Welcome to my blog

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クロスバイカーへの道

これが噂の初期伸びっすか?!

9 1

昨日は初雪が降りました。

朝のうちにかなりゴージャスにガンガン降っていたので、

「これは積もるかも。(鬱)」

と思っていたのですが、気が付くと雨になっていて消えてました。

絵的には雪も風流でいいんですが、
交通の事とか、自転車の事を考えるとやっぱ降って欲しくないっす。



成人式の日、日本橋ポタから帰ってきまして、
その日も私ひとりが愛車(達)のお掃除にいそしんでおりました。

我がビアンキは、イタリアの天空の色チェレステ。

それは淡いパステルブルー。

それに引きかえ、相方のルイガノは深い濃紺。

圧倒的に汚れの目立ち具合が違います。

私のビアンキは、乗って帰ってくると謎の黒い点がポツポツと車体についていて
淡い色の車体ゆえにそのムカつく謎の黒い汚れがかなり目立つので、
帰ってきてから即、掃除しないわけにはいきません。

同じ道を同じ距離走るルイガノにも同じような謎の黒点が付いているはずですが、
車体の色が謎の黒い点と保護色の濃紺のため、無問題。

それをいいことに、相方はルイガノの掃除なんぞやる気ナッシング。

最近は私がビアンキを拭くついでにルイガノを拭いているので、

私の掃除にすっかり便乗。完全丸投げ。

自分でルイガノの掃除を行う気配すらありません。

私が2台を掃除している最中、
となりのリビングからすっかりくつろいでテレビを見る
相方の笑い声が聞こえてくると殺意に似たものがこみ上げてきますが、

ルイガノは相方の自転車とはいえ、
私が何かにとり憑かれたかのように何軒も電話して手に入れた自転車。

まあ、ルイちゃんには罪ないし、私にとっては可愛い継自転車なので
毎回広ーーい心で私が磨いておる次第です。

この日も私が自転車を拭いている中、
相方の野郎は当然のようにリビングでくつろいでいました。

2台拭き終わると、気になったのはルイガノのブレーキの“片きかず(仮)”

ブレーキを握ってみるとかなり遊びがあるというか、もう遊びすぎだろ。

ぐぐっと思いっきり握ってやっと右側のブレーキシューは付くという感じです。

“片きき”と違って、「放って置くとブレーキが消耗する」とか、
「取りあえずシュルシュルうるさい」とかがないので緊急性はないかもですが、
事はブレーキなので早く直したほうがいい・・・とも思い、
気分ものってきたことだし、直すことにしました。

でもまあ、所詮“片きかず(仮)”

この間ビアンキの“片きき”を直した時と逆の原理で行けば直るはず。

“片きき”自体ドライバーで螺子を締めるだけで簡単に直るので、
“片きかず(仮)”も私1人で簡単に直せるだろう。

と、ドライバーを持ってきました。

ブレーキシューは、上端がリムの上端から約1mm程度にセットされていれば
良いらしいのですが、この時のルイガノは左側のブレーキシューがかなり離れていました。

片きかず(仮) 

“片きき”の場合、螺子を締めればブレーキシューはリムから離れるので、

この場合螺子を緩めればブレーキシューがリムにくっつくはず・・・。

と、単純に思っていましたが、螺子にドライバーを当てると

??????

あれ?なんか螺子がすでにかなり緩んでいます。

「おかしいなぁ。」と思いつつ、更に螺子を緩めてみましたが、

ブレーキシューとリムは、まったく近づいていきません。

これは単に“片きき”の反対・・・というものでもないのかも。

他に何か原因がないかとブレーキ周辺を探っていると、

なんかビアンキに比べてブレーキワイヤーが長い?

ビアンキのブレーキワイヤー


ルイガノのワイヤー


そう思い、ルイガノのブレーキワイヤーを良く見てみると、
うまく説明できませんが、最初に締めてあったところから明らかに
移動したような跡が・・・

これは・・・もしかして噂の初期伸びってやつ?!

原因はこれか!

どういう原理かはわかりませんが、このブレーキワイヤーの伸びが
ブレーキの“片きかず(仮)”に関係しているに違いない。

こうなったら、すっかりくつろいちゃってる場合じゃねえぞ。相方。

相方を手伝わせて(つうかよく考えたら己がメインだろ)
ブレーキワイヤーの伸びを締めるという未知なる世界に挑むことにしました。

ブレーキワイヤーを張るには、

アジャスターを根元まで戻しておき、

アジャスターを根元までもどす

ここの螺子を緩めて、

螺子を緩める

ワイヤーをぐぐっと張り、

ブレーキワイヤーを張る

締める

螺子を締める

という結果的には簡単な作業だったのですが、
なにぶん馴れないので、1人では「引っ張りながら螺子を締める」
という作業ができずに四苦八苦しながら2人がかりでやりました。

これくらいの作業は、みなさん1人でやってるんですよね。 (--;)

・・・さて、ワイヤーはビアンキと同じ位になるまで張りました。

これでよくはわからんのですが、なにかしらの原理が働いて、
すっかり定位置に戻るはず。

確かに左側はきちんといい感じに定位置に戻りました。

が。

今度は右側がおかしい。っていうかブレーキ自体が左に傾いてる??

「ワイヤーを直せば、完璧に直る」

と思っていたので、予想外の出来事にこいつはパニックです。

ブレーキ自体が傾いてるってなによ。

もしかして元から欠陥ありだったんじゃ??

ネットで“ブレーキ 本体 調整”とかそれらしい単語を入れて
対処方法を検索しましたが、検索の仕方がとんちんかんだったのか、
芳しい対処方法は見つかりませんでした。

もともとルイガノは通販で買ったので、最初から欠陥があったのかもしれません。

「これはキチンと自転車屋さんで直してもらうしかないかも。」

と思い始めた時、相方が

「直ったよ。」

なにーーーーーーっ!まことかっ!!

見るとルイガノのブレーキは見事に直っています。

相方曰く。

片方に傾いていたのは、ブレーキの左右のバネの強さのバランスが悪い。

ブログ用4

バネの強弱は螺子で調節しているので、
ブレーキシューがくっつき過ぎている時は螺子を締めれば
バネがきつくなり、ブレーキシューが離れる。

で、今回は本体が左に傾いているのは、右のブレーキシューがつきすぎということなので、
右の螺子を締めて本体を正常状態にした。・・・と。

えーーと。・・・つまりそれって“片きき”ってことじゃね?

つまり今回は“ワイヤーの伸び”と“右ブレーキの片きき”の
コラボだったわけですね。

ワイヤーの伸びに気をとられいて、ワイヤーを直した時点で
直らなかったので、パニくってすっかり気が付きませんでした。

ワイヤーが伸びていたので逆にバランスをとっていて症状がでなかったのですが、
もともと右側は“片きき”だったみたいです。

ワイヤーを直したので、本来あった“片きき”症状もでた・・・と。 

こういう風に不具合が重なっているという症例もあるんですね。

勉強になります。

しかし相方については(珍しく)見直しました。

もともと理数系だし、やればできる子だったんですね。

問題は、大抵やる気がないってことですが・・・。(--;)

今回も素人臭さ爆発!でしたが、
偶発的とは言え「ブレーキワイヤーの調整法」をGET!しました。

しかし「自宅メンテナンス」への道はまだまだ遠いっす。 →目指してたのか?!

ブログランキングに参加中です。できればポチッ☆とクリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキング

関連記事
自転車クロスバイクルイガノビアンキブレーキワイヤー初期伸びメンテナンス

- 9 Comments

There are no comments yet.

came3  

2008-01-24 18:16

クロバイさんこんにちわ。

ブイブレーキの調整ってよくわからないですね~。
この前うちの初代チャリHAMMER号(-_-;)調整してたんですが、いまいちちゃんと直りませんでしたよ。クロバイさんのようにやれば良かったんですね。今度調整してみます。自転車は何気に調整が多くて困りますが、これも一つの楽しみになってきます。バイクにも乗るんですが、調整頻度はチャリの方が多いような?これからも楽しい記事書いてくださいね。暇な時にでもわたくしのブログものぞいてみて下さいまし。恥ずかしいですが…。始めたばっかでよくわからんのですよ。
それではまた来ます~。

EDIT  REPLY    

まんせる  

2008-01-24 19:50

こんにちは。

お~、すごい!!
くろばいさんとくろばいBさんの見事なコラボレーションでルイガノ完治ですね^^
くろばいさん大分レベルアップしてますね。
勉強になります。
自分のも点検してもらった時にその部分も調整してもらいました。
とりあえずプロの技を拝見して次からは自分でやろうと目論んでます。
調整なんかも自転車乗る楽しみのひとつですね。
自分でメンテナンスしたって言う満足感があります。

お店の人は“さすがプロ”って感じであっさりやっていました。

EDIT  REPLY    

パキラ  

2008-01-24 20:37

>もしかして元から欠陥ありだったんじゃ??
笑 わたしも、できないといつもそれは思います!!

>もともと理数系だし、やればできる子だったんですね。
なんか、そんな気がします。
脳ある鷹、いやくろばいBさんは爪を隠しているのでしょう。

このブログは、スポーツチャリ初心者にとって、有益なブログだとあらためて思いました。長距離を走っていて、なんらかの拍子で、ブレーキ、変速、その他の不調が起きないとも限りませんよね?
だから、自分でメンテをできたほうが良いのでしょう。
簡単な不調やメンテの素朴な疑問についても、明瞭に書いてくれているのは嬉しいです。変な話になっちゃいますが、こうなればたくさんの困難(素人にもなおせるぐらいの不調)にめぐり合って、それをどんどん解決して、ブログに載せてくれたらありがたいです(すみません 笑 冗談です・・・・誰でもチャリの不調は嫌ですよね)
くろばい家と同じポンプをアマ○ンで購入しました。
実は、わたしのMTBのチューブはママチャリと同じ英式バルブでしたが、タイヤ変更に伴い仏式にしたのです。
過去の空気入れのやり方については、大いに参考になりました(ありがとうございます)

ブログの文章は読みやすいし、
また文章からは、くろばいさんの優しさみたいなものが感じられるし、
くろばいBさんの大らかさも伝わってきます。

EDIT  REPLY    
came3さん、こんにちは

くろばい  

2008-01-25 00:06

コメントありがとうございます。

自転車を買うまでは、自転車の調整なんて自転車屋さんに任せるもの
と思っていたのですが、ガイドブックを片手にがんばっています。
まだまだ手探りなんで、簡単な作業も時間がかかってしまいますが・・・^^;
やってみると自転車に対する愛着もわくような気がします。

ブログの開設おめでとうございます。
遊びにいかせていただきますね。(^^)/~

EDIT  REPLY    
まんせるさん、こんにちは

くろばい  

2008-01-25 00:09

コメントありがとございます。

非力な二人が力をあわせれば・・・て、昔の合体ヒーローものみたいですね。(笑)
「買った自転車店が遠い、しかもルイガノは通販」ということもあり、
結局、ガイドブック片手に四苦八苦しながらやっています。
この仕方なく、無理やりがんばることで、一応レベルアップ(?)ですかね?^^;

プロから技を盗むというのが確実でいいですね。
私も整備に出したときは、よく見るようにします。
自分でメンテナンスができると、不具合にいちいちビクビクしなくて
いいし、自転車にも愛着が増しますよね。
お互いがんばりましょう!

EDIT  REPLY    
パキラさん、こんにちは

くろばい  

2008-01-25 00:11

コメントありがとうございます。

自転車自体よく分からないうちに通販で買ってしまいましたので、
つい自転車店を疑ってしまいました。^^;

>脳ある鷹、いやくろばいBさんは爪を隠しているのでしょう。

常時からもう少し爪を出していてくれるとありがたいのですが・・・(--;)

初心者丸出しのつたないブログですが、ちょっとでも役に立つと言って頂けると
ブログをやっていた甲斐があります。
今後レベルアップして、いろいろ自分でできるようになり、
それをブログに載せていければいいなぁ。と思っています。
これから不調もあるでしょうが、困難(?)も乗り越えられるようにがんばります。^^

MTBのチューブを変えられたんですね。
英式→仏式に変更することが可能なんですね。
自転車は深いです。こちらこそ勉強になります。

好き勝手かかせてもらっているだけなんですけど、
思いがけず「読みやすい」と言って頂けるとうれしいです。
くろばいBは“ぼーーっ”としたタイプですが、
確かによく言えば“おおらか”・・・といえないこともないですね。

EDIT  REPLY    
おはようございます

petit_blanc  

2008-01-25 10:02

くろばいさん、すっかり初心者の域を超えてますね~。
すごいです!
メンテナンス系弱いんで(苦笑)。
私も必要に迫られたら、これだけできるんでしょうか?

私の愛車は焦げ茶なので汚れが目立たず、滅多に拭きません(^^;
その代わり部屋置きしてるとホコリの白い汚れがうっすら付きます。。

EDIT  REPLY    
petit_blancさん、こんにちは

くろばい  

2008-01-25 22:54

コメントありがとうございます。

うちも必要に迫られなければメンテなんてやらなかったです。
「片きき」が緊急だったのでやらざるおえなかっただけで・・・^^;
結果的にやってみて良かったのですが、
人間必要に迫られればがんばれるもんですね。

こげ茶も汚れが目立たなくていいですね。
うちもルイガノだけだった頃は、目立たなかったので自転車が
汚れるなんて思いませんでした。
パステル系の色はかなり汚れが目立ちます。
お陰で毎回、疲れていても拭かざるおえないです。^^;
でも濃い色だとホコリが目立つんですね。
そういう意味では、ルイガノの濃紺はメタリックが入っているせいか
ホコリも目立ないような・・・。
ずぼらな相方にとっては思いがけずピッタリな一品だったんですね。

EDIT  REPLY    

お茶漬け  

2014-04-07 10:28

YouTubeで見てもよくわからなかったのでこちらを参考にさせていただきました。
無事ブレーキの遊びがなくなり安心して乗ることができます。

ありがとうございました。

EDIT  REPLY    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。