クロスバイクを買っちゃうぞ!
初心者がクロスバイク乗りになるまでの軌跡
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ツール・ド・日光」旅行記【最終回】
ぬかりましたーーーっ!

ところで私が都知事になったあかつきには、首都高を自転車に開放する日を作りたいという
野望を抱いている程、高速道路を自転車で走りたいと常々思っているのですが、
まさかそんなチャンスが本当にあったとは・・・

新東名高速(いや、そんなものを作成していた事自体知らんかったのですが)完成に伴い、
高速道路を自転車で走れる企画があるという情報を相方に聞いたのが土曜日でしたが、
それからすぐにネットで調べたのもむなしく、すでに希望するコースは募集が締め切られていました。

いや、正確にいうと定員いっぱいで締め切られていたのは、
男性の相方の方だけで、女性はまだ普通に参加者を募っていたのですが、
私というヘタレ人間は自転車大会に1人参加をする勇気もなく・・・

直前に旅行予定も入っていることから今回の参加を見合わせてしまいましたが、
今後、こんなチャンスはあるのでしょうか?(T_T)
最近は、箱物や道路をバンバン作るのはいろいろ問題があるでしょうし・・・

やはりここは私が都知事になるしかないのか?!
(いや、次の新高速チャンスを待った方が可能性が高いだろ)

話は変わりまして・・・

昨日は夕方から天気が崩れるという天気予報を信じ(結局崩れたのは夜でしたが)、
家の備品でいろいろと必要なものがあったので、
車で三郷に行きホームセンターやらIKEAやらに行ってきました。

ところで三郷にIKEAが出来てから何年の月日が流れたでしょうか・・・

久々のIKEAだったので、「そろそろ下火になっているかも?」(失敬だろ)
と思っていたのですが、相変わらずの混雑ぶりでした。

その後、隣接しているららぽーとの中にあるお値段以上のお店にも行ったのですが、
そちらの方はかなりゆったり買物ができまして、コンセプトは同じようなのに集客的には差は歴然。

まあ、お値段以上のお店は店舗数が違うので、単純に比較はできないと思いますが・・・

さて、IKEAでの目的はこちらの「革クリーナー&革クリーム」

革クリーナー

わが家のソファーのメンテは、定期的に保護クリームであるラ○パーを塗るだけだったのですが、
それでは限界があるようで、6年も経つと最近妙にくたびれてきまして、
ここはクリーニングと補修を試みたいと思っており、
このIKEAのクリーナーが安価でなかなか評判がよさそうなので購入してみました。

こういったメンテナス製品は、少量の上に5,6千円するものも多いのですが、
IKEAのものは量も結構多く、セット料金1,490円と爆安価格です。

Made in Swedenということですが、特にこういった筋の製品に関しては、
例え爆安価格でも「ヨーロッパ系だと安心」だと思ってしまうのは何故でしょう。

ソファーの方は小さくですが数箇所に表面の革が剥がれ色が落ちているところがあり、
こちらのIKEAセットはその補修グッズを購入後のお試しになりますが、
よかったら今後の定期お手入れにも使用しようと思います。

そして脈略のまったくない話の流れで申し訳ありませんが、
なかなか終わらないまま放置されていた「ツール・ド・日光旅行記」が最終回になります。

とは言え、今回は自転車関係なく単にグルメ満載ネタですが、
良かったらお付き合い下さいませ。^^;

**********************************************
ツール・ド・日光ではあれほど泣き言連発だったのに、
グルメの為となると頑張れるところが我ながら「なんだコイツ(ら)」と思いますが、
ツール・ド・日光でまったりと疲れた体に鞭打ち、ただ天然氷を食べる為に、
こちらの「松月氷室」さんにて、

松月氷室

まだ暑さ真っ盛りの中1時間半の立ち並びを覚悟した私共。

・・・なんだ、まだ体力残ってるんじゃん。

とは言え、仮にツール・ド・日光参加後でなくても夏に外で1時間半並ぶ行為は、
けして嬉しい行為でも楽しい行為でもなく・・・

途中、叫び声を上げながらこの並びから離脱する事を夢想したりもしましたが、
列と言うのは一旦並び、そして自分の後ろに列ができて行くと、
並ぶ決意よりも離脱する決意の方が難しい。

結婚よりも離婚の方が大変というのと同じでしょうか。

心と裏腹にまるで某社のボンドで貼り付けられたように列からは離れられず、

上海万博でアトラクションに8時間も並んだ事を考えると、
こんな1時間半の並びぐらい何てことないじゃないか!
(・・・いや、上海万博とか行ってないけど)

それにお盆に3時間並ぶ事を考えると自分達は運のいい方だ。(そうだ、そうだ)

と少なくとも自分達よりもがんばった人たちを思う事で、精神的に乗り切りました。

並びは極端に進む事はありませんでしたが、ジリジリとそして確実に進まして、
当初の予定よりも約30分早い、1時間程度でお店の中に案内され、
私達は壁際に設置してあるカウンター席に通されました。

お店の中は思ったよりも結構人が入れるようで、
席数によるとざっと30人位は入れるような感じです。

注文方法は独自なシステムが導入されていて、そのやり方は詳しく書かれていますが、

注文方法

テーブルの上に置いてある紙に、名前、注文品を自分で書き、
中央部におられる「このお店で結構役職が上かな~」と思しき女性に紙を渡しに行き、
そこで前金で会計を済ませます。

注文から多少の時間を有した後、カキ氷が届きましたが、
相方は「抹茶あずきミルク」(450円)

宇治あずきみるく

私は「いちごハーフ&ハーフ(ミルクトッピング)(450円)

いちごハーフ

つーか、それにしてもお値段が安い!


今まで数回“天然氷”を使用しているお店の氷を食べてきた経験上、
大体天然氷はそれだけでお値段がお高めなものが多かったですが、
天然氷の中ではなかなかの安さではないかと・・・
(1番安価なものだと300円からありますし)

相方の頼んだ抹茶あずきミルクにしても、前日にチロリン村で頼んだ四代目徳次郎さんの氷使用の
同じ感じのフレーバーの氷を頼みましたが、その時は約倍位のお値段だったはず・・・
この辺は蔵元さんのカキ氷というところが強いのかも。

どちらのお店も口解け感のあるふわっふわの氷ですが、
前日のチロリン村での氷の方が鰹節系の削りで、その為なのか溶けやすかったような気がします。

四代目徳次郎さんの氷を使ったチロリン村のお店と松月氷室さんの氷、
同じ日光の氷室の氷でありつつ、抹茶あずきで比べても、味的にはどちらもそれぞれ特色があり、
違った感じが楽しめますので、甲乙つけがたい感じです。

そして私の「いちごのハーフ&ハーフ」は生苺と野苺のブレンドシロップのようで、
甘さ控えめの甘酸っぱいさっぱりとした味です。

この甘酸っぱさは野イチゴ系のテイストなのだろうか?

いや、他にも天然苺ソースのお店の氷は食べた事がありますが、
そのソースもこんな風に酸味があったような・・・

考えてみれば野苺自体を単独であんま食べた経験がないので、
どの辺が野苺の味なのかわからなかったのか口惜しい。

何でもアレンジをする前に基本が大切ですが、やはり素人は基本に忠実に
最初に苺を経験した後にハーフ&ハーフを経験した方が良かったかもしれません。
(とは言え、この場所とこの並びでは何度も来れませんが・・・^^;)

食べるのはあっという間で、おそらく食べ初めてから10分と掛らずに完食し、
そのままお店を出ましたが、相変わらず来た時とほとんど変わらない長さの行列が出来てました。

最近は旨い物を食べようと思えば並びは必須な事が多いですが、この人気はすごいっすね。

そして我ながらその元気がどこから出るのか、その後の予定では宇都宮市街まで行き、
宇都宮グルメを楽しむはずでしたが、途中で逃れられない生理現象による休憩を余儀なくされまして、
市街まではもうちょっと距離のある「ろまんちっく村」というところで休憩を取りました。

ろまんちっく村

このろまんちっく村は私も何度か来たことがあるのですが、温泉があったり、レストランがあったり、
野菜の直売所があったりという、「道の駅にプラスαを加えた何か」という施設です。

生理現象を抑える施設だけを拝借してこのまま去るのも仁義に反するような気がしまして、
野菜を購入したりしてフラフラしていたのですが、途中でなかなか旨そうなレストランを見つけ、
急速に宇都宮市街に行くのが面倒になっている自分を感じました。

ろまんちっく村の最深部にある「麦の楽園」さんというこのお店は、

麦の楽園

その名の匂わすとおり、このろまんちっく村で作成している地ビールの飲めるお店のようです。

入り口にはドイツの旗がはためいているので、最初はドイツ料理かと思ったのですが、
実はそうと言うわけでもなく、野菜にこだわるオーガニック系のレストラン・・・らしい。

野菜を使ったジェラートというのもこのレストランの売りの一つのようで、
お店の前に写真付きで紹介されていましたが、それをぼんやりと見ているうちに、
「別に今から市街まで行くことないかー」という気になり入店。

ろまんちっく村の中には宿泊施設もあり、このお店は夜は宿泊者専用のレストランにもなるようですが、
この時は中途半端な時間だった事もあるのか、あまりお客もおらず、まったりとした雰囲気でした。

さすが野菜にこだわるお店らしく、テーブルのマットの下には野菜の収穫期や効能等、
いろいろな野菜に対する愛の溢れたコメントが書いてあり、

野菜メモ

料理を待ちながらも野菜に対しての知識を高める事が出来る仕掛けに・・・

ちなみにこの時の私共が一番に目が行ったのが「えのき」

野菜メモ

まさかあの弱っちそうなキノコに、この時の自分達にぴったりの効能があったとは。

まず食事として注文したのは、相方が「スペアリブの一本焼き+パン」(850円+200円)

スペアリブ

元値が安かったので、あまりボリューム的には期待していなかったのですが、
スペアリブは意外にデカッ!Σ(゚∇゚ ;)

何せスペアリブなので、それなりに高カロリーになるのは避けられないでしょうが、
味付けがあっさりとしていて、どこかポークソテーの味がします。

そして地ビールのお店なので、当然のように地ビールのメニューもあり・・・

地ビール

運転の私はもちろん飲めませんが、レースの疲れで悪の出汁が出切ったのか、
私も仏のような精神になりまして、相方さん(のみ)がビールを楽しまれるのを心よく許可。

但し、“餃子浪漫”に限る。

メニューには、いくつかの地ビールがありましたが、単に名前オチだとわかっていても、
突っ込み体質の私としては、「餃子浪漫」というビールが気になって仕方なかったのです。

ところで、この餃子浪漫を紹介する但し書きには“餃子は入っていません”と書かれていましたが、

・・・いや、入ってたら逆に嫌だ。

しかしこんな事もいちいち但し書きに書かにゃならんなんて、
つくづく世紀末・・・じゃくて21世紀だな。
(もしかしてジョークで書かれたのかもしれませんが・・・)

そう言えば、20世紀末の頃は不条理や不可思議な事があると「世紀末だな」というセリフで
みんな何となく納得したもんですが、世紀が変わっちゃったんでその表現が使えなくなって不便です。

こちらが「餃子浪漫」
(セット料金で620円→520円)

餃子浪漫

相方に言わせると「地ビールっぽい味」という、至極当たり前の感想しか返ってこなかったので、
帰りに隣接している施設で販売しているのを購入し、私も家で飲んでみたのですが、
地ビール特有の香りはするものの、地ビール特有のえぐみが薄く飲みやすい感じがしました。

当然ながら餃子味も餃子臭もしませんでしたが、餃子には合うと思います。
(まあ、餃子に合わないビールの方が珍しいかも^^;)

ちなみにこの時購入して来たお土産ビールは、「餃子浪漫」「麦太郎」「麦次郎」セットでしたが、
麦太郎、麦次郎はまだ飲んでいないですよね。

私の方の料理は「チキングリルソテー+パン」(780円+200円)

チキングリル

元々は“チキンハーブグリル”だったようですが、ハーブが品切れになり、
急遽、チキングリルソテーになったということです。

ハーブが切れる状況が興味深いですが、皮はパリパリで身はジューシーに焼かれていて、
ハーブがなくとも十分美味しいチキンです。

更に最後に「トマトジェラート」(300円)

トマトジェラート

野菜のジェラートはニンジン、トマト、よもぎとありましたが、
一番、果物に近い感じで問題なさそうなトマトをチョイス。

私の貧乏舌では最初はトマト味がよくわからなかったのですが、
食べ進んで行くと、控えめながらトマト味がします。
それだけで健康にいいような感じがするから不思議。

飛び込みで入ったお店なのに、幸運にも満足しまして、宇都宮市街地グルメをせずに、
そのまま帰りまして「ツール・ド・日光」の長いような短かった2日間が終わりました。

初めての大会は想像と大きく違うところもありましたが(特にグルメ)
いろいろと参考にもなり、勉強にもなりました。

最後に大会関係者の皆様、ありがとうございました。

「次回は100kmコースを目指すぞ!」と口が裂けても言えない身が哀しいですが、
「ツール・ド・日光」が毎年続いて行く事をお祈りしています。

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
 
関連記事
この記事に対するコメント
“餃子は入っていません”
ということは「浪漫」は入ってるのか。
スリルとラブロマン、夢中にさせる♪
【2011/09/21 11:53】 URL | たまごあたま #3DpfYUu6 [ 編集]

こんばんは^^
確かに今まで食べてきたかき氷の中では安いですよね
わたしが食べた中で一番安かったのは¥150ですw

地ビールも美味しそうですがスペアリブが食べ応えありそうで美味しそう♪
最後にデザートまでw
カロリー満点ですね♪
【2011/09/21 21:39】 URL | ねこメシ #- [ 編集]


くろばいさん、是非都知事になってください。
わたし1票、入れます! 後援会、入ります!

イケヤはわたしも嫌いじゃないです~♪ ニトリとよく同様に扱われてるけど
なぜか、舶来ものだと思うだけで、同じ安さでも惹かれてしまうのはわたしが
ミーハーなだけでしょうか・・・・(笑)


「いちごのハーフ&ハーフも安いのにすごく美味しそう~。食べたいです!

ツールドニッコウ に全く触れていないコメント・・・・すいません。(爆)

【2011/09/22 09:48】 URL | さふらこ #- [ 編集]


抹茶あずきミルク、好きなんですよ^^
凄い量ですねぇ~ しかも、安い・・・・ ただ、もう寒いので暖かいおでんとか食べたくなりますね。

暖かいと言えば、ろまんちっく村には、温泉があるんですよ
入ったことないんですけどねぇ~(掛け流しの、大田原のきみの湯ばかりです)

実は、ろまんちっく村まで15分あれば、行けます^^;
近くまで来てたんですね

そうそう、地ビールは種類があって、確か今二杯目は、100円サービとか???
先日地元のFMで、放送してましたよ。

そんな事言わずに、次回は次回は100kmコースをどうぞ♪
【2011/09/22 17:15】 URL | one's #1W.vTiL2 [ 編集]

たまごあたまさん、こんにちは
コメントありがとうございます。

たまごあたまさん、うまい!
確かに酒はロマンがありますねぇ。(しみじみ)
【2011/09/22 22:48】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]

ねこメシさん、こんにちは
コメントありがとうございます。

場所柄仕方ないかもしれませんが、都内の氷は高いの多いですしね。
中には1,000円超えなんてお値段もあるんですが、
さすがに1,000円を超えるとビビリます。
それにしても150円は安いですね。
コンビニに売っている市販の氷でもそれ位取られそう。

このお店は飛び込みで入ったのにアタリでした。
カロリーの事は・・・考えない、考えない。(汗)
【2011/09/22 22:53】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]

さふらこさん、こんにちは
コメントありがとうございます。

この他には、隅田川全域にサイクリングロードの設置を計画しており、
自転車と自転車乗りの為の政治を心がけたいと思いますので、
私が立候補した時には、清き一票をお願いします。

IKEA、相変わらずいつも混雑していますね~。
お値段以上のお店と大体コンセプトは同じだと思うんですが、
確かに何となく違うんですよね。
北欧の品やディスプレイもさることながらあの爆安なソフトクリームや
ホットドッグにも集客力があるのかも。

ここのさすがに氷は美味しかったんですが、 ただ並ぶのだけが難ですね。^^;
特に氷の食べたいシーズンは真夏なんで、炎天下の並びは若干キツイです。
【2011/09/22 23:06】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]

one'sさん、こんにちは
コメントありがとうございます。

抹茶あずきミルク美味しいですよね。
わが家もどれか一つを選ばなければならないのなら大抵これです。
こちらはまだ氷行けそうですが、おでんの季節まであっという間ですね。

実はろまんちっく村の温泉は何度か入ったことがあったりします。
季節の植物等を浮かべる湯なんかもあって楽しかったです。

おお、このろまんちっく村まではわずか15分の場所に住まわれているんですか!
このろまんちっく村の近くに昔よく食べた宇都宮餃子の支店があって、
そちらのお店の帰りあたりにも時々寄りました。

地ビール2杯目から100円のサービスですか?!
それはまた太っ腹ですね。
その情報を知っていたら相方が歓喜していたに違いありません。

> そんな事言わずに、次回は次回は100kmコースをどうぞ♪

前向きに考えさせて頂きます。^^;
【2011/09/22 23:15】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



広告



カテゴリー

にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ
人気ブログランキング



プロフィール

くろばい

Author:くろばい
愛車ビアンキ・パッソ
【愛称:ビンちゃん】
愛車2ビアンキ・ミニベロ9
【愛称:ベロンチョ(ベロちゃん)】
激情にながされ1週間で購入に至る
愛車3ママチャリ
【愛称:ソルジャー・チャーリー】
現在自転車3台を所有。
あまりの自転車の増殖率に
恐れおののく日々。
これ以上、増えることはないと
思いつつも、自分が信じ切れない
今日この頃・・・。

相方(くろばいB)
愛車:RSR-4(ブルー)
【愛称:ルイちゃん】
愛車2:ラレー・RSW SPECIAL
【愛称:くろまるくん】
新たにミニベロを購入して、
自転車わが世の春を謳歌中。
自己開発のアンゴラダイエットの
お陰で(いまのところ)メタボリック
危険水域を脱出。
しかし現在、ポタ時はポタメシを
思いっきり解禁しているので、
リバウンドに王手か?



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



月別アーカイブ



カウンター



ブログ内検索



RSSフィード

  • seo



おすすめの自転車本

わが家の自転車メンテナンスのバイブル!





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。