クロスバイクを買っちゃうぞ!
初心者がクロスバイク乗りになるまでの軌跡
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミニベロのキズをリペアってみました【パート2】
正直、この表題にパート2があるとは思いませんでした。しかもこんなに早く。

というわけで、昨日は現実と向き合わねばなりませんでした。

現実=ミニベロ4個のキズ

前回と同じく、今回もミニベロにはっきりとした原因はわからないキズをつけてしまったわけですが・・・

しかも今回はなんのキャンペーン期間中なのか一気に4倍増で4つのキズ!

もうジャパ○ットタ○タもびっくり。いや、そんなキャンペーンいらんから。

マジ、凹みました。

ホント「夢オチならいいのに」と思いましたが、

所詮、夢じゃないのでキズは(当然)消えるわけもなく・・・。

日曜日にぼーぜんとしながらも、
ホームセンターで一応リペアに必要だと思われる品をそろえてまいりました。

リペアグッズ

まず、前回のリペアの時に「あれば良かった」と思った「細めの筆」

リペア液に付いていたのはマニキュアの刷毛ぐらいの太いものだったので、
結構、塗りづらかったのです。

前回みたいな広範囲のキズでも塗りづらかったのだから、
今回のキズのような小さなキズはなおさら塗りづらいに違いない。

というわけで、極細の普通のタイプの筆と極小の平面の筆を用意してみました。

次は「マスキングテープ」

本格的なリペアには必需品のようです。、

今回のようなキズを埋めるだけの素人的部分リペアには必要かどうか不明でしたが、
たまたま目に付いたし「キズ沿ってマスキングしておけば塗るのが楽かな?」
と思い購入しました。

そして「ドライヤー」

前回、リペア時に“ドライヤーで乾かすといい”とアドバイスいただきまして、
天気も湿気もあり悪いことだし、リペア後は少々ドライヤーで乾かすことにしました。

最後は「サンドペーパー」

車の補修用のサンドペーパーセットです。

いきなり“塗膜をはがし地金を出す”という荒業なものから、
“塗装後の表面の調整”という軽めなものまで入っています。

・・・すみません。なんかこの「やる気満々的なサンドペーパー」を載せた為に、

無謀にも

すわ、キズを広範囲に削って云々するという

超本格的なリペアをやっちゃうのではないか?

と思わせてしまったかもしれませんが、

でもわたくし皆様の思っている以上にヘタレでございまして・・・(汗)

そんな負けが決まっているような、危ない賭けは決して・・・(--;)

実はこのサンドペーパーは土曜日にキズを汚れと思い込んだ時に、
自転車の汚れを拭いたあとの少々汚れたタオルでキズを拭いたために、
白いキズの縁が輪じみのように黒くなったしまったので、
その黒い部分(のみ)を地味に削り取ろうと思って購入したものです。

いろいろご心配いただき、ありがとうございましたm(__)m


さて、準備もそれなりに整いまして、早速リペアスタートです。

塗料を塗る前に、まずは白いキズに付いた黒い汚れの縁を削りとるために、
一番目の細かいタイプのサンドペーパーを用意しました。

キズ

サンドペーパーを小さくしてちょっとづつ縁の黒だけをうまいこと削り取ろうとしましたが、

無理。あっさりお手上げ。

なんか関係のないチェレステの塗料部分も削ってしまいそうです。

自分の腕などこれっぽっちも信用できません。

これ以上キズを広げる結果になってしまったら、地獄の底まで落ち込むのは必至。

ここは安全策をとってサンドペーパー削り取り計画はあっさり断念しました。

・・・となるとこの汚れの黒輪じみごと塗っちゃうかですが・・・

うーん。このまま塗ると塗料の色が縁と中で違うようになってしまうような気がします。

なんとかこの汚れを落としたいのですが、
うちにある地球にも自転車にもやさしそうな天然素材系のクリーナーで拭いても駄目だったし・・・。

そこで思い立ったのが「マジック○ン」

この場にふさわしいかどうかは別にして(別にしていいのか?)、
こういった油系(?)の黒い汚れといえばこれしか思いつきませんでした。

エコなんぞまったく叫ばれていない昔からあったので、
地球にも自転車にもやさしいかは不明ですが、
マジック○ンをつけたタオルで擦ると、
さすがマジック○ン、私の子供の頃からある超ロングセラーだけのことはあり、
あっさり黒い縁汚れが取れてくれました。

キズ

最初からこいつでやればよかった。(--;)

今回も前回同様、傷口を塗料で埋めて目立たないようにするという作戦ですが、

前回は擦過傷のような傷だったのでうまいこと埋められず、
結局、広範囲にわたってべちょっと塗料を塗るしかありませんでした。

今回はキズは4箇所あれども、一つ一つは小さいので、
細い筆であせらずちょっとずつ埋めていけば、前回よりもうまくできそうな気がします。

・・・2回目ということもありますし。(ぼそっ)


早速、塗料を塗りこんで行くこととします。

まずマスキングテープですが、想像ではキズの周りに貼ったほうがいいと思われたのですが、
1つ1つのキズが小さい上に直線的ではないので、
どうも今回はお呼びではない感じです。

このままマスキングテープを貼らずに直接筆で塗ることにしました。

まずは一番目立たない下の2箇所のキズをペインティングです。

・・・・しかしお前とこんなに早く再会する日が来るとは思わなかったよ。

りぺア塗料

チェレステ塗料08バージョン

第1回リペアデーは、ほんの2週間位前なのにすっかり塗料は分離していましたので、
前回同様まず人肌に温めて、思いっきりシェイクしました。

液が混ざったところで細筆に取り、1番目立たない下の2つのキズを

まずは腕ならし的にちょっとずつ液で埋めていきます。

リペア中

うーん。思い描いていたようには綺麗にいかないものの(どんだけ自分の力を過信してたんだ?)
まあ、ここは目立たないところなのでヨシとします。

次は本日のメインイベント(?)一番目立つ真ん中のキズ。

かなり気合(だけ)が入っていました。

で、緊張のあまり液の蓋の部分が足めがけて落下!

足にはチェレステの点が!

塗料落下

「でも、ここから液を取ればまさに人肌じゃないの?」

と、ついでに足をパレット代わりにして塗っていきましたが、
本当に人肌の上に少量の液を置いて置くとすぐに温まりすぎて粘ってきてダメですね。

再び容器から液を取り、塗りこんでいきましたが、

リペア中


当然なんですが、どんなにがんばっても目立つものは目立ちます。

そしてがんばればがんばるほど、どつぼに嵌る。という事もあるわけでして・・・

眉毛をかいたことのある方ならご存知だと思いますが、
左右のバランスが悪くて、右、左、右・・・と書き込んでいくうちに、
いつの間にか海苔を貼り付けたような眉毛になった経験はおありでしょうか?

この時の私もこんな感じでございました。

腕もないのに「実力以上に綺麗に仕上げたい」というスケベ根性が出てきて、

「もう少し目立たないようにできないものか?もう少し・・・」

とか思って塗っているうちに、気が付けばすっかり厚塗りになりました。

仕上がり

やっぱ、なんか目立つんですけど。(T_T)塗料、盛り上がってるし。


最後の残りの一番上のキズは本当にちょっとした擦り傷だったのですが、
「これも塗っておいたほうがいいかな?」塗ったところ、これもなんか余計に目立ちました。

そして、全てのリペアが終わり、仕上げにドライヤーをかけながらも拭い去れない

敗北感。

まあ、傷つけた時点で負け決定なんですけどね。(--;)

嗚呼、リペアの達人への道は遥かに遠い。

つうかそんな道は遠くていいから2度とキズつけたくないです。

でも負け惜しみじゃないですが、
よく見るとミニベロの方はチェレステの色に軽くパールが入っていて、
リペア液の方はパールが入っていないので、マット感が若干違います。

どの道まったく目立たないようにはできないのかなぁ。と。

あまりその場にいるとまたつい触ってみたり、
もう少し塗ってみたくなると怖いので(本当にこれ以上塗っちゃいそうだし)、
しばらくドライヤーをかけてから、後は自然乾燥に任せて放っておくことにしました。

今回もこのまま1週間は安静にしておこうと思います。

そして夜に帰ってきた相方。

リペアったと知ると早速リペア箇所を確認、

「・・・・・・・まあ、こんなもんじゃないの。」

最初のン秒間の「・・・・・・」の部分に多分本音が集約されてます。

「・・・・・・」の部分を意訳すると、

「素人なんだし、そこそこ目立つけど仕方ないよ。(^^)」

という感じでしょうか?(--;)

まあ、確かに自分が悪いんだし、完璧に直らないのはわかってるんですけどね。

外で乗るものだし「自転車は傷つくもの」と頭ではわかっていても、
変な完璧主義があり、やっぱりキズができるとかなり落ち込んでしまいます。

しかしこんなことで一喜一憂してしまう自分って、

自分ってホント小さい人間なんじゃないか?

とも思えてきました。

キズを含めて愛せるような度量を持たなきゃダメですね。

・・・とは思うものの所詮小物なので、舌の根も乾かないうちに、

「なんで買って間もないベロンチョばかり」・・・とウジウジ考えていると、

「最近ベロンチョのせいで乗ってもらえない

クロスバイクのビンちゃんの呪いなんじゃないの?」

と、相方。

なんて言いがかりをつけやがる。こいつ。

うちのビンちゃんがそんな子なわけないでしょ。(--#)

・・・・・・・・・とは言いつつも、確かにパッソはほっときっ放し過ぎるかも。

そろそろパッソの方も乗らないとダメですね。^^;

ところで足に落ちたチェレステリペア液ですが、
すっかり乾いて水で洗ったぐらいでは落ちなくなってしまいました。

結構目立つところに落ちたし、
「やばい、私もしばらくこのままチェレステ?!」と思っていたのですが、

マニキュアの除光液を使ったら綺麗に落ちました。

つうことはマニキュアと同じような成分なのだろうか?

マニキュアだったらパールがかったチェレステに近い色があるような気がするんですけどね。

どっちにしろできればこの「リペアってみましたシリーズ(?)」はパート3に続かないようにしたいです。

ランキング参加中です。できればぽちっ☆とクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログへ  人気ブログランキング

関連記事

この記事に対するコメント

リペア完了、お疲れさまです!

こうなったらいっそ板金塗装業に修行に行くというのはどうでしょう。
完璧リペア技術を身につけるべく山ごもり…。
もうどんな傷も怖くないぞ!みたいな。
【2008/07/08 17:23】 URL | ノラコノ #- [ 編集]


こんにちは。

ベロンチョの補修無事終えたようですね。
補修グッツがこれ以上増えないように気を付けないとですね。
だけど自転車を乗る限り傷はつきものだと思いますよ。
あとコンパウンドですが特に自転車用というのはないです。
車様で問題ないですよ。
リペアの達人にはならないように用心しましょう(笑)
【2008/07/08 21:31】 URL | まんせる #- [ 編集]


>敗北感。
違いますよ!
このビアンキミニベロ9、名前ベロンチョは、正真正銘、世界に一台だけのものになったのです!
傷の場所が、よーく分かっていらっしゃるのは、くろばいさんだけです!
くろばいさんの世界に一台だけのミニベロです!

>キズを含めて愛せるような度量を持たなきゃダメですね。
わたしもそー思います!
ガンバ!
【2008/07/08 23:42】 URL | パキラ #- [ 編集]

お疲れさまでした。
くろばいさん、こんばんは!

何だかんだと言いつつも・・・リペア作業お疲れさまでした。
全くの素人がやった割には、良く出来たんじゃないですか。

私だったら・・・リペアなんぞしようとは思わないでしょうから、
実行しただけでもたいしたもんですよ!

Nice!(⌒▽⌒)b
【2008/07/09 00:02】 URL | 片山R #Km1x6rE. [ 編集]

本当に丁寧に自転車の面倒をみてらっしゃいますね
きっと、女性ゆえの細やかさなのでしょうか。私だったら、「あ~、傷ついちゃった。ほかのと見分けがついていいや」ぐらいで、タッチアップペイントまでやらないと思います。それだけ、くろばいさんの思いが強いってことなんでしょうね。

でもやっぱり、自転車は外を走るもので、傷はつきもの。相田みつをさんだったら、「いいじゃないか、自転車だもの」って言いそうな気も。。。

ただ、やっぱりこれだけ丁寧に扱われているってことは、ベロンチョ号への愛情の深さの表れですよね。うちのハリヤがうらやましがりそうです。

リペア達人への第2歩にポチッ! また遊びにきますね。
【2008/07/09 01:13】 URL | チャリじい #- [ 編集]


こんにちは。

リペアりましたか!
完璧に乾いたらコンパウンドで磨いて車用のワックスで仕上げればもうちょい馴染むかもしれません。
実は家のスパコル号も小傷が付いちゃいました。
ほぼ見えない点なんですが、気になって仕方ありません。
某ブログでプラモデルの塗料が良いと書いてありました。
今度挑戦してみようと思いますよ(^-^)/
【2008/07/09 12:51】 URL | came3 #- [ 編集]

ノラコノさん、こんにちは
コメントありがとうございます。

こんなに頻繁に傷つくのであれば、
身近な板金塗装屋さんがいたら修行させてもらいたいですね。(笑)
自転車リペアの達人になれるのなら
1週間ぐらいだったら山にこもる覚悟があります。
そんな体験教室ないですかね~。
【2008/07/09 21:53】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]

まんせるさん、こんにちは
コメントありがとうございます。

今回もちょっと塗料が盛り上がり気味ですが、
一応修復作業は終了しました。
補修グッズはできればもう2度と出番がなければいいんですが・・・。
なんかまたありそうな気が・・・。^^;
コンパウンドは自転車用はないんですね。
かなり気になりますので、
今度カー用品のお店に行ったら見てきたいと思います。
【2008/07/09 21:54】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]

パキラさん、こんにちは
コメントありがとうございます。

>このビアンキミニベロ9、名前ベロンチョは、正真正銘、世界に一台だけのものになったのです!

どうもキズが付くことに弱い変な完璧主義な私は、
まだまだ落ち込みの方が先にたってしまいますが、
パキラさんのように広い心で臨めば、
キズもベロンチョに対する愛着が沸く出来事ですね。

今回のキズもショックはショックですが、
1回目よりも落ち込みは浅いと思いました。
このままそちらの域になれるようにがんばります。
【2008/07/09 21:56】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]

片山Rさん、こんにちは
コメントありがとうございます。

>全くの素人がやった割には、良く出来たんじゃないですか。

ありがとうございます。
自分ではちょっと気になるのですが、
完璧にはできないので、仕方がないですね。^^;

私はどうしてもキズが気になって仕方がない方なので、
リペアせずにはいられませんが、
片山Rさんのようにおおらかに乗られるのもいいですね。
【2008/07/09 21:57】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]

チャリじいさん、こんにちは
コメントありがとうございます。

私は女性としての細やかさには無縁なんですが(汗)
気に入った物にキズがつくと異常に気になるんです。
気になると元に戻さなくてはいられないような衝動が・・・。

「いいじゃないか、自転車だもの」という考え方はいいですね。
それが本当の愛着というか愛情のような気がします。
自分でももう少しおおらかにならないととは思うのですが、
家具に対してとかもそうなんで、そういう性質なんでしょうね。^^;
【2008/07/09 21:58】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]

came3さん、こんにちは
コメントありがとうございます。

コンパウンド気になります。
ちょっとでも目立たなくなるのなら挑戦したいです。

>実は家のスパコル号も小傷が付いちゃいました。

あの美しい赤にキズが付いてしまったなんてショックですよね。
お察しします。
見えないところでホント良かったですね。
でも自分はキズがあることがわかっているので、
気になっちゃうんですよね。わかります。
リペアに挑戦がんばってくださいね。
【2008/07/09 22:00】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]

こんばんは
はじめまして。OROJIROと申します。

いつもくろばいさんのブログ、楽しく読ませていただいてます。
僕は自転車を始めてまた4ヶ月足らずの超初心者ですが、僕も楽しく乗っています。

最近くろばいさんに励まされてブログを始めてみましたが、文章を書くのって難しいですね(笑)
くろばいさんが毎日のように読みやすくて楽しいブログを書いているのことがとてもすごいと思います。やっぱり才能の違いでしょうか・・。


【2008/07/10 00:30】 URL | OROJIRO #vH2kG2m6 [ 編集]

OROJIROさん、はじめまして
コメントありがとうございます。

ブログに訪問いただき、ありがとうございます。
OROJIROさんは4ヶ月前に自転車を始められたんですね。
わが家は相方がそろそろ1年になりますが、
まだまだいろいろと初心者レベルから抜け出ておりません。^^;
お互いこれからも自転車を楽しんでいきたいですね。^^

文章をまとめる能力が皆無なんで、読みやすいと言っていただけるとうれしいです。
いつも書きたいことをただ書いているだけなんでお恥ずかしい。
OROJIROさんのブログにも訪問させていただきますね。^^

【2008/07/10 01:28】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]

クリアーを吹いたら
こんばんは^^
n.c.oです。

オットォ!(・o・ノ)ノ
ドライヤー攻撃いきましたね^^

しかし何ですね。
塗装が弱い?
というか薄い?

傷が付きそうな部分に、こんなクリアーを吹いたらどうでしょう?
http://www.soft99.co.jp/products/detail/28/231

塗装を守ってくれますよ^^
【2008/07/10 20:06】 URL | n.c.o #Hm9GQVnE [ 編集]

n.c.oさん、こんにちは
コメントありがとうございます。

アドバイスいただいたドライヤー攻撃をやってみました。
ただ見ているとついつい気になって手を出してしまいそうになるので、
短時間しか掛けられませんでしたが、
確かに乾きが早くなりますね。^^

リペア部分はやっぱり周りと色が違いますね。
基本の色は一緒といえば一緒なのですが、
本体の方はパールが入っているのでその辺は大いに違います。

パール系の塗装修正スプレーとかもあるんですね。
キズの防止にも役立つんですか?
素人にも上手く塗れるかなぁ。
【2008/07/10 23:31】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]


こんばんは^^

オススメは、左側のクリアー缶だよ^^
修正スプレーは、ちょっと厳しいと思うな。

色違いも、クリアー吹くことで緩和(分かりづらい)されるかも?

クリアーだから、たとえ失敗?したとしても、
そこはクリアーw

でも、塗装自体は確実に守ってくれるよ。
【2008/07/11 00:35】 URL | n.c.o #Hm9GQVnE [ 編集]

n.c.oさん、こんにちは
コメントありがとうございます。

上からパール系を吹き付けるものだと思ってたのですが、
まったくのクリアータイプなんですね。
それだったら失敗しても目立たないで済む・・・のかな?
今度ホームセンターに行った時に確認してみます。
【2008/07/11 23:42】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



広告



カテゴリー

にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ
人気ブログランキング



プロフィール

くろばい

Author:くろばい
愛車ビアンキ・パッソ
【愛称:ビンちゃん】
愛車2ビアンキ・ミニベロ9
【愛称:ベロンチョ(ベロちゃん)】
激情にながされ1週間で購入に至る
愛車3ママチャリ
【愛称:ソルジャー・チャーリー】
現在自転車3台を所有。
あまりの自転車の増殖率に
恐れおののく日々。
これ以上、増えることはないと
思いつつも、自分が信じ切れない
今日この頃・・・。

相方(くろばいB)
愛車:RSR-4(ブルー)
【愛称:ルイちゃん】
愛車2:ラレー・RSW SPECIAL
【愛称:くろまるくん】
新たにミニベロを購入して、
自転車わが世の春を謳歌中。
自己開発のアンゴラダイエットの
お陰で(いまのところ)メタボリック
危険水域を脱出。
しかし現在、ポタ時はポタメシを
思いっきり解禁しているので、
リバウンドに王手か?



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



月別アーカイブ



カウンター



ブログ内検索



RSSフィード

  • seo



おすすめの自転車本

わが家の自転車メンテナンスのバイブル!





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。