クロスバイクを買っちゃうぞ!
初心者がクロスバイク乗りになるまでの軌跡
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あけましておめでとうございます!
あけましておめでとうございます!

昨年はいろいろありましたが、今年こそはいい年になるといいですね。

ブログ的には、また1年続くかどうかわかりませんが、
しばらくは続いて行くような気がしますので、本年もよろしくお願いします。

さて、昨日の大晦日に夕方から夜に掛けて自転車で出掛けた私共ですが、
大晦日の寂しい夜の街を走っているうちに、妙に「行ける」感でみなぎってきておりました。

自転車暦約5年、6回目の正月を向かえ、今年こそ初の初日の出ポタに出掛けるかどうか
悩んでいたのですが、長期予報にあった今年の年末年始は暖かいという予報通りと言うべきか、
大晦日の夜にふらふら出歩いていても、風もないし、思ったより寒くない感じがしたのです。

今年行かなければ、もうチャンスはない。

と盛り上がった私共は、家に帰るまでの間は、すっかり行くベースで考えていまして、
禁断のダウンonダウンで行こうとか、ホッカイロはどこに何枚貼るのが効率的かとか、
初日の出ポタに向け建設的な話合いをしながら帰ったのですが、
家に帰りつき、天気予報を改めて確認すると、そんな浮かれた気分をぶちのめすような予報が・・・

「曇り」

いえね、確かに曇りのち晴れみたいな予報だとは知っていたのですが、
このところずっと大晴れだったので、予報は良い方に変わっていると(根拠無く)確信していました。
が、逆に悪い方へ傾いてしまったようです。

それでも一縷の望みがないわけでもないらしく、天気予報のページには、
「ほぼ無理だと思うけど運がよければ雲の隙間から見えるかもね。(超訳)」
的な事も書いてありましたが、そんな博打のような状況で初日の出ポタなんて行けるかーい。

寒さに震えながらもがんばれるのは、希望の象徴である初日の出があったればこそ、
肝心の日の出が無かった場合、どれだけの絶望が待っているのかは、想像に難くありません。

ほぼ絶望が待っている道を、一縷の望みに掛け行く程、私共は若くはないのです。

・・・そして結局、飲んだくれました。

ワイン

初日の出ポタに行くのなら止めておこうと思ったのですが、
もうカウントダウンと同時にポーンとスパークリングワインを開けちゃいましたよ。

今年は同じ安スパークリングワインでも日本のものにしてみたのですが、
キリリと辛口でなかなか飲みやすいスパークリングワインでした。

そして遅くから飲んだくれた結果、起きたのは夜がとっくに明け切った昼近くとなりまして、
初日の出がどうなったのかは、まったくの謎ですが、今現在の天気の状況を見ると、
やっぱり見えなかったような気がします。

更に大晦日と言えば、期待していたアレの発表があったのですが、

宝くじ

オール紙くずと化したのは、言うまでもありません。

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト
正月2日目
早いもので2012年も明けて2日目になりましたが、
初ポタはおろか、初詣すら行っていない自分がいます。

と言うのも、毎年の恒例行事のように両親が元旦より正月旅行に旅立った為、
そのとばっちりで私(と相方)が女王様愛犬のお世話をしに、
しょう油の街市まで来る羽目になってまして・・・

昨日は大晦日の深酒がたたり、遅すぎる起床後の時間はしょう油の街市に移動のみに使われ、
しからばせめてしょう油の街市にいる間に自転車に乗ろうと、
自転車を車載で運んできたのですが、驚いた事にしょう油の街市はエラく寒い。

しょう油の街市は住んでいる東京のマンションよりもちょっと北なだけなはずですが、
地球規模で考えるとそのほんのちょっとが大きな差なのか、
マンションに比べて実家はあまりに寒く、昨日実家に着いた途端にお外に行けなくなり、
夕食を食べにも行けず、買出しもできず、元旦早々貧しい食生活に甘んじる羽目になりました。

数年前まで私はここに住んで普通に生活していたはずなのに、
ちょっと南で生活するようになったら、すぐに惰弱な体になってしまうものなのですね。

このまま実家には4日まで滞在する予定なのに、この調子ではどうなる事かと思っていましたが、
人間どんな環境にもそれなりに慣れるもので、今日は昨日よりはしょう油の街気候にも慣れまして、
ポタはさておき、車で出掛けられる位には体が仕上がってきたのですが、
しかし正月に次から次へと放送されるお笑いネタ番組に相方が嵌り、
結局、炬燵の中で残り少ない食料を食みつつ、過ごしてしまいました。

そしてすでに夕方になり、さすがに食料品の補充もしなくてはならないのですが、
食料の他にも購入しようと思っているのが、実家の新聞のチラシに挟まっていた、こちら。



「ユニクロのウルトラライトダウン」

基本、バーゲンでしか購入しないという不文律があるわが家は、
(私はすでに持っているので)相方用のウルトラライトダウンを狙って幾年月・・・

定期的にバーゲンをするユニクロなので、昨年も何度かのウルトラライトバーゲンチャンスがあったものの、
人気商品の上にバーゲンは数量限定なので、人よりも行動が一歩も二歩も遅いわが家がお店に行く頃には、
大量のイナゴが通った後の農作物のように完全に荒らされた後で、ほとんど商品は残っておらず・・・

残っていたとしてもサイズ違いか、運よくサイズがあったとしてもビビッドなオレンジとか、
着る人を選ぶ感じのライトグリーンとか、「相方には絶対無理」という、
難しい色味のウルトラダウンのみで、残念ながら購入には至っていないのです。

そして今回の初売りバーゲンも1日、2日のみ数量限定、しかも現在すでに2日の夕方になりますので、
イナゴが通り過ぎた後の気配がビンビンとしますが、
ただ一つ勝算があるとすれば、ここは人口密度がそこそこのしょう油の街市なので、
都内から比べると残っている確率は高い。

何せ、若い頃は東京のデパートではとっくの昔になくなっていた人気メーカーのバーゲン品が、
柏の高島屋とかでは余裕で余っていたりもしたので、希望を持って行ってきたいと思っています。

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事
ユニクロダウンが・・・
昨日、一縷の望みを持って、正月のバーゲン品である
ユニクロのウルトラライトダウン(相方用)を購入しに行った私共。

しかしバーゲン2日目の夜にのこのこ行った私共をあざ笑うかのように、
1枚のウルトラライトダウンすらナッシング。∑( ̄ロ ̄|||)

まるで最初から男性用のウルトラライトダウンが存在していなかったかのような
キレイさっぱり1枚のウルトラライトダウンもありませんでした。

女性物はけっこうあまっていたのに、男性ものとの差はなんでしょうか?

元々男性ものはあまり作っていないのか、男性に圧倒的な人気なのか・・・

しかししょう油の街市のユニクロに一枚もないという事で私共も多少意地になりまして、
「これであきらめてたまるか」とショッピングの要塞、越谷のレイクタウンのユニクロにまで行ったのですが、
さすがに売り場面積が広いレイクタウン(のユニクロ)、しっかり残っていました。

ビビットなオレンジ2枚と目に鮮やかな青が2枚計4枚が寂しくペラーンと・・・

見事にイナゴの大群が通過した後だぜ。Σ(゚д゚;)

的な荒廃ぶり。

一応、のろのろと手にとって確認しましたが、サイズもSサイズとMサイズしか残っておらず、
相方のLサイズは一切なし。(サイズがあってもこのカラーはちょっと・・・ですが)

こちらのお店も女性ものは、普通に残っていましたので、この格差が余計に哀しい。

やっぱり男性はバーゲンじゃなくとも通常価格で購入しそうなので、
その分足元を見てバーゲン限定品は少なめに出しているんですかね。(--;)

相方がウルトラライトダウンを手に入れるのはいつになることやら・・・もしかして春かも。
(つうかそこまで欲しいのなら原価で買えよ)

さて、自転車をわざわざ持ってきても、実家にある人間を堕落させる恐ろしい家電のせいもあり、
穴熊のような生活をしていますが、今日はその悪魔の家電の誘惑を断ち切り、
七福神巡りにでも行って来たいと思っています。

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事
正月休み最終日
早いもので今日で年が明けて4日目、本日で愛犬のお世話係という任がとかれますが、
同時に相方の正月休みも終了となります。

うちの両親には両親の断ち切れないしがらみがあり、正月旅行は毎年の恒例行事となっておりまして、
そのしがらみのお陰で、私共もほぼ毎年、毎年、お正月は実家にて愛犬の世話をして過ごしております。

そして自転車を始めてからは、せめてしょう油の街市でも自転車を乗ろうと、
自転車を持ってくる事が多いのですが、毎回、持ってくるだけであまり活用していない気が・・・

その理由は私共がダラい性質・・・というのもありますが、わが家にはなく、
実家にあるアレのせいじゃないかと・・・

アレ・・・それは先人が開発した人間を堕落させる最大の兵器「KOTATSU」

どんな意志の固い人間でも一旦アレの中に入れば脱出が難しいのに、
私共のような意志薄弱系の人間が入れば、その行く末は火を見るよりあきらか、
なかなか脱出ができずに、気がつくとお笑い番組なんぞ見出したりして、

「はっ!∑(゚ロ゚〃)もうこんな時間かよ、まあ、いいかこのまま堕ちるところまで堕ちるか・・・」

という感じにコタツの魔力に絡めとられ、無駄な時間を費やしていたのです。

昨日もそんな展開で危うく七福神巡りを断念しかけたのですが、何とかコタツの魔の手から逃れ、
わが野田市の七福神はなかったので、古河市まで行き自転車で七福神を巡って来ました。

マジ古河市は寒かったっす。
何故、コタツの魔の手に絡め取られたままにしとかんかったんか、後悔するほど寒かったっす。

そして本日は、午前中はコタツマジックにどっぷりと浸かった後、ノロノロ抜け出し、
しょう油の街市ご近所の「一言主神社」まで行って来ました。

一言様

そこで本年のわが家を占うべく、おみくじを引いてみたのですが、



「末吉」

微妙~

確か数年前におみくじを引くたびに末吉が続いた時があって、
その時は微妙に不幸な出来事が続いた記憶が・・・

この神社のおみくじにはおまけ(?)として開運グッズが入っているのですが、今回は招き猫でした。



遠慮なくじゃんじゃん福を招いて欲しいものです。

更にその後は、ふらふらと柏にあるららぽーとに行ってみたところ、
なんと「美少女図鑑(千葉版)」を入手!



早速、招き猫効果出たーーーーーっ!

いや、私が入手してどうするんだという話ですが(相方的には嬉しいのか?)、
なんかなかなか手に入らないという話を聞いた事があるので、有難いような気もします。

・・・ロト6でも買う・・・かな。

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事
自転車に乗って動画が撮れる「ポタ録」
どうも、あけましておめでとうございます。くろばいBです。

年末ジャンボ宝くじは残念な結果になりましたが、
今年はいい年になるといいですね。

自転車関連グッズの発売の記事を見つけました。

「ポタ録」
http://www.yomiuri.co.jp/net/newproducts/related/20120106-OYT8T00249.htm

自転車に乗りながら動画撮影ができるビデオカメラだそうです。
しかも、自転車ライト、オーディオプレーヤー、スピーカーの機能もあり
一台四役のすぐれもの。

だらだらと街を走っている分にはあまり自転車に乗りながら動画を撮りたいと
思う機会もありませんが、サイクリングコースや景色のいい道を走るときには
あってもいいのかなと思います。
実勢価格は9800円ほどだそうで、機能からすればお手ごろ価格なのかもしれませんが、
ちょっとわざわざ買うほどでもないかなと思ってしまいます。

記事によると、
「事故やトラブルの記録もできるので、自転車版ドライブレコーダーとしても利用可能」
とのことですが、事故を想定して録画し続けるというのは無理がある設定のような…

発売元は「トーコネ」(旧・東洋コネクター)という所なのですが、
ホームページを見ると他にも
100円ライタービデオカメラ
とか
サングラス型ビデオカメラ
などの少しマニアックな品揃えのある会社です。
きっと需要があるところにはあるのでしょうから、自転車に乗りながら動画撮影をしたいという方には
手軽でいいのかもしれませんね。


ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事
早くも七草
年が明けてから早いもので今日は「七草」でしたね。

今年こそは日本の伝統ある年中行事を全てやろうと考えているので、
今日は七草粥を食べてみました。



と、毎年考えて、七草粥、鏡開き、豆まきまでは順調にこなすんですが、
ひな祭り辺りでいつも挫折し、その後はグダグダになるんですけどね。

うちの近所はスーパー日照りなので、当日に七草を買い求めても売り切れご免ねで買えない危険があり、
前もって2日も前に買い求めていたので、本日になると少々しなってしまいましたが、
まあ、所詮、米と一緒に煮ちゃうので無問題です。

「自分で採った方が早くね?」(毒草とか採っちゃいそうだけど)という江戸川産の七草もある中、
今回売っていたのは大分産の七草でした。



七草は関東の物が多かったのですが、今年は不作なのでしょうか?
その辺に生えてそうなので不作もなにもないかもしれんけど。

そして本日は三連休の初日、しかも天気は大晴れにも関らず、私が少々風邪気味でして、
お休みが3日もあるという心の余裕もあり、結局、ポタに出掛けませんでした。

おそらく正月に行った実家との温度差が老骨には応えるようで、
毎年、私か相方どちらかが正月明けに体調を崩しているような・・・

私の出身地であるという地の利からか、相方が体調を崩す事が多いのですが、
今年は私が「当り」ってヤツですね。(--;)

体調も良くなって来ましたので、明日こそは出掛けたいと思います。

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事
「東京ゲートブリッジ完成記念スポーツフェスタ」に申し込みました
毎日、寒い日が続きますね。

毎年変わりなく冬は寒いもののはずですが、この冬から相方の体に異変が・・・

どんな事情か不明ですが、なぜか彼は今期からすげー寒がりに変貌したのです。

一昨年位までは、「半袖党員」として生き、春は誰よりも早く半袖デビューし、
下手すると晩秋まで半袖と貫いていた半袖党員の鏡とも言える人物だったはずの相方。

それが去年の秋は早々に半袖から長袖に転向し、あまつさえジジシャツデビュー、
今ではすっかりユニクロのヒートテックジジシャツがなくては生きていけない体になり、
今年はすでに5枚のジジシャツを購入しました。

模範半袖党員だったはずの相方さんが、この一年で私もびっくりの凋落ぶり。
もう半袖党員も脱退ですね。
いや、それどころか股引デビューも間近じゃね?(--;)

しかしわが家は元々私が寒がりなので、億劫になりがちの冬のポタは、
寒がりでなかった相方が引っ張っていく形だったのですが、
そんな事情で今年から牽引者が不在。

最近は「行きたいけど、寒い、寒いだろうけど、行きたい」と2人でどーにもならん事を
悩んでいるうちに、とても行ける時間ではなくなるという事を繰り返し、
お陰で今年の冬のポタ回数は少なめになってしまっているような気がします。

「このままじゃ非常に遺憾」と思いつつも、そんな状況なので本日もポタを回避してしまった訳ですが、
なまじお外が晴れていただけに、夕日を見ていると「この選択で良かったのか?」という、
虚しい後悔の気持ちだけは残ったりします。

大晴れの3連休中に、結局、昨日の一回だけしかポタに行かなかったなんて、ありえないっす。

ホント、早く暖かくなって欲しいです。

そして本日は心底だらけた休日を過ごした訳ですが、
ダラけていたお陰で脳が思考するチャンスが生まれたのか、申し込みをついうっかり忘れていた、
「東京ゲートブリッジ完成記念スポーツフェスタ」に申し込んでみました。

この東京ゲートブリッジ完成記念スポーツフェスタとは、
相方が前にブログで紹介させてもらったイベントなんですが、
2月に開通する東京ゲートブリッジの完成を記念し、開通前にランニング、サイクリング、
そしてウオーキングの3種類を行うスポーツ大会です。
(時間と日時は種目ごとに違いますが)

なかなか新しい橋を占拠(?)して走れるチャンスもあるわけではないし、
申し込むつもりで前向きに検討はしていたのですが、
8kmの走行で参加費用が1人3,000円という若干お高めと言わざるを得ない
お値段設定に素直になれず、ぐだぐだ言っていたうちにケロッと申し込みを忘れていたのです。

実施日が来月2月4日と差し迫っている上に、定員になり次第締め切りという事なので、
「時すでに遅しかも」と思いつつ、申し込みページに行ったみたところ、
定員2000人のところ、まだ若干の余裕があるらしくあっさりと申し込みができました。

ちなみにランニングは定員5000人のところ、4千数百人集まっているようで、
一番人気のウォーキングは約8000人規模のウォーキングを2月5日の午前、午後と2回に分けてやるようですが、
すでに1万人近い応募があり、早々に締め切られたようです。

応募人数はウォーキング>>ランニング>自転車で、
その応募人数の差は手軽さの順でもあるような気がしますが、
それぞれのスポーツに対しての距離の値ごろ感(?)というのもあるんですかね?

お得見地から考えると、ウォーキングの8kmより自転車の8kmの方があっという間に終わって、
値ごろ感がいまいち少ないような気がするし・・・

しかし参加要項を見るとイベントは2月の寒空にも関らず、雨天決行で行われるようなので、
当日は雨が降らない事を祈るばかりです。

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事
スカイツリーカレーポタ
2012年が明けてから早いもので、もう今日は「鏡開き」ですね。

気分的にはすっかり通常モードの流れに乗ってまして、日付感覚もなくなり、
危うく鏡開きを忘れるところでした。

昨日の夜に何とか思い出したものの、危ない、危ない。

そんな鏡開きを迎えておいて今更なのですが、
年末年始のポタ日記が滞っておりまして・・・(汗)

今更感はあるものの、その辺のネタを書かせて貰いたいと思います。

さて、ウサギ年も完全に押し迫った大晦日、2011年を飾る最終ポタに出掛ける事にしたのですが、
特に気合を入れるわけでもなく、近場をポタポタとふらついて来ました。

しかしせっかく一年に一度しかない大晦日です。
ここは師走ムードを味わいたいと思い、師走と言えば「アメ横」と考えまして、
特に買物もないのですが、師走感を味わいたい為だけにアメ横に向かいました。

真っ直ぐにアメ横に向かいつつも、途中にちょっと他に買物があったので、
若干横道に逸れ三ノ輪にある商店街「ジョイフル三ノ輪」に寄ったのですが、
軽い気持ちで寄ったジョイフル三ノ輪が予想外な程に混雑。

師走の商店街は混雑すると相場が決まっているものなのか、
自転車を押して歩くのがやっとな程、ジョイフル三ノ輪は混み合い、
買物客同士の怒声なんかもあったりして、草食系家族の我々が萎縮するほど殺伐としていました。

・・・・集合!

ジョイフル三ノ輪ですら(という言い方も失礼極まりないですが)この混雑ぶりなのに、
年末になると連日のようにテレビで特集されるような超メジャー商店街のアメ横なんて絶対無理。

つーか、別に買物もないのに、冷やかしだけに行くには危険過ぎだろ。

とへたれまして、急遽行き先を変更、ジョイフルからちょっと方向転換しただけで行ける、
わが家おなじみのポタ地「浅草」に変更しました。

浅草と言えば、浅草寺があるしそれなりの師走感は味わえるだろ。

ところで、わが家が現地に着いて一番最初にやることと言えば、大抵「食う事」なので、
その為にポタ前は極力胃にあまり内容物がないような状態で現地に着くので、
浅草に着いた時には腹ペコ状態。

しかし上野に行く予定を急遽変更したので、特にメシ処の予定はなかったものの、
そこはお馴染みのポタ地のいいところで、前から行きたいのに行ききれていないお店もあったので、
そのうちの一軒に行ってみることにしました。

こちらハンバーグのお店「モンブラン」さん。

モンブラン

いや、このお店には以前にも行った事があるのですが、先日、お店の前を通った時、
店頭に掲げてあるメニュー写真の中に、どーしても気にならざるを得ないようなメニューを発見し、
機会があったら早々に行きたいと思っていたのです。

その気になりすぎるメニューとは「スカイツリーカレー」(及びスカイツリーハンバーグ)

スカイツリー

このメニューの写真を見た瞬間から、「これは食べないわけには行かん!」という、
自分でも訳の分からない使命感に囚われまして、その使命感に則り食べてみる事にしました。

丁度、早い夕飯というような時間だった事もあるのか、
店内に入ると暮れも押し迫り切っているというのに、結構な混雑ぶりでほぼ満席状態、
でも運良く席が1テーブル空いていたので、そこに案内されました。

そして席に着くと気になるのは、他のお客さんのスカイツリーメニューの注文状況です。

店内では、もちろん誰も彼もが名物(と思われる)スカイツリーカレー(もしくはスカイツリーハンバーグ)
を注文しているものであろう・・・と思っていた店内をさり気なく偵察したところ、
何度見回してもスカイツリーメニューらしきものは見当たらず・・・つうか逆に皆無じゃね?

そんな馬鹿なっ!
むしろスカイツリーメニューはすべっているというのか?

そんな状況にめちゃめちゃ動揺したのは、大衆融合型人間の私。
お店に入るまでは、私がスカイツリーカレーで、相方がスカイツリーハンバーグを頼む気満々でしたが、
この状況でWスカイツリーはちとキツイ・・・ような気がする。(他人様の目が)

空気的にWスカイツリーだと悪目立ちすること請け合いですし、
冷静になってよくよく考えていると、カレーであろうとハンバーグであろうと骨組み部分はエビフライで、
ツリー部分の基本アイテムは、殆ど変わりはありません。

「そんなにエビフライ食ってどうすんだ?」とも思いまして、
私は変更なくスカイツリーカレー、相方は普通の和風ハンバーグにしました。

そして十数分後、周りが普通のメニューを食べている中、堂々と運ばれてきたのが、
こちら「スカイツリーカレー」(1,380円)

スカイツリーカレー

なんだか「頼む人いるんだぁ」的な視線が痛かったような気がしますが、
気のせいという事にしておくか。

このスカイツリーカレーは、ご飯を縦方向にたんまり盛り、
そこに串揚げ風のエビフライを立てることにより、スカイツリーを現しているようです。

ちょっと後ろ部分が手抜き工事みたいになっているのが、景観的には残念でしたが、

スカイツリーカレー

前面だけでも中年の体には過ぎた量のエビフライがあるので、
コレステロール的にはこの程度の手抜き工事の方が有難い。

途中の展望台と思われる付近にチェリーが乗っているのだけは謎でしたが、
(食物のバランス的にも)まあ、いいか。

一番上のエビフライを外すと、なんか一昨年辺りの建設途上のスカイツリー状態になり、

スカイツリーカレー

懐かしさで盛り上がったりもするのですが、
土台であるライスは、崩壊を防ぐ為にぎっちりと固めてあるので、
見た目よりも量が多く、一人で食べるのにはちょっとキツイ。

できれば半ライスにして貰いたい位ですが、半ライスにするとスカイツリー感が出なくなるので、
頼んだところでやって頂けないような気がします。

結局、こちらの通常の和風ハンバーグを頼んだ相方にも相当手伝って貰いまして、

和風ハンバーグ

限りのある資源を大切にしたいと考える大人として、
見苦しくない程度には食べる終える事ができましたが、
ハンバーグはライス付きにしなかった方が良かったかも。

そして満腹になったその後は、まだ新年までは約6時間程ありましたが、
せっかくなのでお参りして行こうと浅草寺に向かいました。

初詣ならぬ末詣でというヤツでしょうか。

浅草寺と言えば、この界隈では超有名な初詣スポット、
なので、元旦に来たりなんかすると「何かの取り付け騒ぎでもあったんか?」と思う位、
人人人で大混雑で警察も出動する大騒ぎになる場所です。

何年前の元旦の昼間に軽い気持ちで浅草寺に来た事があるのですが、
拝みたい人の列は仲見世通りを埋め尽くし、雷門の前の広い通りを超えて溢れ出ている始末。

拝める場所に行きつくには、何時間掛るか分からんと恐怖を感じるレベルの人の多さに、
元旦の参拝は諦め、「それならば」と次の年の大晦日から新年にかけての夜中に初詣に来たのですが、
大混雑の状況はデジャヴ感に陥る程、前年の元旦の昼間とまったく変わりませんでした。

そして元旦に浅草寺に初詣する大それた夢は金輪際諦めようと心に誓った訳ですが、
そんな負け犬根性を植えつけられような大混雑ぶりを体で知っている身としては、
いくら初詣にはまだ早すぎる大晦日とは言え、すでにそこそこの人出で賑わっている事であろうと予想し、
ビクビクしながら浅草寺に行ってみると、人少なっ!

数時間後に大混雑が待っている場所とは思えない感じの静けさで、
数時間後には封鎖状態にあるであろう仲見世通りもこの楽チンな状態。

浅草寺

なんか「自分は大晦日と思っていたけど、日付間違っちゃったのか?」と思いました。

新年の初詣客に備えてか、手水の全龍が気合を入れて水を吐き出しているところは、
戦闘準備モードには突入しているという感じですね。

浅草寺

何の障害もなく簡単に参拝スペースまで行くと、すでに初詣用のお賽銭箱というよりも、
ストライクゾーンがめちゃ広いお賽銭プレイスが設けられていましたが、

浅草寺

逆にこの人数だとでか過ぎて精神的に投げにくい。
なんか「こんなはした金ですみません」という気分になるというか・・・^^;

この状況から後数時間でその人数に至るまでの経緯を見てみたい気もしないでもないですが、
さすがにここで数時間も粘る根性はないし、胸にはある野望を秘めていたので、
その野望に備えて素直に家に帰る事にしました。

そう・・・私共の野望とは「初日の出を見るポタ」に行く事です。

ある意味、大晦日に出掛けたのは、初日の出を見に行く為の状況確認というか、
気温確認というそんな側面があったのですが、この日出掛けてみて今回の大晦日は、
あまり寒くないような気がしていました。

前に大晦日の夜中に出掛けた時は、実はそのまま浅草でお参りした後に、
適当にどこかで時間を潰して間髪を入れずに初詣に行く予定でしたが、
あまりの寒さに相方の精神回路が異常をきたし、混雑ゆえにお参りも断念した上に、
初日の出も断念したのでした。

その時に比べると、今回は相方もあまり寒がっておらず、行けるような気がするし、
前のトラウマで「初日の出ポタ」にあまりいい顔をしていなかった相方も、
あまり寒くないので気を良くして結構ノリノリになっている模様です。

逆に今回を逃したらチャンスはないかもしれん。

家に帰って寝て、朝方から初日の出ポタに行ったるでーーーっ!

と盛り上がりながら帰り道は帰ってきたのですが、
家に帰り着き、天気予報の曇り予報を見て撃沈。

諦めきれず、何度も何度も時間を置いて天気予報を確認したのですが、
その天気予報が変わる事はなく・・・

後は前にも書いた通りの飲んだくれた大晦日を過ごしました。

「初日の出ポタ」つーのは、気力だけはどうにもならんもんなんですね。(--;)

来年こそは行けたらいいな。と思っています。

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事
古河七福神巡りポタ【その1】
さて、わが家の正月ライフは、本人達が意見を述べる余地もなく大抵決まっておりまして、
年末は家で過ごし、大晦日、もしくは元旦からうちの両親が旅行に行くために、
否応なくしょう油の街市で愛犬の世話をするというスケジュールになっています。

まあ、凶暴且つ臆病、そして超対人対犬恐怖症という複雑な性質の愛犬を
そこそこ協調性が必要なペットホテルに預けるのは忍びないし、
わざわざ正月に行かねばならん場所もないので、いいちゃーいいのですが、
(実家にいる間はタダで飲み食いできるし)ただ一つ不都合なのが、
冬のしょう油の街市は激寒い。

私はこの街で長い間過ごしていたはずなのですが、ちょっと南で生活するうちに、
すっかり惰弱な体になり下がり、急に帰ってもしょう油の街市対応ボディには戻らず・・・

実家に泊まり込み期間は3泊4日なので、その間に乗ろうとわざわざ持ってきた自転車にも、
まったく乗る気にもなれず、元旦から毎日、毎日、コタツの奥深くに入り込み、
穴熊のように過ごしていました。

せっかく自転車を持ってきたのに、このままではいかん!


と急に目覚めた1月3日、意を決しコタツの魔の手から脱出し、ポタに行くことにしたのですが、
やはりしょう油の街市の寒さを考えると心が萎えるので、
他の街に遠征して自転車に乗る事にしました。

そこで思い立ったのが「古河」です。

ちょっと前の12月中頃にも古河に行きまして、その時に無料レンタサイクル(コガッツ)を借り、
古河の街を(時間がなかったので)手短に散策したのですが、
正月だったのでサブリミナル効果も狙ってか、街の中に「古河七福神」のPRがありました。

古河はしょう油の街市からもそこそこ近いし、七福神巡りは極めて正月ポタに相応しい行為だ。

と思い、そのまま深くは考えずに、古河の街へ向いました。
この時に深く考える脳があったなら、向かわなかったと思うのですが・・・

古河市の中でも前に行った総合公園は駐車場が山ほどあり、自転車の拠点としていい場所です。
七福神のある市街地までは2、3㎞位距離がありますが、自転車なのでそれ位の距離は無問題、
愛車を載せて(というか正月中載ったままでしたが)まずは総合公園を目指します。

正月ゆえか車も少なく至極順調に1時間程度で「古河総合運動公園」まで到着。

早速、車を降りると、寒っ!!ナニコレ??∑(゚∇゚|||)

しょう油の街市を出る時は北風が吹いていまして「こんな風の中ポタなんぞできっか」と、
しょう油の街市からの脱出を謀り古河まで来たはずなのに、
むしろ北風増量中、つーかしょう油の街市に比べて気温も絶賛低下中。

全身に寒々と吹きつける北風を浴びつつ気づいたのですが、
古河ってしょう油の街市よりも北に位置していなかったっけ?そう言えば。

・・・帰ろう。

と本能では速攻で思いましたが、自転車を積んでわざわざ古河まで来たのに、
このまま「ハイそうですか」と帰れないのが、せっかくだから病の恐怖・・・

「わざわざガソリンを使って来たのに」とか、いろいろセコイ計算が入ると、
所詮凡人の私共には勇気ある撤退ができず、やはり七福神を巡る事になりました。

しかし前言を撤回するようですが、この北風の中では、総合公園から市街地に出る
2、3㎞の距離ですら無問題ではなく、精神的にも肉体的にも問題ありまくりなので、
まずは車をより七福神に近い市街地まで移動することにしたのですが、
この時素直に帰っておけば良かったと、この後何度思う羽目になったことか・・・(遠い目)

それにしても古河の街のいいところは、駅前辺りから時間貸しの駐車場が多く点在しているところで、
駐車場のお値段はそれぞれ違いますが、総じて駅から近いほど高く、狭い傾向にあるようです。
(当り前と言えば当たり前ですが)

前はレンタサイクル活動だったので、駅前の狭い駐車場に停め、それで問題なかったのですが、
今回は車載なので若干の自転車の組み立てスペースが必要になります。

なので、駅からは500m位は離れていましたが、こちらの駐車場に停めました。

駐車場

都合の良い感じに過疎っている上に、端の方には組み立てに丁度いいサービススペースがあるのも
(いや、サービスのつもりは無いでしょうが)いい塩梅です。

駐車場

ただ駅から遠いので1日料金は700円と安いですが、時間決めだと1時間100円で、

駐車場

前に停めた駅近駐車場と同じ値段なのが腑に落ちないと言えば、腑に落ちんが、
まあ、正月早々セコイ事を言わないでもいいか。

さて、古河に来る前に今回巡る「古河七福神」について、ほんの走りだけ調べてきたのですが、
この古河七福神というのは、7000歩でまわり切れるという、
コンパクトさが売りの七福神だそうです。

その7000歩を距離にすると最短で4.5㎞なので、
自転車で回ると物足りないかもと思っていたのですが、そんなこたーない。

自転車に乗ると更に風が刺すような冷たさで、むしろもっと短くてもいい位だ。

とっととその7000歩とやらを巡って終了したかったのですが、
肝心の七福神の場所については、「駅にある観光案内所に七福神マップあるだろ」と、
勝手に期待し、地図すら用意して来なかったので、まずは駅の構内にある観光案内所に行きました。

が、肝心の観光案内所は、やってねぇし。

観光案内

どうやら12月29日~1月3日まではきっちりお休みを取られているようです。
さすが公共チックな施設というべきか・・・

まあ、昔はどんなお店も年末年始はその位の期間を休むのが当然だったので、
ある意味これが正しい正月のあるべき姿だったはずなのですが、
すっかり現代社会の便利さに毒されて、正月にも営業(?)しているもんだと思い込んでいました。

・・・するとアレだな、あそこもアウトだろうな。

と確信に近い予想をしつつも、一縷の望みを掛け、コガッツ貸出場所でもある
駅前のもう一つの案内所「花桃館」にも行ってみましたが、

花桃館

もちろん営業していませんでした。

救いと言えば救いなのが、一応、町おこし企画「七福神カレーめんMAP」だけは駅に置いてあった事で、

カレーめんMAP

「七福神カレーめん」と謳っているだけに七福神神社がお店と一緒に地図に載っているところです。

前の時は七福神カレーめんの七福神の部分にあまり注目していなかったのですが、
「なるほど、古河七福神も同時に名物化したかったのか!」今更、納得。

しかしタダで頂いておいてなんですが、地図が若干ポップというか、アバウトというか、
ぶっちゃけ雑なので、ここは方向オンチーズのわが家の秘密兵器スマホと併用して巡る事とします。

情報によると「古河七福神」は、秋葉神社、大聖院、正定寺、徳星寺、神明宮、瀬下様宅、
蛭子神社、三神町稲荷神社、福寿稲荷神社、諏訪八幡宮と10カ所あり、

七福神じゃないやん。


となりますが、そこは七福神あるあるというか、それ大人の事情でよくある事、
今回も弁天様を祀っている神社仏閣が3ヶ所ある「トリプル弁天」なので、
その分、場所も増えているのですが・・・いや、違う。

むしろ突っ込みを入れるところはそんなところじゃない。

最大に突っ込むべきところは、「瀬下様宅」って何?!(゚∇゚ ;)メッチャ個人のお宅やん。

どういう過程からなのか、瀬下様という個人宅に大黒様が祀ってあるようで、
更にどういう経緯からなのか謎ですが、古河七福神の一つになっているようです。

HPには注意書きとして、「瀬下様宅は個人宅なので一言声を掛けてからお参りしましょう」
と書いてありましたが、いい年越えても引込み思案度が高いわが家としては、
新年早々なんかハードルが高いんっすけど・・・

しかし幸いというべきか、瀬下様宅の他にも大黒様を祀ってある場所も含まれているので、
正月早々、他所様のお宅にずかずかとお邪魔するのもなんですし、
瀬下様のお宅は遠慮させて頂くということで・・・

でも弁天様は女性の神様ゆえに少々嫉妬深い一面もおありというお話も聞きますので、
トリプル弁天は平等に全て巡ることとし、しんしんと芯から冷え込むような寒さの中、
全九福神を巡るポタに出発しました。

・・・続きます。

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事
フェイスブックでお得情報&自転車情報
どうも、こんにちは。くろばいBです。

以前ブログでも紹介しました本『自転車女医のサイクリニック』ですが、
地元の図書館で予約していたのが、ようやく貸出できると連絡が来ましたので、
昨日早速借りてきました。



ふり返ってみると3ヶ月以上も待ちの状態だったのですが、
そんなに人気がある本だったんですかね。
まだパラパラめくってみただけですので、後でゆっくり読もうと思います。

昨年からFacebookにはまっていて、日々「自転車情報」や「お得情報(笑)」の
情報収集にも活用しています。

現在ですと、こんな感じでサントリーの「金麦」が50,000名に当たるキャンペーンなど
大量当選で当たる確率が高い懸賞が多いのがいいですね。

http://www.facebook.com/lawson.fanpage?sk=app_209327155820066

自転車関連ですと、最近は絹代さんもFacebookページの運営を開始されたようです。

http://www.facebook.com/pages/Kinuyo%E7%B5%B9%E4%BB%A3/268843889844745

また、埼玉県が運営している「LOVE bicycle SAITAMA」も
「ポタガール埼玉」を募集するなど、かなり女性よりの視点ですが
ポタリングのコースマップや、動画での紹介など意外に充実していて
埼玉県にポタリングに行く時には、参考にしたくなるページです。

http://www.facebook.com/LOVE.BICYCLE.SAITAMA

また役に立ちそうなページがあったら紹介しますね。

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事
腰痛と鋸
毎日寒いですね~。

ところで一昨年の年末、突然、私のそんなに短くもない現在までの人生の中で、
経験したことがない系の痺れるような不思議な痛みが足先から腰に走りまして、
その後、その痛みはちょっと直ったり、悪化したりを繰り返しながら
最終的には歩行も困難な程の激痛に成長(?)し、さすがに医者嫌いの私も年貢を納め
慌てて病院に行ったところ「坐骨神経痛」という診断を受けました。

その時の痛みの度合いとしては、ブラックジャックのような医師に「緊急手術を行う」と宣言されても
おかしくない程の激痛だったのですが、実際に施された治療はというと至極地味でして、
病院に行ってはマッサージチェアのような治療器具に座らされ、
およそ5分程絞めつけて、伸ばす・・・のみ。

「えっ?これだけですか?!(゚∇゚ ;)」

と思ったのですが、これだけなのです。

効くんだか、効かないだかわからない治療でしたが、
それなりに効いたようで、その後、春になる頃にはすっかり腰痛が収まっていました。

さて、肝心の坐骨神経痛の原因ですが、その年の秋に母が交通事故で肩を骨折し、
母のプチ介護と実家の手伝い、ミニチュアダックスとしては重量オーバーの愛犬を
よく抱っこしていた事による腰への負担等々が考えられたものの、
人間喉元過ぎると熱さを忘れる生き物で、治っちゃったら「まいっかー」と思っていました。

が、その原因の一つに「寒さ」というのがあったのかもしれません。

それというのも、このところの寒さで、まさに一年前に経験したようなデジャヴ感満載の軽い痛みが、
足先から太腿、そして腰付近に走るんですよね。これが。

今のところ、外など寒い場所に出なければ、この痛みも出ないのですが、
あのピカ◯ュウかなにかに電撃攻撃を受けたような坐骨神経痛最終段階の激しい痛みを
経験した身としては、今後、これが最終型まで悪化したらと思うと心底怖い。

春までは後数ヶ月、このまま逃げ切れる事を祈るのみです。

そして話は変わってしまいますが、最近はゴミを捨てるのも何かと規制がありますよね。

燃えるゴミはどうの、燃えないゴミはどうの、何センチ以上は粗大ゴミ等と分かれいて、
微妙なものに関しては、ネットで区のHPに行き確認するのですが、
それでもどう捨てていいかよくわからない微妙なものがあります。

例えば、これ「洗濯ハンガー」

洗濯ハンガー

30㎝以上は粗大ゴミという事なので、その規格からいいますと、
微妙に粗大ごみという括りになるような、ならないような、まさに微妙過ぎる大きさ。

長さだけだと一番長い棒(?)で30㎝を超えるか超えない越えないかというところで、
場合によっては粗大ゴミと捉えられてしまうかも。

うちの地区の場合は、粗大ゴミを捨てる時はシールを有料で購入し、
マンションの敷地内にある普通のゴミとは別に設けてあるエリアに置いておくのですが、
もし粗大ゴミにも関わらず、普通ゴミエリアに捨てておくと、
「このゴミは誰が捨てたんだ?!とっとと名乗りでやがれ!!」的な犯行(?)写真を掲示板に貼られ、
晒しモノになる羽目になります。

微妙な真似をして晒し者になるのは、避けたいけれど、
洗濯ハンガーが粗大ゴミかと問われると違う気もする・・・

そこで「長さ短くすりゃ問題ないじゃん」と思い立ちまして、
先週末、自らの手で細かくすることにしました。

壊れた洗濯ハンガーは2種類あり、一つはアルミ製、一つはプラスチック製、
プラスチック製の法は相方が行き場のない激情をぶつけるかのように、
荒ぶりつつ破壊したら無事なまでに小さくなりましたが(あまりに荒ぶっていたので、
恨みのある誰かと思っていたのか?)アルミ製はさすがに荒ぶってもどうにもならず、
こちらの鋸をホームセンターで買って来ました。

鋸

一見、カッターのような見るからにチャチな鋸ですが、説明によるとステンレス、プラスチック等、
その辺りのものは、ガンガンと切断が可能らしい・・・

お値段も1,180円と高くはないし、今後も何かに使えるかもしれない。

とある意味、洗濯ハンガーを切断する為の目的で購入した鋸で、早速、切断を開始、
1,180円というお値段故か、こういうものは得てしてそうなのか、
一応切れているものの、切断面はなかなか進まず、
それでも5分程度がんばって切ってやっと一箇所切断できました。

洗濯ハンガー

なんか使った労力に対して成果が割りに合わない気が・・・

結局、4ヶ所、かなりの労力と時間を掛けて切断に成功したのですが、
使用後の鋸はこんなボロボロな感じになりました。

鋸

まあ、塗料が剥がれただけで使えると思うし、最悪歯を替えればいいのですが、

こんな鋸を購入した上に、労力が掛かるんだったら、
有料の粗大ゴミ(確か500円)に出しちゃった方がよかったんじゃね?


と思ってしまう気持ちは止められませんでした。

今のところ他に切断するものは見つかっていませんが、
これからの長い人生(でもないか)、何かに活用できることを期待します。
自分で自転車を整備すれば出番もあるのかしら?

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事
古河七福神巡りポタ【その2】
またしても少し更新の間が空いてしまい、相変らず読みにくくて恐縮ですが、
「古河七福神巡りポタ」の続きです。
【その1】は→こちらです。


古河七福神(宣伝文句では全行程7000歩)七福神とは言え諸事情ありなのか10ヶ所ありましたが、
何故か七福神の一つに含まれていた個人宅の瀬下様のお宅はご遠慮申し上げ、
遠い順から廻って行く事にしました。

どうやら一番遠いのは、瀬下様のお宅なのでそこを除くと、最も遠い場所が「徳星寺」になります。

一番遠いとは言え、7000歩と言うだけあり(というか一番遠い瀬下様のお宅を除いたので6500歩位かも)
全ての神社仏閣が街中に集中したコンパクトな行程なので、徳星寺もかなり近そう。
北風もしんみりと吹き、しんしんと寒いので幸いな事でございます。

なにせ徒歩でも楽に巡れるとうところを全面にアピールしている位なので、
自転車で巡るとなると「更に楽勝じゃね?」と高をくくりまくって徳星寺へと向います。

さて、前回来てレンタサイクルを借りた時は、古河の街中は時間的都合により回れなかったので、
初と言っていい古河市街地巡りになります。

古河という街は歴史ある街のようなので、蔵のような歴史ある建物が延々と続く・・・
というような街並みを想像していたのですが、意外と現代ナイズされているというか、
昭和、平成の普通のお宅の間に古い建物が混ざっているという雰囲気です。

古河市

しかし市で作った(と思われる)街灯や看板などは、統一してちょっと江戸風に作ってあり、
そっち方面で売りだそうという野望が見え隠れしている感じが・・・

そして最初のお寺徳星寺に向かう途中で商店街のようなところを通ったのですが、
意外に人口の少ない正月の古河市街の中で異例とも言うべき、
人がやたらと集まっている場所がありました。

野次馬根性丸出しにして近づいてみると、ここは!
元々古河に来る元ネタになった地域密着情報番組「アド街」の中で、
古河銘菓として紹介されていた「はつせ」さんではありませんか!

はつせ

なるほど、このお店の「しらたま」というお菓子が古河の中では超メジャーなお菓子のようなので、
正月早々のこの賑わいも頷けるというものです。

ここで遭ったのも神の思召しというヤツと思い、私共もしらたまを購入すべくお店に入ったのですが、
お年賀に最適そうな銘菓を正月に飛び込みで購入しようとは甘かったようで、
店内のショーケースは生産が正月仕様なのか、ほぼガラガラで、肝心のしらたまに至っては売り切れ、
予約した人々が商品を取りに来ているのみらしい。

ちぇっ、神の思し召しじゃなったのかよ。
無駄に食べたくなっただけお損じゃんか。

お店の存在を知ってしまったが為に、無駄にがっかりする事になりつつ、再び徳星寺へと向います。

そしてコンパクト七福神ゆえの楽さで、本当に間もなく「徳星寺」に到着。

徳星寺

ところでわが家は自転車に乗り始めてから、正月は七福神巡りをする機会がグンと増えたのですが、
そもそも日本人は正月になると七福神を巡りたくなるらしく、
巡っていると現地で一緒になる七福神メイト(他人様ですが)とよくお会いするものなのですが、
最初のお寺からして人がいなさ過ぎなくね?(゚∇゚ ;)

1月3日というまだ絶賛初詣受付期間中という日付、しかも市で推しまくっている七福神の一つなのに、
あまりの静寂ぶりにビビりまして、「もしかして間違えたのか?」と思いましたが、
七福神の旗がはためいているし、真新しそうな弁天様の像が立っているので、

徳星寺

ここに間違いはない・・・らしい。

早速、お堂に参拝しようとしたのですが、まずここにあるべき、そしてなくてはならないもの、

「賽銭箱」が無い?!∑(゚∇゚|||)


しかし小さい頃から染み付いた風習として、無料でお祈りというのも大変に気が引ける。

そこで改めて周りを見ると、奥にはこちらの七福神お堂の他に、
メイン(?)のような大きなお堂があるのが見えました。

徳星寺

「なるほど、あちらのお堂に賽銭箱があるのだな」と納得しまして、大きなお堂に行きましたが、
そんなメインなお堂なのに、そちらのお堂も賽銭箱らしき物はナッシング。

空に太陽があるように、神社仏閣には必ず賽銭箱があるものだと、
今まで何の疑問もなく思い、生きてきましたが、その概念はもしや古河市には通用しないのか???

いや、これは、もしかして試されている・・・のか?

賽銭箱が無い場合は、人間はどのように神仏への信仰心を示すものかを天に試されているのか?
そうなのか???

今までの既存概念を破壊され、プチパニックになった私共。

でも、ここまで大人になり過ぎますと、めったやたらでは既成概念を打破することができず、
何とか賽銭箱やら賽銭できそうなスペースがないかと探し回っていたのですが、
しばらくして後、相方が「もしかしたらこれが賽銭箱じゃない?」と指さしたのは、
一見、ポールのようなこれ。

徳星寺

風景に溶け込んで、単なるポールたと思っていましたが、

確かに「浄財」と書いてあるぅぅぅ。∑( ̄ロ ̄|||)


個人的には、今までにあまり見たことがない奥ゆかしい大きさの賽銭箱ですが、
これで既成概念は守られ、まずは一福神、賽銭を済ませてお祈りが出来ました。

そして次に向かったのが「正定寺」

正定寺

こちらもトリプル弁天の一つ、弁天様を祀ってあるお寺です。
ちょっとわかりにくい細い路地を入るので、カレー麺メインのアバウトな地図ではわかりにくく、
少々迷った末に到着しました。

先程の徳星寺と同じようにこちらのお寺も本堂と七福神のお堂が分かれているようです。

正定寺

こちらのお寺の賽銭箱も賽銭箱というよりポストのようでしたが、
賽銭箱を箱として作らないのがIt's古河スタイルなんですかね?

一応、七福神巡りなので、七福神の祀られてるお堂でお参りしまいたが、
そのお堂の横には、つい先程見たようなデジャヴ感のある、
おそろいで作りました感がアリアリな弁天様の像が・・・

正定寺

それにしてもこの七福神様は地域活性化にアグレッシブなのか、
お堂の中には地域の宣伝的ポスターがいろいろ貼ってあり、
扉にはカレー麺マップまで貼ってありました。

正定寺

カレー麺・・・当たるといいですね。

次の神社は、正定寺から極近の「福寿稲荷神社」

稲荷神社

福禄寿様が祀ってあります。

ここにも先程の弁天様と同じお店に発注したとしか思えない福禄寿様の像が・・・

稲荷神社

更にサクサクと進み、次なる神社「神明宮」に向いましたが、

神明宮

神明宮

なんかこの神社(なんですかね?)はコンパクト感が半端なくね?

そしてまたしても同じお店で、同じ時期に発注したとしか思えない大黒様の像がありました。

大黒様

・・・なんかここまで来て感じるんですが、何でしょう?このヒシヒシと感じる無理無理感。

ここまでの七福神は全て同じお店に発注したとしか思えない、
新しい七福神像が飾られてありました。

これは町興し優先で無理矢理「七福神」を作ったんじゃないのか?

という疑惑。

だとしたら七福神メイトが皆無という現状も頷ける。

そんな疑惑を抱えて、更に七福神巡りの歩を進めましたが、
更に驚きの七福神を見る事になるのです。

・・・続きます。m(__)m

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事
古河七福神巡りポタ【最終回】
「古河七福神巡りポタ」の続きです。
【その1】は→こちら、【その2】は→こちらです。



七福神ではあるものの、弁天様が3箇所あるので実質九ヶ所のうち、
時間の経過と共に寒さと北風率が増す中、次に向かったのは「蛭子神社」

蛭子神社

先程の神明神社程ではないにしろ、こちらも住宅地に佇むコンパクトな神社です。
蛭子神社なので当然、恵比寿様が祀ってあり、同じお揃いの像が置いてありました。

恵比寿様

ここまで来ると古河七福神というのは、最近出来たユニットとしか思えない。
確かに今はいろいろな街で「七福神」を売りにしているところがありますし、
大抵の街には、幾つかの神社仏閣はありますので、それをまとめて七福神にするのは、
自治体としても町興しの題材として丁度いい感じなんでしょう。投資も少なくて済みそうだし・・・

いや、その「何とか町興しにつなげたい」という熱意も分かりますし、
若干、寂れ気味の土地出身者の私としても、その意気込みにはとても賛同致しますが、
しかしそんな熱意をおもんぱかっても、この後、いろんな意味で困惑せざるを得ない神社が待っていました。

次に向かったのは「三神町稲荷神社」なのですが、
地図上によると蛭子神社からはそう離れていない場所にあるようです。

しかし地図が示す場所にはそれらしい神社は見つからず、
かと言ってその道以外は考えられないので、不思議に思いながらも、
直線で200m位の道を行ったり来たりしたのですが、
何回か通過すると目が慣れてくるのか、何もないと思っていた場所に狭い路地があり、
どうやらその路地の先に神社がある形跡を見つけました。

細い路地に行くには、まず数段の階段があり、その階段を上り進んでいくと、

三神町稲荷神社

えっ?!失礼を承知であえて申し上げるなら廃墟・・・?(゚∇゚ ;)

という微妙な感じのお社(?)が出現。

鳥居があるので神社には違いなのでしょうが、浮世離れしているというか、
生活感のようなものがないといいますか、あまり活用されていない感がありあり。

こちらの侘び寂感溢れるお社(?)は賽銭箱というような物は当然なく・・・
それでもよくよく周りを探索するとその後ろに、本来お参りをするようなお社らしきものがあるのですが、

三神町稲荷神社

塀に阻まれ、入口らしきものもないので、まさかの立ち入り禁止?!∑(゚∇゚|||)

七福神の一つとして、もしかしてお話が通っていないのでは??

と思いましたが、一応、こちらのおそろいの像があるので、

福禄寿

最低限のお話は通っている模様です。・・・たぶん。

しかしこの状態では本当の(?)お社には近づけないし、
手前のお社には、賽銭を収めるところがありません。

でもやっぱり無料でお祈りするのは気がひける・・・

どうすべきなのか?おお、神よ。

と悩んだ挙句、私共は、静かに後退って「逃亡」という選択を取りました。

・・・だって、この状況じゃどうにもならないじゃないですかぁ。・゚・(ノД`;)・゚・

ただ、この逃亡が今年の運勢にどうか関わってくるのか、謎です。

そして次なる七福神は「大聖院」、トリプル弁天のうちの最後の一箇所で、

大聖院

大きなお寺でしたが、七福神のお堂は入口付近別棟にこぢんまりとありました。

大聖院

さて、散々賽銭箱には悩まされたこの七福神巡りですが、こちらのお寺にあったのも、

弁天様

賽銭箱

もしかしてこれが賽銭箱??∑( ̄ロ ̄|||)

というようなビックリ賽銭箱(でいいのか?)です。

気のせいか私には、煎餅か何かが入っていた箱の蓋に見えるぜ。

このあまりの斬新さに驚きを隠せませんでしたが、
しかしここにお賽銭らしきお金が置いてあるということは、
これが賽銭箱ということなのでしょう。

このお姿は祀られているのが琵琶を抱えた弁天様なだけに、
どこか大道芸人チックな雰囲気があるような気が・・・

愛にもいろいろな形があるように、賽銭箱にもいろいろな形があるものなのでしょう。
郷に入れば郷に従え、と自分に言い聞かせ、こちらの煎餅の蓋お賽銭箱に納めさせて頂きました。

そして毘沙門天様が祀ってある比較的普通の神社「秋葉神社」を巡ると、

秋葉神社

毘沙門天

とうとうラストワン、「諏訪八幡神社」を残すのみとなりました。

・・・長かった。

寒さが厳しかったので、余計そう感じたのかもしれませんが、
とても7000歩とは思えない程、感覚的に長かったっす。

実際、「チョロい」と思っていた出発当初よりも、時間がかかりまして、
お空もうっすらと暗くなり、その暗さの分だけ寒さが増していました。

が、この最後の一箇所がなかなか見つからねぇ。

地図によると、さほど込み入った場所あるわけではなさそうなのですが、
私共の目が節穴なのか、何度行ったり来たりしても見つかりません。

そうこうしているうちに益々お外は暗くなり、更に北風と寒さが増量し、
それと反比例するように口数が少なくなる私共。

しかも自分達が方向オンチーゆえに寒空の中迷っているという無駄な時間の使い方に、
行き場のない怒りは頂点に達し、正月早々険悪なムードが漂いまして、
主に私の口から「もうここで辞めちまおうぜ!」というクラッシャーな発言まで飛び出すに至りました。

この時は何で運動公園に降り立った時に、そのまま帰らなかったのかと心底後悔し、
(いや、実は七福神を巡っている時は、寒さで何度も後悔していたのですが)
実際、その時のバッドな気分では、何もかも投げ出して、走り去りたい気分だったのですが、
しかし、私も(一応)大人、冷静に計算する自分もいまして、もし一福神だけ残した場合、

これまでの六福神巡りはチャラになるのか?
その残った一福神様からは、報復的な何かはあるのか?


そう思うと、一時の激情で辞める覚悟まではできず、
結局、見つかるまで捜索する事にしました。

しかし寒さの中、覚悟を決めると気持ちが研ぎ澄まされ、逆に見えなかったものが見えてくるもので、
この諏訪八幡神社は前にレンタサイクルで巡った時に行った、
丸満餃子さんの近くにあることに気付きました。(最初に気づけよ)

食い物関係になると強くなるのが自称ポタメシニストの私共、
丸満さんを中心に地図を読み解くと、あっさり諏訪八幡神社に辿り着くことに成功。

完全に暗くなり、写真もぼやけてしか撮れませんでしたが、
ロッキーのテーマ(幻聴)と共に、ようやく最後の神社に到着です。

諏訪八幡神社

この神社にも当たり前のように(?)賽銭箱が見当たりませんが、
まったく慌てない自分がいました。

まず賽銭箱を探すのが、この七福神巡りのデフォになりましたし、
探しても最終的には賽銭箱が見つからない事にも慣れまして、
(なんかあの煎餅の蓋の上に置いた時から一皮むけたというか)
こちらの布袋様の足元にそっとお賽銭を直置きして帰って来ました。

布袋様

ちなみに前の方は、頭にお賽銭を乗せられたようです。

そもそも「こんなところに置いておくと盗まれるかも」という、
俗世にまみれた人を疑う醜い心ゆえにためらいを感じるのです。

人を信じる気持ちを持ってすれば、直置きに何の不都合がありましょうや。

なんか古河七福神には人を信じる尊さを改めて教えられた気がします。

丁度、古河の駅前に戻る形で七福神巡りがゴールとなりましたが、
日が落ちたと同時に気温も更にグンと下がり、風も更に更に冷たくなり、
「もう一瞬足りともここにいてたまるか!」という状態になりました。

もちろん、この後は温かいところでグルメでも・・・という事になるのですが、
当然、古河の名物と言えば「七福カレー麺」

今回の七福神巡りでは、さんざんカレー麺マップを活用させて頂いた事だし、
この寒さにはカレー麺はぴったりだったのですが、問題が一つ・・・

カレー麺協賛店は23軒もの数があるものの、一体全体どのお店が
正月3日早々から営業されているかが不明ということです。
カレー麺マップにもそこまで書いてないしな。

カレー麺協賛店は七福神より広い範囲で市内に散らばっているようですが、
わざわざこのクソ(失敬)寒い中、遠い店まで行って、やっていなかったら目も当てられない。
いや、近い店だとしても目も当てたくない。

つーか、お互い寒さで余裕が0ゆえに醜い人間性が全開の状態なので、
この上、そんな目に遭ったら、揉め事が勃発する事は必至。

「ここは家庭の平穏の為にも危険を冒せない」ということで、
前に古河に来た時も行ったお店なのですが、現在地から近い上に、
七福神巡りの途中で通りかかり営業が確認されたお店「丸満餃子」さんに行きました。

餃子丸萬

もちろんこの丸満さんもカレー麺協賛店の一つなので、サイドメニューとしてカレー麺もあるのですが、
残念ながら以前に来た時に食べていまして、まあ、前に来たばっかりだし、
間髪入れずに二度食べる程の事もゴニョゴニョ・・・
ということで、このお店のど真ん中メニューである餃子を食べました。

餃子

人間は時として勘違いから大変な発見をしてしまう事があるようで、
前に来た時に単なるにんにくの擦りおろしをこのお店の秘伝の餃子ダレと勘違いして食べ、
「さすがお店の秘伝のタレ、美味いっ!」とか褒めちぎった後に、
自分の勘違いに気づいたという経緯があるのですが、そのニンニクオンリーの時の味が忘れられず、
今回も私はニンニクオンリー、しょう油ダレ、マヨネーズダレと三種のタレを楽しみました。

ただこの食べ方をすると半端無く自分がニンニク臭くなるので、
女性としては重要な何かを捨てた人間しかできない食べ方だと思います。

その他には水餃子(490円)、豆腐チャーシューサラダ(600円)なるものを注文しましたが、
豆腐チャーシューサラダの方は名前の通りシンプルにチャーシューon豆腐。

豆腐チャーシュー

ヘルシーなような、そうでもないようなメニューです。

水餃子は簡易コンロで鍋のように出てくるので、熱々を食べられてありがたい。

水餃子

こちらは焼き餃子と違い、普通の餃子という感じで、これはこれで美味しかったです。

丸満さんは餃子店だけあり、餃子が安く食べられるのがいいですね。
あのピロシキみたいな焼き餃子は一人前8個で420円だし。

そしてその後は、満腹感の余韻だけを支えに、寒風の中再び外に出て、
駐車場まで戻り古河七福神巡りは完全に終了、そのまま再び車載してしょう油の街市まで戻りました。

相方のスマホによると、駐車場までの距離(500m程度)を除き、
純粋に七福神に掛かった距離は7.5km、所要時間は2時間23分。

距離

7000歩、4.5㎞じゃなかったんかい!


と思いましたが、プラスされた距離は(スマホがあっても)方向音痴ーズの私共が迷った距離ですね。

でも判りにくい場所にある神社もあったりしますので(特に三神町稲荷神社)
迷わず直行で行ける地元の方や古河七福神巡り数回目の猛者、
もしくはジャイアント馬場さん並に背が高く、歩幅を稼げる人でないと
7000歩で巡るのは難しいような気がします。

そして古河七福神を巡って思ったのは、何にせよ、

冬にしょう油の街市よりも北にある七福神には巡るもんじゃない。

ということでしょうか。

いや、マジ寒かったっす。

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事
竹でできた自転車
どうも、こんにちは。くろばいBです。

週末から雨・雪でなかなか自転車で出かけられませんでした。
金曜日の時点で、昨日の土曜日は一日中雨か雪の天気予報でしたので、
寒いしこの日は一日家にこもろうということで、そのための備蓄食料として
こんなものを買ってみました。



パッケージのデザインはまさに「カップヌードル」なのですが、
こちらは「カップヌードル 天そば」です。

カップヌードル40周年を記念して、歴代のすべてのカップヌードルの中から
復刻してほしいカップヌードルの投票が行われ、
こちらの「天そば」が堂々の一意に輝き、めでたく復刻したそうです。

お湯を注ぐとおそばのいい香りがしてきます。



上には「えび天」のようなものがいくつか乗っていますが、
食べてみるとカップヌードルに入っている「あのエビ」の味がしました。

パッケージには

「カップヌードル天そばは1972年12月に発売されました。
シリーズ唯一の和風カップめん!これぞ伝説の一品!!」


と書かれていますので、カップめん好きの方は見かけたら
話のタネに食べてみるもいいのではないでしょうか。


さて、自転車のフレームはいろいろな素材があるということを
自転車に乗り始めるまで全然知りませんでした。
(まあ、未だに試乗したりしても違いがわかっていないのですが…)

そんな中、フレームが竹でできた自転車がついに日本でも発売されるそうですね。

「ZAMBIKES」(ザンバイクス)というザンビアのメーカーのものらしいです。
http://www.zambikes.jp/

いったいどんな乗り心地なんでしょうね。
「ほしい!」とまでは思いませんが、一度試しに乗ってみたい感じがします。

日本では原宿の「F.I.G bike」さんなどで取り扱っているようです。
http://figbike.blogspot.com/2012/01/bamboo-zambikes.html

ブログにも「話のネタに見に来てくださいね。」と書かれていますので、
近くに行く機会があれば見に行ってみたいです。


ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事
今期初のバーゲンポタ
昨日は東京にも雪が降りました~

雪が降るという予報はあったものの、夜、気がつくとズンズンと
勢いよく雪が降っているので驚きました。

その後、あまり積もらずに早々止んでくれてホッとしたのですが、
雪が降っているのを見るのは風情があってなかなかいいけれど、
その後の煩わしさを考えると、あんまり歓迎できないなぁ。と。

子供の頃は単純に嬉しかったんですけどね。

ずっと乾燥した日々が続いていたのが、先週末に急にお天気が不安定になりましたが、
先週末は、土日とも雨の予報だと知って、わが家的にはかなり戦々恐々としておりました。

そんな天気一つで一喜一憂する羽目になるのも、全てはわが家に、
「最低週一、5㎞以上のポタをしなければならん」という掟が存在する為でして、
土日に走れないとなれば、極寒上等の普段日の早朝、もしくは夜間に走らなければなりません。

何としてでも、それだけは避けたい。

自分達が決めた掟にここまでビビらされているという、己らの愚か者ぶりはさておき、
土日の間に「何とか5㎞走れるだけの晴れ間は出て欲しい」と祈っていたのですが、
土曜日は予報通り一日ぐずつき、とてもサイクリングをしにお外に出られる天気ではありませんでした。

そして日曜日、天気予報は相変わらずの雨で、実際に朝から当然の如く雨が降っており、
わが家も天気と同じく、どんよりしていたのですが、奇跡的にというべきか、
午後1時頃から急に晴れ間が見えてきました。

これは神が私達に与え給うたポタチャンス!


と、ポタに出かける事になりましたが、なにせ完全に一日雨のふて寝モードだったので、
気がつくと支度を終えたのが夕方近くになり、家を出たのは完全に日が落ちた今更な時間になりました。
こんな時間だったら「普段日ポタでもそんなに変わりはないじゃん」な今更さ。

時間が時間なだけに極寒も覚悟し、これからスポーツをする人間の姿とは思えない感じに、
腰に1枚、お腹に1枚、ホッカイロのお大尽貼りをして出かけたところ、
お外は思ったよりも寒くなく、むしろホッカイロ2個は、身に余る感じでした。

冬の(ほぼ)夜道を(無意味な)掟を遂行する為にだけにストイックに走るもの億劫なので、
そう言えば、年明けから幕が落とされているはずの今期バーゲンには一度も行っていないし、
それどころか「今期の冬物はユニ◯ロ以外で服って買ったっけ?」という有様を思い出し、
わが家からも近場の北千住のマルイに買い物がてら向かう事にしました。

マルイに着き、相方にずっと死んだ目で買い物に付き合ってもらうのも心苦しいので、
1時間後に落ち合う約束をし、いきなり相方と別行動で1人で店内をうろつきだしたのですが、

やばい・・・これだけの赤札を見ても、まったく燃えてこん。

北千住マルイは、私のようにいつ頃からマルイを卒業していいのかわからずに、
そのまま留年している世代をもターゲットにしようとしているのか、
私のようなオバサントウがたったお姉さん向けのアイテムもそこそこ置いてあるので、
買おうと思えば買えるのですが、服の購買という行為にまったく気力が湧いてこないんですよね。

ああ、大昔(バブルの頃とも言う)の私の物欲に、この枯れさがあれば、
貯金通帳の0の数がまったく違ったものになっていただろうに・・・(遠い目)

そうしてまたクローゼットのユニ◯ロ率だけが増えて行くんだろうな・・・

とぼんやり思ったン十ン歳の冬。

でもポタ以外で普通に(?)出掛ける時に「服がねぇー(泣)」という状況に
陥る近未来が見えるので、何かは買わなきゃと焦る気持ちはあるんですけどね。

そんな感じで服ゾーンは1mmの心も動くこともなく、サラっと流した感じだったので、
相方との待ち合わせタイムにはかなりの時間があります。

その場で自由時間終了の連絡をしても良かったのですが、
「先に買おうと思っていた本を買っておくか」と思い直しまして、
途中の東急ハンズなどでぶらぶらと雑貨を見た後に、
マルイ内の本屋さんに行きました。

書店に着くと、まずは欲しい本のジャンルがあるエリアを探し始めたのですが、
ざっと見たところ希望の本は見つからず・・・

「もしや、在庫がないのかも」と思い、本屋さんによく置いてある
在庫が確認できる端末を使い調べたところ、在庫は1冊あるようです。

在庫があると知り自信(?)を深めまして、更に棚を探しに行きましたが、やはり無い?(゚∇゚ ;)

いや、いや、端末があるつってんのに、そんなはずないだろ。

機械と自分どちらを信用するかと問われたとすれば、
某元総理のように自分を客観視できる人間である私は、
1瞬の迷いもなく「機械」と答えます。

自分の目の節穴ぶりを自覚している私は、その後、何度も何度も棚を往復し、
それでも見つからないので、「自分が棚の勘違いしたのかも」と捜索の範囲を他の棚にも拡大、
最終的には棚にある一冊一冊を指さし確認をしながら見つけていったのですが、
目的の本は見つかりませんでした。

それでもあくまで機械>>>自分な私は、在庫があると信じて疑う事なく、
自分の節穴EYEを呪いつつ、必至の形相で更に何度も往復したところ、
何度目かの往復の時でしょうか、後ろから相方に声を掛けられました。

どうやら相方も暇を持て余し、私より先に本屋さんに来ていたらしく、
既に購入したと思われる本の袋を持っていたのですが、
次の瞬間、彼の口から衝撃の一言がっ!

「欲しいって言っていた本、買っておいたよーーん。^^」


・・・って、

元凶は、アンタだったんかーーーい!(゚Д゚#)

相方としては、私が欲しいと言っていた本をサプライズ的に買っておいてくれていたらしく、
冷静に考えれば、ありがたい以外の何モノでもない話なのですが、
何?この心に湧き上がる「獲物を横取りされた」感。そしてストレートに喜べないこの状況。

喜びよりも、すでに無いものを無駄に探し続けていたという虚しさが先に立つといいますか・・・
(相方が買ったばかりだったので、端末には反映されず「在庫あり」だったようです)

世の中、“間の悪い”タイプの人というのがいますが、確実に相方もそのタイプに属する人間であろうと、
思う瞬間がよくあるのですが、この間の悪さのお陰で、せっかくの彼の善行も
最大限の効果が得られない事が多々あるんですよね。
なんか切ない話ですが・・・(--;)

相方に感謝をするような、恨めしいような、(その間の悪さに)同情を感じるような、
複雑な気持ちを抱えつつ、夕食時ともなりましたので、食事をすることになりました。

「マルイの駐輪場に自転車を置いてあるし、寒いのに遠くまで歩きたくねぇ」と思い、
今回はお手軽重視で済まそうと、まずはマルイの中のレストラン街に行きましたが、
残念ながら心動かされるお店がなく・・・

それでも最低限の移動で済ますために、マルイとはほぼ隣に位置する
ルミネのレストラン街に移動しました。

街中で探す気がない以上、こちらのレストラン街限定で選ぼうと、
選んだのは「PHO HANOI」さんというお店。

初めて行くお店ですが、ベトナム料理のお店らしい。

まあ、ルミネのレストラン街にあるお店だし、過度な期待は禁物ですが(失敬だろ)、
「さすがにあまりにウソ臭いベトナム料理だったら嫌だな」と思いつつ、
一歩お店に入ると、急に期待感でいっぱいになりました。

というのも、店員さんが日本人じゃない。

いや、本当にベトナムの方かと問われると、ちょっとわからないのですが、
やはりその国の方(っぽい)人がいるお店だと、説得力がある気がします。

カレーはインド人、ハンバーガーはアメリカ人、寿司屋はやはり日本人の方が説得力がありますし・・・

メニューを見ると、単品でもいろいろなベトナムメニューがありましたが、
お得判定人の相方さんによると、コースで頼んだ方が、楽且つよりお得だろうということで、
2人で3,000円のコース料理を注文しました。

まず何かよくわからないけれどベトナム料理にありがちの青菜の炒め、

ベトナム料理

そして甘辛エスニック味の春雨サラダと生春巻き、

ベトナム料理

揚げ春巻き、

ベトナム料理

ナンプラー風味の甘辛鶏手羽、

ベトナム料理

それぞれに小盛のフォー、

ベトナム料理

最後にデザートが付きました。

ベトナム料理

デザートは、マンゴープリンとベトナムの汁粉というチェーを頼みましたが、
この昔懐かしのヨーグルトの瓶のようなものに入ったマンゴープリンは濃厚で美味しく、
チェーは、アズキならぬ白豆の汁粉という感じでした。

香辛料もいろいろあったのですが、一番気になったのは、この「生チリ」

ベトナム料理

何より、激辛注意というのが、怖いもの見たさで興味をそそります。

ペースト状の何かを想像していたのですが、中身は得体のしれない辛子?

ベトナム料理

最初の一口は何ともないのでいっぺんに食べがちですが、暫く後に後悔する系の味で、
特に相方は薬味を多くとりがちな人間なので(お得だからか?)
激辛注意と書かれていなければ、大事故になるところでした。

料理の味はなかなか美味しく、ベトナム料理でHOTになった勢いで、
そのまま冬の夜道を家路についたのですが、夜が深まったにも関わらず、
特に気温が下がる気配もなく、体に2個貼りつけたお大尽貼りのホッカイロも効いていまして、
むしろ最終的には嫌な汗をかきつつ帰って来ました。

いいような、悪いような・・・

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事
千寿七福神ポタ【その1】
漲らないっす。

ある程度、大人になると多少の小銭や皮一枚の美貌よりも、
(いや、もちろん小銭も美貌もあった方が断然いいですが)
生きる上では健康と体力、気力等が最重要アイテムではないのか?と思う時があります。

が、漲らない。


“健康”に関しては、今のところ大病をしない程度にはあるとは思うんですが、
いかんせん昔から私は体力と気力の方が今ひとつといいますか、
例えば、テレビにヒョウ柄、宝石、豪邸と共に出ている女性実業家のHPが100とするならば、
私はせいぜい10程度雑魚キャラレベルでしょうし、もし、生命力の炎とやらが見えるとしたら、
かなりトロ火ので吹けば消えそうなヤバそうな炎なんだろうなと思います。

そこで少しでもHPをあげようと、合法的な薬に頼っているのですが、
なかなか「飲むと漲ってくるぜ!」というような栄養剤に巡り合えないんですよね。

紆余曲折の末、今、新しく飲み始めたのは“アミノ酸なのですが、
これが今まで飲んできた栄養剤と同じで、効いてんだか、効いていないんだか、
今ひとつ効果がぼんやりとしているつーか・・・

何か命の泉がガツンと漲る合法的な製品はないんですかねぇ。

たかがほうれん草の缶詰一つで漲れるポパイが心底羨ましい。

とつい愚痴めいた話から入ってしまいましたが・・・
表題のポタ日記の方は少々遡らせてもらいまして、
前の松の明けた1月8日のポタ日記になします。

さて、この世の中にある無料(タダ)のものをこよなく愛する相方には、
フリーペーパー収集家という一面があります。

フリーペーパーは特に駅などにはたくさん置いてあるのですが、
正月休み明けの会社帰りに、早速、駅でこんなフリー冊子を収集してきました。

千寿七福神

特に駅にあるブツは地域に密着した役に立つ話題が多く、ポタに役立つネタも多いのですが、
この冊子には、「北千住の七福神」が特集されているようです。

自転車に乗り出してから数年、正月にはなんだかんだと七福神巡りを何回かしてきましたが、
北千住にも七福神が存在していたなんて知りませんでした。

近場の七福神を見逃していたなんたる不覚。

って、自転車にできるだけ乗ることに価値を見出してもいいはずの自転車乗りのはずが、
なんでいつも“近い”にやたらと価値を見出すんだ?自分達。

と思わないでもないですが、馴染みのある地区に七福神があるのなら、
一度位は巡ってみたくなるのも人情です。

3日に行った古河に引き続き、今年2度目の七福神巡りではありますが、
1月8日のポタは、北千住七福神を巡る事にしました。

元ネタになったフリーペーパーは駅で配っているということは、
「電車を利用してきてね」という含みがあるのでしょうが、
その辺は空気をあえて読まずに、もちろん自転車で出かける事にします。 スマン。

最近は、七福神とは言いつつも何故か七箇所で収まらない七福神もありますが、
こちらの千寿七福神は千住本氷川神社、氷川神社、元宿神社、千住神社、八幡神社、
稲荷神社、氷川神社のきっちり七箇所。

七箇所中、氷川神社と名の付く神社が3箇所と、
ほぼ氷川グループ(?)に支えられた七福神のようです。

まず一箇所目は足立市場に近い4号沿いの「稲荷神社」へ行きました。

稲荷神社

こちらは福禄寿様が祀られている神社で、立派な鳥居が4号に向かって建っていましたが、

稲荷神社

この辺は車でもよく通っているはずなのに、今まで存在にまったく気が付きませんでした。

初詣時期からはちょっと外れた時期だったからか、他に参拝客はおらず・・・
手水も見当たらなかったので、そのまま参拝して次の神社に向います。

二箇所目はこちら「氷川神社」

氷川神社

弁財天様を祀ってある神社で、可愛らしい弁天様のイラストでアピール。

氷川神社

こちらの神社ではたまたま「徒歩で千寿七福神を巡る会(仮名)」の方々と一緒になった為に、
先程の神社とは違い、結構賑わっていました。

神社自体の御祭神は素盞嗚尊ということで、別棟(?)に弁天様像が祀ってあったのですが、、
先程のフェミニンな弁天様のイラストとは、かなりギャップがある歴史が感じられる重厚な弁天様像です。

氷川神社

さて、手を清めてから参拝しようと、手水で手を洗ったところ、
ここで七福神巡りではあってはならない痛恨のミスが発覚。

ハ、ハンカチがねえ。Σ(゚д゚lll)ガーン


お賽銭と共に七福神巡りには欠かせない重要アイテムである「ハンカチ」を
よりによって私も相方も2人して忘れてしまったのです。

真冬の寒さの中でも大抵は七福神を巡るごとに手水で手を洗う事になるので、
ハンカチを忘れると痛い。

仕方なく、凍えながらも自然乾燥で乗り切りましたが、
この時期の自然乾燥は芯から冷える。

さすがにあと残り5箇所をこの手法で乗り切るのは辛いので、
途中のコンビニかなにかで購入しなければと思いつつ、次の神社へと向います。

が、コンビニによる機会に恵まれないままに「千住神社」に到着。

千住神社

ちぇーっ、また自然乾燥か。

と暗い気持ちで手水に向ったのですが、奇跡的ラッキーなめぐり合わせというべきか、
なんと!たまたまこの神社の恵比寿様参拝には、白いハンカチを使用するらしい。

ハンカチは基本持ち込みのようですが、忘れた人の為に神社で100円で販売してくれるらしく、
まさに渡に船という感じで、相方の分と2枚購入。

千住神社

「これで手水を恐れる事なし」と、参拝前に手を洗い、早速購入したてのハンカチで手を拭きます。

あれ?そう言えば、お祈り用に使うありがたいハンカチを
普通にお手拭きに使用してもいいのか?(゚∇゚ ;)

(しかも肝心の参拝に使ってないのに)

という淡い疑問が芽生えましたが、背に腹は変えられんので、まあ、いいか。

そしてそのハンカチを使用した参拝とやらを行う為に、
若干、居酒屋チックな提灯に彩られた大黒様像の前に行ったのですが、

千住神社

この人のいい居酒屋のご店主のような大黒様像は、普通の大黒像とは違った機能が搭載さていて、
台座が回る仕様になっているようです。

千住神社

というのも、願掛けに必要な機能らしく、願をかける時のお作法は、
こちらの看板に詳しく記載してあったのですが、

千住神社

大黒様を男性は左へ三回、女性は右へ三回まわした後、
先程、購入した白いハンカチでそれぞれの願いを三回念じながら三回撫でるらしい。

ハンカチで撫でる箇所は願い事によって異なるようで、商売繁盛は鯛、家内安全、
合格祈願は頭、縁結び、恋愛成就は胸、ガン除けは腹、スポーツ上達は腕と足、
ボケ防止は後頭部とありました。

ここはやはりかな。
ちょっとボケ防止と迷いましたが・・・

と思いまして、(ブログ冒頭で「この年になると金じゃない」とか言っておいてなんですが)、
金銭に直結すると思われる商売繁盛の願掛けである鯛部分をなでました。

千住神社

その後、家にハンカチを持ち帰り、一日に三回願いを念じながら大黒様を撫でた同じ場所を
自分の体をなでて、この願掛けは終了するということなので、この日家に帰った後に、
早速該当箇所をなでようとしたところ、

そう言えば、私、鯛を小脇に抱えていないんですけど・・・(゚∇゚ ;)


現代社会で鯛を小脇に抱えている人は至極少ないと思うのですが、
もちろん私共も鯛を小脇に抱える職業的な理由も個人的な趣味もないので、
仕方なくエア鯛を撫でておきました。

そして七福神巡りは気がつけば約半数の三箇所が終わり、四箇所目の神社へと向います。

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事
千寿七福神ポタ【その2】
昨日、和食系ファミレスのチェーン店、「とんでん」に行ったのですが、
メニューの中にこんな(“とんでん”だけに)とんでんもないものがっ!

スーパードライ

「アサヒスーパードライ エクストラゴールド」


確かスーパードライエクストラコールドが出たての頃には、
銀座の期間限定のアサヒエクストラコールド直営レストランに行き、
暑い中2時間以上並び、その後立ち飲みでヘロヘロになりながら飲んだ記憶もありますが、
今やファミレスメニューの中にもその存在を見つけるようになるとは・・・

なんかすごく並んで苦労して購入したたまごっちが、
数カ月後にはワゴンで大量に売られていたのを見た、みたいな。

いや、私はたまごっちが流行った時には、並んでまで買う年じゃなかったので、
知り合いにもらったパチもんたまごっちで恐竜を育成していましたが・・・

基本、とんでんへは車で行くことが多いので、飲む機会があるかどうかですが、
飲める機会があったら飲んでみたいと思います。

そして以下は千寿七福神巡りポタ日記の続きになります。

*****************************************

3箇所を巡り終えた所で、わが家が七福神を巡る時には
大抵途中で1度以上ぶちあたる不都合な状況に陥りました。

100円玉がない。∑(゚∇゚|||)

私は昔からお賽銭は100円と決めているのですが、設定当初は七福神巡りのように一度に大量に
神社仏閣を巡る事を想定せずに金額を設定したのです。

しかも相方と2人なので、最低でも100円玉が14枚必要になります。

賢い人ならば、予め14枚の100円玉を用意しておくのでしょうが、
自分で言うのも残念ですが、私の辞書に賢さという文字は皆無。
大体、その場になって100円玉が切れた事に気付く事になります。

財布の中には他の小銭が入っている事も多いので、「減額」の文字も頭にかすめますが、
ここで減額してしまうと、「・・・へぇ、うちから減額なんだ」とか思われて、
神仏に私の誠意をも疑われかねない。

神仏を敵に回すことだけは、絶対に避けたいので、そこで飲みたくもないものを飲み、
食べたくもないものを買う事になっても、100円を確保する羽目になります。

幸い日本には最も楽な100円玉確保できる機械、自動販売機が街中に設置してあり、
今回も神社を出て直ぐの場所にあった自動販売機を利用しすることにしました。

とは言え、このまま直ぐに1,000円札を突っ込んでしまうのは、100円玉確保のド素人。

最近の自動販売機はできたもので、100円玉がつり銭品切れかどうか確認できる仕様になっているので、
それを先に確認しないと、50円玉と10円玉で形成されたつり銭がジャラジャラと降ってきて、
ブルーになる羽目になるので(経験済み)、その辺は最初に確かめますが、
100円切れのサインは点灯していないので、100円玉はあるようです。

そしてここで飲み物を決めますが、大抵の飲み物は120円やら150円やらなので、
100円確保の見地から行くと、1,000円+20円や50円の入金にするのが好ましい。

それなら邪魔な500円玉が混ざるのは避けられないにしても、
最低4枚の100円玉は確保でます。

が、この時は、財布の中に10円玉も50円玉もなく、小銭がスッカスカ状態。

ちぇ、たった収穫は3枚かよ。


と普通に120円のコーヒーのボタンを押しかけたところ、相方の制止が。

「何しやがる!」と思いましたが、こういう事に目ざとい相方は、
数ある飲み物の中から唯一100円のエビアン水を見つけていたのです。

おお、これで4枚確保はいける。賽銭確保という崇高な(?)目的により神が味方したのか。きっとそうだ。

正直、こんなクソ寒い中水なんて一滴も飲みたくなかったのですが、
1枚でも多くの100円を確保する為に自分の趣味は度外視、迷わずエビアンを押しました。

と、ここで更に神のご加護が!
何と!たまたま500円玉が切れていたようで、お釣りがオール100円玉で出てきたのです。

更に神の奇跡は続き、私の手元にオール100円のつり銭が出ると同時に、
つり銭の在庫を示す欄に100円玉つり銭切れのサインが点灯、
そして、更に更に唯一の100円商品であるエビアンのボタンにも、
品切れのサインが点灯しているではありませんかっ!

自動販売機

つまり私は最後のエビアンを購入し、最後の100円玉のつり銭が確保できたわけです。

なんか新年からスゲーーラッキーじゃね?

神から愛されすぎてね?

と自動販売機の前で異様に盛り上がる中年2人。

よくよく考えてみれば、別につり銭が手に入れば、最後から2番目のエビアンでもよく、
最後のエビアンでなくても最後のつり銭じゃなくてもいいちゃーいいはずなんですが、
最後の1個をGETするとラッキーさが増す気がするのは何故でしょう?

今年も年末ジャンボは買おうと思いました。

こうして残り四箇所分のお賽銭一気に確保した私共は、
憂いなく四箇所目の神社に向います。

四箇所目の神社は「八幡神社」

八幡神社

こちらも国道4号沿いの神社で、毘沙門天様の神社です。

八幡神社

一歩外にでると排気ガスと喧騒渦巻く4号ですが、神社内は別世界のように静かで、
敷地は狭い感じの神社でしたが、休憩できるような長いベンチが置いてあったりと、
どこかアットホーム、手水にもタオルが掛けてあるという、温かいアフターサービス付きです。

八幡神社

地元の会社にもらったらしい会社のネーム入のタオルもどこかアットホーム。

先程、願掛けたホヤホヤのハンカチをいきなりお手拭きに使うというもの気が引けたので助かります。
ありたく使わせて頂きました。

さて、この千寿七福神は、隅田川と荒川の間の地区に七箇所点在していまして、
私共は隅田川に近い神社から巡ってきたのですが、次の2箇所は荒川側に近い神社になり、
今までの神社からはちょっと距離が離れています。

よく七福神は、気合を入れて作った(と思われる)「◯◯七福神巡り」というのぼりが、
それぞれの神社やそこに至るまでの順路に旗めいていたりするんですが、
今回も順路に延々とその“千寿七福神”と書かれたのぼりがはためていたので、
ちょっと離れている神社へも、ほとんど迷うことなく向かう事ができました。

あえて何処とは申しませんが、あまり流行ってらっしゃらない七福神だと、
この手の旗が途中でおざなりになり、ヘンデルとグレーテルが道しるべとしておいたのに、
鳥に食われちまったパンくずのように、途中でいきなり旗が途切れ、
置き去りを食らったヘンデルとグレーテル的な気分を味わうことになります。

まあ、あの二人はリアルに命がかかっていたので、七福神巡りでの置き去り感とは、
絶望感の重さが天と地ほど違うと思いますが・・・

そして五箇所目の神社「元宿神社」に到着。

元宿神社

こちらの神社も手水に手ぬぐいがはためいている親切仕様。

元宿神社

この神社は寿老神様が祀られているのですが、

元宿神社

ある願望にピンポイント特化した神社のようです。

それは「ボケ封じ」

元宿神社

千住神社でボケ防止と金とで迷って末に金の方を祈っておいてよかった。

最近は、その辺の心配もおおいにあるので、念入りにお祈りさせてもらいました。

そして七福神はラスト二箇所を残すのみですが、すみません、続きます。m(__)m

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事
案内が到着
ポタ日記の途中で恐縮ですが・・・

参加予定の「東京ゲートブリッジ完成記念スポーツフェスタ」
とうとう来週に迫っていますが、昨日、参加案内が届きました。

案内

って、デカッ。

しかも家族参加なのに、何故か個別案内。

このイベントは“東京ゲードブリッジ完成記念スポーツフェスタ”という名の通りに、
この度完成した東京の新しい橋、ゲードブリッジを開通前に、
自転車またはランニングで走ろうという企画なのですが、
しかしわずか全長約4㎞の直線の橋を往復するだけのイベントなのに、
「こんなA4サイズの封筒で送るほどのどんな込みいった注意事項があるというのだ?」と思いましたが、
中身はペラッとした案内とゼッケンが入っていました。

案内

なるほど当日あちらでゼッケンを渡して受付をするのは大変なので、
予め自分で持って来たまえということですね。

前にわが家が参加したイベント「ツール・ド・日光」では、
ゼッケンには居場所が判るようにGPSのようなものがついていましたが、
今回は橋の上を走るだけで、コースアウトの心配もたぶんないからか、
(もしコースアウトしたら即海だし)
かなりちゃちいシンプルな紙のゼッケンです。
いや、ツール・ド・日光も材質は紙だったけど・・・

長期予報を見ると当日の天気は今のところ晴れのようですが、
雨天決行なので、雨だけは降って欲しくないものです。(-人-;) ナムー

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事
ドラえもんの恵方巻き
寒いですねぇーーーっ。

昨日から今日にかけて、またまたしょう油の街市に行っていたのですが、
今日のしょう油の街市は冷たい風の一日でした。

ところで、わが家の近くには敷地の狭いスーパーしかなく、
その為に限られた商品しか置けないようで、なかなかチャレンジ的な商品というか、
伸るか反るかわからない新商品は、なかなか置いてなかったりするのですが、
しょう油の街市の潤沢な土地を使った広いスーパーには、
家の近くのスーパーではではお目に掛かれないオモシロ新製品があるので、
行くと楽しい発見があったりします。

そして昨日、しょう油の街市のとあるスーパーで見かけたのは、

これは異様にデカいキャラメル!∑(゚∇゚|||)



・・・じゃなくて、森永のキャラメルとパスコの食パンがコラボした食パンです。

こういうチャレンジ性があふれる奇天烈商品に弱い私は、つい購入。

予想では半生タイプのキャラメルがマーブル状に練りこまれていると想像していたのですが、
全体的に混ぜ込んじゃっているようで、パンの生地がうす茶色。

見た目状はキャラメルか何かわからないですが、空けると森永のあのキャラメル臭が
凄い勢いで充満するので、間違いようはありません。

トーストして食べてみましたが、出来上がったパンは焼(というか焦げた)キャラメル臭。



味は当然、キャラメル味を期待しまいたが、臭気の割にはキャラメル味は弱く、
このままで食べるのは何だし、でもあえて何を付けて食べればいいんだ?という感じでしたが、
食べ進めるうちに味覚が研ぎ澄まされ、パンの中にあるキャラメル味を感知、
このままでも美味しく感じるようになりました。

そしてもうすぐ節分ですが、節分と言えば「恵方巻き」ですね。

最近は関東にもこの風習は定着し、熾烈な販売合戦を繰り広げていますが、
数年前にいきなりこの風習が現れた時には、なんとなく業界の思惑が透けて見える様なこの行事を
私も大変苦々しい気持ちで見ていました。

が、恵方巻きをまるかじる行為は、

特に損はないどころか、一食楽になって得じゃん。

と気づいてから、積極的に乗っかっていこうと思うようになりました。

最近は、スーパーはもとより、コンビニ、和風ファミレス、寿司店とどこでも売っているので、
「どこで買おうか」と考えていた処、しょう油の街市ジャ◯コでこんなチラシを見つけました。



「ドラえもんのえほうまき」

って、ドラえもんと恵方巻き、コラボする程の共通点が
まったくなくね?(゚∇゚ ;)


と思うのですが、食品と猫型ロボットの直接の共通点など微塵もあるわけがなく、
今度公開されるドラえもん映画と恵方巻きをコラボして、
恵方巻きを売るついでに映画も告知したいという、100%売る側の事情の商品のようです。

売る側のみの事情なので、無理無理感がありありですが、
このコラボ恵方巻きは、恵方巻きに無駄に巻かれている赤い紐に
鈴状の玉子を付けてドラえもんという事にしたいようです。

人間という生き物は、経験的に過去存在したもの認識していたものを知識で補正し、
見てしまうという能力があるそうで、例えば大きな◯の上に小さな◯が2つあるだけで、
某ランドに住むネズミちゃんを思い浮かべてしまったりしますが、
その神秘の能力を持ってしても、この巻きずしをドラえもんと言われても無理あんだろ。

せめて海苔の部分が青だったら見えなくもないかもしれませんが、普通に黒いし。

しかしお店側もパッケージとこの鈴玉子だけでドラえもんを冠するのには、
ちょっと印象づけが弱いと思ったのか、ある暴挙に出ていたのです。

このドラえもん恵方巻きの中身が書き出されていたのですが、
そこに「ドラえもんも大好き」という説明と共に、ドヤ顔で書かれていたのは、

“どら焼きの皮”

って、ドラえもん風にするという大義名分の為なら、おおよそ寿司の具には
不適切と思われるものでも巻いちまうんか??
逆にその新テイストが気になるわい。

わが家の近くにジャ◯コがあれば、新テイストを試さずにはいられないのですが、
幸い近くにないので、普通の恵方巻きを食べようと思います。

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事
千寿七福神ポタ【最終回】
相変わらず毎日寒いですが、早いもので明日から2月ですね。

ついこの間、年が明けたと思っていたのに、マッハの速度で時が過ぎていきます。
そんな明日から2月になるというのに、未だに1月上旬のポタ日記が
なかなか終わらず恐縮ですが、以下「千寿七福神ポタ」の続きになります。
今回で最終回なので、よかったらお付き合い下さいませ。
ちなみに【その1】は→こちら、【その2】は→こちらになります。

*********************************************

五箇所目を巡り終え、六箇所目の神社へと向いますが、
わが家の七福神巡りにありがちな事に、そろそろお外が薄暗くなって参りました。

スロースターターのわが家は元々いついかなる時も出発時間が遅い上に、
千住という近い場所という安心感もあり、午後も遅い時間からのスタートだったので、
後半戦は寒さと日の入り時間との戦いです。
さすがに夜の七福神巡りは寒々しい上に訳ありっぽくなるし。

六箇所目の神社は、五箇所目の「元宿神社」の近くにある「氷川神社」

氷川神社

今回、七箇所中三箇所を占める氷川グループ二箇所目の神社です。

布袋様が祀られている神社ですが、

氷川神社

そろそろ終了時間だからか、そもそもこういう雰囲気の神社なのか、
神社内はどこか寂しい感じの空気が漂っていました。

お参りを済ませ、ふと横をみると敷地内にゴツゴツした岩で出来た小さなお山があり・・・

富士塚

そちらの岩も鳥居で祀ってあるようなので、「何だこりゃ?」と気になって行ってみると、
なんと!これが「富士塚」というものらしい。

氷川神社

以前は、富士塚がどういうものかはようわからんが、「都内の全富士塚を巡るポタでもするか」
と思っていた時期があり(比較的遠い場所にもあり、巡れる気がしないので頓挫しましたが)
都内には多数の富士塚が存在するという話は知っていましたが、
その中の一箇所がこちらのようです。

ところで富士塚というのは、「そこに登ると本物の富士山が見える塚」だと思っていましたが、
そうではないらしく、富士信仰に基づき、富士山に模して造営された、

①富士山の溶岩で作られた塚

②もしくは元にある古墳などの丘を利用した塚


らしいのですが、同じ富士塚を名乗りながら①と②とのハードルの差が、
あまりにあり過ぎると思うのは、私だけでしょうか?

わざわざ遠くの静岡の富士山から(おそらく)苦労して溶岩を運んできて積み上げたものと、
その辺に適当にあったいい具合の丘を利用したものが同じ富士塚なんて、
何か納得できかねる感じがしますが・・・

ちなみに説明文によるとこちらの富士塚は、ハードルが高い方の富士塚で、
富士山の溶岩を積み上げたタイプの物のようです。

高さは3mに積み上げられていますが、相方がどこかで仕入れてきた怪しい情報によると、、
富士塚を登ると本当の富士を登ったと同じ効果が得られるらしい。

何を持って同じ効果というのかは謎ですが、「楽」が好きな私共には持って来いです。
何せ、本物の富士山も車でしか登ったことがないし・・・

途中、本富士山と同じように一合目とか五合目とか書いてありますが、
本家と違ってかなりお手軽な感じで、あっという間に一合目を過ぎると数歩で五合目に到達、
更に数歩で山頂に達し、我人生初めての富士山制覇です。

そしてやり遂げた感が溢れる超ドヤ顔の相方。

氷川神社

こんなんで何となく達成感を得れれてしまうという、
お手軽な自分達の脳みそに乾杯。

思いがけず、富士山にも登頂し、大満足の六箇所目を後にしまして、
益々周りは暗さを増してきましたが、せめて日のあるうちにと最後、七箇所目の神社へと急ぎます。

千寿七福神は、隅田川と荒川の間に点在していますが、
最後の神社は丁度真ん中にある北千住駅に近い、またまた「千住氷川神社」

千住氷川神社

大黒様が祀られている氷川グループ3箇所目の神社です。

千住氷川神社

最後は繁華街に出た方が、打ち上げ的ご休憩を考えると便利だろうなと思いまして、
北千住駅に最も近いこの神社を最後にしたのですが、駅近の街中にある神社なので、
敷地はちょっと狭めの神社でした。

しかしこちらにはこんな記念碑があり・・・

千住氷川神社

つまりこの神社が、あの「ラジオ体操の発祥の地」?!

って、ここのお陰で、夏休みに毎朝早起きを強いられる事になったんかい!

何度、母に怒られる羽目になったか・・・

という個人的な(逆)恨み言はさておき、「ホントかよ」ともちょっと思ってしまいました。
温泉まんじゅうとかと一緒で、日本全国に“ラジオ体操発祥の地”とかありそうな気が・・・

そしてこの千住氷川神社にて、きっちり七箇所を巡りきり千寿七福神巡りが終了、
コンパクトな七福神だったので、最初の神社から最後の神社までで約1時間半で巡る事ができました。
これなら徒歩で巡ってもそんなに大変ではない気がします。

気がつくと日もすっかり暮れて、寒さが染みる帰り道、このまま帰るなんて到底できないので、
途中で北千住のお店「茶香」さんに寄りました。

茶香

ここは本町センター商店街にある喫茶店で、通りがかりに何度か見かけていたものの、
なかなか入る機会が無かったのですが、パンケーキ推しのお店のようです。

パンケーキは粉から独自に配合して、乳製品をふんだんに練り込んだこだわりのパンケーキで、
パンケーキの生地を攪拌する時に、こんな感じの攪拌専門のメカを使っていましたが、



この攪拌メカ、存在もデカいが攪拌する音もかなりデカくお店に響き渡ります。

実はこの攪拌メカ、見掛けもステキにスタイリッシュなので、
私が一時期(何を血迷ったのか)かなり本気で欲しいと思っていたメカでして、
購入するかしないかで悩んだのですが、うちの狭いマンションでは置くスペースが
確保できる気がしなかったことと、よくよく冷静に考えてみれば、
「そんなに気合を入れて混ぜなきゃいけないものが、私の料理のレパートリーにはほとんどないな」と
根本的な事に気付きまして、結局、買うのを断念したものです。

買わなくてよかったと心から思いました。
ビバ、買う前に己を取り戻し、冷静になった私。

そして出来上がったパンケーキは、こちら。

茶香

北海道産あずきに生クリーム、くるみを加えた和風パンケーキと
ドリンクがセットになり1,100円の「都セット」です。

せっかくだから病の相方は、自分の好みを曲げてまで基本、私と違うものを頼んだりするのですが、
(その方が違う味を楽しめて、彼的にはお得らしい)
この北海道あずきの掛かったパンケーキがあまりに美味そう過ぎて、
今回は素直に同じセットを注文。

パンケーキと一口に言えども、ふわふわの軽いパンケーキとホットケーキに近い、
しっとりと重い系のパンケーキがありますが、こちらのお店のパンケーキは、
重過ぎず、軽過ぎもしないその間な感じのパンケーキでした。

と喫茶店で暖まったのもつかの間、また真冬の寒さの中家に帰ったのですが、
「寒い寒い」と念仏のように唱えながら帰る道すがらに、相方が一言、

「何で七福神巡りは寒い正月にやらなきゃいけないんだろうね。」

確・か・に。∑(゚∇゚|||)

そう言えば、別に"七福神を巡る”のがテーマなので、
気持ちも体も楽に巡れる新緑の頃でもいいんじゃね?

でも毎回正月に行くのはなんでなんでしょう?

初詣に乗っかる形だからでしょうか?
それとも寒さの中でやるという行為が誠意となって伝わり、幸せを呼ぶのでしょうか?

それとも神社、仏閣側の都合でしょうか?謎です。

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事


広告



カテゴリー

にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ
人気ブログランキング



プロフィール

くろばい

Author:くろばい
愛車ビアンキ・パッソ
【愛称:ビンちゃん】
愛車2ビアンキ・ミニベロ9
【愛称:ベロンチョ(ベロちゃん)】
激情にながされ1週間で購入に至る
愛車3ママチャリ
【愛称:ソルジャー・チャーリー】
現在自転車3台を所有。
あまりの自転車の増殖率に
恐れおののく日々。
これ以上、増えることはないと
思いつつも、自分が信じ切れない
今日この頃・・・。

相方(くろばいB)
愛車:RSR-4(ブルー)
【愛称:ルイちゃん】
愛車2:ラレー・RSW SPECIAL
【愛称:くろまるくん】
新たにミニベロを購入して、
自転車わが世の春を謳歌中。
自己開発のアンゴラダイエットの
お陰で(いまのところ)メタボリック
危険水域を脱出。
しかし現在、ポタ時はポタメシを
思いっきり解禁しているので、
リバウンドに王手か?



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



月別アーカイブ



カウンター



ブログ内検索



RSSフィード

  • seo



おすすめの自転車本

わが家の自転車メンテナンスのバイブル!





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。