クロスバイクを買っちゃうぞ!
初心者がクロスバイク乗りになるまでの軌跡
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お台場サイクルフェスティバル&フーターズレポ【その2】
アメリカより襲来したセクスィー系の接客を売りにするという噂の「フーターズ」

まあ、元はアメリカーンだと言っても、日本で働いているのはシャイな日本人でしょうし、
接客される方も日本人なので、いかにもなアメリカーンノリをされても若干キツイですし、
どこまで本国のスタイルを踏襲しているか不明ですが、
そこはそれ噂のフーターズ、ワクワク☆ドキドキしながらお店の自動扉を開くと、
のっけからなんか想像していた感じとエラく違う。

聞いていた話によるとセクスィーコスチュームのフーターズガールが、
担当テーブルに直接注文を取りに来るという話だったのですが、
どうやらセルフサービスのお店のようで、某アイスクリームショップや、
ドーナッツショップのような明るく健全な極まりない雰囲気。

あれ?想像と(だいぶ)違うけど、
期間限定だからカフェスタイルなのか?(゚∇゚ ;)


レジを担当しているのは、確かにフーターズガールですが、
カウンター越しの対応なので残念ながら上半身しか見えんし、
他にはフーターズガールは1人もおらず、
何故このお店にいるのかすら疑問な男性の店員さんがいるだけ。

オイオイ、なんかハワイに来たはずなのに、
そこに海はなく小さな湖があるのみ・・・というような気分だな。

と少々詐欺られた気分になりつつも、とりあえずランチメニューとやらを注文。

ランチメニューなので両方にソフトドリンクも付きまして、
相方の方は試乗が待っているので、その付属ソフトドリンクのみですが、
私は試乗を断念しているので当然の権利(?)としてビールも注文しました。

席は店内とテラス席がありましたが、店内席は席数も少なく、
だからと言ってフーターズガールも居るわけでもないので、面白みもなく、
せめてアメリカーンな気分で食べようと、テラス席で食べることに・・・

食べ物は後から持ってきてくれるという事なので、飲み物だけ持ち外のテラスに出たのですが、

テラス席

やはりテラス席にもフーターズガールは1名しかおらず、

まるで絶滅危惧種の動物ような希少価値じゃね?

前評判と前妄想とは大違いのあまりにもお寂しい現状に、
「私共のわくわくを返せ!」と心の中で毒づいた時、
ふと気が付くとなにやら奥にもう一軒フーターズの店舗があるではありませんか!

あれ?なんで同じ店が2軒あるの?(゚∇゚ ;)


謎を抱え立ち尽くす私共でしたが、絶滅危惧種の動物・・・じゃなくて、
唯一テラスにいらした貴重なフーターズガールさんが、
その謎を簡単に解き明かしてくれました。

彼女の説明によりますと、どうやらお台場にはテイクアウト用のセルフタイプのお店と、
通常サービスモードのお店があり、奥の方のお店が(私共の求めていた)
通常サービスモードのお店らしい。

セルフのお店は道から直接入り、通常サービスのお店はテラス側から入るらしく、
つまり単純にお店は一軒だけと思っていた私共は、入口を間違えた・・・というオチ。

って、まぎらわしいんじゃーーーっ!!凸(゚皿゚メ)

・・・などとは言えず、言いたいことは山ほどありましたが、
おとなしくテラス席に着くしかありませんでした。

テラス席のテーブルは、こんなワァーオな感じの柄ですが、

テーブル

逆になんか寂しい。

まもなく食料が運ばれてきましたが、ファイヤーのないキャンプのように、
いまひとつ盛り上がらず・・・

盛り上りに掛けるままに、こちら相方の注文した「カレーランチ」(1,000円)

カレー

私は「テックスメックス」(900円)

テックスメックス

ついでにビールは500円。

ビール

・・・確かにね。独自のサービスがある割には、料金もなんか安いと思ったんですよね。
ビールもプラスチックコップだし。

それにしてもさすがアメリカーンなお店だけあり、カレーを注文してカレーだけだと、
アメリカの名誉が傷つくと言わんばかりに、カレーには、見るからに高カロリーそうな
揚げチキンも2個ほど付属しています。

テックスメックスの方のタコスはそこそこヘルシーそうなものの(アメリカーン比)
なんすか?このタコスチップスに付属している液体のタレというよりも固形に近い、
これまたエラく高カロリーそうなマヨネーズのような何かは?

タコス

遭難したらこのマヨネーズ的何かだけで、数日は生きられそうな気が・・・

さすがカロリー計算など存在しないかのような国、アメリカーンのお店というか、
全カロリーを合計すると、マジダイエット中の私としては、
気が遠くなるような天文学的な数字になりそうですが・・・そこはあえて考えない、考えない。

と、散々カロリー的な突っ込みを入れてしまってなんですが、
ここはアトラクション(?)重視のお店なので、お味の方は、正直、あまり期待していなかったものの、
これが不思議と(って失敬だろ)結構美味しかったです。

でも料理の味がいかに良いとしても、やはりここに来たのはアトラクションあっての事、
いかにもファーストフードな感じで、こんな風にメシを食っても、心の溝は埋まらんというか、
何の為にこのお店に来たのだか、これじゃさっぱりわからん。

と持って行き場のない怒りに憤る私に、

「まあさ、間違えちゃったもんは仕方ないよ。」

と相方。

しかし前向きな台詞とは裏腹に、その力ない声からしても落胆がありあり。

まあ、ビールも飲めない上に、期待のセクシーギャルもおらんのではテンションも下がるわな。
お気持ちお察しします。

それにしても、近くにあってもあまりにも遠い、もう一つのフーターズの中では、
フーターズガールが楽しいサービスを繰り広げているかもしれんのに、

なにこんなお外で普通にカレーとか食ってんの?自分ら。


テーブルが無駄にセクシーなだけに、余計に虚しさは倍増するばかり・・・

この惨めな現状に、私は決意しました。

こうなったら我々がするべきことは、即リベンジ、つまり・・・

2フーターズしかあるまい。

イベントを終え帰りに再びフーターズに舞い戻り、
今度は通常のお店で食事・・・はさすがに無理ですが、軽く飲んで行けばええやん。

この提案に相方に否やがあるわけもなく、私共は強くリベンジを誓い、お店を出ました。

待ってろよ!フーターズ!!(そしてフーターズガール)

そして決意を新たにしたところで、再びお台場のサイクルフェスタ会場へと向かいます。

出掛けの雨雲があっさり消えてから更に気温が上がったようで、
お店の前で配っていたこのフーターズセクスィー団扇で扇ぎつつ、会場に再入場。

団扇

お台場合衆国の中には入場料が必要なエリアもあるようですが、
このサイクルフェスタに関しては、何度入ってもタダというところがいいですね。
だからこそ相方のお眼鏡にかなったわけですが・・・(--;)

すでに試乗再開時間の1時半は過ぎていたのですが、試乗タイムはさておき、
まずは私がこのイベントの中で最も気になっていたアトラクション(?)をやってみる事にしました。

それは「自転車を漕いでのカキ氷作成」

このアトラクションは、自転車で漕いだ力でカキ氷機を動かし、
その氷は労働の対価としてタダでもらえるという、夏の自転車イベントとしては、
これ以上無い程のぴったりのアトラクションで、電力不足の昨今、エコを考えさせると同時に、
お得好きの心も満たすという、秀逸のアトラクションです。

それだけに人気も高く、このサイクルフェスタの中でもカキ氷作りは1、2を争う並びでしたが、
しかし人間というのは、苦労した対価は何か欲しいと思うものなんでしょうね。

カキ氷の方は並びが出来る程に人気を博している物の、
隣には同じようなメカニズムのアトラクションで、自転車を漕いで扇風機の風を起こす
(そしてそれを浴びる)というのがありましたが、そちらの方は驚く程不人気。

つうか体使って漕いで風を起こして浴びるって、
なんか不毛なような気がするし・・・マッチポンプ的って言うか・・・

扇風機の方は、参加している人は誰もいませんでしたが、

ゴリラ

って、何?アンタ??Σ(゚д゚;)

なぜ、扇風機の横にゴリラが??

オブジェにしては無駄過ぎるし・・・

気になる、気になる、めっちゃ気になる。
しかし自分で確かめるのはちょっと・・・

とか思っていると、なんということでしょう!
勇気ある少女が漕ぎ始めましたではありませんか!!

渡りに船なこの状況に、こっそり推移を見守っていたのですが、
どうやらこのゴリラは単なる置物ではなく、ミスト製造機だったらしく、
少女が自転車を漕ぐと、扇風機が回り、同時にゴリラからミストが大量に出始めました。

しかもから。

周りに明らかに広がる動揺。

・・・皆さんもあのゴリラの存在気になっていたんですね。

しかしいくら鼻から出ているのはタダの水とは言え、イメージ的に微妙じゃね?
だからと言って、口から出ても、脇から出ても、足から出ても、
ゴリラから出るって時点で微妙ですけどね。

勇気ある少女のお陰で、皆が気になっていた疑問が解けたところで、
気が付くと私共がカキ氷を作る番が来ました。

並んでいる人数は多いのですが、家族やカップル単位で並んでいても、
実際に漕ぐのは1名(男子又はお父さん)という場合が多いので、
ズンズン列は進み、思ったよりも短時間の並びで済みました。

私共も慣例を重視し、(一応)男子の相方が代表して漕ぐことにします。
私はアルコールも飲んじゃってますしね。

カキ氷

今までの人を見ていると、軽く漕いでいるようでしたが、
そこはそれ相方の事、カキ氷完成前に途中でヘタばったらどうしよう。
(他人のふりをしてそっと離れっかな。)

とか(自分の身を)心配していたのですが、(って、我ながらどこまで相方を信じてないんだ?)
意外にもサクサクとペダルは回り、あれよあれよと短時間で、
そこそこ立派なカキ氷が出来上がりました。

カキ氷

実際に労働した相方によると、さほどペダルに負荷もかからなかったそうで、
確かにそんなに重いペダルでは、お子さんは参加できないですもんね。

しかし手回しのカキ氷機よりもあきらかに簡単に氷ができるし、エコにもなるし、
運動不足解消にもなるし、一般家庭向けにこの自転車ペダル式のカキ氷機を
売り出したらいいんじゃないでしょうか?

・・・でも、まあ、売れないだろうなぁ。(自分でふっておいてなんですが)

なんかカキ氷機としては、無駄に高いお値段設定になりそうだし、
季節物にも関わらず収納に苦労しそうだし。

でもこのカキ氷機は侮れなく、どうせフラッペという名のぶっかき氷が出てくると思いきや、
昔風の繊細な氷で、労働という対価もありまして(私は見ていただけですが)、
エラく旨く感じました。

カキ氷でクールダウンした後は、今度こそ試乗へと向かいました。

・・・続きます。m(__)m

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



広告



カテゴリー

にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ
人気ブログランキング



プロフィール

くろばい

Author:くろばい
愛車ビアンキ・パッソ
【愛称:ビンちゃん】
愛車2ビアンキ・ミニベロ9
【愛称:ベロンチョ(ベロちゃん)】
激情にながされ1週間で購入に至る
愛車3ママチャリ
【愛称:ソルジャー・チャーリー】
現在自転車3台を所有。
あまりの自転車の増殖率に
恐れおののく日々。
これ以上、増えることはないと
思いつつも、自分が信じ切れない
今日この頃・・・。

相方(くろばいB)
愛車:RSR-4(ブルー)
【愛称:ルイちゃん】
愛車2:ラレー・RSW SPECIAL
【愛称:くろまるくん】
新たにミニベロを購入して、
自転車わが世の春を謳歌中。
自己開発のアンゴラダイエットの
お陰で(いまのところ)メタボリック
危険水域を脱出。
しかし現在、ポタ時はポタメシを
思いっきり解禁しているので、
リバウンドに王手か?



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



月別アーカイブ



カウンター



ブログ内検索



RSSフィード

  • seo



おすすめの自転車本

わが家の自転車メンテナンスのバイブル!





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。