クロスバイクを買っちゃうぞ!
初心者がクロスバイク乗りになるまでの軌跡
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この期に及んで音鳴りくん!【後編】
人生、思いがけぬところに落とし穴があるもので、
初参加の「ツール・ド・NIKKO」を一週間後に控え、
まさかのブレーキの音鳴りに悩まされる羽目になった私。

しかし異音関係は、いつも相方の自転車ではなく何故私なんだ?


という僻みにも似た素朴な疑問も抱えつつも、
この日のポタの目的地である足立市場に到着しました。

若干、ブルーでしたが、そこはせっかくのメシが不味くなるので
気持ちを切り替え、食堂ゾーンへと向かいます。

この足立市場、一般人も利用できる食堂ゾーンには数軒のお店が軒を連ねており、
私共も過去2回ほど食事をした事があるのですが、その2回とも
1軒だけちょっと離れた別棟にある「カフェみどり」さんというお店に行きました。

せっかくだから今回は趣向を変えて、
こちらの「しいはし食堂」さんに行こうと決めていましたが、

しいはし食堂

なんか入りにくっ。

「カフェみどり」さんに初めて訪れた時も、それはそれはまるで見えない結界があるように、
一般人枠であり市場部外者である私共には、最初の一歩が入りにくかったですが、
今考えると、お店の入口にメニューがあったり「雑誌で紹介されました~」的な
PRがあったりとまだ入りにくい部類の中では入りやすかった。

このお店はそんなお店へのヒントがまったくないだけ、

「この扉の向こうはどんな世界に繋がっているの?(byアリス)」

とアリスも戸惑う感じで、ヘタレーな私共としては、扉を開くまでが躊躇われましたが、
思い切って入ってみると、ご主人とおそらく奥様、そして人物相関図的な人間関係は不明の
女性の店員さんが1人いて、皆さん普通に愛想がよく、店内も整然と片付いているお店でした。

定食屋さんの中には、味云々はさておき、視界に入る状況がどこか荒ぶっているというか、
ビールのケースや食材、雑誌や新聞が店内に雑然として置かれ、
男らしさ感を演出されている(?)かのようなお店もありますが、
やはり綺麗に整頓されているお店の方が安心しますし、食事がし易いです。

このお店は以前、どこかの雑誌に紹介されていた事があるのですが、
相方はその時に名物として紹介されていた「あいかけ」(680円)を注文、

あいかけ

写真ではわかりにくいですが、こちらのあいかけは、半分牛すじ、半分カレーで形成されていて、
1杯で2つの味が楽しめるというお得コラボ。

もちろん中身はなんでも、この「1粒で2度美味しい」自体で相方の大好物です。

「魚じゃねえじゃん」な時点で、市場のお店に来た意味は一体・・・
という感じですが、お得の前にはそんなことは細かい事なのです。

丁度、牛すじとカレーの境目はどっちつかずの微妙な味になりますが、
カレーゾーンは家庭的なカレーの味、牛すじ煮込みゾーンも美味しく後引く味、
さすがに男性中心の市場で提供される料理ということで、ボリュームも満点。

ですが、かわるがわる違う味を食べれるので、量が多くても飽きずに食べれる感じです。
これで680円はかなりお得じゃないかと・・・

私はせっかくの市場なので「まこがれいの煮付け」

まこがれい

まこがれい単品で880円、それにご飯と味噌汁、沢庵等の
サイドメニューを合わせた定食分が340円、合計1,220円になります。

お値段はあいかけに比べて若干お高いですが、このまこがれいさん、
わが家が(家計のご予算の関係で)よく食べる(羽目になる)
身が細くやけに平べったいアメリカ産のカレイとあきらかに違う!

身がふっくらしていてアメリカーンなカレイの2、3倍は厚みがあり、
結構な食べ応えがあります。

しかし人間はアメリカーンの方々の方が身に厚みがありそうですが、

なんでカレイはアメリカーンになるとあんなに身が細いんだ?

ご飯はかなり少なくして貰って、やっと普通の茶碗の一人前位です。

ごはん

お願いしていなければ、この2倍は盛られたような・・・

私達が入った時には1組のお客さんしかいなかったのですが、
丁度、お昼時になった為に次々とお客さんが入ってきて、
あれよあれよと満席に近い状態になりました。

そう言えば、市場に働いている方々は魚料理はあきているので、
パスタとかカレーとかが受けるとどこかの情報番組で過去言っていましたが、
まさにそんな市場の方々の為にあるようなあいがけ盛には、
さぞかし注文が殺到するかと思いきや、相方以外頼む方はおらず・・・

あいがけは、このお店の名物と聞いていたので、ちょっと拍子抜けしましたが、
土曜だったので、私達のような外部の人間が多かったからかもしれません。

しかし私的には、サイドメニューである沢庵がやたら旨かった。
メインメニューはさることながら、サイドメニューが美味しいと嬉しいですね。

満腹になり満足してしいはし食堂さんを出まして、
再びあのムカつく異音と向き合うことになります。

「どこかの妖精さんがこっそり直しておいてくれないかなぁ。」

と、そろそろ人生を約半分辺りを過ぎた身としては、
淡すぎる期待を抱いてみましたが、そんなファンタジーな現象は起こる事もなく、
相変わらずブレーキを掛けるごとにキーキーといやーんな音が・・・

異音が鳴る度に、周りの人々に冷たい目で見られているようで痛い。
(いや、実際には誰も気にしてないし、見ていないかもしれませんが)

そして誰に聞かれているわけでもないのに「どうして?」とか
「この間までならんかったのに」と小声でつい言い訳している自分がイタイ。

しかし人間というものは、どんな状況にも慣れ、それなりに活路を見出すもので、
乗っているうちに、あまりキーキー音を鳴らさないようにブレーキをかけるコツを習得。

ようは自転車に媚びるように、さりげなく、やさしく、祈るようにブレーキを掛ければ、
大音量のキーキー音は、あまりならなくて済むようなのです。

結局、鳴る時は鳴るんで根本的な解決にはなってないんですけどね。(--;)

「なんで自転車に媚びなきゃならんのだ?」という人間としてのプライドは疼きましたが、
多少なりとも暫定的にはブレーキの音鳴りが軽減されたことで、心に余裕がでまして、
天気ももう少し持ちそうなこともあり、コーヒーでも飲んで行く事にしました。

しかし食後のコーヒーについてはノーアイディアだったので、
何の宛てもなく北千住から三ノ輪方面に向かっていたのですが、
途中、南千住辺りにひっそりと佇む、魔性の味「オンリー」さんを発見。

オンリー

確かこの魔性の味「オンリー」さんは、浅草辺りと合羽橋辺りにもあったはず・・・

このあまりに特徴あるキャッチコピーと同じ店なのに、
まったく無関係の店とは思えないので、浅草と合羽橋は同系列のお店なのでしょうか。

以前から「魔性の味」という突っ込み体質の私には魅力的なフレーズに惹かれ、
入ってみたいと思っていましたが、(見ての通り)お店の敷居がどのお店もちょっとお高めで、
今までどこの「オンリー」さんにも入った事がなかったのですが、
ここであったのも魔性のなせる何かの縁を感じまして、
取り合えずこのお店に入ってみることにしました。

これまた敷居が高そうな扉を思い切って開けてみると、
中は昭和の香りが満載の喫茶店という感じで、土曜の昼下がりにもかかわらず、
マスターが1人いらっしゃるだけで他にお客さんはおらず・・・

その点でもちょっと怯みましたが、冷静を装い窓際の席に着席。

椅子やインテリアも狙った感じではなく、ガチで昭和からある感じです。

そして私がコーヒー(400円)、相方がアイスコーヒー(420円)を注文。

コーヒー

どのメニューについて魔性の味だかも記載はありませんでしたが、
喫茶店において魔性の味と言えば、マンゴーフラペチーノとかありえないので、
おそらくこのコーヒーが魔性の味の元ネタだと思われます。
まったく魔性が感じられんが・・・

果たしてどんな味なのか?

心して頂いてみましたが、意外と普通。(゚∇゚ ;)

いや、もちろん普通に美味しいですが、普通にありそうなコーヒーで、
思わず貢いでしまったり、結婚を申し込んだりしてしまうような強い魔性は感じません。

最初はインパクトはないものの、何度か会って行くうちに嵌っていくような
家庭的(を装った)女性系な魔性なのだろうか?

しかしこのお店、いつ行っても混んでいるス○バやマ○クとは違い、
のんびりした昭和の雰囲気で、居ると長時間寛ぎたくなる感じのお店ではりあります。

私達がお店にいるうちにご常連さんらしきお客さんが1組入ってきましたが、
「飲んだら帰れよ」的な生き馬の目を抜くような回転率じゃないところもいいです。
(経営的にはいいかは存じ上げませんが・・・^^;)

そのいつ行っても座席的に迎え入れてくれそうなところも、
また行ってもいいかなぁと思ええるところである意味魔性と言えば魔性なのかも。
お安い「モーニング」もあったので、また行ってみたいと思います。

その後、喫茶店を出て、家に帰りましたが、媚びても相変わらず時々鳴るブレーキ異音に悩まされ、
兎に角、日曜日の舞踏会・・・じゃなくて大会までには最悪自転車店に持っていかねばと、
昨日の夜に相方を伴い、どんな状況かを確認する為に乗ってみたのですが、
結果から言うと・・・

なんとか直りました!


その経緯はまた次回にでも・・・

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事

この記事に対するコメント
ブレーキ
ブレーキの異音はブレーキのパットを前側を狭く
後ろ側を広くすると異音が無くなります。
簡単に調整する方法があるのですが、
拙者の文章力では表現が出来ません。
経験でしか出来ないので素直に自転車屋さんに持ち込んだほうがいいと思います。
【2011/08/24 21:07】 URL | まっつん #- [ 編集]


日光に向け、異音直ってよかったですねー。
どうやって直ったのか、続きが楽しみです。

まこがれい定食は、牛タンよりも厚みありますね!
魔性の味も堪能してみたいものです。。。。

【2011/08/24 22:41】 URL | さふらこ #- [ 編集]

舞踏会本番
の日には鳴くんでしょうねえ やっぱオチとしては・・^^

できればBぐるフェスタのときもド派手に鳴いていただけると発見しやすくて助かります
【2011/08/24 23:26】 URL | くろえ〜かいっ #- [ 編集]

まっつんさん、こんにちは
コメントありがとうございます。

今回、音鳴りは取り合えず収まったので、
すっかり安心し切って自転車店に持ち込まない方向でいましたが、
やっぱり念の為に自転車店に行っておいた方がよかったかもですね。
ちょっと今更遅いのですが・・・^^;
後は当日復活しないことを祈るだけです。
【2011/08/25 22:47】 URL | くろばい #CBIGXRYU [ 編集]

さふらこさん、こんにちは
コメントありがとうございます。

ブレーキの音鳴りはあまりにあっさりと直ったので、
今更ながら「これでいいのか?」と不安になってきました。
わが家は二人とも整備能力が0なのでいざという時にダメですね。^^;

このまこがれいは牛タン5、6枚分ぐらいありましたが、
いつもわが家が食べているアメリカーンなカレイは、
牛タン2枚分ぐらいです。(笑)
魔性の味は味というよりもお店自体が魔性な感じでしょうか?
なんだかんだとまた行ってみたいという気になっているので、確かに魔性を感じます。
【2011/08/25 22:55】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]

くろえ〜かいっさん、こんにちは
コメントありがとうございます。

実は自分でもそのオチがありそうで怖いんですよね。^^;

いや、できれば忍びのようにひっそりと参加したいと思っているので、
できれば音鳴りは勘弁願いたいものです。
【2011/08/25 23:19】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



広告



カテゴリー

にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ
人気ブログランキング



プロフィール

くろばい

Author:くろばい
愛車ビアンキ・パッソ
【愛称:ビンちゃん】
愛車2ビアンキ・ミニベロ9
【愛称:ベロンチョ(ベロちゃん)】
激情にながされ1週間で購入に至る
愛車3ママチャリ
【愛称:ソルジャー・チャーリー】
現在自転車3台を所有。
あまりの自転車の増殖率に
恐れおののく日々。
これ以上、増えることはないと
思いつつも、自分が信じ切れない
今日この頃・・・。

相方(くろばいB)
愛車:RSR-4(ブルー)
【愛称:ルイちゃん】
愛車2:ラレー・RSW SPECIAL
【愛称:くろまるくん】
新たにミニベロを購入して、
自転車わが世の春を謳歌中。
自己開発のアンゴラダイエットの
お陰で(いまのところ)メタボリック
危険水域を脱出。
しかし現在、ポタ時はポタメシを
思いっきり解禁しているので、
リバウンドに王手か?



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



月別アーカイブ



カウンター



ブログ内検索



RSSフィード

  • seo



おすすめの自転車本

わが家の自転車メンテナンスのバイブル!





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。