クロスバイクを買っちゃうぞ!
初心者がクロスバイク乗りになるまでの軌跡
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ツール・ド・日光」旅行記【その2】
西の方には台風が上陸したようですが、大丈夫ですか?

わが家の方は雨こそは降っていませんが、嵐の前の静けさというか、
雨雲の中に晴れ間も見える感じで、どっちにでも転びそうな微妙な空模様になっています。

ポタ的には行けそうな感じもするのですが、どうするか考え中です。

今回の台風は大型のようなので、皆様も気をつけてくださいね。

そして以下は、8月27日~28日に掛けて行って来ました
「ツール・ド・日光ポタ日記」の続きになります。

*********************************************¥

そぼ降る日光の雨の中、次の日に控える「ツール・ド・NIKKO」の予習として、
同じコースを車にて走ることにした私共。

雨で視界は悪いし、このコースの中で最も知りたい事のひとつであるコースの高低は、
所詮車での走行なので実際に自転車で走るようにはわからないかもしれませんが、
わが家にはもうひとつ全ポタを通じて重要視している事項として、
ハンガーノック対策というものがあります。

たかが30kmでハンガーノックになるチャンス(?)があるんかい!

という素朴な疑問はさておき、コースのどこにどんな食物を提供するお店があり、
どの辺にコンビニがあるのかをチェックするのは、ハンガーノック(のみ)の見地からは重要な事です。

そこで食物店を見逃す事がないように、コースの下見をしました。

ある意味ハンガーノック対策というか、グルメ探求っすけどね。(って、言っちゃったよ)

さて、家から印刷して来たこのコースによると、出発は「霧降アイスアリーナ」となっていますが、

地図

アリーナの中には入らず、アリーナの出口(入口)の道からスタートしました。

するといきなり霧降アリーナの出口(入口)付近に、
何年か前に訪れなかなか美味しかったと記憶しているクレープ店が!

霧降アリーナの近くにあったとは思っていたが、
アリーナから数メートルの場所にあったとは・・・

このお店、機会があったら再び行ってみたかったのですが、
さすがに出発した直後にいきなりコースアウトはできんだろうし(当たり前だろ)
行けるとしたらレースの帰り道か、レース後か・・・うーん、かえって微妙だな。

そして出発後に待っていたのは、車でも体感的にわかるヤバそうな下り坂。

つまり、この凄い下り坂を降りるって事は帰りは上るんだよね?

という事は、あえて考えない、考えない。

坂を下りきり坂の下にある霧降大橋を渡りまして、行きのコースである248号に入り、
ここからはなかなか走りやすそうな道に入りました。

コース

街中とは違い、お店が列をなしてということはありませんが、
まあ、いろいろ深く考えなければ、地元密着型のような飲食店もそこそこ存在し、
コンビ二もあるので一安心です。

コース

ところどころにツール・ド・日光用の案内表示も設置してあり、
(こんな雨だけど)大会ムードがじわじわと盛り上がっては来ます。

数キロ走ると、グルメ本に載っていたようなお蕎麦屋さんがありましたが、
「ちょっとここでお昼休憩ちゅうのは、さすがに早いよな~」とか、
至極のん気な事を思いつつ、通り過ぎます。

しかし全体的に下り坂という話でしたが、ヘタレ貧脚の僻みか、
ダウンだけではなく、ちょっとしたアップもある・・・ような気がする。

行きの15kmはオール下りだって言ったやんけ。

ちょっと騙された気分になりつつも、途中、121号に入り、車で走るとたった15kmはあっという間で、
気がつくと折り返し地点という砥川橋南交差点に来ていました。

途中、少々道を誤ったような気もしますが、まあ、行きのルートはざっくりとはわかりました。

が、車は急には停まれないので、そのままUターンできる場所を求めつつ、
少々121号を走っていたのですが、感覚的には数キロ走ったところに、
何とも魅力的な日光の天然カキ氷の旗がはためいているではありませんか!

その場所は30kmコースの日光サイクリングコースからは、少々コースアウトするものの、
100kmコースである山岳とファンライド日光コースには含まれている道なので、
その2つのコースの人達は、この天然カキ氷のお店の前を通る手はずになっています。

正直、100kmはあまり羨ましくはないのですが、天然カキ氷は羨ましい。

もし晴れて暑くなった時は、ポタ途中の天然カキ氷の価値は絶大でしょう。

・・・ここまでコースアウトして来ちまうか。

距離を測らなかったのはぬかったのですが、
折り返しの交差点からそんなに距離がないような気がします。

まあ、車だとあっという間なので、意外に距離があったりして痛い目に合う可能性もありますが、
レース途中の天然氷は抗えない魅力があるのも事実。

なにぶん自転車大会が初めてなもので、基本、コースアウトは有りか、無しかが不明なのですが、
ゆるい自転車大会というのは、多少のコースアウトも有りという話も聞いたような気もします。

私共のコースは、今回の日光コースでは最もゆるいお気楽コースなので、
制限時間内にゴールさえすれば、途中経過はうやむやでもヨシというか、
結構、自由裁量に任せるというていの野放状態かもしれません。

当日に係の人にコースアウトOKかどうか聞いてみよーぜ。
(きっとOKしてくれるに違いないけどネ^^)

とすでに氷を食う気満々で、お気楽に相方と話していました。

・・・が、次の日に自転車大会の洗礼を浴び、そんな甘いもんでも、お気楽なもんでも、
フリーダムなもんでもない事を骨の髄まで知る事になるのです。

未経験とは怖いもので、今考えると本当にアホなヤツらだと思います。

そして帰り道は、まず同じ121号ではありますが違う道を走り、
コースもほぼ全てに渡って行きとは異なる道を走るルートになっていまして、
最初は国道然とした大通りを走ることになりますが、
ここにはサイクリングコース唯一のエンドステーションとなるおかき工場があり、
大通りだけに日光名物のゆばのお店も数軒、軒を連ねています。

よく見ると、数年前に日光に来た時に食べたゆばカレーのお店もあり、

場所的に昼飯はゆばカレーで決まりか?

と思ったり、思わなかったり・・・

そして折り返してからの約15kmは元から言われていた通り、恐怖の連続上りに入るようで、
車の中での体感的にはイマイチわからなかったものの、道路脇を見ると、、

やっぱり、あきらかに道路の横が軽く斜めってるぅぅぅ。Σ(゚д゚;)


どうやらマジでガチにほぼオール上り坂になるようです。

車なので楽チンですが、自走の形だとこの斜めぶりがどれだけ負担になるのかは、
次の日に身をもってたっぷり体験する事になりました。

帰りのコースもオール上り坂は斜めっていなければ、整備された走りやすそうな道ですが、
大通りを過ぎた辺りからは休憩(というか補給)ポイントはあまりなく、
途中に一軒あったコンビニと天然酵母のパンのお店がやけにまぶしく見えるや。

まあ、疲れたらパンで補給だな。(って、どんだけ貪欲に食うつもりなんだよ)

と逆に「何しに大会に来たんだよ」と自分達でも思うほど、
コース内のハンガーノック対策シミュレーションだけは怠りないまま、
ゴールの霧降アイスアリーナまで付近まで到着しました。

しかしこのハンガーノック対策に特化したシミュレーションが、
まさか全てまったくの無駄になろうとは、この時は予想もしていませんでした。

車でとは言え、走った事でざっくりとはコースの感じがわかり、
全体的に(というより特に後半)不安がないわけではないですが、
びびったところで全ては「今更」なので後は走るのみ!です。

そしてコースの視察を終えても、まだ少々前夜祭の時間にはまだ早く、
グルメ的には日光の天然氷をできるだけ多く食べるという目的もあったので、
そのまま霧降アイスアリーナを通過、その足で日光の天然氷が食べれるという、
チロリン村というところにある「CAFE OWL」さんに向かいました。

チロリン村はアイスアリーナの道をそのまま数キロ程更に上った場所にあるのですが、
ようは何の村なのかまったく謎、つーか雨が強くて確認する気にもなれず、
とっとと入口付近にあるカフェに入る為に車を降りると、

更に寒っ!!Σ(゚д゚|||;) 

お昼に降りた時よりも更に寒くなっていました。

この雨の(上に気温が低い)中、お店はオープンテラスのみでの営業でしたが、

OWL

日光の有名天然氷“四代目徳次郎”の氷を求めて来た(と思われる)お客さんが数組おり、
どう見ても氷を食べるに画的にふさわしくない気候の中、氷を食べていました。

この寒さの中、テラス席で氷を食べるのか?

と特に寒がりの私は少々怯んだものの、「後と化け物は出た事がない」とは私の母の口癖ですが、
グルメ予定を飛ばすと後で食えるかどうかわからず、食えなかった場合遺恨を残すので、
ここは根性ゲームのようでもありますが、氷を注文する事にしました。

さすがに2個食べる気にはなれず「抹茶あずきミルク」(950円)を一つと、

カキ氷

それだけでは凍えそうなので、暖を取る為にホットコーヒーを二つ。

コーヒー

氷は観光地価格なのか、それとも徳次郎価格なのか、950円と結構お高め。

かつお節のような大胆な削りっぷりの氷で、

この器のキャパに対して氷盛りすぎじゃね?


という感じの盛方なのですが、この大胆な削りっぷりのなせる業なのか、
サクサクと頂かないと意外と溶けるのが早い。

それだけに口どけもまろやかで、氷自体はこのお値段だけありさすがに旨かったっす。

外からと中からの冷えに最終的には変な震えを起こしながら食べましたが、
本当に旨い氷は寒くても美味しく感じるもんなんだなぁ。と実感。

しかし氷を食べ終わるといい感じに鳥肌も立ってきたので、
食べた後はまったくまったりとせずに、早々お店を退散する事にしました。

それにしても夏の日光に来て鳥肌を立てる羽目になるとは思わんかったぜ。

結局、何の村だか最後まで謎だったチロリン村を後にし、
再び元の道を数キロ下ったところで、いい感じに前夜祭開催時刻の午後4時になりましたので、
受付を済ませつつ、前夜祭なるイベントに出席する為に、霧降アイスアリーナへと向かいました。

・・・続きます。m(__)m

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事

この記事に対するコメント
はじめまして。
楽しく読ませていただきました。
最初から高速で読ませていただいても、2、3日かかりました。

私も今ロードバイクを物色中です。
かみさんから、
「今の自転車が一年続いたら、好きなん買えばいいやん!」
という脅しにも近い許可を得ておりまして、週末MTB(改)を乗り回しております。

最初の自転車から、ママチャリ含めて5台ですか。

お二人の楽しい自転車のお話を楽しみにしております。
【2011/09/03 19:10】 URL | おっちゃん #5oNcD4VY [ 編集]

「ツール・ド・NIKKO」お疲れ様でした
食べることは、必要なことですよね。
ハンガーノック・・・212kmオホーツクで走ってきたくせに今更ながら調べました。
チョコチョコ食するって大切なことなんですね(だから休憩ごとの軽食が用意されていることも・・・)。
「これだけ食べずに消費だけすれば翌日は下腹も凹み・・・うへへ~」なんてのん気なことを言っている場合じゃなかったです(^^;
抹茶あずきミルクが美味しそう・・・・ぐ・ぐぐぐぅ~(←オナカがなりました)
【2011/09/04 00:13】 URL | おかず汁粉 #mMcfXmpU [ 編集]

おおっ
自転車ブログ (グルメもあるでよ) って感じですね

エピローグまでのスペクタクル楽しみにしています♪

【2011/09/04 08:39】 URL | くろえ〜かいっ #- [ 編集]

こんばんは^^
雨が振って寒くても美味しいかき氷は食べたいですもんね♪
抹茶あずきミルクがめちゃ美味そうです!
ちょっと高い気もしますが(^_^;
【2011/09/04 18:30】 URL | ねこメシ #- [ 編集]

おっちゃんさん、こんにちは
コメントありがとうございます。

ブログへの訪問ありがとうございました。
無駄に長いブログなので、最初からというとかなり大変だったと思います。(汗)

ロードバイクを物色されてるんですね。
うちも長距離用の自転車を欲しい欲しいと思い続けて、
2年位が経ちました。^^;
好きな自転車を買ってもいいとは、理解のある奥様ですね。
1年間はあっという間なので、いい自転車とめぐり逢えるといいですね。
【2011/09/05 22:03】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]

おかず汁粉さん、こんにちは
コメントありがとうございます。

うちは走る以上に栄養を摂ってしまう感じなんで、
まだハンガーノックになったことはないのですが、
ハンガーノックになると大変らしいです。
自転車乗りの人はストイックな方が多いので、つい食べるのを忘れて
走ってしまうんでしょうね。
オホーツクで212kmを走られたんですか?それは凄い距離ですね。
確かにそれだけ走れば翌日に期待しますよね。
成果はいかがでしたでしょうか?

抹茶あずきミルクちょっと寒かったしお高めですが、
それでも美味しかったです。
・・・だからハンガーノックにならないんですね。
【2011/09/05 22:08】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]

くろえ~かいっさん、こんにちは
コメントありがとうございます。

もうジャンル的にはどちらでもいい(というかグルメ寄り)の感じですね。(汗)

相変わらず無駄に長くなっていますが、
よかったら最後までお付き合いをよろしくお願いします。^^;
【2011/09/05 22:14】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]

ねこメシさん、こんにちは
コメントありがとうございます。

この氷を食べた時は鳥肌が立つほど寒かったのですが、
それでも氷は美味しく頂きました。
さすが四代目徳次郎さんの氷です。
お値段は行楽地価格か、天然氷価格なのかちょっと高いですよね。^^;
【2011/09/05 22:16】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



広告



カテゴリー

にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ
人気ブログランキング



プロフィール

くろばい

Author:くろばい
愛車ビアンキ・パッソ
【愛称:ビンちゃん】
愛車2ビアンキ・ミニベロ9
【愛称:ベロンチョ(ベロちゃん)】
激情にながされ1週間で購入に至る
愛車3ママチャリ
【愛称:ソルジャー・チャーリー】
現在自転車3台を所有。
あまりの自転車の増殖率に
恐れおののく日々。
これ以上、増えることはないと
思いつつも、自分が信じ切れない
今日この頃・・・。

相方(くろばいB)
愛車:RSR-4(ブルー)
【愛称:ルイちゃん】
愛車2:ラレー・RSW SPECIAL
【愛称:くろまるくん】
新たにミニベロを購入して、
自転車わが世の春を謳歌中。
自己開発のアンゴラダイエットの
お陰で(いまのところ)メタボリック
危険水域を脱出。
しかし現在、ポタ時はポタメシを
思いっきり解禁しているので、
リバウンドに王手か?



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



月別アーカイブ



カウンター



ブログ内検索



RSSフィード

  • seo



おすすめの自転車本

わが家の自転車メンテナンスのバイブル!





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。