クロスバイクを買っちゃうぞ!
初心者がクロスバイク乗りになるまでの軌跡
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビアンキショップとフローズン生

毎日、毎日暑かったですが、本日は幸いというべきか、せっかくの休日にムカツクと言うべきか、
雨が降ったりや止んだりの微妙なお天気です。

が、夏と言えば、やはりビールが美味い季節ですね。

今年はキリンから「フローズン生」という新しい形態のビールが発売したという事で、
先週末の3連休のうち1日を利用して、フローズン生を飲みに行って来ました。

このフローズン生は普通の店でも何軒か飲めるお店があるようですが、
せっかくだから直営店で飲みたいと思い、大手町に出来た
「一番搾りFROZEN GARDEN」まで行く事にしました。

直営店の地図を見ると3月にオープンした丸の内「iiyo!!(イーヨ!!)」の極近くらしく、
この「iiyo!!」には、ビアンキのショップがオープンしていまして、
前々から行きたいと思ってい(ていながらなかなないけんかった)たのです。

これを機会に生フローズンだけでなく、ビアンキのショップにも行っておこうと、
まずは銀座へと向かいました。

何故、銀座かというと、世は夏のバーゲンシーズンなので、この際バーゲンを覗いて行こうかと、
盛りだくさん感一杯にデパート関係が密集するまずは銀座へと向かったのですが、
なんていいますか、年々食欲と反比例するように洋服に対する物欲が衰退しまして、
そのやる気の無さが行動に出まして、「昼間のあっちー中行きたくねぇよー」とダラけた雰囲気になり、
ダラついているうちにお日様が沈みかけの夕方からのスタートになりました。

まあ、真の目的はフローズン生なので、いいか。と。
昼間のビールもいいけど、主にアルコールは夜に摂取するもんだし。

飲む気満々にみなぎっていたので、当然、電車での移動だったのですが、
最近、私も相方も燃費が悪くなったのか疲れやすく、電車で移動したのみで体内エナジーが0になりまして、
このままバーゲン会場という名の戦場に赴くのは危険と判断し、早くも一休みしました。

ヒューガルデン

って、もうビールかよ。

いや、せっかく電車で来たのでアルコールが摂取できる利点を最大限に活かそうと・・・

こちらのイトシアに出来た「BARISSIMO」さんでは、
瓶ではない生のヒューガルデンが飲めるのがポイントが高い。

なんでも日本の法基準ではかると、このヒューガルデンは“発泡酒”の括りになるそうで、
経済的事情で発泡酒を飲み慣れたせいか、私はこのヒューガルデンが好きなので、
このお店の前に行くと抗いがたい磁力を感じ、気が付くと寄ってしまうのです。
禁酒時代ならメチルにでも手を出しそうなアルコール好きの相方の悪魔の囁きもありますし・・・

そしてお店にいる時に手持ち無沙汰なので(今更相方ともそれ程話ないし)、
すでにフローズン生に思いを馳せて、何気に「FROZEN GARDEN」のお店を
スマホで見ていたのですが、この期に及んで大変な事実に気づきました。

あれ?営業時間、平日は23:00(L.O.22:30)までだけど、
日曜・祝日は12:00~20:00(L.O.19:30)じゃん。

うっかり平日と同じだと思っていたのですが、祝日のこの日は、
ラストオーダーが19:30になります。

慌てて時計を見ると、もう18時半じゃん。∑(゚∇゚|||)

まさか大手のビール会社さんが鳴り物入りで発売した新製品の直売店が、
個人が昭和から経営されている一杯飲み屋さんのような閉店時間だとは思いもしませんでした。

ついでにビアンキの営業時間も確認すると、こちらも閉店時間が20時・・・らしい。
これはどう考えても、即移動しないと生フローズンにはありつけない可能性が高い。

という訳で、あわてて生ヒューガルデンを流し込み、移動する事にしました。 

って、まだノーバーゲンやんけ。

何しに銀座に来たのかはわからん状況になりましたが、
電車で来る機会などそうないし、ここはアルコールを最優先です。

今いる有楽町からお店に移動するには、東京駅で降りるのが近いようで、
都合がいい事に、東京駅から移動すると丁度、ビアンキのあるiiyoが通り道になります。

到着後、多少でも時間があるようでしたら、行きすがらビアンキも覗いてみようと
目論んでいたところ、なんとかちょっと寄るぐらいの時間はありそうでしたので、
まずはビアンキのショップへと急ぎます。

確かiiyo!!は、3月にオープンしたはずのIt's newな商業施設ですが、
驚いたことにまるで昭和時代からある寂れた商店街のような人のいなさっぷり。

中には(一応)開いているけどお客が一人もいないという、
「素人目から見ても開けているだけで電気代と人件費が赤字じゃ?」というお店も少なからずありました。

つーか、同じような時期に連続して開発し過ぎじゃねえの?丸の内。

ここ数年、同じような商業ビルが何箇所に渡って出来続けているので、
観光や買い物客にはすぐあきられそうだし、しかもこのiiyo!!は丸の内開発地区の中では
駅から若干離れているので、仕事帰りの客が見込めない土日は厳しいのかもしれません。

そんな事情で土日の集客は諦めているのか、はなから開いてない店があるのも、
なんかシャッター商店街を思わせる雰囲気があったりなかったり・・・

さて、「そんなiiyo!の中にあって大丈夫なのか?ビアンキ」とビアンキユーザーとしては、
余計な心配をしてしまうのですが、ビアンキの店舗の中には、閉店間際に関わらず、
(そして閑散とした街並みに関わらず)そこそこお客さんがいました。

ビアンキ

戦略としてその街の顧客層を考えてお店を作っているのか、
店自体に後光が差している表参道店のように無駄にスタイリッシュで綺羅びやかでもなく、
意外と(?)普通のショップでした。

時間がなくてあまり長く見ていられなかったのが残念ですが、
店内はあまり広くはないものの、ざっと見た感じでは、自転車はミニベロとクロス、
ロードがそれぞれに揃えてあり、さすが直営店というべきか、小物の数は多かった気がします。

私がクロスやミニベロを購入した時に、ネチネチとネット検索しても品薄で購入できなかった
ビアンキのチェレステカラーの小物が、普通にぶら下げて販売してあるのを見ると、
「時代が変わったなぁ」と思います。

実は欲しくなった物もあったのですが、自分の愛車にサイズがフィットするかわからず、
店員さんに尋ねる時間もなかったので、また後日来る事にしてショップを後にしました。

ビアンキショップで思いの外時間が取られた為、「FROZEN GARDEN」へは
競歩のような超早足で向かったのですが、そのかいあってか、
何とかギリギリ滑りこむことに成功。
(計画性のないわが家はギリギリ滑りこんでばっかやなぁ)

フローズン生

丸の内からちょっと離れたバリバリのオフィスの森である大手町の中に、
まるでヘンゼルとグレーテルが見つけたお菓子の家のような、
ある意味違和感のあるお店がありました。

周りが暗いせいもあるのか、それともビールにありつける心的効果もあるのか、
なんかお店が輝いて見えます。

混雑で入れるかどうかが心配でしたが、お店の様子を見ると、そこそこ人がいるものの、
まだまだ座れるスペースもあり、今年出した新製品の直営店と思うとちょっとお寂しい気も・・・

銀座のまん真ん中に位置するアサヒのスーパードライエクストラコールドの直営店の
スーパー混雑を経験した身からすると、ちょっと物足りない気もします。
いや、入れたのは嬉しいし、並ばなくて嬉しいのですが、
その辺は複雑な消費者心とでもいいますか・・・

最初に注文する形になっていますが、注文のレジに並んだ時点でラストオーダー数分前だったので、
これが事実上、最初で最後の注文チャンスとなります。

なのでビール・・・は当然、大きな方を注文するとして、食べ物は並んでいる間に
超真剣に吟味したのですが、実際にレジの番がくると閉店寸前の為だいぶ売り切れ状態でして・・・
☓が付いていないメニューの中から適当にチョイスしました。

店内は立ち飲みスペースで、屋外が座れるスペースだったので、
当然、屋外スペースに行きましたが、ここは天下のオフィス街大手町、
時々吹く突風のようなビル風が非常にデンジャラスな刺激を与えてくれます。

基本、紙皿なんで料理が少なくなった皿が飛んでいくというアクシデントに見舞われる方もいて、
手で抑えたりカバンや身を呈して風を避けたりの工夫をしながらの
底抜け脱線ゲーム気分を味わいつつの緊張感のあるビアタイムとなりました。

そして肝心の「フローズン生」

フローズン生

・・・あ、会いたかったよ。

発売当初から飲みたい、飲みたいと心から思っていたのに、なかなか機会がなく・・・
とうとう7月の半ばとなってしまいましたが、苦節数ヶ月、ようやく機会に恵まれたのは感慨深い。

しかし感動して(写真なんか撮っている)いる間に、
肝心なフローズンな泡が消えかかっとるやんけ。∑( ̄ロ ̄|||)

どうやらこの泡の部分は思春期の乙女のように繊細なもののようです。

そして待望の一口を飲んでみると、泡の中に細かい氷のシャリシャリ感があり、これは新テイスト。
なんか昔なつかしの「宝石箱」というアイスを思い出します。
あの若かりし頃のピンクレディーがCMをやっていたヤツ。(年がバレますね)

・・・が、それだけというか、肝心のビール部分がプラスチックコップなせいか冷たくなく、
このフローズン部分と温度差があり、若干アンバランス感があるのが否めないのが残念。

ビールに冷たさを求める私個人としては、グラスもキチンと冷やして提供される
アサヒのエクストラコールドに軍配でしょうか。

エクストラコールドにこのフローズン泡を乗せれば完璧になると思うのですが、
・・・まあ、諸事情あり過ぎで無理だろうなぁ。

期待度が大きかっただけにその辺は残念でしたが、ビールはビールなので、まあ、いいか。

料理はナチョスとコロッケ、枝豆という少々寂しいラインナップでしたが、

フローズン生

フローズン生

酒のつまみに丁度いい感じでなかなか美味しかったです。
このフローズン生を提供しているお店もあるので、お店で提供されているものは、
グラスでしょうし、多少違うのかも。
今度はお店でチャレンジしてみたいと思います。

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング

関連記事

この記事に対するコメント

くろばいさんこんばんは
お久しぶりの書き込みです。

足のアイロン跡の具合はいかがですか?
やけどってずーーっとじりじり痛くて気が滅入りますよね。

ヒュルガルデン、僕も大好きです。あのちょっと甘い感じがいいですよね。
フローズン一番搾りも気になっていましたがくろばいんさん飲んだのですね。
僕も試してみます。
で、一番搾りを4ケース(だったかな??)買うと家でフローズン生を作れる
機械がもらえるそうなので4ケース買おうかどうか迷ってます。
【2012/07/21 21:52】 URL | ヤッタラン副長 #- [ 編集]

ヤッタラン副長さん、こんにちは
コメントありがとうございます。

お久しぶりです。

お陰様で、火傷はなんとか危機を脱したようで、
今はあまり痛みもなく、ただアイロン跡が残っています。

ヤッタラン副長さんもヒューガルデンがお好きなんですか~
フルーティーで飲みやすいし美味しいですよね。

フローズン生は発想は凄くいいと思ったのですが、
いかんせんコップがグラスではなくプラスチックなので、
上と下との温度差があったのがちょっと残念でした。
でも、あの泡は新食感だったので、1度試してみる価値はありですよ。

家で、フローズン生を作るセットのプレゼント企画やっていますね。
家庭でできたらホームパーティも盛り上がって面白いでしょうね。
【2012/07/22 01:01】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]


ビールのフローズンってどんな感じなんでしょうね。

普段自転車に乗っていると電車で行った時の気軽さがうれしい時がありますね。

とくにアルコール類は。

これだけ暑いと昼からおいしいでしょうね。

ポチリ。
【2012/07/22 01:41】 URL | tac-phen #99DFA69w [ 編集]


私も昨日は自転車なしで東京を徘徊しましたが、アルコールをたしなむ時は仕方がありませんよね。アルコールは自転車ポタ族の弱点でもあります^^;。

ビアンキショップ丸の内は、土日の客というより、平日のあの辺りのビジネスマンがターゲットなんでしょうね。お昼休みなんかに、OLさんや若い男の子(オジサンも)が見に行くのかもしれませんよ。私も大手町あたりで待ち合わせの時には、フラッと寄るかもしれません。
【2012/07/22 07:52】 URL | kincyan #sSHoJftA [ 編集]

外で呑む
おはようございます。

30代の時、酒を呑むと言えば、外で呑むのが
普通でしたが、次第に年齢を重ねてきますと、
外で呑んで、電車に乗ったりして帰るのが辛く
なり、タクシーを利用することが多くなりました。
しかし、その後は、タクシーを使うのもしんどくなり、
最近では、家で呑むだけです。
家なら、酔っぱらったらすぐに寝れる・・・

ビヤホールやビヤガーデンで、グイーっと
ビールを呑んでみたい気持ちはありますが、
やはり、呑んだあと帰るという難関を考えると、
気がひけてしまいます。

その点、くろばいさんは、まだまだお若いのか、
外に出ることにあまり抵抗はないようですね。
どうぞ、怪我のないように・・・
【2012/07/22 09:05】 URL | タケちゃん #L9eW7Ioc [ 編集]

tac-phenさん、こんにちは
コメントありがとうございます。

フローズン生は泡だけに氷の粒が入っている感じでした。
全体的にフローズンなら面白そうですね。

アルコールが摂取できないことは、自転車で不便ですよね。
なので電車で出掛けた時はここぞとばかり飲んじゃいます。
ポチ、ありがとうございました。
【2012/07/24 22:24】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]

kincyanさん、こんにちは
コメントありがとうございます。

自転車時にはアルコールが飲めないのは、仕方ないとは言え残念ですね。
だからうちは電車の時にはついつい飲んじゃいます。

初めてビアンキの丸の内ショップに行きましたが、
土日は人通りがあまりない場所だったので、平日に大手町で働いている人を
狙っているんでしょうね。
店舗も若者が多い表参道とはまた違って落ち着いた感じでしたし・・・
毎日、会社帰りに自転車を見ていると欲しくなる人もいそうですね。
【2012/07/24 22:40】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]

タケちゃんさん、こんにちは
コメントありがとうございます。

うちはタクシー嫌いの相方がいるので、ほとんどタクシーには乗りませんが、
飲むと帰りが面倒ということはありますよね。
特に私は都内に通っていた時は、飲んだ後1時間半以上掛けて千葉まで帰っていたので、
今となっては自分でも「よくやっていたなぁ」と思います。

家飲みも帰らないで済むのはいいですよね~
ただ生が飲めないのと、料理と飲んだ後の片付けをしなければならないので、
その辺が酔が覚めるところなんですよね。
(料理は出来合いという手もありますが・・・^^;)
【2012/07/24 22:48】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



広告



カテゴリー

にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ
人気ブログランキング



プロフィール

くろばい

Author:くろばい
愛車ビアンキ・パッソ
【愛称:ビンちゃん】
愛車2ビアンキ・ミニベロ9
【愛称:ベロンチョ(ベロちゃん)】
激情にながされ1週間で購入に至る
愛車3ママチャリ
【愛称:ソルジャー・チャーリー】
現在自転車3台を所有。
あまりの自転車の増殖率に
恐れおののく日々。
これ以上、増えることはないと
思いつつも、自分が信じ切れない
今日この頃・・・。

相方(くろばいB)
愛車:RSR-4(ブルー)
【愛称:ルイちゃん】
愛車2:ラレー・RSW SPECIAL
【愛称:くろまるくん】
新たにミニベロを購入して、
自転車わが世の春を謳歌中。
自己開発のアンゴラダイエットの
お陰で(いまのところ)メタボリック
危険水域を脱出。
しかし現在、ポタ時はポタメシを
思いっきり解禁しているので、
リバウンドに王手か?



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



月別アーカイブ



カウンター



ブログ内検索



RSSフィード

  • seo



おすすめの自転車本

わが家の自転車メンテナンスのバイブル!





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。