クロスバイクを買っちゃうぞ!
初心者がクロスバイク乗りになるまでの軌跡
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北千住カフェ&焼小籠包ポタ
昨日は台風の直撃を受け、外は強い雨風が吹き荒れていて、
どこからともなく時々謎のデカい落下音のような音が聞こえてくるし、
家の中にいてもちょっと不安でした。

丁度、帰宅時間の公共交通機関も軒並み運休や運転見合わせになっていて、
その時間に帰宅された方は大変だったと思います。

相方は昨日は飲み会が入っていて、酒を飲みながら台風をやり過ごそうと目論んでいたようですが、
当たり前のことながら飲み会は中止、すっかりアテが外れ途方に暮れていたところ、
幸い山手線が運転再開しまして、特に混乱もなく帰ってきました。

しかし今年というのは、本当に災害の多い年ですね。
ちょっと気の早い話ですが、来年はいい年になって欲しいです。

そして先週末の3連休の話になりますが、3連休は月曜日の夜に来て
ちょっと乱れましたが、概ねいいお天気でした。

連休の初日の土曜日は、気温も高くいいお天気だったものの、
数日後に猛威を振るう事になる台風の影響が出ていたようで、
ポタ的には無用とも言える風がそこそこあり・・・

その上、ポタ後には月イチ(以上)恒例のわが両親不在中により、
しょう油の街市にお留守番に帰らねばならず、あまり遠出をする気になれないまま、
家でダラダラ過ごした挙句、

「北千住でも行くか・・・」

といういつもの短時間やっつけポタの流れになりました。

わが家から比較的お手軽な距離にあり、やっつけポタの聖地の一つになってる
北千住までの道は、特に風が強くて走りにくかった以外は、
特記する事項もなく北千住の地に到着。

そして目的地に行きすがら足立区の情報発信の施設「千住宿」を通りかかったのですが、

千住宿

そこの情報によると、今年の足立の花火大会は10月8日(土)に行われるんですね。

いつもは7月の第4木曜に開催されるのが恒例のようですが、
今年はちょっと遅れての開催になったようですね。
その為か、この千住宿でも花火大会の開催をごっつアピールしてました。

わが家も過去一度足立区の花火大会には自転車で参戦した事があるのですが、
あまりの混雑ぶりに自転車でどうする事もできず、すごすごと帰って来た苦い経験が・・・

楽しみにしている方もいると思うので遅れてでも開催されて良かったと思います。

更に10月1,2日には北千住に存在する商店街が数軒合同で、
「北千住文化祭」という企画をやるようです。

文化祭

なんと今回が記念すべき第一回となる催しのようで、
・・・初回ということもあるんでしょうか?

企画は仮装パレード(豪華賞品あり)やらライブステージやら七五三お披露目会やら、
野菜市やら・・・どことなく企画が盛りだくさんでありながらカオスな印象です。

しかしその企画の数々の中で突っ込んではいけないと思いつつ、突っ込まずにいられんのは、

文化祭

「ワケあり結婚式&アーサー牧師トークライブ」

・・・なんという斬新(すぎ)な企画。

私も大人なので、その“ワケ”の部分は気になるものの、あえてここでは触れないにして、
もうひとつ気になるのはアーサー牧師様とはどなた?」というところ・・・

後ろに書かれた経歴によると彼は伝説の不良牧師といわれる「アーサーホーランド」氏。

文化祭

当日は“不良牧師”の冠にふさわしく、愛車のハーレーで颯爽と登場され、
トークライブで愛を熱く語る・・・らしい。

内容は笑いあり、涙あり、ハートに響く愛の弾丸トークが繰り広げられるようですが、
最近、ハートも老化した為かすっかり砂漠化し、ハートに響くような出来事がさっぱりない私としては、
トークの内容はめっちゃ気になる。

アーサー氏のトークライブは1日の17時半から18時までの30分間なのですが、
時間が合うようでしたらこっそり(何故こっそり?)拝聴し、
「"愛が全て”とか幻想だろ」とか思っちゃってる乾いた中年のハートに、
愛を響かせて頂きたいと思います。

・・・と、またつい突っ込んでしまいましたが、
この日は別に足立区のイベント情報チェックに来たのではなく、目的の地はこちら、
本町センター商店街にある「コーヒーワークショップ・シャンティ」さん。

シャンティー

以前も来た事のあるカフェなのですが、賑わう商店街の喧騒の中にあり、
愛らしいのに何となくうっかり見逃してしまう店構え。

この日もついうっかり通り過ぎてしまいました。(--;)

お店の中は、オールドアメリカーンな感じの(私の勝手なイメージ)
全体的にウッディで落ち着ける感じのインテリアで、客層はご常連さんも多いようです。

コーヒーワークショップというだけあり、コーヒーの種類も多いのですが、
私は日本の有名地名を冠したコーヒー「KYOTO」(手前)を注文。

kyoto

京都のコーヒー豆・・・って事はないだろうから、京都出身の人物が南米に渡り、
紆余曲折の末に育て上げたコーヒー豆か?

と想像したのですが、メニューにあったプチ情報を読んでみると、

KYOTO

“コロンビアの農園主が日本旅行で京都が気に入り、
帰国後すぐに自分の農園をKYOTOに改名”とあり・・・

いや、それってよく考えると豆と京都の因果関係なくね?(゚∇゚ ;)


しかしいかに京都が気に入ったとは言え、自分の農園の名前をごっそり改名するとは大胆な・・・

京都福寿園とかのご店主がハワイ旅行の後に店名を「HAWAII」と改名したようなものだろうか?

何が彼(農園主)をそこまで感動させたのかわかりませんが、
奥さんとかお子さんの反対にはあわんかったのでしょうか?

コーヒー自体は尖がった主張のないやわらかい味のコーヒーで、
その辺がKYOTOという名の通りに日本人的と言えば、日本人的とも言える気がします。
(われながら持っていき方が強引ですけど)

ちなみに権威的ものに弱い私は前回に来た時は、あのスターバックスが関心を持ったものの、
生産量が少ない為に全国展開ができず、あきらめたという経緯のある幻のバリコーヒー、
「バリ・アラビカ(480円)」を注文しました。

そして相方は多くのコーヒーの種類がある専門店に来ていながらも、前回に引き続き、
「ケーキセットになる」というのみの理由から今回もブレンドを注文。

セットのケーキはシナモンのシフォンケーキをチョイスしましたが、

シフォンケーキ

手作りというこのシフォンケーキは、シナモンの香りが利いた素朴な感じのシフォンケーキです。

私の方もコーヒーだけでは手持ち無沙汰なので、権威とそして限定に弱い私は、
季節限定という「水出しコーヒーゼリー」を頼んでみました。

コーヒーゼリー

写真的にはどれがコーヒーゼリーわかりにくいと思いますが、
手前の透明な器に入っているのが水出しコーヒーゼリーになります。

コーヒーゼリー

このゼリー自体には味は付けていないようで、
自分の裁量でガムシロとミルクを入れ甘さを調整できるところが
さすらいダイエッター的には嬉しいところ。

・・・でも結局、大量にガムシロを注いでしまいましたけどね。

実は私、水出しだとどこがどういいのか、具体的にはさっぱりわからないのですが、
私の貧乏舌によると普通のコーヒーゼリーよりまろやかなような・・・気がする。

とか言って、水出しのコーヒーは一般に「尖がった苦味が特徴」とかだったらどうしよ。^^;

うっかりと遅くなってしまいましたが、その後は愛犬の待つしょう油の街市に向かう為、
家を出ましたが、お店を出たところお店の横に焼小龍包のお店がオープンしていました。

焼小龍包

このお店はシャンティさんの横にある敷地に来る移動販売のお店で、
通りかかる度に“焼小龍包”というニューテイスト料理が気になってはいたのですが、
大抵いつも行列ができているのでその行列に怯み、なかなか購入するチャンスがありませんでした。

しかしこの時はたまたまタイミングよく小龍包屋さんが開店直後らしく、
いつもよりも行列が少なかったので、迷うことなく行列に並び数分でGET。

焼小龍包

家に帰って、しょう油の街に向かう前に早速食べました。

焼小龍包

こちら大きさは普通の小龍包と同じぐらいの大きさで、お値段は4個で380円。

小龍包と同じく、食べ方には正しいお作法があるようで、袋の中に説明書きが入っており、

焼小龍包

このお作法は、単に“店長のこだわり”とかではなく、守らないとマジで危険、
肉汁がスプラッシュして大惨事になる可能性もあるらしいので注意が必要です。

まずルール通りに先に肉汁を逃がす為に箸で穴を開けると、
”天然コラーゲンスープ”という魅力的なフレーズの汁が出てきました。

焼小龍包

これを躊躇なく飲み干すようなので飲み干してみると、
唇に纏わりつくような独特のコラーゲン感が!

いつもこの程度では焼け石に水と頭ではわかっていながらも、
積極的に摂取したくなってしまうんですよね。

特に調味料については記載してなかったので、現物をそのまま食べてみましたが、
もちっとした感じはしょう油の街発祥のホワイト餃子に似たところがあり、
ちょっと揚げ餅的な味もしました。

私的には、焼小龍包という料理は初めてだったのですが、調べてみると中国では一般的な料理のようで、
都内でもポツポツと食べられるお店があるようですね。

機会があったら他のお店のものも食べてみたいです。

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事

この記事に対するコメント

くろばいさんこんばんは

焼小龍包、召し上がりましたか。
わが町、サンシャイン60区にも焼小龍包のお店がありますので、
ぜひご賞味ください。
http://r.tabelog.com/tokyo/A1305/A130501/13104796/
僕も何度か食べましたがおいしいですよね。
ただし、出来立てを食べるときはやけど注意です!!
【2011/09/22 23:13】 URL | ヤッタラン副長 #- [ 編集]

ヤッタラン副長さん、こんにちは
コメントありがとうございます。

都内ではもう結構あるみたいですが、私は初焼小龍包でした。
また普通の小龍包とも餃子とも違う味で美味しいですね。
このお店にもいつも行列ができていますが、クセになりそうな感じです。

サンシャイン60にも焼小龍包のお店があるですね。
今度サンシャインに行く機会があったら食べてみたいです。
うちは持ち帰ったのでちょっと冷めていましたが、
確かに熱々の時にスプラッシュが来ると危険そうですね。^^;
気をつけます。
【2011/09/26 22:36】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



広告



カテゴリー

にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ
人気ブログランキング



プロフィール

くろばい

Author:くろばい
愛車ビアンキ・パッソ
【愛称:ビンちゃん】
愛車2ビアンキ・ミニベロ9
【愛称:ベロンチョ(ベロちゃん)】
激情にながされ1週間で購入に至る
愛車3ママチャリ
【愛称:ソルジャー・チャーリー】
現在自転車3台を所有。
あまりの自転車の増殖率に
恐れおののく日々。
これ以上、増えることはないと
思いつつも、自分が信じ切れない
今日この頃・・・。

相方(くろばいB)
愛車:RSR-4(ブルー)
【愛称:ルイちゃん】
愛車2:ラレー・RSW SPECIAL
【愛称:くろまるくん】
新たにミニベロを購入して、
自転車わが世の春を謳歌中。
自己開発のアンゴラダイエットの
お陰で(いまのところ)メタボリック
危険水域を脱出。
しかし現在、ポタ時はポタメシを
思いっきり解禁しているので、
リバウンドに王手か?



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



月別アーカイブ



カウンター



ブログ内検索



RSSフィード

  • seo



おすすめの自転車本

わが家の自転車メンテナンスのバイブル!





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。