クロスバイクを買っちゃうぞ!
初心者がクロスバイク乗りになるまでの軌跡
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神田古本まつりポタ【前編:初めての味スマトラカレー】
最近、寒暖の差が激しいですね。

地球(つうか宇宙?)のその日の気まぐれで、
12月の陽気になったり10月の陽気になったり・・・

所詮、人間はちっぽけな存在なので、その気まぐれに翻弄され、
ポタ時の服装も日によって何がなにやら状態です。

しかしこの時期はまだ身体が甘やかされているというか、
突然冬の寒さが襲ってくると、すっかり寒さに体も慣れ気持ちもあきらめきった
真冬よりも始末におえないつーか、かえって辛く感じませんか?

そしてこの秋一番(当時)の寒さが襲ってきた11月3日の文化の日は、
そんな始末におえない日の最たるものでした。

この部屋にいるとテレサ・テンの名曲「愛人」の哀しげな出だしのフレーズを思い出す事が多い、
窓に西日の当たる部屋、つーかむしろ西日しか当たらん我がマンションのリビングにも、
この日は朝からヤバイ雰囲気が漂っていました。

日照のことを考えると自らの(若くなかったけど)若気の至りで、
つい即決で購入してしまった失敗を認めざるを得ないえないこのマンションですが、
唯一西向きの嬉しい事は富士山が見えるという事です。

その事ですべて帳消しにならないものの、
やはり私も日本人、はるか彼方に小さくでも富士山見えるのは嬉しい事です。

しかしこの富士山が現れるのは、ほぼ冬限定、
寒くなればなる程空気が澄むせいか、寒い時期ほど富士山がくっきりと見えるのです。

“唯一の嬉しい事”の恩恵すら年に半分以下しか受けられない微妙な哀しさはさておき、
朝のうちならまだしも、この日はお昼に限りなく近い時間になっても、
マウント富士はくっきりとその姿が現れたままでした。

・・・つまり冬型って事か。(‐‐;)

改めてネットで天気予報を見ると、
前日の2日の夜未明に東京では「木枯らし1号」が吹いたらしい・・・

この日の予定としては、陽気がよければ陽気に足漕ぎボートで横十間川下りをするつもしたが、
木枯らし1号は・・・もう吹いたらしいから次なる2号、3号が吹く中、
水辺のボートに乗って陽気に振舞えるほど、体も心もできた人間ではなし・・・

急遽、目的地を変更すべくネット検索をしたところ、
神田で行われている古本祭りが最終日を迎えるという事なので、
神田なら(比較的)近いし楽そうだし、めったに刺激しない知的好奇心ってヤツを
たまには刺激すのもいいだろうと、本を物色しにそちらに行く事にしました。

今秋一番の寒さらしいので、出掛けるに当たって身支度も多少の冬支度をしまして、
私も相方も今季初の耳あてを装着。

イヤーウォーマー

私は過去に評判のヤブ技術力が今ひとつという耳鼻科にかかったところ、
耳の穴に器具を遠慮なく突っ込まれ、人生で最大の拷問系の不快な痛みを味わった上に、
それ以来冷たい風を耳に浴びると、耳の中で妖精さんが暴れだした系の
痛みに襲われるという持病(?)を持つ身なので、
早い時期から痛みなく自転車に乗るには耳あてが欠かせないのですが、
相方は別に耳の中に妖精さんもいないのに、
便乗で早くから一緒の時期に耳あてをするんですよね。

なんでも一度耳あてを知ってしまうと、
ちょっとでも寒くなると耳あてをしないといられない体になったとか・・・

耳というのは、普通は年がら年中出しっぱなしでも問題ない人が多いですが、
甘やかすと耳の皮膚も甘えるって言うか、なまっていくもんなんですね。

そしてすでにデビューを果たしていましたが、
毛玉だらけでただ事ではなかったカラー軍手(3年目)も、
毛玉を排除して美しく生まれ変わりました!

これで毛玉大嫌い同盟会長としての面目も躍如、まるで新品同様になりましたが、
毛玉を毟った事による弊害で、保温率は以前より著しく低下したような・・・

まあ、憎っくき玉になっちまったとは言え、
元は暖かさを提供していた毛の一部なんだから当然か・・・

更に今季初のババ・・・おしゃれインナーを着込んで張り切ってポタにGO!です。

・・・と外に出たのですが、張り切れねぇ。

お外は気力を根こそぎ奪い取るほど、半端なく寒いです。

中にはおしゃれインナーを着込んだものの、一応、名義上はまだ“秋”だったので、
固定概念にを捨てきれない私としては、上着はつい薄い秋物にしてしまったんですよね。

一瞬、戻ってダウンを着て来ようと思いましたが、
も一度、自転車を抱ええてエレベーターを戻るのはなんともメンドクサイ・・・
誰がなんと言ってもまだ秋なんだし、

漕いでいるうちに体も温まってくるはず。

と強行突破しましたが、すぐに自分の横着な性格を呪うことになりました。

自転車を漕いでいると風はけして強くないのですが、冷たさが真冬の北風並、
さすが前日に木枯らし1号が吹いたというだけの事はあります。

一見、こんなに太陽光線も届いていたいいお天気なのに、

 

隅田川

「・・・寒いよ。こんなに暖かそうなのに寒いよ。」って位寒かった。

そこで一句、

“東京に木枯らし1号吹いたから、今日は今年のババシャツ記念日”

冬の季語=ババシャツ

なんて何をオマージュしているか丸わかりだが
(でもオマージュ元が古すぎて若い人にはバレんかも)
本家とは打って変わってロマンスの欠片もない俳句を詠んでいる場合じゃない。

いや、この寒さはたかがババシャツ一枚で何とかなるレベルじゃないから。(>_<)

これで秋なんて、もう何事~?!っていう感じです。

しかもちょっと自転車には微妙な長さの秋物ジャケットを着てきてしまったので、
見えてはいけないおしゃれインナーが見え隠れするらしく、
姿勢によっては背中もスースーするし、後ろを走る相方からも注意勧告が飛んできます。
まあ、ひと様にお見せする事ができない放送禁止シャツですもんね。(--;)

「なんか背中を気にしながら走る季節になったなぁ。」

とやけに生活臭のするところで秋の深まりを感じちゃったり・・・

私も出来れば、月の輝きとかで季節を感じたかったんですが、
なんかそこで季節を感じちゃうのって我ながら終わってる感じがするかも。

そんなこんなで私と同じく固定概念を覆すことができずに秋物を着て来た相方と、
さして体温を上昇させることなく、寒さにおののきながら取りあえず神田には到着しました。 

目的はもちろん知的好奇心を刺激の神田の古本まつりですが、
この寒さだと取りあえず何処かで休息をとらなければ・・・

と偶然を装っているような書きっぷりですが、
もちろんその辺だけは抜け目なく、ポタメシ処はしっかり用意してあります。

この日のポタメシはスマトラカレー、
個人的には正直、全然馴染みのないジャンルのカレーですが、
なんと創業大正13年の歴史があるお店です。

そんなに昔から日本に存在するのに、
意外にスマトラカレーなるジャンルが他に拡散ていないのはなぜ??

という素朴な疑問はさておき、

お約束の“相方がお店の場所をワンブロック間違えるの巻”で、
寒空の中20分程、見当違いの場所を行ったり来たりしましたが、
それ以外はおおむね順調に(それ自体で順調とは言いがたいんですけどね)
お店に着きました。

地下にあるお店なので地上に立派な看板が掲げてありますが、

共栄堂


配色が地味な為かやけに周りの景観と一体化していて、うっかり通り過ぎそうになりました。

こちら「共栄堂」さんです。

共栄堂

中に入って見ると“歴史”というヤツが香ってきそうな佇まい。

こちらのお店はもちろんスマトラカレーも有名ですが、
もうひとつ人気メニューとして、カレーを頼んだ者のみ注文することが許されるという、
期間限定(10月~3月)焼きリンゴがあるようです。

食後のデザートにそちらも注文したかったので、カレーを注文後に、

「えーと、あとコーヒー2つと・・・」

まで言ったところで、

「コーヒーは今日はお出ししていないんですよ。^^」

と0.1秒の即効で朗らかに断られました。

しかし人間断られると思っていないところで断られると意外とダメージを受けるようで、
まさかのコーヒー注文拒否に度肝を抜かれまして、そのまま思考停止、
頼むはずだったデザートの焼きリンゴも頼めずに、結局、注文したのはカレーだけ。

なんかコーヒーが断られてすっかり心が萎縮したというか、
「コーヒーがダメでデザートがOKな事なんてあるわけない」と疑心暗鬼になりまして・・・

それにしても・・・このお店は祝日のこの日は本当は定休日だったのに、
古本まつりのためか特別に営業をしていたようので、
コーヒーが出せない何かの事情があったのでしょうか?

こういう事情を邪推推測するのが得意な相方が言うには、

古本まつりで混んでいるので、
コーヒーを飲ませると長居されちゃうからじゃない?


と。

確かに、せっかく休日開店してるんだから、回転率を上げたいと思うのは人情かも

そして注文してわずか2分程度、
心の平静を立て直す間もなく意表をついてカレー到着。

って、早っ! Σ(゚д゚;)

カレー

手前が私の「チキンカレー(普通盛)」(1,100円)
奥が相方の「ポークカレー(オプションでルー大盛)」(1,100円)です。

絵面を見ると色のトーンが同じなので具材だけを変更して味が変わらないような気もしますが、
実はそれぞれのカレーは具材によって味もそれぞれ違うらしく、
ネット上の噂によるとポークが一般的な味らしい。

そもそもスマトラカレー自体よくわかりませんので、
一般的という指標がどの程度を差すのかは、まず疑問ですが・・・

そしてご飯に掛けて見ると、若干茶色味が強いものの、まあ、普通のカレーですが、

チキンカレー

一口食べてみると、

これがスマトラカレーってヤツか!

と妙に納得のお味。

具体的に味を語れない山岡士郎的才能が皆無の自分がもどかしいですが、
インドカレーともタイカレーとも違う、別の風味のカレーです。

辛さはさほど辛くなく、スパイスが数十種類使われているわりには、
スパイシーではないかといってマイルドではないお味。

確かにチキンと食べ比べるとポークはとっかかり易い感じで、
チキンは更に独特感が増し、よりとんがったスマトラという感じのお味。

その辺は好みだといいますか、私はとんがったチキンの方が好みで、
相方はポークの方が好みだというので、
この日は平和にそれぞれ自分の頼んだカレーを食する事ができました。

このカレーはなんだか不思議とクセになる味のカレーなので、
口に運ぶごとに美味しく感じていくのですが、
周りを見ているとやっぱりクセになっている方も多いのか、
少々お昼からはずれた時間帯にも関わらず、
古本市でイレギュラー的に混んでいるのか、それとも元からこんな感じなのか、
次から次へと途切れる事なくお客さんが入ってきました。

お客さんの中には常連さんらしきお一人様も多く、
お一人様は合い席になるのが常のようなので、
その気まずさもあるのか、とにかく回転が速い。

その回転率に釣られてという程ではないと思いますが、
お一人様でないお客さんも全体的に回転が速いような・・

私たちもその回転に身を任せてちゃっちゃと食べ終わるところでしたが、
あるお客さんに運ばれようとしている真っ赤なアレを目撃して、
急に様相は一転しました。

真っ赤なアレ=焼きリンゴ

えっ?注文可能なの??焼きリンゴ(゚∇゚ ;)コーヒーはないのに??

いや、焼きリンゴを食べる時にコーヒーまたは紅茶を飲まなくてはならないというのは擦り込みで、
なんら法律的な拘束はないのだから、別にコーヒーの有無に関わらず、
焼きリンゴを提供していても問題はないのでしょうが、
やっぱり長年の習慣で甘いものを食べるならカフェイン系の色付きの飲み物が欲しい。

しかし焼きリンゴは期間限定、次に来るのはいつかわからないので、
このチャンスを逃すと、なかなか焼きリンゴを食べる機会に恵まれないかも。

食欲と習慣の間に揺れ動き、

コーヒーがなければ、お水を飲めばいいじゃない!

幻の禁じ手としては、カレーに付いていたコーンスープという手もある。

このスープも美味しいので、まあ、ニューテイストの飲料だと思えば・・・(ある意味飲料だけど)

と最後は無理くり心に言い訳をして、食欲が勝利(わが家の場合、常に食欲が勝利しているような)
追加注文で焼きリンゴを注文する事にしました。

こちらが「焼きリンゴ」(500円)

焼きリンゴ

お好みで生クリームをかけて食べるもの良しということなので、
せっかくだから生クリームをトッピング。

絶妙に果肉に歯ごたえがあるように焼かれていて、
それでいてすっとスプーンで切れる感じ、

焼きリンゴ

自然が甘さが素朴でとても美味しい。

そう言えば、今までの人生であえて焼きリンゴってあまり注文した事がないような・・・

そのせいですぐにはわかりませんでしたが、
こういうリンゴ料理に存在しがちのある風味が不足しているような気が・・・

はっ!そう言えば、シナモンの香りがない。Σ(゚д゚;) 

個人的にはシナモンはあってもなくてもよく、むしろジャマに感じる時もあるので、
(結構、自己主張強いし)ヤツがふりかかっていないのは何の問題もなく、
かえってリンゴ本来の香りで美味しく頂けました。

が、

やっぱり飲料が無味無色のウォーターだとなんか寂しい気が・・・

今、なによりコーヒーが欲しい。

絶対、お店で粘らないから欲しい。

ちゃっちゃと飲み干すから欲しい。

この時の私たちは“今コーヒーを飲みたい人in日本のベスト100”には入っていたかもしてません。

お食事には満足したものの、

心の底からコーヒー飲みてぇ。(T_T)

と体はコーヒー日照りになり、お店を出る事になりました。

・・・続きます。m(__)m

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 人気ブログランキング

関連記事

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



広告



カテゴリー

にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ
人気ブログランキング



プロフィール

くろばい

Author:くろばい
愛車ビアンキ・パッソ
【愛称:ビンちゃん】
愛車2ビアンキ・ミニベロ9
【愛称:ベロンチョ(ベロちゃん)】
激情にながされ1週間で購入に至る
愛車3ママチャリ
【愛称:ソルジャー・チャーリー】
現在自転車3台を所有。
あまりの自転車の増殖率に
恐れおののく日々。
これ以上、増えることはないと
思いつつも、自分が信じ切れない
今日この頃・・・。

相方(くろばいB)
愛車:RSR-4(ブルー)
【愛称:ルイちゃん】
愛車2:ラレー・RSW SPECIAL
【愛称:くろまるくん】
新たにミニベロを購入して、
自転車わが世の春を謳歌中。
自己開発のアンゴラダイエットの
お陰で(いまのところ)メタボリック
危険水域を脱出。
しかし現在、ポタ時はポタメシを
思いっきり解禁しているので、
リバウンドに王手か?



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



月別アーカイブ



カウンター



ブログ内検索



RSSフィード

  • seo



おすすめの自転車本

わが家の自転車メンテナンスのバイブル!





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。