クロスバイクを買っちゃうぞ!
初心者がクロスバイク乗りになるまでの軌跡
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NODA-1グランプリ決定!
しょう油の街からこんにちは。

現在、ちょっと野暮用がありしょう油の街の実家に来ておりますが、
私には、しょう油の街市に来たら是非とも確かめたい事柄がありました。

それというのも、先日6月12日に「NODA-1グランプリ」というイベントがあり、
私(と相方は)たまたましょう油の街市こと野田市にいたので、
そのイベントに参加してきました。

この「NODA-1グランプリ」とは、野田の飲食店21店舗が野田の食材を使い、
オリジナルメニューを提案(販売)して投票にてグランプリを決するという、
ある意味昨今のB級グルメブームの中でありがちと言えば、ありがちな感じのイベントですが、
しょう油が野田の名産品として、全国に羽ばたいてから(おそらく)ン百年。

今回のこのイベントは、震災チャリティーという面もあるようで、
どこまでこのオリジナルメニューを積極的に全国規模に
押し出すつもりなのかは分かりかねますが、富士宮やきそば等の身近な例をみると、
今回のグランプリは、ひょっとしたらしょう油に続く野田市のシンボル的なグルメになるのかも?

そう思うとしょう油をそしてしょう油の街市を愛する元しょう油の街市民の私としては、

グランプリの栄冠に輝いたのは、果たしてどのメニューなのか?

その辺は大いに気になるところでした。

そして日々NODA-1グランプリの発表を楽しみに待っていたのですが、
それらしいHPには、なかなか結果が載らず・・・

しょう油の街市民限定で(たぶん)定期的に配布されいる「のだジャーナル」ならば、
グランプリが載っていただろうと、実家に来たついでに古新聞を引っ張り出して探したところ、
予想通り6月18日号にグランプリが掲載されていました。

のだジャーナル

そのグランプリに輝いた意外なメニューとは!

とその前に、グランプリの発表だけさせてもらうのも何なので、
12日に行われた「NODA-1グランプリ」のレポを・・・^^;

今月の11日、12日は、ほぼ月イチで訪れる愛犬のお世話作業に従事する為、
相方共々しょう油の街市に来た時の事です。

11日の夜に新聞に挟まれていた市民の役立つ情報誌「のだジャーナル」を読んだところ、
翌日12日に野田のローカルフードメニューのグランプリを決するという
「NODA-1グランプリ」なるイベントが開催されるのを知りました。

できれば野田には栄えて欲しいと希望している元野田市民の私と、
単なる珍し物好き、イベント好きの相方はこのイベントに興味を持ちまして、
12日のお昼ちょっと前にこのイベントに参加する為に、
イベントが行われるという野田のイオンノア店に向かったのです。

正直、過疎っているアットホームなイベントだろうなぁ。

とたかを括り、混雑している事など頭の隅にも考えていなかったのですが、
実際にお店に着いてみると、

駐車場からめちゃめちゃ混んでるやん。


バブリーな時期に作られたこのイオンノア店は、はじけまくった今となっては、
無駄にだだっ広い駐車場があるのですが、その広い駐車場がほぼ満車になっていて、
おまけに列まで出来ているぅぅ。∑(゚∇゚|||)

このイオンノア店は、ジャスコノア店と名乗っていた初期の頃は、
ドライビングシアターとかバブリー以外の何者なでもないシロモノもあり、
それなりに青春を謳歌するナウな若者で賑わった時代もあったのですが、今は昔・・・

実家に戻った時には時々行くものの、最近は老朽化も目立ってきたせいか、
平日の売り場内はお客がスッカスカの時も多く、巨大ショッピングモールブームの現在では、
あまり広くもない売り場が果てしなく広く感じる事も・・・

いつ撤退の狼煙を挙げられるのか、私としてはビクビクしているのですが、
(それでもしょう油の街市唯一にて最大のショッピングモールなので)
そのイオンがこんなに混んでいるところを久しぶりに見ました。

駐車待の列に並ぶこと数十分、ようやく駐車スペースにありつけ、
「これはもしかしたら予想していたようなショッパい系のイベントじゃないかも」
とわくわくしながら会場へ向かうと、駐車場の混雑はそのまま
イベント会場の賑わいだったようで、会場は大変混雑していました。

会場

野田市民をここまで集客せしめようとは、B級グルメブーム侮り難し。

こういったイベントで集客がイマイチだったりすると
客とお店の人との間に微妙な緊張が感が生まれ、
どれを購入するにも行動の全てに期待を持った視線が注がれ、
非常に買いづらくも居づらい状況が醸しだされたりしまして、
気の小さい私としてはそれを危惧していたのですが、
この混雑ぶりにその心配がなくなりホッとしました。

賑わう会場には、そのあまりの可愛さで単なる国体のキャラクターから
千葉のキャラクターへとのし上がった“チーバくん”の姿も。

チーバくん

被り物になるとよく分かりませんが、このチーバくんは肢体が千葉県の形をしています。

ちなみに相方には「ここ無駄に長くて要らないんじゃない?」とか言われた、
この不自然に伸びた鼻の先が野田市になります。

チーバくん

覚えなくても人生になんら困ることはないと思いますが、
できれば頭の片隅にでも覚えていてやってくださいませ。

野田市からの出場店は20店舗のようですが、

チラシ

そこに「野田に関係ないじゃん」なご近所の小山や佐野等のご当地グルメも加わり、
出ているのは30店舗位でしょうか?

これだけ混雑しているので最初の食材にありつくまでにかなりの時間を要し、
並んでいる間にたまたま和太鼓のパフォーマンスが行われたのですが、
その和太鼓の力強い音色がすきっ腹に響きましたわ。^^;

会場

相方と2人ではあまり量が食べられない(と思う)ので、ここは厳選して選ぼうと、
まず選んだのが、コメスタさんの「野田市のもろ味どんぶり」(300円)

コメスタ

コメスタ

コメスタさんは、野田で(唯一と言っていい感じに)有名なイタリアンレストランで、
ご自身のお店でもアグレッシブに野田のもろみや食材を使った
独自なイタリアンを提供されています。

それだけにもろみの使用の仕方は熟知されているのか、
店頭で香ばしく焼かれた肉もさる事ながら、ご飯にももろみの味が
染み渡っているのがなかなかいいハーモニーです。

そして“今日しか味わえない幻のうどん”

あぶらうどん

この宣伝文句に釣られて購入した芝甲さんの「野田のあぶらうどん」(200円)

あぶらうどん

あぶらうどん

確かに市民歴が長かった私ですが、食べた事がないような気がします。
これは幻と言えば、幻の味かも。

オイリーでパンチの効いたうどんで、運動後にいいかも。
ヘルシーさよりもパンチな感じなので、女性よりも男性に受けるような気がします。

次に「もろマヨロール」(300円)

マヨロール

野菜たっぷりヘルシー感のある洋風な巻物。
もろみとマヨネーズはよくマッチするもので、女性に受ける感じの味でした。

途中、デザート的なものも購入しようと、私が全体の中で野田を担うご当地グルメとして
一番期待していた「焦がし醤油のミルクプリン」(100円)のお店に行ってみたのですが、
こちらは残念ながらすでに完売。

プリン

お店は完全にまったりした雰囲気が漂っています。

やっぱり私の直感に違わず、人気があった商品のようです。

プリンともろみのコラボはどのようなハーモニーを醸しだすのか、
大変興味深かったのですが、購入できずに残念です。

ところで写真ではプリンはミルク色で、あんまもろみの色は出ていないような気がしますが、
極限までにもろみの味を消した・・・とかはないっすよね。^^;

しかし参加するお店の方もこの集客は予想していなかったのか、
12時というまだまだ序盤の時間にして、よく見ると売り切れ商品が続出しているようで・・・

効率的に商品を手に入れる為に相方と別々に並んでいたのですが、
ちなみに相方が並んで買ってきたこの「野田醤油もろみ焼きうどん」(300円)も、

もろみうどん

もろみうどん

どうやら途中で材料のうどんが切れてしまったようで・・・

イオンで大量に購入と思われるうどんをカートに載せて大量投入していたらしい。

・・・こういう時にスーパーの敷地で開催すると便利っすね。

「でもこのうどん、味付けは野田のもろみかもしれないけど、
麺は何のこだわりもない、野田無関係の代物だってわかっちゃったね。」


と相方。

いや、野田の手打ち麺がジャスコに売っていたのかもしれんだろ。
・・・“野田うどん”は元地元民の私もあんま聞いたことないけどさぁ。(--;)

「もろみとうどんが合わない理由を教えてくれ!」という位、
もろみとうどんはベストマッチな感じで、すごく美味しいのです。

が、すでに何処かの土地にありそーちゃありそうな・・・銚子とか。(ぼそっ)

今回食べたのは以上4点、意外な少なさは、我々の胃の問題ではなく、
単に会場の混雑ぶりに疲れてしまったのです。

4点とは言え、食べた野田グルメは、どれもこれもなかなか美味しかったのですが、
ただ・・・おしむらく全国に羽ばたく程のインパクトというか、
パッションが感じられないのが残念です。

それを言えば、醤油ももろみもすでに何百年も前から全国的なものなんで、
これでご当地色を出すのは、やっぱ無理な話じゃね?(って、言っちゃったよ)

そう考えると、適度にお手軽でみんなに愛され、それでいて地域色が豊かという
新たなB級グルメをあみ出すというのも難しいものなんですね。

さて、NODA-1を決める投票ですが、商品を購入すると貰えるこのカードを
美味しかったと思った食べ物のみ投票箱に入れるシステムのようです。

NODA1

ちなみに優柔な私共はどれが一番とも選べず、大人の選択といいますか、
つい全てのお店に投票してしまいました。

できれば自分の食べたものの中からグランプリが生まれて欲しいと
願っていたのですが、実際にグランプリに輝いたメニューは・・・

それはこちらです!

愛犬

って、そいつはわが家のNODA-ワンだろ。

飼い主バカで大変失礼しました。

改めましてグランプリは881票を得たという清寿司さんの
「野田若鶏のうみたて玉子焼き」です!

のだジャーナル

・・・えっ?!玉子焼きっすか??(゚∇゚ ;)

正直、あまりの市民の保守的な選択に、一瞬、驚きを禁じえませんでした。

会場の様子を思い出すに・・・そう言えば、玉子焼きがありました。

お店には結構な行列が出来ていたのですが、何せ“玉子焼き”だし、
私の思う新ご当地グルメの規格からちょっと外れていたので、
「まあ、玉子焼きは好きだけど、今回はいいか・・・」と買わなかったんですよね。

しかし玉子焼きなんてものは、日本全国どこにでもあるじゃん。

とか思ってはいけない。

野田の若鶏の卵と(おそらく)野田のキッコーマンのしょう油を使用した、
他の地域では材料を調達出来ない野田限定の卵焼きなのです。

あっ、でもキッコーマンのしょう油は全国、下手すると海外でも
どこでも手に入っちゃいますね・・・

あまりのオーソドックスな第一位の選出に、逆に意外感が否めないのですが、
食いっぱぐれてしまいましたが、きっと美味しい卵焼きだったのでしょう。

ただ、ちょっと全国的に羽ばたくのは難しい・・・かも。

だって、野田の若鶏と言っても、卵は全国的に味にあんま大差なさそうだし。

しょう油の街市の若鶏ちゃんが、しょう油味の卵を産んでくれるならまた話は別ですが・・・
(それは逆にレア過ぎて怖いか)

いや、実際に食べていないのに、想像だけで物を言ってはいけない。

もしかしたらしょう油の街市の特徴がモロ出ている
野田野田している玉子焼きかもしれないじゃないか。

逆にそんな玉子焼きだったら、是非とも食べてみたかったのですが、
返す返すも購入に踏み切らなかった事が悔やまれます。

ちなみに準グランプリは私共も食べた「野田市のもろ味どんぶり」、
3位は「豚(とん)でる野田、モロみタン丼」(これも食ってないぜorz)でした。

今回はチャリティー的な意味が強く、あまり商業的なことは期待していないのかもしれませんが、
やはり元市民としては、しょう油に続き、全国に羽ばたくような名産が
(そろそろ)作られて欲しいと切に願っています。

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事

この記事に対するコメント
こんばんは^^
麺類でうどんが一番すきな私としては是非とも、もろみうどんとか
食べてみたいですね、コシのほどは如何でしたか?
他のメニューも量的には少なそうですがとてもリーズナブルですね
色々食べれそうでいいですね

チーバくんはどこにでも出没するようでw
わたしの最寄り駅の駅前でよく献血キャンペーンできてますね
我が家はチーバくんの口当たりかな?(笑)
【2011/06/23 22:27】 URL | ねこメシ #- [ 編集]

鼻の下
彩の国ですね

「今日しか味わえない」ってことは野田市民も食べたことのないうどんなんですか?
それが1位になったらちょっと微妙な野田グルメ


【2011/06/23 22:55】 URL | くろえ~かいっ #- [ 編集]

かわいい
なんか色々あって楽しそうですね。野田の町は、サイクリングでよく立ち寄るので、こまめに情報を収集しているのですが、なかなか店には入れません。ひいきにしていた珈楽庵は、無くなっちゃいましたしね。そんななかで、文中のコメスタさんは日経新聞記事で見つけてメモしておりますが、なかなか食事の時間帯に野田を通過しません。こんど、コメスタ目標でポタリングしようと思います。

それにしてもチーバ君は可愛いです。野田市が鼻の部分なら、私の住んでいるあたりは舌の部分ですね。

【2011/06/25 04:21】 URL | kincyan #sSHoJftA [ 編集]

ねこメシさん、こんにちは
コメントありがとうございます。

もろみうどんは味は美味しかったのですが、
うどんへのこだわりは薄かったらしく、麺はコシのないベチョ系でした。
でもコシのない焼きうどんも好きな私にはそれも結構ツボでした。
こういうイベントなので少量で安価が一番いいですね。

チーバくんは売り出し中(?)なんですね。
しかし献血キャンペーンにまで来ているとは、
丁度赤い色だからいいんですかね。
しかしチーバくんの何より秀逸だと思うのは千葉の形を
しているところですね。
個人的にこれ以上のキャラはないと思います。
【2011/06/26 22:51】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]

くろえ~かいっさん、こんにちは
コメントありがとうございます。

私も野田市民歴が長かったのですが、そのうどんは食べたことがありません。
確かに幻のうどんだったかも。
残念ながらうどんはグランプリに選ばれませんでしたが、
玉子焼きというのもある意味微妙かも。
【2011/06/26 22:54】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]

kincyanさん、こんにちは
コメントありがとうございます。

珈楽庵を初め野田はちょっと雰囲気のいいお店ができると潰れてしまいまして、
なかなか元県民としてもいい店が見当たらずにいます。
コメスタさんはちょっと江戸サイから離れるかもですが、
野田の中ではオシャレでいい店ですよ。
イタリアンに野田の特徴を入れているところもいいところです。
機会があったら行かれてみてくださいね。
でも野田でほとんど唯一のお店だけあって混んでいるのが難点です。
もし行かれる時はご予約された方が無難かと・・・

チーバくんは千葉の形をしているところがいいですよね。
作者の方はよくぞ思いついたという感じです。
【2011/06/26 22:59】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



広告



カテゴリー

にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ
人気ブログランキング



プロフィール

くろばい

Author:くろばい
愛車ビアンキ・パッソ
【愛称:ビンちゃん】
愛車2ビアンキ・ミニベロ9
【愛称:ベロンチョ(ベロちゃん)】
激情にながされ1週間で購入に至る
愛車3ママチャリ
【愛称:ソルジャー・チャーリー】
現在自転車3台を所有。
あまりの自転車の増殖率に
恐れおののく日々。
これ以上、増えることはないと
思いつつも、自分が信じ切れない
今日この頃・・・。

相方(くろばいB)
愛車:RSR-4(ブルー)
【愛称:ルイちゃん】
愛車2:ラレー・RSW SPECIAL
【愛称:くろまるくん】
新たにミニベロを購入して、
自転車わが世の春を謳歌中。
自己開発のアンゴラダイエットの
お陰で(いまのところ)メタボリック
危険水域を脱出。
しかし現在、ポタ時はポタメシを
思いっきり解禁しているので、
リバウンドに王手か?



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



月別アーカイブ



カウンター



ブログ内検索



RSSフィード

  • seo



おすすめの自転車本

わが家の自転車メンテナンスのバイブル!





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。