クロスバイクを買っちゃうぞ!
初心者がクロスバイク乗りになるまでの軌跡
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ツール・ド・日光」旅行記【その4】
前夜祭の途中で切り上げ、宿に向かう事にした私共。

相変わらずの雨の中、いろは坂を越えたところにある宿に向かったのですが、
アリーナから宿に向かう途中で、雨の中、おそらくアイスアリーナまで
自走して受付に行く(または行った)と思しき方々を見かけました。

自走参加の場合は、どんな天候でも来ないわけにはいかないでしょうし、
この前日受付制度っていうのは、返す返すもキツい掟ですね。

当日はコースによっては出発も早いので、
この大人数の受付をしている暇もないので仕方ないのでしょうが・・・

宿については、できればコースの出発地である霧降アイスアリーナに近い場所をと希望していたのですが、
私達が申し込んだ時期が遅かった為か、アリーナ付近且つ天然温泉有りのお宿で空いている宿はなく、
せっかく日光に来たのだから天然温泉には浸かりたいという願望は捨てきれずに、
結局、アリーナからいろは坂をひと山越えた感じの中禅寺湖付近のお宿になりました。

お宿はアリーナから順調に走って30分位のところにある「花庵」さん。

施設的にはこじんまりとしたお宿ですが、場所は、丁度、中禅寺湖の入口にあり、
雨が降っているのが残念でしたが、部屋から中禅寺湖が望め眺めがなかなかいい感じです。

中禅寺湖

要所、要所に女性にウケるような心遣いもあり、実際に女性のお客さんが多い感じの宿でした。

宿の入口を入ると、いきなり電動自転車の数々が置いてありましたが、
レンタサイクルの貸し出しサービス(有料)もあるようです。

そのレンタサイクルの中には、7月に名古屋でお世話になったラブリーな小径型電動自転車、
懐かしのシュガードロップちゃんの姿も・・・

レンタサイクル

このお宿の売りのひとつは、日光の宿で唯一という奥日光・湯元温泉の硫黄泉と、
日光和の代温泉のアルカリ単純泉が楽しめるところで、
宿自体が小さい分だけお風呂の洗い場等は少なめで、お風呂に入る時は、
洗い場で立ち待ちという究極に惨めな状況が待っていたらどうしようとドキドキしましたが、
施設が小さいだけにお客さんが分散されるのか、洗い場待ちという状況は免れ、
温泉の浸かり心地は最高でした。

そしてこの宿のもう一つの自慢は、これまた女性にウケる感じの野菜を中心にした料理。

料理 料理
 
料理 料理

盛り付けも美しく、味も満足な料理ばかりでしたが、


特に圧巻だったのは、豪快な「野菜のセイロ蒸し十四種」

料理

十四種の中には“アイコ”やら“コリンキー”やら“アンデスレッド”等の、
「今までの人生で一度も聞いた事ねえー」というような名前の野菜も含まれており、
一体、アイコちゃん達はどこのどいつやらだったのやら・・・

そしてそんな料理を肴に飲んで、

ビール

飲んで、

原酒

そして飲む。

カクテル

この一見カキ氷のようなフローズンカクテルは、日光の天然氷を使われているそうで、
氷がやわらかく言われてみると確かに普通のフローズンカクテルとは一味違う・・・ような気がする。

そして料理が日本酒にも合う感じだったので、ついつい調子に乗って
普段は悪酔いするのであまり飲まない日本酒まで飲んじゃいました。(テヘッ)

って、なに自転車大会前日に悪酔いする可能性のあるもん飲んでんだ?自分。
なんで今だけを享楽的に生きようとするんだ。テヘッじゃねえだろ。

と今となっては自分に説教したい気分ですが、しかしこの時に飲んだ日光の原酒「柏盛」は、、
飲み心地もきりりと爽やかで、次の日に残るなんて事はなく、
翌日はまるでアルコールなんて摂取していなかったかのように、
すっきりとした目覚めが得られました。

普段は(安)居酒屋の飲み放題のメニューに含まれているような、
銘柄は謎の(安)日本酒しか飲んでいなかったので悪酔いするんでしょうね。(--;)

この原酒効果というわけではないでしょうが、大会当日という興奮もあいまって、
むしろ起床予定時刻よりも早く起きる事ができました。

第一に気になるのはお天気だったので、朝イチにカーテンを開けると、
前日一日降り続いた鬱陶しい雨がウソのように、すっきりとした青空が!

中禅寺湖

おお、普段は雨女、雨男ではあるが、旅の途中で乗る自転車乗車時限定という
ピンポイントすぎる晴れ女、晴れ男機能は健在らしい。

今回の大会は一番早い山岳コースが6時45分よりスタートし、
次に7時15分からファンライド日光コース、そして一番最後、9時からのスタートが
我々の参加するサイクリングコースになります。

霧降アイスアリーナまでは、またしてもいろは坂を下らなければならんし、
その後、自転車を組み立てたりという作業もあるので、
余裕を持って7時半には宿を出る事にしました。

前日の到着時は雨だったので、お宿の外観を撮る気にもなれませんでしたが、
お宿の外観はこんな感じです。

花庵

朝食の提供は早くて7時半からとのことで、お宿で食べる朝食は絶望的でしたが、
宿の方がご好意でお弁当を作って下さったので、そのお弁当を持ち、いざ出発です。

渋滞だけが心配でしたが、早朝のいろは坂はそう混んでいるはずもなく、
心配は杞憂に終わり、8時を回ったところで至極順調に霧降アイスアリーナに到着。

丁度、ファンライド日光コースと思われる方々が順次にスタートしてましたが、

あれ?ファンライドって、7時15分からスタートしているはずじゃ?

もう1時間近く経ってね?(゚∇゚ ;)

10人ずつ時間を空けながらウエーブスタートしているようですが、
ファンライドコースは一番人数が多いので、スタートにも時間が掛っているようですね。

申し込みする時に前もって駐車場の利用(有料)を申告しておいたので、
この証明書を見える場所に置いておけば、駐車場は利用できます。

駐車場許可書

当然、ここに駐車されている車は、自転車を車載して来たと思われますが、
アイスアリーナの駐車場は自転車の組み立て用に余裕を持ったスペースになっているわけもなく、
普通にありがちの公共施設仕様の駐車スペースなので、

駐車場

特にファンライドコースの出発前には、組み立て渋滞で大変だったのではないでしょうか?

その点は不人気コースのいいところで、この時間に私達の他に組み立てている人も殆どおらず、
あまり車載もしないので、いつまで経っても前輪の取り付けさえまごついてしまう
技術能力0の我々としては、のんびりと組み立てできるのは助かりました。
(まあ、前輪を嵌めるだけの作業が、技術に入るのかはさておき・・・)

自転車を組み立て終わり、まだまだ時間的に余裕があったので、
駐車場の位置からだと坂の上となるスタート地点から勢いよく出発して行く
ファンライドコースの方々を密かに見送りつつ、
車の中でのんびりと宿で頂いてきたお弁当を食べました。

弁当

このおにぎりは白飯というわけでなく、海苔を別にしてくれていて、
宿の方の温かい心遣いを感じます。

弁当

(一応)グルメスポーツ大会にはちょっと量が多いかなと思ったのですが、
そこは欲望の赴くままにすっかり完食。(-人-)

そして気がつくと8時半を回っていたので、そろそろ大会用のゼッケンを付け、
スタート地点に行こうと思ったのですが、そこでわが愛車達が、
重大な規約違反を犯している事に気付きました。

自転車

がっつりスタンドが取り付けてあるままやん!Σ(゚д゚;)

大会規則として、スタンドは取り外す事になっており、その規約を事前に知ってはいたのですが、
「現地で組み立てたついでに外せばいいや」とつい先送りにして、
そのまま取り外すのをすっかり忘れていました。

あわてて携帯用のアーレンキーを取り出し、作業をする事に・・・

アーレンキー

あれ?そう言えば、このアーレンキーは確か購入してから1年以上は経つと思いますが、
携帯先で日の目を見たのは初めてだったような・・・

なんて言っている場合じゃねえ。

スタンドを外すには、ネジを3箇所外すだけの簡単な作業のはずなのですが、

作業

何せ今までスタンドを外すシチュエーションに面した事はなく、
不慣れな作業ゆえに思いの外時間を要しまして、作業が終了したのは8時45分、
9時のスタートまであと15分しかないのに、更に洋服にゼッケンを付けなければければなりません。

ところでこのゼッケンというものは、前後どちらに付けるものなのでしょうか?

特に記載はなかったので、前と背中のどちらに付けるのがいいかと迷いましたが、
漕ぐ時に邪魔にならない背中が良かろうと結論になりまして、背中の方に付ける事にし、
お互いゼッケンを付け合う事にしました。

お互い心の底では信頼感がないので、相方に背中を預けている時は、
「安全ピンで殺られるんじゃないか?」とドッキドキでした。

ゼッケンは四隅を安全ピンで留めるタイプなので、「自分は不器用な人間ですから」を自負している
我々のような人間にはこれまた無駄に時間が掛かりつつも、なんとかゼッケンを止め終わり、
相方と同時に「いざ!」という感じでリュックを背負ったら、

って、後ろにリュック背負ったらゼッケン丸隠れじゃん!Σ(゚д゚;)

と振り出しに戻り、再び安全ピンを外したり、止めなおしたりと、
ダメなヤツらにありがちなイベント寸前のドタバタを繰り返すうちに、
いよいよ時刻は、出発時間の9時ギリギリになっちまいました。

丘の上のスタート地点に行くには、坂を上るか、階段を上るかだったのですが、
階段を上る方が距離的にショートカットだったので、愛車を担いで必死に階段を駆け上がり、
大急ぎでスタート地点の輪っかのところに行くと、すでに皆さんスタンバイ状態。

スタート地点

スタートの順番は事前に決められているわけでもなく来た順のようなので、
緊張しつつもそのまま最後尾に並びました。

・・・続きます。m(__)m

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事

この記事に対するコメント

こんばんは
泊まった、お宿・・・大体わかります^^
温泉は、そこでしたか?

もう少し、奥へ行ったところに、湯の湖があるんです。
そちらの、温泉は少し熱いんですが、お肌スベスベで、最高なんですよ
って、以前に、お話ししたよね?

いろは坂
今度、走りませんか? たったの10Kmです^^;
【2011/09/07 20:27】 URL | one's #1W.vTiL2 [ 編集]

one'sさん、こんにちは
コメントありがとうございます。

お宿ご存知でしたか。
本来ならもう少し霧降アイスアリーナに近い宿を希望していたのですが、
温泉宿を求めていたらお宿は結局中禅寺湖まで行くことになりました。
温泉はこのお宿の温泉です。
湯の湖も魅力的ですが、このお宿の温泉もなかなかいい湯でした~

> 今度、走りませんか? たったの10Kmです^^;

いろは坂も下りのみなら是非走ってみたいのですが・・・^^;
【2011/09/07 22:46】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]

日本酒
今回飲んだ日本酒は悪酔いしなかったけど、普段の時はダメというのは、
もしかしなくても普段、醸造酒を飲んでいませんか?

グラス、とっくり、升、どれでも同じなんですが、
ベタベタするような感触があったりしませんか?


どこの酒造メーカーの、なんていう銘柄でも構いませんので
今度「純米酒」と表記されているものを飲んでみてください。
きっと大丈夫。
【2011/09/08 21:46】 URL | スターチャンネル #- [ 編集]

スターチャンネルさん、こんにちは
コメントありがとうございます。

大抵日本酒を飲む時は居酒屋の飲み放題等の安酒だったりするので、
どんな種類のお酒だかまったくわからないまま飲んでいます。
結果、いつも大惨事になることが多かったので、
おそらくかなりヤバい感じの日本酒なんでしょうね。^^;

しかも飲む時は結構出来上がっている時が多いので、
味もわからない状況の時が多く・・・(汗)
日本酒=悪酔いが刷り込まれています。

純米酒は悪酔いしないでしょうか?
今度、飲んでみますね。
【2011/09/09 22:55】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



広告



カテゴリー

にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ
人気ブログランキング



プロフィール

くろばい

Author:くろばい
愛車ビアンキ・パッソ
【愛称:ビンちゃん】
愛車2ビアンキ・ミニベロ9
【愛称:ベロンチョ(ベロちゃん)】
激情にながされ1週間で購入に至る
愛車3ママチャリ
【愛称:ソルジャー・チャーリー】
現在自転車3台を所有。
あまりの自転車の増殖率に
恐れおののく日々。
これ以上、増えることはないと
思いつつも、自分が信じ切れない
今日この頃・・・。

相方(くろばいB)
愛車:RSR-4(ブルー)
【愛称:ルイちゃん】
愛車2:ラレー・RSW SPECIAL
【愛称:くろまるくん】
新たにミニベロを購入して、
自転車わが世の春を謳歌中。
自己開発のアンゴラダイエットの
お陰で(いまのところ)メタボリック
危険水域を脱出。
しかし現在、ポタ時はポタメシを
思いっきり解禁しているので、
リバウンドに王手か?



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



月別アーカイブ



カウンター



ブログ内検索



RSSフィード

  • seo



おすすめの自転車本

わが家の自転車メンテナンスのバイブル!





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。