クロスバイクを買っちゃうぞ!
初心者がクロスバイク乗りになるまでの軌跡
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コガッツを借りちゃうぞ!【その2】
このところ週末は両日晴れという天気が続いている気がしますが、
そんな晴れの天気にも関らず、土曜日は、年末で何かと買物があったので、
車でホームセンターやらレイクタウンまで買物に行きポタには行きませんでした。

いや、晴れはするが、すげー寒いという予報を聞き、ビビッてポタから逃げた。

・・・とかいうわけではないです。本当です。

そして日曜日は合羽橋道具街へ、道具を購入ついでにポタに行ったと言いますか、
ポタのついでに道具を買いに行ったと言いますか、ちょっと欲しい台所用品があったので、行って来ました。

その欲しい台所用品とは「たこ焼きプレート」

どんな理由かは自分でもまったく不明ですが、突然、「たこ焼きを自宅で作りたい」という
欲求がむくむく湧いてきたのです。

もちろん、たこ焼きを作るには、専用のたこ焼きプレートが必須ですが、
わが実家は関東圏の為に、そもそもたこ焼きなる食物は購入するもので、
自宅ではたこ焼きを作るという発想すらない家庭だったのです。

が、同じ関東でもちょっと西側にある為か相方の実家は、
普通にお父さんが自宅でたこ焼きを作っていたらしい・・・

なるほど、つまり「よーし、パパたこ焼き作っちゃうぞ!」ってヤツか。

「まあ、パパたこ焼きの時だけ張り切って、ほほほ・・・」「パパ、so cool!」とかいう会話と共に、
相方パパが絶妙なタイミングでたこ焼きを返したかどうかは不明ですが、
そのたこ焼きを焼く相方の家庭では、南部鉄のプレートをガスコンロの上に乗せ、
そこでたこ焼きを作っていたらしい。

思うに、相方パパがたこ焼きを焼いていたという事は、
おそらくその技は長男である相方にも継承されているはず・・・

同じようなプレートの方が相方も使いやすかろうと思い、
一緒に合羽橋まで行ってきまして、実際、希望通りの南部鉄製のたこ焼きプレートが
見つかったのですが、南部鉄は重い。

鉄アレーのような重さがそこそこあるので、これを自転車で背負っていくのもなんだし、
「通販で手に入れるか・・・」という事になりまして、結局、合羽橋では、
うまい棒のファミリーパックを購入して帰ってきました。

しかしその帰り道、相方とたこ焼きの作り方について話したのですが、
たこ焼きというのは、ひっくり返すには絶妙なタイミングがあるらしく、
自宅でたこ焼きを焼く大阪ではそのタイミングを肌で覚え、
小学生位から上手にひっくり返す事が出来てしまうらしい・・・

そこへ行くと私は、たこ焼きを焼かない家庭に育ったので、
そのタイミングがちんぷんかんぷんで、たこ焼きプレートを買ったところで、
今更、上手くひっくり返せる気がしません。

ああいいう技術は子供の頃の方が覚えが早く、習得したら忘れなさそうだし・・・

でも、大丈夫。わが家にはたこ焼きを焼くお家で育った相方がいます。

そこで、今更基本的な話ですが相方に、

「たこ焼きってどう作るの?^^」


と聞いてみたところ、意外な答えが返ってきました。

「食べるだけだったから知らないよ。^^」

な、なにーーーーーっ!!!Σ(゚皿゚;)

それは相方が小学3年生になったばかりの春、父より新品のたこ焼き返し棒(?)を渡され、

相方父「そろそろお前もわが家の長男として、たこ焼きの返しを覚えてもいい頃だ、やってみろ。」

相方「いいの?!パパっ!!よーし、ボクがんばる!」

相方母「大きくなって・・・(感涙)」

相方父「泣くヤツがあるか。」

とかいう、ほのぼのした会話が行われていたんじゃなかったの???

確かに相方のハイパーめんどくさがりな性格を考えると、
(仮想の)相方のセリフを相方が言うとは到底思えないような気もする。

しかしこれではたこ焼きプレートが来ても、ド素人が2人となり、上手く焼けるのだろうか?

それでもたこ焼き製造過程を見続けた相方には、潜在的な能力が刷り込まれたと信じて、
相方に任せてみようと思います。


・・・そして、前置きが長くなり申し訳ありませんが、先週からぶった切られたままになっていた
「古河レンタサイクルポタ日記」の以下、続きになります。
いつもながら読みにくいブログで、すみません。(汗)

ちなみにその1は→こちらになります。

*****************************************

古河駅にて、古河の無料(これ重要)レンタサイクル「コガッツ」の情報を得、
情報によるとコガッツの貸し出し所は駅のすぐ近くの公共施設にあるということなので、
そちらの施設に向かってみました。

こちらがコガッツ貸し出し所と示されてあった「花桃館」

花桃館

駅から徒歩30秒位のところにある施設です。

ガラス張りの建物なので、ちょっと中を覗いてみると、1階はワンルームのような造りで、
イベント会場と郷土品のみやげ物売り場等が一体となっている感じなのですが、
この日は“古河まちなか再生車座シンポジューム”というマジでガチでお堅そうなテーマの
シンポジュームが開かれているらしく、施設内は真剣に講演者の話を聞く聴衆者でほぼ満員。

で、本当にこんなところにコガッツが貸し出されているのか?(゚∇゚ ;)


間違ったら場違い感が満載、かなり気まずい雰囲気の中に置き去りにされるんじゃないか?

と不安に思いましたが、よく見ると施設の外にはこんな案内看板もあり・・・

コガッツ

入り口にコガッツの看板があったし、いいんだよ、ね、ね?

と心の中で見えない誰かに必死に語りかけながら恐る恐る中に入りました。

すると、私達が入ると同時に、入り口付近にいた女性がすっと近づいてきまして、開口一番、

「コガッツですよね。」

って、エスパーか?!∑(゚∇゚|||)

なぜ、ひと目でシンポジューム参加者ではなく、コガッツ希望者と見破られたんだ!?

ユルい格好がどうみてもコガッツ以外のなに物でもないという感じだったんでしょうか?

それとも、私共の挙動不審な態度から独特のコガッツ臭でも醸されていたのでしょうか?

しかし何はともあれ、説明せずともわかって頂けたのは大変ありがたい。

そのひと目で私共の要望を見破った女性は、速やかにコガッツ係の年配の男性とバトンタッチしまして、
その後、年配の男性が手続きをしてくれましたが、それが古河のご当地柄なのか、
この男性がものすごく親切にして下さいました。

まず、良くある台帳のような物に住所氏名を書くという、至極簡単な手続きで、
一銭も払うことなくコガッツの貸し出しはOKとなりますが、
台帳の同ページが見るともなしに見えたところ、この日も意外と(失敬)貸し出されてる模様・・・

そして手続きは終了したので「このままサイなら」という展開になっても然るべきなのに、
まったく古河の観光地を把握していない私共の為に、このような古河の観光案内を持ってきてくれ、

資料

詳しく見所を方向、距離を説明してくれたり、サドルの高さを調整してくれたりと、
貸出し料金が無料にも関らず、私共の(意外と長い)レンタサイクル暦の中でも、1、2位を争う親切さです。

タダなので邪険に扱われても仕方ない立場なのに、思わぬ親切な歓待(?)を受けて、
すっかり相方は、「レンタサイクルタダだし、古河って最高ジャン!」と古河のファンになっていました。

って、南関東出身の相方は、最近まで古河の存在自体を知らなかったくせに、
まさに現金(次第)なヤツ・・・

そしてこちらが今回の時間限定愛車「コガッツ10号」(私)、「コガッツ17号」(相方)です。

コガッツ

「もう、女性とか男性とかどっちでもいいよ」的な年齢になった私共にも、
私には赤、相方には青の自転車を貸し出してくれたりする気配り。

よくあるブリヂストンのママチャリですが、3段ギアもあり、

コガッツ

コガッツ自体が去年の7月からの貸出しなので、まだ新しく乗りやすいです。

これは館内で保管されている事もあると思いますが、中には異音付きのレンタサイクルもある中、
異音もなくペダルの回りもよく、なかなかの自転車ではないでしょうか。

さて、コガッツの貸し出し時間は4月~9月が9:00~17:00まで、
10月~3月までは9:00~16:00までとなるようで、時間を確認すると2時ちょっと前だったので、
我々に許された貸し出し時間は2時間強となります。

早速、先程教えていただいた、古河観光に繰り出したいのは山々だったのですが、
私共が古河に来たもう一つの目的、古河グルメを満喫せねばなりません。

そこで先に、グルメを片付けるべく、向かったお店は「丸満」さん。

丸満餃子

目的のお店は駅からコガッツで約1分程度の所にある餃子のお店です。

餃子のお店で、今回古河に来るきっかけとなったアド街ック天国でも紹介されていたのですが、
実はアド街で紹介される前から私はこの餃子店を知っており、来てみたいとも思っていました。

それと言うのも、こちらの餃子は、我がしょう油の街市が誇る数少ない名物、
ホワイト餃子と酷似した餃子を提供するお店らしいのです。

あの餃子の固定概念を超えたホワイト餃子の餃子は、支店やら暖簾わけやらで、
今は全国に広がっているようですが、こちらの丸満さんの餃子は、
支店というわけでも、暖簾をわけられたというわけでもないようで・・・

詳しい話はHPにも載っていないので不明ですが、ホワイト餃子と完全に無関係のお店でもなく、
何でも初代同士が知り合いとか、共同開発したらしいとか・・・

なので、あの丸い餃子の形も油で揚げるように焼くスタイルも、ホワイト餃子を彷彿とさせる感じですが、
ただ明確に違うところは、こちらのお店では餃子にシナモンを投入するという
チャレンジャーな作り方をしているらしいので、シナモン=菓子としか想定していない私の保守舌には、
その辺りが吉と出るのか凶と出るのか・・・

期待と不安を感じながらも、お店の中に入りました。

・・・すみません、続きます。m(__)m

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事

この記事に対するコメント
たこ焼き器
こんにちは。

いわゆる電気式のホットプレートで、
たこ焼きプレートも付いているっていう
あれは、取り扱いが容易な気もしますが・・・
やっぱり、本格派は、南部鉄瓶ですかねえ。
それにしても、たこ焼きを作る時間と手間と費用を
考えると、買った方が安上がりで早いとは思うんですが・・・
でも、こういうことって、「やりたい」と思ったら、
ドツボにハマって、「やりたいスパイラル」から抜け出す
のは、容易ではありませんね。
クリスマス・イブはたこ焼きイブになるのかな(^^;)
【2011/12/21 16:45】 URL | タケちゃん #L9eW7Ioc [ 編集]

たこ焼き器
 ご無沙汰しております、くろばいさん、Bさん。

 たこ焼き、私は遠い昔にブームだったような時期、九州の実家で親戚の兄弟姉妹たちと作った記憶があります。いまはほぼ絶滅状態ですが、コンビニと外食産業が今ほど発達していなかった頃、九州の街角にもおでん屋とかお好み焼き屋とか、関東の食文化だよな感じでけっこうあったような気がします。
 長じては、学生時代に関西系のご学友の影響でお好み焼きとたこ焼きをレクチャーされ、けっこう得意料理のひとつになりました。以下、焼き方です。

① 原材料は小麦粉と卵にだし汁を混ぜたもの、をやや薄めに。
※たこやきの粉というのも売っていますが、とくに何という違いはないような。

② タコは5ミリ前後角に切る。キャベツをみじん切り。干した小エビと天かす(あれば)。
※大きさはお好みだが、大蛸にしすぎると、あまり食感が良くない。 

③ 形成穴に、やや表面張力で膨らみ加減に①を入れる。すぐに②を入れる。

④ 火加減を抑えつつ、45度ほど回転させ、外皮を作る。

⑤ 千枚通しで穴をえぐりつつ、イッキニ180度まで返し、外皮を完成させる。

⑥ 回転させながらポジションを移動させ、キツネ色に焦げ目がつくまで焼く。
※ポジション移動はコンロの火の外側にあるものと、内側のものをローテーションさせる。
※コンロの上に均衡を保って置けるたこやき器でないと、原料がこぼれます(ウチのはそうです)

⑦ 3個に1個は外皮が破れたり、形成できなかったりするので、残った原材料で修復しつつ、濃いキツネ色になった段階で取り出す。ソースと鰹節、青海苔、薄解きしたマヨネーズをトッピングして完成。箸ではなく爪楊枝で「ふうふう」言いながら食べる。
 
【2011/12/21 17:25】 URL | 横山 #eAb5nx9M [ 編集]

タケちゃんさん、こんにちは
コメントありがとうございます。

ホットプレート式のたこ焼き器も悩んだのですが、
電力が弱いという口コミがあるのと、たこ焼き家庭だった相方の家が
南部鉄のたこ焼きプレートだったというので南部鉄プレートにする事にしました。
鉄の方が外がカリッと中はモチッとする感じに仕上がるようですが、
そうなんですよね~、プレート代も掛るし、たこ焼き生地を作るのにも
費用が掛るし、仰るとおり外で買った方が安いんですよね。おそらく。
それに私の性格から考えると、今はたこ焼き熱がみなぎっていますが、
一度作ったら気が済むといいますか、飽きてしまうという事も考えられますし・・・^^;

イブのたこ焼きパーティー(といっても2人ですが)楽そうだし、いいですね~
でも、結局、通販で購入する事になりそうなので、
イブまでにはプレートが買えそうにないです。
【2011/12/22 00:03】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]

大阪出張
先週いってきたんですけど
新幹線構内の「くくる」でお持ち帰り12個入り(税込730円)
&クラシックラガーで、独り宴会やりながら帰ってきました。

自分でもたまーに焼きますけど絶対お店で買ったほうが美味しいですっ。
材料も結構高くつきますしね。
【2011/12/23 16:44】 URL | くろえ〜かいっ #- [ 編集]

大阪人より
>たこ焼き返し棒(?)

千枚通しです。
最近は、たけ串、箸等でひっくり返すお店もあります。

大阪の家庭は、一家に一台、ホットプレートに付いてるのも入れれば2台とかありますね。

火力は強い方が美味く出来上がります。
プレートは決して洗剤で洗わないように。

出汁は、昆布と鰹節で丁寧にとると美味しいですよ。
【2011/12/23 23:06】 URL | おっちゃん #5oNcD4VY [ 編集]

横山さん、こんにちは
コメントありがとうございます。

こちらこそご無沙汰しております。

たこ焼きの詳しいレシピありがとうございます。
うちはお好み焼きもほとんどフライパンでしか焼かないし、
しかも適当に粉を入れて焼くだけなので、完全にキャベツ焼きになって
しまっているので、美味しいレシピを教えていただけるのはありがたいです。
素人には外皮ができているのか判断するくだりが難しそうですね。
その辺は経験がものを言うと思うのですが、経験していたはずの相方が
いかんせんあんな感じでまったくあてにならないのが困ったもんです。

まだプレートを購入していませんが、たこ焼きパーティの際にはレシピを参考に
させて頂きます。m(__)m
【2011/12/24 00:02】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]

くろえ~かいっさん、こんにちは
コメントありがとうございます。

大阪に行かれたんですね。
実は私も全日本のチケットさえ取れていれば、明日ぐらいから大阪だったのですが、
残念ながらチケットがまったく取れず、自宅でテレビ観戦です。(;_;)
やっぱり自宅で作るより勝ってきた方が美味しいんでしょうね。

特にうちは2人なので、更に材料費を考えると買ってきた方がいいような気がしますが、
一度は自宅で作ってみたいという野望を抑える事ができません。
後で後悔する可能性も大ですけどね。
【2011/12/24 00:10】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]

おっちゃんさん、こんにちは
コメントありがとうございます。

あの棒は千枚通しなんですね。
噂では聞いていましたが大阪のお宅には一家に一台以上の
たこ焼きプレートが当たり前のようにあるんですね。
どこかの番組で大阪の小学生はたこ焼きが返せるとありましたが、
きっと親から子へ技術が伝承されていくんだろうなぁ。

> プレートは決して洗剤で洗わないように。

えっ?!そうなんですか?
知らなかったらおそらく洗っちゃうところでした。

昆布と鰹節で出汁をとるなんて本格的な感じで美味しそうですね。
たこ焼きを作る時には、参考にさせて頂きます。
【2011/12/24 00:17】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]

鉄アレー
鉄アレーって漢字で書くと鉄亜鈴と書きます。
漢字で書いた方が何となく重量感がありますね。
【2011/12/27 21:51】 URL | まっつん #- [ 編集]

まっつんさん、こんにちは
コメントありがとうございます。

鉄アレーにも漢字があったんですね。
確かに画数が多い分だけ重さが増す気がします。
【2011/12/30 16:49】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



広告



カテゴリー

にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ
人気ブログランキング



プロフィール

くろばい

Author:くろばい
愛車ビアンキ・パッソ
【愛称:ビンちゃん】
愛車2ビアンキ・ミニベロ9
【愛称:ベロンチョ(ベロちゃん)】
激情にながされ1週間で購入に至る
愛車3ママチャリ
【愛称:ソルジャー・チャーリー】
現在自転車3台を所有。
あまりの自転車の増殖率に
恐れおののく日々。
これ以上、増えることはないと
思いつつも、自分が信じ切れない
今日この頃・・・。

相方(くろばいB)
愛車:RSR-4(ブルー)
【愛称:ルイちゃん】
愛車2:ラレー・RSW SPECIAL
【愛称:くろまるくん】
新たにミニベロを購入して、
自転車わが世の春を謳歌中。
自己開発のアンゴラダイエットの
お陰で(いまのところ)メタボリック
危険水域を脱出。
しかし現在、ポタ時はポタメシを
思いっきり解禁しているので、
リバウンドに王手か?



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



月別アーカイブ



カウンター



ブログ内検索



RSSフィード

  • seo



おすすめの自転車本

わが家の自転車メンテナンスのバイブル!





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。