クロスバイクを買っちゃうぞ!
初心者がクロスバイク乗りになるまでの軌跡
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

後楽園枝垂れ桜ポタ【前編】
※またまた古い話ですみませんが、
この記事は、4月3日のポタ日記になります。

前日の土曜日(4月2日)は元々は後楽園に枝垂れ桜を観に行くはずでしたが、
“普段は未公開”という目先の稀少価値に惹かれ、
浅草寺にある庭園の枝垂れ桜を観に行ってしまいました。
(その時の記事は→こちら

とは言え、次の日(4月3日)もめでたく日曜なので、
「まあ、後楽園は明日行けばいいや」と思っていたのですが、
何でも後回しにするとよろしくないもので、春の天気と気温は変わりやすく、
次の日は朝からエラく寒い日になっていました。

しかもお空は微妙な曇り空。

せっかくなら後楽園だけでなく、同じく枝垂れ桜が有名な都立庭園「六義園」も
回ってみようと思っていたのですが、寒い上に途中で雨に降られるのは是非とも遠慮したい。

でも前回の600円の投資を無駄にしたくないので、後楽園だけは行きたい。

「どうしたものか」とウダウダと優柔不断にお天気の様子を見ていたのですが、
天気は曇で膠着状態のまま、気がつけば六義園どころか後楽園ですら
入園が危うくなりそうな時間になってしまいました。

それでも相変わらずお空は怪しかったですが、
「ここまで雨が降らなかったんだからむしろ行くしかない」と出発、
小石川にある後楽園に向いました。

ところで何度もしつこく言って申し訳ありませんが、
後楽園のある文京区には坂が多くあります。

そんな坂の多い地区を通る度、ヒルクライマーの素質ゼロの私共は、
できれば坂道避けて通りたい・・・いや、本音を言わせてもらえば、
坂道なんてこの世からなくなっちまえ!とか毒づいているわけです。
(ヒルクライマーの皆様、すみません。)

わが家から後楽園に向かうには、最低一つの坂を越えることは、
どうしても避けられない現実ではあるのですが、そこは文京区のサービス精神といいますか、
坂にはバリエーションがあり、

①それなりに急のダラダラ坂を1度だけ上る

②それなりのダラダラ坂を何度も上る

③エラく急な坂を一度だけ上る

というように、3種類からチョイスできるようになっております。

どれも一長一短があるというか、坂という時点で「一短しかねぇ」という感じなのですが、
まあ、自らの意思で3パターンの中から道を選べるわけです。

とは言え、「楽」を人生のモットーとするわが家は、大抵の場合は①、①が嫌な時は②、
③の急坂は選んだことナシ、というか選択肢にさえ入れたことナシ、という、
チャレンジ精神の欠片もない、つまらないポタスタイルをとっているのですが、
人間とは時に自分自身の心がわからなくなる時があるもので、
この日はなぜか猛烈に③の“エラく急坂”に挑戦したくなりました。

私共にも自転車乗りとしてのチャレンジ精神というヤツが残っていたのでしょうか?
(残っていたも何もそもそもあったかも謎ですが)

よくよく考えると、食事の中に好物と嫌いな物があった場合、
嫌いな物を一気に食うという心境のような気もしますが・・・

理由はどうあれ、そんな攻めな心境になり、
そこで選んだのがこの道「三組坂」

三組坂

写真では全然大したことがない坂に見えますが、
実際に見るとそこそこ立派な坂なんですよ。これが。

坂苦手フィルターもかかってか、私共の目には、
星飛雄馬の前に立ちはだかる星一徹のような"大きな試練”に見えました。

・・・やっぱ、他の道に行くかな。

と、日和そうにもなりましたが、いや、ここは四の五の言わずにチャレンジあるのみ!

よし!行くぜ、相方君!
そして勢いをつけ、はりきって坂を上り始めたところ・・・つーか、無理。

逆に無駄に勢いをつけたり、無駄にはりきったりしたのがいかんかったんか、
3分の2程度登ったところでスタミナ切れで完全失速、
その後の3分の1は自転車を押して上がる羽目になりました。

ちなみに後を走っていた相方も同じ失敗を犯したらしく、
私と同じような位置で失速→停車→押して歩くというパターンに陥っていました。

なんかヘタレメイトで安心するぜ。

確かに坂の勾配を考えると、いつも行く道の坂よりも断然急なこの坂、
しかし私たちはこの激坂のすばらしさを知りました。

それは、途中で止まって(押して歩いても)恥ずかしくない。

ということです。

だってあんま人とか通らないし。

いつも選択している"それなりに急なダラダラ坂”は、人通りも車通りもある道なので、
車が絶えず後ろから来るから危ないというのもありますが、
私共にもホモ・サピエンスとしての最低限の見栄というものも(一応)ありまして・・・

坂を上っている時は、どんなに辛くとも、苦しくとも、途中にある信号に引っかかって、
坂途中で「そりゃないよ」的に一から漕ぎ出すことになろうとも(これが一番辛い)
止まる事は許されず、見栄という名の気力を振り絞って坂の上まで漕ぎ続けるのです。

でもこっちの激坂なら、そんな見栄をはらなくても大丈夫、
人もいないし、あんま車も来ないし、途中から押して歩く事になっても、
ほとんど誰にも見られないし。

急坂ではありますが、

「プレッシャー的には、断然こっちの坂の方が楽」

ということが判明しました。

坂は勾配があればある程敬遠していましたが、
道というのは走ってみないとわからんといいますか、
実際に走ると数値では測れない付加価値があるもんなんですね。

そして小石川後楽園に到着。

後楽園

先週に引き続き今週も(当然ですが)チケットを買い入園しました。

後楽園チケット

「2週に渡って見頃を逃していたらシャレんなんないなぁ」と思ったのですが、
今回は期待に違うことなく、枝垂れ桜はジャストミートで見頃で、

枝垂れ桜

枝垂れ桜

ついでに、庭園内にもう一本ある枝垂れ桜も見事に満開でした。

枝垂れ桜

前週では地震の影響で壊れ庭園を分断していた橋も直してありましたが、

橋

これは「暫定的に」とか「取り敢えず」というところなのでしょうか?
日本庭園のムードをぶち壊す感じにごっつく仕上がっていますが、
のちのちは元の橋のように日本庭園にふさわしい趣のある橋が架けかえられる・・・はず。

しかし仮にでもこの橋がかかったので、遠回りせずとも
ショートカットで庭園見学ができるのですが、

・・・帰るか。

枝垂れ桜は咲いていたものの、ソメイヨシノはまだ咲いておらず、
他にめぼしい植物がある時期でもないので、前週に一周り回った時と変わり映えせんだろうし、
2週続けて同じ庭を回ることもないだろ。

それに時間を見ると、16時半になったところです。

もしかしたら、元々行く予定だった「六義園」の入園時間にギリギリ間に合うかも。

それに通常の開園時間には間に合わないにしても、
確か六義園では毎年桜のシーズンや紅葉シーズンには、
ライトアップで夜間も開園していたはず・・・

いや、いや、今年はライトアップをやっている場合じゃないでしょう。

とは思いましたが、念の為に六義園までは、行ってみることにしました。

そして約30分後、六義園に到着したのですが、

六義園

・・・ですよね。

午後5時を過ぎていたので、入園もできなかったのですが、
どうやら枝垂れ桜は、満開の見頃だったようで、親切にもこのようなお知らせが。

六義園

なぜもう少し家を早く出なかったんだ?!お前たち!

と、数時間前の自分達に言いたい。

しかし、こんなこともあろうかと(とういかこんなことしかないだろうと)
ポタメシ処はこの辺りに設定してあるので、無駄足にならずに無問題です。

この後は、ワンパターンにもいつもの如く、食事をして帰る・・・・
という、相変わらずのお気楽グルメポタで終わるはずでしたが、
・・・人生って急に何事があるかわからないものですね。

この後には、あの落とし穴が待っていたのです。

・・・続きます。m(__)m

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと2つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事

この記事に対するコメント

湯島のラブホ街に上がる坂はキツイですよね。自分なら上がりませんってより、ハナから靖国通りから神保町白山通りか、後は無縁坂を上がりますね。また小石川本郷方面からですと菊坂を上がり本郷3丁目ですかね。
【2011/04/27 14:54】 URL | 貧脚 #- [ 編集]


くろばいさんこんばんは

プチご無沙汰してます。

突然ですが、くろばいさんの過去の記事を読んでふと思いました。
レンタサイクルニストとしてのご活躍、ますますご清栄のことと
お喜び申し上げます。が、
レンタサイクルニスト………

もしかしてレンタ「サイクリスト」じゃ……

あ、いや、僕は日本語しかできないし、英語とかぜんぜん苦手
だし、、、、

ほんとーに「レンタサイクルニスト」が正しくても「ばっかじゃねーの
こいつ」とか「そんなのどっちでもいいじゃんよー、ケ〇の穴の小さい
やつだなー」とか思わないでくださいね。

【2011/04/27 20:34】 URL | ヤッタラン副長 #- [ 編集]

騙し絵
そうそう ぎょえ~って感じの激坂なのに写真に撮ると何だかわかんなくなっちゃうんですよね

で、1枚目の写真は上り坂ですか、下り坂ですか^^
【2011/04/27 20:46】 URL | くろえ~かいっ #- [ 編集]


こんばんは。くろばい様。

文京区。。。。未踏の地でしたが、先日初めて走りましたら
おっしゃるとおり、坂だらけなんですねぇ。。。
つらかったです。 でもまた走る機会があると思いますので
せめて、美味しい処ご紹介よろしくお願いします♪
【2011/04/27 20:49】 URL | さふらこ #- [ 編集]

坂がないルート
ちょっとだけ遠回りになりますが、坂がないルートありますよ。

仮に、秋葉原駅をスタート地点とします。
南に向かって京葉道路(R14)で右折します。(西へ向かう)

そのまま進んでいくと神田のスキー屋さん街。
もうちょい進みます。

三省堂を通り過ぎると、一気に神田の古書店街。

神保町の交差点で、右折します。(北へ向かう)

そのまま進んでいくと、気付けば水道橋駅でして
坂知らずで後楽園遊園地に到着します。

遠回りによる追加の距離は、1.5~2Kmくらいだと思います。
そしてこのルートは学生街のど真ん中を通るというメリットもあり
旨くて安い食べ物屋さん、いっぱいありますよ~。
【2011/04/30 18:06】 URL | スターチャンネル #- [ 編集]

貧脚さん、こんにちは
コメントありがとうございます。

湯島のあの辺りはいろんなタイプの坂がありますね。
うちは普段は春日通りから上がっていますが、
ちょっと車通りが多いのと途中に信号があるのがキツイので、
急坂の方がいいかもと思い始めています。

【2011/04/30 22:03】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]

ヤッタラン副長さん、こんにちは
コメントありがとうございます。

レンタサイクル+ニストだと思っていたのですが、
おっしゃるようにレンタサイクリストかもしれませんね。
ちょっと横文字に弱いもので・・・(汗)
しかしレンタサイクル活動を続けて数年・・・今更直すのもなんなので、
ここまで来たら間違いのまま活動を続けて行くかもしれません。
どうかアホなヤツだと思って見逃してやってくださいませ。(笑)
【2011/04/30 22:20】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]

くろえ~かいっさん、こんにちは
コメントありがとうございます。

坂というやつはどうして真実の姿をカメラにおさめさせてくれないのでしょう?
あれでも上り坂です。

【2011/04/30 22:24】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]

さふらこさん、こんにちは
コメントありがとうございます。

文京区は坂多いですよね。
私は普段は比較的坂のない道を走っているので、
文京区を走る時は少々辛いです。
わが家は辛さの後には、ご褒美的なものを用意しておかないとダメなタイプなので、
グルメはこれからも続けていきたいと思います。
【2011/04/30 22:38】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]

スターチャンネルさん、こんにちは
コメントありがとうございます。

文京区に行くときは坂は必須だと思っていたのですが、
坂道を通らない手もあるもんなんですね。
どうしても坂を上りたくない気分の時があるので、
その時に活用させて頂きます。
ありがとうございます。
【2011/05/01 22:34】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



広告



カテゴリー

にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ
人気ブログランキング



プロフィール

くろばい

Author:くろばい
愛車ビアンキ・パッソ
【愛称:ビンちゃん】
愛車2ビアンキ・ミニベロ9
【愛称:ベロンチョ(ベロちゃん)】
激情にながされ1週間で購入に至る
愛車3ママチャリ
【愛称:ソルジャー・チャーリー】
現在自転車3台を所有。
あまりの自転車の増殖率に
恐れおののく日々。
これ以上、増えることはないと
思いつつも、自分が信じ切れない
今日この頃・・・。

相方(くろばいB)
愛車:RSR-4(ブルー)
【愛称:ルイちゃん】
愛車2:ラレー・RSW SPECIAL
【愛称:くろまるくん】
新たにミニベロを購入して、
自転車わが世の春を謳歌中。
自己開発のアンゴラダイエットの
お陰で(いまのところ)メタボリック
危険水域を脱出。
しかし現在、ポタ時はポタメシを
思いっきり解禁しているので、
リバウンドに王手か?



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



月別アーカイブ



カウンター



ブログ内検索



RSSフィード

  • seo



おすすめの自転車本

わが家の自転車メンテナンスのバイブル!





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。