クロスバイクを買っちゃうぞ!
初心者がクロスバイク乗りになるまでの軌跡
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルパカをたずねてン千里【最終回】~那須旅行記~
思いのほか(というか予想通りというか)長期に渡ってしまった「那須旅行記」ですが、
今回でやっと最終回を迎えることになりました。

途中、いろいろと挟まってしまって読みにくくて、すみません。m(__)m

ちなみに那須旅行記その1はこちらその2はこちらその3はこちらその4はこちら。になります。

****************************************

一旦温かいカフェに入ると、寒い外に出るのは億劫になりましたが、
那須のお店の営業時間は意外と早いらしく、この日は4時半には閉店ということで、
4時半前には、強制的に外に出なければならない事になりました。

せっかくたどり着いたオアシスも約30分で退去しなければならないとは・・・。とほほ。

那須は旅行者が多いでしょうし、すでにこの時間は外をうろちょろせず、
宿でひと風呂浴びている人が多かったりするので、
お店も無意味に遅い時間までやっていないのかもしれません。

アルパカちゃんたちの洗礼を受け、相方もいい感じに獣くさくなった事だし、
私共もひと風呂浴びるために宿に急ぐこととしました。

道の駅に着き、さくさく自転車を車に詰め込み、
すぐそばにある、本日のお宿のホテルに向かったのですが、
この日、心に引っかかっていた不可思議な事柄がありました。
 
その事柄とは、この日朝からこの時間に至るまで、
驚いたことに、1台の自転車とも遭遇していないと言うことです。

スポーツ自転車はもとより、日本全国どこにでも存在するあろうと思っていたママチャリですら、
この日は1台も見かけることができませんした。

そのことは私達にとって密かな衝撃だったのです。

そして、

「もう、那須という場所で自転車という乗り物を見るのは無理かも。」

とあきらめかけていた時、意外な場所で大量のママチャリを発見するに至るのです。

その意外な場所とは、この日チェックインするホテルの入口付近。

レンタサイクル

レンタサイクルと思われる自転車がずらりと並んでいました。

なぜかその大量のレンタサイクルを見てテンションが高くなる私と相方。

あまりに自転車を見かけなかったので、

もしかして自分たちは自転車という乗り物が存在しない
パラレルワールドにでもうっかり迷い込んじまったのか?


と、軽くファンタステックな事を思ってみたり、

もしくは那須って自転車という乗り物は、売ってないんじゃなかろうか?

と、現実的(?)な事も考えましたが、一応売っていたんですね。^^;

でも・・・

こんなに自転車を並べてせっかくやる気満々のところを水をさす様でなんですが、
この日一日私どもがリサーチした結果、残念ながらこの時期に自転車を借りる人間は、
ほとんどいないのではないかと思われます。

しかし一応これだけ自転車を揃えているんですから、
那須でも自転車が活躍する時期というのもあるんでしょうね。(たぶん)

後ほどホテルの資料を見ると、
貸出し時間は、朝の8:00~日没までというファジーな時間制限で
1台4時間525円とありました。

この日は、すでに日没と言ってもいい時間だったので、
もしかしたら貸し出されて戻ってきたもの・・・だったのかも。

(・・・でも、まあ、憶測では、ほとんど貸し出されていないであろう)
自転車達を尻目に、ホテルにチェックインしました。

前日は、フェミニン系の小さいホテルに泊まりましたので、
次の日はガラリと趣向を変え、大型ホテルに泊まる事にしたのですが、
「普段日なので空いてんだろ。」と思って、ロビーに行くとビックリ。

大型ホテルで老若男女、家族連れが泊まりやすいのか、
宿泊したのが普段日の金曜日だというのに、なぜか人であふれていました。

わが家も、その“あふれている”構成の中の2名に入っているので、
人のことは言えませんが・・・。

ちょっと時期をはずした感があるけど、一応、紅葉の季節だったからか?

その満員御礼のあおりを食らってか、チェックインがいささか遅くなったためか、
夕食を8時指定とされてしまいました。

8時ぃ?!

その位の時間は、普通夕食を終えて2度目の風呂を浴びている時間じゃないの?

夕食が控えているから昼飯の食べていないのにカフェで軽く済ませたのです。
(いや、ホテルの人は知ったこっちゃないと思いますが)

そんな時間まで待てるかい!

・・・と思いましたが、心とは裏腹に所詮ヘタレなので口では快諾し、
結局、夕飯までは約2時間半(も)待つ事になりました。

自転車に乗っている時は、知らない土地でちょっとテンパっていたこともあり、
昼食を抜きでもあまり苦痛に感じなかったのですが、
曲がりなりにもアップダウンのある坂道を走った影響は、
今さら空腹中枢を刺激するのか、
食べられないとわかると途端に食べたくなるのが、人情ってやつなのか、
部屋に入ると猛烈に腹が減りました。

・・・そこで、本来なら昼食として食べるはずだったあのパン、
お昼に食べられずに、相方が誠に男らしくグズグズ恨み言を言っていた、
あの那須の有名店「ペニーレイン」のパンが、ようやく脚光を浴びるわけです。

勢いに任せてデカイパンばかりをいろいろ購入したので、
夕食前に全品を食べるのは無謀ってもんですが、
1品ぐらいならば、いけるだろうということで、
3つ選んだパンの中で、一番食べてみたかったパンを食べる事にしました。

こちら「那須あんぱん」263円

那須あんぱん

写真では、わかりにくいと思いますが、茄子の形をしております。

おそらく理由は那須(ナス)だから。

て、駄洒落やん。

名物・・・と言うこともありますが、数多く置かれていたパンの中から
オヤジ病のわが家は、嬉々として1番最初に選びました。

購入した時のブログに「那須のパンは安い」と書いたので、
「あんぱんで263円は安くないじゃん。」とお思いかもしれませんが、
こちらも写真では伝わりにくいのが残念なのですが、

こいつは、ずっしりとデカイ。

普通のアンパンが通常の茄子だったら米茄子位の大きさがあります。

餡もぎっしり入っているようで、あんぱんとしては、かなりのウエイトを感じます。

この場に料理用計りがなかったのが残念です。

中に栗の甘露煮が丸ごとごろっと入っているんですが、
通常のあんぱんならば、1あんぱんに栗1個がせいぜいだと思うのですが、
なにせでかいもんで、大盤振る舞い的に4個入っていました。

那須あんぱん

そして、偶数を入れておくこの気配り・・・

このパンを2人で分けたのですが、お陰で低次元な事で諍いせずに済むってもんです。

持っただけで手にずっしり来る重みなので、もちろん餡は大量に入っていました。

パンは、手作り独特のしっかりした感じで、
餡が和菓子屋の餡のように美味しいので、こんなヘビーなパンですが、
結構簡単に胃に入りました。

相方と半分づつにしたとは言え、
高い土地代がそのパンの大きさにモロ跳ね返ってきてるような
都心のパン屋さんのあんぱんの約3~4倍はありそうなパンです。

あれ?つまり小型のあんぱん2個分くらいは食っちゃったの?(゜▽゜;)

・・・そして、この日の夕食はフレンチコースのはず。

やばい。つい激情に任せて食っちまったよ。(汗)←せめて食べてる途中で気づけよ。

夕食までの約2時間の間、風呂に入ったりと何とか腹を減らず努力をしまして、
空腹までは行かないまでも、なんとか食事が入る状況まで胃を空けました。

夕食は、このホテルの最上階にある夜景が楽しめるレストランです。

ところで那須はあまり高いビルがないようで、
どちらかというと点在しているシンプルな夜景という感じだったのですが、
その中でホテルの目の前にあるコンビニの電飾だけは、群を抜いて煌びやかでした。

もちろん宿代の中に夕食代は込みな訳ですが、
正直、普段日価格で、それほどお高い料金ではなかったので、
食事は、あんまり期待していなかったのです。

が、

これが予想外(失敬)に旨かった。

野菜がふんだんに使われている料理でしたが、
あえて地元の野菜にこだわって作られているようで、
なにより野菜が新鮮で美味しいです。

中には「○○さんが愛情を注いで育てた野菜たちのジャルダン」などもあり、
正直、「ジャルダンってなんだよ。」状態の人間ですが、
(おそらく)地元農家の○○さんの愛情はがっつり感じます。

昼間行ったカフェのヨーグルトは、地元でも大変愛されているようで、

「那須のメープルサーモンのトラペズ
愛すべき“ジョセフィンファーム”のヨーグルトを添えて」

という題の料理もありました。

少々塩味があるヨーグルトだったので、料理のソースにしてもとても合うんですね。

・・・ちなみにトラペスも何のことやらわかりませんでしたが、おいしい事だけは確かでした。

今回の料理はこんな感じです。

夕食 夕食 夕食 夕食 夕食 夕食

夕食 夕食

ちなみに私は、メインをちょっと別料金発生のホロホロ鳥に替えてみました。

こちらは

「世界に誇る“岩手県石黒農場”からの便りを“シェフ出口”の情熱で洗練して、
ホロホロ鳥胸肉の低温ローストとゆっくり、じっくり、コンフィした腿肉」

という題がついていましたが、

私の日本語解読能力が低い為か、もう何が何やらわかりません。(><)

つまり世界的に有名らしい農場のホロホロ鳥を、
情熱のシェフの出口さんが料理した・・・ということなのでしょうか?

料理は全てにおいて美味しかったのですが、
最後のデザートの和風の豆の寒天寄せにバルサミコ酢を掛けたものだけは、
「こいつはちょっと冒険したなぁ。」という感じでした。^^;

そこは普通に黒みつにして欲しかったですが、
それだとフレンチにならないので、あえてバルサミコにしたのでしょうか?

翌朝の朝食は、大型のお宿にありがちなバイキングだったのですが、
これも予算の関係上か、ホテルによって品数等にバラつきがあるのですが、
ここのホテルは、品数もなかなか多くて良かったです。

前の日に泊まった宿は美味しかったし、今回は、かなり食に恵まれた旅行だったかも。

その分、後ほどしかりと脂肪となって現れ出でちゃったんですけどね。(--;)

そして朝食後は、最近できた那須アウトレットに向かうべくホテルを出たのですが、
出た瞬間、「寒い!」と思ったら雪が降っていました。

私的には、今期の初雪です。

いや、那須でちょっと前に雪が降ったという事は知っていたのですが、
(ところどころに雪残っていたし)まさか本当に雪を見る羽目になろうとは・・・。

幸い天気雨ならぬ天気雪という感じで、
ジャンジャンこんこんと降ってくるような感じではなかったのですが、
水滴が氷の粒になって落ちてくる温度という事なので、さすがに寒いことは寒いっす。

寒いの、というか全般的に苦痛な事が苦手な私は、
あたふたと温かい車に乗りこんで、早々那須のアウトレットに向かいました。
 
まだ最近出来たばかりという、この那須のアウトレットは、
このホテルからさほど離れていないところに建てられています。

普通ホテルには、地元の名所などの案内があるものなのですが、
このアウトレットは、ホテルなどにも案内がなく、
当然、まだ出来て間もないので、うちのカーナビにも入っていないので、
旅行前に調べてきた住所を頼りに向かいました。

こういう地元の名物的な施設が建つと、ン十キロ前から案内の看板なんかが立ったりしますが、
ここ那須のアウトレットについては、あまりそういった看板もなく、
気のせいか地元の熱意的なものがあまり感じられないような・・・・。

そして、朝10時にホテルを出て30分位でアウトレットに着きました。

那須アウトレット

今年の7月にオープンしたばかりのアウトレットだというので、
すでに駐車場入り待ちの車で長蛇の列・・・とか覚悟して臨んだのですが、

実際は、なぜか駐車場はスカスカ。

私はアウトレットス好きなので、新しくできると結構行ったりするのですが、
出来たばかりで、いきなりこんなスカスカなのは、あまり経験が・・・。

場所柄、車以外ではこれるようなエリアではない気がしますし・・・。

不思議に思ったのですが、車から降りた瞬間、なんとなく悟りました。

寒っ∑(゚∇゚|||)

アウトレットというのは、店の構造上外にいる機会が多いのですが、

これは長居は、ちょっと無理。

2日前まで、関東ローム層付近でぬくぬくしていた身としては、
いきなり雪まで降っちゃう、しんしんとした高原の寒さには、とてもじゃないけど対応できず、
ざっと流して帰りたかったのですが、ここで障害となるのが、この人。

「せっかくだから病」の相方です。

相方は、私よりも基礎体温が高めの暑がりという事もあると思うんですが、
問題は、それよりも何よりも重度の“せっかくだから病”ということです。

つまり、

寒さ<<<<<<<せっかくだから

当然この時も「せっかく来たんだから」と全ての場所を回りたがりました。

こいつマジめんどくせー。

と、こういう時はつくづく思います。 

いや、この寒さの中、付き合わされる方はたまったもんじゃないって。

それでも私の中にも「私が提案して、ここまできたんだから」という負い目もありましたし、
軽く一周回るのは付き合ったんですが、別に買うあてもないくせに
「もう一回、戻って同じところを見たい。」とか言われた日には、
スマンが、相方をこのまま那須のお山に置いて帰ろうかと思いました。

まだまだアウトレットを回る気でいる相方に、食い物を与えることで捕獲、
そして言葉巧みに説得して早々帰る事にしました。
 
しかし私はアウトレット好きなので、いろいろなアウトレットを回りましたが、
寒い時期の北のアウトレットでは、著しく購買意欲が低下する事がわかりました。

私は物欲はあるほうだと思うのですが、私の物欲をも凍りつかせる厳しい寒さでした。

アウトドア系のお店も結構あったので、暖かい時期に行っていたら、
大量GETにもつながったかもしれません。 

この時期でこれなんだから、この先は大丈夫なんだろうか?

ちなみに相方を捕獲するときに使った食べ物は、こちら。

「チーズソフトクリーム」

チーズソフト

この“せっかくだから魂”を揺さぶる、ここでしか見た事がない地元の名産ぶりに、
あっさり相方は釣り上げられ、これを食べる代わりに、
即刻退去する契約を私と交わしたわけですが(ある意味簡単な人で助かります)

お味は「・・・チーズだよね。」という味でした。^^;

人によっては癖になる味かもしれませんが、
個人的には、もう少しソフトクリームの方が主張しても良かったのではないかと・・・。

チーズ含有率が高いので、ソフトクリームというよりも、
昔なつかしのチーズドックのような味がしました。

そう言えば、最近見ないような気がしますが、未だにあるんでしょうか?チーズドックって。

さて、この日はしょう油の町市にある実家の両親が旅行に出てしまいまして、
帰りは自宅ではなく、愛犬のいるしょう油の街市に帰らなければなりません。

あまり愛犬を1人にしておけない事情もあり、
その他の観光地にはどこにも寄らずに、実家まで帰ることにしましたが、
そんな愛犬への愛があっても、途中寄らずにいられないのが、
餃子の町「宇都宮」です。

最近、宇都宮のシンボルでもある「餃子像」が不幸な事故により破壊されたと聞きましが、
その後、どうしたのでしょうか?

・・・でも、まあ、それは(あっさり)さておき。

前に一度行ってすっかりファンになった「正嗣」に寄って来ました。

この1枚をとってからカメラの充電がお亡くなりになったので、
1枚しか写真がないのが残念です。

正嗣の餃子

ここの餃子は安くて本当に美味しいですね。
この日も少々並びまして、入るまでに時間がとられましたが、
餃子は美味しかったです。

欲を言うなら、ご飯と一緒に食べられないのが残念ですが・・・。

そして自転車を積んだまま、しょう油の街市に帰還したのですが、
今回は、初めての本格的な(というほどでもないか)車載の旅でした。

今まで旅先では、レンタサイクルオンリーでしたが、
旅先で自分の自転車に乗れるって言うのは、なかなかいいですね。

以前からの悲願、アルパカちゃんとも遭遇できたし、ご飯も美味しかったし、
今回の旅は、なかなかいい旅でした。

アルパカちゃんの可愛さをアピールするつもりが、
後から内容を読むと、まるで営業妨害のネガティブキャンペーン
のようになってしまいました。(汗)

とって付けるようでは、けしてないのですが、アルパカちゃんは、
基本は、見ているだけで癒される可愛い生き物でした。

ただエサをあげる時のみに取り扱い注意・・・ということなわけでして・・・^^;

相方はさておき、私はそれほど被害をこうむらなかったので、
危機管理能力があれば、十分避けられる事態のような気がします。

皆様もこのブログを読んで怯まずに、ぜひレッツ!アルパカ!

・・・蛇足ですが、「アルパカ牧場」で激情に任せて購入したお土産は、
こちらの帽子になりますが、旅先マジックで、ついつい自分の年を忘れ、
こんな可愛らしい帽子を買ってしまいました。

IMG_7399.jpg

アルパカ含有率は低めで10%。
ペルー製なので、この日ふれあった(?)アルパカちゃん達の
毛では、たぶんありません。

ちなみに旅先マジックが解けた今、この帽子を使う勇気が持てずにいます。(--;)

【11/21の走行記録】
走行時間:1:40:26
走行距離:29.59km
平均時速:17.6km/h
最高時速:42.2km/h

ランキング参加中です。できればポチッ★とクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキング

関連記事

この記事に対するコメント
感謝!アルパカ疑似体験
 テレビのCFでも「何あれ?」だったアルパカさん、くろばいさんたちのお陰で身近に疑似体験することができました。ありがとうございます。
 売ってる毛皮製品も「たかしくん(確か)含有量30%」とか、個別に明記しておいてくれると売れるんじゃないかと思いました。ワタシ何となくですが、たかしくん(確か)の欲しいです。 食い意地張って、けなげなやっちゃv-218
 でも、わざわざ(格安バスツアーとかなら別だけど)アルパカ牧場までは行かないだろうなー、というのも確認できました。
【2008/12/11 17:06】 URL | 横山 #- [ 編集]

日本の農産物
那須のたびを拝見しましたが、なかなか食に恵まれた旅行だったようですね。雛にはまれなおいしい料理とのこと、誇りを持って作られた日本の農産物も捨てたものではないですね。こういう情報はblogならではですが、車の運転できない私は、那須高原あたりを観光できないのが残念です。
【2008/12/11 17:34】 URL | kincyan #sSHoJftA [ 編集]


こんにちは

いつも思うことですが、日本でフレンチと言うとなんでこんな風に
ジョセフぃーヌが何たら、ポキゅーズが何たらと、長たらしい訳の
解らない名前が料理につくのでしょうか?

要はうまけりゃ何でもイイと開き直ってますが、中華ドンブリの私としては
不思議でしょうかないです????


【2008/12/11 18:07】 URL | わらび #- [ 編集]


お久しぶりで~す。
正嗣&ご飯の組み合わせは「正嗣 駒生店」で可能で~す!
ぜひぜひググってみて次回トライして下さいね。ではまた~。
【2008/12/11 23:43】 URL | mokuma #leF2ecbc [ 編集]


風邪はもう治りましたか?

いろいろ珍事もあったようですが、何はともあれ楽しい旅でよかったですね♪
もう寒い時期だから那須で自転車を見かけなかったんでしょうかね~?
雪が降るくらいですから、かなり寒いんでしょうね(^^;;

アウトレット・・・なんか御殿場のアウトレットを思い出しました。
着いてみたら閉店間際で誰もいない上に、めちゃくちゃ寒かった記憶があります。
寒いだけで何もできなかったので、思わずみんなで踊りました(笑)
【2008/12/12 01:08】 URL | きゃうちゃん #8RI6yJNw [ 編集]

|ω ̄)長い。。。
最近のフレンチってのは特に長いタイトルなんでしょか^^;

昔の話ですが、とあるうどん屋?そば屋?のランチのメニューに
子狐のひとり言とかなんとか命名されたセットがあったのを
思い出しますた(爆)
( ̄ω ̄;)…なんだよ、子キツネって!!!中身がわかんねーじゃん。。。的な(爆)

…多分想像するに小さなキツネうどんと何かの丼のセットであろうかと
思われますが、古い話なので^^;
その時は友人と大爆笑してました♪

( ̄ω ̄;)…が!!!
さらに長いですねぇ。。。
和風料亭風味に意訳?すると
農場直送食材を調理人が丹精込めて仕上げた逸品(職人さんの名前入り♪)
“鳥の焼き物”
( ̄ω ̄;)う~ん。。。確かに伝わるものが少ないかも(爆)

さらに飲み屋風味で意訳すると。。。
岩手直送♪地鶏の炭焼き♪
( ̄ω ̄)…なんかうまそうだ(爆)←すでに別のものになってる感たっぷり

やっぱりネーミングって大事なんですね^^;
御御御御付け←読めます?(爆)

ところで旅先マジックといえば修学旅行ではないでしょか^^
昔だとペナントとか木刀とか(爆)
そういう図式で考えると…
( ̄ω ̄;)その帽子の運命は???

【2008/12/12 09:43】 URL | rook #- [ 編集]

横山さん、こんにちは
コメントありがとうございます。

私もテレビのCFを見て、アルパカさんに会いに行ったのですが、
ちょっとだけ想像とは違い、アルパカさんは意外にマイペースで、
自由に生きる生き物でした。可愛かったですけどね。
実際に会えて全貌がわかってよかったです。

>売ってる毛皮製品も「たかしくん(確か)含有量30%」とか、個別に明記しておいてくれると売れるんじゃないかと思いました。
ワタシ何となくですが、たかしくん(確か)の欲しいです。

笑。それは売れそうですね。
私もたかしくん(確か)の欲しいです。
その商品を見るたびに彼との思い出を思い出し、
いろいろな感情が心に飛来しそうです。

この日は、平日施設はあまりにぎわっている感がなかったのですが、
もしかしてバスツアーとかあるかもしれませんね。
「和牛食べ放題、アルパカにふれあう旅、チーズケーキのお土産付き」
が6,800円!とかでありそう。
【2008/12/12 12:41】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]

kincyanさん、こんにちは
コメントありがとうございます。

今回の旅は、食は何から何まで当たりばかりでよかったです。
なんでもそうですが、野菜も新鮮なものが美味しいですね。
那須は牧場も多いので、乳製品も新鮮なのも良かったです。

>こういう情報はblogならではですが、

すでに何のブログかわからないようになっていますが、
当ブログでは、これからも美味しい食べ物を紹介して行こうと思っています。
【2008/12/12 12:47】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]

わらびさん、こんにちは
コメントありがとうございます。

本場のフランス料理とかは、食べた事がないんですが、
日本のフランス料理には、大抵長い名前が付いてますね。
(ここのレストランは特に長かったんですが^^;)
本場がそうだからそうなったと思っていたのですが、
あれは日本独特のものなのでしょうか?

「温野菜」とか「野菜炒め」だと情熱が伝わらないと思って、
シェフの情熱を表すと長い名前になってしまうのかもしれませんね。
【2008/12/12 12:51】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]

mokumaさん、こんにちは
コメントありがとうございます。

お久しぶりです。^^

先日、正嗣の餃子を食べて、ご飯と一緒に食べてみたいと
強く思いましたが、それが叶えられるお店があるんですね。
情報ありがとうございます。
今度、トライしてみます。
【2008/12/12 12:55】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]

きゃうちゃんさん、こんにちは
コメントありがとうございます。

お陰様で風邪は治りました。
ちょっと微熱が出ただけで済んでよかったです。

今回の旅は、アルパカさんに会えたのでそのことがかなり満足です。
彼らの知られざる(?)生態も知ることができたし・・・。
ご飯も美味しかったし、総じてアタリの旅でした。

那須で自転車をまったく見かけなかったのは不思議でした。
たまたまだったのか?冬で寒かったからなのか?
坂が多いので1年中あまり自転車が走っていないのか?
去年夏に行った時は、多少は走っていたような気もしないではないので、
冬だったからかもしれませんね。

御殿場のアウトレットもよく行きました。
あそこのアウトレットも広いですよね。

> 寒いだけで何もできなかったので、思わずみんなで踊りました(笑)

みんなで行くと、寒くても楽しそうですね。(笑)
【2008/12/12 13:07】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]

rookさん、こんにちは
コメントありがとうございます。

全般的にフレンチは長い名前ではありますが、
ここのフレンチは特に長い名前のような気がします。
途中に作物を作成した人の名前とか、
シェフの名前及び心情とかと題にしているので、
更に長くなってしまったんでしょうね。^^;

>子狐のひとり言とかなんとか

ありますよね。(笑)
なんか注文する時口に出すのが恥ずかしい系のネーミングのお店。
大体全てにおいてメルヘンが入っている系の。
喫茶店とか洋食系で多いような気がしますが、
うどん屋さんかそば屋さんでもあるんですね。^^;
ひとり言・・・は置いておいて、子狐=キツネうどん小ってことなんですね。
ちょっと「うまいな。」と思ってしまいました。

>岩手直送♪地鶏の炭焼き♪

素材は同じものでも、ネーミングによって和風になるんですね。
これは美味しそうですね。ビールとか日本酒に合いそうです。
でも、日本フレンチ界には、こういうシンプルな題を使うのは、
なんかNGな文化があるんでしょうね。

> 御御御御付け←読めます?(爆)

おみおつけですよね。
最近は、雑学番組が増えたおかげで知りました。

> ところで旅先マジックといえば修学旅行ではないでしょか^^
> 昔だとペナントとか木刀とか(爆)

旅先マジックは怖いですね。
ペナント、私もなんか買いました。
一応ちょっとは飾るんですが、すぐはずしたりして・・・。
今回の帽子はどうなるんでしょう。(遠い目)
【2008/12/12 13:21】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



広告



カテゴリー

にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ
人気ブログランキング



プロフィール

くろばい

Author:くろばい
愛車ビアンキ・パッソ
【愛称:ビンちゃん】
愛車2ビアンキ・ミニベロ9
【愛称:ベロンチョ(ベロちゃん)】
激情にながされ1週間で購入に至る
愛車3ママチャリ
【愛称:ソルジャー・チャーリー】
現在自転車3台を所有。
あまりの自転車の増殖率に
恐れおののく日々。
これ以上、増えることはないと
思いつつも、自分が信じ切れない
今日この頃・・・。

相方(くろばいB)
愛車:RSR-4(ブルー)
【愛称:ルイちゃん】
愛車2:ラレー・RSW SPECIAL
【愛称:くろまるくん】
新たにミニベロを購入して、
自転車わが世の春を謳歌中。
自己開発のアンゴラダイエットの
お陰で(いまのところ)メタボリック
危険水域を脱出。
しかし現在、ポタ時はポタメシを
思いっきり解禁しているので、
リバウンドに王手か?



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



月別アーカイブ



カウンター



ブログ内検索



RSSフィード

  • seo



おすすめの自転車本

わが家の自転車メンテナンスのバイブル!





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。