クロスバイクを買っちゃうぞ!
初心者がクロスバイク乗りになるまでの軌跡
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

深大寺「鬼太郎茶屋」へGO!【最終回】
お参りをする為に、お蕎麦屋さんから深大寺へ戻る道は、
先刻、私共をびびらせる程混雑していた土産物店通りをもう一度通って行きましたが、
時刻はそろそろ帰路へ向かう人もいそうな午後の4時近くになっていたので、
心なしか混雑は一段落したようでした。

途中、違う記事が入り、間が空いてしまい申し訳ありませんが、
深大寺ポタの続きになります。

ちなみにその1は→こちら、その2は→こちらになります。

よろしかったらお付き合い下さいませ。

************************************************

深大寺

深大寺は、この土産物屋さんが立ち並ぶ通りから一段高いところにあり、
あちらの階段を上っていくようです。

深大寺

下界というか、下の世界が賑わっていたので、
何となくきらびやかな寺院を想像していたのですが、
歴史のあるようなシンプルな造りのお寺でした。

深大寺

(自称)手水マニアなので、手水も紹介させてもらいますが、

手水

手水はシンプルで、お釜を模しているのでしょうか?

手水マニア歴(おそらく)2、3年の私ですが、
今まで見たことないオリジナリティーのあるデザインです。

お寺の敷地内では、こんな可憐な花も見頃を迎えていたのですが、

なんじゃもんじゃ

この木は実は“なんじゃもんじゃ”という、なんじゃそりゃーな名前なんですね。
後で知りました。

念入りにお参りを済ませた後、再び下に降り、
いよいよこのポタの最大の目的である「鬼太郎茶屋」へと向かいます。

先程のお蕎麦屋さんの混雑ぶりから想像するに、
鬼太郎茶屋のような稀少性の高い茶屋は更なる混雑が予想されます。

ドキドキしながら鬼太郎茶屋に向かいましたが、

そう言えば、鬼太郎茶屋の場所がわからねぇ。

元々深大寺はこんなスペクタクルな空間ではなく、もっとこぢんまりとした場所で、
鬼太郎茶屋も場所を覚えるまでもなく、行けばわかると思っていたので、
詳しい位置を調べてこなかったんです。

鬼太郎茶屋という雰囲気から、ちょっと外れた森の中にあるのだろうと、
深大寺周辺を右往左往したのですが、見つからず・・・

相方の「案外、一番目立つところにあったりして。」と言う言葉に、
深大寺の入口へと続く、両側に土産物やが続く参道を見ると、
まさに「灯台下暗し!」ということわざを地でいくような、
参道に入って直ぐのめちゃめちゃ目立つ場所にありました。

真面目に参道から入れば、さすがの節穴EYEの我々でも直ぐに分かったはずですが、
深大寺には横から入ってきたので、つい見逃していたんですね。

屋根にはこれがあったら鬼太郎茶屋以外の何者でもないような、
(おそらく鬼太郎の所有物らしき)大きな下駄が乗っかっています。

鬼太郎茶屋

しかし予想通りと言うべきか、遠目に見ても、結構な繁盛ぶりです。

喫茶スペースに座るために、ここからまた何時間位の並びに参加するかわかりませんが、
時間が時間だけあり並んだとしても、その後に食物にありつけるかが、不安なところです。
並んでいるうちにタイムアップという一番最悪なシナリオも・・・(--;)

近づいていくと、鬼太郎茶屋だけあり、茶屋の外装はもちろん鬼太郎一色ですが、

鬼太郎茶屋

敷地の周りの細かいところにも、いろいろと鬼太郎色が出ています。

まず入口付近には、鬼太郎二大看板の(?)鬼太郎とねずみ男、

鬼太郎

外には鬼太郎一味(?)がお揃いで、

鬼太郎茶屋

こちらは一見、一部が顔ハメになっているように見えたのですが、
普通に単なる絵のようで、顔ハメニストの相方は目に見えて落胆していました。
そう言えば、こういうところには必ずある顔ハメが見当たらなかったっです。

鬼太郎達の描かれている車もありましたが、

鬼太郎車

ライトが目玉おやじさんになっており、

鬼太郎車

細部に渡って拘りを感じます。

そして木の上には、お約束と言えばお約束の鬼太郎ハウスが!

鬼太郎ハウス

私はかなり古いアニメバージョンの鬼太郎世代ですが、
子供の頃アニメの中にあった世界が三次元になっているのを見ると、
幾つになっても興奮するものですね。

いや、いや、年甲斐もなく盛り上がっている場合じゃなくね?

早いところ喫茶の方に並ばなければ、
今日の営業時間までに間に合うかも疑問な感じなのでした。そう言えば。

建物の中を覗くと、鬼太郎茶屋は半分が鬼のように混み合っている鬼太郎グッズのお土産店、
もう半分が畳敷きの部屋のような喫茶スペースとなっていて、
そこには、雰囲気のあるちゃぶ台が4テーブルあり、お客さんでうまっていました。

しかし、たった4テーブルとは・・・(愕然)

これは、思ったよりもかなり競争率が高そうです。

外にはテラス席とも言える縁台が幾つかあり、
喫茶スペースで注文したものをここで食べるのも可能なようですが、

鬼太郎茶屋

やはりせっかくだからちゃぶ台のある建物の中で食べたい。

待つ時は、並ぶのではなく、ウェイティング名簿(?)に自分で名前を書くようなので、
どれぐらいの人が待っているのだろうと戦慄しつつ、名簿を見ると、

あれ?なんか前にはひと組しか待っていなくね?(゚∇゚ ;)

見間違えかと思いましたが、何度見てもどう見ても、めくってみても、
最後の列に名前が書かれているひと組以外は、案内済みのマークが付いていて、
私共の前にはひと組しか待ちがいないというのが、事実のようです。

4テーブルしかない希少価値なのに、この競争率の低さは何者?!

なんか意外過ぎる展開です。あの戦慄はなんだったんだ?

まあ、良かったと言えば良かったのですが、人間心理は複雑なものでして、
私共が深大寺に来たのはこの鬼太郎茶屋が目的でしたし、
お蕎麦の方ではなく、こちらでこそ待つ覚悟で来たので、
この待ちのなさには嬉しいようながっかりなような妙な気分です。

取りあえず名簿の最後尾に名前を書き、お土産物を物色したのですが、
あまり物色する間もなく、あっという間に自分たちの番が来て、
ちゃぶ台の一つに案内されました。

・・・意外と回転も早いんですね。

昭和的な雰囲気のある茶屋の中は、水木先生のサインやら、
鬼太郎ポスターやら、等身大(?)の鬼太郎さん(目玉おやじ付き)がいました。

鬼太郎

妖怪メニューはいろいろありましたが、2つ注文しまして、
まず来たのが、こちらの「妖怪クリームあんみつ」(500円)

妖怪クリームあんみつ

餡やアイスクリームと丸く盛られているので、パッと見よくわかりませんが、
どうやらこの左上のヤツが“目玉おやじ”という事らしいです。

でも、確かこれは土産物ゾーンに売っていた“目玉おやじ”団子じゃね?

通常のクリームあんみつに大量生産の目玉おやじ団子を入れただけというのは、
ちょっとした手抜き感は否めませんが、これはこれで(心の目で)よく見てみると、
だんだん目玉おやじの入浴シーンに見えないことはない。

そしてもう一つは、「ぬりかべ味噌おでん」(350円)

ぬりかべ味噌おでん

私特にぬりかべさんのファンというわけでもないですし、
特に味噌おでんが大好物というわけでもないのですが、
この二つが混ざった時に大いなる相乗効果を生んだようで、
深大寺に来たのは鬼太郎茶屋に来るのが目的だったように、
鬼太郎茶屋に来たのは、この味噌おでんが目的だったりします。

要は、これの為に片道30kmを漕ぎ、ここまで来たと言っても過言ではないのですが、
実物を見てみると、

ディテールに関してイマイチこだわりを感じねぇ。

しかし「じゃあ、ぬりかべ以外のなんだんだ?」と問われると、
ぬりかべ以外の何者でもないので、まあ、いいか。

ちなみに伝票の後ろ側もぬりかべになっていまして、

ぬりかべ伝票

四角いものがあれば、少しの工夫でぬりかべさんになるので、
なんか意外と使い勝手がいいんですね。ぬりかべさんて。

俳優界でいうと、内藤剛志さんのような立ち位置でしょうか。

双方とも味に特別感はありませんでしたが、その辺はコンセプト勝負なので、
適度に美味しければヨシとしたいと思います。

そして食べ終わった後は、「せっかくだから」と鬼太郎グッズを
お土産に購入して行くことにしましたが、酸欠を覚える程の半端ない混雑に、
あまりのんびりと選んでいる暇もなく、適当に2品を購入。

日が延びたとは言え、この時点ですでに17時近くになっていたので、
この後は、すぐに深大寺を後にすることにしました。

深大寺には、約3時間半程いた事になりますが、

ほとんどの滞在時間=待ち時間

だったような気がします。
何せお蕎麦を食べるまでに2時間待ったしなぁ。(--;)

ところで、「ポタの道を少しでも楽にしたい協会」に属する私共としては、
行きの道は、車の通りが少ない点は良かったものの、
少々アップダウンがあった事が引っ掛かります。

やはり負の事柄があると、新たな可能性に賭けたくなるのが人情で、
帰りは別のルート、最初にルート候補に上がっていた“甲州街道”から
帰ってみることにしました。

が、


甲州街道は、基本的な幹線道路という感じで、車がやたら多いストレスフルな道で、
あっという間に心が折れ挫折。

甲州街道を走ったために、結果的に遠回りになりましたが、
来た時の道まで戻り、その道で帰りました。

甲州街道の方が距離的には短いようですが、
攻めの姿勢がまったくない負け犬系ポタリストのわが家には、
草食系の相方が直感的に選んだ道の方が合っていたようです。

さすが草食系は危険察知能力に長けているなぁ。と感心。

ようやく行きの道まで戻り、順調に走りだそうと思ったところで、
やんごとない生理現象に見舞われ、高円寺辺りで、早速、休憩を取りました。

もう少し先まで走りたかったですが、さすがに生理現象には逆らい難い。

それにしても、カフェは(も?)西高東低と言われますが、
わが区のある東側にはない感じのオサレなお店がザクザクあるのが羨ましい。

高円寺カフェ

アイスコーヒーと・・・あまりにオシャレでウマそうな感じだったので、
確かに美味かったが、正直、アイスコーヒーとは食べ合わせがイマイチだった、
アボカドのディップのようなものをうっかり注文してしまいました。

アボカド

そこからは徐々に日も落ち、完全にナイトライドでしたが、
妖怪体質ナイトライド体質な私は、夜になると力が漲りまして、
同じアップダウンも昼間よりは全然辛くなく、順調に家に帰りつきました。

途中、家飲み用にラクーアで(アルコールを)買い物をして帰ったのですが、
この日はこどもの日前日の為か、カーネルサンダース氏が手作り感溢れる微妙な鎧姿でいました。

カーネルサンダース

に、似合わねぇ。(゚∇゚ ;)

とか思ってはいけない。

似合う似合わないの問題ではなく、郷に入れば郷に従えといいますか、
幾ら外国人と言えども、日本で仕事をしている以上は、
日本の行事に抗うことはできないのでしょう。

まったりとした疲れと、相方は久々のケツ痛を発症して家に着きましたが、
サイコンを見てみると走行距離は、

走行距離:63.00㎞
走行時間:4:34:06
平均速度:13.7㎞/h
最高速度:34㎞/h

やっぱり長距離ポタと題するにはちょっと短い距離だったかも。

ちなみに鬼太郎茶屋で買ったお土産は、「ねずみ男汁」(150円)と
「目玉おやじ飴」(5本入504円)

ねずみ男汁

ねずみ男の汁というと、個人的なイメージは、ドブ色。

救いのないドドメ色のイメージです。

勢いで買ってきたものの、開けるのが怖いような気がしましたが、
実際に中に入っていたジュースは、イメージとは異なり爽やかな黄色。

ねずみ男汁

”はっさく味”と書かれていましたが、味もすっきりとした飲み心地の柑橘系の味で、
金に汚く仲間を裏切りまくるという、ねずみ男の悪行を知る身としては、

この汁のどこがねずみ男の汁なんだ?

と疑問に思うばかり。

一般的なねずみ男のイメージは意外に爽やかな柑橘系男子なのか?

目玉おやじ飴の方は、目玉おやじそのものなこんな感じで、

目玉おやじ飴

味もなかなかの美味です。
しかし目玉おやじさんも、何かと商品にし易そうなキャラですね。

目に優しいというブルーベリー味だそうで、暫し舐め続けると、

目玉おやじ飴

ぎゃーーーっ!おやじ、何日間寝てないんじゃーーーっ!

という位、めちゃめちゃ充血しています。

なんかホラーチックの目玉おやじですが、
そう言えば、ジャンルをざっくり分ければ、鬼太郎自体がホラーなのか?

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事

この記事に対するコメント

くろばいさんこんばんは

ぬりかべみそおでんって、味噌はもしかして目のところだけ?
だとしたら味はついてるんでしょうか??

ところで、
>ポタの道を少しでも楽にしたい協会
実は僕も協会員なのですが、協会員のバイブルはこれ!!
http://www.mapple.co.jp/news/news.asp?id=181&TGTPATH=..%2Fshared%2Fpdf%2Fnews%2F181.swf

なんと紙の本の地図なのに道路の傾斜のきつさがわかるという優れもの!!
し、か、も、先日くろばいさんが遭遇した急なパンクで修理キットを持って
いなくてももう安心。
都内の自転車屋さんがもれなく網羅されています。

もっと早くくろばいさんに紹介しようと思ってましたが、今日の記事を読んで
思い出しました。
【2011/05/18 22:32】 URL | ヤッタラン副長 #- [ 編集]

むしろ
自称アクティブ クロスバイク乗りの自分としてはルート選択は最短ルートや激坂をあえてルートに選んでいます。
激坂(大体斜度20%以上)はトレーニングコースにしていますよ。
さて神奈川県の最先端川の先っちょ川崎から九州は福岡に引っ越しました。
福岡に来て思ったことが、皆様車の運転が「荒すぎ!」です。幅寄せや左折の巻き込み・無理な追い越しなどは日常のことです。(そこで目の色を変えて追っかけていき信号待ちとかで車を蹴り飛ばしたりしています)関東のドライバーさんのマナーのよさには頭が下がりまする。
先週は1400ccのバイク(最高速度300km/hぐらい)で走行していて皆様とスピードを合わせて走行していたら軽自動車のオッサンから文句を言われて煽られたのですが折りよく白バイのお巡りさんが一部始終を見ておられて見事にオッサンはパクられてました(笑)
【2011/05/18 23:19】 URL | まっつん #- [ 編集]

水木しげる
深大寺には、たまに自転車で行くのですが、鬼太郎テーマの店が出来て、こんなに流行っているとは思いませんでした。テレビの力恐るべしというところでしょうか。水木しげるさんも、観光開発に貢献していますね。境港もすごかったですよ。

もっとも、ロードで深大寺に行きますので、こういう混んだ店には入れませんけどね^^;。
【2011/05/19 04:47】 URL | kincyan #sSHoJftA [ 編集]


私たちも先日深大寺に行ってきました。目的は鬼太郎茶屋だったのに定休日でした^^;クロバイさんの記事で堪能させていただきました。
やっぱり湧水にも行きました。平日にもかかわらずちょっと並びました(5分くらい)でもお蕎麦がでてくるまでやっぱり20分くらい待ったかな。待つのがデフォなのかも。
深大寺も平日にしては(植物園も休園日)にぎわっていましたよ。深大寺パワーあなどってはいけませんね。
【2011/05/19 08:24】 URL | ぐり #- [ 編集]

いい日、顔ハメ。
あのデザインで顔ハメじゃないなんて…左舷、弾幕薄いよ!!

それに比べて武者カーネル!
さりげない扱いながら、今夜の夢に出そうな勢い。

ぜひともこの記念に以下の実証記事をリクエスト♪
http://www.lifehacker.jp/2009/07/090728kfc.html
【2011/05/19 13:56】 URL | たまごあたま #3DpfYUu6 [ 編集]


あ~面白かったです、鬼太郎茶屋旅行記。
充血目玉おやじあめ、欲しい~。 ねずみ男汁も絶対買って帰ります。
目玉おやじライトも笑える~。

いやいや、とても参考になりました。ありがとうございます。
月末から来月にかけて、行ってみようと思っていますので助かります。
より楽しみになってきました♪

【2011/05/19 22:39】 URL | さふらこ #- [ 編集]

境内写真
このジャスト右にある(はずであろう)木が問題の「ただじゃない木」です。

西高東低って23区限定の話ですよね。。
【2011/05/20 06:52】 URL | くろえ~かいっ #- [ 編集]

ようこそ多摩地区へ
楽しく読まさせていただきました。
なかなかご苦労されてお蕎麦食べましたね。鬼太郎茶屋の向かいも割と美味しいですよ。
調布はJリーグFC東京のホームスタジアムがあります。今度はサッカー見に来て下さいネ。
また、三鷹辺りから井の頭通りを西に進むと自転車道になります。多摩湖自転車道と言いまして、ある意味自転車乗りのメッカでもあります。ロングライドに是非お越し下さい。我が家の近くも通りますので。
【2011/05/20 19:59】 URL | Cozy #RUYTVyYs [ 編集]

ヤッタラン副長さん、こんにちは
コメントありがとうございます。

みそが写っていなかったですね。すみません。^^;
みそは別盛でありました。
幾ら絵が描かれているとは言え、こんにゃくだけではキツイですよね。(笑)

このマップルは書店で見たことがありますが、
坂道の傾斜も載っているんですね。
私のようなヘタレ人間にとっては、それは便利そうです。
今度、本屋さんで詳しく見てみます。
情報ありがとうございました。
【2011/05/20 23:38】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]

まっつんさん、こんにちは
コメントありがとうございます。

福岡に引越しされたんですね。
車の運転は何故か県によって違いますよね。
私は千葉で育ったのですが、千葉は事故数ではワーストの方ですが、
結構車はのんびりと運転している人が多くて、
東京に来た時は、みんな荒くて驚きました。
しかし追いかけてきて車を蹴飛ばすとかは、
さすがにあまり関東では見られないですね。^^;
私的には九州はそんなに荒いイメージがなかったんで驚きました。

でもそういった道路事情では、自転車を運転するのも大変ですね。
気をつけて下さいね。
【2011/05/20 23:48】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]

kincyanさん、こんにちは
コメントありがとうございます。

この日はゴールデンウィークのせいもあったのか、
喫茶スペースよりもお土産店の方がめちゃめちゃ混んでいました。
「ゲゲゲの女房」効果もあるんでしょうね。
境港の方は大々的にゲゲゲの鬼太郎で街おこしをしているようなので、
面白そうですね。
鬼太郎やねずみ男電車もあると聞きますので、
私も機会があれば、一度は乗ってみたいと思っています。
【2011/05/20 23:52】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]

ぐりさん、こんにちは
コメントありがとうございます。

ぐりさんご夫妻も深大寺に行かれたんですね。
鬼太郎茶屋、定休日で残念でしたね。
でも、こういうお店でも定休日があるとは思いませんでした。
湧水さんはやっぱり平日に行くのが正解ですね。
それでも列ができていたとは、さすがです。
列で1時間半、お蕎麦が来るまで約30分の2時間待ちはキツかったです。
私も深大寺がこんなに人気のあるスポットだと思いませんでした。
行ってみると確かにいいところなんで人気のあるのもわかりますが・・・
【2011/05/20 23:55】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]

たまごあたまさん、こんにちは
コメントありがとうございます。

このデザインは顔ハメだと思いますよね~。(笑)
ここは定石通りにせめて鬼太郎顔ハメか、
ねずみ男顔ハメが欲しかったところです。

あの鎧姿のカーネルサンダース氏を見た時には、
しみじみと異国暮らしのご苦労を感じました。

自宅でケンタッキーのフライドチキンが作れるんですね!
しかし読んでみるとこの香辛料の多さ、そしてこの手間は・・・
さってっと、買ってくるかな。
【2011/05/21 00:06】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]

さふらこさん、こんにちは
コメントありがとうございます。

こんな記事でも参考になったと言って頂けると嬉しいです。
私の時はゴールデンウィークということもあり、
鬼太郎茶屋のお土産物屋がかなり混み合っていて、
満足に物色もできなかったのですが、
普通のお休みの日ならもう少し空いていて、
のんびりとお買い物もできるかもしれませんね。
面白そうなグッズもあったので、楽しんでらして下さいね。^^
【2011/05/21 00:10】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]

くろえ~かいっさん、こんにちは
コメントありがとうございます。

このなんじゃもんじゃの右側の木ですか・・・
さっぱり記憶にないので、だだの木じゃない普通の木ですね。
下北といい、吉祥寺といい、東は都下の西にも負けている気がします。
【2011/05/21 00:15】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]

Cozyさん、こんにちは
コメントありがとうございます。

自転車で初めて多摩地区におじゃましましたが、
いいところですね~。
ゴールデンウィークとは言え、お蕎麦を食べる為に、
こんなに苦労する事になるとは思いませんでした。^^;
サッカーはワールドカップの時位しか観ていないのであまり詳しくないのですが、
ホームスタジアムが近くにあると、応援したい気持ちも出てくるでしょうね。

あの辺りにも自転車道があるんですね。
わが家からですとちょっと気合を入れなければなりませんが、
機会があったら行ってみたいです。
【2011/05/21 00:27】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]

20%以上
読んだだけで心拍が上がってきました。。

夏に乗鞍ありますけど平地みたいなもんなんですね~^^
福岡は特に筑豊が(イメージですが)荒いんでしょうか?  >まっつんさま  
【2011/05/21 08:44】 URL | くろえ~かいっ #- [ 編集]

くろえ~かいっさん、こんにちは
コメントありがとうございます。

会話についていけない私でございます。(汗)
スミマセン。^^;
【2011/05/26 20:18】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



広告



カテゴリー

にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ
人気ブログランキング



プロフィール

くろばい

Author:くろばい
愛車ビアンキ・パッソ
【愛称:ビンちゃん】
愛車2ビアンキ・ミニベロ9
【愛称:ベロンチョ(ベロちゃん)】
激情にながされ1週間で購入に至る
愛車3ママチャリ
【愛称:ソルジャー・チャーリー】
現在自転車3台を所有。
あまりの自転車の増殖率に
恐れおののく日々。
これ以上、増えることはないと
思いつつも、自分が信じ切れない
今日この頃・・・。

相方(くろばいB)
愛車:RSR-4(ブルー)
【愛称:ルイちゃん】
愛車2:ラレー・RSW SPECIAL
【愛称:くろまるくん】
新たにミニベロを購入して、
自転車わが世の春を謳歌中。
自己開発のアンゴラダイエットの
お陰で(いまのところ)メタボリック
危険水域を脱出。
しかし現在、ポタ時はポタメシを
思いっきり解禁しているので、
リバウンドに王手か?



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



月別アーカイブ



カウンター



ブログ内検索



RSSフィード

  • seo



おすすめの自転車本

わが家の自転車メンテナンスのバイブル!





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。