クロスバイクを買っちゃうぞ!
初心者がクロスバイク乗りになるまでの軌跡
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ツール・ド・日光」旅行記【その6】
不注意から土曜日には横浜で派手に道路に転がる羽目になりましたが、
その割には翌日は、痣も出ずにダメージも少なそうに見えたので、

いつの間にか姿三四郎並の受身でもマスターしていたのか?

と一瞬自分を買いかぶってみましたが、
修行も積んでいないのにそんな旨い事があるわけでもなく・・・

案の定と言うか、当然と言うか、昨日から肩に打ち身と思われる痛みが出てきました。

体も老朽化すると痛みの伝達までに時間がかかるらしく、
タイムラグが発生するもんなんですね。(--;)

それにしても右膝を一番強く打ったと思ったのですが、
右膝には痛みは出ず、痛みが右肩に来るとはとんだ伏兵。

しかし運が悪かったのか、そもそも自転車から落ちる時は利き腕方面から落ちる仕組みなのか、
使用率の高い利き腕の肩が痛むと、腕を動かす度に痛むので何かと不便です。

取り合えず、以前坐骨神経痛を患った時に病院で貰った(というか購入した)
強力な鎮痛作用があるシップが余っていたので、それを貼ったら本日は大分痛みも引き、
キーボードを打つ程度では痛みが走らなくなりました。

その他、日常ではいろいろイレギュラーな事柄も発生し、
「ツール・ド・日光旅行記」を中途半端なままで放置していて、すみません。(汗)

以下、続きになりますので、良かったらお付き合い下さい。

*********************************************

大会もいよいよ佳境に入り、天国の下りから地獄の上りへと変更される
天国と地獄の交差点とも言える折り返し地点「砥川橋南交差点」を過ぎた私共。

そもそも私共は、出発時は2番目に遅いグループにてのスタートでしたが、
出発した直後に自分達と同じグループの方々からは挫折し、
次のグループはまだ追いつかれていないという間に入り込んだような状況が続き、

もしかして大会とかって夢オチだったんじゃねえ?

と思うような二人ボッチのポタを続けていましたが、この折り返し付近で何度かの信号待ちをし、
何かともたついているうちに、いつの間にか後発部隊の最終グループに追いつかれ、
そして後発部隊と団子状態・・・という、かもはや自分達が最終グループになりつつ、折り返す事になりました。

ツールド日光

ちなみに後発グループにいた女子アナさんにもここで抜かされました。

元々最後発グループはお子さんが多かったんで、
通常の大人だったら危機感を募らせるかもしれませんが、
そこはそれ、我々はどちらかと言うとダメな大人。(堂々と言うなよ)

この直後に自分達の身に起きる事となる最後尾の悲劇など想像だにせず、
むしろ「最後発になって気楽~ぅ」とか思っていました。

そして気楽になるとやはり気になるのは、この大会で楽しみにしていた日光グルメです。

最初の野望であったコースを離れたところにあった天然カキ氷は、
とてもじゃないけどコースアウトを申し出る雰囲気ではなかったので、打ち砕かれましたが、
逆に言えば(って、何も言われていないけど)コース内なら無問題なはず。

前日のコース予習では、折り返しからすぐの場所に日光名物ゆばのお店が数軒並んでいた、
“通称ゆばソーン”(って、私が命名したのですが)に差し掛かります。

そこで早速、日光名物に舌鼓を打つのもけっこうと思い、
ゆばゾーンのお店の中の1軒に立ち寄ったものの、

ゆば

営業臭がしないというか、何となく敷地内はオフシーズン的なユルさが漂い、

もしかして非営業中?!(゚∇゚ ;)

幾らなんでもかき入れ時と思われる日曜日に営業してないなんて強気だな。

と思ったのですが、ふと時計を見ると、実はまだ10時ちょい過ぎやん。Σ(゚д゚;)

下りで快調に走ってきたので、存外早く折り返し地点まで着いたらしく、、
どうやらお店の営業時間に至っていなかった・・・らしい。

こんな早くにポタをする事なんて普段はめったにないので、気付かなかったよ。

お店の横に設置してあるテイクアウト専門ブース(?)では、
思わせぶりなソフトクリームの看板が置いてあったので、

ゆば

「せめてソフトクリームだけでも」と未練がましく近づきましたが、
“営業中”という威勢のいい旗は立っているものの、
まだ準備中なのか人の気配すらありませんでした。

仕方なくすごすごとコースに戻り、次なる目的地「エイドステーション」に向います。

さて、わが30kmコースでの唯一無二のエイドステーションは、
このゆばゾーンからは目と鼻の先にあります。

コースは事前の予告通りに徐々に上り坂になっている事は肌で感じましたが、
まだまだ下りが楽だった時の余力もあり、そしてエイドステーションへの希望もあり、
あまり苦痛に感じる事もなくエイドステーションに到着しました。

そう言えば、私がまだ若かりしバブル崩壊直後は「すぐに景気は元に戻るだろ」と思い、
ちょっとの間の節約気分でモツ鍋なんて食ってたんですよね。

まさかその後ン十ン才になる今に至るまで不況が続こうとは、
あの時は夢にも思いませんでしたよ。(遠い目)

そして後にも先にもこちらがわが人生初となる記念すべき「エイドステーション」

エイドステーション

このエイドステーションは、丸彦製菓さんの工場の敷地内にあるようで、
30kmを走る日光サイクリングコースの17.5km地点、
100kmを走るファンライド日光コースの76.5km地点に設置されてます。

まだ時間は10時を回ったところなので、休憩をとっているのは主にサイクリングコースの人が
多いようでしたが、ざっくりとファンライドコースの方々も混じっていたように思います。
すでにこの時間で76.5kmを走り終えるなんて私共とは違う世界の方々ですね。

そろそろ暑さも増してきて、ちょっとダラついて油断しているところで、
当ブログを読んで下さっているという方にお声を掛けていただきました。

まさかお声を掛けて頂けるなんて思っていなかったので、
完全にオロつきまして、妙に挙動不審な人物(達)になってしまって、すみません。^^;
取り合えず、相方と揉めていて修羅場・・・とかの場ではなく、良かったです。

丸彦製菓さんの(?)エイドステーションでは、日光の天然水やスポーツドリンク、
名産(なのか?)のトマト、そして丸彦製菓さんのイチオシ商品だと思われるおかきが提供されます。

まずスポーツドリンクと天然水を頂きましたが、ここまでの道筋、対して苦労はしていないものの、
それなりに乾いていたのか、五臓六腑に染み渡る旨さです。

そして私共が到着した頃には、丁度トマトが切れていたのですが、
しばらくのんびりしていると追加投入されました。

普通サイズのデカいトマトを想像していたので、
この場でデカい素トマトをさすがに1人で完食する自信がなく、
相方のを半分貰おうと、相方に頂きに行ってもらったのですが、
想像と異なりトマトはちんまりと可愛らしいプチサイズです。

トマト

一つ貰いましたが、プチの割にしっかりとトマトの味がするトマトで、
サイクル途中には丁度いい感じでした。

更におかきは3種類配られていましたが、この時はちょっと暑くなっても来ていたので、
食べる事ができず、そのまま頂いてきました。スミマセン。^^;

おかき

その後、家に帰ってからこのおかきを頂いたのですが、率直に美味しかったです。

故郷のしょう油の街市から栃木は近い事もあり、日光も子供の頃から今に至るまで
何度となく訪れた事のある土地ですが、このお店のおかきは存じ上げませんでした。
もっと全国的に・・・とは言わなくても関東的には評価されてもいいおかきかと・・・

このエイドステーションで(おそらく)誰よりもまったりと過ごしているうちに、
女子アナさんを初め、ぞくぞくと同コースの他の方々は出発し、
気がつくと私共が最終出発になってしまったようです。

正直、その辺はまったく気にならなかったのですが、ここに住み着くわけにもいかんし、
「そろそろ出発するか」と重い腰を上げ、コースに戻る事にしました。

が、真の恐怖はここから始まる事になるのです。

ゆるゆるとコースに戻りましたが、後半戦は緩やかとは言え、
どこを切り取ってもオール上り坂なのでテンションが下がります。

「まあ、のんびり行けばいいか」とペダルを漕ぎ出したところ、
いきなり背中に違和感を感じました。

私はリュックを背負っていたのですが、どうやらエイドステーションで
リュックの中の荷物のバランスがおかしくなり、何かが背中に当たるようになっているようです。

このまま走るのは気持ちが悪いので、一旦歩道にはけ、
リュックの中身のバランスを整えていたのですが、ふと目の端に、
私達の数メートル後ろに横付けして停まる妙な動きをする車が目に入りました。

特にお店も何もない道で路停かいな?

とその時は不思議に思いましたが、あまり気にはせず、
リュックの中身を整え、再びべダルを漕ぎ出しましたが、
奇妙な事に私達が走ると同時にその車も走り出します。

しかもスピードが違うのですぐ抜けるはずなのに、
私達に合わせるかのようにゆるゆると走っているではありませんか。

なんじゃこの車?新手の嫌がらせか?

と不気味に思い、その車を振り返ってみると、

なんと!その車のフロントガラスには、最後尾追撃車という文字が!Σ(゚∇゚|||;)

いや、本当は“追撃”部分は幻で「最後尾車」みたいな事が書かれていたような気がしますが、
見てはいけないものを見たというか、振り返るのが怖くてその辺はよく見れませんでした。

しかし・・・

もしかしてこの車は私達が最後尾にいる限り、
私達のペースに合わせてずーーと後ろを着いてくるの???Σ(゚д゚;)


ゴルゴに狙われた対象者はこのような気分なのだろうか?

いや、もちろん大会関係車の方は安全上の配慮からやらざるを得ないのでしょうが、
それが分かっていても追われる側のプレッシャーは如何ともしがたく・・・

特に気の小さい私共はその追われるようなプレッシャーで青くなり、
叫び声を上げながらハツカネズミのようにペダルを漕ぎ始めました。

しかし行きに借金(下り)をしながら遊興にふけっていたツケ(上り)がたまり、
借金を返したくてもなかなか思うようには進まず・・・

それでも最後尾車から逃れたい一心でペダルを漕ぎ続ける私共は、
さながら財政破綻後にIMFの厳しい管理を受け、強制的に借金を返させられる国のようなものでしょうか。

そしてこれから約15km、わが自転車生活で最も管理された中で走る
決死のサイクリングが幕を開けたのです。

・・・すみません、続きます。m(__)m

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事

この記事に対するコメント
オフィシャルカー
あ~、オフィシャルカーに追われてしまいましたか。
やっちゃいましたねぇ。

ん?
完全に忘れてしまったのですが、日光ってミニベロで走られたんですか?
それともクロスバイクでしたっけ。
【2011/09/13 21:34】 URL | スターチャンネル #- [ 編集]


こんばんは
なるほど・・・^^;
この車にあおられちったんですね

そりぁ~大変だったでしょ^^;
【2011/09/13 23:48】 URL | one's #1W.vTiL2 [ 編集]

ゴルゴ13に追われる……
 くろばいさん、Bさん

 ツールド日光、お疲れさまでした。
 それにしても、最後尾をゴルゴ13的な警護車に追われる(守ってもらう?)なんていうのは、どっちにしても無言の圧力が大変だったでしょうね。
 いっそのこと、はやく撃ち殺してくれ! と思ってしまうような。

 その後の苦しみv-12も、いまではいい思い出なのでしょうが、たっぷりと読ませてくださいねv-10
【2011/09/14 01:23】 URL | 横山 #- [ 編集]

スターチャンネルさん、こんにちは
コメントありがとうございます。

自転車の大会は初めてだったので、まさかこんな車が付いてくるとは思いませんでした。
ホントこの追跡(?)は貧脚の私達には辛かったです。
「もうビリでもいいや~」と思っていたのですが、こんな事になるなら早めに行って
最初の方でスタートできるようにしておけばよかったです。
ちなみに日光はミニベロで走りました。
【2011/09/14 23:21】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]

one'sさん、こんにちは
コメントありがとうございます。

自転車大会が初めてだったので、まさかこんな恐怖の車が登場するものだと思いませんでした。^^;
知っていたら自分の貧脚を見越して最初の方にスタートするようにしたのですが・・・

【2011/09/14 23:23】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]

横山さん、こんにちは
コメントありがとうございます。

気分は逃亡者でしたが、確かにこれは護衛車なので、
守ってくれていたのかもしれませんね。
でもピッタリとマークされて走られると凄いプレッシャーでしたけど・・・^^;

今回は初めての大会だったのでこんな車が登場する事すら知りませんでした。
その点、いろいろ勉強になったというか、自分達は大会に出れるような
人間じゃないと改めて悟ったような・・・
確かに過ぎてしまえば楽しい・・・くはないけど、いい思い出ですね。(遠い目)
【2011/09/14 23:28】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]


いよいよ佳境にはいってきましてね。最後尾監視車が後ろに迫っていたとは....。このような大会に参加したことがない私には想像がつきませんが、なかなかの恐怖だったんでしょうね。

それから肩の件、長引くようでしたら、楽観視せずに、スポーツ関係の整形外科で、しっかりレントゲンを撮ってもらうことも視野に入れてくださいね。わたしも最初、大したことがないと思っていましたが、そのうち肩が上がらなくなりました。(治療に1年半かかっておりますので、ご注意を)
【2011/09/15 04:48】 URL | kincyan #sSHoJftA [ 編集]

kincyanさん、こんにちは
コメントありがとうございます。

なかなか終わらなくて申し訳ありませんが(汗)
私も大会初参加だったのでこのような車があるとは思わず、
「最後でいいや~」とか思っていたのですが、
まさかこんな事になろうとは・・・

肩は何日か痛かったのですが、今はなんともなくなりました。
ご心配ありがとうございます。
でもしばらく経ってから症状が出てくるという事もあるんですね。
また何か症状が出たら病院に行こうと思います。
【2011/09/17 23:10】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



広告



カテゴリー

にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ
人気ブログランキング



プロフィール

くろばい

Author:くろばい
愛車ビアンキ・パッソ
【愛称:ビンちゃん】
愛車2ビアンキ・ミニベロ9
【愛称:ベロンチョ(ベロちゃん)】
激情にながされ1週間で購入に至る
愛車3ママチャリ
【愛称:ソルジャー・チャーリー】
現在自転車3台を所有。
あまりの自転車の増殖率に
恐れおののく日々。
これ以上、増えることはないと
思いつつも、自分が信じ切れない
今日この頃・・・。

相方(くろばいB)
愛車:RSR-4(ブルー)
【愛称:ルイちゃん】
愛車2:ラレー・RSW SPECIAL
【愛称:くろまるくん】
新たにミニベロを購入して、
自転車わが世の春を謳歌中。
自己開発のアンゴラダイエットの
お陰で(いまのところ)メタボリック
危険水域を脱出。
しかし現在、ポタ時はポタメシを
思いっきり解禁しているので、
リバウンドに王手か?



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



月別アーカイブ



カウンター



ブログ内検索



RSSフィード

  • seo



おすすめの自転車本

わが家の自転車メンテナンスのバイブル!





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。