クロスバイクを買っちゃうぞ!
初心者がクロスバイク乗りになるまでの軌跡
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コガッツを借りちゃうぞ!【その3】
来年の春に開業になるスカイツリーですが、今日(23日)と明日(24日)そして大晦日は、
開業前のお試し点灯するらしいですね。

お試し点灯と言えば、以前、「一日だけのお試し点灯」(というかテスト点灯)という日があり、
張り切って混雑の中自転車でスカイツリー近辺まで出掛けたところ、
ごくごく一部だけのショボいライトアップだった・・・という事がありました。

今回の限定ライトアップは、やはり本番よりは少な目な点灯らしいものの、
その日のライトアップに比べれば、かなりライトの数を増やしている模様。

そこで早速、自転車で・・・行きたかったのは山々だったのですが、
何かと野暮用があり、本日は自転車に乗らなかった為に、家からライトアップを見ました。

わが家は部屋からスカイツリーを見る事ができないのですが、
ベランダに出て若干身を乗り出せば見えるので、ベランダに出たところ、

寒ッ!何これ。

心から今日、自転車で行かずに良かった。


そして震えながらもわが家の性能いまひとつなデジカメで写真を撮ったのですが、こんな感じです。

スカイツリー

寒色系のライトなのでちょっと冬には地味っすかね。
本番では電球の量が増量するそうなので、もっと派手にはなりそうですが・・・

・・・とまたまたまったく関係ない話で始まり恐縮ですが、
以下、古河レンタサイクルポタ日記の続きになります。

ちなみに古河レンタサイクルポタ日記のその1は→こちら、その2は→こちらになります。

*****************************************

わが故郷、しょう油の街市にあるホワイト餃子さんと縁のある(らしい)餃子屋さんなので、
どうしてもいろいろホワイト餃子さんと比べてしまいますが、
ホワイト餃子さんの昭和の定食屋テイストの店構えに比べ、
お店は新しい感じの平成対応型。

お外には特には餃子無関係な感じの不思議なキャラクターもありました。

キャラ

餃子店のキャラとかだと、餃子の形を顔にしたキャラとかが多いんですけどね。

メインの餃子と漬物以外は、ライスすら出さないというポリシーを貫くホワイト餃子さんに比べ、
丸満さんの方はライスは元より、アグレッシブにいろいろなメニューを出している感じです。

ちなみにこの資料を見ると、しがらみ的な事情もあるのか、元からノリノリで参加されたのか、
古河の町興しである「カレー麺」にも参加されているようです。

そこで注文は餃子を2人前と古河の名物(らしい)カレー麺、それともう一つ、
今まで耳にしたことがない「ほんとん」という名前のメニューがあったので、
何やら不明のまま好奇心に流されて注文しました。

そして注文後は暫し、“ほんとん”とは何ぞや?という話や、店内に設置してあるテレビに
エンドレスに流れている、アド街ック天国(古河編)を見ながらボーッとしていたのですが、
ふと「餃子をのん気に待っている場合じゃない」という事に気がつきました。

張り紙を見ると、このお店にはローカル餃子ルールがあるようで、

注意書き

焼きたての餃子が来たら1秒でも早く食べなくてはならない・・・らしい。

なので、餃子が来るまでに卓上に置かれた、しょう油、ラー油、特性ラー油、
辛みそ等々の調味料を駆使して、先に調味料を作り上げて置かなければならんようです。

やべーーーっ!もたもたしていると餃子が来ちゃうよ。

と青くなりながら、あわてて調味料作りに着手したのですが、
何せ初来店なもので、どれをどう組み合わせれば、好みに味になるのか、さっぱりわからず・・・
そこは素人らしくベーシックにしょう油、お酢、特性ラー油あたりを組み合わせてみました。

そして「いつでも来いや!」状態で、餃子待ちをしていたのですが、
思っていたよりも餃子の焼き上がりには時間が掛るようで、
肩透かし的に、まず「ほんとん」(480円)という謎の食物が到着。

ほんとん

メニューの写真を見ると、よくわからないながらもワンタンのような気もしたのですが、
食べてみると、私の人生で今まで経験してきた食物の記憶を元に自信を持って言えるのは、

うん、これはまぎれもなくワンタンだ。


ただ普通のワンタンとは違い、あんかけのソースが乗っているので、ワンタン独自の呼称ではなく、
そのあんかけソースとのトータルで“ほんとん”というのかは不明。

そして次に餃子が来ましたが、こんがりと揚げ焼きにしたようなまん丸なこのフォルム、
本当に見た目はホワイト餃子の餃子と瓜二つ。

餃子

1人前8個(420円)とボリュームに対してお値段も格安。

注文は2人前でしたが、熱々を食べて貰いたいというこだわりからか、
最初に1.5人前の12個が先に来て、その後にかなり時間を置いて残りの4個が来ましたが、
このペース配分は計算されたものなのでしょうか。
素人考えでは、最初に1人前、次に残りの一人前でもいいのでは?と思わない事もない。

それにしてもテーブル付近の空気に充満してくるのは、
餃子ではまったく経験した事がない臭気であるシナモン臭。

餃子じゃなくて、うっかりアップルパイでも注文しちまったのか?と錯覚する感じです。

香りが餃子にそぐわない感じですが、そんな事は覚悟の上、
そんな事よりも注意書きに書かれているように、
一秒も早く餃子を口の中に入れなければなりません。

あわてて口に入れましたが、自分の面の皮の厚さ・・・は関係ありませんが、
口の皮の厚さを計算して食べないと、どエライ目に遭いますので、くれぐれもご注意を。
実際、私が身をもって経験したので間違いありません。

ちなみに私を毒見に使ったが食べる様子を狡猾にうかがっていた相方は、
火傷をしないで済んだようで・・・何よりです。

問題視されていたシナモン臭ですが、不思議な事に口に入れてしまえば、
シナモン臭に関してはまったく気にならず・・・

ホワイト餃子さんの餃子を知る身としては、「ピロシキ」と言われれば「そうかな?」と思ってしまう
ホワイト餃子さんの餃子に比べると、味的には丸満さんの餃子は餃子に近い感じがします。

でも初めてここでホワイト系列の餃子を食べる人の中には、
「これは餃子だと認めん!」と思う人がいても仕方がないかも。

でも餃子であろうと、なかろうとホワイト系の餃子は、
一度嵌ったらクセになる味なんですよね。

このお店の餃子の特徴としてはもう一つ、お店が独自に開発した
“マヨネーズを使用したタレ”というのがありました。

餃子にマヨネーズぅぅぅぅぅ?

と思わないではありませんが、食べないで否定的になるのも無礼な話です。

そこでこのマヨネーズだれを試すべく、私は調味料セットの中から、
マヨネーズのような色があったので、よく表示を見もせず「これかな?」と思い、
使用してみたのですが、これが美味い!

通常、こういったお店側がアグレッシブに開発したタレ等を使うと、
「まあ、オーソドックスにしょう油にするかな・・・」となる事が多いのですが、このタレは違う!

ピリッとした辛さがあるものの、それ程、主張する事がなく、
餃子の味を上手く活かしているというか、そのバランスが絶妙。

・・・ただ、若干不思議なのが、主成分であるとされる、
マヨネーズ味がまったくしないという事でしょうか?

でも、まあ、いいか、美味いんだから。

そして心の広い私は、先程、毒見役に使われたのを水に流し、
相方に「このマヨネーズだれ美味いよ!」と勧めてあげたのですが、
調味料セットを確認して奇妙な顔をしたかと思うと、

「それ、マヨネーズじゃなくて単なるニンニクじゃない?」


と相方。

な、なんだってーーーっ!!∑( ̄ロ ̄|||)

そう言われると確かににんにくの味しかしないし、
口の中もめちゃめちゃにんにくクサッ!!
ばっちい話で、すみません。

・・・それにしても、思い込みって恐ろしいものですね。
マヨネーズだれと思い込めるとは、脳の神秘か。

この餃子はそのまま食べてもいいように味付けされているようなので、
にんにくだけでも十分美味しく食べられたようですが、
よくよく確認すると質感もこのようにまったくマヨネーズと違うのに、

にんにく

これをマヨネーズと思えた、私の神秘に乾杯っすね。

さて、改めまして、マヨネーズだれを試してみたのですが、
本物のマヨネーズだれは、このマヨネーズが入っている気がしなかった壷に入っていたようで、

マヨネーズだれ

(それが勘違いを誘ったわけですが)確かに一口食べただけで、
マヨネーズ以外の何者でもない味のタレでした。

オリジナルだけあって、このマヨネーズだれはこのお店の餃子との相性は良く、
(とは言え、このたれだけ出されたらあれですが・・・汗)
しょう油だれとマヨネーズだれ交互に食べると味に変化が出来ていいかもしれません。

そして最後に、古河のご当地町興しグルメ「カレー麺」(830円)

カレーつけ麺

まさにカレー味のつけ麺としか言いようのないテイスト。

普段、あまりつけ麺は食べない派なのですが、
麺は太麺でもっちもっちした味でなかなか美味しかったです。

カレー麺

と、レンタサイクル二ストとして活躍するつもりが、しょっぱなから餃子店に入り、
完全にグルメを満喫してしまった私共。

はっ!と気付くとレンタサイクルを借りられてる残り時間は、たった1時間15分になっていました。

これで古河のどの辺を満喫できるんだ?!(自業自得ですが)

青くなりつつも、あわててお店を出ました。

・・・・今回は完全にグルメ日記になってしまいましたが(って、いつもの事か?)
すみません、もうちょっと続きます。

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事

この記事に対するコメント
こんにちは
自転車のブログは他にも1つ見ていますが、
くろばいさんと共通するところは、自転車で走った先で
食べ物屋さんに入って食事をして、その食事の写真を
載せているところです。
自転車の話題だけではないところが、読んでいて楽しい
ところです。
特にくろばいさんの場合、食事が庶民感覚なところが
魅力です。
オシャレなお姉さんではなく、ずばり隣のおばさんと
言ったところがこの上もない愛着を覚えるんですね(^^)

昨日は家庭争議でクリスマスどころじゃなかったので、
今日は気を取り直してご馳走を買ってきました。
スーパー「西友」のフライドチキンと、どういうわけか
サバ寿司。僕が住んでいる阿佐谷にはケンタがないんです。
それに銀座コージーコーナーのショートケーキ
とモンブラン。
あ、愛媛のみかんもあります(@_@)
【2011/12/25 15:28】 URL | タケちゃん #L9eW7Ioc [ 編集]

タケちゃんさん、こんにちは
コメントありがとうございます。

自分でもこれは移動手段が自転車なだけで、実はグルメブログなんじゃ?
と疑問に思う(というより確信している)のですが、その辺の事は
あえて考えないようにしています。(笑)

私も本当はオシャレな奥様的な場所にも行きたいと
常々思ってはいるのですが、ちょっと金銭的な諸事情があり、
なかなか巡れないのが残念です。
でも素で庶民なので、庶民的なところがいいと言って頂けると
救われる気持ちになります。

わが家も今回のクリスマスはかなり手抜きで(汗)
出来合い三昧のクリスマスになってしまいました。
阿佐ヶ谷にはケンタがないんですか?
何となくあの辺りは若者の町というイメージが勝手にあるので、
なんか意外です。
【2011/12/30 16:35】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



広告



カテゴリー

にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ
人気ブログランキング



プロフィール

くろばい

Author:くろばい
愛車ビアンキ・パッソ
【愛称:ビンちゃん】
愛車2ビアンキ・ミニベロ9
【愛称:ベロンチョ(ベロちゃん)】
激情にながされ1週間で購入に至る
愛車3ママチャリ
【愛称:ソルジャー・チャーリー】
現在自転車3台を所有。
あまりの自転車の増殖率に
恐れおののく日々。
これ以上、増えることはないと
思いつつも、自分が信じ切れない
今日この頃・・・。

相方(くろばいB)
愛車:RSR-4(ブルー)
【愛称:ルイちゃん】
愛車2:ラレー・RSW SPECIAL
【愛称:くろまるくん】
新たにミニベロを購入して、
自転車わが世の春を謳歌中。
自己開発のアンゴラダイエットの
お陰で(いまのところ)メタボリック
危険水域を脱出。
しかし現在、ポタ時はポタメシを
思いっきり解禁しているので、
リバウンドに王手か?



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



月別アーカイブ



カウンター



ブログ内検索



RSSフィード

  • seo



おすすめの自転車本

わが家の自転車メンテナンスのバイブル!





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。