Welcome to my blog

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日記

雨の週末の凶事

8
毎年、春はお天気が不安定ですが、このところお天気がいまひとつでして、
週末は2日ともうだうだダラダラゴロゴロと家で過ごす結果となってしまいました。

しかし、そんなイマイチな週末を過ごす私に、突然の不幸が!

歯が欠けてしまいました。(泣)

私には虫歯が原因でほぼ自前の歯の部分が残っていない状態にまで
大胆な治療を施してある奥歯があったのですが、昨日、アーモンドチョコを食べた拍子に
その奥歯にアーモンドが入り込み、その拍子に運悪くテコの原理か何かの力が加わったのか、
そのアーモンドによって貴重な自前の歯の部分が欠けてしまいました。

表面的なちょっとした欠けなら奥歯という事もあり、放置することも可能なのですが、
今回は元からあまり自前の歯の部分が無かった為に、根本からごっそり欠けた模様・・・

幸い、今のところ痛みはないのですが、このまま放置しておくと
後でとんでもない代償を払う羽目になるような予感もします。

こういった時は餅は餅屋で、もちろん歯科医に行くのが一番なのですが、
問題は、私がいい年を越えて歯医者さんが絶望的なまでに大嫌いということです。

というのも、今でこそ歯を削る時には麻酔を掛けるのがスタンダードですが、
私の子供の頃は、抜く時以外は麻酔は使わず、ノー麻酔でジャンジャン削るのがスタンダードでした。

当たり前ですが、痛いです。

何て言いますか、頭蓋骨に響く痛さ?そして時々神経に触る痛さ?
ある意味、拷問系の痛さ?

そしてお顔の半分をマスクで覆っている為、表情がよく見えないドクターは、
治療前は「痛い時は言って下さいね」とかいうセリフを社交辞令的に仰るのですが、
いざ治療が始まると、こちらの泣き言など一切聞く耳を持たず、
(治療中なので)声にならない声で、「ンーーー、ウーーーーー(痛い、痛いっす)!」と必死で訴えても、
「ハイ、もう少し我慢して下さいねぇ」と冷たくあしらわれるだけでした。

その幼い日のトラウマから歯医者さんは大大大の苦手になり(元々医療系は全て苦手ですが)、
その後、削る時に麻酔を使うようになってからもその苦手意識は取れず・・・

「なるべくなら行きたくない」と思った事が、更なる不幸を生む形になりまして、
いい大人になってから治療した歯の詰め物というか、被せた義歯が取れた時に、
痛みもなかったのですぐに歯科医に行かずに数週間経ってから行ったら、
「何でもっと早く来ないんですか!!(゚Д゚#)」と強く叱られ、
その事が歯医者さんと私に決定的に溝を作る事になったのです。

それでも今回欠けた歯を見ると、さすがにこのまま一生放置しておくのはヤバい気がします。

しかし歯科医院には十年以上行っていないので、もしかしてまたスタンダードが変わり、
再びノー麻酔時代に逆行していたらどうしよう。

それに、また叱られるかもしれないし・・・

できる事なら行きたくないよぉ。。。

と、大人気なく逡巡する気持ちを相方に訴えたところ、完全に他人事モードで、

「早く治療に行きなよ。」

と冷たくあしらわれました。(まあ、確かに他人事なんですが・・・)

へぇ・・・

・・・ところで相方の歯にも比較的前の方の歯に、虫歯らしき影のある歯があり、
これは素人目にもお早めに治療した方がいいと思われるのです。

そんなに簡単に「行け」というなら相方も治療に行った方が良くね?

そこで相方の体を心配する親切な私は、

「ふーん、それなら一緒に治療に行こうよ。」

とお誘いすると、相方は豹変し、

「ええっ??!!ヤダヤダヤダヤダ歯医者嫌い!!(>_<)」


って、子供かっ!(゚д゚#)

つーか、己の身に降り掛かった途端に「それかよ」と思うと、
相方のがっかりな人間性を見たような気がします。

まあ、私も相方を批判できる立場じゃないですけどね。

相方はさておき、本当はすぐにでも歯科医の門をくぐらねばと思いつつ、

今更、新しい歯は生えてくれないにしても、
この状態で膠着しといてくれないかなぁ。


と願ってしまう次第です。

ホント、我ながら見苦しい大人(達)でスミマセン。
良い子の皆さんは、絶対に真似しないで下さいね。(--;)

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事

- 8 Comments

There are no comments yet.
痛かったら手を挙げて・・・・

おっちゃん  

2012-03-19 22:29

こんばんは。

先日奥歯を抜きました。
ちょっとグラグラしてたのが、すごくグラグラして痛くて、
「抜いてください。」と。

抜いた後、
「歯の根元をきれいにするので、痛かったら手を上げてくださいね。」と言っていた先生、
痛かったので手を挙げると、
「痛いですか?そうですよね。」と平然と作業を続けました。

歯医者は絶対「v-11」です。

少しでも痛みを少なくするために、早めに歯医者に行かれることをお勧めします。
もし痛かったら「手を上げてください。」ね。

EDIT  REPLY    

ron  

2012-03-19 23:35

私も今歯医者に通っていますが、今の歯医者は痛くないんですよね!

子供の頃のあの痛さは一体なんだったのか・・・と思う程痛くないんです。

我慢している方が余程痛いので、変に嫌がらずに早急な処置をする事をお勧め致しますよ~

EDIT  REPLY    

あっきーな  

2012-03-20 08:13

歯だけは自然完治しない!
これが我が家に代々伝わる家訓ですw

お大事に早く病院行ってくださいね~

EDIT  REPLY    

hoopsii  

2012-03-21 20:59

私も歯医者は苦手です。小さい頃に共楽館(お母様なら知っているかも)近くの歯医者で、あまりの痛さに歯医者の手を噛んで出入り禁止になった記憶があります。

今でも歯石取りの超音波が超苦手です。

EDIT  REPLY    
おっちゃんさん、こんにちは

くろばい  

2012-03-21 22:28

コメントありがとうございます。

歯医者さんの「痛かったら言って下さいね」というのは、
「言ってもいいけど、スルーするよ」という意味なのでしょうか?

> 「痛いですか?そうですよね。」と平然と作業を続けました。

すみません、笑わせて頂きました。
「わかる、わかる」と言われても慰めにはならんですよね。
おっちゃんさんの説には100%同意します。(笑)

そうですよね・・・早目に歯医者さんに行った方がいいと思うのですが、
憂鬱で憂鬱でなかなか足が向きません。
今のところ痛みがないのもミソでして・・・
でも、突然ものすごい痛み発症して後悔する羽目になるんですよね。

EDIT  REPLY    
ronさん、こんにちは

くろばい  

2012-03-21 22:44

コメントありがとうございます。

昔は、治療が痛かったですよね。
私は打たれ弱い方なので、昔の事がトラウマとなり未だに
歯医者さんに対する恐怖が取れません。

そうですよね。
早く行かないとと思い、口コミの良さそうな近所の歯医者さんも見つけたのですが、
どうしても、どーーしても足が向きません。
自分の事ながら困ったもんです。

EDIT  REPLY    
あっきーなさん、こんにちは

くろばい  

2012-03-21 22:48

コメントありがとうございます。

否応なくこのまま生え変わる事もなく一生涯の付き合いになるので、
歯は大切ですよね。
一刻も早く治療した方がいいとは思うのですが、
恐怖に打ち勝つことができずに、なかなか足が向かずにいます。
ホント、いい年をしてお恥ずかしい。
痛みがないのも良し悪しですね。(汗)

EDIT  REPLY    
hoopsiiさん、こんにちは

くろばい  

2012-03-21 22:57

コメントありがとうございます。

歯医者さんには申し訳ないけど、お子さんが手を噛んでしまうという気持ちも分かります。
私は手を噛んだことはないのですが、幼い頃、兄が歯医者に掛かったついでに、
突然の母の思いつきでついでに私の治療もお願いされ、
「聞いてないよ~」とばかりに、歯医者さん中を泣きながら逃げまわった事が・・・
母にはめちゃくちゃ叱られましたが、こっちもマジで必死だったのです。
最後、逃げきりまして、心底ホッとしました。(母は怖かったけど)
幼い頃の恐怖はトラウマになりますね。

EDIT  REPLY    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。