クロスバイクを買っちゃうぞ!
初心者がクロスバイク乗りになるまでの軌跡
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

下町稲荷寿司ポタ
本日はすでに最低月イチのわが家恒例行事となっている実家の両親が旅行により、
愛犬のお世話の為にまたまたしょう油の街市にお留守番に来ております。

昨日から移動してきたのですが、昨日は移動前に近場をポタって参りました。

丁度、お昼を食べていなかったのでポタメシの為のポタ、つーか昼飯を買いに行くポタで、
向島の稲荷寿司屋さん「松むら」さんに行くことにしました。

このお店は、ありとあらゆる町の30位ぐらいまでを(おそらく)独断で決めて紹介している
キンキンこと愛川欽也さんが司会の某ローカル番組でも確か紹介されていたのですが、
やはり有名店なのか、以前、浅草のカフェにいった時に店先に置いてあった
墨田区のこだわりショップが紹介されているフリー冊子“発掘隊推薦第4弾”にも紹介されていて、

冊子
 
いずれは行ってみたいと目論んでおりました。

お店は墨堤通りから入る“地蔵坂通り商店街”の中にあり、

地蔵坂商店街

坂の上にあるこの“子育て地蔵堂”から名前の由来が来ているようです。

子育て地蔵堂

昔からある商店街のようで、歴史を感じさせるお店も並んでおりますが、
しかし土曜日だったからなのか、夕方近くだったからか、
それとも(考えたくないけど)実は元からそうなのか・・・
 商店街自体はあまり活気は感じられず、まったり感が漂っておりまして、
ある意味近頃よくある商店街という感じでした。

地蔵坂商店街

そして目的のお店「松むら」さんは、おそらく商店街の中ほどの位置にありました。

松むら 

お寿司屋さんではなく、稲荷寿司屋さんはめずらしいような気もしますが、
「発掘隊推薦第4弾」のお店の紹介文から抜粋すると、

ご主人ははじめは寿司職人になるつもりで四国から上京されたそうですが、
お寿司屋さんに入るつもりが間違えて稲荷寿司屋さんに入っちゃったそうです。

もう、うっかりさん。(o´∀`)σ

「ヤバイ、ここ寿司屋じゃなーい(汗)」とか思いつつ、
結局、言い出せずにいたのだろうか?

さて、お店の前に行くと、一瞬、営業しているのかしていないのか不明な感じで、
某街角ランキング番組を見た時の絵面では、店頭販売をしていた気がしましたが、
お店の前のショーウィンドウに並んでいるのは、値札と空箱のみ。

この時は午後3時半頃だったので、
なんとなく微妙な時間だし、終わっちゃったのかも。

とこっそりお店の中を覗くと、お店の中にスタンバっていたご主人とバッチリ目が合いました。

なんかご主人の目は「ウエールカム」と言っていたような気がする。

そこで改めてよくよく見ると、店頭販売だと思っていたのですが、
店頭販売の場合、ショーウィドウの上がガラス戸になっていて、
そこからやり取りするのが常ですが、ガラス戸と思っていた場所がはめごろしのガラスで、
注文等のやり取りはお店の中に入り行う事がうっすらと判明しました。

「それならば」とお店に入ると、お店にはカウンターとテーブル席があり・・・
しかしそれはお客用なのか、なんとなく雰囲気作りで置いてあるのか不明。

基本、イージーで超ヘタレ人間なわれわれとは対極をなすような
厳しい修行をくぐり抜けたという職人的なオーラが漂うご主人に気後れして、
「お店で食べる事はできるんすか?」とか問えぬままに、
なし崩し的にお持ち帰りを頼むことにしました。

まあ、元々お持ち帰りする気でいたのでいいんですけどね。(--;)

稲荷寿司の他にも巻物や太巻きもありましたが、
まずこのお店のイチオシメニューの稲荷寿司とかんぴょう巻は外すわけにはいかんので、
稲荷寿司5個とかんぴょう巻き6個がセットになっている詰め合わせ(840円)と、
別途、納豆巻き(210円)とお新香巻き(210円)を注文。

稲荷寿司は少々作りおきをしているようですが、
巻物はその場でご主人が巻いてくれ、巻きたてを提供してくれます。

なんとなく息を詰めて見ていたのですが、
海苔巻きを包丁で切る時の「パリッ」という音がなんとも心地よいです。

早速、初めから食べる場所と定めていた隅田川沿いに行き、食べる事にしました。

隅田川の河川には、市民の憩いの場として作られたであろう場所があり、
川沿いのロマンチックスポット・・・と個人的には思うのですが、
場所が向島に面した隅田川といささか渋さが先に立つのか、
若者やカップルにはいささか不人気のようで、
この隅田川ロマンチックスポット(?)は大抵ガラすき。

隅田川

これがマンハッタンとかテムズ川だったら、
おそらく若いカップルが愛の語らいをしているであろう夕暮れ時ですが、
隅田川ではこの有様。

相変わらずカップルシート(?)には、人っ子一人座っていません。

隅田川

写真では、「どこのマンハッタンだよ。」と思うほどの(思わないって) 
それなりのロケーションと思われるのに、この使われなさっぷりは由々しき自体、
区議会の議題にした方がいいのではないでしょうか?
所詮、墨田区民じゃないので、口出しはできませんが・・・

しかしお蔭様で食事に丁度いいファミリーシートも空いていたので、

隅田川

そこで食事タイムをとる事にしました。

座ってみるとこのファミリー席の椅子は妙に生温かい。

うーむ、これも秀吉の仕業か?愛い奴め・・・とはさすがに思わず、
どうやら原材料が石なので、陽が当たると温度がダイレクトに反映されて生温かくなるようです。

この季節だといい感じのヒーティングぶりですが、
真冬と真夏は座った瞬間、飛び上がる事になりそうですね。^^;

さて、この「松むら」さんは、この時まで向島にあるお店だけだと思っていたのですが、
入れられている割り箸を見て、他にも2店舗ある事が判明しました。

松むら

それぞれのお店の電話番号が割り箸の袋に書かれているのですが、
その電話番号の語呂合わせにセンスが光ります。

本店は浅草にあるお店で電話番号が“ハナミコレニショー”
浅草と言う土地柄なので、メインターゲットはやはり花見客なのでしょうか?

千住店の電話番号が“ハヤイイナリクレ”
なる程、腹ペコ状態の客の心理をついた語呂合わせですね。
私も確かに稲荷寿司を購入した時はそんな心理でした。

・・・んな事を考えていると、ふと気づいたのですが、
そう言えば某街角ランキング番組に出ていたのは、
向島のお店と店構えとかのディテールが微妙に違うような気がしましたが、

もしかしたら他の店舗なのかも(゚∇゚ ;)

確か「京成関屋」の特集でやっていた気がしますし・・・
(後から確認したらやっぱりテレビに出ていたのはハヤイイナリクレの千住店でした^^;)

稲荷寿司とかんぴょう巻きの詰め合わせは箱に入れられていましたが、
オプションで頼んだ他の巻物は、よく肉屋さんの肉が包んである紙(?)に包まれて、
紐で縛ってありましたが、こういう形状のアイテムを見るとやりたくなるのが、

松むら

「おみやだよーーーん。」

もはや絶滅危惧種ならぬ絶滅危惧仕草で、あのサザエさんですら今は使われているかも不明の
22世紀に残したい日本の古き良き仕草です。(あくまで個人的にですが)

本当は詰め合わせの箱の方が様になったのでしょうが、
そちらの方は輪ゴムで止められていたのが残念です。

そして付属していたしょう油入れも“魚”の形のしょう油入れでなんか懐かしい感じっす。

松むら

・・・と前置きがかなり長くなりましたが、
こちらが“稲荷寿司とかんぴょう巻きの詰め合わせ”

稲荷寿司かんぴょう巻き

こちらがオプションの“お新香巻きと納豆巻き”です。

納豆巻きお新香巻き

巻物は鉄火巻きやねぎとろ巻きなどのような派手な味ではないものの、
地味にいい味を出しています。

特にかんぴょう巻は歯ごたえがあって美味しいです。
私はかなり少数派閥のかんぴょう巻きにわさびを付ける派なのですが、
わさびがあったらより美味しさが引き立つのにそれだけは残念。

そしてメインの稲荷寿司ですが、さすがに稲荷寿司のお店だけあって、
なんていうか片手間ではない本格的な稲荷寿司という感じです。

甘いタレがたっぷり染みたお揚げがジューシー、
ご飯はニンジンとハスの入った酢飯、これもお揚げとよく合います。

稲荷寿司

稲荷寿司はこういう手軽に食べられる感じがいいですね。
持ちも良さそうだし、ポタ時のお弁当なんかにもいいかも。

昨日は時間もなかったので、これだけで家に帰ってきたのですが、
距離的には何とか、連続ポタ記録規定の5kmをギリギリ上回りました。

秋の天気は変わりやすいので、これで今週も週一記録更新できて安心ですが、
本日もいいお天気なので、 せっかくしょう油の街市に来ている事だし、
今日こそ4度目の正直で行方の高級レンタサイクルに挑んでこようと思います。

【走行距離】6.37
【走行時間】0:23:14
【平均時速】11.8
【最高時速】23.0

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 人気ブログランキング

関連記事

この記事に対するコメント
くろばいさん、こんばんは!
かんぴょう巻きとお稲荷さんのセットを俗に『助六』といいますが、
私も案外好きだったりします。

しかもお稲荷さんは、昨日食べたばかりですし!(笑)

でも・・・近所のスーパーで買ってきたのですが、
正直かなりガッカリ感満載のお稲荷さんでした。

あ~、美味しいお稲荷さんが食べたくなってきた!(爆)

【2009/11/01 18:20】 URL | 片山R #Km1x6rE. [ 編集]

稲荷・隅田川テラス 好きです(ハートマーク)
くろばいさん こんばんわ

 松むらの稲荷とかんぴょう巻き、ワタシも北千住店で常連です。噛みしめた瞬間の味は絶品ですよね。最近は、マルイの地下で黒糖稲荷に浮気していますが……。

 墨田テラス、なんでカップル席の人気がないのか、不思議ですよね。セーヌ河岸や神宮外苑みたいに木々がないからかな、とかいろいろ思います。ここはひとつ、くろばい家が「隅田川は日本のセーヌだ」とアピールすることで、ブームを作ってほしいものです。
【2009/11/02 00:11】 URL | 横山 #- [ 編集]

片山Rさん、こんにちは
コメントありがとうございます。

そうでした。これは“助六”っていうでしたね。
私も稲荷寿司とかんぴょう巻きは、握り寿司とは別なシンプルさが好きです。
特にかんぴょう巻きにわさびをたっぷり付けて食べると最高です。

> でも・・・近所のスーパーで買ってきたのですが、
> 正直かなりガッカリ感満載のお稲荷さんでした。

スーパーのお惣菜は当たりハズレがありますよね。
うちの近所のスーパーのお惣菜も何を食べても目にあまるがっかりなお味です。
お蔭でお惣菜を買わない生活になりましたが、
たまに料理をサボりたい時は本当に困ります。^^;
【2009/11/02 00:12】 URL | くろばい #CBIGXRYU [ 編集]

おはようございます。
おはようございます。

 実は稲荷寿司フリークの私にとって、今回のくろばいさんの記事を拝見して、とても空腹感を感じている午前5時過ぎですが、稲荷寿司専門店の稲荷寿司はとても美味しそうですね!
 いろいろ具が入っているいなり寿司よりも、できるだけシンプルな方が好みなのですが、まさにこのいなり寿司は私の好みにベストフィットしています。
 パッケージに「登録商標」の文字が見えるのですが、もしかして、このお店のいなり寿司が元祖なのでしょうか?

 かんぴょう巻き・・・・・大阪ではどちらかと言えばマイナーな巻物ですが、おすし屋さんにとって、かんぴょう巻きを注文するお客は、フランス料理店で、コンソメスープを注文するお客同様、「おっ、このお客はなかなかやるな!」と一目おかれるそうですよ。

それでは更新頑張ってくださいね☆ポチ
【2009/11/02 05:12】 URL | たーちゃん #mQop/nM. [ 編集]

横山さん、こんにちは
コメントありがとうございます。

>  松むらの稲荷とかんぴょう巻き、ワタシも北千住店で常連です。噛みしめた瞬間の味は絶品ですよね。最近は、マルイの地下で黒糖稲荷に浮気していますが……。

北千住店の常連さんでしたか~。
私は初めて食べたんですが、お稲荷さんジューシーで美味しいですよね。
マルイの黒糖稲荷も美味しそうですね。
今度マルイに行った時にチェックしてみます。

隅田川テラス、意外にロマンチックスポットだと思うのですが、空いてますね~。
これは由々しき自体だと思うので区民ではありませんが、
こんなチンケなブログでよかったら、地味に宣伝して行きたいと思います。
横山さんもぜひ隅田川テラスをセーヌに変えるプロジェクトに
ご協力くださいませ。(笑)
【2009/11/03 09:47】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]

たーちゃんさん、こんにちは
コメントありがとうございます。

稲荷寿司、美味しいですよね。
稲荷寿司専門のお寿司屋さんは私も初めて行ったのですが、
また家庭で作る稲荷寿司とは違う本格的な味がして
美味しかったです。
握り寿司とは又違ったシンプルな感じも美味しいですよね。
「登録商標」の記述は気がつきませんでした。
このお店が稲荷寿司考案者・・・なのですかね??

かんぴょう巻き大阪ではマイナーなんですね。
私も子供の頃は、お寿司かんぴょう巻きがついているとがっかりとしましたが、
今では積極的に食べる感じです。
お寿司屋さんでやれば一目置かれるかも。
肝心の普通のお寿司屋さんに行く機会があまりないのが残念ですが・・・。
ポチありがとうござました。
【2009/11/03 10:29】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]


少数派ってか、近所の廻らないおすし屋さんでは最初から
海苔巻きわさび入りでって注文します。

人生の大先輩で田舎が栃木県のくせに、かんぴょう巻きは食わないって言って
いた人も一度食べたら好きになったみたいです。
【2009/11/03 18:28】 URL | さとしお #TOmz3iPU [ 編集]

さとしおさん、こんにちは
コメントありがとうございます。

私は主に廻るお寿司やさんに行くことが多いので、
食べる時は別にわさびを貰っていますが、
ちゃんとしたお寿司やさんだと初めから入れて注文できるんですね。

栃木はかんぴょう巻きが盛ん(?)な地域なんですね。
私もわさびを付けることを知ってから更に好きになったので、
さとしおさんの大先輩さんの気持ちがよくわかります。
【2009/11/03 22:45】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



広告



カテゴリー

にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ
人気ブログランキング



プロフィール

くろばい

Author:くろばい
愛車ビアンキ・パッソ
【愛称:ビンちゃん】
愛車2ビアンキ・ミニベロ9
【愛称:ベロンチョ(ベロちゃん)】
激情にながされ1週間で購入に至る
愛車3ママチャリ
【愛称:ソルジャー・チャーリー】
現在自転車3台を所有。
あまりの自転車の増殖率に
恐れおののく日々。
これ以上、増えることはないと
思いつつも、自分が信じ切れない
今日この頃・・・。

相方(くろばいB)
愛車:RSR-4(ブルー)
【愛称:ルイちゃん】
愛車2:ラレー・RSW SPECIAL
【愛称:くろまるくん】
新たにミニベロを購入して、
自転車わが世の春を謳歌中。
自己開発のアンゴラダイエットの
お陰で(いまのところ)メタボリック
危険水域を脱出。
しかし現在、ポタ時はポタメシを
思いっきり解禁しているので、
リバウンドに王手か?



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



月別アーカイブ



カウンター



ブログ内検索



RSSフィード

  • seo



おすすめの自転車本

わが家の自転車メンテナンスのバイブル!





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。