クロスバイクを買っちゃうぞ!
初心者がクロスバイク乗りになるまでの軌跡
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Wエクサウォーカーポタ【前編】
約3週間後に控える台湾旅行ですが、私と相方とでは第一の目的が少々異なります。

私の第一の目的は、台湾で四大陸選手権というフィギュアスケート大会があるので、
その大会を観戦する為、相方はただただグルメ一筋、食い倒れる為・・・

まあ、私も第二目的がグルメなので、さほど乖離はないですけどね。

そもそもなぜスケートを観に台湾まで行かなければならなかったというと、
今、日本では空前のフィギュアスケートブームで、
日本でやる試合のチケットがなかなか取れないからであります。

私も今年3月には、1年の中で最高峰のフィギュアスケートの国際試合「世界選手権」が
東京で行われるというので、元はといえばその大会に行きたかったのです。

しかし去年、世界選手権ではないものの、国際試合が東京で行われた時に、
チケット争奪戦に惨敗したこともあり、今回はチケット販売日前から完全にあきらめモード。

でも所変わればなんとやら・・・そもそもフィギュアスケートというのは、
自国に有力選手がいる国に人気が集まる傾向にあるようですが、
台湾は現在有力選手がいないようで、日本と違って人気はいまひとつらしい。

それを証拠付けるように、日本ではあんなにぼったくり価格の高額チケットを
ふっかけた販売したにも関わらず、台湾においては、チケット代がタダ。

このタダの部分に無料至上主義の相方も喰いつきまして、
早々四大陸選手権のチケットをネット予約したのです。

本当に同じスポーツのチケットか?!


と反対に恐怖を感じるぐらい簡単にチケットは予約できました。

何せタダなのでチケットの席が当日まで決まらないというのがちょっとアレですが、
台湾での人気を考えると、席が一杯になることはなさそうだし、
「この調子だとガラガラでいい席に座り放題だろう」とたかをくくっていました。

そしてその後、1月の末に世界選手権の争奪戦があったのですが、
あきらめたとは言ったものの、万が一の奇跡を信じて私も参戦しましたが、
予想通りというか、あえなく敗北。

そうなってくると自分の中で四大陸選手権の価値は更に貴重さを増しまして、
チケットの予約があまりにあっさりできただけに、急に不安になってきました。

そこで先日、何か自分に不都合な情報が更新されていないかと、
四大陸選手権のHPを見たのですが、不都合な情報は掲載されていなかったものの、
そこには驚きの事実が!

何と!一部チケットが売り切れてる!!∑( ̄ロ ̄|||)

特に私の観たい女子シングルの試合は売り切れ御免状態です。

チケット予約時に頂いた(というか自分で印刷した)予約証明書(?)が
めちゃめちゃ心許ないのが不安ですが、一応早めに予約しておいてよかったです。

しかし謎なのは、そんなに台湾でスケート人気あったのだろうか??

いや、個人的にとてもそうは思えないので、これはやはり(私を含めた)日本人の仕業?

私と同じく世界選手権でのチケット取りに敗北した人は山ほどいそうだし、
何せ席によっては日本のチケットの値段で台湾でスケートを観て台湾観光までできそうだし、
チケット争奪戦に破れ世界選手権の地を追われた人々が、
新たな希望の地、台湾を目指したってことですかね?

満員御礼状態だと座席指定がないだけに、どこの席になるかがまったく読めませんで、
最悪台湾まで行って豆粒観戦かもしれません。(--;)

無料なので文句は言えませんが・・・

そんなスケート観戦的には戦々恐々の台湾旅行ですが、
グルメ的には何の自らの脂肪以外には恐れるものは何もなく、
お気楽極楽に楽しんで来ようと思っています。

何せどのガイドブックを見ても、これでもかとウマそうなものの嵐。

食に対する期待は高まり、台湾(グルメ)旅行に後悔を残すまいぞと、
後から肉が増えてもいいように、現在相方共々ダイエットに勤しんでおります。

しかし中年化した脂肪は、しぶとく厚かましく、遅々として減らず・・・
今ちょっとした停滞期を迎えております。

そんなダイエット生活をサポートするべく、先日相方に届いた「エクサウォーカー」ですが、

エクスウォーカー

せっかくなので先日の日曜日のポタ時に早速使用してみることにしました。

はいて歩けば腹周りのダイエットに効果があるという触れ込みのこのエクサウォーカー、

「だったら自転車乗車時の効果はいかがなものなのか?」


ですが、まあ、多少動きは違うけど、体を動かすことには違いないので、
まったく効果がないというわけではあるまい。

相方を見ても何となく納得しますが、メタボが多くて頭を痛めているのか、
相方の会社には健康促進のなんちゃらという企画があり、
家庭の健康を促進するという名目で、一年に一度健康グッズが頂けるのですが、
去年は私用に女性用エクサウォーカーを頂いておりました。

・・・が、全く使用していませんでした。(その上に存在をケロッと忘れていました)

いや、「使おう、使おう」と思っていたのですが、私は昔から締め付け感のある下着が苦手して、
如何にも「ギリギリ締めあげまっせ!」的な様相のエクサウォーカーを見ると、
とてもはく気力が湧いてこんかったのです。

放任主義に野放した結果の下半身の肉は、年齢と重力に負けまくり、
我ながら残念な出来だと思っていたのですが、縛られて生きるより自由でありたいので、
その辺は目を瞑ることで折り合いを付けていました。

それにはいて歩くだけで痩せるのなら苦労はないしね。(って、根本から否定?!)

しかし基本心が狭い私は、相方がこのエクサウォーカーをはいてポタると聞いて、
急に心が波立つのを感じました。

その時の私の心情を忌憚なく表すなら、

相方にだけ痩せられてたまるか。

でしょうか。

そこで私もクローゼットの奥にほったらかしておいたエクサウォーカーを引っ張り出し、
相方と2人で「Wエクサウォーカーポタ」を敢行することにしました。

大分治まってきたとは言え、腰に椎間板ヘルニアという爆弾を抱えた私は、
不用意な物を使用して、再発する事だけが不安でしたが、
腰痛には腰用コルセットというのもあることだし、締め上げるのには問題あるまい。

私がまずエクサウォーカーをはいてみたのですが、

あれ?入っていかない???(゚∇゚ ;)

まず入口付近である腿の部分でピタっと止まって、それ以上入ってくれません。

通行止めの標識とかねぇぞ。オイ。

そこで奔放な肉を無理やりエクサの中に捻り入れると、

いででででで、って、痛てぇ!


それでも挫けずに肉を無理に入れると、多少の痛みと引換に何とかはけましたが、
めちゃめちゃピッチリ。

なんか一時も休まらない感じです。

まったく自由主義状態だったのに急に思わぬ圧政になり、
贅肉共が恐慌を起こしている感じです。

まあ、はいて歩くだけで痩せるのだからこれぐらいの犠牲は当然かも。

と思いましたが、辛いものは辛い。
この状態で歩くのも辛い。つーか足を上げるのも辛い。

まだエクサウォーカーをはいていなかった相方にその現状を訴えましたが、

「だって辛いから筋肉が付くんでしょ。」

と完全他人事。

けっ、他人事だと思って言ってやがれ。

すぐに相方も贅肉圧縮地獄を見るはず。

とほくそ笑んでいたのですが、以外にも相方はそう苦しく感じない・・・らしい。

自分ごとになった時は愚痴るに違いないと思っていたのに、

「キツイけど、レーパンってこんな感じかなぁ。」

という最近太腿のお肉が特盛りになり、
お股ずれが再発した方とは思えないような、余裕のコメント。

人間自分の事はあまり見えないもので、相方の方が絶対贅肉が凄いと余裕をかましていましたが、

もしかして私の方が贅肉のつきが激しいのだろうか??


と衝撃を受けました。

私はとっとと脱いでこの圧政から解き放たれたい状態でしたが、
相方が余裕かましているので、何となく自分だけは後には引けない状況になり、
贅肉が恐慌を起こしたままポタに出掛ける事にしましたが、
この後、すぐに後悔の機会は訪れる事になりました。

・・・続きます。m(__)m

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト
バースデーケーキとバースデーちゃんこ鍋
ポタ日記の途中で恐縮ですが・・・

昨日は相方のン十ン回目の誕生日でした。

お誕生日の料理としては、先日の土曜日に到着するのが一歩遅く食べはぐった
ちゃんこ鍋セットをシフトして食べることにしたのですが、
舞の海さんプロデュースのちゃんこ鍋(5,000円)とは言え、
野菜以外はスープ、餃子、鶏団子等々・・・ちゃんこに必要な全てが網羅されていて、
肉に至ってはすでに程よい大きさにカッテイングされている親切さ。

しかし全てがオールインワンというのは、作る(というか入れる)方が楽な分だけ、
どこか手抜き感のようなものが漂ってしまうのは否めない・・・
(元々ちゃんこ鍋を懸賞で当てたのも相方だし)

このままでは相方の誕生日に対する私の誠意が疑われると思いまして、
バースデーケーキについてはちょっと労力を使い、
「パティスリーイナムラショウゾウ」さんのケーキを仕入れてきました。

ケーキ

イナムラショウゾウさんのケーキは、今まで食べる機会に恵まれなかったのですが、
この界隈では美味しいと評判のケーキ屋さんらしく、土日は列をなす事もあるとか・・・

場所は日暮里駅と鶯谷駅の丁度中間のような場所にあり、
どちらの駅から行っても少々歩くようですが、この労力が相方に恩を売りつける事ができる
相方に私の誠意を伝える事ができると思い、電車を乗り継ぎまして行く事にしたのです。

この私の誠意が自分の誕生日に跳ね返ってくる事を信じて。

距離的に少しでも近いという「鶯谷」方面から行ったのですが、
実際行ってみると、遠いと思っていたので「逆に言うほど遠くない」印象を持ちましたが、
それでは誠意が薄まるので、いかに自分が苦労したかを恩着せがましく語っておきました。
(ブログに書いた時点で確実にバレるけど)

この辺りはお寺が多いようで、お店の付近は住宅と墓地に囲まれた、
いろいろな意味で閑静な場所。(ちょっと歩くとすぐ墓地だし)

そんな閑静な場所の一角に、周りとは一線を画すような可愛らし気なお店がポツーンとありました。

本当はお店の外観を写真を撮らせて貰いたかったのですが、
出入りは警備員と思しき男性が、私が近づくとすぐさまドアを開閉してくれますし、
帰りは女性の店員さんが入口の外まで送ってくれたので、
写真を撮るタイミングがまったくありませんでした。

休日は大盛況らしいというこのお店も平日の夕方だった為か、
お店の前は特に行列は出来ておらず、
すぐにバースデーケーキを受け取る事ができました。
(どの道、予約は優先的に買わせてもらえるようすが・・・)

こちら14号サイズの「バースデーケーキ」(3,450円)です。

ケーキ

苺とミックスフルーツのケーキがあり、わが家はお得好きな相方の希望で、
いろいろなフルーツが盛ってあってお得そうなミックスフルーツにしましたが、
昨今は苺も値が張るので、どちらが真にお得だったのかは不明です。

個人的には生クリームはもう少し甘味があってもいいと思いましたが、
スポンジケーキはしっとりしていて美味しく、見掛けも華やかで良かったです。

そしてメインディッシュ(?)の「ちゃんこ鍋セット」の方は、

ちゃんこ鍋

盛ベタの私が盛るとイマイチに見えますが、本格的な味がして美味しいちゃんこでした。

力士が食べることを想定したちゃんこという性質上か、
それとも単に4人前だったのか、相方と2人ではたらふく食べてもなくならん状態でして、
結局はシメのラーメンまで行き着く前に残念ながらギブアップ。

なので今夜は第二ラウンドとして、ラーメンちゃんこに挑もうと思っています。

・・・ほとんど手間要らずで2食分を確保できるなんて、なんて親切設計なんだ。(ニヤリ)

ところでダイエット中でお互い2kg減(相方)1.5kg減(私)そこそこの成果を上げている
我々ですが、本日の朝、脱衣所から体重計に乗ったらしい相方の悲鳴のような声が、

「1.2kg、増えてるっ!!∑(゚□゚|||)」

って、めちゃめちゃお約束な展開やん。

ちなみに相方のリバウンドに恐れをなした私は、
怖すぎて体重計に乗れませんでした。

(今日はまだケーキが半分残っているので)明日から再びダイエットに励もうと思います。

おそらくこのリバウンド劇は、昨日だけの仕業ではなく、
日曜日のポタ時に相方のプレ誕生日として、多少の羽目を外したせいだと思いますが、
それにしても長く辛いダイエットに比べてリバウンドが素早く簡単過ぎるのは、
やはり中年細胞の成せる技でしょうか?

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事
Wエクサウォーカーポタ【中編】
昨日は節分でしたね。

わが家は特別節分という行事に力を入れている訳ではないのですが、
以前、当日に豆を買いに行ったら売り切れていた(その後相方が数軒はしごして購入)
という事があり、その教訓を生かしすでに半月位前から豆を買って用意していました。

そして節分と言えば「恵方巻き」

海苔業界の陰謀にまんまと踊らされた感はありますが、
よくよく考えてみれば(市販の)恵方巻きにすればご飯の用意は至極楽だし、
その点お互いの利害関係が一致しているので、踊らされる事もやぶさかではありません。

食いっぱぐれがないようにと、今年は前もって近所のスーパーで予約しておいたのですが、
スーパーに行くと予約した自分がバカに思える程、大量に恵方巻きが売っていました。

それでも見ていると次から次へと恵方巻きを手にする人が多く、
完全に恵方巻きは文化として定着しているようですね。

・・・まあ、いろいろなお宅で利害関係が一致しているのでしょうね。

豆まきについては、わが家は代々父、つまり一家の主人が撒く物と決まっているので、
当然、わが家では相方が率先して撒くべきものであります。

いや、けして自分が「鬼は~外~」とかやるのが恥ずかしいから、
押し付けているのではありません。本当です。

しかしその豆まき担当部長の相方さんが、あろうことか節分をすっかり忘れ、
ちゃっかり私用を入れてしまっていたので、わが家の節分は遅いスタートとなりました。

鬼を退治する武器としても、1粒づつちまちま粒を撒くよりも、
多量の豆(玉)をパックしてある豆の方が破壊力が増すと思いまして、
今年もパック詰めの豆をあえて購入。

豆

けして掃除が面倒だからではありません。本当です。

ひとしきり豆を撒いた後、2人で床に散らばったパックを拾い集める姿はどこか滑稽ですが、
拾い集めたパックから豆を食べねばなりませんが、
ひとパックじゃ足りない自分の年が恨めしい・・・

年々、年の分だけ豆を食べるのが苦痛になるお年頃になります。

次の節分プログラムは最終イベントである恵方巻きの丸かじれりですが、
ちなみに近所のスーパーでは、普通の太巻とちょっとリッチな具材の卵の太巻きがあり、
恵方巻きは武士が食べて出陣したら大勝利を収めたと聞いたことがあるので、
男性の相方用には張り込んだ方が、「出世とかのご利益あるかも」とスケベ心が芽生えまして、
普通の海苔巻きを私用、ちょっとリッチな卵の太巻を相方用に購入しましたが、

恵方巻き

現物を見ると、卵の海苔巻きがデカっ!∑(゚∇゚|||)

予約の時は写真だったので、正確な大きさがピンとこなかったのですが、
私の方の太巻が細巻きに見える程のデカさ。

恵方巻きの「一気に食べきる」というコンセプトに
反しているとしか言いようがない大きさです。

相方

なんかバズーカー砲のようじゃね?

そして方位磁石で今年の恵方であるという「南南東」を確認し、
無言で丸かじったわけですが、一気に完食なんて絶対無理。

相方に至っては「しょう油がないとこれ以上食べられないよぉ。」とか、
惰弱な事を言い出すし。

結局、普通に切り分けて食べました。

・・・話は変わりまして、このところ腰痛は完全に治ったとは言えないものの、
今のところ激痛までの再発はなく、過ごしております。

そこで今現在で唯一の積極的な治療であるリハビリを行う為に、
2日1度程度はできるだけ病院に行くようにしているのですが、
相変わらずリハビリは巨大ロボットの操縦席のようなマッサージチェアのような席に座って、
5分程度、腰を引っ張ったり温めたり・・・のみ。

これはこれで効いている(と信じている)のですが、問題はいつもこの後でして・・・

私のママチャリ、ソルジャーチャーリは、荒れすさぶマンションの駐輪場にて、
日々戦いの日々を過ごしていたのですが、あまりの荒れっぷりに私もいちいち出すのが面倒になり、
そのまま乗らずに放ったらかしにしているうちに、完全に殉職状態になりました。

スマン、チャーリー。(--;)

なので、マンションの自室から自転車を一人で運ぶのもなんですし、
病院へは徒歩で通う羽目になっております。

まあ、腰痛を治すにはある程度筋肉も必要らしいですし、
歩く事自体は腰痛に悪いというワケではないのですが、ダメなのはその後。

病院通いとは言え、一旦外に出るとそのまま買い物を済ませたいと思うのが人情で、
帰り道はそのままスーパーへ寄り道して行く訳ですが、
思いの外お買い得品等が多い時は、自分の腰のキャパを考えずに、
ついつい買い過ぎてしまうんですよね。

以前なら「ちょっと重い」と思う程度で持てる量でも、
今は病み上がり(というか病み中)の身なので致命的。

スーパーから家に帰るまでの距離を背負って帰ると、
歩けば歩く程、腰にどんどん負荷がかかるようで、
先日、「さすがにちょっと買い過ぎた」と思いつつも、
買い物荷物を背負い運んでいる時に、ついにグキッっと・・・

順調に痛みが取れて来ていたはずなのに、
そのグキッと以来、腰にちょっとした痛みを抱える羽目になりました。

しかし思うのですが、あの5分リハビリをするために出掛け、
帰りに買い物荷物を背負う事になるのは、腰にいいのか悪いのかどっちなんんだ?

まったくリハビリ活動が無駄じゃね?

この際、買い物はネットスーパーに任せ、病院に行かずに安静にしていた方が
結果的に腰の為にはいいような気がしますが、気のせいでしょうか?

いや、もちろんお買い得に目が眩み、毎回買い物してくる私が悪いのですが、
どうしても素通りできないんですよね。(--;)

と未だヘルニアという爆弾を抱え、こんな日々を過している私ですが、
日曜日のポタ時点ではほとんど痛みもなく、だから軽い気持ちでエクサウォーカーを穿いたのですが、
実際に穿いてみると生半可な気持ちで穿ききれる代物ではありませんでした。

それは出来れば楽~にダイエットしたいと思っていた私を、

たわけ!苦しまずに落ちる脂肪など一つもないわ。

と嘲笑っているようでございました。

しかしこの拷問着エクサウォーカー、人によって効果というか苦しみが違うのか、
私は太腿から腰骨辺りに食い込む感じにグイグイくる圧縮に苦しんでいたのですが、
同じエクサウォーカーデビューの相方は、不愉快な事に余裕の表情です。

改めて今考えると、私は自分のサイズにジャストフィットサイズでしたが、
相方は身長に合わせた大きなサイズをはいていたので、
腰回りやウエストに余裕があって当然じゃね?

でもこの時はそんな事も気づく余裕もなく、「相方のみに痩せられてたまるか!」という怨念で、
足を上げるのも苦痛に感じる圧縮状態でポタに出掛けました。

まず最初に向かったのは、何度か行ったことのある南千住のカレー店「フルバリ」さん。

この日は相方の誕生日まで数日だったので、流れ的にプレ誕生日の相方に行く場所の選択権があり、
相方が訳も無くがむしゃらにカレーが食べたいというので、久々にフルバリさんに行くことにしました。

このガッチガチに固められた拘禁状態でも、何とか問題なく自転車を漕ぎ出せはしたのですが、
ここで大切な事項を失念していたのを体の異変で気づきました。

さて、この大リーグボール養成(下半身)ギブスでもはめられたようなガッチガチの状況は、
腰自体にはそんなに悪くないかもしれません。

が、

冷静に考えると、私が今患っている椎間板ヘルニアに伴う坐骨神経痛というのは、
震源地は確かに腰のヘルニア部分ではあるものの、
一番痛みが酷いのは坐骨神経が通っている太腿になります。

つまり今まさにパーフェクトボディー・・・は無理だとしても、
ニアピンボディー位は手に入れんとギリギリ締め付けている場所です。

案の定というかなるべくしてというか、圧縮の中自転車を漕ぐたびに、
太腿にうっすらとあの覚えのある坐骨神経痛的な痛みが!

そう言えば、腰はコルセット等で締め上げていいような事を聞きましたが、
太腿に関しては締め上げて良かったんだっけ??

そんな今更な事を考えていると、痛みの範囲は太腿から更に拡大し、
今まで長年野放しにしておいた下っ腹エリアの細胞も、急な圧縮に反旗を翻したのか、

こんな圧政を認めてたまるか~!

皆の者、革命じゃ~!!

とばかりに、下っ腹の中身の方、内臓からシクシクと痛み出してきやがりました。

しかし自転車の上ではどうもこうもならず、そのまま漕ぎ続け、
取りあえずカレー店に到着しました。

フルバリさんは、南千住の三徳というスーパーの敷地内にあるのですが、
その立地故に醸しだされるお店の入口の雰囲気からは
想像もつかない感じに本格インドなお店です。

何度か来たことがある上に、拘禁状態であまり脳に酸素が行かなかった為か、
お店の外観の写真を撮り忘れてしまいましたが、ご容赦を。^^;

体がエクサウォーカー恐慌に陥った状態で、食事をするのも考えものでしたが、
穿いてまだ間もないのに、このまま脱ぐのは何だか負けたような気がする。

贅肉を甘やかすのもどうかと思うし。

と、この時は意固地になっていまして、取りあえずこの状態でカレーを食べる事にしました。

入店した時間は午後3時過ぎていたのですが、このお店は日曜日の3時過ぎにも関わらず、
まだランチタイムが続行中なのが、スロースターターとしては嬉しいところです。

私は「ポークカレーセット」(850円)

カレー

相方は「タンドリーランチ」(1,100円)

カレー

どちらもタンドリーチキンは付くのですが、
相方の方はタンドリーランチと銘打つだけにタンドールが多め。

しかしこのお店は当然カレーも美味しいのですが、
ほんのり甘みのあるアッツアツのナンがこれまた美味い。

私のセットには普通のナン、相方のセットにはガーリックナンが付いています。

ナンの量もドーンとデカいのですが、困ったことに食べきれちゃうんですよね。これが。

カレーを付けずにナンだけ食べても美味しいので、
最終的にはカレー余り現象まで起こる始末です。

美味しい食べ物が目の前にあって脳内モルヒネが大放出中なのか、
それとも座っている状態が功を奏しているのか、食べている時はエクサウォーカーにより引き起こされる
痛みも不思議とありませんでした。(相変わらずキツくはあるけど)

この状態ならこのままこの日のポタの第二の目的地である浅草まで、
「エクサウォーカーのまま行けるかも。」と思ったのもつかの間、
カレーを食べ終わり立ち上がると、思い出したように再び下腹辺りに締め付けによる痛みが!

しかも先程のシクシクとした痛みよりも更にバージョンアップしたようで、
キリキリとした痛みに変わっています。

なんかもう・・・無理。

自分の中でポッキリ折れるものを感じ、エクサウォーカーとおさらばする為に、
ダッシュでトイレに駆け込みました。

・・・あまり本題の話が進まなくてすみませんが、続きます。m(__)m

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと2つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事
Wエクサウォーカーポタ【後編】
私が穿いて動くと痩せるという夢の下着エクサウォーカーを穿き始めて、
すでに2時間程度の時間が経過していましたが、
単なる下着とは思えないあまりの圧縮にこれ以上は辛抱たまらなくなった私は、
とうとう脱ぐことを決意し、トイレに駆け込みました。

脱いだ瞬間の何とも言えない開放感は忘れない。

圧政に苦しんだ市民が革命に成功し、自由を手にした時の気分は
こんな感じかもしれません。

革命万才!フランス万才!という気分です。

自由を手にした贅肉は今後も肥大するかもしれませんが、
「それがなにか?」と開き直りたくなる程、締め付けがないと気分は爽快ですっきり爽やか。

圧縮に苦しんでいた来た時と別物のような気分で、
この日の次なる目的地の浅草に向かうことになりました。

夕方に近づきグッと冷え込んで来たので、自転車では寒さは応えましたが、
圧縮から解放された足取りは軽く、

ホント自由ってすんばらしい。(by贅肉)

・・・まあ、楽して痩せる事なんぞできようもないということですね。(--;)

さて、前回もお話したように、この日は相方のプレ誕生日でしたので、
カレーの他には何か珍しい物を食べようと、着いた先は「浅草ビューホテル」

浅草ビューホテル

目的のブツは、1階の「ラウンジミモザ」にある「スカイツリーパフェ」です。
ミモザ

スカイツリーパフェ

この付近はどんどんスカイツリー便乗商品が出回っていますが、
名前のしめす通りその一環のパフェです。

写真では大きさが把握できなかったのですが、
完成時暫定世界一(すぐに抜かれるけど)の電波塔スカイツリーの名前を冠している限りは、
ある程度の大きさがないと説得力というものがありません。

2人でスカイツリーパフェを食べるのはさすがに量的にキツいだろうと思いまして、
取りあえず私はダミーで「ケーキセット」を注文。

ケーキ

こちらのショートケーキもなかなか美味しく、期待値が更に高くなりながらも、
スカイツリーパフェの到着を待ちます。

そして物が物だけに制作に多少の時間は要するようで、しばし待たされた後、
どーんと到着したのは「スカイツリーパフェ」(1,260円)

スカイツリーパフェ

おお、精一杯スカイツリーを模してあるような気がする。

そこそこクオリティーの高い作りに、本物と対比してみたい気になりましたが、
1階なので窓からスカイツリーが見えたりしないのが残念です。

個人的には後出しで610mから634mした為に、無理くり伸ばしたアンテナ部分は、
ポッキー辺りを刺した方がよりリアル感が出たような気がしますが、
そこは市販のお菓子が使えない等のホテル的プライドでもあったのでしょうか?

何か対象物がないと、写真だけではさっぱり大きさが伝わらないと思うので、
相方の手を隣りに置いてみました。

スカイツリーパフェ

それでもやっぱり伝わりにくいですが、それなりに大きなパフェです。

行き当たりばったりで手をつけると崩壊しそうなので、
まずどこから手を付けていいのか途方に暮れましたが、
ウエイトレスさんが無言で取り皿的なものを置いていってくれました。

取皿


解体せよ
・・・という事らしい。

丁度、第一展望台部分がチョコレートのカゴのようになっていて、
この部分から容易に解体できるようになっているようです。

スカイツリーパフェ

上の部分を解体すると、残りは何の変哲もない平凡なパフェの様相ですが、

スカイツリーパフェ

お蔭様で食べやすくはなりました。

これで崩壊の心配もなく、上から順に掘り進んでいくと、
このパフェ、シャーベットやらアイスやらマカロンやらいろいろな材料が使われていて、
しかもさすがホテルだけあってどの材料もちゃんとしていていちいちが美味い。

特に感動するのは、器の中にコーンフレーク1粒もないという事です。

ヤツが当然のようにパフェの中に居座りだしたのはいつの事だったか・・・

あのもろ経費削減以外の何者でもないだろ。


という「コーンフレーク」

私の幼い頃(つまり大昔)にはコーンフレークを入れているパフェなんぞ無かったはずですが、
ある日、器の中にコーンフレークが混入されているパフェを見つけ、
「こんなところになぜコーンフレークが?」と不思議に思っているうちに、
あれよあれよとコーンフレーク派は勢力を増やして行ったのです。

その後、コーンフレークは調子にのりまくり、
あろうことかパフェの器の半分を占めるような場合も・・・

そのあまりの横暴ぶりに、

パフェにコーンフレークを入れる事を考え出したヤツは誰だ!

と海に向かって叫びたかったです。

そしてコーンフレークは居座り続けることで居住権を得やがったようで、
今は当たり前のようにパフェに収まっており、私もすっかりとその状況に飼いならされ、
「それも時代の流れなのだろう」と諦めてはいたものの、心から納得はしていませんでした。

その忌むべきパフェの中のコーンフレークが、このパフェにはない!

その事も私のテンションをかなり上げましたが、
具だくさんで次から次へと新しい具が出てくるので、
いい加減酸いも甘いもかみ分けて来た中年の私達ですら、
解体作業をしていても気分が盛り上がって楽しいです。

「これで30品目近くは取れるよね。」

と健康を見据えた中年的見地から目を輝かせる相方。

確かに取れる事は取れるかもしれん。

・・・けして体に良さそうではなですけどね。
30品目取ればいいってもんじゃないだろうし。

でも「スカイツリーパフェ」なんて所詮キワモノ系なのかな?(失敬だろ)
と思っていたのですが、1,260円でも値頃感のあるパフェでした。

場所がラウンジでゆったりした雰囲気というのもあり、
時間を掛けてパフェを食べていたのですが、時間が経つにつれ、
なぜか相方がやけにモジモジと落ち着かなくなって来ました。

私が苦しんでいる時は、エクサウォーカーの圧縮攻撃に余裕をかましていたはずの相方ですが、
長時間に及ぶ圧縮は彼の体をジリジリと蝕み、ここにきて彼の体に異変が起こっていました。

その異変とは、お股辺りが妙にかゆいらしい。

私のように一刻を争いたくなるような痛みはないものの、それはそれで辛いらしく、
家に帰るや否や時を争うようにエクサウォーカーから脱出していましたが、
相方の「はぁぁぁ~」という自由を得た喜びに溢れた安堵のため息は居間まで聞こえてきました。

彼も革命を経た後の自由を知ったのかもしれません。

この日私と相方にそれぞれ副作用を与えたエクサウォーカー、
たった一度穿いただけでは、辛いだけで効果の程はさっぱりわかりませんでしたが、
相方は「せっかく貰ったのだから」と今後もポタ時は使うつもりのようです。

週数回のポタ時に使っても、痩せる効果があるかは謎ですが・・・

そして私ですが「二度と使うことがないだろう」と自嘲の笑を浮かべつつ、
再びクローゼットの奥深くにしまい込んだのは言うまでもありません。

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと2つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事
カルビーとしょう油の街市のコラボチップス
せめて台湾に旅行するまでは騙し騙しでも小康状態を保っておきたいと、
休日はポタは土日のどちらか1日にしておこうと思いまして、あえて昨日は出掛けずに、
本日銀座の方にポタに行って来たのですが、帰り道に久しぶりに雨に降られてしまいました。

首都圏はこの一カ月、まとまった雨がほとんどなく、
東京地方では昨年の大晦日に出た乾燥注意報が三十日間も継続しているというのに、

なぜピンポイントで今日雨が降る?!(゚∇゚ ;)

確かにポタに行く時に野性の勘で少々ヤバい気がしたのですが、
このところ土日はほとんど雨が降っていなかったので完全に油断しました。

帰ってきて自転車を掃除する羽目になったのですが、
わが家の場合、ほぼ雨に降られた日=自転車清掃日(つまりほとんど掃除をしない)
なので、自転車もそろそろ掃除されたがっていたのかもしれません。

そして雨に濡れた愛車を掃除してすっきり爽やかになったところで、
ポタ後のお約束、アルコールを注入したのですが、
本日のアテとして食べたのは期間限定商品のこちら。

ポテトチップス

あのカルビーのポテトチップスとわがしょう油の街市製造のしょう油、
「特選丸大豆醤油」とのコラボ商品。

このカルビーのポテトチップスは、他の商品とコラボしたのを見たことがあるのですが、
なんか「とうとう来たな」という感じです。

後ろには知って損はない、そして知らなくても特に損はないという、
しょう油の街市の歴史が、コンパクトにまとめられ書き込まれています。

ポテトチップス

これはしょう油の街市市民としては、見過ごすことができないと思い、
1秒後も迷うことなく、買い物カゴに入れていました。

その様子を見て、

「しょう油の街市に忠誠を誓っているよね。」

と半笑いで言う相方。

いや、正直、忠誠なんぞ誓っていないし。

むしろ積極的に裏切ることもやぶさかではないと思っているのですが、
私の舌がしょう油の街市のしょう油以上に美味しいと思える
しょう油がないのだから仕方がないのです。

幼い頃から洗脳叩き込まれた味覚は恐ろしいもので、
しょう油の街市のしょう油が一番美味しく感じるんですよね。

銚子市民の方々も「地元のしょう油が一番美味い」と思うことはありませんか?

わが街「野田市駅」に降り立った時に感じるような強烈なしょう油臭を期待したのですが、
香るのは香ばしいじゃがいもを揚げた臭。

しかもわが家はまさにこの特選丸大豆醤油を常飲(?)しているのにも関わらず、
食べてみても特に特選丸大豆醤油味は感じられず、
故郷を離れて幾年月の私の舌が劣化したのかとショックを隠せませんでした。

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事
Facebookページを作ってみました
どうも、こんばんは。くろばいBです。

以前の記事で私の写真が「週刊ダイヤモンド」の表紙に掲載されたと書きましたが、
その特集記事にもなっている「フェイスブック」。
既に全世界で6億人のユーザーがいるというソーシャルネットワークサービスです。
日本では「mixi」が最大ですが、
映画「ソーシャル・ネットワーク」の公開などもあり、
雑誌やテレビでもフェイスブックが取り上げられることが多くなってきました。

ということで、流行に乗って私もこのブログのFacebookページを作ってみました。

http://on.fb.me/crossbike

Facebookページ

まだフェイスブックの活用法もよくわかっていないのですが、
とりあえずブログの更新情報などを連携させていきたいと思います。

Facebookをやっているかたは、ぜひ「いいね!」をお願いします。


ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事
銀座バーゲンポタ【B級グルメ村潜入編】

昨日相方が言っていた「フェイスブック」なるもの・・・

恥ずかしながら時代の流れの中で溺れかけている私には、
何が何やら理解できない代物だったりします。

相方がブログに書くまで彼がそんな事をやっていたことすら知らんかったのですが、
先日そのフェイスブックユーザー数百人が「週刊ダイヤモンド」の表紙になったらしく、
相方も言われなければ私にすら判別できない程のサイズで表紙中に写っていました。

そしてこれが相方表紙デビュー(?)の記念の「週刊ダイヤモンド」

フェイスブック

って、図書館で借りとるやんけ!(゚∇゚ ;)

せっかくの記念の雑誌なので相方に、

「・・・買わないの?」

と聞いたところ、

「だって、特に興味深い記事が載っていないんだもん。」

と相方のシビアな答え。

って、そういうもんじゃないだろ。この場合。

相変わらず相方のドケチ・・・じゃなかったシビアな経済観念には頭が下がります。

私もそんな相方のシビアさを見習ったというわけでもないのですが、
どうも年と共に生命を維持していく上で不必要な欲望から削られていくのか、
自分でも年々「オシャレ欲」というものがあきらかに目減りしているのを感じます。

私は「基本バーゲンでしか服を買わない」というカルマを自分に化していますので、
唯一の被服類の仕入れ時期であるバーゲンシーズンには、
以前は何度も「バーゲン」という名の狩場に出掛けたりしていました。

しかし最近、根底に「もう、ユ◯クロでいいや」という楽に流される気持ちがある為か、
人の物欲パワーで満ち溢れた狩場に行くのがやたらと面倒に感じるようになり、
ふと気がつくとバーゲンシーズンは終息に近づいているという事も・・・

今年の冬などはその典型なので、バーゲン自体にほとんど参戦しなかったので、
この冬に捕獲した獲物があまりなく、何とも手元は寂しい2011冬状態です。

最近自分が着る服のユ◯クロ率の高さを冷静に見てみれば、
実はそれでもまったくさっぱり問題はないのですが、やはり長年の習慣というのは如何ともしがたく・・・
バーゲンシーズンにバーゲン会場を巡らないと、落ち着かない気分になるのです。

実はさほど美味いと思っていない数の子を正月になると食べなきゃならない気になるのと
どこか似ているかもしれません。

そこで先週末の日曜日はポタも兼ねつつも今更ながら今期冬のバーゲンに参戦すべく、
バーゲンと言えば最適の猟場である銀座に自転車で向うことにしました。

そして相方がクローゼットから引っ張り出してきたのは「エクサウォーカー」

私の記憶の中ではもはや無かった事にしたいエクサウォーカーですが、
エクサ圧縮に対しての苦痛が私程で無かった相方は、今週も穿く気を漲らせているらしい。

たかが週1回程度のポタ時の使用でエクサウォーカーを穿く上での一番の売りであり目的である
ダイエット効果が得られるのかは大いに疑問ですが、
どちらかというと相方的には「せっかく貰ったのだから」という
独自のせっかくだから見地から今後も使用をするようです。

で、1週間ぶりにエクサウォーカーを装着した相方ですが、すぐに一言、

「キツイ。」

彼が言うには装着感が先週に比べて更に窮屈に感じるようですが、この場合、

①(また)太ったため必然的にキツくなった

②洗濯したために繊維が縮んでキツくなった

③気のせい(にしておきたい)


という3つの可能性が考えられますが、さあ、どれ?

私の予想では、①◎本命、②△対抗、③☓穴というところでしょうか?

そして相方も首尾よく溢れそうな脂肪をピッチリと収め、
私の方もあらかたの準備は整いまして、何の気なしに窓から外を見ると、

あれ?なんか曇ってね?!?(゚□゚|||)

しかもただ太陽が隠れちゃった的な曇りではなく、
うっすらと雨雲があるっぽい曇り方というか・・・

私の乏しくなった記憶力ではもう頭の中にない程、最近の休日に雨が降った記憶がなく、
完全油断してポタ前に天気予報すら確認していませんでしたが、
もしかして今日って雨が降っちゃう系?

一度バーゲンという名の狩りに出掛けると、結構な時間が掛かるもの、
ここは狩りは諦め、雨が降る前に戻って来れるような場所にポタ地変更も考えましたが、

「6時までの降水確率は20%だって言うし、大丈夫だって。(笑)」

とあくまで脳天気に油断しまくる相方。

確かにこのところ雨の降った休日なんてなかったので、
「それもそっか~」と私もすぐに脳天気側に取り込まれまして、
その憂いをすぐに忘れ、銀座へと出掛けました。

そしてこの時に脳天気面に堕ちたことを、この後たっぷり後悔する羽目になるのです。(--;)

いつものようにいつもの如くで恐縮ですが、
ポタにメシがもれなく付くのがわが家のポタスタイル。

この日は(わが家時間では)早めに家を出たので、
銀座でランチを食べることにしていました。

・・・ところで、人間というのは貪欲な生き物ですね。

普段から自転車乗りを名乗るのもおこがましい位に楽チンな乗り方をしているわが家ですが、
今でも十分楽をしているクセに、これ以上更に楽をしたいと考えるもので、
最近はどこに行くにもなるべく楽に走れる道路からアプローチするよう模索しています。

とは言え、肉体的にはこれ以上楽をすると「自転車に乗らずに家で寝てろよ」となるまで、
楽チンな乗り方をしていますので、わが家は更に追求すべく楽さというのは、精神面での楽さ。

街中の道にはおちゃめに時々後方から煽ったりしてくる天敵(車とも言う)が多くおりますが、
足腰も心も弱い私共がこの天敵と共存していくのは、非常にストレスが掛かりまして、
もう年も年だしストレスを感じる事は健康的にもよろしくなかろうと、
できるだけ天敵が少ない道を模索して行くことにしたのです。

わが家から銀座までですと国道4号から行くのが最短なのですが、
天敵と排気ガスにまみれたこの道は何かとストレスフル。

そこで少々道を変えて「清洲橋通り」から銀座に向かったのですが、
この道は同じ方面に向かうとは思えない程に車の通行量も少なく、

ホント自転車に乗って3年間何やっていたのん?自分ら。(゚∇゚ ;)

と自分たちの頭の中の空虚さを疑問に思わざるを得ない程、
今までに比べてかなりストレスフリーな道です。

しかし利点があれば欠点があるのが人生、ストレスがない分だけ若干距離はあるらしく、
その上慣れない道ということも重なり、余裕の時間に家を出たにも関わらず、
気がつくと目的のお店のランチタイム終了時間に間に合うかが、ヤバい時刻になっていました。

われながらゲンナリするぐらいのお約束な展開です。(--;)

あらかじめネット調べて来た情報によるとお店のランチタイム終了時刻は15時、
今までの経験的見地からラストオーダーは1時間前として、
14時に着かないと間に合わない事になります。

このお店はランチ後一旦閉めちまうタイプのお店なので、
ランチ時間に間に合わないとなると夜の時間の訪問を余儀なくされてしまう・・・

夜になると飲み屋的な雰囲気になるようなお店のようなので、
アルコール摂取ができない自転車で行くのは周りが羨ましくて少々苦痛だし、
できれば昼ごはんで勝負を決めたい。

そんな焦る気持ちとは裏腹に遅々として自転車は進まず・・・
ようやく銀座に着いた頃には、残念ながら15時を少し回っていたので、
一応、未練たらしくお店の前まで来たものの、ランチを食べるのはあきらめたのですが、
よく見るとお店の入口には「営業中」の札が!

ネット情報では確かランチは15時までと書いてあったはずですが、
幸い16時までだったようです。

早速いそいそと入る事にしたこちらのお店は、
全国のB級ご当地グルメを提供するお店「ギン酒場」さん。

ギン酒場

B級グルメを提供するだけあって、見るからにB級感が漂う店構え。

名前も"ギンサカバ”と読むのではなく、"ギンザカバ”と読むらしく、
何気なく”銀座”に掛けてあるのが、なんともB級チックです。

更に外観はB級テイストを醸し出しているビニールのカーテンで覆われているので、
店内の様子は外からでも丸見えなのですが、場所は住所は銀座でも東銀座の近くにあり、
銀座のメインストリートと違いこの辺りは元から人通りもまばらな為か、
わが家の他にはお客さんは1組しかいませんでした。

店内に流れるミュージックも狙いかたまたまか、中古ビデオ屋で爆安で仕入れたような
ちょっと古めの2000年前後の曲が流れ、その辺もB級感を盛り上げてくれます。

夜になればぶら下がっているようなご当地B級メニューがいろいろあるようですが、

店内

ランチの時間はメニューが3種類に限定されているようです。

メニュー

その中から私は「聞いたことねぇーっ」と心で突っ込みをいれつつも、
金沢名物という「ハントンライス」、相方は岡山名物という「デミかつ丼」を注文。

こちらがその「ハントンライス」(780円)

ハントンライス

って、だからなぜ金沢はあえて安っぽい銀の皿に盛ろうとする??

前に金沢名物のカレーが食べられるという店に行った事があるのですが、
そのお店もこんな風なB級感豊かな銀のお皿に盛ってありました。

金沢と言えば、金箔なのでこういうキラキラしたテイストがヨシという事になっているのだろうか?

こちらのハントンライスという聞き慣れない代物、ライスの部分は検討がつくとしても、
どこがハンでどこがトンの部分だかさっぱりですが、
ようはエビフライがトッピングされたオムライスのように見える。

時期によってはエビフライの代わりに白身魚のフライが入るようなので、
上のフライ部分は自由裁量に任されていて、特にエビフライに限定されないのかもしれません。

お味はこれが予想外に(失敬)美味い。

まあ、オムライス的と言えばオムライスなのですが、卵がいい感じにトロットロで、

ハントンライス

庶民的ながら美味しいオムライス・・・じゃなくて、ハントンライスに仕上がっています。

相方の「デミカツ丼」(780円)の方はというと、

デミカツ丼

ソースがデミグラスソースに変更されたカツがご飯の上に乗っている食べ物でして、
卵とじを必須とするならば、カツ丼の定義からは大きく離れるものの、
サクサクしたカツが独特のデミグラスソースと相まって、
ボリューム感もあり「これぞB級丼!」という感じでした。

B級グルメなのでキワモノ度が高いと思っていたのですが、
お味もお味から逆算したお値段も満足感のあるものでした。

ランチのご当地メニューは月毎に変わるようで、来月のメニューも予告されておりまして、
次回の予定の中の一品は「シシリアンライス」

メニュー

“お楽しみに!”とか言われても。

そもそも「シシリアンライス」って何?!


楽しみにしていていいんだか、悪いんだかわかんないじゃん。

まあ、ハントンライスもメニューに写真があったからかろうじて分かったので、
名前だけでは何が何やらですし、B級グルメは名前から現物が想像できない
ミステリー感があるのもいいのかもしれません。

ところで来期のメニューの中で唯一帯広豚丼が繰越されていますが、
(私も相方も頼まなかったけど)これは何故なのでしょうか?
帯広豚丼はキングオブB級ということなのでしょうか?

その辺も食べなかっただけに気になるところです。

私もB級な人間なのか、この店内のB級感もしっくりきまして、
このお店はまた訪れたいと思います。

シシリアン期に来れるかは不明ですが・・・

そしてB級グルメで腹を満たし体力を温存したところで、
今回のメインであるバーゲンという名の狩りにをするために、
猟場である銀座のデパート群に向かいました。

・・・続きます。m(__)m

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング


関連記事
銀座バーゲンポタ【チョコレートカフェに寄り道編】
なんと!今日は雪でしたね。

根拠もなくこの3連休は「晴れ」だと信じて疑わなかったのですが、
今日は自転車で出掛けられなくて残念です。

引き続き東京は明日も雪のようで、自転車に乗れるのは明後日のみになりそうです。

そして話は変わりますが、以下、銀座ポタの続きになります。

************************************************

B級グルメで腹を満たし、最初の猟場として向かったのは、
この度、この駐輪場日照り銀座に大規模な駐輪場を提供した勇者三越さん・・・いや、三越様。
その三越様の駐輪場に停めさせて頂きました。

前回はこんな好立地に関わらずの予想外な駐輪場のスカスカぶりに驚きましたが、
今回はそこそこ混んでいました。

もちろん駐輪場を利用させていただいた手前もあり、
こちらの三越さんから獲物を求めて彷徨ってみたのですが、
駐輪場ができたのは非常に喜ばしいものの、大幅リニューアルに伴い、
もはや店内は別人というか別建物になってしまいました。

店内は何だか急に大規模で妙にハイソな雰囲気に変化してしまい、
前のこ狭くて若干しょっぱい雰囲気の方が私にベストマッチしていて狩りがしやすかった。

更にリニューアル後だからなのか、やたらと混んでいる事もあり、
獲物を全く見つけられず、全くバーゲンに関係ないキッチン雑貨を見るだけで早々退散。

しかし三越もそうなのですが、この日の銀座は旧正月で海外旅行客の影響があるのか、
銀座中が妙に混み合っておりまして、スタバなんて入口から客が溢れんばかり・・・

まるでここだけスタバ日本出店元年に立ち返ったような混雑ぶりで、
あとスタバが2、3軒立たないと捌けない感じにごった返しています。

レイクタウンに4軒も出店している場合じゃないだろ。(余計なお世話ですが)

とは言え、混んでいるのはスタバだけではなく、
他にもお茶を飲めるようなお店がどこもここも人で一杯だったので、
寂しく自動販売機のジュースで喉を潤す羽目になりました。

そこで相方と途中別行動しつつも、松屋、プランタン、マルイ、阪急と次々河岸を変え、
気がつくと3時間もの時間が経過していました。

そして驚くことに、それだけ時間を掛けて猟場を彷徨ったのに、収穫が0!

最近はユニクローゼ(って、なんだよ)として生きている時間が長いので、
半期に一度の割合でデパートに行っても買い物の仕方があきらかに違うので、
(なんか知らない店員さんがすぐに寄ってくるし)
その状況に慣れるまでに時間がかかるのかもしれません。

「はじめ人間ギャートルズ」のお父さんもウサギ一匹獲れなかった時は、
こんな虚しさを味わっていたのかも。

と、架空の原始人に共感を覚えてしまうほどの徒労感に打ちひしがれながら、
トボトボと愛車回収の為に三越の駐輪場まで戻りました。

駐輪時間は3時間を過ぎていたので、駐輪代金が掛かるようですが、
三越さんでノーGETなだけに(他でもノーGETだったけど)駐輪料を払うとなると
心苦しさもいささか解消されるってもんです。

料金は2時間まで無料で、以降4時間までは100円。

駐輪場

前回は無料の段階で外に出たので、つい思考を惜しんであまり深く考えんかったのですが、

つまり6時間までは、たった100円ってこと??(゚∇゚ ;)

相方と2台で200円で済むなんて、「ほんとここは銀座かよ」と思う程の破格の値段設定。

銀座を後にする時はもう十分遅い時間だったのですが、
3時間も無駄に混雑の中を彷徨い歩いてので心底疲れまして、
帰り道は休憩を兼ねてカフェによりました。

ところで、もうすぐバレンタインデーというヤツですね。

意中の先輩を校舎の陰に呼び出してドキ☆ドキ・・・

とかは残りの人生の中ではありえない我々にとっては、
もはやチョコを食べる口実でしかない日ですが、
(まあ、学生時代もそんなロマンチック経験無かったけど)
せっかくお菓子業界から与えられた口実ですし、
時事にもおもねった場所に行こうと、向かったのは京橋にある明治製菓さん。

菓子業界大手の明治製菓さんはバレンタインデーにも暗躍していますが、
そろそろ頭打ち感もあるバレンタインデーを更に盛り上げる意味もあってかどうか、
本社ビルに「100%Chocolate Cafe」という、チョコレートにこだわったカフェをオープンしているのです。

京橋は銀座のすぐ隣にあり、自転車はもとより徒歩でも楽に行ける範囲内なのですが、
銀座辺りの喧騒が嘘のようにあまり人通りもなく、
明治製菓ビルの数件手前にあるスタバはお客さんもガラガラ状態。
数百メートル違うだけで、売上にかなりの差があるんでしょうね。

そして明治製菓本社ビルですが、入口に掲げてある旗がまるで
あのロングセラーの板チョコのよう。

本社ビル

その1階にある「100%Chocolate Cafe」

カフェ

店内に入るとメタリック調のインテリアがおしゃれなカフェで、
休日の京橋における人口の割りには、そこそこの混雑ぶりでした。

チョコレートカフェというだけに当たり前のようにメニューはチョコレートだらけ、
ドリンクもショコラなんちゃらとかのメニューが多く、

メニュー

そろそろ胃もたれ世代の身としては、

チョコレートケーキをチョコレートで流しこむの?∑(゚∇゚|||)

と焦ったのですが、ちゃんとコーヒーもありました。(ホッ)

飲み物をコーヒーにした分、スイーツは2種類頼むことにしたのですが、
このお店の面白いというかさすがチョコレートカフェと名乗るだけの事はあるというか、
そのチョコスイーツに使用するチョコが選べる仕様になっていて、
つまりチョココロネの中身は、6種類のチョコレートから選べることになっています。

中身が選べちゃうチョココロネなんて初体験。

でも考えて見れば、あの中身は後から注入するものですし、

コロネの中身が最初から入れられているものなんて誰が決めたんだ?
そんなものは固定観念に過ぎん!

と革新的な事を言われれば、それもそうなのかもしれません。

6種類のチョコレートの中から「チョココロネ」(250円)にはキャラメルショコラ、

コロネ

もう一つのスイーツ「シフォンショコラ」(400円)にはアーモンドショコラを注文。

チョコシフォン

さて、このお店はあえてチョコレートカフェと名乗っている訳で、
通常のパン屋さんとはチョコに対する覚悟というものが違うと思われます。

そんなチョコレートカフェのチョココロネには、
果たしてどの関節(?)の部分までチョコが入っているか・・・

チョココロネさん、貴女の覚悟を試させてもらいますよ。

といじわるな小姑根性が芽生えまして(明治さんとは親戚関係はありませんが)、
その辺を確認してみることにしました。

大手パンメーカーのチョココロネなんかは、
確か第三、いやヘタをすると第四関節部分位までは空洞だったりして、
「手を抜きやがって」のような負の感情を抱いてしまうこともあったりします。

果たしてこちらのチョココロネはどないなものか?

と、第一間接部分から割ってみたのですが、

チョココロネ

ここからすでにチョコが入ってるぅ。∑(゚∇゚|||)

・・・お見それ致しましたでございます。
さすがに第一間接からはないと思っていたのに・・・

しかしせっかく第一間接まで入っているコロネを前にしながら、
どこか複雑な表情を浮かべている相方。

セコ・・・じゃなくてお得好きの相方としても、こんなたっぷりチョコが入っているのは、
当たり前に歓迎すべきことのはず・・・

と思っていたのですが、彼は彼なりにお得でも曲げられない定義があるらしく、
相方に言わせるとチョココロネというのは、パンの上の部分にはあえてチョコを入れないものらしい。

彼のコロネにおけるチョコレートの定義によると、コロネはその構成上、
下の部分にチョコクリームが多く溜まり易くなっており、
チョコが入っていない上の部分をちぎり下の部分のチョコに付けながら食べるものなので、
上の方までチョコを入れない方が正常な状態だというのです。

ちなみに私はチョコレートは頭まで入っていた方がいい派なので、
軽くチョココロネ戦争が勃発しそうになりました。

果たしてチョココロネというのは、私と相方どちらの定義が正しいのか?

そんなこと超どうでもいい。

とお思いかもしれませんが、本当はどちらのコロネが正しいのか気になりまくるので、
チョココロネ博士がいらしたら是非ご教授下さい。(いないだろ)

味はコロネのキャラメルショコラとケーキのアーモンドショコラはあきらかに香りと味が違い、
どちらのタイプも美味しかったです。

そして他にもコーヒーに付属しているのか、全ての飲み物に付いているのか、
365日味が違うというその日のチョコが付いていました。

チョコ

この日は2月6日だったので、その日の日付が書かれたチョコです。

まあ、貧乏舌の私には365日の味など到底覚えられるものではないので、
他の日との味の区別などほとんどつかない気がしますが・・・

更にこのお店には、入店時からめちゃめちゃ気になるものがありました。

それはカウンター部分にズラズラっと並んでいるそれぞれ数字が書かれているチョコ。

資料を見るとお土産用に売っているようですが、その数が尋常ではなくなんと56種類!

チョコ

しかも数字毎にいちいち味とカカオの産地が違うようです。

まあ、56種類もあるとレパートリーもさすがに品切れなのか、
25種類目辺りから“黒糖”や“和三盆”などの別のテイストを入れていき、
後半 戦になればなる程、レッドチリやらコラーゲンやらのチョコに入れるのは如何なものか的な
キワモノ度が高いアグレッシブなテイストになっているよう です。

目の前に味の違うチョコがこれだけ並んでいると、どれを選んでいいか困惑するところですが、
そんな貴女には「4649(よろしく)」などの語呂合わせで選ぶ方法もあるらしい・・・

チョコ


って、味とかまったく関係ないじゃん。


4649だと語呂はいいかもしれないが、味は46番(バニラスパイシー)、
49番(ラベンダー)とキワモノ変りチョコ同士だし。

お値段は一個200円が中心で、一部商品は300円。

簡易な包装とチョコの量を考えると金額設定は若干高いような気がしますが、
資料の説明文を読めば読むほど、とてつもないチョコレートに思えてきました。

前半の数字のチョコは、ガーナやマダガスカルやら、
ひとつの産地で作られたカカオが使われているのも、よく分からないけど凄そうなのですが、
それぞれのカカオによってチョコの香りが違うようで、
特に18番のトリニダードトバゴ(って、どこ?)のチョコなどは、

ナッツ、コーヒー、レーズン、干し杏などのカカオ以外の香りが次々と現れる・・・らしい。

ずいぶん大風呂敷を広げたな。

と思わないでもないですが、食べてみない事には本当のところはわかりません。

なので、この大風呂敷な18番のチョコと、その他2種類のチョコレートを購入して帰ることにしました。

そして帰り道は出てくる時に感じた雨の予感はすっかり頭の片隅にもありませんで、
当然のようにナイトライドな時間になっていたのですが、
そのまま自転車を漕ぎ出すと、比較的早い段階で顔に水滴が・・・

まさかこれは雨??(゚∇゚ ;)

・・・いや、いや、気のせいに違いない。

と思っているうちに、現実逃避力では否定しようもない本降りになり、

久しぶりにこんな雨に降られたよ。

っていう位降りしきる雨の中、帰ることを余儀なくされ、
ようやく家に辿り着いた頃には、もちろん愛車はビショビショ。

疲れた体にムチ打ち、そのまま清掃作業に入ることになりました。トホホ。

まあ、雨に降られていない分だけ、長期に渡って清掃もしていなかったので(汗)
いい機会と言えばいい機会なのですが・・・

しかしこの清掃作業、以前は相方の愛車も(なぜか)私がやる羽目になっていましたが、
愛車に愛情が芽生えたのか、それともさすがにそれでは体裁が悪いと思ったのか、
相方の愛車は相方が進んで自らやるようになりました。

相方も(それなりに)成長したんですね。

ところでお土産に買ってきたチョコの感想ですが、
それはまた後ほど書かせていただこうと思います。

ただ貧乏舌にはどんなこだわりチョコも意味がない。

ということは改めて思い知らされる事になったのでございます。

そして今回も相方が着用してたエクサウォーカーの副作用、
実は銀座にいる時からブツブツ言っていたのですが、
今回もエクサウォーカーが発生源と思われるかゆみを発生したらしいです。

先週からの様子を見てみると、相方の場合、それなりに快適に穿けるのは4時間程度で、
それを過ぎた頃からかゆみが発生するようです。

それでも私のように着用直後から即苦痛よりは遙かにマシですが・・・

私も所詮他人事なので(オイ)そんな相方の泣き言を聞き流していたのですが、
それなりにかゆみが辛かったのでしょう。

家に入ると何もかもをなげうってクローゼット前に直行し、エクサウォーカーを脱いだようで、
今回も「はぁぁぁ~」と言う開放感に満ち溢れた雄叫びを発していました。

このかゆみの原因を詳しく分析すると、相方が言うには、締め付けれているお股部分も去る事ながら、
パンツのゴムの部分にエクサウォーカーの締め付けが重なり更なるかゆみを生んでいるらしい。

そう、容易に習慣の殻を脱ぎ捨てられる年齢をとっくに過ぎた私共は、
どうもこの手のパンツっぽくないパンツを直穿きする勇気がなく、
普段の下着の上からエクサウォーカーを穿いていたのです。

「ある意味正しい着用方法を無視して禁を犯しているのだから、
(パンツのゴムのかゆみは)しょうがなくね?」


と私が至極真っ当な意見を述べると、

「えっ?!これって直履きするものだったの??」∑(゚∇゚|||)

って、知らんかったんかーい。

私はうっすらと直穿きという事を知っていたのですが、
相方もあえてその辺の事を知りつつも、自分の中で脱ぐ捨てられない殻があり、
パンツonエクサウォーカーをしているのだと思っていました。

・・・でもそう言えば、こんな特殊パンツなのに、エクサウォーカーの箱には、
正しい着用方法が載っているような説明書が入ってなかったんですよね。

貰い物なのでその辺はようわからんが、入手経路にでも問題があったんか?

その辺が気になってネットでエクサウォーカーについて調べてみましたら
“開発秘話”的なページを辿り着いたのですが、なんとそこには驚愕の真実が書かれていました!

“トランクスの上から履いても効果は出ない”

エエエエエエエーーーーッ!!∑(゚∇゚|||)


つまりこの2回の使用での相方のかゆみは無駄かゆみだった訳です。

私も先週は無駄苦しみでしたが・・・

ちなみにこのエクサウォーカーは各企業等の健康保険組合、
医療支援を背景とした健康を支援していこうとしているフィットネスジム、
エステティックサロンなどでしか購入できず(というわが家も相方の会社から頂いたのですが)、
本来なら3個のセット売り・・・らしい。

しかしわが家が頂いたエクサウォーカーは毎年1枚ずつ・・・

つまりセットをバラして配っているみたいですが、
その辺に使用上の注意書きが入っていなかった秘密がありそうです。

自慢の(?)せっかくだから精神で着用を続けていた相方ですが(2回目だけど)、
新たに直穿きというハードルも加わり、それでも着用を続けられるかは謎です。

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事
台湾自転車活動に暗雲が
昨日、一昨日と久しぶりに雪でしたね。

せっかくの3連休に・・・・と思わないでもないですが、
まあ、休日が3日もあるという余裕で、特に一昨日は家でのんびり過ごしていたのですが、
その日の夜にのんびりしていられない大変な事実が発覚しました。

それというのも、わが家は今月の18日より台湾旅行を控えているのですが、
夕飯時にも自ずとその話題で楽しく盛り上がっていたのです。

「夜市で何食べる」だの「台湾かき氷はいつ食べる」だの
「北京ダックを入れる(腹的)隙間ねぇ(悲鳴)」だの・・・

メシを食べながらもメシの話ばかりだったのですが、
そんな終始和やかな雰囲気の中、「そう言えば」という感じで相方が、

「あれ?そう言えば旅行料金払ったっけ?(^^)」

・・・・・・・・・・・・・・・・(^^)

お支払いしてねぇーーーっ!∑(゚∇゚|||)


私も相方も笑顔の状態のままで、顔が凍りました。

そう、すっかり忘れていのたです。

それはそれは自分達でも驚くような記憶の片隅にもない綺麗さっぱりな忘れっぷり。

それというのもかなり前に手付金として数万円を支払い、
その後、旅行日が迫って来ていても「追加旅行代金の請求が来ないなぁ」と不思議に思っていたのですが、
先週の金曜日(4日)の夜、急ぎの宅急便でようやく請求書が届きまして、
内容を見ると「月曜日(7日)までにお支払いを」という内容。

えっ?休日をは挟むので実質月曜日に払えってことじゃね?

と急な展開に驚きつつも、月曜日にお支払いするつもりでしたが、
すっかりケロッとさっぱり忘れてしまっていました。(大汗)

なにせわざわざ急ぎで宅急便で請求書が送られてきただけに、
支払い期限を4日も過ぎてしまったのは、
どのようなヤバい状況になっているのかもさっぱり分からない。

特に督促などもなかったのですが、それだけに返って不気味というか、
旅行会社の信頼を裏切った代償として、だまってキャンセルとかされていたらどうしよう。

今から振込みをしても連休なだけに、確認できるのは来週の月曜日だし、
最悪、次の日(土曜日)の朝一で早速旅行会社に連絡をし、
料金を持って行くしかありません。(雪予報だけど)

そして昨日の朝、旅行会社が開店する時間をジリジリと待ち、
開店と同時に旅行会社に大恐縮しながら連絡を入れてみたのですが、
意外にも「月曜日までに振込確認ができれば大丈夫ですよ。」という寛大な答え。

・・・じゃあ、なぜ宅急便で送ってきたんだ?(゚∇゚ ;)

とその辺は不思議に思わないでもないですが、
昨日は振込みついでに買い物もしようとレイクタウンに行き、無事振込みを済ませてきました。

しかし旅費は支払ったものの、ここに来て他にも台湾旅行に関しての新たなる不安2つ・・・・

一つ目は滞在中の台湾の天気予報もそろそろ見れる頃なので、見てみたたのですが、

なんと!滞在中の天気予報はオール雨予報。∑(゚∇゚|||)

旅行期間の5日間それはそれは綺麗な傘マークが並んでいました。

さすが雨男、雨女(の俺たち)・・・と言いたいところですが、
天気予報によると台湾はこのところずーーっと毎日毎日雨らしいので、
私たちだけの罪とは思えない。

そこで参考までに数年前の2月の天気というのを見てみたのですが、
それを見ると2月の晴れた日は5日位しかなく、後の23日間は全て雨なんですよね。

台湾ってそこまで雨の多い国だったとは・・・

台湾でのレンタサイクル活動を楽しみにしていたのに、
早くもめちゃめちゃ暗雲が立ち込めてというか、むしろ暗雲しかない状態になっております。

せっかくスムーズなレンタサイクル活動をするために、すげー調べたのにぃ。・゚・(ノД`;)・゚・

それともう一つの不安・・・

私が腰に抱えている坐骨神経痛という暴れん坊将軍。
このところ大人しくしていたのですが、後5日で旅行という今になって、
再び導火線に火が点きそうな状況になっています。

なんかここ数日うっすらと腿の部分が痛いんですよね・・・

精一杯大事をとっていたはずですが、ここに来てなぜ???

旅行中、坐骨神経大爆発だったらどうしよう。

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事
ポタ土産こだわりチョコ3種
とうとう待ちに待った台湾旅行が今週末に控えていながら、
やはりぴょん吉の呪いか、はたまたたまたまか、
数日前から再び右の太腿付近が痛み出しました。

この痛みはもちろん約1ヶ月前にも経験した痛みでして、
病院に行くまでは「謎の痛み」だったのですが、
今なら判る・・・この痛みは「坐骨神経痛」の初期症状の痛みです。

1ヶ月前はこの痛みをほぼ放置していた為に、
最終的には痛くて歩けない程の痛みに進化(?)したのですが、
今回の痛みは再発の予兆なのか、それともこのまま小康状態を保ってくれるのか・・・

旅行があるだけにその辺が天国と地獄の分かれ道です。

そしてそんなDEAD OR ALIVEな岐路に(不本意ながら)立っていながらも、
3連休のうち昨日は唯一のポタ日和でしたので、わが家もポタに行ってきました。

って、こんな状況で行っちゃったのかよ。

という感じですが、確かに週末の台湾旅行も大事ですが、
わが家が惰性でここまで続けてきた「週一ポタ記録」もそれなりに大事ですし、そもそも!

(心の底から)自慢じゃないけど、わが家のポタは所詮ママチャリdeお買い物レベルです。
いや、むしろ車体が軽いだけママチャリより楽なようなもので・・・(ホント自慢じゃねぇなぁ)

しかもこの所、かなり腰に気を使って最低限の生活レベルしか体を使わないようにしていたのに、
その恩(?)も忘れてまさか再発の兆候が見えるとは・・・

この程度で再発するなら、息もつかせぬギッチギチのスケージュルの台湾では、
どの道、確実に再発するだろ。


と自棄にもなりまして、ポタに行っちゃいました。

昨日のポタで太腿の痛みは特に悪化しなかったものの、当然改善もしていないので、
今後、天国と地獄どちらの状態に傾いて行くかは、神のみぞ知るです。(投げた)

さて、話は変わりますが、ところで本日はバレンタインデーですね。

しかし毎年毎年この時期に思うのは、お菓子業界の恐ろしいまでの貪欲さ・・・

2月14日には意中の男性にチョコを贈るものだと日本国民にまんまと思わせ、
すでに莫大な売上を生み出しているはずですが、彼らはそんな事では満足せず、
本来ならバレンタイン無関係の人間・・・例えば意中の男性がいない層などにも需要を広げるべく、
毎年、毎年魔の手を広げ続けているのです。

その最たるものは、日頃お世話になっている男性に対して贈らせるように仕向けた「義理チョコ」

こちらは義理と根回し社会の日本の風土に合い、ウマいこと成功させましたが、
更に3匹、4匹目のどじょうを狙い、

義理チョコだけだと男性限定なので、女性同士にも送らせる習慣を作れば、
更に売上2倍じゃーん。

という意図がミエミエの「友チョコ」

つーか男性にも贈らせれば、更に更に売上倍増じゃん。という「逆チョコ」

ついでに自分にも贈らせれば更に更に更に売上UPじゃん。の「(自分への)ご褒美チョコ」

って、どこまでチョコで稼ぐつもりやねん!


といい加減突っ込みたくなるのですが、しかし!

こんな節操ない戦略を立て続けても、まだまだ満足しない欲望の底なし沼のようなお菓子業界。
今年から新たな仕掛けを仕掛けてきたようです。

それは某スーパーグループのCMで盛んに盛り上げようとしている「プラチナバレンタイン」

・・・・って、なんだよそれ。

どうやらかの業界が更なる需要を発掘すべくターゲットにロックオンしたのは、
更に「今更この人にチョコなんぞ贈ってもねぇ・・・」という冷めた中年女性らしい。

CMの感じと、いかにもなネーミングからおそらくうちの母位か、
その年齢よりちょっと下の女性を"プラチナ世代”と設定していると思われますが、
確かにうちの母も「婿には(義理)で贈るけど、今更旦那(父)に贈ったところで意味ない」という感じなので、
この世代に「贈らないと今後の夫婦関係が更に気まずい」とまで思わせれば、
かなりの売上になるでしょうね。

しかし性別、年齢を越えあらゆる世代にチョコレートを売りつけるべく、
毎年暗躍する菓子業界ですが、さすがにここまで来ると、次は何をターゲットにするのでしょうか?

孫に送る「孫チョコ」とか、ペットに送る「ペットチョコ」(食べるのは人間)、
家族全員、親戚一同に送る「一族チョコ」、その日出会った人全てに送る「一期一会チョコ」、
いっそのこと神様にお供えする「神チョコ」・・・とか?

来年はどんな詭弁を弄してくるのか、ちょっと楽しみになってきました。

ちなみにわが家のバレンタインチョコは、自分がいつもよりリッチなチョコを食べたいが為に
相方名義に購入してきている「口実チョコ」もしくは「名義借りチョコ」という感じですが、
今年は相方も私も「台湾旅行前ダイエット」が目下大失敗中なので、
参加しようかどうしようか迷っています。

そしてチョコといえば、先々週のポタ時に京橋の明治本社ビルにある
「100%Chocolate Cafe」さんにて、こだわりのチョコを購入してきました。

こちらはパッケージの数字毎に産地や味が違うというチョコレートで、
全部で56種類もの種類があります。

ちょっと見簡素なパッケージと(よく見ても同じですが)、
量の割には一枚200円~300円という強気のお値段設定、
そしてそれぞれのチョコの説明文を読むと、ナッツやら、干し杏やら、葉巻やら・・・

チョコとは思えない香りが楽しめるらしく、その辺に興味が沸きまして、
「ホントかよ」と思いつつ(失敬だろ)3枚程購入してきました。

チョコ

まず食べたのは、一番期待していた「18番」

こちらはカリブ海諸島の「トリニダードトバゴ」(って何処?)産のカカオを使ったチョコ、
均整の取れた味のバランスで、ナッツ、コーヒー、レーズン、干し杏などの
香りのエレメンツが次々と現れるらしい。

実はそれはカカオじゃないんじゃね?

って程、カカオじゃない香りが次から次へと現れるのでしょか?
大根が人参の香りがしたら大変驚きますが、それと同じことではないのでしょうか?

とは思いつつも、次から次へと現れるという4つの香りに期待して、食べてみたのですが、

????????


ナッツ、コーヒー、レーズン、干し杏という香りのエレメンツの中の第一関門である
ナッツの香りからしてわかりません!

いや、卑しくすぐに食べたからいかんのかも。


ここは舌で溶かすようにみみっちく食べれば、
その香りのエレメントとやらがわかるかもしれん。

と今度は大きめにチョコを割り、自分なりに五感を研ぎ澄ませ、
精一杯味わってみたのですが、

いや、やっぱり、わかんねぇし。


私の貧乏舌でわかるのは、強いて言うなら・・・カカオの香り?

つうか、よくよく考えて見れば、干し杏なんてレアな商品は滅多に食べた記憶がないので、
仮に私共が田崎真也氏並のリッチな舌を持っていても、そこは気がつけないんじゃね?

基本私と同じ釜のメシを食べている貧乏舌の相方も、
さっぱりとエレメンツの香りがわからないようでして、
私と同じような「???」に溢れた表情で、18番チョコレートをなめていました。

次に食べたのは「19番」

こちらのチョコはキワモノ枠珍し物枠から購入したチョコで、
カリブ海諸島の「グレナダ」(こちらも何処?)が産地のカカオで作ったチョコ。

やわらかな酸味と苦味があり、余韻で渋みや木の皮、葉巻様の男性的で深い香りだそうです。

男性的って・・・チョコに男も女もあるんかいな。

しかも木の皮とか葉巻って。(笑)

その手の香りがチョコにあるのは正解なのか?

18番が期待の通りとは行かなかっただけに、
今回の19番も「で、どの辺が男なんだ?どの辺が葉巻なんだ?」
というオチになると思っていたのですが、一口食べてみると、

間違いない!このチョコはオス!

貧乏舌の私共でも確かに判る強烈な男臭です。

というとあまり芳しからぬ匂いのようですが、渋いスモーキーな香りというか・・・

なんかペルシャ猫を膝にのせ葉巻をくゆらせている
ゴッドファーザー(マーロン・ブランド)のイメージが湧きました。

まあ、チョコの香りとして是か否かと言われると個人的には微妙ですが・・・^^;

そして最後の「12番」ですが、こちらはベネズエラのチュアオ産のカカオのチョコで、
最高品質の一つといわれている"クリオロ種”の原種に近い、
ベネズエラのチュアオ谷(のベネズエラ幻の3谷のひとつ)産の貴重なカカオらしい。

つまり最高品質のクリオロ種のカカオではないんじゃん?

という容赦のない突っ込みはさておき、
貴重のカカオであるということは文章から熱く伝わってくるように、
その分、このチョコはお値段が300円となっています。

お味は蜜のようにさわやかな酸味が引き立てる芳醇な味わいと、
理解力の薄い私にはあまりピンと来ない説明文です。

こちらのチョコは、確かに「芳醇」

なんつーか、最高峰に追随するような貴重なカカオを使っているだけに、
貧乏舌の私にもやたら深みのある味というだけはわかる・・・ような気がする。

好み的にはこの12番が一番美味しいように感じましたが、
「他のチョコより100円高いという事実が精神的に影響しなかったか?」
と問われると、あまり自信がなく・・・

しかしこのこだわりのチョコレートは、もちろんそれなりに美味しかったのですが、
どうもその何ていうか、大人の味というか高品質すぎる味というか、
つまり私がその価値に見合った舌を持っていないといいますか・・・

私の中でコストパフォーマンスを含み市販のチョコレートの最高値にあると思い、
(たぶんさほど名誉じゃない)くろばい家セレクションに選ばれている、

「カレ・ド・ショコラの方が口に合う・・・ような。」

とつい口に出して言ってしまうと、相方もオズオズと、

「・・・自分もそう思ってたんだよね。」


ちなみにカレ・ド・ショコラはこちら。

チョコ

スーパー価格で一箱(107g)270円程度です。

対して番号チョコは14gで200円~300円・・・

わが家の貧乏舌のバカーーーーっ!!・゚・(ノД`;)・゚・

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事
自転車通勤施設が丸ノ内にオープン
昨日は雪でしたね。

私はたまたま出かけている途中で雪が降ってきたのですが、
「ちぇっ、厄介だなぁ」と思う反面、
なぜか変にテンションが上がる自分を感じるのは私だけでしょうか?

家の最寄りの駅に着くころは結構積もっていたのですが、
気がつくと誰も歩いていない場所を選んで歩いていたり・・・

いい年の中年になっても雪が降る中を歩くと無駄にテンションが上がってしまうのは、
子供の頃に刻まれた刷り込みですかねぇ。

さて、そんな雪の中のバレンタインでしたが、
わが家は台湾旅行飽食祭りへ向けての無駄な抵抗ダイエットをしており、
数週間前に一旦成功したように見せかけて、その後、魔のリバウンド、
今は体重計に乗るのも恐ろしい作戦大失敗な状況になっています。

そのような状況で、(わが家にとっては)チョコを貪り食うだけのイベントである
バレンタインになんぞ参加する事はできない!

・・・と思っていたのですが、結局、みんなが買っているのを見て買っちゃいました。
(だからダイエット失敗するんだよ)

私が北千住のマルイの前を通ったのは、すでに閉店30分程度前の時間だったのですが、
それでもバレンタイン商戦のラストスパートは熱かった。

特に「ゴディバ」

「もう今更かよ」という時間なのに、捌いても捌いても人が溜まっていて、
祭りのような大盛況ぶりに、気がつくと私も引き寄せられるように並んでいました。

ホント、日本のバレンタインでどれぐらい荒稼ぎしてるんじゃい。

という感じですが、しかしゴディバは私がうら若い乙女(だったはず)のバブルの頃から
バレンタインチョコと言えば人気がある息の長いブランドですね。

その後、更に高級チョコとか、有名ななんちゃらパティシエのチョコとか、
いろいろなブランドが次から次へと出ていますが、ここまで長いスパンで不動の地位を築いている
チョコレートブランドも珍しいのではないでしょうか?

すでにバレンタイン限定品というのは、売り切れ御礼状態でしたので、
こちらの通常仕様のチョコを購入してきたのですが、
謀ったかのように十分バレンタイン用に転用可能のような包装になっています。
(まあ、謀ったんでしょうけど)

チョコ

チョコ

そして相方を待ち、食べることにしたのですが、

「相方から選んでいいよ。^^」

と一応、バレンタインなので、相方に先に選ぶ特典を与えたところ、

「えっ?!全部半分ずつじゃないの?∑(゚□゚|||)」

と相方。

(こっちこそ)えっ?!こちらの粒も半分にするんすか?

せっかくだから病の相方は何でもかんでも、
全ての味をみないと気が済まないんすよね。(--;)

そんなせっかくだから事情など一笑にふしたい気分でしたが、
そこはバレンタインなので、購入したのは私であっても、
どちらかというと相方に権利があると思い直し、
仕方なくこの粒を半分に切りましたとも。

ゴディバは私のような貧乏舌でも美味く感じるような、
適度にカカオ感を薄めている本格すぎない味がいいですね。

特に右上の赤いヤツなんかは、まるでマーブ◯チョコを高級にした味で、
何となく郷愁をさそうやら美味しいやらでした。

さて、話は変わりまして、おりからの自転車ブームで市民権を得て来ている自転車ですが、
最近は自転車通勤をされている人も多く、徐々に自転車通勤の為の施設もオープンしているようですね。

青山、神田、麹町などにも自転車通勤の為の施設がオープンしているようですが、
今回は丸の内の新丸ビルにシャワー完備の「MARUNOUCHI Bike&Run」

www.bike-run.jp/

という駐輪場が今年の4月1日にオープンするようですね。

駐輪場は71台で、シャワーは男女5室、ロッカーは約300個、
自転車の修繕の為のスペースも併用され、皇居近くという場所柄、
自転車乗りだけではなく、ランナーの取り込みも期待しいるようです。

しかしシャワーやロッカーなどはビジター利用(1回800円)でできるようですが、
駐輪場の方は事前契約者のみしか利用できないのが残念です。

まあ、これは日本橋付近に勤める自転車通勤者がターゲットなので、
仕方ないのかもしれませんが、一ヶ月の利用料金は17,000円。

地価と施設の内容を考えると妥当なお値段かもしれませんが、
庶民感覚から言うと、料金設定は高いような・・・

夏のジテツウ時を考えると、シャワーがあるのはいいですが、
このお値段では利用者が限られないのでしょうかねぇ。

そしていつも思うのですが、始業時間はどの会社も大体同じだと思うので、
5室のシャワーでも捌ききれるのかが、ちょっと疑問ですがどうなんでしょう?

もう少し気軽なお値段で使用できる自転車施設ができればいいのですが、
自転車人口が増えれば自ずと施設が増え、価格競争で下がって行くかもですね。

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事
文具のワンダーランドへのポタ【その1】
早いもので明日から待ちに待った台湾旅行ですが、
連日、台湾準備でヘロヘロっす。

元来、私の旅スタイルは適当で行き当たりばったりでして、
昔は、自分以外の誰かが予定とスケジュールを立ててくれなければ、
成り行き任せで行動するという旅スタイルをとっていました。

しかし類友とはよく言ったもので、私と旅行に行くような人間は似た者同士でして、
中心になって旅のスケジュールを仕切ってくれるような人間は皆無。

それはそれは場当たり的な旅をしていたのですが、
無駄な動きは多くとも、楽で余裕のある旅でした。

しかしある時、私とはまったく異なる異文化を持つ、せっかくだから病の相方の登場で、
そんな私の旅スタイルは一変することになるのです。

異文化が自分のテリトリーに侵入してきた時に、人は軋轢を起こし、
その後、融合への道を辿るのかもしれませんが、
しかし相方の持ち込んだ"せっかくだから”は、異文化であり、恐ろしい伝染病だったのです。

最初はその旅スタイルのあまりの違いに、異文化に接した人間のように、
旅先で今思い出してもむかつくような揉め事が勃発していましたが、
そのうちにせっかくだから病が牙を剥き、気がつくと私の体を蝕んでいきました。

そう、せっかくだから病の真に恐ろしいところは、
せっかくだから病の人間と共にいるとその症状が伝染し、
「なんか満喫しないとお損」という気にさせられてしまうところなのです。

しかもこと旅に関しては、感染元の相方よりも免疫力がなかった私の方が症状が強く出るのか、

どうせ満喫するなら、めちゃめちゃ満喫しないと気が済まん。

という気持ちになり、「せっかくだから一番評判のいい食べ物を・・・」
「せっかくだから一番効率のいいスケジュールを・・・」と、
ガイドブックや食べ物の口コミ情報を漁ったり、
現地情報を仕入れ何度もスケジュールを組み直したり、
出発前は「もう疲れたよ。パトラッシュ・・・」状態になるのです。

おまけに今回の台湾の旅は天気がいまひとつらしいので、
晴れた場合と雨が降った場合の2パターン考えなきゃならんし。

お蔭で毎回旅はキッツキツの強行スケジュールで満喫(っていうのか?)できるのですが、
辛いことも多く(腹が減る隙間もないとか)、何の為に旅行に行くのだか疑問に思うことしばしば・・・

やはり異文化の受け入れは、リスクが多いものですね。(遠い目)

と、台湾グルメやら観光やらを調べるのに加え、
もう一つ、今回は他にも応援グッズの作成というのもありまして・・・

今回の台湾への旅の第一目的はあくまでフィギュアスケートの試合観戦にあるわけですが、
先週辺りにふと、

せっかく台湾に応援に行くわけだし、そうだ!応援グッズを作ろう!

という変なスイッチが入ってしまいました。

それぞれスポーツというのは独自の応援文化があると思うのですが、
フィギュアスケートの積極的な応援方法というのは、応援している選手が演技をする時と後に、
選手の名前入りの自作の旗を振ったり、その選手の国籍の国旗を振ったりするようです。

個人競技ゆえか、お気に入りの選手は特に日本の選手とは限らない様で、
私が過去に観戦した時は、隣の方がアメリカの選手を応援しているらしく、
アメリカ選手の登場と同時に、おもむろに立ち上がり、
突然、自作と思える小さなアメリカの旗を2本を両手に持って振りだした時には、
カルチャーショックを受けると共に、「フィギュアの応援とはかくあるべきなんだ」と学ばせて頂きました。

しかしその時以来チケットの争奪戦に敗れっぱなしで、観戦の機会に恵まれず、
観戦自体ズブの素人なので応援グッズの作成方法はまったくわからない知識0状態。

そんな有様なので、本格的な応援グッズの作成はできませんが、
布に名前を書く位なら何とかできそうなので、そういったグッズを作成する事にし、
早速、グッズ作成の為の材料を集める事にしました。

まず用意する物と言えば、布・・・は手芸店で売っているとして、問題は文字です。

・・・とは言え、昭和生まれの昭和育ちの私は、

「文字はポスターカラーで書くんだろう。」


と何の疑いもなく、20世紀に取り残されたような考えていたのですが、
ネットで布に書けるポスターカラーを探していたところ、
ふとしたタイミングで21世紀の文字の書き方を知ることになったのです。

その方法は「アイロン転写」

20世紀だと時間を掛けて地味にペタペタ書いていた作業も、
現在はパソコンの文字をプリンターから専用のプリント紙に印刷すれば、
後はアイロンで簡単に布に貼っつける事ができちゃうらしい。

私が20世紀に置いてけぼりを食らっているうちに、
恐ろしい時代になっていたのですね。

そのアイロン転写紙とやらは、私共も以前結婚式のグッズ作成でお世話になった、
浅草橋の巨大紙問屋「シモジマ」さんになら売っているであろうと辺りを付け、
大荒れの先週の三連休の中で唯一大晴れだった日曜日は、
ポタついでに浅草橋まで行くことになりました。

・・・ところで、このところポタと言えば、穿いて運動すれば脂肪燃焼が出来るという、
魔法のような下着「エクサウォーカー」を2週に渡り穿いていた相方。

しかし穿くだけで楽に痩せられるなどというウマい話は、この世にはそうそうないようで、
このエクサウォーカーを着用後に肉体(というか肉)を襲うのは、ものすごい圧縮感。

その威力はただもんじゃなく、

あの星一徹氏開発の大リーグボール養成ギブスを下半身に着けたら、
こんな感じじゃなかろうか?

と思わせる程の悪徳政治家も真っ青の圧力ぶりに、
私は第一回目の途中から早々ギブアップしまして、
その後はエクサウォーカーは私の中では無かった事になりました。

でもその威力は人によって差があるのか、それとも単に相方が大きめのサイズを穿いているからか、
相方はこの拘禁パンツエクサウォーカーは私ほどは辛くはないらしく、
2週連続で装着してポタに出掛けられたわけです。

とは言え、そんな相方もまったく無傷というわけには行かないらしく、
それなりの締めつけ感と、時間の経過と共に訪れる
デリケート部分のかゆみと戦いつつ着用していたようなのですが、
それもこれも痩せる為(とせっかく貰ったのだからというせっかくだから根性)。

が、2回目の装着ポタの後、そんな相方の努力を無にするような衝撃の事実を知ることになったのです。

開発者様が仰るには、このエクサウォーカーは直穿きでナンボ、
通常の下着を着けた上に装着するなどという惰弱な真似をすると全く効果は0・・・らしい。

ちなみにエクサウォーカーは通常の下着の概念からはちょっと外れるような
ぴっちりとした外見なので、私共はとても下着と認識できずに、
当然のように下着の上から装着していたやんけ。

つまり(ホンの短時間でしたが)私の圧縮の苦しみは全くの無意味、
2度の渡って着用した相方のデリケート部分のかゆみも、
全くの無駄という残酷な事実が判明しました。

そうか!だから全然痩せなかったのか!∑( ̄ロ ̄|||)

まあ、痩せない原因は全然それじゃないと思いますけど・・・

週一のポタ時(しかも短距離)しか穿かない上に、好き放題食べていれば、
痩せる方がむしろビックリですけどね。

しかしこの揺るがぬ事実を知ったお無駄嫌いの相方の心中はいかばかりか・・・
正直、特に知りたいとも思いませんでしたが、
心中まるわかりのように「損こいた~」という顔でうなだれていました。

そしてその事実を知った相方は、葛藤に苦しむことになるのです。

中年になるとやんちゃできないというか、冒険できなくなるというか、
行動する上でどうしても今まで生きて来た中での固定概念に縛られる事が多いですが、
このエクサウォーカーは、今までの彼の概念になかった下着のタイプ。

それを「下着のように直穿きせよ」と言われても、
「ハイそうですか」とはなかなかいかないようで・・・

これを下着だと思えるのか?

でもせっかく貰ったのに2度の着用で捨てるのは惜しいし。

でもこれを下着として穿くのは今までの自分の下着概念を否定する行為・・・

と彼は自問自答の上、せっかくだからと固定概念を秤にかけ、

吹っ切れた感じに装着!

・・・どうやらせっかくだからが勝った模様です。
相変わらず“せっかくだから”は最強ですな。(--;)

が、相方の装着スタイルを見て(というか見せられて)あまりの現実にビックリ。

ピッチリしているだけにダイエット失敗の成れの果ての体の線(というか腹の線)が、
白日の元に晒されてむごい事になっちゃっています。

こんな例えは妊婦さんに大変失礼だと思うのですが、
「で、何ヶ月ですか?^^」という感じのお腹がそこに・・・

あまりの酷さに気がつくとシャッターをきっていましたよ。

人間、あまりのことに遭遇すると、どんなことでもつい証拠を残したくなるものなのでしょうか?

この衝撃の腹写真(おそらく過去最高の出来)は、
そんな不快なもんどなたもあえて見たくないでしょうし、相方の名誉の為に割愛させて頂きますが、
でも人間というのはとことん自分が可愛い生き物なのですね。

こんな腹を抱えていながら、本人は全く悩んでいないというか、
むしろ「そんなに太っていない」と思っているから不思議なものです。

さすがに現実(写真)を突きつけたら驚愕していましたけど、
その10秒後には「ところで今日何食べる?^^」とか現実逃避に走っているし。

いや、マジ「何食べる?」じゃねぇって。(--;)・・・食べるけどさぁ。

この腹が今更エクサウォーカーで多少なりとも引っ込むかどうかは謎ですが、
ともかく相方はエクサウォーカーをは初めて正しい使用法である直穿きで装着し、
私は台湾旅行前にも関わらず、うっすらと再発した腰痛と共にポタに出掛けました。
(って、嫌なお供だな。オイ)

しかし、この時再発したのは腰痛だけではなかったのです。

・・・続きます。m(__)m

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事
文具のワンダーランドへのポタ【その2】
今日から台湾旅行です。

先週の日曜日に購入してきたグッズで応援グッズを作ろうとしたのですが、
トラブル続出でして、結局完成したのは夜中過ぎになってしまいました。

旅行に行く前からお約束のようにバッタバタですが、
しかも本日は日本も朝から雨。

駅まで荷物どうやって運ぼう。(T_T)

ちなみに台湾は旅行中オール雨の予報は変わらず、
(しかも全日降水確率90%以上と異常なまでに高い確率だし)
楽しみにしていた台湾ポタも絶望的になってきました。トホホ

こうなったら目的はフィギュア観戦とグルメに絞って楽しんできます。(^^)/~

そして以下は昨日のポタ日記の続きになります。

***********************************************

空気は少々冷たいものの、雪で大荒れだった前日と前々日とはうって変わり、
よく晴れた気持ちのいいお天気の中、まずアイロン転写用紙とやらを購入する為、
浅草橋まで漕ぎ出した訳ですが、漕ぎ出しは順調とも言えず・・・

私の愛車ベロンチョに、再びあの現象が起こっていました。
その現象とは、ペダルを回す度に鳴り響く不快なキュルキュル音・・・異音です。

数ヶ月前に散々この異音に悩まされ、
紆余曲折ありつつもようやくタイミングを見て自転車店に持ち込んだところ、
「プーリーの金属部分の油切れ」という至極基本的な原因が判明。

油注入という数分で終わる治療を受け、無事異音は滅び、数ヶ月に渡る悩みが解消した
・・・はずだったのですが、この異音物語(?)には誰も期待していないのに続編があったのです。

元々、この異音、最初に検知した時には1種類の独唱のキュルキュル音だったものが、
途中から今までの異音とは別の若干高い音のキュルキュル音も聞こえるようになり、
低、高音の2種類の異音合唱になっていました。

この低高2つの異音は、同じ場所から出ているとも思えなかったのですが、
何故かプーリーへの注油で不思議と高音の異音の方も治ってしまいました。

第二異音が収まった原因は謎だったので、その辺は不気味だったのですか、
「まあ、治ったからいいかなぁ。」と。

しかし政治の世界でもそうですが、物事はうやむやにして先送りしても
結局、何にも解決しないもので、その後、束の間は平和にノー異音ライフを楽しんでいたのですが、
それも長くは続かず、徐々にまた高音のキュルキュル音が復活するようになり・・・

それでもこの高音の異音の方は、毎回鳴るわけでもないし、
最終的にはかなり音量を上げてきた低音の異音より控えめな音というのもミソでして、
腰痛の事もあり、ついついお店に行くのが面倒でダラダラと乗り過ごしていました。

そして今回乗り出しと同時に聞こえてきた不快な異音。

果たしてこれは治っていなかった高音の方の異音なのか?

それとも一旦は注油で収まった低音の方の異音が再発したのか?

もしかして、先々週ポタった帰り道に不幸にも雨に降られたので、
自転車の細かい部分まで清掃したのですが、
その時にプーリーの金属部分への注油が若干足りんかったのかも?

と様々な可能性は考えましたが、可能性を考えるだけでは、異音は収まってくれようもなく、
久しぶりに周りも認識出来るであろうデシベル数の異音と共のポタになりました。

この異音というヤツはパンクなんぞとは違い、特に実害はないのですが、
(将来的にはあるでしょうが)なんか凹むんですよね。

実力はないが見栄だけあるという私としては、
スポーツタイプの自転車に乗りながら、

「私は整備能力が0でございます。」

という、できれば秘密にしておきたい事実を宣伝しながら走っているような気がしまして・・・(--;)

考えて見れば、べろんちょに乗り始めてもうすぐ3年・・・

距離的にはたいして乗ってないにしても、
そろそろいろいろな箇所のパーツにガタが来ていても当然と言えば当然で、
プーリーとチェーンはそろそろ交換すべき時を迎えたのかもしれません。

取りあえずは交換は台湾旅行の後になりますが、
改めて考えると自転車という乗り物は、

エコではあるけれども、けしてお得な乗り物ではなく、
地球には優しいかもしれんが、けしてお財布には優しくはない。


私が自転車を始めた頃は「交通費がかからないからお得」的な論調がありましたが、
自転車を始める上でのイニシャルコスト、その後のメンテナンス等にかかるランニングコストを考えると、
絶対に公共の乗り物を利用した方が安く済むって。奥さん。

その上、自転車界というのは一度足を踏み入れたら最後、
どんどん新しく、しかも高価な種類の自転車が欲しくなってしまう蟻地獄・・・

なんか「◯◯円ぽっきりだよ。」と言われ、安いと思ってノコノコお店に入ったら、
よくわからんオプション料金やら特別追加料金やらで、結果スゲー高い会計を請求される。
という状況に似ている気がします。

まあ、地球に優しくは21世紀に生きる者の責務のようなものですし、
何より“自転車に乗る楽しさプライスレス(o^-')b”なのでその辺は仕方ないですが・・・

そんな異音の再発にちょっとテンションが下がりながらも、
浅草橋の「シモジマ」さんに到着しました。

シモジマ

こちらのシモジマさんは8階建てのビルほとんどが文具関連商品で成り立っているという
なんだか思い切ったお店で(日用用品と食品も少々売っていますが)

どんだけ文具製品を買いたい人間がいると思っているんだよ。

と、問いかけたくなるのですが、日本には文具を購入したいと考えている人間というのは、
実は存外いるようで、8階のビルの中はどこもそれなりの混雑ぶり。

これだけ人が集まるだけあり、ラッピンググッズやらブライダル関連用品、
プリンター用紙も多種多様で、「よくこれだけ文具を集めたなぁ」と感心してしまう程、
店内は通常文具からレアでコアな文具まで商品や素材で溢れていて、
実は文具好きの相方は、めったに輝かない目がギラギラと輝いちゃってます。

目的の物はアイロン転写用紙のみでしたが、私も相方ほどではないにしろ、
文房具を見るのは嫌いじゃない方なので、せっかくだから8階から全階全て制覇することにし、
8階から1階まで回りました。

とは言え、こちらのシモジマさんは初めて訪れたわけではなく、
結婚費用をセコく節約する為に、式場に頼むと不当なまでにバカ高いペーパーグッズは自作しようと、
以前ブライダル素材とやらを求めに、このビルには来たのですが、
その時は結婚式という締切りを控えていたので心はピリピリしていましたので、
楽しむ余裕など皆無だったのですが、改めて余裕がある時に来てみると、
このお店は見ているだけで楽しいですね。

中には「これを必要とする人は1年に何人いるんだ?」と疑問に思うような製品や、
普段はあまり目にしないような珍しい文具や素材があって、
「まさに文具のワンダーランドや~」という感じです。

気がつくと、目的のアイロン転写紙の他にも、
日常品を含むグッズをいろいろと購入してしまいました。

このワンダーランドビルの世界に引きこまれ、
気がつくと1時間以上は経過していたでしょうか。

巡っている時はアドレナリンが大放出していたので疲れを感じなかったのですが、
ビルを出た途端にアドレナリンが打ち止めになり疲れと、腰の痛みが・・・
(いや、腰の痛みは最初からあったんですが)

都合よく近くに「バーガーキング」を見つけ、

バーガーキング

ダイソン並の抗いがたい吸引力を感じたので、ちらりと寄っていく事にしました。

そう言えば、バーガーキングって数年前に一度日本から撤退したような気がするんですが、
また資本を変えて舞い戻ってきたのですね。

図らずもなりゆきで入店したこちらのバーガーキングさんも、
どうやら今月に開店したホヤホヤの店舗のようです。

この日は「絶対ポタメシは(廻る)お寿司、それ以外は認めん!」という気分だったので、
あえてハンバーガーは注文せずに、「コーヒー」と「エスプレッソサンデー」

バーガーキング

サンデーと名前が付いているとは言え、実質ソフトクリームなのですが、
それでも150円というお値段はなかなかお手頃価格です。

しかし何の因果かで相方とも長い付き合いだし、そもそも相方は無口で不器用な人間なので、
何かを食うならまだしもこういうまったりとお茶をする時には、
お互い今更お話しすることなどもさほど無く、どうしても手持ち無沙汰感が否めない。

そんな時に相方がカバンの中からおもむろに取り出したのは"フリーペーパー”
彼がありとあらゆるとこで、節操無く収集してくるアレです。

彼はフリーペーパーフリーク・・・というか単にセコ・・・じゃなくて経済観念がしっかりなさっているので、
無料で情報を仕入れられるフリーペーパーが大好物。

お蔭でわが家には際限なくフリーペーパーが蓄積されていくので、
最近は、過去相方の部屋であり、未来の自転車部屋であり現在の物置部屋である部屋に
フリーペーパーボックス(という名のダンボール箱)を設け、
持ってきたフリーペーパーをそこに蓄積させ、
溜まったら捨てるというシステムを取るようにしました。

まあ、見た目は今ひとつですが、以前のように雪崩を起こすまで
クローゼットにこっそり溜められても面倒になるので、見た目は譲歩しました。
(どうせ今は物置部屋だし)

そんな家に備蓄してあるフリーペーパコレクションの中から
わざわざ持ってきたんか?

と思ったのですが、そうではなく、相方は先程のシモジマさんで、
あるレアなフリーペーパーを密かに入手していたのです。

・・・と、ひくほどでもないのですが、続きます。^^;

※明日は予約投稿させて頂います。上手く投稿できているといいのですが・・・

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事
文具のワンダーランドへのポタ【その3】
バーガーキングでコーヒーを啜りながらカバンからおもむろにフリーペーパーを出した相方。

ここまでフリーペーパーが置いてあるような場所にも寄らなかったはずなので、
その想定外の行為に、てっきり相方は家のフリーペーパーコレクションの中から、
ポタ先までわざわざフリーペーパーを持ち込んだのかと思いきや、
実はちゃっかり現地調達されていたようで・・・

今回文具のワンダーランドとも言えるシモジマさんで、
フリーペーパー収集家(ともう名乗っちゃっていいと思う)の相方が見つけた
レアなフリーペーパーはこちら。

「Bun2(ブンツウ)」


Bun2

って、存在を見たことねーーーっ!

そもそも何処に置いてあったんだよ。それ。

同じお店に同じ時間いたはずなのに、お得EYE搭載の相方と、
お得EYE非搭載の私では、きっと見える景色が違うんですね。(遠い目)

おそらく“文通”と掛けた(というか駄洒落?の)古風なネーミングですが、
記事は文具の最先端情報のようで、今回の特集は「2011年のトレンドを探る」

・・・あ、あるんだトレンド。(゚∇゚ ;)


この雑誌が今年来る文具トレンドとしてまず載せているのは、
何と!「なめらか多色ボールペン」

・・・へぇ。

という感想しか持てない私をお許しください。

見ると文具各社しのぎを削っているようですが、
私自体はあまりなめらか多色ボールペンをつかう機会が・・・

次に2011年のトレンドとして雑誌が注目しているのは「針なしステープラー」

って、こっちはちょっと気になります。
まあ、トレンドがというよりもその原理がですが・・・

Bnu2は、32Pとページ数は少ないですが、その中身は「◯◯さんのお悩み相談室」とか、
「今月の星占い☆」とかはなく、ひたすら文具、文具、文具の骨太な内容。

正直、このフリーペーパーは業界の人間以外で楽しく読む人がいるんか?


と疑問に思う内容なんですが、目の前におったわ。

相方、めちゃめちゃ真剣にガン見。

しかも末尾の設置店舗一覧も入念にチェック。

って、今後も定期愛読する気満々やんけ。∑(゚∇゚|||)

確かに業界の方と相方のような文房具に興味のある人には面白い内容なんでしょうが、
私的には雑誌の内容よりも巻頭にあったゼムクリップの広告の方が面白かったのです。

最近、動物型のゼムクリップなどが販売していますが、

しかし日本人というのは、すぐにどんどん突き詰めていく国民性なのか、
「よくぞそこまで」と感心するようないろいろな形のゼムクリップがあるんですね。

クリップ

その中でも面白かったのは「土下座」

クリップ

これはここ一番の時に使用すると効果があるかもしれません。
使用法と使用対象を間違えると怒りに油を注ぐ羽目になるかもしれませんが・・・

そうこうしているうちに、そろそろ時間は夕方になり、
(狙ったように)「夕食はどないする?」という時間になってきたのですが、
この日はすでに寿司脳、寿司舌、寿司胃になっておりましたので、
私共行きつけの(廻る)寿司屋のある御徒町方面に向かいました。

そうして走りだすと気になるのは、この異音。

先程の浅草橋に向う時に比べれば、若干音が小さくはなってきたような気もしますが、
やはり気になるものは気になります。

それもこれもプーリーとチェーンを交換すれば万事解決するとは思いますが、

「もしかしたら私が使用しているオイルが悪いのかも。」


という考えも首をもたげまして、ちょっくら新しいオイルを調達しに、
上野のY'sRoadさんに寄り道をしていくことにしました。

そもそも私が今使用しているオイルですが、クロスバイク購入時、
自転車のオイルに種類があることすら知らんかったような状況中で適当に仕入れたもので、
特に使い続ける義理もないのですが、何となく変えずにそのまま使用しているものです。

しかし前回のプーリーの注油の時に自転車店で使用していたオイルは、
あきらかに違う種類だった。

自転車を購入してもう4年、文房具にすらトレンドがあるらしい世の中なので、
4年というのは、最新のオイルのトレンドも変わっていて不思議はない年月です。

「で、その4年の長い年月の間、何やってたんだ?」と自分でも思う位、
相変わらずオイルに関しては(つうか“も”)さっぱりわかりませんが、
自転車店が使用していたオイルなら間違いがないような気がする・・・

という訳で購入したのは、こちらのWAKOSの「メンテルーブ」とやら。

オイル

よく化粧品とかは、「同じメーカーの物を使うと、更に美容効果が得られます」的な事が書いてありますが、
こちらはわが家が使用しているパーツクリーナーと同じメーカーなので、
もしかしたら互換性(というのか?)があっていいのかも?

これをふりかけて直ったら、チェーンとプーリーを交換しなくていいや。


とかは思っていないです。本当です。

ところで上野のY'sRoadさんに寄ったのは久々だったのですが、
クロスバイクがたくさん陳列されているので驚きました。
昔はあんなにあったっけ?(゚∇゚ ;)

確かにクロスバイクはスポーツ自転車の世界に入るにはとっかかり易いし、
ぶっちゃけクロスバイクから違う種類の自転車へと幅を広げる場合が多いと思うので、
(わが家の場合はクロスバイク→ミニベロでしたし)
お店の側からしても売りたい自転車なのかも?

そしてその後は、かねてより自らの胃に約束してた(廻る)お寿司を食べるため、
わが家の行きつけである「大江戸御徒町2号店」さん向かいました。

こちらの大江戸さんは、御徒町を含む上野の狭い界隈に数店舗出店しているのですが、
私たちが必ず行くのはこの「御徒町2号店」

隣接しているビルには「御徒町1号店」があるという少々無茶な出店ぶりなのですが、
「2号店じゃなければダメなんですか?」と某大臣に聞かれたとしても、
1号店じゃなくて2号店じゃなければダメなのです。

隣りあっているビルの同じチェーン店なのに不思議な話なのですが、
安さは同じでも感動の美味しさは2号店でなくては味わえないんですよね。

今回も2号店の方に向かったのですが(必然的に1号店にも向うけど)
近づいていくと何となく景色に違和感が・・・

はっ!1号店の入っていたビルがないっ!!∑(゚∇゚|||)

1号店の入っていたビルの箇所が綺麗サッパリ更地に。
どういう事情があったのかはかりませんが、ビルの取り壊しと同時に、
1号店は閉鎖されてしまったようです。

・・・ということは、今後は繰り上げ的にこの2号店が1号店に昇格するのか?

つうか、御徒町北口に1店舗しかなくなったんだから、「御徒町北口店」でいいんか?

と余計なお世話な事を考えつつも入店し、たらふく寿司を食べました。
このお店はたらふく食べてもお財布に優しいコスパが最高なのもいいところです。

しかし人間の欲求というのは、次から次へと際限がないもので、

・・・まあ、寿司を食べたらコーヒーだよね。

となりまして、上野マルイの「パステル」寄りましたが、

パステル

コーヒーだけじゃねぇじゃん。
(スゲーお約束ですが)

セットメニューがお得なので、わが家のお得マスターがつい・・・

この時はすでにわが家の合言葉は「台湾旅行までに痩せようぜ」から
「台湾から帰ってきたらやせようぜ」に変わっていました。

つうかこのリバウンド状態で、この時まで変えなかった方がおかしいんですけどね。

ところでわが家はコーヒーはブラック党なのですが、
ついついオーダー時にブラックだという事を言い忘れてしまい、
ミルクとお砂糖が運ばれてきてしまう場合が多いのですが、
今回もうっかりいい忘れてしまいまして、ミルクも運ばれてきてしまいました。

こちらのお店はスジャータを使用しているようなのですが、何気に見ると、

「スジャータ3」


スジャータ


えっ?!スジャータって今は3号だったの???∑(゚∇゚|||)


スジャータは私の子供の頃からあるという記憶がありますが、
なるほど、老舗の味に胡座をかかずに日々改良を重ねているのでしょうね。

私はブラック党なので、スジャータはあまり飲む(?)機会がなく、
その努力を窺い知る事ができないのが残念です。

ところで現在で3号という事は、2号はいつぐらいにあったのでしょうか?

移行があまりにさり気なさ過ぎて、まったく気が付きませんでしが、
それはめちゃめちゃ気になります。

そんなダイエットを放棄したような(ようなじゃないだろ)中でも、
この日の相方はエクサウォーカー直穿きという、無駄な抵抗それなりの努力をしていました。

そう言えば、いつもなら出先で、「かゆい」だの何だのと愚痴っていたはずですが、
今回のポタは相方がエクサウォーカーを穿いているという事実を忘れるぐらい、
相方の口からかゆいのかの字も聞きませんでした。

それというのも、どうやらおパンツを穿かずに直穿きで穿いたところ、
かゆみはかなり軽減されたようです。(まったく無くなりはしないみたいですが)

どうやらかゆみの原因はおパンツをエクサウォーカーで締め付けるという2重構造にあったようで、
相方が(図らずも)穿き比べた結果、

「エクサウォーカーは直穿きの方がいい。」

という至極当たり前の事実が判明したようです。
(つうか開発者の方は直穿き以外はダメだって言ってるじゃん)

何事も使用上の注意を守れという事ですね。

ちなみに使用上の注意も守ったことだし、肝心の効果ですが、
相方の見掛けと体重計の数値からは、残念ながらその効果の兆候すら見る事ができません。

・・・いつか効果が現れるといいですね。(遠い目)

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事
台湾からこんにちは。
台湾からこんにちは。

一昨日に台湾に到着し、連日、おはようからおやすみまで観光やらフィギュア観戦やら
買い物やらと満喫しすぎて、何がなにやらわからない状況になっています。

そして台湾は事前の予報通り全日雨。

「雨」とか言っちゃって実は晴れたりするんじゃないの?

とか淡い期待をいだいていたのですが、
こちらに来てから太陽を一回も拝んでいません。(T_T)

この塩梅だとおそらく台湾では陽の目が見れないような気がします。

そうなると明日に予定していた(レンタ)サイクリングは絶望的になるんですが、

そもそも!

「台湾は自転車ブーム」とか日本のマスコミで言っていたし、
ガイドブックにもそのような事がかいてあるのですが、
私が滞在している台北市内の市街地を見る限り、

一体全体それはどこの台湾の世界なんじゃい。

と思う程、自転車なんぞは走っておらず・・・
そもそもが台湾の方々の交通選択肢には入っていなそうです。

・・・あんだけ自転車作っているのに。

兎に角、車の運転も、ものすごい数が走っているスクーターの運転も、とにかくあらぶっていて、
ここでヘタレ自転車乗りの私などがノコノコ自転車に乗ったら、
「生きて日本に帰れないだろうなぁ。」という気がします。

東京の道も自転車で走りづらいなどと言っていましたが、
台湾に比べれば、私共のようなヘタレ自転車乗りでも道を生きて走れているだけマシなのかも。

そのような状況なので、期待していた自転車店もほとんど見掛けず、
この旅の中で唯一見かけたジャイアントは、

閉まってるし。

台湾ジャイアントのお店

このお店の前を通った時は、11時ちょっと前だったので、
定休日なのか、やる気がないのか、これから開くのか謎ですが、

おそらく開店しても自転車はほとんど売れないんだろうなぁ。

と思います。

自転車も自転車店もほとんど見掛けない世界なので、
自転車グッズなど見掛ける訳も無く・・・

台湾で異国情緒豊かな面白機能的な自転車グッズを買おうという野望も
水泡に帰す事になりそうです。がっかり。

そして期待の台湾料理ですが、そこそこ満喫はしているものの、
当初の予定からすれば、まだまだこれからの状況なのに、
なんだか胃が・・・(それに腸が・・・おまけに腰が・・・)

「お前はこんなもんじゃないはずだ!」

と自分の五臓六腑に言い聞かせ、頑張って詰め込んで行こうと思います。

頑張る類のものなのか?

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事
台湾サイクリングははたして・・・
最大の目的であるフィギュアスケート観戦も昨日で終了しました。

一昨日は約8時間、昨日は約6時間位観戦したのですが、
いや~贅沢な時間でした。

その合間を縫って朝から晩(とうか夜中)まで観光しているので、
さすがに体も胃も疲れてきました。

そして今日はとうとうもう一つのイベントの台湾サイクリングですが、
朝から今にも雨が降る気満々の曇り空・・・

それでも奇跡が起こって、これから急激に晴れることを信じ、
市街地のサバイバルな道を走ると私共のような草食自転車乗りはすぐに捕獲されそうなので、
「淡水」という街のサイクリングロードに行ってみようと思いますが、
まあ、雨だろうな・・・(←信じてないじゃん)

毎日毎日あきずに降る雨にいささか(とういかかなり)うんざりしていますが、
実は今日までが雨予報で明日から晴れ間も見えるみたいなんですよね。(遠い目)

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事
台湾deレンタサイクル
昨日の台湾は朝から今にも雨が降らんばかりの曇り空で、
この旅には散々雨に祟られていた身としては、

絶対、雨が降ってくるだろうな。

と半ば諦めつつ、サイクリングポイントの「淡水」という場所に向かったのですが、
奇跡的に晴れ・・・はしなかったものの、少なくとも雨は降らずにすみまして、

台湾レンタサイクル

レンタサイクルに乗れました!

左が私の「台湾赤い巨人号(仮名)」、右が相方の「ハンドル曲がり号(仮名)」です。

淡水付近は普通の市街地と違いサイクリングロードが整備されていて、
かなり走りやすいです。

月曜日だったからか、その素晴らしく走りやすいサイクリングロードも
地元のライダーらしき人が少々走っているだけで、そんなには人が走っていなかったのですが、
駅付近にはいろいろレンタサイクル店があり、
レンタサイクル自体はあまり利用している人もいなさそうなので、
「こんなんで商売になるんだろうか?」とちょっと心配になりました。

そしてこの長かったような短かったような旅を終え帰国しました。
予想していたことですが、毎日の飽食が祟ってかなり体に肉が・・・

体重計に乗るのが恐怖です。・・・って乗らなきゃいいのか。

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事
台湾のジャイアント製ライト
昨日の夜遅くに自宅に戻ってきましたが、この5日間の強行スケジュールが祟り、
本日は私も、体力の限界を予想して予め休みを取っていた相方も、
やっぱり予想通り使いものにならず、一日ダラダラと過ごしていました。

兎に角、充実したというか、毎日が忙しい強化スケジュールだった台湾旅行ですが、
台湾旅行の第一の目的は何と言ってもフィギュアスケート観戦です。

まず、チケットは予約できたものの席が決まっていなかったので、
どこの席で観戦できるかドッキドキでしたが、チケット交換してみると、
最初は選手が豆粒程度にしか見えないだろうことが予想される3階席があてがわれ、

「いや、無料なんだから贅沢は言ってはいけない。」


と思うものの、体から滲みでる落胆は隠せませんでした。

が、

直前になって3階豆粒席からいい席へとチケットが交換できるというミラクルが起こり、
女子ショート、男子フリー、女子フリーとかなり前の方の席で観戦することはできました。

もう私の一生の中であんな贅沢な席でしかも連続で観戦できる事はないと思います。
台湾まで観戦に行ってよかったです。

しかしそんないい席で観戦させてもらったにも関わらず、
ヘタレな私は実は興奮と心配で両目を開いてしっかり試合観戦が出来てませんで(汗)、
帰ってきてから改めて録画しておいたビデオを観たのですが、
前の方の席だったので選手の演技中にちょこちょこ映っていました。
当然その他大勢のぼやけた感じなので、自分たちにしかわかりようもない感じでしたが・・・^^;

ちなみに出発直前まで夜なべして作成した応援グッズも映っていました。
これも自分たちにしか判別できない範囲でしたが・・・

私の応援する浅田選手は惜しくも2位でしたが、日本選手は男女共みんな活躍してくれて、
とても見ごたえのある大会でした。
お蔭で本当に充実した時間を過ごさせてもらいました。

目的はフィギュア観戦なので仕方ないとは言え、
一つ心残りなのは、あまり自転車店に行けなかったことです。

といううか、市街地ではあまり自転車店を見掛けず、唯一見つけた1軒は閉まっているという始末、
4日目の淡水までのサイクリングで淡水駅周辺でやっと開店している
GIANTのお店を見つけることができました。

その時は自転車店に寄らなければならないやんごとない事情も発生していましたので、
このお店に入店してみたのですが、そこで購入したのはこちら。

「GIANTのライト」

ジャイアントライト

ジャイアント製のライトはあまり日本では見掛けないような気がします。

このライトを購入した理由はまた後ほど書かせてもらうと思いますが、
お店のラインナップがほとんどジャイアント製である他は、
販売されているものは特に日本と変わらず・・・

おもしろ斬新なご当地グッズを見つけられなかったのが残念です。

日本のニュースでは変な奇抜なデザインの輪行袋とかが紹介されていて、
楽しみにしてたんですけどねぇ。残念です。

※旅行中はコメントありがとうございました。
お返事が遅くなってしまいすみません。m(__)m
順次お返事させていただきます。

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事
斬新な(?)自転車グッズ
2011年になり間もないですが、おそらくわが家の今年の最大のイベントである
台湾旅行も終了しまして、なんか「へへっ・・・こんがりと燃え尽きたぜ・・・」というように、
軽い燃え尽き症候群に陥っております。

何せ旅行中は朝から深夜まで出ずっぱりで、老骨にムチ入れまくりで動き回っていたので、
帰国後はその無理のツケが噴出しているようです。

後遺症で脳がまったく働かずに、なかなか「台湾旅行記」が書けずに、すみません。(汗)

今日の昼間、わが家のベランダではバッタンバッタンとすさまじい音がしていましたが、
東京は春一番が吹いたようで、ようやく自転車のベストシーズンとも言える春に近づいてきました~。

長く辛い冬を抜け、やっと怪しい覆面マフラーをしながら
ダルマのように着膨れて走らないで済むと思うと、心も軽くなってきます。

まあ、冬とは言え軟弱に着膨れて走っているのは、
わが家のような走行時自家発電式暖房不能なヘタレ自転車乗りだけかもしれませんが・・・^^;

さて、話は変わりまして・・・

現在新宿京王百貨店では、身近な日用品の「ちょっとしたアイデア なるほど展」
というイベントを開催しているようです。

http://shinjuku.keizai.biz/headline/1093/

趣旨をそのままイベント名にしたような分かりやすい名前ですが、
今回で44回を迎えるという意外にも(失敬)歴史のあるこのイベント、
“婦人発明家協会”という初耳な協会が主催されているらしく、
主婦等のちょっとしたアイデアから生まれた作品を募集し、展示するイベントのようです。

日常のちょっとしたアイデアからン億円を生む様なダイエットスリッパ等が生まれる事もあるので、
さしずめ主婦から億万長者への登竜門といったところでしょうか?

今回の募集テーマは「環境保護を配慮した発明品」ということで、
展示されるのは「特賞」13点、「なるほど賞」9点をはじめ約60点も展示させれるらしく、
ちょっとしたアイデアなど欠片も出ずにただ諾々と家事をしている身としては、
「世の中にはどんな立場にいても才能豊かな人はいるんだなぁ。」と感心するばかりです。

そして“環境保護”と言えば自転車と切り離せない昨今、
今回、その中で最上位と思われる文部科学大臣賞を受賞した作品は自転車関連グッズのようで、
その名は「変身サドルカバー」

名前だけだとサドルカバーというのは分かるものの、
何に変身するのか今ひとつわかりませんが、
詳しく説明を読むと、自転車のサドルカバーが降雨時には、
レインコートとして着用できる作品だそうです。

サドルカバーでありながらレインコートになるなんて、
いかにも主婦が発明するちょっとしたアイデア的なものですが、
よく考えるとすごくね?

それは果たして、サドルカバー自体を取り外すとレインコートになる代物なのか?

それともサドルカバーのクッション材の代わりにレインコートが詰められていて、
出し入れできる仕様になっているのか?

所詮、凡人の私には実物のフォルムが想像がつかないのですが、
残念ながら写真が乗っていませんでした。

それにしてもサドルカバーをレインコートにするなんて斬新かつ機能的なアイデアを
自転車の歴史が始まって以来、考えた人がいるだろうか?

いや、いない。(ような気がする)

しかしあれば非常に便利・・・なような気もする。
(が、別に持ち歩けばいいじゃん。という気もしないでもない。)

ちなみに雨の日は乗車しないのが常のわが家は、サドルカバーはさておき、
自転車乗車時にレインコートを着る機会は私としてはあまりないような気がしますが、
いろいろな意味で商品は非常に気になります。

3月2日までは京王百貨店に展示されているようですが、
それを逃すと「商品化を待て」ですかねぇ?

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事
入谷ケーキポタ
台湾ではいろいろ美味しいものがありましたが、
その台湾料理の中で相方が一番嵌ったのが「魯肉飯(ルーローファン)」という料理です。

この料理は、煮込んだ豚肉とその煮汁をご飯に掛け食べる物なのですが、
台湾の地に初めて降り立ったはずの私ですが、この魯肉飯なる食べ物には、
どこかシンパシーというか、とても馴染みのある感じを抱きました。

というのも、この魯肉飯、私が角煮や煮豚を作った次の日の昼食に、
その残った煮汁のみをご飯に掛けて食べる(通称)「タレご飯」なる
極めて貧乏臭い料理(?)に非常に酷似した料理なのです。

まあ、豚の角煮も煮豚も魯肉飯も豚を煮込んだという事にはあまり変わりもなく、
煮込む為の調味料も醤油ベースと非常に似通っているようなので、
大体同じような味に仕上がるのは当然のなりゆきなのですが・・・

そこで相方が魯肉飯を食べたいというので、一昨日の晩ご飯は角煮を作り、
昨日のお昼はタレご飯・・・じゃなくて、魯肉飯(もどき)にしました。

魯肉飯

「タレご飯」はその名前の通り、まったく具がないのが特徴ですが、
一応コンセプトは「魯肉飯」なので、具とも言える角煮を残しておき、それをバラして盛り、
ついでに煮玉子を乗せてみると、タレご飯のとは一線を画すゴージャスな魯肉飯風の食べ物に・・・

わが家ではこの一品で立派な昼食ですが、台湾ではこの魯肉飯だけでは一品とは認められず、
どちらかというと日本でいうところの白米的な扱いらしいです。

なので台湾の方々はこの魯肉飯の他におかずを食べるようなのですが、
肉はおろかタレを掛けたご飯だけで立派な一品と認定している私の立場って一体・・・

そしてそんな昼食を取りつつ、昨日は相方も私もまだ旅の疲れが抜け切れないお年頃なので、
家でのんびりしようかと思っていましたし、実際のんびりもしていたのですが、
家の中から見るお空はあまりに眩しく晴れていたので、
急にただ家にいるのが惜しくなり、近場まで自転車で出掛ける事にしました。

さて、台湾旅行から帰って相方は魯肉飯が食べたくなったみたいですが、
私も無性に食べたくなったものがありました。

それは旅行中はほとんど食べられなかった「スポンジケーキ」

もちろん台湾にも普通にスポンジのケーキはあったのですが、
日本でも食べられるようなケーキを胃に入れるんだったら、
ひたすら台湾料理を食うべし、食うべし・・・が旅の暗黙の掟だったので、
旅行中はいわ ゆる普通のスポンジケーキというものをあまり食べませんでした。

このところポタを隠れ蓑にケーキを食べる機会が多かったので、
日本に帰ってきたらいささか禁断症状的なものが・・・

どうせならカフェのついでにケーキも置いているようなお店ではなく、
できればケーキが主体のケーキ店のスポンジケーキが食べたいと思うのですが、
残念ながらわが家はまだ自転車でケーキを持ち帰る技を取得しておらず・・・

そこで入谷にあるカフェが併設されているタイプのケーキ店、
「スヴニールママン」さんに行きました。

スヴニール

入り口をはいると普通にケーキを店頭販売している横に数席の喫茶スペースがありますが、
ケーキをテイクアウトする人が圧倒的なようで、この日の喫茶のお客は私と相方のみ。

普通に飲み物だけの休憩も可能のようですが、
ここまで来てそれではあまり楽しくないので、もちろんケーキを注文します。

「ケーキセットを2つお願いします。^^」

はっ!∑(゚∇゚|||)

しまった!ダイエット中なのにうっかり二人共ケーキセットを頼んじまった!!

とすぐに(多少)後悔しましたが、後の祭り・・・

まあいいか、今更ケーキの一個や二個で台湾で更に溜った
揺るぎない脂肪がどうなるわけでもないだろ。

とダイエットを失敗する人間にありがちな心の葛藤と開き直りがありつつ、
ケーキセット(730円)を注文するとショウウィンドウの中から
自らケーキを選ぶというシステムに従いケーキを選びに行きました。

さすがケーキ店だけあって種類は多めで迷うのですが、
ひとつは見た目の可愛さとインパクトから兎を形どったケーキ「うさちゃん」

中年男女が食べるのにふさわしいケーキかは疑問ですが、
ついこのうさちゃんの可憐さに目が釘付けになり、流れで注文してしまいました。

もうひとつは見た目からも名前からもイマイチようわからん
ミステリアスなところが素敵な「シブーストブリュレ」を選択。

さて、まずはこちらの可愛らしい「うさちゃん」

ケーキ

「まず、お前の耳を頂くぜ~!」

と情け容赦なく耳を取ってみると、

ケーキ

意外と“アザラシちゃん”でも通じるツーウェイタイプ。

耳の部分もチョコになっていて美味しいのですが、問題はここからで、
なんか可愛いケーキというのは、顔の部分を食べる時にいらん罪悪感を感じるもんですね。

フォークを突き刺そうとすると、うさちゃんの無駄に可憐なお目目と目が合い、
「そ、そんな目でオレを見るなー!」とか思いつつも、ざっくりと割って食べましたけどね。

チョコレートムースの中にラズベリー(かなにかの)ジャムが入っていて、
これがアクセントになり、可愛い美味しい。

もうひとつの「シブーストブリュレ」は、

ケーキ

どの部分がシブーストで、どの部分がブリュレなのかようわかりませんが、
(いや、シブーストもブリュレもどこかで聞いたことがある語句なんですが)
パイとフルーツが入ったカスタードとスフレ的な何かで出来ていて、
こちらのケーキもなかなか美味しいです。

特にうさちゃんのような可愛さありきのキャラクター商品は、
ともすれば嘘くさい味になる場合もありますが、さすがケーキ屋さんのケーキだけあり、
両方とも本格的なケーキな味でした。

が、

ケーキの味には満足しても、何かを忘れているような物足りない気持ちが・・・

「あれ?そう言えば、スポンジケーキを食べたかったんじゃ?」


と相方。

ソレダ。

両方とも美味しいケーキではあるが、これっぽっちもスポンジがはいってねぇじゃん。

ウサギちゃんの可愛さとその場のノリに負けてついうっかり・・・

まあ、美味しかったからいいんですけどね。

その後は、特に何処に行くでもなく、これまた日本に帰ったら食べたい物の上位ランキングだった寿司を
惣菜系は壊滅的なお味だが、寿司だけはやたら美味いという近所のスーパーで買って帰りました。

海外旅行ってヤツは、旅行中は現地の物が美味しく感じてしまうのですが、
旅行後は、日本の食べ物もしみじみ美味しく感じてしまう二重の罠があるんですよね。(遠い目)

そして本日もこれまたいいお天気ですね。

今日は東京マラソンが行われているようですが、
参加される方は最高のマラソン日和なのではないでしょうか?
(あまりマラソンをしたことがないのでよくわかりませんが^^;)

そんな東京マラソンもある事だし、坐骨神経痛は相変わらずプチ再発しているし、
本日こそはのんびりしようと思っていたのですが、お空が眩しいわ・・・

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事


広告



カテゴリー

にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ
人気ブログランキング



プロフィール

くろばい

Author:くろばい
愛車ビアンキ・パッソ
【愛称:ビンちゃん】
愛車2ビアンキ・ミニベロ9
【愛称:ベロンチョ(ベロちゃん)】
激情にながされ1週間で購入に至る
愛車3ママチャリ
【愛称:ソルジャー・チャーリー】
現在自転車3台を所有。
あまりの自転車の増殖率に
恐れおののく日々。
これ以上、増えることはないと
思いつつも、自分が信じ切れない
今日この頃・・・。

相方(くろばいB)
愛車:RSR-4(ブルー)
【愛称:ルイちゃん】
愛車2:ラレー・RSW SPECIAL
【愛称:くろまるくん】
新たにミニベロを購入して、
自転車わが世の春を謳歌中。
自己開発のアンゴラダイエットの
お陰で(いまのところ)メタボリック
危険水域を脱出。
しかし現在、ポタ時はポタメシを
思いっきり解禁しているので、
リバウンドに王手か?



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -



月別アーカイブ



カウンター



ブログ内検索



RSSフィード

  • seo



おすすめの自転車本

わが家の自転車メンテナンスのバイブル!





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。