Welcome to my blog

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
川越100kmポタ

小江戸川越100kmポタ【その3】

18
今日は、雨なので涼しいですが、このところなんとなく湿度の高い蒸し暑い日が続きましたね。

進化の過程で多少のエラーがあったのか、未だ体内に変温性を残す私としては、
この初夏の時期は体調が悪くなる季節でもあります。

昼間はそれなりに元気に過ごせるのですが、
昼間吸収した熱が発散できないのか、夕方になるとそれは微熱になって現れて、
毎日のように冷えピタ(わが家の場合、安価のパチモンなので冷えピタもどきですが)
のお世話になる事になります。

もっと徹底的に暑くなれば、さすがに体もこなれて恒温性を取り戻し、
夕方に微熱が出る事もなくなるんですが・・・。

かなり昔からこんな感じなので、
私はこのまま生涯を半変温動物として過ごすんでしょうね。(遠い目)

もしかして、私って珍種じゃ?

そしてそんなわたくしと同調するように、わが家の中で体調を崩したものがもう一つ。

観葉植物

彼女(彼?)“ストレリチア・レギネ・ノンリーフ”です。

1代目の観葉植物がお亡くなりになり、「今度こそは!」と2代目としてお迎えしたのですが、
気合を入れてお世話している(つもり)にもかかわらず、
すでに下の方からひっそりと黄色く枯れかけております。

たすけて~ドラえもーーん。

いや、助けてくれないのはわかっているのですが、つい叫びたくって。

それにしても・・・

なーーーぜーーーー???

なぜだ!?なぜいつも枯れてしまうんだ??

やっぱあれか?窓に西日が当たる部屋、
つうか西日しか当たらない部屋が植物的には我慢ならないのか??

正直、動物の私も耐え難い時があるが、西向きの家なんだから仕方ないじゃん。

まあ、日差しの事はいまさら如何ともしがたいが、
枯れないでいてくれるなら多少の肥料を貢ぐ用意はある。

だから枯れる前に何とか言ってくれーーーっ。

と、叫んだところで彼女は何を言ってくれるわけもなく・・・

せっかく購入した2代目とも、まもなく永遠のお別れになるのでしょうか?

これが枯れたらもう無駄な抵抗はやめ、植物の飼育は才能がないとあきらめて、
造花(?)の観葉植物にでも切り替えようかとも思いつめております。

・・・そして「川越ポタ日記」ですが、くだらないネタ満載で予想通り長文になっちゃってますが(汗)、
もう少しお付き合いくださいませ。m(__)m

はじめから読んでくださる方は→こちらです。

****************************************

秋が瀬公園の休憩で小さいとは言え、まんじゅう2つとかりんとうを食べ、
その後、川越市に入ると同時にミニストップでソフトクリームを食べ、
“蔵つくりの町”に入ると同時に菓子屋横丁に吸い寄せられ、
香ばしい(そして存外腹にたまる)しょう油味の川越団子を食べる。

この欲望に忠実なだけの無計画ぶりが祟り、
団子を完食した時点で、満腹中枢が刺激される寸前まで来ている
という事に(ようやっと)気づきました。

・・・って、ミニストップの時点で過ちに気づけよ。(--;)

このまま川越の真の名物がわからないまま、
欲望に任せて不用意に食べるのはデンジャラス。

そうなると、名前からも“美味そうなものがそこかしこに転がってるよーん”的な、
菓子屋横丁なるこの場所は、今のわが家にとってかなりの危険地帯じゃね?(゚∇゚ ;)

そこに踏み込んで数メートルも行かないうちに、
あっという間に団子に釣り上げられたわけですし・・・。

取り合えず、このデンジャラスゾーンを抜け出して、
グルメ資料探しに書店を探さなくては!

と思い、このお菓子横丁の菓子類はあまり見ないようにして、
横丁からの脱出を計りました。

そしてあらかた菓子屋横丁を抜け、
メインストリートの一番街(蔵通り)までもう少しというところに、
こんなお店が・・・

コーヒー店「豆蔵」

豆蔵

小江戸コーヒーといういかにも現地っぽいキャッチコピー(?)に、
ついお土産に買って帰りたくなり、コーヒー豆を物色しました。

数百グラムのブツとは言え、疲れた帰り道の50kmを背負って帰るとなると
それなりに大変かもですが、まあ、どうせ背負って帰るのは相方さんですし・・・。

豆の名前は“時の鐘ブレンド”やら“小江戸ブレンド”“蔵ブレンド”等々・・・
どんなお味かは名前からは計りかねますが、
川越への郷土愛溢れるネーミングばかりです。

ここは“せっかくだから力”でモロ川越を前面に押し出したネーミング、
その名もそのままやんけな“川越ブレンド”を購入。

川越ブレンド

この200gの重さのコーヒーは、すかさず相方のリュックにinして、
一番街に出ると、早速、お目当ての書店が見つかりました。

書店

うーん。さすが小江戸、書店もこの趣です。

書店に入ると、予想通り有益なご当地ピンポイントの情報誌、
大人のための首都圏散策マガジン「散歩の達人」(川越編)が平積みされていました。

しかし、たまたま今月号が川越特集なんて運がいい。

と思いましたが、ふと年号を見るとこの雑誌は“2006年10月号”

しかもすでに絶版。

まあ、絶版にもなるわな。3年近く前の雑誌だもん。

でもこの書店では、まるで本日発売の最新号のように、
美しく山と積まれていました。

書店の方、3年前に余程一気にお買い上げになられたんですね。

生き馬の目を抜く昨今、3年というと多少情報は古いような気もしますが、
なにせここは、小江戸川越、昭和をもぐんと超えた“江戸”

岡引あたりがその辺で聞き込み調査をしていても、特に違和感ない町並みです。

江戸のノリで悠久の時が流れ、

3年程度では店の配置もさほど変っていないだろう

と思いまして、この3年前の情報誌を購入しました。

雑誌

ところで川越の名物ですが、まず、この情報誌を開くまでもなく気になったのは、
町中に“芋”の文字がある事です。

予想通りと言えば予想通りなんですが、後から調べてみると、
この川越というところは江戸の昔から芋の名産地だそうなのです。

だからところどころに芋を使ったお菓子が売っているのですが、
この“蔵の町”エリアに入り、とにかく猛烈に後悔した事が、
名物の一つ(らしい)芋ソフトクリームを販売しているお店がやたら目に付くのです。

この時を遡る事約1時間前、どこにでもあるミニストップで、
その時の欲望という濁流に流されて、ソフトクリームを食べたのは、わたくしそして相方。

何の疑問も持たずに大満足して食べていたわけですが、

マジ、ソフトクリームマイスターとかに盛ってもらっている場合じゃねぇし。

名産ともなれば、わさびとかアスパラとかの青物野菜系まで、
ご当地ソフトクリームの具になる世の中なのに、
なぜ川越名産で出来たソフトクリームがあると考えなかったのか?

先の予想が出来ないシンプルな脳だからか?胃で物を考えてるからか?

問い詰めたい。小一時間前の自分に問い詰めたいです。

中には紫芋のソフトクリームというのもあり、
お店が繁盛していたので、芋好きの相方は、またまた先の事を考えずに、
欲望のままに食らいつこうとしていましたが、

ソフトクリームばかり食べてどないするんじゃい。

とそこは相方を制止しまして、次なる名物を雑誌で物色していると、
あと川越名物といえば“うなぎ”らしい。

うなぎは美味そうだけど・・・重っ。

今の胃の空き状況だとイマイチ入りそうにありません。(T_T)

て言うか、そういう名物を食べたくて50km走ってきたんじゃないの?
(いや、別にそれは100kmポタを達成するためじゃ?)

焼き団子はいいとしても、その他のもんで腹いっぱいにしてどうすんだオイ。

ホント自分を(そしてついでに相方を)呪いますよ。

情報誌によると、ちなみにこのしょう油味の焼き団子のお店も十軒ぐらいあるようで、
どうせなら数軒食べ比べてみたかったです。

路上で雑誌を見ながら、あーでもないこーでもないと話し合い、
とても惹かれる名物がある甘味のお店が掲載されていたので、
この状況では軽めに甘味ぐらいが妥当だろうという事で、
そのお店に入る事にしました。

そのお店はこちら「甘味茶房かすが」

かすが

この通りにあるお店が大概そうであるように、
こちらのお店も蔵を改装したと思われる趣のあるお店です。

そしてその名物甘味とはこちら。

「いもあんみつパフェ」(630円)

いもあんみつパフェ

って、別にぜんぜん軽そうじゃないし。

パフェでありながら、あんみつとも言う「で、どっちなんよ」的な
一粒で二度美味しいお得ぶり、お得を広めるべく日夜努力しているお得教の相方は、
こういう優秀お得料理(?)を目の前にして素通りできない人間なのです。

味はそこそこ想像付きますが、ある意味未知な“あんみつパフェ”なる食物。

独自の食べ方があるようでお店の方が、

「ある程度まで掘り進んだら、最後はかき混ぜて食べてくださいね。^^」

と説明してくれました。

・・・隣の女性には。

隣の女性に“いもあんみつパフェ”が運ばれる30秒程前に、
相方に同じいもあんみつパフェが運ばれてきたのですが、
なぜか相方には、独自の食べ方はレクチャーされませんでした。

お店の方は、別に相方が気に入らないとか、前世で親の敵だったとかでは(多分)なく、
相方のキャラクターとして、こういう“忘れられ系”の事が良くあるんですよね。

まあ、相方は人間的オーラがめちゃくちゃ薄いからなぁ。(--;)

そうして寂しく聞きかじった正しいお作法でいもあんみつパフェを食べたのですが、
名物だけあって和洋折衷でなかなか美味。

一見、かなりヘビーに見えたのですが、途中に寒天が入っているんで、
底までアイスクリームの通常パフェよりは軽く感じます。

そう言えば、器に惑わされていますが、盛ってあるアイテム的に考えると、
普通の芋クリームあんみつと言えない事もないような気がする。
せっかくの名物に水をさすわけじゃないですが・・・(汗)

お値段もこれで630円は、なかなかの安さだと思います。

ちなみにこういうところに入ると“お互いのものを分け合って食べるべし” (2倍楽しめるから)
という暗黙の了解をいつの間にか相方がわが家のルールとしてしまったので、
いもあんみつパフェの他には、

「クリームフルーツみつまめ」(650円)

フルーツみつまめ 

を注文しました。

こちらはフルーツがたっぷりなので、見た目よりもお腹にたまる感じでした。

お店に入る前から、かなりお腹がいっぱいに近かったので、
甘味を食べてとどめをさされるように満腹になったのですが、
日本には「毒を食らわば皿まで」ということわざがあります。

わざわざことわざになるって事は、昔から人は時としてそういう心理になるのでしょうが、
この時の私達はまさにそんな気持ちでした。

川越まで往復100km、一年に一度しか100kmポタをしないようなわが家では、
次にいつ来れるかわかりません。

もうさ、ここまで来たら食っちまおうぜ。

という事で、先ほど相方が心を残していた紫いもソフトクリームも、
間髪入れずに食べることとしました。

紫いもソフトクリームは、蔵の町のランドマーク「時の鐘」の近くにある
お店にあります。

「時の鐘」つう割には、この近くでみると一見、
火の見櫓的な何かにしか見えない感じなのですが、

時の鐘

ちょっと遠くから見たらきちんと鐘がぶらさがっていました。

時の鐘

350年の昔から、川越に「時」を知らせているものだそうで、
今でも1日に4回(午前6時・正午・午後3時・午後6時)鳴っているそうです。

えっ?!アナタ現役だったの(゚∇゚ ;)

私達が川越にいた間だと3時に一度鳴ったはずですが、
ぜんぜん気が付きませんでした。

こちらの時の鐘は、平成8年「日本の音風景百選」に選ばれたそうです。

・・・好きだよなぁ。何かと百個選ぶの。つうか音風景百選って、なんか限られすぎだろ。

そしてその時の鐘がめちゃめちゃ近くに聞こえそうなところにあるお店は、
こちら「菓匠 右門」

右門

紫いもソフトクリーム専門店というわけではなく、本業は和菓子屋さんです。

こちらの紫いもソフトクリームは、270円。

むらさきいもソフト

紫なんで見た目はフルーツ系のソフトのようですが、
食べるとしっかりと芋の味がします。

うーん。さすが芋が名産の川越。

とか思っていたんのですが、

むらさきいもソフト

!!!!!!Σ(゚д゚;)

えっ?!この紫芋って川越産じゃなかったの?!

どうやら遠く離れた南国の地、宮崎県産のようです。

和菓子屋さんの隣に椅子が置いてあり、そこで食べていたのですが、
この和菓子屋さんには、川越名物の和菓子が売っているようで、
見ているとそれがよく売れていました。

興味を惹かれてわが家も早速購入してみました。

いも恋

「いも恋」(160円)

平然と持っているように見えるでしょうが、こう見えて実は熱々。

「その場で食べたい」と申し出ると、熱々のいも恋をくれますが、
持ち帰る時には、常温タイプのいも恋をくれるようです。

家にもって帰る場合も食べる時は電子レンジで温めてから食べるようなので、
このお菓子はホットで食べるもののようですね。

中は芋とアンコのきれいに2層になっていますが、
あまりに熱々でうまく割れなかったので、写真はお店の前にあった看板から拝借、
中身はこんな感じで詰まっています。

いも恋

こんな風にうろうろと動き回っていると、時間が過ぎるのはあっという間で、
この時点で時間は4時近くになっていました。

帰りの事を考えると、そろそろ駐輪場に戻らんといけません。

もう少し川越市を楽しみたかったのですが、
なんだかんだと短時間に食べたので、お腹もいっぱい。

“せっかくだから力”で自分の満腹中枢を騙し騙し来ましたが、最初から満腹でしたし・・・。

それに満喫している間はすっかり忘れていたのですが、
この日の天気は夕方から降水確率が40%のなんともヤバ気な日。

空を見ると、そろそろ天気も本気でまずそうな気配もしてきましたので、
名残惜しくはありますが、駐輪場に向かって歩く事にしました。

そうは言ってもわが家は基本“せっかくだから教”に支配されているので、
駐輪場に向かいつつも、お店の物色を忘れません。

“せっかくだから”に支配されている人生・・・改めて考えるとヤな人生だな。オイ。

最近、焼酎に目覚気味のわが家、さすが江戸から続く芋の名産地、
(とは言え、今も芋を直接栽培しているかは謎)“芋焼酎”なども売っており、
内心お土産に買っていきたいと思い、相方にアイコンタクトを取ってみたのですが、
せっかくだからをこよなく愛する相方さんも、さすがに全力で目をそらせていました。

うーん。確かにせっかくだから力をもってしても、
さすがに芋焼酎の瓶を担いで帰るのは無理だったか。

その他にも店内全品1,050円というお店もあって、

1,050円ショップ

1,050円ショップ

1,050円の割にはなかなか面白くお値打ち商品もあったのですが、
ちょっと荷物になるのも躊躇われまして、ここもウィンドウショッピングだけで・・・

このお店は和風な感じの小物なども売っていたのですが、
蔵の町の雰囲気なので、お値段は安くても高級な感じがしました。

そしてもう一度菓子屋横丁を通って、駐輪場に向かったのですが、
自然と足はあるお店に向かっていました。

デンジャラスゾーンなのであまり見ないように通り過ぎたと言いましたが、
そう言いつつも、しっかり目に入っていたお店は、
この「楽楽」というパン屋さんです。

楽楽

次から次へとお客さんが入って行くので、どうしても気になっちゃう感じだったのですが、
購入した“散歩の達人”にも掲載されていまして、
天然酵母・無添加のパンを販売しているパン屋さんだそうです。

ここまで来てパンを購入して帰るのもなんだなぁ。

とちょっと迷いましたが、パンならばそう重くはないものですし、
お土産に買って買えることにしました。

3つ程パンを購入して気が付いたのですが、
このお店はパンを購入したお客さんは、無料でコーヒーが提供されいて、
店舗に併設されている、カフェスペースでパンを食べる事ができます。

楽楽

世の中で“無料”という言葉が一番好きなんじゃないか?

というお得好きな相方がこの無料チャンスを見逃すはずはなく、
私は無料に釣られたわけじゃないのですが(いや、本当に)、
カフェスペースがお洒落でいい感じの空間ったので、
ついコーヒーをいただいて、ここでしばらくまったりしてしまいました。

ただ無料コーヒーを飲むのもなんとなく手持ちぶさたなので、
購入したてホヤホヤの味噌パンと共にいただく事に・・・。

味噌パン

って、腹いっぱいじゃなかったんかい。

また、自分の満腹中枢を騙してしまいました。(--;)

味噌パンは確かにほのかに味噌の味がして、
「さすが天然酵母」的なやさしい感じの美味しいパンでした。

さすがに後2個のパンは、当初の予定通り持って帰る事にしたのですが、
この2つのパンが後ほど私と相方を救う救世主になるとは、
この時は思いもしなかったのでございます。

時刻は刻々と後ろ倒しになり、この時の時間が4時半近く、
駐輪場に急ぐと、菓子屋横丁の最後には、こんなものも。

“せっかくだから病ホイホイ”、かんちさんに教えていただいたところの、
正式名称“顔ハメ”

顔ハメ

しかしこの顔ハメ、人間ですらねぇ。

さすがの相方も芋になるのはプライドが許さなかったのか、
この顔ハメに顔を入れるのは、かなり無理な姿勢を強いられるので、
人通りの多い場所で、そんな格好をするのは恥ずかしかったのか、

「人にならない顔ハメは顔ハメじゃないっ!邪道だ!」

と言い訳するように言いがかりを付け、
いつもはホイホイ釣られるのに、この顔ハメだけはスルーしました。

・・・つうか別に誰も聞いてないのに、
なんで言い訳する必要があるんだろうか?

せっかくだからが、彼のアイデンティティだからだろうか?

そして無事に駐輪場に着きまして、

一応、急な雨が降ってきた場合に備えてのサドルガード(別名レジ袋)を
しておきましたが、川越にいる間は雨など降らずに無事に過ごす事ができました。

さて、この被せるだけであっという間に愛車がダサくなる、
サドルガードを取り、「いざ、帰路に向かうぞ!」と思ったところで、

細かいところに目ざとい相方が駐輪場に書いてある、
とある注意書きを発見!!

その注意書きを見た事により、もうしばらく蔵の町に留まる羽目事になったのでした。

・・・続きます。m(__)m

ブログランキング参加中です。できればポチッ☆とクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログへ  人気ブログランキング

関連記事
自転車ミニベロサイクリングポタリングビアンキラレー川越紫芋ソフトいも恋いもあんみつパフェ

- 18 Comments

There are no comments yet.
こんにちは

メタセコイア  

2009-05-28 23:09

こんにちは、はじめまして。自転車情報を求めて飛んできたものです。
『クロスバイクを買っちゃうぞ!』にたどり着いたのは二週間ほど前のことなのですが、あまりの記事の面白さに三日くらいで過去ログを読みおえてしまいました。

文章がすごく面白いですね! 過去のことのはずなのに、臨場感があって、すごく笑わせていただきました。自転車情報も、今現在私が何一つ知らないので参考になることばかりでした。
写真もとてもきれいで、真夜中に見るたびにおなかを鳴らしております(笑)
これからも楽しみにしています。では。

P.S.本日の日記中で宮城と書かれている部分があるのですが……えっと、宮崎ですよね?
こ、細かいことをすみません。なんというか、南国宮城!? と思ってすごい違和感に襲われたもので(汗)

EDIT  REPLY    
くろばいさん、こんばんは!

片山R  

2009-05-29 01:03

さすがは、くろばい家です。
もうイベント盛り沢山で読んでいる私までお腹がいっぱいになりそうです。(爆)
駐輪場の注意書き・・・気になりますねぇ。
この後、こくろばい家に一体何が起こったというのでしょうか・・・?(汗)



EDIT  REPLY    
http://blog.livedoor.jp/liveokubo/

kincyan  

2009-05-29 06:29

おはようございます。
川越への旅、大変でしたが、現地ではいろいろ食べて楽しまれましたね。あの街は、町の姿を観光資源化することに優れています。東京からも意外に近いし、コンパクトで半日で一周できるし、観光都市としては秀逸ですね。

EDIT  REPLY    
|ω ̄)意外と…

rook  

2009-05-29 11:15

小食なのでしょか^^

当方はまだ他に多々あると思われるうどんとか地物系のそばとか
ご当地ラーメンなら入りますが♪

ハンガーノック対策のおやつ関係ですが
長距離の場合当方もよくありがちなスティック状のものとかを
持ち歩き、かつコンビニなどで結構捕食しつつ走ります^^
( ̄ω ̄;)結局、スティック状のものをそのままお持ち帰りになる場合が多々ありますが(爆)

…ですが
意外と腹持ちがよろしくないのが麺類とかお菓子の類ですよね^^;

近年話題の熱中症や日射病など用に
夏先取り感たっぷりの冷却用キットを発見致しました♪
それと汗で失われた塩分を補給するための
少し年配の方で学生時代にスポーツをしていた方なら
記憶にあるかもしれない、塩タブレットのようなものも
近所のドラッグストアで発見しました^^;

( ̄ω ̄;)夏場の携帯おやつには十分気を付けましょう(汗)


EDIT  REPLY    
メタセコイアさん、はじめまして

くろばい  

2009-05-29 18:41

コメントありがとうございます。

過去ログ読んでくださったんですね。ありがとうございます。
我ながら無駄に長い文なので、読まれるの大変だったと思います。
すみません。^^;

自転車情報を求められているということなので、
これから自転車購入を検討されているのでしょうか?
2年経っても素人丸出しのこんなブログですが、
少しでも役に立っていただけたなら嬉しい限りです。

> P.S.本日の日記中で宮城と書かれている部分があるのですが……えっと、宮崎ですよね?

すみません。宮崎です。
実は、数時間後に気づきまして、こっそり直させてもらっちゃたんですが、
悪いことはできないものですね。すみません。(汗)
私は宮城と宮崎を書き間違えたり言い間違える癖がありまして、
この時も「東国原知事の宮崎、宮崎」と思っていたのですが、
実際書いてしまったのは宮城でした。
我ながら愚かっす。^^;

良かったらまた暇なの時にでも遊びに来てやってくださいませ。

EDIT  REPLY    
片山Rさん、こんにちは

くろばい  

2009-05-29 18:42

コメントありがとうございました。

元々の目的は100kmを走破する事なのに、
自分でも短い間に「現地を満喫し過ぎたろう」と思います。
相方の影響ですっかり満喫体質になってしまったんですよね。^^;
駐輪場の注意書きは、どこの駐輪場にでもあるものなのですが、
それを発見してしまった事により、我らは更なる観光をする事になりました。
そして更に帰宅時間は遅くなります。(--;)

EDIT  REPLY    
kincyanさん、こんにちは

くろばい  

2009-05-29 18:43

コメントありがとうございます。

今回、初めて川越をきちんと回りましたが、いいところですね。
レトロな街を歩いているだけでわくわくしますし、
思ったよりも広かったものの、観光には丁度いいサイズ(?)ですね。
蔵もちょこっと残っているのではなく、広い範囲で残っていて、
しかも現代風にリフォームしてちゃんと残してあるんですね。
確かに町全体が貴重な観光資源ですね。

EDIT  REPLY    
rookさん、こんにちは

くろばい  

2009-05-29 18:44

コメントありがとうございます。

小食・・・なんかすばらしい響きですね。
女性としては憧れます。
私もその仲間入り?!・・・だったらうれしいのですが。^^;

現地にいた時はなんかお腹がいっぱいで、
そんなに食べられなかったのですが、
そのギャップがこの後襲ってきました。
現地のラーメンとかそばとかも食べたかったんですけどね。(T_T)

スティック状の補給食も軽くてよさそうですね。
相方が背負ってくれるという暗黙の了解(?)があるので、
ついつい甘いものに手を出してしまいますが、
自分で背負う時はスティック状のものを持って行くかも。

> 夏先取り感たっぷりの冷却用キットを発見致しました♪

夏の長距離ポタは去年懲りましたが、かなり破壊的ですからね。
冷却キット、気になります。

> 少し年配の方で学生時代にスポーツをしていた方なら
> 記憶にあるかもしれない、塩タブレットのようなものも

塩タブレットとかあるんですか?しかも昔から?
なんか面白いですね。
昔の人の塩系常備食は梅干オンリーだと思っていました。(オイッ)

EDIT  REPLY    
イジワル

はやぶさ  

2009-05-29 18:58

こんばんは。
こんなにおいしそうな芋づくしを載せるなんで イジワル ですねー。
食べたくなっちゃいましたよ。
私だったら芋メニューの影響で間違いなく邪道”芋の顔はめ” をやってしまっていることでしょう。

コーヒーやさんの袋 いいですね。
お洒落。

EDIT  REPLY    
美味しそうです!

かー  

2009-05-29 19:45

いもあんみつパフェ、フルーツあんみつ、芋ソフトクリームと
和スイーツ充実ですね!
甘い物好きな人には魅力的な街ですね。

くろばいさんの嗅覚には、感心させられます。
見ていたら胃袋が反応して食べたくなりました!
近い内にポタリングで行ってみたいと思います。

EDIT  REPLY    
はやぶささん、こんにちは

くろばい  

2009-05-29 21:58

コメントありがとうございます。

川越は芋好きにはたまらない町ですね。(*^^*)
まだまだ芋の食べ物があったのでご紹介したかったのですが(イジワル?)、
胃の方がついていきませんでした。無念です。

> 私だったら芋メニューの影響で間違いなく邪道”芋の顔はめ” をやってしまっていることでしょう。

おお、はやぶささんこそ真の勇者です。
真のせっかくだから第一人者の称号はあなたのものです。(いらんて)

このお店はどこのお店も赴きがありました。
コーヒー屋さんの袋もコーヒーのネーミングもいいですよね。

EDIT  REPLY    
かーさん、こんにちは

くろばい  

2009-05-29 22:03

コメントありがとうございます。

この町は、ちょこっと食べられるサイドメニューのようなものも多くて、
本当にいろんな意味で魅力的な町でした。
まだまだ芋関係の食べ物があったのですが、
制覇できなくて残念です。
芋そうめんとか、芋餃子もあったみたいです。
食べたかったなぁ。

> 近い内にポタリングで行ってみたいと思います。

美味しい芋ものを食べてきてくださいね。
って、名物は芋だけじゃないですね。^^;

EDIT  REPLY    
こんばんは!

チャリじい  

2009-05-29 22:19

いやあ、相変わらず、充実していらっしゃいますねえ。いもあんみつパフェにいも恋に味噌パン。どれも、いかにも川越らしいですね~!
紫イモソフトクリーム、川越産でなかったといのは痛恨でしたね。私が子供のころ、芋掘り遠足といえば川越でしたが、いまは宅地かが進んで、耕作面積は激減してしまったと聞きます。そういった事情もあるんでしょうか。あ、単純に紫イモは南方系なのかな?
さあて、駐車場にはいったいどんな注意書きがあったのか? 高まる期待にワクワクしながらポチッ! また遊びにきますね~!

EDIT  REPLY    
参考になりました

エフ  

2009-05-29 22:54

約一年ぶりのコメントです。
自分も川越まで自転車で行こうと思っていたところだったので、大変参考になりました。
ウチは板橋なので、川越まではくろばいさん家からはやや近いかな。

今回ツボったのは「小一時間(前の自分に)問い詰めたい」です。
ほんとにくろばいさんの笑いの文章の才能を感じます。

EDIT  REPLY    
祝、ミニベロでの100km走破!

かんち  

2009-05-29 23:48

私はやっとクロスバイクで、先週の土曜日に初の100km越えができました♪
新百合ヶ丘から秋川渓谷までの往復だったのですが超ギリギリの100.9kmでした。
危うく100km行かないところでしたが…
その時は最後に近所を徘徊してでも強引に100kmを達成させる覚悟でした(笑)

初心者にとって100km走破は最初の関門であり勲章ですから、かなり嬉しかったです(^-^)
えぇ、もちろん自慢しまくりです。。。(^┰^)ゞ


>「人にならない顔ハメは顔ハメじゃないっ!邪道だ!」は分かる気がします(笑)

顔ハメは大半が人間ですがキャラクターや動物系もそれなりにありますし、
ハチやカニや花、ソフトクリームやこけしだってあったりします。
でもそれらの顔ハメに共通するコンセプトは「可愛いく擬人化しまっせ!」じゃないかと…

ここに顔をハメたら「可愛いカニ人間」や「可愛いソフトクリーム人間」になれますよ~
と言うメッセージが普通は看板から伝わってくるもんですが、
残念ながら、この芋顔ハメからはそれが微塵も感じられません。。。

製作者の「この辺りに穴をあけたら誰かが顔を突っ込むかも」的なやっつけ仕事の臭いがします。
そこには顔ハメ職人のプライドはいっさい感じられませんね。
(実際にそんな人が居るかどうかは知りませんが…汗)

だからクロバイBさんはたぶん「芋になる事にプライドが許さなかった訳ではなく、
その安易な顔ハメに首を通す事に対してプライドが許さなかったのではないでしょうか?」

完全な想像の世界ですが、ついつい我を忘れて顔ハメを熱く語ってしまいましたm(__)m

ポチッとしときました☆続編を楽しみにしてます~!!

EDIT  REPLY    
チャリじいさん、こんにちは

くろばい  

2009-05-30 21:11

コメントありがとうございます。

せっかくだから魂を存分に発揮することによって、なんかいろいろと充実しました。
(特に食関係ですが)
紫芋ソフトはだまされました^^;。まあ、おいしかったのでよかったのですが。
芋掘り遠足で川越に行かれたんですか。
ポタっている間には全然お芋畑には遭遇しませんでした。
宅地化の影響なんですね。
駐輪場の注意書きは今回書きましたが、気が付きたくなかったです・・・・
ポチッありがとうございました。

EDIT  REPLY    
エフさん、こんにちは

くろばい  

2009-05-30 21:18

コメントありがとうございます。

おひさしぶりです(^^)/
板橋からだと川越もよさそうな距離ですね。
少しでも参考になれば、ブログを書いている張り合いになります。

「笑いの文章の才能」ですか。
自分ではそんなおもしろいことを書いているつもりはないのですが、
楽しんでいただけたならうれしいです。

EDIT  REPLY    
かんちさん、こんにちは

くろばい  

2009-05-30 21:27

コメントありがとうございます。

> 祝、ミニベロでの100km走破!

ありがとうございます。
かんちさんも100km越えおめでとうございます!
秋川渓谷まで行かれたんですね。
この季節は新緑が美しいので渓谷は気持ちよさそうですね。

自転車に乗り始めると、100kmは一つの目標ですよね。
私も初めて100km走破したときはうれしかったです。

そういえば、顔ハメって人物だけでなく動物もありましたね。
牛久では相方も嬉々としてリスの顔ハメに顔をつっこんでいたような・・・
う~ん、深いご考察ですね。
相方がそこまで考えていたかはわかりませんが、大変納得しました。
そういえば、中には絵が非常にうまい顔ハメもありますので、
顔ハメ職人さんているんですかね。

ポチッありがとうございました。
なかなか終わらないのですが、おつきあいください。

EDIT  REPLY    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。