クロスバイクを買っちゃうぞ!
初心者がクロスバイク乗りになるまでの軌跡
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サイクルモード2011
どうも、こんにちは。くろばいBです。

自転車関連のニュースを見ていたら、チュートリアルの福田さんが違法自転車で摘発されたとのこと。
ピストバイクのブレーキが前輪のみで後輪にブレーキが付いていなかったそうです。
前輪だけでもブレーキがあればいいという認識だったようです。
違法の自転車は本当に危険だと思いますので、きちんと取締りを強化するのはいいことだと思います。
こういう報道を通じて、認識を新たにする人もいるかもしれませんね。

ところで、今日から10月ですね。
だいぶ涼しくなって自転車で出かけるのも気持ちが良さそうです。
そしてあと約1ヶ月で、毎年恒例の「サイクルモード2011」が幕張メッセで開催されますね。
わが家は2007年から4回参加しています。

2007年の記事
2008年の記事
2009年の記事
2010年の記事

今年は11月4日(金)~11月6日(日)の開催です。
ちょうどその土日は用事があって参加するのは難しそうなのですが、
今年は、昨年廃止された「金曜日は女性は入場無料」が復活するそうです。
金曜日の開催時間は21:00までということもあり、会社の帰りに寄ってみるという人も
増えるかもしれませんね。
そんなわけで、わが家も今年は金曜日に行ってみようかとも検討しています。

そして、大阪会場はインテックス大阪で11月12日(土)・13日(日)です。
どちらも入場料は1200円で前売りですと1000円。
すでに前売りチケットが販売されていますが、買い方によっては手数料などで
当日よりも高くなってしまうこともありますので気をつけてくださいね。(^^)


ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト
非常食を試食してみました
今年は特に災害の多い年ですが、それとは関係なく相方の会社では防災の日に伴い、
賞味期限がそろそろ怪しい災害グッズが押し付けられ払い下げられます。

何せ賞味期限が長い災害食料品グッズなので、毎年頂けるというわけではないのですが、
今年はたまたま当たり年らしく、相方が数点の災害食料グッズを頂いて来ました。

頂いてきたのは、おなじみの乾パン、長期間保存可能の缶詰パン、
そしてお湯、または水を入れるだけで調理可能のミラクルなおこわの3点。

乾パンはおなじみの味だからいいとして、缶詰パンとミラクルおこわは、
今まで食べる機会がなかったのですが、最近よくスーパーなどに売っているのを見かけて、
もしもの時を考えると気になってはいたのです。

そこで「どんなものかと」先日、昼食代わりに相方と試食してみました。

まずはこちらの「山菜おこわ」

おこわ

調理方法(?)としては、水を注げば約60分、お湯であれば約25分程度でできるようですが、
ご飯は炊く物、もしくは電子レンジで約3分間チンする物と教えられた世代としては、
水かお湯を注ぐだけで美味しいご飯ができるとは到底思えません。

これはとりあえず生命維持の為だけの
がっかりテイストに仕上がるに違いない。


と覚悟して調理(?)に取り掛かります。

水を注ぎたい衝動にも駆られましたが、水だと更にがっかり度が増しそうなので、
ここはお湯を注ぐ事にしました。

炊きたて(?)は予想したよりも遥かにマシ普通で、
通常のご飯らしい感じに仕上がっています。

おこわ

恐る恐る食べてみると、

・・・すみません、普通にウマいです。

味は多少インスタント特有の嘘くささがあるものの、
その嘘くささも味付けの一つと思ってしまえば、まったく問題なし。

見ると使用されているのは“アルファ化米”というお米のようで、

その米は21世紀の化学の粋を集めたどんなミラクルライスなんだ?

と思ったのですが、普通の米を炊いた後に乾燥させた(アルファ化)した物らしく、
日本ではかなり昔から戦争時の保存食として“糒”という形で存在していたとか・・・

まあ、その時はお湯(や水)でお手軽に、こんな普通のライスには仕上がらなかったでしょうが・・・

いかに災害用だとは言え、あまりにがっかりテイストだと幸い何事もなく賞味期限が来た後に、
胃袋の中に処分するのが苦痛ですが、これだったら買い替え時が来ても、
古い物を普通に消費できそうです。

そしてもう一つ、「缶詰パン」

缶詰パン

オレンジ、黒豆、そしてプチヴェール(なんだよ、それ)味の三種類があるようですが、
相方が貰ってきた2缶は、全て聞いたことがない謎の植物プチヴェール味。

この謎の植物は缶詰に描かれているイラストからするとレタスのような植物と見受けられますが、
こういったイラストはデフォルメしているものも多いので、
この缶からはプチヴェールの全容を読み取る事ができません。

オレンジや黒豆に対してそこはかとないハズレ感を予感しながら、缶詰を開けてみましたが、

缶詰パン

一缶に2個入っていて、見かけは普通のマフィンのようで、なかなか美味しそうではあります。
「生命のパン」という名のとおり、生命の維持に全力を傾けるため高カロリーになっているようで
2個で556kcalもあります。

缶詰パン

その見かけに気をよくしてコーヒーなどを淹れて食べてみたところ、

・・・・・・・・・・・・・・・・・微妙。

最後に舌に微妙に残る青臭さが特に微妙。

災害用のパンなので元々あまり美味しいものではないかもしれませんが、
このプチヴェールとやらがそのがっかりテイストに一役を買っているのは間違いない。

しかしなぜこのプチヴェールなる植物を入れる事になったのか?

栄養の為だろうか?(じゃあ、オレンジと黒豆の立場は?)

百歩譲って栄養上の理由としてもほうれん草じゃダメだったんだろうか?
(いや、ほうれん草でも微妙テイストになるかもしれんが・・・・)

そしてあと1缶残った缶詰パン(やっぱりプチヴェール味)の消費法ですが、

「そうだ!今度長距離乗る時に、
ハンガーノック対策に持っていけばいいんじゃね?」


という名案を思いつきましたが、

「普通にコンビニで買ったパンを持っていけばいいじゃん。(-_-)」

と相方に返されました。

しかも別にわが家はコンビニもない山道とか走らないしなぁ。

今のところ有効な消費方法は考えつかずにいます。

そして本日ですが、お天気が微妙そうなのもありウダウダしていましたが、
そこはかとなく晴れ間が見えてきたので、ポタに行って来たいと思います。

先日お亡くなりになったサイコンも電池を入れたら復活。

サイコン

このサイコンにしてから初めての電池交換だと思いますが、
こんなチャチな(失敬)ボタン電池でかなり持つもんなんですねぇ。

でも、わが家が距離的に走らないからかも。

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事
伝説の不良牧師・アーサー牧師 in 北千住文化祭
急速に秋らしくなってきましたね。

この季節は自転車を乗る上では、とてもいいシーズンなのですが、
毎年、毎度の事ながらポタ時に何を着ていっていいのか悩みます。

昼夜の気温の落差が激しいので、昼過ぎから出掛けてナイトライドして帰ってくるという
悪しきポタスタイルが抜けないわが家は、自ら悩みを深めているような気が・・・

先週末の土日もそんな悪しきポタスタイルにてポタって来たのですが、
土曜日は「北千住文化祭」という行事が行われるというので、北千住まで行ってきました。

今回は第一回目の開催というこの行事、以前にポタ時に偶然手に入れた案内のチラシを見ると、
初回ゆえか企画が錯綜している感があり、この一枚のチラシからでは全容がつかめませんが、
その企画の一つで突っ込み体質の私としては、気にせずにはいられなかったのがこちらの企画。

文化祭

「ワケあり結婚式&アーサー牧師トークライブ」

・・・もうこの企画は、私のような突っ込み人間への誘い水だとしか思えない。

鬼太郎さんの妖怪センサーならぬ、私の突っ込みセンサーがビンビンと立ちまして、

「父さん・・・じゃなくて、相方さん、ともかく行ってみましょう。」

という事で、丁度、ワケあり結婚式に間に合うような夕刻に北千住に向かいました。

さて、この北千住文化祭とは、メイン会場の千寿本町小学校の校庭を中心に、
広い範囲に渡り幾つかの会場が設けられ、そこでもなにやらイベントをしているようで、
向かう途中には信用金庫の駐車場を利用した街中ライブ等も開催していました。

そのライブも興味深かったものの、あくまでも私の中での突っ込み処メインイベントは
アーサー牧師の説教会なので、ストイックに千寿本町小学校へと向かい、到着。

千住文化祭

メイン会場が神聖な教育の場なので、あまり無茶ができるとも思えず、
「厳か過ぎて閑散としてたらどうしよう」と危惧していたのですが、
意外にも予想を裏切るなかなかの盛況ぶり。

千住文化祭

会場がたまたま小学校ですが、お子さんの喜びそうな器具も設置され、
教育の場というシチュエーションに遠慮する事もなく、普通にアルコールも販売されていました。

出店されているお店も、地域の祭りにありがちなやっつけ感漂うテキヤラインナップと思いきや、
ケータリングカーで提供される食事で、タイ料理、スペイン料理等バラエティーも豊か。

食に関してはこれっぽっちも期待していなかったので、
嬉しい誤算でテンションが上がります。

この日の本会場のスケジュールは「1010人の祭典」と称し、
開会式、開会パレード、七五三お披露目会、1010フェスタ、1010フェスタ表彰式、
そしてワケあり結婚式、アーサーホーランドライブへと続きます。

私達の着いた頃は丁度、1010フェスタ表彰式が始まる前のまったりした雰囲気の時で、
ワケあり結婚式にはまだ間がありそうなので、ここで食い物を一気に買い漁ります。

意外にも食物がいろいろあり過ぎて嬉しい悩みを抱えつつ買い漁っている時に、
丁度、1010フェスタの表彰式が開始され、買物をしながらその様子を眺めていたのですが、
次々と賞が発表され、受賞された方は壇上に上がり、それぞれ感動の言葉を述べていました。

プログラムを見ると和太鼓やダンス等を発表した組が多いようですが、
実際にそのステージを見ていないので、感動をまったく分かち合えないのが残念。

こんな事ならちょっと早く来ていればよかった。

と思っていたところで、大会の頂点とも言える最優秀賞が発表されるようです。

最優秀賞は某高校のダンス部のようで、司会の方より大々的に名前が呼ばれましたが、

・・・・・・・・・・・しーん。

おやぁ?(゚∇゚ ;)

誰ひとり出てくる気配なし。

「もしかして帰っちゃったの?」的な不穏な雰囲気が会場内の客席に漂う中、
司会者の方が呼びかけますが、相変わらずの無反応。

「では、この中に某高校の関係者の方はいませんか?!」

とランクを落として(?)呼びかけましたが、客席はやはり無反応。

「では、この某高校を受験する予定の方はいませんか?!」

と必死に呼びかける女性司会者ですが、

って、そこまでランクを落としていいんかい!

それって、よく考えると無関係な人じゃん。(゚∇゚ ;)

それでも会場からは返答はなく、結局、司会の方が記念品(?)を受け取っていました。

このユルさが、いかにも“文化祭”ぽくていいですね。

そして表彰式の後はワケあり結婚式が執り行われるのですが、
準備に少々時間が掛るようなので、その間に物色して購入した食べ物を食べる事にします。

まずこちらは「三軒茶屋 ラヂオ焼き」(400円)

ラヂオ焼き

わが家は同じ東京でありながら三軒茶屋に行く機会がほとんどないので、
その辺に惹かれて購入しましたが、このラヂオ焼きとはたこ焼きと深い関係のある食べ物のようで、
お店の前には怪しげな由緒正しい家系図が掲げてありました。

たこ焼き家系図

この家系図を見ると、たこ焼きの歴史は古代まで遡れるようですが、

実はたこ焼きよりラヂオ焼きの方が早かったんかーい。

とちょっとビックリ。

じゃあ、名前は何で“たこ焼き家系図”なんだ?
兄(?)のくせに思いっきりひよってるやん。

元々は同じ物から波及したのでラジオ焼きとたこ焼きは似通った形ですが、
決定的に違うのが中身で、ラヂオ焼きにはたこは入っておらず、
(まあ、たこを入れたらたこ焼きになっちゃいますからね)
代わりに牛すじの煮込みが入っています。

茹でたたこを入れるだけのたこ焼きと違い、このひと手間掛けないといけない感じが、
全国制覇に対する足かせになったのかもしれません。

味は本体部分は牛すじが入ったたこ焼きですが、こちらのお店のオリジナルなのか、
元々ラヂオ焼きというのはこんな味なのか、調味料がポン酢ぽい味がしました。

普通にソースでも旨そうですが、あえてソースにしないのが兄の意地ってヤツでしょうか?

そして「焼肉ホットドッグ」(500円)

焼肉ドッグ

特にひねることなく、普通の焼肉をホットドッグ用のパンに挟んだ代物です。

普通に旨そうな牛串とか、旨そうなカルビ弁当を売っているお店で同時に売っていたのですが、
あえて今までありそうでなかった(もしかしてあったかもしれんけど流行の兆しさえない)
この一品に挑戦したところ、

これは・・・まあ、それなりに旨いが、別々の方が更に旨い・・・ような気がする。

何となくありそうでなかった理由がわかるような気がしました。
やっぱり焼肉のベストパートナーは米ということでしょうか。

他はタイ料理の「パッタイ」(600円)

バッタイ

そしてスペイン料理の「パエリア(ローストチキン付)」

パエリア

こちらはセット価格で600円のところを終了間近のディスカウント価格で500円でした。

どちらも普通に本格的な味で美味しく、こんなところで(失敬)
こんなに国際色豊かな料理が食べられるとは思いませんでした。

しかしその本格さゆえに、ここまで食べたら結構お腹が一杯になりまして、
他にも食べたい物があったのですが、残念ながら食に関してはここで断念。

すっかり腹を満たした後も、結婚式の準備はまだまだ続いているようで、
そのまま会場の席に着席して待っていたのですが、
そうこうしているうちに刻々と陽は落ちてきまして・・・

この日は出掛けの時は日が出ていてそこそこ暖かかったので
半袖の上に長袖のパーカーを羽織ってきたのですが、
どうやらその秋の装いは誤りだったようで寒い。

秋のコーディネートの難しさを身を持って今年も実感したところで、
ようやく準備が終わり、厳かに挙式が始まりました。

今回、ワケあり結婚式をされる方々は遠目には良くわかりませんが、ちょっとご年配の方らしく、
花嫁さんの方はお嬢さんとお孫さんがいる方で、お嬢さんとお孫さんに伴われて登場されました。

そして登場時に早くも感動されていたようで、花嫁さんのお顔には終始涙が・・・

その姿に、人生山あり谷あり、紆余曲折がおありになったのだろうと想像に難くありません。

なのでワケあり結婚式の“ワケ”の部分はあまりお話されたくないようで、
「その辺はお察し下さい」という感じで割愛。

最後までその“ワケ”の部分は謎のヴェールに包まれていました。

この結婚式を執り行ったのは、もちろん伝説の不良牧師というアーサーホーランド氏ですが、

なんと!ステージに登場したアーサー牧師は、意外と普通。

アーサー牧師

まったく突っ込ませる余地を与えない程、普通。

そして更にお二人を前にしてありがたくはありますが、
至極普通の説教を述べられるアーサー牧師・・・

ワケあり結婚式

どうしたんだ!アーサー牧師!!

(よう知らんけど)あなたはそんな人ではないはずだ!(たぶん)

その後、誓いのキスの時に「短い」ともう一度強要した事以外は、
特に不良の部分も出ずに普通に式は執り行われ、普通にアーサー牧師は退場。

えっ?!帰っちゃうの?(゚∇゚ ;)


私的にはちょっと消化不良感がありましたが、
「さすがに一生に何度もない晴れ舞台である結婚式で不良の部分は出せんのかも。」
と思い直し、この後のアーサー氏の愛を語るというステージに期待します。

更に元劇団四季に所属されていたという大山奈緒さんのブライダルライブがあり、
挙式も終わりまして、いよいよアーサー牧師の単独ライブに移りました。

不良牧師らしくハーレーで登場とありましたが、やはり小学校の校庭で
ハーレーに乗るのは無理があるのか、ハーレーの効果音と共に舞台に再び登場した
アーサー牧師は、ある意味期待通りですが、

アーサー牧師

完全にコロッとキャラを変えとる。

先程の普通の牧師様感を一掃し、不良牧師として相応しい感じのいでたちです。

しかしまさかの花嫁さんでなく、アーサー牧師がお色直しをしようとは・・・

そして説教は「昼でもアーサー、夜でもアーサー」というオヤジギャグから始まり、
綾小路きみまろさんを彷彿とさせるような独特の漫談スタイルで、
まずは自らの生い立ちを話されだしました。

えっ?愛について語る説教じゃなかったの??Σ(゚∇゚ ;)

まさかアーサー牧師の“ワケ”の方を聞く事になろうとは・・・

お話によるとアーサー牧師は大阪生まれ、人情溢れる下町で育ち、
子供の頃から「まーちゃん」と呼ばれご近所の方々から可愛がられたそうです。

って、日本生まれだったんですか???

それに“まーちゃん”て・・・アーサーさんではなかったんすか??

のっけから疑問符に満ち溢れたお話の内容で、最初は唖然と聞いていた私と相方ですが、
その今まで牧師様からは聞いた事がない独特のリズムの説教法(というか殆どは身の上話)に、
徐々に取り込まれていくというか、聞いていくうちにじわじわと面白くなってきました。

そうして気がつくといつの間にか、アーサー牧師の説教は終了しましたが、
最終的には愛の部分に言及されていたものの、その他のお話の部分が楽しすぎて、

肝心の愛の部分がさっぱり思い出せません。(>_<)

できれば乾いた中年の心に愛を教えて欲しかったですが、
残念ながらこれからも乾いた世界に生きたいと思います。

アーサー牧師の説教終了と共に、この日のプログラムも終了しまして、
アーサー牧師のお陰で高揚した心とは裏腹に、秋の洗礼ですっかり冷えた体を温める為に、
とりあえず茶でも飲んで行こうとマルイまで行きました。

マルイの3階にあるちょっと小洒落たカフェ「ア・ラ・カンパーニュ」さんに行き、
珍しく紅茶を注文したところ、このカフェはいわゆるほっこり系の食器で提供されるのすが、
サーブされた後のこの様子を見て、開口一番相方が、

カフェ

「ラーメンの汁みたいだね。」

と呟きました。

そんな事言われたら、もうラーメン汁以外の何者にも見えないやんけ。

そして、このほっこり系の器もラーメンの器にしか見えないやん。どうしてくれる。

秋の夜の帰り道は、自転車で走っている事もあり然程寒くは感じませんでしたが、
これからの季節は、

①昼間自転車で走る前の格好

②自転車で走ってあったまって来た時の格好

③夜自転車で走る時の格好

④夜自転車で走ってあったまって来た時の格好

と数通りの格好を想定しなければならないので面倒です。

・・・ナイトライド止めれば③と④は消えるんですけどね。

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事
イグ・ノーベル平和賞
現在、ノーベル賞が発表されているようですね。

ノーベル賞(だけでなく全ての栄誉ある賞)には、
おそらく生涯縁もゆかりもないこの身ですが、
それでも日本人が受賞すると嬉しい気持ちになります。
でも残念ながら今回の日本人の受賞者はなさそうですが・・・

そしてノーベル賞に先駆けて先日発表が行われたイグ・ノーベル賞ですが、
こちらはイグ・ノーベル化学賞を日本の方が受賞されましたね。

ところでイグ・ノーベル賞と言えば、本家とは違い少々際物チックといいますか、
今回もマムシをとりこにするビール瓶(生物学賞)、カメのあくびは伝染しない(生理学賞)等、

誰が得すんだ?その研究??

つうか、その研究に学者生命とかを掛けちゃっていいのですか?

と私のようなスーパー凡人には理解しかねる研究をされている方々が受賞していますが、
今回、イグ・ノーベル化学賞を受賞したのは滋賀医科大学の今井真氏のチームで、
受賞内容は「わさびによる警報」

いや、表題だけ見るとこちらも際物チックさ満載ですが、内容をよくよく読むと、
この「わさびによる警報」は、わさびの刺激的なにおいを噴射する警報機で、
あまりの強烈さに熟睡している人でも緊急時に起こすことができる・・・らしい。

「聴覚障害者は、音や光では目を覚ませない可能性がある。
他の方法で危険を知らせる必要があると考えた」と今井氏は語り、
空気中のわさびの濃度を20ppm以下に設定した場合、鼻と目への刺激で眠っている人を起こせ、
効率的な避難を妨げる心配もないとか・・・

って、普通にすばらしいじゃん。わさび警報装置。

災害の多い日本では聴覚障害の方にどう危険を知らせるかは切実な問題ですし、
何よりも危険を知らせる方法が、心臓にも人体にも地球にも悪くなさそうなところが大変よろしいかと・・・

わさび好きの私としては、ちょっと体験してみたくもあります。

そして今年のイグ・ノーベル賞の中で、自転車乗りとしては最も気にならざるを得なかったのが
イグ・ノーベル平和賞ですが、受賞内容は「高級車を戦車で破壊」

平和とはかけ離れた物騒な臭いがする表題ですが、
内容も期待通り(?)にメチャメッチャ物騒でして・・・

高級車の運転手が交通ルールを無視し、自転車などを危険にさらしていたことを問題視していた、
リトアニア、ビリニュスのアルテュラス・ズオカス市長。

彼はこの問題を解決する為に、市長自ら装甲車を操縦して自転車専用レーンに
違法駐車している高級車を踏みつぶし、YouTubeで広く公開。
ズオカス氏はこの斬新な方法でイグ・ノーベル平和賞を受賞した・・・らしい。

・・・いや、自転車乗りとしては、市長の気持ちは痛い程わかる。

自転車レーンじゃなくても交通量の多い国道で、路停三昧をされると抜こうにも
殺気立った後続車にはクラクションを鳴らされるしで、

「ちくしょー、どうすればいいんだよ。(T_T)」

という気にはなっていますが、ズオカス氏までの発想はなかったわ。
「差し支えなければ、この車にトマトをぶつけたい」程度の発想しかない小さい人間なもんで。

しかし原点に返るような素朴な疑問で恐縮なのですが、

平和・・・なのか?それって。

そこで考えてみましたが、

路停をする車が減る→自転車が安心して走れる→自転車が増える→エコ
→石油が要らない→資源争いがなくなる→平和

うん、確かに平和になるじゃん。

私は誠に残念ながらこのYouTube映像を見たことないのですが、
市長はイグ・ノーベル賞を受賞する前に檻の付いた別荘に移送される事はなかったのでしょうか?

その辺も疑問だったのですが、相方に言わせると、

「市長だから何をやっても無罪なんじゃない?(-_-)」


えっ?市長ってそこまで権力を持つものなの?スゲー国だな、リトアニアって。(゚∇゚ ;)

・・・東京都知事にも、是非ズオカス市長をお迎えしたいものです。

蛇足ながら常々私がこれを発明した人にはノーベル賞を与えるべきと
思っているものの一つは、「折たたみ式自動車」です。

「んなもん、物理的にできるわけないじゃん。」と相方には失笑を買っていますが、
これさえ発明されれば、戦車で踏み潰すまでもなく路停はなくなるし、
現在、駐車場に利用されているスペースはもっと有意義なものに活用できるしで
万々歳だと思うんですけど、私の生きているうちには到底無理っすかね。

助けて~ドラえもーん。

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事
マラサダポタ第1弾・豊洲naninani編
あこがれのハワイ航路という歌がありますが、ガチその年代の私の母は、
昔から「一生に一度はハワイに行きたい」という夢がありまして、
私も「まあ、ご費用等がそちら様のお支払いなら・・・」とお付き合いするのは吝かではなかったものの、
数年前から「ハワイに行こう」と盛り上がっては、どこか体の調子が悪くなったり、
はたまた骨折したりと、なかなか実行に移せない日々が続いていました。

が、今年の夏頃に健康診断を無事にクリアした母は、
その勢いで再びハワイ熱がみなぎって来たようで、
何度目かのハワイバイオリズムが頂点に達したご様子。

しかしあっという間にバイオリズムが下がるお年頃の母に、今まで翻弄されて幾星霜・・・

またまたバイオリズムが急転直下する前に外堀を埋めちまおうと、
早々に母のパスポートを取得、無事にハワイ旅行を予約するに至りました。

よく言えば唯我独尊、悪く言えば自分勝手でメジャーが嫌いな父は、
「絶対ハワイには行きたくない」と言い張っているので、
今回は11月に母、私、相方と若干妙な組み合わせで行く事になりました。

(ヤラシイ話)ご費用に関してはあちら持ちではありますが、今回の旅行は親孝行という側面もあり、
母に「年齢的に私はたぶんこれが最初で最後のハワイ」と寂し気に言われるとプレッシャーもかかりまして、
少しでも盛り上げて行こうと、早くもハワイについていろいろ調べていたのですが、
ガイドブックを読み漁っているうちに、元はポルトガルの菓子にしてハワイのローカルフード、
“マラサダ”が異様に気になるようになりました。

マラサダというのは、いわゆる日本の給食フードの揚げパンや餡が入っていないあんドーナツのような
馴染みがあるちゃーあるような食べ物で、かなり前に銀座のプランタンで期間限定販売をしていまして、
その時は真夏の炎天下に40分位並びGETした覚えがあります。

その時は美味しかったものの、あまりにも過酷な並びの方が脳裏に焼きつきまして、
マラサダのインパクトは然程でもなかったのですが、
ここに来て異様なまでに燃え上がるマラサダへの執着。

とてもハワイ旅行まで待てん。

そこで日本でもマラサダが食べられる場所を調べてみたのですが、
それなりに流行が兆しているようで、都内にも多くはないがそれなりにあり、
横浜と横須賀には、ハワイの有名マラサダ店「レナーズ」というお店も出店しているようです。

そこで「ハワイ旅行までにマラサダ巡りポタをしまくるぞ!」

とまで盛り上がり、その第一弾とし先週末に豊洲のマラサダカフェまでポタに行ってきました。

しかしこのマラサダの欠点は、見るからに高カロリー食品な上に、
残念な事におそらく見た目通りに高カロリーなところです。

でも大丈夫、我々にはカロリー消費の最終兵器、

「自転車が(あるには)あるじゃないか!」


と言う事で、(最終兵器なもので今まであまり出さなかったのが、自らの脂肪の増加につながったのですが)
そのマラサダ分のカロリーを先に消費すべくあえての遠回りをし、
十数キロ程荒サイを走ってから豊洲に行く事にしました。

さて、わが家から豊洲に行くには、荒サイを河口に、葛西方面に向かう事になりますが、
家からすぐにあるはずなのに、所詮わが家には豚に真珠、
宝の持ち腐れ的にあまり活用をしなかった荒サイなので、
葛西方面に向かうのはエラく久々のような気がします。

ところで今はもう秋・・・ですよね。

秋と言えば、北風の季節ですよね。

北風の場合、葛西方面に行くとなると無論、追い風になるはずなのですが、
・・・いや、みなまで言うまい。

所詮、我々はこういう(嫌な)宿命を背負っているのでしょう。

正面から薄っすらと吹く向い風の中を黙々と走ります。

そして途中、ロックゲートを通過、

ロックゲート

なんかえらく久々やな~、ロックゲート。

荒サイはときどき綺麗に彼岸花が咲いていた他は特筆する事もなく、

彼岸花

気がつくと、なんか土が数箇所盛ってある目下開発中の景色になってきました。

いつの間にか開発でもおっ始めたのか?


と思いつつ、走っているといきなり荒サイ終了、行き止まりになりました。

そう言えば、荒サイを降りる時はこの河口どん詰まりの手前の
「清砂大橋」辺りで降りなきゃいかんのでした。

あまりに久々過ぎて、すっかり忘れていました。

そういう意味ではめったに来ないので、この荒サイどん詰まりで記念写真を・・・

荒サイ

ここは「新砂駅」という船の発着場があるんですね。

新砂

一般人はここから船に乗れるのか?

その後、再び清砂大橋から南砂方面に向かい、豊洲へアプローチしましたが、
南砂もかなり開発が進んでいるようで、ぞくぞくと大型マンションができていますね。

家を買う時には豊洲は目下突貫工事で開発中のマンション建設ラッシュの時だったので、
実は候補に上がったのですが、モデルルームに出向いてみるとわが家の財力では手が届かず、
あっという間に諦めた経緯があり、豊洲に来るとなんか甘ずっぱ苦い気持ちになります。

今ではららぽーとをはじめ、いろいろなショップも出来、街並みも整然としていて
住みやすそうな街となっていますが、その整然と並ぶマンションの一角に
目的地のマラサダのお店「naninani」さんがあります。

naninani

こちらのお店は元歌手の八反安未果さんが、社長さんをされているお店で、
何度かメディアに登場したことがあるお店のようです。

店内はあまり広い感じではないですが、ハワイアンテイストに統一されていて、
ハワイガイド本が読み放題なのも今の私にはツボですし、
単にタダで読める本が好きな相方にもツボです。

マラサダは4種類程あり、全制覇したいのは山々だったのですが、
横にちょこっと置いてあったスパムむすびにも惹かれ、

「さすがに4マラサダとスパムむすびはやり過ぎだよなぁ。」


と言う事で、3マラサダとスパムむすびにしました。

・・・焼け石に水ですけどね。

マラサダはシュガー、きなこ、シナモンの三種類を注文しましたが、
お値段は一個160円です。

マラサダ

ところで本場にはきな粉味っていうのはあるのだろうか?

日系人も多く、シェイブアイスという名の氷あずきもあったりするので、
もしかしたらあるのかもしれません。

油が滴り落ちそうな程、揚げたてアツアツを出してくれました。

マラサダ

正直、シュガー、きな粉、シナモンに味にたいした違いはありませんが、
この揚げたてマラサダはふわっふわで旨い。

しかも怖い事に、カロリーがエラく高そうな割にはふわふわで食感は軽いので、
理性さえ止めなければ何個でもいけそうな勢いです。

胃袋的には2人で4つでまったく問題なかったかも。

ある意味、恐ろしい食物だ。

そしてもう一つ、こちらもハワイの名物のひとつ「スパムむすび」(260円)


スパム

米にスパムを乗せ、海苔で巻くという形的にはどちらかというと寿司のような食べ物ですが、
実は私は人生初のスパムむすびのような気がします。

・・・ところで「傷だらけの天使」という番組をご存知でしょうか?

若き日のショーケンこと萩原健一さんが主演の探偵ドラマで、
それを知っているというだけで年がばれる踏み絵的な大昔のテレビドラマです。

ドラマのオープニングでは萩原健一さんが野性味溢れる風情で朝食を食べるのですが、
そのシーンでコンビーフに生のまま齧りつく場面があり、その姿を見ると必ずと言っていいほど、
無性にコンビーフが食べたくなりました。

でも、お好きな方には申し訳ないけどコンビーフって微妙過ぎる味じゃないですか?

しかも不幸な事にこの番組は何回も何回も再放送があり、再放送の度にコンビーフに期待をし、
購入して食してはがっかりすると繰り返していたのです。

スパムもコンビーフもアメリカーンな食べ物という共通点があり、
私の中で同列の系列に属するもので、その幼き日の負の記憶から何となく購入を敬遠していたのですが、
人間魔が差すという事があるもので、ちょっと前に何かの気の迷いで、スパムを購入しまして、
購入したのはいいですが、(所詮、魔が差したものなので)使い道がわからず、
わが家の食料庫でポッツーン状態だったのです。

そのポッツーンの状態からスパムを救い出す為の足がかりとして、
このスパムを使った料理(?)を食してみようと、
(おそらく)人生初のスパムむすびにチャレンジしてみたのですが、

これが意外に(失敬)美味い。

焼いてあるせいか、元から別物のせいか、油っぽいだけのコンビーフとはまったく違い、
厚切りハムのような味わいで、ほのかな塩みが米の飯とベストマッチ。

そしてこのお店のオリジナルなのか、そういう食べ物なのか、
さりげなく挟んであるオカカもいい仕事をしています。

この手でわが家のスパムもポッツーンスパイラルから救い出せそうです。

その後はららぽーとを覗き、物欲を激しく刺激しただけでこの時は特に買物もなく、
真っ直ぐに家に帰りました。

・・・ところで、このブログでは普通に“スパムむすび”と書いていますが、
私は、ずっと“スパむすび”だと思っていまして、先程、相方に指摘されて気付きました。

注文した時も私が注文したので、「スパむすび」と注文していたようですが、
・・・その時に言ってくれよ。(--;)

さて、今日の夜は「足立花火大会」が行われるので、
自転車でちょっと走ってから足立花火大会に行ってみようと思っています。
とは言え、混んでいてまた挫折するかも。^^;

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事
足立の花火ポタ
本日の朝は若干ぐずつきましたが、この3連休はいいお天気でしたね。

とは言え、世間様では3連休ではございますが、相方は本日は仕事でして、
わが家は通常休日モードの2連休でございました。

その通常モードの2連休の初日の土曜日は、震災の影響で夏から順延した
「足立の花火」が行われていたので、そちらに行ってみることにしました。

通常だと毎年7月最終土曜日の二日前の木曜日に行われるこの花火大会は、
何故かの普段日開催というところがネックであまり見に行った事はなく・・・

それでも過去1度だけ自転車で見に行ったことがあるのですが、
会場に向かうまでの混雑に途中から自転車に跨ることすらできず、
自転車はお荷物以外に何者にもならなくなり、挙句に開始時間には会場に間に合わず、
花火の打ち上げ音だけ聞きながら、虚しく帰って来たという哀し過ぎる経験があります。

今回は休日開催ということで、その哀しい思い出を塗り替えるべく、
リベンジをする事になったのですが、休日開催が混雑にどう出るのかわかりません。

打ち上げは自転車乗りにはお馴染みの荒サイの千住新橋と西新井橋の間、
どちらかというと千住新橋寄りで行われるようですが、前に行った時に千住新橋側から行き、
前記のような事項に見舞われたので、今回は西新井橋側からアプローチする事にします。

さて、前に行った時は、確かテキヤ的なお店がいろいろと出ていた記憶がありますが、
今回は開催時期が異なりますし、行く場所も少々異なるので、
その辺りの食物事情がどうなっているのかわかりません。

まずは腹の虫を満足させておかないと、「美しい物も美しく見えん」という、
腹の虫に完全支配されている私共なので、先にこいつを黙らせてから会場に向かう事に・・・

向かった先は、西新井橋に近い町屋にある「かくれん穂」さん。

世界初という100%お米で作られたパスタ専門店です。

100%米のパスタ・・それってフォーじゃね?(゚∇゚ ;)

という疑問はなくもないですが、取りあえず向かいます。

場所は尾竹橋通りにあるUCCコーヒーカフェのあるビルの2階にあり、
この外階段から上っていく形になりますが、
正直、お店への第一歩は若干の勇気がいる感じです。

かくれん穂

かくれん穂

しかしその若干の勇気が必要なのも扉を開けるまででして、
お店の中はカジュアルイタリアンな感じで、たまたまディナー前の中途半端でお客が少ない時間だったからか、
箱はそんなに小さくないお店でしたが、若くて可愛らしい女性店長さんがひとりで
ホールとキッチンを切り盛りされていました。

店長さんがハロウィンが大好きなようで、ハロウィンが近いこの日は、
お店の中はハロウィン一色なフェミニンな感じで飾りつけがされ、
各種メーカーのごり押し感だけが目立ち日本に根付くのか疑問なハロウィンでしたが、
私がまったくのれないだけで、着々と根付いてはいるもんなんですね。

まあ、日本では“かぼちゃを食うだけの日”になりつつあるような気がしますが・・・^^;

わが家から町屋まではそう遠くないものの、この日は夕方近くなってもそこそこ暖かかった上に、
夜の花火仕様の厚着をして漕いできたので、喉が渇きまして、
まずはつい最初にこの黄金の飲み物を注文。

サッポロアルコールフリー

サッポロから出ているノンアルコールビールで、“ビールではありません”と
しつこいまでに書かれていますが(何度も言わずともそんなのわかってるって)、
パッケージは誤解を誘うようなビアテイストの感じです。

実際のテイストの方はいわゆる普通のノンアルコールな味ですが、
個人的にはキリンのノンアルコールの方が好きかも。

喉を潤したところでメインの米粉パスタの方ですが、
メニューが多くあれこれと迷いまして、結局、相方がこちらの
「野菜たっぷりトマト風味さわやかミートソースパスタ」(850円)

ミートソース

という内容はひと目でわかるが名前が長いパスタ、

私が「黒ごま豆乳スープカレーパスタ」(950円)

カレー

それぞれ180円でドリンクが付くので、食後にコーヒーも注文しました。

あれ?よく考えれば、米粉のカレーパスタってカレーライスじゃね?

とか思いつつ食べてみたのですが、これが美味い。

通常のパスタとはちょっと違いますが、もっちもっちとした乗ヘフォーを彷彿とさせるものの、

パスタ 

完全にフォーと言うわけでもなく、パスタでもあり、うどんでもあるような味わいもあり・・・

米がそうであるように、この乗烽「ろいろな具材に柔軟に合わせて行くようで、
ミートソースにもカレーにもよく合います。

特にカレーは某古○屋さんのようなクリーミータイプのカレースープで、クセになる感じです。

今回は注文しませんでしたが、デザートも豆乳米粉シフォンケーキや米粉ワッフル等、
実際原料は米なのでカロリーは不明ながらヘルシーな感じで美味しそうでした。

パスタやケーキ、いろいろなバリエーションを楽しみながらも、
お米の国が抱える在庫も減らせるのもいい感じですね。

他の米粉パスタや今回食べられなかったデザートも気になるので、
このお店にはまた寄らせてもらいたいと思います。

ところで、このお店は2階にあるので、尾竹橋通りが丸見えと言う程よく見えるのですが、
食後のコーヒーを飲んでまったりしていると、おそらく花火観賞目的と思える方々が、
尾竹橋通りを通って西新井橋へ続々と行進していくのが見えました。

開始時間は日が短くなった為に夏よりも早く午後6時からですが、
時計を見ると午後5時を回っており、この場所から荒サイまで自転車で5分程度で着くと思われるものの、、
会場近くの混雑に見舞われると余計な時間が掛る事を想定し、あわててお店を出ました。

外に出ると陽が落ちてくると気温が下がってきていまして、
一応コンビニで飲み物と菓子類を購入して向かいましたが、
夏の花火大会と違って冷たいお飲み物には何の魅力も感じず・・・
(まあ、ペットボトルにしたいという便宜上、冷たいお飲み物にしたが)

会場に向かう途中で、氷を入れたクーラーボックスのようなところに
飲み物を入れて店先で販売しているお店もありましたが、
夏だったら辛抱たまらんその氷音にもテンション上昇率0。

いつも「何でわざわざクソ暑い真夏に花火大会が集中するんだ?」と、
素朴な疑問を常々持っていたりもしましたが、購買意欲的意味でも
やっぱり夏の方が気持ちが盛り上がるのかもしれません。

駐輪場は西新井橋たもとにも用意されているはずなので、そこを目指して走っていたのですが、
そこまで行き着くのにもすでにすごい混雑のようで、
途中、手前にある公園に用意された駐輪場に誘導されました。

この公園からだと数分は歩くだけあり、こちらの駐輪場はかなり余裕がありまくりましたが、
イモ洗うような状態の駐輪場に置くのも忍びないので、愛車はここに置き歩く事にします。

その先は荒川に向かえば向かう程混雑が増していきましたが、取りあえず西新井橋には到着。
この辺にも結構、座っている人がいましたが、まだまだ空きがありユルさが漂う雰囲気です。

花火

それもそのはずで、打ち上げる場所はどちらかというと千住新橋寄りなので、
そういう意味ではここはベストポイントとは言いがたいらしい・・・

しかしこれからベストポイントに近づくにつれ、場所争いは殺気に満ち溢れた過酷さになるでしょうし、
今からじゃ苦労して向かってももう場所はないかもしれない。

「1番じゃなくても2番でいいじゃないか」という事で、安全策を取りたがるお年頃の我々は、
このまだ空きスペース満載のこの場所のユルさに吸い込まれるように、
西新井橋のたもと付近の土手にいそいそとビニールシートを敷きました。

花火大会が始まると、この辺は打ち上げ場所からはほんのちょっと距離があるだけあり、
真下の火の粉が降ってくるような臨場感はないですが、それなりに大きく見学する事はできました。

花火

花火

しかも空いているので好きな形での観賞が許されるというか、
相方さんはお茶の間感覚でトドのように寝そべって花火を観賞。
途中から私もそのトド観賞に加わりました。

開催時間は普通の花火大会よりは短めで50分で、河原でじっとしているだけに途中から寒くなりましたが、
会場に行き着くまでに全てが面倒になるような暑さがないだけに、秋の花火観賞ってのもいいですね。

そして美しい物を見ていると50分の観賞時間はあっという間で、
最後は花火大会お馴染みの自棄のように花火を連発し終了しました。

花火

綺麗な花火でしたが、うちのカメラは絶望的に夜間撮影がイマイチなので、
全然いい写真が撮れなかったのが残念です。

いや~、足立区さんにはいいもの見せて頂きました。m(__)m

ところでわが家にはこの週末の間に(まったく気がのらないけど)やらなければならない事があり、
それを実行する為にはホームセンターで材料を揃えなければならないのですが\、
大会終了後の放送で、「気をつけて帰ってね」の後にさりげなく、
「そして帰りは足立区の商店街等でお買物をしていってね」とお願いされた事もあり、
荒サイ沿いにある足立区の(ここ重要)島忠ホームセンターで買物をし帰りました。

まあ、お願いされずとも元々帰りにここには寄るつもりでいたんですけどね。^^;

そして翌日の日曜日は島忠ホームセンターで揃えた物で、ある作業をしたのですが、
その作業があんなに過酷な作業になろうとは、この時は想像もしていませんでした。(遠い目)

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事
足立の花火ポタ後のお買物
早くどうにかしないと!・・・とは思っていました。

でも自力でなんとかなってくれ!・・・とも思っていました。

しかしなんともならなかった上に更に状況が悪化したのがこれ。

ストレリチア

わが家の観葉植物「ストレリチアノンリーフ」ちゃんの弓反り。

何をされているんですか?ストさん。体操っすか?

という位、見事に反り返っています。(--;)

私の母は植物が大好きな人間で、実家の庭はジャングル寸前まで草花で溢れているのですが、
その手の遺伝子は一個も継がなかった私は植物との相性もいまひとつでして・・・

マンションに越してきて最初に購入した観葉植物も同じストレリチアシリーズの
「ストレリチアレギネ」だったのですが、無残に枯らし、その時は、

「植物とのコミュニケーションがいまひとつだったのかも。」

と反省しまして(そういう問題か?)今回のノンリーフちゃんには、
葉水もマメに与え、「元気かい?」と猫なで声で声を掛け、媚びるように育ててきたのですが、
購入から2年でこんな有様になってしまいました。

しかしちょっと前まで私の誠意が伝わっているかのようないい枝ぶりだった(はず)ですが、
ここ数週間で、なぜ、こんな弓反り化したのか?

東京で世界体操選手権も開催しているので、がんばれ日本という事でしょうか?
(んなわけないダロ。)

そこで先日まで良い子だったわが家のストレリチアちゃんが、
いきなりこんな反抗的な態度をとるに至ったのか、その原因を探るべく、
ネットを検索してみたところ、どうやら根が育ちすぎるとこういう良からぬあんばいになるらしい。

打開策としては、大きな鉢への植え替えしかないのですが、
「植え替え」という言葉を見ると、よみがえる負の記憶が・・・

先代のストレリチアさんも目に見えて調子が悪くなって来た時に植え替えを考えたのですが、
植物の育成というのはそれなりに難しいもので、植え替えにもベストシーズンというものがあるらしく、
ストレリチアの植え替えベストシーズンは、5月~9月になるらしい。

アンラッキーな事に先代が調子の悪くなったのが、このベストシーズンから外れた冬の頃でして、
そのままベストシーズンの5月までの数ヶ月は放置して待つことにしたのですが、
その間に症状は悪化の一途を辿り、ようやく植え替えシーズンを向かえたのも束の間、
植え替えた直後からあれよあれよと葉が枯れていき、最終的にお亡くなりになってしまいました。

ようは植え替えが先代に止めを刺したという形になります。

いや、マジ切なかった。

セコイ話にはなりますが、植え替えには更に大きな鉢というモノも必要でして、
この鉢というのも大きめな物になるとそれなりの金額はするのですが、
その投資の分もプラスして切なかったです。

そういった過去の負の記憶もあり、できるだけ植え替えとかはやりたくないのですが、
根の成長とともに植え替えをしなければならないのが、鉢植え植物の宿命。

植え替えは大体2年位を目安にやるものだそうですが、
このストレリチアちゃんもわが家に来て大体2年位にはなります。

今回も申し合わせたように植え替えベストシーズンは逸していますが、
先代の経験からこのまま5月まで放っておいても、良からぬ結果を招くに違いない。

所詮、避けなくても避けて通れない関門ですし、
ここで思い切って植え替えを実行する事にしました。

用意するものは鉢・・・は前回の先代と植え替えた時の大きめな鉢を使うとして、
(あっという間に不幸に見舞われ、ちょっとの間しか使わなかったけど)
観葉植物の土も確か前回植え替えた時の残りが残っていたはず・・・

しかし今回は植え替えの成功度アップを狙うために新たな肥料を買い足す事とし、
土曜日の足立の花火のポタの帰り道に島忠ホームセンターに寄りまして、
こちらの肥料と軽石を購入、主に相方さんが担いで帰ってきました。

肥料  肥料

石

そして早速、翌日の日曜日に植え替えを実行。
日曜日はポタに行く予定もしていたので、植え替えはその前に軽く片付けるつもりだったのですが、
実際やってみると、軽くなんぞできるもんじゃねぇ。

植木を抜く時のイメージとしては、上から引っ張れば、すぽっと抜ける印象ですが、
現実はそう上手い事ははいかず・・・

根が植木鉢の中にキュウキュウに張っており、上から引っ張ったぐらいじゃテコでも動かず、
無理に引き抜くと胴体と根が真っ二つになりそう(だし現実になると思う)なので、
まず土と植木鉢を丁寧に引き離す作業をしなければなりません。

今回はスコップも購入して来たのですが、スコップでは土は取り除けるものの、
厚みがあるので植木鉢と根との剥離作業には向かず、そこで使用したのが、
前回の植え替えの時にも使用した定規。

定規でほぐす

この定規で地味に定規から土を剥ぎ取りながら、
土をスコップで避けるという地道すぎる作業です。

しかし土が固くてなかなか剥離作業がはかどらない上に、植木鉢が無駄に背が高いので、
掘っても掘っても下には届かず、植木鉢を縦にしたり横にしたり転がしたりを繰り返しながら掘るという、
掘削作業に力作業もプラスされる作業となりました。

この作業は結構過酷で、汗っかきの相方は見る見る汗だくになり、
私も体力が奪われていました。

植木鉢と同時に横になったり縦になったりを余儀なくされるストレリチアちゃんに対しても、

こんなアクロバティックに扱って大丈夫なのか?

と最初は心配して丁寧に扱っていたのですが、作業時間が長くなるにつれその余裕はなくなり、
途中から葉っぱの保護もおざなりになり、「どうでもいいから早く何とかなってくれ」と願うばかり。

そしてこんな作業に1時間近く費やした頃でしょうか?

先代から使用していた定規がボキッと真っ二つに!∑( ̄ロ ̄|||)

元来、どこかでおまけに貰ったプラスチックの定規だったし、
まさかこんな負荷のかかる使い方をされようとは想定していないでしょうし、
折れるのも仕方ないのですが、作業上は仕方ないではすまん。

定規が半分になることによって、ただでさえはかどらなかった作業は、
更に遅々として進まず・・・

こんな調子では、この後にポタどころか陽のあるうちに植え替えが終わるのかすら怪しい。

作業場所のベランダに漂う絶望感・・・

もう全てなかったことにしたい。

と投げ出したくなる気持ちを抑えつつ、定規に変わる何かを家の中から物色する事しましたが、
世の中は皮肉といいますか、不運に見舞われた為に物事が好転する事があるもので、
今回MVPとも言える働きをしたブツを見つけました。

パレット

「ケーキパレット」

ケーキに生クリームをぬったくる時に使用するアレです。

食べ物を使用するものだけに、今回剥離作業に使用してしまうと
もう元の使用方法には戻れない道になりますが、
この負のスパイラルを打破する為なら仕方ない。

わが家の100均ヒット商品の中の一つに数えられうなモノで、
結構気に入ってもいたのですが、どうか犠牲になってくれ。(合掌)

と断腸の思いで使い始めたのですが、これがめちゃめちゃいい!

ステンレスで強靭な上、薄くしなりがあるので、土と植木鉢との間にぐいぐい入る気がします。

パレット

このケーキパレット登場のお陰で、プラスチックのしょぼい定規より作業効率はグンと上がりましたが、
それでも根がしぶとく、更にすったもんだすること約30分。

根

ようやく年貢を納めてくれました~

根

って、長いわ!!Σ(゚Д゚ ;)

この一本だけ成長しまくったこいつが、最後まで植木鉢に絡みつき、
私共をてこずらせていました。

しかし全体的に根の具合はいい感じじゃね?
先代の時と比べるとみずみずしく熱い血潮が通っている気がします。

ちなみに下の写真は先代の根。

やばそうな根

完全に乾燥した芋がら状態でした。

新しい植木鉢に入れる前に、古い根や異常に成長した根を剪定する作業をしなけれなりませんが、
先代の時は全体的に根が「お前はすでに死んでいる」モードだったので、
どれが古い根が要らない根か区別がつかんかったんですが、
今度は腐っている根や古い根からは他の根とは違う
独特のマイナスオーラが出ているので区別がつきました。

そして異常に成長した根・・・それはわかるぞ。

根

確実にお前だ!!

ただ切るといってもどれぐらいで済ませれば栄養補給に影響がないのかが不明。
しかし根を引き抜く時に損傷もしたようなので、思い切って半分程度にぶった切りました。

そしてまず軽石とやらを植木鉢の底に少しだけ入れ、
上から入れる土ですが、元来購入してあった「観葉植物の土」には、
肥料をプラスしなくても予め必要な栄養素は入っているようですが、
せっかく足立から担いで買ってきたこともあり、プラス。

この時点で思考が働かない程疲れていたので、配分は超適当。

偶然、奇跡のブレンドとかにならねぇかな~

とかご都合主義な事を思いながら、混ぜ合わせます。

混ぜ終わったところで、植木鉢にストレリチアちゃんをINしましたが、
ここで予期せぬ問題が発生しました。

今まで使っていた鉢は縦にやたら長い鉢ですが、今回(というか先代にですが)用意した鉢は、
横に幅広くはありますが、縦には然程長くないタイプです。

なので、鉢に合わせて縦に成長した根は今回の植木鉢には、微妙に入りきりません。

ここまで来てどうするんだ?!

・・・・・・・・・まあ、いいか。

別の鉢はないし、私共もすでに疲れきっていたので、
とぐろを巻かせるようにして、何とか根を収納しました。

そして上から土を入れていったのですが、
ここで更になぜ予期できなかったのか不思議な問題が発生。

土が若干足らん。∑( ̄ロ ̄|||)

先代の時に植え替え用に購入した土は14Lもあり、かなり余っている印象があったのですが、
意外と余っていなかったようで、植木鉢の3分の1位を残したところで、
土が完璧に足りなくなりました。

実は混ぜている時から薄々気付いてはいたのですが、「なんとかなるかなぁ」と。
なんともならなかったですけどね・・・

そこで作業を中断して土を買いに行く事になりました。

とは言え、わが家の近くにはホームセンターがないので、100均で観葉植物の土を購入してきましたが、
100円だからなのか、メーカーが違うからか同じ「観葉植物の土」というジャンルなのに、
あきらかに土の雰囲気が異なります。

土

今まで入っていた土と以前購入した「観葉植物の土」は、土の粒が大きいタイプで
ほぼ同じ感じなのですが、100均の土は通常の土のように土がサラサラ。

このサラサラ感はデカいストレリチアを支える上で、不利に働きそうな気もします。
・・・でも、考えたところでどうなるわけもないし、埋めちまえ、埋めちまえ。

そうして最終的には集中力もなく、半ば投げやり気分で植え替えというより工事を終えたのですが、
完成後は、一応、ストレリチアちゃんも弓反りは治り、いい感じに直立。

ストレリチア

私共もホッと胸をなでおろしていたのです。

が、とかく手抜き工事というのは後からゆがみが出る物でして、
一日経った後に、また元の弓反りに戻っていました。

振出シニ戻ル。

これはやけにサラサラしている100均の土では支えにならなかった為か、
根の育ち方に対して、植木鉢の深さがいまひとつ過ぎたのか・・・おそらく両方でしょうね。

このまま放っておくわけにもいかんので、再び植え替える事にしたのですが、
そうなると新しくいいあんばいの大型の植木鉢を購入しなければなりません。

そこで昨日はいろいろホームセンター等を巡ってみたのですが、
いい具合に背が高くて、以前植わっていた植木鉢よりもよりも幅がちょっと大きめ、
というような都合のいい鉢は見つからず・・・

結局、ネットで見つけて購入したのですが、お値段は5,000円也。(゚∇゚ ;)

えーと、確かこのストレリチアは1万円位で購入した記憶があります。

・・・もう少し出せばピッチピチの新しいの買えるじゃん。

先代がそうであったように、今回も植え替えたところでどうなるかわからんし。

というような本当の事を思ってはいけない。

いかにコストがかかろうとも、わが家に来た限りは、このストレリチアちゃんも家族。
生きている以上は、見捨てるわけにはいかんのです。

ええ!どんなにコストが掛かりましょうともっ!

ところで、植物にとって植え替えというのは大手術のように負担がかかるそうです。

つまり今回はその大手術をある意味失敗し、間髪入れることなく小手術をする羽目になるのですが、
その現実は一体全体ストレリチアちゃんにどう影響するのか?

・・・どう考えても不吉な予感しかしないので、考えたくありません。

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事
『自転車女医のサイクリニック』
どうも、こんにちは。くろばいBです。

今週の月曜日・体育の日は出勤だったのですが、本日は休暇を取りまして
一足遅い三連休です。

さて、自転車関連の本でこういうものが発売されいたんですね。



著者はドロンジョーヌ恩田さんと蔵本理枝子さん。

蔵本理枝子さんは存じ上げなかったのですが、スポーツ整形外科医で、雑誌、スポーツ新聞、
インターネットサイトなど、様々なメディアで「リエチ先生」の愛称で活躍中なのだそうですね。

で、「サイクリニック」というのは表紙にも書いてあるのですが
「サイクリングとクリニックからなる造語」だそうです。
つまり、サイクリングにまつわる痛みや怪我、病気をイラストを交えて解説している本のようです。

Amazonのレビューを見ると、現在のところ全員5点満点を付けていて、
プレビューでパラパラ見た感じでもなかなかおもしろそうな本です。

価格は1,050円とお手ごろ価格なのですが、地元の図書館にも置いてあるようなので、
まずは図書館で借りて読んでみたいと思っています。

また、この本の出版を記念してドロンジョーヌ恩田さんと蔵本理枝子さんの
トークショー&サイン会が2011年10月26日(水)に三省堂書店神保町本店で開催されるようなので
興味のある方は参加されてみてはいかがでしょうか。
詳しくは三省堂書店さんのブログに載っていますので、そちらでご確認ください。
http://www.books-sanseido.co.jp/blog/jinbocho/2011/09/1026.html

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング

関連記事
荒川にあの人気者が出現
かつて彼が(彼女?)が多摩川に出没した時、私は江戸川近くにある実家に住んでいましたが、
その報道を見る度に、正直「ちょっと羨ましい」と思っていました。

それから数年が経ち私は今、荒川近くに居を構えているのですが、

まさかあの彼(彼女)が荒川に出没しようとは!

彼(彼女)=アザラシの「アラちゃん」

なんと、11日に埼玉県志木市の荒川にゴマフアザラシが出没したようです。

最初は「すわ、タマちゃん再びか?!」と思ったようですが、
どうやら種類が違うのでタマちゃんとは別人ならぬ、別アザラシらしく、
めでたく初出没の荒川に栄誉ある命名の機会が与えられたようですが、
ところで、アザラシが最初に出没した川の名前をそのアザラシの名前にするのは、
すでに突っ込む事すら許されない暗黙の了解事項なんですかね?

わかりやすいちゃーわかりやすいのですが、若干、芸がないというか・・・

今後、多摩川に再びアザラシ的なものが出没したら
当たり前のように2代目タマちゃん襲名とかになるんでしょうか?
そうなると、なんか歌舞伎の世界のようですね。^^;

このアラちゃんは秋ヶ瀬に現われたようですが、
私達も自転車で何度か通りかかった事がある秋ヶ瀬公園の近くでしょうか。

だったらわが家からは少々距離はあるものの、行けない距離というわけでもありません。

どういう事情で現われたのかは存知上げないのですが、
アザラシが川に現れることなどそうない事でしょうし、
現にアザラシが荒川に現れたのは、2003年のタマちゃん以来だとか・・・・

えっ?!タマちゃんて荒川にもいらしてたの?(゚∇゚ ;)
“タマ”ちゃんなので多摩川にしか出没してないと思っていました。

そこでネットでタマちゃんの軌跡を辿ってみたのですが、

2002年8月7日-2002年8月17日 - 多摩川
2002年8月25日-2002年8月30日 - 鶴見川
2002年9月12日-2002年9月13日 - 帷子川
2002年9月15日-2002年9月24日 - 大岡川
2002年9月29日-2003年3月14日 - 帷子川
2003年4月20日-2003年4月23日 - 中川
2003年4月30日-2004年4月12日 - 荒川

という精力的な行動力でいろいろな川を渡り歩かれていたようですね。

アザラシ界の水戸黄門でも狙ってたんか?

でも改めて軌跡を見ると純粋に期間だけでは多摩川よりも荒川が一番長い気が・・・
(顔を出した回数的には他の川が長いのかもしれませんが)
しかも発見時期によっては“ツルちゃん”だったかもしれないですね。

それにしても情報社会とはすごいもので、アラちゃんが発見された11日には、
200人もの人が集まったらしいのもすごいですが、翌日には更に膨れ上がり500人となり、
マイクロバスの団体客や露天商も出ていたらしいです。

もうどんだけ集客力があるんですか。アラさん。

どんだけスター性があるんだと・・・

そこで私もそのスター性にあやかり、この休日は荒サイに「アラちゃんに会いに行くポタ」
というのもいいなと思っていたのですが、残念ながら500人もの人を集客した12日も
結局、パリスヒルトンさん並みのドタキャンを見せて現れなかったそうで
(いや、アラちゃんは約束していないのでパリスさんとは違うか)
一説によると荒川を下ってすでに東京湾に出てしまっているのではないかと・・・

時々私共も走っているあの荒サイ(正確には荒サイの横の川ですが)を
アラちゃんも泳いでいたとは感慨深い。

それにしても東京湾ってアザラシが住めるんだ。

というのも新しい驚きです。

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事
阪急MEN'S TOKYO に自転車ショップ
どうも、こんばんは。くろばいBです。

昨日・10月15日、有楽町の「阪急MEN'S TOKYO」がグランドオープンしたそうですね。
ニュースによると、初日は開店前から600人以上の行列ができたそうです。

この有楽町の「阪急MEN'S TOKYO」は有楽町マリオンの中にあり、
もともとは女性向けがメインの「有楽町阪急」だった場所がリニューアルしたものです。
阪急のメンズ専門館はすでに大阪にもあったのですが、そちらの売上がよかったようで
今回のリニューアルとなった模様です。
確かに先日閉店した有楽町西武といい、休日でもお客さんが少なかったですからね。

お店のコンセプトは
世界を舞台に活躍する男たちのための「ジェットセッタースタイルストア」
とのこと。
「ジェットセッター」というのはジェット機で世界を飛び回る人というような意味のようで、
若干(というか全く)私などとはライフスタイルが違いそうなのですが、お店を覗くぐらいはいいですよね。

6階には自転車ショップ「ザ・パーク」というのが入るそうです。
やはりここにも自転車ブームの波が来ているようです。
きっと高級な自転車がたくさん並んでいるんだろうなあ…

個人的には、文房具好きなので伊東屋とユナイテッドアローズのコラボレーションによる
「itoya WITH UNITED ARROWS」にも興味ありです。

広い駐輪場があればうれしいんですが、どうなんでしょうね?
今度見に行った時に確認したいと思います。


ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事
無駄に終わった三連休(T_T)
先週末、相方が個人的に金曜日からの三連休にしまして、
わが家では前もって三連休の予定をあれこれと立てていました。

お天気は日曜日だけは一時的に崩れましたが、
全体的にはまずまずのとってもポタ日和・・・だったのですが、
まさか3連休の全日程をどんよりと家で過ごす羽目になろうとは・・・

というのも、申し合わせたように金曜日から私は体調を崩し、ひどくアンニュイな状態になりまして、
とてもポタに行く気力もなく、結局、3日間とも出掛けられなかったのです。

いつの頃からか成り行きでわが家の掟となった“一週間に1度以上はポタる”と実行するために、
相方のみは日曜日にとっとと1人ポタを敢行してきましたが、
私としてもここで1人挫折するのもなんか複雑な感情が入り混じるので、
この(無駄な)義務を果たす為に、様子をみて締め切りである金曜日までには
1ポタには行っておこうと思っています。

しかしそんな体調が悪い時でも「待ったなし」な出来事はあるもので、
土曜日の日にわが家に届いたのは、

鉢

瓶かよ。∑( ̄ロ ̄|||)

というような大きな鉢。

もちろん私は誰に恨まれる人間ではないので(たぶん)、嫌がらせ等で届いたのではなく、
自分自信で注文したのですが、何せ通販注文なので数値ではわかっていても、
実物は見ていなかったので、実際に現物を見てちょっとひきました。

先頃、根が大きくなり過ぎたようで、やけに弓反ることにより無言の抗議をしてきた
わが家唯一の観葉植物ストレリチアノンリーフ。

ストレリチア

そこで大きな鉢へとお引越しをさせたのですが、引越し先の鉢が大して大きくなかった事が
引越し後に判明し(我ながらグダグダやな)、あわてて新しい大きな鉢を通販で注文しまして、
その瓶・・・じゃなくて鉢が体調不良真っ只中の土曜日に届いたのです。

1度の植え替えかえですら植物にかなりの負担をかけるものらしく、
再植え替えとなると早くやらんとおそらくヤバさは倍増。

さすがにデカイ鉢植えなので相方1人に頼むわけにもいかず、
鉛のように重い体に鞭打ちまして、植え替えだけは何とかしました。

幸いというべきか、まだ前回の植え替えから数日しか経過していないので、
植物も身が定まっておらず、文字通り根を下ろしていなかったようで、
前の時のようにまず鉢から引き離す段階で大事件・・・という事にはならなかったものの、
前と同じように土は肥料とブレンドしたので、何度もブレンドする羽目になって大変でした。

いや、こっちの顔色も土気色になりそうでしたよ。(--;)

土を入れても入れてもなかなかいっぱいにならず、最終的には先日改めて購入しておいた
観葉植物の土のデカい袋まるまる一袋分、14Lも入りやがりました。

それって室内観葉植物のレベルなのか?Σ(゚∇゚ ;)

そして再植え替えから3日が経ち、以前のヤバ過ぎる弓反りの枝ぶりからは
多少改善されましたが、劇的な変化は見られず・・・
何となく小康状態という感じて保っています。

まあ、わが家の先代の観葉植物であるストレリチアレギネは植え替えた途端、
止めを刺されたようにあれよあれよと葉が茶色くなりお亡くなりになったので、
それを考えると一応、植え替えは成功・・・したのでしょうか。

重い体をおして植え替えをした私のプライスレスな愛情、
そしてプライスレスじゃなかった植木鉢料金5,000円を含む植え替え代のためにも、
がんばって生きていって欲しいと心から願っています。

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
[READ MORE...]
関連記事
マラサダポタ第2弾【高島屋限定販売マラサダ編】
話は少々遡って恐縮ですが、先々週の週末は土、日、月と世間様では3連休でしたが、
わが家シフトでは相方が月曜日に仕事が入っていた為に、通常モードの2連休となっていました。

そして9日の日曜日に、朝飯前ならぬポタメシ前の軽い気持ちで
わが家唯一の観葉植物ストレリチアの植え替えを始めたものの、
思いの他、時間と気力と手間がかかり、約3時間もの時間を掛け、
一応植え替えが終了した後は、私も相方もすっかり廃人化。

お互いの口から

「植え替えも終わったし、早速、ポタに行こうぜ!(o^-')b」


と言い出す気力は失せていました。

そしてポタのことを忘れたかのように流れるアンニュイな時間と共に、
陽もどんどん暮れていき、秋の夜長も手伝ってお外は真っ暗となり・・・

「今更ポタとかないわー」な気分ではあったのですが、
思い出すに、この日は是が非でもポタに行かねばならぬ事情があったのです。

その事情とは「マラサダ」

ハワイの事を調べている時にマラサダ熱にとり憑かれまして、
ハワイに行くまでにできるだけマラサダを食べ歩き・・・じゃなくて食べポタりたいと思っていた今日この頃に、
相方がもたらした情報によるとグッドタイミング的に日本橋の高島屋にて
期間限定でマラサダドーナツの販売をしているらしい。

高島屋のHPを見ると、今回販売するのは、新宿薬王寺町のベーカリー
「アート・ブレッド・ファクトリー」さんがプロデュースするマラサダだそうで、
最悪この度見逃しても新宿に行けば購入は可能のようですが、
目を惹いたのは、今回販売されるという高島屋限定の“マラサダ和三盆”

何度か食べ歩いてわかったのですが、マラサダという食物は、
揚げたパンにシナモンをまぶせばシナモン味、ココアをまぶせばココア味と、
貧乏舌を持つ私としては、時折判別がつきかねるレベルの味の違いなのですが、
ようはフレーバーさえ変えれば別の味(という事になっている)なので、
貴方次第で意外に味の広がりを作れるというか、改造可能感が日本人好みな感じです。

今回もハワイのお菓子としていながらも「絶対現地にはないだろ」的な
和三盆を使用する事について是か非かはさておき・・・

平凡な生き様をさらしている身としては、自分が並なだけに、
「限定」とか「特別」とか「貴方だけにこっそり」とかいう言葉には弱い。

・・・とは言え、「限定」とは言いつつも評判がよければ、
本店とかで売るんだろうなぁ。


という薄っすらとした予感はあるものの、逆に評判じゃなければこのまま幻と化すわけで・・・
(まあ、評判にならなかった程の味を食べたいかと問われると、誠にあれですが)

すでに日もとっぷり暮れていた上に労働後の上にナイトライドで多少億劫ではありましたが、
「限定」という言葉の魅力には勝てず、ここは徹頭徹尾完全無欠のナイトライドで、
日本橋の高島屋まで行くことにしました。

世間様的には3連休のど真ん中の日だったので、道路は混雑しているかと思いきや、
同じ道を昼間通るよりも全然空いていて、その点は至極快適でしたが、
何と言っても都内はどの道も信号が多い。

最近、わが家が日本橋方面に行く時には、あの桜吹雪でおなじみの遠山の金さんこと
遠山左衛門丞様の縁の橋・・・だと思っていたらまったくの別人の左衛門様縁の橋だった、
左衛門橋のある左衛門橋通りを走る事が多いのですが、多くの都内の場所がそうであるように、
この左衛門橋通りも信号がやたら多いのには辟易します。

もちろん、都民の安全の為だとはわかっていますが、せめて平行に何本か道がある場合は、
そのうちの1本はアタリで信号はナシ・・・とかにならんのですかね。

そのような自分勝手な不満はありつつも、基本、順調に高島屋まで到着しまして、
確か前に来た時に「駐輪場に入れたはず・・・」と過去の記憶を辿りつつ、駐輪場を探し当てました。

駐輪場はお店の裏手からすぐの場所、私などは足を踏み入れるだけでも恐れ多いような、
かなりディープそうなお店が並ぶ路地裏を入ったところにありました。

駐輪場

大抵の酒場には果敢に挑む吉田類さんでもビビる類のディープな店構えのお店ばかりっすね。

そして駐輪場ですが、思い出というのは美しく修正されるようで、
私の記憶によると立派な駐輪場があったような記憶がありましたが、

駐輪場

こんな高校の駐輪場を思わせるノスタルジックな感じの駐輪場だっけ?


日本橋と銀座との違いはあるとは言え、最近出来た銀座三越の駐輪場とはかなりの差が・・・

いやいや、来客者専用とは言え、都内に駐輪場を作ってくれだけでもありがたい事だし、
贅沢を言ってはいけない。

ところでこの駐輪場は“来客専用”と謳ってある割りには、
鷹揚なことに特に駐輪カードも買物証明もいらないようで・・・
空いている場所に適当に置きまして、時刻は閉店時間の8時まで1時間ちょっとだったので、
急いで店内へと向かいます。

マラサダドーナツはお菓子屋さんなどのテナントがあるB1に臨時店舗を構えているようで、
お店自体はすぐに見つかり、一直線に向かったのですが、

マラサダお店

・・・しかし我ながら何故その事を予想していなかったのでしょうか?

閉店まで残り約1時間、そして日持ちのしない食べ物、おまけに「限定品」となれば、
当然といえば当然の流れですが、お店には「和三盆味は売り切れました」と書かれた張り紙が!

何しに来たのかわかんねーーーっ!∑( ̄ロ ̄|||)

と叫びたい気持ちでいっぱいでしたが、そこを大人の分別とやらでぐっと堪えまして、
落胆しつつも取りあえず、お得な5個入り700円パックとやらを購入しました。

限定品を購入するという希望は叶いませんでしたが、一応マラサダが手に入ったのでヨシとするしかなく、
このまま帰るのも虚しいので高島屋の中にあるお店でお茶とかをしばいて行くことにしました。

デパートの中にあるお店は至極限られているので、あまり迷う余地もなく、
こちらのショコラバー「パスカルカフェ」さんへ。

パスカルカフェ

名前の通り、世界最高峰のショコラティエ、パスカル・カフェ氏のお店だそうですが、
チョコレート・・・じゃなくてショコラ業界にはピエールさんやらリチャードさんやらが多くて、
横文字苦手で外国人のお顔の認証がいまいち得意でない私には、
どこのどなたなんだかわかりかねたりかねなかったり・・・

でも店舗の前に洋菓子おなじみのキメ顔ポーズのお写真があるところをみると、
このパスカル氏はとても有名なショコラティエの方なんでしょう。

パスカル氏はさておきまして、それにしても特にバレンタインシーズンには、
こういったキメ顔ポーズをとられた有名(らしい)なショコラティエの方が
雨後の筍のように登場されますが、本当に地元のお国でも有名な方々なのか、
そこら辺が毎年ちょっと疑問です。

単に閉店時間直前だからか、それとも昨今のデパートの売り上げの低迷に伴ってか、
この時はデパート全体が「店員さんの方が人数多いんじゃないの?」という位の
お寂しい客の入りだったので、こちらのお店にも私共の他には客もおらず、すんなり着席。

私の方は・・・と言っても所詮二人で折半するので、
ガトーショコラとコーヒーのセットで1,500円。

ガトーショコラ

相方の方は・・・同じ物を頼んでも仕方がないし、
どうせならパスカル氏のショコラもご相伴に預かりたいので、
コーヒーとショコラ2個付きのセット1,100円を注文。

ショコラ

チョコレートはチョコのメニューとは思えない数のメニューの中から2個選べるようで、
冒険のなさそうな物を適当に2個選びました。

「それにしてもさすがにデパート価格のお値段だな」と小市民丸出しの事を思いつつ食べてみると、
さすがに無駄にお値段が高いだけではなく、、

これは確かに量産型チョコとは違う。
(まあ、お値段も違うけど)

素人舌での私でもわかる感じに味が深い。

食べた直後は普通に甘くて美味しいのですが、
その後に「深い感じの何かが来た!」という味わいです。
その“深い感じの何か”は所詮素人舌なのでわかりかねるのですが・・・

ガトーショコラも普通のガトーショコラと違う感じに味わいが濃く、
添えてあるバニラアイスもよくある業務用な感じではなく高級チックな味がして、
全体的にパスカル氏のこだわりが感じます。
(お名前すら存じ上げなかった私に、そんな事言われてもなんだろうけど)

その後は、閉店時間も近づいていた為にデパートを出て、
素直に家に帰って購入したマラサダドーナツを食べたのですが、
こちらはマラサダではなく、マラサダドーナツと言うだけあり、
外のフレーバーで味を変えているだけではなく、中にクリームが入っています。

マラサダ

種類はバナナ、ショコラ、カスタード、プレーン、シナモンの5種類。

マラサダ

試しにそのままでバナナを食べてみましたが、

マラサダ

出来立てではないためか、このお店の特徴なのか、
めちゃめちゃアンドーナツテイスト。

そこでマラサダが包んである紙に少し温めるといいというアドバイスが書いてあったので、
それに従い、電子レンジで15秒程温めてみたのですが、
テイストは悪くないものの、まぶしてある砂糖が溶けるという弊害があり・・・

私もそんなに食べ比べたわけではないのに僭越ですが、
やっぱりマラサダは出来立てが美味しい気がします。

・・・ところでその後、市谷薬王寺町・薬王寺商交会さんの公式HPに載っている
アート ブレッド ファクトリーさんのページを見たところ、
なぜか新商品として「和三盆マラサダ」が紹介されていました。

いい仕事をしたので、早くもレギュラー入りを果たしたのでしょうか?

それとも和三盆味が高島屋限定というのは、わが家の勘違いだったのでしょうか?

そう言えば、和三盆の他に売り切れ商品がもう一点あったような気がするけど、
もしかしてそっちの方が限定商品だった・・・とか?

(どの道今更だけど)疑問は深まるばかりです。

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事
北千住ひとりメシポタ
雨が降っちゃってます。

今週末は月に最低1度はあるしょう油の街DAYなので、
しょう油の街市に行かねばならず、休日にポタれるのは本日のみなのですが、
さすがにこの雨じゃ行けそうにないです。(T_T)

来週も平日にポタに行くしかなさそうです。

って、すでに遺伝子に組み込まれているかのように当たり前な感じで
「週一ポタ」が組み込まれているわが家ですが、先週の週末は私が体調がすぐれんかったので、
取り合えず相方のみが日曜日に一人ポタに行き、私は丁度相方が夕飯をいらない日だという
木曜日に夕食を兼ねてポタに行ってきました。

私は「自転車乗り」とか言いつつも、大変お恥ずかしい話ですが、
私は平日にひとりで自転車に乗る事がほとんどなく、
それというのも過去外人さんから“ウサギ小屋”と揶揄されたそのものの
わが家のウサギ小屋チックな狭い住宅事情と、「ノミの心臓」などというと
ノミが気を悪くするような私の気の小ささから来るものでして・・・

わが家の自転車達は相変わらず和室に鎮座ましましているので、
自転車を出すには狭い廊下、狭い戸口、そして狭いマンションの廊下、狭いエレベーターと
私の快適なポタ生活を阻むような障害物がたくさん存在し、
ミニベロであっても外に出すだけで気がとてつもなく重くなる状況にあります。

普段は、一応、相方が自転車を部屋から出し、エレベーターも2人で乗るので、
狭いエレベーターを占拠している申し訳なさも2分できるのですが、
一人でエレベーターに乗っている時に、もしよその奥さんが荷物とお子さん連れで乗ってきたら、

「ちぇっ、邪魔な自転車だなぁ。」

とよその奥さんの顔に書いてあるぅ。(おそらく被害妄想)

とかいう状況を思うといたたまれなくなるのです。

しかし週一ポタを遂行する為にはそうも言っていられず、
気が重い中も自転車を部屋から出したのですが、普段はここは相方に頼んでいるので、
コツがわからない事もあり、廊下まで出す時に柱にぶつけそうになったり、
廊下にひっかかたりとここだけで一苦労しまして、すでにひとゲンナリ。

幸いな事にエレベーターではよその奥さんにお会いする事もなくすんだのですが、
エレベーターに乗っているだけで、いつ誰が入ってくるのかというスリルとサスペンス感があり、
下に降りただけでポタ後とは似ても似つかぬ爽やかさの欠片もない疲れが・・・

こういう時にはいつも思う、こんな時、アイツさえいてくれたら・・・と。

ちなみにアイツとはもちろん相方・・・とかではなく、前から欲しいと思いつつ、
ウダウダ買えずにいるこちらの「5Links」という折りたたみ自転車です。

5LINKS

アイツさえあれば狭いエレベーターもノミの心臓に負担を掛けることなく乗れる物を。

でもこの厳しい関門を抜け、マンションから解き放たれれば後はお手軽なもので、
そのままポタ先である北千住へと向かったのですが、
丁度、平日の帰宅時間に差し掛かった北千住は人で混んでいまして、
駅に近づけば近づくほど走りにくくはありましたが、とりあえずは到着しました。

今回は単純に夕飯ポタということで、ルミネレストラン街にある「おぼんdeごはん」さん。

女性にも人気があるという定食&カフェのお店なのですが、
ここで一人ポタの弊害とも言える出来事が。

お店の写真が撮れん。

特に観光地でもないデパートの中によくある普通のレストラン街なので、
当然カメラを構えている人間などおらず、もし私がここで写真を撮り出したら
「怪しい者です」とか白状しているような雰囲気があります。

気の弱いくせに無駄に想像力だけはある私は、ライバル店の偵察員だと間違えられ
お店の人に追求され、必死に弁解する自分の姿が脳裏をかすめてしまい、
とてもこの状況ではカメラを取り出す事ができず・・・
仕方なくお店の写真は諦め、店内に入ります。(--;)

このお店は定食&カフェ”とは言ってはいますが、
「定食とかとも言った方が女性が一人でも気軽に入れる気がするでしょ。」的な狙いで
使ったと思われる定食屋さんなので、ほとんどが女性客、
しかも平日だからかひとりメシのお客さんも多いです。

私の若い頃なんて「職場に昼ごはんを食べる相手がいないので仕事を辞めたい」というような
“ランチメイト症候群”なんて人もいたセンシティブな時代だったのに、
ほんのン十年で時代も変わるものですね。

丁度、隣の席の女性もひとりメシのようで、
私が着席した時にはメニューを見ている時でした。

店の前にあるショウウィンドーで注文する物は決めてきたので、
流れと参考で補足的にメニューを見ていたのですが、
そうこうしているうちに隣の女性が注文する為に店員さんを呼び出しました。

隣の席と言っても、すぐ横なので注文内容は私にも筒抜けなのですが、
ここで予想もしていなかった出来事が!

こちらのお店はファミレスのようにメニューが豊富なのですが、
そのメニューの豊富ぶりにも関らず、隣の女性の注文が、

私が注文しようとしているメニューとモロ被っている。∑( ̄ロ ̄|||)

・・・ちょっと前、例により相方が図書館から借りてきたグルメ雑誌に、
故吉行淳之介氏のエピソードが紹介されていて、
それは吉行氏がカレー蕎麦が食べたくなりお蕎麦屋に入ったら
先に入っていた女性がたまたま先にカレー蕎麦を注文し、真似したと思われるのは心外だが、
自分は元々食べようと思っていたし、でもその女性はどう思うのか逡巡する・・・

というような話だったのですが、まさかその話を読んでから時を開けずして、
自分に同じ境遇が降りかかってこようとは。

そのエピソードを読んだ時には、「そんなの気にせず頼めばいいじゃん」と思っていたのですが、
ひと事モードの時はそう思っても、実際、自分の身に降りかかってみると意外とできないもので、
同じメニューを注文した時の隣の女性の心情も去ることながら、知らない者同士、
ほぼ同じタイミングで隣り合って同じメニューを同時に食べてるって微妙じゃね?

そう考えるとどうしてもそのメニューを頼む事ができず、気がつくとまったく別の
「豆腐ハンバーグの和風ロコモコ丼」(1,150円)を注文していました。

ロコモコ

料理の写真も周りに撮っている人がいなく撮りにくかったのですが、
席は一応自分の陣地(?)であるので何とか撮影しました。

こちらロコモコもハンバーグが豆腐ハンバーグなだけにヘルシーそうではあったのですが、

やっぱ・・・アレやね・・・
ロコモコと言えばハンバーグはビーフが一番やね。


という感じでした。

そしてお店の中を若干ぶらぶらした後にたいした収穫もなく、
消化ポタとも言えるポタを終え、再びあの障害を越え部屋に帰ってきたのですが、
腰に持病を持つ身としては、ミニベロとは言え時々十数キロの自転車を持ち上げるのはキツイし、
「やっぱりアイツを手に入れよう」と再決意するに至りました。

そうしてまた辛くも“週一ポタ”を遂行したのですが、このポタ日記を書いているうちに、
そこまで週一ポタに無駄に情熱を注ぐわが家に同情した自転車の神様の助けか、
気がつくと雨が止んでお空が晴れてきました。

しょう油の街市に行く前ですが、ちょちょっとポタを片付けて来ようと思います。

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事
気になる新モデル
哀しいことがあるとあの革の表紙を開くように、
ひとりポタなどをすることになり自転車運搬関係で不都合があると思い出すアイツ・・・

「5LINKS」

この5LINKSは、“折りたたみ自転車”を作ろうとしたのではなく、地球にやさしく公共機関を使いつつ、
楽に移動できる移動手段を考えたら折りたためる自転車を作る事だった。

・・・という発想に基づき作られた自転車らしく、あくまで基本はこの自転車を持って
公共機関を使用する事なので、折りたたみ方法が簡素で、
折り畳んだ後もコンパクトで場所を取らず、何よりもキャスターのように引くように移動できるという、
狭いマンションに住み、駐輪場が激小の上に激戦地で自転車を出すだけで時間と手間が掛り気が滅入り、、
その上非力でおまけに腰痛持ちの私がなどには、ジャストミートなタイプの自転車なのです。

しかし「自転車だけど持ち運びにもそこそこ便利」ではなく、あくまでも携帯ありきの自転車なので、
乗り心地だけが危惧されていましたが、1年前のサイクルモードに出展されいたので
実際に試乗してみたところ、これが思いの外悪くない。

タイヤが14インチと小さいだけに普通の自転車と比べると、さすがに見劣りならぬ乗り劣りはしますが、
日常短距離を乗るのには、まったく支障がなさそうです。

そこで購入に向けて盛り上がってはいたのですが、その後、強制的にひとりポタに行く機会もなく、
時間が経過すると妙な欲が出てくるのは人情でして、

どうせ買うならBD-1とかDAHONとか、
もう少し走りもに特化したタイプでもいいかな。


とか余計な煩悩がじゃんじゃん湧いてきまして、混乱して購入できなくなりました。
私のような優柔不断タイプは選択肢が多すぎると思考停止するんですよね。(--;)

が、今回、再びひとりポタをして(というか狭いマンション内での自転車運搬に辟易して)思い直しました。

やっぱり私にはアイツしかいない!
と。

走りがよくても運搬に面倒だったり、組み立てに時間が掛っていたりしたら本末転倒だし、
考えてみれば、通常ポタの時はミニベロを乗ってますし、(一応)クロスバイクもありますし、
やはり5LINKSが一番必要なタイプの自転車かなぁ。と。

そこで購入熱が再び再燃しまして、久々に製造会社のHPを覗いたところ、
こんなに便利なコンセプトに関らず街中ではまったく見かけない5LINKSですが、
(多数派に属する私としては、購入についてはその辺も不安だったんですよね)
順調に売り上げは伸ばされているのでしょうか?

なんかこ9月にひっそりと(でもないかもしれんが)


新色、新モデルが出ているぅ。∑( ̄ロ ̄|||)


今までは、タイヤは14インチでギアなし79,800円のものと、3速89,800円のものがあり、
色はシルバーとブラックしかありませんでしたが、
新たにタイヤが16インチ外装9段仕様(99,800円)が出て、
更に走り易くなったような感じです。

ちなみに新色はパールホワイトとレッドメタリックでしたが、
個人的にはもう少し思い切ってゴールドとかが出て欲しかったっす。
まあ、思いっきり私個人の趣味ですけどね。

そうなってくると16インチの方も試乗してみたくなるのですが、
今年も来月に催されれるサイクルモード(東京会場)へ出店なさっているようなので、
わが家は今回、都合もありサイクルモードへの参加はどうしようか考えていたのですが、
なんとか都合をつけてサイクルモードへ行き試乗してみたいと思っています。

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事
サイクルモード2011の無料招待券
どうも、こんばんは。くろばいBです。

来週末はいよいよ「サイクルモード2011」が幕張で開催されますね。
わが家は土日はいけないかもしれないので金曜日に行こうかとも思っていたのですが、
土曜日はお昼頃なら行けそうなので、そちらにするかもしれません。

過去4回ほど参加し、チケットはたいてい前売券を事前に購入していたのですが、
インターネット上ではサイクルモードの招待券をプレゼント!みたいな企画が
結構あるんですね。

例えばこちら↓
「サイクルモードインターナショナル2011」ペア招待券プレゼント
こちらのお店では簡単な応募フォームに回答するだけで、ペアで招待券が当たります。
といっても1名だけのようですけどね。

他にはこちら↓
サイクルモード2011ご招待券プレゼントキャンペーン
こちらはなんと50名に当たるようです。

いろいろ調べていると、先着順でのプレゼントや、お店に行くともらえるなど
既に終わってしまっているキャンペーンもかなりありました。
もう少し早く調べておけば…

来年は「くろばいBのお得情報」としてお得にゲットできる情報をいち早くお伝えできるようにしたいと思います。

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事
マラサダポタ第3弾【北千住異色のマラサダ編】
先週の土曜日は朝起きるとお外は雨でけぶっていまして、
これは絶対に、確実に、ポタは絶望的・・・だと思われていたのですが、
午後になるとあれよあれよと天気が回復しだしまして、気がつくと晴れ間が見える始末。

その日、しょう油の街市に帰らなければならなかった私共でしたが、
“週一(回以上)ポタ(る)”という、わが家独自の掟も存在する事ですし、
行けるうちにポタに行っておいた方が吉、と判断しまして、
取り合えず近場をポタる事にしました。

ところで来月の半ばにハワイへの旅行を予定しているわが家ですが、
ちょとした経緯(という程はたいした経緯でもないのですが)があり、旅行に行くまでの間に、
ハワイのソウルフードであるマラサダを日本で食べまくるポタをすると、決意するに至りました。

が、旅行日程まで日は刻々と迫っているのですが、
決意とは裏腹に今のところまさかの2マラサダ。

と言うのも、当初の予定としては、金曜日に相方が休みを取った為に3連休となった先々週末を利用し、
ちょっと遠出のマラサダポタを含め、じゃんじゃんマラサダポタを決行するつもりでいたのですが、
その肝心の三連休に私がまさかの体調不良に見舞われ、
3日間丸まるアンニュイにお家で過ごす羽目になった事がひびきまして、
結局、まったくマラサダポタが進まない現状となっております。

そこで「ここで少しでもマラサダポタを進めておこう」と無意味な使命感を発揮したところ、
丁度いいあんばいに近場の北千住でマラサダを提供しているお店があるらしいので、
この日は、そちらのお店に行ってみる事にしました。

お店のある場所はルミネのレストラン街らしく、私的には、

木曜日に一人ポタで行ったばかりの場所やんけ。

なのですが、しかしあのレストラン街にマラサダなんて売っているお店があったかいな?
とその辺を不審に思いつつも、北千住のルミネに向かいました。

ところで北千住駅前には、ルミネ(が提携している)駐輪場とマルイ(が提携している)駐輪場があり、
マルイの方は買物がない場合は、一律で100円の駐輪料金を徴収されますが、
ルミネの方は現在キャンペーン中(?)らしく、自転車と共にエラく長い階段を上るのを我慢さえすれば、
2時間までなら駐輪場がタダになります。

実は木曜日に来た時は、すっかりその事をケロッと忘れ、
いつものクセでついうっかりマルイ方面の駐輪場に停めてしまいました。

木曜日はルミネで食事をしましたし、特にマルイでのお買物はなかったので、
当然、駐輪料金100円を支払う結果になりましたが、
その事はわが家のお得マスター相方さんには内緒にしておくか・・・
(って、書いちゃってますけど)

今回は相方さんも一緒の事もあり、きっちりとルミネの方の駐輪場に停めまして、
8階のレストラン街に向かいます。

そして件のマラサダを販売しているお店はこちらのカフェ「ワイアードカフェ」さん。

ワイアードカフェ

木曜日は同じルミネ8階にあるお店に行ったものの、一応、デパート(?)内だし、
1人だった為に怪しい行動が取れず、ヘタレてお店の外観の写真が撮れなかったのですが、
2人だと何となく誤魔化しがきいて写真も撮れるのがいいところですね。

ところで、私はよくある揚げドーナツのような普通のマラサダを想像してきたのですが、
このお店で提供されているマラサダの形は、

「マラサダジェラートパフェ 苺」(780円)

苺パフェ

と「マラサダジェラートパフェ リッチショコラ」(780円)

リッチショコラパフェ

って、マラサダメインじゃねえ。(゚∇゚ ;)

これだと添え物というか、よくパフェに乗っかってるウエハースの立ち位置じゃね?

しかし「なるほどそう来たか」という感じです。

確かにマラサダは相場では百数十円のシロモノなので、
どう値段を吊り上げても200円がいいところ・・・

つまりマラサダそのものを提供してもカフェ的にはお金が儲からない弱いので、
デコレートする事によって金額を吊り上げようカフェメニューに昇華させようというところでしょうか。

苺のパフェの方はマラサダに掛っている毒々しいカラフルな謎の紫色のソースが気になったものの、
(味からするとグレープ的な何か?)

マラサダ

苺のジェラートと中のヨーグルトがさっぱりしていて美味しく、
リッチショコラの方は、わざわざ“リッチ”が冠に付いているだけあり、
カカオ率が高いショコラを使用しているようで、甘過ぎないショコラジェラートが美味しいパフェでした。

マラサダが一個乗っちゃってるんで、結構ボリューム感があり、
いい感じに器が上げ底仕様なので、その辺も逆に良かったです。

ただ、肝心のマラサダがなんか食べにくいのはちょっと難。

フォークに刺して食えばいいのか、スプーンに乗っけて食べればいいのか、
野性的に手づかみで行くのか悩んだ末、結局、相方はフォークに刺し、
私はスプーンに乗っけて食べました。

そしてこの日はしょう油の街市で愛犬が胴を長くして待っている事もあり、
パフェを食べ終わった後は大急ぎで会計し、特に寄り道もせずに帰宅しました。

ここまででようやく3マラサダ・・・

来月の週末はいろいろ予定が入っていることもあり、
この後、何マラサダポタまで増やせるのか疑問ですが、
せめてハワイに本店がある有名マラサダ店「レナーズ」には行きたいと思っています。
横浜と横須賀にしかお店がないんっすけどね。

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事
シェリエドルチェdeクリスマス
生き馬の目を抜くようなコンビニ業界だけに、そこに存在するコンビニデザートの味は、
昔とは比べ物にならない程向上の一途を辿っていますが、
その数多存在するコンビニデザートの中で、僭越ながら私が最高峰と思うのは、
サークルKサンクスのオリジナルスイーツ“シェリエドルチェシリーズ”

このシェリエドルチェシリーズは2007年より展開していたようですが、
幸いな事にその頃はサークルKサンクスがわが家の近くにあったので、
発売初頭から食べる機会がありまして・・・

初めてこのシェリエドルチェを食べた時は、今までのコンビニスイーツにはなかった深い旨さに、
「コンビニスイーツはどこに向かおうとしているのか?」と戦慄を覚えたものです。

わが家には「飲み会に参加しものは、その日の夜には貢ぎ物を捧げるべし」という暗黙の掟があり、
シェリエドルチェを知ってからは、一時期わが家の貢ぎ物は
全てシェリエドルチェ化したような状況だったのですが、そんな蜜月は長く続かず・・・

ある日突然、わが家の近所のサークルKが、まさかの撤退!∑( ̄ロ ̄|||)

おそらく撤退するからには、売り上げが芳しくなかったと推測されますが、
わが家の近隣住民の方々はわが家程シェリエドルチェに執着がなかったという事でしょうか。

そのご近所のサークルKがなくなってしまうと、ちょっと遠出をしなければサークルKはなく、
結果的にシェリエドルチェを食べる機会も激減。

あれからコンビニは近所にいくつか出来ましたが、そこにサークルKの姿はなく・・・

「なんで撤退しちまったんだよぉぉぉ」(いや、だから売り上げだろ)
と未練がましくも恨めしく思う日々なのですが、先日、たまたまサークルKの近くを通りかかったので
入ったみたところ、こんなカタログを見つけました。

シェリエドルチェ

シェリエドルチェがクリスマスケーキに参戦とな?!Σ(゚д゚;)

クリスマスケーキと言えば、クリスマスにおける一家の明暗を分けるような最重要アイテム・・・

大昔、母が(売れ残りの)クリスマスケーキを2個も貰ってきた事があり、
子供だった私と兄はもう盆と正月とクリスマスが一挙に押し寄せて来たように
最大級に盛り上がったのですが、そのクリスマスケーキが一つは不人気のバタークリーム、
一つは生クリームですが、ありえない事に真ん中がジャムのがっかりなお味で、
私共家族のテンションがブラックマンデーの株価のように急落。

2個もあるのにまったく減らないクリスマスケーキと盛下がった空気感、
そして母の気まずそうな微妙な表情を見て、

クリスマスにケーキをしくじると、こんな悲劇が起こるんだな。

とぼんやりと思った覚えがあります。

そんな家族の1日の命運をわけるような重要アイテムであり、
有名バティシエや高級洋菓子店も多く参戦するクリスマスケーキ市場に、
コンビニデザートでありつつも戦いを挑むとは、余程の自信作を持ってきているに違いない。

しかも早期割引料金を適用しないと、苺ケーキ5号サイズが3,500円と、

シェリエドルチェ

特に高くもないけど、けしてお安くもないところが、更に自信のほどをうかがえます。

ちなみにわが家の中年2人のクリスマスは、毎年ケーキがあろうがなかろうが、
どの道、盛り上がらない域に入っているので、気分によってはケーキは手作りしたり、
買ってきたり、思い切って無しにしたりしているのですが、
今年は思い切ってシェリエドルチェケーキを注文しようかと思っています。

12月10日までに申し込むと早期割引きで10%OFFの3,150円になるようですし・・・

ただケーキは当日に店頭受け渡ししかなく、お店が近くにないので運搬方法が問題っすね。
自転車で持ち帰ると「続・クリスマスの悲劇」になることは確実でしょうし。

申し込み方法としては、このITの世にあっても古式ゆかしくカタログについているこの紙に記入し、

シェリエドルチェ

店頭で渡すらしいのですが、すっかり横着な世界になれた私は、
「せめて申し込みだけでもネットで気軽に申し込めんかなぁ」とHPを見てみると、
普段シェリエドルチェファンと豪語している私共の自信を揺らがせる以下の記載が!

“2008年には「シェリエドルチェ」として初めてクリスマスケーキを発売しました。”


えっ??3年も前からクリスマスケーキを販売していたの??∑( ̄ロ ̄|||)


私共はまったくその事実を知らなかったのですが、私共がこんな屈辱(?)を受けるのも、
それもこれもわが家の近くにあったあのサークルKが潰れちまったからだぁ。

サークルKサンクス様、どうかわが地域にもう一度チャンスを!

土下座をせんばかりの気持ちで再出店を願っています。

それにしてもこの間まで暑かったのに、もうクリスマスケーキの話とは・・・
時の経つのは本当に早いですねぇ。(タメイキ)

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事
サイクルモードの招待券をGET!
どうも、こんにちは。くろばいBです。

先日の記事でサイクルモードの無料招待券について書きましたが、
なんと、招待券プレゼントに当選しました!

サイクルモード

しかも予想外に二枚も!

先日の記事では、応募期間が終わっているのかわからなかったので
紹介していませんでしたが、ライフサイズモビリティさんからのプレゼントでした。
http://www.xrossbikes.com/

これまでは前売りチケットを買ったり、女性は無料だから金曜日にしようかと考えたり
(まあ、それだけが理由ではないですが)していましたが、今回はこちらの招待券を
ありがたく利用させていただきたいと思います。
ライフサイズモビリティさん、ありがとうございました!

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事
むずかしいお年頃
お得好き無料好きの相方の執念が岩をも通したのか、今年サイクルモード参加5年目にして
招待券を(抽選で)頂きまして、両名ともサイクルモードにタダで行かせてもらえることになりました。

人生を総じてクジ運が(も)いまいちの私としては、クジに期待しないあまり、
どうせ当たらんし面倒なだけなので最近はクジを引かない事も多く、
相方が睡眠時間を削ってまでタダ券を手に入れる事に必死になっている姿を見ても、
実は内心「無駄な事を・・・」と冷ややかに思っていたのですが、正直、すみませんでした。

券をくださったライフサイズモビリティ様、ありがとうございます。

新モデルもぞくぞく出展されていると思うので、楽しんで来たいと思います。

実はここ数年は(無謀にも)ロード系にも興味を持っている私共でして・・・

「一目ぼれできる素敵なハニーに出会えるかもしれない。」


と言わばお見合いパーティーに参加するような気分でも行っているのですが、
確かに素敵なハニーはたくさんいるものの、いつもそのお値段の0の多さで愛が阻まれるわけです。

サイクルモードは各社気合の入ったモデルを持ってくるせいか、
バブル時の住宅展示場のように素晴らしく立派ではありますが、私共のような庶民には
逆立ちしても手の届かないレベルの自転車が置いてあることも多いんですよね。

まあ、生涯、手の届かない(であろう)自転車を乗る機会を与えてもらえるのは
それはそれでいいのですが、所詮、1度だけ王子様と握手する機会が与えられただけというか・・・
値札を見て己が身分を思い出し、軽く虚しさが残るといいますか・・・

今年こそは、0の多さもそれなりの庶民的だけど素敵なハニーに出会えるといいなぁ。
と願わずにはいられません。

そして話は変わりますが・・・・

先週末の土曜日はいいお天気でしたね。
わが家の現実価格の自転車に乗りポタに出掛けるのは、絶好のお日和だったのですが、
来月の中頃に親戚の結婚披露宴がありまして、その為の洋服を購入しに買物に行かねばならず、
結局ポタには行けませんでした。

男性の相方は黒の礼服があるので、主に私の洋服を購入しに行ったのですが、
男性と違い結婚式の女性の服は規定がないだけに逆に難しいんですよね。

ある程度華やかで、親戚との関係を見極めたちゃんとした服で、
しかも所謂「中年」という年齢に合った無難な服・・・というとかなり難問でして・・・

せめて若さがあれば、振袖とかブライダルドレスとかいう手もあるんですが、
振袖なんてものは着用規定年齢を過ぎてからカビが生える位の年月が流れているし、
ブライダルドレスというのも若いデザインの物が主のようで、
何かの間違えでそんなものをうっかり着ていって、万が一新婦の若いお友達と被ったりしたら、
その場で穴を掘って埋まりたくなる気分になってしまいます。

そうなるとよくお子さんのお受験とか入学式に使用されるママスーツ系が一番無難なのですが、
ある程度華やかなスーツになると、お札の数列も華やかで、
到底、わが家のお財布からポンと出る金額じゃない事が多く・・・

おめでたい席でセコイ話ではありますが、すでに友人知人はほぼ全員家庭を持ち
落ち着いちゃっている身としては、おそらく今回1度しか着るチャンスがないスーツに、
諭吉を何人も派遣するのはちょっとためらいが・・・

しかしただですら条件が厳しいのに、更に“なるべく安い服”という条件が加わると、
更に更に関門が狭くなりまして、結局、貴重な晴れの日を一日使用したにも関らず、
披露宴用の服は買えませんでした。

披露宴まであと2週間・・・うーん、どうしたもんかなぁ。(悩)

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事


広告



カテゴリー

にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ
人気ブログランキング



プロフィール

くろばい

Author:くろばい
愛車ビアンキ・パッソ
【愛称:ビンちゃん】
愛車2ビアンキ・ミニベロ9
【愛称:ベロンチョ(ベロちゃん)】
激情にながされ1週間で購入に至る
愛車3ママチャリ
【愛称:ソルジャー・チャーリー】
現在自転車3台を所有。
あまりの自転車の増殖率に
恐れおののく日々。
これ以上、増えることはないと
思いつつも、自分が信じ切れない
今日この頃・・・。

相方(くろばいB)
愛車:RSR-4(ブルー)
【愛称:ルイちゃん】
愛車2:ラレー・RSW SPECIAL
【愛称:くろまるくん】
新たにミニベロを購入して、
自転車わが世の春を謳歌中。
自己開発のアンゴラダイエットの
お陰で(いまのところ)メタボリック
危険水域を脱出。
しかし現在、ポタ時はポタメシを
思いっきり解禁しているので、
リバウンドに王手か?



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



月別アーカイブ



カウンター



ブログ内検索



RSSフィード

  • seo



おすすめの自転車本

わが家の自転車メンテナンスのバイブル!





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。