クロスバイクを買っちゃうぞ!
初心者がクロスバイク乗りになるまでの軌跡
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖縄から帰ってきました
朝起きるとぬけるような青空。

今日はごっつーいいお天気のレジャー日和、沖縄の海はさぞかし綺麗でしょうが、

・・・わが家はもう東京ですけどね。(哀)

昨日は沖縄旅行をギリギリまで満喫し、最終便で夜中に家に戻ってきましたが、
旅行料金が安価な梅雨時期の沖縄に行った為に自業自得とは言え、梅雨前線に祟られ、
日々・・・どころか時間単位で変わる天気予報に惑わされた沖縄旅行でした。

結局、沖縄の青い空が見られたのは、初日と最終日の夕方近くになってからで、
滞在中は曇り、雨、そしてときどき豪雨の繰り返し、それでもその間を綱渡りのようにして、
雨の狭間を縫いながら予定の1日沖縄ポタにも行けたし、
(寒くて泳げないけど)ビーチで満喫(?)できたし、
プールサイドで(天気悪くても強引に)酒も飲めました。
やっぱり寒くてプールには入れなかったけど・・・

昨日も当初の予定では那覇の町をレンタサイクルで巡る予定でしたが、
朝からの雨で完全にあきらめモード、他の土地を観光し、
ダラダラと那覇に向ってもやっぱり雨。

仕方なくレンタカーを返却するついでに、
DFSでダラダラと買い物をしてお外に出たら、
驚いた事に雨も上がり、所々に青空が見え隠れしていました。

その時の時刻は4時近く・・・

幸い(というか自ら選んだんだけど)飛行機は最終便に設定していたので、
空港への集合時間は7時40分、レンタサイクルを貸し出しているお店は、
空港からモノレールで15分位の「美栄橋駅」にありますので、
あと3時間近くはレンタサイクルに乗れる計算になります。

そうなりゃ、迷っている時間はナッシング。

早速、DFSのある「おもろまち駅」からとっとと移動、
「美栄橋駅」から徒歩1分の最高の立地にあるレンタサイクル店で、
レンタサイクルを借りて、首里城までぐるっとポタってきました。

今回のレンタサイクルですが、お店で貸し出し可能な自転車は、
なんちゃって(?)MTB、ママチャリ、そして電動自転車・・・

相方はMTBを選択しましたが、MTBは相方のサイズしかなく、
私の選択肢はママチャリか電動自転車・・・

何となくその場の流れでママチャリの方を選択しました。

電動自転車もカテゴリーにあるという事で、
うっすらといやーんな予感はしていたのですが、
美栄橋駅から首里城まではスゲー坂の連続、

「そう言えば、城って高いところに築くもんじゃね?(゚∇゚ ;)」

と気づいた時は時すでに遅く・・・

1.6kmのオール坂道をママチャリで上がる結果になりました。

やっつけ程度ですが、一応、三段階のギアが付いていたので助かりました。(--;)

お蔭で首里城近辺ではこの旅で初日以降ついぞ見る事のなかった
こんな沖縄っぽい綺麗な青空がやっと見れました。

那覇


東京行きの便に乗るまで残り2時間半の時の事です。(笑)

まあ、最後まで晴れないよりはよかったですが、
本音を言えばもう少し早く見たかったです。(--;)

結局、この旅では、2日目にレンタサイクルで約60km、
4日目にエアロバイクで20kmm、5日目にレンタサイクルで約8kmと
自転車及び自転車的なもので走りましたが、
距離が短い最終日が最も過酷で足と膝に来たかも。

沖縄の5日間は、私が血眼になりながらコーディネートをしたので、
何かにつけて強行スケジュールのすごい満喫っぷり、
ここにお得脳の相方も加わり、もう怖いもんなしです。

満喫は行動だけではなく食に関しても発動されますので、
ほぼ毎日早朝(6時台)からのホテルの朝食バイキング、
昼夜は沖縄そば、アグー肉、海ぶどう、途中サーターアンダギーやぜんざいと、
沖縄グルメを食べまくりの日々でした。

ある意味グルメもここまで来ると過酷さを増し、
ここまでいろいろ強化スケジュールだと、流石に体力も胃も疲れ、
普通は最終日には、

「まだ帰りたくなーい!!」

という所ですが、わが沖縄旅行に悔いなさ過ぎ!といいますか・・・

これで朝早くからバイキングを食べないで済むというか、
胃に何も入れない空腹な時間が持てるというか、
「兎に角、一旦家に帰ってリセットしたい」という思いの方が強くなるので、
いろんな意味で旅に悔いが残こらず、むしろおウチにそろそろ帰りたくなるのが、
私コーディネートの超満喫の旅の恐ろしいところ(?)です。

よかったら貴方の旅もくろばい旅行にコーディネートを任せてみませんか?

地獄の強化スケジュールで、阿鼻叫喚の旅いろいろな意味で
後悔のない旅になる事請け合いです。

ただし腹回りのすさまじい増加は保障しませんし、
苦情その他は一切受付かねます。

ちなみに今回私にコーディネートを一任したお客様、
KB(仮名)さんの腹回りは、ただ事でない危機的状況に陥っています。

人の事は言えんけど・・・

この腹がいつ元に戻るのか、つーか戻る事があるのか?神のみぞ知るです。

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。

にほんブログ村
 人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト
旅行太り解消(?)ポタ【前編】
月曜日に沖縄(飽食)旅行から帰ってきまして、
あまりに怖すぎてとてもじゃないけど体重が量れなかった私共ですが、
今朝、勇者相方さんが、意を決してあの悪魔の乗り物(別名体重計)に挑みました。

結果、約3kg強の増加!

・・・人間って、たった5日でこんなに太れるもんなんですね。

出発前からして若干増加気味だったので、
金輪際見た事のない数字をたたき出してしまいました。

「・・・どうしたら元に戻るの?」

と、途方にくれた相方はその太い腹から出ているとも思えない程の
力ない声を上げていましたが、

私にも何をどうしたらいいやら、とんと・・・

そんな相方の悲惨な状況を目の当たりにして、
心は恐怖でいっぱいになり、私はとてもじゃなくても体重計には乗れませんでした。

少し痩せた兆しが見えてきたら、こっそり乗ってみようと思います。

さて、相方さん(と私)の腹周りもひと回り(どころではなく)育てるような
いろんな意味で超過密スケジュールな濃厚な旅だったわけですが、
気力も体力も使い果たす事を予想していたので、相方は昨日まで会社に休みを貰い、
旅の疲れを癒すべく家で一日のんびりする予定でした。

が、

起きてみるとあまりにいいお天気だったので欲ガデル。

自転車病といいますか、お天気に家にいるといたたまれない気分になり、
結局、午後からちょっとだけのつもりで自転車で出掛ける事にしました。

せっかくの平日のお休みなので、それなら平日しかできない事をやろうと、
向った先はランチが平日にしかないお店。

平日にしかできない事ってそれかよ。

とお思いかもしれませんが、わが家の基本原動力は常におおむね食い物、
雨の日(は基本ポタらんけど)も風の日も飽食祭りの後も食べ物なのです。

沖縄の旅行中はあまり晴れた日に水辺のカフェにいけなかったので、
そのフラストレーションもあり、都内の水辺カフェスポットに行こうと思いつきました。

ところで先日、見かけた途中下車的なテレビ番組では、
江戸は水の都だったというような事を言っていたのですが、
確かに都内には川がいたる所に流れているものの、
水辺のカフェとなるとなかなかないもんなんですね。

散々検索した結果、いい塩梅のカフェが見つからず・・・

結局、先日も行った浅草の水辺のカフェ、「カフェムルソー」」さんに行く事にしましたが、
「他の水辺カフェも発掘したい」とへたに欲を出して検索に時間を取ってしまったので、
ランチ時間終了までのタイムリミットは残り30分、
わが家から浅草までの距離を考えるとかなりギリギリになります。

コイツはヤバイ!と思ったわが家は戦闘ライドモードに入り、
いつもはふにゃけたまったりダラポタのわが家が、
気迫のライドで13時57分にお店に着、なんとか滑り込みセーフ。

カフェムルソー

しかし着席できたのは14時ジャスト・・・

ランチメニューを渡されるかは、お店の判定次第と微妙なところでしたが、
わが家のヘンな気迫が伝わったのか、審査の末(?)OKとなったようで、
めでたくランチメニューが渡されました。

よっしゃ!

と私共は心の中でガッツポーズをとりましたが、考えてみれば、
食い物が絡んだ時とレンタサイクル返却時間が差し迫っている時しか
この気迫のライドができないのは、

自転車乗りとしてどうなんだろうか?

と疑問に思わざるを得ません。

太陽の下で昼間見ると目の前の隅田川はどす黒い深緑、
その辺はお世辞にも麗しいとは言えませんが、
お天気のいい日の水辺のオープンカフェというのは、
理由はなんだかよくわからんけど心地のいいものです。

このカフェから浅草のランドマークのうん・・・じゃなくて炎のオブジェビルも見えますし、
その後ろには隅田区期待の新ランドマーク、
目下工事中の東京スカイツリーも見えます。

スカイツリー

あれ?気が付くと東京スカイツリーって、
いつの間にか展望デッキらしきものができてるやん。(゚∇゚ ;)

他所のお子さんと建物はいつの間にか育っているもんですね。

2代ランドマークを見ながら、ランチに付いているスープとサラダをつまみつまみ、

サラダ

まったりと過ごしているうちに料理が到着、
私が「本日のパスタ」(1,100円)

パスタ

ミステリー感を楽しむ為に、本日のパスタとはあえて何か聞かずに注文したのですが、
どうやら明太子のクリームパスタのようです。

クリームは濃厚タイプではなくスープタイプでさっぱり、
元から明太子を和えていないので、明太子の生感が楽しめていいです。

ミステリーの醍醐味で、料理が到着するまでちょっとスリルだったのですが、
かなり好きなタイプのパスタを引き当て“アタリ”感も味わえました。

相方は「ビーフシチューランチ」(1,500円)

ビーフシチュー

おそらく沖縄ではソーキにてびち、アグーと豚を食べまくっていたので、
「そろそろ牛も食べたい」と思っての注文だと思われます。

ルーが若干甘口で牛肉がゴロゴロ入っている
なかなか値ごろ感のあるビーフシチューです。

ランチで食べられるものは、おそらくランチ時間が過ぎても
通常料金でも食べられるメニューのものと思われますが、
必死のライドで勝ち抜いた程はお得なお値段設定となっていると思います。

ところでランチにはこれにコーヒーとクッキーが付きますが、
実は300円をプラスするとクッキーの変わりにケーキが付けられるようです。

当然、相方はケーキを付ける事を要求しましたが、
私が相方の腹を3秒正視した後、

「(残念だけど)祭りは終わったんだよね・・・。」


とつぶやいたら、要求を退けました。

いや、本音を言えば私とてケーキがあるなら付けたいですよ。

しかし酔いつぶれた時にどっちかがしっかりせんといかんように、
ここで私が防波堤になって頑張らんと、
どこまで腹の肉が決壊しまくるか予想もつかんので仕方ありません。

テーブルは低めなので、前方に見えるは相方の育った腹、
そして認めたくないけど、沖縄出発前よりそこはかとなくきつくなっている
ジーンズのピッタリ感を感じ出していると、急に走り出したくなりました。

そうだ、荒サイに行こう。

荒サイ行きを相方に提案すると、相方もOKしたものの、

問題は荒サイを走った後はどこの(食べ物の)お店に寄るからしく、

「何も食べる予定がないのに、どこにもいけないよ。」

と相方が駄々をこねやがる。

って、主にカロリー消費目的で走ろうって言ってんのに、
それ以上、カロリーを摂取しようとしてどうする。

つーか、その腹で駄々をこねている場合なのか?!

その後、抗議の意味もこめ、無言で10秒程相方の腹を見つめたら、
相方も急激に走りたくなったようで、カロリー消費目的で荒サイに向かいました。

・・・つづきます。m(__)m

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事
旅行太り解消(?)ポタ【後編】
前代未聞の数値となった相方の体重と、目測で最高値の相方の腹周り、
そして自らのジーンズのピチ加減を考えて、何故だか急激に走りたくなり、
(というか走らなくちゃいけないんじゃないか?という気になり)
旅行後ののんびりな休日が一転、荒サイに出る事になりました。

とは言え目的地を定めないと荒サイは果てしないので、
目的地はありがちではありますが、「都市農業公園」にしました。

「・・・都市農業公園と言えば、ソフトクリーム全種類制覇が
途中で頓挫したままなんだよね・・・。」


と不敵な笑みを浮かべる相方。

都市農業公園には売店があり、「どこのマニア向けだよ」と突っ込みたくなる程、
スゲー種類のソフトクリームが販売されていますが、
数年前、そのソフトクリームを全制覇するのが相方の野望でした。

ある意味、小さいというかささやか過ぎる野望ですが、
気が付くと季節限定の味や新商品が次から次へと出てきまして、
なかなか野望達成までは楽しいながらもイバラの道というか・・・

そのうちに根性なしの私達はそもそもあまり荒サイを走らなくなり、
“頓挫”という言葉を使うのも恥ずかしい位の種類しか食べる事が出来ず、
まあ、頓挫したままなのです。

野望を達成できなかったのは、未だに心残りというのはわからないでもないですが、

なぜ、今再開する必要がある?

ここまで頓挫させておいたのなら、ダイエットに成功するまで(いつの事かわからんけど)
頓挫させておくべきでしょうが。

という訳で、何も食べない事を取り合えずお約束をして、
都市農業公園に向いました。

・・・って、子供かよ。(--;)

さて、わが家は最近ではめったに走らない荒サイですが、
久々に荒サイに行ってみると、目に鮮やかに草木が茂っていました。

荒サイ

いつも荒サイに出ると主に向かい風に悩まされる私共ですが、
この日の荒サイはほぼ無風、その上暑くもなく寒くもなく、
めったにないベストコンディションな感じの荒サイです。

自転車に乗る上でここまで全てが丁度ええ感じだと、
テンションも上がり、黙々ユルユルと荒サイを走りました。

しかしあまり来ないとは言え、最近の荒サイで気になっていた事が一つ・・・

いつの間にか荒サイのいたるところに白い大文字で地名(?)が
書かれているようになったのですが、

荒サイ文字

これは一体全体、どなたに向けて発信している文字なのでしょうか??

荒サイにいる身としてはデカイだけで判別し難いし、
丁度、鉄橋があったりする場所にあるので電車に向けてでしょうか??

それともヘリコプターとか宇宙に向けてなのか?

そもそもこの記載があると便利な事があるんでしょうか?

いろいろと謎です。

そして荒サイを走る時のランドマークの一つでもあり、
サイクリストの心のオアシス、某電機店を過ぎようとする時に驚きの発見が!

なんか増殖しているっ!!(゚∇゚ ;)

島忠ホームセンター

新しく「島忠ホームセンター」なるものが増えています。

いつの間に?!

最近はまったく荒サイのこちら側に走った事がないので、
工事している事すら知りませんでした。

ここが第二の荒サイ心のオアシスになる予感を覚えつつ、
その辺は帰り道で詳しく潜入調査するとして、
まず、目標地点と決めていた「都市農業公園」に向いました。

ほどなくして対岸に渡り「都市農業公園」に到着、
久々の都市農公園は平日の4時過ぎともあり、人もまばらです。

都市農業公園着

自転車を停め、まずはいそいそと都市農業公園内にある「レストランさくら」に・・・

レストランンさくら

結局、なんか食うんかい!

と思われるかもしれませんが、違います。

なんとなく公共チックな造りではありますが、ここレストランさくらも
そう言えば(荒)川の見える水辺のカフェというのを思い出し、
ここは水辺のカフェつながりで、お茶を飲もうとしたのです。

まあ、席に着いちゃった場合、その場の雰囲気というか、
流れ的にサイドメニュー的な食べ物を頼まないとも言い切れませんが・・・←オイ。

レストランは2階にありますが、1階の階段部分に営業時間が記載してあり、

“閉店時間5時、ラストオーダー4時30分”とあります。

この時の時間が4時15分だったので、お茶を飲むぐらいは間に合うと、
安心して階段を上り入店しようとすると、係りの方が飛んできて、

「営業は4時までなんですよ。」

と笑顔でお断りされました。

えっ?!しっかり5時までって書いてあるのにぃ??(゚∇゚ ;)

と思いましたが口には出さず、スゴスゴと階段を下リル。

相変わらずどこか公共チックな雑な自由な営業です。

しかし入れてもらえないのでは仕方がないので、
1階に設置してある自動販売機で何かを飲む事にしました。

同じ1階には相方トラップとも言える、ソフトクリーム販売所があるのですが、
自由な営業方針ゆえに人もおらず、その中で私の目を掻い潜り、
店員さんを呼んでまで食べる気力はないようで、
相方はあきらかに落胆した目でダイエットコーラを購入。

私は“失ってしまった何かを取り戻そう!”

飲料水

という現状にピッタリな宣伝文句にまんまと引っ掛かり惹かれ、
色を見るととても健康に良さそうとは思えないですが、
健康飲料のような雰囲気を醸し出しているこちらのドリンクをチョイス、
公園の椅子に腰掛けひとダレする事にしました。

この毒々しい色のドリンクは色々な種類があるようで、
すべてにおいて毒々しい色ではないのですが、
それぞれ効能が違うようです。

失った何かを取り戻してくれるというこの紫色のドリンクは、
どのような状況の人に向いているのかの該当者例文があったので読んでみると、

飲料水

“結婚式の2次会で久々に元カノに遭遇、何やら期待をして3次会まで残ったら、
肝心の元カノはいねーーっ!
結局、残ったのは二日酔いだけ・・・”


という状況時に飲む飲料水らしいです。

ピンポイントでそんな状況が訪れる人が日本に何人いるかは知りませんが、
飲んでみると、確かに失った何かを取り戻せそうな味でした。

お蔭で失った何かを取り戻せそうな気はしたものの、
あくまでカフェを目的に来た為に、何か物足りない・・・

そう、ケーキ・・・とかじゃなくてコーヒーです。

5時近くになり都市農公園も“帰れ帰れオーラ”に包まれだした事だし、
ここは足立区におけるマイフェイバリットカフェである、
ハワイアンカフェの「HALE`AINA(ハレアイナ)」さんに、
コナコーヒーを飲みに行く事にしました。

ちなみにこのお店はハワイアンだけありパンケーキがごっつ美味しいのですが、
まあ、その場の流れによっては注文を余儀なくされるかもしれません。

お店の場所は荒川と隅田川にはさまれた丁度デルタ地帯にあり、
これまではケーズデンキの横の道を入るのが最善の道のようなのですが、
方向オンチーなわが家としては結構わかりにくい場所にあるので、
毎回、毎回性懲りもなく迷っていました。

しかし島忠ホームセンターが出来た事により状況は一変、
島忠ホームセンターの横になんか走りやすそうな道が出来ていたので、

横道

(もしかしたら元からあったかもしれませんが)何かに導かれるようにそこを降り、
そして何かに導かれるように隅田川沿いの道を走り、
右に曲がって左に曲がりどんずまったら左に曲がったら
あっさりお店に到着しました。今までの苦労は何だったんだ??

こんなに簡単にこのお店に到着した事は、ついぞなかったので地味に偉業ですが、

ハワイアンカフェ

肝心のお店は終了。

よくみるとこのお店は4時までの営業のようです。
あれ?そうだったっけ?(゚∇゚ ;)

これは私共のような食い物を見るとつい注文してしまう迷える子羊を救うために、
ダイエットの神様の邪魔・・・じゃなくて、ご加護があるとしか思えません。

ちくちょー・・・じゃなくて、ありがたや、ありがたや。(-人-)


相方情報によると、先程、島忠ホームセンターの横を通った時に、
モスバーガーの看板も掲げてあったという事で、
今回は島忠探索ついでにモスで手を打つ事として、
仕方がないので手ぶら(というか腹ぶら?)で島忠ホームセンターに戻る事にしました。

荒サイにおける第二のオアシスになる可能性を秘めたこの島忠ホームセンター、
どの道、ここは潜入調査せねばならんと思っていたところです。

島忠ホームセンター

ところで「島忠」というと家具のお店だったような気がしますが、
家具オンリーというのはこのご時勢ではいかんともしがたいものがあるのか、
最近はホームセンター等も幅広く経営されているようで、
1階にはホームセンター、2階が家具売り場、
そして地下1階には、なんと!テナントとして「OKストア」が入っています。

島忠ホームセンターラインナップ

「OKストア」噂に聞くと激安スーパーらしいですが、
うちの近くには店舗がなく、残念ながら行った事がありませんでした。

ここは是が非でも潜入しなければ!


とギラギラしながら、まずは1階のホームセンターへ・・・

店舗の間口はあまり広くないので、店内は狭いと思いきや、
縦に長いタイプのお店で日用品から植物と品揃えも豊富、
郊外の巨大ホームセンターとまではいきませんが、そこそこな品揃えです。

2階部分の家具店は良くある島忠の家具店で、
通常家具から寝具までありましたが、今のところ特に必要な物がないので、
そこは流す程度に・・・も少し雑貨類があると楽しいのですが・・・

ただ入口付近にあるクッション型のマッサージ器(7,800円)、
小さい割にはいい仕事をしていたので、真剣に購入を考えました。
ポタ途中で背負って帰れそうにないんで結局、断念しましたが・・・

モスバーガーは1階にあるのですが、独立したお店ではなく、
フードコート風なところにあります。

フードコートと言っても入っているお店はモスとラーメン店の2軒、
若干、寂しい感じがする布陣です。

ダイエットの神様の思し召しか、モスも通常のお店よりも品数が少ないようで、
あまり楽しいデザートもなく、文字通りお茶「抹茶」のみにしました。

抹茶

のんびり出来る雰囲気はあるんですが、場所柄いろんな音が混ざり合い、
多少雑然としているかもしれません。

フードメニューは普通に充実していましたので、
季節がよければポタ途中にテイクアウトして荒川の河原で食べるのもいいかも。

さて、ちょっと寂しいお茶タイムも終わり、とうとう期待の「OKストア」へ潜入です。

地下1階にあるとは言え、通常のスーパーならそのまま入りたい放題ですが、
エスカレーターを降りていくと、いきなり入口には税関を通る時のような金属の扉が!

どうやらこのスーパーには、他店で買ったものや手荷物などは
設置してある大きなビニール手提げ袋に一時入れる、
カートは他店のものを使わない等の独自のお約束があるようです。

通常のスーパーとは違う雰囲気に私共は間違いを犯して叱責されないかと緊迫、
スーパーに入店というより、違う国へ入国のような気分で金属の扉を潜りました。

入った途端、

ビーーーッ!!

と警報機が鳴り響き、警備員が山程駆けつけ・・・

という事になったらどうしようかと思いましたが、特に何事もなく無事入店、
入口が入口なんてどんななのかと思いましたが、中は至極普通です。

記憶違いかもしれませんが、昔テレビでOKストアの特集をやっていた時には、
かなり雑然とした店内で「1袋○○円」とかのタイムサービスをやっているイメージがありましたが、
実際の店内はかなり整然としていて、普通のスーパーと変わらないんですね。

入口が厳戒態勢なんでちょっと拍子抜けしつつも、
野菜コーナーから普通に買い物をしましたが、値段を見ると確かに安いです。

うちの近所の価格競争を放棄したようなスーパーに比べると、
どの製品も確実に1~2割以上は安いような気がします。

その安さに俄然アドレナリンが放出。

自転車で来ている事だし、ただ単にちょっと覗くつもりが、
あれよあれよと買い物カゴが7割程度埋まり、
気が付くと2人のリュックに配分しても
そろそろ自転車で運ぶには限界値まで達するまでに・・・

やばい、これ以上買ったら背負って帰れねぇ。


これ以上、商品を見てはいけない。

と理性では思うものの、目が、つい目が・・・。

そして運命に導かれ最後に目が合ってしまったのが、
なんだかやたら安い「握り寿司」(499円)

タダでさえ安い価格がいかなる理由か更に20%引きされています。

つーと幾らだよ?!(゚∇゚ ;)

咄嗟に計算できませんが、めちゃめちゃ安い事だけはわかります。

ネタもぜんぜんショボくなさそう・・・

幸い(?)夕食も決まっていませんし、リュックに入るかどうかは微妙ですが、
ここは見切り発車で2人前購入しちゃう事にしました。

さすがにこれ以上、何かを見つめてはいけないと、一心不乱にレジにいきお会計、
めちゃめちゃギリギリになりましたが、なんとか2人分のリュックに
ギュウギュウに荷物を詰め、重いカバンを抱えて荒サイを帰路に着きました。

それにしても肩に来るというか首に来る重さ。

荒サイを走っている間中、頭の中では昭和の名曲「学生時代」の
“重いカバンを抱えて♪”という所がリフレーンしまくりましたよ。(--;)

家に帰って私のリュックの重さを測ると総重量は4.4kgありました。

ワインもハーフとは言え、ボトルで買っちゃったしなぁ。←オイ。

こんな状況で十キロ近く走ってきたのでお寿司の無事だけが懸念されましたが、
逆にギュウギュウとした文字通り鮨詰め状態が功を奏したのか、
お寿司は美しく無事でした。

寿司

中トロさんもinされているしネタもなかなかで、
お値段を考えるとかなーりいい感じです。

これから荒サイに行った時にはつい寄ってしまうんじゃないか?

そして学生時代を口ずさんで帰ってくるハメになるんじゃないか?

そんな予感がうっすらとしたりします。

ところで、気が付くとのんびりDAYが一転、むしろわが家としては、

いつもより余分に走っちまってるじゃないかーい!∑(゚∇゚|||)

あくまでわが家的には長めですが、普通の単位で換算すると
まったく大した距離でもないので、次の日に影響はナッシングでした。

つーか、ほんの30km強で

凄く走ったぜ!(゚∇^d)

と思っちまう性根こそ何とかしないといかんのかも。

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。

にほんブログ村
 人気ブログランキング

走行時間:2:37.20
走行距離:36.33km
最高速度:29.5km/h
平均速度:13.6km/h
関連記事
ユニクロのピナレロTシャツ
沖縄飽食祭りの次の日の相方、体重を量ったらプラス3kg強になっていました。

その後、私もつい怖いもの見たさで、つい体重を量ってみちゃったら、
プラス2kgでかなり凹みました。orz

そこで改めて他人事ではなくなり、慌てふためいた私は、
手っ取り早く痩せる為にも夜は野菜のグリル等を中心とした
ダイエットメニューも少々取り入れてみたのですが、
そのかいあってか、早くも相方は-2kg、私は-1.2kg減りました。

旅行から帰ってまだ一週間も経っていないのに、
体重って、急激にそんなに減るもんなの?!(゚∇゚ ;)

急激に増えた体重は、急減に減るもんなんだろうか?
(だったら食べた方が勝ちじゃん)

これは旅行中も一応、運動をしていた為でしょうか?

それとも一旦減ったと見せかけて、実は肉は後から付いてくる作戦でしょうか?

安心していいんだか、安心するのはまだ早いんだか、

今後の展望が読めません。(>_<)

ところで、今か今かと発売が待たれていたユニクロと
自転車メーカーのコラボTシャツですが、延び延びになった末に、
とうとう6月3日から店頭販売されたんですね。

コメントで教えていただきまして、売り切れないうちにと、
早速、昨日近くのユニクロにいそいそと行ってまいりました。

全国の自転車乗りが待ちかねていたコラボTシャツ、
販売から1日経ってしまい、ちょっと出遅れた形になりますので、

売り切れていたらどうしよう。

とハラハラしながらユニクロに向ったのですが、
まだまだ自転車乗り自体が全国規模では少ないのか、
大人気を見越してすごい数を作成したのか、
発売1日で売り切れる程でもないのか、近くのユニクロが穴場なのか、
つつがなく全種類、サイズ選びたい放題残っていました。

ユニクロに向うまでは、相方の分と私の分を購入しようと思っていたのですが、
(お揃いになるのはアレなので2社の分を)
実際のブツを見てみるとちょっと男性向けなような気がしたので、
相方のTシャツだけを購入。

濃い目のお顔の相方には黒が一番似合う色なので、
黒のピナレロをチョイスしました。
ちなみに他には「ジェイミス(オレンジ)」「ジャイアント(ブルー)」「リドレー(パープル)」がありました。

残念ながらわが家の自転車とおなじブランドがなかったのですが、
ピナレロはサイクルモードで試乗した事があるので、
道でぶつかった程度の縁ですが、縁がないとも言い切れないし。

そして購入したピナTはこちら。

ピナT

黒にオレンジのロゴでなかなかデザインもシックですし、
ドライタイプでなかなかポタ時に最適そうではあります。

そして本日は早速着心地を実験しようと自転車に乗ろうと思っていたのですが、
朝から雨予報で、しかも雷付・・・とな?

午後にならんとお天道様が拝めない西向きのわが家は、
その予報を信じて、家でじっとしていましたが、
午後太陽が回ってきて初めてしっかり事実を把握したところ、

もしかして晴れとるんやん??(怒)

しかし予報を見ると、にわか雨がある模様ですが、
このまま騙されたような怒りに任せて、
ピナTの試着のポタに行って来るか迷っています。

でも今日あたりピナTを着た人が荒サイには多かったりして・・・

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。

にほんブログ村
 人気ブログランキング
関連記事
思いがけない(?)ハプニング【前編】
“ネコババ”という言葉はにゃんこが自分の恥ずかしいブツを
隠す事から生まれた言葉らしいですが、
自転車を初めてもうすぐ3年のわが家にとって、
自分でもさすがに情けなく思う出来事が昨日ありまして・・・

今回ばかりはブログに記録するかどうか正直迷ったのですが、
どんなに情けなくとも

それがわが家の現実、自転車生活の1ページ

と思い、意を決して記録することにしました。

さて、昨日「雨」予報だったはずが、午後になりぐるっと西向きのわが家にまで
太陽の光が差し込むのを見まして、

今回も天気予報に謀られた

と悟った私共は、先日に購入したユニクロピナレロTシャツの
自転車乗車時の着心地を調査する為に、結局ポタに出掛ける事にしました。

ピナTを装着した姿はこんな感じです。

ピナT

よく見ると可愛らしいウサギのドクロのようなマークが付いていますが、

ドクロうさぎ

これはピナレロのマーク?・・・じゃないっすよね。

しかしドクロつまり骨なのに、耳部分が残っているのが不思議です。
そこがないとウサギだかなんだか判別不可能になるでしょうが、
あの部分に骨ないだろ。

そしてこの相方のピナTとは別にもう一つ、
私の方もついでに調査をしようと思ったのがこちら、

パーカー

以前、ブログで紹介したニッセンの紫外線遮断率80%以上という、
「ガーゼ天竺UVカットパーカ」です。

ガーゼ素材で蒸れにくく、真夏まで羽織れるという触れ込みのこのパーカーに、

ホントかよ。

と思いつつも、紫外線が気になるお年頃の私は興味津々だったのですが、
買おう買おうと思いつつも、私は何事もケツに火が付かないと、
・・・もとい期限が差し迫らないと行動しない性質なので、
今年の初夏は比較的涼しかった事もあり、通販手続きが面倒で、
(その程度の事を面倒と思うなんて我ながら終ワットル)
グダグダと購入していませんでした。

しかし先日、紫外線満載(と思われた)の日本最南の県、沖縄に行く事になり、
旅行に間に合うようにあわてて購入、調査に最適(と思われた)沖縄の地でその実力を測るべく、
装着する予定だったのですが、あまりに太陽が輝かない日々だったので、
ケロリとUVカットのパーカーの存在自体を忘れ、さっぱり着る機会を逸していました。

そして昨日、紫外線もいい感じに降り注いでいるように見えるし、
真夏・・・とまでは行きませんが、気温もいい感じに上昇している模様です。

機は熟した・・・

という事で相方のピナTと同時に、この夏に向けてのお役立ちアイテム(になるであろう)
UVカットパーカーをお試しする事にしました。

通販というのは現物を見て買うわけではないので、
どうしても現物とイメージ画像には乖離があるわけですが、
こちらのUVパーカー着心地はというと、
イメージ画像ではも少しサラサラ感があるタイプのように見えましたが、
不快ではないもののガーゼ特有のザラ感がある肌触り、
これまた画像では超薄手に見えましたが、結構しっかりとした布です。

80%以上もの紫外線を撃退するには、
この程度の布の厚さは仕方がないのか?


しかしどうしても布の厚さ=暑さに直結すると素人は思いがちですが、
そこが素人の浅はかさ、化学繊維の部門も日々進化しているだろうし、
こんな感じの布で灼熱地獄の真夏でも快適をもたらしてくれるのだろうか?

うーん、(私は進化に貢献しているとは思えませんが)人類の進化は目覚しい。

と、少々の疑問を抱えつつも、相方はドライメッシュのピナT、
私はガーゼの長袖パーカーを着て、
ちょっと紫外線的にはピークを過ぎた感のある14時半に家を出ました。

行き先は、火曜日のポタで荒サイに行った時に
急遽行き先に設定したものの、時間外で閉まっていたハワイアンカフェ、
このハワイアンカフェの閉店時刻は16時なので、
わが家からの距離を考えると結構ギリギリだったのですが、
火曜日に行けなかった時から、どうしても頭の中がハワイアンパンケーキになり、
大急ぎで向かう事にしました。(で、ダイエットは?)

ピナTの試着でもあるので、できれば荒サイを黙々と走りたかったのですが、
荒サイ側からアプローチすると、わが家からこのお店は多少遠回りになりますので、
食に目が眩んだ私共は、荒サイは帰り道にして、行きは距離優先で向う事に・・・

しかしそれがこの後、自分達のダメ自転車乗り加減を再確認するような
不測の事態に見舞われる事になるとは、
頭がパンケーキになっていたお気楽な私共には、
この時は思いもしませんでした。

「ちとは想像しとけよ。」と今なら思います。

家を出て時間に追われ、必死に自転車を漕いでいると、
それぞれ着ている服の試着には丁度いい感じに熱くなってきました。

そこでそれぞれの試着の感想ですが、
相方のピナTはさすがユニクロのドライメッシュ素材を使っているだけあり、
汗かきの相方でもサラサラした着心地のようです。

ユニクロのドライメッシュタイプは去年の夏も着ていたのでそれを考えると、
このピナTも夏にはいい仕事をしそうです。

ドライメッシュTシャツは、過酷に暑い時には、
直接水を掛けて涼を取りつつポタる事も可能ですし・・・

そして私の方のガーゼパーカーですが、
覆っている分紫外線を直撃する心配はないでしょうが、

普通に暑いし、やっぱりそこそこ蒸れます。

おそらく薄手の長袖を着ている感じの暑さと蒸れ感はあります。
(実際、薄手の長袖を着てる状況なんですが)

手の甲までカバーするように、袖の部分に指を入れる穴があり、

パーカー

これは日焼け止め効果的には便利ですし、運転の邪魔になる事はないのですが、
このままハンドルを握ったりするとここだけ激しく汚れそうですね。

もちろん真夏のポタ時でも着れない事もないでしょうが、

ただしやる気と根性、そして気力があれば。


ものすごく冷え性とかちょっとご近所までとかならさほど苦痛はないかもしれませんが、
今この程度の暑さでこの蒸れ感では、真夏の本格ポタに出掛ける時には
キツイような気がします。

つまり着れるか着れないかは貴女次第ってやつ?

それとも真夏に着ると何か別の機能が発動して、
暑さに比例して冷たくなる素材・・・という事はないだろうな。

でもそんな事があったらいいなぁ。と夢見つつも、
足はパンケーキに間に合うように、急ピッチでペダルを回していたのですが、
あくまで距離優先の道を行くとなると曲がりくねった住宅地、
そして工場のようなところも通る事となります。

工場の近くには自転車に危険な未知な危険物も落ちている事もあるようですが、
あとカフェまでおよそ5分程度、どうにか閉店時間までに間に合いそうとホッとしたその時、
とうとうそのハプニングが起こったのです。

・・・この先は誰もが想像つくことだと思いますが、続きます。m(__)m

ちなみにこれからこのハプニングが元で自転車店に行って来たいと思います。

ハプニングは相方の自転車、くろまる君に起こったのですが、
私の自転車もこのところブレーキを掛ける時にたまに異音がなるようになり、
丁度いいところなので、私の自転車も見てもらおうと思っています。

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと2つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング

関連記事
思いがけない(?)ハプニング【後編】
何やら未確認物体も落ちていそうな工場地帯を快調に走り抜け、
ハワイアンパンケーキまで残り予想時間はほぼ5分、
時間は3時をちょっと回ったところで時間的にも間に合います。

ハワイアンカフェは完全に射程距離に入り、

もらったーーーーっ!

と喜びのリミッターが絶頂になりかけたところで、
(わが家的には)不測の事態が起こったのです。

前を走っていた相方が、突然止マル。

何やってんの?パンケーキに間に合わなくなっちゃうぞっ。

と寸前までのん気に思っていたのですが、
次の瞬間相方より冷や水を浴びせかけられるような一言が、

「・・・パンクしちゃったみたい。」

何ーーーッ?!∑(゚∇゚|||)

パンク

確かに見ると相方のミニベロは後輪がペチャンコ。

・・・ところでクロスバイクから始まり、
そしてミニベロにも乗るようなったわが家の自転車人生、
特に相方は自転車の納車事情上私よりも1歩早く、
2007年8月に納車されましたので、ほぼ3年になります。

その3年の中でわが家のパンク暦は、お互いのクロスバイク0回、
私のミニベロ2回、相方ミニベロ0回、

つまり相方の自転車はこの3年間でパンクが0回、

そんな奇跡的な悪運の強さを誇っていた相方ですが、

とうとう自転車の神の鉄槌が下される時が来たかっ!


まあ、この状況だと当然、私も巻き込まれるので、
相方にのみ鉄槌が下ったとは言いがたい。

パンク修理になれた方なら5分程度でちょちょいとできるかもしれませんが、
パンク3年で2回と言うなんとも嬉しいような寂しいような戦歴のわが家、
毎回、やり方を忘れた頃にパンクという状況なので、
知識力も技術力もお互いに0に近い・・・

サヨナラ、パンケーキ・・・

せめてあと5分持ってくれれば。・゚・(ノД`;)・゚・

と心の中でハワイアンパンケーキに別れを告げ、
今、向き合わなければならない最重要課題、
パンクをどげんかせにゃなりません。

が、

その3年でパンク暦2回でさえ、1回目は家に置いてある時の謎のパンク、
2回目も家まで至近距離だったという妙な悪運ゆえに、
パンクに対する“緊張感”がわが家には圧倒的に不足しており、
お恥ずかしい話、この時も、

あれ?修理道具とかって持ち歩いていたっけ??∑(゚∇゚|||)

と早速、青くなりました。

ごそごそと相方がリュックを探ると、出てきたのが以前購入したこちら、

パンク修理キッド

エロイ(絵柄の)パッチが付いている「knog」のパンク修理セット、
パッチはエロイがオシャレ重視なので、

うわーっ、めちゃくちゃたよりねぇ。・・・かも。

で、でも、ないよりマシ、でかした相方!

と気を取り直したのですが、

「でも、ポンプ置いてきちゃったんだよね。」

って、ダメじゃん。

パッチ貼れてもポンプがないとあんま意味ないかもね~。(笑)←笑うしかない笑い

しかし過去2回のパンクもそうなのですが、妙に悪運が強いというか、
いつも徹底的に痛い目に合わないのが、わが家のパンク事情。

この時もパンクした場所から数百メートル先には、
今年4月にオープンしたという「島忠ホームセンター」が見えます。

この島忠、たまたま先週の火曜日に見掛け、潜入調査したばかりなのですが、
その時に自転車売り場を確認していました。

そこならパンク修理をしてくれるに違いない。

同じ場所で同じ状況でパンクしたとしても
ケーズデンキしかなかった時ならもう少し悲惨な目に遭っていたでしょうが、
今は島忠ホームセンターがあり、パンク修理をしてもらえそうな状況なのです。

それが自転車乗りとしていいか悪いかは別として、
島忠でパンク修理をしてもらうべく、自転車を押していきました。

こんな労せずとも何とかなっちゃうところが、
タダでさえ甘え体質のわが家を益々堕落させるというか、
危機管理能力がイマイチ育たないゆえんでしょうか。(--;)

ほどなく島忠に到着し、

島忠

おお、これほど島忠さんが輝いて見えた事はないぜ。

自転車売り場に直行して確認を取ると、やはりパンク修理はしてもらえるという事、
売り場まで自転車を持ってくるよう言われたので、
改めて自転車を持っていくと、自体は渋く暗転しました。

開店して間もない店内ゆえか、そもそも小径を乗るような人間が、
外部にパンク修理を依頼する事などないのか、
どうやら小径、しかもフレンチバルブのパンク修理は想定外だったようで、
空気を入れるのにもアジャスターを持ってきたり等、
なんとなくその場に渋~い空気が流れました。

しかもすでに痛んでいたのか、パンクをしてから傷んだのか、
タイヤ自体も傷んでいるらしく、

「これはタイヤごと換えた方がいいと思いますし、
このタイヤはうちでは扱っていないので、
パンクだけの修理はしても仕方ないと思いますよ。」


暗にお断りをされました。

って、相方のタイヤが傷んでいたのは想定外。

私のミニベロは納車から2年以上経ちましたので、
そろそろタイヤ交換を考えていたのですが、
相方は私よりかなりミニベロ購入は遅かったし、
まだタイヤの溝もしっかりあったので傷んでいるとは思いませんでした。

後から相方に聞くと、パンク時に完全に乗れなくなるちょと前から
タイヤの感覚に違和感があったと言うので、
もしかしたらもっと前の時点でパンクしていたのを無理矢理乗ってしまい
その時に傷んだのかもしれませんが・・・

でも、ここでお店の人に見捨てられては困ります。

そこまで傷んでいるというのならタイヤはもうすっぱりあきらめますんで、

「とにかく家まで10km程度持てばいいので、お願いします。」

と必死に頼み込み、その必死さが伝わったのか、
なんとかパッチを貼ってもらえる事になりました。

ホッとはしたのですが、本来ならパンク修理程度は自転車乗りとして、
自分でやってしかるべき業務、

「なんか思いっきり“ピナレロ”とか書いてあるTシャツを
着ているだけに恥ずかしいよね。」


と相方。

確かに、なまじピナTを着ちゃっているだけ情けなさ効果倍増?!

・・・この情けなさを忘れなければ、
今後わが家の危機管理能力が育つかもしれません。

パンク修理終了まで20分、いろいろな思いが心の中に飛来し、
すっかり食欲もなくなりまして、お茶だけを飲んで過ごしました。

そして約20分後に自転車売り場に行くと、
ぺちゃんこだった後輪に空気が入った相方の愛車の姿が!

パンク修理代金


パンク修理代は840円也。


タイヤに空気が入ってるってステキなことね。(涙)

と、一応、自転車は走れる状態になりましたが、
とっくに目的地のハワイアンカフェは閉まっているし、
流石のわが家もこんな状態でどこに行くような気分でもなく・・・

タイヤ自体が傷んでいるので「パンク修理してもあまり持たないかも」
というお話もされましたし、今回は島忠B1のOKストアにも寄らずにトボトボと
危険物が落ちていないと言う意味で比較的安全そうな荒サイを走り、
まっすぐとおウチに帰る事にしました。

そして走り出し、最初は主に「反省」という文字が思考を占めていたのですが、
相方のミニベロのタイヤの調子は上々ですし、
心配されていた雷雨もなさそうな真っ青な空模様。

喉元過ぎると熱さを忘れるわが家は、
家の近くまで帰ってくると急にこのまま何もせずに帰るのが惜しくなり、

「ちょっとだけならいいよね~。」

という事で、ご近所のカフェに寄る事にしちゃいました。

向ったのは奇しくも私のミニベロが2回目のパンクをした向島、鳩の街商店街のカフェ、
あの時はマンガのようにタイヤのど真ん中に画鋲を刺してパンクしたのですが、
あれからトラウマでここを通る時は、なんとなく下が気になるようになりました。

先週末の土曜日は都内でも結構お祭りが行われたところも多いようで、
行く道でも幾つかのお祭りを見かけましたが、
この鳩の街商店街付近でもお祭りが行われているようで、
いつもは静かな鳩の街商店街も独特の雰囲気がありましたが(相変わらず人は少ないけど)、

鳩の街商店街

目的のカフェは空いていたので無事入店できました。

こちら「カフェこぐま」さん。

こぐま

実は何度かこのカフェを目指し近くまで来た事があったのですが、
混んでいたりとタイミングが悪く、お店に入れた事がありませんでした。

元は薬局という古い建物を改装して造られたというカフェで、
テーブルや椅子も学校の備品のようなものが使われており、
“ほっこり”とかいう言葉が最も似合いそうなノスタルジックさ。

こぐま店内

私は普通に「ケーキセット」(800円)

ケーキセット

手作りというケーキはチーズケーキとチョコシフォンケーキから選べましたが、
チョコシフォンケーキをチョイス。

ふわふわとした素朴な味のシフォンケーキです。

コーヒー党の私がめずらしく紅茶にしたのですが、
ホット紅茶もガラスのコップで出てくるんですね~。

相方はこぐま「アレキサンダー」(550円)

アレキサンダー

アレキサンダーって何の技だ??オイ。

と思いましたが、4層になっているカフェオレだそううで、
相方曰く、各層の味が楽しめてお得だそうです。そういうもんなのか?

店内に置いてある雑誌や案内などを見つつ、閉店時間の6時半近くまで
まったりと過ごしていたのですが、お店の案内のビラを見ている時に、
タイムリーな見逃せない情報が目に入りました。

案内

“6月5日(土)
地元高木神社のおまつりです。
今年は、なんと!「スカイツリーみこし」なるものが出るそうです。”


なにーーーっ!

5日と言えば今日、しかももうすぐこのお店の前をスカイツリー神輿が通るとな?
そう言えば先程近くに祭りの気配があったのは、このお祭りだったのか。

これは何かにつけてスカイツリーを取り上げてきた当ブログとしては、
見逃すわけには行きません。

相方にこの情報を伝えると、相方もやる気満々、

「変り種神輿ハンターとしては、見ておかなくっちゃね!」

って、そっち?!

つーか、いつそんなハンターになった?(゚∇゚ ;)

と思いましたが(確かに前にシンデレラの靴神輿とか見に行ったけど)、
そう言われるとそっち側方向からも見ておかなきゃいけない気がします。

レポする為に急いでお店を出て、外でお神輿を待ちました。

それにしても「スカイツリー神輿」という早くも便乗の香りがする
お神輿とはどんなお神輿なのだろうか?

まあ、おおむねスカイツリーの形をしているんだろうな。

と、形状は容易に想像はつきますが、何せできれば日本一の高さを誇るスカイツリー、

お神輿としても破格の大きさとなっているのではないか?

と期待に胸踊ります。

そして待つこと十数分、お神輿の軍団らしき一団が現れました。

お祭り

まずはお神輿を先導していると思われるお囃子、
意外にのんびりのんびりと過ぎ去ります。

続いては、なんと!いきなり本命のスカイツリー神輿のようですが、

スカイツリー神輿

ちんまり。

ええーーーーっ??

どうやらお子さんが担ぐ子供神輿のようです。
予想しておくべきでしたが、なんか予想外のちんまりさ。

あまりに想像とは違い、ボーゼンと見送ってしまいましたが、
まだスカイツリーも完成されていないし、まあ、こんなものなのでしょう。

その後は、商店街といえばお惣菜、今回もまんまと夕食の惣菜を
こちらの鳩の街商店街の鳥屋さんで購入し、

お惣菜店

家に背負って帰ったのですが、家に帰りついても
相方のタイヤは無事空気を保っています。

ちなみに鳩の街商店街で購入したお惣菜はこちら、

お惣菜

大きさと部位によってピンキリでしたが、鶏のもも肉も200円台となかなか安く、
私のような鶏皮好きにはたまらない、鳥皮の詰め合わせもありました。

そして一夜明け、日曜日はまぶしいまでの晴天、
しかしわが家は相方のタイヤを交換したりする為に、自転車店に行かねばなりません。

ちぇーっ、こんないい天気の日に自転車店かぁ。

と心の愚痴が聞こえたかもしれませんが、
午後から出掛ける直前に、相方と話していた時の事、

相方は座っていて私は立っていたのですが、
これが虫の知らせというのか、私は自転車の方を見ていたのです。

すると突然、プシューーーーッ・・・というマヌケな音と共に、
相方の愛車くろまるくんの車体が沈んでいくではありませんか!(゚∇゚ ;)

驚いた相方は、

「この音何の音?!」

といいましたが、

それは貴方のミニベロが再びパンクした音です。(笑)←笑えねぇ

これで晴天の日曜日、自転車店すら迎えなくなったわけですが、

なんで自転車店まで持ってくれなかったのか?


と思うべきなのか、

走っている途中でパンクしないでよかった~。


と思うべきなのか・・・ちなみに私が思ったのは後者でした。

何せよ、この悪運の強さがわが家に危機管理が育たないゆえんかもしれません。(--;)

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと2つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事
はじめてのタイヤ購入
さて、どんな事情があってか理由なき反抗か、
今までパンク一つした事がない優等生だったのに、先週末に急に反旗を翻し、
土、日と2日間で2度のパンクをした相方の愛車くろまるくん。

土曜日のパンク時にタイヤの傷みを指摘され、
次の日の日曜日はタイヤ交換を視野に入れ、
自転車店を訪ねる予定でいました。

が、

プシュー・・・という金輪際聞きたくないようなマヌケな音と共に、
くろまるくんの車体がみるみる沈んでいったのは、
ごっついいお天気の日曜日の昼下がり、自転車店に出向く寸前の出来事でした。

あまりの事にノロノロとくろまるくんの様子を見に行くと、
今回パンクをしたのも後輪、どの道この状態では自転車店までも行けません。

空気が抜ける時のマヌケな音に毒気を抜かれ、
前日に引き続き、再びペチャンコになった後輪を見て、
なんかめちゃめちゃ脱力してしまいましたが、
しかし2日続けて2度同じ後輪がパンクすると原因が気になるもの、
取り合えず原因究明の為にチューブを取り出して確認してみる事にしました。

パンク箇所は残念ながらメンドクサイ後輪の方ですが、
今となっては幻どころか、わが家の歴史ではなかった事になっている輪行や
私のミニベロの1回目のパンクが後輪だった事もあり、
後輪を外した経験は何度かあります。

かなーり久方ぶりで記憶が怪しかったのですが、
時間を掛ければざっくりとは思い出せるもんで、
ギアをトップに入れ、ブレーキを外し・・・

が、このブレーキが外れねぇ。

わが家のミニベロ達はカンチブレーキなので、
玉っころのようなものを横にちょっこっとずらせばいいのですが、
私のミニベロベロンチョでは素直にいったこの作業も
ワイヤーが延びないというか、これ以上行かないというか、

ブレーキ

くろまるくんの玉っころは頑として溝から出ず・・・

そう言えば、くろまるくんは最初前輪のブレーキを外す時も
ベロンチョと違い素直に外れなかったような気がします。

それでも前輪の時はこのアジャスターを回し、

アジャスター

ブレーキワイヤーを緩めれば外れたのですが、
今回はこのアジャスターを回しても梃子でも外れません。

後は力任せで外すしかなく、渾身の力をこめて玉っころを外しにかかりましたが、
あと少しという微妙なところで外れそうで外れず、
十数分格闘していると相方は汗まみれ、私も手のひらが痛くなってきました。

なんかこのまま永遠に外れないような気がしてくると、
「もうどうにでもなれ」という気分にもなり、
私共は暴挙に出ることにしました。

ブレーキを外さずに後輪を外したるで。

それをしてしまうと後にどのような不都合が待ち受けているかわかりませんが、
(その辺はメンテHOW TO本にも書いていないし)半ば自棄になり、
クイックレバーを解除し、自転車を持ち上げると、あっさり後輪が外れました。

外れたって事は、ブレーキは外さなくていいんか?・・・いいわけないよな。

今後起こるかもしれない不都合にちょっと気が重くなりつつも、
取り合えず後輪が外れたので、重労働から逃れられこの場はヨシとします。

タイヤが外れたので、チューブを引っ張り出そうと、
前に使っていた通常タイプのタイヤレバーを使おうとしましたが、

どこにあるのか真っ白。(゚∇゚ ;)

しばらく使っていなかったので、どこかにしまい込んだと思われ、
そのしまい込んだ場所がなんたらわかりません。
(後ほど無事発掘されました^^;)

仕方なくこの「knog」の折り畳み式タイヤレバーを使う事にしまたが、

パンク修理セット

デザインと折り畳みが優先されている仕様なので、
若干使いにくいどころか、形がスポークに引っ掛ける感じになってないじゃん。

タイヤレバー

それでも斜めにしたりして無理矢理スポークに引っ掛けて
チューブを(引きずり)出しましたが、なかなか引っ掛からずに苦労しました。

オシャレで持ち運びは楽ですが、

実用的にはちょっとダメだこりゃ

な感じです。

そしてチューブでパンク箇所の検証をしたのですが、
パンク修理の時にお店の方がパッチが取れてしまう場合もある
というような事を言っていたので、もしかしてパッチが取れたのかとも思いましたが、
実際、空気を送ってみるとパッチを貼った場所とは違う場所に、
水に浸すまでもなくモロわかりなデカイ穴が開いていました。

チューブ

丁度、バルブの横、しかも何故か内側です。

外側ならまだしも内側をパンクするなど、原因は如何に???

タイヤの方にパンクの原因の痕跡が残っているか探りましたが、
特に何も残っておらず、何が原因でパンクしたかは謎ですが、
推測できるのは、タイヤが傷んでいたのが原因なのか、
それともチューブにガタがきていて、1度目のパンクをした次の日に
タイミングよく破れてしまったのか・・・

取り合えずチューブを交換して直しお店に行く事も考えましたが、
確認してみるとクロスバイクの替えチューブと、
私のミニベロの替えチューブはあるものの、
相方のミニベロの替えチューブはありません。

こんなわが家でもパンクに備えて替えのチューブを持ち歩いていた事はあったのですが、
あまりパンクに遭遇する機会もなく、チューブは重いので途中から持ち歩くのを
辞めてしまいましたが、相方のミニベロのチューブに至っては、
持ち歩くはおろか購入すらしていなかったようです。

そのお気楽ぶりに自分達も改めてびっくり。(゚∇゚ ;)

再びパッチを貼るにしてもなんかチューブはボロボロくさいし、
途中でパンクしたら元も子もありません。

タイヤも横がこんな感じで確かに傷んでいるように見えるし、

タイヤ破損

たとえ新しいチューブがあってもここに入れたらまた破損するかも・・・

そこでふと、

だったらタイヤだけ購入してくればいいんじゃね?

という事に思い至りました。

極力技術的な事はやらずに済ませたいという惰弱な精神ゆえに
タイヤ交換もお店でしかできないような錯覚に囚われていましたが、
タイヤ交換というのも自分でできるんじゃん、そう言えば。

人間の技術は必要にかられて高度になってきましたが、
わが家の技術力もこうして必要にかられる事によって
UPしていくものかもしれません。

このトラブルもわが家の技術力をUPさせる為に
自転車の神様が与えたもうた試練かも。
(それ程の事か?)

と思い、タイヤ交換は自分達でする事とし、
お店でタイヤのみを購入してくる事にしました。

行ってみて在庫がないと情けなさが倍増するので、
まずお店にタイヤの在庫確認をすると、
今まで相方のミニベロがはいていたタイヤ「KENDA」は在庫がなく、
他に合うタイヤでは「Panaracer」というタイヤならあるという事でした。

すっかり今までと同じタイヤを付けるつもりでいましたが、
他のタイヤになると聞くと、相方は動揺して判断が付かなくなったようで、
取り合えず保留にし、電話を切りましたが、電話を切った後に更に、

自分でタイヤを交換するなら何も自転車店で買わなくてもよくね?

という事実に気が付いたのです。

世には通販という便利な代物があるではありませんか!

それに同じタイヤを付けるものと思っていたのに、
「別に違うタイヤでもいい」という当たり前の事実に気づかされ、
急に欲が出てきたというか、どうせ替えるなら
自分達のポタスタイルに最適なタイヤにしたいと思ったのです。

わが家のポタスタイルが求めるタイヤというと、
頑丈でなかなかパンクをしないタイヤに尽きます。

お店に勧められたのは値段からすると“パナレーサー ミニッツタフ”



というタイヤだと思いますが、このタイヤの口コミを見るとスピードが上がっていい
という口コミがある反面、パンクしやすい等の口コミもあります。

口コミは同じ製品を語っても正反対の意見も書かれていますので、
何を信じていいのやらわからなくなり・・・

所詮わが家のような素人にはどのタイヤがいいのかを
商品情報や口コミだけでは判断しかねるので、
散々ネットを検索した結果、

やっぱ、お店の人の意見を聞いて購入しよう。

という事にまとまりました。

日曜日はこの後、お店に行く気力が残っていなかったので、
今週末でもタイヤが多く売っているお店で検討して来ようと思います。

タイヤが多く売っているお店というとY'sですかねぇ?

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。

にほんブログ村
 人気ブログランキング
関連記事
自転車の名前
しょう油の街からこんにちは。

私は今とある事情でしょう油の街まで来ております。

そのとある事情とは、2年に一度わが家のもう一台の愛車Fに定期的に訪れ、
大量の諭吉群を奪っていく魔のイベント(?)、その名は車検。

この年になると光陰矢のごとしを地でいくようになり、
ホント2年なんてあっという間で、

「この前来たばっかりだと思ったのにもう来たの?」

と追い返したい気分ですが、今月は各種税金もあってキツイなぁとか、
更に保険も重なって辛いなぁとか、この間予算外のタイヤ交換をしたのでキツイなぁ等の
庶民の個人の諸事情は意に介さず、呼ばれてねぇのにジャジャジャジャーンと
2年に一度やって来てしまうものなのです。

最近はお安くできる車検もいろいろあるようですが、
わが家は車の技術的な知識はない上に、普段からほっぽらかし放題、
タイヤも劣化で自主的にパンクするまで劣化自体にすら気づかないダメダメドライバーなので、
2年に一度ぐらいはキチンと整備してもらった方がいいと思いまして、
(大)昔からお世話になっている整備店さんにお願いしているのです。

車検にかかる所要時間は3日

現在はその場で車検、そのままお帰りと言うような車検もあるのに、
所要時間も昭和の時代から変わらず、
その間は里帰りも兼ね実家で待機しております。

「里帰り」というとちやほやされて酒池肉林のような甘いイメージがありますが、
実家にいるとここぞとばかり毎日いろいろ用事に使われ、
むしろ家にいた方が「羽を伸ばす」という言葉がピッタリの日々だったりします。

うちの車検は今回で3回目になりますが、1回、2回と回を重ねるごとに
修理箇所も多くなり、当然整備金額も上がるので、
今回は金額がどの程度で折り合いがつくのか戦々恐々ですし、
「車検なんてなくなっちまえ」と思う事もないわけではないのですが、
命に関わる事ですし、やはり2年に一度強制的に整備しなければならないのは、
安心と安全に繋がる事だと思います。

同じように命に直結している自転車ですが、車検のような強制整備システムがないので、
つい怠りがちになってしまうというか、小銭が惜しくなるといいますか・・・

見た目でわからないフレームの劣化などは、
定期的に確認してもらうのがいいとわかっているんですけどねぇ・・・。

しかしどんな事情であっても実家を訪れると愛犬に会えるわけで、
普段愛犬と別居の生活を送っている私としては、
あんな凶暴犬でも愛犬に会えるのは何よりも楽しみなわけです。

ところでうちの愛犬は“もも”という名前で、
この“もも”と言うのは、ペットの名前ランキングでは、
常に上位を争うようなよくある名前のようなのですが、
この名前に決めたのも、購入時に生後6ヶ月弱というとうが立った彼女を購入した時に、
「(覚えられなくなるかもしれんので)一刻も早く名前を付けて覚えさせた方がいい」
と焦り、母と私で帰り道の車の中であわてて考え、
10分程度で名付けた名前なのです。

もちろん僅か10分とは言え、考えて名付けたので、
「もも」という名が悪いと思っているわけではないのですが、
今考えると数時間や数日違ったぐらいで、名前を覚えられなくなるわけないので、
もっと彼女の特徴を生かしたような名前にすれば良かったと思うのですが、
その名前を名付けてからしばらくして、もっと彼女の容姿的特徴にあった
ぴったりの名前を思いついてしまったのです。

名付ける時にもう少し良く考えておけばよかった・・・

と思っても後の祭り、特に新しい名前をえらく気に入った母は、
その後何度かその新しい名前で呼んだりしていましたが、
ももという名前で染み付いた状況を翻すまでに至らず、
今日もももは「ももだけどなにか?」という顔で座っていますし、やはり彼女はももなのです。

名前とは一度名付けるとなかなか取り返しのつかないそういうものなのでしょう。

そして名付け方はいつも(私の)天啓という安易な名付け方ではありますが、
うちの愛車達にもそれぞれ名前がついております。

私のクロスバイク→ビンちゃん(おそらくビアンキだから)

相方のクロスバイク→ルイちゃん(おそらくルイガノだから)

私のミニベロ→ベロンチョ(自分でも何がなんだかわからないけど降りてきた)

相方のミニベロ→くろまるくん(黒いし)

原文がすばらしくても訳がダメだとあっという間に駄作になる小説のように、
もしかして神様は素晴らしい名前を天啓として与えたもうたかもしれませんが、
何せ天啓を受信する方の私がセンスが今ひとつでボキャブラリーが貧困なので、
このような名前になってしまったのかもしれません。

・・・特にベロンチョ。

いや、誤解のないように言っておきたいのですが、
確かにベロンチョという名前が降りてきた時は迷い、
別の名前にしようかと一時は思ったのですが、
いざ名付ける時になるとやはり“ベロンチョ”に戻ってしまい、
結局、ベロンチョと名付けたので、私には後悔がありません。

・・・あくまで私には。

ところで、わが家はブログを書くと相方が必ず読んでいるのですが、
このところ私の愛車の名前を書く機会が何度もあり、
“ベロンチョ、ベロンチョ”と書いていたら
突然相方が私の愛車を「ヴェロニカ」とか別の名前で呼び出しました。

彼曰く、

「こんなステキな自転車なのにベロンチョなんて可哀想だよ!」

ええっ!!購入から一年半も経って今更?!∑(゚∇゚|||)

ヴェロニカというのは、ベロンチョの名前を付ける時に有力候補となった名前で、
確かにイタリアメーカーの洒落たミニベロ(自画自賛)ベロンチョには
ぴったりな名前だったので(ベロニカ自体がイタリア女性っぽいし)
私もかなり迷ったし、元々ベロンチョを快く思っていない相方が、
結構プッシュしていた名前です。

でも彼がイチオシだったのは、ベロンチョにも匹敵するダサさを誇る、
“ベロ9(ベロキュウ)”だったんですけどね。

でも何で今更?

なんすか?このタイムラグ。

ねずみの体感時間と象の体感時間が違うように、
相方とは同じ時を刻んでいるとは思えない時があるので、
私の1年半は相方にとっては1ヶ月ぐらいの感覚かもしれません。

彼は私がくろまるくんが来る前からくろまるくんと呼んで、
彼のミニベロをくろまるくんという名前と印象付けるキャンペーンをしたように、
ヴェロニカと刷り込む事によってベロンチョをヴェロニカに擦り替えようと
しているらしいですが、んな事できるかい。

ベロンチョという名前は確かに多少(多少?)マヌケな名前かもしれんし、
自分のメーカーの自転車がそんな名前を付けられていると知ったら、
ビアンキさんも「ガッテム!」と思うかもしれない。
(イタリア人だからガッテムとは言わんのか?)

でも、せっかく自転車の神様(たぶん)から受けた天啓で名付けたこの名前、
私は(それなりに)気に入っているし、
どこに出しても(きっと) 恥じる事がない名前だと思っています。

だからよく自転車雑誌とかで“街で見かけた自転車乗り”とかがあり、
インタビューを受けているみなさん、自分の愛車の名前も書いてあったりしますが、
万が一そんな公の場でミニベロの名前を聞かれたら、
その時はもちろん堂々と、

「ヴェロニカです(ハート)」

と答えようと思っています。←オイ

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。

にほんブログ村
 人気ブログランキング
関連記事
うんがいい!レンタサイクル
未だ愛車Fが戻ってこないので、しょう油の街に足止めをくっております。

愛車が戻ってくるまで、昭和歌謡が似合うような年代が一昔(ふた昔?)前の

「何年前の型なんだろ?」


と遠い目になる古ーーい代車で行動せねばならんのですが、
この代車、窓を開けるのにもクルクルとハンドルを回す手動タイプだし、
鍵も運転席を開ければいっぺんに開いたり閉まったりするような今の車と違い、
各ドアを独立して開けたり閉めたりするタイプです。

思えば私がうら若き娘さんだった頃(つまり遠い昔)
わが人生で最初に買った車(中古車)がこのタイプの仕様だったのですが、
当時は私の中古車だけでなく、まだ一般的にそんなタイプが多かったので、
特に不便とは感じていませでした。

しかし人間、贅沢をすれば贅沢に慣れ、便利になれば便利に慣れるようで、
この手動の窓開けといっぺんに開かない鍵がメチャメチャ不便。

今の私の愛車Fも口が裂けても高級車とは言いがたいし、
普段は特に愛しさもありがたみも感じないんですが、
この代車に乗っているとその愛車Fがえらくマシ、どころか素晴らしい車に思えてきて、
毎日「早く愛車F帰ってこないかなぁ。」と心の底から思う日々です。

母曰く、代車が素晴らしいと自分の愛車より代車の方が良くなり代車を返さなくなったりするので、
代車はわざとボロい古い車にしているのでは?
と言っていますが、確かにそれは一理あるかも。

普段はほっぽらかしっ放しの愛車Fに、今は深い愛情すら感じますので、
そういう効果も狙ってくれているのかもしれません。

さて、わが家の6月というと車検だけではなく、父の日やたまたま母の誕生日と
いっぺんに散財を余儀なくされる出来事が他にもあります。

これからも更なるご愛顧を期待して・・・ではないのですが、
日頃は何かにつけて食わしてもらったり飲ましてもらったり、
日用品等何かと頂いたりしているので、こういう時に恩を返しておかないとと、
イベントにはプレゼントをする事にしています。

その辺は実家に長逗留しているうちに済ませてしまおうと、
プレゼントを物色しに、昨日ご近所のイトーヨーカ堂に行ったのですが
大型店舗が雨後の筍のように建っている昨今、そのヨーカ堂は店舗自体も古く、
その古い歴史を感じさせるように店舗面積も狭くもなく、広くもなく、
今の基準でいうと極めて中途半端。

私の子供の頃は混んでいて駐車場になかなか入れないという事もあったのですが、
隆盛を極めていたのは、今は昔・・・

近頃は特に平日に行ったりすると立体駐車場も
(当然)店舗内もガラガラだったりするのです。

そして昨日もそんなガラガラぶりを想定しながら出向いたのですが、
いざ着いてみると駐車場がなぜか混んどる。(゚∇゚ ;)

普段の平日は1階部分でも余裕で入れる立体駐車場なのに、
1階、2階、3階とびっしりと車が停められていて空きがなく、
結局4階まで上りやっと停める事ができました。

こんな事は最近はついぞない混雑ぶりです。

事情がわからないだけに私も母も一体何が起こったかわからず、

レディガガがミニコンサートでも開くのか?


と疑問に思いつつ、店舗の中に入ったのですが、
お店の中に入った途端にその混雑の謎は解けました。

イトーヨーカ堂では8~13日の間、ナンチャラ祭という事で、
店内のほとんどの品が2~3割引で買えるイベントをやってるんですね。

元から割引されている製品でも2~3割引なので、
物によっては洋服の値段とは思えない程爆安になるのですが、
面白かったのはその割引の手法です。

レジで割り引けばいいものの、レジでは値札どおりの値段を払い、
割引分は1階に設けてある特設レジにレシートを持って行き、
現金で貰うというシステムです。

なんかメンドクセーと思いました。

割引分を貰うには、客側も再び一階の特設レジに行かなければなんないし、
お店の側でも特設レジにいる人員を余分に入れなければならないし、
返還する金額をそのまま直に返すのは味気ないと思ったのか、
いちいち「大入り」と書かれた赤い袋に入れているので、
その袋の経費もばかになるまい。

返す返すもレジで割り引けばいいの・・・

と、ぶつくさ思いつつ(言えんので)特設レジに並び、
割引分を精算してもらい「大入り」と書かれた袋を貰ったのですが、
袋を貰った瞬間、予想もしていなかった気持ちにとらわれました。

強いて言うならお得のトキ★メキってやつ??

世には2割3割引きのバーゲン製品もありますし、
実際そんなのを(よく)購入しているので、その時もときめかないわけではないのですが、
現金を貰うという行為は、更にお得感増加のときめきを感じます。

いちいち経費を使ってメンドクセー事をやるなぁと思いましたが、
人間のお得心理に基づいた巧妙なイベントだったんですね。

何かとキャッシュレスの時代ですが、現ナマの魅力侮りがたし。

皆さんも同じ気持ちらしく、だからいつもより混んでいたのか・・・

しかしどこの業界も生存競争は熾烈を極めていますが、
あの手この手でいろいろな事を考えるもんですね。

自転車店様もこの店内全製品現ナマキャッシュバック大作戦
パク・・・取り入れたら如何かと思うのですが、
現在なかなかの自転車ブームで売り手市場だと思いますし、やらないだろうなぁ。

そしていつも取りとめがなくて申し訳ありませんが、話は変わりまして・・・

こうして我ながらゆるくてダライサイクル人生を送っている私共ですが、
実は密かに(でもないけど)レンタサイクルニスト活動にも勤しんでおります。

地球温暖化を防ぐ為の手段として行楽地でも自転車を活用すべき

というような確固としたポリシーを持って活動を始めたわけではなく、
まあ、成り行きで始まったレンタサイクル活動ですが、
旅行先でもなかなか便利ですし、いろいろな自転車に乗れる事は楽しいので、
地球にもやさしい事ですし(とってつけたようですが)続けております。

そんなレンタサイクル活動も3年目を迎え、

なんならスポーツ自転車暦よりも活動暦が長いやんけ。


と思うし、実際そうなのですが、
(クロスバイク納車待ちの時に最初のレンタサイクル活動をしたし)
昔は特別な観光地か行楽地にしかなかったレンタサイクルが
最近は特に行楽地とかでなくとも設置される事が多くなったような気がします。

そしてどこのどなたが入れてくださるか不明ですが、
実家に定期的に入るしょう油の街市地域新聞を読むとこんな記事が、

地域新聞


“利根運河で快適サイクリング”


わが母校の校歌には“江戸(川)と利根(川)との真ん中”みたいな
フレーズがありましたが、しょう油の街市というのは江戸川と利根川が流れています。

その利根川と江戸川と結ぶサイクリングコース(全長8.5km)が存在するらしいのですが、
このサイクリングコース途中の“利根運河交流館”という場所に、
レンタサイクルが登場したらしいのです。

元地元民なのにサイクリングコースの存在も
利根運河交流館という公共チックな名前の会館も
ましてやレンタサイクルの存在も知らんかった。orz

利根運河交流館はしょう油の街の施設ではなく、
お隣の流山市の施設のようですが・・・

このレンタサイクルの名前が、

「うんがいい!レンタサイクル」


運河と運がをかけていると思いますが、

駄洒落やん。・・・脱力

・・・常々疑問に思っていたのですが、
最近(だけじゃないですが)こういったものの名付け方として、
よく駄洒落系のものが使われますが、
なんだかんだ言っても年功序列な日本において、
名前等の決定権を持つのは駄洒落病(別名オヤジ病)を
発症した世代だからでしょうか?

※駄洒落病(別名オヤジ病)
壮齢の男性に発症する事が多い、駄洒落を思いつくと、
その駄洒落が面白かろうが面白くなかろうがお構いナシに
つい言わずにはいられない疾病。

私が今まで症例を調べたところ35歳を位を境に発症する例が多い、
しかし最近では欧米的食事の影響か(関係ないだろ)発症年齢の低齢化も目立つ。
一度発症すると今のところ治療方法がなく、いわゆる不治の病だが、
周りの人間が「メンドクセー」と思う以外に特に実害がない病気なので、
現代日本では放置されている。

まれに女性も発症するようですが、私もこの病に苦しむ一人だったりします。

話がそれましたが、この“うんがいい!レンタサイクル”
一般自転車(おそらくママチャリ)が13台導入されているそうで、
当面土、日に営業、一日500円(4時間超え8時間以内)
半日250円(4時間以内)の料金で利用できるそうです。

利根運河は六百種を超す野草が分布する自然が残っている場所らしいですが、
確かにしょう油の街市は自然といわれると自然が豊かです。

ある日気の向くままにしょう油の街にドライブに来てみた俺、
六百種もある野草が残る自然、窓を開け街を走ると芳しいしょう油の香り(本当)・・・

とてつもなく自転車で風を切りたくなった。

でもこんな気持ちになると思わず、自転車を用意してこなかった・・・

どうすればいいんだ!!(苦悩)

という時にはぜひご利用くださいませ。

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。

にほんブログ村
 人気ブログランキング
関連記事
運転の癖
昨日は久しぶりに実家から自宅へ戻ってきました。

そして昨日3日間のメンテナンスを終え、
愛車Fが帰ってきたのですが、

やっぱり愛車はいい!

ハンドルもギシギシ言わないし、鍵もリモコンで開錠できるし、窓もクルクルしないでも開くし・・・

いろいろ交換してもらい愛車もリフレッシュ!

そこはかとなく乗りやすくなっていました。

・・・まあ、あの昭和な代車を乗っていたので、
余計にそう感じたのかもしれませんが・・・(--;)

しかしよく人の車を乗ると、それぞれクセが付いていて乗りにくいとか言いますが、
自分では特に意識をしていなくても運転のクセってあるみたいですね。

今回もやばそうな部品を何品か交換してもらったのですが、
その中にブレーキパッドペダルがありました。

その整備会社さんは、交換した部品で交換理由を説明してくれ、

「ブレーキを踏む時に端っこを踏むくせがあるんですね。」

と言いながら交換したブレーキパッドペダルを見せてくれたのですが、
そのブレーキパッドペダルは全体的には普通の厚みがあるものの、
右端だけが異様に薄ーく変形していて今にも折れそう。

“雨垂れ岩を穿つ”と言いますが、あの固い素材のブレーキパッドペダルの右端を
ブレーキの度に踏みつける事によって、これほど消耗させるとは・・・

それじゃ、シャーロック・ホームズとか素人ルポライター探偵に、

「犯人はブレーキの右端を踏む癖がある!つまり・・・あなただ!!」

と私が犯人という事がばれてしまうではないですか!

でも意識して右端だけを踏んでいたわけではないのですが、
無意識にそういう癖って出ちゃうみたいですね。

犯罪に加担した時に証拠を残さない為・・・とかではありませんが、
これからは意識してブレーキは全体的に踏みつけたいと思います。

そして昨日(やっと)自宅に帰ってきたばかりですが、
今週末はまたまた両親が旅行なのでしょう油の街市に戻らなければなりません。

いいお天気ですし、その前に相方のミニベロくろまるくんのタイヤを
購入して来ようと思います。

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。

にほんブログ村
 人気ブログランキング
関連記事
自転車からワールドカップへ
どうも、こんにちは。くろばいBです。

昨日からサッカーのワールドカップが開幕しましたね。
先日(といってもだいぶ前ですが)代々木公園までポタったときに、
北参道の以前「サイクルスクエア」があったお店の前を通りました。
サイクルスクエアは期間限定の自転車施設でカフェなどもあり、
わが家も何度か訪問させてもらいました。
期間限定の施設なので、終わった後はどうなっているのかと思ったら
なにやらブルーを基調としたお店になっています。
「SAMURAI BLUE CAFE(サムライブルーカフェ)」という
サッカー日本代表応援のカフェになっていました。

ホームページを見てみると、様々なイベントがあり、
コンセプトは「サイクルスクエア」と似ているような感じです。
明日の日本戦をみんなで応援したりもするみたいです。

「サイクルスクエア」では自転車の形をココアパウダーで描いたケーキや
いろいろな種類のフレッシュジュースを飲むことができましたが、
「サムライブルーカフェ」でも世界各国の(おそらくワールドカップ出場国の)
料理を週替わりで提供していたり、平日の昼間はランチブッフェをやっていたり
するみたいです。

実はサッカーにはあまり興味がないのですが(^^;)、
メニューにはひかれるものがあるので、ポタの途中で立ち寄ってみたいと思いましたが、
開店期間が「2010年4月26日(月)~(日本代表が南アフリカで戦っている間) 」
とのことなので、日本代表にはできるだけ勝ち進んでもらって、長く営業を続け欲しいです。

でもワールドカップが終わると次ぎはどんなカフェ(?)になるんでしょうね。
個人的には「サイクルスクエア」第二弾をやって欲しいですが、
「お得満載お得カフェ」というのもいいですね。(笑)

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。

にほんブログ村
 人気ブログランキング
関連記事
170万アクセスありがとうございます!
170万アクセスありがとうございます。

関東でもとうとう梅雨に突入してしまいましたが、
そんな中、当ブログが170万アクセスを突破しました。

乗りたいが為に食べているんだか、食べたいが為に乗っているんだか、
わからない私達なので、時々「こんなんで自転車乗りと言えるのか?」と
自問自答したりするのですが、天気がよかったり綺麗な風景を見ると、
歩きたいでもなく、車で走りたいでもなく、

「自転車で走りたーい!」

と思うので“趣味”として自転車に乗るのが楽しいのだろうなぁ。
我が事ながらしみじみ思っています。

先日も相方が、

「つくづく自転車が趣味で良かった。」

というので理由を聞くと、

「だって“趣味はなんですか?”と聞かれた時に
堂々と答えられる趣味じゃん。^^」

って、そこかい!

彼の以前の趣味が堂々と答えられない怪し気なものだったわけではなく(たぶん)
自転車を始めるまでは彼も私もほぼ無趣味だったので、
そう聞かれた場合答えようがなかったんですね。

まあ、本当の事を言えば「寝る事」だったのですが、
それだと生きる事に消極的な人のようで、
今ひとつ世間的に受けが良くなさそうって言うか・・・

しかし社会人ともなると世間話的に趣味を聞かれる機会も多く、
「自転車」という世間に堂々と言い放てる趣味ができて、
話の取っ掛かりにもなるし、スポーツマンのような印象を与えられるし、
(実情でスポーツマンかはさておき)とても良かったとか・・・

そうか、相方にとっても堂々と本当の事が言える初めての趣味だもんね。

・・・私もですが。

私は「趣味は読書(主にマンガ)です。」
と()内の本音を隠して昔は発表していていました。^^;

相方としては自転車は私に引きずられて始めたような趣味ですが、
そんな事を言いつつも、相方は相方なりに自転車に乗る事を楽しんでいるようです。

今ひとつ気合の入らない自転車乗りの私共ではありますが、
これからもこんな感じで活動していくと思いますので、
今後ともよろしくお願いします。m(__)m

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。

にほんブログ村
 人気ブログランキング
関連記事
タイヤ購入ポタ改めハワイアンカフェポタ
関東も梅雨に突入しまして、これからの時期はせっかくの休みも雨でがっくりしたり、
そうして梅雨が明ければ灼熱の暑さだったりゲリラ雷雨に被弾したりと、
自転車的には悩ましい季節となりますね。

先週末はそんな梅雨の前の最後の貴重な週末だったのですが、
特に土曜日は、

「今後はこうはいかんので今日のうちに楽しんでおきや。」

という自転車の神様の声が聞こえそうな程の朝から目の覚めるような青空でした。

せっかくの自転車の神様の思し召し、これを活かさないわけには参りません。

その前の週に2度のパンクという悲劇に見舞われたくろまるくんは、
パンクしたままの哀れな姿になり、わが家の自転車庫である
和室に痛ましく転がっています。

と言うわけで、この日は以前スターチャンネルさんに教えて頂いた足立のタイヤ専門店に向かい、
・・・とその前に偶然、タイヤ店に行く途中にあるハワイアンカフェ、
こちらのカフェはここ2回ばかり行こうと思って行けなかったという
もはや因縁のカフェになりましたので、ルートとしてはこのハワイアンカフェで
お昼を食べ、その後タイヤ店に行くという完璧なスケジュールです。

しかし完璧なスケジュールを組んだとしても
運用する人間がダメだと元も子もないもので・・・

逆に朝から晴れていて時間が山のようにあったように見えたことが、
わが家の地道なカメに負ける享楽的なウサギ体質を引き出したのか、
普通に支度をしたり、なんかどーでもいい事で軽く揉めているうちに、
気が付くとハワイアンカフェの閉店時間の4時に間に合うかすら
危うい時間になっていたのです。

いつもながらのバッドミラクル!

この日は実家の留守番を頼まれていたので、
その後に愛犬が待つしょう油の街市に行かねばなりません。

時間的にはカフェ→タイヤ店というスケジュールを実行するのが難しくなり、
ハワイアンカフェかタイヤ専門店か二つに一つの選択を迫られました。

って、ぜんぜん自転車の神様の思し召しを活かしきれてないじゃん。

このところ2回連続でスカって行けなかったので、
ハワイアンカフェのパンケーキへの膨らんだ思いは捨てがたい。

しかし愛車くろまるくんをタイヤのない哀れな姿で捨て置くのも忍びない。

苦渋の選択ではありましたが、私達とて(怪しいけれど)自転車乗り、
当然、選んだのは、ハワイアンカフェです。

このような局面でこのような選択してしまうところが、
自らをダメダメ自転車乗りと思う理由の一つなのですが、
この時は相方が、

「大切な愛車くろまるくんのタイヤだから、
どうせなら時間がある時にじっくり選びたい。」


と言うので、それも一理あるかなぁ。と。
(そもそも時間がなくなったのは自らのせいだけど)

今思うとドラマで良くある「君の事を愛しているから身を引くよ」的な
薄っぺらさを感じる台詞ですが、その時は相方の考えに心から賛同して
(所詮相方のミニベロの事だし)タイヤは翌週に回してじっくり選ぶ事とし、
ハワイアンカフェに行く事にしたのです。

そのような選択をし、(今更)急ぎ家を出たのですが、
家を出て相方は即、

裾止めを忘れた!∑(゚∇゚|||)

という痛恨のミスに気づきました。

なぜこのミスに気づけたかと言うと、
ジーンズの端がチェーンにひっかりそうになったからであり、
このままジーンズの端を野放しにしておくわけにもいきません。

が、家に戻ると完全に時間的にもアウト、
相方(この場合私もですが)絶体絶命のピンチ!

しかし人間どんな負の性質もプラスに転換するかわからないもので、
相方はあまりお片づけが得意ではなく、使ったものは使いっぱなし、
集めたものは集めっぱなし、カバンに入れたものは入れっぱなしなのですが、
このすべてをinしておく性格が幸いして、この時カオスなカバンの中を探ると、
こんなものが出てきました。

裾止め


これは!とあるイベントで貰った裾止め!!


あるイベントのスタンプラリーの参加で全員に大盤振る舞いしていたこの裾止め、
お得王の相方はスタンプラリー好き(参加すると何か貰えそうだし、実際もらえるから)なので、
当然、私もつき合わされ自ら参加し、相方と2人分の裾止めGETしました。

この裾止めの面白いところは形状記憶素材で作られていて、
丸めておくとこのように丸まった形、伸ばすとこのように棒状態のまま形状記憶され、

裾止め

裾に巻くとその形でキープされるのです。

裾止め

頭の悪い私には原理がわかろうもなく、ミラクルマジックとしか思えない素材ですが、
こんな不思議なものを開発できる頭のいい方もこの世にはいらっしゃるんですね。

私のような人間ばかりなら頭が中世辺りで止まっていて、
「魔女の仕業だーーーっ!!」としか思えません。

でも貰った時は「おそらく使う事はないだろ」と思っていたのに(失敬)
こんなところで役に立ってくれようとは、いや~、何でも頂いておくものですね。(by相方)

ちなみに使い心地はフィット感もありすぎず、意外と(失敬)上々だそうです。

そんな痛恨のタイムロスをしているうちに時刻は
更にのっぴきならない程ギリギリになりました。

しかし戦闘漫画の主人公が生と死との狭間に来て
ようやく潜在意識の中に眠っている力を発揮するように、
普段はのんびりのほほんを装っている(装っているのか?)相方さんが、
真の潜在能力を発揮するのは、地球存亡の危機・・・とかではなく、
ポタ時に食い物がかかっている時と、お得がかかっている時とスゲーシンプル。

そしてこの時、(マヌケにも)下手すると(また)閉店後に来店する危機を迎えた私共、
その時、普段(眠らなくてもいいのに)眠っている相方の潜在能力は解き放たれ、
通常相方はスーパー相方さんに密かに変身していたのです。

普段このお店に行く時のルートとしては、

●遠回りだが道路が美しい荒サイ

●近道だが住宅地をグルグル回り途中工場ありのパンク危険トラップもある道
(前週は工場トラップで相方が被弾?)

というどちらにしてもマイナス要素のある二つの道があり、
この時も時間的余裕がない関係で性懲りもなく後者を選ばずには
いられなかったのですが、スーパー相方さんのスーパーナビ機能で
工場トラップ付近を通らない上に距離も近いという、

つーか、なんで今まで気づかんかったの?自分ら?(゚∇゚ ;)

な道を開拓、無事(という程の時間ではないけど)ギリギリ3時半に到着しました。

しかしなんでいつも潜在能力を発揮して
スーパー相方さんになってくれん?


とも思わないでもないですが、多くの戦闘型ヒーローがそうであるように、
そうできない構造上の秘密でも隠されているんでしょう。(たぶん)

このところの2回のスカを経て、かなり久しぶりにこのハワイアンカフェ
「HALE'AINA(ハレアイナ)」さんに来る事ができたのですが、

ハレアイナ

お店の中は予想外に(失敬)込み合っていました。

それと言うのも私達が今まで来た時がたまたまなのか、
いつも店内はあまり混雑しておらず、あまり席も埋まっていない事が多かったのですが、
この時は4つある席(2席に分割すれば6席)はほぼ席も埋まっていまして、
こんなに混雑している時に来たのは初めてなのです。

それでもこのお店は個人的に22世紀に残したいお店なので、
つつがなく込み合っている事はいい事です。

1席空いていましたのでそこに座りましたが、
いつもとは違い、店内に漂う“いっぱいいっぱい感”

オープンキッチンなので作成の様子を見ると、
私達が注文したパンケーキは特に手間のかかる料理らしく、
少々時間を要しましたが、暫し後に待望のパンケーキが到着、

私が「黒蜜&あんのパンケーキ(2枚)」(600円)

黒蜜&あんパンケーキ

相方が「マンゴーパンケーキ(3枚)」(600円)

マンゴーパンケーキ


パンケーキは他に無いほど軽くふわふわで口に入るととろける感じです。

私はここの黒蜜&あんのパンケーキが大好きなので、
このお店でパンケーキを頼む時はこのパンケーキを頼んでいるのですが、
食べていると不意にトッピングの餡の一部を相方に強奪されました。

ワタシのアンコ・・・それにしても理不尽じゃね?

相方曰く、自分も黒蜜パンケーキを頼みたいのに私が頼んでしまうので、
自分は他のパンケーキに甘んじなければいけない、
なので餡の一部を徴収するのは当然の権利らしいのです。

なるほど、じゃあしょうがないね。

なんて思えるかい!!

なんかこのヒトの考えおかしくないですか?

別に限定品じゃないので、自分が一番に食べたいものを注文すれば良くないですか??

しかし相方の持つ“せっかくだからの心得の書”の中には、
“できるだけ相手と違うものを注文しなければならぬ”という掟が書かれているらしい。

それって本当に“せっかくだから”なんですか?

本当にお得と言えるんですか?

と突っ込みを入れまくりましたが、
そんなせっかくだから先行の行動をとってしまう事に
相方自身もその点は疑問らしく、答えは出ませんでした。

不逞の輩にあんこは強奪されましたが、
しばらく食べられずに夢見ていたパンケーキを食べる事ができ、
私共は大変満足して家に帰ってきました。

が、

その割を食ってタイヤを買ってもらえず、後輪が外れたままのくろまるくんが
この状況を満足しているかは不明です。満足してるわきゃないだろ。(--;)

今週末の土曜日・・・は残念ながら野暮用があるので、
日曜日こそはくろまるくんに新たなるタイヤを買ってあげたいと思います。

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事
8の字ストレッチャーの成果
まったく期待していなかったものが、
えらく役に立ったりした事はありませんか?

例えば100円ショップの製品等は、創作力豊かなステキな奥様であれば活用し、
想像もできないようなステキな作品を作り上げたりするのですが、
特にステキな奥様でもない私の場合、100円という安さにかまけて
見切り購入したものの、大概そこそこ役に立つ程度か予想以上に役に立たず、
しかし(捨てるのは惜しいので)密かにお蔵入り・・・
という事が多々あるのも100円ショップの製品の一面なのです。

なので購入時も過度な期待を持つ事はないのですが、

しかしこの100円ショップの製品の中に私の積年の悩みを解消し、
私の人生を変えてくれる(かもしれない)大金星製品が存在したのです。

それはこちら「8の字ストレッチャー」

8の字ストレッチャー

私は子供の頃から「本当に筋金とか入ってんじゃないの?」というような
筋金入りの猫背でそれが悩みの種だったのでした。

それでも数十年間の猫背人生の中で、ときどき猛烈にこの筋金と戦ってみたくなり、
柱に背をつけてエクササイズうんぬんをしたり、
頭から糸で釣られているようなイメージで暮らしてみたり、
いろいろ猫背矯正エクササイズをやってみたのですが、
どれもこれも今ひとつ成果を上げられませんでした。

だって本当に頭から糸で釣られているわけじゃないし、
そんな根性でがんばれ的な事を言われても
こっちは背筋を人並に伸ばしているだけで辛いので長続きしないんですよね。

別に背を丸めて生きるのも悪い事じゃないさ。

ご先祖様(猿人)とかもそうだったんだし。


と失敗する度に自分を慰めていましたが、
本音を言えば背筋を伸ばして生きていきたいといつも思っていました。

そして「この猫背をなんとかしたい」という何十度目かの発作が春頃沸き上がり、
いつもは背筋を正して伸ばす方法を考えていたのですが、
この時降りてきたのは「将を射んとすればまず馬から」

つまり背筋を鍛えれば、おのずと背筋も伸びてくるんじゃね?

と思い立ったのです。

筋肉を鍛えるためにはダンベルというイメージがあったので、
ポタ途中でたまたま寄った100円ショップでダンベルを探していたのですが、
(そう言えばダンベルを背負って帰るつもりだったんか?)
ダンベルがうまく見つからず、代わりに目に付いたのが
この8の字ストレッチャーだったのです。

いかにも100円で売る為に原価を安くおさえました的つくりは、
とても信用がおけるとは思えませんでしたが、

「どうせ100円だし・・・」

というワンコインマジックにかかり購入。

しかし購入してはみたものの、

こんなんで筋金入りの猫背が治れば苦労しないよなぁ。(笑)

どうせエクササイズが辛かったら続くわけないし。


と自分自身と8の字ストレッチャーへの信頼のなさを証明するように
しばらく開封すらせずに放置しておりましたが、
しかしせっかく買ってきたのに試しもせんのもなんなので、
続かない気満々でエクササイズをする事にしました。

開封し、実際使ってみると思った通りのちゃちさ加減でしたが、
世の中負の理由がプラスに働く事もあるもので、
このちゃちさがかえって気を使わずに済み、なんだか使い易いのです。

入れてあったビニールの後ろに書いてあるエクササイズ例を参考に、

8の字エクササイズ

オリジナリティーを交えて、胸の前、首の後ろ、背中等々、
日々気が向いた時に、びよーんびよーんと引っ張っていました。

単純作業なのですぐに飽きるものの、
あまり苦痛な作業でもなく気休めでできるので、
短時間集中で一日に何セットかをやっていたのですが、

楽な作業なので効果は望めんだろうな。


そう思いつつ続けていました。

しかし気休めだと思っていたこの楽々エクササイズ、
意外にもすぐに効果が出る事に・・・

1週間ぐらい経って出かけた時の事、
自分は普通に(猫背で)歩いているつもりでしたが相方に、

「なんか背筋伸びてない??」


と言われたのです。

まさかあんな単純な運動で筋金入りの猫背が治るわけないだろ。

と思いつつも鏡にうつるわが身を見てみたのですが、

あれ?確かに伸びている?・・・かも。

こんな事で筋金入りの猫背が治るなんて思えず(しかも始めて1週間で)
何度も鏡を見て確認したのですが、
いつ見ても背筋はホモサピエンスに近い状態に伸びています。

えっ?!筋金入りだとか形状記憶だとか思っていた猫背が、
こんな単純な方法で治るもんなの??(゚∇゚ ;)

嬉しい反面、自分、今までの人生なにしとったのん?

と複雑な気持ちです。

でも効果が出ると俄然やる気になるもんで、毎日エクササイズを続けていたところ、
ここ数ヶ月で見違えるぐらい立ち姿は猫背ではなくなりました。

この適当エクササイズのどこがそんなに効いたのか自分でもよくわかりませんが、
何故かピンポイントで私の背筋に効いたのでしょうね。

「数ヶ月で小顔!」とかいうエクササイズを胡散臭く思っていましたが、
自分に合ってピンポイントで効けば、意外と効果が出る人もいるのかもしれません。

ただ立った時に猫背にならない背筋は出来たものの、エクササイズ法が違うのか、
長時間座っているとどうしても猫背が出てしまうので、
ここまで来ると欲が出てそれもこれもどうにかできないものかと思っています。

しかし猫背がまあまあ解消されて気づいたのですが、
私は元々胃があまり強くないらしく、ときどき胃が気持ち悪くなったり痛くなっていました。

胃が痛い時に胃をかばうと人は背中が丸まるので、
猫背なのは胃が弱いのを絶えずかばっている為かも。


とも(猫背を正当化する為に)思っていたのですが、
背筋を伸ばしている方が胃が悪くならないような気がします。

もしかしたら今まで猫背だったから胃も悪かったの?(゚∇゚ ;)

実は胃が弱いとか悪いとか言うわけでもなく、
今まで猫背が消化活動を邪魔していたとか?

医学に心得の欠片もないのでその辺の因果関係はわかりませんが、
やっぱりホモサピエンスは背骨を伸ばす仕様になっているのだと思いました。

100円ショップというものは掘り出すと大金星商品もあるものなので、
(見かけた時はとてもそんな金星商品とは思えなかったけど)
一応、買ってみるもんですね。

・・・無駄になるブツも多いですけどね。

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事
自転車整備習得術(?)
喉が痛いっす。(>_<)

どうやら風邪をひいたようで今朝起きたら喉がヒリヒリと痛いのですが、
あからさまな原因がありまして、その原因とは、

床寝

つまりフローリングの床に直接寝て睡眠を取ったのです。

なぜそんなところで寝たのかというと、
いつ敵に命を狙われるかわからんので寝ている時も臨戦態勢を取る為とか、
修行中の身でござるゆえとかではなく、
(残念ながら命を狙われるほど重要人物じゃないし)
私若干変温的血筋が入っておりまして、こうして暑くなる時期は
気温の上昇と共に体の体温も変温、そのまま体に熱がこもり微熱が続くのです。

体温の上がったトカゲが冷たい石の上で涼をとるように、
そんな時は手っ取り早く床の冷たさで全身の熱を奪うのが一番なのに気づき、
数年前からこんな風に熱がこもる日は床寝をしているのですが、
今年は床寝するのが時期尚早だったのか、
私が床寝に耐えうる年齢ではなくなったのか、
夕べ床寝をしたら一発で風邪をひいてしまいました。

いい具合に爆睡できていたはずなんですけどねぇ。

そんな風にこの季節になるとこの変温微熱であったり、

毎日雨予報で週末のポタはつつがなく行けるのか?とか、

行けないとなるとわが家の鉄のポタ掟「週一5kmポタ」を
梅雨の間どのようにして乗り越えて行くか?


とか、いろいろ問題が増えるわけですが、特に直近の問題としては、
わが家のなしくずし的な自転車保管庫和室に転がっている
くろまるくんのタイヤの購入です。

今週末の日曜日に自転車で買いに行こうと思っていたのですが、
どうやら週末は雨のようですね。

稼働範囲は限られてしまいますが、電車か車で行くしかないかと思っています。

そして私の小鳩のような心を(ウソです)ちょっと重くするのは、
週末に首尾よくタイヤを購入できたとしても

わが家にタイヤを無事嵌める能力があるのかどうか?です。

普通に考えたらそんなに大変な作業でもなさそうなので、
簡単にできそうなものですが、なにせわが家のことだからなぁ・・・

と思わず不信感を抱いてしまう、
つまり最大の問題は自転車を始めて3年にもなるというのに、
この惨憺たる整備キャリアのなさです。

ちょっとしたアクシデントであっても自分では何もわからない為にビクビクする
こんな自転車生活でいいのか?と自分でも悩んではいるのですが、
どうも昔から自動車とか自転車とか機械関係に弱く、
整備に関してもまったくちんぷんかんぷんなのです。

そんな悩みを日々抱えている時にテレビを見ていると
「週刊ハマー H1 ラジコンカー」のCMが目に付きました。

良くある週一で部品の一部が購入できてそれをマジメに組み立てていくと、
最後にはラジコンカーが出来上がるという代物ですが、

刊数は全65号の予定・・・65号しかも予定って(笑)

これもこういう雑誌(?)にありがちに初回版限定で
創刊号が通常より安い790円だったりするのですが、
その初回を買った人間の中に最終刊まで辿り着く人間が何人いるんだろうか?

ちなみに私も歴史なんとかとかクラッシックうんちゃらとかの号を
創刊号だけ買った事がありますが、2号から先買った記憶がさっぱりありません。

しかしさすがに65号までひっぱるだけあり、
完成したあかつきにはアメリカ軍用に開発されたというミリタリービークル「ハマー H1」の
実車の重厚感と走破性を再現した1/8スケールラジコンカーができ、
しかも実車のハマー H1が搭載する「ハブリダクションシステム」と同様の機構を備え、
最低地上高を50mmに保つという。

ちなみに同機構を装備するホビーラジコンカーは世界初だという事ですが、

いや、何言ってかさっぱりわからねぇ。(特に後半)

よくよく考えると「ハマー H1」自体知らんし。

でも実車により近く、なんとなくスゴイという事はわかります。

それに実車に近いという事は、これを組み立てれば本物の「ハマー H1」の
組み立て方がざっくりと理解でき、組み立て方がわかるって事は、
整備方法とかもわかるようになるのではないだろうか?

これだーーーーっ!!


と閃きました。

ラジコンカーなので実際のものとは寸分違わずというわけにはいかないでしょうが、
今まで未知の世界だった自動車のエンジンルームの中身が少しでも理解できれば、
苦手な整備にも役に立つのではないだろうか?

これは「ハマー H1」(全65号予定)を購入しなければ!!

って、自動車に詳しくなってどうする。

いや、もちろん曲がりなりにも自動車に乗っているので
少しは詳しくなった方がいいでしょうが、

その前に自転車だろ自転車!!

そもそも今まで自転車の整備に手を出せなかったのは、
乗ってはいるけど自転車の構造自体は未知のもので、
すなわち自転車がどういうものがさっぱりわかっていなかったからではないのか?

つまり自転車の仕組み自体がわかれば、
おのずと整備も理解できるようになるのではないだろうか?

しかしその仕組みを知るために自分の可愛い愛車を犠牲にする事はできません。

そこで!ハマー H1・・・じゃなくて、ミニュチュアの自転車模型ですよ!

早速ミニチュア自転車がないかネットで検索してみると、
ペダルも回りブレーキもちゃんと掛かるという
実車に近いミニチュア自転車があるようです。

インテリアとして完成形で販売されているものが多いようですが、
「ハマー H1」のように一から自分で組み立てられるものが存在し、
それを組み立ててみれば、実車の整備技術も大いに上がるような気がするのです。

そうなれば整備マスターも夢じゃない?


と本気で思っているのですが、またアプローチの仕方を失敗していますかね?

また頓珍漢な事を言ってます?^^;

でも挑戦して悪い事はないと思うので(最悪いい事もないけど)
自分で組み立てられるミニチュア自転車で手頃なお値段のものがあったら
組み立てに挑戦してみようと本気で思っています。

この際デアゴスティーニとかで発売してくれないかなぁ。

・・・できればビアンキで(ぼそっ)

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事
タイヤ購入行ってきます
どうも、こんにちは。くろばいBです。

昨日は思いがけず天気が良かったですね。
天気予報では一週間ずっと雨と言っていたはずなのですが・・・
なので、ここぞとばかりにポタリングに行きたかったところですが、
ちょうど二人とも用事があって、その用事から帰ってきたのは午後5時過ぎ。
なんとかお天気も持ちこたえています。
この梅雨の時期、毎週一回の連続ポタ記録を継続するためには、
ここで走っておかないと、リスクが大きいので、夕方からですが
ポタに出掛けることにしました。
とはいえ、夕方からなので、5kmを超える程度のショートポタをと考え、
わが家から程近い定番短距離ポタスポットの浅草を行き先にしました。
短距離ポタにはもっぱらミニベロのを使っていたのですが、
現在あいかわらずパンク中ゆえ、今回はクロスバイクで出掛けることに。
クロスバイクももちろんいいのですが、短距離をのんびり走るのには
やはりミニベロの方がしっくり来ます。
早くミニベロのパンクを直さなくては、ということで今日こそはタイヤを買いに行ってきます。


そして、全く話は変わりますが、本日・6月20日はマクドナルドの新商品が発表され、
Ustream等でも中継されるらしいのですが、そのマクドナルドの新商品を
いち早く試食させてもらえるチャンスを得ましたので、夕方はそちらに行ってきます。
「ビッグアメリカ」キャンペーンなども好評だったみたいですが、
今回の新商品はどんなものなのか、楽しみです。


ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。

にほんブログ村
 人気ブログランキング
関連記事
タイヤ購入行ってきました
どうも、こんばんは。くろばいBです。

昨日、7月販売開始の新商品が発表されたマクドナルド。
既にCMでも流れているようですが、今回のテーマは「チキン」。
というわけで昨日はマクドナルドの新商品
「チキンバーガー ソルト&レモン」
「チキンバーガー オーロラ」
「ジューシーチキンセレクト」
の試食をさせてもらいに、都内某所のマクドナルドのテストキッチン「スタジオM」に行ってきました。

詳しいレポートは、またくろばいの方がブログに書くと思いますが、
ジューシーなチキンのモモ肉を使った新商品はおいしかったです。
6月25日から先行販売をするお店もあるようですので、
興味のある方はマクドナルドのサイトをご覧ください。
http://www.mcdonalds.co.jp/menu/limited/ckn/


それはさておき、昨日はミニベロの「くろまるくん」のタイヤをようやく買ってきました。
よくわからないので、お店の方に「パンクしにくいのがいいです」と言って勧めていただいたのが
こちら。



週末にはタイヤ交換に挑戦したいと思います。


ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。

にほんブログ村
 人気ブログランキング
関連記事
急遽浅草ショートポタ
先週末は、傘に隠れて桟橋を一人見つめて泣いちゃう程(古いって)
ずーっと雨の予報だったので、土日とも雨と覚悟をしていたのですが、
実際に当日になってみると両日ともそこそこのお天気でしたね。

土曜日は野暮用があって昼間は車で出掛けていたのですが、
完全無欠の雨の予報だったので、絶対雨が降ると信じていたのに、
空は刻々と晴れていきました。

この後、1週間のお天気を見ても「everyday雨」の暗澹たる予報だったので、
(今となってはそれも大外れですが)
週一5km以上必ずポタるという(無駄な)カルマを抱える身としては、
この時期の晴れ間は値千金、えらーく貴重です。

できれば、こんな風に晴れているうちにポタに行っときたい!

という焦燥感を抱えつつ、ジリジリと用事を済ませ、
高速を飛ばしダッシュで家まで戻った時には・・・やっぱり晴れてました。

時間も遅いし、ちょこっと迷いましたが、
翌日、日曜日からは延々と芳しくない天気予報・・・

今更天気予報の何を信じればいいんだろう?

と思わないでもないですが、天気予報は信じられなくても
思春期の女子のような気まぐれなお天気はもっと信じられんので、
晴れているうちにポタっておこうと、夕方から浅草に向けてショートポタに行って来ました。

「いつかどうにかしなきゃ」というジレンマを抱えつつも、
未だにわが家の自転車庫になっている和室から自転車を出して浅草にGO!

と、いつものように相方がミニベロ達を出そうとすると、
わが家のミニベロの一翼を担う相方の愛車くろまるくんは、
パンクが思いの外大事になり、現在脱タイヤ中、
タイヤを購入するまで戦線離脱の身なのです。

失ってはじめてわかるくろまるくんの大切さ。(いや、失ってはいないけど)

そしてミニベロのお手軽さ。

そもそもわがマンションは自転車仕様になっていないので、
狭いマンション内(しかも奥の和室)から外に出すのは、
デカいクロスバイクより断然小回りの利くミニベロの方が楽。

しかも最近はミニベロを出動させる事の方が圧倒的に多いので、
自転車出庫係の相方の車幅感覚がすでにミニベロ仕様になっており、、
部屋の廊下にぶつけ、マンションのエレベーターにぶつけそうになりながら、
クロスバイクを出庫しました。

出庫時のお手軽さも含めてやっぱショートポタにはミニベロ、
そしてショートポタに行く比率が圧倒的に多いわが家には、
やっぱりミニベロは必須なんだろうなぁ。と改めてしみじみ思いました。

さて、出掛ける時は太陽は沈みかけていましたが、
“蒸されている”とか“燻されている”という言葉が最適なような
不快指数の高い暑さの中、浅草に到着。

不快指数がやたら高いだけあって「運が悪ければ直雨に被弾」的な
いやーんな感じの黒い雲も出てきているような気がします。

これからはゲリラ雷雨からの奇襲攻撃も想定しなければならんので、
自転車達は地下駐輪場に入れる事にしました。

わが家の場合、ポタに来る時はおおむね食べ物的目的地が存在するのですが、
いつも浅草に来た時は利用している隅田公園沿いの地下駐輪場は、
今回の目的としているお店からはちょっと離れた場所にあります。

そこで先日ポタ時に発見した国際通りにある地下駐輪場がお店により近いので、
今回は初めてそちらに停めてみる事にしました。

浅草ROXのまん前にあるこの地下駐輪場、
おそらくずっと前から存在していたとは思うのですが、
何度も浅草にはポタに来ているはずのわが家なのに、
わが家の節穴EYEにとまらず、ずっとその存在をスルーしていました。

今思っても何故こんな目立つ駐輪場が目に入らずに済んだのか、
我ながら疑問に思わずにはいられない。


そしてこの後、つくばエクスプレス「浅草駅」に直結しているこの駐輪場に足を踏み入れ、
レンタサイクルニストとして3年活動してきた私たちでも、
驚きを禁じえないようなレンタサイクルを発見する事となるのです。

ところで、つくばEXとはつくば駅と秋葉原駅間を結ぶ路線として
2005年に開業したばかりの鉄道ですが、
都内に近づくとほとんどの駅が地下に設置されているようで、
この浅草駅も地下にあります。

ただでさえ網の目のように鉄道が張り巡らされている東京の地下で
新参者の鉄道の駅に課せられし運命と言えば、駅が深い。

つくばEX終点の秋葉原の駅なんぞは、空気が薄くなるような錯覚にとらわれる程深く、
こんなんだったら1回位多く乗り換えた方がマシと思う程、
地下から這い出るまでに時間を要します。

なのでつくばエクスプレス直結の駐輪場もそのとばっちりで
通常の地下駐輪場よりあきらかに深いです。

しかし悪い事ばかりではなく、穴の途中で浅草ROXの西友に直結した入口があるので、

西友入口

お買い物には便利かもしれません。

ところで、駐輪場の料金設定というものは、
主にどこのどなた様がなさっているかは知りませんが、
意外と場所によってまちまちで、最初の数時間無料タイプ、1日料金一律タイプ、
時間経過で延々と加算されるタイプと様々ありますが、
いつも利用していた同じ浅草地区にある隅田公園駐輪場の料金設定は、
24時間一律100円になります。

でもその隅田公園の駐輪場に比べて、こちらの駐輪場は繁華街も近いですし、
曲がりなりにも(?)駅に直結しているというアドバンテージもあります。

付加価値が上がれば料金に跳ね返ってくるが世の常なので、
その分料金が加算され、どんだけ高額の駐輪場料金を支払う事になるかと思いきや、
「流石に同じ浅草で料金に違いがあるのはマズイでしょ」という話になったのか、
何かポリシーがあっての事なのかはわかりませんが、
この駐輪場も同じ24時間一律100円でした。

しかし隅田公園の駐輪場というのは、結構いつ行っても混んでいて、
なんなら「混んでいるのでできるだけ他行ってね(超訳)」
というような暗にお断り的な張り紙がしてある時もありますが、
繁華街にも近く駅直結なはずのこちらの駐輪場は結構ガラガラ。

駐輪場

土曜日故なのか、浅草においてあまりつくばEXを利用する人が
おらんのかはわかりませんが、かなーり停めやすい状況です。

料金は後払いなので愛車を停め出て行こうとしたのですが、
私共もレンタサイクルニストとして(成り行きで)活動をして3年、
近頃は職業病というかレンタサイクルの文字に敏感に反応するようになりました。

レンタサイクルニストレーダーを敏感に作動させるまでもなく、
この駐輪場には“レンタサイクル”という旗がはためいていたのですが、
レンタサイクルニストとしての使命として詳細をチェックしてみると、
どうやらここにあるレンタサイクルが地下駐輪場からダイレクトに借りられるようです。

レンタサイクル自体は一見ママチャリ風(そしておそらく中身もママチャリ)なので、

レンタサイクル

得に驚くべき特筆事項は見当たらなかったのですが、
注目すべきはそのレンタサイクル料金。

レンタサイクルニスト暦3年の私共の生活の中でも
今まで記憶にないほどの低料金を叩き出していたのです。

レンタサイクル料金

1日 200円

と言うのは、まあ、確かに安価ではあるが今までなくはなかった。

驚くべきはその下に書かれている

3日 300円
7日 500円


3日、7日単位って?!

何?その驚きの新単位。

日本は・・・いや世界は広いので中にはそんな長期単位で貸し出す
レンタサイクルもあるかもしれませんが、
私的には初めてみる単位のような気がします。

しかも3日借りれば1日100円、7日借りれば1日約70円と、
長く借りれば借りる程お安くなる親切料金設定になっております。

逆に1週間も借りる人ってどんな人だよ。


と思わないでもないのですが、それにしても1日約70円って。(笑)

このレンタサイクル達が元を取れるようになるには、
何日間貸し出され続ければいいのだろうか?

と思わずにはいられない。

そんな浅草の激安レンタサイクルに軽く驚かされた後は、深い駐輪場から這い出し、
今回のポタの目的地である「テスタロッサカフェ」さんに行きました。

カフェ

このお店は絹のような食感が売りというシルクプリンなるプリンが有名なお店なようですが、
最近いろいろな意味で(というか主に美容的意味で)
シルク姉さんをリスペクトする私としては、シルクプリンの存在を知った時から
猛烈に行きたくなったのです。

いや、特にシルクプリンを食べたからと言って美容効果があるわけでもなく、
このプリンをシルク姉さんが監修したわけでもないので、
単に名前が同じだけでシルク姉さんは無関係なのですが、
今自分の中でシルク姉さんが熱いので、つい反応せずにはいられなかったのです。

ネットで写真を見るとシルクプリンも美味しそうだし。(って、そこ付け足し?!)

そのような事情でこのお店に来たのですが、
「OPEN」の小さい札は掛かっているものの、
外から中を覗いて見ると作業着を着た人が脚立の上に立っていて、
何やらあからさまに店内は工事中の気配が・・・

もしかして閉店しているのか?と迷ったのですが、
「OPEN」の札を信じて恐る恐る入ってみると、
天井部分をちょっと工事中のようで、ときどき工事音がするだけで
特に支障はないようなので、無事入店する事ができました。

店内はアンティークな置物が置いてありレトロ感の漂う落ち着いた雰囲気、
注文はもちろんシルクプリンを注文しようと思いましたが、
シルクプリンも数種類あるようで、ショーウィンドウから選ぶようです。

相方といそいそと席を立ちショーウィンドウに行くと、
他にもいろいろ美味しそうなケーキが!

人前なので冷静を装いましたが、メチャメチャテンションが上がりまして、
迷った結果に選んだのが、私が「苺のシフォンケーキ」(550円)

苺のシフォンケーキ

相方が「ロールケーキ」(500円)
ロールケーキ

苺のシフォンケーキは生地がふわふわでありながらもしっとり感もあり、
煉りこんである苺の香りも仄かにして美味しい。

ロールケーキもいろいろな果物がたっぷり入っていて美味しかったです。

が、

誰もシルクプリン頼んでねぇじゃん。∑(゚∇゚|||)


なんか数々のケーキを見ているうちに頭がいっちゃいまして、
すっかり肝心のシルクプリンを頼むという使命を
ケロッと忘れちゃったんですよね。^^;

シルク姉さん、すみません。(と謝られても困ると思うけど)次こそは必ず!

飲み物は私はホットコーヒー、相方はアイスコーヒーを頼んだのですが、
ホットコーヒーはこのように普通でしたが、

コーヒー

アイスコーヒーの器はなぜかブランデーグラス?

アイスコーヒー

裕次郎か!

と突っ込みを入れたくなる感じです。

こういった器を持つと中身は何であれ裕次郎持ち(?)をしたくなるもののようですが、

アイスコーヒー

その先にあるストローがなんとも違和感・・・
言うなればとっちゃんボウヤみたいなアンバランス感です。

このお店は閉店時間が8時だったのですが、ギリギリまでまったりしまして、
その後は地下駐輪場に戻り、せっかくだから地下に降りる途中にあった西友で
お買い物をして帰りました。

しかし目下療養中の相方のミニベロくろまるくんだけでなく、
私のミニベロベロンチョにも異変が・・・

実は相方がパンクする頃から少しずつ異変を感じていて、
丁度(?)相方もパンクした事だし、相方のタイヤを購入する時に
一緒に両ミニベロを購入した実家的お店で見てもらうつもりでいました。

が、相方のくろまるくんはお店に出向く直前に再びパンク、
その後考えた末、タイヤは別のお店で購入する事にしました。

ベロンチョ単独でも実家的お店に持って行きたいとは思っていたものの、
それからなんやかんやで行く機会もなく今に至りまして・・・

その異変というのはブレーキの音鳴りなのですが、
最初は極僅かな音が鳴っていたに過ぎなかったこの音鳴り、
放置しているうちにとうとう前輪ブレーキを掛ける時に
騒音クラスのデシベル数のキーキー音が鳴り響くようになってしまいました。

なまじちょっと小洒落た自転車を乗っているだけに、
このキーキー音が恥ずかしい。

完全自意識過剰の妄想だと思いますが、
愛車がキーキー鳴く度に、

「あんな立派な自転車に乗っているくせに、
整備もいきとどかせていないのかしら?(クスッ)」


と負の注目を浴びているようで、いたたまれないのです。(誰も見てないと思うけど)

でも、このブレーキ時に徐々に大きく響くようになった前輪部分のムカつくキーキー音、
さすがに私も約3年も自転車に乗っているので犯人はわかります。

そう、ブレーキシュー・・・犯人はおまえだーーーっ!!

このブレーキシューというヤツは、心もちハの字になっていないとか、
当たり処が悪い等が原因で、容赦なくブレーキをキーキー鳴らしてくるんですが、
実は以前に一度このブレーキの音鳴りを自転車店に持ち込み、
ブレーキシューの調整で直してもらった事があるのです。

その時は“心持ちハの字”の心持ちがどの程度の尺なのか、
まったくわからず自分では対処できないので、自転車店に持ち込みましたが、
実際自転車店の方が調整してくれているところも見られなかったので、
この心持尺度がどの程度のものなのか、未だわからないでいます。

その以前のその音鳴り事件から1年、
ベロンチョを購入してからは2年もの月日が流れています。
(先日1年半と書いてしまいましたが、よく考えると2年でした。すみません。^^;)

それを加味して私はこの時、ハの字がどうとかではなく、
別の方面から原因を推測していました。

ブレーキシューを見て見ると、この2年の間前輪を止め続けたブレーキシューは、
かなりすり減っているような気がします。

これでもスポーツ自転車暦3年のキャリアを持つ私、

このキーキーはブレーキシューの減りが原因である。

間違いない!


と自信満々に鑑定しました。

折りしも整備技術があまりにない自分達の姿勢に
疑問を持っていたところです。

ブレーキ部分は命に関わりそうなので、自らの技術力に託していいのかと思いますが、
いつまでもビビッていたのでは、自らの向上は期待できない気もします。

ここは自らのキャリアアップの為にも、
自分自身でブレーキシューの交換をやってみるしかないだろ!

と思い込みまして、次の日相方のタイヤを買うついでにブレーキシューを購入し、
自らの力でブレーキシューを交換を試みる事にしたのです。

・・・果たして私の約3年のキャリアに基づく自信の鑑定は正しかったのか?

その結論はまた次回以降で・・・。^^;

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。

にほんブログ村
 人気ブログランキング
関連記事
タイヤ購入そしてマクドナルドの新商品を食べちゃうぞ!【その1】
失って初めてわかる大切さというものもありますが、
パンクから端を発したタイヤの破損につき、
愛車くろまるくんが戦線離脱を余儀なくされまして、
結果的にくろまるくんに乗れない日が続き、相方は彼にとってくろまるくんが
いかに大切な存在であるか気づかされたようです。

・・・何分小回りが利くので狭いマンションからも出しやすいし。

後輪がなくなり力なく和室に横たわる愛車くろまるくんの哀れな姿を日々見るにつけ、
日頃は感情が薄めの相方も(さすがに)何か感じるものがあるのか、
先週末の日曜日はくろまるくんを元の輝いたアイツに戻す為に、
何が何でもタイヤ購入に行こうという事になっていました。

初めは何分相方の愛車の事なので、所詮他人事感が否めない私ではありましたが、
何の因果か私の愛車ベロンチョも前日の土曜日から
ブレーキ時のキーキーいうムカつく上にご近所迷惑な異音がやたらと大きくなり、
自らの手で愛車のブレーキシューの交換を決意したので、
交換用のブレーキシューを買ってこなければならず、
私にとってもこの日自転車店に行くのは他人事ではなくなっていました。

お店へはできれば自転車で行きたいとは思っていたのですが、
この時期何をするにも気まぐれな地球の気象状況次第。

その気まぐれさの前には、もはや長期天気予報などは、
古代卑弥呼様がやっていた亀甲占いレベルの信憑性のような気もしますので、
後は当日の天気予報とお空を見て自己責任で決めるしかないのですが、
朝起きてみると日曜日は何とも微妙な空模様でした。

天気予報を見ると、一日雨は降らないであろう(たぶん)みたいな事を言っています。

空を見ると、若干雲もかかり「ほほほ、この先どうなるか当ててご覧なさーい」的な玉虫色な空模様。

どうしたものかと悩みましたが、プロの予報士でも当てれないものが、
呪術の心得もない私共にわかるわけもなく・・・

この際、今降っていない事実を大切にし、
「自転車で行っちまうか」
・・・という方面に気持ちが傾きました。

そして世の中には“毒を食らわば皿まで”という言葉がありますが、
日曜日には愛車に対する愛情とは別に、
相方の人生のテーマである“お得”に関係するイベントがあり・・・

そのイベントとは7月より発売されるマクドナルドの新製品が
いち早くタダで(これ重要)食べられるブロガーイベントなのですが、
以前、アサヒビールのブロガーイベントで味を占めた相方(と私)は、
こちらのブロガーイベントにも申し込んでみたのです。

ブロガーイベントというものは、別々に申し込みをするものなので、
「今度は2人して当選する事はないかも」と思っていたのですが、
ここはまたまた2人とも抽選をすり抜ける事ができまして、
そのマクドナルドのブロガーイベントに参加できる事になっちゃいました。

ブロガーイベントは夕方からなので、一旦、自転車店に行き、
「帰ってから改めて出かけよう」と直前まで思っていたのですが、
「どうせ行くならそちらも自転車で行きたい」と自転車欲がでました。

そもそもブロガーイベントは、自分のブログ名を告知して申し込むものなので、
“クロスバイクを買っちゃうぞ!”という、

もし自転車乗り以外だとすると何者なんだ?お前。

というブログ名で申請しております。

これは自転車で行く事を期待されているのではないか?(いや、されてないだろ)

もし特に期待されていないにしても、
曲がりなりにも自転車ブロガーのプライドとして自転車で行くべきであろう。

という思い込み風味満載の無駄な使命感がまたまた芽生え、
急遽、ブロガーイベントも自転車にて参戦する事にしました。

そうと決まれば、汗かきの相方はデオドラントシートと替えのTシャツを持ち、
タイヤ店からイベント会場までのルートを調べ、
しかるべき時間にまずはタイヤ店に向けてスタートしました。

向ったタイヤ店は以前スターチャンネルさんから教えて頂いたお店で、
場所は足立区の環七沿いで荒サイからも程近く、
自転車で行くにはなかなかアクセスもいいお店です。

まずは荒サイに向うべく、私はミニベロのベロンチョで、
相方はクロスバイクのルイちゃんで勢いよく漕ぎ出したのですが、
一応、この後にイベントが控えているという事で、
私はおニューのパンツ(ズボン)などを穿いておりました。

おニューのパンツは特にオシャレでもなければ高値でもない、
“しま○らマジ、リスペクト”的な実家近所のスーパー隣接の用品店で購入した、
ポタ時の楽さのみを追求したウエストゴムのダライ系のパンツなのですが、
おろし立てなら少しはしゃっきり見えるような気がしたので穿いてきたのです。

しかし新しいパンツというのは不都合な事がひとつ・・・

私は何かと写真を撮る人間なので、カメラは即取り出せるところ、
・・・というと主にパンツのポケットに入れている事が多いのですが、
新しいパンツは実際カメラを入れてみるまでポケットの按配がわからないですよね。

そしてこの時、ポケットにカメラを入れてみたのですが、
心持ポケットが浅く、どうも収まりが悪いようないやーんな感じが・・・

でも収まっていないわけでもなく、なんとか行けそうな気がしたのでそのままにし、
マンションの敷地から出て、加速して約100mのところで、

ポケットに入れていたデジカメも加速と重力をつけて
思いっきりアスファルトに落下!


しかもメモリーカードも電池も離散の大事故。

Nooooーーーーーッ!

と叫んで目を覆いたくなる位の状況ですが、

でも、ヤツは生きているだろうな。

と冷静に思いました。

と申しますのもこのキャノンのデジカメ、
以前もっとスピードを出して走っていた時に落下した事があり、
その時も中の物がアスファルトに思いっきりぶちまかる状況でしたが、
「もうダメだろうな」と頭の中で新たなるデジカメの予算を計上しつつ中身を回収し、
恐る恐るカメラを起動してみると、何事もなかったように写ル。

狐につままれたような気分でした。

しかしさすがに何らかのダメージは受けているだろうとは思っていたのですが、
現在に至るまで、つつがなく使え続けているのです。

そして案の定と言うか、やっぱりと言いますか、
離散したメモリーカードと電池を回収し、ノロノロと元通りに入れて見るとデジカメ復活!

落下などはなかった事のように普通に動いています。

なんすか?このもはや精密機械の枠を超えた剛性。


このように中身大放出までに落とした事は2回ですが、
普通に落とした事は数知れず・・・

すでに見かけは拳一本で生きている無頼の輩のように傷だらけで貫禄のある姿。

カメラなので自らを撮る訳にもいかず、その姿をお見せできないのが残念です。

もう何があってもコイツは壊れる気がしねー。

とまで思っていたりするのですが、
落ちたのが人がいないところでよかったです。

その後、ニューパンツはカーゴパンツのように膝上の部分に大きなポケットがありましたので、
性懲りもなくそこにカメラを入れて走ってみました。

膝下ポケットは結構深いし、いい感じにフィットしまして、
カメラは微動だにぜずに無事収まってくれていたのですが、
下手に膝辺りに加重が掛かるとゴムのウエスト部分が徐々にずり下ガル。

そのままいくと誰も見たくもなく、私も見せたくもないものを見せてしまい、
最悪警察に職務質問という不条理な状況に陥りかねませんので、
膝上ポケットに入れるのは断念、素直にリュックのポケットに入れました。

以前、カメラを落とした時はしばらく相方がどこぞのイベントで貰ってきた
無駄に派手な色合いのモバイル的なものを入れる何かを
デジカメ入れとした活用していた時がありまして(その派手な何かの記事は→こちら
嫌な事にそれなりに使い勝手もわるくなかったのですが、
やはりどんなケースも直ポケットに入れる手軽さにはかなわないので、
パンツを購入する時はデジカメが落ちないような深いポケットの物を買うのが一番ですね。

とそんなアクシデントがありつつも荒サイまで到着しまして、

荒サイ

お店までの距離は別段長距離というわけではないのですが、
その間、無風、向かい風、追い風、そして向かい風とコロコロ変わる風向きに
一喜一憂しながらも荒サイを走り、お店のある環七に通じる「鹿浜橋」に到着寸前に、
荒サイの新たな庶民の憩いの場が作成されているのを発見しました。

数週間前に荒サイを走った時には、この辺りは対岸の道を走っていたので
この場所に新たなる憩いの場が存在してた事に気が付きませんでしたが、
いつの間にか荒サイよりもより川沿いに遊歩道のようなものができていたんですね。

遊歩道

遊歩道だけではなく、ところどころにお休み用のベンチも設置されており、

遊歩道

すでに自転車乗りの方もポタ途中で休んでいましたが、
そのベンチの中には世知辛い現代社会に生きる庶民の疲れを癒したいという配慮か、
このようなセルフマッサージベンチが置いてありました。

マッサージベンチ

せっかくのお上のお心使いなので使い心地を試させてもらいましたが、
勢いつけて寄りかかったら背骨にダイレクトにヒットし、
「何しやがるんだ!」と言う程痛かったですが、
当てる場所すら誤らなければ、

沁みるわ~。

と言う感じでなかなか気持ちよかったです。

しかしまさか自分がこんなところでセルフマッサージをして
相好を崩す人間になるとは思いませんでたが、なっちゃうもんですね。

・・・ホント時間て残酷。(遠い目)

寂しいセルフマッサージで癒された後は「鹿浜橋」を対岸に渡り、
このまま環七に入ればすぐそこに目指すタイヤ店があります。

・・・とその前に腹ごしらえをしておかねばなりません。

「鹿浜橋」のすぐ横に見えるのは、言わずと知れた荒サイのオアシス都市農業公園、
先日入ろうとして営業時間外で入れなかった恨み事もあるし、
ここは手っ取り早く都市農業公園のレストラン「さくら」で昼食を取る事にしました。

・・・続きます。m(__)m

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。

にほんブログ村
 人気ブログランキング
関連記事
タイヤ購入そしてマクドナルドの新商品を食べちゃうぞ!【その2】
ワールドカップ、日本決勝トーナメント進出ですね!

私は、普段サッカーにはあまり興味がなく、
試合もほとんど観ないのですが、このワールドカップ時期だけは試合をみます。

もちろん、日本チームを応援する為なのですが、
私も私以上にサッカーに興味の薄い相方もまったくルールがわかりませんで、
“足で蹴りゴールに入れる”等の基本(中の基本)のルールしか
2人ともわからなかったりします。

それでも試合を観戦しているうちに、勘のみでルールを理解していくのですが、
所詮、サッカー自体に興味があるわけではないので、
日本の試合、しかも次ぎに進む可能性のあるゲームしか見る事もなく、
毎回そこそこルールを覚えたと思ったらワールドカップ終了となってしまいます。

そしてこの年の脳細胞には4年という月日は長く、
毎回ワールドカップが始まると“足で蹴りゴールを入れる”以外のルールは、
綺麗さっぱり忘れている。(゚∇゚ ;)

昨日の試合は眠気に負けて観戦できなかったので、
まだ実質2試合しか観ていないのですが、
ようやく枠の外にボールを出したチームと違うチームが
枠の外からボールを投げる権利がある(名前は不明)的なルールを思い出しましたが、
未だどういう場合がファールでどういう場合がフリーキックになるのか、
まったく思い出せません。

・・・というか今までも理解できていなかったのかも。

今回は決勝トーナメント進出という事でこれからも試合があり、
もう少しルールを覚えられそうですが、
おそらくまた4年後は忘れているんだろうなぁ。^^;

しかし今回のワールドカップはド素人の私からみても
番狂わせが多いような気がするのは気のせいでしょうか?

イタリアとかフランスってすごーく強くなかったっけ??

オリンピックと同じようにワールドカップにも魔物が棲んでいるんですかね?

・・・・・話は変わりまして、以下「タイヤ購入ポタ」の続きになります。

ちなみにその1は→こちらです。

*********************************************

ポタ時の真の目的はなんであれ、私共の基本第一目的は
いつでも絶えずぶれなく「食」(“走る”じゃないんかい)

この日の最大の目的地のタイヤ店まであとわずかだったのですが、
ちゃっかりお昼も抜いてきたので、その前に昼食を食べる事にしました。

ポタメシ処は都市農業公園内にあるレストラン「さくら」

さくら

荒サイから直接inできる自転車乗りには嬉しいレストランですが、
そろそろ1階にある売店の業務用のシロップがふりかけてある平凡なカキ氷が
ポタ途中に食べるとえらく美味しく感じる季節です。

この日も蒸蒸と暑かったのでカキ氷にも惹かれましたが、
ちゃんとした昼食を食べようと、2階のレストランへ・・・

前回来た時はギリギリLOと記載してある時間以前に来たのに
何故か閉店しているという、驚きのミステリーに見舞われましたが、
今回は早い時間に来たので問題なく入店できました。

食券を買い窓際の席に座ると荒サイが見えてなかなかのいい眺めです。

さくら

都内のレストランとしては眺めはかなりいい方だと思いますが、
しかしなんとなくいまひとつ感がぬぐえないのは気のせいだろうか?

さくら

せっかくの眺望が活かしきれていない雰囲気といいますか・・・

レストラン界の寵児とかにかかれば“奥様お昼時御用達のレストラン”や、
“ここだけは押さえたいデートに使えるレストラン”にもなれそうな感じですが、
このいつまでも公共チックで垢抜けないゆるい感じがいいと言えばいいのかも。

注文したのは、相方が見るからに高カロリーブツ「カツカレー」(800円)

カツカレー

普段、写真は私が撮る事が多いのですが、カツカレーに関しては相方が撮影、
しかし彼はカツカレーを撮るのがなぜこんなに上手いのでしょう?
カツに対して揺るぎない愛があるから??

これでも(カロリー的に)十分やっちゃった感がありますが、
本当ならジャンボチキンカツカレーとやらを食べたかったようなのですが、

そんな!(絶句)
沖縄旅行から続く傷というか脂肪も癒えていないのに、
その冒険は危険すぎる!


と阻止しました。

相方は自転車で走っている時ぐらいはカロリーのあるものを食べたいようですが、
問題は「どう試算してもこれだけのカロリー消費する程はいつも走ってないだろ」という現実です。

その辺を理解してもらえるとダイエットが成功するかもしれません。

私は「ホットドックセット」(750円)飲み物付き

ホットドッグ

メインのホットドックの他に揚げ物系の添え物があり、
なぜかデザートには和のみつ豆が添えてあるバラエティーにとんだ一品。

ボヤボヤとした蒸暑さの中漕いできたのであまり食欲がなく、
一番あっさりしているものを選んだつもりでしたが、
これはこれで結構高カロリー・・・かも?(゚∇゚ ;)

しかも改めてよく考えてみれば、夜はマクドナルドのイベントで
マックの新商品を食べる事になるので、食品成分分布的にはマックの商品と
かなり被っているような気もします。

どちらも取り立てて「美味!」というわけではないのですが、
奇をてらってない分ハズレはないというか、どこか懐かしい味です。

食事を取った後は荒サイを降り、環七に入ってタイヤ店に向ったのですが、
ここまでのポタで私のベロンチョはまたある変化を遂げている事に気づきました。

数週間前から前輪ブレーキをかけると少しずつキーキーいい始め、
前日のポタでは騒音レベルにまで至ったその前輪ブレーキのムカつく異音が、
何やら小さくなってきた・・・ような。

どうせブレーキシューを交換するし、
そうなればこのキーキー音ともオサラバだ。

とある意味開き直り、気合を入れて(?)キーキー鳴らしてきた事が
ブレーキシューに何らかの変化をもたらしたのでしょうか?

しかし私の約3年間の自転車暦を掛けた判定では、
このブレーキシューのキーキー音はブレーキシューの減りから起こっているという事で、
みのさん!ファイナルアンサー、間違いない。・・・たぶん。←って少し弱気になってるじゃん

ブレーキシューの減りが原因ならブレーキシューは減る一方なので、
幾らブレーキを掛けても症状は好転しないのでは??

という疑問がチラリと頭を掠めましたが、
もうブレーキシューを自らの手で交換するというのは決めた事、
どの道ブレーキシューを交換しちまえば疑問も含めてリセットされるので、
まあ、いいか(いいのか?)と思いましてタイヤ店に向いました。

さて、目指すタイヤ専門店「marco」さんは荒サイから環七に入りすぐの
非常にわかり易い場所にありました。

タイヤ店

お店自体はそう広くはないもののタイヤ専門店だけあり、
タイヤと他には自転車のパーツがいろいろ置いてありました。

このタイヤの中から相方のくろまるくんにはこの中でどれが最適なタイヤか、
つーかそもそもどれがミニベロのタイヤなのかもようわからんので、
一直線に即お店の方に聞いてみる事にしました。

今まであまりタイヤ交換を意識した事がなかったので、
私はタイヤが折り畳める事自体知らなかったのですが(恥)
相方が豪語するには、

全ての道がローマに通じるように、全てのタイヤは小さく畳める

らしい。

ホントかよ。

と思いましたが、確かにお店の中には「これが立派なタイヤになるのか?」と思う程、
小さな箱に詰められたタイヤがありました。

でもミニベロくろまるくんから外したタイヤは、どこか厚く抵抗感があり、
とてもこのような箱に小さくまとまる類のタイヤではないような・・・

しかし世の中には1平方センチの金箔から10平方メートルの金箔に伸ばす人もいる事だし、

何か特殊な技術を使ってあの箱に詰め込むのだろう

と思っていました。

そのお店でちんまりと小さくまとまっているタイヤは「Panaracer」のタイヤで、
今回のタイヤ購入において密かに候補になっているタイヤです。

特徴としては「軽い」らしい。

なるほどこのちんまり感、軽いだろうな・・・という気はする。

確かにスピードを追求する自転車乗りには軽さは大いに魅力です。

が、私共は未だ素人同然の残念な自転車乗り、
軽さとかスピートとか走りやすさとかよりも優先しなければならない事柄があります。

それはいかに修理をしないで済むか、つまりわが家が求めるのは一点、剛性。

ネットと素人向け技術本、そして記憶を駆使しなければ
パンク修理もおぼつかない(情けない)身なので、
どこでもここでも無節操にパンクしてもらったら困ります。

なので「パンクしにくいタイヤを」という一点に絞ったところ、
畳んであるタイヤと別に普通に丸い形で飾ってある
「コンチネンタル(Continental)」というタイヤを紹介してもらいました。

タイヤ

パンクに強く持ちもいい(おまけに1つ約3,500円と安価)という
わが家にはもって来いのタイヤなので、お前に決めたー!と即決。

今回、くろまるくんがパンクしたタイヤは後輪なのですが、
自転車というものは後輪のタイヤの方が減りが多く持たないようで、
取り合えず後輪だけを交換する方法もあるとの事でしたが、
両方交換した方がすっきりするので、前後輪2本を購入しました。

相方のくろまるくん用には、他にリムテープとチューブを購入、
・・・後は私のベロンチョ用のブレーキシューです。

私はミニベロを乗ってきているので、交換にあたりどのブレーキシューがいいのか、
実際に店先に停めたミニベロをお店の方に見てもらったところ、

「これ交換するまで減っていないですよ。」

という私の自信満々に下した診断をあっさり覆すお言葉がっ!

私は音鳴りの原因は角度や当たりの他に、ブレーキシューの減りが
当然原因のひとつとして入るであろうと(勝手に)思っていましたが、
どうやら音鳴りの原因にブレーキシューの減りは無関係だそうで、
やっぱり単に角度や当たりが原因という事が判明しました。

つまり私の3年間のキャリアもまったくの無意味という事も判明しました。

思えば、この日のポタで段々音鳴りが直ってきたのも
ブレーキを掛けるうちに偶然自己修正できたという事で頷けるかも。

すっかりブレーキシューを交換するつもりでいましたが、
必要ないという事で音鳴りの事はさておきまして・・・
(このままベロンチョの自己治癒能力で直るかもしれんし)

丁度ベロンチョをみてもらっているついでに、
ベロンチョのタイヤ交換についても聞いてみたのですが、
2年間乗り続けていたので、やっぱりタイヤはかなり傷んでいるようです。

「このまま乗っているとパンクがし易いかも。」


というお店の方の言葉で、即、交換を決意。

タイヤは相方と同じものがいいという事でしたが、
1組しか在庫がないという事なので、
現在ある1組は相方のくろまるくんに買って帰り
ベロンチョ用のタイヤは注文して取り寄せてもらう事にしました。

今回は相方のタイヤだけを買って帰ろうと、タイヤを畳んで貰おうとすると、

「このタイヤは畳めないんですよね。」


とお店の方。

えええっ!!全てのタイヤは畳めるんじゃなかったの??相方?Σ(゚∇゚ ;)

この後、イベントもあるのに、どうして持って帰るの??

このタイヤ×2


心の中でかなり動揺しましたが、お店の中でうろたえていても仕方がないので、
会計を済ませ、取り合えず外に出ました。

とてもお店の方も親切で無事希望のタイヤも手に入りましたが、
(スターチャンネルさん、いいお店を紹介して頂き、ありがとうございました。m(__)m)
これから即家に帰るならまだしも、まだまだポタの途中なので、
この先タイヤを抱えて数十キロ走らなければなりません。

どうしたものかと頭を捻りましたが、
輪になっている形が幸いし、意外となんとかなるもので、
このように体に掛ければ安定感があり手軽に運べる事がわかりました。

タイヤ

問題は見た目がアレな感じ・・・という事ですが、

自転車乗りの夏のNEWファッション2010、
一目見て自転車乗りとわかる合成素材の二つの輪がオシャレのポイント、
そこはかとなく香るゴム臭が自転車乗りの素朴な男らしさを象徴

・・・とか思われるわけねぇし。

自転車乗りの方なら見かけても事情を汲んでくれると思いますが、
自転車に興味のない大多数の方からしたら、
どうみても罰ゲームか、何故かタイヤを体に巻きつけている奇妙な人間です。

よくびっくり人間とかでタイヤの部分が大蛇の人がいたような・・・

しかし他によい方法が思いつかないので、この状態で走るしかないですが、
嗚呼、神よ。こんな格好で街中を走らなければならない程、
彼は人間として罪を犯したのでしょうか?

「全てのタイヤは畳める」
とのたまったのは相方なので、
ある意味自業自得ですが、あまりに・・・

しかし嘆いてもどうにもならず、図らずもタイヤマンと化した相方と、
この後マクドナルトのイベントに参加する為に某所に向ったのでした。

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。

にほんブログ村
 人気ブログランキング
関連記事
タイヤ購入そしてマクドナルドの新商品を食べちゃうぞ!【その3】
今日はまた微妙なお天気ですね。

週末に注文していた私のミニベロのタイヤが来ているはずですので、
雨が降らないようなら取りに行こうと思っていたのですが、
なんか至極微妙ですね。

そして平日は忙しくなかなかタイヤをつける時間がなかったので、
くろまるくんは相変わらず後輪が外れたまま横たわっていますが、
タイヤ店に行けなかったら取り付け作業をしたいと思います。

そして先週のタイヤ購入&マクドナルドポタですが、
ようやく今回最終回になります。いつもながら長々とすみません。^^;

その1は→こちら、その2は→こちらになりますので、
よろしかったらお付き合いくださいませ。

*********************************************

マクドナルドのイベントは某所で行われるというのですが、
やはりそこは世界的なハンバーガー店、悪の組織から機密を守る為か、
その場所は絶対内緒にと言われていますので、残念ながら明らかにする事はできません。

イベントの開始時間は6時ですが開場は5時半、
そのイベント開場時間に間に合うようにえっちらおっちら漕いでいたのですが、
信号待ちなどで止まるタイミングがあると、何やら横辺りから軽く異臭が・・・

この合成物くさい異臭はなんだ?!

と思い、横を見ると、

相方!おまえかっ!!

その異臭の元は相方の方からタスキがけに掛けられたゴム・・・じゃなくてタイヤ×2

四方八方に拡散する程の臭いではないのですが、
横に立たれるとほんのり香るゴム臭、これから行くイベントの事を考えると、
タイヤをこのまま持って行くのは不味いと思いました。

何せシークレットな場所なので新商品の試食場所がどんな感じの所なのかまったく読めませんが、
もし手荷物等の預かり所がない場合、このタイヤを持ちながら試食する事になります。

近くに寄らないとゴム臭はしないとは言え、
逆に近くに寄ればゴム臭がしますし、視覚でタイヤを見ながらだと、
何となくゴム臭がするような感じがして食欲が減退する方もいるかもしれません。

「なんか隣にゴムを持った奇妙な人がいたので、
新製品が美味しく食べられませんでした。(がっかり)」


という事にでもなったらいたたまれな過ぎる。

会場に行く前になんとかしようと100円ショップに立ち寄りましたが、
あまり大きな100円ショップでもなかった為か、
このタイヤが丁度隠れる袋とかが売っておらず・・・

唯一入りそうな袋となるとゴミ袋のみ。

人間はタイヤを見ながら食事をするのと
ゴミ袋を見ながら食事をするのはどっちがいいのだろうか?


とぼんやり考えましたが、五十歩百歩というか、目くそ鼻くそというか、
でもどちらかというとタイヤを見ながらの方がいいんじゃね?という事で、
他に何とかタイヤをカモフラージュできそうな物を探して購入しました。

おおよそ会場近くまで来た時にはまだ少々時間があったので、
先に会場を見つけてから時間まで近くでお茶を飲もうと思っていたのですが、
この謎のイベント会場は謎な場所だけになかなか見つからず、
付近をぐるぐるぐるぐるシークレット会場を探して30分以上周り、
住所を頼りにようやくそれらしき建物が見つかった時は、

すでに開場時間が過ぎているがな。(゚∇゚ ;)


やっぱり機密を狙う悪の組織の目を眩ます為(?)には、
非常にわかりにくい場所に施設を設置せねばならんのですね。

・・・うちが方向音痴なせいかもしれんけど。(ぼそっ)

シークレットとか言いつつ入口にドナルドがいたらどうする?

とか言っていましたが、そんな目立つ人物(?)が立っているわけもなく、
シークレットな建物はシークレットに相応しくひっそりと佇んでいました。

何せこんなギリギリの時間になるとは思わなかったので、
相変わらず相方は体にタイヤを巻きつけた奇妙な風体できてしまいましたが、
タイヤをこのままにして入るわけにはいきません。
会場近くに自転車を停め、コソコソとタイヤを偽装する作業に勤しむ事にしました。

いい具合の袋がなかったので偽装に使用したのはコート入れ、
クローゼットなどにコートをつるして置く時に被せておく
薄い紙のような素材でできた洋服カバーです。

タイヤが入りそうな大きさの袋的な物がこれしかなかったのですが、
これに入れればタイヤを持つ迷惑で奇妙な人から、ラフなファッションなのに
なぜかスーツを持っている不自然な人に格上げ(?)されるのでは?と思ったのです。

が、想像と現実は違うもので、実際カバーにタイヤを入れ、
更にスーツに見せかける為に購入したフックで吊るしてみたのですが、

タイヤ偽装

スーツになんか見えやしないよ。なにやら不自然に丸いし。

と言う訳で、予想外に不自然な何かを持つ怪しい人になりましたが、
幸いゴム臭もシャットアウトしてくれるので、見かけもタイヤマンよりはマシだろうと思い、
このままさり気なく参加する事にしました。(いや、あんまさり気なくねぇけど)

会場のシークレットな場所に立つシークレットな建物の前には、
係りの方が立っていて「参加者なんですけど、場所はここかしら?」という顔をすると、
声を掛けて建物の中に誘ってくれます。

入口は普通の、いや、どちらかというと地味な建物、
そして中に入っても普通の事務的な建物なのですが、
その中の奥の一室はいきなりマクドナルド。

もちろん本物の店舗ではなくこういった用途に造られた架空の店舗でしょうが、
キッチンの中に至るまでいつかどこかで(というかいつもどこかで)見た
マクドナルドの店舗そのままです。

そして入口ではドナルド・マクドナルドさんが迎えてくださいました。

ドナルド

やはり自らのホームという余裕からでしょうか、
ドナルドさんもゴージャス美女2人を横に並べたくなるような
貫禄あるいでたちで座ってらっしゃいます。

本来なら隣にはアンジェリーナ・ジョリーに座って頂きたいところですが、
生憎私と相方ではゴージャス美女の手持ちがない為に、
取り合えず相方さんを配してみました。

ドナルド&相方

この店舗のようで店舗じゃないお店の中に入店すると、
係りの方がテーブルに案内してくれるのですが、

会場

相方の持つスーツを装った(つもり)のタイヤを
ひと目見て怪しいブツだと見破られたのか(そりゃ見破るだろうなぁ)、
相方が席に着くなり係りの方に「預かりましょうか」と言われ預かってもらったので、
私たちの総制作費200円をかけた必死の偽装はまったく無意味になりました。

でも万が一異臭が漏れたら体裁悪い事この上ないので、
預かってもらえてよかったです。

このイベントの状況はタイムリーにネットで流されたりしたので、
肖像権やらなにやらの誓約書を書いた後、イベントは始まったのですが、
全てが謎に包まれたシークレットなイベントなので、
どんな新商品が出てくるのか、この場所に来るまで参加者も知らされていませんでした。

なので逆にどんな新バーガーなのか想像力が膨らみまして、

タイムリーと言ったら南アフリカバーガーじゃね?

とか、更にデカ盛を極めて、
もはやハンバーガーとは思えないレベルの大きさのメガメガトンバーガーとか、
もう夏だしトロピカルにジューシー果物バーガーとか、
パンの部分がライスで出来ていて中ではなく上にマグロやサーモンを乗せ、
そしてそれを海苔で包んだ・・・って、それ寿司や。

等々相方といろいろ想像していきましたが、今度の新バーガーは何と!

「チキンバーガー」

意表の意表をついて意外に普通?

しかしパテの代わりにチキンが挟んであるだけならいつかどこかで見た事がある代物、
新商品というからには様々な特徴を備えているのですが、
今回のチキンバーガーはソース、パン、鶏肉といろいろ拘ったらしく、
開発には1年の月日を要したらしいです。

新メニューの開発にはそんなに時間を要するものなのか?

とその辺もちょっと驚きました。

今回の新商品はチキンバーガーの「ソルト&レモンソース」、
同じくチキンバーガーの「オーロラソース」、
もう一つは細長い鶏カツのような「ジューシーチキンセレクト」という
7月2日発売の(オーロラソースは16日)商品3種類ですが、

新商品3種

この3種類を試食させて貰い、感想をアンケートに答えるようです。

まず出されたのは「ソルト&レモン」

ソルト&レモン

まずちょっと見て通常のハンバーガーと違うのはパン(バンズと言うらしい)。

ソルト&レモン

編み揚げたような形をしていますが、ふわふわ感を出す為に、
ひとつひとつ手で捻られているらしい。

その手ひねりという手間暇が掛かっているためか、
お値段設定は370円~390円と若干お高め。

このねじれがなんで食感のふわふわに繋がるのかは謎ですが、
確かに食感はふわふわで高級な感じのするパンでした。

中身のチキンはモモ肉を揚げたものが使われジューシー、
酸味の強すぎないレモンとしっかりとした塩味で味付けされています。

このパンチの効いた塩味は粗塩??

このソルト&レモンは夏ポタで大量の塩を失った時に
ミネラル補給に食べるといいような気がします。

後に残るガーリックの香りが気になる人は気になるかもしれませんが、
私は特には気になりませんでした。

・・・ところで食べ盛りの高校の時ならまだしも、この年になってからあまりマクドナルドで
ハンバーガーを2つ以上食べた記憶がありませんが、
3つの商品を試食するのに1個目から飛ばして大丈夫だろうか?

しかし残すわけにはいかんし・・・と思っていると、
残った分はお持ち帰りできるので無理せず食べられる範囲で・・・
というお話がありましたので、こちらのソルト&レモンは半分程お持ち帰り用に残し、
試食は次ぎの「オーロラソース」へと移ります。

オーロラソース

先程のソルト&レモンと基本フォルムが同じなので見かけは同じようですが、
ソースがオーロラソースになり、鶏肉はさっぱりとした胸肉が使われています。

オーロラソース

商品説明をされた方も「これは王道の味」とおっしゃっていましたが、
マックの商品としてはアグレッシブな感じの先程のソルト&レモンと違い、
このソースはマクドナルドで食べるまさに王道の味です。

相方は先程のソルト&レモンの方が気に入ったようですが、
保守的な私はこちらのオーロラソースの方が気に入りました。

ただあっさりした胸肉を使っているだけに、何か他にジューシーさを加えたいという配慮か、
なぜか唐突にカリカリベーコンが挟んでありましたが、
個人的にはこのベーコンはあってもいいけど、特になくてもいい。

胸肉とは言えチキンは揚げてあるので十分ジューシーだし、
さすらいのダイエッターの身としてはベーコンは無駄カロリーのような気が・・・

そして最後はバーガーではない鶏カツのような「ジューシチキンセレクト」

ジューシーチキンセレクト

前の2品はマックにしてはお高めなお値段設定のような気がしましたが、
このジューシーセレクトだけは2本で190円と非常にリーズナブル。

見るからに食べ応えがあるし、実際に食べ応えがあるのですが、
このチキン、名前通りジューシーでそして味付けはかなーりスパイシー。

健全な女子高生やお子さん連れが集うマックでは注文してはいけない、
そして注文できないアレが欲しくなります。

山田くーん、ビール持ってきて~。

イベント中はお茶とコーラは飲み放題ですが、
残念ながら通常店舗と同じなのでアルコールは置いておらず、
山田くんもいないので(いても出ないだろ)ビールはありませんでしたが、
(だから自転車で来たんですけどね)

ジューシーチキン、君はビールのソウルメイトにもなれる!
間違いない!


その辺も家に帰って検証せねばなるまいと、
ジューシーチキンも1本残し、お持ち帰りへと・・・

その後はアンケートを書いたり、参加者の考えた面白(?)バーガーの発表があったりしまして、
全体で約1時間、7時過ぎにイベントは終了となりました。

おみやにはこの新商品割引クーポン券とマックカード(500円分)を頂き、

土産

3種類の新商品を食べすっかりお腹もかなり満腹です。
ごちそうさまでした。(-人-)

食べ残したバーガーを背負い、相方は再びタイヤをタスキ掛けにして、
ナイトライドで家路につきましたが、それにしてもこの季節の
ナイトライドは気持ちいいです。

安全的な事を考えればあまりナイトライドは良くないんでしょうが、
車の多い都内も夜は車が少なくなるし、昼間と違って涼しくなるので、
暑過ぎず寒過ぎずなんとも走りやすい。

しかし気分よく快適にペダルを漕いでいても信号待ちはあるもので、
信号待ちの度に何気なく横を見ると、不自然にタイヤを掛けたタイヤマンじゃなくて、
相方の姿が・・・

しかしこの姿、見れば見る程どこかで見た何かに似てるんですよね。

相方は、

「タイヤ泥棒みたいに見える?」


と言いましたが、いや若干違う。

タイヤ泥棒は追いかけたくなるけど、どちらかと言うと追いたくない
というか関わりたくない感じだ。

ヒーローものの1話でお亡くなりになるゲスト怪人(?)に
こんな怪人がいそうな気もしますが、もっとしっくりくる言い方があるはず・・・

そうだ!人間輪投げ!!

5本タイヤが入ったら相方さんをプレゼント・・・みたいな。

なんか妙にもやもやが取れたというかすっきりして、
この人間輪投げ相方と家に帰りつきました。

食べきれなかったとは言え、3種類を試食してお腹がいっぱいだったはずですが、
自転車を漕いだ事により胃もこなれ、転じて小腹が減りまして、
いそいそと先程のジューシーセレクトを出し、
大人のマック(と書くと無駄に怪しいですが)を楽しみました。

やっぱりこのスパイシーさはビールに良く合うので、
お父さんの晩酌に購入するのもいいと思います。・・・安いし。

ちなみにブレーキの音鳴りは自己修復でほぼ直っていました。
(いつ再発するかわかりませんが)

また、音鳴りがしてきたら対処しようと思います。

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。

にほんブログ村
 人気ブログランキング
関連記事
ミニベロ初めてのタイヤ交換
昨日は私のミニベロ用に注文していたタイヤ店を取りに行く為に、
先週に引き続きタイヤ専門店「marco」さんに行く予定でしたが、
朝から何やら雲行きが怪しい空模様でした。

「くもり」の予報に朝は行く気満々だったのですが、
時間経過と共になんとなくどんよりさを増していくようなお空と
さり気なく割り増しされていく天気予報の降水確率に疑心暗鬼になりまして、
お昼前のニュース時で「今後の降水確率は50%」と発表された事で、
全てをあきらめ明日(今日)にかけ、昨日は久々にポタなしだらだらdayにする事にしました。

が「あきらめたら試合終了」とどこのどなたかは言った。

家にいるとは決めたものの、どうも天気は気になるもので、
何かにつけ外を見ていたのですが、今にも降りそうな思わせぶりな空模様でも、
いつまで経っても雨が降っている気配がありません。

なんだかんだと夕方まで何度も窓の外を見て、
一瞬だけパラパラと雨が落ちていたような気がしましたが、
夜まで概ね天気は持っていた・・・ような。

ちくしょーーーっ!!


結果論ですが、

こんな事なら行っときゃ良かった。。。・゚・(ノД`)・゚・。

後悔先に立たずですが、これも人生、仕方ありません。

まあ、久々に休日にゆっくりしたし、ま、いっかー。

・・・じゃねぇ。

今日雨だった場合、わが家にはなんか重要な使命があったはず。

そう、相方のくろまるくんのタイヤ交換です。

何のんびりを満喫しちゃってのん?自分ら。(゚∇゚ ;)

ふと気がつくと、時刻は夜の8時半になっており、
相方のくろまるくんの為に買って来たタイヤは、
梱包すら解かず購入してきた時そのままの姿・・・←オイ

さすがに次の日はくろまるくんで出掛けたいので、
夜8時半からではありますが、タイヤ替えを行う事になりました。

まず用意したのはわが家の整備バイブル「自転車トラブル解決ブック」



できるだけ整備をさけるわが家は、この本を使う機会はあまりないものの、
これがないと逆に何もできる気がしないという、
ざっくりと自転車整備のほとんどを網羅しているHow to本です。

本を見ると、わが家には未知の事柄でも“タイヤ着脱”というのは、
一般的にはひとつの項目に分けるまでもない事項なのか、
タイヤのパンクの項目のついでに書いてあったのでそこを参照にします。

とその前に・・・

わが家はずーっと以前にクロスバイクを輪行した時に後輪を外した事があり、
組み立てる時に後輪は嵌ったのですが、後ろのブレーキが嵌らなくなり、
散々な目に遭った事があったのです。

その事がトラウマとなり輪行は愚か後輪はずしさえ恐怖症になりまして、
あまり(というか全然)外してなかったのですが、
こうしてやむにやまれず外してみると、なんとも無防備なスプロケットの姿。

このチャンスにスプロケットを掃除すれば、
外さずにチマチマやるよりもかなり綺麗になりそうなので、
このチャンスに後輪全体を掃除する事にしました。

いつもはチェーンやら本体やらブレーキやら障害物がありつつ
拭いているのですが、

後輪は外した方が断然掃除しやすい。

この当たり前の事実に今更ながら気づいたという、何とも言えない脱力感。

しかしスポークもリムもホイール全体がいままでにない程、
爽やかに美しくなりました。

スプロケット

そして前準備も整い、タイヤの装着にかかります。

タイヤを新しくするのにリムテープも交換しようと、
リムテープも新しく購入してきたのですが、
リムテープを見るとまだまだ破損もなく美しく貼られているような気もします。

私はそれでもついでに取り替えた方がいいと思ったのですが、
このまだまだ使えそう感”ありありのリムテープを見て、
相方のケチ・・・いや、セコ・・・いや、エコの血が燃えたぎったようで、
結局、リムテープは交換しない方向になりました。

まあ、相方の自転車だし相方に決定権があるという事で・・・

ところでタイヤ装着はつけたいところから好きにつけるわけでもなく、
方向があるようで、

①タイヤに表記してある進行方向確認するとあります。

・・・知らんかった。

今までパンク修理の為に片面だけタイヤを外した事がありますが、
こんなに盛大に外した事がなかったので、
タイヤに進行方向がある事実を知らずにここまで来てしまいました。orz

見るとうっすらと矢印が描いてあります。

矢印

その矢印の方向に進行方法を合わせ、次ぎを見ると、

②バルブとタイヤのラベルを合わせる

バルブ

とあり、これにはどんな理由が?と思いましたが、

特に機能上の意味はないという記述が・・・

って、意味はないんかい!

しかしこういう慣例的な事は大切だし、
何もわざわざ逆らってずらすほど荒ぶる性格でもないので、
バルブとタイヤのラベルはきっちり合わせました。お次は、

③片面のビードにリムをはめ込んでいく

押し込み中

最後がちょっと固い場合はタイヤレバーを使用してもよいとありましたが、
確かに若干固かったものの、タイヤレバーを使うまでもなく、
意外にあっさりとIN

しかし嵌め終わってみると、なんか怪しい隙間がある場所と、
普通に隙間のない場所があり・・・

隙間

なぜだこりゃーーーっ!Σ(゚д゚;)タイヤが不良品なのか??

と思いましたが、単に隙間のない場所は後ろの面も一緒に入ってしまったようで、
(怪しい隙間があった方が怪しくなかったんですね)
後ろ側の(勝手に)入ってしまったタイヤを掻き出し、
片面のみにリムが入りました。

④チューブに軽く空気を入れ、チューブをタイヤの中に入れる


チューブ

軽く空気を入れた方がチューブを入れやすいという事なので、
チューブに軽く空気を入れてから

チューブ

バルブ部分を入れタイヤにチューブをIN

チューブがねじれないように気をつけながらチューブを入れまして、次ぎは、

⑤もう片面のビードをリムに入れていく

詰め込み中

先程の片面を入れる時よりも最後の部分が固く、
タイヤレバーを使ってもいいと書いてあったのですが、
反面チューブを傷つける恐れがあるので出来るだけ素手でという記載もあり、
出来るところまで素手でやろうと、地味に少しずつリムを入れていったら、
なんとか最後まで素手で入れる事ができました。

完成

後はバルブが斜めになっていないかを確認し、
リムにチューブが挟まっていないか、しつこく詳しくチェック。

チューブ確認

挟まっているとチューブがパンクするという事なので、
ここまで来てパンクしてたまるか!と何度もチェックしました。

その後は、普通に空気を入れ、最後に注意事項として整備本には、

リムラインのチェック

とありましたが、

リムライン?なんすか?それ??(゚∇゚ ;)

整備本にはMTBの整備で書かれているので、
リムラインとやらの写真を見るとタイヤに幅1cm位にぐるっと
細かい斜め線が書かれているのですが、
今回買ってきたミニベロのタイヤにはそんな細かい斜め線はなく、
変わりなのか、くっきりとぐるりと白い線が描かれています。

リムライン

つまりそこの下の黒い部分が一定の感じで出ていればいいのか?

と思い、ぐるりと見てみたのですが、どうも一定の感じがしません。

その時はエアを抜いてタイヤをしごき修正すると書かれていたので、
その通りやってみたのですが、やはり完全に一定にはなっていないような気がします。

・・・しかしこれ以上、どうすればいいんだろうか。

まあ、この白い線ももリムラインとかではなく、て単なる模様で一定ではないかもしれんし、
もしかして一定なのに一定に見えていない目の錯覚かも知れません。

どの道これからタイヤ店に行くのでその辺は、

お店で聞けば、ま、いっかーーっ。

と開き直りましたが、この状態で行って吉と出るか凶とでるかは、神のみぞ知る・・・

ちなみにタイヤ嵌めの所要時間は後輪は2人でやって30分、
前輪は(タイヤを外した状態からで)相方のみで行い所要時間は16分でした。

後輪から前輪とかなりスピードアップができましたが、
次にやる時はすっかりやり方を忘れて1からなので、
また時間がかかるんだろうなぁ。(遠い目)

ちなみに後輪を外す時、後輪ブレーキの玉っころがどーしても外れず、
結局、ブレーキを外したまま外してしまいまして、
嵌める時はどうなる事かと不安でしたが、
後輪ブレーキを嵌めたままタイヤを嵌めても問題なく嵌りました。

・・・いいんか?(゚∇゚ ;)

というわけで無事(なのか?)復活したように(見える)くろまるくんで、
本日はまた「marco」さんに行って来たいと思います。

今日は今日で昨日に匹敵する感じの怪しい天気ですが、

ま、いっかーーーっ。

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。

にほんブログ村
 人気ブログランキング

関連記事
過熱する付録ビジネス
先週の金曜日の事ですが、相方が会社帰りにこんな雑誌を購入してきました。

雑誌

この雑誌、内容は若者のしかもその中でも更にオシャレ系のファッション雑誌、
身内の贔屓目をプラスしても、けしてオシャレとは言えないしかも中年男性の
相方は雑誌の方でも完全に対象外、相方も1ミリも参考にならない
雑誌のように見受けられます。

しかも雑誌は無料と心得よ”というフリーペーパー至上主義の相方が、
自らの財布からお金を出して雑誌を買ったのは、私の記憶では・・・

あれ?いつなんだ??(゚∇゚ ;)

そんな風に経済観念がシビアな相方が何故いきなりこのような雑誌を購入してきたかと言うと、
この雑誌において相方の目当ては“おしゃれ戦士120人の闘い!”やら、
“女子が好きな「おとこ服」”等の記事では当然なく、
(実際相方は購入してからこの雑誌は1ページもめくった形跡がないし)
おまけに付いているこの

グルーミングセット

「BEAMS レザーケース付グルーミングキット」豪華6点

グルーミングセット

最近は付録戦争も熾烈を極め、もはやどちらが付録かわからない雑誌もありますが、
この雑誌のお値段620円を考えると、

無茶しやがって・・・

と思わずにはいられません。

豪華6点セットの内容とはハサミ、爪きり、毛抜き、ヤスリ、
(眉毛をとかす)コーム、鏡と豪華というより一般的な内容ですが、

グルーミングセット

ケースが革なのが豪華ポイント(なのか?)

しかし男性にグルーミングなるお道具が必要になったのはいつの頃からでしょうか?

古くは平安時代の麻呂様ですが、それはさておき・・・
最近の男性には眉毛を整えない世代と、整える世代が分かれていますが、
相方は丁度この眉毛整え世代のまさに混在期に生を受け、
まあ、おしゃれな人は相方の世代でも早くから眉毛を整えている方もいるようですが、
特に洒落っ気の薄い相方はほぼ生やしっ放し。

でも相方の眉は人より眉毛の生息範囲が多い為に
放っておくと両さんのようなカモメ眉になるので、
そこだけは渋々剃ったりしているようです。

そんな相方が眉毛の形成の為を特に意識したように見える
このグルーミングセットをどうするんだ?


と思いましたが、彼の目的はおそらくこの中のハサミ。

顔と言うのは眉毛の他に無駄に毛が生える器官があり、
(いや、中に収まっているうちは無駄とは言い切れないか)
現在は100円ショップで購入した鼻・・・いや、お洒落ハサミを使っているようですが、
やはり安価なハサミでは処理し難いらしく、いつもブチブチ言っていましたので、
その不便を解消する為にこの付録付きの雑誌を購入したものと推測されます。

だったらその鼻・・・いや、特定場所を刈るハサミを
単独で買った方が同じ値段でもいいのが買えるのでは?


と思いますが、そこがお得心の複雑なところで、
読まない雑誌でもあまり使わない毛抜きでも付属品があればあるだけお得度が増し、
それに比例して満足度も増すようです。

その気持ちわかるような、さっぱりわからんような・・・

まあ、雑誌のおまけについていたハサミが
100円ハサミよりもいい仕事をするのかがちょっと謎ですが、
しかし使える使えない以前にこのハサミをよく見ると
なんか相方の希望している場所と違う場所をカットするハサミのような・・・

女性の私は持っているのですがこの独特のカーブ、これは

ハサミ


これは鼻○切バサミじゃなくて、眉切バサミじゃね?(゚∇゚ ;)


どうりで特に眉毛を重視したようなセットに鼻○切りハサミが入っているのは、
若干不自然なような気がしたんですよね。(--;)

相方はまだこのグルーミングセットを使う機会がないらしく、
買ったきりで置きっぱなしだったので
この衝撃の(?)事実をこのブログを読んで知ると思われますが、
ま・・・そう言う事ですので、これを機会に眉毛整えデビューをされてはいかがでしょうか?

相方の眉はかなりの面積に生息していますので、
さぞかし整えがいがあると思いますが、
中年眉デビューというのは今更感があるっすかね?(--;)

でもこういう付録のいいところは役に立たなかった時、
「どうせおまけだから」と心の言い訳が立つところですよね

ところでどんどんいいものへと加速を続ける雑誌付録ビジネスですが、
まだ自転車関連雑誌ではこういった付録がないような気がします。

パンク修理セットやアレーンキー、サドルバッグ、ちょっと思い切ってサドル等、
付録を付ける気になれば付録候補はあると思いますが、
私的にはゲリラ雷雨探知機とかが付いていれば、その雑誌絶対買っちゃいますね。

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。

にほんブログ村
 人気ブログランキング
関連記事
レンタサイクルでスカイツリー見物
どうも、こんばんは。くろばいBです。

先週買ってきたこちらの雑誌↓


昨日のブログ記事を見て、付録に付いていたハサミが目的の用途と違うと知り、
ちょっとがっかりしましたが、でも、まああれだけの付録が付けば「お得」ですよね(と思い込むことにします)


話は全然変わりますが、東京スカイツリーももうすぐ400mを突破するようで、
目にする度に日に日に成長している感じがあります。
テレビ番組などでも頻繁に「スカイツリー特集」的なコーナーが放送され、
ポタリングスポット(主にポタグルメ)の参考になるので、
何気なくチャンネルを変えたときにそういうのが流れていると、ついつい見入ってしまいます。

先日の「知っとこ!」でもまさにそんな特集をやっていて、スカイツリーを見立てたオリジナルメニューの
紹介とあわせて、レンタサイクルの情報を放送していました。
そのレンタサイクルの車種は街中のレンタサイクル店としては珍しい「ビーチクルーザー」。
レンタル料金は東京スカイツリーの高さにちなんで「634円」(5時間)だそうです。

スカイツリー近辺はわが家のゆるポタスポットなので、わざわざレンタサイクルを借りるような場所でもないのですが、
レンタサイクルニストとしては「ビーチクルーザー」という希少性にはちょっと心惹かれています。


ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。

にほんブログ村
 人気ブログランキング
関連記事


広告



カテゴリー

にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ
人気ブログランキング



プロフィール

くろばい

Author:くろばい
愛車ビアンキ・パッソ
【愛称:ビンちゃん】
愛車2ビアンキ・ミニベロ9
【愛称:ベロンチョ(ベロちゃん)】
激情にながされ1週間で購入に至る
愛車3ママチャリ
【愛称:ソルジャー・チャーリー】
現在自転車3台を所有。
あまりの自転車の増殖率に
恐れおののく日々。
これ以上、増えることはないと
思いつつも、自分が信じ切れない
今日この頃・・・。

相方(くろばいB)
愛車:RSR-4(ブルー)
【愛称:ルイちゃん】
愛車2:ラレー・RSW SPECIAL
【愛称:くろまるくん】
新たにミニベロを購入して、
自転車わが世の春を謳歌中。
自己開発のアンゴラダイエットの
お陰で(いまのところ)メタボリック
危険水域を脱出。
しかし現在、ポタ時はポタメシを
思いっきり解禁しているので、
リバウンドに王手か?



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -



月別アーカイブ



カウンター



ブログ内検索



RSSフィード

  • seo



おすすめの自転車本

わが家の自転車メンテナンスのバイブル!





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。