クロスバイクを買っちゃうぞ!
初心者がクロスバイク乗りになるまでの軌跡
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北千住散策ポタ【「千住 街の駅」編】
今日からようやく7月ですが、すでに真夏の貫禄というか、様相ですね。

本当に梅雨が明けとらんのか?


という位、毎日、毎日暑くて、早くもウンザリっす。(--;)

窓に西日しか当たらないわが家のリビングは、午後から徐々に地獄と化して行くものの、
午前中は爽やかな朝日がこれっぽっちも拝めない分、比較的涼しいのですが、
今日は朝から室温30度をたたき出しているのを見た時は目眩を感じました。

何かのおまけで付いていたちゃちい室温計なので、
この室温計が狂っていると信じたかった。

今日は雨が降ったお陰で西日を浴びずには済んでいますが、
雨が降ったら降ったで湿度急上昇で蒸し暑く、
軽度のサウナなリビングになっています。

お金払ってまで入るもんにタダで入れてるんだからいいか♪

と思うしか無い。って思えるかい。

「暑い、暑い」といっている間に、早いもので明日はもう週末ですが、
先週末は土曜日が相方に野暮用があったり、私もしょう油の街市に滞在していたりで、
日曜日にポタることにしたのですが、「雨が降らない予報」だった日曜日は、
朝から曇り空で空気がウエッティーなめちゃめちゃ怪し気な天気でした。

天気予報には煮え湯を何度か飲まされている私共は、
素直に天気予報の言葉を信じることができずに、
なかなか出発できずにいたのですが、お昼過ぎの天気予報で
「(この期に及んでも)曇っているけど雨は降りません。」と言い切っていたので、
いつも逃げ道を確保しているような言い回しの天気予報が、
そこまで強気で宣言をする侠気に、私共も覚悟を決め、
心の底から天気予報を信じ、午後3時頃からポタへと出掛けました。

天気予報を心の底から信じている割には、
行き先はいざとなったら即撤退可能な近場の北千住で。

そして天気予報を心の底から信じている割には、
愛車は屋根のあるマルイの横の駅前駐輪場に停車、
濡れても特に問題のない身一つで、目的地へと向います。

目的地は北千住にはよく存在する「隠れ家的カフェ」

北千住の込み入った路地裏には、新旧入り交じった隠れ家的なお店があり、
特に自転車はそういった隠れ家を発掘するに最も適したアイテムなので、
私達も自転車を初めてから何隠れ家を発掘したことか・・・

それでもまだまだ隠れまくっているようで、
今回、目的地に定めたお店も初めて訪れる“隠れ家”です。

地図担当の相方によると、隠れ的カフェはマルイ横の駐輪場から
徒歩で5分程度のところにあるようで、極めて気楽な気持ちで向かったのですが、

・・・甘かった。

ただでさえ方向音痴ーズのわが家は、はっきり出ているものでも見逃すという有様なのに
隠れ家なるものと相性がいいとは言えず、迷うことなく辿り着いた事は、
ちょっと記憶にない感じなのですが、それでもまさか歩いて5分で行ける場所に、
その10倍以上の時間を要する羽目になるとは、
さすががに思わなかったよ。ママン。

さて、北千住には幾つかの商店街があるのですが、
お店に向かう途中には“宿場町通り”という通りにある宿場町商店街があります。

宿場町通り

駅に近いこの商店街は、何度か通ったことはあるのですが、
最近の北千住は、ありがたい事に駐輪場ブームでも巻き起こっているのか、
ここにも駐輪場がありました。

駐輪場

しかも短時間の貴方に嬉しい2時間まで無料タイプ。

駐輪場

マルイからも狭い路地を通れば直ぐのところなので、
こちらも今度利用したいと思います。

そしてその宿場通りにはもう一つ新しく、お休み処「千住 街の駅」なる、
趣のある建物の観光案内所が出来ていました。

街の駅

「いつから出来ていたんだ?」と思ったのですが、
どうやら去年の10月辺りにオープンしていたらしいです。

何せ相方さんは、こういう無料資料の宝庫のような場所は大好物、
野次馬根性がそれなりにある私も気になったので入ってみました。

駅前という好立地の為かあまり広くはないものの、
中はこういう施設にはお約束の地元資料が山ほどあり、
この時は女性が1人いていろいろと説明してくれました。

このお休み処では、飲食物は販売していないものの、
商店街で購入した物を飲食したりしてもいいようですが、
ただ中はあまり広くないので、大人数ではご休憩は無理っすね。^^;
2人入っただけでも心なしか空気が薄くなる気がしました。

しかし人間いつも一緒にいると(受けなくもない)影響を受けちまうもので、
無料の資料は(資料以外にもですが)貪欲に頂く相方に、私もすっかり影響を受けまして、
こういう資料満載の場所に行くと、無意識に両手が資料で一杯に・・・

先日、その事を母に指摘されまして、長年培って来た私のアイデンティティが、
相方の保持するせっかくだから菌に駆逐されたような気がして、
何となく口惜しい気分を味わう羽目になりました。

でも貰ってみるとこういう地元愛(のみ)に満ち溢れたピンポイントな資料は、
全国規模の出版物にはない細かな場所がケアされていて意外と役に立つんですよね。

今回は「歩こうあだち」シリーズ、千住編、西新井竹ノ塚編、花畑編をGETしましたが、
“千住”はさておき、“花畑”の資料なんかは普通あんまないし。

資料

「どこのどなた様で?」というような地元のみに有名(だと思わる)偉人の紹介があったり、
「花畑の人は数字に強い?!」というどーでもいい小ネタなども掲載してあり、
とても勉強になります。

ちなみに花畑の人が数字に強い(らしい)のは、江戸から明治時代にかけて、
区内では千住地区に次いで寺子屋や家塾が多く、教育が盛んで、
場所柄商売を行う人が多かったから・・・だそうな。

なんか根拠があるような、ないような話っすね。

・・・でも結局、わが家的には“路地裏グルメマップ”が一番役に立ちそうかも。(ぼそっ)

それと北千住と下妻がどのようなご関係にあるのかは分かりませんが、
新しく北千住にオープンした(らしい)茨城県下妻市のアンテナショップ、
「シモンちゃんの家」オープンの情報もありました。

シモンちゃんち

資料によると野菜とかも直売しているようで、行ってみたかったのですが、
自転車ならまだしも、徒歩にはちょっと遠そうなので断念。

シモンちゃんがどういうキャラなのかも気になるところなので、
今度行ってみようと思います。

それにしても都内ではアンテナショップがいろいろ出来ていますが、
◯◯県ならまだしも、◯◯市でもアンテナショップが出来てくるとは・・・

そして入る時から気になっていたのですが、
このアンテナショップの入口にはガシャポンがあり、

ガシャポン

一部、東北の義援金になるともいうことでやってみました。

商品ラインナップは(松)足立区バスのチョロQ、(竹)ハンドタオル、
(梅)微妙な感じのキーホルダーというところでしょうか。

特に足立区バスのファンではないですが(区民でもないし)、
ここは一番の大物のチョロQを狙いたいものです。

で、残念ながら結局はハンドタオルでしたが、

ガシャポン

よくよく考えると一番使いでがある実りある商品じゃないだろうか?

柄は三重県という千住とは特に縁もない生まれながら、
あの奥の細道へと千住の地から旅立ったという事実を全面に押し出し、
松尾芭蕉(とその弟子)。

ハンドタオル

かの偉人のあまりの大胆過ぎるファンシーなデフォルメに、

ハンドタオル

一瞬、どっちが芭蕉だかわかんねーーっ!∑( ̄ロ ̄|||)

と思いましたが、帽子(らしきものを)被っている方が芭蕉ですね。(たぶん)

このハンドタオルは、この夏の猛暑に役立てたいと思います。

思いがけずいろいろ楽しみまして、この「街の駅」を後にし、
ここからだとおそらく2分程度の場所にある(はずの)隠れ家的カフェに向いましたが、
この後、何度も何度もこの街の駅に舞い戻って来る羽目になるとは思いもしませんでした。

・・・すみません。続きます。m(__)m

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事

この記事に対するコメント

隠れ家って、やっぱり隠れてるんですね。
   ワタシも辿り着けなそうです。隠れてなくても行けないもの。。。。

西に滞在しているので、最近話題の東側には憧れも。
あだち区、今度車輪を踏み入れてみたいと思います。
いつも参考にさせていただける楽しい記事をありがとうございます。
ちなみに、深大寺は梅雨と猛暑のため、秋に延期になりました。。。。。。w


芭蕉さん、可愛い❤
【2011/07/02 07:54】 URL | さふらこ #- [ 編集]

さふらこさん、こんにちは
コメントありがとうございます。

隠れ家は行ってみると雰囲気がいいお店が多いのですが、
方向音痴にとっては辿り着くまでが試練です。

さふらこさんのお住まいの西側はオシャレなカフェとか雑貨屋さんが
たくさんありそうでいいですね。
私は西側の方が羨ましいですが、東側はどちらかというと、
古い町並みを利用したカフェやレストランが多く、
最近は下町ブームで紹介されてることも多いですね。

この猛暑の中よりも秋の方が深大寺散策もいいかもしれませんね。
秋だと紅葉も楽しめそうですね~

芭蕉さんとは思えない感じのラブリーさですね。(笑)
【2011/07/02 23:25】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]

出発地
奥の細道への「出発地」という点で芭蕉をキャラクタに採用するとは!
なかなかそういう発想は生まれないですよね~。
【2011/07/04 08:37】 URL | スターチャンネル #- [ 編集]

スターチャンネルさん、こんにちは
コメントありがとうございます。

歴史上の有名人だとちょっとの縁であったとしても、
町おこしの一環としてなんだかんだと使われますね。


【2011/07/04 23:05】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



広告



カテゴリー

にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ
人気ブログランキング



プロフィール

くろばい

Author:くろばい
愛車ビアンキ・パッソ
【愛称:ビンちゃん】
愛車2ビアンキ・ミニベロ9
【愛称:ベロンチョ(ベロちゃん)】
激情にながされ1週間で購入に至る
愛車3ママチャリ
【愛称:ソルジャー・チャーリー】
現在自転車3台を所有。
あまりの自転車の増殖率に
恐れおののく日々。
これ以上、増えることはないと
思いつつも、自分が信じ切れない
今日この頃・・・。

相方(くろばいB)
愛車:RSR-4(ブルー)
【愛称:ルイちゃん】
愛車2:ラレー・RSW SPECIAL
【愛称:くろまるくん】
新たにミニベロを購入して、
自転車わが世の春を謳歌中。
自己開発のアンゴラダイエットの
お陰で(いまのところ)メタボリック
危険水域を脱出。
しかし現在、ポタ時はポタメシを
思いっきり解禁しているので、
リバウンドに王手か?



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



月別アーカイブ



カウンター



ブログ内検索



RSSフィード

  • seo



おすすめの自転車本

わが家の自転車メンテナンスのバイブル!





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。