クロスバイクを買っちゃうぞ!
初心者がクロスバイク乗りになるまでの軌跡
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪旅行記【その4】
最近の常套句になってしまいましたが、本当に暑いですね。

わが家には何かのおまけで貰った安っぽい温度計がリビングに置いてありまして、
先日までは何とか最高気温32度で踏み留まっていましたが、
今日は最高気温を更新し、33度を記録しました。

今年は節電の夏をテーマにしている私としては、1人の時は32度までなら
意地で扇風機一本で乗り切るのですが、さすがに今日はエアコンのスイッチをポチりました。
ちょっと負けた気がするのは何故でしょう。

しかし起きている時はいいのですが、基本、睡眠時のエアコンは冷えすぎるので
あまり好きではない私は、最近はフローリングに直接床寝をしております。

こんな暑さの中でも夜のフローリングはそれなりに冷たいので、
フローリングに直寝すると冷房がなくてもso coolで気持ちイイ。

このフローリング直寝は近年の夏の風物詩なのですが、
さすがに大昔の修行中の僧侶でもせんべい布団位は与えられたはず・・・

修行中でもなく、徳もない私が硬い床で寝て大丈夫かと思いましたが、
確かに最初に始めた頃は起きた時に体が多少は痛かったような気もしたものの、
最近はまったく痛みも違和感もなく・・・

どんな環境でも人間って慣れる生き物ですね。

そして相変わらず無駄に長々と続いている大阪(食の)旅行記ですが、
以下、良かったらお付き合い下さいませ。

*********************************************

チェックイン時に提供された目の前にドーンと舟盛り3段飾りで来たアフタヌーンティー(酒付き)を
片付けるのに、気が付くと1時間の時間を要していました。

チェックインだけでそんなに時間が掛かっていたんかい。∑(゚∇゚|||)

いや、ぶっちぎりでわが家のチェックイン所要時間記録。

まあ、チェックインの手続きのお時間というよりも、食っちゃ飲みに要した時間ですが・・・

お得の海に溺れてる場合じゃねぇし。

実はわが家には大阪旅行前から行ってみたい自転車関連ショップがありました。
こちらの記事で書かせていただきました、ロンドン発の自転車ウエアブランドのコンセプトショップで、
前もって調べたところこのホテルの極近くにあるようです。

慌ただしく、一旦、部屋に荷物を置き、お店を目指して即、大阪の街へと繰り出しました。

目的のお店は、ホテルから徒歩2分程度、通りを渡ってすぐという場所にあり、
この辺りはオフィス街なのか、日曜のこの日は街全体が閑散としてまして、
通りはあまり人すらいなかったので、お店自体が開いているかどうかが、ちと不安。

がその不安は杞憂のようで、地図の示す場所には、周りとは一線を画した感じの
10円玉色に輝いたビルが!
大阪


あまりに周りとテイストが違いすぎて逆に一瞬見逃しそうになりましたが、
こちらが目的のお店「Rapha Cycle Club Osaka(ラファ サイクルクラブ大阪)」
の入っているビルのようです。

これが十円玉と同じ素材で作られているとすれば、何十円掛かっているのでしょう?

しかしこのキラキラ感は、どことなく銀座にあるお金持ちさん御用達ブランドのビルに
似た感じなので、そのブランドを思い出し、ちょっと入るのが躊躇われます。

いや、いや、大阪まで来て何を躊躇っているんだ。オラにパワーを!

という事で、勇気を出してお店に入ってみると、店内はお外の人通りと比例して、
お店の中は店員さん2人のみ、そして客は今INして来た私共2名のみ。

外看板にも書いてありましたが、

大阪

期間限定から評判により常駐店へと昇格した店なので、
もう少し人がいるかと思ったのですが、タイミングがわるかったのか?

小心の私としては、なまじ高級そうなお店だけに、
お互いの息遣いまで聞こえてきそうでとても緊張します。

お店は1、2階と分かれていて、1階が自転車ウエア中心のショップスペース、
階段を上った2階がカフェスペースとなっているようですが、
美しくディスプレーされたウエアや自転車小物はいかにも高額そう。

そしてやっぱり期待を裏切る事なく、実際にも高額(わが家比)。

英国のブランドなので英国紳士や英国淑女が着られるのでしょうか、
品揃えは本格自転車乗りファッションから、ちょっと見そうとはわからない
タウン併用型自転車ファッションのウエアまであり、全体的にデザインも色使いもオシャレです。
しかしその弊害としてお値段が高いけど・・・

ちょっとしたウエアの値札にも5桁の数字が並んでいます。

庶民の味方、スポーツにもオッケーな万能カジュアルショップユニ◯ロ愛用者の私としては、
とてもじゃないけどレジまで持っていけるレベルのお値段ではなく・・・

焦点が定まらない目でちらちらと見ただけで1階ゾーンは終了。

まあ、事前情報から高そうなお店だとわかっていたので、
自転車ウエアは太刀打ち出来んと思っており・・・

それでは何故お得の海を抜けだしてまで来たかというと、実はわが家の真の目的は、
2階に併設されているカフェにありました。

何でもこのカフェでは酒造が造ったいうジンジャエールが飲めるらしく、
酒造が造ったという枕詞だけで、そのジンジャエールに惹かれたのです。

店内にある階段を2階に上って行くと、カフェと言えばカフェ、
新進気鋭のデザイナーかなにかの小洒落た事務所と言えば事務所的な空間が現れ、

大阪

そんな空間のみで特にメイドさんも執事さんもボーイさんもいなかったのですが、
どうやらカフェの店員さんは、1階にいたショップ店員さんが兼任されているらしく、
1階で注文すると持ってきてくれるようです。

メニューはコーヒーやアルコール類、酒造が造ったというジンジャエールと
近隣のお店の名物バケット等もあるようでしたが、名物バケットにも多大な興味があるものの、
残念ながら少々前に食べたアフタヌーンティーが胃に手つかずで残っている状態して・・・

ここは大阪に来る前から是が非でもこれだけは頂こうと決めていた、
酒造のジンジャエールを注文しました。

この胃の状態で炭酸飲料も十分キツイですけどね。^^;

こちらが酒造特製(?)ジンジャエール、1本300円。

大阪

自転車ウエアのお値段と打って変わったこの安価。
いや、よくよく考えると瓶入りジンジャエール1本に、このお値段は安いのかわかりませんが、
先程、お高いウエアを拝見したので、至極安価に見えるマジック。

酒造というから渋い感じを連想していましたが、
予想に反してプリチーなピンクの瓶入りです。

能勢の山から自然に湧き出る湧泉水から作られたジンジャエールらしいですが、

大阪

「湧泉水」って、私のけして短くはない人生の中であんま耳にした事がない言葉だけど、
温泉水みたいなものだろうか?

確かに浸かる以前の人間出汁が入っていない温泉水なら、
以前、健康にいいと勧められ飲んだことがあります。

微妙な感じのレモン水という体のスッパい味でしたが、たまたまその温泉水がそうなのか、
往々にして温泉水はそのようなテイストなのかは謎ですが・・・

お味はジンジャー大増量サービスキャンペーン中!

というぐらいのパンチの効いたジンジャー味。
(ちなみに特に酸っぱくはありません)

これがジンジャエールというのなら、あのカナダンドライなジンジャエールはジンジャエールじゃないし、
カナダンドライなジンジャエールがジンジャエールなら、これはまったく別の飲物というぐらい味が違う。

でもジンジャーエールというからには、より生姜の味がするのが本格的なんでしょうね。
私はこのモロ生姜の味がするジンジャエールは気に入りました。
(味的にどことなく健康にも良さそうだし)

店員さんはすぐに1階に戻ってしまったので、この洒落た事務所のようなカフェには、
私と相方2名しかおらず、やりたい放題。
(って、もちろん法に触れることは何もやってませんが)

お店の中央部分の大画面からは、なんだか良くわからないツール・ド・なんちゃらかの
レース映像が流れていまして、

大阪

正直、あまりレースには興味が無いのですが(外人さんばかりで区別つかないし)、
見始めると意外と観ちゃうもんなんですよね。

この放っとかれ感が好ましくて、しばらくまったりして過ごし、
満腹の中ちびちびと飲んでいたジンジャエールを飲み終わった時点でお店を出ました。

朝から食いっぱなしの上に、ダメ押しの炭酸飲料で、
もうやがて夕食時だというのに、まったく食べられる気がしねぇし。

しかもお得マスター(の相方)がいる限り、お得の歩も緩める訳にも行きません。

宿泊ホテルのお得フロアでは、アフタヌーンティーを含め合計5回の軽食が用意されるのです。

そしてアフタヌーンティーを1回目の軽食とするならば、
すでに2回めの軽食タイムが始まっている時間・・・

当然、全制覇を目指す相方さんを止める術もなく、お得の海(ホテル)へと戻ることになりました。

・・・続きます。m(__)m

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事

この記事に対するコメント
慣れ
こんにちは。

僕はせんべい布団で寝ていますが、さずがにフローリング
に直に寝るのは痛そうですねえ。
しかし、くろばいさんは慣れてしまったようですね。
僕は太っているので、横向きに寝たりするとあばら骨が板に
当たって痛くて寝てられない気がします。

カナダドライって、まあ、サイダーみたいなもので、
ちっとも「ジンジャー」じゃない気がします。
そう言えば、まだ、本格的なジンジャーエールなるものは
飲んだことがありません。
【2012/08/22 11:55】 URL | タケちゃん #L9eW7Ioc [ 編集]

タケちゃんさん、こんにちは
コメントありがとうございます。

慣れというのは怖いもので、最近はフローリングで寝ても
まったく体に痛みを感じません。
あばらも肉に守られているのか、大丈夫です。
健康上はいいんだか、悪いんだかですね。^^;

カナダドライのジンジャエールしか知らなかった頃は、
ジンジャエール=生姜って意識したことがありませんでした。
だって、全然生姜味しないんですもん。
でも本格的なジンジャエールって当たり前かもしれませんが、
生姜の味がするんですね。
なんか体によさそうでしたよ。
【2012/08/27 23:47】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



広告



カテゴリー

にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ
人気ブログランキング



プロフィール

くろばい

Author:くろばい
愛車ビアンキ・パッソ
【愛称:ビンちゃん】
愛車2ビアンキ・ミニベロ9
【愛称:ベロンチョ(ベロちゃん)】
激情にながされ1週間で購入に至る
愛車3ママチャリ
【愛称:ソルジャー・チャーリー】
現在自転車3台を所有。
あまりの自転車の増殖率に
恐れおののく日々。
これ以上、増えることはないと
思いつつも、自分が信じ切れない
今日この頃・・・。

相方(くろばいB)
愛車:RSR-4(ブルー)
【愛称:ルイちゃん】
愛車2:ラレー・RSW SPECIAL
【愛称:くろまるくん】
新たにミニベロを購入して、
自転車わが世の春を謳歌中。
自己開発のアンゴラダイエットの
お陰で(いまのところ)メタボリック
危険水域を脱出。
しかし現在、ポタ時はポタメシを
思いっきり解禁しているので、
リバウンドに王手か?



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



月別アーカイブ



カウンター



ブログ内検索



RSSフィード

  • seo



おすすめの自転車本

わが家の自転車メンテナンスのバイブル!





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。