クロスバイクを買っちゃうぞ!
初心者がクロスバイク乗りになるまでの軌跡
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そうだ、京都に行って来ました
昨日、3泊4日の行程を終え、無事に京都より帰ってきましたが、
マジに、リアルに、半端なく疲れましたーーーっ!!

元来方向オンチーの私が、知らぬ街を完全戦力外の母を案内しつつ巡るのは、
予想通り気疲れのする行為でしたが、はなから「精神的に4日も持たねぇ」と思っていたので、
京都滞在3日目の一昨日は、バスツアー会社に丸投げすべく、1日バスツアーに参加しました。

京都にはいろいろなコースのバスツアーがありましたが、母の希望を聞いて私がチョイスしたのは、
「比叡山、大原三千院コース(昼メシ付)」

一年中楽しめる観光地とは言え、どちらかというとシーズンオフの5月普段日の京都、
バスツアーも「大型バスに2人切りとかだったら気まずくて嫌だな。」と思っていたのですが、
その辺は要らぬ心配で、私共はあらかじめネットで申し込んでいましたが、
当日申し込みされる方も多いらしく、私共の申し込んだコースは、
大型バス2台がそこそこいっぱいになったのが驚き。

そしてバスガイドさんの独特の声色でのガイドを聞きながら、比叡山に到着。

よく「比叡山延暦寺」と聞きますが、この延暦寺というのは、ひとつのお寺をさして延暦寺というのではなく、
比叡山全域を境内とする寺院、つまり比叡山の中にある寺院は延暦寺の一部となるそうですね。

さすがに全ての寺院は回りきれんらしく、今回のバスツアーでは、比叡山延暦寺の総本堂である
「根本中堂」のみに案内されました。

京都

ここまで来て古い記憶が蘇って来ましたが、そう言えば中学の時の修学旅行では
来たことがあるような気がします。

何せあの時は冥土まで遠かったせいか、お寺のありがたみ等まるでわからない浅い子供で、
似たようなお寺ばかりに案内されウンザリしていたので、定かではないですが・・・

比叡山を開創した最澄さんが灯した炎を1200年もの間絶やしていないらしく、
大きなランプのようなものに入った1200年前からのありがたい明かりを
ガラス越しに微かに見ることが出来きます。

お坊さんが菜種油を継ぎ足し、継ぎ足し、炎を絶やさないようにしているそうですが、
何せ開創者以来、1200年も続いた灯なので、時が経てば経つ程、
プレッシャーが増しそうですね。

今の技術だと自動継ぎ足し機とかが作れそうですが、
それをやったら身も蓋もないでしょうし・・・

しかし不思議だったのは、そのありがたい炎が入ったランプが並んで3つもあるのです。

これは3つのうちのひとつでも消えたらアウトなのだろうか?
それともこれひとつが本物(?)であと2つは万が一の時のスペアなのだろうか?

それによってはありがたみも多少増したり減ったりするような気も・・・

そしてバスの出発時間までの間、土産物店にいたのですが、そこの扉にはこんなポスターが。

京都

(見えにくいと思いますが)「比叡山ヒルクライム」

なんでも今週末に比叡山でヒルクライムが行われるようですね。

ガイドさん情報では、山の下と山の上では気温が5度も違うという程、
バスで上がりながら来た道もヒルクライムというに相応しい道でしたが、
参加される方、がんばってくださいね。健闘をお祈りします。

比叡山で寄ったのはこの根本中堂のみで、後はバスの中からガイドさんの説明を受け、
観光した気になりつつ、大原に到着。

京都

大原に着くと、間髪入れずに料金に含まれている小洒落た小型の重箱に入った、
小洒落た弁当を食べ、自由行動で大原を散策しました。

京都

京都

この地域には「三千院」をはじめ何箇所かの寺院があるので、
時間内ならどう回ろうと個人の自由だったのですが、
最初に大原の超メジャー寺院「三千院」に行ったところ、

京都

これが庭も含めるとやたら広大で、

IMG_7626_R.jpg

京都

大原まで来ていながら結局は、もう一つ「宝泉院」という

京都

寺院の2つの寺院しか巡れませんでした。

こちらの宝泉院の方はあまり広くない寺院でしたが、窓が額縁のように見える額縁庭園が有名だそうで、

京都

JR西日本のポスターにも採用された事があるようです。

そしてパスツアー終了後は、京の台所とも言われている(らしい)錦市場を覗き、

錦市場

夕食はガイドブックにも載っていた人気のお店「光安」さんで頂きました。

タクシーの運転手さんも一瞬わからない位、街中に溶け込んでいる隠れ家中の隠れ家のお店。
あまりに探すのに一生懸命になり、見つかったらホッとしまして、
お店の写真を撮り忘れてしましました。

京都は目ん玉が飛び出る程お高い懐石料理がある中で、
こちらのお店の懐石コースはとってもリーズナブル、
人気のお店という事で早々から予約を取りました。

京都

京都

私の貧乏舌でもよく分かる丁寧なお味で、とっても美味しいお料理でした。

そしてついに最終日となった昨日は、午後3時頃の新幹線で帰る予定でしたので、
それまでの間、京都駅のご近所を貪欲に三箇所観光しました。

まずは「東福寺」

京都

こちらのお寺も見所満載のお寺で、室町時代に作られたという「三門」

京都

昭和の名庭園家重森三玲氏の作の庭園

京都

こちらのお庭は昭和14年に作られた庭園だそうで、それなりに古いと言えば古いのですが、
京都の歴史の中で考えると、ちょっと新し過ぎる感じですね。

そして「通天橋」

京都

紅葉のシーズンが一番のハイシーズンというだけあり、京都はどの寺院も名所にも紅葉が溢れていまして、
その京都においてもこの東福寺は紅葉の名所らしく、広い敷地内に数多くの紅葉が植えてありました。

特に庭から通天橋を眺める景色が有名のようです。
確かにこの青紅葉が染まっていたら、どんなに素晴らしいかと。

しかし見ていると、この時期でも赤い紅葉が何箇所か植えてあるのですが、
この際だから全てこの赤い種類の紅葉にしてしまえば、1年中紅葉の景色が楽しめて、
1年中ハイシーズンになるんじゃね?とか無粋な事を考えたりしました。

その後は、更に京都駅に近い「西本願寺」

京都

「東本願寺」と見て、

京都

東本願寺は阿弥陀堂が改装中でそこがちょっと残念。

・・・と最後まで満喫し新幹線で帰って来ました。

それにしても3泊4日を掛けて、こんなに回ってもまだまだ全然回り切れない
京都の名所と寺院の多さは改めてスゴイと思う。

人の足と牛移動が中心の時代に栄えた都なので、観光スポットから観光スポットまでが遠くなく、
凝縮されているのは、観光をする上では助かりますが、それでも歴史があるだけ見所は多いし、
ひとつの神社仏閣も広くて見所満載なので、じっくり見ようと思ったらとても時間が掛かります。

めちゃめちゃ歩いた為、(自転車が趣味と言う割には)普段の運動不足も祟り、
本日起きたら全身バキバキと鳴るような筋肉痛で、午前中は使い物になりませんでした。^^;

そして5月は修学旅行シーズンという事で、大勢の修学旅行生に会いました。

ン十ン年前の私の時の修学旅行と言えば、何台ものバスで連なっての観光がメインでしたが、
今の修学旅行は小グループ毎にタクシーで巡るのがトレンドなんですね。

確かに京都は狭い路地が多いのでバス何台もの大集団で行動するよりも時間のロスも少ないし、
詳しい案内はタクシーの運転手さんに丸投げできるので、いい方法なんでしょうね。

時代が変われば「修学旅行の方法も変わるんだなぁ」と感心しました。

しかし京都というのは、年をとって改めて巡ると品のあるいい街ですね。
今度はレンタサイクルを借りて巡りたいと思います。
(ちょっと坂が多そうですが・・・^^;)

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



広告



カテゴリー

にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ
人気ブログランキング



プロフィール

くろばい

Author:くろばい
愛車ビアンキ・パッソ
【愛称:ビンちゃん】
愛車2ビアンキ・ミニベロ9
【愛称:ベロンチョ(ベロちゃん)】
激情にながされ1週間で購入に至る
愛車3ママチャリ
【愛称:ソルジャー・チャーリー】
現在自転車3台を所有。
あまりの自転車の増殖率に
恐れおののく日々。
これ以上、増えることはないと
思いつつも、自分が信じ切れない
今日この頃・・・。

相方(くろばいB)
愛車:RSR-4(ブルー)
【愛称:ルイちゃん】
愛車2:ラレー・RSW SPECIAL
【愛称:くろまるくん】
新たにミニベロを購入して、
自転車わが世の春を謳歌中。
自己開発のアンゴラダイエットの
お陰で(いまのところ)メタボリック
危険水域を脱出。
しかし現在、ポタ時はポタメシを
思いっきり解禁しているので、
リバウンドに王手か?



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



月別アーカイブ



カウンター



ブログ内検索



RSSフィード

  • seo



おすすめの自転車本

わが家の自転車メンテナンスのバイブル!





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。