クロスバイクを買っちゃうぞ!
初心者がクロスバイク乗りになるまでの軌跡
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相方ン十ン才の誕生日
昨日は、相方のン十ン回目の誕生日でした。

ケーキ

本人がため息混じりに「めでたくもあり、めでたくもなし」という年なのですが、
一応、ケーキを食べ、酒を飲みお祝らしきものをしました。

写真はよくわからないかと思いますが、バースデーケーキです。

何故、こんな一部を切り取っただけのケーキ写真になったかといいますと、
ケーキは相方さんのリクエストで家で焼く事になったのですが、
料理の盛り付けベタの私は、ケーキの飾り付けも大の苦手でして・・・

スポンジケーキにヘラで生クリームを塗る作業も何度やってもハゲるし、
均等には塗れないしでウンザリする作業なのですが、
最後の上に生クリームを搾り出す作業が最大の難関なのです。

せめてケーキの上の生クリームの搾り出しさえセンスよく搾り出す事が出来れば、
終わりよければ全て良し的に誤魔化せるのですが、
いつもいつもここで最大に失敗するんですよね。これが。

そこで失敗の原因を考えたのですが、

もしかして絞り型がいけないんじゃないか?

自分の腕を棚に上げまくって思いました。

いつも生クリームにおまけで付いている基本的な星型の絞り型を使っているのですが、
この星型のお陰で、何となく飾り付けが田舎臭くなるというか、昭和の雰囲気になるのでは?

そう言えば、最近の有名パティシエのスタイリッシュバースデーケーキは、
こんな風に丸く搾り出した形のような気がするし・・・



(↑残念ながら参考画像です)

という訳で、今回は星型の先をカットし、有名パティシエのような搾り出しをしようとしたところ、
これは、基礎もなっていないのに、「オレのやりたいのはこんな杓子定規な芸術じゃねえ!」
「ピカソのような絵を描きたいんだ!」というような行為だったらしく、
参考画像とは似ても似つかないなんかケーキの上には
「決してあってはいけない何か」のような形に搾り出されてしまいました。

その何かとはちょっと口に出して言えないし、文字としても書けない類のものなので、
ご想像にお任せします。

というわけでヤバい部分をカットしたら、こんなケーキだかも良くわからない
写真になってしまいました。(--;)

そしてもう一つ誕生日の特権として、相方の好きな料理を作ってやろうと思い、
バースデーケーキの他に料理のリクエストを聞いたところ、一点の迷いもなく、

「牛肉のステーキっ!!!」

とン十ン才にもなって言い切った、彼の澄んだ目が哀しい。

・・・スマンね。普段、牛肉とか買ってやらんで。

でも大人なんだからもっと凝った料理を要求されると思ったのですが、
“ビフテキ”って昭和の小学生かよ。

そこで(我が家的には)大奮発して一枚1,000円もする和牛を買い、ステーキにしたのですが、
「お肉が柔らいやっ!」とン十ン才のおっさんが、これまた昭和の小学生がビフテキを食べた時の
テンプレのような感動の仕方を見ると、私も複雑な気持ちが・・・

相方もそろそろ折り返しも過ぎた頃だし、これから先いつまでこの世界にいられるかもわからんし、
(これはお互い様ですが)もう少し牛肉とかを購入して差し上げようと思います。

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト
節分そして明日はスポーツフェスタ
今日は節分でしたね。

節分の必須アイテムと言えば、豆ーっ!

ですが、うちの近所にはスーパーが一軒しかなく、当日に買おうとしたらまさかの豆の売り切れで、
節分開催が危ぶまれたことが何度かあり(結局、相方が自転車で遠征して
何とか豆を手に入れて来てくれたので事無きを得ましたが)
その教訓で今年は1月初旬から豆を入手しておきました。

豆

こちら豆がまとまって袋詰めてある、言わばバズーカ砲です。
いや、純粋にこちらの方が豆一粒よりも鬼を撃退する威力があると思いまして、
決して掃除が面倒になるからという怠惰な気持ちからじゃないです。本当です。

なんか袋に某国だったら訴えられそうなレベルの「もしかしてガ◯ャピンさんでは?!」

豆

というような某有名キャラに激似の可愛らしい鬼の絵が描いてあります。

豆まき時のお約束のフレーズ「鬼は~外、福は内」を言うくだりは大人二人だと気恥ずかしさが先に立ち、
家庭内はこの上ない盛り下がりを見せますが、これも伝統行事だから仕方が無い。

半ば自棄のように「鬼は外~福は内」と豆を投げまくり、豆まきはおよそ10秒程で終了。

次なる節分行事「恵方巻き丸かじり」へと移ります。

さて、数年前までは関東では影も形もなかったこの行事、
いつの間にか当たり前の行事となっただけではなく、
年を追うごとにヒートアップしているような気がします。

ちょっと前にジャス◯プレゼンツの「ドラえもんの恵方巻き」なるものも紹介させて貰いましたが、
食品業界は新たなる儲けの機会を得たとばかりに、なんだかんだとかこつけて、
いろいろなお店が恵方巻きを発表していますね。

相方の通勤途中の駅のエキュートでも各店舗気合の入った恵方巻きを販売するようで、
こんなチラシを貰って来ました。

チラシ

中にはまったく「ジャンル的に無関係じゃん」思えるトンカツ店の恵方巻きもあったりするのですが、

チラシ

元々恵方巻きの出自が怪しいので、何でもありなんでしょうね。

そのチラシの紹介の中で表の約半分のスペースをさかれていた目玉商品が、
あの超高級寿司店「久兵衛様の恵方巻き」(もちろん特別出店)

チラシ

恵方巻きの具自体はエビ、玉子、穴子、胡瓜、椎茸と平凡なラインナップですが、
お値段は高級店に相応しく、2本セットで3,150円

スーパーからコンビニ、果ては関係のないトンカツ店まで薄利多売でがんばっているのに、
「どうか庶民の漁場を荒らさないであげて~」と思わない事もないですが、
おそらく久兵衛様本店には一生涯足を踏み入れられる気がしないので、
「(久兵衛様のお寿司で)3,150円だったら安いかも」と思っている自分がいました。

そんな迷いがあったんですが、恵方巻きで野口英世先生を3人も放出する度胸がなく、
結局、おなじみの近所のスーパーの恵方巻きを購入。

恵方巻き

所詮、私は小さい人間なんです。(自嘲)

狙った訳じゃないのですが、スーパーに行った時間が若干遅かったので
2割引のお値段で購入できまして、たいして具材の内容は違わないものの、
九兵衛様の約5分の1のお値段の恵方巻きです。

恵方巻きは、恵方の方角を向きながら無言で全部食べ切るという無茶ぶりをかしていますが、
それだけは毎年できないのが口惜しい。

しかしこの一本丸かじりという縛りも、そもそも恵方巻きを上手いこと世に出した海苔業界の人が、
一人一本にしておいた方が一人1カケでOKという事にするよりも、海苔が売れるからそうしたのだろうな。
と想像すると、別にがんばる必要もないか。とも思います。

仕上げには、先程、バラ撒いた豆(の袋)を静かに広い、年の数だけ豆を食べて節分行事は終了ですが、
恵方巻きで腹いっぱいになった上の事なので、すでにガチャピン一袋で収まらない数の大豆を
食べきるのが結構辛かった。

切ない事に年々、年の数だけ食べるのが苦痛になっていきます。(--;)

今年はいい年になるといいなぁ。

そして明日はとうとう 「スポーツフェスタ」になります。
事故なく、怪我なく、(できれば)パンク無く行って来たいと思います。(^^)/~

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事
東京ゲートブリッジを走ってきました
老骨が痛いっす。

昨日、開通前の東京ゲートブリッジを自転車で渡るイベントに行って来たのですが、
ハンパなく無く疲れましたーーー。



場所は若洲なので、うちからの距離は若干遠いのですが、それはさておき、
ゲートブリッジ自体はホンの8kmしかないので、

さすがに往復8kmじゃ物足りないよね~(笑)
と参加前は思っていたのですが、行ってみると、なんと橋を形成されていたのはほぼ坂。

8kmのうちほとんど平坦な道がなく、上り坂と下り坂で形成され、
出発からいきなり淡々と続く上り坂を上り、次にその分だけきっちり下り坂、
そしてまた淡々と半分続く上り坂の末に、最後は下り坂でゴールというコースでしたが、
いや、わが家的には物足りないどころか、もう十分でした。

というか、もう半分でいいです。
一回目の下り坂を終えた所でリタイヤさせて下さい。

という感じでした。

何せこのところ寒さを理由にかなりおさぼり短距離ポタしかしていなかったのに、
どんなに自転車オンシーズンでも断固避ける8kmのアップダウンを走り、
行き帰りを入れると47kmという、最近にはない長距離を走った為に、
帰り道はハンパねぇ倦怠感に苛まれ続けました。

それでも何とか半泣き状態で帰ってきたのですが、
帰ってきた1秒後にはソファーに倒れこみ、着替えもしないどころか、
ヘルメットも耳あてもしたままで寝てしまいました。
(ヘルメットというのは、睡眠時にはむかないのか、起きた時は妙に首が痛かったです)

つまり基本的なバタンキューってヤツですが、

この程度でここまでHPがなくなる自分って何なの?!

と思うとさすがに情けない。

坂道でも後発のスタートの人に抜かれまくるし、
「もう少し脚力を何とかしなきゃ」と改めて思った次第です。

うちのヘタレぶりはさておき、大会自体は晴天に恵まれ、2月としては暖かい日でしたし、
そんな中、開通してしまえば2度と自転車で渡ることのできない橋を走れたのは良かったです。

参加された皆様、大会を運営された皆様(運営の方は今日のウォーキングもありますが)
お疲れ様でした。(^^)/~

こんなイベントがあったら懲りずにまた参加してみたいとは思います。

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事
東京ゲートブリッジ完成記念「スポーツフェスタ」【その1】
すでに何度か書かせて頂いておりますが、土曜日は東京ゲートブリッジ完成記念で行われた
「スポーツフェスタ」に行き、ゲートブリッジの上を自転車で走って参りました。

真冬でありながら雨天でも決行という強気な大会設定であり、
私共的には密かに「雨だったらご辞退申し上げたい」と目論んでいたのですが、
そんなヘタレの願いが通じてか当日は大晴れ。

1日中お天気が崩れようがなさそうな大晴れぶりに、
その点は何の憂いもなく出掛ける事ができました。

ところで、この日の大会スケジュールは、午前中は同じコースをランニングをする人が参加し、
自転車部門は午後1時半からスタートだったのですが、
事前に送られてきた封筒に当日使うゼッケンがINされていただけあり、
当日は受付もなく、順次スタートというユルいスタイルらしい。

イベント自体は、ゲートブリッジを渡って折り返すのみの合計距離約8kmですが、
ゲートブリッジに至るまでのわが家から若洲までの距離が約18kmありますので、
詳細が判明するまでは、「絶対、遅刻できない!」と気合を入れて、開始時間の4時間半前となる
「9時には出よう」と話していたのですが、ユルい大会になりそうな予感に、
わが家の気分も緩み切りまして、「別に少々遅れても大丈夫そうじゃね?」となり・・・
結局、「ヘタすると(つうかヘタしないでも)ギリギリかも」というような時間の11時に家を出ました。

という遅い出発にも関わらず、いつまでも幼児の心を忘れない私は(いいいんか?)
遠足前の子供のようにイベント前の興奮で朝方まで眠れず、
夢だったのか現だったのかわからない劣悪な睡眠しかとれませんで、
かなり寝不足状態での出発です。

晴れてはいるものの、そこは真冬、「実は気温は低いのでは?」と懸念し、
普段通りの厚着をしてきた上に、腹と背中にホッカイロを2枚お大尽貼りし、
更にスニーカーの中には、幻となった今年の初日の出ポタで使用する予定だった
つま先用ホッカイロを仕込んでいたのですが、このところの寒波も何処へやら、
気温も高く、特に日なたにいる時は太陽に蒸されてホッカイロ邪魔。

「カチカチ山かよ」とは思いつつも、まだ貼ったばかりだし、
夜には寒くなるのは予想されるので、引っ剥がせないのが哀しい貧乏性です。

しかし、そう言えば、このところ真冬にも関わらずナイトライダー性質全開で、
出かけるのが夕方から夜にかけてという事が多く、お日様が一番高いところにいるうちに
自転車を漕ぐのは久々なような気がするのですが、太陽の光って偉大だったんですね。

さて、わが家からゲートブリッジのある若洲までは、まずは浅草方面からアプローチ、
特にお気に入りの道である「三つ目通り」、「四つ目通り」とほぼ並行に走っているけど、
その2つの通りに比べるとマイナー(?)で車通りが少なく、しかも車は逆一通という、
極めて自転車には走りやすい「区役所通り」を行ったのですが、車通りのあまりない道でも
そこは都内の道路の宿命というべきか、やたらと信号が多い。

もちろん信号の多さは人々の平和と生命を守る為のお上のご配慮だと心から信じでいますが、

ホントは予算消化の一環じゃないのか?

とうっかり思ってしまう程、信号、信号、また信号なのです。
(て、全然心から信じてねぇじゃん)

その数ある難敵“信号”に阻まれ、時間の割には距離は遅々として進まず・・・
推定75才のママチャリ男性と抜かしては信号待ちで追いつかれ(追い越される)という
デッドヒートを繰り返しつつ、ようやく都営新宿線の「森下駅」周辺に着きました。

この森下駅からゲートブリッジのある若洲まではまだまだ遠く半分程度の距離、
当然最寄り駅であるわけもないのですが、ためらいなくコースを外れ森下駅に向う私共。

目的地はこちら「小野珈琲」さん。

小野珈琲

イベント参加前のハンガーノック対策用ポタメシ処を設定しておいたのです。

遅々として進まなかった為に、まだ半分位しか距離を走ってない有様で、
開始時間の1時半までは、残り時間約1時間45分でしたが、何の躊躇もなく入店。
いや、イベント中に腹が減って凶暴化しても困るし。

こちらは小野珈琲さんは銅板で焼いているホットケーキを提供してくれるお店らしく、
私も相方もホットケーキを注文するつもり満々で来たのですが、
ホットケーキは1枚240円と2枚460円がありました。

お値段もお値段ですし、メニューの写真を見るとさほど大きくないだろうと思いましたが、
それでも朝食を食べてきたこともあり、2人で1.5枚ずつ食べようという意味で、
私が1枚、相方が2枚の方を注文。

そして暫し待った後に出てきたホットケーキは、

ホットケーキ

ホットケーキ

予想外にデカい、というより厚い。(゚∇゚ ;)



お値段の安さから推測すると、せいぜいどら焼きの皮クラスの大きさだろうと侮っていました。

お味はしっかりとした食感の「これぞホットケーキ」という感じで、
しっかりしているだけに見た目に違わず結構ボリューミー。

注文する前は「1.5枚ずつ食べようぜ!」とか言っていましたが、
1枚で十分お腹がいっぱいになった私は(朝食を食べてきたせいもありますが)、
たちまち相方を裏切りまして、結局、相方がこのボリューミーなホットケーキを2枚食べることになりました。

「ええっ?!」と言う言葉とは裏腹に、嬉し気に相方は完食していたので助かりましたが、
彼の留まるところを知らない体重の増加を知っているだけに複雑です。
でも自分の方が可愛いんで、スマン。

ところでこのお店はお願いすればラテアートもやってくれるようなお店なのですが、
どの層に向けてなのか、店内には「ボケます小唄」と「ボケない小唄」という小唄の
歌詞が貼ってありました。

ボケます小唄

どなたの持ち歌なのか不明ですが、両歌ともフルコーラスで3番まであるようで、
要約すると"ボケます小唄”の方は、「何もしないでテレビを見て、仲間を持たずに夢も希望もなく、
趣味ももたないとボケますよ」という歌詞で、"ボケない小唄”の方は、
「仲間と趣味を持ち、異性に関心を持っている人はボケません」という歌詞なのですが、
なんかストレートなだけになんかズーンと来ました。

特にボケます小唄ってまさに私を題材にしてるんじゃね?

3番とも全て歌詞が「ボケますよ」で終わるのですが、
まるで喪黒福造氏に言われたようにズーンと来ましたよ。
・・・何とか残り半分弱の人生に夢と希望を持ちたいと思います。

そうして十分な程にハンガーノック対策を済ませ、
後はひたすらゲートブリッジに向うのみです。

「遅れてもいいや~」と思ったものの、できれば間に合わせたいのが人情なので、
この後はよそ見をせずに黙々と漕ぎ進みました。

会場のゲートブリッジの最寄り駅は「新木場駅」のようなのですが、
名前は激似だけれど新木場駅までまだまだ結構距離がある「木場駅」付近に差しかかると、
徐々に「あの人もしかしてスポーツフェスタメイトかも(ハート)」という方も見かけるようになり、
更に新木場駅付近になるともうメイト以外の何者とも思えない
自転車乗りの方々を大勢見かけるようになりました。

そして近づけば近づく程増えていく自転車集団の流れに身を任せた末に流れ着いたのは、
「ゲートブリッジ」(の入口)

ゲートブリッジ

まだ開通されていないだけあり、付近の道路も信号も点灯していない準備中モードで、
車の通りもほとんどなかったですが、開通すると車の通りも激しくなっていくんでしょうね。

しかし入口付近だけこんなゴルフ練習場のような不思議な屋根のある妙なデザインだな。
(なんか細かい網とか張ってあるし)

と思ったのですが、よく見るとすぐ横にはゴルフ場があるので、

ゴルフ場

リアルでゴルフ練習場のような玉よけの意味があるのかも。
走行中にゴルフボールが飛んできたらスゲー嫌だしな。

結局、到着時間が開催まで後10分というところの1時20分となっていまして、
すでにスタート地点から出発待ちの自転車の長蛇の列が・・・

大急ぎでゼッケンを付け、列の最後尾に並ぼうとしましたが、
最後尾まで並ぶにも列が蛇行していまして、一度、公園内のイベント会場内を通り、

ゲートブリッジ

更に黙々と歩き続け、ようやく最後尾に辿り着いたのは、
派手な音楽と共に、高らかに開会が宣言された頃でした。

ゲートブリッジ

開会式ではオリンピックに自転車レースで出た橋本聖子議員や
自転車芸人の小島よしおさんが挨拶をされていたようですが、
私共が並んだ列の果てはあまりに開会式の舞台から遠いので、臨場感0みたいな。

しかし声は聞こえているので、話を聞いていると最初のMCのような方が、
やたらと「たった8kmしか走れないのだからゆっくり堪能しましょう!」というような事を強調していましたが、
つまりあれか・・・「おかわりはナシ」という事を暗に言っているのでしょうか。

全長4kmの橋を折り返すだけでは距離が短いので、
何度往復しても可という事もあるかもと思っていましたが、
どうやら1回だけの往復でおかわりは禁止のようです。

ちぇっ、おかわり禁止じゃ、あっという間に終わっちまうじゃん。

とがっかりしましたが、直ぐ後に私共如きが大変傲慢な事を思ったものだと思い知る事になるのです。

・・・続きます。m(__)m

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事
東京ゲートブリッジ完成記念「スポーツフェスタ」【その2】
さて、参加者は並んだ順に出発しているようですが、確か参加人数は約2000人、
私共が来た時間はギリギリの遅い時間だった為に、出発の並びは後ろの方だったと思われます。

あの短い橋の上で自転車付きの人間が2000人もいて、
イモを洗う状態だと大変だろうな。


と思っていたのですが、安全上の理由もあってか、2、30人ずつ単位のスタートで、
しかもかなり時間を空けてスタートしているようです。

なので随時スタートはしている(らしい)ものの、列はなかなか短くならないまま
まったりとした待ち時間が流れ・・・

気がつくと自分の番になるまで約1時間の時が流れていました。

ここまで来るとスタートする人と同時に次々ゴールする方々も当然いまして、
特にゼッケンで管理とかしているわけでもなさそうだし、
そのままさりげなく並べばおかわりは可能だったかもしれません。

ところで、待っている間、自分の番が近づいてくるにつれて、
先に出発する人たちの姿が徐々に見えてくる訳ですが、
その出発状況を見ていると認めなくない現象が・・・

なんか皆さん、スタート直後から何かいきなり坂道を上がっていく・・・ようだ。(゚∇゚ ;)

その認めたくない現象は、自分が出発する番になると、
逃れられない現実として認識せざるを得なかったのですが、

うん、これは出発直後から果てしなく上り坂が続くらしい。

この現実にはかなり狼狽えた私(と横の相方)。

・・・自分達でもどうしてそう思うに至ったのか謎ですが、ここに来るまで私も相方も、
高低差ゼロの平坦な橋の上を8km走るものだと信じで疑わなかったのです。

それ故に(さすがのわが家でも)あっという間にゴール出来てしまってお損と思っていたのですが、
この坂は「参加費3,000円分は楽しませてあげよう」というご配慮でしょうか?

しかも、間違いであって欲しい、間違いであって欲しいが、
ダラダラとした上り坂は、橋の中央辺りまで続いているように見える気がするぅ。

つまり2kmは上り坂が続くって事???∑(゚∇゚|||)

ヘタレな根性なし、ゆえに当然坂が苦手の私共は、その2kmを考えるだけで暗澹たる気持ちになりましたが、
そんな私共の不安などお構いなしに粛々と列は進み、とうとうスタートの火蓋は切って落とされました。

ゲートブリッジ

最初に伴走らしき方が走り、その後で2、30人の集団となった私達が走るという形でスタートし、
私と相方はその集団の前から2番目という位置だったんですが、スタート直後にいきなり失速、
というかのっけからスピードが出ずに、あっという間に集団の後方へ・・・

自分(と相方)で走っている時は、井の中の蛙状態といいますか、がんばらない放題でも
人と比べる機会がないので、自分に対する認識が甘いのですが、
(さすがにヘタレというのは勘づいていますが)
こうして他人様と比べる機会があると、自分がいかに、そしてあきらかに、更に絶対的に、
他の自転車乗りの皆さんに劣っているのかが赤裸々にわかる。

このいつまでもダラダラと続く坂道にも、他の自転車乗りの皆さんは余裕の表情で上って行きますが、
おそらく自分の顔に浮かんでいたのは、報道禁止レベルの苦悶の表情ではなかったかと。

このまま苦悶の表情でただ黙々と自転車を漕ぐだけだったらどうしようかと思いましたが、
そこはそれ、もう2度と自転車で走る機会はない(であろう)ゲートブリッジを走るという、
稀有なイベントなわけです。

1km目位になると皆さんまったりムードになっていまして、
自転車を止めて景色を見たり、写真を撮ったりして楽しんでいました。

早速、私共も休憩・・・じゃなくて記念に自転車を止めて写真を撮ります。

ゲートブリッジ

橋の上からは東京のウォーターフロントが一望でき、スカイツリーも見えました。

ゲートブリッジ

あのどこか公衆トイレチックな丸い建物はエレベーターらしく、

ゲートブリッジ

開通後もそのエレベーターを使って徒歩でならば、橋の途中からある歩道を歩く事は可能のようですが、
おそらくもう2度と自転車で橋を走れる事はないはず・・・
(私が都知事になってこの道を週1で自転車に開放しない限り)

橋の上で自転車の写真を撮るチャンスなど2度とないので、愛車と撮ってみましたが、
アングルがイマイチだったので、ゲートブリッジの上なんだかわからない状態に・・・

ゲートブリッジ

千載一遇のチャンスに凡ミスっす。(--;)
なんか工事現場っぽい青いシートの上だし・・・

それにしても雨男女の私共にしては、「1年分のお天気運は使い果たしたかも」というような
いいお天気だったので、橋の上においても完全に無風だったのも助かりました。
「お天気次第では強風に煽られつつ、この坂を上る羽目になったかも」と思うとゾッとします。

そしてイヤイヤながらも更にダラ坂を上る事数分、橋の半分の地点に到着すると、
上り坂を上った者に権利として与えられるのは、

ゲートブリッジ

下り坂だーーーーーーーっ!!!(゚∀゚)

約半分が上り坂、そして半分が下り坂で形成され、殆ど平坦な道はないようです。
まあ、今後走るのは車なんだからそれでもいいんだろうけどさ。

折り返し後の復路も同じように坂道から始まるかと思うと、
この下り坂を素直に喜んでいられない気もしますが、今を楽しもうということで、

ヒャッホーーーーーーーッ!!

という感じで下ル。

「世の中下り坂だけなら(主に私が)幸せになるのにぃぃぃ」といつも思います。

右側の景色は先程と違って、開発途上で目下工事中な雰囲気になりましたが、

ゲートブリッジ

どうやらここは公園になるそうですね。
最近は都内もデカい公園がありますが、ここもかなりデカい公園になりそうな・・・

楽しい時間は瞬く間に過ぎゆくもので、あっという間に下りきると下には給水場がありました。

ゲートブリッジ

短い距離なので給水場はないと思っていたのですが、
いや、助かります~

ゲートブリッジ

「何もないけど飲んでって」とたっぷりと注いで下さいました。

坂の橋の途中でも何度か買って来た水を給水したのですが、それでもここに至ると喉がカラカラで、
まさか8kmでこんなに水分を欲するとは思いませんでした。
あんま走らないからわからんけど、坂って水分を消耗するんだろうか?

水分を頂きまして一段落つき、やり遂げた感もあり、
ここでイベント終了だとしても私的には十分だったのですが、
来たものは帰らなければなりません。

復路は通ってきた道の隣の車線を走るのですが、復路の坂は、

ゲートブリッジ

ズーム↓↓↓

ゲートブリッジ

先程、“同じように坂道から始まる”といいましたが・・・全然、同じじゃなくね?
帰りの方があきらかに傾斜がキツく激坂じゃね??

もう、聞いていないよーーーーーっ!

とダチョウ倶楽部さんの往年のギャグがリアルに出るレベル。

縁石を挟んで地獄(右)天国(左)の落差の構図がありありと・・・
これから地獄道を突き進む身としては、「ここでリタイヤとかは・・・できないよね?」とか、
到底、いい大人が発したとは思えない非現実的な戯言も出る始末。

しかし坂が嫌でリタイヤするなんて我儘な事を現実にできるわけもなく、
できたとしてもゲートブリッジの周りは工事現場だらけの寂しい場所なので、
「そもそもここからどうやって帰るんだよ」という感じです。

と、いろいろ考えるとヘタレる余地があるので、ここは心を無にして、
坂を淡々と上る事にしましたが、そう覚悟して上ったのが良かったのか、
それとも先ほどの坂道で少し筋力がレベルアップしたのか、
この最悪の地獄坂に見えた復路の坂は、思っていたより苦痛ではありませんでした。
超亀速の上に、普通に辛くはあったけど・・・

そして後残すは、再びヒャッホーーーーッな下り坂のみ。

一気に下っちまうのは惜しい気もしましたが、それも醍醐味だと思い、
再びヒャッホーーーーッと下ってくると、ゴール!

ゲートブリッジ

あっという間と思われた8kmでしたが、時間を見ると約1時間もかかっていました。

幾ら新しい橋という付加価値があるとは言え、8kmで参加費1人3,000円はボッタクリお高めと思えましたが、
あの坂道があった為に時間も掛かり、山あり谷あり感もあり、
結果的に「イベントを満喫した感」が得られたのかも。

ゴールするとやり遂げた感で高揚した気持ちのまま、流れにそって歩いていると、
隣接した公園内のイベント会場になりますが、このイベント会場では、
開会の挨拶もされていた小島よしおさんの自転車トークショー等も行われるようです。

よく小島よしおさんに似ていると言われる相方は、自分が大好き過ぎる為か、
似ていると言われる小島よしおさんにも愛着を持っているようで、
小島さんの大ヒットギャグ「そんなの関係ねぇ」はもとより、その後のあまりヒットされなかった
「ズイズイズイーー」とか「ラスタピ~ヤ」とかいうマイナーギャグも未だに(というのも失礼ですが)
家で使ったりしています。
(ちなみにラスタピィヤはこの日の開会の挨拶でされていましたが)

なので小島さんのトークショーも密かに見たかったらしいのですが、
そんな相方の願いも虚しく、残念ながら私達がイベント会場に着いた頃には
丁度、トークショーが終わった頃で、小島さんが自転車でお帰りになるところでした。
まるで行き別れの兄弟を見送るような目で見送っていた相方が哀しい・・・

しかし他にも自転車の試乗があったり、自転車用品も売っていたり、
何よりも食べ物(これ重要)があったりしたので、一旦自転車を停め、
帰る前にこちらの会場を覗いて行くことにしました。

・・・続きます。m(__)m

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事
「ツール・ド・グアム」と「温泉ライダー」
どうも、こんにちは。くろばいBです。

先週は「東京ゲートブリッジ」を走るイベントに参加し、
疲れましたが、満足のイベントでした。

これからもたまにはこんなイベントも参加してみたいと思っています。

で、最近見つけた自転車関係イベントの情報です。

「ツール・ド・グアム」
http://picresorts.jp/tdg/

以前、ハワイでレンタサイクルを借りて、ホノルルセンチュリーライドの雰囲気を
少しだけでも味わってみようと実行した「ホノルルセンチュリーライド4分の1」

このとき、実はハワイではなくグアムに行くというのも候補に挙がったのですが、
「ハワイよりも起伏が激しい、すなわち坂が多い」というのと
「レンタサイクル事情もよくわからない」ということで断念しました。

今回の「ツール・ド・グアム」は3回目で、約110kmを走るコースのようです。
さらに、今回からはそんなにマジでは走れないよ、というわが家のような人向けにか
60kmの「ファンライド部門」も追加されるとのことです。


そしてもう一つ。

「温泉ライダーin加賀温泉郷」
http://onsen-rider.kaga.wizspo.jp/

こちらは先ほどのグアムとは180°趣が異なりそうですが、
3時間で決められたコースの周回数を競うエンデューロだそうです。

で、そもそも「温泉ライダー」って何?と思うのですが、
ホームページによるとその始まりは
「温泉を駆け巡る自転車ライダーたちにホスピタリティを提供したい。
そんな想いから温泉ライダーが創られました。」
とのことです。

そして、こちらの魅力は自転車に乗った後、
「温泉に入る」「加賀の幸を食べる」という
お楽しみがあるのが魅力ですね。

北陸地方は私とくろばいのそれぞれの父親の出身地ということもあり、
なんとなく親しみもあって、加賀の方も一度行ってみたいんですよね。

今回はさておき、いろいろなイベントがあるので、
主にファンライドを楽しめそうなイベントを探していきたいと思います。

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事
縦型自転車収納ラック
ポタ日記の途中で恐縮ですが・・・

今月は相方の誕生日があり、丁度免許の更新年でして、
今日は運転免許を更新のポタに行って来ました。

更新の受付が午後4時までやっている事から、
すっかり安心こきまして、いつものように遅いスタートになり、
帰りは暗い道を冷たい風にあおられながら帰って来ました。

自業自得とは言え、この時期の風はハンパなく寒かったっす。(>_<)

と、遅いスタートなので、お昼は家で食べていったのですが、
本日、わが家の昼食はこちら。

チキンヌードル

「マルちゃんの伝説のチキンヌードル」

って、知らねーーー。

こんなんあったか??

私も結構長くこの世に在籍していますが、この伝説にはとんと覚えが・・・

ちょっと前も日清カップヌードルの復刻総選挙が行われ、
見事「カップヌードル天そば」が復刻をはたしていたのですが、
最近のカップヌードル業界って復刻ブームなのでしょうか?

でも、私はこのまるちゃんの伝説チキンヌードルが復刻(?)した事は知らず、
見切り品ゾーンの中でもひときわ目を引く黄金色に輝くパッケージがあったので、
金、銀、好きな私はつい購入してきたのですが、
定番化せずに伝説になるだけあり評判も芳しからぬところがあったのか、
今回の再発売後の価格の推移からも逡巡ぶりが伺えるような気がします。

チキンヌードル

早速、お湯を入れてみたところ、何か部屋の中にめったにカップ麺では嗅いだことない臭いが・・・

チキンヌードル

不快とかではないのですが、やたらミルクカレー臭いというか・・・

ミルクカレー臭の中、3分間待ちまして、ある意味期待を込めて食べてみたのですが、
味は意外と普通。

パンチの効いた香りの割には割りと普通。

美味しいのですが、あくまで普通。

この不要なギャップがこの麺を定番ではなく、「伝説」にしてしまったのかもしれません。

そして話はまったく変わりますが・・・

わが家の初めてのクロスバイクとなる相方のRSR4がどデカいダンボールに包まれ、
わが家に到着した時に、あまりにデカすぎてリビング脇の和室でダンボールを解体したのですが、
未だにそのダンボールは自転車用の敷物として和室にあり、
今ではRSR-4の他に私のクロスバイク、相方、私それぞれのミニベロと3台増殖し、
その敷物ダンボールの下の畳を見るのが怖い状況になっています。

と、現状はそんな有様ですが、元から自転車達を和室に置こうと思っていたのではなく、
自転車は元相方の部屋候補地、現在物置という洋間を自転車部屋にして、
移動させようと思っていたのですが、あれから4年・・・

何故か、未だに自転車たちは和室に鎮座ましましています。(--;)

すでに何年か前からブログでも、自転車部屋作る作る詐欺をしているので、
そろそろ本腰を入れて自転車部屋を作りたいとは常日頃から思ってはいるんですが、
そんな私の野望の前に立ちはだかるハードルが・・・

何せ、移動先の現物置部屋はそこは元相方の部屋候補地だけあって相方の物達の聖地。
クローゼットの中には相方の何年も着ていないような服やら本やら雑誌やら
どっかから貰ってきたゴミ資料やらが溢れていてカオス状態。

私のものならまだしも相方とは言え、所詮他人のものなので、
まずそこを片付けるのが、ものすーーーごく億劫なのです。

元々はお得至上主義の相方は必要、不要如何に関わらず、無料もしくは安価なものを
何でもバカスカ貰ってきて、しかもなかなか捨てないという習性がありまして、
極力不要な物は増やさない主義の私もお手上げ状態だったのですが、
時代は私に味方したようで、最近の時代のブームは「断捨離」らしい・・・

(あくまで本人曰く)相方もそのブームに嵌っているらしく、断捨離術の本や整理術、
シンプルライフの本をやたら図書館で借りてきたり、果てには「断捨離宣言」をいたずらにしたりするので、
こちらも真に受けて、「これがチャンス!」といざ、断捨離を実行しようとすると、
いい顔をしなかったり、「まだ使えるのに・・・」と恨めしそうな目をして逆ギレをするので、
結局、片付かないどころか、信じたこっちがストレスじゃい。(゚Д゚#)

まあ、通常の日本人よりも更に根深くmottainai精神を持っている「相方」と
必要な物はバカスカ捨てる「断捨離」は決して今生で交わる事のないものだと思うんですけどね。

ついつい愚痴めいた話になってしまいましたが、とは言いましても、
いつかスタイリッシュでイタリアーンな自転車部屋を作成する妄想事を諦めているわけではなく、
変わらず野望を抱き続けているのですが、そうしてモタモタしているうちに、
自転車ブームは勢いを増し、最近は狭いマンションの中でも実用的かつインテリアになるように
ディスプレーされる方も多いらしく、スタイリッシュに縦置き収納もあるようで、

http://news.walkerplus.com/2012/0210/22/

見た瞬間、これだーーーーっ!

と思いました。

わが家の自転車部屋候補地は6畳弱で、今ある自転車は4台、
今後増殖が予定される自転車数は4台(うち折り畳み2台)、計8台の収納を希望しています。

まあ、折り畳みとミニベロはコンパクトなので、問題は幅を取るクロスバイク2台と、
ロード的なバイク(予定)ですが、なるべく多く収納できる形としては、
こちらのようなミノ◯ラの2階建(?)てを予定していました。



これだと上の空間は無駄なく収納できる感じでいいと思っていたのですが、
ちょっと上げ下ろしが面倒なのと、横は自転車分だけの空間は必要になります。

しかし前記の縦収納ラックは、1台を収納する時の幅は50cm、
2mで通常のバイクが4台収納可能というわけです。

ラックが一つ2万円弱とお値段が高いことがネックと言えばネックですが、
狭いわが家の効率のいい空間活用とスタイリッシュ収納の為なら、
その位の初期コストはいたし方ないような気がします。
4台分で8万円と思うと、正直、痛いけど。

後は、あの部屋を片付けるだけですが、それが超難関なんですよね。(タメイキ)

片付け終わる頃には、自転車に乗れない年になっていたりして。

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事
東京ゲートブリッジ完成記念「スポーツフェスタ」【その3】
今日はバレンタインですね。

「愛」という文字を見ると、思わず乾いた笑いがもれる程、荒涼としたわが家ですが、
食い意地だけははっているので、この日は単に「美味いチョコを食べる日」として認識しております。

が、私は抜けられない用事があり、本日から実家に泊まりこまなければならず・・・

だったらプレバレンタインの昨日(13日)にチョコを食べようと思ったのですが、
昨日は何かと忙しくて美味いチョコを買いに行くこともままならず、
されば(わが家基準で)ちょっとしたお店で食事でもと思ったのですが、
夕方からいろいろ急用が入りまして、それすらままならなくなり・・・

結局、近所の超安居酒屋で食事をする事になりました。
(いや、少し高めなお店でも良かったのですが、うちの近所には安居酒屋しかないので・・・)

すでにチョコ全く関係なくなってるし、あんま意味なくね?


とか思ったけれど、居酒屋に行きたかったので、まあ、いいか。

そして安居酒屋でつつがなく食事を済ませたのですが、密かに損得勘定をしていた相方。

よくよく考えると、こんな超安居酒屋で男性の権利(?)である
「バレンタインを済まされたらお損」と思い直したらしい・・・

「どの道、13日じゃバレンタインには関係のない日だし、
やっぱり後日改めてバレンタイン(の食事)をしよう。」

とか言い出しました。

そしてその安居酒屋を私に奢らせると、バレンタイン権利を失うと思ったのか、

「ここは自分が出すから、後日のバレンタイン期待しているよ。(キラッ)」

と颯爽と伝票を持ちレジに行くと、そのまま自費で会計を済ませてくれました。

いや、別にこの日のは家計から出し、後日の分を私が出しても良かったんですけど・・・
という私の(心の)声は当然聞こえていなかったか。

ところで、私の母がよく言う言葉に「後と化物は出たことがない」という格言(?)があり、
実際その通りになることが多いのですが、相方は先行投資しちゃって良かったんでしょうか?

・・・まあ、いいか。


そして、またうっかりと間が開いてしまいまいたが、「スポーツフェスタ」レポの続きを・・・
ちなみにその1は→こちら、その2は→こちらになります。

********************************************

丁度、ゲートブリッジを走り終えると、帰り道としてさり気なく誘導されるイベント会場ですが、
スポーツフェスタのゼッケンと同封でペラッとチラシのような案内状で紹介されていました。

「そう言えば、ここで参加記念品とかを貰えるんじゃない?」


とそういう情報は見逃さず、記憶のひだに刻み込んでいる相方が言い出しました。

言われてみれば、同封された案内状の中には参加記念品引換券があった気が・・・
そこでイベント会場を散策する前に、こちらの交換ブースに記念品を頂きに行くことになりました。

イベント

ところで、よく結婚式では夫婦で参加だと引き出物が2人で1つになりますが、
こういう大会だと家族で参加しても1人に1つずつの記念品が振舞われる(?)事になります。

が、参加費3,000円における記念品の水準は如何ばかりなのでしょうか?

あくまで記念品なので頂くことに意義があるので、品物の内容の価値には、
決して過度に期待してはいけない事だけはわかります。

もちろんこの希少なイベントに参加した記念に記念品を頂きたいのですが、
わが家は家族なので、「内容いかんによっては一つで良くね?」とも思うのです。
トレンドは断捨離ですし・・・

走り終わったら有無を言わさずに参加者全員に配っている形ではなく、
引換券を持ってわざわざ取りに行かなければならないところが幸い(?)なところ、
ここはまず相方のみ取りに行ってもらい、内容いかんによっては私も頂くという
非常にヤラシイ戦略を取ることにしました。

そして相方が頂いてきた参加記念品はこちら。

記念品

(たぶん)希少価値がある「ゲートブリッジ記念タオル」と
“夢に向かて走りだそう”というメッセージ付きの「自転車柄の手ぬぐい」
そして今後行われる自転車イベント案内です。

ゲートブリッジタオルの方は日付があるので、このイベントの為に作られたようですが、、
触った手触りや大きさを見ると、顔を拭くような通常のタオルというよりも“応援タオル”のような感じです。

確かにこのイベントに参加していないと頂けないレアレアグッズ(なのか?)ですし、
記念にもなるのでしょうが、正直、2個も要らなくね?

・・・さてと、会場でも回るか。

と歩きかけたところで、後ろから、

「貰わないの?!」


と強弁に異議を唱える男が1人・・・

「(特に無料で)頂けるものは何でも頂きたい」を座右の銘とする相方さんです。

えっ?!わが家に2つもいるかなぁ??これ。(゚∇゚ ;)

最近は(エセ)断捨離宣言もしている相方なので、「さすがにわかってくれるだろう」と
阿吽の呼吸を期待していたのですが、どうやら私と相方の呼吸感は0。
まったく合っていなかった模様・・・

私の心の声だった上記のセリフを実際に言葉にして言ったところ、
自信溢れるドヤ顔で「いる!!」と相方が言うので、その気迫に押されて、
私も参加記念品を頂いて参りましたが、予想通りというべきか、
今でもどのように使用していいかわからず・・・

2個合わせてそのままわが家のグレーゾーンな品物の保管場所になっている
テレビ台横のキャビネットに置いてあります。

案の定、あれ程強弁に必要性を訴えた相方は、頂いちまったら興味を示すこともなく・・・

このキャビネットはそんな風に相方がいろいろな場所で頂いて来た
グレーな品物だらけなんですよね。(--;)

後日談はさておき、相方さんは頂けるものを頂いて満足をされたようで、
その後はイベント会場を回ってみました。

この日は午前中ランニング、午後が自転車というスケジュールでしたが、
イベント会場は食べ物の販売はさておき、グッズに関しては自転車関連の物が中心で、
ドキ☆自転車だらけのイベント会場という感じで、ブリジストン、パナソニック、
ジャイアント等々のブースがあり、グッズの販売や試乗などをやっているようです。

イベント

これは午前中のランの方は楽しめたのだろうか?と少々疑問。

まあ、ランと自転車は「お外を走る」という一点では似たところがあるあるスポーツなので、
あわよくばランニングの人を自転車に取り込みたいという野望もあるのかも。

さすがに大の苦手の上り坂を上ってきた直後なので(その分下りもしたけど)、
試乗する気にはならず、「いいグッズがあったら買おう」と会場をふらふらしていたのですが、
グッズはあまり数多く売り出しているわけでもないようで・・・

サイクルヨーロッパのブースもあり、ビアンキのグッズも売っていたりしましたが、

イベント

ウエア等の製品を「サイズが合ったらお買い得」的に少数売っているだけのようなので、
残念ながら私共が買えるようなグッズはありませんでした。

しかしそんな風にあてもなく会場を歩いていると、あの彼(彼女)に遭遇、

ゆりーと

ゆりーとさんです。

って、今回会場に来るまで「ゆりーと」さんを知らんかったけど。

何でも「スポーツ祭東京2013」のマスコットキャラらしい・・・

ところどころではためいている"のぼり”等にもプリントされていましたが、

ゆりーと

東京都民の鳥「ユリカモメ」をモチーフにしたゆるキャラとも言えるキャラクターです。

それにしてもなんだ、このゆりーとから感じるスター性。
私が史上最高クラスのゆるキャラと思う今治の「バリィさん」には劣るけど・・・(ぼそっ)

最近のゆるキャラは2次元でも可愛く、イベント等の参加に備えて着ぐるみにした
3次元の場合でも愛らしくなければいけません。

中にはイラスト等の2次元では愛らしいですが、着ぐるみにすると「どなた?!」という程、
様変わりしてしまうゆるキャラもありますが、このゆりーとはイラストでもそこそこ可愛く、
着ぐるみでもなかなか可愛らしい。つーか、個人的には3次元の方がグッと来る。

しかも顔がデカいのはゆるキャラの宿命ですが、フォルムがほぼ3頭身で、
長く着ていても負担が少なさそうなところもいい!

何せ以前見かけた相方の元地元のゆるキャラ「スカレーちゃん」なんかは、
異様に頭がでかいので、中の人には相当負担だったらしく、
時間を追うごとに首が下がっていって、見るからに気の毒だったもんなぁ。

2013年までの命というのが残念ですが、もしかしたらいち国体キャラから
その愛らしさで千葉県のキャラにのし上がった、チーバくんのような事にもなるのかも。

然程、広い会場でもないので、自転車ブースコーナーはあらかた見まして、
そろそろ本格的に腹も減ったので、お食事ブースへと向う事にしたのですが、
途中にこういうイベントにはありがちながら相方さんが大好きなアレを発見してしまいました。

・・・なかなか終わらなくてすみませんが、続きます。m(__)m

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事
東京ゲートブリッジ完成記念「スポーツフェスタ」【最終回】
そう言えば、わが家は今まで何度の自転車関連イベントに参加してきたでしょうか・・・(遠い目)

こういう野外で行われている自転車イベントにも幾度か参加した事がありますが、
この手の自転車イベントでかなりの高確率で行われているのは、
会場内にポイント数カ所に設置されているクイズを解くと、最終的には福引的な事がやらせてもらえ、
運が良ければ無料で商品をGETできるというアレ・・・

アレ=スタンプラリー
です。

そんな自転車イベントあるあるの定石通りに、この会場でもスタンプラリーが行われているようでして、
せっかくだから教でお得好きな相方が見逃すわけもなく、目ざとく発見。
タダで何か頂けるという企画があれば、必ず満喫する相方は、当然参加する意向を表明、
配偶者の運命として往々にして私も付き合わされる羽目になるのです。
って、メシは?(;_;)

私の場合、自分のくじ運が今ひとつなのを自負しているので、福引になんの期待もなく、
「どうせ参加賞しかもらえんのに、メンドクセー」と思うのですが、
相方さんは参加賞を頂けるだけでお得と捉える方なので如何ともし難く・・・

私の心の不満は黙殺され、相方から嬉々としてこのような用紙を渡されました。

スポーツフェスタ

結婚式か何かで「病める時も健やかなる時も共にいろ」みたいな事を言われた気がしますが、
「スタンプラリーなる時も共に参加しろ」なんて言われたかなぁ。

参加するのは致し方ないとしても、メシ前のエナジー不足な時なので、
できるだけ手短に済ませたいと希望していたのですが、
ありがたい事にイベント自体の規模が小規模なので、クイズはたった5問。
しかも狭い範囲に問題のあるポイントが設置してあります。

さて、このようなスタンプラリーの問題の傾向としては、「そこまで難しくして誰得?」状態の
意外に難解なものと、「間違える方法を教えて欲しい」と思うような簡単問題に分かれる傾向がありますが、
重ねて幸いな事にこちらのスタンプラリーは後者でした。

お陰で少ない脳ミソを使用することもなく、ツルツルとクイズをクリアできるはいいですが、
突っ込み体質の私としては、さすがに気になったのがこの第2問の問題。

スポーツフェスタ

「来年秋に開催される「スポーツ祭東京2013」のマスコットキャラクターは?

①ガチャピン 
②ドアラ
③ゆりーと
④つば九郎

って、不正解解答がさすがに既存キャラに頼り過ぎではないか?(゚∇゚ ;)


せめてもう少しオリジナリティーがあるニセ解答が欲しいと思ったり、思わなかったり・・
例えば「ゆり男」とか「ゆり坊」とか「ダイバ鳥くん」とか・・・(って、私のセンスも大概ですが)

あまりにツルツル過ぎて、途中で他の福引にも参加。

スポーツフェスタ

こちらの福引は特に何の規制もなく引けるようで、通りかかった所勧誘されて引いたのですが、
相方も私もハズレの白玉が出て、参加賞の飴のつかみ取りをさせてもらい、

スポーツフェスタ

その場を去ろうとしたところ、直ぐ後ろからただ事ではないような歓声が!

何と、私の直後の方が1等の玉を当てられたようです。

おお、ニアピンとは、なんか自分凄くね?!

と私まで密かに大興奮。

グリーンジャンボを買えば、もしかしたら一等当選番号の前の番号が当たるかも。(ハート)

でも、よく考えれば最後の数字を見るまでは、無駄に期待して大興奮するでしょうし、
かすりもしないハズレより余計に虚しくならんか?それ。
ほんの一時の夢は見れるでしょうが・・・

そんな感じで途中寄り道しつつも、10分程度でクイズは完成し、
つつがなくスタンプラリーの方も福引権利が与えられました。

去年の相方は微妙にくじ運が良く懸賞を当てたり、買い物に行くと最後の一個を買えたりと、
今までの人生の中で一番のくじ運の良さを誇った年だったようなんですが、
(それで期待して年末ジャンボを購入したら見事撃沈しましたが)
相方が生まれながらに持っていそうな全体運や彼のオーラから見るに、
それは去年限りだと思っていました。

が、その(相方比)強運は今年も続いていたようで、相方大当たり!

「パタゴニア」のベルトをGET。

こちらの当選商品一覧には乗っていなかったので、

スポーツフェスタ

何番目位の玉が出たのかは謎ですが、
相変わらずの参加賞のステッカーの私との差は歴然。

スポーツフェスタ

正直、何に使うかわからないベルトですが、当たった事に意義がある・・・ような気がする。

元々相方とはくじ運がイマイチメイトだと思っていたのですが、
なんか差が開いちまったなぁ。俺達・・・という感じです。

でも、これだけ(相方比で)強運が続くと、その分、後でツケが回ってきそうで怖い。
そのうち運命の女神(?)が現れて「不相応の運を与えてやったので、
貴様の寿命で贖え!」と言い出すとか・・・

スタンプラリーも終了し、ようやくお食事ゾーンに潜入です。

174_R_20120216171823.jpg

全体的な規模に比べて、お食事ゾーンはそれなりに充実していまして、
テキ屋さん系の軽食から地元の飲食店が出店した軽いご土地グルメ、
沖縄そばからケバブまで出店していました。

でも元々ゴールしたのが遅かったので、すでに終了しているところや、
一部の商品が売り切れていたお店があったのが悔やまれます。

それでもまだ開いている店が多く、その中からまずケバブ屋さんをチョイス。

ケバブ

こちらのケバブが600円。

ケバブ

美味しかったですが、サービス付属品はじゃんじゃん掛ける相方が、
チリソースをかけ過ぎでいささか辛かった。
いや、本場らしき方のお店だったのですが、本場の方がもってくる
プラス調味料はリアルで辛かったりしますね。

同お店でソーセージ(400円)

ソーセージ

何の味だかはわかりませんが、中東感のあるオリエンタルテイストのソーセージでした。

そしてド定番の「たこ焼き」(300円)

たこ焼き

21世紀になって10年以上経つのに、20世紀の頃よりお値段が安くなっているような気がするのは何故?
デフレも来るところまで来たという事でしょうか。

お値段がお値段なのでお味は期待してはいけないような気がしたのですが、
中がトロの好みの味のたこ焼きで美味しかったっす。

昔は「これを売り物として売っちゃう根性がスゴイ」と思うようながっかり味のたこ焼きとかもありましたが、
不景気と言われるようになってからそういったお店は淘汰される運命にあったのか、
最近、屋台系の食物の味が向上が著しいような気がします。

そして地元の和菓子のお店らしい「よしだや」さんのお団子。
こちらの餡を購入したところ、ご主人らしき方が「残ってたってしょうがないから持ってきなよ」と
下の焼き団子をサービスしてくれました。
ありがとうございます。美味しかったです。(-人-)

団子

団子

そして後日談ですが、このよしだやさんとは、運命的な(という程でもないですが)邂逅がありました。

そんな風に私共が食べ物を貪っているところ、相変わらずゆりーとさんは、
中の人が交代したのか、冬なので体力が温存できたのか、相変わらずお元気で愛想を振り撒き、
自ら積極的に(というか正確には隣のお付き(?)の女性に促されてですが)参加者と写真撮影をし、
マスコットキャラクターとしての職務を全うされていましたが、記念撮影を撮る時は、
イラスト通りの鳳凰のポーズのようなゆりーとポーズ(?)のポジションを取っていました。

ここぞというキメの時にあのポーズを取るのでしょうか?
・・・翼の部分重そうですしね。(ぼそっ)

その後は、ほんの一瞬ですが、こんなお疲れモード(?)のポーズを取られていましたし・・・

ゆりーと

相方も私に「撮ってもらいなよ」とかプッシュしていましたが、
(と言いつつ、自分が撮ってもらいたいんだろうけど)
小さなお子さんがいるご家族の中に異色の中年ペアが写真を申し込むのも憚られ、
ご辞退申し上げました。

そして私共は、まだまだまだまだ食べる余力は十分漲っていたのですが、気がつくと、

スポーツフェスタ

ガラーーーーーン。

って、どんだけ満喫してるねん。(゚∇゚ ;)

イベント会場に来た時はちょっと寄っていくだけのつもりだったのに、
結局、「そろそろ閉めたいんでお察し下さい」的な放送が入るまで満喫してしましました。

こんだけ満喫したこともあり、全体的にスポーツフェスタにも大満足させてもらい、
帰路に着くことにしたのですが、まだお外は明るいので、
このまま帰るのが惜しくなるのが普段ナイトライドばかりしている私達の弊害で、
この日も若洲から直接帰るのが惜しくなり、せっかくこの辺まで来たのだからと、
途中、ちょっと横道にそれ豊洲のららぽーとまで寄りました。

しかし“せっかくだから”を発動すると良いことばかりもなく(むしろ平均的に考えると、
いいことの方が少ないかも)わが家的にはめったに走らないレベルの激坂のダメージが出たのか、
せっかくららぽーとに行っても徐々に疲れが出てきて目が虚ろ。

一応、買い物の為に寄ったのですが、陳列されている商品がまったく心に届かず、
結局、何も購入せずにお家に帰る事になりました。

そしてこの寄り道が更にダメージを加速させたのか、
帰り道はスゲー倦怠感で足の重さがハンパねぇし。

寝不足も重なってか、家に帰ると文字通り意識を失いまして、
部屋に帰りついて3分後には、スポーツフェスタに参加した格好のそのまま、
ヘルメットも耳あてもしたままで、ソファーで爆睡してしまいました。

人生で初めてのヘルメット着用睡眠です。

そうしてわかった事は、ヘルメットは「睡眠時には向かない」ということでしょうか。

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事
「春を先取り!ポタリング」
どうも、こんにちは。くろばいBです。

今週は雪が降ったりして寒い日が多かったですね。
都内でこんなに雪が降る回数が多い冬も珍しいような気がします。
早く暖かい春が来ないかなあ、と思っているときにこんな自転車イベントを見つけました。

「春を先取り!ポタリング」
http://cycle-info.bpaj.or.jp/japanese/event/2012event/pottering/2012pottering.html

神宮外苑から台場を目指して走り、レインボーブリッジを見ながらランチ。
そして、特にいいなと思ったのは、
「帰りは自転車のまま水上バスでクルージング!」

これまで、自転車を携えて船で川を渡るという経験はありますが、
一度水上バスにも乗ってみたいと思っていたんですよね。

しかも、レンタサイクル、昼食代、水上バス代なども込み込みで参加費用は3,000円
先日の「東京ゲートブリッジ完成記念スポーツフェスタ」と同じ金額で、
そう考えるとかなりお得な感じがします。

暖かくなってくると、いろいろと自転車で出かける楽しみも広がるので
早く春が来てほしいです(^^)

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事
水道が・・・
しょう油の街市から、こんにちは。

昨日からいつもの如くな理由で、またまたしょう油の街に来ております。

今日のしょう油の街市は、朝からぬけるような青空のいいお天気なのですが、

朝から水道の水がでねぇ。(゚∇゚ ;)

あまりの寒さに水道が凍結したようです。
不幸中の幸いというべきか、トイレの水は無事でしたが・・・

南関東出身の相方には、「北国みたいだね。(-_-)」と言われました。

うちだって凍結なんてかなりイレギュラーな出来事じゃい。
でも、先程、ようやく出るようになったので良かったです。

そして本日は、しょう油の街市に来たついでに、わが家もあのシステムを導入する事にしました。

ETCです。

って、日本がETC導入から何年経っていると思っているねん。

特に何のポリシーがあった訳でもないですが、普段はあまり高速道路も使わんし、
不便もそんなになかったので、ついつい億劫でETCをつけていなかったのですが、
(カードは2年程前に申し込みましたが)
この度、首都高がさり気なく距離制(実質値上げ)になった為、
わが家も重い腰を上げ、ETCを取り付ける事となりました。

すでに前回しょう油の街市に来た時に自動車用品専門店でETCの機械は購入済みで、
本日は取り付けだけなのですが、なんと!取り付には3時間も掛かるらしい。
(ついでに地デジアンテナも取り付けるからだけど・・・)

さすがに国道沿いの自動車用品専門店内で3時間も暇を潰せる気がしないので、
その間にレンタサイクルでも借りてポタポタして来ようと思います。

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事
スマホ手袋が当たるキャンペーン
一昨日、わが愛車にもようやくETCが付きました。

高速道路にさほど価値を見出さない私は、旅行時の遠出以外はあまり高速にのらんので、
今後このE子ちゃんにいつ活躍の機会が与えられるかは謎ですが、
それでも車に乗ると彼女は健気に「ETCカードが入っていません」というような事を進言してくれます。

いや、入ってないじゃなくて、入れてないだけどね。ゴメン、E子。

そんな風にわが家も文明の利器をいろいろ取り入れておりますが、
数カ月前に相方が最大の文明の利器であるスマートフォンにしまして、
わが家のポタ生活もかなり快適になりました。

元々方向音痴ーズの我々は、ポタってんだか、迷ってんだか、わからない事も多く、
無駄に時間を費やし、そのイライラから無用な争いを勃発させていたりしていたのです。

が、スマホにしてから道に迷うことは皆無・・・というわけではないのですが、
(所詮、筋金入の方向音痴ーズなので)迷っても早い段階で修正が可能となり、
その余裕からか争い事もなくなり、わが家に平和なポタライフが訪れました。(完)

このように、スマホについては、

何故もっと早く導入せんかったんだ!


と全体的には思う事が多いのですが、しかし良いことがあれば、悪いこともあるのが世の常、
このスマホも良いことばかりではなく、ごく少量ながらバッドな側面もあるのです。

まず、通信料が高い。

基本、似た者同士の我々は、交流範囲が極狭なので、携帯のヘビーユーザーでなく・・・
2人合わせても携帯代は然程でもなかったのですが、相方1人がスマホにしただけで、
携帯代は約2倍弱に跳ね上がりました。

ド素人考えでは、その辺に飛んでそうな見えない電波が何でそんなに高額なのか謎ですが、
まあ、設備費とかいろいろあるんでしょうね。

そしてもう一つバッドな点と言えば、操作する時に普通の手袋が使えない。

タッチパネルを操作には静電気がどうたらこうたらで、普通の手袋をした手ではスマホが使えず、
スマホ専用の手袋が必要のようなのですが、相方はスマホ専用の手袋を持っておりませんで、
寒風吹きすさむ寒いポタ時でも、いちいち手袋を外して操作せねばならんのです。
しかもわが家は真性の方向音痴ーズなので、こういう機会が多いんですよね。これが。

正直、私は操作しないので実害はないのですが、これは気の毒のような気がしていました。
が、実害がないので、何となく見守るだけにしていました。(オイッ)

ところがそんな時に、あの企画が目についたのです。

「ジョージア1本で、毎日3,000名にスマホ手袋が当たるキャンペーン」
http://cp.georgia.jp/g/assets/html/pc/12winter/p01_detail.html

この企画を知った瞬間、これは相方の為に当てるしかないと思いました。

つーか、「絶対頂きだ!」とまで思いました。

だって、奥さん!!日に3,000名ですよ。3,000名!!


ジョージアを飲む人が日にどれだけいるかわかりかねますが、
余程くじ運が悪くない限り当たるざんしょ。

このくじは、HPに行き、ジョージアに付いているシールの裏に書いてあるシリアルナンバーを入れると
1回の抽選券が与えられ、その場で当選するらしいので、まずはジョージアを飲まなくてはなりません。

という訳で、普段出かけた時に買ったりする缶コーヒーをジョージアにし、
早速、すでに貰った気になり、余裕の態度でくじを行ったのですが、
結果は、予想外のハズレ。

って、アンビリーバボーーーー!!!∑( ̄ロ ̄|||)

3,000名の中にさすがに入ると思っていました。
というか、さすがに入る運位は持っていて欲しいと思いました。

が、そんな運もないのか?自分。

あまりの事に一瞬、言葉も出ない程、衝撃の受けた私に、

「逆に、何で絶対当たると思ったのぉ??(-_-)」


とこの絵文字そのもののような鼻白んだ顔で言った相方。

しかし基本、ギャンブル系には熱くなるタイプの私は、これで逆に熱くなったといいますか、
その後もあまり飲みたくない時でもジョージアを買い、
「今度こそは!」と何度もチャレンジしているのですが、未だ当たる気配すらありません。

つーか、今日も2回ハズレました。

このままではキャンペーン終了しちゃうよ。
つーか春になっちまうじゃん!(゚∇゚|||)


と焦りは隠せず、ジョージア購入回数を増やそうかとも検討しているのですが、
心の一部では、「スマホ専用の手袋ってそんなに高いものだったけ?」と疑問に思ったり、思わなかったり・・・

なんかちょっと前に見掛けた時には、軍手に毛が生えたレベルの値段で買えたような・・・
というか、今までジョージアにつぎ込んだお値段で購入できたような・・・

頂く事に意義がある(気がする)ので・・・まあ、いいか。

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事
相方運転免許更新ポタ
さて、今月1日にめでたくもあり、めでたくもないン十ン才の誕生日を迎えた相方。

今年はその誕生日の更にめでたくもない付属事項として、
「運転免許の更新」がありました。

車の運転免許の更新にも関わらず、

“手続きなどで来場される方は、公共の交通機関をご利用いただき、
車での来場はご遠慮ください”


と更新はがきに明記してある都会の免許センターの不思議。
物理的や土地のお値段的な問題で致し方ない部分がおありなのでしょうが、
車の運転を推奨しているような、していないような・・・ですね。

さすれば公共の交通機関ではないにしろ、自転車ならば問題なかろうと、
先々週の日曜日は、江東運転免許試験場まで運転免許更新ポタに出掛けて来ました。

免許試験場は東陽町駅の近くにあり、真冬でなければ特に億劫に感じるまでもない距離ですが、
しかし今はその真冬、「真冬なんかに生まれるんじゃなかったよ」と言う相方のぼやきを聞きつつ、
(相方に誕生日の選択権はなかったと思いますが)免許試験場に向います。

向う途中は、寒い以外にこれと言ったこともない道のりだったのですが、
私、自転車に乗り出してから特に憂いている事柄がありまして・・・

それは都内の鳩の生き様です。

ところで、最近の奴らの飛ばないっぷりはなんなんでしょうか?

人間界でも、近年はところかまわず着席する「地ベタリアン」なるニュータイプが出現しましたが、
最近の鳩の世界にもそんなニュータイプが出現しだしたのか、
近頃のヤツらは車が行き交う車道だろうと、ところ構わず歩いていて、
しかもなかなか飛ばねぇ。


嘆かわしい事に、人間が近づいていってもギリギリまでドタドタと徒歩で逃げて、
何とか飛行を回避しようとしやがるのです。

この日も私が普通に車道を走っていた所、前方の道路上に数匹の鳩達がたむろってまして、
「でも、まあ、どいてくれるだろうな」とそのまま走っていったのですが、
予想に反してなかなかどかねぇ。(゚∇゚ ;)

慌てて私がブレーキを掛けたのですが、もう少しでぶつかるかも?!

という所まで来て、「ピギャッ」みいたいな被害者意識満載の声を出して、
やっと飛んで行ってくれました。

ちっ、脅かしやがって。つーか、鳩のくせにチキンゲームか?

あの被害者ぶった声は、人間語にすると「何しやがる!このバ◯ア(怒)」だと思われますが、

これは私だけが悪かったのでございましょうか?

もちろん地球上の地面が人類だけのもの等という傲慢な事を申すつもりはございませんが、
基本、鳥のテリトリーは普通空中だし、飛べるもんは飛んでくれるのが筋ってもんじゃないでしょうか?

自転車に乗るようになって、都会の鳩が急速に年々飛ばなくなっているのを肌で感じるのですが、
これからの彼らの未来はどうなって行くのでしょうか?

このまま劣化を続けると近い未来にはリアルに「自転車に轢かれる鳩」とか出てきそうで怖いです。

その事件(?)以外は、スムーズに試験場まで着きまして、
相方のみが免許試験場に行き、私は特に1人で自転車を漕ぐわけでもなく、
適当に茶を飲んだりしてグダグダと暇を潰していたところ、
相方は1時間程度で新しい免許を携えて戻って参りました。

更新時の義務として講習を受けたそうなのですが、
今回の講習は、自転車のルール変更等、自転車に関する講義も結構あったそうな・・・

自転車も車道を走るので、ドライバーにもその辺を啓蒙して安全を図ることと、
自転車には免許がないので、確実に免許更新があるドライバーも自転車を乗ると想定して、
「自転車に対する講習もやっちゃえ」という事でしょうか。

最近は取締も厳しくなってきた携帯やイヤフォン等の自転車乗車時違反事項等も
説明されたようですが、講義の中で相方が面白いと思ったらしいのは、
未だに愛好者の方々の間で根強い人気を誇っている(と思われる)
自転車に取り付けるアタッチメント。

これは片手運転はしてはいけないという見地からは有効ですが、
それならばこのアタッチメントを付けて傘を固定すれば、
片手運転にならないのでOKかというと、そうとはならず・・・・

このアタッチメントは、自転車のは幅60㎝以内に定められているという、
他の法律に違反している恐れがあるのでNGだそうです。

あのアタッチメント式のヤツは傘が固定されるので、
障害物(特に人間とか)があった場合、逆に危ないと思ってはいましたが、
幅60cmを超えるものは積載NGという法律があったんですね。

そんな大荷物を運ぶことはないと思いますが、気を付けたいと思います。

そしてせっかく東陽町まで来たので、この後は拡張して「何処か行くか」という話も出たのですが、
あまりの寒さに気分が乗りきれず、このまま素直に帰宅する方向に舵を取る事となりました。

とは言え、免許手続きのみで帰るのは虚し過ぎるので、
丁度、帰り道にあった、清澄白河のカフェ「Kuudle Cafe」さんに立ち寄りました。

カフェ

可愛らしい看板のこちらのカフェは、フレンチトーストが美味しいお店のようです。

カフェ

メニューには和系のデザートもあり、そちらも美味しそうだったのですが、
ここは相方も私もフレンチトーストを注文しました。

フレンチトーストが焼き上がるまで、相方の新免許を見たりしていたのですが、
記念に貰ってきたという古い免許証の写真と今回の免許の写真と比べると、
さすがに旧免許写真撮影時の5年前は若いっすね。

新旧の免許の写真を比べると、免許証特有ののっぺりとした写真を通してみても、
お肌のハリってヤツが明らかに違います。

ちなみに旧免許証は前髪を下げた髪型で撮って、今回は前髪を上げた髪型で撮っていたのですが、
最近、おデコの領土が拡大しつつあるのを文字通り肌で何かを感じていたらしい相方は、
その写真を見比べ、真剣な顔で、

「前の写真も前髪を上げて撮っておけば良かった・・・(ぼそっ)」

・・・そ、そうっすね。
そうすれば、薄々感じるだけでなく、正確な推移が情報として分かりましたもんね。
・・・お年頃の男性って女性にはない悩みがあって大変ですね。

そしてそんな「なんとお慰めしてよいやら」な微妙且つ複雑な空気の中、
不穏な空気を散らすように、フレンチトーストが到着しました。

私がこちら「キャラメルフレンチトースト」

フレンチトースト

相方が「メープルフレンチトースト」

フレンチトースト

名前の違いはソースの違いで、それぞれコーヒー付きのセットで900円です。

食パンではなく、フランスパンを使用しているようなので、
外はカリカリで中はトロットロなフレンチトーストです。

フレンチトースト自体の甘さは控えめで、それぞれソースの甘さで頂く感じで、
添えられたアイスクリームとも相性も良く、美味しかったです。

その後は、更に日も落ち、寒風も吹きすさんで来た中、家に帰ったのですが、
その帰り道、ひとつの奇跡的(?)邂逅が・・・

基本、食い物関係のお店は、知らず知らずのうちに目に入ってしまう私共ですが、
カフェを出て暫く後、大きめな和菓子屋さんが目に入りました。

はっ!!∑( ゚д゚;)

も、もしや、ここは先週行った「スポーツフェスタ」の時に餡団子を購入したら、
おまけに焼き団子を付けてくれた、あの「よしだや」さんではないですか?!

よしだや

あの時、団子の入れ物に実店舗の住所が書いてあったのですが、
確かそれは江東区だったと記憶しているので、おそらくこのお店に違いない。

ここでお店を見つけたのも何かのご縁、今こそ焼き団子の恩義に報いる為にもお店に寄りました。

和菓子はどれも美味しそうだったのですが、丁度、バレンタインが近かったので、
こちらのバレンタイン仕様の和菓子を購入してきました。

和菓子

いつまでも洋菓子業界だけに美味しい思いをさせない為にも、頑張って欲しいものです。

ちなみにハート仕様のどら焼きはしっとりとした餡の普通に美味しいどら焼きでしたが、
手前の黒いハートの和菓子、こちらは羊羹だと思いきや、
羊羹とチョコを混ぜたようなお味のニューテイストでした。
こちらのニューテイストも美味しかったです。

・・・ところで、「これでバレンタインを済ませちまおう(ウッシシ)」とか考えていた訳ではないのですが、
その後、もろもろの事情があり、チョコを買いはぐり、あまつさえバレンタインの先行投資として、
相方に奢られたままになっております。

特にその後は相方の督促もないままに時は経ちまして、
確かもうすぐホワイトデーとやらが来るような気がしますが、
密かに「バレンタインはホワイトデーと相殺でいいんじゃね?」と私が思い始めている事に、
相方は気づいていません。(ブログに書いた時点で気付かれますが)

となると、相方は奢り損、ということになるような気がしますが、
後と化物は出たことがないというので・・・ゴニョゴニョ。

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事
そうだ、京都に行ってみることにしました
年を取ると自分の中で価値が上がっていくものがありますが、
私の中で価値が上がったものの一つとして「京都」があります。

私は、運がいいのか悪いのか、中学高校の修学旅行が両方京都(奈良)でして、
価値のわからない子供だったその時は、せっかくの古都を巡っても、

「また、同じような寺っぽいところかよ。」

とかバチあたりな事を思っていたものですが、自分自信が侘び寂びる大人になってから
「古都っていいかも、寺って悪くないかも」と考えを改めるようになりました。

遠くない未来、最終的には自分も入るところですしね。(ぼそっ)

ところが、その後、大人になってから行った京都は、1泊2日の旅だったり、
大阪に寄る前の半日観光だったりと、記憶が一部飛んでいる感じの強行軍ツアーだった事が多く、
いつかはゆっくり京都巡りをしたいと思いつつ、実現しないまま現在に至っておりました。

そしてそんな私の身近には、実は同じ思いを抱いていた人間がもうひとり・・・母です。

やはり遺伝なのか、母もじっくり京都巡りをしてみたいという夢を抱いていたようですが、
アラセブな母は私より年を食っているだけに、自らの中の京都価値がより高騰しており、
しかも年が年だけに、

「せめて歩けるうちに!(つーか生きているうちに!)」


とかやたら切実。

「確かにその通りかもしれん」と思った私は、丁度、今年の6月は、
母の70才の誕生日でもあることですし、母を京都旅行に連れて行く事にしました。

旅行日は、これからの時期ですと4月の桜の季節がベストだと思ったのですが、
混雑が懸念される事と、基本花好きな母が「桜だけは別に・・・」と桜に対しての愛着が今ひとつな事、
相手は花なので、予約した日には、咲かなかったり咲き過ぎたりもします。

混雑している時期に割増料金を払って、しかも桜の咲きがイマイチならば目も当てられません。
ならば思い切って新緑のシーズンにしようと、旅行は5月に設定しました。

今回のメンツは母と私ですので、当然、スケージュールは私に丸投げ。
(考えてみれば、メンバーが相方の時も99%私ですが・・・)

まず、ガイドブックを購入し、観光場所の絞り込みを図っているのですが、
改めて自分でスケジュールを組むと、意外に京都って広い。

修学旅行等では自分の脳ミソを1gも使うことなく、上げ膳据え膳状態で、
ただ観光バスで連れて行って貰っただけなので、まったく位置関係とか把握していなかったのですが、
京都中に文化財やらの見所が点在していて、どういう交通手段を使えば、
効率的な京都巡りができるのかが頭が痛いといころです。

こういう広範囲に見所がばらけた感じは、まさに自転車こそがうってつけですし、
実際に京都にはレンタサイクル店が何箇所かあるようなのですが、
アラセブの母に自分のママチャリ以外の自転車を運転しろというのも酷な気がする・・・

レンタサイクルニスト(自称)の私としては、活動の機会なのですが、残念です。

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事
くろばいBの一人ポタ「上野エキナカ編」
どうも、こんばんは。くろばいBです。

一昨日はとても暖かかったのに、昨日は朝から冷たい雨でした。
昨日は一日くろばいが不在のため、ひさびさに一人ポタにでも
行こうと思っていたのですが、いきなり出鼻をくじかれました。

お昼ごろには雨も上がり、天気予報上ではこの後は降らないというのを信じ
とはいえ、やはり雨が降ってくる可能性も否定できず、近場をぶらりと
ポタってくることにしました。

そんなわけで、今回のターゲットは「上野」にしました。

上野は駅のすぐ近くに屋根付きというか駅舎の下に駐輪場があって便利です。



しかも2時間までは無料という太っ腹ぶりです。
こんなターミナル駅なのに、これは非常にありがたい。

とりあえずお昼を食べようと思ったのですが、寒くてあまり歩いて移動する気にもなれず
まずはエキナカに入ることにします。
上野には「アトレ上野」というショッピング施設がコンコースに併設されていますが、
コンコースでは茨城県がこれからの書き入れ時である「梅まつり」を中心にPRしていて
その一環で琴の生演奏などもやっていました。



そして、先月にできた「のもの」というJR東日本エリアの北関東や東北を中心とした
アンテナショップ的なところに寄ってみることに。

地方の名産品が並ぶアンテナショップは見ているといろんなものがあって
おもしろいですね。
こちらにはカフェも併設されており、せっかくなので特産品らしい
「岩手産若鶏のバジルチキンサンド」「茨城県産奥久慈紅茶」を頼んでみました。



まあ、岩手産とか茨城産とかいうことが分かるほどの鋭敏な舌を持ち合わせませんが
国産ですし、味も普通に美味しかったです。

ところで上野という地は「上野といえばパンダ」という
鉄板のマスコットキャラクターがいますので、それはもうそこかしこに
パンダがいるわけで、駅の立ち食いそばの食券販売機にまでパンダがあしらわれていました。



で、アトレ上野をふらふらと歩いていますと、またまたパンダを発見!



「BAGEL&BAGEL」で期間限定で「パンダメロンパン」を売っているとのこと。
私もくろばいに負けず劣らず「限定」という言葉に弱いので、ついつい
二頭ほど購入して帰ることにしました。



結構エキナカだけでも満喫できるものであっという間にタイムリミットの
二時間近くが経っていました。
まあ、駐輪場の料金は二時間を越えたところで100円ですから、
そんなにあせることもなく、ゆったりと駐輪場に向かいました。本当です。

結局雨が降りだすこともなく、ゆるい一人ポタは無事終了。
今日はマ○イのバーゲンポタに行く予定です。


ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事
「うんがいい!レンタサイクル」ポタ【その1】
確か遠い昔、私が子供の頃に「首都高はいずれ無料になるよ」という話を
聞いた記憶があるのですが、その話は空耳だったのか、それとも夢の中の出来事だったのか・・・

その後、首都高は無料になるどころかジリジリと値上がりを続け、
その度にブーイングを食らっておりました。

そして今年の1月からは、今までの一律料金から距離別料金制に変更となりまして、
走る距離により、今までより安くなったり、高くなったりする人もおり、一見公平に見えるものの、
なんとなく「あからさまな値上げをするとまたブーイングを食らうので、
安くなる所も作りつつも、実質値上げに踏み切ってみた」と思うのは私だけでしょうか?

しかし一見でも安くなったりするのも、ETCを付けていればこそで、
ETCが無ければ実質どころか一律900円と確実に値上げなので、
今まで主に「面倒」という理由でETCの機械を付けていなかったわが家の車にも、
今回はしぶしぶETCを取り付ける事にしました。

今の愛車は私がしょう油の街市在住の頃に購入し、結婚後もそれを持ってきた形になるのですが、
現在も混雑する上に駐車場問題がある都内を車で移動する事は殆どなく、
車を使うのは、しょう油の街市に行く時や遠出をする時等にほぼ限られております。

つまり私に取って、未だにしょう油の街市にはホーム的な親しみがあるものの、都内は完全にアウェー、
ゆえに都内のカーショップに行くのが億劫で、それもETC取り付けに二の足を踏んでいた
理由の一つでもあるのですが、ここに来て必要に迫られ、何処で取り付けるかと頭を悩ませた時、

しょう油の街市のショップで取り付ければいいじゃん。

という考えに辿り着きました。

私は車には無頓着な人間なので、しょう油の街市に在住していた時も、
そんなに足繁くカーショップに通ったわけでもないのですが、長く住んでいただけに、
しょう油の街市のカーショップの方がまだホームゆえの親しみもあります。

どの道、うちの両親が少なくとも月イチで定例の旅行がある為、その度に私共は愛犬のお世話という名目で、
しょう油の街市に赴く事を余儀なくされているので、「そのタイミングを利用して取り付ければいーじゃん」
という事になりました。

そしてまずは、1月下旬にしょう油の街市に行くタイミングが訪れ、
その時にタイムリーに新聞広告に入っていた某黄色い帽子のカーショップに行き、ETCの機械を購入、
ついでに私の車のカーナビに付属しているテレビはアナログ放送適用で、
2011年7月のアナログ放送終了と共に、砂の嵐しか映らなくなっていたのですが、
それも不便なので、ついでにデジタル放送用のチューナーを取り付けて貰うことになりました。

特に知識も無い為、店員さんのご提案に全て乗っかる形で商品を選び会計、
その後、そのまま即日取り付けをするものと思っていたのですが、
その日は整備関係の予約が詰まっていて、後日改めての取り付けになると告げられ、
次回のしょう油の街市チャンスまで持ち越すことになりました。

次回のしょう油の街チャンスは、購入した日から約1ヶ月後の2月19日だったので、
19日に取り付け予約日だけをし、その日はそのまま帰ったのですが、
一つ、取り付けについて、「時間は3時間を要する」という途方に暮れるような事を言われました。

街中ならまだしも、国道沿いのこのカーショップの何処に、
3時間の時間を潰せる要素があるんだ?

しかも真冬に・・・

と呆然としましたが、逆に取り付け日までの間が空いたのが功を奏しまして、
暇つぶしを見つける為に改めてこのカーショップの場所を調べてみると、

何もない国道と思われていたこの場所は、意外に東武野田線の駅に近い事が判明しました。

長く住んでいたものの、車でしか走らんかったので、その辺の感覚がわからんかったんですね。

そしてその事がきっかけになり、芋づる式に思い出したのですが、
確か東武線の「運河(うんが)」駅の近くには、“うんがいい!レンタサイクル”という、
モロ駄洒落命名なレンタサイクルが存在したはず・・・

残念ながらしょう油の街市ではなく、お隣の流山市のレンタサイクルというのがアレですが、
前にしょう油の街市の地方新聞に載っていた時に見つけ、
自称レンタサイクルニストの私としては、当ブログで取り上げていました

その時は自分が活用する事になると思わず、完全他人事モードでご紹介させて頂きましたが、

もしかしてうんがいい!レンタサイクルを活用する時が来てね?

しかし、あれから約2年、客足が芳しくなくそのままフェードアウトの可能性も否めません。
そこで再度調べみると、つつがなく現在も営業されているらしい・・・

運河駅は、カーショップのある梅郷駅からわずかひと駅ですし、レンタサイクル貸し出し所も、
運河駅から歩いて直ぐのところにあるようです。

この全てレンタサイクルを乗る為に運命に仕組まれたようなナイスなシチュエーション、
これがうんがいい!と言わずして、何がうんがいいのか。

という訳で、無為に過ごすはずだった取り付け時間の3時間は、
有益なレンタサイクル活動に勤しむ事になったのです。

そして、取り付け前日の18日(土曜日)は、いつもの如くしょう油の街市実家に泊り愛犬の世話し、
当日の19日は、「何処かに連れてくんだろうな、コラッ」という愛犬からの脅しにも似た
プレッシャーを跳ね除け、愛犬を実家に置き去りにして、予約時間の午前11時に間に合うように
黄色い帽子のカーショップに急ぎます。

ETCの取り付け場所などの簡単な確認と共に、鍵を受け渡すと、
まずは電車でレンタサイクルのある「運河駅」に向う為に最寄りの駅「梅郷駅」へと向います。

・・・と、導入部分で申し訳ありませんが、続きます。

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事


広告



カテゴリー

にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ
人気ブログランキング



プロフィール

くろばい

Author:くろばい
愛車ビアンキ・パッソ
【愛称:ビンちゃん】
愛車2ビアンキ・ミニベロ9
【愛称:ベロンチョ(ベロちゃん)】
激情にながされ1週間で購入に至る
愛車3ママチャリ
【愛称:ソルジャー・チャーリー】
現在自転車3台を所有。
あまりの自転車の増殖率に
恐れおののく日々。
これ以上、増えることはないと
思いつつも、自分が信じ切れない
今日この頃・・・。

相方(くろばいB)
愛車:RSR-4(ブルー)
【愛称:ルイちゃん】
愛車2:ラレー・RSW SPECIAL
【愛称:くろまるくん】
新たにミニベロを購入して、
自転車わが世の春を謳歌中。
自己開発のアンゴラダイエットの
お陰で(いまのところ)メタボリック
危険水域を脱出。
しかし現在、ポタ時はポタメシを
思いっきり解禁しているので、
リバウンドに王手か?



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -



月別アーカイブ



カウンター



ブログ内検索



RSSフィード

  • seo



おすすめの自転車本

わが家の自転車メンテナンスのバイブル!





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。