クロスバイクを買っちゃうぞ!
初心者がクロスバイク乗りになるまでの軌跡
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ツール・ド・日光」旅行記【その1】
最近、またまた暑いですね。

さて、「ツール・ド・NIKKO」の前後までは、アドレナリンが全開だったのか、
いささかハイ状態だった私でしたが、この夏のわが家の最大のイベント、
ツール・ド・日光も終わり、戦いすんで日が暮れて、やっぱりやってきました。

思いっきり揺り返しのロー状態。

この年になると無理にアドレナリンを放出させると、古いタイプの水洗トイレの水のように、
次に溜まるまでに時間がかかるのか、(無駄に)盛り上がっていただけに、
気分は何となくクリスタルなロー状態でして・・・

しかも全身の筋肉痛(とばかりは言えない肩痛及び腰痛)と、
体全体がアンニュイな倦怠感に包まれ、ここ2日位は最低限生存及び生存に
必要な作業をする以外は、あまり使い物になりませんでした。

できるだけ生きのいい新鮮なうちに記録しておこうと思いつつ、
気がつくとすでにもう4日経過していますが(汗)、わが家の自転車歴史上で初の自転車大会
「ツール・ド・NIKKO」のレポを含めた旅行記を書かせてもらいたいと思います。

また、無駄に長くなると思いますが、よろしかったお付き合いを・・・^^;

ツール・ド・日光は“前日に受付を済ませなければならない”という掟が存在した為、
本来なら大会後の疲れた体を温泉で癒しつつ、日光での一泊を夢見ていましたが、
その掟の為に疲れる前に温泉で一泊を余儀なくされ、前日の27日の土曜日に、
日光へ向けて出発した私共。

この大会はある程度の雨天なら決行するようなので、心配なのはお天気でしたが、
一応、東京を出た時は、曇り空。

わが家から日光までは、高速を利用すれば大して時間が掛る距離でもなく、
私は手軽な観光地として子供の頃から何度も行っている場所ですし、
紅葉シーズンでもないので、わざわざ大会前に(何度も行った)東照宮とか観光するのもなんですし、
現地に行ってお昼を食べよう位のイメージで10時頃に家を出ました。

道も空いていて、まったくストレスもなく疲れてもいませんでしたが、
せっかく高速に乗ってSAに寄らないのはお損なような気がしまして、
途中、佐野サービスエリアに寄り休憩。

私も(一応)相方もダイエット中の身でしたが、
日本には“無礼講”というような便利な言葉があります。

いささか使い方が違うような気もしますが、今回の旅は無礼講、
セコくカロリーなんかを気にしていると、旨いものも不味くなるので、
ダイエットリミッターはきっちりと外してあります。
・・・だからなかなか痩せないんっすけどね。(ぼそっ)

朝食は食べてきたにも関らず、ここは昼前の前菜という事で、
まずは、佐野と言えばこれ、佐野の名物“いもフライ”を購入、

いもフライ

もちろん置いてあったのは、こちらも佐野名物ミツハのフルーツソース。

ミツハフルーツソース

そして続けて、クリームパン富良野メロンパンを購入。

クリームパン

富良野メロンパン

富良野メロンパンは特に佐野名物ではなかったのですが、
東北道では佐野SAにしか売っていない事が売りのようです。
そう言えば、確かにどっかのSAでも売っていて人気商品だったような気が・・・

クリームパンは特に名物でもここにしか売っていないものでもなかったのですが、
焼きたてというフレーズに惹かれて購入してしまいました。
実際にクリームがマグマのように(実際にマグマ見たことないけど)トロットロで、
ここまで焼き立てのクリームパンは食べたことがなかったかも。

前菜を済ませたところで、佐野SAを後にし、そこからは一心不乱に日光を目指しましたが、
日光に近づくにつれて天気が怪しくなり、そして予定通りお昼過ぎに現地に到着した時には、

雨かよ。

がっつりと本降りの雨になっていました。

基本、雨女と雨男の私共としては、お約束の成り行きと言えば、お約束過ぎる成り行き、
しかし唯一の救いは、私共が雨人間で、旅行行程中はオール雨だとしても、
いつも何故か自転車に乗る時だけは雨が上がるという、
自転車の神様のお目こぼしとも言えるジンクスが存在するということです。

しかし今回も自転車の神様のお目こぼしに預かれる保証はなく、
「これで明日大丈夫なんか?(雨の中上り坂15kmは地獄過ぎるだろ)」という不安の中、
取り合えずは、当初の予定通り日光グルメへと向かいます。

今回お昼を食べに行ったお店は、某食の口コミサイト上のカテゴリー的には“隠れ家レストラン”
昔の農家をイメージというお店「小休止 のうか」さん。

のうか

日光市街地からちょっと離れ、山道を走り、最終的には対向車が来たら即アウトな
狭い道を抜け到着、「確かに、めっちゃ隠れていたね」という感じのお店です。

そして雨の降る中、車から降りると、寒っ!Σ(゚д゚;)

予報からしても薄々「雨だろうな」とは思っていましたが、
つい普通に夏服で来たので、寒さが身に沁みるぜ。

こちらのお店は、建物も農家風ですが、それに合わせてお庭ももちろん農家風、

のうか

人気のあるお店のようで雨の中にも関らず混んでいまして、少々待つ事に・・・

田舎のばあちゃん家に来たようなノスタルジックな雰囲気の中、
待つ事15分位でお店の中、というかお家の中に案内されました。

お店の中は、田舎の家にありがちに縁側や窓は全て開け放たれ、
オープンなスペースになっています。

のうか

このプライバシー0感がなんとも田舎の農家風。
そう言えば、うちの父の田舎のばーちゃんの家はこんな感じでした。

とセピア色の思い出に浸りつつも、相方はお店の一番人気らしい
「小休止すぺしゃる」(1,600円)を注文、

小休止すぺしゃる

名前の通り、スペシャルな盛でどーーんという感じです。
蕎麦、山菜のてんぷら、味噌おにぎり、そして日光名物ゆば刺しがセットで、お得感が満載。
常にちょっとずつをいっぱい食べたいと考え、私が注文したメニューにも
魔の手を伸ばし毎回交換を要求する、相方さんにはピッタリのメニューです。

まあ、ブログに味の感想を載せているので、この交換の強要も今となっては便利ですが、
昔はマジで辛かったです。(--;)

ザルに入っている存在感のある味噌おにぎりは、私の母は外で仕事をしていたのですが、
腹を減らして家に帰ったら予想に反してお菓子の買い置きがなく、
米と基本調味料しかなかったアンビリーバボーな状態の時に、
空腹に耐えかねてよく自らの手で味噌おにぎりを作ったのですが、
その時の味噌おにぎりを彷彿とさせるような素朴な味の味噌おにぎりです。

山菜のてんぷらもサクサクと揚がっていて、地元の名物ゆばも食べられ、
全体的にバランスのいいセットだと思います。

私も元々はこのスペシャルなすぺしゃるにしたかったのですが、
あまりにお外が寒いのでホット系に日和まして、
「ちたけせいろ蕎麦」(900円)にしました。

ちたけ蕎麦

そして相方の方にだけ握り飯があり、
私の方は蕎麦だけなのは寂しいので「ゆばちまき」(350円を注文。

ちまき

蕎麦はいわゆる手打ち蕎麦で、いい感じにコシと香りがあり美味しいです。

蕎麦

ちまきもゆばがどの辺に隠れれていたのか、その辺だけが不明でしたが、
もちもちジューシーでこれまた美味。

ちょっと写真に収めるのを忘れたので、わかり憎いとは思うのですが、
このちたけせいろ蕎麦は、“ちたけ”という茸がどういうものかを知らずに頼んだのですが、
ちたけが入っていると思われる温かい漬け汁には、謎の物体が大量に浮かんでいました。

大きさ的には、一片3cm位の大きさのふわふわとした感じの謎の物体、

もしや、これがちたけか?!Σ(゚д゚;) こんなキノコみたことねえけど。

(恐る恐る)食べてみると、ふわぐにゅっとした歯ざわり、
しいたけよりも歯ごたえがない感じで、お麩よりも歯ごたえがある感じの、
強いて言えば茄子に似た食感です。

今までン十ン年の長きに渡って生きてきた私も知らんかった新食感のキノコ、
「世界は知らない事で満ち溢れているんだなぁ」と思ってありがたく頂いていたところ、
なんか汁の奥から黒いキノコっぽい物体が出てきました。

・・・おや?こちらの方が本物のちたけさんでは?(゚∇゚ ;)

そう、ちたけだと思っていた食べていた物体は、単なる茄子でした。

つーか、もっと早い段階で気付けよ。自分。強いて言わなくても茄子だろ。

言い訳をかまさせて頂くと、濃い色の汁で煮てあるので茄子の紫が抜けていて、
見かけからはイマイチ判別が付かなかったんですよね。
薄々茄子っぽい味だとは思っていたんですが・・・

ちなみにちたけさんは、舞茸系のキノコっぽい味でした。

そして食事を終え、雨はいっそう強さを増してきた感じですが、
まだまだ16時からの前夜祭までは時間があります。

どうせなら受付と同時に前夜祭も出てみたいと思っていたので、
あと2時間位は余裕があるわけですが、大会ど素人のバリバリの初心者としては、
ここはひとつ大会前の下準備というか、心の準備というか、
次の日にツール・ド・日光で走るコース30kmを予め車で走ってみることにしました。

・・・続きます。m(__)m

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



広告



カテゴリー

にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ
人気ブログランキング



プロフィール

くろばい

Author:くろばい
愛車ビアンキ・パッソ
【愛称:ビンちゃん】
愛車2ビアンキ・ミニベロ9
【愛称:ベロンチョ(ベロちゃん)】
激情にながされ1週間で購入に至る
愛車3ママチャリ
【愛称:ソルジャー・チャーリー】
現在自転車3台を所有。
あまりの自転車の増殖率に
恐れおののく日々。
これ以上、増えることはないと
思いつつも、自分が信じ切れない
今日この頃・・・。

相方(くろばいB)
愛車:RSR-4(ブルー)
【愛称:ルイちゃん】
愛車2:ラレー・RSW SPECIAL
【愛称:くろまるくん】
新たにミニベロを購入して、
自転車わが世の春を謳歌中。
自己開発のアンゴラダイエットの
お陰で(いまのところ)メタボリック
危険水域を脱出。
しかし現在、ポタ時はポタメシを
思いっきり解禁しているので、
リバウンドに王手か?



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



月別アーカイブ



カウンター



ブログ内検索



RSSフィード

  • seo



おすすめの自転車本

わが家の自転車メンテナンスのバイブル!





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。