わった頃には、2時半になっていたのですが、
レンタサイクルを借りるなら、そろそろ借りなければならないのですが、
まだまだ陽射しが強く、弱まる気配もありません。

これは愛犬をお留守番させるのは、無理かも。

と思いつつ、一応、レンタサイクル貸し出し所まで行ってみましたが、

ない。(゚∇゚ ;)

前に来た時は結構残っていた自転車が、3台しかありません。

しかも私も相方も乗ってみたかったANCHORは、残り1台しかない・・・orz

前回、結構残っていたのですっかり油断していました。

横の繋がりがないのでわかりませんでしたが、地下活動をしているだけで、
実は日本全国には多くのレンタサイクルニストがいるんでしょうか?

そして温度確認に車に戻ってみると、やっぱり車内は若干暑い。

自転車はあまり残っていないし、何より車内に愛犬を残しておけないので、
結局、この日もゴージャスレンタサイクルは断念しました。

3度目の正直もならずです。(--;)

ホントこの企画(?)を引っ張りたいわけでは、まったくないのですが、
結果的に引っ張ってしまって、すみません。(汗)

まだ時間はありますので、もう少し涼しい日に再々チャレンジしたいと思います。

そしてこの日も何のために来たのか判らず、このまま帰るのもなんなので、
他の観光地を探したところ、近くに(って程でもないけど)「鹿島神宮」があったので、
鹿島には行ったことがあるのですが、私も相方も「鹿島神宮」には行ったことがなく、
これを機会に急遽、行ってみる事にしました。

行方から車で小一時間ぐらい走り鹿島神宮へ到着。

鹿島神宮

立派な参道があります。

鹿島神宮

駐車料金は1時間200円で、1時間刻みが意外でしたが、

「参拝するぐらいなので1時間も全然かからんだろ。」

と思い、中に入ると結構奥行きが深い。

鹿島神宮

境内は奥に広く、拝殿の奥にはいろいろなスポットがあるらしい・・・

そして時間の許す限り(この場合駐車料金200円分)楽しまなきゃいけないのが、せっかくだから病。

しかも拝殿辺りには(食べ物関係の)お店がまったくないのに、
奥の方から帰ってくる参拝客の手に団子らしきものが握られているのも気になる。

1時間で行って帰ってこれる程度まで行ってみようと、 拝殿でお参りの後は、

鹿島神宮

団子を求めて境内を奥に進んでみました。

鹿島神宮

最初に見えてきたのは鹿。

鹿 

鹿島という名は伊達ではなく、本当に鹿を飼育しているようです。

土地柄住宅地が近いので思い切れないのか、奈良とかと違い、
鹿ちゃんたちは柵の中で飼育されています。

餌場が柵内の一番外側に設置してあり、
エサを食べる時に結構近くで見えるように工夫されています。

そして柵に5cm位あいているこちらの穴は、

鹿

エサを食べている隙に鹿ちゃんに触っちゃちゃいなYO!という事なのでしょうか?

初対面の鹿ちゃんをおさわりする勇気がなく、結局、触れませんでしたが・・・

鹿ちゃんに別れを告げ、境内を更に奥に入ると、 江戸幕府の将軍徳川家康公奉納の「奥宮」

奥宮

さらりとすごいこと書いてありますが、あの江戸幕府のひいては江戸時代の創始者(?)、
徳川家康公が奉納された建物のようです。

この向かい側に売店がありましたが、この売店では団子類は扱っておらず、
更に団子探求は奥へと続きます。

年だとキツい結構急な坂道、実際、行きの下りは楽だったのですが、
帰りの上りは短い坂にも関わらず、足がつりそうになりながらひーこら歩きました。

その急勾配な下り坂を下りると、

団子

ありました!団子ーーー!!

いやいや、団子屋さんもありましたけど、敬虔な方のメインは「御手洗の池」

御手洗の池

大人が入っても子供が入っても誰が入っても
なぜか水深が胸を越えないという不思議な池・・・らしい。

really?

と思いましたが、今はどなたも漬かっておらず、鯉しかいなかったので検証はできず。

鯉

さて、御手洗の池と言えば、当然(つうか少なくとも私は)みたらし団子を思い浮かべますが、
御手洗の池のすぐ傍にあるお休みどころには、
メインに御手洗団子、そして御手洗団子だけでは、
全ての客層にアピールするのには弱いと思ったのか、
みたらしの他に餡の草団子、蜜のきび団子が売っていました。

この三パターンから選べる感じが、お得心を刺激します。

実は後からひと串で1粒(?)ずつを合わせた三色団子という、
更にお得心を刺激するアイテムがあったのを知ったのですが、
この時はその存在をしらなかったので残念です。
後から知った相方は地団駄を踏まんばかりに悔しがっていました。(‐‐;)

場所柄みたらしは外せないという強迫観念が働きまして、みたらしと、もう一つは餡団子を注文。

団子

団子

各300円ですが、これが五平餅レベルにデカイっす。

なんなら一粒(?)の団子は饅頭レベル?

「御手洗の池」とういいかにもな場所が近くなので、全国のみたらし団子は、
「もしかしてここが発祥の地なのか?」と思いましたが、
そのような説明はなかったので、後から語呂が合っていたので販売しだしのかも。

ただ他と違うのは、ここのみたらし団子はしょう油味ではなく、
ミソ味で更に香ばしい感じです。

餡団子の方は自家製という餡が滑らか、
団子にはかすかに草の香りがして美味しかったです。

鹿島神宮は更に奥深く、この奥にも庭園らしきものがありましたが、
「まあ、そこはいいか・・・」という事で、入口にモドル。

って、団子さえ食えりゃいいんかい。

そしてそのまましょう油の街市に戻り、夜に自宅に帰ってきましたが、
この3連休のうち2日はノー自転車で過ごした以上、
本日は自転車に乗らないわけには行きません。

そこで相方が以前ブログ記事に乗せていたあのJR企画に乗っかって、
サービス立ち食いそばを食べてこようと思っています。

正直、私はどうでも良かったのですが、相方の有無を言わせない強いプッシュで・・・(‐‐;)

しかし電車に乗った人だけに許される立ち食いそばを、
自転車に乗って行く身で味わえるのだろうか?

とり合えず相方の言うとおりに行ってみようと思います。

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 人気ブログランキング

関連記事
朝っぱらからのトラブル
本日、朝っぱらから、突然、いきなり、予告もなく

メインのノートパソコンが故障しました∑( ̄ロ ̄|||)

いや、実は突然でもいきなりでも予告もなくでもなく、
2年ぐらい前からヤバイ雰囲気は醸し出していて、
ここ半年は更に末期な雰囲気を醸し出していたのですが、
本日、とうとう力尽きるように「プシューン」という擬音を残して果てました。

以降、なだめてもすかしても電源が入りません。(>_<)

今まではなだめたりすかしたりすればなんとかなったのに、
今回ばかりは、怒りの一線を越えて「もう、限界」という捨て台詞を残して出て行った彼女のように、
戻ってきてくれる気配すらありません。 

今使っているパソコンは、私にとって2台目のパソコンなのですが、
「確か7年ぐらい前(?)」と記憶もおぼつかない程前に購入したので、
日進月歩のこの世界では、すでに骨董品に足を踏み入れるレベルかもしれません。

そんな状態なので最近の使い勝手は最悪
遅いし、データーはすぐに一杯になるし、時々、予告もなく強制終了をかますし・・・

もちろん、購入を考えていたのですが、

「どうせならWindows 7が出るまで(そして冬ナスが出るまで)粘るか。」

というスケベ心を出したお蔭で、こんな事になろうとは・・・

その待望のWindows 7も今月の22日に発売だというのに、

なんでもう少しだけ待ってくれなかったんだーーーっ!!

一応、第二のパソコンとして購入した小型パソコンVAIO type-pがありますが、
値段はそこそこしたものの、なにせ小型化する事に心血を注いだようなパソなので、
あまりメモリもなく・・・

なので、今でもデーターは全てメインのノートに入れていたのが運のつき、
写真のデーターも全てノートの方に入れていたので、
変なところでぶった切ったままの「ブラジルフェスタポタ」の続きが書けません。(泣)

最初の方の写真データーは、外付けハードディスクに移していたのですが、
最近のはまだ移してなかったんですよね。(;_;)

今のところ何度電源のボタンを入れてもスカスカするだけで、
電気が通る気配すらありませんが、もう少し寝かせておけば化学変化を起こして、
電源が入るようになるんでしょうか?

ていうか、せめてデーターを外付けハードディスクに全て移す間、
もう一度だけでも復活してくれないと困る。

最近のあまりの使えないぶりに、つい

「もういっその事壊れちゃえば、
新しいパソ買う決心もつくから本格的に壊れちゃえばいいのに。」


とか言った事を心よりお詫び申し上げるので、

パソ子ーーーっ!!(今適当に付けたんだけど) 

頼むから戻ってきてくれーーーっ!!(魂の叫び)

直ってくれるなら悪魔にでも魂を売りたいと思います。(ウソです)

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 人気ブログランキング

関連記事
ブラジルフェスティバルでアミーゴなポタ【その2】

最近、あまりに使い勝手が悪くなり、
いろいろ暴言を吐いたのが機械の身ながら我慢ならなかったのか、
昨日の朝、いきなり私のメインノートパソがストライキを起こしました。

目の前で突然真っ暗になった画面に、わたくしボーゼン。(゚д゚;)

元々根が面倒くさがりの私は、データーが一杯になったら移すという
消極的バックアップ法を取っていたので、
半分程度のデータは外付けハードディスクに移しかえていたのですが、
ここ最近のデーターは移しかえて・・・

ないんです!(T_T)

このままお亡くなりになられると書き掛けのポタ日記の写真も取り出せず、

非常にヤバイ。

「使えねぇ。」とか「一刻も早く買い換えたい。」とか連日のように言っていて、

マジ、スマンかった。パソ子。


まさかお前が傷ついていると知らずに(だって機械だし)
勝手なこと言って、今はそんな自分を大変遺憾に思って反省している。

「もう限界」と捨て台詞を吐いて去っていった恋人に
「もう一度だけチャンスをくれ!」と土下座せんばかりに食らいつくように、
生物としてのプライド捨てる覚悟でパソ子に頼み込みました。

・・・お詫びの言葉を吐きながらパソをいじっている時点で、
すでに人間としてあれなんですけどね。(-_-;)

しかし何度電源のボタンを入れても電源はウンともスンとも言わず、
スカスカと沈黙するだけ・・・

最近、電源を入れると不気味な異音が高音で鳴り響いていたけど、
その音さえ今となっては愛おしいぜ。

せめて一度だけ!データーを移しかえる一度だけ復活してくれれば!!

とあきらめ切れずに、スカスカする電源をしつこく何度も押したり、
もしかして「電源の接続が悪いのかも」と、
ACアダプターのプラグ部分を回して位置を変えたり、捻ったりしているうちに、
ほんの一瞬だけ電源が入りました。

瞬くように一瞬だけ光って、即消えたのですが、

今、電源入ったよね?!断末魔の叫びって事はないよね?!

俄然、希望が湧きました。

多少、希望が湧くと人間冷静になるもので、 落ち着いて考えてみると、
そう言えば、最初の消え方がコンセントが外れて
電力不足になった時の消え方に似ていた・・・ような気がする。

実は私のパソコンはノートなんですが、使用して2年ぐらい経った頃から
バッテリーがいかれて充電が一切たまらなくなっていました。

そうなってくるとバッテリーは重いだけの箱なので、
現在は思い切ってバッテリーを外して使用しており、
電源はコンセントからという、薄いだけのデスクトップパソのような状態になっております。

なのでうっかり八兵衛並みのうっかりさでコンセントを抜くと、
瞬時にパソがデーターごと消えるわけですが、今回最初に消えた時の状況が、
うっかりミスのこの時の状況に酷似しているのです。

これはパソの方に問題があるわけでなく、

ACアダプターに問題があるのでは?

という考えが閃きました。

案の定、アダプターのプラグの部分を持ったまま電源を入れると
一瞬の瞬きではなく、キチンと電源が入ったではありませんか!

やったーーーっ!\(*T▽T*)/

と思い、プラグから手を離すと、またまたパソは消える。

・・・・・オーケーーイ。

どうやら電源が入る角度にプラグを入れ、
その状態を保っていないと電源が消えるという事はわかりました。

ようは、電源が入った時は持ったままプラグを微動だにしなければいいんです。

外付けハードディスクにデーターを移しかえる間だけ持てばいいわけですし、
これは簡単に行くかも。

と安易に思いましたが、片手がふさがっているというのは、
もう片方の手で全ての作業をやらなければならないと言う訳で、
これが結構不便です。

しかも人間、同じ姿勢を長時間保っているのはこれがなかなか難しい。

人より落ち着きのないと自負する私なら尚更・・・

作業の為に動いては、電源が切れ、
データーを移している途中でつい気が緩んでプラグを持つ手が緩んでは、またまた電源が切れ。

怒ったらダメだ。イラついたら負けだ。

と唱えつつ、何度も電源が切れては起動しなおし、起動しては電源が切れを繰り返し、
(しかもパソが古い為か、やたら機動に時間がかかるんですよね)
結果、結構な時間を費やしまして、ようやく全てのデーターを移しかえました。

最後の方には、電源が消えないプラグの絶妙な角度もわかり、
プラグを握っていなくても保てるようになったのですが、
そうなってくると、またまたムクムクと首をもたげるのはスケベ心です。

ACアダプターだけ買い替えという事も出来るようですが、
お値段をネットで検索してみると1万円弱。

もともとパソは冬のボーナスを頂いたら購入しようと思っていたので、
ここまで来て1万円弱を古いパソの為に使うのはなんとも惜しいし、
わが家のお得大臣の相方さんもそんなお損を許しそうにありません。

なので・・・そうなると電気が繋がるのかは謎ですが、
角度を絶妙な具合に固定すれば、このまま使えなくもなさそうなので、
ここはその角度にビニールテープで固定すれば、

あと数ヶ月ぐらいは使える・・・かも。

一応、わが家にはPちゃんことtype-pもあるし、最悪相方のノートPCもある。

こうなったら当初の予定通り、年末商戦まで購入は待とうと思っています。

そして無事Pちゃんからも過去の写真も取り込めるようになり、
連休前でぶった切りだったブラジルフェスタポタ日記の続きを書けるようになりました。

いつもながら間が開き読みにくくて申し訳ありませんが、
よかったらお付き合いくださいませ。m(__)m

ちなみに最初から読んでくださるという方は、その1は→こちらになります。

*****************************************

その時まで至極順調にブラジルフェスティバルの開催地「代々木公園」を
目指していたはずが青山まで来たところで、
私が目指してたのは、脳内では代々木公園でしたが、
奇天烈勘違いで実際は「神宮外苑」だったという衝撃の事実が判明。

確かに代々木公園と神宮外苑は、場所は距離的にはそこそこ近いですが、
字面がまったく合っていないのに、我ながら何で勘違いしたか謎です。

ちなみに違いの判る男の相方は、もちろん代々木公園と神宮外苑の違いは判っていたのですが、
肝心の代々木公園の詳しい場所は調べておらず・・・

では、いったい彼はどこに向かっていたのでしょう?(‐‐;)

しかしほぼいつもポタ時に持ち合わせているグルメ関係の本(この時点で何かが違う)
の巻末の方のページに付いているおまけのような地図のお蔭で、
ざっくりと代々木公園の場所はわかりました。

それによると大通りからアプローチする方法と、裏道から行く方法がありましたが、
車とか都会の喧騒とか陽の当たる坂道とかが苦手な私どもは、迷わず裏道からアプローチ。
 
裏道コースでは、神宮外苑を越え、北参道にあるサイクルスクエアの前を通れば、
代々木公園に繋がる(地図上)明治神宮の裏手に着くようになっています。

サイクルスクエアには過去1度自転車で来ているし、神宮外苑には何度か来ているので、
こいつは簡単・・・と思いきや、これがそう簡単にはいきませんでした。

なぜならこの日は土曜日。

神宮外苑は自転車天国のサイクリングコースに開放されてない日だったのです。

今まで見えない力が働いていたのか、神宮外苑に来る時は日曜日が多く、
日曜日は車を通行止めにしてサイクリングコースになっているので、
いつも外苑の周りは自転車開放区でした。

なので縦横無尽に好きな方向に走りたい放題だったのですが、
車が走っている神宮外苑は、そうは簡単にはいかず・・・

しかも改めて普通の道としての神宮外苑を走ると、
イチョウ並木とか球場とかある道なのに、嫌がらせのように一通が多い。

走ってみると、サイクリングロードになっている日曜日に走るのと、
サイクリングロードになっていない土曜日に走るのでは、
隅田川をクルージングするのと、玄海灘の荒波の中漕ぎ出す位違います。

それでも最初のうちは行きたい方向がわかっていたのですが、
一通に阻まれて遠回りしたり、回り道をしたりしているうちに、
私共のけして優秀とは言いがたい方向感覚が崩壊。

ところで、わたしくはどこにいるのでしょう?

状態になりました。

そんな時優秀な司令官が不在の私どもの場合、とにかく闇雲に走ル。

私も相方も下っ端の体質なもんで。雑魚キャラの典型ですね。(--;)

パニくりながらも、とにかく目印になるような場所はないかと、
しばらく走り(今思うとおそらくグルグル回っていただけかと)
見えてきたのは、なにやら賑わっていそうな場所とカラフルな看板がっ!

国立競技場

ブラジルの国旗ってよく思い出せないけど、確かカラフルだったような気がする。

これは野生の勘に導かれるままに、代々木公園まで来たか?!

と思いましたが、国立競技場でした。

大学対抗の何かの大会をやっていたようです。ちぇー、紛らわしいなぁ。←逆恨み

つうか国立競技場って、ほとんど移動してないじゃん!(゚∇゚ ;)

かなり走った気がしたし、実際走ったのに。

おそらくかごの中のハムスタークラスにグルグル回っていたんでしょうね。自分達。

それから更に走り続けても、まったく北参道には着かず、方向違いの四谷に方面に行ったり、
なんか無駄に坂道を登ったり下りたりしているうちに、
最初の意気込みはすっかり消滅、最終的には亀スピードのダラポタで、
それでもなんとか明治神宮までは到着しました。

明治神宮

都会とは思えない青々と茂る木、厳かな雰囲気を漂わせるここは明治神宮の裏門(?)ですが、
地図上では、ここを抜けた向こう側に代々木公園があるらしいのですが、
問題は自転車を抱えて明治神宮をどのように抜ければいいんざんしょ。

厳かなだけに自転車で境内を颯爽と突っ切るのも憚られるし、
なんか叱られそうだ。

いい年をして神官さんに叱られるのは嫌だし。

結局、明治神宮を外側からぐるっと回る事にしました。

明治神宮と代々木公園はこのこんもりとした森で繋がっているようなので、
この森の反対端の森をを目指していけば大丈夫・・・なはず。

そしてナウシカに「森へお帰り」と諭された蟲のように反対側の森を目指して、
住宅街を抜け、原宿駅前の何事が起こったかと思うほどのメチャ混み地帯を抜け、
ようやく代々木公園に到着しました!

代々木公園

普通に素直に正しくこれればおそらく15分足らずで来れた距離ですが、
この時の迷走時間は1時間強。

この間、私達の間には感情の起伏が(主に険悪な方向に)ありました。 


“代々木公園”の文字をすでにやわらかい夕刻の陽射しが照らしています。

最近、相方がすっかりグーグルマップに飽きたようで、
ポタ時の前に道をグーグルマップで調べてこなくなりまして、
この所、毎回、何かにつけて、ポタ時に迷走している私ども。

近頃電気店に行くと、吸い寄せられるようにGPSを見ております。

しかしこの冬はパソも買い換えなきゃならないし、
やっぱりまだまだGPSは高い。

確かにGPSを買えばお金では買えない大切な何かを
手に入れられそうな気がするんですけどね。

さて、代々木公園まで来れば、
ブラジルギャルがいきなりノリノリのサンバのリズムでお出迎え・・・

と思っていたのですが、実際はサンバのサの字も感じられず、公園は平常シフト。

代々木公園

ウォーキングをしたり、バドミントンをしたり、
幸せカップルがシートを敷いて戯れたりと、皆さん憩いの時を過ごされています。

全体的にまったりとしていて、南米の熱い血潮をまったく感じません。

あれ?ここ代々木公園・・・だよね?(゚∇゚ ;)

変なパラレルワールドに迷い込んだ気分で、園内を走ってみましたが、
どこまで行っても安穏とした平穏が公園を支配しています。

代々木公園

本当にここでブラジルフェスティバルが行われているのか?

幾らなんでも違くね?

狐につままれた気分で、途中にあった園内の地図を見ると、
代々木公園の敷地は思いの外広大で、
道を挟んだ反対側にまで代々木公園は広がっているようです。

そして相方が覚えてきた情報によると、ブラジルフェスティバルは
“イベント広場”という場所で行われているようなので、
どうやら道の反対側の敷地らしい・・・

自転車は代々木こっち側の公園の駐輪場に置き、
トンネル・・・じゃなくて歩道橋を渡ると、そこはブラジル。

ブラジルフェスティバル

歩道橋の上に国境が存在したのではないか?


という程、(おそらく在日)ブラジル人の方がいました。

反対側の代々木公園のまったりぶりとはうって変わって、
会場もサルサの音楽が流れていて雰囲気はすっかり南米的。

盛り上がっているじゃないか、アミーゴ。という感じです。

真剣に数えたわけではありませんが、もしかしたら日本人の方が少なかったのかも?

私は日本国内でこんないっぺんに多くの外国人の方を見たのは初めてで、
日本であって日本でないような不思議感にあがってしまって、
最初は、なんか借りてきた猫のようになってしまいました。

さて、ここで相方の当初の悩み(?)、

「ブラジルの人にアミーゴに間違われたらどうしよう。」

ですが、この異国な空間に足を踏み入れて、

そんな心配はナッシング!

という事にきっぱり気づきました。

何せ本場の方のお顔は濃さのレベルが違う。

相方程度の濃さでは、全然お話になりません。

もう、ぜんぜん似非アミーゴ。

しょう油とバーベキューソース位の違いがあります。

あきらかに相方とは別物の濃さの成分が入っています。

間違われる心配が杞憂と知って、ホッとしたようなちょっと残念なような・・・

さて、ここに来るまでに(無駄な)紆余曲折あり、腹も究極に減っていたので、
期待は何と言ってもブラジル料理です。

期待通りブラジル人(と思われる方)が出店しているテキヤさんも多くあり、
否が応にも期待が高まるってもんです。(それ目当てに来たんだし)

しかし実際のブラジル料理というのは、どのようなものかさっぱり・・・

まずは落ち着いて場内を偵察をしてから喰らいつく事にしました。

・・・すみません。続きます。m(__)m

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 人気ブログランキング

関連記事
ブラジルフェスティバルでアミーゴなポタ【その3】
このところ土日はいろいろ事情があり、自転車週1ペースの状況が続いてますが、
今日もちょっとしたトラブルがあり、未だに家でスタンバッています。

そのトラブルとは、相方のナゾの肩痛。

そう言えば、昨日奇妙な形でソファーで転寝をしていたような気がしたのですが、
それで寝違えたのか、腕を動かすと位置によって肩に激痛が走るようです。

天気も微妙そうな事もあり、家で様子を見ているわけですが、
お天気の方はどうやら回復方向のようで、西日しか見えないわが家のリビングからも、
時々晴れ間らしきものが見えてきます。

せっかくだから病の相方としては、晴れ間が見えるのでポタ(つうかポタメシ)に行きたいようですが、
ヘタに悪化させたら面倒だろうし、うーん。どうすっかなぁ。

でも結局、せっかくだからに負けて、近間ぐらいはポタしてくるような気もします。

まあ、荒療治という治療法もありますしね。

はからずも長々と続いていた「ブラジルフェスティバルポタ」ですが、
今回ようやく完結となりますので、よかったらお付き合いくださいませ。

ちなみにその1は→こちら、その2は→こちらになります。

*****************************************

ブラジルの食物を求め徘徊していると、一世を風靡したあの方の看板が目に入りました。

ブラジルフェスティバル 

おお、ビリー隊長ではないですか!

以前はダイエットでご活躍でしたが、 今回ドーナツ業界にも参入されたようです。
いろいろとサイドビジネスに手を広げていられるんですね。

マラサダドーナツというと、以前に銀座で食べた事がありますが、
ハワイでは伝統的なドーナツという・・・

って、それブラジル食じゃねぇし(゚∇゚ ;)

そして周りを冷静に見回してみると、

ブラジルのデザートか?

と思いきや、なぜかトルコアイスだったり、

ブラジルフェスティバル

すでに外国物ですらない、もう普通に仙台牛タンだったりと、

ブラジルフェスティバル

ブラジルとは一切関りのない食物もあるから気をつけろ!

なにせ、せっかくブラジルフェスティバルに来たのだから、
ここはブラジルのブラジルによるブラジルの為の料理でなければ。

正直、ちょっと(つうかだいぶ)ビリー隊長のドーナツにはグラッっときて、
うっかり財布の紐を解き掛けましたが・・・。

しかしビリー隊長、ドーナツというダイエットと対極にあるブツを売り出すとは、斬新な切り口っす。

「ブートキャンプで痩せた後は、ドーナツも食い放題」ってことだろうか?

それとも「ブートキャンプに入隊していれば、これぐらいの糖分では太らん」という事だろうか?

もしかしたらダイエット事業(?)自体捨ててしまわれたのだろうか?

このビリー隊長のマラサダドーナツは、この時(9月5日)絶賛新規売り出し中だったのか、
ブラジルフェスタにはビリー隊長ご本人もいらしていたようで、
ドーナツを購入すれば、ビリー隊長と写真が撮れるというシステムになっていました。

それはちょっとお願いしてみたかったですが、
やはりハワイの食べ物で腹を満たすわけにはいかんので、
ハワイフェスタが行われた時にでもお願いしようと思います。

さて、ブラジルフェスティバル自体は、日本人のお客よりも、
ブラジル人のお客さんの実入りの方が多いためか、
ブラジル屋台の料理名は、まずブラジル語で書かれているものが多かったです。

もちろんその下にカタカナでも書いてあるんですが、
料理名以外特に説明書きは記載されていませんので、
料理名だけわかったところで、どんなもののどのような料理なのか、

さっぱりわかりません。


かなり腹が減っていたので、できるだけ主食っぽいものがいいのですが・・・

メニュー表を見回してみると、詳細不明なブラジル料理の中でひとつ、
確実に主食だとわかるメニューがありました。

そのメニューとは「フェイジャン丼」

つうかフェイジャンって何?!

しかも丼って(笑)

多少の懸念はあるものの“丼”というからには、飯物には違いない。
これは大変なヒントを得ました。

改めて周りを見ると、このフェイジャン丼は結構人気メニューのようで、
それらしきものを食べている人も何人かいたのですが、
もともとフェイジャン丼っていうぐらいなので(本国では丼の部分は違う名前でしょうが)、
ご飯の上にブラジル独特(たぶん)の汁っぽい豆料理を掛けた料理のようです。

なる程、豆っぽいところがブラジルっぽい。これはとり合えず注文。

ようはカレーのような代物なので、ご飯の上に豆料理を掛ければいいと思うので、
ものの十秒で速やかに出てきそうなものですが、
注文してから出来上がるまでが、なぜかやたら遅い。

フェイジャン部分と思われる豆料理は作り置きしているようなのにおかしい。

調理工程はオープンになっているので、様子を見ていると、

家政婦じゃないけど見た!

電子レンジでサ○ウのご飯をチンしているところを∑(゚∇゚|||)

・・・じゃあ、確実に2分はかかちゃうわな。

しかし家政婦というわけじゃないし、できれば気分的にそこは見たくはなかったような・・・

更に何せオープンなので見えなくてもいいところまで見えちゃいまして、
完全にメシがなくなって空状態の大型電子ジャーも見えましたので、
推測するに最初からサ○ウのご飯仕様というわけではなく、
ご飯が品切れになったので、急遽、サ○ウのご飯にシフトされたのだと思われます。

そんな素敵な偶然もありブラジルのフェイジャン(?)と
日本の誇るレトルトメシサ○ウのご飯のコラボ料理が完成。

こちらが「フェイジャン丼」(サ○ウのご飯バージョン)

フュージョン丼


上の牛はオプションでプラス料金が取られたのですが、
ブラジル人らしき店員の女性に言われ勧められると嫌とも言えず、
牛肉付きにしときました。

ちなみにお値段はオプション付きで1,000円

こいつは高いのか安いのか??

基準がわからないので判断がつきかねます。

こういう各国のフェスティバル関係は、はじめて来たので勝手がわからなかったのですが、
首尾よく食料を手にしたのはいいですが、のんびり丼物を食べるようなスペースがないんですね。

フェスティバル慣れしている人は、レジャーシートをその辺に敷いて陣地を確保していたのですが、
状況がわからなかったので、その辺まで気が回りませんでした。

なので今回は、ほぼ地べた(気持ち椅子?)の石段の上で食べることにしました。

ダサいのが欠点ですが、服装は超安物のポタ着で来て良かったです。

さて、このフェイジャン丼なる食べ物、上に掛かっている豆料理は、
今までに食べたことがあるようなないようなそんな煮込み料理で、
画面的にはカレーに似かよっていますが、お味は辛くはない塩味という感じで、
ご飯不足により図らずも出会ってしまったとは思いますが、
もっちりとしたサ○ウのご飯とも見事マッチング。

上に乗っているサルサがさっぱりした味のアクセントになっていて、いい感じです。

そしてこちらはフェイジャン丼購入の勢いで、
つい購入してしまったナゾの食べ物。

揚げ餃子仮

写真で撮ると小さくまとまっていますが、実物は結構デカイ揚げ餃子のような外見で、
できれば1つにしておきたかったのですが、有無も言わさず2つセットで入っていたので、
必然的に2つ購入してしまいました。

2つで500円でしたが、これも高いのか安いのか謎。

名前もさっぱり覚えられなかったので、仮に「ジャンボ揚げ餃子」としておきますが、
甘いのか、辛いのか、意表をついて酸っぱいのかも不明。

かなり外見はヘビーそうなので、1人に一つずつは重いだろうなぁ。と思ったのですが、

揚げ餃子仮 

実は中身は空洞、ほぼ空気。

皮ぎわにチーズが薄く塗ってあるので、味的には餃子の皮にチーズを塗って揚げたような味です。
(まあ、ある意味見た目のままの味というか・・・)
ちょっと塩味がきいていておつまみにはいい感じです。

それとこれまたブラジルのポピュラーな名物なのか、
いろいろな屋台で売っていたのは、この「ブラジルソーセージ」(400円)

ソーセージ

日本のソーセージよりも硬く肉肉していて塩味も効いている感じです。

塩味のものを食べたこともあり、この辺でちょっとのどが渇いてきまして、
ブラジルで人気(だと思う)の清涼飲料水を購入してみました。

「ガラナ フルッキ」(200円)

飲み物

こう見えて自転車乗りに嬉しい、疲れをとる栄養素“クエン酸”入り。

パッケージからはそうは見えないけど、健康的だ。

なんだかとってもトロピカルな味わいでしたが、後の成分表を見ると、

飲み物

天然果汁は一切なし。

何で味をつけているのが気になるところでした。

・・・と、ここまででわずか4品(うち一品は水物)、
当初はブラジルを食べつくす位の勢いで来たのですが、
なんとなく腹も一杯になりかけてきたので、そろそろデザート系にも手を出す事にしました。

見かけた当初から気になっていて、最終的には食べようと思っていたのは、
これまた原料がナゾの植物アサイーポリフェで作られたアイス、

リオの恋人 

商品名「リオの恋人」(笑)価格は爆安で100円。

リオの恋人

で、リオって誰?っと突っ込みを入れたくなるようなロマンチックなネーミングです。

パッケージに書いてある絵からすると、材料はアサイーというブラジル植物(?)のようですが、
お味自体は今まで食べたことのない独特な味わいでした。

これぞブラジル本場の名物か。

と思ったのですが、不思議なのは商品名などが日本語で書かれているという事です。

その辺を疑問に思い、後ろを見てみると、

リオの恋人

なんと!実は日本で生産??∑(゚Д゚;)

しかも神奈川って比較的近いじゃん。

私の浅い人生経験の中では、今までこういうアイスは見たことがありませんでしたが、
在日ブラジル人の方用に作られているのでしょうか?

それともどこかの地域では普通に日本のアイスとして売られているのでしょうか?

そしてデザートもこれだけとう訳にもいかんので、もう一品、
こちらも商品名を覚えられんかったのですが、砂糖らしきものがまぶしてあるので、
お菓子的な何かだと思い購入してみました。

揚げ餃子甘味 

見かけはさっきの「ジャンボ揚げ餃子(仮名)と似ています。

中身は・・・

やっぱり空洞(゚∇゚ ;)

なぜ、いつも空洞だ??

こちらもさっきのジャンボ揚げ餃子(仮名)と同じように、
皮の周りにうっすらとクリームらしきものが塗ってあります。

味は某ハンバーガーショップのアップルパイのアップル抜きの味に似ていました。

いや、実際アップルのないものは食べたことがないのですが・・・

到着が遅かったので、この程度のことしかしていなかったのに結構な時間になりまして、
家も比較的遠いことだし、そろそろ帰る事にしました。

ホントに食い物だけなんだな。自分達。(--;)

しかしブラジル料理はそれなりに満喫したものの、
なんか物足りないようなモヤモヤっとした気持ちが・・・

そう言えば、サンバ見てねぇ(゚∇゚ ;)

ブラジルフェスティバルの会場に着いたら、さぞかしサンバだろうと思っていたのですが、
ぜんぜんサンバをやっていないんですよね。

徳島が阿波踊りであるように、ブラジルはサンバだと思っていたのですが、
考えてみれば、徳島の人だっていつも阿波踊り踊ってるわけじゃないだろし、

そういうもんなのかなぁ・・・。

とあきらめて帰ろうと、歩道橋を上りかけたところ背面からサンバのリズムが!

サンバきたーーーーーーっ!

あわてて引き返すと、野外ステージではサンバショーがはじまったらしく人だかりが出来ていて、
遠目にも独特のコスチュームを着た人達が、踊っている姿が見えます。

見た目にはわかりませんが、確実にテンションが高くなっている相方。

今年は浅草のサンバカーニバルの時は、
彼が消極的積極性で「行きたい」みたいなことを言っていたのですが、
却下して他のポタに行ってしまって、スマンかった。

ぐぐっつと野外ステージに近づいて見てみると、
ステージ上にはあのコスチュームを着て激しく踊る

男性。

気のせいかもしれませんが、あからさまにテンションが下がったように見える相方。

・・・やっぱり帰るか。

ときびすを返しかけたところで、曲が変わり女性のダンサーが登場。

サンバカーニバル

やっぱりブラジルと言えばサンバですし、帰るのをやめてちょっと見て行く事にしました。

男性のダンスは力強い感じがしましたが(あまり見ていなかったクセになんですが)、
女性のダンスの方がやっぱり華やかですね。

無事、サンバも見ることが出来、これで心おきなく会場を後にしました。

ブラジルフェスティバルでは、ほぼ地べた以外あまり落ち着いて座る事ができなかったので、
なんか体が疲れていまして、途中にある「サイクルスクエア」の光に吸い寄せられて、
休憩を取ることにしました。

サイクルスクエア

ここで早速?!

という感じの距離ですが、このサイクルスクエアも1月までの期間限定なので、
近くを通りかかった時は貪欲に行かないと、健康ジュースも全制覇できないし。

時間が遅かったので、あまりお客さんはいなかったのですが、
それでもそれなりにお客さんはいました。

開店した当初は「閑古鳥が鳴くだろうな」(失敬)と想像していたのですが、
作りもおしゃれなカフェなので、自転車乗りだけではない客層も来ているようですね。

前回はアンチエイジングジュースにしましたが、夏の終わりで肌が疲れていたので、
今回は肌にいいという「マンゴーアイランド」にしてみました。

サイクルスクエア

・・・つけ焼刃ですけどね。

相方は、リラックスにいいという「トロピカルキウイ」

彼はいつも緊張を強いられた生活でもしているのだろうか?

そして今回はついでにスイーツも注文。

サイクルスクエアでの初のスイーツですが、
どういう事情か周りの物価から考えるとサイクルスクエア内は物価が安めで、

この「バナナケーキ」も200円です。

サイクルスクエア

お皿にココアで自転車が書かれているのも200円と思えない丁寧さ。

この日はソファー席でまったりと過ごしたのですが、
サイクルスクエア内のインテリアは、自転車グッズをオシャレに利用しているインテリアが多いのですが、
この洋服掛けもハンドルを利用しているんですね。

サイクルスクエア

今はカラフルなハンドルもあるので、いい感じにオシャレです。

適度なポールを買って来てハンドルを止めるだけのようなので、
これは自分のうちでも出来そうな気がします。

サイクルスクエアでのんびりした後、家に帰ったのですが、
帰りは行きと同じ道とは思えない程、神宮外苑トラップでも迷う事無く至極順調でした。

おそらく代々木公園から神宮外苑までの所要時間も20分程度。

ほんと行きの彷徨った1時間はなんだったんだろ?


パソコン購入さえなかったら、GPS購入を検討したいんですけどねぇ・・・ 

【走行時間】3:13:22
【走行距離】38.7
【平均時速】12.0
【最高時速】32.8

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 人気ブログランキング

関連記事
相方謎の肩痛
朝、目覚めたら虫になっていたという理不尽な小説もありますが、
昨日、相方は朝目覚めたら虫に・・・とまではさすがに理不尽な状態ではなかったのですが、
朝、目覚めたら肩に謎の負傷を負っていました。

見かけはいつもと変わらず特に腫れも赤みもなく、
旨そうな感じにむっちりと肉ののった肩なのですが、
なんでも動かすと激痛が走る瞬間があるらしい。

相方もそんな状態だし、昨日は天気も悪い事もあり、
家でポタに行くか行くまいか迷っていました。

この相方の肩痛のいやらしいところは、じっとしていると痛みがないけれど、
動かすと角度によって痛くなるらしいところで、
昨日もソファーで寝転んでる時は、痛みがないらしく、
ゴロゴロと寝転がっているうちに天気も快復した事ですし、
相方の中にもポタに行きたい“せっかくだから心”が芽生えてきたのですが、
「さて、行こうか」と腰を上げた時に肩に変なスイッチが入って、
またしてもえもいわれぬ激痛に襲われたらしく、

「やっぱポタ無理!」

という言葉と共に、再び相方はソファーに沈んでしまいました。

「行く、行かない」で散々振り回されたのは遺憾に思うものの、

まあ、これは致し方ないか。(‐‐;)

と昨日は結局、ポタに行かず一日家にいました。

しかしスイッチが入ったり入らなかったり、
原因が謎なだけに症状も謎ですね。

このまま謎に包まれて痛みが続くのかも・・・

と心配していたのですが、
本日、相方の肩痛はスイッチが入るとまだまだ痛いらしいものの、
その時の痛み自体がだいぶやわらいできたようなので、
せっかくのいいお天気だし、近場ポタ位はポタってこようと思っています。

本当は先週から浜離宮のお茶会を予定していたのですが、
ちょっとそこまでは行けなそうなので残念。

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事
「日経ウーマンオンライン」の自転車特集
どうも、こんばんは。くろばいBです。

自転車ブームのおかげで、雑誌やウェブサイトで自転車特集や
自転車関連の記事を見かける機会が増えて、ちょっとうれしいです。

「日経ウーマンオンライン」でもダイエットに関連して自転車の記事がアップされていました。
おもしろかったので紹介します。

まずは、「サドルを上げれば“美脚筋”が目覚める自転車エクササイズ
自転車に乗るときのポジションやこぎ方によって、使われる筋肉が違うので、
ダイエットに効果的な自転車の乗り方についての説明がされています。
記事によれば、「大腿二頭筋」や「腓腹筋」が美脚に影響の大きい筋肉のようです。

もう一つは、「自分にあった自転車エクササイズを見つけよう!
自転車に乗ることをエクササイズとして生活に取り入れる三つのパターンを紹介しています。
また、サドルを上げて乗るときのポイントとして、靴底に貼る滑り止めが紹介されていました。


記事では、普段使いのブーツで自転車に乗っている女性の写真が掲載されているのですが、
確かに普通のおしゃれな靴で乗るときには、すべり止めを貼った方が安心して乗れるのかもしれませんね。

自転車の記事と一口で言っても、対象とする読者によって
いろいろな切り口の観点から記事が書かれているのでとてもおもしろいです。

またおもしろい記事を見つけたら、こちらのブログで紹介させてもらいます。

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事
東京ボーイ自転車部をオマージュするポタ第2弾・クローバー橋へGO!【その1】
わが実家の隣では、現在工事が行われておりまして、
毎日、工事で出る工事音とそれに吠えまくる愛犬との騒音のコラボで、
家にいるわが母はすっかりストレスで参ってしまったらしく、

「ストレスがたまって体調が優れないから、ぜひとも旅に出たい。」

と半ば脅しのように言われまして、
運転手兼お供で昨日から一泊で福島の方まで紅葉を見る旅に出ておりました。

猪苗代湖付近のホテルに宿をとり、
昨日の福島は天気がいまひとつのようだったので、移動だけに費やす事にしたのですが、
運転手の私もただ横に鎮座ましましている母も筋金入りの方向オンチーズ。

という事情で、いつも道案内はカーナビのナビ子にお任せしているのですが、
当初はホテル直行を考えていたものの、福島に入った時にスケベ心が出まして、
急遽、1箇所寄り道をしていく事にしたのです。

が、

急にナビ先を変更したのが気に入らなかったのか、
行き先を変更した途端うちのカーナビのナビ子がご乱心しまして、
変な山道に紛れ込む羽目になりました。

小雨降る中行くつもりもなかった山道を走る羽目になったのですが、
この名前も知らない謎の山道の紅葉がすばらしかった!

黄色を基調にして徐々にオレンジのグラデーションになっている葉、
紅葉の赤も絶妙に交じり合い、天気が雨だったのが残念だったものの、
今までの人生の中で“最高級”に属するくらいの見頃の紅葉だったのです。

雨だし頼りのナビ子がご乱心の動揺もありまして、
まったく写真も撮れなかったのが無念ですが、
普段はムカつくナビ子のご乱心に、この時ばかりは感謝しました。

そして猪苗代付近のホテルで一泊しまして、
本日は天気が良く「紅葉さんいらっしゃーい」状態だったので、
心置きなく紅葉を満喫しようと、まず磐梯スカイラインに向かったのですが、
下の方は写真のようにまずまず紅葉しているものの、

紅葉

上の方は軽く禿山の一夜と化していました。

うーん。ちょっと磐梯山の方は遅かったのか・・・(‐‐;)

「こうなったら」と塩原のもみじラインの方を回ってきたのですが、

紅葉

こちらはちょっと早めだったようで、まあ、広い意味では見頃とは思いますが、
最高の見頃までは、まだちょっとありそうで・・・

つまり蓋を開けてみると、今回一番の紅葉はナビ子のご乱心のお蔭で消極的に行く羽目になった
判らない山道だったわけですが、紅葉というのは本当に見頃を測るのが難しいですね。

ところで話は脈略とかなく変わりますが、
先週の日曜日(10月18日)もいいお天気でしたね。

10月は1年のうちでも自転車を乗るに適した月だと思うのですが、
何かの呪いか、急なトラブルや用事が多く、10月の週末はわが家的には、
意外に土日両方自転車に乗れている日が少なかったりします。

先週末こそは2日続けて自転車に乗れると思っていたのですが、
土曜日の朝からまったく思いがけない相方の肩痛。

おそらく金曜日の夜に奇妙な格好をして寝ていたのが原因とは思われますが、
(首の寝違えならぬ肩の寝違え?あんま聞いた事ないけど・・・)
はっきりと原因がわからぬ謎の激痛に、結局土曜日はポタを見送ることに・・・

そういう事情で土曜日は、ただただ家で諾々と過ごしていたのですが、
その諾々が良かったのか、日曜日の朝になると相方の肩も快復してきたようで、
土曜日には肩を回すと必ず入っていた“激痛スイッチ”がなかなか入らなくなり、
お昼過ぎになると肩を何度かぶんぶん回してやっと“激痛スイッチ”が入るまでに回復しました。

時間とともに激痛スイッチ自体も解除出来そうになったので、
いいお天気だし、辛抱たまらずポタに行くことになりました。

本当は浜離宮恩賜庭園で行われていた東京大茶会なるイベントに行きたかった。

・・・つうか本音を駄々漏らすと、そこで特別販売しているらしい食べ物を食しに行きたかったのですが、
そんな時間もなくなり、比較的近場をポタってお茶を濁すことにし、
ポタ先は以前から行ってみたかった「クローバー橋」にする事にしました。

クローバー橋という橋は、まあ、名前の通り橋なんですが、
東京の江東区の小名木川と横十間川が交差する地点に掛けられた十字形をした橋で、
前に当ブログでも相方が紹介していたのですが、
MXテレビという東京ローカルでやっている「東京ボーイ」という番組の中で、
自転車芸能人玉袋筋太郎さんが部長をしている自転車部が体験入部者の矢口真里さんと
東京都内をポタしていた時に回っていた場所の一つなのです。

番組の中では、「ツーキニストお勧めの都内のスポット」という事で紹介していたので、 
ツーキニストではないものの、私も東京在住の自転車乗りなので、
たかが橋に(失敬)どんな魅力があるのか、とても気になりました。

蛇足ですがこの自転車部で「ツーキニストお勧め」というふれこみで
回った場所は他にも数件あったのですが、このクローバー橋も含めてそのほとんどが、
前に購入したポタ資料「東京下町自転車散歩マップ」という本に網羅されていました。

東京下町自転車散歩マップ

もしかして本当はツーキニストにアンケートなぞは取らずに、単にこの本を見たんじゃ・・・

と番組にあらぬ疑いを掛けてしまいましたが、そうまでして捏造する事もないでしょうし(たぶん)、
やっぱりそこはかとなく自転車乗りを魅了してしまう橋に違いない。

というわけで、自転車部を勝手にオマージュしてトレースする企画第2弾
クローバー橋へGO!です。

・・・さらりと第2弾とか書いちゃってますが、
第2弾があるってことは、第1弾がひそやかにあったって事でして・・・(汗)

実は9月にオマージュ第1弾は華々しく(もなく)行われたのですが、
気がつくと書く機会を逸してまして・・・その辺は時系列があっちこっちになりますが、
あえて空気とかを読まず、またちゃっかり書かせてもらうと思っています。^^;

さて、わが家からクローバー橋のある小名木川までは、
まず隅田川を通ってアプローチするんですが、
隅田川桜橋付近からいつの間にか堂々と見えるようになったのは「東京スカイツリー」

東京スカイツリー

墨田区のランドマークになるべく、日々すくすくと成長しております。

なんでもこのスカイツリー当初の完成時の高さは610mだったのですが、
このたび634mに変更することになったそうですね。

この思惑丸見えの変更ですが、もちろん世界一を貪欲に狙うための変更のようです。

当初は、自立式電波塔部門では610mで世界一だったようですが、
現在は状況が変わり、中国の今年完成予定のテレビ塔に抜かされ、
完成時には世界2位というがっかりな状況になってしまうために、
「なにくそ!」(と思ったかどうかわかりませんが)なりふり構わず世界一に返り咲くため、
強引にアンテナを96mから120mに伸ばすようです。

・・・まあ、これだけあからさまな事をやるので「なにくそ!」と思ったんでしょうね。(--;)

最終的にはアンテナ部分で世界一になってどうする?

と思わないでもないですが、意地とか便乗商品を売るのに都合がいいとか、
大人の事情もあるんでしょうね。

どうせまたどこかの国にすぐに抜かされそうな気がするので、
この際、昔のラジオのアンテナのようにアンテナが無制限に伸びる仕様にしておけば、
この先も安心のような気がします。

しかし、それじゃいち早く東京スカイツリーに便乗して作られたと思われる商品、

「THE 610 BEER」(610円)の立場は一体・・・(゚∇゚ ;)

まだ飲む機会に恵まれていないのですが、
気が付くと商品名を「THE 634 BEER」にしたりして、
お値段もさりげなく634円に値上げするのだろうか?

今後の決断を見守って行こうと思います。

ちなみにこの妙に中途半端な634mという数字ですが、
東京とその周辺の旧国名「武蔵(634)」から取った模様です。

いつもながら話が完全に脱線しましたが、
浅草を抜け三つ目通りから森下5丁目の交差点を曲がり、
順調にクローバー橋を目指して走っていると、途中に神社が見えました。

この神社の横を通りかかると、なんか甘い。

神社とはまるっきり無関係のようなベリースイートな香りがします。

これは洋菓子の香り?

その甘い香りに釣られて・・・というわけでもないのですが、
いろいろ欲を抱えている身としては、タイムリーに神頼みしたい事項も抱えていますので、
ここでお会いしたのも何かの縁ですし、神社に御参りして行く事にしました。

こちら「猿江稲荷神社」という神社です。

猿江稲荷神社

猿江稲荷神社

住宅地にある地元の神社という感じのひっそりとした佇まいの神社です。

御参りを終え、欲と食との2本立てというわけではないのですが、
さて気になるのはどこからともなく漂ってくるベリースイートな香り。

空気にかなりの高濃度で含まれているケーキ臭(と書くと不味そうですが)

これは近くに気の利いた洋菓子店があるに違いない。

行きがけの駄賃に(?)私も相方も臭いの元を発掘した暁には寄っていく気満々で、
鬼太郎のように洋菓子アンテナを立てて近所を見回してみたのですが、
どうも普通の住宅地のようで、洋菓子アンテナはまったく立たず、
ぜんぜんお店があるような気配がしません。

これは近所の品のいい奥様がシフォンケーキとかを焼いているだけ・・・かも?

単なる臭いのトラップだったのか。

勝手に期待し、勝手に失望して再出発をしようとふと横を見ると、
猿江稲荷神社の隣の敷地には、思わせぶりな感じに
Ducky Duckのロゴが入ったトラックが停まっています。

ダッキーダック 

「Ducky Duck」と言えば、ショッピングセンターのレストラン街とかによくある
イタリアンのお店ですが、どう見てもここはお店ではなく工場のような何かなので、
もしかしてこの甘い香りはここでデザートを作っているから・・・とか?

ちぇー、なんだ工場かよ。

奥様の手作りシフォンケーキだろうが、工場で作られているケーキだろうが、
所詮、臭いだけで食べられないのでは話にならんぜよ。
嗅覚から食欲が刺激されて、更に空腹感が助長されるだけだし。

二重に(勝手に)失望していると、こんなポスターが目に飛び込んで来ました。

“ダッキーダックのケーキ工場直売”

ポスター

って、直売とかする系のお店だったのか?!∑(゚Д゚)

どうやらこの場所で来週末の(すでに今週末ですが)10月23.24.25と、
11月13.14.15の2期に渡ってこの場所で直売をやるようです。

こんなことをひっそり(じゃないかもしれんけど)やっていたんだ。ダッキーダック。

・・・で、直売とあるけれど、

ぶっちゃけケーキは通常価格よりお安いのか、単に直接購入できるだけなのか?

なにか直売ならではのお得かつ目玉的なケーキ等はあるのか?

こういう企画にありがちの奇天烈な大会(ケーキつかみ取り大会等)はあるのか?

このさらりとしたポスターからは全貌が読み取れませんが、
物事なんでもチラ見えの方が想像力が刺激されるように、
さっぱりわからないのが、かえって想像力でお得心をそそります。

ここでこの情報を仕入れたのも何かの思し召しなので、
できれば今週末に、その全貌を確かめに来てみたいと思っています。

臭いに釣り上げられちょっと道も横道にそれましたが、
軌道修正して元の道に戻り、更にまっすぐ走って行きますと、
目的地「クローバー橋」らしき橋が見えました。

その橋を見て私どもは、ちょっち動揺、

あれ?実際来てみると想像していたよりも断然小さい?

なんかシンガポールで初めてマーライオンを見た時の気分と被ります。

若干、思っていたのと乖離がるので「もしかして違う橋なのかも?」とも思いましたが、
確かに形はテレビで(そして本で)見たのと同じ形です。

大川橋交差点の横から川沿いにクローバー橋まで続く道があるようなので、
とりあえずその道を行ってみる事にしました。

クローバー橋

そして近づいてみるとやっぱり間違いなく「クローバー橋」のようです。

クローバー橋

小名木川と横十間川がクロスする場所に猿江、大島、北砂、扇橋の4エリアを結ぶ
綺麗なクロスの形が魅力の橋のようですが、

クローバー橋 

こんな風に橋と自転車を撮っても、角度を変えて更に橋を撮ってみても、

クローバー橋

中に入っちゃうとぜんぜんそのクロスな全貌がわかりません。(>_<)

「まあさ、レインボーブリッジも中に入っちゃうと
何がなんだかだもんね。(‐_‐)」


と相方。

確かに美しい富士山も実際登ると普通のつうかむしろムカつく坂道だし、
若干離れて見た方がお互いの為にいいもんな。

しかしこの橋の真の魅力を知るには俯瞰で見ることが最適のようですが、

どーすりゃ俯瞰でみる事ができるんだ??そう言えば。(゚∇゚ ;)

私がIT企業の社長とかだったら、ちょっとヘリをチャーターして上から見られますが、
こういう時(だけじゃないけど)は、庶民の己が身が恨めしいです。

他の手段としては、この付近の高層マンションにお住まいの方とお友達になるですが、
そんな下心で友情を結ぶのは気が引けるし、そもそもそんな社交性ないしなぁ。

うーん。なんか俯瞰で見るのは絶望的だな。こりゃ。

ところで、なぜクロスの形のこの橋が“クローバー橋”という名前なのか、
気になるところではありませんか?
突っ込み型人間の私は、その辺がごっつひっかかりました。

その事もテレビでは説明していまして、上から目線じゃないので判りにくいと思いますが、
上から見るとこの地面のタイルの模様がクローバー模様になっているそうです。

この状態だと言われるまで、さっぱりわかりませんが・・・

クローバー橋

やっぱそのままやんけな“クロス橋”にするのは、あまりに芸がないと思ったのだろうか?

結局、クロスな形が命のクローバー橋のきっちりクロスな写真が撮れなかったのはがっかりですが、
いつまでも橋の上にいるのも邪魔なだけなので移動しようとした時、
相方のひらめきスイッチが入ったらしく、

「下から撮れば、多少はクロスがわかるんじゃないの?」

おお、それぞ苦肉の庶民の知恵。

「その手があったのか!」と早速、下に降りてみることにしました。

橋の下にも道があり、自転車では入れないものの、
徒歩では入れるようで釣りをしている人もいます。

体を斜めにし、川側に思いっきり手を伸ばして怪しげなポージングにて撮影したの写真がこちら。

クローバー橋

自己満足の世界ですが、中から撮るよりもクロスしている形がわかるような気がします。

そして写真を撮影する時に気づいたのですが、クローバー橋の架かっている横十間川には、
川を利用したコンパクトなアスレチックがありました。

アスレチック

かなりコンパクト感は否めませんが、アスレチック遊具の下はオール水という
伸るか反るかのちょっとしたスリル感を味わえるのがいいところのようで、
それなりに遊んでいる親子連れの方たちもいました。

そしてそのアスレチックと向かい合う感じのところに公民館のような施設があったのですが、
その施設の中に半公半民のような喫茶店がチラリと見えました。

シンフォニー

こういうまったく飾り気のない何となく半公半民的なお店に興味を惹かれる私、
自分でもその辺がなぜだかわかりませんが、
あまりお客さんがいなくても別段気にされる様子もなく、
(いや、めっちゃ気にしているのかもしれませんが)
浮世離れした独特のまったり感があるのがたまらないのかも。

まず喫茶店偵察の為に公民館の中に入ってみましたが、
喫茶店の反対側には、休憩スペースがあり、そこでは地元の(と思われる)子供達が
携帯ゲームなぞをして遊んでいて結構賑わっているのに、
反対側のその喫茶店にはお客さんはゼロ。

公民館を利用する年齢層とアンマッチングなところも、ある意味大人の隠れ家的だ。

このお店で休憩したくてウズウズしてきた私は、
特にこういうお店に興味を惹かれるわけでもない渋る相方を説き伏せて、
この魅惑的な喫茶店に入ることにしました。

・・・長くなりましたので、続きます。m(__)m

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 人気ブログランキング

関連記事
東京ボーイ自転車部をオマージュするポタ第2弾・クローバー橋へGO!【その2】
水曜日は旅行先から帰るとそのまま実家に泊まったのですが、
実家に1人で来ると何かと使う機会を伺っていた母に使われる運命の私。

まあ、育てていただいたツケを今払っている状況ですので、文句は言えませんが・・・

母の私の主な使用目的は主に運転手ですので、
この度も買い物や美容院といろいろ運転手として使用されてきました。

昨日は母の用事で三郷の近くまで行ったので、
帰りにちょっと先月17日にIKEAの隣にオープンしたばかりの
「ららぽーと新三郷」に寄ってみました。

敷地はそれなりに広いものの、最近この手の大型ショッピング施設は見慣れた感があり、
しかもあの初回は遭難必至の超大型ショッピングモールレイクタウンを経験した後だと、
どうしても小ぶりに見えてしまうのが怖いです。

お店も「らら○○」に良く入っているお店が入っていたので、
あまり目新しいものはなかったのですが、その中で目に付いたのは、
叱責を受けたサラリーマンが憂さ晴らしに居酒屋に入る時のようなあのマーク・・・

ブルーシールカフェが進出しているではありませんか!Σ(゚д゚;)

カメラを持っていなかったので写真は撮れなかったのですが、
ちなみにブルーシールアイスのロゴはこんなマークです。

ブルーシールアイス

最近では土浦で見かけたばかりですが、日々順調に増殖なさっているんですね。

さすがにオープンしてまだ約ひと月ですと、
普段日でもカフェは混んでいましてウエイティング必至のようだったので、
今回はカフェには入りませんでしたが、
もう少しほとぼりが冷めた頃に再度来てみようと思います。

・・・そしてさらりと話は変わりますが、
 以下「東京ボーイ自転車部をオマージュするポタ」の続きになります。
ちなみにその1は→こちらになります。

*****************************************

公民館的建物の中にひっそりとありながらも
窓からは横十間川を臨む地味にロケーションがいい喫茶店「シンフォニー」

IMG_8895_R_20091023194437.jpg

私も相方もホットコーヒーを注文しましたが、

IMG_8891_R.jpg

お値段は340円とさすが公共の建物の中にあるだけあって、
平成の世になんとも良心的なお値段設定。

お味は特にとんがっているところもない「堅実なコーヒー」という感じです。

この日、この施設内ではクラッシックコンサートらしきイベントが行われていたようで、
壁を伝って重厚に響いてくるクラッシックな音楽、そして隣ではゲームに興じる子供の声、
更に店内で流している有線と思しき音源からは、女性アイドルグループのファンキーな歌・・・

光の三原色で赤と青と緑色を混ぜると白になるといいますが、
ここまで相まみえない様々な音が共存していると、
かえって無になるというか、落ち着く雰囲気になるから不思議です。

しかしこのお店の唯一解せないところは、私たちのテーブル以外のテーブルには、
岩塩らしき塊が置かれていましたが、これは何に使用するのか不明。

IMG_8894_R.jpg

塩味が足りない時に、この岩塩から失敬するんだろうか?

それとも魔よけとかの意味があるんだろうか?

さて、水分を入れても大して癒されないのが空腹感ですが、
ポタと言えばポタメシがもれなく付いてくるという、
ポタの意味を完全履き違えているわが家としては、
この日も当然のようにポタメシ処を決定しておいたので、
家を出る前に取った朝飯か昼飯かわからない食事の量は、
かなり控えめにしておりました。

その控えめだったカロリーが喫茶店にいる時にとうとう尽きたのか、
コーヒーを飲んでいると猛烈な空腹感に襲われました。

このお店でも軽食は食べられるようなのですが、
一見で入ってきて、いきなりこのお店でその域まで達する勇気がなかったので、
当初の予定通り、あらかじめ調べてきたお店に向かう事にしました。

なぜか朝起きるととことんパンが食べたくなっていたこの日のポタメシ処は、
相方調べで東陽町の“イースト21”の敷地内にあるらしいイートインができるパン屋さんです。

クローバー橋からの移動は、そのまま横十間川の川沿いにずっと延びている
「横十間親水公園」内を走って東陽町までいく事にしました。

横十間川に沿うようにして大横川の合流地点まで総延長は1,970mもある公園なのですが、
公園内の道は綺麗に舗装され、とても走りやすく快適。

IMG_8900_R.jpg

川沿いをずっと走っているので景色もとてもいいです。

この時期、川ではボートも貸し出しているようで、この日はお天気が良かったので、
俗にはスワンの形をしているものが多く見られる脚漕ぎ式ボートに乗っている人もいました。
(この公園のものは幸いスワン型をとっていませでしたが・・・)

IMG_8922_R.jpg

それを見て突如、人生2回目ぐらいに

「脚漕ぎボートに乗りたい!」

という衝動にかられた私。

ちなみに1回目は小学生の時で、速攻で夢はかないましたが、
乗ってみると意外に面倒で面白くもないものだという現実を知り、
それ以来「乗りたい」という衝動がまったく起きなくなっていました。

この時、なぜにえらく久々にその衝動に駆られたかというと、
普通の湖や池に浮かんでいる旋回している脚こぎボートと違い、
どうやらこの横十間川では、脚漕ぎボートを漕ぎながら
川を移動する事ができるようなのです。

もちろん1,970mの長きに渡って移動できるわけでもないようなのですが、
脚こぎボートを漕ぎながら川を下る(上る?)のは、
私の中で眠っている冒険心が目覚める感じでなんだか面白そうです。

この脚漕ぎボートも今週末のダッキーダックのケーキ直売会と一緒に、
チャレンジしてみたいと密かに決意しました。

そしてこの横十間川の川の中に、なぜか何気に鎮座しているのは河童。

IMG_8916_R.jpg

実はこのブログ、成り行きで何気に河童像を見つける撮るというブログでもあるのですが、
今まで数体河童像を撮って思ったことなのですが、

こんな感じや、

かっぱの河太郎

@台東区在住 かっぱの河太郎さん
日々筋トレで鍛えている・・・かはわかりませんが、
黄金に輝くたくましい躯体が魅力。

こんな感じと、

かっぱ像

@牛久在住 哀愁のかっぱ像さん
思わず悩みを聞きたくなる様なうらぶれ具合が魅力。

意外に河童像というのはリアルな形状の物が多い。

やっぱり公の場では、正しい河童のあり様を伝えるという暗黙の了解があるのでしょうか?

そのことのアンチテーゼなのか(どうかはわかりませんが)この横十間川の河童像は、
やけにふざけた親しみやすいキャラクター河童像。

しかもところどこに鎮座しているので、私が発見したものは4体ありました。

ここまで多用されているという事は、このふざけた愛らしいキャラクター河童は、
横十間川親水公園のシンボリック的な存在なのだろうか?

・・・と、心からどうでもいい事を考えているうちに東陽町に到着していました。

さて、目指すホテルイースト21は、横十間川親水公園を出るとすぐに見つかりまして、
本当に河童がいたらこの際胡瓜でもいいから頂きたい程腹ペコ状態だったので、
目立つ建物で助かりました~。

このホテルイースト21は、大昔に一度宿泊した事もあるのですが、
敷地内にはショッピングモールも併設されており、

IMG_8923_R.jpg

そのショッピングモールには普通にサイゼリアや大戸屋などがあり、
そこそこ大きな普通のスーパーなんかもあった記憶が・・・

目的のパン屋さんは、おそらくそのショッピングモール内のどこかにあると思うのですが、
ショッピングモール内のお店を全て見てみても、ない(゚∇゚ ;)

「またまた~」と見えない誰かに突っ込みを入れつつ、
もう一度かなり真剣に一軒一軒お店を確認したのですが、
そもそも敷地にはパン屋さんというカテゴリーのお店が存在しません。

どないなことじゃい。(‐‐#)

こういう時に日本のお役所のように責任の所在をうやむやにしないのがわが家、
まず責任を問われるのは、このお店を調べてきた相方という事になります。

問い詰めると、

「実は、来れば判ると思ってちゃんと場所を調べてこなかったし、
お店の名前も来れば判ると思って覚えてこなかった。」

と相方は、相変わらずの己が詰めの甘さを露呈するような事を言い出しやがりました。。

て、来てもわかってねぇじゃん。

しかしこの時の私は空腹で手負いの野獣と化しそうになっていたので、
その湧き上がる攻撃オーラに危機感を感じたらしい草食系動物の彼、
やられないうちに脳内の情報を掻き集めたようで、

「そう言えば、スーパーの中にあったような気がする。」

というヒントだけは思い出しました。

そう言われて初めて気づいたのですが、

あれ?そう言えば、スーパーなくね?(゚∇゚ ;)

昔ホテルに宿泊した時に、そのスーパーで菓子類を買い込んだ覚えがあるので、
確かにスーパーは存在したと思うのですが・・・

幸いインフォメーションがあり、そこに案内嬢がいたので、
彼女にこの疑問をぶつけてみる事にしました。

案内嬢によるとすでにそのスーパーは現時点では目下撤退中で、
近々また新しいスーパーが参入するという事・・・

つまり今はノースーパー状態のようですが、
では、そのつぶれたスーパーに入っていた(と思われる)パン店は、

現在どうなっちゃってるんでしょうか?


とばっちりでつぶれたのか??

そこまでは怖くて聞けなかったので、現実を自分達の目で確認するために、
元スーパーのあった場所に行ってみました。

すでに全体的にひっそりと暗くなっていたので、さっきから何度も前を通っているはずなのに、
まったくその存在に気がつきませんでしたが、

確かにスーパーらしきものの抜け殻的建物があるではありませんか!

そして、その抜け殻の中にパンの写真が乗っている張り紙を発見。

IMG_8927_R.jpg

内容は遠くて(そして暗くて)よく見えませんでしたが、
お店の名前とパン店の今後の展望が書いてあるような気がします。

その張り紙を見て相方の脳内では更に記憶のひだが結合し、お店の名前も思い出したらしく、
間違いなくその張り紙のお店が探していたパンのお店・・・らしい。

つう事は、やっぱスーパーと一緒に目指すパン屋さんも目下撤退中?!

新しいスーパーと共に、パン屋さんも復活するかはようわかりませんが、
現時点では、パンは食べられないという現実は理解しました。

空腹の中、横十間川親水公園を駆け抜けてきて更にカロリーを消費したのに、
この有様をどうしてくれるんだ?

先ほども言ったように、サイゼリアや回転寿司、フォルクスなどもあり、
まあ、空腹を満たすのには事欠かない場所だったのですが、
なんとなくこの時はここまで来てファミレス系のお店に入る気にはなれず・・・

結局、豊洲のららぽーとまで移動してインドネシア料理を食べる事にしたのですが、
さすがに豊洲までこのまま行くのはスタミナと根性が持ちそうになく、
すでに夕食となりそうなポタメシに支障をきたさないように腹にたまらない系の
サーティーワンのアイスクリームで豊洲までの距離の分だけカロリーを補う事にしました。

なんとなく押し売りめいた飾りつけで毎年思い出すんですが、

IMG_8929_R.jpg

そう言えば今年もハロウィンの季節のようですね。

心の中で定着していないので、何月何日かはまったく思えていませんが・・・

当初というか今でも私としてはハロウィンには懐疑的なのですが、
(だって何をやればいいかわからんし、私にはキリスト様のお誕生日以上に無関係な気がするし)
そんな私も「ハロウィンサンデー」

IMG_8934_R.jpg

って、思いっきり乗っかとるやんけ。

あまり定着しているとは思えないのに、毎年しつこく押し売られているうちに、
なんとなく情が沸いてきたっていいますか・・・

爆発的な気持ちはないけれど、それも一つの愛の形と気づいたというか。

こうまで押し売られると、

「もうそろそろ流されてやってもいいかな。」

とつい思っちまうところが、我ながらなんて日本人的な人間なんだと思います。(--;)

しかしどうせ流されるなら国民的行事になって欲しいと、
毎年毎年「どうすればハロウィンが広く盛り上がるのか」を真剣に話し合う私ども。
(余計なお世話ですが)

おそらく日本一番のうまい事やった例のバレンタインをリスペクトして、
愛の為に最もお金を使うと思われるカップルに協力していただいたらよかろうと、

女性からの逆プロポーズの日としてかぼちゃの煮つけを送る(彼が食べたらOK)とか、
急にハードルを上げるようですが、いっその事イエローダイヤ(共通点は黄色だけ)を
彼女に送る日にしちまうとか、

いろいろ浅知恵を出し合ったのですが、なかなかぱっとした案が出ず・・・

今年も起死回生の名案は浮かばぬまま、ハロウィンサンデーを食べ終わると同時に、
わが家の「ハロウィンを盛り上げる議論2009」は終了しました。

後日、ニュースを見ている時にハロウィン関係者が、
「だんだん認知されて今年はウハウハ」というような趣旨の事を言っていましたが、
強がりとかではなく、本当に認知されてきたら今年で議論は終了となるので、
嬉しいところです。

ハロウィンサンデーは1人一つはさすがに重いので、相方とシェアして食べたのですが、
アイスが2つ選べるのでアイスの容量はシングル2つと同じだけの容量があり、
この糖分をエネルギーにかえたお蔭で豊洲のららぽーとまで楽に走れました。

とは言え、所詮アイスは腹にたまる部類ではなかったので、
豊洲のららぽーとに着くと間髪入れずにお食事タイムです。

今回入ったのはインドネシア料理「スラバヤ」
お台場にもあるお店なので、昔はよく行ったのですが、
最近は(主に家計の)諸事情であまり行く機会がありませんでした。

席からいい感じに東京タワーが見える、なかなかロマンチックでムーディーな仕様。

そう言えば新東京タワーの異名を持つ、東京スカイツリー完成の暁には、
旧東京タワーとなってしまう現在の東京タワーはどうなってしまうのだろうか?

電波塔という稼ぎ頭の仕事がなくなると、
観光客に土産をかってもらったり展望台(?)の見物料を取ったり程度では、
維持費の割りに稼げそうになくなるので、もしかして最悪解体?? (゚∇゚ ;)

やっぱりある意味歴史的な建物なので、それだけは避けて欲しいっす。

料理はこんな感じで「ビーフン」(880円)、 「ナシゴレン」(980円)

IMG_8963_R.jpg

「から揚げダブダブソース」(880円)、 揚げ春巻(880円)

IMG_8952_R.jpg

朝から食事としてはろくなものを食べていないく、炭水化物がやたら食べたかったので、
がっつりとダブルで炭水化物を頼んでしまいました。

インドネシア料理はベトナム料理とインド料理を足して二で割って
更に何らかを足したような味ですが、基本アジアンチックななじみがある味ですし、
どれを食べても美味しいですね。

炭水化物系の二品は結構量も多かったので、
無事腹も膨れました。

満腹中枢も満たされ店を出ると、最後にコーヒーを飲みたくなり、
前から飲みたかったヤクンコーヒーというコーヒーを飲んでみる事になったのですが、
このヤクンコーヒーの特徴は練乳が入っている甘いコーヒーらしいです。

コーヒーは普段ブラック派なのですが、まあ、甘いといってもこの健康ブームなご時勢、
ほんのりと甘い程度だろうと高をくくって購入しました。

IMG_8969_R.jpg

私はホットで200円、相方はアイスで240円です。

元の値段が安いので相対的に考えるとホットとアイスで意外と値段の開きがありますね。
そう言えば。

飲んでみると甘い、激しく甘い、ただただ甘い、遠慮なく甘い。

しかしこの容赦のない甘さは、千葉県の最北部に故郷を持つ私としては、
子供の頃からなじみのある甘さ・・・のような。

そうだ!これはマッカンの味。Σ(゚д゚;) 

関東北方面限定から最近全国に飛翔し、
そしてまた戻って来そうなマックス缶コーヒーの味です。

そう言えば、マッカンもこのコーヒーと同じく練乳が主な甘み源のようだし、
このヤクンコーヒーはシンガポールで愛されて60年という事なので、
もしかしてこのヤクンコーヒーをぱくってオマージュってマッカンは生まれたのでは?・・・と邪推。

しかしこのコーヒーは激烈に腹が減っている時や、
無人島で遭難した時などは最適というレベルの甘さなので、
満腹状態の時は本当に飲むのが辛い。(>_<)

満腹時に激甘のコーヒーとはかくもツライものだったのか。

という事を人生の中で初めて知る事となりました。

その点、アイスを選択した相方は氷で糖分を薄めながら飲めるので、
まだ甘さのレベルが楽のようです。
若干割高感はありますが、特に満腹時にはアイスをお勧めします。

栄養が満たされ、その後はナイトライドをして家に帰ってきました。

しかしこのポタでダッキーダックの直売やら脚漕ぎボートやら
週末のポタの課題がいろいろできたので、
明日は又横十間川公園までは同じルートを行ってこようと思います。

晴れるといいなぁ。

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 人気ブログランキング

関連記事
相方はじめての自転車掃除
今日は天気が悪いですね。

「晴れる」と天気予報で言われていた昨日も途中から雨でしたが、
ダッキーダック直売店でケーキを購入するというミッションだけは
なんとかやり遂げてまいりました。

後半戦はほぼ本降りとなった冷たい秋の雨に濡れながら帰ってきたのですが、
自転車もびしょ濡れ状態だったので、
家に帰ってから間髪入れずに掃除タイムに突入しました。

わが家の自転車の掃除関係は、まんまと私のみがやる作業に位置づけられていましたが、
私は特に心が広い人間でもないので、もちろんその事を常々苦々しく思っておりました。

それでも相方が自分の自転車を磨くような人間ではないので、
相方の自転車だけ放置しておくのも相方はどうでもいいけど自転車は可哀相なので、
仕方なく相方の自転車も掃除していたのです。

昨日も、

「(相方がテレビ見ている間に)私が2台掃除するんだろうな。(呪)」

と呪いつつ、掃除に取り掛かる事にしました。

「自分の自転車の方が疲れた時に愛の力でがんばれるから」

と言う極めて人間らしい事情から、
いつもは相方の自転車→私の自転車と掃除していたのですが、
昨日は(相方の置いた)自転車を置く場所がいつもと違っていた事もあり、
その場のノリで私の自転車から掃除する事になりました。

自転車がかなり濡れていたので、大まかに水滴を拭くだけでも結構時間がかかりまして、
その間自分の自転車がびしょ濡れ状態で放置されているのに痺れを切らしたのか、
くつろぐタイミングを逸したので、せめて水滴ぐらいは拭いておこうと思ったのか、

「水滴ぐらいは自分で拭こうかなぁ。」

と聞こえよがしに言ってから、相方が初めて自転車を掃除しだしました。

言葉からもわかると思いますが、相方的には自転車をざっと拭き、
後は私に任せる気満々だったようですが、

これを聞いて「しめた!」と心の中でガッツポーズをとったのはわたくし。

今までの不条理を一気に解消できるチャンス到来です。

所有者(相方)が自転車を掃除しだしたのなら、

意地でも相方の自転車を掃除するもんか。

と決意を固め、そのまま自分の自転車を掃除しながら推移を見守りました。

案の定、全体的にざっくりと自転車の水滴をぬぐった所で、変な秋波を飛ばしてきた相方、
その意図まるわかりな秋波に気づかないふりをしていると、

「・・・じゃあ、後のスプロケットとかの掃除は、お願いしちゃおうかな。」

と聞こえよがしにふざけた台詞をはいたので、当然、

「自分でやれや。^^」

と冷たく突っぱねました。

往生際が悪い相方は、

「えーーっ!酷い酷い、今までやってくれたのにーー!!
おかしいじゃないですか!!(>_<)」

・・・ちょっと待てや、おっさん。

ど・こ・がおかしいんだ?

むしろちゃんとした親(相方)がいるのに、
親戚のおばちゃん(私)が世話をしていたような状況だった今までの方がおかしくね?

親切心で既得権を与えるとろくな事にならないといういい例ですね。(‐‐;)

もちろん相方の不当な主張は静かに却下しましたので、
これ以上、騒いでも無駄と思った(らしい)相方はしぶしぶ自分の自転車を磨きだしました。

面倒な事もやってこそ愛車との愛が深まるもんなんだから、心して磨きたまえよ。

・・・とは言え、こういう作業が嫌いな相方なので、途中で投げ出すだろうと思っていたのですが、
一応、愛車に関してはそれなりの愛があるようで、
ぶつくさ言いながらも最後まで磨き終えていました。

やり終えた後、これからも私に頼みたいというミエミエの下心満載で、

「今までこんな大変な作業を2台もやっていたなんて、神だよ!」

必至且つわざとらしく私を神格化して褒め称えていましたが、

んなわざとらしいお世辞に引っかかるかいな。(‐_‐)

しかし一度やらせたらこっちのもん、これで既成事実はしっかり出来たってもんです。

パーツクリーナーを持ったことすらなかったお坊ちゃまな相方は、
途中、何かにつけて使い方のレクチャーを求めにきたのはうざかったですが、

これで彼の伝家の宝刀

「だって、やり方わからないもーーん。」

は奪う事が出来たので、今後わが家は「自分の愛車は自分で磨く」方針に
切り替えたいと思います。(ニヤリ)

やっぱり1台分だけ掃除するのは、楽ですしね。

さて、本日ですが、やっぱり微妙なお天気ですね。
せっかく磨き上げた自転車を更にまた濡らすのもなんだし、
今日は、車で出かけようとも思っています。

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 人気ブログランキング

関連記事
自転車のパンク修理を教育テレビで学ぶ
どうも、こんばんは。くろばいBです。
このところ急に寒くなってきましたね。

今日(10月26日)放送のNHK教育の「住まい自分流」は、
「とっさのDIY 自転車のパンク修理」がテーマでした。

わが家では、パンクの際にチューブごと替えたことはあるのですが
パンク修理はしたことがありません。

番組ではママチャリがパンクしたので主婦らしき女性がパンクを修理するという設定でした。
こういう所でも、女性でも簡単にできるというところをアピールしようとしているのでしょうか。

パンク修理は基本的なことなので、わが家の自転車メンテナンスのバイブル
自転車トラブル解決ブック」にももちろん載っていますが、
テレビで動画で見るとわかりやすくていいですね。


パッチを貼った後に「木づちでたたく」と説明していましたが、わが家には木づちはありません・・・
普通のお宅にはあるんでしょうかね?
まあ、きちんと貼れれば木づちを使わなくてもいいのでしょうが。

5分間の番組なのであっさり見終わりましたが、
今日(10月26日)の23:55~24:00 にも再放送され、
また、11月1日(日) 6:40~7:00にも今週の「とっさのDIY」をまとめて再放送するようです。
興味のある方は、ご覧になってみてください。


ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 人気ブログランキング

これで解決!とっさのDIY

これで解決!とっさのDIY

価格:1,050円(税込、送料別)


関連記事
ダッキーダックのケーキ直売会ポタ【前編:まずはペリカンのパン編】
相方が前記事で紹介している「とっさのDIY 自転車のパンク修理」

番組は相方と一緒に私も見たのですが、
いやー、なんか時代の移り変わりを肌で感じました。

設定としては、急にセールを知った奥様がスーパーに急ごうと
自転車に乗り出そうとしたところ「あら、ヤダまさかのパンク」という事なのですが、

以前ならそこで、

奥さん「いやーん。あなたーー、パンクしちゃった。(ハート)」

パパ「よーし、パパ直しちゃうぞ!」

「うわー!パパ、カッコいい!!(一同)」

てな具合に話は進行していたはずなんですが、
幾ら急ぎとは言え、ここの奥さんママチャリのパンクを自身で直す、直す。

その手際は淀みなく、見惚れるほどで、

奥さんとは仮の姿で実はそっちで商売をやってるんじゃないの?

と思うほどです。

ホント奥さんであのスキルなら、
旦那さんはどれだけの高スキルの持ち主なんだ?!

とも思いましたが、今は男女同権が叫ばれている平成の世、
男性が整備関係が苦手なお宅(具体的にはわが家ですが)もあるかもしれませんね。

ちなみにわが家の場合、私も整備関係も苦手なので、
あの奥さんの役目を一体全体誰がやればいいのかが悩めるところです。

いっその事、第三の人間が登場してくれればいいんですけどね。(って、誰だよ。)


さて、先週末はお天気が今ひとつでしたね。

日曜日は車で出かける予定で準備万端済ませたところ、
相方が急な下り方面の腹痛に襲われるという不測の事態に陥り、
下り方面から戻ってくるのを待つ間にうっかり寝てしまい、
結局、出かけられずじまいでした。

元々夢の国は大好きなので、出かけられなかったのは別にいいのですが、
こういう時は何より顔に塗ったくってしまった無駄化粧が何よりイヤです。

化粧というのは、塗る作業も面倒なら落とす作業も面倒という厄介な代物ですが、
塗らないでお出かけできるほど、若くも年でもない微妙なお年頃なもので・・・

一度、眠りにつくと最後、昼寝だろうと夜寝だろうと区別なく3時間以上寝ちまう私。
日曜日も気がつくと3時間も昼寝をしてしまいました。

って、それって昼寝のレベルなのか?

ナポレオンさんなら一日の総睡眠時間です。

純粋に睡眠時間だけを比べても彼の人生に比べてどれだけ密度の薄い人生なんだよ。

いや、フランスの英雄の彼と日本のその他大勢の私とを
比べる自体がなんですが・・・

自転車に乗るようになって忘れていましたが、
そう言えば、自転車をはじめるまでのわが家の趣味は
しいて言えば“睡眠”(つうか惰眠)だったので、
休日は2人で会話もなく寝て寝て寝まくる生活はザラだったんですよね。

片方が起きても、まだ寝ている片方の出している睡眠物質にやられ、
せっかく起きた方もまた睡眠・・・とこの繰り返し。

結果、夜の睡眠より昼間の睡眠のが長くね?みたいな。

休日ごとに時差ぼけ、みたいな。

そんな腐ったミカンのような休日から足を洗えただけでも、
自転車と知り合えてよかったように思います。

人生密度も少しは濃くなったかもしれません。自転車は偉大なり。

そんな昔のわが家の腐った休日の過ごし方を思い出した日曜日でしたが、
前日の土曜日は、その前の週にクローバー橋を見に行く道すがらで
偶然告知を発見してから予定していた
「ダッキーダックのケーキ直売会」にポタで行ってきました。

“ダッキーダック”というのは、関東近郊でチェーン展開しているイタリアンレストランなのですが、
その関連施設が江東区猿江近くにあるようで、
その施設前にこのような告知ポスターが貼ってあったので、

 

ポスター

直売日に当たる先週の土曜日に行く事にしていたのです。

しかし土曜日の朝起きるとと、

なんか雨降るんじゃね(゚∇゚ ;)

的ないやーんな予感のする怪しげな空模様。

それでも朝のテレビの天気予報では曇りのち晴れだったので、
「仕度をしているうちに晴れるかな?」と能天気に安心していたのですが、
仕度が終わり出かける頃になると更に雲は厚さを増し増したようで、

空

どー見ても晴れとかにならない感じなんすけど。

その辺は不審に思い、出発前にネットの方で天気予報を見てみると、
昼間は降水確率が30%程度ありましたが、
こちらもあくまでも夕方には晴れるという強気な予報。

でもなんか空気とか湿ってる感があるんですけど。

大体こういう時は自ら風と雲と空気を読んで判断するのが吉なんですが、
しかし人間、これまでの苦労を無駄にするのが嫌で、
心の何処かでもう無駄と判っていても続けるという心理があるようです。

そして私は無駄化粧が嫌いな人間、顔を塗っちまったら後の祭り、
化粧を無駄にしたくない一心で、自分の五感には目をつぶり、
夕方からは晴れというどう見てもハズレ感満載の予報を信じ、
ケーキを購入するためにポタる事にしました。

そして家を出る寸前に、ふと

「今の今までなんで気がつかなかったんだ?オイ。」

的な落とし穴に気がつきました。

そう言えば、ケーキって自転車でどうやって持って帰るんだ(゚∇゚ ;)

「あっ、そうだね∑( ̄ロ ̄|||)

とマヌケな声を出したのは、相方。

うーん。寸前になって気づいた私と、とことん気づかなかった相方、
マヌケ度は相方の方が上だと思いますが(低次元な争いですが)
気づいたところでどうにもならんので、幸せ度は相方の方が上のような気がします。

うちの自転車達には、籠という便利なオプションアイテムを付けていないので、
買い物がある時は(主に相方の)リュックに背負って食料を持ち帰るのですが、
困るのはこういったケーキのような崩れ物。

今までチャレンジャーにも食欲に負けてデザート関係を持ち帰った事はあるのですが、
家に帰って開けてみると、いつもなんらかの負傷をしていて無傷で持ち帰れた事がないような・・・。

しかもせっかくの直売会なのでお安かったら山程買うつもりだったのですが
縦には長いが横にはこ狭いリュックに収納して帰るとなると、
持ち帰れるのはせいぜい2個ぐらいかも。

「2個ぐらいだったら普通にお店で食えばいいんじゃねーの。(‐_‐)」

という「それを言っちゃおしまいじゃん?」的な今回のポタを根底から覆すコメントも出まして、
行く直前だっつーのに著しくテンションが低下しました。

が、

私共はもう一つ重要な収納袋を忘れておりました。

胃です。

幾つかはその場で収めてくれば無問題。
荷物にもならず、すっきり収納です。(o^-')b

前の週に見た様子からすると、工場(?)の軒先のようなところで販売するようなので、
その場で食べるスペースが設けられているかは謎ですが、
近くには横十間親水公園もあったので、そこで食べればいい事です。

この日はケーキ購入後、横十間親水公園で足漕ぎボートにもチャレンジする予定だったので、
ケーキの収納問題も無事解決。

念のためケーキ外食い用のウエットティッシュと
何かのデザートを購入した時についていた使い捨てデザートフォークを持って外に出ると、

寒ーーーーぅ( ̄ロ ̄|||)

何?この仮にも10月とは思えない肌寒さ。

このぐらいの季節から曇っているとてきめんに寒いっすね。

比較的皮下脂肪の厚いのが自慢の(?)相方この時半袖でポタる気でいたのですが、
(それもチャレンジャーすぎですが)
さすがにいくら面の皮とか体脂肪が厚くても半袖ポタは無理だろ。

という事で、もう一度家の中に戻り、長袖を2枚着込んできました。

私もあまりの寒さに今季初のカラー軍手

カラー軍手

こいつとの付き合いもめでたく(もないけど)今年で3年目を迎えました。

この目の覚めるように青いカラー軍手を購入に至った(そして身に着けている)
私のセンス等に疑問を持たれる方も多いと思いますが、
カラー軍手というのは、カラー軍手たるアイデンティティを守るためか、
ビビットなカラー展開が多いのです。

これでもその時は売っている中で一番まともな色を選んだつもりですが、
どれも派手だったので所詮そんな努力は無駄だったのかもしれません。

昨年、さすがにどんなファッションをしても、これを装着した瞬間、
全てがぶち壊されるようなこの色はなかろうと思っていた矢先、
シックな紫のカラー軍手(カラー軍手界ではシックな色なのです)
を見つけたので2代目として購入したのですが、この2代目、
大して仕事をしないまま、わずか30分で両親指の付け根の部分が切れて殉職。

一度は自転車整備に格下げしちまおうと思っていたこの青のカラー軍手が、
結局、(少々不本意ながら)復帰することになりました。

自転車のハンドルを握るという行為は手袋には結構負担になるようで、
今まで紫カラー軍手だけではなく、幾つかの手袋を殉職させてきたのですが、
その中で3年もびくともしないところが、この青のカラー軍手の驚きの生命力の強さ。

しかし3年も経つと一面見事な毛玉っすね。

世界の毛玉の撲滅を目的として設立された「毛玉大嫌い同盟」の会長を拝命している
私の所有物とは思いたくない毛玉ぶりです。

会長の私がこのていたらくでは、会員の皆様に申し訳がないので、
(ちなみに相方にも入会を断られたので、会員は私1人ですが・・・)
電池を買い忘れていて購入したまま3年間も放置されていた、
毛玉とりクリーナーも先日電池を購入してめでたく復活しましたので、
ムカつく毛玉は早々撲滅しようと思います。

さて、防寒対策も終え、まず向かったのは、
ダッキーダックのある江東区・・・ではなくて台東区です。

どんなに食べてもケーキという食べ物は、脳にデザートとインプットされているので、
ケーキだけでは物足りない気分になるかもしれないと思いまして、
一応、前菜にというかメインにというか「ペリカン」というパン屋さんで
お昼としてパンを買って行く事にしました。

「ペリカン」というのは知る人ぞ知る地元で有名なパン屋さんらしく、
創業60年にもなるお店だそうなのですが、かなり前から噂には聞いておりまして、
前から購入してみたいとは思っていたのですが、「行こう」と思った時には定休日だったりと、
なんかタイミングを逸し続けていて、今まで購入することができず・・・

この日、思い出したのが吉日、幸い定休日でもなかった事だし、
まずはそのお店に寄ってから江東区には行く事にしました。

台東区にあるお店までは、まず隅田川沿いを通って向かったのですが、
当ブログでも再三ご紹介しております、墨田区期待のランドマークタワー
「東京スカイツリー」ですが、隅田川の川沿いから見ると、
丁度、黄金色のアサヒビールのジョッキを模したビルに姿がキレイに映っていました。

東京スカイツリー 

まだまだスカイツリーは未完のままですが、完成するとなんか面白い構図になりそうですね。

第一目的地のパン屋さんは駒形橋まで行ってアプローチするのですが、
最近、いろいろありまして機会があったら神頼みをするキャンペーン絶賛実施中なので、
途中、隅田川から少し入ったところにある「待乳山聖天様に寄って御参りする事にしました。

待乳山聖天

待乳山聖天

このお寺は浅草七福神の一つで以前来た事があり
その時は急いでいたので気が付かなかったのですが、
境内でいきなり大根が200円で販売されていました。

お寺で大根販売中?!Σ(゚д゚;)

なんか新しい感じだ。

食べればご利益ありそうだし、目的地の途中でなければ買って帰りたかったのですが、
参拝している途中で、それは大変なミステークである事に気づきました。

このお寺では、大根と巾着が信仰されているらしく、
この大根は持ち帰ってふろふき大根とかにするのではなく、
このままお供えするものだったのですね。

危うく普通に買って持って帰って食べるところでした。

お供え物を横取りして食べてどうする
。危ない、危ない。

大根は身体を丈夫にし、良縁を成就し、夫婦仲良く末永く一家の和合を加護するそうですが、
しかし大根様にそこまでの力があったとは・・・。

参拝所には巨大な「?????(゚∇゚ ;)ナンスカコレ?なオブジェ(?)もあり、

待乳山聖天
 
一瞬、何の事かわからなかったのですが、こちらは巾着のようです。

巾着は財宝で商売繁盛を表すそうですが、それは何となくうなずける気が・・・
それにしても、日本にはいろいろな信仰があるんですね。

御参りを済ませ、駒形橋まで行き、先日ご紹介したかっぱの河太郎さんがお住まいの
かっぱ橋道具街の近くに目的地の「ペリカン」はありました。

ペリカン

なんかシステムがわからないと入りにくい店構えです。

とりあえずシステムを探ろうと遠巻きに中を観察、

ペリカン_R

まず下駄箱?!的な地味なディスプレーは、ベーカリーとは一線を画す感じで、
時代に媚びない昭和な感じがします。さすが創業60年。

次々とお客さんが入っていくので、虫の知らせかなんとなく気が急きまして、
そのお客さんに混じってジリジリと中に入りますと、
棚にあるほとんどのパンは実は予約してあるもので、
当日購入可能なパンは、一番右端の棚にあるパンのみという事が判明しました。

この時、右端の棚には15袋ぐらいのロールパンがあったのですが、
1人3袋とか破竹の勢いで売れています。

こうしちゃいられん∑( ̄ロ ̄|||)

とあわあわしながら取りあえずロールパン(350円)1袋をGET!

ぺりカンのパン 

その後、このロールパンはあっという間に売り切れていましたので、

こいつは運が良かったのかも。

と悦に浸っていると、まだまだ運の良さは続き・・・

最近の電化製品はほとんどの脳が昭和の時代に出来上がった私としては、
複雑なものが多く、この時己が幸運に有頂天になりまして、
どうやらカメラの余計なスイッチを押してしまったらしく、
画面がおかしくなっていたのです。

まあ、画面がおかしくなっても写真は撮れない事はなかったので、
いいちゃーいいんでしょうが、なにせ融通の利かない昭和脳なもので、
元に戻さないとなんとなく気分が悪い。

しかし昭和脳なので説明書がないとイマイチ直し方がわからないという、
昭和脳スパイラルに陥っていて、お店の前の歩道で数分同じく昭和脳の相方と
すったもんだしていたところ、

「なんかパンが新しく並んでる。」

と突然、相方。

お店の方を振り返ると右端の棚に、

食パンらしきパンが新規投入してるではありませんか!Σ(゚д゚;)

でかしたぞ!相方君!!

しかしカメラに集中しているとばかり思ったのに、気づいたなぁ。

お得に関する事と食べ物に関する時の相方の眼力の鋭さには、
ある意味尊敬を禁じえません。

今回新規投入されたのは、食パンで10個程度、
告知等はなかったはずですが、それを予知したようにぞくぞくとお客さんが入ってきます。

迷っている暇は1秒たりともねぇぜ。

と早速、お店に舞い戻って食パン(330円)を購入。

ペリカンのパン

このお店は食パンとロールパンのみを数種類販売しているそうなのですが、
お店の方によるとこの食パンはしっとり系らしいです。
ちょっと失敗作(?)を売っているのでお値段もお安めとか・・・

しかし噂には聞いていましたが、このお店のパンは大人気ですね。
当日売りはいつできるか不明のようですし、

買えるかどうかは、神のみぞ知るレベル?!(゚∇゚ ;)

または予知能力を磨くとか?

そんな中、うまい事このお店の双璧の食パンとロールパンを手に入れられたのは、
よほど運がよかったのだと思います。

しかし元々わが家は、運がいまひとつ良くない側の人間のはず、
この事で持てる運を全て使い果たしたのか、この後は積極的に運気が下り坂、
少々アンラッキーな出来事に遭遇する事になりました。

・・・続きます。m(__)m

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 人気ブログランキング

関連記事
ダッキーダックのケーキ直売会ポタ【後編:直売会潜入編】
・・・前回の「ダッキーダック直売ポタ」の続きになります。
ちなみに前回の記事は→こちらです。

*****************************************<

今までにない強運さで食パンとロールパンという
ペリカンパンの2大アイテムをGETできましたが、
一旦手にしたら早速、食べて見たくなるのが人情。

そもそもこのペリカンパンはお昼のつもりで購入したので、
ここは先に外食いをしちまおうと、食事場所としてめぼしい公園等の施設を物色しながら
次なる目的地、ダッキーダックケーキ直売所のある江東区猿江に向かう事にしました。

直売所のある場所はその前の週に行ったばかりの場所です。
その時は相方任せの道案内でしたので、私は道をよく覚えていませんが、
相方がばっちり覚えているはずなので万全のはず・・・



「どうやって行ったのか、道、忘れちゃった。テヘッ( ̄∇ ̄*)ゞ」

と、相方。

ええっ?!たった一週間前なのに??(゚∇゚ ;)

この発言には、さすがにわたくしも驚きを禁じえませんでした。

ほんの一週間前は迷う事無く案内してくれていたはずだが・・・いくらなんでも鳥頭過ぎね?

方向音痴というものは、今自分がいる方向を把握できない事もありますが、
覚えたはずの道を速攻で忘れてしまうという事にも起因するものなんですね。

何とか思い出すように、脅したりすかしたりしましたが、
どうやら彼の記憶は砂に書いたラブレターのように時と共に消え去ってしまったようで、
はっきりとした道は、どーしても思い出せないらしい。

うーん。人間というものは、恐ろしい事があると記憶障害を起こすというが、
先週来た時に何か恐怖体験でもしたのだろうか?
始終楽し気に振舞っていたけど、人間の心理ってわからんもんだしなぁ。

あまりの事にそこまで疑いましたが、恐怖体験があったかなかったかはさておき、
道を思い出せないものは、いかんともしがなく・・・

「確か地球の左の方」程度の方角はざっくりとわかる感じはしたので、
場所的にも浅草からはそう遠くなかったはずだし、
細かいところは、お互いの心もとない記憶をなんとかつなぎ合わせながら向かうことにしました。

毛利元就も息子達に3人を三本の矢に例えて、3人で協力すればOKみたいな事を言ってますし、
ここは2人で協力して記憶を出し合えば、なんとかなるんじゃないかと・・・

そして2人の記憶をつなぎ合わせて辿り着いた公園が、

親水公園

「で、どこだよ?ここ公園」 (゚∇゚ ;)

うーん。やっぱり2本の矢では限界があったか。つーか、そもそも矢の品質も最悪じゃね?

細い川の流れる縦に長い公園で、こんな橋や、

橋

こんな自転車に乗ると背の高い人は頭上がギリギリの橋等、

橋

何箇所かの橋を跨いでいます。

横十間川親水公園もそうですが、そう言えば、こういう縦に長い公園って都内によくありますよね。
一時期公共事業業界(?)で流行していたのだろうか?

地理的には、訳のわからん場所ではありますが、パンを食べるのにはぴったりだったので、
この公園でお昼タイムを取ることにしました。

こんな風に突然食事タイムを取る場所が現れるとは思ってもおらず、
何の心の準備もしていなかったので飲み物を買っていなかったし、
周りに自動販売機もなかったので、飲み物すらない素パンランチです。

もちろんバターとかジャムとかいうパンのお供も購入していないので、
純粋にペリカンのパンのパンによるパンの為の正統素パンランチっす。

元々私も相方も素ごはんは無理ですが、素パンはいけるタイプなので問題なく頂きます。

こんな不意な素パンな昼下がりには、持っていてよかった“ウエットティッシュ”

ポタ途中で食の誘惑に負け、ポタ食いに走りやすいわが家は、
最近、こんな事もあろうかと(つーか散々こんな事があってさすがに学習したのですが)
パンク修理セットは持ち歩かなくてもウエットティッシュは持ち歩くようになりました。

それはそれでどうなんだ?とさすがに思わなくはない・・・(--;)ジマンニナランダロ。

こちら今まで食いっぱぐれる事幾年月・・・夢にまで見た(とうのは大げさですが)
噂のパン屋さん「ペリカンのロールパン」

ペリカンロールパン

ありがちな「仕上げにたっぷり卵塗っときました~」的なツヤッツヤ感がまったくない、
質実剛健的なロールパンです。

割ってみると生地は弾力がありもっちもち、

ペリカンのロールパン

味は「素朴!」の一言で、 噛んでいると後から味が出てくる感じです。

「せっかくだからこっちもいっちゃいますか」と流れるように食パンの方にも食指を伸ばしました。

食パン

食パンももっちりと弾力のある歯ごたえです。

弾力があって袋の中だと切りにくかったので、取りあえずまるっと出しましたが、
もちろん、一気にこれ全部は食べていないです。^^;

ここのパンはお取り寄せなんかでも有名なようですが、
余計なものが入っていない味というか、なんとなく又食べたくなるクセになる味ですね。
リピーターが多いのも頷けます。

素パンランチを済ませ、「ところでここはどこの公園なんた?」という事ですが、
相方が曰く、

「大横川親水公園らしいよ。^^」

なる程ね。横十間川親水公園と構成も似てるけど名前も似てるのね。

って、なんで名前知ってんだよ! Σ(゚д゚;)

ふと見ると、相方の手には“東京下町自転車散歩マップ”が!

散歩マップって言う割には、地図自体は結構大雑把なのですが、
それでも立派に地図として役に立ちます。

つうか、そんなものを所持していたのなら、どうして先に言わん。

とも思うのですが、先週来た時に持って来てそのままリュックに入れっぱなしだったので、
道と共に、ついでにその存在自体も忘れてしまっていたらしいです。(‐‐;)

そしてパンを取り出す時にスイッチが入って思い出したと・・・

相方が使っている“deuter”のリュックは、ポケットのような仕切りがあり、
そのポケットの中、奥深くに入っていたらしいので、気が付かないのも仕方ないのですが、
できればもちっと早く思い出して欲しかったっすね。(怒)

浅草で「道忘れちゃった。テヘッ」あたりのタイミングで。

まあ、お蔭でこの大横川親水公園?ですか?に辿り着いて、
メシにありつけたからいいちゃーいいんですけどね。

しかしこんなところで一旦物をリュックに入れたらしばらくそのままという
相方の(負の)習性が役に立ちました。

彼はめったにカバンの中を入れ替えたり掃除しない人間なので、
ゴミとしか思えない謎の物体もいろいろ入っているようですが、
覗いたら最後のような気がするので、私は普段彼の持ち物は覗かないようにしているくらいで・・・。
なんかデロンとした物が出て来そうで精神衛生上よくなさそうだし。

なにはともあれ、地図を見つけられた事で大きく前進しまして、
その後は迷う事無く、猿江稲荷神社横の直売所までは行けたのですが、
困ったことにそこに向かう途中にポツポツと雨が降ってきました。Σ(゚д゚;) 

おーのーれーー天気予報め!心から信じていたのに・・・
夕方から晴れるんじゃなかったんかい!


本能寺で明智光秀の裏切りを知った織田信長もこんな気持ちだったに違いない。

止んでくれる事を祈ったのですが、もはや運もこれまでだったのでしょうか、
直売所に着く頃には、すっかり本降りムードに・・・

ダッキーダック直売所 

さて、直売所ですが、私のイメージとしては不定期な直売会というと、
会議室のテーブルを用いたようなやっつけ的なお店(?)をイメージしていたので、
雨となると撤収してしまうのが心配でしたが、実際着いてみると、

ダッキーダック直売所

なんか普通にお店的な建物が建造されている?!Σ(゚д゚;) 

たった1週間ですげーーっ!豊臣秀吉かよ。

と驚愕したのですが、相方に言わせると先週からこの建物はあったみたいです。
シャッターは閉まっていたそうですが・・・

こんなデカイものも目に入ってなかったとは、私の目って穴が開いているだけっすね。(--;)

そしてこれまた多少やっつけ的ですが、自転車乗りには嬉しい駐輪場完備です。

駐輪場 

こんな事もあろうかと、サドルガードとしてレジ袋を持って来ていたので、
自転車が濡れるのは仕方がないですが、サドルだけは守る事はできました。
(・・・って、天気予報を心から信頼していたんじゃ?)

そして誰一人そこで食べていないのが不安ですが、
一応、パラソルのあるテラス席(?)というのもが設けてあるようです。

 ダッキーダック直売所

これは・・・あそこで食べていいってことだよね??(゚∇゚ ;)

お店の中も私の予想をはるかに超え、
思った以上に立派、つうか普通に小売店レベル。

ショーウィンドウの中は、これまた予想以上に充実したラインナップで、
アウトレット品とかではなく、おそらくレストランで普通に提供していると思われるケーキが、
20%オフ程度のお値段で売っていました。

しかもどれもこれも旨そうなので私も相方も興奮でプチパニック、
なにせ自転車なので持って(背負って?)帰る個数が限られちまうのが痛いところです。

その上、胃に収めて帰れないとなると、更に個数は限られるので死活問題、
この雨の中横十間川親水公園で食べるのは無理そうなので、
先手を打って外のテラス席(?)で食べていいのか先に聞いてたところ、
そこで食べてもいいという事だったので、購入個数は持ち帰り2個と、
胃に収める用2個の計4個と定めました。

これは慎重に吟味して選ばなければ!

そして「もう少しで不審者?」クラスに相方と2人であーでもないこーでもないと、
時間をかけてじっくり検討しまして、選んだケーキがこちら。

ダッキーダックケーキ

胃に収め用には「苺のシンフォニー(赤札価格380円)」
「キャラメルリンゴシフォン(赤札価格270円)」

持ち帰り用には、カボチャのシフォン(270円)、ストロベリーシフォン(290円)を購入。

気が付くとシフォンだらけやんけ。(゚∇゚ ;)

と思いましたが、このお店自体がシフォンケーキ押しのお店のようです。

切り落としやら失敗品やらのアウトレットも期待していたのですが、
そちらの方は期待したほど売っておらず、シフォンケーキの端切れっぽいのと、
つぶれシュークリームとやらが安価で売ってました。

気分的にテンパっていたので、アウトレット品は購入しなかったのですが、
考えて見ればつぶれシュークリームなんかは元からつぶれているので、
リュックの中で更に変形したとしても問題ないし、どうせなら購入してくればよかったと後悔。

直売会的イベントとしては、1000円以上お買い上げでビー玉が一個渡され、
スマートボールみたいな台に入れると何等かの賞が貰えるのですが、
ここも順当にくじ運の悪さを見せつけ、参加賞のクッキーを貰いました。

参加賞 

ちなみに次の人は2等とかを取っていたので、自分の参加賞のお寂しさが倍増っす。(--;)

直売所の横には狭いスペースですが、なぜか業務用のグッズを売っていて、
わが家だったら使い終わる前に賞味期限が切れそうなデカイマヨネーズとか、
デカイトマトケチャップとかが販売されていたのですが、
その中でコーヒー豆も販売されていて(普通の大きさでしたが)
お試しコーヒーを頂けたので水分なしの素ケーキにならず、
コーヒーとケーキで食べる事が出来ました。

飲み物は販売されていなかったので、助かりましたです。 ( ̄人 ̄)

思えば、ダッキーダックのデザートは、あまりお店で食べた記憶はないのですが、
ケーキはこれがなかなか旨かったです。
キャラメルリンゴシフォンの上に乗っているリンゴも、
程よく焼きリンゴ感が出ていて、ジューシーで美味しいっす。

また生地がシフォン系なのが功を奏しているようで、軽いのでツルツルいけます。
体重のことさえ考えなければ、あと1つずつぐらいは収めてこれたかも。

こういった次回のご案内的な券もくれたのですが、

073_R.jpg

この券によるとこういう直売会は月に2回はやっているようですね。

・・・い、意外と回数こなしてるんですね。

せいぜい一年に2,3回ぐらいなのかと思ってました。

ケーキも美味しかったし、季節によってケーキの種類も変化しそうなので、
また機会があったら来てみようと思います。

ますます雨足も強くなりそうなので、予定していた足漕ぎボートはもちろんあきらめ、
(そもそもこんな雨の中のん気にやってるわけないし)
食べた後は、家に速攻帰る事にしたのですが、
帰り道に私・・・というか主にベロンチョにちょっとした事件が・・・

その時は車通りの少ない道の車道を走っていたのですが、
前を走っていたデカイ四駆が信号のところで停車しました。

信号が赤に変わったタイミングだったので、

「赤信号で止まったんだろうな。」

と何の疑いもなく思い、四駆の左側も自転車で通れるほど空いていなかったので、
四駆の後ろで信号待ちをすることにしたところ、

なんと!その四駆がいきなりバック!!Σ(゚д゚;) 

年で瞬発力が鈍っていたせいもあるかもしれませんが、
その四駆のあまりに意表をついた行動に、私は一瞬頭が真っ白になりまして、
何の行動をも起こせずにいるうちに、

ためらいなくバック、そして構わず更にバック、

ある程度、車間距離をとって停めていたつもりですが、あっという間に詰められ、

ちょっ!待てよ!!

と心の中でキムタク風に叫びましたが、もちろん通じず、
とうとうベロンチョのタイヤに激突してきました。

このままではベロンチョが(つうか私もですが)潰される!∑( ̄ロ ̄|||)

と恐怖を感じまして、

「やめてくださーーい!!!(>_<)」

と叫びました。

あれ?今の声結構女らしくね?普段は低い声なのに、なんかメゾソプラノつーか。

って、んな事を思っている場合じゃないだろ!

激突されてもスピードがなかった為か、態勢は崩しましたが転ばずに済んだので、
なんとかベロンチョを車の横に出そうと思いつきました。

この間数秒なのですが、人間こういう時には、数秒でもいろいろ考えるもんですね。

しかし態勢が悪い上にあせっているので、ベロンチョは動かすことが出来ず、

もうダメだ!

とベロンチョのスクラップ姿が頭によぎった時、

車が止まる。

私の叫び声が聞こえたのか、障害物感があるのでおかしいと思ったのか、
たまたま止めようと思っていたタイミングだったのか、
何はともあれ止まってくれました。

よかったーーーーっ!!(T_T)

って、ホッと一安心している場合じゃねぇ。∑(゚∇゚|||)

ベロンチョには結構衝撃を受けたので、きっとどこか破損しているはず・・・

怖すぎて見るのもイヤだったのですが、おそるおそる破損箇所を確認したところ、
車もスピードが出ていなかったし、タイヤに当たったので衝撃を吸収してくれたのか、

衝撃の割には、意外にもベロンチョ・・・無傷?


ついでに私も・・・無傷。

ここで心底ホッとしました。

そして事故に気づいた車の運転手が降りてきたのですが、結構年配の方で、
もしかしたらバックミラーを確認を忘れちゃったのかも。^^;

私もベロンチョも無事だったので、なんて事無くそのまま別れたのですが、
迫りくる車に潰されそうになる感じは、トラウマになりそうな程恐怖体験でした。

相手が車だと自転車はなす術もないもんなんですね。

そして事故のため変なテンションが上がりつつも、
そぼ降る冷たい雨の中、震えながら帰って来たわけですが、
今回は前半で運を使い果たしたためか、後半はいまひとつのポタでした。

あれしきで済んだのは、ある意味運がいいかもしれませんが・・・

しかし返す返すも不思議なのは、相方も一緒にいるはずなのに、
いつもトラブルは私つうかベロンチョにばかり降りかかるのか?です。 

パンクもベロンチョばかりだし・・・
もちろん相方のくろまるくんにも何か起こって欲しいとか思っていないです。本当です。

家に着くと自転車はびしょ濡れ状態だったので、
間髪入れずに自転車のお掃除をしまして、
ここで相方初めての自転車磨きという実績を作るのに成功。(その模様は→こちら

これからは彼も「だって、やり方わからないもーーん」というセリフは吐けなくなったと思うので、
今までは温情で私が相方の自転車の面倒まで見ていましたが、
これからは自分の自転車は自分で面倒見てもらおうと思っています。

ちなみに家に持ち帰ったケーキはこちら。

ダッキーダックケーキ

持ってくる時のバランスが良かったのか、無傷状態での運搬に成功しました。

ダッキーダック券

次の日の朝ごはんに活用しましたが、こちらも美味しかったです。^^

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 人気ブログランキング

関連記事
コンビニデザートあなどりがたし・・・
昨日は金曜日でしたね。

私の若い頃、つまりはるか昔には「花金」とかいいましたが、
今はすっかり死語になりましたね。

そんな花金を満喫して、相方は昨日もたらふくアルコールを摂取してきたようで、
本日はポタの後しょう油の街市に行かなければならないのに、
お昼に起きてきて、二日酔いらしき症状でうな垂れております。

なんか夜中まで盛り上がっている相方を待っているのも不本意だったので、
私は昨日は先に寝たのですが、かなり酩酊して帰ってきたようでして、
朝起きると、出かけた時の格好のままでベッドで横たわってました。

残念な事に金銭的都合で別にシワになって困るレベルのものをお召しになっていませんので、
そのまま放置して居間に行くと、生温かくなった貢物たちが・・・

ほとんど要冷蔵のものですが、全体的にきっちり常温に戻されています。

そして起きてきた相方がそのデザートを見て一言、

「これ誰が買ってきたの?Σ(゚д゚;)」

って、あんたでしょ。他に誰がいるんだ?

サンタさんは大人のところには来ませんよ。季節はずれだし。

どうやらその辺の記憶は曖昧らしい・・・

しかし記憶にない中でもわが家の

鉄の掟その13飲み会に行ったら何か貢物を買ってくる”

を実行してくるとは、見上げたものだぜ、相方。

余程潜在意識の中になんらかの恐怖が刷り込まれているのだろうか?

その鉄の掟を破ったらどうなるかとか・・・

これらの貢物たちは本日の朝食になりましたが、
本日の貢物は私がコンビニ界のトップデザートブランドとして推奨する、
サークルKサンクスプレゼンツ“Cherie Dolce”シリーズ
(中にはシリーズじゃないのも混じってますが・・・^^;)

貢物

価格帯は100円台~200円台とデフレスパイラルを地でいってるような安価ぶりですが、
味は本格的、器さえ換えればレストランのデザートに出てきても、
おそらく私のような小者ならコンビニデザートとは到底気が付かないレベルです。

しかも責任者がエラく研究熱心なのか、
季節によって頻繁にラインナップを変えてきます。

前に食べて気に入ったものが二度と食べられない
という弊害はありますが、これも“Cherie Dolce”の長所の一つとして数えられる事でしょう。

欠点はと言えば賞味期限の短さで3日が限度というところですが、
なにせ意識もなかった酔っ払いなので、こんなに買って来てくれました。

全部食べれない事もないのですが、これからポタ(メシ)に行く都合もあるし、
カロリーもしっかり明記してあるので(この親切設計も欠点の一つかも)
ここは賞味期限を第一に考え、2つの商品を厳選しました。

こちらは「メープル風味のキャラメルモンブラン」

デザート

ちなみに剥がす前は“NEW”というシールが貼ってありましたが、
しょっちゅうNEW製品を出しているので、このシールを使わない時はないだろうなぁ。

生地はしっとりとしていて、どことなくティラミスチックなモンブランです。
最後に口に残るアーモンドの香ばしさもいい。

こちらはドーナツというか、生地がシュークリームに近い味わい。

デザート

うーん。しかし味は“Cherie Dolce”シリーズとしては普通かな・・・

と思っよく見たらこいつは“Cherie Dolce”シリーズじゃねぇ。Σ(゚д゚;)

似たようなパッケージだったので、危うく騙されるところでした。

しかしやっぱり“Cherie Dolce”シリーズと他の商品では何かが違う。

開発の味見担当の人がかなりの黄金の舌の持ち主なんでしょうね。

思い起こせば・・・このシリーズで一番度肝を抜かれたのは、
この夏に発売されていた「トマトのジュレ」です。写真がなくてすみません。^^;

スポンジケーキの上にトマトのジュレが乗っているデザートなのですが、
さすがの“Cherie Dolce”シリーズでも、これないわ。

見た目はいいよ。赤いし、なんか別の何かと思えない事もないし、

でもトマトって野菜じゃん。(‐_‐)

いや、野菜でもさつまいもとか、協調性がありそうなものはいいですよ。実績もあるし、
でもトマトみたいな脇役チックなのにやけに自己主張の激しい野菜は無理じゃね?

確かに最近、一部でトマトのデザートがブームになってというのは小耳に挟んでいましたが、
ここまで大胆に野菜であるトマトを前面押ししているのは、いかがなもんか?と思いました。

いくら“Cherie Dolce”シリーズとは言え、いうなれば所詮コンビニデザートだし。

新発売だからのようですが、あえてこれを買って来た相方のセンスを呪いつつ、
「まあ、これも人生の1ページだ」と食べてみると、

ウマーーーイ!

トマトの酸味がまたフルーツにない爽やかさを醸し出しています。

トマトやるじゃん。

つうかトマトを使う意外性で落胆から感動へとのドラマを生んだ
“Cherie Dolce”やっぱりスゲーーーッ!

その後、飲み会はなく気が付くとトマトの季節は終わり、
“Cherie Dolce”はサクサクと次の新作シリーズに移り変わったので
今では幻のトマトのジュレになってしまいましたが、
2010年夏に復活してくれるのを切に願います。

しかし来年にはトマトブーム(?)もすっかり沈下してそうだし、無理かなぁ。(--;)

・・・と書いている間に、すっかり相方も復活しました。
今からポタ(メシ)に行って来たいと思います。

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 人気ブログランキング

関連記事


広告



カテゴリー

にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ
人気ブログランキング



プロフィール

くろばい

Author:くろばい
愛車ビアンキ・パッソ
【愛称:ビンちゃん】
愛車2ビアンキ・ミニベロ9
【愛称:ベロンチョ(ベロちゃん)】
激情にながされ1週間で購入に至る
愛車3ママチャリ
【愛称:ソルジャー・チャーリー】
現在自転車3台を所有。
あまりの自転車の増殖率に
恐れおののく日々。
これ以上、増えることはないと
思いつつも、自分が信じ切れない
今日この頃・・・。

相方(くろばいB)
愛車:RSR-4(ブルー)
【愛称:ルイちゃん】
愛車2:ラレー・RSW SPECIAL
【愛称:くろまるくん】
新たにミニベロを購入して、
自転車わが世の春を謳歌中。
自己開発のアンゴラダイエットの
お陰で(いまのところ)メタボリック
危険水域を脱出。
しかし現在、ポタ時はポタメシを
思いっきり解禁しているので、
リバウンドに王手か?



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



月別アーカイブ



カウンター



ブログ内検索



RSSフィード

  • seo



おすすめの自転車本

わが家の自転車メンテナンスのバイブル!





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。