クロスバイクを買っちゃうぞ!
初心者がクロスバイク乗りになるまでの軌跡
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュー自転車を購入(?)【後編】
ポタナビの黄色とピンクのダブルの線に導かれ、さすがの方向音痴ーズの我々でも
もはや迷う理由があるはずもなく、「馬喰横山」の駅近くにある自転車店
「アヴェロバイシクル」さんに到着しました。

馬喰横山は何度か通り道では通ったことがありますが、
実際に目的地として来るのは初めての場所です。

どうやら問屋街のようで、この日は休日の上にすでに夕方遅かったせいか全体的に街は静かでして、
そんな雰囲気の町の中で自転車店は異色な感じだったので、逆に目立ってすぐにわかりました。

大型のお店ではないですが、シンプルでおしゃれな感じのお店です。

「何なら今日、包んでもらって行くぜ!」
(まあ、自転車界にンな事はほぼないと思うのですが)

位の勢いで、お店を尋ねたところ、丁度ご店主が接客中だったので、
お店の中の小物を拝見しつつ、5LINKSのチラシのようなパンフレットが目に入ったので
何気に手にとったところ、そこには予想だにしない驚きの事実が書かれていたのです。

元々この5LINKSは自転車メーカーが作った自転車ではなく、
それゆえに最初は細々という感じで販売されいたようでして、
私が初めて5LINKSの存在を知った時は、14インチで3段ギア、
色はシルバーとガンメタリックの2色展開の時でした。

そしてその後、順調にユーザーを増やしていったのか、私達が優柔不断に
紆余曲折しながら悩んでいるうちに、着々と色はレッドメタリックが加わり、
16インチ9段ギアタイプも展開しだしたのです。

16インチは実際に去年のサイクルモードで試乗させてもらいましたが、
さすがにタイヤのデカい分だけ14インチよりも安定性がよく、ドラテクに自身がない上に、
車載した先でも多少の距離を乗ろうと考えていた私共としては、

買うなら、16インチしかない!
つーか、16インチが出たという事こそ「購入せよ」という神の啓示だ!


とちょっとあぶねえ感じに思うに至った次第です。

もちろん色については16インチでも14インチと同じ3色展開と信じて疑わず、
相方は黒系のガンメタリック、私は赤系のレッドメタリックと決めていたのですが、
そのパンフレットにはしっかりと書いてあったのです。

16インチ・・・色:パールのみ、と。

この事実に目ん玉が飛び出る程、驚きました。

いや、自分らの馬鹿さ加減に。

って、なんでそんな基本情報をこの期に及ぶまで知りはぐっていたの自分ら?∑(゚∇゚|||)

・・・心の中で何かが崩壊するのを感じました。
その何かとは「楽しい5LINKS購入計画」というヤツだったのかもしれません。

頭の中は混乱していましたが、現状は至ってシンプルなようです。

わが家では私の分と相方の分、2台の購入を考えているので、
購入するとすれば車種も色も相方とお・そ・ろ・いになるって事か?!

神様、それだけはいやーーーーん。

でも、「もしかしてこのパンフレットが間違っているかも。落丁とか。」と一縷の無謀希望を抱いて、
接客を終えられたご店主に聞いてみましたが、「16インチはホワイトしかないんですよね。」という当然の答え。

ご店主によると16インチはユーザーの希望で作ったそうなのですが、
色も希望が多かったホワイトにしたそうで・・・

うーん、そうだったのか。(--;)

しかしいかに人気色とは言え、個人的に白は好みではないというのは、如何ともし難く・・・
私の好みの色と言えば、何にでも化けるお菓子色のやっぱりゴールド!

・・・ですが、それは永遠に待っても出そうもないので、
せめて最初に決めたレッドメタリックでお願いしたい。

それに先程も述べましたが、やはり相方と同車種同カラーの自転車を持つというのは、
ちょっと(どころではなく)抵抗が・・・

特殊な自転車なので同車種は仕方ないとしても、
せめてカラーだけは自らのアイデンティティを示したいのです。
つまらんアイデンティティですが・・・

だったら一番最初に買おうと思っていた14インチにすればその辺の問題は片付くのですが、
下手に試乗経験があるので、今更「じゃあ、14インチでいいや(゚∇^d) 」ともなれず・・・

サイズとギアを妥協して14インチにするか、それとも色を妥協して16インチにするか、
でも妥協して14インチを購入して、もし来年16インチに新色が出ようもんなら
悔やんでも悔やみきれない気がするし、妥協して16インチの白を買ってもそれは同じ事・・・

やっぱり来年まで待つか・・・でも来年に新色が出なかったら待ち損・・・だよな。

と頭の中で思考がグルグルグルグルしまして、そんなグルグルしながらも
お店にある14インチの試乗車に乗せて頂いたりしたのですが、

すみません、決められません。(逃)

と言うことで、この場は保留とさせてもらいました。

そして帰る道すがら、新色が出るのを信じ、このまま来季の16インチを待つか、
諦めて14インチを買ってしまうか、悩みながらも向かった先は、
同じ馬喰横山にあるこちらのカフェ「フクモリ」さん。

フクモリ

いや、悩んでいたら腹も減ってきたし・・・

何かの雑誌で見掛けてから「行きたい」と思っていながらも、
馬喰横山自体にはあまり来る機会がなかったので、なかなか来訪できなかったお店です。

自転車店からそう遠くないお店ですが、それでもいつもは迷うことが多いのですが、
こちらのお店も事前にちゃっかりパソコンからポタナビに入力してあったので、
5LINKSのことでは迷いながらも、道に迷うことなく到着できました。
ありがとう、(ポタ)ナビ子!

こちらのお店は、山形の3旅館、湯の浜の「亀や」さん、天童温泉の「滝の湯」さん、
かみのやま温泉の「葉山舘」さんによる和食のノウハウと山形の自然が育んだ食材を生かした
新しい「カフェ定食」屋さんだそうで、当然メニューの食材には山形の食材が
ふんだんに使われています。

そのコンセプトに山形に縁の人々が集まるのか、それとも私達のような無関係な人間が多いのか、
あまり人気のないこの日の馬喰横山の中にありながらも、店内はほぼ満席でした。

1箇所だけ空いていたテーブルに運良く滑り込みまして、

私は「だだちゃ豆のコロッケ」(700円)を注文。

フクモリ

こちらはコロッケの中に良い感じのだだちゃ豆感がある素朴なお味で、

相方が注文した「山形牛のカツレツ」(1,500円)は、

フクモリ

牛が柔らかく、ジューシーなカツでして、それにカフェ定食屋さんと言うことで、
プラス500円にて定食メニューにしてもらいましたが、定食にするとこんな感じで、

フクモリ

付け合せのおひたしと漬物がまた美味しかったです。

念願のカフェにはこれたものの、5LINKSについてはちょっと報われない感をありつつ、
夜の街を悩みながら帰って来ましたが、結論はでませんでした。

まあ、このままなんだかんだと2013年モデルで新色が出るのを待つことになるんでしょうねぇ。

と薄っすらと思っていたのですが、その後、まさかの新展開がっ!

その後日談はまたの機会にでも・・・

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト
購入!
結局、来期の新モデル、新色が出ないと買えないんだろうな。

と今年の購入をほぼ諦めて切っていた5LINKSですが、すごいミラクルが起きまして、
なんと希望インチ、希望色を購入することができましたー!!

自転車店さん、ありがとうございます。m(__)m

そしてmacaronさん、本当にいいお店を紹介して頂きまして感謝です。

早速、昨日はアヴェロバイシクルさんに行き、ハイテンションの心を抑えて購入の手続きを取りまして、
昨日は雨の予報に怯んで電車で行ったこともあり、帰り道は蔵前にある「シエロイリオ」さんで、
5LINKS購入の祝杯をあげてきました。ヽ(´ー`)ノ

シエロイリオ


上機嫌で次々飲みつつ、

「5LINKSがあれば、ポタの帰り道にも飲んで帰れるね。^^」

と相方。

現状満足型の相方が、なんか5LINKS購入には(相方比で)積極的だなと訝っていたのですが、

やっぱりそれが目的だったんかっ!

つうか、ただでさえヘタレなわが家は自転車乗車距離が少ないのに、
帰りに飲んで輪行したら何の為に自転車に乗ってるかわからんやんけ。
今ですら自転車に乗る為に食べているのか、食べる為に乗っているのか、わからんのに・・・

5LINKSは折りたたんだ状態で運ぶ時も輪行袋に入れて担がず、
車輪を利用してトランクのように引いて運べるのが最大の利点です。

実際に手元に届くのはもう少し先ですが、5LINKSがあれば遠出の時にも楽々車載が出来ますし、
相方が言うように時々は飲んで帰って帰りは輪行という事も可能なので、届くのが楽しみです。

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事
あの有名ブランドの限定自転車
早いものでゴールデンウィークも後半戦に突入し、如何お過ごしですか?

わが家は昨日から連休恒例の両親不在による愛犬の世話の為、
しょう油の街市の実家に来ておりますが、昨日から降り続いていた鬱陶しい雨も止まず、
閉じこもりきりで過ごしています。

しかし今年は春もあったかなかったかわからない気候だったのに、
初夏になったと思ったらいきなり梅雨かよ。

9日連続休みという久々の大型ぶりに、鳴り物入りで迎えた
今年のわが家のゴールデンウィークでしたが、結局、蓋を開けてみると、

1日目(晴れ)→自転車購入に行き、一旦撃沈。

2日目(晴れ)→晴れなのに残り日数の多さに強気になり、家でダラダラ

3日目(晴れときどきくもり)→何となく天気が悪くなりそうだっので、迷っているうちに日が暮れ、
                  結果的に家でダラダラ

4日目(くもりのち雨)→奇跡のミラクルで5LINKSが購入できることになり、電車で自転車店へ

5日目(雨)→雨ですが、どの道しょう油の街市で留守番

6日目(雨)→同上

って、ほとんど自転車乗ってないやん。(゚∇゚ ;)

まあ、大型過ぎてなんか気持だけで何も出来ない結果になりそうな気がしていたんで、
ある意味予想通りと言えば、予想通りの休日の過ごし方ではある。

わが愛犬もまもなく11歳なるので、犬年齢では老境にさしかかりまして、
さすがに基本寝てばかりなので実家に来ても何をする訳でもなく、ネット等をしていますが、
そんなゆる過ぎる休日の中、度肝を抜くような自転車を見つけてしまいました。

地球の流行の最先端を行く(であろう)セレブ界、当然セレブの皆様も・・・というか、
逆にセレブであればこそ、エコに憂いてらっしゃいます。

そこで先日もエコの代表自転車界のメーカービアンキと
セレブ御用達ブランドのひとつグッチのコラボ自転車が、
庶民感覚では「ふざけてんのか?」というお値段で発売されていましたが、
今回はドルチェ&ガッバーナからワイルドなヒョウ柄の自転車が限定発売されるとの事です。

わが家はいろいろな意味で買える気がしませんが、
さぞかし金にあかしたスタイリッシュなデザインの自転車に違いない。

早速、ニュースページにアクセスしたものの、何故か読み込んでもページがなかなか開かず・・・
そのスタイリッシュであろう自転車の全貌はなかなか見えなかったのですが、
何せあの世界のドルガバです。(って、私は一点たりとも持つ機会に恵まれませんが)

おそらく最低限まで飾りを削ぎ落としたフォルムの、例えば峰不二子嬢が最後美味しいところをかっさらって
逃げる時に似合いそうなスタイリッシュなロード系だろうと想像していたのですが、
徐々に現れた画像を見て驚愕を禁じえませんでした。

http://www.fashion-press.net/news/3873

って、まさかのヒョウ柄のママチャリ?!
∑(゚∇゚|||)

・・・いや、あえて聞きますが、これはカッコイイ・・・のか??

これをスタイリッシュだと思わないとセレブにはなれんのか?

地球の流行の最先端を行くセレブの気持はわかりません。(>_<)

お値段は表示していませんでしたが、ヒョウ柄を除けば普通のママチャリにしか見えんのに、

“生産プロセスも伝統的なスタイルをとり職人が手作業で仕上げる。
ハンドル周りには24金メッキをほどこし・・・云々”

とあり、お金が掛かっている感じなので、結構なお値段に仕上がりそうな気がします。

でも、このママチャリにあえて乗りたいと思えた時に、
ワンランク上の違う世界が見えてくるんでしょうね。(たぶん)

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事
勝浦海の見えるカフェ
昨日の夜に愛犬の世話係の任を解かれて、自宅に帰って来ました。

今回は2泊3日の実家にてのお留守番でしたが、ゴールデンウィークの中でも
特に大荒れの天気を狙ったようにの実家への帰省(両親は留守だったけど)しましたので、
なかなか出掛ける気にもなれず・・・

しょう油の街市の実家で陰気に閉じこもっていたので、お出掛け好きの愛犬もじれてきまして、
昨日は朝が雨の降る中強行手段で「勝浦」まで出掛けたところ、
現地に着くとすっきりと晴れ上がっていました。

しかし考えることはみんな一緒のようで、渋滞に嵌りに行ったようなものでしたけどね。(--;)

そんな道中にやたら時間が掛かったドライブだったので、
現地の勝浦ではカフェに立ち寄ったのみで、トンボ帰り的に返ってきたのですが、
そちらのカフェ「Banzai Cafe」さんは、外房の海が全面に見えるステキなカフェでした。

Banzai Cafe

勝浦は、冬に母と同じ道を通った時は人っ子一人おらず、

「なんて寂れた海なんた、これだから神奈川に客を取られるんだよね。」


と故郷の現状を憂いたものですが、さすがオンシーズンは(それなりに)賑わいを見せていて、
「これだったら湘南にも負けてねぇし。(あんま湘南に行ったことないけど)」
「つーか、日本のハワイと言っても過言ではない!」と勘違い鼻息が荒くなりました。

(・・・って、何と戦ってんだよ。自分。)

渋滞に巻き込まれたお陰で(?)お昼時間としては遅い時間だったので、
海の見えるカフェの中でもベストシートに座る事ができまして、
目の前は全面に外房の海!です。

Banzai Cafe

これはテンションが上がるわ~

3種類のランチの中から評判という、「オムライス」を頂きましたが、

Banzai Cafe

トロットロの玉子にちょっと酸味を効かせたクリームトマトのソースが美味しかったです。
これで1,000円というのも、千葉県価格で嬉しいっす。

ところで、千葉県は全国一平均標高が低く、サイクリングにはうってつけの県らしく、
最近の自転車ブームの中でそこも売出ポイントだと思ったのか、
現在はサイクルツーリズム宣言をしているそうです。

実際に千葉は坂道が少ないので往々にして千葉県民はヒルクライムが苦手(私調べ)
そしてそんな標高の低いご当地で子供の頃からある程度とうが立つまで過ごした私も
当たり前のようにヒルクライムが大の苦手です。

でも関東の中でも山岳地区(?)の神奈川で育った相方もヒルクライムが
同じように苦手なのは何故なんだろう?魂が千葉県人なのか?

そのような事情からか、昨日は朝のうちは雨だったにも関わらず、
千葉の道では自転車に乗った方々を多く見掛けましたが、
結果的にいいお天気になったので、良かったですね。

わが家はすでに連休8日目に突入しましたが、気が付くと自転車に乗ったのは、
初日だけというがっかり自転車度なので、今日は自転車に乗ってこようと思います。

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事
うひょーーーっ!(驚)
今日はとうとうゴールデンウィーク最終日ですね。

途中、天候が大荒れだった今年のゴールデンウィーク、昨日はようやく天気も回復し、
わが家比で中距離ポタに出掛け、そして本日も昨日に引き続き晴天と疑わなかったので、
ポタに行こうと支度を始めました。

休日最終日なので長距離は(相方の)精神体力的に無理って事で、
のんびりと近場ポタに行こうと、丁度支度を終えたところ、
先程まで確かに晴天だったはずのお外に急激に暗雲が立ち込め、
ベランダからありえない(というか実際今までありえなかった)謎の金属音が!

雹

って、うっ雹ーーーーーーーーーっ!!( ゚Д゚;)ウヒョー

空からが降ってきていました。

突然、ベランダに降ってきてた固形物にビックリ。∑(゚∇゚|||)

こんな氷の粒が空から降ってくるなんて、宇宙の神秘っすね。
ちなみに謎の金属音は、この氷が手すりに当たる音でした。

思わず危険を顧みずベランダに出て採取してきましたが、
当たり前ですが、雹って固くて冷たいんですね。

自転車に乗っている時にこんなもんが降ってきたら大変痛いと思うので、
ポタ途中で遭遇する方がいなければいいのですが・・・

そして完全にポタを諦めまして、「また無駄支度しちまったよ。」と家でグダグダしていたのですが、
あの雹がウソのように今はペカーーーッ!と西日に照らされております。

何なんですか?この天気。(TдT)

自転車乗りにとって天敵とも言えるゲリラ雷雨は、年によって当り年と当たらない年がありますが、
このゴールデンウィークの荒れっぷりからみると、今年の夏は当り年っぽいですね。


ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事
スマホを自転車に取り付けたい
どうも、こんばんは。くろばいBです。

スマホを買ってから約半年が経ちました。
なんだかあっという間ですね。
本当に便利で今となっては手放せません。

特に便利なのは、地図。
方向音痴なので本当に重宝しています。

ですが最近はくろばいがポタナビのモニターに当選し、
ポタナビもわが家のポタには大活躍しています。

スマホもポタナビのように自転車に取り付けたい!という気持ちがむくむくとわいてきました。

ということで、早速アマゾンでスマホを自転車に装着するアタッチメントを検索してみると…

なんと440円の「マルチ自転車ホルダー」を発見!
(商品のページは→こちらです)

意外と安いんだなあ、と思いましたが、レビューを見てみると5つのレビューのうち
「星1つ」が3件もあります(><)

スマホを取り付けるホルダーをケチって、結果的にスマホを落としたりして
破損してしまったら元も子もありません。

なので、ここは多少高くても信頼性の高いものを買いたいと現在吟味しているところです。


ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事
ブログ開設5周年になりました
本日でブログ開設からまるまる5年経ちました~。

思えば、自転車を買う為の言質というか、決意表明のような形で始めたブログですが、
(優柔不断な私としては、表明しないと揺らぐような気がしましたので^^;)
まさかブログもそして自転車もここまで続くなんて、自分でもビックリを通り越して唖然という感じです。

過ぎてしまえば、早かった(ような気がする)この5年、
ブログ開設から半年後にクロスバイクを買い、その後ミニベロを購入、
そしてまもなく折り畳み自転車が納車される運びになっております。

新しい仲間も増え、更に自転車生活は充実しそうですが(たぶん)
5年で3台購入というのは、意外に少なかったかも。

そう言えば、最初の自転車購入の大きな目的のひとつとしてダイエットがありましたが、
まさか自転車に乗る毎に運動量を超えるカロリーを取りまくり、更に体重増加に悩まされる羽目になろうとは、
ブログを始めた時は思いもしませんでした。(遠い目)

自転車さえ手に入れれば、サクサクと痩せると思っていたんですが、
その後、自転車は手に入れるだけでは痩せない、という現実を思い知らせれました。←当たり前だろ

今後、どれだけ自転車が増殖し、どの程度までこのブログが続いて行くのか、
自分でも未知の世界ですが、ブログの方はもう少しはゆるゆると続いて行くような気がしますので、
今後ともよろしくお願いします。m(__)m

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事
ダイバーシティ東京
ゴールデンウィークが終了し、通常モードに戻り早、5日が経ち、
今更ゴールデンウィークの話題で恐縮ですが・・・

今年、9連休だったわが家のゴールデンウィークは、始まる前こそは

「自転車でどこに行こう。」


と期待度マックスで盛り上がっていたのですが、蓋を開けてみれば、
途中、天候不良があったり、実家に帰る都合があったりと、当初の想像通りには行きませんで、
結局、自転車に乗ったのは、たったの2日という惨憺たる結果になってしまいました。

9日間で2日って、下手すると普段の時よりも
自転車乗車スコア悪いじゃん。(゚∇゚ ;)


と思わなくもないですが、まあ、期待が大きい時程、そんなもんですよね。

そして長期休日中のたった2日間の貴重なお出掛け日のうちの2日目である5日(子供の日)は、
わが家比ではちょっと遠出になる「お台場」まで行って来ました。

年齢を重ねると共にすっかり流行りモノとか世情に疎くなった私は、
最近になるまでまったく知らなかったんですが、
この度、お台場には新たに「ダイバーシティ東京」なる商業スポットができたそうですね。

ゴールデンウィーク中にも「今から間に合うGWのレジャースポット」として、
ガンガン宣伝されていたこのニュースポットに、わざわざGW中に出向くのは、
基本、混雑と空気の薄い場所が嫌いな私としては、かなりいや~んな予感を覚えたのですが、
珍し物好きの相方に押され、この「ダイバーシティ」に向けて出発しました。

しかし振り返ってみると、このゴールデンウィーク中でもお天気が目まぐるしく変わりましたが、
この日は久々の文句なしの晴天で、私の体内センサーが指し示す紫外線度も半端なく・・・

元々暑さに(も)弱い私は、まだ慣れぬ初夏の暑さにぐったりしてきたのですが、
どちらかというと暑さに強い相方は、

「初夏のポタは最高だね~^^」


とか言いやがりながら、心から快適そうに生き生きツヤッツヤと漕いでいました。

毎年恒例の夏のポタにおけるわが家の落差なのですが、
毎度の事ながら、その生き生きツヤッツヤぶりが口惜しい・・・(呪)

・・・まあ、逆恨みですけどね。

そうして相方は至極快適に、私は心と体にダメージを受けた状態でお台場に到着。

「元々そこに何があったのか、まったく記憶にないが、何かがあったはず!(たぶん)」
という場所に、「ダイバーシティー」は出来ていました。

ダイバーシティ

外観は特に斬新でも大胆でもない、今時は特に珍しくもない商業施設という感じで、
このビルの中に150店舗以上のお店が出店しているらしい。(という出店数も今時珍しくないですが)

ただでさえ混雑するゴールデンウィークの上に、まだオープンしたての施設ともなると、
周りの道は人や車で周りも騒然としていまして、この一角だけなんか空気すら薄い感じがして、
混雑嫌いの私のいや~んな予感は深まるばかり・・・

ですが、まずは取り敢えず、自転車置き場を確保しなければなりません。

お台場の開発自体は「自転車?何それ?美味しい?」のバブリーな時代に計画されたようで、
土地が有り余ってそうな割には、申し訳程度にしか駐輪場のない施設もあるのですが、
さすがこのダイバーシティは、エコ時代突入後に開業した施設だけの事があり、
自転車にも優しく、施設の1階部分、駐車場の横に立派な駐輪場がありました。

ダイバーシティ

ダイバーシティ

雨風を凌げる屋根があるだけでもありがたいのに、広い駐輪場に感激。
思わず拝みたくなる立派さっす。(-∧-)

しかしこんな立派な駐輪場がありつつも、場所柄なのか自転車数は少ない感じですね。

そして駐輪場の充実ぶりにテンションが上がりつつ、改めてダイバーシティ内に入ったのですが、
いや~んな予感は当然のように的中し、一挙にテンションは急降下、
(予想通りと言えば、予想通りですが)メッチャ混んでるやん。

施設内は通勤ラッシュ時間の駅構内位混雑しており、
歩行すらストレスを感じる程です。

まずは腹が減っていたので、腹ごしらえを考えていましたが、
そんな状況なので、当たり前のようにフードコートも長蛇の列。

フードコートには、初出店が売りのお店等もあったようですが、

ここにいても何一つありつける気がしねえし。

いや、もう無理。

と10分もしないうちにダイバーシティから脱出する羽目になりました。

そして施設の外には等身大というガンダムさん。

ダイバーシティ

最初にお台場に登場したのは数年前で、その時も自転車で見に来ましたが、
今回はダイバーシティ内に「機動戦士ガンダム」の世界が体験できる施設である
「ガンダムフロント東京」ができたそうで、その宣伝故か数年を経て再びお台場に登場したそうです。

が、腹が減って、今はガンダムさんの勇姿に感激している余裕はない。スマン。

ところで、確かお台場、お台場と最初に騒がれだしたのは、
ギリギリ21世紀になるかならないかの頃でしょうか?

お台場は都内比で車が停めやすいという利点がありましたので、
わが家も比較的昔から車でよく来ていました。
(その頃は、まだ“わが家”じゃなかったけど)

その後、次々と商業施設は開業して行きましたが、その施設達も歴史を重ねると共に、
客足が徐々に落ち着いていきまして、更にだんだん積極的に客足が鈍いというか、
どこか寂れた雰囲気まで醸し出す施設もあったり、なかったり、あったり・・・

栄枯盛衰と言いますか、新規開業の陰で古い施設は「飽きられていく」というのが世の常なのでしょうが、
むしろ飽きられている施設があるというのは、今の飢えた私共には福音。

お台場も広い。
ニュースポットは混んでいたとしても、お台場比で古めの施設に行けば、
必ずや楽に食事にありつける場所が存在するはず!

そう当たりをつけ、まずは隣(というにはちょっと離れていましたが)の商業施設である、
「デックスお台場」に食を求めて向かいました。

・・・って、ここでしっぽを巻いていたら、何の為に開業直後にダイバーシティに来たのか、
さっぱりわかんないですけどね。(--;)

移動時にダイバーシティの近くには外にもチラホラとこのような駐輪スペースがありましたが、

ダイバーシティ

こちらも結構空いていました。

数年前までエラく寂れていた雰囲気があったデックスも、
ちょっとした中身のリニューアルで客足が復活したのか、それともダイバーシティの影響か、
結構混雑していまして、ここも食事にありつける有様ではなく・・・

ちなみにこの施設には世界一の朝食(レオ様談)を提供するお店「bills」さんが入っていまして、
空いているようなら入りたかったのですが、ゴールデンウィークだから特別こうなのか、
世界一(レオ様談)の称号ゆえいつもこうなのか、施設内の中でも随一の並びっぷりでした。

「デックスもダメか・・・」と更に流れて、隣の「アクアシティお台場」に行ったのですが、
ここが大当たりというか、先程までの喧騒がウソのように混雑が引いていまして、
ありがたい事に、食堂街も直ぐにでもウエルカム状態にまで空いていました。

男と女の間には深くて長い川があるように、隣り合った施設とは言え、
デックスとアクアシティの間にも見えない川でも流れているのでしょうか?

そんな状況なので、アクアシティ内の施設では、お食事処は選びたい放題だったのですが、
腹が減っている時は、とかく高カロリー食品に目が行くもので、
最もわが家の目を釘付けにしたのは「ラーメン国技館」(のラーメン)

044_R_20120511102541.jpg

横濱カレーミュージアム(閉店済み)等に代表されるような、全国のお店を何軒か一同に集結させ、
ひとつの店舗にするような形が一時期流行しまして、確かこちらのラーメン国技館も
その流行に乗っかる形で作られたような気がしますが、

・・・まだ続いていたんだ(゚∇゚ ;)
それはちょっとビックリ。

どうやら中の店舗を何度も変えつつも、数年間生き残っていたようで、
現在は7店舗のラーメン店が日本全国から出店していましたが、
まずその7種類のラーメンの中から(2人しかいないけど)満場一致で選んだのが、

「勝浦タンタンメン」

ラーメン

って、君ら前日に勝浦行っとるやないかー。

前の日にバリバリのご当地である勝浦に行った時は、勝浦タンタン麺を食ってこんかったのに、
なんでお台場であえての勝浦タンタン麺なんだ?・・・と思わなくもありません。

勝浦タンタン麺というのは、元千葉県民として聞いたことがありますが(食べたことないけど)、
元は海女さんや漁師さんが寒い海仕事の後に、冷えた体を温めるメニューとして定着したそうで、
その目的からパンチが効いた辛さのみに特化したラーメンだと思い込んでいましたが、
実際に食べると、コクや深みもありごっつ美味しい。

お台場仕様にしてあるのか、本場もそうなのか、
むしろ辛さはそうでもなかったです。

もう一つは、現地には行けそうにないという理由で、博多のお店「西江商店」さんの
「まぜラーメン」を選びましたが、

アクアシティ

なんすか?そのニュージャンル。

わが家は以前、“ラーメンポタ”と称してひと冬の間ラーメンを食べまくっていたら、
冬が終わる頃には目ん玉が飛び出るほど体重が増え、そのトラウマから
最近はあまりラーメンを食べなくなったので、すっかりラーメン界にも疎くなっているのですが、
いつの間にかラーメン界にはそんなジャンルが出来ていたのでしょうか?

絵面と名称から、いまひとつ味が想像がつくような、つかないような感じだったので、
一口食べるまでは不安だったのですが、これがまた美味いぜ!ニュージャンル。
こってりとした濃い目のしょう油ダレが麺とよく合っていて食が進みます。

最近のアクアシティの食堂街はテラス席押しらしく、このラーメン国技館にも
テラス席が出来ていたので、「天気もいいことだし」とお外で食べましたが、

ラーメン

レインボーブリッジや東京湾を一望しながら食べるラーメンも開放感がありいいですね。

新しい東京のランドタワーと鼻息も荒い、スカイツリーも見えます。

そして腹が満たされた後は、ちょっとアクアシティ内のお店を覗いたり、
ダラダラと移動したりし、ダイバーシティに戻る頃には、とっぷりと日も暮れていました。

再びダイバーシティを覗いてみると、通勤ラッシュ時より1時間ずれた程度の駅構内位までには
混雑が減少している様子でしたので、せっかくだからとダイバーシティもざっくりと見たのですが、
施設内のお店のラインナップは、そんじょそこらのショピングセンターと変わらない気がします。

特に東京の隣県である埼玉県には、ここ数年で越谷に買い物の巨大要塞とも言えるレイクタウン、
三郷にはららぽーととオープンし、私もよく行っております。

一応、1階から6階まで見ましたが、ダイバーシティ内のお店は、
いつか埼玉で見た感じの店舗が多く、純粋に買い物をするなら
「別に埼玉でいいんじゃね?」と個人的には思いました。
(確かにガンダムフロント東京等に行きたい場合は、話は別ですが・・・)

施設内全体での混雑は落ち着いていたものの、フードコートやカフェは、
相変わらず混雑を見せていましたので、茶を飲むのすら諦め、帰ることにしましたが、
駐輪場に向かう為に外に出ると、丁度、音楽が鳴り始めまして、
それに合わせてガンダムさんが何やら演目(?)をやる気満々になっていましたので、
暫くガンダムさんを見て行く事に・・・

数年前に初めてガンダムがお台場でお披露目された時は、
お台場メインストリートからちょっと外れた公園で展示してあったので、
夜間のライトアップもあまり明るくなく、何度か動く時はあったのですが、
横を向く程度とかかなり地味にしか動かなかったと記憶しています。
(それでも初回だったので盛り上がりましたが)

しかし今回は目立つ位置に移動した事もあるのか、アムロの声も入り、
「ガンダム行きまーす」とかいうセリフと同時にガンダムも上を向いたり、煙が出たり、
色とりどりのスポットライトで照らされたりと、なんか演出や小演技が入っています。

ガンダム

そんなガンダムさんの小演技は5分ぐらい続いたでしょうか、
「おおお」と小演技の度になんか感激しながら気が付くと全部見ちゃってました。

ガンダム

ガンダムさんの肩越しに見えるこの日の月は普段よりも大きく見えるという
「スーパームーン」らしかったですが、うーん、言われてみると大きいかも?

そしてその後は、ナイトライダーにて家まで帰ったのですが、
今回はお台場までの道のりは、行きも帰りもポタナビにお任せして移動したところ、
なんと!いつもの距離よりも3割も削減できたのです。

いつも無駄に遠回りをしていた事に(今更ながら)気付きました。

「距離を走る」という上では如何なものかと思いますが、
いつも楽な道、もしくは最短で現地まで行きたいと考えている私共の強い味方です。

ホント、走行距離における某会計ソフトのようだな。ポタナビ子。

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事
新しい自転車がくるぅ~
お店より注文していた5LINKSが早くも完成したと連絡を頂き、
今週末に取りに行く予定でしたが、本日はちょっと相方にヤボ用が入り、
残念ながら取りに行けませんでした。

明日こそは取りに行こうと思っていますが、
長いお悩み期間を経て、注文した自転車なので楽しみです。

が、そんな喜びの中でも問題がひとつ・・・

で、どこに置くんだ??(゚∇゚ ;)


予定というか妄想では、とっくの昔に今は物置と化している洋室を片づけ、
そこにクロスバイク、ミニベロ、そしてこの度仲間入りする5LINKSも入れるつもりでしたが、
相変わらずクロスバイクとミニベロが和室に鎮座マシマシています。

取り敢えずでもすでに和室には置ききれないし、うーん、どうすっかなぁ。(--;)

しかし先日でブログ開設が5年となり、その日よりもクロスバイク購入は3ヶ月後でしたが、
クロスバイクの入っていたダンボール箱を和室で解体し、そのまま“取り敢えず”と置いたまま、
更に同じダンボールの上に自転車が増えていきました。

ということは、わが家の畳のダンボール部分は4年9ヶ月もの間、
陽の目を見ていないということです。

ダンボールの下はどんな状況になっているのか見るのも怖い・・・ような気がします。

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事
わが家に新車、5LINKSがやってきた!
とうとうわが家に5LINKSが来ましたー!!

5LINKS

本日、東日本橋のアヴェロバイシクルさんに行き、受け取って来たのですが、
たまたま運良く希望色、希望サイズにして頂き、メーカーさんと自転車店さんには感謝です。

そして納車と言えば、恒例の名づけですが、

相方の5LINKSは、命名「メタゴロー」

5LINKS

5LINKSなので、“5”という数字を名前に入れたかったので、色がガンメタリックなのと、
ついでに持ち主である相方の身体的特徴(メタボ)を取り入れ、この名前にしました。

私の方の5LINKSは、赤ですし女の子らしい名前にしようと考えていたところ、
このレッドなフォルムを見ているうちにいつものように天啓が降りてきまして、
「ルビーちゃん」という可愛くはあるが、主に男性用の遊興施設にお勤めする
女性の源氏名のような名前にしようと思っていたのですが、

「ルビーちゃんだと“5”の数字が入っていないので、
ルビーにゴを付けて、ゴルビーちゃんにしなよ。」


と相方に言われました。

って、ゴルビーって恐れ多くも元ゴルバチョフ書記長のお名前やないけ。


(赤いから)女の子である私の5LINKSに、いかに異国の偉人のお名前であろうと
男性ネームなんか付けれるかい!

と思ったのですが、考えれば考えるほど、考え方としては悪くない。(って、悪くないんかい!)
というか5という数字とルビーが入っているので、しゃくに触るがむしろ積極的にいい・・・ような気もする。
確かに5LINKSなので、5という数字は入れたいしな。

でもさすがに1台目のクロスバイクは“ビンちゃん”、ミニベロは“ベロンチョ”と、
可愛いとは言いがたい名前が続いたので、この辺で可愛らしい名前を付けたく、
結局「ルビー・ゴルビー」ちゃんにしました。

5LINKS

メタゴローとルビー・ゴルビーちゃんには、今日からわが家の自転車の一員として、
更なる快適ポタライフの一席を担って欲しいです。

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事
5LINKS納車&初ポタ【前編】
過去、輪行袋で挫折し、輪行袋があまりに(わが家比で)高額だった為に、
現在、その事はわが家の自転車歴史上なかったことになっておりますが、
あの苦い経験から早4年・・・

新たなわが家の輪行の希望の星である折り畳み自転車「5LINKS」を
先週末に自転車店さんより受け取って参りましたので、
ニュー自転車の乗り心地も含めてそのレポを・・・

先週の頭に予想以上に早く5LINKSが組み上がったとお店より連絡を頂きまして、
先週末の日曜日は、いよいよわが家に5LINKSをお迎えする事になりました。

もちろん帰りは受け取ったその足で自走してくるべく、行きは電車で参ります。
今回、自転車を購入したアヴェロバイシクルさんは、駅から近いのでこういう時も嬉しい。

以前、5LINKS購入の為の2度目の訪問の時も天気の悪い時だったので、
初めて電車で行く場所でもないのですが、そこは方向音痴ーズの神秘というべきか、

何故か迷う
(゚∇゚ ;)

最寄り駅からお店まで徒歩1分なのに、なーーーぜーーー??

“そんな時は私にお任せ。(゚∇^d)”

はっ!その声は(幻聴だけど)ポタナビ子さん!!

筋金入りの方向オンチーの私は、最近は徒歩で出歩く時も
このポタナビを肌身離さず持ち歩いているのですが、
徒歩でも意外に役に立つんですね。これが。

最初にアヴェロバイシクルさんに伺った時は、ポタナビを使い自転車で来たので、
幸い「アヴェロバイシクル」さんは、ルートが入っています。

ポタナビ

今回もナビ子の活躍のお陰で、大事にならずにお店に到着できました。

久々の新車に感動しましたが、「じゃ、頂いていきますわ」とならないのが折り畳み自転車。

特に5LINKSは特殊と言えば、特殊な自転車なので、折り畳み(そして元に戻し方)方について、
お店の方が丁寧にレクチャーして下さいました。

この5LINKSの購入については、

①折り畳みの仕方が楽そうだったことと

②運ぶ時にトランクのように車輪を使って運ぶので、
 わが家の鬼門である輪行袋を使用せずに済むこと

③実際にサイクルモードの試乗で乗ってみて走り易かったこと

と主にこの3点が決め手でした。

特に私のママチャリであるソルジャー・チャーリーは置き場の問題で劣化が激しく、
現在は戦線離脱状態なので、この5LINKSは私が普段乗る自転車として活躍させたく、
折り畳みが簡単な事が何よりも重要視されるのです。

お店の中ではさすがに写真を撮れなかったので、
写真は家に帰ってから折り畳んだ時の写真を使用していますが、
(暗い場所でやったので写真がわかりにくくてすみません)

①右ペダルを取り外す

金具を押すだけで簡単に外れます。
でもこれは家でしまっておく時には必要なかったので取り外しませんでした。

②レバーを解除してシートチューブを倒す

5LINKS

③スタンドを足で踏みつつ、ヘッドチューブのところにあるレバーを2つ解除して、
 自転車本体を折り畳む


5LINKS

5LINKS

④最後に左ハンドルを外せば終了ですが、これも家に置く時は必要ないので省略

そして元に戻す時はこの工程を逆からやっていけばいいだけの話で、
見た感じも簡単そうですし、書き起こしても至極単純な工程です。

が、お店の方も動作を交えて丁寧にレクチャーして下さっているにも関わらず、
プレッシャーに異常な程弱い私は、最初なので緊張していた為か、
単に脳細胞が壊死してきているのか、その単純な(はずの)4工程が

まったく脳に入って来ている気がしない。∑(゚∇゚|||)

結局、いちいち伺いながらおっかなびっくり工程をこなしたのですが、
一見、単純作業なので難しい事は何もないように見えて、途中、折り畳む時に独特の捻りが必要とか、
何箇所かちょっとしたコツのようなものが要るようです。

特に私が苦労したのは(というか未だ過去形ではないですが)、
自転車を折り畳む時の捻り方と、最後にタイヤ同士をジョイントするところですが、
力の入れどころがイマイチわかっていないと、無駄に力を使うだけでテコでも動かなかったりします。
コツがわかっていれば力を入れなくてもスッと動くんですけど・・・

これは何度か繰り返して身体で覚えいくしかないですね。

とは言え、私の壊死しかけた脳細胞では、次に乗る時に折り畳み方を
すっかり忘れていたらと一瞬不安になりましたが、
折り畳み方の動画が会社のHPで公開されているので、その辺は安心です。

お店の方は覚えの悪い私と相方2人が折り畳んで、そして元に戻す練習に
たっぷりと付き合って下さいまして、(ホント、長々と付きあわせてすみません(汗))
防犯登録等の諸手続きを経て、店の周りを数百メートル試運転、
そしていよいよわが愛車となった5LINKSにて本格ポタをして帰ることとなりました。

・・・続きます。m(__)m

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事
5LINKS納車&初ポタ【後編】
無事受け渡しを済ませ、晴れて私共の愛車となりました、
私の愛車“ルビー・ゴルビー”と相方の愛車“メタゴロー”

試運転を兼ねて約10kmの距離を家まで帰る事になりますが、
5LINKSはサイクルモード等で試乗を何度かしているものの、
本格的に路上を走るのは初めてです。

乗る時の注意としては、遠くを見ながら走る、カーブには少々注意する等の、
ある意味自転車としては一般的なもので、特に突出したドラテクや、
込み入ったマニュアルは要らないようです。(当たり前ですが^^;)

16インチの小さなタイヤと折り畳みの特質上ヘッドチューブがやたら長いデザインなので、
その辺が走り難さにどう直結するかですが、実際に街中を乗ってみると、

思っていたよりも全然走りやすい!

普段は20インチのミニベロを乗っているので小径に慣れている事があるのかもしれませんが、
然程変わらない16インチの5LINKSの走り心地は悪くないものでした。

(心の底から自慢じゃありませんが)バリッバリの貧脚ゆえに坂道が不安でしたが、
ギアは16シマノカプレオ9段仕様と、細かい仕様は私共にはさっぱりわからんものの、
使用感はこれまた良好。

シフター

ギアが9段もあるので短い坂なら結構平気です。
帰りのルートで極端な激坂がなかったからかもしれませんが・・・

わが家のミニベロのシフターはヘッドチューブに付いているレバーで変速するので、
ちょっと慣れるまでは扱い難かったのですが、5LINKSはわが家のクロスバイクと同じく
シフターがハンドル部分に付いているので、変速も楽にできるところもいい感じです。

「なかなか調子いいじゃん」と悦に浸りつつ、調子良く走っていたのですが、
そういう時には落とし穴があるもので、突然、後ろから相方が音源と思われる、
悲鳴のような短い奇妙な声が。

「如何したんだ?」と振り返ると、

「ウイリーしちった。(∀`*ゞ)テヘッ」

と相方。

何とか持ちこたえたようですが、下手するとバナナの皮で滑った人のような状態になりますよね。たぶん。
コントなら美味しい感じですが、実際に素人が自転車でやると洒落にならんかも。

タイヤが小さい問題なのか、ちょっとした道路の傾斜で調子に乗るとバランスを崩し、
図らずもウイリーをしてしまうようなので、その辺は要注意のようです。

大きな坂よりも逆に小坂の方が侮って注意を怠るので、
これは肝に銘じておかないと悲劇の引き金になるやもしれません。

その後、途中、両国国技館前でタイミング悪く、相撲の終了時間と重なったようで、凄い混雑に遭遇。

国技とは言え、相撲は現在あまり流行っていない、ぶっちゃけ下火のスポーツと
個人的には認識していましたが、さすが国技の底力というべきか、
未だ(失敬)国技館付近は人、人、人で埋まる事にビックリ。

日本観光名所のひとつとして捉えているのか、外人さんも多かったです。

しかし今でこの混雑だったら若貴ブーム(過去過ぎて知らない人も多いと思いますが)の頃は、
どれ程凄まじいものだったのだろうか?

あの頃から今に至るまで一貫して相撲にはあまり惹かれない私には、知る由もないですが・・・

ちょっと相撲渋滞にアテられた事もあり、ニュー愛車達の写真も撮りたかったので、
近くの公園で休息を取ることにしました。

横網公園

「さすが国技館の近くにあるだけに、よこづな町公園か。」

と呟くと、

「・・・いや、よこあみ町公園だよ。(-_-)」

と相方。

よくよく見ると、確かに"綱”じゃねぇ。∑(゚∇゚|||)

いや、この立地、この漢字の雰囲気、普通”横綱”と思うだろ?!

しかもただでさえ判別しにくい感じを持ってくるとは、地域を上げての引っ掛けでしょうか?
(って、逆恨みだろ)

この横網町公園で、写真を撮りながらちょっと休んでいると、

5LINKS

年配の男性が5LINKSをまるで自転車以外の不思議な何かを見るような目で近づいて来まして、
「これ走るの?」と質問されました。

小径を乗っていると不思議な目で見られる事がありましたが(特に年配の方に)、
この自転車は更に普通の小径よりもタイヤも小さいし不思議な形状なので、
不思議に思う方もいるんでしょうね。

私も今でこそ完全に麻痺していますが、最初に小径に乗る人を見た時は、
大人が三輪車に乗っているような違和感を覚えましたもん。

まあ、一見、ゴールデンレトリバーとチワワは同じ種族とは思えないですが、同じ種族のように、
自転車の種類も本当に幅広いですね。

その後は、特に何事も無く浅草まで来まして、改めて「この後どうするか?」という話になりました。
いや、いつもはポタの為にメシを食ってんだか、メシの為にポタに行ってんだか、
わからないわが家ですが(つうか確実に後者じゃね?)この日は5LINKSの納入に
全ての思考が行っていまして、ポタメシ処を決めていなかったんですよね。

そこで結構どこにでもあるコーヒー店に入り、作戦会議を・・・

カフェ

しかしどちらかというと作戦会議というよりも、5LINKSの乗り心地等で(珍しく)話が弾み、
会議が長引きまして、外に出た時にはとっぷりと暮れていました。
(まあ、そもそも出発も遅かったのですが・・・)

ここまで暗くなるとライトなしでは完全に道路交通法違反。
でも私共はナイトライダーなので、こういう事だけは怠らずライトを持参して来ました。

私のルビーちゃんには、暫定的にクロスバイクのライトを持って来ましたが、
デザイン的にはルビーちゃんには、ちょっと合わないかも。

5LINKS

相方は、元々ミニベロ用に購入していた黒のライトがあったので、
それをそのまま持って来ました。

相方のミニベロには、私がミニベロにゴールドのライトを購入した時に、
元々ミニベロ用に付けていた黒のライトを押し付けたお譲りしたのですが、
それが質実剛健というか、クラシカルなミニベロに付けると微妙なデザインのライトなので、
相方も変えたいと思っていたらしく、何かのイベントでライトの安売りをしていた時に、
新たに相方のミニベロに合いそうな黒のCAT EYEのライトを購入してあったのでした。

ライト

しかし勿体無いお化けのささやきが聞こえたのか、単に面倒くさかったのか(おそらく両方)、
封も切らないまま、しまい込んでありました。

そのライトを今回、思い出し引っ張りだして来たのですが、
実際に取り付けてみると、これはメタゴローにピッタリ。

5LINKS

最初から、メタゴローと出会う運命のライトだったとしか思えない。

まあ、兄の婚約者が、その後弟と偶然出会い、すったもんだの末に弟の方と結婚する
というような昼メロ展開ですが、似合っているのでこれはこれでヨシでしょう。

ライトも無事完備し、これでナイトライドも万全なので会議で決定したお店に向かおうと思いましたが、
ふとお空を見上げると、なんか雲行きが怪しく、心なしか空気も湿っているような・・・

何せ昨今は先程まで晴れていたと思ったらいきなり暗雲が立ち込め、いきなりヒョウが振ったりする
「何してくれてんねん!」な天気も続きました。

確かに天気予報では降水確率はゼロに近かったはずだけど、天気予報が外れても、
納入ホヤホヤの新車が濡れても、誰も責任を取ってくれん。(当たり前ですが)

ということで、ポタメシは諦め、大急ぎで家に帰ることになりました。
が、その後、特に天候に変化はなく・・・
うーん、こんな事ならメシ食ってくれば良かった。(--;)

大急ぎで5LINKSにまたがり帰る時に、新たな事実に気づいたのですが、
なんと5LINKSは、ママチャリ乗りができるんです!

フレーム部分が低い設計になっているので、前から乗るママチャリ乗りも余裕でOK。
折り畳みは初なのでようわかりませんが、折り畳み自転車は総じてこういうものなのか、
それともママチャリのようにスカートでも気軽に乗れる事を想定しているのでしょうか?

でも、ここまでは気が付かず、いつもの癖で足を上げて後ろから乗っていました。^^;

一応、スポーツ自転車乗りの末席を汚しているレベルのダメダメ自転車乗りとは言え、
私にも自転車乗りの(無駄な)プライドがあるので、今後も華麗に後ろから足を上げて乗ろうと思いますが、
正直、歳のせいか疲れてくると足を上げるのが辛くなる時があるので、その時は・・・ゴニョゴニョ・・・
(って、自転車乗りのプライドはどうしたんじゃい)

そうしてなかなか快適な初回ライドで、今後の5LINKSの活躍に期待感で一杯になりつつ、
自宅に到着しましたが、到着と同時に相方が暗い声で、

「今後長距離を乗るとケツ痛がするかも。」

私はその点は鈍感なのか、今までクロスバイク、ミニベロのブルックスのサドルと、
あまりケツ痛を感じた事がないのですが、私よりもデリケート部分に敏感な相方は、
ケツ痛の予兆のようなものを覚えたようです。

確かにママチャリのように身体を起こす感じで乗るので、
臀部への体重負担は前傾姿勢になるスポーツ自転車より多いかもしれません。

とは言え、この自転車は特殊なタイプなのでサドル交換はできるのだろうか?

最悪、ケツ痛も修行のひとつと思い、耐えるしかないですね。(と完全にひと事)

さて、家に持ち帰る上で、置き場所をどうするかと悩んでいましたが、
自転車部屋予定地(現在物置)に所狭しと置いてある物を(横に)どかしまして、
取り敢えず置き場所を確保しました。

5LINKS

床保護の為にはダイエットコーラのダンボールを・・・
いつも箱買いしていて、鬱陶しく思っていたダンボールですが、役に立つ時もあるんですね。

結構コンパクトにまとまるので、1ダンボールに1台ですかね。
余裕を持たせて120×50のスペースで2台収まりました。

この暫定状況が、和室のようになし崩し的に5年近く経たないように、
早々自転車部屋を整備したい・・・とは思っています。(`・ω・´)ゞ

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事
スカイツリー間もなく開業
どうも、こんにちは。くろばいBです。

もうすぐ東京スカイツリー開業ですね。
関連商品もたくさん出ていますが、先日スーパーでこんなのを見つけました。

スーパードライ スカイツリーデザイン缶

「アサヒ スーパードライ 東京スカイツリー開業記念デザイン」

スカイツリーのイラストがあしらわれていて左右の色が違いますよね。
これ、同じものなのですが、温度によって色が変わるんです。
常温では左側のブルーなのですが、冷やすと右側のピンクに色が変わります。

スカイツリーのライトアップは「雅(みやび)」と「粋(いき)」の二種類のデザインがあるそうですが、
そのあたりともかかっているんでしょうか。

で、もうすぐ開業というスカイツリーですが、わが家からは比較的近いこともあり
定番のお気軽ポタスポットとなっているのですが、いつ頃から行っていたのかブログを遡ってみると…

東京スカイツリー

こちらは2009年3月29日時点の東京スカイツリーの様子です。
(そのときのブログ記事は→こちら

確かこの頃は見物に来ている人もほとんどいませんでした。
今やものすごい人出の観光スポットになりつつありますが、
いろいろな所から見えるので、スカイツリーそのものに行かなければ
さほど混雑していない周辺のスポットから楽しむのもいいんじゃないでしょうか。


ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事
5LINKS de 合羽橋ポタ
数ヶ月前より予定していた、母の70歳の誕生日記念の京都旅行ですが、
時の経つのは早いもので、とうとう出発が明日になりました。

昔からケツ・・・いや、失礼、デリケート部分に火がつかないと、
本気にならない質だった私は、昨日から京都の最終スケジュールの準備に追われています。

何せ今回の旅の相手は母。

まあ、旅の下準備、スケジューリング、手配等全て私が行う羽目になるのは、
母と行っても相方と行っても同じですが、現地では(さすがに)戦力となってくれる相方と、
現地でも完全戦力外の母と行くのでは、プレッシャーの度合いが天と地です。

齢70の母は100%ただ連れられて行くだけ状態なので、道に迷ってもトラブルがあっても、
まったく戦力として期待できないので、「まず迷ったり、トラブルが起きないようにしなければ」と、
念には念を入れてスケジュールしていますので、いつもより時間がかかりました。

それでもなんとかなりそうなまでに旅の準備も終わったので後は実践のみですが、
明日からの4日間、どうなることやら・・・です。

さて、そんな旅行準備真っ盛りの昨日ですが、お天気はめちゃくちゃ良く・・・
青空を見ていると「家にだけいるのは勿体無い」という気持になりまして、
途中、ちょっと切り上げて相方とポタに行くことにしました。

とは言え、あまり遠くまで行く心の余裕もなかったので向かった先は、
家から比較的近所にある「かっぱ橋道具街」

私、定期的に調理熱といいますか、料理熱が上がる時があるのですが、
腕・・・は残念ながらそんなに上がるわけがないので、
そんな時は、その穴を道具で補いたいと姑息な事を思うのです。

現在、丁度、料理熱が上昇してきまして、新たに欲しい調理道具があり、
その下見をしたかったので、合羽橋に向かうことにしました。

さて、先週、新たに折り畳み自転車である5LINKSを仕入れたわが家ですが、
合羽橋まで行くにあたり、普通に自転車で行くだけなので、
特に折り畳み自転車を使用する理由はなかったものの、

やはり新しい自転車は乗ってみたい。

それにメモリが少なくなっている脳ミソは、あまり間が空くと
せっかく脳ミソに押し込んだ(つもり)の折り畳み方法をメモリ不足で勝手に削除しかね無いので、
近距離ですがここは5LINKSを出動させることにしました。

部屋に折り畳んだ状態で置いてあった5LINKSは、このように引いて持っていけるのが、

5LINKS

5LINKS最大の利点であり、最大の魅力ですが、普通に分解して袋に入れる輪行に比べれば、
この運搬方法は結構楽チンな運搬方法だと思うものの、人間の欲望は際限がないもので、
「もう少し楽に運ぶ方法はないか?」というのを考えました。

そして(今のところ)5LINKS運搬方法、楽チンof the bestだと思ったのが、
引くのではなく、芝刈り機を操作するように押して運搬する方法です。

しかし元々トランクのように引いて運ぶという想定の自転車なので、
押して運ぶ場合は時々スタンンドが床に引っかかるのが難点でして・・・

スタンドを反対側に倒す(つまり通常の自転車状態だとスタンドを上げる)と
その辺の事は改善されるのですが、何せスタンドを上げた状態になるので、
置いておく事ができなくなり、置く時はまたスタンドを反対側に倒して・・・という手間が必要になります。

今後、この辺りが改善されると、更に運搬が簡単になるのですが・・・
引けるだけでも十分に楽なのに、人間って貪欲なものですね。

そしてそんなこんなでマンションのエントランスまで持って来まして、
ちょっとした横のスペースで組み立てようとしたところ、

・・・で、どうするんだっけ??(゚∇゚ ;)

予想通りと言えば、予想通りですが、相方も私も頭が真っ白け。

相手に対して探るような目をしながら、お互いにしばしフリーズしましたが、
さすがに先週覚えたものなので完全削除はしていなかったらしく、
頭のもやの中から薄っすらと記憶は蘇って来まして、その記憶を元にノロノロと
作業をするうちに、何とか自転車が完成しました。

本来なら4工程の5LINKSの組み立てですが、部屋に置いて置くだけなら何ら問題はないので、
1工程目の“ペダルを外す”と4工程目の“左ハンドルを外す”を省略しているので、
実質2工程のみとなります。

まだ慣れないので、5LINKSのHPにあるデモストレーションの映像の域には程遠いですが、
それでも最初の頃よりは、何となくコツがわかってきたかも。

やっぱりこういうのは、頭でなく体で覚えるというか、ようは場数っすね。

走り的には短距離だと特に問題ない、というよりも折り畳みというデメリット(?)を考えると、
逆に走る位の自転車なので、ポタ的には特にストレスもなく快適です。

ミニベロはドロップハンドルなので、どうしても前傾姿勢にならざるを得ないところがあり、
混雑している街中はどうしてもちょっと苦痛な時があります。(いい時もあるのですが)

それに比べて5LINKSはフラットなハンドルですので、街中は結構楽々。

調子よく走っている中、合羽橋へと浅草方面に向かっていると、
何故かいつもよりだんだん人が多くなってきて、中にははっぴを着ている人が・・・

そこで思い出したのですが、そう言えば三社祭りが開催されてるんじゃなかったけ?

完全よそ者の私(と相方)には、三社祭りがどういうルールで行われている祭りなのか
さっぱりわからないのですが、三社祭りは浅草近辺の町内会の神輿が一斉に出るとか、
そういう催しなんですかね??

それが三社祭りなのか、それとも三社祭りとは無関係でたまたまお祭りが重なったのか、
合羽橋まで行くすがらも、いろいろな町内会から担ぎ出されているお神輿を見ました。

私共が出掛けたのが遅かったので、担いで盛り上がっているというよりは、
一段落終えて、神輿を置きつつ、酒盛っている状態の方々も多くいましたが(笑)、
いつもの道が通行止めがあったりもあり、それを避けつつ少々迷いながら「合羽橋」へと到着。

合羽橋

ご近所の盛り上がりの中、ここのストリートは完全に通常モード。
いつもと変わらず外国からの観光客や通常の買い物客でそこそこ混雑しています。

今回は下見だけと決めていたので、合羽橋ストリートを往復する中で目的の調理用具を確認し、
そしてわが家のポタグルメへと行きました。

こちらは合羽橋の最寄り駅でもある「田原町」からほど近いカフェ「C*LAB PROJECT」さんですが、
なんと、東には絶対的に少ない小洒落たオープンカフェなんです!!

カフェ

三社祭りなので特別販売促進期間なのか、店頭で飲物やパンを販売されていまして、
そこにいらしたお店の女性が笑顔で「どうぞ寄っていって下ださい!」と、
積極的な呼び込みを繰り広げていらっしゃしまして、カフェという業界(?)にあまりない、
下町っぽさとの融合といいますか、その積極的な接客に好感が持てました。

お店はテーブル席が4席とあとはカウンター席が少々とあまり広くはなく、
テイクアウトのお客さんが中心な為か、最初にケーキと飲物を選び会計して後に、
席に着くタイプのお店です。(ケーキと飲物は運んできてくれますが)

ショウウインドウの中のケーキはどれも美味しそうだったのですが、
私はこちらの(選んでいる興奮で名前は失念しましたが)「イチゴのケーキ」

カフェ

相方は(こちらも同上の理由で名前は失念しましたが)「チョコレートケーキ」

カフェ

ひとつひとつの値段はこれまた失念してしまいましたが(って、失念の総合デパートやな)、
これにコーヒーをそれぞれ注文して全体で1,630円でした。

イチゴのケーキはオリジナリティーのあるデザインのイチゴのショートケーキをいう感じで、
チョコレートのドームケーキの方は、周りは高級なチョコフォーのような味、
そして中にカスタードのようなクリームが入っていました。

何せ貧乏舌なので、表現がイマイチで申し訳ないですが、美味しかったです。

そして旅の用意もプレッシャーとしてのしかかっているので、
その後は特にほっつき歩く事もなく、家に帰ってきました。

本当に短距離だったのですが、やはり相方にはクロスバイク以来のケツ痛の問題が出たようで、
今後もう少し長距離を乗る機会が増えたらサドル交換を考えないとならないかもしれません。

相方はクロスバイクのサドルとは相性が悪く、よくケツ痛に悩まされていたのですが、
ミニベロのブルックスのサドルと相方のデリケート部分とは相性が良かったようで、
ミニベロに乗ってからはケツ痛の悩みからは遠ざかっていました。

なので、サドルを交換するとしたらブルックスがいいとは思うのですが、
5LINKSに装着できるかなぁ・・・

まあ、今後の情勢を見て考えたいと思います。

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事
そうだ、京都に来ています
一時は天候が危ぶまれましたが、時間には雲の陰から太陽が出る地域も多かったようですね。

しかしそんな金環日食で日本が盛り上がる真っ只中に、私は京都に移動してきました。

基本、天文分野に興味の薄い私は、当初、この天文現象への興味もいまひとつだったのですが、
次に日本で見られるのはン十ン年後とか、いや、こんなに日本全国で広範囲に見られるのは、
ン百ン年後とか(って、到底この世にいねぇ)と聞くにつれ、なんとなく惜しくなり、
「一緒に盛り上がっておけばよかったかも」と後悔しています。

京都に到着したのは、午前11時頃だったのですが、その後、間髪入れずに、

鴨川の川床でランチ、


鴨川川床

京都ベタな観光スポット「清水寺」

清水寺

これまたベタな観光スポット「八坂神社」

八坂神社

更に更にベッタベタな観光スポット「銀閣寺」

銀閣寺

と巡って来ました。

お寺には事欠かない京都なので、今までは京都観光に来ると、あまりに貪欲に寺巡りに勤しむあまり、
家に帰ると印象がぼやけて、

「寺を巡ったのは覚えているが、どんなお寺だったかよく覚えていない」

という展開が多々あったのですが、今回の観光のコンセプトは“脳細胞に染み入るまで
ゆったりとひとつの箇所を巡る”なので、一箇所をじっくり巡った為、あまり場数はこなせませんでした。

お陰で、清水寺などは、いつも清水の舞台付近で引き返していたのですが、

「えっ?!清水の舞台から先、こんなに敷地があったの??(゚∇゚ ;)」


という位、グルッと周ることができました。

いやはや、清水寺はいつも清水の舞台でやり遂げた気でいましたが、
その先が長かったのですね。

ところで、清水寺の中には清水の舞台を過ぎた辺りに縁結びの神様が祀ってあります。
私が清水寺を訪れたのは、中、高校時代の修学旅行と、
社会人になってからの1回、計3回ですが、社会人になってから清水寺に来た時は、
丁度、バブル全盛期で、その当時若かりし私も縁結びの神様にお参りした記憶があります。

日本中が浮かれまくっていたその当時、確か縁結びの神様は、軽く引く程、
欲望のピンクやハートの看板や開運グッズで溢れかえっていた記憶があるのですが、
私の記憶違いなのか、それともバブルが弾けた後の不況の世相を反映しているのか意外にシック。

清水寺

母も前回、清水寺に来たのは、バブルが弾けた直後辺りの十数年前だったようですが、
その頃、独身だった兄と私の為に密かに参っていたらしく(なんかいろいろ心配かけてスマン)、
今回は(一応)兄も私も結婚し、本懐を遂げたので、お礼参りがしたいという事で、
この縁結びの神様にもお参りして来ました。

修学旅行シーズンだったので、縁結びの神様は「青春真っ盛り!」の若い中高生で溢れていたので、
数十年経ってからのお礼参りとは言え、私のような中年女子と母のような更に年配女子は、
ちょっと場違いだったような気が・・・^^;

また旅と言えば、異常なまでにご当地グルメに執念を燃やす私ですが、
しかし前回来た(バブルの)時はリアルに「ネットなにそれ?美味しいの?」の頃だったので、
京都グルメもひたすらガイドブックだより・・・

その結果、高額の上お味も微妙という、大人の事情で掲載したとしか思えないお店に行き、
後悔したりもしましたが、今回は前もってネットで口コミを調べまくり、
豆腐に京鴨にスイーツにと胃のキャパを超え京都グルメを堪能しており、
また明日からも観光の道すがらグルメを堪能する予定であります。

帰ったら確実に体重が増えていると思うので、怖いっす。

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事
【続】そうだ、京都に来ています
さて、母と京都に来て早3日目となりますが、昨日は嵐山を中心に観光してきました。

昨日は、まずは嵯峨野トロッコ観光列車に乗り、

035_R_20120523004338.jpg
(判りにくいですが、トロッコ列車の中からノ写真です)

保津川渓谷を見ながら「トロッコ嵐山駅」で下車。
(とは言え、トロッコ列車に乗りたいが為に、わざわざ嵐山の先の駅まで行って乗ったんですけどね)

その後、嵯峨野の「落柿舎」

京都

「祇王寺」とじっくりと時間を掛けて周りました。

京都

この苔が美しい祇王寺は、今年放送の大河ドラマの主人公平清盛公の元特殊関係人だった
元白拍子の祇王さんが、平清盛公が仏御前に心変わりした為、特殊関係を解消し、
出家して祇王さんの母君と妹君と移り住まれたお寺だそうで・・・

しかしその数年後、後任特殊関係人であった仏御前も平清盛の心変わりにより特殊関係を解消、
その後は、何故か元ライバル関係にあった祇王さん(とその母君、妹君)が住むこの祇王寺に、
仏御前も加わり、4人で暮らされたようです。

って、聞けば聞く程、スゲー壮絶な話っすね。
現在なら弁護士を頼んで訴えるレベルです。

しかし爽やかさの欠片もない元ライバルの女性同士が一緒に住むというのは、
心の狭い私には到底理解できないのですが、平清盛の被害者同士で気が合ったのでしょうか?

そして更に歩いて嵐山方面に行き「大河内山荘」を見学。

京都

この山荘は時代劇などで知られる俳優の大河内傳次郎氏が別荘として造営した回遊式庭園で、
30年間、映画出演料の大半を注ぎ込み作り上げた別荘だそうです。

私は大河内傳次郎氏の事をよく存じ上げなかったのですが、
母が言うには「顔を見れば判るんじゃないの?」という事でした。

そこで最後に敷地内にある大河内傳次郎氏の歴史感のようなものを覗いてみたのですが、
大河内氏のプロフィールを拝見すると、大河内氏は1898年(明治38年)生まれで、
1962年(昭和37年)享年64才で亡くなれたそうで、ちなみにデビューは大正15年だそうです。

・・・お母様、あなたは自分の娘を一体全体、幾つだと思われているですか?

大河内氏のデビュー年は、私は地上に存在しないのはもちろんの事、
お母様ですら生まれていないじゃないですか。(--;)

山荘は、さすが30年間のギャラの大半を注ぎ込まれたというだけあり、
殿でも将軍様でもない個人のお宅とは思えない広さと凝りようでした。

でも失礼ながら、こういう方とは友達には是非なりたいけど、配偶者となるにはキツイかも。^^;

その後の嵐山でのランチは、私が読んだどの京都ガイドブックにも載っていた
「松籟庵」さんで頂きました。

京都

が、こちらの松籟庵さんは、保津川に面した山の中にあり、
ちょっとしたトレッキングをしなければ辿りつけず・・・

そこまでの覚悟をしていなかった私は、酸欠になりながらも辿り着いたのですが、
その分、お店の席の窓から見える新緑の景色や保津川も良く、

京都

凝ったお料理もとても美味しかったです。

京都

食事の後は「渡月橋」に行き、

コンパクトな1両編成の嵐電に乗って、

京都

そして昨日の観光の〆は、京都に行った場合、ここに行かなければ後悔するであろうという、
王道中の王道観光スポット「金閣寺」

京都

ゴールド好きの私としては金閣寺を見ると、

「ヘンゼルとグレーテルがお菓子のお家を見つけた時は、
こんな気持ちだったかも
.*:.。.:*・゚(n'∀')η゚・*:.。.:*!

と思う位、心が踊ります。

でも実際に住むと防犯は一個小隊を配置しなければ、間に合わいないレベルだろうなぁ。
まあ、私ごときの超平凡人生では、外壁に金を使用するような家には
一生住める気がしないのでいいけど・・・

そして旅では地元の美味いものをできるだけ食べつくしたいという貪欲さゆえに、
転じてグルメ地獄に陥るのが、私プロデュースの旅行の最大の欠点ですが、
昨日も満腹で鳥肌が立ってくるほど、京都グルメを食べまくっています。
(いつも思うのですが、それって意味のある行為なのだろうか?)

しかし子供の私が悲鳴を上げるグルメ地獄に余裕でついてくる(どころか軽く追い抜いている)

アラセブの母(ちょっとどころではないぽっちゃりさん)の底力がすげぇ!

あれよ、あれよと京都旅行も今日と最終日の明日の2日間になりましたが、
明日の午後には新幹線に乗る予定なので、実質本日1日になります。

次はいつ京都にこれるかわからないので、胃にムチを打って食べまくろうと思います。
(返す返すもそれって意味あんのか?)

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事
そうだ、京都に行って来ました
昨日、3泊4日の行程を終え、無事に京都より帰ってきましたが、
マジに、リアルに、半端なく疲れましたーーーっ!!

元来方向オンチーの私が、知らぬ街を完全戦力外の母を案内しつつ巡るのは、
予想通り気疲れのする行為でしたが、はなから「精神的に4日も持たねぇ」と思っていたので、
京都滞在3日目の一昨日は、バスツアー会社に丸投げすべく、1日バスツアーに参加しました。

京都にはいろいろなコースのバスツアーがありましたが、母の希望を聞いて私がチョイスしたのは、
「比叡山、大原三千院コース(昼メシ付)」

一年中楽しめる観光地とは言え、どちらかというとシーズンオフの5月普段日の京都、
バスツアーも「大型バスに2人切りとかだったら気まずくて嫌だな。」と思っていたのですが、
その辺は要らぬ心配で、私共はあらかじめネットで申し込んでいましたが、
当日申し込みされる方も多いらしく、私共の申し込んだコースは、
大型バス2台がそこそこいっぱいになったのが驚き。

そしてバスガイドさんの独特の声色でのガイドを聞きながら、比叡山に到着。

よく「比叡山延暦寺」と聞きますが、この延暦寺というのは、ひとつのお寺をさして延暦寺というのではなく、
比叡山全域を境内とする寺院、つまり比叡山の中にある寺院は延暦寺の一部となるそうですね。

さすがに全ての寺院は回りきれんらしく、今回のバスツアーでは、比叡山延暦寺の総本堂である
「根本中堂」のみに案内されました。

京都

ここまで来て古い記憶が蘇って来ましたが、そう言えば中学の時の修学旅行では
来たことがあるような気がします。

何せあの時は冥土まで遠かったせいか、お寺のありがたみ等まるでわからない浅い子供で、
似たようなお寺ばかりに案内されウンザリしていたので、定かではないですが・・・

比叡山を開創した最澄さんが灯した炎を1200年もの間絶やしていないらしく、
大きなランプのようなものに入った1200年前からのありがたい明かりを
ガラス越しに微かに見ることが出来きます。

お坊さんが菜種油を継ぎ足し、継ぎ足し、炎を絶やさないようにしているそうですが、
何せ開創者以来、1200年も続いた灯なので、時が経てば経つ程、
プレッシャーが増しそうですね。

今の技術だと自動継ぎ足し機とかが作れそうですが、
それをやったら身も蓋もないでしょうし・・・

しかし不思議だったのは、そのありがたい炎が入ったランプが並んで3つもあるのです。

これは3つのうちのひとつでも消えたらアウトなのだろうか?
それともこれひとつが本物(?)であと2つは万が一の時のスペアなのだろうか?

それによってはありがたみも多少増したり減ったりするような気も・・・

そしてバスの出発時間までの間、土産物店にいたのですが、そこの扉にはこんなポスターが。

京都

(見えにくいと思いますが)「比叡山ヒルクライム」

なんでも今週末に比叡山でヒルクライムが行われるようですね。

ガイドさん情報では、山の下と山の上では気温が5度も違うという程、
バスで上がりながら来た道もヒルクライムというに相応しい道でしたが、
参加される方、がんばってくださいね。健闘をお祈りします。

比叡山で寄ったのはこの根本中堂のみで、後はバスの中からガイドさんの説明を受け、
観光した気になりつつ、大原に到着。

京都

大原に着くと、間髪入れずに料金に含まれている小洒落た小型の重箱に入った、
小洒落た弁当を食べ、自由行動で大原を散策しました。

京都

京都

この地域には「三千院」をはじめ何箇所かの寺院があるので、
時間内ならどう回ろうと個人の自由だったのですが、
最初に大原の超メジャー寺院「三千院」に行ったところ、

京都

これが庭も含めるとやたら広大で、

IMG_7626_R.jpg

京都

大原まで来ていながら結局は、もう一つ「宝泉院」という

京都

寺院の2つの寺院しか巡れませんでした。

こちらの宝泉院の方はあまり広くない寺院でしたが、窓が額縁のように見える額縁庭園が有名だそうで、

京都

JR西日本のポスターにも採用された事があるようです。

そしてパスツアー終了後は、京の台所とも言われている(らしい)錦市場を覗き、

錦市場

夕食はガイドブックにも載っていた人気のお店「光安」さんで頂きました。

タクシーの運転手さんも一瞬わからない位、街中に溶け込んでいる隠れ家中の隠れ家のお店。
あまりに探すのに一生懸命になり、見つかったらホッとしまして、
お店の写真を撮り忘れてしましました。

京都は目ん玉が飛び出る程お高い懐石料理がある中で、
こちらのお店の懐石コースはとってもリーズナブル、
人気のお店という事で早々から予約を取りました。

京都

京都

私の貧乏舌でもよく分かる丁寧なお味で、とっても美味しいお料理でした。

そしてついに最終日となった昨日は、午後3時頃の新幹線で帰る予定でしたので、
それまでの間、京都駅のご近所を貪欲に三箇所観光しました。

まずは「東福寺」

京都

こちらのお寺も見所満載のお寺で、室町時代に作られたという「三門」

京都

昭和の名庭園家重森三玲氏の作の庭園

京都

こちらのお庭は昭和14年に作られた庭園だそうで、それなりに古いと言えば古いのですが、
京都の歴史の中で考えると、ちょっと新し過ぎる感じですね。

そして「通天橋」

京都

紅葉のシーズンが一番のハイシーズンというだけあり、京都はどの寺院も名所にも紅葉が溢れていまして、
その京都においてもこの東福寺は紅葉の名所らしく、広い敷地内に数多くの紅葉が植えてありました。

特に庭から通天橋を眺める景色が有名のようです。
確かにこの青紅葉が染まっていたら、どんなに素晴らしいかと。

しかし見ていると、この時期でも赤い紅葉が何箇所か植えてあるのですが、
この際だから全てこの赤い種類の紅葉にしてしまえば、1年中紅葉の景色が楽しめて、
1年中ハイシーズンになるんじゃね?とか無粋な事を考えたりしました。

その後は、更に京都駅に近い「西本願寺」

京都

「東本願寺」と見て、

京都

東本願寺は阿弥陀堂が改装中でそこがちょっと残念。

・・・と最後まで満喫し新幹線で帰って来ました。

それにしても3泊4日を掛けて、こんなに回ってもまだまだ全然回り切れない
京都の名所と寺院の多さは改めてスゴイと思う。

人の足と牛移動が中心の時代に栄えた都なので、観光スポットから観光スポットまでが遠くなく、
凝縮されているのは、観光をする上では助かりますが、それでも歴史があるだけ見所は多いし、
ひとつの神社仏閣も広くて見所満載なので、じっくり見ようと思ったらとても時間が掛かります。

めちゃめちゃ歩いた為、(自転車が趣味と言う割には)普段の運動不足も祟り、
本日起きたら全身バキバキと鳴るような筋肉痛で、午前中は使い物になりませんでした。^^;

そして5月は修学旅行シーズンという事で、大勢の修学旅行生に会いました。

ン十ン年前の私の時の修学旅行と言えば、何台ものバスで連なっての観光がメインでしたが、
今の修学旅行は小グループ毎にタクシーで巡るのがトレンドなんですね。

確かに京都は狭い路地が多いのでバス何台もの大集団で行動するよりも時間のロスも少ないし、
詳しい案内はタクシーの運転手さんに丸投げできるので、いい方法なんでしょうね。

時代が変われば「修学旅行の方法も変わるんだなぁ」と感心しました。

しかし京都というのは、年をとって改めて巡ると品のあるいい街ですね。
今度はレンタサイクルを借りて巡りたいと思います。
(ちょっと坂が多そうですが・・・^^;)

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事
京都のお土産
今週末は全国的にいいお天気ですが、来週あたりから徐々に梅雨に入るみたいですね。

今年は桜の季節から全てが後ろ倒しで、梅雨入りも例年よりは2週間位遅れているようですが、
こんな全て後ろ倒し状態だと、今年はいつ帳尻を合わせるのでしょうか?

個人的には冬が短くなって欲しいですが、秋が割を食うんでしょうね。

今週末のお天気は「梅雨前の貴重な週末の晴れ」という天気予報の脅し忠告を受け、
昨日はわが家比でちょっと遠出をしてきました。

そんなポタをする週末は、どの道ポタ先でポタメシ三昧をするので、
出掛ける前の朝メシ(時には昼メシ)は「片道分のカロリーを摂取する作業のみ」という感じに、
かなり手抜きで済ませる事が多いのですが、今週末は先週京都に行って来たので、
そちらで購入してきたお土産で済ませております。

さて、京都のお土産の定番と言えば「八つ橋」ですが、
これは私が中学で初めて京の地を踏んだはるか昔からの定番中のド定番。

私も相方も八つ橋は大好きなので、もちろんこのド定番は外せないと思っていたのですが、
京都に行って改めて八つ橋売り場を見ると、

「そう言えば、これ関東でも買えるじゃん。」


という事に気付きました。

定番中の定番の悲劇と申しましょうか。
下手すると近所のスーパーで定期的に行われる「各地の土産物フェア」で、
八つ橋の定番ブランド「◯子」とか普通に売っているし・・・

なんか京都から背負っていくのが急激にバカバカしくなり、
「八つ橋は地元で買うか・・・」という事になりました。

そして物色末に購入した京土産その1は「麩まんじゅう(と生麸)」

京都

004_R_20120527123917.jpg

関東でも麩まんじゅうというのはチラホラとは聞くものの、麸菓子の乾燥した麸とは異なる、
もっちりとしたウエッティーなこの場合の生麸のお味が想像つかんかったので、食わず嫌いしていたのですが、
京都に行くと何かに付けて生麸を使った料理が良く出て来まして、

「自分、意外と生麸は大好物系じゃね?」


という事に気付かされました。
食わず嫌いは人生のお損ですね。

そこで前から気になっていたものの、手を出さなかった生麩まんじゅうと生麩を1本購入してきました。
生麩は田楽のように甘味噌で出てくるお店が多かったので、
フライパンで焼いて甘味噌を掛けて食べたいと思います。

更にお土産その2は「京ばうむ」

京都

抹茶と豆乳の2層味のバームクーヘンです。

京都

回りに抹茶チョコがコーテイングしてあり、なかなか美味しい和風バームクーヘンでした。

更に更にお土産その3は「お漬物」

京都

若い時に行った京都では、お漬物のありがたみはまったく感じなかったのですが、
この年に行くと「京の漬物はやっぱり美味い!」という事を初めて認識しました。

京都にはお漬物は山のようにあるようですが、さすが漬物が豊富な都市というべきか、
カボチャ等のアグレッシブな一品もあったりしたので、カボチャ好きの相方の為に買って来ました。
最初は瓜のような味がするのですが、最後にカボチャの味が自己主張しだして美味しいです。

そして最後は「アラビアの真珠」(というブレンドコーヒー豆)

京都

こちらは“京都の朝食はここ!”とガイドブックに載っていたので、そういった口コミや権威好きの私は、
早速踊らされ2日目の朝食に行って来た「イノダコーヒー」さんのオリジナルブレンドコーヒーです。

京都

イノダコーヒーさんは、長くご常連さんに支持される老舗の喫茶店らしく、
歴史があるだけに店内もレトロでいながら洒落た作りで、
「自分の街にもこんなお店があったら!」と思うようなそんな雰囲気のいいお店でした。

「京朝食」を頂いたところ、料理も美味しかったですが、コーヒーも凄く美味しかった。

京都

何せコーヒーをあまり飲まず、「コーヒーは何でも一緒」と豪語していた母が、
「ここのコーヒーが美味しいのは判る!」と言った位で・・・
お土産スペースに豆が売っていたので、帰りがけに思わず買って来てしまいました。

面倒くさがりの私は、普段はあまり豆をひかずパック式の(安)ドリップコーヒーを
某ネットショップで大量に仕入れて(大量に仕入れると安いから)飲んでいるのですが、
このコーヒーがある間は、ちゃんとひこうと思います。

しかし京都という土地は、観光も食べ物も年齢を重ねると共にありがたみの増す土地ですね。
また機会を見つけて旅行したいと思います。

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事
埼玉県推薦!草加せんべい松並木ルートポタ【前編】
先週末は、東京は土日ともいいお天気でしたが、
梅雨前線は日本列島にヒシヒシと近づいているらしいですね。

先週末を逃すと次の週末からは、梅雨前線の影響で天気が悪い方に転ぶ率が
多くなるという天気予報を聞き、初夏の最終チャンス的な気になりまして、
先週末の土曜日はわが家比で少々遠出に出ることになりました。

行き先は埼玉県「草加」

草加と言えば、煎餅と元宿場町で有名な街で、ちょっと前にわが家のポタ資料テレビ番組の一つである、
地方ローカル情報番組「アド街ック天国」でも取り上げられていました。

その放送を見て、新たに行ってみたいポタメシ系のお店もできたので、
ポタ先としては何度目かの訪問になりますが、この機会に草加の街に行く事に・・・

「女房と畳は新しい方がいい」という、「いやいや、それは旦那も一緒だろ」と、
女性の私としては突っ込みを入れたくなる諺もありますが、
本音を言えば、やはり何でも"新しい”といのは抗いがたい魅力があるもので、
ちょっと前にニュー自転車5LINKSを仕入れてから、特に折り畳みの用もないのに、
このところ毎回、5LINKSでのポタを続けてきました。

乗れば乗るほど利点を感じる5LINKSですが、自転車は乗ってやらんと劣化が早くなる気もするので、
そろそろミニベロも乗ってやらんとと思い、この日は久々にミニベロでポタにて向かいます。

さて、わが家から草加方面に出掛ける時に最もわかり易くはあるが、
最もストレスの溜まる道「国道4号」

普通車はもちろん、大型車の交通量も多い上に時々障害物(路停)はあるわで、
自転車で走っていると丸腰で戦場を走っているような気分になり、
私のような小物は、走るだけで寿命が数日縮まるような気さえする道です。

遠回りすれば迂回の道も幾つかあるんですが、それでも軽車両に属する者のプライドを持って、
いつかは堂々と4号の車道を走りきりたいと思っていました。

そんな熱いようなそうでもないような思いを抱いて、走りだした国道4号ですが、
今回も荒川の橋を渡ったすぐ後で挫折。
だって後ろから車はジャンジャン来るし、排気ガスは充満しているし、路停はあるし・・・

プライドより寿命の方が大事。
年齢的に後何年残ってんだかわかんないんだから・・・(ぼそっ)

という事で、微かな敗北感と共に、この日もあっさり途中から迂回路に逸れることになりました。

4号への嫌気のボルテージが頂点に達したところで、適当に免れた道なので、
方向音痴ーズの我々としては今後の行く末が不安なところですが、
今は方向音痴ーズの強い味方ポタナビがどこに逸れようと目的地への方向を示してくれるので、
迷うことなく第一の目的地に到着しました。

こちらが目的地である「Caf´egallery CONVERSION (カフェギャラリーコンバーション)さん。

草加カフェ

アド街でも紹介されていた旧日光街道沿いにあるお洒落なカフェです。
店内は今流行の古いお宅を改装した系の洒落たお店で女性客がほとんどでした。

このお店はホットケーキがウリという事で、私は普通の甘い系のホットケーキ、
相方は甘くない系というホットケーキを注文。
(まあ、どうせ分けることを強要されるので、どちらがどちらというわけでもないんですが・・・)

焼けるまでに結構時間が掛かりましたが、その理由は一目見て判明。

ホットケーキデカッ!!∑(゚∇゚|||)

アド街を見た時に映像ではその迫力がイマイチ伝わらなかったように、
写真ではちょっと大きさが伝わらないと思いますが、
一人分としてはド迫力な大きさのホットケーキです。

今回はある程度の情報は知っていたので昼メシ替わりとしてこのお店に臨みましたが、
「食後の気軽なおやつ」とか思って訪れなくてホント良かった。

こちらが(便宜上)私が注文の「抹茶のホットケーキ」(680円)

草加カフェ

抹茶生地のホットケーキに小豆とホイップクリームがトッピングされていて、
黒蜜を掛けて頂きます。

一応、大きさがお分かり頂けるように、スマホと一緒にも撮ってみました。

草加カフェ

こちら相方の「BLTCホットケーキ」(880円)

草加カフェ

こちらはベーコンとレタス、トマト、チーズが挟まったホットケーキを
サルサソースで食べる甘くないサンドイッチのようなホットケーキが半分と、
そしてもう半分がプレーンのホットケーキになっていて、
プレーンの方は、普通にシロップと生クリームを付けて、甘く食べられるようになっています。
ひと皿で二度美味しいという、相方が好きそうなタイプっすね。

ホットケーキはしっかりした食感のホットケーキで、かなり食べごたえがあり、美味しく頂きました。

先程、このお店が第一の目的地と書きましたが、実は第一も第二もなく、
この先の綿密な草加観光コースについては特にノーアイディアーだった私共。

スマホを持つようになってから「現地にいけば何とかなるだろ」という、
いい加減なポタが多くなりました。(--;)

そしてカフェで食事をしながら場当たり的にスマホで草加の観光地を探していると、
早速、草加市のHPに“自転車で観光”という、タイムリーなカテゴリーがありました。

草加

「まあ、一応最近は自転車観光がブームっぽいし、自転車と言えばエコっぽいし、
うちの市も取り上げとくか」的な企画だとしてもありがたい。

コース紹介を読んでみると、何でも埼玉県では平成22年に自転車に乗って、
歴史・文化・グルメや自然などが楽しめる100の「自転車みどころスポットを巡るルート」を選定したらしく、
草加市内では、草加駅西口の物産・観光情報センターから、旧日光街道、草加松原遊歩道、
東京外かく環状道路の側道などを経由し、さざん花通りまでを巡る約3キロのルートが、
「草加せんべい松並木ルート」として選ばれた・・・らしい。

草加

約3キロという距離は自転車で巡る事を設定しているとしては、やけに短距離なような気がしますが、
何せ県の中での有数の自転車スポットとして選ばれしルート。
(100ルートが多いのか少ないのかは謎ですが)その分密度の濃いコースに違いない。

というわけで、お役所主導のこのコースにこの後の草加観光を託す事にしました。

・・・続きます。m(__)m

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事
埼玉県推薦!草加せんべい松並木ルートポタ【中編】
草加まで来て食事以外はノーアイデアーだった私共は、草加市のHPにアクセスし、
草加市のお役所が推奨する自転車観光コースに乗っかってポタることにしました。

その(草加市推奨)自転車観光コースによると、このコースの出発地は「草加駅」

自転車で巡るという前提のコースなので、駅をスタートにしなくてもいいと思うのですが、
何でも草加駅には“物産・観光情報センター”があるらしく、
そこで更なる「草加の情報をGETしろ!(そして出来れば何か物産品でも買え)」という意図でしょうか。

カフェから移動し、お役所のおっしゃるとおりに素直に草加駅へと行くと、
物産・観光情報センターは、カフェのある東口とは反対側の西口にありました。

観光案内所

元、しょう油の街市の住民の私は、草加は東京に出る時の通勤途中の駅という位置づけで、
過去、通勤で毎日のように通ったことがありながらも、あまり降り立った記憶もないのすが、
一応、煎餅の町、そして元宿場町として観光にも力を入れているのか、
ちゃんと物産・情報センターがあったりするんですね。

中に入ると面積的には広い観光案内場でしたが、どちらかというと観光案内のスペースよりも
市民の方の活動のスペースに多く場所を割いているようで、
この日は市民の方(?)手作りのアクセサリーなどの手作り作品の販売場という体でしたが、
端の棚に草加の観光案内資料があったので、そちらを頂いて来ました。

資料

コースはスマホでわかるので、こんなに資料が必要かどうかは甚だ疑問ですが、
フリーペーパー収集家の相方は、こういった資料を見ると手当たりしだい持ってこなければ、
気が済まない性質なんですよね・・・(--;)

ところで、草加市の名を全国的に有名にした(と思われる)アイテムに草加煎餅がありますが、
この草加せんべいの歴史は古く、江戸時代に遡るそうです。

江戸の昔、日光街道沿いに茶屋を出し、だんごを商っていた「おせん」さんという女性いたそうで、
おせんさんの茶屋のだんごは美味しいと評判で人々に親しまれていたそうですが、
ある日、通りかかった武士に「団子を乾かし、延ばして焼き餅いしてはどうか」という
アドバイスを受け、その通りにやってみたらヒット商品になったそうな・・・

この話だとある意味、草加煎餅の創設功労者はこの武士ということになりそうですが、
元々、おせんさんが手堅い商売をしていなければ成り立たなかったので、まあ、いいか。

そしてありがちといえば、ありがちですが、そんな草加煎餅の祖であり煎餅の祖、
そしてある意味草加の祖とも言える(のか?)"おせんさんの像”が、草加駅にはあるらしく・・・

何故かそんな重要人物の像がお役所推奨コースには載っていませんでしたが、
今回頂いた観光資料の一つに載っていた(ところを相方が目ざとく見つけた)ので、
草加駅に来たついでに、そちらのおせんさん像も拝見していくことにしました。

資料によるとおせんさん像はカフェのあった降り口の草加駅東口にあるようですが、
先程、その場所を通ってきたにも関わらず、それらしい像にはまったく気づかなかったなぁ。そう言えば。

しかしそれもそのはず、

おせんさん

あまりに普通にベンチでせんべい焼いてるぅ!∑(゚∇゚|||)


とけ込みすぎて思わず見逃す自然過ぎる姿。

このベンチに座ると、おせんさんを囲んでの煎餅パーティーをしているような
シチュエーションが味わえるという趣向のようです。

おせんさん

何故かこんな素敵なパーティーに誰も参加していないのが残念ですが・・・

それにしてもこのおせんさん像を見て、ムクムクと疑問が湧いて来たのですが、
なんか江戸時代の人物としては、ファッションが最先端過ぎね?

どう見ても武士とかと時代を共有していないファッションだろ。これ。

その辺が気になったので、後で草加のHPに掲載してある“煎餅のルーツ”の説明を見てみたのですが、
そこには前記ようなおせんさんの説明の最後にこんな一文が・・・

“草加の観光マップなどで紹介されるこのお話は、実は昭和時代に作られた物語です。
では本当の歴史はどんなものだったのでしょうか。”

って、なんかめっちゃウヤムヤにして終わってるやん。(゚∇゚ ;)

どうやら煎餅の初めてというのは諸説あり、このおせんさんの逸話は草加出身の全国紙記者が
創作したという疑惑もあるそうな。

つまり市ではおせんさん起源は胡散臭いという位置づけなのでしょうか?

おせんさん像を見た後は、再びお役所推奨自転車観光コースに戻りますが、
推奨コースによると草加駅(の観光・物産会館)の後は、再び旧日光街道へと戻ります。

・・・まったく話が進まず申し訳ありませんが、続きます。m(__)m

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事


広告



カテゴリー

にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ
人気ブログランキング



プロフィール

くろばい

Author:くろばい
愛車ビアンキ・パッソ
【愛称:ビンちゃん】
愛車2ビアンキ・ミニベロ9
【愛称:ベロンチョ(ベロちゃん)】
激情にながされ1週間で購入に至る
愛車3ママチャリ
【愛称:ソルジャー・チャーリー】
現在自転車3台を所有。
あまりの自転車の増殖率に
恐れおののく日々。
これ以上、増えることはないと
思いつつも、自分が信じ切れない
今日この頃・・・。

相方(くろばいB)
愛車:RSR-4(ブルー)
【愛称:ルイちゃん】
愛車2:ラレー・RSW SPECIAL
【愛称:くろまるくん】
新たにミニベロを購入して、
自転車わが世の春を謳歌中。
自己開発のアンゴラダイエットの
お陰で(いまのところ)メタボリック
危険水域を脱出。
しかし現在、ポタ時はポタメシを
思いっきり解禁しているので、
リバウンドに王手か?



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



月別アーカイブ



カウンター



ブログ内検索



RSSフィード

  • seo



おすすめの自転車本

わが家の自転車メンテナンスのバイブル!





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。