クロスバイクを買っちゃうぞ!
初心者がクロスバイク乗りになるまでの軌跡
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マラサダポタ第4弾・・・そして深夜の落とし穴【後編】
マラサダを食べ、後は帰るだけという状況で、上機嫌で自転車を漕いでいた帰り道、
丁度、浅草辺りで相方が、この状況に相応しくない不吉な事を突然言い出しました。

「パンク・・・したかも。」

えっ?!(゚∇゚ ;)

またまた~(笑)

相方という人間は、時々パンクをしてないのに、何故かパンクをしたかのように間違う謎な人なので、
今までもこうは言っても実際にパンクをしていない事が何度かありました。

なので、「どうせ今回もその手の間違いだろう」と思いましたが、
相方の愛車くろまるくんの後輪を触ってみると、ベッコリと空気が抜けとるやんけ。

今回は狼中年の相方のなんちゃってではなく、ガチでパンクしたらしい。

でもそう言えば、くろまるくんって突然系のパンクをよくしやがらないか?

彼(くろまるくん)を身請けして確か3年ちょい位になると思いますが、
最初にパンクしたのは、確か荒サイ沿いの足立辺りで、
その後は王子駅近辺でも突然パンクをしました。

って、くろまるくんのパンク遍歴を語っている場合じゃねぇ。

前回、前々回は、パンク修理セット非携帯(良い子はマネしないでね)でしたが、
ナイトライダーの割には悪運強く、たまたま自転車店が開いている時間だったので、
そのまま自転車店に丸投げする事で事なきを得てきました。

しかし今回こそはその悪運が尽きたというか、時刻はすでに夜の10時を回り、
到底、自転車店も開いている時間ではなく・・・
と言って、このまま押し歩きで帰るには、距離的に若干、厳しい場所。

つまり自転車暦約5年にして、

とうとう自分達で修理するしかない。

という状況に初めてぶち当たった事になります。

いや、正確に言うとこれまでも家では2回程、パンク修理をしたことがあるのですが、
パンクをしてお外でそのまま自分達で修理をするという状況は初めてです。

それにしてもパンク修理セット持ってきておいて良かった。
そう考えると、出発前に相方がリュックを取りに戻ったのは、
自転車神様のせめてものご慈悲に違いありません。

初(お外)修理には正直、まったく乗り気ではなかったですが、
この上、修理セットがない地獄を考えるとそこだけはありがたい。

ここで佇んでいても、妖精さんが何とかしてくれるわけでもないし、
「修理をするか」と覚悟を決めた時に、

「ヤダヤダヤダ!こんなところでこんな夜にパンク修理とかヤダ!
何とか空気を入れて家まで持たせるんだ!(>_<)」


とこの期に及んで携帯空気入れで、取り乱しながらズコズコ(無駄に)空気を入れる相方。

アンタ、どこまで往生際が悪いねん。

いや、今の相方、小者オーラハンパないから。

私だってこんなところでパンク修理なんぞ心底ゴメンですが、
ここで空気を入れても家まで持つ気がしないし、
もっと暗い道で空気が抜けたらどうすんねん。
タイヤまでボロボロになりかねんだろうがっ!

どんなに心元なくとも、2人で何とかするしかな・い・ん・だ・よ。

と往生際悪くゴネる相方を説得しましたが(って、どっちの自転車やねん)、

あれ?パンクの修理ってどうやるんだっけ??(゚∇゚ ;)

何せここには資料である自転車本もなければ、すぐに何でも教えてくれる魔法の箱(パソ)もなく、
頼れるのはかなり動きがやばくなった中年の脳(×2)のみ。

何せ自分達でパンク修理したのもかなり前の事だし、
一応、細胞の隅っこにその記憶があるのはわかるのですが、
錆付いた記憶の引き出しからすぐに出てこないというか、
「はてさて、最初は何やるんじゃっけかな?」な状態。

しかも今回もパンクしたのは、めんどくせー後輪かよ。
持ち主のメンテ能力を察して、せめて前輪にしてくれよ。

ブツブツ言いつつも、修理する為に街灯の下に自転車を移動、
しかし深夜とは言え、街灯の明かりはそれなりに明るいので、
街灯のある街中でパンクしたのはアンラッキーの中のラッキーでした。

これが人気のない道だったりすると、蛍の光のような自転車のライトを頼りに
慣れない作業に従事しなければならないところでした。

まず相方のリュックに入れっぱーだった修理グッズを確認しましたが、
タイヤレバー、チューブ、空気入れと、一応は最低限そろっているようです。

チューブは同メーカー、同パッケージの私のも入っていて、
街灯の下ではなかなかタイヤに書いてある文字が読めずに(タイヤも汚れてるし)
どっちがどっちだかわからん状態でしたが、何とか解読するとこちらのチューブが相方のようです。

チューブ

なんか中身のチューブが腐ってそうな無残な様相の箱ですな。(--;)

そしてパンク修理に取り掛かる為に後輪を外しますが、
わが家は輪行もしないし、車載する時も前輪を外すだけなので、
後輪を外すだけでもかなり久々のような気がしますし、薄っすらと不吉な予感もしますが、
まあ、いいか。(まあ、良くなくてもしょうがないし)

次にタイヤをホイールから外しますが、ちょっと待てよ。

自分の記憶が正しければ、タイヤレバーを入れる時には、
何やらコツらしきものがあったはず。

かなり昔にどこぞの自転車イベントで行われていた「自転車パンク修理講座」を見ていた時に、
確かそのコツを聞いたはずなのですが・・・

思い出せ、さっきマラサダでブドウ糖を入れてやったんだから、
その前払いの報酬分位には脳も働いてみせやがれ。

2人で考える事数秒、ブドウ糖の注入が効いたのか、

「そうだ!確かバルブの反対側から
タイヤレバーを入れて外すじゃなかった?」


と相方が思い出しました。

ソレダ(たぶん)。

そこでその(おぼろげな)記憶通りに、相方がバルブ対極の場所から
タイヤレバーをブスッと差し込んだのですが、これが入らん。

四苦八苦した末に1本目は何とか刺さったのですが、2本目はタイヤの抵抗が更に増し、
押しても引いても力ずくでも入らず、めちゃくちゃ苦戦。

力仕事は相方に任せる所存の私でしたが(パンクしたのは相方の自転車だし)
幾ら待っても1本目から進まぬ様子に痺れを切らし、途中、バトンタッチして参戦、
しかしタイヤの野郎は何が気に入らないのか、思春期の少年のような理由なき反抗を見せ、
2本目からまったく入る兆しすらなし。

人通りがそれなりにある場所だったので、見栄も手伝って初めは人目を気にして
華麗に(と自分では思っている姿勢で)やっていましたが、途中からなりふりかまっちゃいられなくなり、
足と足の間にタイヤを挟み、力任せにやってみても、まったくタイヤレバーは入らず・・・

力尽きたらお互いバトンタッチしながらタイヤ外しを数十分し続けてもどうにもならず、
パンク修理の初めの一歩の段階で完全に虚しい足踏み状態。

なんか「このままこの街灯の下で夜を越す羽目になるかも」とぼんやりと想像したところで、
コロンブスの卵的な発想が閃きました。

「もしかしたら記憶違いでバルブ側からタイヤを外すんじゃね?」

大いにありうると思い、バルブ側からタイヤを外してみたのですが、
やはり簡単にはタイヤレバーが入らなかったものの、
バルブの反対側から入れるよりは手ごたえがあり、
何とか2本、3本とタイヤレバーが入り、タイヤを外す事に成功しました。

後日、タイヤの外し方を見ると、やっぱり一般的には最初の記憶通りに、
バルブの反対側から外すようです。
私共のやり方が悪かったんでしょうか?

やり方はどうあれ、ようやく外れたタイヤを見て、
この次点でやりとげた感でマジで泣きそうになりましたが、
パンク修理(というかチューブ交換)は、当然まだまだ続きます。

しかし第一関門を過ぎた後は、「チューブを入れる時はちょっと空気を入れとくんだよな」とか、
おぼろげな記憶でも何とかなりまして、記憶を探り探りで時間は掛りましたが、
なんとかタイヤの修理は完成。

ここまで来たらもう安心!・・・とは思えないのが、この時の私共。

と言いますのも、後輪の嵌め方が2人ともまったく思い出せないのです。

スプロケットにチェーンを当てて、ディレイラーを動かせば、「まあ、魔法みたい(ハート)という感じに
簡単に嵌った記憶があるのですが、肝心のチェーンのどの辺りにスプロケットをあてればいいのかが、
まったく、全然、さっぱり思い出せません。

ここは頭がダメでも体で覚えている事をあてにするしかないと、
適当にスプロケットにチェーンをあて、ディレイラーを動かしてみたのですが、
まったくはまる気配もなく、ああ、でもないこうでもないと何度も何度もチェーンを持っては
スプロケットにあて、ディレラーを動かすを繰り返しました。

が、全然ダメ、ダメなもんはダメ。


今回は軍手を持ってこなかったので、直接油にまみれた汚ったない(って、掃除しない自分が悪いですが)
チェーンを触り続けて手は無残に真っ黒になり、かと言って後輪も嵌らず、
いい加減、タイヤを持つ手も疲れてきたところで、ふと思いました。

何でタイヤを持ち上げてんの?自分。(゚∇゚ ;)

と言うのも、パンクを修理する間、くろまるくんをサドルを地面につける形に逆さまにしていたのですが、
この逆さま状態で後輪をつけようとするから無理がくるんじゃねぇの?(って、早く気付けよ)

そこでくろまるくんを通常の乗車状態に戻し、適当にチェーンをあてディレイラーを動かすと、
そこがビンゴだったようで、「まあ、魔法みたい(ハート)」という感じに後輪が嵌りました。

くろまるくん

って、この後輪を嵌めるすったもんだは何だったのかと。

パンク修理が完成した時は、すでに感動する気力もない程、疲労感でいっぱいで、
ふらふらと立ち上がると、痛だだだだだーーー(>_<)

腰が固まったように痛いっす。

それもそのはず、時計を見るとすったもんだと1時間15分もパンク修理に時間を要していたのです。
その間、ほとんど中腰状態で作業をしていたので、腰も固まるわなぁ。

薄々「時間が掛っているな」とは思ったのですが、、
まさか(たかが)パンク修理でそこまで時間が掛っていたとは思いませんでした。

・・・というか、思いたくなかった。
しかも自転車暦(一応)5年の人間が2人もいて。

消化短距離ポタのはずが、思わぬ落とし穴と自分達のメンテ力のなさで、
時間はすでに深夜とも呼べる時刻になり、微妙な空気の中淡々と帰路に着いたのですが、
あまりの虚しさに何か得た物があると思わんと堪えられんかったのか、

「・・・これで自転車乗りとしてのレベルも上がったね。」

とぼそっと相方。

そ、そうだね。
・・・次の時にまた修理の仕方を忘れていなければね。(ぼそっ)

ハンドルを持つのも嫌だった程、手は油まみれで真っ黒に汚れていたのですが、
家に帰ってオリーブオイルで拭いてから洗うと、綺麗になりました。

相変わらず油汚れにスゲー威力を発揮するな。オリーブオイル。

・・・ところでオリーブオイルはティッシュにつけて拭くので当たり前ですが、
ティッシュには拭き取った汚れが付いてきます。

そして私の拭き取ったティッシュと相方の拭き取ったティッシュを比べると、
あきらかに私の方が汚れが多くないか??

私は真っ黒なティッシュが2枚出来上がりましたが、
相方は1枚だけの上に、あきらかに私の程汚れていないし。

確か今回パンク修理したのは、相方の自転車だったような気がしますが・・・まあ、いいか。

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事

この記事に対するコメント
パンク修理
自転車歴30ウン年のアタクシが見て進ぜましょう。(美輪明宏さんみたいに)
自転車の後輪を外すときはリヤディレーラーをトップギア(一番小さいギア)にもって行きます。後輪を外してからでも大丈夫。
タイヤレバーはバルブからある程度離れていればこだわる必要ありません。
次にタイヤをリムから手で引っぱりハガス位の勢いで掴みます。そこに出来た隙間に
チューブを突き破らん位の気持ちでタイヤレバーを突き立てておもむろに「こじるのよー!」そのあと2本目のレバーをまたタイヤを突き破らん限りの力で「突き立てるのよー!」そしてこじります。後は2本目に突き立てたレバーの位置を変えながらこじると外れます。
半分ぐらい外れたら後は手で外せます。
注意するポイントは新しいチューブを入れる前にタイヤの中にガラス片や尖った異物がないことを確認してください。くろばいさん今回は確認してないでしょう!「アタシには見えるのよー!」
たかだかチューブ交換に1時間15分もかかるなんて・・・これが何かのイベント中に起きたらターミネーターのように現れる最後尾回収車に回収される姿がありありと見えるのよ。


長々とスンマセン。美輪マツ宏さんが言えって言うので・・・
【2011/11/11 21:06】 URL | まっつん #- [ 編集]


初パンク修理、お疲れ様でした。
焦っちゃうと、ど忘れしますよねぇ~

自分は、もう何回修理したか、ど忘れしました(笑

毎回、自転車ひっくり換えしてやってますよ。簡単だし

次回からは、ばっちりですね^^V
【2011/11/11 22:21】 URL | one's #1W.vTiL2 [ 編集]


自転車をいじった後の手の汚れは 普通の化粧石鹸+台所用クレンザーで簡単に落ちます。指紋の間や爪の周囲の真っ黒も綺麗になります。ただしこれからの時期 洗った後は肌が乾くので、クリームや乳液を塗った方が良いでしょう。
まあ 台所からクレンザーを持ってくるのは抵抗があるでしょうから、私は使い古しで少し残ったクレンザーを自転車用にしています。
【2011/11/12 17:30】 URL | 自転車おぢさん #eCUuu8f. [ 編集]

パンク修理
やっぱ前輪がいいですよね
後輪、夜、雨、国号なんてきたらヘレンケラーさんを超える苦しみです。

こないだパンクしたんですけど、ホイール外したら
(・同行者1:素手でタイヤとチューブ外してくれて)
(・同行者2:新しいチューブ嵌めてくれて)
(・同行者3:エア入れてくれたので)
あっというまに直ってました♪

さいきんおさぼりです。
せっかくのベストシーズンだからどっかいかなきゃ・・
【2011/11/12 20:17】 URL | くろえ〜かいっ #- [ 編集]


まことにご苦労さまでした。パンクは、ほんとうにイヤですね。
しかし二人で走っていて片方の方が準備をされていて良かった
です。道具がなければ、どうしようもありませんものね。

私もこないだやってしまいましたが、6度もやっているので、勝手に
手が動きました。習熟とは恐ろしいものです。最近はチューブ二本
のみならずタイヤの予備を持とうかと思っているぐらいです。
【2011/11/13 19:15】 URL | kincyan #sSHoJftA [ 編集]

深夜ですか
大変でしたね~、お疲れさまです。

もうちょっと早い時刻だと、ジテツウの人とかも多くて、どうしましたか~?とか声を掛けてくれる人がいた可能性もあるんですが、さすがに10時だと少なくなっちゃいますよね。

ただ、こんな時刻でも実は走っている人は走っています。でも1つ条件があって、この時刻だと車も少なくなるので、広い幹線道路がとても走りやすくなるんです。だからみんな広い道路にいます。

そういう所まで押していくと、もしかしたら救いの手があるやも知れません。

【2011/11/14 21:16】 URL | スターチャンネル #- [ 編集]

自転車おぢさんさん、こんにちは
コメントありがとうございます。

台所用クレンザーでも落ちるんですね。
わが家はオリーブオイルで落ちる事を発見してからオリーブオイルを使っていますが、
基本、油汚れが落ちる物なら落ちるのかもしれませんね。
でも持ち歩くのなら台所用クレンザーの方が粉なので便利そうですね。
軍手よりもコンパクトに済んでいいかも。
【2011/11/15 16:17】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]

まっつんさん、こんにちは
コメントありがとうございます。

マツ宏さま。
そういえば、後輪を嵌める時にギアをトップに持っていくのを忘れてました。
確かかずっと前に後輪を外す時に読んだ本には書いてあったので、
その時はギアをトップにした覚えがありますが、
今回はその辺が抜けていたので、余計に嵌らなかったんですね。

> 注意するポイントは新しいチューブを入れる前にタイヤの中にガラス片や尖った異物がないことを確認してください。くろばいさん今回は確認してないでしょう!「アタシには見えるのよー!」

するどい!マツ宏さま。
私は異物のことはまったく頭になかったのですが、
幸い相方がこの事を覚えいまして、確認はしましたが・・・
錆びた中年の頭でも2人あると補えあえて便利ですね。

そうですね。これが日光だったらあの回収車に飲み込まれていたかもしれません。
これからは精進したいと思います。m(__)m
【2011/11/15 16:27】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]

one'sさん、こんにちは
コメントありがとうございます。

パンクは突然やってくるものですね。
覚えておかないといけないのですが、ほとんどない出来事なので、
修理の手順を薄っすらとしか覚えていないので焦りました。
次もすぐにパンクしてくれれば(?)ばっちりだと思うのですが、
1年後だったりすると元の木阿弥という可能性も・・・(汗)
【2011/11/15 16:31】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]

くろえ~かいっさん、こんにちは
コメントありがとうございます。

後輪のパンクは更にひと手間ある感じで面倒ですよね。

> 後輪、夜、雨、国号なんてきたらヘレンケラーさんを超える苦しみです。

その状況を想像すると地獄絵図ですね。お察しします。
それを考えると深夜の街中なんて甘い環境ですね。

うちは使えない中年2人ですが、同行者の方が優秀な方だといいですね。
しかも分業してくれるとは、贅沢な感じですね。
【2011/11/15 16:35】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]

kincyanさん、こんにちは
コメントありがとうございます。

うっかりパンク修理セットを家に置いていってしまうところでしたが、
もって行って本当に良かったです。
この日もパンクするなんてまったく思っていませんでしたが、
パンクは突然やってくるものなので、油断しないで持ち歩かなくてはダメですね。

パンク修理も熟練してくると技は磨かれるんでしょうね。
パンクは嫌だし、でもやらないと磨かれないしで複雑な気分です。
うちはミニベロなのでこの程度で済んではいるのですが、
やはりロードの方がパンクし易いんでしょうね。
【2011/11/15 17:12】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]

スターチャンネルさん、こんにちは
コメントありがとうございます。

パンクは突然やってくるもんですね。
久々だったので、頭が真っ白になってしまいました。

もうすでに深夜も近かったので、通って行くのは普通のサラリーマンの皆さんで、
「何をやってるんだ?」と遠巻きに一瞥される感じでしたが、
なるほど、もう少し早ければジテツウの方がいてあわよくば
声を掛けてもらえたかもしれないんですね。
これからはもっと早い時間にパンクをして貰いたいものです。
【2011/11/15 17:17】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]

パンクって大変
パンクってめったに起きないから、やりかた忘れちゃうし、そもそも出先で修理するのって大変ですよね。
| ̄ω ̄、|

簡単に修理できる注入式の修理道具があるから常備しておくといいですよ。
【2011/11/20 14:44】 URL | パンク対策と修理《ビシクレ》 #- [ 編集]

パンクしていなくても
あの・・・ふと思ったのですが、
平日の夜、自転車に乗らない日で
1時間~1時間30分くらいの
空き時間がある日って、ありませんでしょうか?

そういうときに、タイヤの空気を抜いて
チューブを取出し、特に何もせずに再び元に戻す。

普段からそういう練習をしておくと
いざというとき、役立つかなと思うんですが。
【2011/11/25 13:00】 URL | スターチャンネル #- [ 編集]

パンク対策と修理《ビシクレ》さん、こんにちは
コメントありがとうございます。

返事が遅くなり、申し訳ありません。

久々のパンクで手順は薄っすらとしか覚えていないし、
初めての外修理なので焦ってしまいました。^^;

> 簡単に修理できる注入式の修理道具があるから常備しておくといいですよ。

そういう便利なものもあるんですね。
調べてみます。
情報ありがとうございました。
【2011/11/26 08:54】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]

スターチャンネルさん、こんにちは
コメントありがとうございます。

おっしゃる通り、練習しておくのが一番なんですけどねぇ・・・
どうも子供の頃から勉強とか地道な努力が嫌いだった身としては、
練習とかがなかなか出来ませんで・・・(汗)

しかし前回は資料もなにもなく、やり方もうろ覚えで苦労をしましたが、
次回はスマホもあるので、もう少しまともな状況になると思います。(たぶん)
【2011/11/26 09:11】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



広告



カテゴリー

にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ
人気ブログランキング



プロフィール

くろばい

Author:くろばい
愛車ビアンキ・パッソ
【愛称:ビンちゃん】
愛車2ビアンキ・ミニベロ9
【愛称:ベロンチョ(ベロちゃん)】
激情にながされ1週間で購入に至る
愛車3ママチャリ
【愛称:ソルジャー・チャーリー】
現在自転車3台を所有。
あまりの自転車の増殖率に
恐れおののく日々。
これ以上、増えることはないと
思いつつも、自分が信じ切れない
今日この頃・・・。

相方(くろばいB)
愛車:RSR-4(ブルー)
【愛称:ルイちゃん】
愛車2:ラレー・RSW SPECIAL
【愛称:くろまるくん】
新たにミニベロを購入して、
自転車わが世の春を謳歌中。
自己開発のアンゴラダイエットの
お陰で(いまのところ)メタボリック
危険水域を脱出。
しかし現在、ポタ時はポタメシを
思いっきり解禁しているので、
リバウンドに王手か?



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



月別アーカイブ



カウンター



ブログ内検索



RSSフィード

  • seo



おすすめの自転車本

わが家の自転車メンテナンスのバイブル!





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。