クロスバイクを買っちゃうぞ!
初心者がクロスバイク乗りになるまでの軌跡
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サイクルモード2009【エピソード1】
もうぐすクリスマスですね。

よく歴史の世界でも豊臣秀吉のように最初は取るに足らない身分の人間が
悲喜こもごもあり大出世を遂げたという例がありますが、
わが家の中で一番の大出世を遂げた方はなんと言っても相方・・・ではなくこの方、

サンタさん

「サンタさん」です。

元はと言えば2年前のクリスマス前に購入したクリームチーズか何かのおまけで
まったく希望していなかったのに付属していまして、
仕方なくクリスマス当日にはケーキを焼いてファイヤーしようと思ったのですが、

「クリスマスまでに間があるしなぁ。」

と、わが家の殺風景ルームに唯一クリスマスの雰囲気を出すべく
「クリスマスに燃やすまで」と何気にリビングに飾ったところ日々情が沸き、
肝心のキャンドル点灯時も形が崩れる以前に消化、
今では一介の消耗品であるキャンドルから“オブジェ”としての確固たる地位を得るに至っております。

島耕作ばりの輝かしい出世街道です。

去年までは一応短時間なりとも燃やしていたのですが、
今年からはサンタさんの頭がそろそろ危険水域な状態なので燃やさないつもりでおり、
そろそろ積極的に“クリスマスの飾り”として存在させるべく、
今年は座布団…じゃなくてガラスの台座(300円)を買ってあげました。

ガラスの台座の方が肝心のオブジェ(サンタさん)より高いやないけ(゚∇゚ ;)

という事はさておき、(ちなみに300円はサンタさんの付いていたチーズよりも高いです)
しかもガラスの台座の上に乗せてみても、思ったより相変わらず貧乏くさい?

1人じゃ何かと寂しかろうと、ガラスのツリーとトナカイも用意するつもりでいたが、
本来のこのサンタさんの用途と違う使用方法をしているので当然ですが、
こういう小型のオブジェとしては、このサンタさんは少々規格がデカイんすよね。

ガラスの台座の中に一緒に納まって且つ気に入るツリーというのはあまりなく、
捜索しているうちに相方の出張やらなにやらで、すっかりおざなりになり、
結局ツリーと僕トナカイは、今年のクリスマスまでには間に合いそうにありません。
スマン、サンタさん。

それどころか今年のクリスマスは私も相方も家におらんので、
せめて大陸の空気でも吸わせてやろうと、相方の中国出張の荷物に密かに
忍ばせておこうとも目論んでいます。

ちなみに彼の旅行スタイルはこちらです。

サンタさん

手荷物検査で引っかかるなよ~。

そして大掃除は気力が日々失速しつつもダラダラと進み、ようやっとあとベランダのみになりました。

大の苦手のベランダ掃除は大掃除最終日の明日に続く事になりますが、
雨とかだったらどうすっかなぁ。

汚ベランダと共に2010か? 室内はがんばったし、それもいっか。

期待思っていたのですが、天気予報は晴れるみたいですね。ちぇーーっ。

・・・と相変わらず関係ない話題が続きましたが、以下、本題サイクルモード2009の続きになります。
前回のエピソード0は→こちらになります。

*****************************************

何の趣味でもそうかもしれませんが、趣味というのは入ってみると意外と奥が深いもので、
自転車を始める前は、まさか自転車が用途によって種類が分かれていようとは思いもしませんでした。

結局、最初はクロスバイク、そして1年も経たないうちにミニベロを購入し、
そこで満足したかというと、これがまだまだ・・・ホント底なし沼のように恐ろしい世界です。^^;

現在、わが家が主に乗っているのはミニベロなのですが、
これはヘタレ根性と主にこ狭い街中を走る自分達にはぴったりでかなり重宝しております。

が、いささか長距離には向かないような気がする。

で欲しくなっちゃうんですね。長距離に向くタイプという自転車が。

・・・とすると、やっぱりあれか?ロードってヤツか?

しかしこんな自分と付き合ってン十年、自分の甘さと根性のなさを嫌という程知っているので、
ロードとか買っても私(達)ごときがキチンと乗りこなせるだろうか?

所詮中身が変わらんので、どんな自転車を購入してもなんか近場を走ってメシ食って帰ってくるという
スタイルのような気がしますし・・・だったらロードは宝の持ち腐れ?(--;)

(急に物欲神様が光臨されなければ)数年後になるとは思いますが、次に自転車を購入するにしても、
思い切ってロードを購入したもんか、ミニベロでもう少し長距離系の自転車を買うべきか悩んでいます。

そして新たにミニベロを購入するならすでに心の中でブランドは決めていますので、
今回のサイクルモードの試乗では、積極的にロードバイクを狙って試乗してみる事に決めていました。

自分でもどんな理由だか良くわからんけどイタリアブランド好きな私は、
去年乗りたかったがボヤボヤしているうちに乗れなかった2大イタリア人気ブランド、
「デ・ローザ」と「ピナレロ」は、何が何でも試乗しちゃると、メラメラとたぎらせていました。

入場したのは午後3時をちょっと回ったところでしたが、
冷たい雨の為か、はたまた平日だからか思ったより入場者数は少ないような・・・

サイクルモード

去年来た土曜日よりは全然少ないですし、一昨年の金曜日に来た時よりも少ないような気がします。

でも人気ブランドは試乗できるかドッキドキ、
入場後は一心不乱に一直線、まず「デ・ローザ」のブースに向かいました。

去年訪れた時は「おお、奇跡的に試乗待ちの列がない!」と嬉々としていたら、
単にすでに試乗受付終了という「万歳ナシよ」的な事がありました。

そんな「万歳ナシよ」な負の経験も肥やしになるもので、
試乗のさせ方や並び方は各ブランドで多少の違いがあるのですが、
どうやら「デ・ローザ」は最初に予約券を配る形式のようです。

つまり並びがない時点でアウトとなりますが、恐る恐る行ってみると無事並びの列が!

もちろんゴキブリの如き電光石火で最後尾に並びました。

途中、自転車のリストが回ってきましたが、どんな自転車が試乗可能として余っているかわからんし、
私の場合身長が158cmと自転車界では低い部類なので、

気に入った自転車があったとしても乗らせてもらえるかもわからんしなぁ。

・・・と思いつつも一応目を通していると、自分達が自転車を選ぶ番がやってきました。

どうやら「デ・ローザ」は時間予約で、営業マンが予定を記入するようなスケジュール板に、
車種と予約時間が書いてあるカードが貼ってあり、まだ余っているものが“試乗可能”となるようです。

相方は余っている中でガツガツと一番高い自転車を選び、もらった予約票はこちら。

デ・ローサ

まあ、彼はせっかくだから病ですからね。

私は、担当の方に身長を告げると「ぜひともこれに乗っていただきたい」と勧められたこちら。

デ・ローザ 

ちぇ、また自分で選べんのか。トホホ。

どうやら女性ねらい(?)に作られたタイプの自転車のようです。
いや、値段で語るのはいけないとわかっていても、今回も試乗車の中で一番安い自転車?

予約は1人15分単位で回しているようですが、予約の時間まで一時間半以上もあります。

その間も自転車に試乗の手(足?)を緩めてはいかんと、
返す手で今回絶対乗ると決めているもう一つのブランド「ピナレロ」に向いました。

ピナレロ

「デ・ローザ」から程近いピナレロのブースに行ってみると、
すでに結構な列が出来ていました。

ピナレロ

去年はこの列に恐れをなし「今回はミニベロを見に来たんだし、いいか~」とあきらめた結果、
後ほどジリジリと後悔したので、今回はどんなに並んでいようとも忍の一字で並ぶ事に。

そしてしばらくすると回ってきました「試乗リスト

ピナレロ

今回も興味津々の相方、そして「どーせ、自分は自転車選べる立場じゃないんだろうな。」
と私は冷めた目でリストを覗いて見ると、

なんと!私の身長でも乗れるカーボンがあるではありませんか!Σ(゚д゚;)

改めて食い入るようにリストを見ると“カーボンの文字のオンパレードで、
思っていたよりも安価なカーボンもあるようです。

カーボンなんて縁のない世界なので、全て高価だと思っていたのですが、
意外と今は安い価格のものもあるのだろうか? それともカーボンでもいろいろあるのか??

ピナレロの場合は、もうすぐ空きそうな試乗者のカードを女性が持ち列の前から歩いてきて、
その試乗車に乗りたい人が声を掛けるという方法のようです。

リストで選んで、私は 「PRINCE CARBON」 の44サイズ(155~165cm)サイズ一点狙い。

食事に関係のない並びとかがあまり好きではない相方は、
「早く回ってくる自転車ならどれでもいいや。」と適当に決めたところ、
15分程度並んだところで相方がまず試乗車をGET、
「プリンスカーボン」期せずして私が狙っているものと同じ車種の自転車です。

「なんか“プリンス”って自分にぴったり。^^」

と、とてもじゃないけど同意できない捨て台詞を吐いて、
先に試乗待ちの並びスペースまで行きました。

そう、まず試乗車のカードをもらってから更に自転車が帰ってくるまで数分並ぶのです。

ちなみに配られた試乗カード(?)はこちら、

ピナレロ

さらりと書いてありますが、¥560,000(フレーム価格)って。(笑)

前にあまり女性がいなかったので、私が狙っている小さいサイズはすぐに回ってくると思いきや、
なかなかチャンスはなく、私が自転車に試乗できたのは、
相方が試乗を終わり、帰ってきた後になりました。

カメラは私が持っていたので、相方の乗った自転車の写真は一切なしで。^^;

・・・とは言え、私も試乗に向けてかなり焦っていたので、
試乗に向う相方が撮った私の写真もピンボケばかりなので、
ブースにあった写真を転用すると「PRINCE CARBON」はこちらの自転車です。

ピナレロ

しかしフレーム価格でいきなり50万超えの自転車を乗るなんて、

私の自転車ライフにおいて初めてじゃね?
そう言えば。

フレーム価格でなくとも50万超えなんて初めてだよ。オイ。

久しぶりのロードと初めての高価な自転車でビクビクしながらも試乗コースに行きます。

試乗コースは去年よりサイクルモードの会場自体が大きくなっていたようで、
1周がかなり長くなっていました。

コース

屋内のコースから外に出て又屋内に入り・・・という感じに屋外と屋内が入り混じった感じで、
雨が降っていたので外の出た道が濡れていて、

「こんな高価な自転車で転んだらどうしよ。」

と、小心な私はかなりビビりました。

が、

自転車はかなーりよかった。
今まで経験した事がないような程、スタートから軽ーーい乗り心地です。

初めは余程ギアが軽いんだろうと思っていたのですが、
ひと漕ぎでぐんと進む感じなので、そうでもなかったのだろうか?

「だろうか?」という疑問系なのは、それを解明する前に試乗が終わってしまったのです。^^;

ギアの替え方は習ったのですが、なんか緊張しているうちにギアを変える間もなく一周終わりまして、
ピナレロの試乗は一周までなので、試乗は「あっ」ちゅう間に終了。

「なんかカーボンってすごくいいかも。(お値段もかなーりいいけど)
ピナレロっていいかも。(単純)」

という感想を残して、まず1台目の試乗は修了しました。

私はめちゃくちゃ興奮しましたが、相方的には去年から高価なカーボンロードを試乗していたので、
「なかなかよかったねぇ。」なんとなく余裕の態度。

去年からこんないい思いをしていたなんて、憎い。相方が憎い。(逆恨み)

まあ、どの道わが家の財力じゃ買えんので、所詮“試乗だけ”なのでいいですけどね。
・・・しかしフレーム価格で560,000円って完成価格だとどの程度するんでしょうね。(遠い目)

さて、目標2大ブランドの1つピナレロの試乗が終わりましたが、
意外と時間は掛からなかったので、「デ・ローザ」の試乗予約時間まではまだ1時間近くあります。

ここは積極的に乗りたいブランドを乗るべきだと思いまして、
もう一つ個人的にはずせないブランドのひとつ、「ビアンキ」のブースに行く事に・・・

途中、「デ・ローザ」のブースの前を通りましたが、すでに今回の予約は完売御礼。

デ・ローザ

でも試乗受付は日に何度かあるようで、次の予約は18時からのようです。

そして次なる試乗を目指してビアンキのブースに着きましたが、

サイクルモード
 
列は出来ているものの、先ほどのピナレロと同じ程度でした。

ピナレロが結局30分強しか掛からなかったので、

「同じ位の時間を並ぶだけで済むだろう。」

となめた感じで並び始めたのですが、それがそうでもなく・・・

これからの1時間は、いらんハラハラ☆ドキドキの時間を過ごす事になりました。

・・・なんか肝心のサイクルモードのあんまり話が進まず、すみません。(汗)続きます。m(__)m

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと2つ応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 人気ブログランキング

関連記事

この記事に対するコメント
うらやましい
イヤーうらやましいですね。
やはり自転車乗りとしては、自分で所有できなくても良いものは体験しておきたいものですね。
自転車のあまりお盛んでない地方は、試乗するときは購入する覚悟がだいぶできたときって感じですもんね。
それに、街の自転車屋さんってなかなか「試乗させて」って雰囲気ではないですし。・・・
【2009/12/17 23:54】 URL | shue #UPQ2hALk [ 編集]

おっ
レコードでそれなりのパーツで組めば、完成車で100万上クラスだと思いますよ。
ただ、ポタメシは心配で出来ませんけどね。
【2009/12/18 13:06】 URL | 貧脚 #- [ 編集]


こんばんわ。ついにロードの手を伸ばし始めましたね。イタリアンロードはいかがでしたか。
50万円は高いようですが、バイクや自動車を買うことを思えば、まあまあではないでしょうか。しかし注意すべきは、自転車本体もさることながら、服とか靴、ヘルメットなどの周辺に結構お金が、かかるという点です。私はジャイアントの14万円のロードバイクでしたが、服やヘルメット、サングラス,タイヤやサドルの交換で30万円くらいかかってしまいました........v-31ととほほ、金食い虫です。
【2009/12/18 19:43】 URL | kincyan #sSHoJftA [ 編集]

貧脚さん、こんにちは
コメントありがとうございます。

ひぇー、あのフレームの価格だと100万超えですか!
道理で私でも格段の違いがわかるはずです。^^;
確かにそんな高価な自転車を乗ったら心配で、
さすがに今みたいにのんきに食事なんてできないかもしれません。
幸い乗れる予定がありませんが・・・
【2009/12/20 09:37】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]

kincyanさん、こんにちは
コメントありがとうございます。

今の自転車生活にもすごく不満があるわけじゃないんですが、
やっぱりもう少し長距離乗れる自転車も乗ってみたくなりました。

イタリアンロード、いいですね。
お値段もいいのでその辺もあったのか、特に最初に乗ったピナレロは、
格段に乗り心地がよかったです。
確かにバイクや自動車を買うと思えばですが、
うちの場合何にせよ相方の分と2倍かかると思うので、
・・・箪笥貯金に励みます。
ロードだと他にもそんなにお金がかかるんですね。
ヘルメット等は今のを転用できるとしても、服とかサングラスも必要なんですね。
・・・やっぱり箪笥貯金に励みます。
【2009/12/20 09:44】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]

shueさん、こんにちは
コメントありがとうございます。

コメントが遅くなり申し訳ありません。m(__)m

今年は去年とは違い、かなりお値段の高い自転車を試乗させてもらったのですが、
やっぱりいいですね~。
お値段を見るととても私の財力では購入は不可能ですが、
乗らせてもらえただけでもいい経験でした。

街の自転車やさんに「試乗させて」というのは、勇気がいりますよね。
なんか即購入ぐらいの勢いじゃないととても言えない感じです。
そういう意味ではこの「サイクルモード」は貴重なイベントなので、
もう少し開催箇所が増えるといいな。と思います。
【2009/12/22 01:00】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



広告



カテゴリー

にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ
人気ブログランキング



プロフィール

くろばい

Author:くろばい
愛車ビアンキ・パッソ
【愛称:ビンちゃん】
愛車2ビアンキ・ミニベロ9
【愛称:ベロンチョ(ベロちゃん)】
激情にながされ1週間で購入に至る
愛車3ママチャリ
【愛称:ソルジャー・チャーリー】
現在自転車3台を所有。
あまりの自転車の増殖率に
恐れおののく日々。
これ以上、増えることはないと
思いつつも、自分が信じ切れない
今日この頃・・・。

相方(くろばいB)
愛車:RSR-4(ブルー)
【愛称:ルイちゃん】
愛車2:ラレー・RSW SPECIAL
【愛称:くろまるくん】
新たにミニベロを購入して、
自転車わが世の春を謳歌中。
自己開発のアンゴラダイエットの
お陰で(いまのところ)メタボリック
危険水域を脱出。
しかし現在、ポタ時はポタメシを
思いっきり解禁しているので、
リバウンドに王手か?



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



月別アーカイブ



カウンター



ブログ内検索



RSSフィード

  • seo



おすすめの自転車本

わが家の自転車メンテナンスのバイブル!





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。