クロスバイクを買っちゃうぞ!
初心者がクロスバイク乗りになるまでの軌跡
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続・浅草七福神めぐりポタ【完結編】
本日は最近には珍しい週中のお休みでしたね。

根拠無く晴れると信じて疑わなかったのですが、
予報は夕方には雨が降る確率が50%となっていました。

ここでいつも決断を迫れれるのが自転車乗りの生き様。

スロースターターなわが家としては、夕方からの天気が非常に重要になるのです。

外に出るとなんとなく空気が水分を含んでいる・・・様な気がする。

(ただでさえ出発が遅いのに)外に出てすぐさま雨に降られたら悲惨だしなぁ。

とここは冒険をせず家に篭ることにしました。

が、

未だに雨が降る気配もありませんね。なんか☆なんかもでてるしぃー。

くーやーしーいー。・・・自業自得ですが。(--;)

すっかり週一ポタペースになってしまった今日この頃です。

そんな状況にかかわらず、何故かたまっているポタ日記。(汗)

「ポタったら(なるべく)記録」をモットーにしているブログですが、
その記録に締め切りが無いために、先送りになっている状況です。

いつもながらわかりにくくて申し訳ありませんが、
中途半端なままで中断していた「浅草七福神ポタ」を後日仕切りなおして
行った時の「続・浅草七福神ポタ(完結編)」です。

ちなみに前回の浅草七福神ポタのその1その2その3はこちらになります。

***************************************

改めて思うのですが「七福神めぐり」というのは、
例え七福神なのに九箇所あるというミステリーがあったとしても
その日のうちに回らねばならないものではないのでしょうか?

やんごとない事情があるのならともかく、
午後近くまで寝くたれて、その後だらだら過ごし4時ごろからした挙句、
結局、神社仏閣の閉店時間となり、回りきれなかったなどというけしからん輩には、
(まあ、わが家の事ですけどね)

もれなく神様からペナルティーがプレゼントとかされるのではないか?

今となってはそう思わずにはいられないのです。

「浅草七福神めぐり」を己が怠惰ゆえにタイムリミットを迎え、
結局、九箇所の神社仏閣中7箇所、実質六福神しか巡れなかったのは、
1月11日の事でした。

浅草七福神が普通に七箇所だったら回りきれたのに・・・(苦)

とかは口がさけても言えませんが(書いちゃってるけど)

 

あと2神社、されど2神社。

なんか神様が絡んでいるだけに、中途半端で終っているとうのは、
据わりが大層悪いものでして、残りの2神社は次の週末にまわる事にしました。

そして次の週末(17日)は、うちの実家の両親の旅行に付き、
またまたしょう油の街で愛犬の世話に明け暮れなくてはならず・・・

しかしわが家が細々と続けて(だけは)いる
唯一の自転車関係の記録“連続ポタ記録”による縛りもあるので、
丁度近所ではあるし、しょう油の街市に帰る前に「浅草七福神」を完結すべく、
この2神社を回ることに決定していました。 

が、

時すでに遅し・・・だったのでしょうか。

神様が日頃の行いも交えて総合査定した上で、

「いっちょこのあたりでなんか当てとくか。」

と思ったかどうかは、いち人間のわたくしには判りかねますが、
17日の朝目覚めると、あきらかに前日と人相が変わっていました。

瞼の上がありえないほどはれている!∑( ̄ロ ̄|||)

今まで経験した事がない症状に、病院が大嫌いな私も
「お医者さん、きらーい。」とか言ってられず、
「すわ、謎の難病か?」と(数年ぶりに)あたふたと病院に行くことになりました。

病院と名の付く場所にはここ数年通った記憶がありませんので、
評判とかへったくれもなく、適当に近くの病院をネットで探して行ったのですが、
一応、心配して(なのか?)病院まで付いては来てくれた相方。

病院内に入ると、そこは風邪のオンシーズンの冬真っ只中。

当然、待合室にずらりと並んでいたのはマスクをしている風邪らしき患者さんばかり。

その状況にギョッとした相方。

「ここにいたら風邪うっつちゃうし。」

と彼まで菌が届く間もなく、速攻で帰っていきました。

って、逃げ足早っ!脱兎もびっくり。

・・・・まあね。

相方まで風邪で倒れるよりはいいっちゃーいいんですが、
こういうところが、私が「こいつはいざとなったら信じられん」と思う所以です。

ヤ○ザとかに絡まれたら、あっという間に相方だけ逃げそうな気がしますので、
二人でいる時は危険地帯には近づかないように心がけようと思います。

さて、病院に1人置き去りにされた私。
風邪等の基本疾病(?)の患者さんにぐるっと回りを囲まれつつ、
両目にホセメンドーサのパンチを浴びたような顔で座っていたのですが、
待っている間に妄想力は膨らむばかり・・・

もともと超ネガティブな人間なので、急転直下で悲観的になり、

「この症状は内臓疾患から来ているかもしれん。(根拠なし)
正月早々、このまま入院だったらどうしよう。(そして死んだらどうしよう)」

とか悶々と考えてしまいました。

この程度のことで、自分の短い一生にまで思いを馳せる事ができるのが、
わたくしの妄想力のすごいところです。・・・まったく無駄(どころか害)な能力ですけどね。

ところでこの近所の病院、待合室は一つなのですが
小さいながらも内科と皮膚科に分かれていて先生も別にいました。

「もしかして腎臓あたりかも。」

とか思っていた私が呼び出されたのは意外(でもないのか?)にも皮膚科の方でした。

時期的に内科は盛況だったようですが、 皮膚科の方は空いていたようで、
待っている他の患者さんをごぼう抜きで診療室に呼び出され、
所要時間およそ10秒で先生より、

“杉?アレルギー”

というクエスチョンマーク付きの消極的診断を頂きました。

そのあまりにスピーディーな診断に

「うぁー胡散臭っ。」 ∑(゚∇゚|||)

とその時は思わずにいられなかったのですが、
処方された薬を真面目に飲みつづけたら治ったので、
あの先生は名医だったのかもしれません。

「ヤ○医者じゃね?」とか心の底で思っちゃって、すみません。

・・・ただ・・・杉花粉の季節はこれからというのに、
症状がさっぱりおさまってしまったのは謎です。(もう薬飲んでないのに)

さしたる治療はしなかったので、見た目はすざまじく変わったままだったのですが、
視力にはさして影響がなかったのが不幸中の幸。

この後のポタには影響がない状況にホッとしました。

ってなんでホッとしてるんだ?自分。(゚∇゚ ;)

こんな状況でも「連続ポタ記録だけは続行しなくては!」と考えるとは、
私はいつからそんな人間になってしまったのでしょう。

この世に“せっかくだから”がある限り、
わが家の連続ポタ記録も途絶えることがないのです。・・・トホホ。

なぜそこまでするのか自分でももはやわかりませんが、
おそらくせっかくだからの神様の思し召しなんでしょう。(遠い目)

まあ、一刻も早く「浅草七福神」を巡って私の誠意をお伝えしたいと思ったこともあり、
このような病んだ状況ではありましたが、
再び家で避難していた相方を呼び出しまして、七福神めぐりの続きを決行する事にしました。

相方と合流し、まずは今年の女性縁のなさを決定づけたであろう、
七福神の中で唯一まわれなかった、女性の神様弁天様が祀られている
「吉原神社」をまわることにしました。

この「吉原神社」、名前と同じく吉原にあり比較的、
わが家から近い場所にあるので、自転車を始めてから結構頻繁に走ります。

吉原といえば「廓」

ン百年前は華やかな花魁が闊歩した場所だったりするんでしょうが、
今は特に華やかでもない宿泊施設風の建物が建っています。

あまりネオン看板もなく建っているのも普通の建物なので、
最初ここを通った時もあの時代劇で花魁がいるあの"吉原"と結びつけて考えませんでした。

でも何故かいつ通ってもその宿泊施設風な建物の前に、
ある種の雰囲気のある黒服風の人が建物ごとに何人か立っていて、
「(そうは見えないけど)ホテルレストランの人の呼び込み(?)かな?」
と不思議に思っていました。

そのホテルのレストランの呼び込み風の人は私が通ってもまったくスルー。
“客”として興味を示す気配もありません。

その時は、私が自転車に乗っているからスルーされたんだと思っていたのですが、
しばらくしてから仮に私が自転車から降りようが、逆立ちしてようが、大金を所持していようが、
女性という性別である以上、客として規定外なのでスルーされるのだと気づきました。

“吉原”は現代までも脈々と息づいているようで、この一見ホテル(?)だと思った建物には、
「男性専用の入浴施設」だったようです。

あまりそういった場所に足を踏み入れた事がなかったのでわからなかったのですが、
もっときらびやかなネオンとか、看板とか林立しているもんだと思っていたのですが、
意外にしつらえは地味なんですね。そういう施設って・・・。(それともここだけ??)

そしてその男性専用入浴施設ゾーンを 超えると、
相方が言うところの“普段は人っ子一人いないらしい神社”の「吉原神社」がありました。

吉原神社

あまり広くない神社ではありますが、相方が言うような鄙びた雰囲気はなかったです。

・・・失敬なヤツめ。

そこまで弁天様に楯突いた彼ですが、今年は女性縁がないどころか、
女難があるんじゃないかと心配です。(いや、女縁がないより女難でもあった方が吉なのか??)

この神社には吉原の歴史が語られている歴史案内板があり、
神社としてどんな歴史をも語り継ぐ義務があるとお考えなのでしょう
私も記憶にある「トルコ風呂」事件(?)の経緯とかもさらりと書いてあります。

吉原神社

内容が内容なだけに神社の一角に書いてあるのはミスマッチのような気がしますが、
まあ、あれはあれで歴史の一ページですし・・・。

吉原神社のお参りを終えると、2日間に渡って行った「浅草七福神めぐりポタ」のトリ、
最後に残すは「鷲神社」のみになります。

改めて考えると“鷲(オオトリ)神社”がまさに“おおトリ”だったわけで、
図らずも無意識のうちにオヤジギャグを体現してしまいました。
「ちょっとうれしい」と思ってしまう自分はオヤジ病末期ですね。(--;)

この「鷲神社」は酉の市で有名なところですが、
去年の12月の酉の日に何の気なしに「酉の市」に来て、怒涛のような人波に混乱、
そして混乱ついでに“ドラえもんカステラ”だけを購入して逃げ帰ったのでした。

その時は中に入らなかったので敷地の大きさは不明ですが、
改めて見ると意外と小さな神社なので驚きました。

酉の市に来た時には、神社に入りきらない人で回りがあふれていたのですが、
 「そりゃ、すぐに定員オーバーになるわな。」という大きさの神社です。

しかしそれだけ酉の市で賑わうこの神社、なんとなく入口から華やかで、
下世話な言い方で恐縮ですが「儲かっている神社」という雰囲気が・・・

鷲神社

さすが酉の市の開催地だけあって、入口には大きな熊手が飾ってあります。

鷲神社

大きな熊手って近くで見るといろいろなアイテムが飾ってあるんですね。
オカメとか招き猫とか鯛とか・・・取りあえずめでたそうなアイテムが大集合です。

そしてこの「鷲神社」でお参りを終えて、

鷲神社

七福神九箇所の神社仏閣を憂いなく回り終えたわけですが、
あてが外れた事が一つ・・・

食べ物がない。(゚∇゚ ;)

12月の酉の市に来た時は、鷲神社の周りにテキヤさんが所狭しと出ていたんで、
一月のオンシーズン(?)であるこの日も、ある程度はテキヤさんが出ていて、
テキヤスタイルの食料にありつけると思っていたのですが、
敷地内も外にもまったくテキヤさんは出ていなくて、完全にあてが外れました。

昼食を外で食べるつもりだったので、最初から腹が減っていたのですが、
ここにくれば何とかなると思ってがんばって来たのに・・・なんともなりませんでした。

そうなってくると急激に空腹に耐えられなくなるのが私という人間。

一刻の猶予もならないほど、血糖値が下がって来た感じが・・・。

即、すぐ、ただちに何か食べたい。

そしてできれば美味いものを食べたい。

急遽このあたりで食事をできるところを探そうと、
こんな時の為に相方のリュックに常備されている食べ物用ガイドブックを見ることにしました。

ガイドブックを探して、相方のモンベルリュックの中をあさっていると、

プチー!

チョコッツエル

食料GET!

そう言えば、このプチは前の「浅草七福神めぐり(前編)」の時に賽銭GETの為に、
コンビニで(不本意ながら)購入したもの。

後編で役に立ってくれようとは、運命というか“しっくり感”を感じます。

普段は食べ残しのお菓子とか虫が湧き出しそうになるまでカバンに入れっぱなしという
相方の悪行に辟易している事も多いのですが、
こういう時ばかりは、ビバ!相方のだらしなさ。入れっぱなしに乾杯。

神社の敷地内の端の方でこそこそとプチを一気食い。

その怪し気な風景に人に見つかったら通報されたかもしれません。

プチの栄養素のお陰でウルトラマンの5倍位の時間は持ちそうになりました。

下町ガイドブックで「鷲神社」のある入谷近くで何か食べ物の店を探すと、
場所柄なのか紹介されているのは、結構老舗系の喫茶店が多いです。

カテゴリーが“カフェ”でも“レストラン”でもなく喫茶店なのですが、
昔ながらの喫茶店は提供商品の幅が広くて、
通常の洋食店との境界線などない感じのランチが提供されています。

写真審査でそのランチの美味そう率から選んだのが、
入谷駅前にある「喫茶店 トロント」

トロント

行ってみると、バリバリの喫茶店の香りがする店構えです。

老舗にありがちの常連臭が漂い、一見の身としては見えないバリアーを感じ一瞬ひるみますが、
所詮見えないバリアーなのでずけずけと入っていきます。

入る前はちょっと敷居が高い感じでしたが、
中に入ると普通の喫茶店で、雰囲気は確かに常連さんは多い感じでしたが、
「常連さんとマスターが話し込み入る隙がない!」という空気も無く、
新旧が入り乱れても違和感のない居心地のいい喫茶店でした。

インテリアもどこかしら昭和の香り。

トロント店内

ランチは一律900円。コーヒー付きなので安いです。

メニュー

相方も私もハンバーグ、エビフライ、コロッケのお得な「Bランチ」をチョイス。

Bランチ

・・・しかしなぜBランチでAランチはないのだろか?謎です。

スープも付いたのですが、このスープ洋風に見せかけてその実態は「大根の味噌汁」

大根の味噌汁

和洋折衷感が、なんとも昭和だ。

相方は洋風の味を想像して飲んだら大根の味噌汁だったので大層驚いたようですが、
ひとめ見りゃわかるだろ。大根浮いてるし。

ランチも昭和感漂うミックス定食的ランチなんですが、
デミグラスソースのかかったハンバーグとコロッケもフライも
懐かしい感じで美味しかったです。

ここで一連のポタを終え、愛犬の世話の待っているしょう油の街市に帰ったのですが、
浅草七福神をきっちり終え、祈りをささげたにもかかわらず、
明けて日曜日はさらに悲惨にまぶたが腫れていました。

旅行から帰った母が私を見て驚かないようにと両親が帰る前に電話で、

「目が凄いことになって人相が変わっているから驚かないでね。」

と伝えておきました。

「そんなことで驚かないよ。自分の子だもの。」

とやさしげに言い切った母。

やっぱり母だなぁ。(感動)

と母の言葉にジーンと来たのですが、戻ってきた母が私を見て、

すげーーーっ!!!(驚) ∑(゚д゚|||)

という顔をした事を私は見逃しませんでした。

酷いよ。ママン・・・

ブログランキングに参加してます。できればポチッ☆とクリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキング

関連記事

この記事に対するコメント
免疫を獲得しましたか?
くろばいさん Bさん こんばんわ♪


 くろばいさんの謎の赤まぶた、杉アレルギーだったんですね。それも、本格的な杉花粉飛来を前に、おそらく瞼(の粘膜)がデリケートにできているのでしょう。でも、免疫が出来たと思えば、早期の疾病は僥倖かと。
 浅草から吉原界隈は、昭和の風情が残っていると申しますか、いつ訪ねても懐かしいものですね。新しい街を見ても「あ、そうなの」以上の感慨はありませんが、昭和の生々しい風景に出会うと、ワタシは思わず立ち止まってしまうのです。

>すげーーーっ!!!(驚) ∑(゚д゚|||)

 なんともフランクなお母上殿の言葉、表情が伝わるようで楽しいv-283v-424

 
【2009/02/11 23:23】 URL | 横山 #- [ 編集]

抗議。
クロバイさん、こんにちは。

日本は古来から八百万の神の国でした。
しかしよく考えれば、神さんたちの世界にも
歴史的な決まりや掟があったともの思われます。

歴史的に7人しかいないから七福神と呼ぶのが原理原則
だったと思います。
お賽銭の為とは言え、勝手に増えてはいけないと思います。

それ以上に、七福神は決まって宝の船に乗ってやってきます。
どんな図柄を見ても、その舟の大きさは、七福神と積荷の宝物
だけで一杯一杯の満員状態です。

更に二人の乗組員と荷物が増えると定員、重量オーバーで船が
沈みます。そうなると我々に届けられるはずの、ありがたい宝物も
海の藻屑と消えてしまいます。

プラス2は明らかに掟破りではないでしょうか?


【2009/02/12 11:44】 URL | warabi #- [ 編集]


こんにちは。ご無沙汰しております。

「男性専用入浴施設」笑いました(^^)
昨日はホント天気予報に騙されましたよ。

レトロな喫茶店イイですね~。何時間でもいられそうです。
【2009/02/12 17:25】 URL | came3 #- [ 編集]


浅草七福神ポタお疲れ様でした。
母方の祖母が浅草育ちなので、なんか親近感です。
味噌汁が出てくる喫茶店なんて渋いですよね。
私がつい最近行った喫茶店は大正の香りで、
自宅近くの駅前にあるほうは昭和の香りって感じです。
いつか喫茶店巡りポタに行きましょう。
でもその為には、もっともっと開拓しないとダメですね。
【2009/02/12 20:16】 URL | お父ちゃん #- [ 編集]

横山さん、こんにちは
コメントありがとうございます。

謎の目の腫れは、本当に杉アレルギーだったのか未だに不明です。
幸いにもあれ以来目が腫れることもないので、横山さんの言うように
これで免疫ができたのなら不幸中の幸いかもしれません。

浅草近辺の下町は懐かしい感じがいいですよね。
だんだんそういう雰囲気の街並みが減って、どこも同じような感じに
なってしまうのは少し寂しいものがあります。

母親のリアクション、見たくなかったような・・・
でも、変に気を使われるよりは良かったのかも。
【2009/02/12 22:39】 URL | くろばい #- [ 編集]

warabiさん、こんにちは
コメントありがとうございます。

確かに七福神といいつつ、9神様がいるのはちょっと解せないですが、
その辺が人間界の大人の事情なのでしょうか?
それにしても日本の神様が寛大なことをいい事に
日本人は和洋折衷結構やりたい放題ですよね。^^;
こんなやさしく寛大な神様は宇宙中探してもこの国にしか
いないんじゃないでしょうか?

> 更に二人の乗組員と荷物が増えると定員、重量オーバーで船が
> 沈みます。そうなると我々に届けられるはずの、ありがたい宝物も
> 海の藻屑と消えてしまいます。

たしかにあの絵にはたくさんの宝物が描かれていますが、
あれは私たちへのプレゼントだったんですね。
少なくなるのは確かに困りものです。
今回のお参りでは宝物はかなり削られていたかもしれません。(笑)
【2009/02/12 22:40】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]

came3さん、こんにちは
コメントありがとうございます。

ご無沙汰しております。

男性専用入浴施設って結構地味なんですね。
あまり見たことがなかったのでちょっと勉強に(?)なりました。

レトロの喫茶店は入るときはちょっとためらいますが、
入るとなんか空気がいやすい感じでいいですよね。
昭和な空気が落ち着く自分は「つくづく昭和な人間なんだなぁ。」と思います。
【2009/02/12 22:44】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]

お父ちゃんさん、こんにちは
コメントありがとうございます。

お父ちゃんさんのおばあ様、浅草ご出身なんですか?
なんか粋な感じでいいですね。
あの辺はいろいろ美味しい食べ物の老舗も多いし、
下町情緒あふれているので、ポタをしていてもあきないです。

大正の香りの喫茶店も行ってみたいです。
喫茶店巡りポタ、いつかぜひやりたいですね。^^
リサーチ、がんばります。
【2009/02/12 22:49】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]

B定食
たまりませんね。
なんか最近はすっかりチェーン店やらオシャレカフェなんかに押されて消えて行きがちな昭和風喫茶ですが、機会があれば必ず利用するようにしています。

トロントさんにも今後ずっと営業を続けて欲しいものですね。
【2009/02/13 17:34】 URL | そあん #- [ 編集]

そあんさん、こんにちは
コメントありがとうございます。

チェーン店は安心感はあるのですが、なんかドキドキが足りないんですよね。
おしゃれなカフェもいいんですが、最近なんかオシャレさに
疲労を感じる時もあるというか・・・。
昔ながらの喫茶店は気を使わない感じで落ちるける場所が多いので、
私もポタついでに開拓していこうと思っています。
そのうち“なじみのお店”とか何軒かもてるといいなぁ。と。
【2009/02/14 00:40】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



広告



カテゴリー

にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ
人気ブログランキング



プロフィール

くろばい

Author:くろばい
愛車ビアンキ・パッソ
【愛称:ビンちゃん】
愛車2ビアンキ・ミニベロ9
【愛称:ベロンチョ(ベロちゃん)】
激情にながされ1週間で購入に至る
愛車3ママチャリ
【愛称:ソルジャー・チャーリー】
現在自転車3台を所有。
あまりの自転車の増殖率に
恐れおののく日々。
これ以上、増えることはないと
思いつつも、自分が信じ切れない
今日この頃・・・。

相方(くろばいB)
愛車:RSR-4(ブルー)
【愛称:ルイちゃん】
愛車2:ラレー・RSW SPECIAL
【愛称:くろまるくん】
新たにミニベロを購入して、
自転車わが世の春を謳歌中。
自己開発のアンゴラダイエットの
お陰で(いまのところ)メタボリック
危険水域を脱出。
しかし現在、ポタ時はポタメシを
思いっきり解禁しているので、
リバウンドに王手か?



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



月別アーカイブ



カウンター



ブログ内検索



RSSフィード

  • seo



おすすめの自転車本

わが家の自転車メンテナンスのバイブル!





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。