クロスバイクを買っちゃうぞ!
初心者がクロスバイク乗りになるまでの軌跡
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スマートフォン用ハンドルバーマウント
どうも、こんにちは。くろばいBです。

梅雨ですが、今週は比較的天気がいい日が続きましたね。
昨日も雨が降らなかったので、週一ポタに行っておけばよかったのですが、
なんだか疲れが貯まっていたのか、ぐっすり昼寝をしてしまい、出かけられず…
今日は微妙な天気ですが、どうなることやら。

さて、以前からスマホを自転車につけて地図をナビ替わりに使えたらいいなと
思いつつ、相変らずの優柔不断ぶりでなかなか買えずにいるわけですが、
今度ソニーから「スマートフォン用ハンドルバーマウント」
発売されるようです。
私のスマホもソニー製なので、ソニーから出されるとなると気になりますね。

http://www.sony.jp/av-acc/products/SPA-HB10/

スマホホルダーは、以前調べたときに通信販売でかなり安く売られているものは
見つけたのですが、口コミによると落ちる不安があるらしく…

今回発売になるものはいわゆるフォルダー式ではなく、カバーにいれる形式のようです。
確かにこの方が安心感はありますね。

縦にも横にも取り付けられたり、カメラを取り付けるねじで三脚代わりにも使えたりするようです。

肝心な価格は「オープン価格」となっていますが、インターネット上の情報によれば
実売価格は4,000円前後とのことです。
う~ん、他のものに比べると若干お高めですかね。

7月21日発売とのことで、まずは実物を見てみたいと思いますので、
いずれにせよそれまでは今までどおり「ポタナビ」も活用しつつポタろうと思います。


ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト
クロモリ自転車の祭典『鉄祭り(てつまつり)』
あの手ごわかった自転車部屋の整備も終わりまして、
いつ新しい自転車を迎えても良い位の環境は整いました。

そもそもわが家は約5年前に、ひょん過ぎるきっかけから自転車を始めたのですが、
スポーツ自転車界は未知の世界だったので、まったくスポーツ自転車の事を
知らずに気持先行で始めたのですが、

自転車というのは、大量なお金がないと買えないんだ。

ということをすぐに悟る事になりました。
いや、ママチャリしか知らなかった時は、自転車は5万も出せば買えると思っていたので・・・

しかも自転車というものは、1台買えばそれでヨシというものでもなく、
用途や性能によって次から次へと何台も欲しくなる恐ろしい代物。

しかもうっかり一目惚れとかすると、矢も盾もたまらず欲しくてたまらなくなるものなので、
(私はビアンキのミニベロの時がそうでした)
株価を読んだりお馬さんの順位を当てたりする才能がまったく皆無な私は、
その時に備えて、地道に毎月「自転車貯金」なるものを始めました。

そして約5年も経てば、地味な自転車貯金もそれなりの成果も上げまして、
(途中、つまみ食い的に5LINKSも購入しましたが)
いつ次なる自転車に一目惚れしてもいい状態になりましたが、
長期貯金の末なだけに、そうホイホイと買えるもんじゃないと肌で実感しまして、
いろいろ迷いや気負いが生じ、なかなか次の自転車を買えずにいます。

というのも、貯金を始めた時は次に買う自転車はロードと思っていたものの、
自らのヘタレな自転車生活を垣間見るに至り、

私共はロードに乗るに相応しい人間なのか?

冷静に考えるとそうと思えないところが哀しい。

人生もどう転がるかわからないように、自転車生活もどう転がるかわからないもので、
思いもよらず、いつの間にかすっかりミニベロ乗りになっていた身の上なので、

その自転車資金は、憧れのミニベロ「アレックス・モールトン」に突っ込んじゃった方がいいのか。

とも思ってもみたり・・・

ブログでも再三申し上げてきましたが、アレックス・モールトンは私の憧れの自転車であり、
自転車人生の中で、いつかは欲しいと思っいた自転車です。

そのいつかが今であってもいいのではないか?

いやいや、その前にやはり一度はロードを経験してみたい。

2台ポーンと買える財力がない故に(相方の分と合わせると4台になるし)
心は千々に乱れており、次の自転車購入に向けて混乱を招いていたのですが、
先日、たまたまアレックス・モールトンのオーナーさんとお話する機会があり、
アレックス・モールトンを買う上で、私には大きな誤算があった事に気づく事になったのです。

アレックス・モールトンは(いつものように)視覚から入った憧れなので、
実情を何も知らなかったのですが、そのオーナーさんがおっしゃることによると、
なんと!私の身長ではアレックス・モールトンに乗るのは難しいらしいのです。

アレックス・モールトンはイギリスの紳士が乗ると想定している為なのか、
フレームサイズが大きく、158cmの身長の私が乗るのは少々無理が生じる・・・らしい。

今まで、女性としては特に苦労しないMサイズ人生を歩んできた私ですが、
こと自転車になると、サイズが合わない為に好きな自転車を購入できないという
苦労がついてまわっておりますが、まさかアレックス・モールトンもその対象だったとは・・・

ミニベロなんで、サイズは小さいものと勝手に思い込んでいました。

そんな乗る人間を選ぶ自転車を作るとは、おのれ、アレックス博士。

私の憧れを返せーーーーーっ!!ヽ(`Д´)ノウワァァァン!!(逆恨み)

とは言え、かなり無理をすれば、乗れないことはないのでしょうが、
わが家では私のクロスバイクが若干サイズが合わない為に、
何かとお蔵入りになっていまして・・・(汗)

サイズが違う不具合が身にしみている身としては、いかにデザインが素敵でも、
やはりサイズが合わない自転車を買うのは躊躇われます。

そこでアレックス・モールトンは諦め(生涯の憧れをこんな風に諦める事になろうとは、トホホ)
結果的に、次に購入する予定の自転車はロード一本に絞られた形になりました。

まあ、これは卵が先か鶏が先かと同じ話で、長距離専用の自転車がないから
長距離に行かないのであって、ロードを購入してみれば、
それに相応しいちゃんとした自転車乗りになれるかもしれませんしね。

しかしロード系にしてもどういった系を購入したらいいのか、という新たなる難題が・・・

個人的にはフレームが細いのが好みなので、見た目的にはクロモリの自転車がいいと思うのですが、
貧脚なのでカーボン系の自転車がいいかなぁと思ってみたり。

素材による利点、難点等の性能が正確にわからないド素人状態なので、
その辺も判断がつかない原因だったりするのですが、そんな時にある情報が!

クロモリ自転車の祭典『鉄祭り(てつまつり)』 というイベントが開催されるらしいです。

http://www.cyclisme-japon.net/modules/eguide/event.php?eid=757


この『鉄祭り(てつまつり)』とは、エキップアサダさんが主催される鉄<クロモリ>自転車を愛する、
または憧れるサイクリストのための「文科系お祭りエンデューロ」イベントらしく、
クロモリ自転車で森林公園のコースをエンデューロしたり、
伝説のクロモリビルダーさんがクロモリフレームの作り方から歴史、
為になる知識をレクチャーしてくれたりするイベントらしいです。

開催場所は、埼玉県にある国営武蔵丘陵森林公園
開催日時は、平成24年9月1日(土)
ちなみに参加費用は1名につき、7,000円だそうです。

エンデューロはクロモリを愛する気持があれば、クロモリ以外の自転車でも参加可能なようで、
わが家にも(というかおそらく多くの人間に)参加資格が与えられてますが、
個人的にはエンデューロ苦手なのでその辺が参加への最大のネックというか・・・
クロモリのためになる知識はお聞きしたいのですが・・・^^;

どうしようか迷っているところです。

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事
ハワイ一の朝食のカフェ開店記念ポタ【前編】
生きる上で、何よりもせっかくだからが優先されるせっかくだから教の相方さんは、
基本、休日のお出掛けは好きなのですが(なぜなら“せっかくだから”)
彼にもそれなりに寄る年波が忍び寄っているのか、先週末の土曜日は絶好のポタ日和にもかかわらず、
体がキツかったらしく、長時間のお昼寝を取っていたので、ポタに行くのを諦めました。

せっかくだから菌の最大の敵は老化なのかも・・・

それでもわが家独自のポタ規定によると、週一のポタは欠かせませんで、
ポタは翌日の日曜日に持ち越されたのですが、日曜日は朝から雨こそは降っていなかったものの、
いかにも梅雨空然としたヤバそうなお空模様でした。

そこでとっとと行って、とっとと帰ってくるという手段に出まして、
向かった先はスカイツリー・・・

って、またかよ。と思われていることでしょう。
正直、自分でも思っています。

自転車ブログからスカイツリーブログに宗旨替えしたんか?
(まあ、自転車ブログというカテゴリーにいるのも怪しい当ブログですが・・・)

という位、当ブログは最近スカイツリーネタで埋め尽くされておりますが、
この日は特別な日でして、相方情報によるとこの日は、なんとスカイツリーのご近所に、
ハワイで最も権威のあるグルメ賞「ハレアイナ賞」で「ベスト朝食賞・ 金賞」を獲得したというお店、
あの「カフェ・カイラ」さんがオープンするらしい。

・・・いや、正直、「カフェ・カイラ」さんというお店は知らんかったし、
ハレアイナ賞もどんな感じの賞なのか分かりかねるのですが、
国宝とか重要文化財とかモンドセレクション金賞とか、何かと権威的なものに弱い私は、
権威引力に引きづられ猛烈に興味をひかれました。

しかも日本初進出ということで、それなりに力を入れているのか、
小学校の教師からハワイ一の朝食のカフェオーナーに華麗なる転身をはかられたという、
オーナーのカイラさんも来日されているらしい・・・

お店を知らなかったぐらいなので、失礼ながらカイラさんも存じ上げなかったものの、
権威プラスオーナーさん来日の特別感にひかれ、何かとスカイツリー連続ではありますが、
この日もスカイツリー(近辺)のこのお店に向かうことになりました。

ただ、そんな有名店の開店ならさぞかしお客も殺到しているのでは?

ともちらりと思わなくもなかったのですが、

逆に開店直後なので知れ渡っていないので、
空いているということもあるかも。

いや、冷静に考えれば特に情報通とも言えない相方が知っている時点で、
かなり知れ渡っていることですが、その辺は自己都合脳で深く考えずに向かいました。

朝から小康状態を保っていたお天気ですが、出掛ける寸前のお昼頃も、
一応ヤバい空模様は変わらずに小康状態を保っていました。

しかし天気予報を見ると、時間が遅くなればなるほど降水確率が増していくようで、
雨に降られることが少々不安ですが、でもそんな時でも大丈夫、
わが家には急な雨天の強い味方、折り畳み自転車5LINKSがあります。

いや、もちろん自転車自体は別に防水加工とか濡れない魔法が掛かっているとか
いうわけじゃないんですが、いざとなったら折り畳んで公共機関で帰れるという意味で・・・

が、ない!∑(゚∇゚|||)


愛する私の5LINKS、ルビーゴルビーちゃんの右のペダルがないのです。

・・・そう言えば、2週間前に横須賀に行った時に、初横須賀ポタを敢行しようと、
車のトランクに5LINKSを2台詰め込もうとしたのですが、
結果、相方の5LINKS1台分しかトランクには乗らず・・・
そのまま相方の5LINKSのみを無駄に積んで行ったということがありました。

5LINKSを正式に(?)折り畳む時は右ペダルを外す仕様になっていまして、
この時も右ペダルを取り外して積載したのですが、自転車を部屋に持ち帰る時に、
この外した右ペダルの存在を忘れ、本体だけを部屋に持って帰って来てしまったのです。

その後、車に乗る機会はあったものの、その度にペダルを持ってくるのを忘れるという、
更年期あるあるを繰り返し、結局、相方の5LINKSは右ペダルを失ったままなのでした。

あれ?でも右ペダルがないのは、相方の5LINKSではなく、
何故か私のルビーゴルビーちゃんじゃん。(゚∇゚ ;)


「実は、先週一人ポタに出掛けた時にペダルがなかったので、
ルビーちゃんのペダルを借りちゃったんだよね。(テヘッ)」

と相方。

って、ルビーちゃんのペダルを奪った犯人は貴様かっ!!

いや、逆に相方の他には考えられないだろ。

こういう事ができるのは、同じ車種の強みですが、何となく複雑な気持になるのは、
私の心が圧倒的に狭いからなのでしょうか。

ここまで来て、車から持ってくるのはなんだし、それにここまで天気が持ってるんだから
行って(食って)帰ってくる位ならこのまま天気は持つだろうという根拠のまったくない自信もありまして、
結局、ミニベロで出掛けたのですが、この根拠のない自信が崩れ去るには、
そう時間がかからなかったのです。

「浅草通り」沿いにあるお店には、隅田川沿いのサイクリングロード(?)から向かいましたが、
隅田川では何やら船を使ったイベントが行わていました。

水上スキー

司会者と思しき女性の声のみが響いていまして、最初は「防災訓練かな?」と思ったのですが、
どうやら水上スキーの大会が行われていたようです。

よくアメリカのドラマには(CSIマイアミとか)こういうシチュエーション出て来ますが、
そこではノリノリの大音響の音楽の中で、水着ギャルの歓声に迎えられ、
細マッチョなイケメン風な男性が華麗な妙技を繰り広げたりしているのですが、
(そしてこの細マッチョの水上スキーに死体が絡まり・・・という展開が多い)
お国柄の違いなのか、この水上スキーの大会はあまりに奥ゆかしく、地味じゃね?

まあ、日本は狭い国土なのでノリノリの音楽とかは近隣住民のご理解が得られないのかも。

そして隅田川から浅草通りに入り、もう少しでお店に到着というところで
不吉なアレが上からポツッと。

・・・ポツッ?・・・って、雨ーーーっ?!∑( ̄ロ ̄|||)

なぜか根拠のない自信があったので、ポタ途中で雨が降ると思わなかったのですが、
お店まであと僅かなところで、雨が降って来やがりました。

空は明るい曇の部分と暗い曇の部分がマーブルになっていまして、
明るいマーブルの部分にハマれば止むかもしれませんが、
天気予報を思い出すと、それも期待できないような気が・・・

このまま引き返すべきか、どうしようか迷いつつも、自転車を止める決断もつかす、
気が付くと「カフェ・カイラ」さんに到着していました。



・・・続きます。m(__)m

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事
ハワイ一の朝食のカフェ開店記念ポタ【後編】
雨が降ってきたとほぼ同時に着いた目的地ハワイ一の朝食のお店「カフェ・カイラ」さんですが、
当たり前と言えば、当たり前過ぎる話、行列が出来ていました。

カフェカイラ

何故、「簡単に入れるかも」と思ったのか、思えばその方が不思議ですけどね。

お店の前と(写真には写っていませんが)道を空けて歩道の車道側に並んでいる人を合わせると
20人位の列に見えましたが、ちらりとお店を覗くと店内はそう広くなく・・・

ハワイの朝食というのは、作成も含めてどの程度の時間が掛かるのか読めないのですが、
この列がはけるのには、結構時間がかかるかもしれません。

「せっかくだから」が最優先する生き様の相方は、行列に並ぶのは特に苦になる人間ではなく、
(なぜなら“せっかく”来たんだから)元は「並ぶ位なら食わない方がマシ」派の人間だった私も、
日々相方と生活するうちにせっかくだから菌が空気感染しましまして、
今では並ぶことはそんなに苦行ではなくなってきました。

相方が習得している「辛い時は意識を一万光年先に飛ばして現実逃避する」という、
怪しげな術も習得しつつありますしね。

このまま並んでもいいのですが、ただし雨さえ降っていなければ。

並んでいる間に雨脚が強くなる可能性は多いにあるし、
意識を飛ばして現実逃避しても現実には自転車が濡れるでしょうしそれは困ります。

ということで今回は、ハワイの朝食を諦め、そのまま流れで近くにそびえ立っている
スカイツリーの横のソラマチに、またしても行く事になりました。

ソラマチだったら屋内駐輪場があるので、(取り敢えず置いてる時間内は)急な雨にも安心です。

まあ、帰る時に大雨になっているという自転車悲劇あるあるも考えられますが、
それはその時に考えるとして・・・

定位置になっている小径用の駐輪スペースも空いてまして、

ソラマチ

この小狭いスペースについでに作っておいたようなスペースが、
性格上落ち着くので空いていると嬉しいです。

駐輪場を見ると駐輪スペースがここ数回訪れた中で今までになくがら空きだったので、
ソラマチ(のレストラン街)も空いていると思ったのですが、
意外にもこちらは今まで訪れた中で一番混み合っていました。

今までに来た中で一番、お昼の繁盛期に近いせいもあるかも。

なので、以前来た時には、ガラ空きだったあんな店もこんなお店すら(って失敬だろ)
行列ができてるじゃん。∑(゚∇゚|||)

こんな大盛況のお店だらけの中で我々が目指したのは、讃岐うどんのお店。

というのもその讃岐うどんのお店は、相方が観ていた某お昼の情報番組で取り上げられていたらしく、
讃岐でも人気店の上に、なんと県外初出店のお店らしい。

権威にも弱いが、初とかいう希少価値にも弱い私は食いつきました。

ようは姑息にもハワイの朝食がダメだった場合の保険を掛けていたわけなんですが・・・

前にレストラン街に来た時のことを思い出すと、確かに讃岐うどんのお店がありましたが、
その時は、行列が出来ていないチームに属していたと記憶しています。

しかし行列の長さは違えども、どこも行列しているこの日のソラマチ(レストラン街)、
讃岐うどんのお店にもある程度の行列は覚悟して行ったのですが、

山田家

実際行ってみると、ある程度では済まない行列がっ!∑(゚∇゚|||)

テレビ効果でしょうか、それとも僅かな間にリピーター続出の旨さなのか?

行列の長さにビビりつつも、それでもレストラン街のどのお店もそれなりに混んでいるので、
ここは初志貫徹(って、ホントの初志はハワイメシですが)と最後尾に並んだのですが、
小耳に入ってきた店員さん情報によると、どうやら30~50分(なんか幅あんなぁ)待らしい。

その予想待ち時間の長さに更に怯みましたが、元来、うどんというのは
さっと盛ってさっと食べるイメージの食品。

30分というのも苦情対策の盛っている時間で、案外サクサク列は進むのでは?

と思ったのですが、期待するほど列は遅々として進まず・・・

空腹の中、意識を十万光年先に飛ばしながら待ったのですが、
結局、順番が来たのは店員さん予想を上回る1時間待ちでした。

いや、さすがに空腹時に1時間は、意識飛ばしの術を使ってもキツかった。
空腹のあまり時々意識が戻ってきて、列から逃げ出す衝動にかられましたよ。

なにはともあれ、ようやく入店が許されたこちら「山田家」さん。

山田家

このお店で最安値のメニューは「ぶっかけうどん」(500円)、
名物メニューは「ざるぶっかけ」(780円)のようですが、
「ここまで待ったのにそれで済ませてなるものか」というせっかくだから力が働くのか、
周りを見ると天ぷら付きなどのセットメニューを頼んでいる人が多いようです。

わが家と言えば、相方が名物という「ざるぶっかけ(黄卵付)」(830円)、
権威に弱い私は登録商標という(権威なのか?)「釜ぶっかけ(黄卵付)」(830円)を注文しました。

山田家

付属品をひとつにまとめるとこんな感じに・・・

山田家

ざるぶっかけと釜ぶっかけの違いは、麺とつゆがアイスかホットかなだけで、
絵的にはほぼ変わらないので、写真は釜ぶっかけだけで・・・^^;

が、私共にも当然、「あれだけ待ってこれで済ませてなるものか」という、
せっかくだから効果が働き、「おでん」(450円)と

山田家

焼鯖寿司(500円)も追加注文しました。

山田家

讃岐の出身ではない私共には「何故か」は分かりかねるのですが、
讃岐うどん屋さんにはよくおでんがセット販売されていますね。

豆腐と牛すじと関東人の私としてはあまり馴染みのないねりものと大量の淡黄色の物体に、
一瞬、「どんだけ辛子を盛るねん」と驚いたのですが、食べてみると酢味噌でした。
おでんに辛子酢味噌はちょっと新鮮。

讃岐うどんと言えば、個人的には胃が丈夫な人しか食すことを許されないレベルの
コシの強い麺をイメージしますが、こちらのうどんはコシが弱めで讃岐比で柔らかい麺。

胃の強化アイテムのような麺をイメージしてきたので、ちょっと拍子抜けしましたが、
この胃にやさしそうな(讃岐比)麺もこれはこれで美味しかったです。

この後にちょっと野暮用があった事もあり、即、家に帰りましたが、
何とか止んでいてくれてないかと思った雨も相変わらずポツポツと降り続いていました。

その後、普通の雨降りになっていったのでポツポツ状態で小康状態を
保っていてくれていたのは運が良かったのですが、塵も積もれば山となる感じに、
家に帰り着くまでには、結構濡れてしまいました。

わが家はその後の自転車のケアが面倒な為に、いつも雨にかなり警戒する方なので、
久々に雨に降られた気が・・・

家に帰った後は、車の修理の為に予約していたディーラーに出掛けたのですが、
(結局、診て貰った上で修理は見送りになったのですが)
私は基本車を買う時しかディーラーに行かない上に、車は乗り潰す方なので、
9年振りのディーラー訪問になります。

最近の車の販売店はファミリー層を呼び込むためにかなりサービスが変わったと
噂に聞いていましたが久々に訪れた販売店は、まるで「ファミレス?」という感じの
テーブルが並べてあり、案内されるなり店員さんに「お飲み物は何になさいますか?」と聞かれ、

「えっ?!これから修理するかしないかを決めるのに、いいんすか?」

と小心な私はビビりました。

確か9年前には、ご成約した時のみに自動販売機のコーヒーが
サービスされた気がするのですが、時代は変わるもんですね。

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事
限定ビールを飲んじゃうぞ!
昨日は、梅雨空で自転車に乗れないままに、しょう油の街市に移動しまして、
今日もいいお天気なのですが、しょう油の街にいる間は愛犬の世話が至上命令なので、
結局、自転車が乗れない状況にいます。

毎回、わが家の両親が恒例旅行といういつもの理由でしょう油の街市に
来る羽目になるのですが、しょう油の街市に滞在すると、大抵、夜は酒盛りになります。

普段は自腹なので酒量も制限させてもらっていますが、
(いや、もちろん健康上の理由もありますよ!ホントです!)、
実家へはわが両親の都合で相方に来てもらっている後ろめたさもあり(自腹じゃないこともあり)、
酒量のリミッターは特に設けておりません。

そこで大抵は、食事を済ませ、その後スーパーで酒を仕入れて家に帰るのですが、
昨日はこんなビールも買ってみました。



「GRAND KIRIN」(238円)

6月19日より全国の酒類取り扱いのセブンイレブンで発売しているキリンの新発売のビールで、
前々から飲んでみたいと思っていたビールです。

昨日は、1軒目のセブンイレブンでは売り切れ状態で売っておらず、
大雨の中、2軒目のセブンイレブンで残り2本だったところをギリギリGETしました。

キリンビール最大の麦芽使用量がもたらす豊醇なコクと深みのある香味と余韻を引き出す
「ディップホップの魔法」により、一本で満足できるスペシャリティ・プレミアムビールということで、
その魔法とやらの効力なのか、確かにスッキリしていてそれでいて深いような、地ビールのような
黒ビール(実際は黒ビールじゃないけど)のような不思議な味わいになっていて、個人的には好きな味です。

わが家の場合、量的に一本では満足できなかったですが・・・

このビールを飲む為に、いつもは外食するところをを取りやめて、家で焼肉をすることにしたのですが、
(外食すると私はその間飲めないし)ところで、自分の家では一般的な言葉だと思っていたのに、
「案外そうでもなかったのか?」と疑問に思うような言葉ってありませんか?

私と相方は同じ関東地区出身にも関わらず、それでも双方が発した言語に
「なんすかそれ?」と思う事があるもので、例えば相方の発した言語で
私が最大に引っかかったのは「すっぽこメシ」

例文としては、「今日はおかずがないからすっぽこメシでいい?」という感じで、
ご飯以外にめぼしいメインのおかずがなく、でもふりかけや漬物ぐらいならあるよ的な
ニュアンスの時に使うそうなのです。

相方の家では普通に使われていたらしく、当然、私に対しても普通に使ってきたのですが、
一般的な言葉なんですか?それ?

本当に神奈川地区の方言なのか、相方家特有の言語なのか未だに謎です。

そして私の方にもそんな言語がありまして、実家では昔から焼肉の事を
「ジューパー」と言っていました。

ジュージューパーティの略で、日本全国津々浦々、なんなら広辞苑にも載っているレベルの
当たり前の日本語言語だと思っていたのですが、最初に相方に「今日はジューパーにしない?」
と言った時、「なにそれ?」と返され、大きな衝撃を受けました。

改めて他の人に確認したことがないので、こちらも相方が知らなかっただけで一般的な用語なのか、
それともわが家だけのオリジナル用語なのか、わかりかねている状態です。

「うちもジューパーって言うよ」という方がいたら、ぜひご一報を。

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事
印旛沼ポタ&アジアンリゾート温泉【その1】

わが家では、入籍日、挙式日、披露宴日がそれぞれ別々の日に執り行われた為、
恥ずかしながら結婚関連記念日が1年のうちに3日もあります。

3日もあるとありがたみが薄れるのか、忘れているうちに過ぎ去る事も多く、
そもそも3日も結婚関連記念日があると鬱陶しいので、結婚記念日の債務整理といいますか、
どれかの日に1本化することも検討したのですが、記念日としてどの日も最重要と言えば、重要、
最重要ではないと言えば、最重要ではなく、結局、1本化も出来ぬまま数年経ちました。

そして現在、正直、結婚記念日自体はお互いもはやどうでもいいのですが、
「それにかこつけて何かしたほうが美味しい」と気づきまして、
今月5日にも結婚関連記念日の一つがあったので、相方は早々休みを取り、
ポタ&日帰り温泉へと行って来ました。

行き先は「印旛沼」

印旛沼には湖畔というか、沼畔のサイクリングロードがあり、
そこから近い印西にはアジアのリゾート地を思わせる優雅な「アジアンスパ」の日帰り温泉があるらしい。
そんな優雅なリゾート地が千葉にあったっけ?というのが、元千葉県民としては不安要素ですが、
まあ、千葉もアジアンだしな。

ポタで軽く清々しい汗を流したの後の癒しの温泉とは、
とかく普段は我慢が必要な結婚記念日に相応しい完璧なスケジュールです。

もちろん、温泉前のポタはこういう時の為にこそ購入した5LINKSで行いたい。

先日、横須賀に行った時は空間把握能力のミスからトランクに2台積載できず、
結果的に横須賀ポタはあきらめざるを得なかった為に、
今回が5LINKS初の車載出張ポタになります。

トランクに2台載らない場合、わが家の愛車は後部座席を倒して
後ろをフラット状態にすることができるので、そうすれば当然のように5LINKS2台入ると思われますが、
この後部座席を倒すという手間が心の底から面倒です。

せっかく楽に持ち運べる折り畳み自転車を購入したのに、
その手間が軽減されないのは惜しい。

何とか後部座席を倒すこと無く2台積み込もうと、1台は普通にトランクに、
もう1台を後部座席の足元に置けないものかと入れてみたところ、
入るか入れないかのギリギリな感じでしたが、何とか(無理矢理)IN。

印旛沼ポタ

キチンと入れるには微妙にスペースが足りてませんが、
いい具合にハンドルとかペダルとかが、車のどこか引っかかっていて、
フォールドされているので、まあ、いいか。

さて、千葉は全国一平均標高が低く、首都圏にありながら豊富な観光資源に恵まれている為に、
(千葉県曰く)サイクリングを楽しむ絶好な環境にあるそうで、
現在、千葉県は「サイクルツーリズム」を推進しているそうです。
(他にも多くの県や市が似たような事を推進しているけど)

まあ、全国一平均標高が低いのは、自転車の乗り方によっては、
けしてウリにならない場合がありますが、個人的にはそんなお前が好きだぜ、千葉。
さすが貧脚の私を生んだ故郷。

印旛沼は、北印旛沼と西印旛沼があり、その双方の沼の片側にサイクリングロードがあるようです。
車で行く場合は、この2つの沼の真ん中に位置する「双子公園」
車を停めるといいというネット情報がありまして、まずその双子公園をナビに入れてみましたが、
わが家のカーナビ子はすでにご高齢な為か(車自体も9年前に購入したので地図は更に古いと思う)
「双子公園」がナビ子の中には入っていませんでした。

うーん、つまりおそらく新しい公園だと思われますが、どのような公園なのか怖い気もする。
(特にトイレ的なものが)

というわけで双子公園を目指す前に、休憩と生理現象を収める目的の為、
先に近くにあった道の駅「やちよ」に立ち寄ることにしました。

希望では、8時頃にこの「やちよ」に到着する予定でしたが、
なんだかんだと八千代の時点で10時着。

印旛沼ポタ

・・・朝、6時に出れる人間に私はなりたい。

これでも8時半には家を出たので(いや、それじゃミラクルがあっても8時には着かんだろ)、
わが家的にはがんばった時間なのですが・・・

「道の駅やちよ」は、印旛沼から流れているのか、印旛沼へと流れているのかは
いまいち不明の川のほとりにあり、河川まで降りると、良い感じのベンチ等の休憩スペースもあるので、

印旛沼ポタ

ここでマイナスイオン多めの景色を眺めつつ、家から持ってきたサンドイッチを
遅すぎる朝食代わりに摂取しました。

印旛沼ポタ

河川にはサイクリングロードらしき舗装道路もあり、自転車で走る方々も見掛けたのですが、
これは印旛沼まで続いているサイクリングロードなのかも?

印旛沼ポタ

何せサイクルツーリズム宣言をこいちゃっている千葉県、横にもサイクリングロードがある道の駅と言えば、
サイクリングロードの(無料)資料等が当然存在すると期待し、道の駅の中にも寄ったのですが、
残念ながらそういったものは皆無でして・・・
自転車県として参入するには、その辺がツメが甘いぞ。千葉。

サイクリングロードについては、どのような道なのかよくわからないまま双子公園に向かいます。
まあ、わが家には、方向音チーズの伝家の宝刀スマホがあるからいいけど・・・

ナビ子の中にインプットされていなかったので、道の駅やちよから双子公園までは、
スマホのナビに頼りましたが、どうやら直線距離では9㎞程度にもかかわらず、
川が邪魔したり、田んぼが邪魔したりと何かと大回りを強いられ倍近くの距離が掛かり、
結局、予定は後ろに押しまくり、たどり着いたのは11時半になってしまいました。
 
印旛沼ポタ

しかし双子公園は、思った以上にコンパクトでして、一瞬、見逃がすかと・・・

サイクリングロードから流れで公園内に入ることが出来るのを見ると、
サイクリングロードありきで作られた公園なのでしょうか?

トイレや自販機は一応あるものの、全体的にガラーンとした印象ですが、
何故かそこにナウマンがっ!∑(゚∇゚|||)

印旛沼ポタ

なにせ、全体的にガラーンとしているんで、このナウマン象(の像)がやたら目立つのですが、
何でもこの辺りでナウマんで象の化石が発掘されたらしいです。
まあ、その理由以外でナウマン象像のある理由が思いつかないけど・・・

そんなシンプルな公園なので、駐車場も30台位のスペースがありましたが、ガラんガラ。

印旛沼ポタ

この日は平日ゆえにこんな状態で、休日はもう少し混み合うのかもしれません。

季節柄おたまじゃくしがカエルに変わるシーズン故か、駐車場裏の草むらの中には、
青ガエルがぴょんこぴょんこ何匹も跳ねていまして、

印旛沼ポタ

そんなのどかな中、自転車を組み立て、印旛沼サイクリングロードへと出発します。

・・・つづきます。m(__)m

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング


関連記事
印旛沼ポタ&アジアンリゾート温泉【その2】
印旛沼のサイクリングロードについては、幸いな事に双子公園に詳しいルートの看板があり、

印旛沼ポタ

起点は西印旛沼の先っちょである八千代から印旛郡栄町和田までと存外長い距離で、
地図によると沼の周りをグルッとサイクリングロードがあるわけではなく、
片側だけにサイクリングロードがあるので、どこに車を置こうと元に戻ってくるには、
同じ道を往復しなければならないようになっています。

現在、丁度真ん中に位置する双子公園にいますが、この後に控えるアジアンリゾート(in千葉)を思うと、
どうもこの全長を往復する時間があるように思えず、ここはかなりショートカットで北印旛沼エリアのみ、

印旛沼ポタ

しかもそれすら全行程行く自信がないので、長く延びた川の部分は省略し、純粋に沼畔部分と思われる
「船戸大橋」に至るまでをまず往復する事にしました。

時間があれば、その先まで行ってみたいとは思いますが、
自分の貧脚を知っているので、おそらくそれは望めないかと・・・

地図上では、サイクリグロードは沼に沿っているようなので、よくある水辺の道だと思い、
沼を見ながらのポタを期待していましたが、いつまでたっても沼がよく見えねぇ。

印旛沼ポタ

沼の横には洪水対策か、土手のようになっていてサイクリングロードはその土手の下にあるので、
ほとんど沼は見えず、沼畔だかなんだかかわからない状況です。
うーん、横はせっかく水辺の景色が広がっているのに惜しい。

しかも千葉の道にありがちなのか(江戸サイとか)、サイクリングロードは
草木がうっそうと茂りすぎていて、自転車を走らせていると時々茂みの中からカサカサと、
何かが蠢く不気味な音が聞こえてきます。

敵(ヘビ)か味方(カエル)か中立(トカゲ)がそれとも番外(妖怪)か、
茂っている中にはどんな生物が蠢いているのか謎だし、知るのも怖い。

※()内は私の個人的な感情からの仕分けです。

道は自転車が余裕ですれ違える位はあるのですが、何せ植物が道を侵食してるので、
若干、すれ違い難くはなっています。

まあ、平日ゆえかほとんどすれ違う人もいなかったので、いいちゃーいいのですが、
そんな緩んだ気持が災いを起こしたのか、ある事故がっ!

出発してまもなくの出来事、デジカメを上着のポケットに入れていたところ、
その上着のポケットが浅目にできていまして、漕ぐ度に刺激され上に上がってきたらしく、
限界が来た時点で突如ポケットより落下しました。

本当に他人様が居ない場所で良かったです。

が、他人様とは言い切れない相方が、丁度、後ろから走ってきていまして、
デジカメの上を思いっきり通過しました。

実はこのデジカメ購入した直後にもアスファルトの上に思いっきり落としましたし、
自転車で走っている時に落とした事も一度だけではなく、
記憶が正しければ実は2度ほど・・・ホントすみません。 (大汗)

幸いいつもそんなにスピードを上げて走っている時ではないのですが、
上から落下した衝撃とそれなりの加速が加わり、デジカメには大した衝撃を与えたようで、
内臓(電池とメモリーカード)が飛び出た事もありました。

その惨状に頭の中ではデジカメ買い替え予算の捻出を計算したりしたのですが、
確認するといつも何故か無事でして・・・

未だ一度も修理すること無く普通に使える状態になっています。

ホント、すげぇぜ。Canon。いや、Canonのアニキ。

この時点で一生付いて行こうと思ったのですが、さすがに今回は・・・
落とした上に相方が(自転車ごと)踏んでいるし・・・

お亡くなりになっても不思議はないと恐る恐る拾い、電源を入れてみたのですが、
落ちて踏まれた事がなかった事のように、通常通り作動。

って、カメラ界のGショックかよ。

確かカメラって精密機械の部類だと思っていたのですが、
それは20世紀までの話なのでしょうか。

ナウマン象が踏んでも壊れなさそうで、ここまで来るとなんかこのカメラには
種族を越えた(って越えすぎだろ)敬愛の念らしきものが生まれてきました。

そして何事もなかったように、相変わらずなサイクリングロードを進んでいくと、
サイクリングロードの中のところどころの草むらに埋もれて、
「金メダルジョギングロード(尚子コース)」という看板がありました。

印旛沼ポタ

どうやらサイクリングロードの一部は、高橋尚子さんが練習に使った事のあるコースのようです。

ちなみに金メダルコースには、尚子コースとは別に裕子コースもあり、
こちらは有森裕子さんが練習に使われたコースと思われます。

そして特に変わり映えのない道を更にしばらく走ると、
対岸に千葉でありながらオランダチックな風車が現れます。

印旛沼ポタ

おお、あれが噂に聞いていた風車か。

ここまでは特にランドマーク的なものもなく、景色も変わらず、何となく中だるみ状態にあったので、
ランドマーク的なものを見つけると、気分が変わって嬉しい。

サイクリングコースはこのまま小さな「名喰戸橋」と

印旛沼ポタ

大きな「飯野竜神橋」を連続して渡り、風車のある対岸へと渡ります。

飯野竜神橋の上からは眺めもよく、西印旛沼を一望出来たので、
こちらで5LINKSの初ポタの記念写真を・・・

印旛沼ポタ

竜神橋というだけあって、橋の真ん中には竜の首が。

印旛沼ポタ

ここから見ると意外に大きな沼ですが、

印旛沼ポタ

サイクリングロードを走行中は、この沼がほとんど見えないのが残念。

橋を渡ると程なくして、風車がある「佐倉ふるさと公園」へと着きますが、
せっかく風車があるのだからオランダ的何か(オランダ的飲み物とか食べ物とか、イベントとか)
を期待したのですが、特に(オランダ的でないものも)何もなく・・・

印旛沼ポタ

季節が合えば、チューリプが咲き乱れていたかもしれませんが(想像)、
残念ながら季節柄それもなく、この時点ではただデカい風車のある休憩スペースという感じの公園でした。

ただ公園の横にはお店があり、オランダ的な物を販売しているかは不明ですが、
レンタサイクルを貸し出していました。

印旛沼ポタ

さすがツーリズム宣言(の千葉)。

ちなみにレンタサイクルのお値段は9時~16時までで1回500円とのこと、

印旛沼ポタ

貸し出し自転車は普通のママチャリっぽいですが、(自称)レンタサイクルニスト私の経験から換算すると、
なかなか安価なお値段ではないでしょうか。

多少割増料金になりますが、1000円で電動自転車も貸出してくれるようです。

こちらのお店で多少休憩して行きたい気持ちもありましたが、
まだわが家的折り返し地点の船渡橋までをも到着しておらず、
このままでは、アジアンリゾート温泉タイムが短くなるので先を急ぐ事にしました。

・・・続きます。m(__)m

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事
コンビニスイーツ食べちゃうぞ!
どうも、こんにちは。くろばいBです。
今日から三連休ですね。

くろばいのポタ日記の途中で恐縮ですが・・・

わが家では、飲み会に行ったら帰りに「貢ぎ物」(おみやげ)を買って帰るのが
暗黙のルールというか掟になっています。
が、先日の飲み会では少々飲みすぎてしまい、気が付くと手ぶらで家に帰っておりました。

いつも貢ぎ物の定番は「コンビニスイーツ」で、
あまり代わり映えしないこともあるので期待されないことも多いのですが、
その日はテレビで見たあるデザートがどうしても食べたい気持ちになっていたらしいのです。

そんなところに手ぶらで帰ってしまうとは、なんたる失態!

ということで翌日は忘れずに買ってきました。
こちら「純生クリーム大福」です。



生クリームと小豆のバランスがよく、確かになかなかうまい!
普通大福というとこしあんかつぶあんが1種類入っているものですが、
こちらの大福は、つぶあんゾーンの上に食感のある煮小豆がのっていて、
真ん中に生クリームが入っているという、あるようでなかった新食感でした。
煮小豆を入れるというのが秀逸ですが、コンビニもいろいろ開発の努力をしているですね。

で、食べながら「そういえば横に麩まんじゅうも売ってたよ」と話した所、
京都旅行で生麩にはまった(らしい)くろばいに「それも食べたかった!」と言われてしまいました。

まあ、確かに私も食べたかったので、さらに翌日またまた買ってきました。
「笹の葉で包まれた麩まんじゅう」



いわゆる本場の麩まんじゅうと比べると「麩」のクオリティが若干劣りますが
(まあ値段の差があるので仕方ないです)これはこれでおいしいです。

本当にコンビニスイーツはバラエティ豊かで質も高くなりましたよね。
これからもどんどん開発していって欲しいものです。


ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事
印旛沼ポタ&アジアンリゾート温泉【その3】
3連休に突入しましたね。

それにしても暑いっ!!

今年は「日本の夏、節電の夏」をテーマにしているわが家は、
実は昨日までクーラーをつけずに暮らしてきたのですが、
さすがに昨日の夜はクーラーをつけてしまいました。

・・・なんか負けた気がする。

今までクーラーをかけていなかったお陰で、無駄な敗北感を味わってしまいました。

こんなわが家が言うのはなんですが、あまり暑いのを我慢すると熱中症に
なってしまうようなので、皆様も気をつけて下さいませ。

ちなみにクーラーをつけた時の電気代は、頻繁にクーラーをつけたり消したりするよりも、
比較的に高めの温度設定で(28度位)ずっとつけっぱなしにした方が安いと聞きます。

見えない物への金銭を抑えがちなわが家がは、電気代が惜しい為に、
ある程度冷えたら節約の為にエアコンを切り、また暑くなったらつけるを繰り返していたのですが、
それはダメダメ節約法と知って愕然としました。

そんな事をする位なら朝からずーーとエアコンをつけっぱなしにした方が、
電気料が少ないらしいのですが・・・ホントかよ。

もし誤りだったら翌月の電気料を見て呼吸困難に陥りそうで、怖くて試せないでいます。

そして話は唐突に変わって恐縮ですが、「印旛沼ポタ」の続きを・・・

ちなみにその1は→こちら、その2は→こちらになります。

***************************************

佐倉ふるさと公園からは、特に変わり映えのしない茂った道を走り、

印旛沼ポタ

およそ3㎞位で折り返し地点に設定していた「船戸大橋」まで到着しました。

この車道を渡れば、まだまだサイクリングロードは続くようですが、

印旛沼ポタ

次なるアジアンリゾートの時間も取りたいので、そこは進まず、
当初の予定通りにここで折り返す事に・・・

サイクリングロードは沼の片面にしかありませんので、サイクリングロードを走ろうとすれば、
今来た道を帰るしかないですし、元々はそうするつもりでいました。

が、元来私は同じ道を引き返すのが嫌い。

その弊害として道を誤っても引き返すのが嫌い故に別の道を模索し、
(相方を巻き込み)更にドツボにはまったりしていますが、
それが私の生き様、my wayなのです。(開き直った)

まあ、来た道が絶景ポイントならば生き様を曲げる事もやぶさかではないのですが、
沼も良く見えない道だったしなぁ。

タイムリーな事に、ここ船戸大橋のたもとには公園があり、
来た道を帰らないで済むルートをスマホで模索する為、
この公園に寄ってみました。 

印旛沼ポタ

この日は蒸し暑くかなり体液を消耗したので、体液補充の水分はないかと思ったのですが、
公園の名前の看板とその名前が由来と思われるカッパ像が置いてあるだけの、
ガラーンとしたいまいちコンセプトが掴み切れない公園で、

印旛沼ポタ

飲物らしきものもなく、体液補給はできませんでしたが、
取り敢えずベンチに座り今後の対策を練りました。

しかし夢のない大人の私には理解できないが、何か可能性を感じられる河童像のペイントは、

印旛沼ポタ

おそらく地元の小学生がペイントしたのでしょうか?

とか言って、地元の著名な芸術家が作成した作品だったらどうしよ。

さて、スマホで来た道以外の道を検索すると、当たり前と言えば、当たり前な話、
沼の対岸には一般道が存在し、サイクリングロードとは違い沼のすぐ横を走る訳ではないですが、
概ね沼に沿うようにして一般道が走っているらしい。

一般道と言えば、車も走っているので断然サイクリングロードの方が走り易いに決まっていますが、
そこはmy way、道を戻りたくない一心で、そちらの一般道を行く事にしました。

早速、対岸を渡る為に、船戸大橋を渡ります。

印旛沼ポタ

対岸の道で心配なのは車の多さでしたが、まったくとは言いませんが、
幸いな事に(というかいつもの事なのか)あまり車は多く走っておらず・・・

印旛沼ポタ

ここで一句、“一般道、車が来なけりゃ自転車道”

田園風景が開けていて、目に優しく色もよい気持のいい道です。

この辺りは紫陽花道らしく、ところどころに紫陽花が植えてあり、
あからさまに終わりかけだったのは残念ですが、季節が合えば綺麗だろうと。

そして暑さで体液が蒸発しきって限界な時に、桃源郷とも言える、
こんな場所を見つけたので、一時休憩しました。

印旛沼ポタ

生き返ります~

印旛沼ポタ

目的は飲物用の自動販売機でしたが、そもそもここの目的は卵の自動販売らしく、
独自の卵用自動販売機には、高価な卵からリーズナブルな卵まで、卵が並んでいました。
 
自転車でなければ、買って帰りたかったのですが、
さすがに割れ物なので、それは断念しました。
リュックの中で割れたら悲惨では済まない状況になりそうですし・・・

体液補給の後は、同じ道を順調に走っていましたが、
そのまま行くと双子公園へは、無駄に遠ざかるという事で、
途中で、もう少し沼に沿った内側の道に入り起動修正。

印旛沼ポタ

こちらは更に田園度が増し、走りやすい道でした。

印旛沼ポタ

田んぼには白鷺が何羽もいたりして、

印旛沼ポタ

のどかな田園風景を走るうちに、
頭の中はマイナスイオンでいっぱーい。\(^o^)/

実家にいた頃は、このような田園風景は車でちょっと走れば気軽に見られたのですが、
東京に引っ越してからあまりこういう風景を見ることがなく・・・
元々田舎育ちの私としては、最近緑色に飢えているようで、こういう風景を見ると
脳内の癒し成分が分泌され、ナチュラルハイになり、楽しくバードウォッチングをしているうちに、
気が付くとなんと!ナウマン象が見えるではありませんかっ!!

えっ?!もう双子山公園に着いたの??∑(゚∇゚|||)

意識がいっちゃってたんで、このところになかった楽なポタだったかも。

双子公園へ行くには最後に双子橋を渡りましたが、

印旛沼ポタ

こちらの橋のテーマアニマル(?)もナウマン象でした。

印旛沼ポタ

このナウマン象押しはどうやらこの狭い双子地区だけのようなので、
老婆心ながらもう少し広い範囲で押して行ったら如何でしょうか。

「ナウマンの街」とか・・・
まあ、それで街が栄えるかは別の話ですが・・・

この日、走った距離は15.5㎞、意外と走ったような、然程でもないような距離です。

しかし15㎞でケーキ一個のカロリーしか消費しないのは、
あまり知りたくなかった真実のようです。

印旛沼ポタ

そしてこの日のコンセプトの半分であるポタを終えまして、
この期は、癒しのアジアンリゾート(in千葉)ですが、
実はアジアン料理食べ放題ビュッフェがあるらしく、
そのランチ時間に間に合いたいという野望を持っていましたので、
大急ぎでアジアンリゾート温泉がある印西に向かいました。

・・・続きます。m(__)m

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事
印旛沼ポタ&アジアンリゾート温泉【最終回】
ポタを終えて向かう今回の第二の目的地は、千葉県にありながらも
本格アジアンリゾート気分が味わえる(らしい)日帰り温泉らしく、
コンセプトは「日本のどこを探してもなかったアジアンリゾート地を
思わせるような非日常な癒しの“アジアン・スパ”」

元千葉県人、心は今も千葉県人の私としては、

千葉にアジアンリゾート的な土地なんてあったっけ?

とそのコンセプトに若干胡散臭さを感じないではありません。

具体的には、日本の温泉ならではの安らぎ、韓国のサウナならではの安らぎ、
バリの屋外プールならではの安らぎ、タイや南国リゾートのマッサージ&エステならではの安らぎ、
そしてアジア各国ならではの健康にも良いヘルシーで美味しい料理・・

だそうで、「って、どんだけ“ならでは”やねん」な“ならでは”づくしの
アジアのいいとこ取り温泉施設のようです。

HPのイメージの画像(絵)を見ると、確かにアジアンリゾートチックな施設のようで、
東京からだとろくに高速代も使わないで行ける千葉にいながら、
リッチなアジアンリゾート気分を味わえるなんて、疑問に思いつつも期待しました。

まずは、アジアン各国ならではの健康にも良い(らしい)ヘルシーフードとやらを頂こうと、
ランチタイム(食べ放題)が終わらないうちにと急ぎます。
まあ、ヘルシー料理でも食べ放題な時点で「ヘルシーなのか?」という疑問はさておき・・・・

施設は千葉県印西市にあり、元千葉県民の私もあまり来たことがないエリアなのですが、
最近かなり開発されているようで、この施設がある通りは、
「大型ショッピングモールの見本市かよ」と思うほどに大型ショッピングモールが幾つか並び、
かくいうこのアジアンリゾート温泉施設もその数カ所に点在していたショッピングモールの一つである
「牧の原モア」というショッピングモールの中にありました。

牧の原モア自体はよくあるベタな(失敬)ショッピングモールで、
おおよそここでアジアンリゾート気分が味わえるとは思えない雰囲気なのですが、
そのモール内の一番端に「ヒーリングヴィラ印西」はありました。

温泉

外観は「アジアンと言えば、アジアンなのか?」という感じでしたが、
一歩、施設内に入ったところ、考えてみれば、私は本場のアジアンリゾートを味わったことがないので、
本格的な事はわからんのですが、規定上でのアジアンリゾート的な雰囲気は味わえます。
高級アジアンリゾートかどうかは別として・・・^^;

入館料及び、レストラン等の施設で利用した料金は一括後払いになるようで、
アジアンリゾートな制服の受付嬢に館内着とバスタオル、タオルの入った一式温泉セットを渡され、
まずは温泉に入る間もなくレストランへと向かいます。

ランチビュッフェの受付は14時半まで、時間的にはギリギリであせったものの、
何とか滑りこむ事に成功。

90分制限1,500円の無制限取放題ランチですが、料理は確かにアジアン風と言えば、アジアン風、
何でもありと言えば、何でもありな料理で、

温泉

お味的に考えると、物に寄ってはなかなか美味しく、物によってはがっかりテイストもあり、
プラマイ0で総合的には、まあ・・・普通。

デザートもこんな感じで、

温泉

こちらのココナツバナナ汁粉という、

温泉

実際にどこかの国の郷土料理なのか、それとも創作料理なのかわからない代物と、
杏仁豆腐は美味しかったですが、がっかりテイストのものと味的に差がありまして、
デザートも結局プラマイ0というか・・・

まあ、そのプラマイ0感はどこの食べ放題に行ってもあることなんですが・・・

しかしいつも不思議に思うのですが、食べ放題でのカレー(特に普通の日本式カレー)が
やたら美味しいのは何故でしょうか。(こちらのお店でもカレーは美味しかったし)

あまっても次の日に回せるし(つうかむしろよく煮込んでいるとありがたがられる)
材料も原価的に安く済みそうなので、美味しく作ってカレーでなるべく腹いっぱいに
させてしまおうという、お店側の黒い作戦でしょうか?

そんなランチを終え、いよいよ期待のアジアンリゾート風温泉ですが、
日本に他にないかは別として、確かに個人的にはあまり見たことがないアジアンテイストな温泉かも。

1番大きな風呂を含めすべてが開放されており屋内風呂がない設計で、
南国リゾートらしい何とも開放感のある空間になっています。

しかし夏の今だからこそ、まったく困ることなくこの開放感が味わえますが、
如何に南国風に作ろうと日本に限り冬は訪れると思いますが、冬はどうすんだここ?(゚∇゚ ;)

一番広い風呂が屋内に設置されているので(扉はないけど)
冬は全体的に扉(というか透明な壁?)を取り付けるのでしょうか?

比較的大きな風呂が2つある以外は、瓶風呂のような一人で入る風呂や、
2~3人の少人数で入れる風呂などもあり、なかなか楽しいです。

温泉施設自体は全体的に大きいという程ではないのですが、平日の中途半端な時間だったので、
入っている人が然程多くなく、10人弱程度だったので、いろいろな風呂が楽しみたい放題でした。
(相方が言うには、男湯も同じような状況だったようです)

特に一人で入れる“ガセボ風呂”という名の瓶風呂が気に入りまして、
施設自体も天然温泉でしたが、ガセボ風呂は源泉かけ流しで、
瓶に絶えず源泉と思われるお湯が流し込まれていたのが良かったです。

こちらの天然温泉の温質は、塩化物強塩温泉”だそうで、
しかしどこでも掘れば温泉が節操なく出てくる時代になりましたね。

温泉を満喫した後は、相方の強い希望を受け入れ、バリ風というプールに移動。

正直、私はプール自体はどうでも良かったのですが(水着に着替えるのが面倒だし)
こういう施設は全て満喫しておかなきゃ気がすまないという、せっかくだから病の相方を説得する方が
より面倒だったので、表面的には素直に内心しぶしぶとプールに向かいました。

温泉から水着に着替えて直通で行ける屋外プールは、バリ風というコンセプトに添おうという
それなりの努力は感じられますが、何せ施設があまり広くない為に、
さして大きくないメインプールと 壊れてジャグジらない家族風呂のような大きさのジャグジーバス、
ずっと開いている気配がないプールサイドバーという感じで、どことなく寂れてる感は否めない。

ご常連さんには「水着に着替えてまでも」という人が多いのか、
プールオンシーズンにも関わらず、 他に人もおらず私共の完全な貸切状態でした。

どんなに立派なプールでも芋洗う状態だと興が冷めるもので、ショボめの(失敬)プールでも、
完全貸切状態だとそれはそれで居心地がいいというか、暑過ぎもせず、涼し過ぎもせず、
屋外で甲羅干しするには気持のいい季節だったので、
椅子に座ってかなりの時間プール(は入ってないけど)を満喫しました。

さて、プールを満喫した後は、それぞれもう一度温泉に入り外に出ましたが、
温泉も2度入り思ったよりも満喫しきったので、気が付くと夕方5時過ぎておりまして、
平日に仕事帰りに立ち寄る人も多いのか、施設内には結構人が増えてきている印象でした。

温泉で汗を流した分、帰る前の水分補給にと、相方はビール、
私はベトナム風かき氷チェーを食べましたが、

chee.jpg

確か以前カフェで食べたチェーは、練乳の缶ひと缶がご自由にどうぞ状態で添えられており、
かなり練乳をぶっかけて掛けて食べた記憶があります。

しかしこのチェーは若干、練乳の分量を誤っているのか、主に氷の味しかしないので気をつけろ。

ちなみに私が食べているチェーを見て、隣の席の女性の(負の)記憶が戻ったのか、
「ここのチェーは味がしないんだよね」とか言っているのが聞こえてきました。
お嬢さん、その噂、できれば先に聞きたかったぜ。トホホ。

まあ、風呂の後だったからいいんですけどね。

一休みした後は、「今度こそ帰ろう」という流れになったのですが、
何かが心に小骨のように引っかかる・・・

ならではかどうかは不明ですが、確かに温泉はあった、バリ風のプールもあった、
マッサージされるのが苦手なので(別料金だし)行きませんでしたが、マッサージ&エステもあった、
で、韓国風のサウナ(とやら)は???(゚∇゚ ;)

普通風呂の横にあったりするので、見逃したのでしょうか?

それは相方も思っていたらしく、そういうことに目ざとい相方の(お得)EYEでも
感知できなかったらしいのが不思議と言えば不思議ですが、
見つけられなかったものは仕方がない。

サウナ的暑さに弱い私は元々サウナは苦手の方ですし、まあ、いっか。と帰路につこうとしたことろ、
相方の(お得)EYEが目ざとく、意味あり気なある大きな扉を発見しました。

なんと!サウナは浴場とは別施設になっている感じで、この扉の先にあるらしい。

普通のサウナと想っていたのですが、なんでも韓国風サウナは服を着用して入るらしく、
中は館内着で入れるので、男女の別なくみんなで入れるようです。

でもなぁ。もう帰る気満々で、着替えちゃったしなぁ。

「今更、ねぇ・・・」

と「うん、帰ろう」という言葉を期待して相方の方を見ると、

目が行く気満々に輝いているっ!∑(゚∇゚|||)

こういう時の相方に逆らうと、やたら「可哀想な自分」を全面に出して、
彼の満喫を邪魔した私がさも極悪な人間のような気にさせらるので、
心理的に面倒に巻き込まれなくない私は、 仕方なく浴場施設に戻り、
一旦、館内着に着替えサウナに行くことにしました。

入るとすぐに公民館のような広めのスペースがあり、
そこが韓国風のサウナ“麦飯浴サウナ”らしく、 温めた麦飯石という大量なレンガのような物を
出し入れすることにより、部屋全体を温めているようです。

サウナというよりもちょっと蒸し暑い部屋という感じで、
床には規則性がなく適当に人が横たわっています。

その麦飯浴サウナの中には、小さなエリアで分けて岩盤浴サウナ等もあり、
これは普通の温泉では別料金のところも多いので、ひっくるめているのはお得かも。

他にはやたら硫黄臭い硫黄サウナ、冷風サウナという名の普通に冷房が効いた部屋、
霧サウナと言う名の半端なく寒いだけの部屋もあり、あっちこっちのサウナを行き来して
まったり過ごしていたのですが、気が付くとサウナもめいっぱい満喫しとるやんけ。

温泉も良かったですが、このみんなで入れるサウナが更に気に入りました。
特に温泉だとどうしても男女別になり、相方と行っても所詮孤独になるのですが、
こちらのサウナだと男女で行っても共に楽しめるのがいいです。

料金は食事代も飲み物代も入れて2名で7,000円。
純粋に温泉(&サウナ)だけの利用だと1日1,500円で、普通の立ち寄り温泉にすれば
若干高めですが、これだけ満喫したので安い方だと思います。

60分料金(700円)もあるので印旛沼のサイクリング後のひとっ風呂には
なかなかいいのではないでしょうか?

私もまた近くに行ったら立ち寄りたいかも。

と、ポタに温泉にと満喫した結婚関連記念日ですが、何せ3回もあるので今年はあと1回あります。
覚えていたらそれにかこつけて、また何か満喫しようと思います。

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング

関連記事
やっちまいました
梅雨も明けて、毎日、毎日クソ(失敬)暑いですね。

私、家の中では誰もいない事をいい事に「表面温度を下げることが至上主義」な格好をしておりまして、
短パン、タンクトップという(年齢的に)他人様にはお見せできない姿で過ごしているのですが、
昨日、その姿の為に大変な悲劇が起こりました。

うちはアイロンを掛ける時に、低い座って使うタイプのアイロン台を使用しているのですが、
アイロン台の端を使って洋服の細かい場所を掛ける時につい力が入りまして、
アイロン台が斜めになった瞬間にアイロンが横滑りし、
丁度、下にあった私の膝の内側部分に着地しました。

冬だったらズボンで覆われている部分なのですが、
残念ながら今は夏、モロ出しの肌にジュッと。

もう熱いというより、痛い。

昨日は、ずっと保冷剤を手ぬぐいに包み、それを足に巻いて過ごしていたのですが、
保冷剤の冷却機能が低下すると耐え難いヒリヒリとした痛みが襲って来まして・・・

保冷剤で冷やすと痛みが落ち着くので、何度も保冷剤を換える羽目になったのですが、
いや~、うちは冷凍庫に山程保冷剤が存在する家で良かった~

と言うのも、MOTTAINAI精神が強い相方は、いつもケーキとか買ってくると付いてくる
保冷剤も「なんかで使えるかも(ハート)」取って置くので、冷凍庫の面積が狭くなり、
冷凍庫の敷地をめぐりよく私と小競り合いになっていたのですが・・・私が間違っていました。

相方が保冷剤をとっておく人で良かった~

しかし火傷というのは、しつこく痛いものですね。

よく北斗の◯のような荒廃しきった世界を描く漫画で、奴隷的な人がロクでもない支配者に、
背中に焼きごてのような物を押されいる事がありますが、あれ絶対無理。

何せ奴隷的な人なのだから押された後に医療的処置もしてくれなかったでしょうし、
そっと保冷剤も配布されるなんてツンデレな展開もなかったでしょうし、
あの焼きっぱなしの状態で放置されるなんて、「マジ、死ぬな。」と思いましたよ。
人権のある時代に生まれてよかったです。

ちなみに赤く腫れていた患部も今はやっと落ち着きまして、
私の足にはアイロン型の黒い形が残っています。

今のアイロンって蒸気が噴き出す穴が何箇所かあるのですが
(私は蒸気が苦手でこの機能は使っていませんが)
その丸い形まで、もうくっきり、はっきりと。

この忌々しい焼印はいつになったら消えるのか不明ですが、
(って、消えてくれるんでしょうね?!)

ショートパンツとかミニスカートとか履く年じゃなくて良かったです。

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事
ビアンキショップとフローズン生

毎日、毎日暑かったですが、本日は幸いというべきか、せっかくの休日にムカツクと言うべきか、
雨が降ったりや止んだりの微妙なお天気です。

が、夏と言えば、やはりビールが美味い季節ですね。

今年はキリンから「フローズン生」という新しい形態のビールが発売したという事で、
先週末の3連休のうち1日を利用して、フローズン生を飲みに行って来ました。

このフローズン生は普通の店でも何軒か飲めるお店があるようですが、
せっかくだから直営店で飲みたいと思い、大手町に出来た
「一番搾りFROZEN GARDEN」まで行く事にしました。

直営店の地図を見ると3月にオープンした丸の内「iiyo!!(イーヨ!!)」の極近くらしく、
この「iiyo!!」には、ビアンキのショップがオープンしていまして、
前々から行きたいと思ってい(ていながらなかなないけんかった)たのです。

これを機会に生フローズンだけでなく、ビアンキのショップにも行っておこうと、
まずは銀座へと向かいました。

何故、銀座かというと、世は夏のバーゲンシーズンなので、この際バーゲンを覗いて行こうかと、
盛りだくさん感一杯にデパート関係が密集するまずは銀座へと向かったのですが、
なんていいますか、年々食欲と反比例するように洋服に対する物欲が衰退しまして、
そのやる気の無さが行動に出まして、「昼間のあっちー中行きたくねぇよー」とダラけた雰囲気になり、
ダラついているうちにお日様が沈みかけの夕方からのスタートになりました。

まあ、真の目的はフローズン生なので、いいか。と。
昼間のビールもいいけど、主にアルコールは夜に摂取するもんだし。

飲む気満々にみなぎっていたので、当然、電車での移動だったのですが、
最近、私も相方も燃費が悪くなったのか疲れやすく、電車で移動したのみで体内エナジーが0になりまして、
このままバーゲン会場という名の戦場に赴くのは危険と判断し、早くも一休みしました。

ヒューガルデン

って、もうビールかよ。

いや、せっかく電車で来たのでアルコールが摂取できる利点を最大限に活かそうと・・・

こちらのイトシアに出来た「BARISSIMO」さんでは、
瓶ではない生のヒューガルデンが飲めるのがポイントが高い。

なんでも日本の法基準ではかると、このヒューガルデンは“発泡酒”の括りになるそうで、
経済的事情で発泡酒を飲み慣れたせいか、私はこのヒューガルデンが好きなので、
このお店の前に行くと抗いがたい磁力を感じ、気が付くと寄ってしまうのです。
禁酒時代ならメチルにでも手を出しそうなアルコール好きの相方の悪魔の囁きもありますし・・・

そしてお店にいる時に手持ち無沙汰なので(今更相方ともそれ程話ないし)、
すでにフローズン生に思いを馳せて、何気に「FROZEN GARDEN」のお店を
スマホで見ていたのですが、この期に及んで大変な事実に気づきました。

あれ?営業時間、平日は23:00(L.O.22:30)までだけど、
日曜・祝日は12:00~20:00(L.O.19:30)じゃん。

うっかり平日と同じだと思っていたのですが、祝日のこの日は、
ラストオーダーが19:30になります。

慌てて時計を見ると、もう18時半じゃん。∑(゚∇゚|||)

まさか大手のビール会社さんが鳴り物入りで発売した新製品の直売店が、
個人が昭和から経営されている一杯飲み屋さんのような閉店時間だとは思いもしませんでした。

ついでにビアンキの営業時間も確認すると、こちらも閉店時間が20時・・・らしい。
これはどう考えても、即移動しないと生フローズンにはありつけない可能性が高い。

という訳で、あわてて生ヒューガルデンを流し込み、移動する事にしました。 

って、まだノーバーゲンやんけ。

何しに銀座に来たのかはわからん状況になりましたが、
電車で来る機会などそうないし、ここはアルコールを最優先です。

今いる有楽町からお店に移動するには、東京駅で降りるのが近いようで、
都合がいい事に、東京駅から移動すると丁度、ビアンキのあるiiyoが通り道になります。

到着後、多少でも時間があるようでしたら、行きすがらビアンキも覗いてみようと
目論んでいたところ、なんとかちょっと寄るぐらいの時間はありそうでしたので、
まずはビアンキのショップへと急ぎます。

確かiiyo!!は、3月にオープンしたはずのIt's newな商業施設ですが、
驚いたことにまるで昭和時代からある寂れた商店街のような人のいなさっぷり。

中には(一応)開いているけどお客が一人もいないという、
「素人目から見ても開けているだけで電気代と人件費が赤字じゃ?」というお店も少なからずありました。

つーか、同じような時期に連続して開発し過ぎじゃねえの?丸の内。

ここ数年、同じような商業ビルが何箇所に渡って出来続けているので、
観光や買い物客にはすぐあきられそうだし、しかもこのiiyo!!は丸の内開発地区の中では
駅から若干離れているので、仕事帰りの客が見込めない土日は厳しいのかもしれません。

そんな事情で土日の集客は諦めているのか、はなから開いてない店があるのも、
なんかシャッター商店街を思わせる雰囲気があったりなかったり・・・

さて、「そんなiiyo!の中にあって大丈夫なのか?ビアンキ」とビアンキユーザーとしては、
余計な心配をしてしまうのですが、ビアンキの店舗の中には、閉店間際に関わらず、
(そして閑散とした街並みに関わらず)そこそこお客さんがいました。

ビアンキ

戦略としてその街の顧客層を考えてお店を作っているのか、
店自体に後光が差している表参道店のように無駄にスタイリッシュで綺羅びやかでもなく、
意外と(?)普通のショップでした。

時間がなくてあまり長く見ていられなかったのが残念ですが、
店内はあまり広くはないものの、ざっと見た感じでは、自転車はミニベロとクロス、
ロードがそれぞれに揃えてあり、さすが直営店というべきか、小物の数は多かった気がします。

私がクロスやミニベロを購入した時に、ネチネチとネット検索しても品薄で購入できなかった
ビアンキのチェレステカラーの小物が、普通にぶら下げて販売してあるのを見ると、
「時代が変わったなぁ」と思います。

実は欲しくなった物もあったのですが、自分の愛車にサイズがフィットするかわからず、
店員さんに尋ねる時間もなかったので、また後日来る事にしてショップを後にしました。

ビアンキショップで思いの外時間が取られた為、「FROZEN GARDEN」へは
競歩のような超早足で向かったのですが、そのかいあってか、
何とかギリギリ滑りこむことに成功。
(計画性のないわが家はギリギリ滑りこんでばっかやなぁ)

フローズン生

丸の内からちょっと離れたバリバリのオフィスの森である大手町の中に、
まるでヘンゼルとグレーテルが見つけたお菓子の家のような、
ある意味違和感のあるお店がありました。

周りが暗いせいもあるのか、それともビールにありつける心的効果もあるのか、
なんかお店が輝いて見えます。

混雑で入れるかどうかが心配でしたが、お店の様子を見ると、そこそこ人がいるものの、
まだまだ座れるスペースもあり、今年出した新製品の直営店と思うとちょっとお寂しい気も・・・

銀座のまん真ん中に位置するアサヒのスーパードライエクストラコールドの直営店の
スーパー混雑を経験した身からすると、ちょっと物足りない気もします。
いや、入れたのは嬉しいし、並ばなくて嬉しいのですが、
その辺は複雑な消費者心とでもいいますか・・・

最初に注文する形になっていますが、注文のレジに並んだ時点でラストオーダー数分前だったので、
これが事実上、最初で最後の注文チャンスとなります。

なのでビール・・・は当然、大きな方を注文するとして、食べ物は並んでいる間に
超真剣に吟味したのですが、実際にレジの番がくると閉店寸前の為だいぶ売り切れ状態でして・・・
☓が付いていないメニューの中から適当にチョイスしました。

店内は立ち飲みスペースで、屋外が座れるスペースだったので、
当然、屋外スペースに行きましたが、ここは天下のオフィス街大手町、
時々吹く突風のようなビル風が非常にデンジャラスな刺激を与えてくれます。

基本、紙皿なんで料理が少なくなった皿が飛んでいくというアクシデントに見舞われる方もいて、
手で抑えたりカバンや身を呈して風を避けたりの工夫をしながらの
底抜け脱線ゲーム気分を味わいつつの緊張感のあるビアタイムとなりました。

そして肝心の「フローズン生」

フローズン生

・・・あ、会いたかったよ。

発売当初から飲みたい、飲みたいと心から思っていたのに、なかなか機会がなく・・・
とうとう7月の半ばとなってしまいましたが、苦節数ヶ月、ようやく機会に恵まれたのは感慨深い。

しかし感動して(写真なんか撮っている)いる間に、
肝心なフローズンな泡が消えかかっとるやんけ。∑( ̄ロ ̄|||)

どうやらこの泡の部分は思春期の乙女のように繊細なもののようです。

そして待望の一口を飲んでみると、泡の中に細かい氷のシャリシャリ感があり、これは新テイスト。
なんか昔なつかしの「宝石箱」というアイスを思い出します。
あの若かりし頃のピンクレディーがCMをやっていたヤツ。(年がバレますね)

・・・が、それだけというか、肝心のビール部分がプラスチックコップなせいか冷たくなく、
このフローズン部分と温度差があり、若干アンバランス感があるのが否めないのが残念。

ビールに冷たさを求める私個人としては、グラスもキチンと冷やして提供される
アサヒのエクストラコールドに軍配でしょうか。

エクストラコールドにこのフローズン泡を乗せれば完璧になると思うのですが、
・・・まあ、諸事情あり過ぎで無理だろうなぁ。

期待度が大きかっただけにその辺は残念でしたが、ビールはビールなので、まあ、いいか。

料理はナチョスとコロッケ、枝豆という少々寂しいラインナップでしたが、

フローズン生

フローズン生

酒のつまみに丁度いい感じでなかなか美味しかったです。
このフローズン生を提供しているお店もあるので、お店で提供されているものは、
グラスでしょうし、多少違うのかも。
今度はお店でチャレンジしてみたいと思います。

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング


関連記事
四万六千日ふたたび
本日はまた暑い夏が戻って来ましたが、週末はお天気が安定しませんでした。

いや、土日にそれをやるのはナシだろ。

って位、週末になると急に微妙な天気になるのは、どうよ。

土日は両日共に、如何にも雨が降ってきそうな曇り空だったので、
チキンなわが家は白(晴れ)か黒(雨)か、どちらかにお天気が定まるまでと、
自宅で待機していたのですが、結局、いつまで経っても定まらずに、
ほぼ曇り状態のままで2日とも推移しまして・・・

結果、わが家は休日2日とも自宅待機のまま、1歩も外に出ずに過ごしてしまいました。

日曜日は曇り空はこけおどしで、最後まで雨が降らなかったっぽかったのですが、
(少なくとも昼間のうちは降るようで降らんかった)
「こんなことなら出掛けておけば良かった」と思う瞬間が悔しい。

‎休日にポタれなかった時のわが家の自転車のお約束なので、
今週は平日ポタに行こうと思っています。

わが家は基本、土日はポタに当てようと思っているのですが、
それでも用事が入ったり(主に私の実家の犬の世話)天候が悪かったり、
最近は加齢による疲労があったりと、何かとポタれない週があり、
7月はそんな休日が多く、むしろ休日は1日しかポタっていない悲惨な状況になっています。
(休みを取ってポタった日はあったけど)

7月1週目も先週と同じく休日にポタれず、平日ポタに出掛ける事になったのですが、
少々前のポタ日記で恐縮ですが、その時のポタ日記を・・・

7月10日は、週末にポタれなかった為に、平日ポタに出掛ける事になりましたが、

何せ平日ポタは相方が仕事から帰ってきてからのポタになりますので、
時間的な事を考えると近距離、短時間で行ける場所が優先で、大抵いつも行く場所も限られます。

行き先と言えば、わが家から程々に近くて、交通上行きやすく、夜遅くまで店がやっている繁華街、
という条件を満たした「浅草」、「北千住」という下町エリアに行く事が多く、
やることと言えば、「ただメシを食って終了」という、ポタをしているのか、
メシを食べに行く交通手段として自転車を使っているだけなのか、わからんレベルのポタになります。

しかしこの日、7月10日は、ただ食って帰るだけのやっつけポタとは違い、
浅草の浅草寺にあるありがたいイベント(?)のある日だったので、浅草寺に行く事にしました。

そのありがたいイベント(?)とは、「四万六千日(しまんろくせんにち)」

この日にお参りするだけで、なんと、約126年分お参りしたのと
同効果が得られるというありがた過ぎるイベントです。
(その効果が科学的に証明されているかは謎ですが)

一度で約126年もの効果が得られるのに、1年に一度あるという太っ腹なイベント、
実は2年前の「四万六千日」にも参りましたので、すでに一生分のお参りを
捧げている事になっているのです。

ちなみに何故、四万六千日かというと米一升が四万六千粒なので、
それに掛けて一生分(駄洒落かよ!)という事らしい・・・

しかし人間とは貪欲なもので、一生分のお参りは済ませていると言われても、
その後も何度か浅草寺にお参りしましたし、また「四万六千日」にも来てしまうのです。

別に「米一升が四万六千粒だから一生分ね」とかの軽い駄洒落ノリのような成り立ちが、
いかにも胡散臭くて信用ならないわけでは決してないのですが・・・ええ、決して。

この四万六千日に合わせて、「ほおずき市」も同時開催されていて、
夜だと言うのに浅草寺構内はなかなかの盛況状態。

確か夜だと本堂は閉じていたような気がしますが、
この日はスペシャルデーなので夜8時を過ぎても本堂も開いていました。

四万六千日

まずお参りする前に手水で手を洗い、ついでに大きな香炉から出ている煙を浴びますが、
最近、私が集中的に浴びようとしてしまうのは、顔面。

というのも、この煙は悪いところを治してくれるというように聞きますが、
元の造作・・・は運命として致し方無いとして、後天的に出来たシワとかシミとかは、
この煙を浴びる事により緩和させる事が出来るのでしょうか?
それとも万人に訪れる諸行無常な出来事には、適用外なのか?

でも万が一適用されるかもという思いで、煙いのをこらえつつ、
顔面に浴びようとしている自分が哀しい・・・

そして2度目の四万六千日のお参りをしましたが、これでわが家は2生分の
お祈りは済ませている事になりました。

そこで疑問なんですが、この余分な分は、例えば寿命以上に祈った分は、無効になるのでしょうか?
それとも願いを聞いてやる率が高くなる等のポイント還元企画があるのでしょうか?

それとも来世で還元されるのか・・・
できれば来世なんて不確かなもんより(そもそも日本に生まれるかわからんし)
現世のうちに還元されると嬉しい。

この四万六千日の縁日限定で、浅草寺ではこのような「雷除け」というお守りを販売していまして、

四万六千日

※これは展示用で実際はもう少し小型です。

「随分とご利益がピンポイントに限定されているお守りだな」とは思いましたが、
そう言えば夏のゲリラ雷雨に苦慮している自転車乗りにとっては、
なかなか有益なお守りではないか?とも思い直しまして、購入を考えましたが、
展示用よりも小さいものの、実物のお守りも持ち歩くには若干大きく、
飾っておくには微妙過ぎる大きさで(家のどこに飾っていいかわからんし)、
考えた末に購入できませんでした。

最近はバーチャルの世界で着る服やアクセサリーもそこそこの額で売れると聞きますが、
こういったお守りもこの際、時代に合わせて電子取引したらいいんですけどね。
飾るところにも困らんし、収める時もネット上で済みそうだし・・・

さて、夕飯を食べずに四万六千日に来ましたので、
お参りを済ませたら猛烈に腹が減ってきましたした。

もちろん予め決めておいたお食事処に脇目もふらずに向かいますが、到着したお店は真っ暗。

ムーディな照明にしている為の暗さではなく、絶望的に真っ暗。

別に「Closed」の看板もなく、お断りの貼り紙もなく、ただ真っ暗。

休日や営業時間は前もって調べてきたので、この日は営業日のはずですが、
単に臨時休業なのか、それとも別の事情が存在しているのか、
お店は営業されていないようです。

その状況に私共も目の前が真っ暗になりました。

即、メシにありつけると思っていた状況でこの「万歳ナシよ」感は、
胃の内容量がほぼ0に近いだけに洒落にならん。

「もう無理だよ、パトラッシュ・・・」という絶望の中、ふと見ると向かいにうどん屋さんの明かりが・・・

その明かりに吸い寄せられるように、気が付くとうどん屋さんに入っていました。
食に対する貪欲さ故にリサーチなしにお店に入る事のないわが家なので、
流れで入ったのは久しぶりかも。

こちらの「言問食堂 さかえ」さんは、

さかえ

どうやら去年出来た新しいお店らしく、店内は新しく綺麗で、
基本うどん屋さんのようですが、夜は飲み屋色が強くなるお店のようです。

うどんだけでもOKのようですが、うどんは時間が掛かりそうな事もあり、
他にもおつまみやおでんメニューがありましたので、
おでんとノンアルコールビールを注文して場を繋ぎます。

さかえ


さかえ

ノンアルコールビールはカロリーがあるタイプでしたが、最近はどうせアルコール抜きなら
ノンカロリーのノンアルコールビールがいいと思うようになってきました。
まあ、味は微妙にカロリーのある方が美味しいと思いますが、大した違いではないし・・・

お料理は全体的に関西系なのか、おでんは関西風の上品な感じの味付けでした。
基本、私は関東、関西どちらのおでんも好きなので、美味しいです。

メインのうどんは、私は温かい「山かけ温玉うどん」(850円)

さかえ

相方は冷たい「かしわうどん」(900円)にしましたが、
さかえ

かしわうどん、トッピング多っ!

このかしわ天は天ぷらと唐揚げの間のようなお味で、なかなかがっつりボリューミー。

面白いのが、冷たいうどんと温かいうどんでは、結構味が違いまして、
温かいうどんは、関西風の普通に出汁がきいたうどんですが、
冷たいうどんは甘口のタレのうどんのようです。

冷たいうどんの方がコシも楽しめるので、冷たいうどんの方が良かったかも。

そして「週一5㎞以上ポタ」という(ショボい)ミッションを終え、家に帰りました。

さて、5LINKSを購入して早2ヶ月、マンションでの運びやすさや、
買ったばかりの新車ということもあり、最近はもっぱら5LINKSで出掛ける事が多いのですが、
相方と私とでは、ある圧倒的な差が出てきました。

組立がいつも圧倒的に私の方が早い。

勝者の私が言うのも嫌味になってしまうので嫌なのですが、
残念ながらそれはもう圧倒的なのです。

購入してから5LINKSで出掛けた回数はほぼ同数・・・
いや、むしろ相方の方が多いくらいなのですが、何故かいつも私の方が早く、
相方の組立を待つ結果に・・・(いや、気長に待つのでいいんですけどね)

こういうものにも才能というのはあるんでしょうかねぇ。(ケケケ)

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事
大阪旅行
大阪 

大阪ーーーっ!

と、実はわが家は、今週末の日曜日から一泊で大阪に行く事になっています。

旅行の主な目的は日曜日に行われるアイスショーを観る為なのですが、
ついでに月曜日は新幹線の帰り時間をめいっぱい遅くしまして、
ガツガツと大阪観光をして参りたい所存です。

食いだおれて来たいのはもちろんですが、(自称)レンタサイクルニストの私共の使命としては、
できれば現地でレンタサイクル活動を勤しみたいと目論んでおります。

いや、5LINKSを持って行く事も考えたのですが、移動が長いのでちょっと邪魔かなぁと。(テヘッ)

さて、何と言っても現在は自転車ブーム、今、あちらこちらの観光地ではレンタサイクルは、
当然の必須アイテムとなりつつあります。

そして大阪は、経済都市であると同時に、観光地としての一面もあるはず、

ここは大阪(のレンタサイクル)の実力を見せつけろやーーーっ!

と思ったのですが、意外にも大阪のレンタサイクルであまりヒットがないんですよね。
まあ、まったく皆無というわけでは無さそうですが、「観光」をメインとした感じの
レンタサイクルはあまりないようで・・・

以前、私が大阪に旅行に行ったのは、確か10年以上前になりますが、
その時は普段からまったく自転車を乗らない生活を送っていたので、自転車に興味がなく・・・
自転車で走る前提として考えると、大阪の道がどんな道だったかも忘れてしまいましたが、
特に都市部は人と車も多そうなので、結構、自転車では走りにくい道なのかも?

数日後に旅行を控えた今は、観光もどこに行こうか、そして何を食おうかと
ワクワク迷っている最中ですが、そんな中、食い倒れ系以外で興味が惹かれるお店がありました。

「Rapha Cycle Club Osaka(ラファ サイクルクラブ大阪)」というお店で、
サイクルファッション「ユニクロ(他)」というわが家は、あまり自転車のウエアには詳しくないのですが、
スタイリッシュで機能的なサイクリング・ウェアやアクセサリーを販売されている
ロンドン発のブランドのコンセプトショップだそうです。

元は大阪に今年の4月から7月22日までの期間限定で開かれたショップだったらしいですが、
ご好評により、この度めでたく期間限定から常設になったそうです。

ちなみに昨年原宿にも期間限定でオープンしたそうですが、
こちらは期間限定のまま終了した模様・・・

HPはタグだけが日本語で開いてみると説明は英語ばかりという風なので、
内容はさっぱり理解できませんでしたが、他のサイトにあったこのお店の説明を見ると、
1階はウエアやアクセサリーショップ、2階はカフェになっていてコーヒーやビールのほか、
近隣のカフェの名物「バゲットサンド」や地元の酒造会社が作るジンジャーエール等が飲めるらしく、
私も自転車乗りの端くれとして興味津々です。
・・・特に酒造会社作成のジンジャエールが・・・(って、オイっ!)

地図を見ると宿泊ホテルからもそこそこ近い感じなので、
様子を見て来たいと思います。
ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事
星乃珈琲店でスフレパンケーキポタ【その1】
先日、自らの不注意にて内腿部分にアイロンで火傷を負ったアホな私。

よく昔のドジっ子主婦ネタで、アイロンをかけている最中に猫がサンマを盗む等の珍事が発生、
「サンマ返せーーーっ!」と追いかけて帰って来たら、(サンマの行方は不明)
しまった、アイロンが掛けたままだった!!∑(゚∇゚|||)

大慌てで見るとYシャツには、くっきりとアイロンの跡がっ!!(ノ∀`)アチャー

奥さん、そんな貴女の不注意が、サンマどころではない、
もっと大きな物を失うところでしたよ。(by消防庁)

というテンプレシーンがありましたが(最近はアイロンの機能が発達しているので見ないけど)、
あのアイロン黒焦げ跡はYシャツについていているからシャレになるのであって、
あれが内腿辺りについていたらシャレにならんと思うのですが、
実際、私の内腿はそんなシャレにならない状態でした。

あまりにアイロン跡がくっきりしているので、記念に写真を撮っておくべきか。

・・・・じゃなくて、このまま内腿が焦げたYシャツ状態だったらどうしよう。
温泉も恥ずかしくて行けなくなるじゃんか。

と悲観していたのですが、人間の体とはありがたいものですね。
昨日からその焦げの部分が猛烈に痒くなって来まして、
我慢しきれずかいたら焦げた部分がポロッと剥け(ばっちい話ですみません)
その下から再生された皮膚が出てきたではあーりませんか!

どうやらアイロン焦げの部分は、そのままかさぶた化していたようで、
このまま剥ければ火傷はなかった事になりそうかも。(喜)

当初の痛みを考えるともっと酷くなると思っていたのですが、
その割りに治りが早かったのは、焼いた時間が長くなかったので、
(感覚的には長い時間に感じられましたが)表面的な火傷ですんだからかもしれません。

まだ、新しく再生された皮膚は赤いですが、しばらく経つと完全に治ってくれそうな気がします。
やっぱり記念に写真を撮っておけば良かったかも。

さて、ところで話は変わりますが・・・

最近、名古屋発の有名喫茶「コメダ珈琲」さんが、関東にぞくぞくと進出しだし、
大箱でありながらどこか昔ながらの喫茶店を思わせるような独特の名古屋テイストが受けているのか、
成功を収めているようです。

私もコメダ珈琲さんには数回行きましたが、ファミレスのような安心の大箱感、
シロノワール等の独自なメニュー、軽い食事にも喫茶にも利用するのにいい感じなので、
家の近くにあったらよく行く店になっていただろうなと思います。

残念ながらわが家の近くには、ス◯バどころかド◯ールもなく、
かと言って昔ながらの喫茶店もあまりないというカフェ日照り地域なので、
(まあ、日照りなのはカフェだけじゃないですけどね)
そんな店舗が家の近くに出来ることは、ほぼ絶望的ですが・・・

そんなコメダ珈琲さんが、関東で快進撃を続けている昨今、車で国道4号を走っていると、
草加に差し掛かった頃に、新しく珈琲ショップが出来ているのに気が付きました。

この新しい珈琲ショップは、4号沿いに出来る大箱感といい、故意か偶然か全体的な店構えが、
あのコメダ珈琲さんに大変類似しているような・・・

これは、新たなる名古屋の刺客だろうか?

その辺も含めて気になりまして、実際に行ってみる事にしました。

駐車場もあるようですし、国道沿いという場所も場所なので
車で行くのが簡単ですが、私共は(一応)自転車乗り。

しかし最近は、自分達でも(一応)とつけずにいられない程、
短距離のやっつけポタばかりで、

「むしろその辺の奥さんの方が距離的には長く走ってるんじゃ?」

とライバル(?)はママチャリの奥さんレベルに成り下がり、危機感を覚えています。

わが家から草加までは距離的に、ほどほどやり遂げた感が得られる場所なので、
もちろん自転車で向かいます。

お店に向かったのは7月の3連休(14~16日)の中日だったのですが、
この時期の長距離と言えば、気になるのは雨です。

この日も梅雨が明けるか明けないかの不安定な時期だったので、
いつでも公共交通機関に逃げ込めるよう、簡単折り畳み可能の5LINKSで向いましたが、
最近、5LINKSを組み立てる時に、私と相方の間には、独特の雰囲気が漂うようになっています。

そう、例えばレースの前の緊張感というか・・・

前回のポタ日記の最後に、最近私と相方とでは、5LINKSを組み立てる時間に、
それはもう歴然としたタイムの差が生まれているとか書きましたが、
いつもあっという間に組み立てが終了し、余裕をこいている私に対して、
相方は苦々しく思っていたらしく、最近の組み立て時はいつも

「今度こそ先に組み上げてみせるぜ!」

という挑戦オーラがありあり。

完全王者の私も王者のプライドから相方さんごときに、そう安々と負けるわけには行かず、
いつも真剣勝負のような雰囲気になるのです。

ちなみに私は勝ち組人生には程遠い人生なので、まっったく負けず嫌いではないのですが、
なんか相方に負けるのだけは嫌なんですよね。(同族嫌悪ってヤツ?)

そして緊張感に包まれながら同時に組立を始めたのですが、
私、手が滑るという痛恨のミスを犯し、初歩段階の組立でつまずいてしまいました。

5LINKSを組み立てる時に捻るようにしてフレームを下げる感じで、
その捻りがないと部品が噛み合う所定の位置にセットできないのですが、
手が滑った為にこの捻りがないまま、一旦、フレームが下に降りてしまったのです。

そうなるともう一度、フレームを元の状態に戻しやり直すしかなく、
タイムロスもさる事ながら、変な感じに入ったフレームを元に戻すには
また、それなりにコツがいるのですが、それはさて置き・・・

手が滑った瞬間に思わず「うわっ!」という、悲鳴にも似た声を上げてしまいました。

その悲鳴は相方にも当然聞こえていたので、普通「大丈夫?」とか「どうしたの?」とか、
もっと踏み込んで「手伝おうか?」とか声を掛けますよね?
仮にも一応家族だし・・・

が、その直後、私の耳には信じられない相方の声が聞こえてきました。

「やったーーっ!!!」

アンタ、鬼かよ。

・・・ちょっとした瞬間に真の人間性って垣間見えちゃうもんなんですね。

しかしその後、あっさり形成を立て直した私は、とっとと組立を終了。

横を見ると、私の不幸までチャンスと捉え勝負の鬼と徹した相方は、まだ組立途上にありました。

って、カッコ悪っ!相方、マジでカッコ悪っ!

もちろん相方が組み上げるまで白い目で見まくりましたとも。

勝負にも負けて信頼も失うなんて、せめてあの時に声を掛けて(恩を着せて)おけば、
勝負に負けても、信頼はまだそこにあったのかもしれんのに・・・

そうして変な雰囲気のまま、草加へと向います。

・・・こんなところでぶった切ってすみませんが、続きます。m(__)m

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事
星乃珈琲店でスフレパンケーキポタ【その2】
わが家から目的の珈琲店がある草加まで国道4号を使い、直線距離で行けば、約十数キロ。

とは言え、容赦無しにトラックが幅寄せしてくるような国道が苦手な惰弱な私は、
目指すお店はモロ国道4号沿いにあるお店にも関わらず、ギリギリまで4号を拒否し、
多少の遠回りは余儀なくされますが、裏道を通って行く所存でいましたし、実際、そうしました。

しか所詮たかだか数十キロ。

もちろん自転車乗りとしては大した距離とも言えないので、あっさりたどり着きました。

星乃珈琲ポタ

・・・コンビニに。
たかが数十キロなので、ノンストップで直に行けるだろうと、思っていたのですが・・・いけんかったね。
ヘタレゆえか貧脚ゆえか、また両方なのか(いや、両方なんでしょうが)
なぜか、その数十キロが「まあだぁ??」という位つかないんですよね。これが。
暑さも手伝って、辛抱たまらなくなり、結局、草加市に入った位のところでコンビニ休憩を取りました。

普通、コンビニの駐輪場は端の方に設けてある事が多いのですが、
こちらのコンビニは不思議な感じに駐輪場があり、不思議な不安定感を感じます。
そして私は暑かったので「アイスボックス」を購入しました。

星乃珈琲ポタ
なんか、かなーり久々のアイスボックスです。

というのは、昔とある夏に、カロリーが気になるが毎日アイスが食べたいお年頃だった私は、
このアイスボックスのカロリーを見て、「これだ!」と天啓を得まして・・・

記憶によると当時2種類位しか味が出ていなかったと思いますが、
カロリーが低い事をいい事に毎日、毎日、数に制限なく貪り食べた末、
エラく気分が悪くなり、アイスボックスが受け付けない体になりました。(--;)

食べ過ぎで、どこかうそ臭い人工甘味料の独特な味が鼻につくようになり、
それでも食べ続けた末に、体が拒否反応を起こしたらしい。

その割には同じような怪しげな人工甘味料が入っているダイエットコーラは、
どんだけ飲んでも、何年飲み続けても大丈夫な不思議。
むしろ日々消費量が上がっている位だし・・・

もしかしてダイエットコーラに入っている人工甘味料は、いろいろ麻痺させたりするタイプの
いわゆる☓☓☓(自主規制)系の人工甘味料とか?

その夏以来、アイスボックスは苦手なのですが、やはりこのカロリーを見ると、
最近、夏なのにまったく夏痩せをしない(どころか夏太っている)お年頃な私は、
再び手を出したくなってきます。

あの頃、ギリギリ乙女だった年齢の私も中年と呼ばれる位の年月は流れているし、
なんか果汁率とかも増量して、あのうそ臭さは軽減されているかもしれない。
(その分、多少カロリーも増量しているようですが)

と食べ始めたのですが、最初は果汁増量パワーで食べられたものの、
しばらく経つとトラウマが蘇ってきて、ダメっすね。
やっぱり一度ダメになった食物は、何年年を重ねてもダメなのかも。

相方は「スプライトゼロ」

星乃珈琲ポタ

てゆーか、ゼロカロリーが出ていたんだ。スプライト。(゚∇゚ ;)
私は、基本コーラひと筋なので、他のゼロ清涼飲料業界には疎いんですよね。

つーか、個人的には青春時代(いつだよ)に飲んだきり、スプライトってン十年ぶりな気が・・・

私も少なくとも遠い記憶の中にあるスプライトの味と比べて遜色ない感じです。
相方は0スプライトを飲みましたが、最近はカロリー0なのに再現率が高いですね。
素敵な時代になったものです。

そうしてコンビニでリフレッシュした後は、「もう少し我慢すれば良かった」と思う位、
意外にあっさりと目的の珈琲店に到着しました。

こちら「星乃珈琲店」さん。

星乃珈琲ポタ

改めて見ても、店構えの全体的な雰囲気というかフォルムが、
コメダ珈琲さんに非常に似通っている気がします。

車の通りが激しく、駅からもそこそこ遠い4号沿いという土地柄か、駐車場も完備ですが、
その駐車場はパスタチェーン店「洋麺屋五右衛門」さんの駐車場でもあるようです。

確か星乃珈琲さんがあった場所は、ちょっと前はハンバーグ店でしたが、
そのハンバーグ店と五右衛門さんとの契約でも残っていたんか?

早速、中に入ると内装はやはりファミレスのような大箱の喫茶店で、
新聞や雑誌なども置いてあるという、こちらもめっちゃデジャヴ感のあるもろコメダスタイル。
メニューのレイアウトもなんかめちゃめちゃデジャヴなんですけどぉ。

来る前にちらっとホームページを見たところによると、
このお店の名物はシノワロール・・・ではさすがになく、スフレパンケーキらしい。

なのでまずはスフレパンケーキを注文しましたが、
このお店のスフレにかける情熱はパンケーキだけに留まらないらしく、
「スフレドリア」なるニュータイプのメニューもあったので、そちらも注文してみました。

それに相方はアイスコーヒー、私はコナ・コーヒーがあったのでそちらを注文し、
スフレ商品は焼き時間が20分位掛かるということなので、先にお飲み物が来たのですが、
アイスコーヒーが提供されるのは銅マグで、

星乃珈琲ポタ

こちらもモロあのお店と被るデジャヴ感。

コナ・コーヒーは普通の器できましたが、

星乃珈琲ポタ

本来ブレンド等のコーヒーはこちらの器で提供されるらしく、

星乃珈琲ポタ

こちらもどことなく、あのお店のオリジナルカップを彷彿とさせるデザインになっています。

これはもう偶然のレベルじゃない・・・です・・・か・・・ね?

もしかして兄弟店とか、こちらのお店の方が実は老舗とか、同じ名古屋で切磋琢磨して来た
長いライバル店とか、その辺が野次馬的に猛烈に気になったのでお店の中で
星乃珈琲さんのHPをガン見していたのですが、その中に驚きの一文がっ?!

"星乃珈琲店は2011年4月に新宿東口店をオープン以来・・・”

って、創業がめちゃくちゃごく最近じゃん。∑(゚∇゚|||)

こちらの草加店も今年6月29日にオープンしたばかりのようで、
他の数店舗も最近、ガンガン作ったお店が多いようです。

片やコメダさんの創業は1968年のようで、これはいわずもがなというか、
言わぬが花というか、完全な後発パクリリスペクト系?

ちなみに星乃珈琲さんは、五右衛門さんの系列店だそうで、
駐車場をシェアしている謎も解けました。

まあ、その話はいいとして・・・ゴニョゴニョ。

オリジナルメニュー(?)スフレパンケーキですが、季節限定に弱い私共は、
季節限定という「マンゴースフレパンケーキ」(850円)にしました。

星乃珈琲ポタ

トッピングがソフトクリームか生クリームかで選べたので、生クリームをチョイス。

窯焼きで厚みのあるパンケーキですが、その厚みを感じさせない程に
フワッフワで、口の中でトロける感じです。

生地の空気が入っている感がマンゴーの酸味と相まって、
どこかスフレチーズケーキのような雰囲気もあったり、なかったり・・・

そして個人的には未知のメニューであるこちら「スフレドリア」(930円)ですが、

星乃珈琲ポタ
見るとホワイトソースの部分が、こんもりと大いにスフレってる。

ひと口食べてみると、ドリア系では食べた記憶がないフワフワの新☆食☆感です。

味は、いい意味で多いに空気を含んだ卵かけごはんのような・・・
(貧乏舌なのでこんな表現しかできなくて、すみません)
こちらのドリアもかなりあと引く系のお味でした。

ある意味、このお店に来る為だけのポタだったので、このお店に来て満足し、
そのまま家に帰る事にしたのですが、このまま目の前の4号を走れば道的には簡単なものの、
国道嫌いな私は、もちろん帰り道も4号を拒否。

とは言え、同じ道を帰るのもつまらんので、4号の横を走っている道を
適当に走って帰る事にしました。

つーか、この4号と付かず離れず走れば、4号を走ったも同然じゃね?あったまいーい。

と自画自賛していたのですが、この横の道も4号に沿って走っている訳ではないので、
途中、住宅地や行き止まりがあったので軌道修正しつつ走っていたのですが、
徐々にそしてあからさまに雲行きが大変怪しくなりまして・・・
いつまで経っても家に着かん!

どころか、家方向にも着かんのですよ。これが。

しかも気が付くと、家に着くには反対方向の思いがけない場所を走っているし。
スマホで位置を確認してみると4号に付かず離れず来たはずなのに、
すでに4号から果てしなく離れ、しかも4号を渡った覚えがないのに、
走っていた道とは4号を挟んで反対の方向を走っていて家から遠ざかっていました。

いや、いや、いや、いや、いや、ありえねぇって。

はっきり行って4号は車でよく走っている道です。
いくら方向オンチーの私でも、4号にぶち当たったのなら絶対判るはず・・・

なのに、4号を渡った覚えもなく、気が付くと反対側に出ているなんて、It'sミラクル過ぎんだろ。
プリンセステ◯コーの仕業か?

狐につままれたとはこの事ですが、何とか軌道修正せねばなりません。
しかし軌道修正する道において相方と私では意見が食い違い、こちらの雲行きも怪しい感じに・・・

私は、地元とまではいいませんが、埼玉よりの千葉が元地元、
草加から東側の東京は馴染みがある土地なので、ある程度は野性の勘が働きます。

片や元神奈川出身の相方はこの辺りに土地勘はまったく無いのですが、
(何せ、大きくルートを外れていた事にもまったくピンと来ていなかった)
しかし文明の利器であるスマホ保持者。
野性勘対ネット、アナログ対デジタルとの意見の食い違いで対立しましたが、、
さすがに文明の利器スマホ様の前には野性の勘等という不確かなものは分が悪く、
軽く揉めた結果、しぶしぶ相方に従う事になりました。

しかし文明に頼りすぎて人間世界が荒廃するのは、ベタなアニメや映画のテーマですが、
なんと!信頼して任せたはずのスマホ(で見たグーグルナビ)が遠回りの道を推奨しやがった。

よくカーナビ等でも地元の道を知ってる人間からすれば「嫌がらせか?」と思う程、
遠回りなヘンテコリンな道をナビりやがる時がありますが、この時のグーグルナビがそうだったらしく、
そしてナビを見た人間がまったく土地勘のない相方だった事も災いして、
更に遠回りをさせられ帰宅する羽目になりました。

私もなまじちらっと土地勘がある為に、途中で「げっ!遠回りさせられてるじゃん」
と気づいちまったんですよね。

「こんな事なら勘に頼れば良かった。やっぱり文明ばかりに頼ってたんじゃダメなんだよ(ブツブツ)」
という本音が、ついありありと私の顔に出現しまして、久々に道が原因で険悪になりながらも、
更に大きく遠回りして家に帰って来ました。

それにしてもどうしても気になって仕方がなかったのが、渡った覚えのない4号を
どうやって気が付かないうちに渡ったかというトリックです。

早速、家に帰ってからネットで地図を見たのですが、
そのミラクルマジックの種明かしは「高架」でした。

国道4号は時々高架になるのですが、どうやら高架になっている部分で、
上に4号が走ってるのにまったく気が付かずに、4号を突っ切る形になったらしい。

ミラクルの種は案外単純なものなんですね。

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング

関連記事
大阪のレンタサイクル事情
大阪に来ています。

予定通り食いだおれ中ですが、それはヨシとまして・・・
もう一つの大阪での目標、大阪でのレンタサイクル活動には黄色信号が点滅しております。

港、港の女性と親しくなる渡り鳥のように、旅先、旅先でレンタサイクルに乗る
レンタサイクルニストになるという野望を抱いていたのですが、
(そんな野望を持っていたのかよ)大阪の前にその野望は潰えるかも。

家で旅行準備していた時も、大阪のレンタサイクルを見つける為にネットの大海を泳いでみても
大阪のレンタサイクルは芳しいものが見つからず・・・

現地に来ればなんとか情報は掴めるだろうと思っていたのですが、
(よくネットには載ってなくても駅にある冊子等に案内がある場合があるし)
こと大阪に関してはそんな情報は皆無。

最終手段としてホテルの方に聞いてみたのですが、レンタサイクルについては、
ホテルの方もピンと来ないらしく、改めて調べて下さった結果、
おすすめされたお店は一軒でした。

実は、そのお店は私も調べた時にヒットしたお店でしたが、
HPもブログもここ数年更新されておらず、現在、どういう状況かなのかもまったく掴めない、
個人経営されている(と思われる)レンタサイクルさんです。

今日、連絡を取ってみようと思いますが、(自称)レンタサイクルニストの勘としては、
望み薄の気配がヒシヒシとするような、しないような・・・

今まで伊豆、日光、福島、宇都宮、名古屋、沖縄(と近場の観光地諸々)、
海外では、ハワイ、台湾とサイクルニスト活動を地道に(?)行って来ましたが、
とうとうここ大阪の地に来て初黒星をきするのか、乞うご期待(?)です。

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事
レンタサイクル乗れました~(in 大阪)
昨日のほぼ夜中、大阪より帰って来ました~

しかし旅行に行くといつも思うのですが、胃が一つじゃ足らん

こういう時は増設用胃袋とかあったらいいのに。
・・・普段置き場所に困りそうだけど。

特に大阪は食べたいものが山程あったのに、1泊2日の旅行では、
その山のほんの一部しか食べられなかったのが残念です。

それにしてもさすが大阪、いちいち食べ物のクオリティが高かったです。

そしてほぼ絶望だと思わえれていたレンタサイクルですが、乗れました~



HPの更新があまりされていなかったお店なので、
閉店されている可能性が高いと思っていたのですが、
営業されていました。すみません。^^;

レンタサイクルも無事借りられ、その後は大阪の街を快適サイクリングと参りたかったのですが、
「快適」というには、昨日の大阪は暑すぎました。
いや、もう途中、気を失いかけましたよ。

でも、自転車ならではの小回りのきいた観光ができて良かったです。

そうして短い滞在時間ながらも精一杯満喫して帰ってきたのですが、
予想通り今日は燃え尽きまして、元々休みをとっていた相方と、
家で気力なくボーッとしています。

しかしどうしても今日中に入手しなけいればいけないアイテムがあり、
どうしても出掛けない訳にはいかんところが辛いところです。

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事


広告



カテゴリー

にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ
人気ブログランキング



プロフィール

くろばい

Author:くろばい
愛車ビアンキ・パッソ
【愛称:ビンちゃん】
愛車2ビアンキ・ミニベロ9
【愛称:ベロンチョ(ベロちゃん)】
激情にながされ1週間で購入に至る
愛車3ママチャリ
【愛称:ソルジャー・チャーリー】
現在自転車3台を所有。
あまりの自転車の増殖率に
恐れおののく日々。
これ以上、増えることはないと
思いつつも、自分が信じ切れない
今日この頃・・・。

相方(くろばいB)
愛車:RSR-4(ブルー)
【愛称:ルイちゃん】
愛車2:ラレー・RSW SPECIAL
【愛称:くろまるくん】
新たにミニベロを購入して、
自転車わが世の春を謳歌中。
自己開発のアンゴラダイエットの
お陰で(いまのところ)メタボリック
危険水域を脱出。
しかし現在、ポタ時はポタメシを
思いっきり解禁しているので、
リバウンドに王手か?



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



月別アーカイブ



カウンター



ブログ内検索



RSSフィード

  • seo



おすすめの自転車本

わが家の自転車メンテナンスのバイブル!





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。