クロスバイクを買っちゃうぞ!
初心者がクロスバイク乗りになるまでの軌跡
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スーパーカーよ、さようなら
スーパーカー(の自転車)を買っちゃうぞ!と浮かれてネットで調べていると、自動車メーカーの自転車についてちょっと気になる話が出てきました。

どうやら多くの自動車メーカーの自転車が自動車のメーカーで作られているわけではなく、ブランドの使用権を売っているのみらしいとの事です。
言われてみれば、自動車メーカーが自転車の設計とかフレームとかを作っているとは考えにくい。
つまり多くの自動車メーカーはライセンス売り、どこぞの自転車メーカーに委託して自転車を作っているのか?(プジョーのように元々は自転車メーカーだった自動車メーカーもあるようですが、今も自転車を自社で作っているかはちょっと不明)

そのような実情なのでブランド名のみの「ルック車」と呼ばれる自転車も存在するのも事実のようです。
確かにライセンス料を払っているということは、その分どこかが削られている可能性もあるってことで・・・。
もちろん委託して作られているとしても、自動車メーカーの自転車の中にはよい自転車もあるでしょうし、逆に単なるライセンスのみの自動車メーカーの自転車もあるでしょう。
でもその良し悪が自分に区別がつくだろうか?
「ルック車」とそうでないものの違いがつくだろうか?いや。即効否定でつくとは思えない。
私のような素人にはやはりコストパフォーマンス的にも自転車メーカーの自転車を探した方が無難なようです。

自動車メーカーの自転車もかなーり好みなんですけどね。やっぱエンブレムとかかっちょいいし。
しかし、自転車目利き力0の今の自分には太刀打ちできない代物。(まあ我ながらエンブレムがカッコイイとか言ってる時点であれですが)美しいバラには棘がある。ヤツに触ると火傷しそうです。
「いつか本当のキミを知ったとき、それでもほしいと思ったらキミを手に入れるよ。」と後ろ髪惹かれつつも心の中でフランスロマン風(イメージ)に別れを告げ、口コミを頼りにする上でも、限界予算の中でコストパフォーマンスを良くする上でもやっぱ「自転車メーカーの自転車」に絞った方がいいという結論に達しました。

では、自転車メーカーのクロスバイクはいったいどのようなものがあるのか?
国産メーカー以外メーカー的にはまったくわかんないぞ。困惑。

よかったら応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ
人気ブログランキング

関連記事

この記事に対するコメント

 賢明な判断だとおもいます。
私の知っている限り、コストパフォーマンスに優れた自動車会社の自転車は無いようおもえまます。
 買う気がおこるのはしいていえば、好みの問題もありますが、ルノーくらいですかね。
 プジョーは無くなってしまいましたし、
 私も事情があって、また自転車探しています。
【2007/06/19 13:50】 URL | あらいくま(t81) #- [ 編集]

あらいくま(t81)さん、こんにちは
コメントありがとうございます。
やっぱりそうなんですかねぇ。自動車メーカーの自転車はかなり本気で購入に傾いていました。実際自転車を乗っている方の口コミなどを見て思いとどまったのですが・・・。
自転車メーカーの自転車を模索中です。・・・とは言えその中でもなんとなく見えてきた今日この頃です。
【2007/06/19 23:30】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://xbike.blog100.fc2.com/tb.php/12-91b5dfaa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告



カテゴリー

にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ
人気ブログランキング



プロフィール

くろばい

Author:くろばい
愛車ビアンキ・パッソ
【愛称:ビンちゃん】
愛車2ビアンキ・ミニベロ9
【愛称:ベロンチョ(ベロちゃん)】
激情にながされ1週間で購入に至る
愛車3ママチャリ
【愛称:ソルジャー・チャーリー】
現在自転車3台を所有。
あまりの自転車の増殖率に
恐れおののく日々。
これ以上、増えることはないと
思いつつも、自分が信じ切れない
今日この頃・・・。

相方(くろばいB)
愛車:RSR-4(ブルー)
【愛称:ルイちゃん】
愛車2:ラレー・RSW SPECIAL
【愛称:くろまるくん】
新たにミニベロを購入して、
自転車わが世の春を謳歌中。
自己開発のアンゴラダイエットの
お陰で(いまのところ)メタボリック
危険水域を脱出。
しかし現在、ポタ時はポタメシを
思いっきり解禁しているので、
リバウンドに王手か?



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

05 | 2017/03 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



月別アーカイブ



カウンター



ブログ内検索



RSSフィード

  • seo



おすすめの自転車本

わが家の自転車メンテナンスのバイブル!





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。