クロスバイクを買っちゃうぞ!
初心者がクロスバイク乗りになるまでの軌跡
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

谷中湖におけるレンタサイクル実地調査(再)【最終回】
今日はいいお天気でしたね。

わが家は今日から12月13日まで開催している
「都立庭園紅葉めぐりスタンプラリー」に行ってきました。

9庭園のうち5庭園を巡ると庭園カレンダーがもらえるそうです。

結局今日は、1箇所だけしか巡れなかったので、
期限以内に巡れるかどうか、ちょっと不安です。

相方に意地でも回らされると思いますが・・・^^;

ところで・・・・

突然ですが、よく外のお手洗いの個室のドアの内側に付いているフック状のものは、
何の為についているかご存知ですか?

私は“荷物を掛けるためのフック”以外の何者でもないと思っていたのですが、
昨日、正しい使用方法が判明しました。

あれは、荷物掛けフックではなく、トイレのドアが壁に当たらないようにする
“タメ”というかクッションなんですね。

その事実をどこのどなたにその事を教えてもらったかというと、
今までまったく接点のなかったデパートの保安員の方に、
真相を聞く羽目になったのですが、それには語るも脱力の物語が・・・

以前からトイレの個室に入るとあのドアのフックのところに、

“盗難の恐れがあるので、ここに貴重品を掛けないでください”

と書いてあるところがありました。

それを見るたびに、

こんなところの荷物をどうやって盗むんかいな。

と思っていたのですが、スリ被害に遭う事4回、その点人を信用できなくなっている私は、
首をかしげながらも、このフックには貴重品を掛けなくなりました。

しかしこのドアのフックに貴重品を掛けると盗難に遭う事になるという事を
身近な身内である母が証明してくれるとは夢にも思いませんでした。

昨日、用事があって実家に帰っていたのですが、
用事を終えた後に、母と2人で某デパートに寄ったのです。

母がトイレに行き、私はその間売り場で待っていたのですが、
しばらくして出てきた母はプチパニック、

「トイレの中からカバンがなくなっちゃった。∑( ̄ロ ̄|||)」

はぁ??∑(゚∇゚|||)

母が言うには、個室に入りカバンをドアの内側にあるフックに掛け、
用をたし、外に出ようとカバンを取ろうと思ったら、もうカバンはなかったそうです。

そんなバカな・・・と思いましたが、何度見てもどう見てもカバンは見つからず・・・

狐につままれたような気分で、その後デパートの保安員の方に事情を話し、
警察を呼んでもらい、事情聴取やら被害届やら・・・

警察の方と現場検証(?)をすると、
うちの母が入った個室が和式、隣の個室が洋式なので、
丁度、洋式の便座の上に乗って手を伸ばすと簡単に取れる状態になるので、
おそらく隣の個室からとったのであろうという事でした。

母が入った時には隣の個室は塞がっていたようなので、
もともと置き引き(?)目的で隣に個室に入っていて、
いい具合にカモがフックにかけたのですかさず盗んだのか、
それとも母がフックにかけた気配を感じ「これは盗れる!」と思って急遽盗んだのか・・・

その和式トイレはドアと平行に設置されてあるので、
用をたしている時に荷物に目が行かなくなる時があるのですが、
後から考えると隣の個室からやたらガタガタ音がしたというので、
やっぱり便座の上に乗って盗んだのでしょうね。

確かにこのデパートの個室の内側のフックにも“貴重品を掛けないでください”の
注意書きがありましたので掛ける方が悪いのですが、本当に世知辛い世の中ですね。

皆様もくれぐれも気をつけてくださいね。

買い物を済ませて、帰る寸前に盗難に合い、その後いろいろあって、
私も母も精神的にくたくたになって帰路についたのですが、
夕食の時間になってしまったので、食事をして帰る事にしました。

昨日は愛犬も連れてきていたのですが、ファミレスで食事をして戻り、
実家に帰って買い物の荷物を車から出そうとすると、

ない∑( ̄ロ ̄|||)

母がデパートで牛肉好きの相方に購入してくれた和牛のパックの中から
牛肉が全て消えています。

犯人はもちろん愛犬。(脱力)

盗難騒ぎで動転していてすっかり失念していたのですが、
食事する間、愛犬と牛肉を車の中で2人きりにしちゃったんですよね。

それにしても愛犬の体重(約5kg)からすると牛肉は結構な量だったんですが・・・

前に家族3人分の夕食の焼き鳥を9本を盗んで食べられたりした事もありますが、
いざとなったらどんだけ入るんだよ。愛犬。

たぶん、レアでも大丈夫そうなお肉だったので生でも大丈夫だと思いますが(犬だし)
泥棒にカバンを盗られ、愛犬に肉を盗られ散々な一日でした。トホホ。

と、いろいろな事件があり前置きが長くなってしまいましたが、
谷中湖レンタサイクルポタの最終回になります。よかったらおつきあいください。
ちなみにその1は→こちら、その2は→こちら になります。

******************************************

「ライスパーク」という主目的がはっきりしているような、
それでいて何がしたいのかぼやけているような名称のみから
全てを測り知ることは不可能という事で、直接行って全貌を確かめる事にしました。

運がよければ実は地元で人気の大盛況施設とかで、地元の奥様による米関連料理や、
更に運がよければオーガニックカフェとかが併設されているかもしれません。

正直、そんな気はまったくしないのが難ですが・・・

そんな不安と期待がないまぜの気持ちの中、見切り発車できたかわべを出発、
少々住宅街を走った後、のどかな風景が広がるまっすぐな国道を走ります。

道

果てしなく続きそうな国道の一本道、漕いでいるとそこそこ気持ちはいいですが、
なにせまったく地図がなく記憶だけで走っているので、
調子に乗って走り続けてもしこの道が間違っていたらかなりヤバイ気が・・・

ペダルの重い谷中湖なんちゃって号で誤ったミステークな道を延々と走り、
更に誤ったミステークな道を重いペダルを漕いで延々と戻ってくるなど、
あまりに怖すぎて考えたくもありません。

それだけで完全貸し出し時間は、タイムオーバーだろうし。

ここはとにかく慎重に記憶の引き出しを開けつつ、ライスパークに向いました。

・・・とか言っているそばから私の記憶の引き出しがいかれていて、
うっかり横道にそれたりはしましたが、ちょっと走っただけで、
あきらかに「ライスパークどころじゃないだろ」的なヤバ気な雰囲気の漂う道に入ったので、
大怪我をしないうちに引き返した為にことなきを得、
後は意外に順調にこのような看板の場所まで辿りつきました。

標識

看板が設置されているという事は、すぐ近くにありそうです。

そして看板の表示にしたがって曲がると、

建物

目の前に“いかにも”な建物が見えてきました。

平成ハコモノチックなとんがり屋根の可愛い建物は、
周りの田園風景の中にはけして溶け込まず、
子供がやる間違い探しの間違いのように、ひと際異彩を放っています。

「あれじゃなければどれだよ」ぐらいのライスパークビンゴ!な感じなので、
そのとんがり屋根の建物目指して迷うわず向いましたが、
とんがり屋根まであとわずか30mのところで反対側に設置されていた標識で衝撃の事実が判明。

標識

“ライスパーク→”

えっ?!目の前のあのいかにもライスパークな建物じゃないの??∑(゚∇゚|||)

これは心無いいたずら妖精さんが、人間を惑わすために道路標識を回しちゃったのかとも思い、
あきらめきれずにライスパーク風な建物まで行ってみたのですが、
とんがり屋根な建物は保育園でした。・・・だったら異彩を放ったとんがりでもアリだろうね。(--;)

よく見ると最初の標識の上には“町立保育所”という文字が書いてありますが、
この時はライスパークの文字しか目に入ってなかったんですよね。

道路標識は妖精さんの仕業ではなくガチマジのようなので、
改めてそちらの方面を見たのですが、畑の中に森が茂っていて、

道

どうも農業体験施設やら、ひいてはオーガニックカフェ(妄想)が存在する気がせんのですよね。

しかしそんな私達の不安を知ってか、ちょっとした希望のある看板も設置されていました。

看板

“新そばまつり”

ライスパーク内で行われるイベントのようですが、
“不動産の売り地販売”のようなデカイ看板で告知してあるので、
結構大きなイベントかもしれません。

「少なくともソバは確保したも同然。」と心の中でガッツポーズを取ったのも束の間、
日付を見ると“21~23日”

って来週やん。(がっかり)

いや、まつりをやるだけの心意気のあるところなら、
もちろん普段からある程度の食べ物提供の可能性はあるはず。

心は千々に乱れつつも、ここで千々に乱しても埒があかんので、
矢印方面に向かう事にしました。

そして100mも進んだ頃でしょうか。

遠くから見ると“森”だと思っていた場所に、
実はうっすらとあまり存在感のない建物が建っている事に気が付きました。

ライスパーク

直感であれが目的地の「ライスパーク」という事は理解しましたが、
50m先からでもヒシヒシと感じられます。

生命反応のなさそうな静けさが。

しかしこの期に及んで引き返すわけにもいかんので「ライスパーク」に到着しました。

が、

行楽日和(のはず)の日曜日に、
すでに閉鎖中でない事が不思議なくらいの静けさなんですけど。 (゚∇゚|||)

なんとなく無人島に漂着しちゃった人のような気分で、施設内を見回してみましたが、
施設内にはビニールハウスもあり、確かに春には苺も狩れたりするのかもしれません。
雰囲気からして一見の人間が狩れるかは謎ですが・・・

しかし晩秋である今は目ぼしい野菜も実ってなさそうで・・・狩る物もおそらくナッシング。

「ちくしょー、せめて来週に来たら蕎麦れたのに!!」

とグランドの土を持って帰りそうな勢いで、相方は悔しがっていましたが、
うーん、来週になるとこの静けさから一気に祭のテンションに盛り上るんだろうか??
とてもそうは・・・ごにょごにょ。

敷地内にはそこそこ大きな建物が2つあり、ひとつが目的地のライスパーク、
ひとつは郷土資料館のようで、もはやどちらがどちらでもいいような投げやりな気分ですが、
手前が「ライスパーク」

ライスパーク

奥の建物が「郷土資料館」のようです。

郷土資料館

食べ物どころか人の気配もしないので「ここで何かを食べて帰ろう」という甘い考えは、
すでに成層圏の彼方まで捨て去りましたが、
このような寂れた施設でも来たからには見学せずにいられないのが
せっかくだから病の悲しさで、おそるおそる手前のライスパークに入って見ました。

入っていいのかすら判断に悩む、まったくWELCOME感の感じられない入口ですが、
足を踏み入れても特に警報機等は鳴らなかったので入っていいようです。

中は公民館のような施設なのですが、ここで田植え等の講習が行われるのでしょうか?

蕎麦まつりを開催するぐらいなので、蕎麦粉が売っているのかと思いきや、
なぜかうどん粉などを売っていましたが、見える範囲には売り子さんらしき人が見当たらず・・・
静けさの中からかすかに世間話で盛り上っているような地元の奥様方(?)の声だけが聞こえてきます。

私達が善良な市民だからいいけど、もし悪に魂を売り渡した悪しき組織の一員だったら

精魂こめて作り上げた粉たちを根こそぎ持っていかれちゃうんでは??

でもなんかこのほったらし感は、この世知辛い世の中で「性善説」を訴えているようで、
嫌いじゃないんですけどね。

そして施設内を更なる奥地に足を踏み入れるのもなんだか憚られ、
(地元の奥様と目があったら気まずそうだし)
結局、どこで何をする施設だかよく判らないままライスパークは後にしました。

なんとなく消化不良のしょっぱい気持ちでしたが、
この時の時間は15時、どの道もう他の場所に移動する時間はありません。

「毒を喰らわば皿まで」という言葉がありますが、
こうなったらせめてこの施設と刺し違える気分で施設内を満喫しようと、
負けず劣らず人っ子一人いなさそうな「郷土資料館」の方も覗いている事にしました。

外観から見ると、これまた平成ハコモノにありがちな結構凝った作りの建物ように見受けられます。

“郷土資料館”という目的を考えるといささか小さい気もしますが、
それは展示するほどの資料があまりない・・・という事ではないですよね。たぶん。

資料館に近づいてみて気づいたのですが、先ほど人っ子一人いないといったのは誤りで、
実は草むしりをしているおじさんが1人いました。

周りに人がいないからこそできる

ヤバイ会話の数々を聞かれていないよな。(汗)

と内心焦りながらも平静を装い、郷土資料館の入口に行くと、

「入りますか?^^」

と言ってそのおじさんが、施設内の電気を点けてくれました。

どうやら使用していない時は、施設の電源は落としているようです。

なんて時代にマッチしたエコ精神なんだ。・・・つうか単に節約?

ていうか、見学者が来訪した時だけ電気を点ければいいほどの過疎ぶりなのだろうか?

来訪者名簿に名前を書くように促され、

「よかったら郷土歴史のDVDを見ていって下さいね。」

という言葉を残して(とりあえず)去って行かれました。

ぽっつーんと残された私と相方、北川辺の歴史を2人占め状態です。

もちろん時間があったら歴史DVDも見たかったのですが、いや、ホントに。
この日は時間もなかったのでその辺は残念ながら割愛。

ルート案内に従い資料館内を進みましたが、広い窓から燦燦と日射しが入り、
建物も和風のこジャレた造りなので、廊下辺りはまったりとした和カフェ空間でもよさそうです。

郷土資料館

もし今流行の(?)仕分けで仕分けられちゃったら、ギラついた仕掛け人に買い叩かれて、
おしゃれライスカフェにプロデュースされちゃう雰囲気かも。

中は北川辺の農業の歴史や名前が記載してあるので、
たぶんご近所さんに保管されていたと思われる貴重な歴史的農業用具(鋤とか籠とか)が展示され、
興味深い内容ではあったものの、典型的なハコモノ感は否めない。

そして帰り際に、つい見るともなしに来訪者リストを見てしまったのですが、
なんと!私達の前の来訪者は1週間も前だったという
知りたかったような、あえて知らなくてもよかったような事実が判明しました。

・・・仕分けられない事を心からお祈りします。

そして外に出て、おじさんにお礼を言ってライスパークを後にしたのですが、
結局、ノーポタメシ。

ポタメシを当てにしてお昼は軽食しか食べなかったので、空腹が胃の腑に染みます。

かくなる上は、・・・

「パン屋さんでも寄ってく?」

「あのパン屋さん?」

と打てば響くような相方。

ライスパークに食べ物がある事を期待していましたが、信じ切れなかったので、
心の保険として来る時の道にあったパン屋さんをチェックしていたのですが、
相方も同じく心の保険をかけチェックしていたらしい。

時間はあまりないけれど、帰り道の道筋にあるので寄っても大丈夫だろうと、
こちらのパン屋工房「さんぽみち。」さんに寄ってみました。

さんぽみち

そして4点購入、広い駐車場の片隅で間髪入れずにこっそり補給。

・・・しているつもりが、お店の人に気づかれてしまってめちゃくちゃ恥ずかしかったっす。
見てみぬふりはしてくれましたが・・・(汗)

4点購入した中の2点を食べましたが、

パン

天然酵母で作られたパンのようで、まずパン自体に甘みがあって美味しかったです。

パン

パン

さて、栄養補給後は時間に間に合うように谷中湖なんちゃって号を返却するのみですが、
行く時と違い帰りの道は、おっかなびっくりじゃない分順調に走り、
スタート地点だった道の駅“きたかわべ”には、15時半に着きました。

きたかわべ

返却締め切り時間の4時まで残り時間は30分ほどですが、
後は谷中湖畔を周って谷中子供広場に着けばいいだけ。

写真を撮ったり、いろいろ自転車を確認しながら、
探り探り走った行きの道ですら30分位だったので、
苦楽を共にしすでに谷中なんちゃって号とわかり合えた今、30分もあれば全然余裕。

谷中湖に下りたところで、恒例の最後の記念のなんちゃって号とのお別れの写真を撮りつつ、

なんちゃって号

返却に向けて本格的にマジ走りに入ったのですが、
相方の一言で生まれなくても良かった最後の危機が生まれる事になるのです。

元の谷中湖子供の広場レンタサイクル場に戻るには、湖の湖畔はぐるっと繋がっているので、
左右どちらから周っても着く事になります。

来た時の道は右からだったので、私は迷わず右から行くつもりでしたが、

「左からの方が近いと思うよ。」

と相方。

どうやら彼が何処かで見た谷中湖の地図でそう思ったようです。

この時、時間の目処もついて私は完全に気が緩んでいたのだと思います。

湖は見晴らしが良く全体が見渡せるので、子供広場にあった見晴台を確認すれば、
右左、感覚的にどちらから行った方が近いのか判ったはずですが、
この時は相方の言葉を鵜呑みにしまして「近道なら」と左から行く事にしました。

違う道から行くいうのも気分転換になるもので、

谷中湖

「なんかこっちの道は軽井沢みたいだねぇ。」(あんま行った事ないけどイメージ)

と楽しげに走っていたのは、ほんの数分。

行きとは比べ物にならない程はスピードを上げて走っていたはずですが、
近道ならすぐに着いてもいいものの、なかなか“着く”感じがしないんですよね。

めっきり口数の少なくなってきた相方、心なしか顔がひきつっているような・・・

何となくピンときまして、遅まきながら子供広場にあった見晴台を確認したのですが、
まだまだはるか遠く・・・

谷中湖 

それに全体的にざっくり見積もると、どー見ても左回りの方が遠回りのような気がします。
いや、おそらく気がするとかじゃなくて確実に、

左から行くと近道というのは、相方の勘違いだったんじゃね?
縮尺のおかしい地図見たとか。

走りながらも責任の所在を明らかにしていると、

「だって、自分の見た地図はそう見えたんだもん。
・・・それにせっかくだから違う道から帰りたかったし・・・。


って、左から周った本当の理由はそれかっ∑( ̄皿 ̄;;
これだからせっかくだから病は・・・(--;)

この時の時刻は3時40分過ぎ、残り時間後20分、
相方のお蔭でちょっと遠回りしたけれど、まあ、後20分近くあればなんとかなりそうだな。

と、懸命に走りつつ当たりをつけたのですが、
しかし彼を蝕む病は“せっかくだから病”だけではなく、
もうひとつの病“お得好き”のお蔭で我々は更なる苦境に追い詰められる事になりました。

「でも4時になっちゃうと延長料金100円掛かっちゃうね。
たった10分の為に・・・(ぼそっ)」


そう、2時間の期限は3時50分なので、
それを過ぎると2人で200円の延長料金が発生します。

元々わかっていたし、取立てて惜しいとも思わなかったんですが、
改めてそんな風に言われると、なんだかとてつもなく200円が惜しいような気がしてくるのが、
お得至上主義(転じてお損大嫌い)の相方といる不幸。

「遅れたら死」ぐらいの脅迫観念にも似た気持ちが襲ってきまして、
是が非でも延長料金が発生する前の3時50分までに
間に合わせなければいけない気になってきました。

それからはなりふり構わず、漕グ。

軽いギアじゃ埒があかんので、最重の3シフトチェンジ、
足はキツイですが、必死に漕ぐ分自転車はスピードを上げます。(なんちゃって号比)

そうして気が付くと遅れをとり出した相方。

「ギアが1しか入らないんで、進まないんだよぉぉぉぉぉ。(>_<)」

そうでした。相方のギアは壊れているので「1」しか入らんのでした。
ここでそれがネックになるとは・・・

でも、安心しろ。

これまでに得た自転車の(浅い)知識から考えると、ギアが軽くても回転数を上げれば、
重いギアと対等なスピードが出るはず。

どのぐらい回転させれば、同等なスピードが出るかはさっぱりわからんが、

とにかく君は回転数を私の倍に上げてがんばれ!


悪いけど私は重いギアでもスピードをとる。健闘を祈る、アデュー。

重いギアに加えて必死さも重なり、私の方はどんどんスピードが早くなりましたが、
一応彼も男の意地というかお得の意地があったのか、
必死に回転数を上げて、さほど遅れをとらずに付いてきました。

そして最後は膝をがくがくさせつつ、
なんとか3時50分ジャストに子供広場には到着。

こんなに必死に漕いだのは久々のような気が・・・

別れを惜しむ暇もなく、なんちゃって号を返した時はホッとしたと同時に、
なんだか違う肉体労働をした後のような疲労感が襲ってきました。

さて、相方が「左の方が近道」と勘違いする事になった地図はこちら。

谷中湖地図 

って、いかにも縮尺無視、感覚的わかりやすさ優先の地図じゃん。

なぜ、この漫画付きの地図の縮尺を信用できるかなぁ。

しかも良く見ると横に正しい縮尺の地図が載っていますが、

谷中湖地図

それを見るとどう見ても左の方が膨らんでいて距離が長いし。

まあ、間に合ったからいいんですが・・・。

と、こうして無事「「谷中湖におけるレンタサイクル実地調査(再)」も終了しました。

が、

片山Rさんのご指摘により大変な事実が判明しました。

なんちゃってなんちゃってスポーツタイプ、その実体は平凡なママチャリだと思っていた
この「谷中湖なんちゃって1号、2号」ですが、 平凡なママチャリではなく、

シャフトドライブ自転車だったんですね。

シャフトドライブ自転車とはチェーンのない自転車らしいですが、

谷中湖なんちゃって1号 

よーくみると確かになんちゃって号達にはチェーンがない!!Σ(゚д゚;)

不勉強な私と相方はチェーンのない自転車がある事自体知りませんで、
このなんちゃって号の隠された秘密(隠されても秘密でもないけど)に
気づいてやる事ができませんでした。

普通のシイタケだと思って食べちゃったら、
後で実はすごく珍しいキノコだったと知ったような気分です。

そう思って乗れば、また違った発見もあったかもしれませんが、
今、なんちゃって号の乗り心地を思い出しても、ペダルが重かったとしか・・・

私が不勉強なばかりに、お前たちの魅力を伝え切れなかったのを許してくれ。

・・・でもシャフトドライブ自転車というのは、チェーンがない分回転が軽いらしいですが、あれ???

まあ、重い軽いは主観が入りますんで、判断がしずらいですもんね・・・ごにょごにょ。

しかしレンタサイクル界もいろんな自転車が投入されていて奥が深いですね。

すでに“レンタサイクル道”と言ってもいいんじゃないか?

という奥の深さに、また感心させられました。

自分の中で「イロモノ自転車乗りじゃね?」という葛藤があろうとも、
今後も新たなレンタサイクルとの出会いに(も)いそしんでいこうと思います。

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと2つ応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 人気ブログランキング

関連記事

この記事に対するコメント

いや~ご苦労様でした。いい運度になりましたね。しかもシャフトドライブの自転車に乗られたとは.....。なかなかお目にかかれないものです。しかし、人間の注意力とは散漫なものです。わたしも前回の記事を見ていながら,シャフトには気がつきませんでした。^^;
【2009/11/22 06:13】 URL | kincyan #sSHoJftA [ 編集]

シャフター
MARUISHIのシャフトドライブは車体が重いので漕ぎ始めは重いのですが、スピードが乗ればチェーンのものより駆動が軽いので、回すのは軽いです。
【2009/11/22 09:18】 URL | ひらひらりん #- [ 編集]

こんばんは~
こんばんは~

 お母様、さぞかし精神的にショックを受けておられるのではないでしょうか?
 励ましてあげていただきたく思います。
 ちなみに、大阪市ほど「性善説」が通用しない町はないと思いますが、財布を落としても絶対に帰ってこないし、カバンのひったくりなんて日常茶飯事、大阪だけ日本の刑法が適用されないのではないかと錯覚するほどです。

 シャフトドライブ・・・・ちょっと前、人気が出たママちゃり用の駆動システムです。
 メンテナンスフリーなのが魅力なのですが、ロスが多いことや重いことが欠点だそうです。

それでは更新頑張ってくださいね☆ポチ
【2009/11/22 20:36】 URL | たーちゃん #mQop/nM. [ 編集]

kincyanさん、こんにちは
コメントありがとうございます。

距離はたいしたことがなかったのですが、ペダルが重かったので
距離の割にはカロリーは消費したであろうと・・・^^;
私もまったくチェーンがないのに気づかなかったというか、
シャフトドライブ車自体知らなかったですが、貴重な体験をさせてもらいました。
レンタサイクル侮れず!ですね。
【2009/11/23 19:49】 URL | くろばい #bPIHrIW. [ 編集]

ひらひらりんさん、はじめまして
コメントありがとうございます。

シャフトドライブ車と知らずに乗ったので乗り心地が
あまり印象に残っていないのが残念ですが、
漕ぎ始めが重いのはシャフトドライブの特徴なんですね。
ずっと重いように感じたのは、スピードに乗る機会があまりなかったからかも?^^;
シャフトドライブは機会があったら改めて乗ってみたいです。
【2009/11/23 19:58】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]

たーちゃんさん、こんにちは
コメントありがとうございます。

突然、個室から荷物が消え去るという
あまりの出来事に母は未だに現実だと思えないようです。
私もスリに4回遭った事がありますし、財布を落としても戻ってきませんでしたし、
引ったくりは先日目撃しました。
大阪も厳しそうですが、日本全体が治安が悪くなっているんですかね。

>  シャフトドライブ・・・・ちょっと前、人気が出たママちゃり用の駆動システムです。
>  メンテナンスフリーなのが魅力なのですが、ロスが多いことや重いことが欠点だそうです。

そうなんですね。私は不勉強でシャフトドライブ自体知りませんでした。
ママチャリはチェーンがすぐに錆びたりするので、
メンテナンスフリーなのはいいですね。
【2009/11/23 20:21】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



広告



カテゴリー

にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ
人気ブログランキング



プロフィール

くろばい

Author:くろばい
愛車ビアンキ・パッソ
【愛称:ビンちゃん】
愛車2ビアンキ・ミニベロ9
【愛称:ベロンチョ(ベロちゃん)】
激情にながされ1週間で購入に至る
愛車3ママチャリ
【愛称:ソルジャー・チャーリー】
現在自転車3台を所有。
あまりの自転車の増殖率に
恐れおののく日々。
これ以上、増えることはないと
思いつつも、自分が信じ切れない
今日この頃・・・。

相方(くろばいB)
愛車:RSR-4(ブルー)
【愛称:ルイちゃん】
愛車2:ラレー・RSW SPECIAL
【愛称:くろまるくん】
新たにミニベロを購入して、
自転車わが世の春を謳歌中。
自己開発のアンゴラダイエットの
お陰で(いまのところ)メタボリック
危険水域を脱出。
しかし現在、ポタ時はポタメシを
思いっきり解禁しているので、
リバウンドに王手か?



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



月別アーカイブ



カウンター



ブログ内検索



RSSフィード

  • seo



おすすめの自転車本

わが家の自転車メンテナンスのバイブル!





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。