クロスバイクを買っちゃうぞ!
初心者がクロスバイク乗りになるまでの軌跡
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行田のB級グルメを食べちゃうぞ!
ポタ日記の途中で恐縮ですが・・・

週末は比較的いいお天気でしたね。

しかしわが家はまたまたお留守番の為に、週末はしょう油の街市ステイだったのですが、
昨日は、わが家が前から行きたかった行田まで車で行ってきました。

行田と言えば、謎の食べ物「ゼリーフライ」、
そして揚げてないのに何故か「フライ」だという食べ物・・・

この行田が誇る(?)B級グルメ達を食す為だけに、
しょう油の街市から行田へと向います。

名物だけあり、行田には、このゼリーフライとフライの店が多くあるようですが、
その中でも主に食べログ内での評判が良かった、こちらの「寺田」さんに行きました。

寺田

どうやら行田には"フラべぇくん”というフライをモチーフにしたゆるキャラがあるらしく、
こちらの寺田さんの前にはフラべえくんののぼりが。

フラべぇ

あれ?フライのゆるキャラがあるのに、
なんでゼリーフライのキャラはないんだ?

と一瞬、思ったものの、深くは考えずに入店。

見た目はちょっと行田B級グルメ素人には敷居が高い感じのお店でしたが、
勇気を出してこの扉さえ突破してしまえば、然程でもなく・・・

お店の中は2人掛けの席が3テーブルだけというかなりこぢんまりとした感じでしたが、
昭和の定食屋的な空間で、昭和生まれの私としては、落ち着く感じのお店です。

この日はたまたまそうだったのか、それとも随時そうなのか、
おかみさんが一人で注文、調理と切り盛りされているようで、
飲み物の麦茶はセルフで頂く感じです。

そして壁のメニューを見た時、

メニュー

あるミステークに気づきました。

フライはあるものの、肝心のゼリーフライがない!∑(゚∇゚|||)

フライがあるお店は大抵ゼリーフライを同時販売していると
勝手に思い込んでいましたが、どうやらそうではないようです。

しかしここは怯んではいけない。

ゼリーフライは他のお店で食べるとして、取りあえずこのお店では、
フライと目玉焼き付きの焼きそばを注文しました。

こちらが「フライ(大)」(300円)

フライ

揚げてもいないのに何故にフライ呼ばわりなのか謎ですが、
一般に言うところの“ねぎ焼き”のようなシロモノです。

生地がモッチモチで甘酸っぱいソース味のB級感溢れる旨さ。
意外にご当地グルメは、実際に食べてみるとトホホな感じも多いですが、
このフライは個人的にはかなり好きなタイプの味です。

生地は薄くはありますが、このお値段なのに予想以上に大きく、
しかも中にお肉まで入っていました。

フライ

無茶しやがって・・・という感じです。

そしてもう一品、こちら行田だけではなく、幾多の地方のB級グルメ界を支えてきた帝王、
「焼きそば(目玉焼き付)」(400円)ですが、

焼きそば

それが行田スタイルなのか、太めの麺の焼きそばです。

目玉焼き付きというのはこのお店のオリジナルかもしませんが、
(通常の焼きそばもありました)
突付くと半熟の目玉の中からトロリと黄身が溶け出します。

焼きそば

この黄身と混ざりあった焼きそば部分は味がマイルドになり、
一度に二度の味が楽しめるのも、お得好きの相方さんのツボをついた感じでした。

お値段から考えると、本当に大きなものが来ると思わなかったので、
フライはマジで大サイズ、焼きそばも大にしたのですが、これも意外に量が多く、
ドキ☆粉物だらけのB級グルメなので、結構お腹に溜まりました。

「量は大した事がないだろう」とたかを括り、行田に着く途中に空腹に耐えかねて、
コンビ二おにぎりという無駄炭水化物を取ったことが悔やまれます。

しかし幾ら腹が一杯になろうとも、一番有名且つ、興味深い名物「ゼリーフライ」を食べねば、
行田から一歩も出るわけには参りません。

途中、博物館の前で行田の観光資料を頂く機会に恵まれたのですが、
その資料を見てみると、

やっぱりいたんか!ゼリーフライを模したゆるキャラ!

こぜにちゃん

フライにさえいるんだから、ゼリーフライにもいるって信じていたぜ。

「こぜにちゃん」という、何やら金の臭いがするネーミングですが、
ゼリーフライの由来は、形が小判(銭)にそっくりだったことから
「ゼニフライ」が「ゼリーフライ」に変わったためという説もあるよう で、
こぜにちゃんという名前はそこからきてるんっすかね?

しかしこのゆるキャラを見て、

「こぜにちゃんは、フラべぇくんに対して雑な感じがするね。(ぼそっ)」

と相方。

絵柄を見ると同じ作者の方がデザインしたと思われるのですが、
マント等の装飾品をまとったフラべぇくんに比べると、
「ゼリーフライに手足を付けただけのデザインやん!」というこぜにちゃんは、
若干、やっつけ感が漂うデザインと言えなくもない。

いや、いや私共素人にはわからんが、これは逆に無駄を省き、
極限まで研ぎ澄ませたデザインなのかもしれん。

しかしこのこぜにちゃんは、

“観光案内をはじめ市内6ヶ所で無料レンタサイクルがあります。”

というような、わが家のようなレンタサイクルニストに有益な情報を
さりげなく吐いちゃってくれています。

無料のレンタサイクルとは、廃止にならないうちに調査したいと、
レンタサイクルニストの(無駄な)使命感は芽生えましたが、
私は、レンタサイクル二ストの前に愛犬の飼い主。
昨日は、仕方なくレンタサイクルニスト活動は諦めました。

そして、この行田B級グルメに特化した資料によると、

資料

やはりゼリーフライだけのお店、フライだけのお店、
両方を取り揃えているお店とあるようです。

資料

先にこの資料を見る事ができれば、その辺の括りは一目瞭然でしたが、
こういう有効資料は現地に着かないと収集できないんですよね。

ちなみにこの後ゼリーフライを食べに行こうと思っている駒形屋さんは、
ゼリーフライの方だけのお店のようです。

さて、駒形屋さんは寺田さんから然程離れていない、
“水城公園”の向いにあるお店です。

愛犬の散歩も兼ねてまず水城公園に寄りましたが、

愛犬

大きな湖のあるいい感じの公園でした。

水城公園

とてもいい陽気ですし、釣り糸を垂れている方が多かったのですが、
何が釣れるのかは不明。

水城公園をぐるりと周り、車道を渡ったところに「駒形屋」さんがありました。

駒形屋

お店の場所柄フランクフルトやらサンドイッチやら他の軽食も扱っている
と思ったのですが、看板にもあるように、メニューはゼリーフライ以外にないような・・・

まさかのゼリーフライ一本勝負の大胆な商法のようです。
(横に自動販売機はありますが)

こちらのゼリーフライは一本60円・・・って安っ!∑(゚∇゚|||)

ゼリーフライ

そんな安価なのに、満腹状態だった為に、二人で一本しか購入せずに、スミマセン。(汗)

見た目は衣のないコロッケという感じで、気のせいかシナモンの香りがします。

このゼリーフライのB級感漂う見た目とは、
ちょっとそぐわないような香りですが、幻臭か??

中の材料はジャガイモとオカラだそうで、

ゼリーフライ

全体に掛かっているソースのせいもあり、
味は見た目通り衣のないコロッケという感じです。

B級グルメの他に行田には、小説“のぼうの城”の舞台の忍城、
古代蓮、埼玉古墳群もあるようですが、愛犬がドライブが好きなので、
観光地は次のレンタサイクル二ストとしての活動時に取っておき、
B級グルメのみに特化したまま、行田の街を後にすることにしました。

次に向かったのは「佐野」

埼玉県の行田市と栃木県の佐野市は存外近いということを
行田に来て知りまして、ちょっと足を伸ばして佐野へと向かうことにしました。

目当ては佐野にある天然かき氷のお店。

日光の天然氷をかいてくれるお店だそうで前から目を付けていたのですが、
丁度、かき氷のシーズンになってきたので、行ってみることにしたのです。
って、わが家は食いもんでしか動かんのかい。

行田から佐野までは1時間弱位、目的地の「菊水苑」さんに到着。

菊水苑

菊水苑さんへは、ちょっと狭い住宅地のようなところを入って行くのですが、
テラス席の横には小さな河が流れ、氷を食べるにはロケーションのいいお店です。

菊水苑

夏はこの河の中にテーブルを置き、
足を河に浸しながらかき氷を食べられるそうな。

菊水苑

普通にお店の中でも食べられますが、テラス席が1席空いていたので、
せっかくだからテラス席の方で食べることにしました。

せっかくだから病の相方は革新的な「氷ミカン」(500円)

ミカン

保守的な私はオーソドックスに「氷イチゴ」(500円)

イチゴ

シロップはフルーツの天然果汁を使用しているようで、
イチゴはちょっと酸味がありましたが、ミカンは甘くてめちゃめちゃ美味い。

そして何より、やっぱり氷が美味い。

天然氷ならではのほわっとした口溶けです。

これは真夏に食べると更に最高度が増すでしょうが、
真夏はかなりの混雑の予感がします。

うちから佐野までは、ちょっと自転車で行ける距離ではないのですが、
自転車を漕いだ後に、この氷を食べると美味しさが倍増するに間違いない。

行田から(無料)レンタサイクルに乗ってくる・・・のは遠い気がするし、
近くの道の駅「どまんなかたぬま」まで車載で来て、
そこから自転車というのが、一番建設的な方法でしょうか。
それはそれで近過ぎるような気がしますが・・・

機会と根性があったら今年の夏はチャレンジしてみたいものです。

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事

この記事に対するコメント
行田
行田の水城公園は、忍城時代まつりのときに行ったことがあります。
フライ、ゼリーフライという名物があったのですか。気付きませんでした。

http://blogs.dion.ne.jp/eos/archives/9821782.html

この辺りの事前情報収集能力が決定的に欠けているスタです。

先日、吉見運動公園の近所まで自転車で行き、雨・雷・雹にやられて引き返してきましたが、あそこから行田までは5~6Kmかなぁ。朝8時ごろの出発で、夕食は家で食べることが可能でした。
【2011/05/16 11:48】 URL | スターチャンネル #- [ 編集]

銭富来
おお 彩の国発祥の地とかいわれる行田まで足を運んでいただけましたかv-218

くろえさんとしてはBといいつつ何か気合いの入ったび~ぐるが蔓延る今日この頃
「ホントにこれでいいのか」感炸裂の見た目/お味がお気に入りですv-238

ところで行田と佐野って近いんですかv-236
【2011/05/16 21:32】 URL | くろえ~かいっ #- [ 編集]

こんばんは^^
行田ゼリーフライは一度食べてみたいと思ってるんですよね
仕事で行田は行ったことがあるのですが時間がなかったので食べれませんでした・・・orz

フライはイカ焼き、キャベツ焼きに見た目は似てますね
でも具材は別物なので味も全然違うんだろうなw
でも美味しそうなんで食べてみたいです♪
【2011/05/17 22:47】 URL | ねこメシ #- [ 編集]

はらはら
週末は良い天気でしたね。
かき氷は少し早いかと思いましたが、日曜などは充分暑ったです。
それにしてもB級グルメ、各地とも頑張っていますね。恐る恐る見て
いたのですが、ほどほどの味でよかったです。(味がどうなのか
見ているほうがハラハラしました^^;)
【2011/05/18 10:20】 URL | kincyan #sSHoJftA [ 編集]

スターチャンネルさん、こんにちは
コメントありがとうございます。

フライとゼリーフライは地元では元々食べられていたのでしょうが、
このところのB級グルメブームでクローズアップされたような気がします。
私も数年前に何かのテレビ番組で知りました。

忍城は次の機会に取っておいたのですが、
忍城時代まつりというものがあるんですね。
火縄銃演武は凄く面白そうです。


>吉見運動公園の近所まで自転車で行き、雨・雷・雹にやられて引き返してきましたが、

災難でしたね。
これからはゲリラ雷雨の季節になりますね。
【2011/05/18 22:54】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]

くろえ~かいっさん、こんにちは
コメントありがとうございます。

行田は彩の国発祥の地なんですか?
歴史ある街なんですね。

特にこのフライはB級グルメにしておくのは惜しいぐらいです。
居酒屋ででも出せば、立派な一品になるかと・・・

佐野と行田は車で1時間弱ぐらいでした。
車感覚で近いと思ったのですが、距離はありますね。^^;
【2011/05/18 22:57】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]

ねこメシさん、こんにちは
コメントありがとうございます。

ゼリーフライ、思ったのと若干違う味でしたが、
安く手軽に食べれるB級感がなかなか良かったです。

フライはねぎ焼きという印象でした。
お店によって違うのかもしれませんが、ここのお店のフライは、
モッチモッチしていて美味しかったです。
又食べたい味でした。
全国進出して欲しい程です。
【2011/05/18 23:01】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]

kincyanさん、こんにちは
コメントありがとうございます。

まだちょっと食べ終わった後は寒くなりますが、
美味しかったです。
天然ものは最高ですね。

B級グルメも最近は侮れない味ですね。
最近は大会なんかもあり、切磋琢磨してがんばってらっしゃるんでしょうね。
元々地元にあったのでしょうが、フライなんかは全国展開しても
なかなか評判がいいと思うのですが・・・・
【2011/05/18 23:04】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



広告



カテゴリー

にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ
人気ブログランキング



プロフィール

くろばい

Author:くろばい
愛車ビアンキ・パッソ
【愛称:ビンちゃん】
愛車2ビアンキ・ミニベロ9
【愛称:ベロンチョ(ベロちゃん)】
激情にながされ1週間で購入に至る
愛車3ママチャリ
【愛称:ソルジャー・チャーリー】
現在自転車3台を所有。
あまりの自転車の増殖率に
恐れおののく日々。
これ以上、増えることはないと
思いつつも、自分が信じ切れない
今日この頃・・・。

相方(くろばいB)
愛車:RSR-4(ブルー)
【愛称:ルイちゃん】
愛車2:ラレー・RSW SPECIAL
【愛称:くろまるくん】
新たにミニベロを購入して、
自転車わが世の春を謳歌中。
自己開発のアンゴラダイエットの
お陰で(いまのところ)メタボリック
危険水域を脱出。
しかし現在、ポタ時はポタメシを
思いっきり解禁しているので、
リバウンドに王手か?



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



月別アーカイブ



カウンター



ブログ内検索



RSSフィード

  • seo



おすすめの自転車本

わが家の自転車メンテナンスのバイブル!





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。